2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■日本の外交戦略について世界史から学ぼう■

1 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 03:01:14 0
外交の歴史から、今の日本にとって参考になるような戦略を
学びませう。

2 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 03:07:36 0
視点の座標を日本に固定してる時点で
戦略を考える頭がお前にはないと思われ・・・

敵を知り己を知らば(ry

3 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 06:58:03 0
日本が学ぶべきは中国の宋王朝、平和は金で買え、余剰な金は全て文化
事業に…

4 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 18:50:52 0
外交→同盟:呂布
周喩「必ずや成功するでしょう」

チャッチャラチャッチャッチャ〜 バーン!
孫策が捕まった!
孫策が死亡しました。 command?


5 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 21:40:31 0
日本人は、自分では外交下手だと思っているけど、世界の他の国の目にはどう
映っているんだろうか。案外、「日本という国はいつもうまく立ち回る」
とか思われていたりして。

6 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 12:13:29 0
865 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/11/17(金) 15:25:34 ID:vBP7HmpF
ttp://www.ft.com/cms/s/9e391ec4-74da-11db-bc76-0000779e2340.html
FT(アナリシス):日本とドイツ、軍事力の再構築に努力するが・・

日本の軍事力再構築(あるいは軍事力への積極的意思)の再構築は
英国から見るとドイツを引き合いにして論じたくなる問題らしい。
両国の変化は再軍備へのイデオロギーの変化と言うよりは、戦後世代の
政治家の出てきたことによるジェネレーションの変化だと言う。

日本とドイツの軍事力強化の最大の違いは、ドイツがEUやNATOの中で
隣人と良好な関係にあることに比べて、日本の場合は日米同盟がある以外は
「好戦的な、あるいは怪しげな隣国」に囲まれていることだという。

日本国内の骨董品のような古臭い議論によれば「集団安全保証」への参加、
行動は侵略的意図を表すことになるので憲法の精神に違反するのだと言う。
これは1960年代の日米安保反対の議論から全く変わっていない。
彼らの脳内には冷戦構造も米ソ対立も残っているのだろうと思う。
(集団に帰属することで戦争に巻き込まれるという議論)

7 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 12:13:50 0
EUの中の議論を見れば、ドイツの軍事力や、ドイツ軍の海外派遣は
NATOの枠内で集団的安全保障のメカニズムでコントロールされているので
あればドイツの単独覇権を目指す動きになりえないので安心であり、推奨できる。
このためドイツのボスニア、アフガニスタンへの派兵は望ましい国際貢献である。

ヨーロッパと日本で、集団的安全保証への考え方にこれほどのギャップが
あることは滑稽と言うべきで、それは端的に言えばFTのいう「周りの隣国が
DQNだから」日本の集団的安全補償参加が中国や北朝鮮の脅威になる
ことをサヨクが恐れるだけ。

その意味で、日本国内の集団的安全保証議論のナンセンシカル・オールド
ファッションド・リガシーを一掃するためにも、日本が拡大NATOのアジア
バージョンに豪印とともに加盟するのが良いと思える。この問題での国内の
「論者」の主張はお話にならない。

8 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 12:35:22 0
遠交近攻と光栄ある孤立は日本にとって参考になる戦略だと思うな。
特に両者は日本にとって極めて参考になるものだろう。

近くの中韓とは組まずに遠くの米英と組む、
東アジアの孤立を栄光と考える。

9 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 14:36:34 0
一般にはあまり知られていないが、英国王ウィリアム(ウィレム)3世の
バランス・オブ・パワー政策は、最初はイギリス国民からは歓迎され
なかった。(当時のイギリスは、19世紀のアメリカと似て孤立主義的
だったため)

10 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 17:51:58 0
戦略的10ゲット完遂!

11 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 18:09:35 0
六韜と孫子兵法と戦国策を読めば外交なんて十分だよ。日本の外交がダメなのは日本特有の民族気質のせい。
「日本人は外交を知らない」というのはチャーチルの言葉だが、しょうがない、日本列島は有史以来日本海の
おかげでガラパゴス諸島並みの「独自の進化」を遂げたおかしな国なんだから。

12 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 18:18:22 0
日本の国力なんて、実際の所は対した所がないから
英国のように栄光ある孤立なんてとれないから
遠交近攻と光栄ある孤立を組み合わせたものがベストな政策だと思うね。

13 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 18:26:02 0
ある人は、日米同盟を利用してアメリカが日本を支配していると
言っている人もいれば、
ある人は、日本は独立国であり、アメリカとも真の同盟を結んでいる
と言っている人もいる。
日本は独立国なんですか? 独立国じゃないんですか?
よく分からないので、今更ながらみんなの意見を聞きたい。




14 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 18:29:33 0
もちろん私は、日本は独立国だと信じてますけど。

15 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 18:32:01 0
>>13

独立国でなければ他国の植民地か他国の領土だと思うのだが、
日本はアメリカ合衆国の一州ではないし他国の領土にされている訳ではない。
他国の植民地かなんかにされているのであれば
米国と条約自体、結べない。
というか条約を締結できるのは植民地でもなければ他国の領土にされている訳でもないからでしょ?

質問自体、無意味なものだと言えます。

16 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 18:36:57 0
>15
ありがとうございます。

17 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 19:10:07 0
今10chテレビ朝日系でやってるチンギスハンの物語。
元寇も日本に送った親書を受け取っていれば歴史は変わったというが、
ではなぜ元寇?
これも現在の中国の、日本の外交のまずさを暴く戦術?

18 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 19:16:46 0
「言うことを聞かなきゃボコボコにするぞ、テメェ」という意味の文章には
「お互い仲良くしましょう」という裏の意味があったんだというMMR並みに
びっくりなテレ朝の新解釈を披露するんだよ
町ごと皆殺しにしたりしてユビキタスも糞も無いと思うがな


19 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 19:22:17 0
いや、テレ朝の新解釈ではなく、
すでに2年くらい前から他のchでも、そういう親書があったと
あちらの研究者が出していたのは知っているのだが、
本当に近づきたいのであれば、最後は蒙古襲来になったのがよくわからん。
まあ、番組をみてみよう。

20 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 21:36:45 0
まだヨーロッパの辺境国にすぎなかったころのイギリスの外交が参考に
なるのではないかと。
スペイン・オーストリア・フランスといった強大国に押しつぶされそうに
なりながらもなんとか持ちこたえ、ヨーロッパの「外」の世界に出て行った。


21 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 02:49:06 0
外交戦略の第一は結局富国強兵
>>13
そんな簡単な問題じゃない、同盟は共益になるから存続できる
日本人の場合日本のみが不利な同盟と思って属国だの言うが
相当日本人も得してると思う


22 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 08:46:58 0
ズビグニュー・ブレジンスキーいわく、
「日本はアメリカの実質上の保護国」
なのだそうです。

23 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 10:01:38 0
裏を返せば経済を見ると日本はアメリカの支配国とも言える
日本に米軍を置くのは当然人質にもなりえる

24 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 17:16:34 0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/vietnam/news/20061121ddm007030048000c.html
06ベトナムAPEC:全域FTA提案の波紋 共同体、揺れる将来像

日本はASEANと日中韓、インド、豪州、ニュージーランドの計16カ国で
構成する「東アジア経済連携協定(EPA)」構想を提唱している。中国が
主張する「ASEANプラス日中韓」という13カ国での経済統合構想に、
くさびを打ち込む意味がある。12月の東アジアサミットでも「どちらの枠組み
が真の東アジアなのか」をめぐる議論がありそうだ。
ただ、日本の立場はやや複雑だ。米国がAPEC全域の自由貿易協定(FTAAP)
を持ち出したことに対し、安倍晋三首相は「重層的に取り組むことが必要だ」
と述べた。一応支持はしたが、取り方によってはやや距離を置いたようにも
聞こえる発言で、日本の微妙な立場を物語っている。

25 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 18:31:59 0
>>22
確かに保護国ってのが一番正鵠を射てるね。
内政干渉といえば年次改革要望書くらいのもんだが、
軍事、外交の自主性はあってないようなもの。


26 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 19:47:33 0
それは外交を知らない人間が言うせりふ、外交の原理は頭のいいほうが勝つ
ただそれだけ

北朝鮮見ればわかるだろ、はっきり言って世界でも底辺国家だが
アメリカは何もできない

27 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 19:56:24 0
いや、外交は軍事力の強大な方が勝つ。ヤクザとヤクザの取引だって、組織の大きさで決まるんだぜ?
ときに、対米開戦直前に国際連盟を脱退した大日本帝国全権委任外交官は、支那の六韜や孫子兵法を暗記するくらい読んでいた
はずだけど、どうしてああも「バカな戦略」をとったんだろ?ほかになにか信仰していたのだろうか?
東条英機みたいに「いつかかならず神風のような神威がある」というような。だれかご存知の方います?

28 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 09:37:41 0
年次改革要望書は日本もアメリカ側に出してるんだが?

29 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 06:30:24 0
ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20061123/mng_____tokuho__000.shtml
日本版NSC 究極の狙いは

教育基本法改正に続く安倍政権の改革の目玉ともいえるのが米国のホワイトハウス
を見習った日本版国家安全保障会議(NSC)の創設。その枠組みを論議する
「国家安全保障に関する官邸機能強化会議」(議長・安倍首相)が二十二日、
あわただしく発足した。近い将来にNSCが誕生すれば、安倍首相はかねての
宣言通りに「集団的自衛権行使」の研究を本格的に始めるとの見方が強い。
また、この国の大きな曲がり角がやってくる。
「将来のわが国のあるべき姿を見据え、ふさわしい外交と安全保障について
集中的に議論していただきたい」−。「日本版NSC」の行方を左右する有識者
会議初会合で行われた議長あいさつは、小池百合子首相補佐官による代読だった。

30 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 15:20:54 0
>>27
軍事力だけでは外交は勝てない、というより軍事は外交の手段の一つ
ヒトラー、ナポレオン、項羽、謙信なんかがいい例
アメリカにおけるベトナム戦争やイラク戦争や北朝鮮問題も国力や軍事力は圧倒的優位でも外交で負けた

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)