2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【貿易】東インド会社【侵略】

1 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 03:43:42 0
西欧のアジア植民地支配の中心勢力だった東インド会社について語ろう。



2 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 03:44:25 0
イギリスだけでなくオランダなどもね。

3 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 22:15:35 0
意外に知られていない東インド会社の実態と歴史。
そういう俺も全く知らない。
ここのスレで勉強勉強。

4 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 22:18:34 0
国家の資本参加した民間企業

5 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 22:23:04 0
講談社現代新書の「東インド会社 巨大商業資本の盛衰」でも読めば。

6 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 23:00:22 0
フランス、デンマーク、スウェーデン、オーストリアも東インド会社を
設立していた。


7 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 23:04:59 0
関連スレ
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1130071928/l50
【ムガール】インド近現代史【英国】
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1157899790/l100#tag54
【ハイチ】フランス植民地帝国の歴史【インドシナ】
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1046177188/l100#tag496
オランダの歴史

8 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 20:53:21 0
イギリスでは、最初「モスコー会社」(北東航路でアジア物産を入手する会社)
が設立され、ついで「レヴァント会社」(オスマン帝国経由でアジア物産を入手
する会社)が設立された。
この二つのうち、モスコー会社はモスクワ公国との関係を開いただけで終わったが、
レヴァント会社はオスマン帝国とスペインとの敵対関係を利用して、関税引き下げや
外交特権の入手などの成功を収めた。
しかし、16世紀末にオランダ人がアジアへの航海に成功すると、イギリスも
アジアとの直接貿易を目指し、「東インド会社」を設立。
(東インドとは南米のマゼラン海峡からアフリカ南端の喜望峰までの地域をさす)

9 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 23:20:11 0
この時代の「会社」は独特で面白い。

10 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 23:35:44 0
でも笑えるという意味では18世紀の南海泡沫事件のときの会社がいろいろと笑えるぞ

11 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 00:05:06 0
>>10
「永久運動を開発する会社」とかw

>>9
設立当初は会社というより組合という感じ。企業でありながら傭兵を雇い、
海軍も所有していた。

12 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 16:36:25 0
モスコー会社
東インド会社
王立アフリカ会社
南海会社
ハドソン湾会社
ダリエン会社

…他になにかあったっけか。
イングランド銀行もこういうのと似たようなものだったらしいけど。

13 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 17:11:34 0
>>12
オランダ、フランス、スウェーデンはスペインに対抗するために西インド会社
を設立している。
すぐに潰れたけど。

14 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 18:45:49 0
Scottの本を読むと引用するのも面倒なくらいいっぱい会社あるよ

15 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 02:30:52 0
ヴァージニア会社
グリーンランド交易会社
モルッカ会社
レヴァント会社
ロシア・アメリカ会社

16 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 02:44:17 0
あーそうだレヴァントがあったか。さんくす。

17 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 09:02:38 0
オランダやイギリスがレヴァントの毛織物市場に参入したとき、ヴァネツィア人は、
「オランダやイギリスの毛織物は質は劣るが価格が低いので売れる」
と言っていた。
30年後にやっと、ヴェネツィア人はオランダやイギリスの毛織物産業のほうが、
消費者の好みに合ったものを生産していることを認めるようになった。
ただし、そのことに気づいた後も、ヴェネツィアでは強力なギルドが存在していて、
布地の製造方法や労働体制について事細かに規制していたので、対応策を講じる
ことができず、衰退していく。


18 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 01:25:44 0
VOC
まるでワインの様な

19 :世界@名無史さん:2006/10/02(月) 22:50:56 0
アジアの国々は、自分たちでヨーロッパ会社とかは作らなかったの?

20 :世界@名無史さん:2006/10/05(木) 23:14:18 0
日本の場合 ⇒蝦夷の場所制度あたりが近い?

21 :世界@名無史さん:2006/10/06(金) 02:14:17 0
外征は秀吉のあれで懲りたのかな。
場所制度と東インド会社は面白そうな比較だ

22 :世界@名無史さん:2006/10/06(金) 13:54:47 0
>>19
アジアはそれなりに豊かな地域なので、多少工業製品が作れるくらいで、殆ど何の産物も
出てこないヨーロッパなんぞに進出するメリットが無いだろ。モンゴルだってイラネと見捨てた地域だぞ。

23 :世界@名無史さん:2006/10/06(金) 15:08:13 0
東インド会社と満鉄・関東軍の比較はどうよ?

24 :世界@名無史さん:2006/10/06(金) 17:19:02 0
商人主導か軍人主導かで、性格は結構違うん出ないか
欧州は日本ほぼ同化させる意図はなかったし

25 :世界@名無史さん:2006/10/06(金) 18:55:45 0
すべて異質のもの


26 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 15:36:28 0
江戸時代の北方開拓とか。

27 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 18:12:07 0
>>22
ヨーロッパに売りつけてぼろ儲けすることできる。
火器などの兵器が手に入る。

28 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 18:40:30 0
>>22
アヘン戦争以降ですら、個人資産で世界最高は
ロスチャイルドやなんかじゃなくて広東十三行の連中だったしな。
(ソース:『ミレニアム この千年の歴史』)


29 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 21:15:59 0
江戸時代のアイヌとの貿易(掠奪)は、会社でなく藩だな。

30 :日本人:2006/10/15(日) 21:25:34 0
当時ギルダーが欧州通貨のなかで一番安定していた。為替相場が
安定した通貨を持つオランダ東インド会社が出島の貿易権を得て
かなり儲かった。お家賃銀55貫もきちっと払ってくれた。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)