2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

西アフリカの諸帝国

1 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 11:12:14 0
ガーナ帝国(4世紀頃?〜1077)
マリ帝国(1000以前〜17世紀?)
ソンガイ帝国(11世紀頃〜1590)
トゥクロール帝国(1848〜1893)
サモリ帝国(1865頃〜1898)
ソコト帝国(1808〜1902)
カネム・ボルヌー王国(9世紀以前〜1846)
ハウサ諸都市(10世紀以前〜1903)

2 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 12:52:27 0
            ヽ、    ヽ     ヽ 、   ヽ
   )ヽ、_,,,..._    ヽ、_,   げえッ───────!!!
   iー-、::_: `、ゝ_,,-  ノ  (    ) 、     )
   ノ::`ー_-_ノ ノ ノ_,-"イ /    ` 、ノ  `i  (   l
,-、 |::::.ヽ _。ヽ:: /_。フ' |ノ   ヽ、      i、   ノ
|6`i/:::. ,,-.―'' /i|.ー-、. |
ヽ ::: i ::    ⌒  : |  <・・き、恐怖新聞に>>1の死が予言されているッ!?
ヽ`l | ::    /ニ`i   /
 `|:. ヽ、   i_,,,、/  /     ,へ___
  ,|:::._ヽ___/   _//`ー--、ニ=--―,
  | ̄ ̄ ̄ ̄||| ̄|    / / / __     ̄ ̄`¬
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ヽ | // /   / 三三三  /

____________
|_________. ○月×日 |
||「>>1」オナニーの.|自 ||恐|| .|
||しすぎで死亡!!|殺 ||怖|| .|
| ̄ ̄ ̄ ̄@ ̄ ̄ ̄|か ||新|| .|
|@  △  @  @ .|? ||聞|| .|
|  [(´ー`)]  @   .|他 ___ .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| @ .|殺 | 糞 | |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | @ |か | ス | |
|     <⌒ヽ   |? | レ | |
|       .<   )〜.|謎.| 常 | |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄は | 習 | |
| | | | | | | | | | | | | | 深 | 犯 | |


3 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 22:38:48 0
age

4 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 21:09:25 0
アスキア・モハメッド・トゥーレ

5 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 11:25:33 0
アフリカ史学界では「帝国」をどのような概念として規定または認識しているのか?

6 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 22:37:35 0
あのへんの「帝国」は単なる「デカイ国」というだけじゃないのかな。
気分の問題に近いっていうか。違うか?

7 :世界@名無史さん:2006/05/29(月) 18:39:05 0
ネタなし?

8 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 00:49:02 0
66 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 2006/02/25(土) 09:19:13 0
>>33
アラビア語の年代記によるソンガイ帝国の様子

この地方の習慣はまことに風変わりである。ここでは神秘的な事象についての科学を知ると
自任する男に出会ったが、その知識は砂地に描いた線の読み取りや星の位置、鳥の鳴き声や
飛翔の様子などにもとづいている。人びとは文字のついた護符を信ずるが、それは富を増し、
愛を高め、破滅から救うという。闘いにおいては敵を蹴ちらし、剣や毒矢から身を守る。
また、妖術師が呪文とともに行使するような多くの事からも・・・
最後に、かれ(ソンニ・アリ王)もその臣下も大モスクをはじめとしてどのモスクにもけっして
姿を見せなかった。そして王宮に住まう何千という男女は、王の怒りを恐れてラマダーンの
期間に断食もせず礼拝もおこなわない。かれはコーランの開扉の章すら暗記しておらず、まして
その他の章についてはまったく知らない。礼拝もいつもぞんざいな態度で、朗誦のあいまに
お辞儀も平伏もしない。イスラム法で認められた結婚や婚約の手続きをとらずに女たちと関わり
を持っている。気に入った女は夫や家族の承諾なしに王宮に入れる始末である。

9 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 00:48:40 0
マリやソンガイの軍隊ってどんな感じだったんでしょう。
ベルベル人とかと変わらない感じ?

10 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 09:19:44 0
>>9
兵隊が黒い

11 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 10:10:19 0
餓え死に寸前のモロッコ軍1000にあっさり滅ぼされたんだから
しょぼかったと思うよ


12 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 13:45:21 0
>>11
このことかな?
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~kosak/Morocco.html#Morocco2

>ソンガイ帝国は強力な騎馬隊、歩兵隊、艦隊を有し

艦隊って・・・カナリア諸島でも征服するつもりだったのか。

13 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 20:31:08 0
トンブクトゥのあたりでは第2次大戦の頃になっても
剣や槍で武装したトゥアレグ族が騎馬で徘徊してたそうだ。

14 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 22:40:20 0
>>10
ターバンくらいはかぶってたんだろうか。ムラービトみたいに覆面着けたりしてたのかな。

>>11
でも火器の存在は大きいぞ。
同時期ののシベリアでも数十人規模のコサック部隊が
数千規模の先住民集落を火器の威力で次々に制圧していったし。

>>12
ニジェール川の内水艦隊じゃないのかな?
黄金をばら撒いたので有名なマンサ・ムーサの少し前のマリの王で、
大艦隊を率いて大西洋探検に行って帰らなかったという人もいるらしいけど。
騎兵といえばカネム・ボルヌーのも有名だったはず。

>>13
アフガニスタンでは21世紀にも現役。

15 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 23:46:06 0
>>14
カネム・ボルヌの騎兵はかっこいいね。
以前見たイラストではタタール人のようなキルティングの防衣を着て
穂先のでかい槍をもっていた。

16 :世界@名無史さん:2006/06/01(木) 08:46:25 0
千人の敵に数万の軍勢で向かってく時点で駄目っぽい

17 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 12:34:05 0
あの辺の交易品目でよく出てくる「コーラの実」って
昔は本当にコーラに入ってたんだね。

18 :世界@名無史さん:2006/06/24(土) 19:08:51 0
時代も地域も微妙にずれるがラビーフ帝国も忘れないでけろ。

19 :世界@名無史さん:2006/06/24(土) 20:25:51 0
 ○
<|  ○|\
_ト○| ̄ヒ|_


20 :世界@名無史さん:2006/07/02(日) 12:09:50 0
20ゲット

21 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 12:57:36 0
スンジャータ・ケイタ

22 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 14:22:38 0
損害帝国

23 :世界@名無史さん:2006/07/04(火) 00:45:11 0
このスレは帝国のみオンリー?
ハウサやヨルバの都市国家みたいなんではダメ?
後、1には奴隷海岸諸国が丸ごと抜けている気がする

24 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 09:33:14 0
あの辺より南へ行くと眠り病でウマが死んでしまうため
騎兵が使えないらしいですね。

25 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 01:13:31 0
マイ・イドリース

26 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 10:20:15 0
トンブクトゥの写真を見ると、モスクや民家の壁から
丸太がいっぱい突き出してるのは何なんでしょうね?

27 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 12:03:36 0
日干し煉瓦の壁を毎年補修するので
足場代わりに最初から梁材を長めに造っとくため。

いわゆる「マリ様式」は非イスラム系民族の建造物にも広く見られるので、
イスラム以前からの伝統様式と考えられている。
突き出た梁材の一本一本とその配列に宗教的意味付けが配されている点は
ドゴン族(非イスラム系)関係の著書でも詳しいそうな。

28 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 14:56:23 0
>突き出た梁材の一本一本とその配列に宗教的意味付けが配されている

何か凄いですね・・・
図書館にいったらドゴン族関係の本ないか探してみます
情報サンクス

29 :世界@名無史さん:2006/07/20(木) 17:59:45 0
マリ帝国等の経済を潤おした黄金は、具体的には
どこの鉱山で採取されたんでしょうか。
大抵の本には「ギニアの金」「ニジェール川上流」程度しか載ってないです・・・

30 :世界@名無史さん:2006/07/20(木) 22:00:31 0
マリの支配層は金の流通を支配していただけで、生産にはタッチしていない。
現地住民から沈黙交易で入手していたらしいから、マリ人自身も知らなかったんじゃないか?


31 :世界@名無史さん:2006/07/20(木) 23:29:21 0
ちなみに今のマリ共和国の金山は南西部に集中してるようですな。
ttp://www.jogmec.go.jp/mric_web/current/04_08.html
ttp://www.jogmec.go.jp/mric_web/current/00_02.html

32 :世界@名無史さん:2006/07/26(水) 10:11:39 0
>>29
「ニジェール川大湾曲部の自然と文化」って本が結構詳しいけど
現在のマリ・ギニア国境近くの「ブレ地方」から産出する金だったとの事。
あとセネガル川上流の「バンブク地方」も金産地だったらしい。

採掘に従事してたという食人種はその後どうなったんだろう・・・

33 :世界@名無史さん:2006/07/30(日) 13:33:13 0
大西洋まで川を下って、海路地中海へ運んだほうが
早くて安全そう・・・と思ったものの、
大航海時代まではルートが知られてなかったのかもね。

34 :世界@名無史さん:2006/07/30(日) 15:11:04 O
愛知のキチガイ脳糞古川は神だと思っている。

半年ほど前の正月休みに両親と愛知のキチガイ脳糞古川の実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなり脳糞古川が玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わない勝負服ないでたちで。

脳糞古川が「私いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「脳糞古川さん!」「脳糞古川さんかわいいー!」などと騒ぎ出し、
脳糞古川が戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達が脳糞古川の母校愛知のキチガイ高校トラウマ部だとわかった脳糞古川は いい笑顔で会話を交わしていた。
そして脳糞古川は「またね〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。

私と両親は脳糞古川の気さくさとかわいさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、
店員さんが階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。

あれには本当にびっくりした。

中学校の同窓会に行こうとしたら
「中学の時のクラスメートや先生に、愛知のキチガイ脳糞古川だなんて、わかったらどうする。
 みっともない。
 愛知のキチガイ脳糞古川の身で、同窓会なんかに行くな!」
と怒られた。

「同窓会くらい、いいだろう」と反論したら
「親の言うことが聞けないのか!」と玄関先から、家の中に
押し倒された。

脳糞古川だと、同窓会にも行けないのか?

35 :世界@名無史さん:2006/08/08(火) 23:38:30 0
>>33
スペインやポルトガルはアフリカ周回航路をムスリムから学んだとかいうけど・・・

軍事史関係の洋書に、マンサ・ムーサの父王がセネガルあたりから艦隊を出して
おそらくカポヴェルデ諸島に向かわせたとかいう記述があった。

36 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 09:01:59 0
age

37 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 15:22:07 0
>>35
アブ・バカリ二世だね。
帰ってこなかったそうな。
出航の前に、息子に譲位していたというから覚悟は決めてたのかも知れぬ。

38 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 22:17:40 0

 ラ ビ ー フ 帝 国 見 参 
 

39 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 22:28:28 0
「ラビーフ」じゃなくて「ラービフ」(رابح)。

40 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 00:01:11 0
ステーキの匂いにつられてやってきましたよ。

41 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 03:43:47 0

 吉 野 家 ビ ー フ 帝 国 18 日 復 活

心して刮目せよ!小一時間(ry

42 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 08:11:16 0
>>33
西アフリカの沿岸部は常に北風が吹いているので原始的な帆船では北上出来ません。

43 :世界@名無史さん:2006/09/17(日) 13:47:48 0
う〜ん、どっちもどっちか。
しかし直線最短距離とはいえ、灼熱の砂地獄を渡るのと
どっちが確実にたどり着けるんだろうな。
大西洋岸を歩くという手もないえはないか。
海岸部に限っては、多少なりとも気候温和で湿潤だし。

44 :世界@名無史さん:2006/09/22(金) 12:18:24 0
これらの帝国もヨーロッパの国々の帝国主義の軍隊には、
かなわなかったのかな?エチオピア以外は。

45 :世界@名無史さん:2006/09/22(金) 21:30:53 0
サモリの帝国はけっこう頑張ってるだろ。

46 :世界@名無史さん:2006/10/05(木) 09:31:30 0
「未開都市トンブクツ」というフランス人人類学者のフィールドワークによる本があった。
かなり面白い。

47 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 15:30:27 0

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \ 
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   えへへっ
    |┃  |r┬-|     |⌒)  遊びに来たお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)

    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃ (―)  (―)\ 
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~



48 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 18:46:49 0
遊牧民族があれだけ広域に往来したのに、なぜサヘル以南には車輪が根付かなかったんだろうな。
同じく車輪の原理を用いる回し臼や轆轤ですらも普及しなかった。
サハラの岩壁画にも二輪戦車に乗った黒人戦士の絵がニジェール川流域まで分布しているから、
接触が無かったわけでは明らかにない。なぜだろう。

49 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:04:50 0
ユーラシアとだいぶ事情が違うようだね

50 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 12:41:01 0
>>48
ヌビアやエチオピアはどうだ?
紀元前からオリエントの技術が伝わっているが。
ヌビアの二輪戦車なんてなかったっけ。

51 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 13:16:17 0
預言者ムハンマドの時代あたりまではけっこう強かったらしいが・・・>ヌビア
マムルーク朝には簡単に負けてるね

52 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 09:53:39 0
"mansa"って「諸王の王」すなわち皇帝の意味だったのね。

53 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 17:36:48 0
>>48
風土病にウマが耐えられなかったため根付かなかった、とも言われる。
コブウシやヤギは結構定着したようだが、ウマには手強いウイルスでも住んでいたのかな。
ナイジェリアのジョス高原やカメルーンなどの諸王国では騎兵隊を擁していたが、
高燥の環境が幸いしたのかも。

54 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 03:40:11 0
ハウサ騎兵隊は最強ニガ

55 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 15:43:20 0
>>53
ツェツェ蝿じゃなかったか?

もともとウマは亜寒帯原産の動物だからね。酷熱の気候には弱い。
それだけにウマの生存南限地帯では、使い捨て覚悟ででも
ウマを使えるか使えないがけっこう重要なポイントになる。

南インドなんかでも毎年五万頭ぐらいのウマをエチオピアから輸入していた。
そのほとんどは年を越せずに斃死するけど、死ぬまでに働かせまくる。
そして翌年また輸入する。

56 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 12:09:57 0
南ロシアのタタール人もインドまで馬を連れて行って売ってたらしいな。
イブン・バトゥータの旅行記に出てくるけど。

57 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 21:51:27 0
13世紀のサハラ砂漠を支配していた勢力ってどこなんですかね?
シャラフ・アッディーン・カラークーシュって何者でしょうか?

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)