2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

いま読んでる世界史関連書籍の78頁4行目を写すスレ

1 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 02:50:06 0
幣としても使用されたタカラガイやビーズが、シャバ(旧ザイール=現コンゴ民主共和国南東部)

この本のタイトルを当てられたら神。

2 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 03:18:44 0
は、領主権にとっても潜在的基礎的な力として働いてるわけである

3 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 03:26:47 0
いう理由で都市を追放された労働者であった。いまでは、各地のロシア社会民主労働党委員会は

4 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 06:49:36 0
上下二段
ミウスにたどりつけなくなっている。そのころにはミ
態となった。そこで、なんとかしてこの新設の湊を維

5 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 07:01:07 O
しかもたらさなかったのか。ここ

6 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 07:08:12 0
[                       ]

※古文書欠損段

7 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 07:17:57 0
て憲法の条文をずっと読んでいくと、その173条に、連邦議会の「その他の任務と権

8 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 07:19:53 0
かぎり満たされていない。『文部省年報』が「浪人」の統計を公表しているのは明治三十五年

9 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 07:27:01 0
六・三  日本公使  日本公使大鳥圭介帰国、六月十三日帰任。

10 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 09:44:38 0
>>2は中世西欧史か

11 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 10:35:37 0
The only precedent for who shuld be present at a royal birth which has
surfaced contradicts this assertion: in the reign of Henry VII, only women
were admitted to the queen's bedchamber.

12 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 12:11:06 0
ルキでも観測される。ここでは墳丘墓群が部分的に発掘されており、
初期の墓は九世紀末に属するこ

13 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 12:55:19 0
大奥にこもったままの大御所家斉の、あの孤独な痴呆ぶりと、諸大名に
慕われている活力あ

14 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 13:20:55 0
ない。


15 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 14:25:38 0
the Nu-chih Shui-Ta-ta 女直水達達 (Jurced Water-Tatar) and the land of Ch'i-lieh-

16 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 18:55:01 0
おいて著名であったが、特に乾しブドウの酒は有名で、これはオリーブ油と同じように輸出された。

17 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 19:08:06 0
ほどになったのを妬ましく思ったゾフィーは、嫁を伝統的な宮廷生活の枠の中に閉じ込めてしま

18 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 20:09:12 0
>>17

「皇妃エリザベート」だね?

では次のは?世界史板の「この本を読め」スレで見て、買ったんだけど、
実に面白くて目下熱中してる。

「あり、罵る声がし、啜り泣く声がし、詫びる声たしたが、それがはたとやむと
あとは静まりかえってもの音一つしない。そこで近所の受験者を誘いあわせて
その号舎をのぞきこむと、某生は冷たくなって死んでいた。」

19 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 20:52:31 0
十五字。

いや「十五字。」というのが78ページ4行目の本文なんだよ。マジで



20 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 20:56:41 0
という。ちなみに「元寇」という言い方は、明治になって「倭寇」に対向して生まれたもので

21 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 21:04:44 0
このうち中国語訳の問題語と重なる言葉は一六語で半数以上になる。

22 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 21:14:07 0
ヤ朝政権やエジプトのファーティマ朝(Dawlat al-‘Alwiya)政権の動向についてもかなり詳細な

23 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 21:50:41 0

の満蒙問題を解決し、対ソ連戦の防


24 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 22:04:47 0
は、土成壁で囲まれた中心市と農村領域とに分か

25 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 22:31:09 0
の国はあなたの領地に近いから、たいへん好都合ではないか。
あなたは全く自由で安全な状態で、好きなだけその地

26 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 23:26:10 0
いたとき、王はその犯人をすみやかに罰し

27 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 03:26:10 0
第三に、スターリンが命令する場合。

28 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 09:09:14 0
ことにする、の一言で許した。この人々はローマ市民として祖国を裏切っただけでな

29 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 10:43:13 0
を解決するためのポイントを明確にすべきときがきたと述べ、「大国」による会議の開催を提案してきた。ドイツ

30 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 17:25:07 0
の印刷術より扱いにくかった。手書きに比べて利点が少なかった。あsらに、ファイストスの円盤が

31 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 18:08:02 0
る種の恐竜にもっとも近縁なのはワニである。そこから恐竜の皮膚もワニのような鱗状だったと類推

32 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 18:14:53 O
が、当時の私は国民党治下の台湾政府に叛旗を翻して、
国連に台湾の将来を決め

33 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/09(火) 19:08:56 0
行。頃刻七百里矣。旬日。王遜果除洪州。到任後。白雲亦来相訪。復於江都
値楽真人。曰。爾周遊

34 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 20:22:46 O
その他である。これでは人間の心から誠実さ・慎み等が消え、慎みや味わいのない露

35 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 20:35:44 0
杜光庭の仙傳拾遺ですね。

36 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/09(火) 20:59:12 0
>>35
直接引いたのは『太平広記』です(勿論ソースは『仙傳拾遺』)。
それにしても凄い。あやめさん並みですか。

37 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 21:16:10 0
伎座等 玉梓乃 人曾言鶴 於余頭禮可 吾聞都流 狂言加 吾聞都流母 天地    狂言(神)「枉言」

38 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/09(火) 21:35:29 0
>37
『万葉集』巻三の丹生王の歌の様ですが。

39 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 21:47:26 0
流石。420番歌です。

40 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 22:04:55 O
山野路上サーカスかよ・・・・

41 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 22:07:35 0
むささびだから、樹上サーカス・・・

42 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 22:10:46 0
ランス二月革命の日々』喜安朗訳)からである。これに対し、山岳党は「一転して歓びに酔い、度はずれて大胆に

43 :ほへぇ〜 ◆jHlTwEW9lA :2006/05/09(火) 23:19:53 0
……


NHK出版 ComicVersion NHKスペシャル文明の道@
アレクサンドロス〜世界帝国への夢〜
安彦良和

44 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 23:23:24 O
41は典型的な山野の捨て台詞だな。いいかげんオナニーはやめれ・・・・

45 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 23:23:36 0
ガリアの修道院のコルビー、装飾頭文字作成(全

46 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 23:38:54 0
裏切られたジャンヌダルク

47 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 23:47:42 0
>>44 の文句が78頁4行目に書いてある書籍は何という題名か?

48 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 23:49:53 0
「ある粘着の偏執的生涯」

49 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 23:52:42 0
女の面影が、柳毅の脳裏をかすめ、そのあでやかさに、彼はすんでのこ
とに、とびつこうとし

50 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 00:45:21 0
私のために飛んでもない濡衣を着せられた、ある立派な貴婦人の名誉のために、ここで一言弁

岩波文庫版ガリヴァー旅行記

(^ω^)なかなか面白いね

51 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 00:47:13 0
いると信じている。そしてまた他の多くの人々と同様に、歴史の本質は、過去を法則の形でとらえること

52 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 20:52:24 0
カン勢はセルビア王ラザールを中心に一三八九年、オスマン軍との対決をめざしてセルビアを南下し

53 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 20:54:16 0
ったのであった。

54 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 20:55:22 0
のとき、李淵は一度太原に引き返し、再起をはかろうとした。このとき、建成は世民の積極

55 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 22:43:13 0
750人程度の死者が出て壊滅的打撃を

56 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 05:12:00 0
して新羅は、未開の非文明国であった日本列島に多くの新羅式先進文化の所産を持ち込みんだ。

57 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 05:25:58 0
ッバース朝の味方である。歴史家はその情報をあたかも聞いたかのごとくに伝え、またちょう

58 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 21:38:57 0
ると考えた人がいる。

59 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 22:06:07 0
った。そして、この種の逃避行に最後まで気づかなかった人物は父のマクシミリアン二世

60 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/11(木) 22:07:03 0
浙西道及び浙東道に到れば一事を得ず。須く聞奏[奏上]を得べし。勅下れば即ち得[可能]、

61 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 23:07:34 0
入唐求法巡礼行記?


62 :教科書だけれど:2006/05/12(金) 00:05:21 O
は課税を免れ,おもな官職を独占し,領主として農民から地代をと

63 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 03:14:04 0
た。

64 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 04:30:04 0
ナンダに告げた言葉であった。

65 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 04:58:25 0
ルマーサのミドラール家に送った手紙は、ファーティマ朝がアリーの血統であることの正しさ

66 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 05:07:28 0
なんのよ!!

67 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 06:25:26 O
ットはリズムセクションがホットでないといけないが
そいつはモンクのスタイルじゃな

68 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 14:46:15 0
若き太祖は、これら信頼できる同郷人で自分の集団を作って、天下取りに加わって
いったの

69 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 17:16:20 0
しない。 ○壮気 さかんな気分。 ○嵩莱 嵩も莱も廃屋や荒蕪の地に生ずる草。 ふつうは「嵩莱 長ず」のよう

70 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 17:20:22 0




中公新書「物語 チェコの歴史」 78頁は白紙頁。

71 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 21:16:49 0
われは)恐れ、藪に逃げ込み、敵から逃れるために地べたの穴の中やいろいろな場所に身を隠しまし

72 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 21:18:06 0
退していた。

73 :世界@名無史さん:2006/05/12(金) 21:22:15 0
ニトログリセリンという未完成の爆薬を一人前

74 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 01:09:08 0
スターリンは1948年の晩春にソ連帝国をさらに強固なものにしようとし始めていたが、それはより悲惨な結果


75 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 01:24:29 0
わまりないことで、まず一度しか味わえない。

76 : ↑:2006/05/13(土) 03:16:34 0
なんかエロい。

77 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 11:09:02 0
マスウーディーの記事を要約すると、次のような重要な事実が含まれて
いることがわかる。

>>65
イブン・ハルドゥーン『歴史序説』(一)岩波文庫版だな

78 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 11:21:10 0
中国社会科学出版社 黄巣起義考

南陵是宣州的属県、在宣州城西一百里、据司空図記

79 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 11:59:48 0
フランシスコ・アルヴァレス エチオピア王国誌 池上岑夫訳

かることになる。

80 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 12:34:32 0

めていたし、劉知遠もおなじだった。数多い節度使のまかで太原節度使という地位が、後唐の李存勗、


81 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 18:26:05 0
明だけれどもね)。さあ、復習してやろう。ブラッドジョーを呼んでくれ。」

岩波版 ジーキル博士とハイド氏


てか本の題名書きませんか?
個人的に>>42の本が読みたいんですけど・・・

82 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 18:39:33 0
本の題名を当てっこするのも面白いので、1週間たっても正解がなかったら、
本のタイトルや出版元を書くことにしたらどう。

83 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 18:44:39 0
それと空行はカウントしないことにしたらどうでしょうか。

84 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 18:48:15 0
巨大な戦闘力の多種多様な編成やこの戦闘力を実際に使用する際に
生じる諸般の複雑な事情を

85 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 18:55:16 0
犬と鶏は多産であり、新婚の女性も同様の

この本の場合は各ページ上下2段に割り組してるので、78ページ上段4行目。

86 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 19:12:55 0
作られている。夏至になると表を立て、表の影の長さをみて、玉圭で測定する。もし表の影の

原書に「玉圭」とあるのは多分「土圭」の誤記か誤植と思います。

87 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 19:16:52 0
体中心の議論でしたが、神の世界創造の一つのサブシステムとして国家を位置づけるトマ

88 :42:2006/05/13(土) 19:39:44 0
>>81 42は、
講談社 「怪帝ナポレオンV世 第二帝政全史」 鹿島茂
2004年11月25日発行 ¥2800税別

89 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 20:11:59 0
>>82
はたして一週間後に律儀に題名を書く人が何人いることやら・・・

90 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/13(土) 21:39:13 0
>>61
正解。
ヨーロッパでは、典型的な類話はギリシアとイタリアに一例ずつあるにすぎないが(注65)、この分布のし

91 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 21:48:38 O
力七万三〇〇でもって、ナポレオン軍は兵力

92 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 22:01:39 0
ども唐に朝貢

93 :1:2006/05/13(土) 22:21:20 0
1は『新書アフリカ史』でした。
次は

たる人を指すのであるが、扈従に対する場合のプリンケプスはおのずから別の意味を持ち、

94 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 00:59:07 0
教理および美術、工芸をふくめて広範な文化の

95 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 09:20:47 0
 その後鐵木眞は首尾克く某々の氏族を制令の下に糾合するを得て泰亦赤兀氏に對して戰勝を博

96 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 12:56:50 0
>>21
聖書の日本語
鈴木範久 著
岩波書店 刊

97 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 13:05:06 0
>>85
中国性愛博物館
劉達臨 著
原書房 刊

98 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 13:26:42 0
快馬に乗れり、我。硬き衣装を被たり、我。鋼の鎗を執れり、我。挑皮

なお文章の右に振り仮名が付せられており、左に原語の漢字表記が付せられています。
振り仮名:「快馬」はやきうま、「鋼」はがね、「鎗」やり
原語表記:「硬き」合唐忽、「鋼」合壇、「挑皮」合タ忽喇速

99 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 13:43:51 0
>>86
朱子の自然学
山田慶児 著
岩波書店 刊

なお86で「玉圭は土圭の誤記であろう」という推測を付記しておきましたが、そのあとのページに
注があり原文にも「玉圭」に作っていました。

100 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 13:59:24 0
>>20
杉様の御本?

101 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 13:59:31 0
としたヴァージャペーヤ、王に超人的権力を授けることを目的とし

102 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 14:07:33 0
旧五代史

案欧陽史;九月壬寅,陳暉克襄州。據薛史則陳暉以壬寅奏捷,非以是日克城。考通鑑克城繋九月丁酉,與薛史今月五

103 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 16:05:29 0
梁書巻五−太祖本紀−開平三年九月の記事でしょう。
但し薛史の本文ではなく、挿入された案語の部分のようです。

104 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 17:14:41 0
ツェル王戴冠の祝宴では、接待に用意したもののうち、今日の金に換算して八千マルク(約八十万

マルク……懐かしい。

105 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 21:56:25 0
元首ピエトロ・オルセオロ二世は、つまりヴェネツィア共和国は、”高速道路”を建

106 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 22:05:00 0
>>105

塩婆の「海の都の物語」中公文庫版の上巻だな。

107 :105:2006/05/14(日) 22:07:06 0
>>106
正解。
つい最近、古本屋で購入したが長くて長くて…

108 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 22:40:34 0
ング六ペンスでずっと彼女のところにいた。


フランクリン自伝。面白い人だ

109 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:01:53 0
言を並べたために、それを延期したのだった。




110 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:15:50 0
が、内乱の猖獗に苦しみ、外戦の重荷に喘いでいる最中、マザランの手腕と幸運のお陰で、有

111 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 03:06:12 0
させるという利点を有していた。そしてその目的はフランス、バオ・ダイとホー・チ・ミンの関係の調整を目指すと

112 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 00:29:10 0
ともあるようだが、これは出先で政治問題が生じたとき用心だろう。

113 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 01:45:13 0
ったので、エーゲ海の波止場につきものの海綿が、長年「「エネティコウス(ヴェネツィア人)」と呼ば

114 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 00:10:15 0
比較のこと)。

115 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 00:54:06 0
たり、フランス政府の使者がアメリカをナポレオン

116 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2006/05/23(火) 11:01:24 0
崩されたとあっては、クロディウスの有罪は動かない。しかし、先述の如き票差で、三日後にクロデ

117 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 11:24:12 O
二つのぎりぎり最後の判決がこの日大急ぎで執行されたが、まことに奇妙な判決であったという

118 :講談社現代新書「モナ・リザの罠」:2006/05/23(火) 12:20:28 0
しない恋愛を「理想」としています。ジョコンド夫人が登場するのは、そうした主人公の

119 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 20:29:42 0
sources of Oguz and Seljuk history, and his version of 'Izzaddin's story

120 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 21:05:45 O
の怒声が回廊に響くと、それを聞いた廷臣たちは、城のそちら側を避けることにしていた。「砲撃のな

121 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 21:49:25 0
こうしてこのスレではただただ文字の羅列が続くのであった。


・・・・・・題名書こうよ・・・

122 :中公新書「ラテン語の世界」:2006/05/25(木) 21:59:56 0
る」が第3B変化動詞で,その4基本形はiacio, iacere, ieci,

123 :講談社学術文庫「楔形文字入門」:2006/05/25(木) 22:02:31 0
大指針を与えるとともに、「王」「偉大な」の語と、複数文

124 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 20:58:43 0
た。記憶力と洞察力に恵まれた宋濂は、将来を期待される青年として育ち、二三歳のときに諸曁盆

125 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 21:24:49 0
であったリチャードソンは一八一四年に、カタック地方で流通している「資本」を二〇〇万ルピー弱

126 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/27(土) 21:33:52 0
ビューラー、レヴィ、ぺリなどヨーロッパの諸学者によって論じられ、日本においても今世

127 :20世紀は少年だったが今ちがう:2006/05/28(日) 13:02:13 0
ケロヨン世界は終わらない 俺たちと戦おう お前は最高だ

128 :世宗大王とハングル:2006/05/28(日) 13:52:02 0
以上二書とも、中国古典を代表する書物であるのは間違いない。問題は、なぜ世宗が中国歴代王

129 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 14:01:19 0
の時代は二年余りで終わり、一八三六年一ニ月一○日にエリオット( Charles El-


130 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 17:27:14 0
辱せられるのである。彼をルチャイ河沿うてドニェプル河に曳いて行つた時、異教徒達はこれを泣き悲ん

131 :世界@名無史さん :2006/05/28(日) 17:30:56 0
痛みは止まらずそのまま続いた。陣痛である。

132 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 21:37:27 0
>>130
ロシアのキリスト教化?

133 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 19:40:31 0
[西独]からベルリンに入るにはドイツ民主共和国[東独]を通

134 :世界@名無史さん:2006/06/10(土) 21:11:36 0
したハンナに写本を売ったのである。

135 :古典外交の成熟と崩壊:2006/06/13(火) 04:20:46 0
しようとした時期である。カースルリーはツアーのポーランド復興計画がヨーロッパの平衡を破壊することを注意し

136 :世界@名無史さん:2006/06/13(火) 09:22:31 0
らなくて済んだナポレオンは、一八世紀の補給制度を大部分不必要なものにした。一見理

137 :中国史重要人物101:2006/06/17(土) 15:45:38 0
である。それはまた無能で暴虐な皇帝が輩出した時代でもあ

138 :世界@名無史さん:2006/06/23(金) 09:09:45 0
それはともかく、グレゴリウスはハインリッヒの暴挙に対して二月二十二日、ついに伝

139 :世界@名無史さん:2006/06/24(土) 00:40:10 0
力にはたらいている。

140 :世界@名無史さん:2006/06/24(土) 00:51:00 0
辛辣な司祭がこの物語から引き出す訓話では、
当時の修道士たちに対する好意的な言葉は決して見当たらない。

2行目なら「牡牛が福音書を読み、ロバが使途の書簡を朗読した」
という笑える一説だったんだがなぁ

141 :世界@名無史さん:2006/07/01(土) 12:47:44 0
ロッパの場合、床に敷かれるようになるのは十四世紀になってからのことだ。年代記編者マ

142 :世界@名無史さん :2006/07/01(土) 13:00:26 0
谷間の地へと向かい、コンスタンチノープル皇帝の御子と軍団中の司教、僧院長もす

古典(見聞録)です。ここまで書けば分かる人は分かるでしょう。

143 :世界@名無史さん:2006/07/01(土) 15:30:12 0
いう印象を伝えるためには、その葉を数え、枝の長さを計り、
つぎにこれを引き抜いて目方を量っ

144 :0-140-26817-0 ◆ALSPlGAxzM :2006/07/21(金) 02:42:05 0
In the hope of striking them in the flank, but the manoeuvre went wrong

145 :偽りの大化の改新:2006/07/21(金) 06:36:16 0
とか、蘇我入鹿が俳優に刀剣を預けたとか、蘇我山田石川麻呂が上表文を読み上げた

146 :アラブが見た十字軍:2006/07/26(水) 06:36:00 0
囲を非常線で取り巻くことにとどめたからだ。そしてアンティオキアの落城から三日後、

147 :世界@名無史さん:2006/08/13(日) 14:03:08 0
age

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)