2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

パラケルスス。

1 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 18:45:41
唯一ホムンクルスをつくった人・・・ですよね?
賢者の石を手に入れたのも確かこの人だけ・・・・
パソコンである程度調べまくってたんですけど
嘘とかいっぱいまじってて意味不明なんで
ある程度の知識がある人一緒に語りませんか?

2 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 19:12:16
錬金術って哲学なのか?

3 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 00:25:34
オカ板に立てた方がよかったんじゃねぇか?
つか錬金術って、絶対そのままの意味じゃなくて
喩え話というか、なんかの比喩だよね

4 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 00:39:06
パラケルススは幼少の頃から優れた教育を受け、
16歳の時にバーゼル. 大学で医学と物理学 を学んだ。
彼はここで古い医学の伝統的理論及び. 実践的方法、
すなわちアリストテレス、 ガレノス流の医学における欠点を認めると共に、
新しい錬金術(化学)を創始した。

5 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 02:22:21
確か哲学だったと思いますよ(多分)
少し質問したいのですが、
 
「だれだ、わたしを呼ぶのは」
返事のする方向を探してみると、大きなモミの幹に実がひとつ、くくりつけられている。
しかも、ていねいにも十字架によって三重に封印されているではないか。
パラケルススはモミの幹の中に悪魔が閉じ込められていることをさとった。
「ここから助けてくれ。なんでも望みのものをやるから」
悪魔は悲鳴をあげていた。交渉の結果、どんな病気も治せる霊薬と、
すべての品物を黄金に変える秘薬を提供するという。
パラケルススはさっそくナイフでモミの実を取り除いてやった。
幹の割れ目から一匹の蜘蛛が飛び出して、あっという間に醜い顔の男に変身した。
それから、悪魔は約束通りに薬品を二種類差し出したのである。
好意的なパラケルススに気持ちを許したのか、
悪魔は自分をここに閉じ込めた聖職者に復讐するのを手伝ってくれといいだした。
そこでパラケルススはたずねた。
「おまえを蜘蛛に変えるなんて、神父さんはすごい能力の持ち主だ。
そんな男に対抗するだけの力がおまえにあるのかな」
「なに、筒単なことさ。まあ見せてやろう」
そういうと、悪魔は蜘蛛に変身してモミの幹にある小さな割れ目に入っていった。
パラケルススはすかさず割れ目をモミの実で塞ぎ、
以前のように十字架で封印してしまったのだ。
悪魔がわめいても後の祭りである。
こうして、偶然にもパラケルススは二種類の霊薬を手に入れたという。

『すべての品物を黄金に変える秘薬』は賢者の石(哲学者の石?)の事なのでしょうか。
調べても全然無かったので、良かったら教えてください。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)