2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学を勉強する際の効果的な読書の順番について

1 ::2006/09/16(土) 16:48:48
例えばこういうふうに
プラトン「国家」
    ↓
カント「プロレゴーメナ」
    ↓
カント「人倫の形而上学の基礎付け」
    ↓
カント「純粋理性批判」
    ↓
ドゥルーズ ガタリ 「アンチオイディプス」
とか(あんま知らないから適当だけど例として)

とにかく読書する際の効果的な順番について語ってください
入門書スレもありますが 順番や中級向けや上級向けについて
あまり語られてなかったので
初級から上級まで網羅してくれたりしたらうれしいです

2 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 16:55:57
プラトン、アリストテレス
      ↓
     カント
      ↓
     フィヒテ
      ↓
     ヘーゲル、シェリング
      ↓
  後は様々の哲学学派
      ↓
   最新哲学     

3 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 16:59:46
チン毛
 ↓
ケツ毛
 ↓
浅田彰

4 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 17:15:51
竹田青嗣(出発点)
  ↓
フッサール(挫折)
  ↓
竹田青嗣(終着点)

5 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 17:35:28
2ちゃん(出発点)
    ↓
プラトン「国家」(挫折)
    ↓
カント「プロレゴーメナ」(挫折)
    ↓
カント「人倫の形而上学の基礎付け」(挫折)
    ↓
カント「純粋理性批判」(挫折)
    ↓
ドゥルーズ ガタリ 「アンチオイディプス」(挫折)
    ↓
2ちゃん(終着点)

6 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 17:44:36
ネタスレにされてるw

7 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 19:12:37
西洋史の教科書
   ↓
  聖 書
   ↓
ドイツ語入門書

8 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 19:28:06
ショーペンハウアー  『根拠律の四つの根について』
          ↓
ショーペンハウアー   『意志と表象としての世界』


9 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 21:46:48
アラン・ソーカル『「知」の欺瞞』(この世界は痛い人が多いから)

10 :考える名無しさん.:2006/09/16(土) 23:40:49
 『「知」の欺瞞』の問題提起を受け、これを支持する立場で、哲学者によって簡潔に書かれた下記図書もお薦めです。

アナロジーの罠 : フランス現代思想批判 / ジャック・ブーヴレス著 ; 宮代
康丈訳. -- 新書館, 2003.

11 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 00:35:53
倫理の教科書
  ↓
ソフィーの世界
  ↓
 哲板
  ↓
なんでも哲学

12 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 00:36:48
2ちゃん(出発点)
  ↓
ソーカル
  ↓
2ちゃん(終着点)

13 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 00:45:17
スナイパー

ベビーフェイス

お尻倶楽部

14 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 12:53:50
うんこ

ちんこ

まんこ

15 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 15:05:58
哲学事典

「西洋哲学史」 リーゼンフーバー

哲学事典

好きな哲学者の短い本

哲学事典

「人倫形而上学」 カント

本当にすきな哲学者の本


16 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 15:58:39
Chu→boh

ピュアピュア

Sho→Boh

17 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 16:02:16
理系の落ちこぼれ

アラン・ソーカル『「知」の欺瞞』の書評

哲板で文系批判(コピペと決まり文句で)

廃人

18 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 18:15:30
けっこうカント入るんだw

カント「純粋理性批判」

ヘーゲル「精神現象学」

ハイデガー「存在と時間」

哲板にくるだけで吐き気

19 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 00:13:12
世界の名著

20 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 06:45:07
ソクラテスの哲学

「ソクラテスの弁明」プラトン
      ↓
「クリトン」プラトン
      ↓
「ソクラテスの思い出」クセノポン
      ↓
「ソクラテス」田中美知太郎
      ↓
「パイドン」プラトン
      ↓
「饗宴」プラトン
      ↓
「ソクラテスはなぜ死んだのか」加来彰俊



21 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 14:14:50
引きこもり向けには、どうなんでしょう?

●● 引きこもりの読書状況 ●●
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1160061855/l50

22 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 23:50:21
理系の落ちこぼれ

アラン・ソーカル『「知」の欺瞞』の書評

哲板で文系批判(コピペと決まり文句で)

廃人


文系の落ちこぼれ

廃人


23 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 23:53:35
観念論者どもメプッw

24 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 23:56:29
>>23
にいさん。観念論はじじいの始まり、墓場に唯物論は持ち込めないのよw

25 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 00:39:54
世界の名著から入りました。科学をやるからにはデカルトを読みなさい
という事で、デカルトの方法序説、省察、哲学の原理を繰り返し
10回以上読んだが、デカルトの書いた物のいくつかの箇所に矛盾を感じ、
私には哲学は向いていないなと感じた。
医学的知見の古さを無視しても、ある程度デカルトの作品に納得でき
ない人は哲学に向いてないそうなので断念しました。
早く引導を渡していただいて幸運でしたね。

26 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 02:20:54
そういう人間はどうすればいいかわかるよな。

27 :救急隊員A:2006/11/09(木) 10:04:15
とりあえず哲学用語辞典を片手に 岩波文庫の哲学系全部読む。

既存の諸要素で頭の中がカオス状態だろうから、そのなかで

自分にとって本質についての親しい快い仮説(テーマ)を自力で、諸要素の

ぶつけ合い・組み合わせを試みて考える。とりあえず入り口にたどり着いた。

28 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 10:48:28
そこで、サーベイと自分のマイ哲学で構成された論文(人に見せなくてもよい)を書け。

そこから、そのマイ哲学を既存の文献と織り交ぜながら、徐々に人に話してみろ、
(既存文献と織り交ぜないと、誰も耳を傾けてくれないからなw)

こうしてマイ文献哲学がはじまるのだよ?

29 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 12:17:10
近道なしーーーとにかく生きること
参考までに
ヤフー検索:c点による時空論
読んでみてください


30 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 15:27:34
哲学入門書
    ↓
哲学史 ・哲学事典
    ↓
カント入門書
    ↓
ソクラテスプラトーン
    ↓
キリスト教神学
    ↓
各哲学者入門書
    ↓
カント純理、実践、判断原著
    ↓
ルソー、ロック
    ↓
マルクス
    ↓
ヴィト、ラッセル
    ↓
科学哲学
    ↓
現代哲学
    ↓
聖書


31 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 17:11:29
孫子の兵法書
  ↓
小論文の入門書
  ↓
形式論理学
  ↓
大学用のレポート技術書
  ↓
論理の入門書
  ↓
美学の新書
  ↓
マキャベリ
  ↓
カント・ロック・ライプニッツ
  ↓
クラウセビッチ

32 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 11:32:37
最初に、中島義道(著)『哲学の教科書』や、永井均(著)『<子ども>のための
哲学』なんかを読むってのは無いな。

オレは、これらの本を読んで、オレの知りたいのは哲学ではなく思想なんだって
ことが判ったんだが。

33 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 08:37:53
ツァラトゥストラはどの辺りで読めばいいの?

34 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 15:18:29
>>33
おお! ああ! 否!三度否! とか言いたくなったら

35 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 16:24:38
プラトンの次ってどこ行けばいいのよ。アリスト君は嫌い。

36 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 16:39:26
アリスト嫌ならプロティノスがいいよ

37 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 02:53:35
「読書について」ショウペンハウエル

終了。

38 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 19:56:05

『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』第1章からも引用。
「CIAが最近公表した『グローバル・トレンド2015報告書』に驚くべき予測が載っている。
A 中国は、2010年までに米国と全面的に貿易戦争を引き起こす。
B 中国は様々なテロリストグループを教唆して、手を組ませてアメリカを攻撃するよう仕向ける。
D 2015年までに、アメリカと中国の間で大規模な戦争が勃発する。
E 中国は、…“スーツケース・サイズの核兵器”を用意し、アメリカに対しテロ攻撃を行う可能性が高い」。

これはCIAの予測というよりも、CIAによる「誘導」あるいは「計画」とも読み代えることも出来るのではないか。
言い換えれば国際銀行家集団(Rフェラー)による21世紀の計画書である。
ヴィクター・ソーン氏は「第三次世界大戦」の可能性についても再三言及し警告を発している。

ソーン「《支配者たち》、つまり世界を動かしている連中は、正真正銘の悪魔だからである。
…第三次世界大戦さえ間近に迫りつつあるのだ」
「第三次世界大戦はまったく吐き気を催すものになるだろう。
第三次世界大戦は現実のものになろうとしている。
人類がこれまで経験したことのない途轍もない規模の殺戮が予想される」


39 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 23:45:10
保守

40 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 00:56:29
まずは世間という書物を読まないと。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)