2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

西部邁10

1 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 15:44:07
・・・そしたら野末陳平がこう言うわけね。「先生の言い分はわかるけど、じゃどうすればいいわけ」とね。
そのとき僕は、そう聞かれれば、「しゃあない、殺すしかないんじゃないの」と答えたの。
『日本と戦う』鈴木宗男、宮崎学、西部邁共著(講談社)
関連スレは>>2-5

                      ブ-ン           バ  両 ハ 部 西
                   ∞ 〜 \、丶、\人从//  シ   手 エ 屋 部
                  _ ..、、、、、  ヾ 、  _   厶 ッ   で  を の は
                    ,rfテn`_ ̄``゙ヾ、そ  /クハ  ∠!    叩    中
              ノッソ rァ=ミュ、  ,ヾ. / ' ' /71 て     き イ  を  先
                fr彡' /|`⌒’ヾi‐f云jレヘ  /`}W^ヾ、    殺 ス  飛 程
                乂ミゞ  ` ー一ァ' _jフ´\ ::`ァーr′        し の  び か
             爻リ   '"芝竺ヲ''´ .:::::::::`7ー-l          て 上  回 ら
                ´イ{ //  / .:::::::::::::::::: /.::::::,'            い に  っ
                 ヾ, ゞー'"´ .:::::::::::::::::: /.:::::::,′        た 立  て
               / .::::::::::::::::::::::::::::,.ィく.::::::::::/            の ち  い
.               , ' .::::::::::::::::_,  、‐<´| |::::ヽ./           で 上  た
        ___/ .::::::::::. '"´.:::::::::.\ヾ/ .:::::::'.            あ が
       | ┌‐‐ノ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`′ .:::::::i              る っ
       | | ( :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::._,.  -'‐ 、          !! て

2 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 15:45:04
過去スレ
part1
http://academy.2ch.net/philo/kako/997/997546768.html
part2
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1044458943
part3
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1055956610/
part4
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1086412236/
part5
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1102171759/
part6(1)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1118773653/
part6(2)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1131507545/
part8
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1140631919/
part9
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1146830009/

3 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 15:47:10
関連リンク
東京『発言者』塾
http://www.hatugenshajuku.net/
西部邁的BBS
http://8123.teacup.com/tosei/bbs
談志・陳平の言いたい放題
http://www.mxtv.co.jp/danchin/
レストラン・ゼフィーロ
http://www.zeffiro.co.jp/
イプシロン出版企画
http://www.upsilon-publishing.jp/index.html

4 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 15:55:56
関連リンク2
立川談志亀田試合にコメント
http://www.youtube.com/watch?v=xg_CaS_H-Yk
談志師匠が亀田の試合について言いたい放題
http://www.youtube.com/watch?v=VPEHx4Kg16w
TBSラジオ「アクセス」田中康夫との対談
http://tbs954.cocolog-nifty.com/ac/files/actk20060828.mp3

5 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 19:27:16
新スレおめ

ってかもっとましなスレタイなかったんか


6 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 19:35:28
>>1
そのAA笑えるよなあ。箸でハエをつかんだらもっと笑えるんだが。

7 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 19:48:00
英語情報マネジメント学部wwwww

8 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 22:55:25
8年くらい前、仕事で鈴鹿国際大学に行くことがあって、
事務局の担当者と中を歩いていた時、ある部屋のドアに「西部邁教授」っていう
表札があったので、「評論家の西部さんって、今、ここで教鞭をとってるんですか?」
と聞いたら、「ええ・・・。まあ、あまりこちらには来られないんですけど・・・。ただ、
この前は、ゴルフをやられるために来られましたが(苦笑)」ということを話していた。
まあ、西部さん絡みでは、これだけの会話だったんだけど、何か奥歯に物が挟まったような、嫌なことを
話す時のような言い方をしていたので、言葉の行間からはかなりネガティブな感じを受け取ったのを覚えている。
ただ、それだけ。

9 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 23:06:53
人間飯食うにはFランク大学に魂を売る必要もあるわけだ


10 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 01:09:39
ずいぶんシンプルなスレタイにしたな


11 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 09:00:08
>>9
名前を貸したのは、借金の肩代わりをしてくれたことに対する義というものでしょ。

12 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 15:46:02
まんこ

13 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 00:17:09
>>8
西部さんゴルフするの?
ゴルフはしないと言ってた気がするが、付き合いか?

14 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 01:10:18
『日本人の歴史哲学』書いたのってまだ学生なんだね
くっそ〜

15 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 01:13:42
俺もなんか書こう

16 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 02:38:49
英語情報マネジメント学部wwwww

17 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 02:52:13
なに?やっぱり雄弁会つながりなわけ?

18 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 10:21:00
新設大学はそういう時流におもねった学部つくんないと仕方ねえだろ

19 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 11:55:24
英語情報マネジメントっていったい何する学科?

20 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 12:29:27
一年間、英文解釈教室を通読する

21 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 13:18:30
>>19
セックスして終了

22 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 19:46:46
「遅い」

あの帽子は
わたしがころんだすきに
波にのまれてしまったのです
ひろってください
帽子は波にのってただよっています
ほら
すぐ手のとどくところに
あなたが一生懸命
手をのばしたのはわかっています
今日は 海の水がおこっている日
あなたをさえ 波がのみこもうとしている
けど おそれずに
あの帽子をひろってください
わたしが願ったのは
帽子をとりもどすこと
ではなかったけれども

新藤涼子「ひかりの薔薇」より・・・


23 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 09:11:38
そういえばもうすぐ紀子様出産らしいね。

24 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 12:00:03
このスレ的には関係のない話ですな〜

25 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 15:00:48
あんなに男系女系で議論したのに

26 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 16:35:54
どうでもいいよ。現実に沿って理屈を作り出してしのいでいけ
ばいいの。

27 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 17:12:11
また荒しが来てるの?

28 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 17:12:51
でも男生まれてよかったじゃん

これで我が皇国も安泰じゃああ


29 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 17:18:07
慶事である

30 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 02:11:00
天皇陛下万歳!↑

31 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 14:58:18
ゴー宣で小林が小泉の靖国参拝誉めてたけど
激しく違和感がある…

32 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 15:47:23
なんで褒めてたん?

33 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 19:11:16
それどころか今号では、「ネット保守」に協力を求めた。

         +  +   *
       *    _,...... --──--、  *
     +     ((((  ( ((  彡`i
           ノl``````(``∬、彡| +
         *    |'゙゙`'= =''"´` r'、|    今のメディアにはもう、何も期待できない。
          + |( ),( )-‐' 6|  *  わしは今までネット保守を批判してきたが、あえて共闘を求めたい。
     *         l.  l_、    じ'     わしの『ゴー宣』は、このとおり描いて発売までに3週間かかる。
        _.,-‐''´ヽl、 、--,+   /`‐--、._ +  わしはインターネットの使い方は分からない。
       /l~ 小、.   l\` '  / ,ノ丶ヽ(`  )    今後デマを流している知識人がいたら、ただちに攻撃してくれ。
      l' |`ヘ___,^l`ll. l. `-‐'  ./ヽ 、J´   (  わ し の 力 の 限 界 を 超 え て く れ !
      /| |  ノ |i'.ノ|Uゝ(('))ノ《 `'      l、 (SAPIO 9月27日号、ゴー宣・暫)
     l´| ゙lノ´ノ | ※|(i) l l l l l|※ ソノ    | http://tech.heteml.jp/2006/09/post_734.html#comments
    ( l、 ノ /| ※| l l l l| |※ノ‐-、_    )
 ̄ ̄ ̄`‐--‐'゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ⌒`‐、 `ソ´ ̄ ̄ ̄
                  (ノノノノソゝ

34 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 19:34:11
西部×小林時代の「本日の雑談」で、
西部氏の「爆笑問題は長期的には、太田のあられのなさで破綻するんじゃないかな。」
みたいな指摘、最近を見てるとあたってるような気がするんだが。

ただ、「他の芸人からいじめられてたりしていて、
最初の番組で元気付けた。でも、太田のあられのなさっていうのはダメなんですね」
みたいな思いやりもあるのが見事だった。

35 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 19:38:53
小林としては「お祭り騒ぎするだけが取り柄じゃないんだろ?できるもんならやってみろ」と言っている
ようにも見える。

36 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 20:21:38
小泉の靖国参拝とインターネット言論に対する姿勢は、小林氏と西部氏とでは正反対なんじゃないか?

37 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 21:24:01
小泉は靖国参拝する資格なし

38 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 02:30:54
ある意味、誉め殺しに近い参拝だよな。靖国の存在を侮辱するような。

39 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 05:22:30
>>33を馬鹿正直に受け取るネット保守って一杯いるんだろうなあ。
あれだ、昔の「わしは今弱体化している。叩くなら今だぞ!」ってやつと同じだよ。

40 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 08:10:27
いわゆるネット保守に対する教育的煽動として俺は評価しちゃうけどね
翁と小林よしのりの最大の違いはやっぱ「大衆」へのアプローチの仕方かな
後者は大衆の力を良き方向に傾けられるということについて一定の信念があるようだ

41 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 08:53:20
よしのりが翁を叩いてた初期のころは、翁の愚民思想を叩いてたしな

42 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 09:06:18
愚民愚民と人の世を
嘆く西部に品位なし

43 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 09:34:34
>>42
「愚民」って言葉は使ってないけどな。

44 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 16:52:23
翁が「最近あまりあの表現を見ない、もっとやってほしい」って
よしのりの裁判中に要求してたのがワロタ

45 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 18:01:33
わしズムに続いて表現者にも大塚英司が出てるけど、富岡氏が誘ったのかな?

46 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 19:23:55
>>43
愚民なさい

47 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 19:45:09
大塚英司ってあのおたくの人じゃないよね?

48 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 22:24:55
soudayo


49 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 22:27:03
ミラーマンも出てるしね

50 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 22:39:44
>>48
司、じゃないよね?

51 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 23:19:21
大塚英志だよ。
兵頭二十八もいる。ようやく兵藤→兵頭に直してもらえたようだw

小泉の靖国参拝はどうだろうね。
まあカムフラージュもあるだろうけど、
左翼の攻撃がイビツすぎたから、
それに反撃する権利を行使したということもできる。

52 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 23:53:15
大塚英志、わしズムに出たんか
しかも表現者まで
おもすれー

小林にかつて「ゲロぶちまけたような顔」とか言われてたのになw

53 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 23:58:52
「ゲロをぶちまけたような顔」は永尾カルビじゃなかった?

54 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 00:51:45
大塚は「顔面電波系」って言われてたなw

確かに翁が言うように、最近のゴー宣はおとなしい表現だよな。
生姜と小森をもっと悲惨に描いて欲しかった。

55 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 01:53:59
西尾や田久保を犬そのものに描いてた頃が懐かしい

56 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 07:03:59
708 :世界@名無史さん :2006/09/09(土) 04:33:13 0
国家に忠誠 叫ぶ僕 国民年金 滞納中
 企業の倒産 喜ぶ僕は 就職活動 不戦敗
 イラク人質 叩いた僕は 自分で自分を 監禁中
 マスコミ嫌いな 僕の口癖 新聞ネタも 俺調べ
 日本の伝統 褒めてる僕に 今では来ない 年賀状
 韓国けなす 僕の自慢は 日本国籍 保有それだけ 
 親戚うざいと 言ってる僕は 未だに要求 お年玉
 市民活動 嫌いな僕は ネットで 思想の言論活動
 日本の過去を 賛美する僕 自分の現在 ほぼ終わり
 弱肉強食 説いてる僕は 何をやっても いつも負け
 個人主義とか 叫ぶ僕 一人で出来る ことは自慰だけ
 女をくさす 僕に今まで まともに彼女 いたことなし
 板の自治 好きな僕 生徒会とか 町内会は 参加せず
 左翼を叩く 僕にとっては 社会の助け もっとも必要
 集団主義を 説いてる僕は 体育の時間じゃ いつもカス


57 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 07:04:52
709 :世界@名無史さん :2006/09/09(土) 04:33:45 0
 高卒けなす 僕の年収 納税額 彼らに比べて 低すぎる
 ボランティア 見下す僕と 付き合うことは ボランティア
 他人に説教 している僕は 自動車教習 一回怒られ 不登校
 靖国神社 参拝する僕 クリスマス 元旦 空白スケジュール
 ネットじゃ強気で 威張る僕 面接とかでは いつもオドオド
 同人女が 嫌いな僕は ネットでブログで チャットも大好き
 暴走族とは 違う僕 働きもせず ネットで日の丸 振り回し
 公務員 リストラしろと 要求する僕 親が相談 それは保健所
 氏ねとか言ってる 僕には聞こえる 家族みんなの 同じ台詞が
 少年犯罪 厳罰要求 している僕は ウィニーやって ゲームコピー
 女子高生の 援助交際 むかつく僕は エロゲー内で 幼女をレイプ
 銀行員の 給料下げろと 言ってる僕は 借りたものとか 返してない
 電車のケータイ にらむ僕 老人いても 席を譲らず ずっと寝たふり
 障害者 嫌いな僕は 人生の 障害物走 いきなりこけて 以来そのまま
 日本の技術 誇りにする僕 単純作業の バイトですらも まともにできず
そんな僕ちゃんネト右翼w

58 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 10:02:15
414 :考える名無しさん :2006/09/09(土) 09:50:52
「伝統」や「言葉」を重んじる自称・保守派の西部邁が、
「英語情報マネジメント学部」を擁する秀明大学の学頭wwwww


415 :考える名無しさん :2006/09/09(土) 09:58:35
西部さん、ナウすぎるよ!トレンディすぎるwwwwww

59 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 12:08:42
談陳でたよ

60 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 17:21:10
260 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 12:38:46 ID:WkMbf9jw0
もういい加減、保守(親米)と右翼(民族主義)とかで呼び方を分けたほうがいいよ。
261 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 12:41:40 ID:+nfRA5o20
>>260
「保守」ってなにかを「保守」するもんでしょ。
右翼だって民族の伝統を「保守」しようとしている。
その意味で保守だよ。
そういう区分は、混乱を招くだけ。
265 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 12:43:52 ID:zAOtHs6e0
>>260
右翼=民族主義はあてはまるけど
保守=親米は全然当てはまらないよ。
アメリカの国家理念は、本質的にはサヨクと同質なんだから。
だから、岡崎みたいな際限ない親米は、サヨクと似たような行動を取るようになる。
今回なんかその典型。
274 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 12:51:34 ID:OqikEx2q0
>>261
その論法でもう西部、小林に影響されているのが丸わかりだけどね。
その「保守」派(反米右翼)が伝統でもなんでもない
1940年体制(国家社会主義体制)を保守してたりするわけよ。
皇室護持とか、日本語を守れ(フランス語を守れ、の同工異曲)
とかならまだ理解できるんだけどね。
276 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 12:54:58 ID:OqikEx2q0
ついでに言えば、西部も小林も左翼からの「転向者」であり、
「転向者」が民族主義者や反米主義者、反帝国主義者なのはありふれた話。
民族主義と社会主義はなんら矛盾しないからね。
(旧ソ連、中国共産党、北一輝、西村真悟など例はいくらでも挙げられる。)

61 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 23:36:12
小林氏の反米論って、翁の「日本はこれからムチャクチャになって行くんです。
それに抗うために反米の気概が必要なんです」
という意見を受け入れた物なんだが・・・


62 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 23:39:03
>>60
西村真悟はバリバリの親米派なんだが・・・

63 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 23:58:16
小泉純一郎の方が小林や西部や経団連よりも誠実に日本の将来を考えている。
何のことはない世界中を探しても反日国は中国と韓国と北だけだったという
明確な事実のもとにウズベキスタン、カザフスタン、モンゴルを小泉は地道に
訪問して、アジアにおける重要な外交戦略として中国包囲網を作っていく。
中国韓国という、どうしようもない糞ったれ国に媚びようとする腰抜け日本の
商人根性を小泉はハネ除けて、アジアの親日国と繋がり日米同盟を武器に
中国包囲網を形成し対抗する彼の外交戦略は正しい。その小泉を殺すしかない
と叩く西部は何を考えているのだ。西部に洗脳されて小泉を悪魔のように
思っているこのスレッドの低脳信者どもは、反日左翼と同様の存在だと思われる。
日本がどのように生きていけば良いか小泉の方が、お前ら糞の低脳よりも
誠実に考えているのである。

64 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 00:18:58
君はどうしても日中を戦わせたいようだな。
俺には君の意見のほうが、悪魔のような不誠実な考えに見えて仕方がない。


65 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 00:19:40
ウズベキスタン、カザフスタン、モンゴルなんて何の足しにもなんないだろ
日本が中国に追い越されるのなんて時間の問題だし

66 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 00:22:28
ウズベクやカザフと連携したところで、シナにとっちゃ鎧袖一触。
ていうか、もしそんな包囲網をまともにつくろうとしたら、
少なくとも自衛隊の大増強が必要なんではないの?
小泉政権ってむしろ自衛隊の戦力を削減してたはずでは。

67 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 02:06:38
何を保守するのか─
保守すべき伝統とは具体的には何のことか─

必ず出る疑問だよな。明確に答えた人がいないことも確かだ。

68 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 07:33:59
近所の蕎麦屋と
嘘ぶいてみる

69 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 09:30:29
>>67
扇党首の保守党って何を保守するのかと思ったけど
ようするに土建屋体制のことじゃないのか
扇が建設相になったりして

70 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 10:34:51
人のことをエセ保守を連呼する奴に聞けばいい。
何がエセだとわかるということは、真実の保守を知っているということ。

71 :67:2006/09/10(日) 13:30:37
>68

それが福田恒存なんでしょ。文学的な保守のひとつの典型ですよね。
でも西部たちはもっと抽象的に表現できると構えている。
抽象的でもいいから言葉にするとどうなるのか。


72 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 16:31:51
>>54
気に入らない論敵をカリカチュアした似顔絵を書いて欲しいと公言する輩が、「保守」
を名乗る知識人のスレにいると言うのが興味深いね。

大塚が10〜15年前にぶっ叩かれていた批判がそのまま当て嵌まるのではないだろうか?


73 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 17:14:10
>大塚が10〜15年前にぶっ叩かれていた批判

そんな昔のはなし誰も知らないって。
おじさんが教えてよ。

74 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 22:27:34
無関係とは言わないが、間違い探し的なテーブルマナーじみた保守の品格かくありたいみたいなものにも違和感。
保守は箸の先しか濡らさずに飯を食うが、革新は手づかみでそこらに巻き散らかしながら食うとでも
思ってるんだろうか。


75 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 08:20:09
保守だと何でも許されて何でもありなのかよw
>>74みたいなバカは、保守すべきはっきりした原理原則が無い
骨なし人間なんだな。

76 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 09:33:42
>>75は大学に入学したら、参考書や問題集に模範解答がついていなくて
逆切れした、ゆとり教育何でも教えて高校出身の人みたいですね。

77 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 11:07:47
>>75を見れば、やはりバラエティ番組の「こんな〜〜は間違いだ」的、暇つぶし礼儀作法指南を感じますね。
当人も箸をねぶり倒していそうな文章ですし。

78 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 17:57:42
まんこ

79 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 18:25:56
>75はただの読解力不足だろ

80 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 19:19:38
小林は保守じゃなくて馬鹿。

81 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 19:30:11
手を切って正解だったと思うね
小林・西部双方にとって

82 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 22:56:56
>>80
何の脈略もなく、んなことお前の方が馬鹿っぽい

83 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 01:28:29
78 :考える名無しさん :2006/09/12(火) 17:57:42
まんこ


84 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 11:17:21
荒しは消えろ

85 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 15:00:22
保守が何を保守するか?
その答えは簡単だ。
答:あらゆる自己が属する共同体。
そしてその慣習と伝統。

86 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 15:04:49
なるほど。
サヨクはアトム的個人の自由意志を擁護する。
そして個人が個人のままでつくる人工的アソシエーションを支持する。
まとめていえば、現代のサヨクは進歩的リベラル。
だから保守は、なによりコミュニタリアンでなければならない。


87 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 20:25:08
西部さんは観念的なコミュニタリアンつまりコミュニスト

88 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 21:55:56
>>85
慣習や伝統が因襲や悪習であったりする場合は?

89 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 23:52:44
どんな悪習であろうと、それが自我をささえる、自己の所属する
共同体の伝統であるかぎり保守する。
なぜなら、私というアイデンティティがその共同体によって
構成された結果だからだ。

90 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 00:06:47
アメリカの悪習である伝統破壊は?

91 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 03:59:41
進歩主義は伝統ではない、理想主義的な観念である

92 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 04:07:33
自己を起点にしてるやつは保守主義というより保身主義

93 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 09:34:51
ここにいる西部を批判してる奴も信者も全く西部の言ってること理解してねぇ

94 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 10:41:55
うむ。
つかほんとに読んでるのかというのがほとんど。

95 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 10:43:55
>>93
具体的に書いたら?レス抜書きして叩けばヨロシ。
1行レスじゃ説得力ないよ。

という私もあなたに同意なんだけど。
なんか、信者は小林経由の西部を擁護し、批判者は読まずに批判している印象が強い。
ならば隗よりはじめよと言われると困るw 本が手元に無い。

96 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 11:14:58
知性の構造を2回読み、それ以外の翁の著作を3冊以上
読むのが議論に参加する最低資格



97 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 11:36:00
植草氏がまた逮捕されてしまったようだが・・


98 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 11:41:26
>>96
お前、その程度しか読んでないで議論に参加してるのかよw
信者より批判者の方が西部の本を読んでる事が96のレスで判明した。

99 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 13:58:16
期待を裏切らないね、植草氏は。w

100 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 14:02:37
マーシーの神の域に達しつつあるなw

101 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 15:36:44
>>98
人に勧めた条件がなぜ自分の読書量になるのか?
ワケワカメ

102 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 16:10:59
せっかく表現者に載せてもらってたのにね、次号載るのかな。

103 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 18:01:57
S→ぐ→W 


104 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 18:04:11
ソシオエロノミックス

105 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 19:09:51
植草逮捕はショックだなぁ、国策捜査って話はどうなったんだ
ケインズ型からハイエク型に日本経済を誘導するための生贄の羊
それが植草教授だってストーリーは面白かったんだが・・・
まぁ、今回も冤罪かもしれんけど・・・
これはもう、だめかもしれんねw

106 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 20:36:03
エコノミスト→テカガミスト→サワリスト

107 :96:2006/09/14(木) 20:56:39
>>98
俺は32冊ほどです
これでもまだまだですが

でも正直知性の構造だけで十分じゃないですか?

108 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:04:46
1冊だろうと50冊だろうと
問題はちゃんと本質を掴めているかどうかだと思うな

109 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:05:56
植草は病気だよ
経済理論はまともでも、下半身は異常

110 :96:2006/09/14(木) 21:14:45
っていうか植草氏がまたつかまったんですか?

今来た3分でお願いします



111 :96:2006/09/14(木) 21:27:28
自己解決しました


112 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:31:18
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1131679710/
患者とナースを完全に馬鹿にしている医師の集まるスレ
370辺りから見てくれ応援頼む
糞医師達に三 ⊂二二二( ^ω^)二⊃ の威力見せてくれ!!
おまいらもナースは好きだろ?
現在医師側に押されてる、暇なヤシはURLコピペよろしく

113 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:38:50
爺さんの本はいっぱい出てるけど、内容はかなり重複してる
「大衆への反逆」「知性の構造」と「国民の道徳」読んだら後は言いそうなことわかるよw
読み物としては自伝的な物のほうが面白いかな
「友情」「無念の戦後史」「寓喩としての人生」「蜃気楼の中へ」なんかお勧め


114 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:49:55
プロモーションビデオとして「ケンブリッジ〜静かなる時」を忘れてはいけない

115 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:17:28
発売中の映画芸術(416)に寄稿。映画「出口のない海」について。
「虚しい私心の回転(回天ものだけに?)を描いてあるに過ぎない」だったかな。
初の回天もの映画だけに勇んで試写に行ったらしい。
「製作者側に戦争のなんたるか(私心と公心の葛藤)を(理解できないというよりは)理解しようとしない
ものがいるなかで演じなければいけない役者は大変だなぁ(大意)」←かなり違うかも…
山田洋次脚本みたいだし、見なくても大体知れたものでしょうかね。
「佐藤浩市のような天才はともかく」と言及してるけど何を見てそう考えるに至ったんだろか。
どうせなら同誌の表紙にもなってるヒロヒトの「太陽」の評の方が読みたかったような気も。あれってどんな映画なんでしょ。

116 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 07:11:32
>>114
どこかにうpされていないのかな

117 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 19:23:39
今でも森田実と付き合いがあるのかな

118 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 19:27:58
森田実は亀井静香を応援しているようだが、やはり西部と何か
関係があるのか。

119 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:22:40
ブントと森田実ってびっくりするよな

120 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 21:23:31
>>115
映画芸術って都市部でしか置いてるのみたことない

121 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:11:16
>>118
ヒント:全学連

122 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:30:48
西部さんの映像うp希望。
どなたか、いらっしゃいませんでしょうか・・・

123 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:43:23
http://www.youtube.com/watch?v=ptP2BtMJbIk

124 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 03:58:33
それを出すとは中々底意地が悪いな、おぬし。

125 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 06:13:48
>>123
わずか10年ちょっと前の日本ではこんな電波が当たり前に流れてたんだなぁ
現在の進歩したマスコミでは考えられないな
細木先生がこの映像を見られたときにどう思われるのだろう

126 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 09:47:29
わーたーしーはやってないー
けーっぱくだああ〜

127 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 10:36:52
>>123
当方遅れてきた西部ファンだが初めて見た
さすが翁やw

128 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 10:42:33
実家の倉庫にあの時のビデオテープあるよ。おれ西部オタクだったから。

129 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 10:52:51
いろいろってどんなの試してたんだろ
大麻は当然としてLSDやアヘン-モルヒネ-ヘロインのオピエート系も?
ヘロインはマジでヤバイらしいが

130 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 13:52:50
>>129
つ「蜃気楼の中へ」
っていうか、どっかで細かく語ってたよなあ。何はやらなかったけど、って。


131 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 14:48:23
生放送で自身の麻薬体験を語り出す元東大教授

132 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 15:10:52
自身の麻薬体験を引き合いに出しながら
宗教者のいわゆる「修行」に基づく「悟り」を決して否定せずにさりげなく提示してみせた

「括弧づけの真理」

この西部の言葉にオウム信者は内心どう反応したのかね
まったく鈍感だったとも思えないのだがやはりスルーかね

133 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 16:24:30
その後オウムのLSD洗脳が発覚したわけで、
非常に重要な発言だったと思うよ。

134 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 16:28:02
毎日新聞。西部翁の他に女系容認派居なかったのか?
毎日がはじめに翁に声をかけたとは考えにくい。
親王様御出産で女系容認派は逃走?

135 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 16:30:54
高森ナンタラも女系容認じゃなかった?

136 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 20:25:37
東部邁はどうよ?

137 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 23:29:25
宮崎哲弥がようやく西部先生の出演回数に追い付くんだろ?
よっぽど出ていたんだな。
おれは、そのころ20前後だけど朝生、ほとんど見てなかったから。

138 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 05:18:30
イラク戦争に対しての西部さんの言説はみごとに正鵠を射てたなぁ
今から考えるとど真ん中に的中してたのに認める人が少なかったことに驚くよ

139 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 12:22:21
次の文章は、とある新聞記事からの抜粋である。
文章を読んで設問に答えよ。

今、若い女性には「愛されOL」系のモデル、エビちゃん(蛯原友里)が
人気だが、これからは男性にとっての理想像も 「さわやか正社員」系に
なるのかもしれない。そういえば( 1 )も、多少気になるところだが、
                 
問1.( 1 )に入る適切な文を以下の選択肢から選べ。
A.秋冬もののトレンド
B.環境に配慮したクールビズ・ウォームビズ
C.女性達からの目
D.自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実


正解
http://www.asahi.com/culture/fashion/TKY200609110089.html


140 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 16:49:47
>>138
ttp://mltr.e-city.tv/faq.html#00990a05c
ttp://mltr.e-city.tv/faq01b.html#back-up

141 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 16:51:23
917 :名無しさんにズームイン!:2006/09/17(日) 14:37:21.55 ID:l/x3aIM/
桝添は朝生初期に初めてマスコミ出て来た時、ギラギラしてチック症で凄かった
俺のお気に入り、西部先生も


142 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 18:36:12
>>140
当時の「発言者」読んでないでしょ

143 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 19:45:46
>>138
過去スレからコピペ

まあ外交にはフレキシビリティも大切ですがプリンシプルも
重要ですね。
フレキシブルな物も限度なく曲げられるというものでは
ありません。
また、たしかに生存のためにやむを得ない状況なら原則無視の
行動もある程度は許容されるかもしれません。
ただし生存のためにはやむを得ないとは、米国がイラクに生存を
脅かされていたという前提が必要ですね。

144 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 20:38:51
今号の表現者の対談で西部が「不当なことには
死ぬまで徹底的に逆らってみせる」って言ってるけど
このスレの住人はそんなことできる?
例えばヤクザが見ず知らずの他人(家族や友人ではなく)
をタコ殴りにしてるとき、それを止めに入れるか?

何か頭のうえでは西部の考えを正しいと思うし、
そうあるべきだとも思うんだけど、いざってときに
それを実践できなさそうな自分が
すごい卑怯に思えて嫌なんだよな。


145 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:04:22
殴ってるヤクザの方に理があるかもしれんだろ。

146 :東京『発言者』塾:2006/09/18(月) 21:25:20
東京『発言者』塾ホームページの管理人です。
8月の西部邁塾長の講義概要等を更新しました。
ぜひご覧ください。

東京『発言者』塾
http://www.hatugenshajuku.net/

147 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:33:50
>>145
当然ながらヤクザに理がない場合の話をしている

148 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:46:30
>>147
西部流に言えば・・「無限点における理想の姿」じゃない?

149 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:54:46
>>147
どっちに理があるか、どうしてわかるんだ。それこそが肝心なのではないか。

150 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:08:08
>>144
死ぬまでに逆らえばいいのでは?

151 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:19:54
>>148
どういうこと?勉強不足なもんで…

>>149
いまはそこを問題にしたいんじゃない。
「なにガンつけてんだよ」とか言いながらヤクザが
殴ってる場合でも想定してくれ。
とにかく目の前で不当なことをしてるやつがいる
っていう状況下で、あるべき振る舞いを実際に
できるかどうかの話。

152 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:32:02
珍走とかチーマーにした方が分かりやすい。

153 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:33:05
とりあえず警察を呼べばいいんじゃない。携帯ぐらい持ってるだろ。

154 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:49:57
ヤクザのほうがより恐怖感があるな

155 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 23:00:05
西部さんって猫殺した人か

156 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 23:18:36
ヤクザの知り合いもいてクスリも経験済み。
さらに元過激派。

157 :東京『発言者』塾:2006/09/18(月) 23:43:00
東京『発言者』塾ホームページの管理人です。
8月の西部邁塾長の講義概要等を更新しました。
ぜひご覧ください。

東京『発言者』塾
http://www.hatugenshajuku.net/

158 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 10:08:07
>>157
ご苦労さまです。でもなぜに2回も?
西部先生は参拝支持ですか…

159 :東京『発言者』塾:2006/09/19(火) 10:51:32
すみません、ミスです。

160 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 12:07:35
>>148
無限点は集合論の概念か。

無限点と理想の姿についての説明をお願いしたい。

161 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 12:19:43
ヤクザに立ち向かうのは勇気ではなく無謀、
かと言って何もせず傍観するのは臆病である。

って人生読本か作法かどっちかの方で言ってたと思う。

162 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 12:32:01
無限点とどう関係が?

163 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 13:54:47
だから警察に通報しろよ。

164 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 16:33:30
目下の関心はソシオエコノミクスから、英語情報マネジメント学へ?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

165 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 17:09:57
西部先生に師事するため、医学部を中退して秀明大学に再入学
しようと思いますが、私の人生選択は正しいですよね?


166 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 17:33:38
>>165
釣りなのはわかってるが、発言者塾に行けばいいんじゃないの。

167 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 19:11:07
支配することもできないくせに、支配されることをもいやだという存在としての民衆は、なにも近代の産物ではない。
それは、つねに存在したし、今後もつねに存在するだろう。この厄介者は、時代に関係なく、また、万国共通(インターナショナル)である。
 公正とは、妬みや欲望の別名にほかならず、なんら美徳ではない。民衆は、ブルジョアよりも高邁であろうか。
ブルジョアよりも率先して自発性や無私や高次の人間性を信じるであろうか。物資財貨や経済や実利の崇拝にあくせくすることが、より少ないであろうか。
この世のすべてはただ損得計算に基づいて、金のためになされるにすぎないという信念が、おどろくべき迅速さで民衆の生活原理に、
生活の基本的事実になりはしなかっただろうか。


168 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 20:26:02
ジャコバン=クラブについて歴史的に説明せよ

169 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 19:41:21
左翼です

170 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 06:42:09

あまり歴史的でない回答。
ヒント:「憲法の友の会」「山岳派」

171 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:06:49
ススムに聞けよ

172 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:46:47
>>148
「無限点」における理想の姿とは、どのような意味でしょうか?

173 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:19:18
イデア

174 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 22:46:06
英語情報マネジメント学wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

175 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 22:54:31
>>173
イデアと無限点とはどのような関係が?

176 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 05:57:05
本来こうあるべきだ、という姿

177 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 08:15:03
>>176
それと「無限点」とどのような関係があるのでしょうか?

178 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 08:52:32
理想とは遥か向こう、帳の彼方にあるもの

179 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 08:53:23
>>178
それと「無限点」とどのような関係があるのでしょうか?

180 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 10:02:07
ある保守主義者のスレを哲学板に建てたところ、「イデア」で理想を想起してしまう書き込みが多発する。
サブカル(漫画)に接近するという事はこういうことだ。
裾野を広げ、啓蒙の機会を増やすというだけでは済まない、単なる煽動しか為得ないという場合もあるという事だ。
俗情の上に俗論を重ねる道具として、「保守」が使用されるという事だ。
思想がサブカルを道具にするんじゃない、思想がサブカルの中に落ちて外部からはその姿が見えなくなる危険があるという事だ。

181 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 11:00:48
>>180
それと「無限点」とどのような関係があるのでしょうか?

182 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 12:44:53
手鏡でみる日本経済(笑)

183 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 17:46:38
この月刊誌主幹って西部?
http://www.youtube.com/watch?v=JhgFeMPtwOU

184 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 01:03:56
宮崎学って、昔西部さんをケチョンケチョンにけなしてたくせに、ヤクザの知り合い
がいると聞いた途端に近付く。
なんか胡散臭いなあ。

185 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 01:59:06
そんなこといったら田中康夫も。
9.11を境に左巻きの人との交流が増えたね。
まあ90年代以前は割りとそんな感じだったんだけど。

186 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 05:33:15
>>184
> 宮崎学って、昔西部さんをケチョンケチョンにけなしてたくせに
そうなんだw

187 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 14:36:42
英語情報マネジメント学wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

188 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 02:41:45
おれたちはとんでもない勘違いをしていた

英語=English=英語圏
情報=軍事情報
マネジメント…経営戦略

つまり、英語圏=対米軍事情報の戦略の科学的研究機関だったのだ!!



189 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 03:31:52
実はスティーヴン・ナッシュ氏も関わっている

190 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 14:16:29
https://www.i-sum.jp/sum/sum_page/topics/unvrank/rankf.cfm

高松大 経営・経営 前期  偏差値:28



ぷぎゃー

191 :あ、地元のFランクと間違えたw:2006/09/24(日) 14:20:20
秀明大 総合経営・企業経営 A セ 34
秀明大 総合経営・医療経営 A セ 34
秀明大 英語情報・英語情報マネ 前期   34
秀明大 総合経営・企業経営 前期   33
秀明大 総合経営・医療経営 前期   33


ww

192 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 14:38:41
俺高卒(偏差値65)だけど
偏差値20〜30台の大学があるなんて初めて知ったよ

193 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 15:04:51
その分、学生の家には莫大な資産があるんですよ。

194 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 15:29:58
>>192
これ駿台の偏差値だから、全体的に低めになるよ。母集団のレベルが結構高いから。
代ゼミだと+5〜8位になる筈。というか、35切っちゃうと精度が殆ど無いだろうな〜。
しかし、西部さんはエリート主義みたいな事ばかり言ってるけど、こういう自分が相手してる学生とのレベルの差みたいなものをどう云う風に考えてるんだろ?
一時、小林に宣伝係りさせていた訳だけど、それで増やした読者がネトウヨ層みたいなものだったと言うのと通底していると思うんだが。

195 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 15:48:41
>>194
そうなんだ
調べてみて、俺「京都大 文・人文」に入れんじゃん、とか思っちゃった
上のほう見てなんかおかしいとは思ったよ

196 :165:2006/09/24(日) 15:55:36
>>190
私の所属する医学部の偏差値は67か


どうやら秀明大学は受かりそうだw

197 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 16:42:00
>>148
偏差値が話題になっている最中にすみませんが、「無限点」とどう関係が
あるのでしょうか?

198 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 17:33:42
>>194
ネトウヨで西部信者というのは想像できない。どんな奴だそいつは。

199 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 17:58:21
>>194
創価大学みたいなもんじゃないの?
(成績関係なく)狂信的な西部ファンが行くとか。

200 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 18:33:23
>>199
それだったら西部事務所に就職の面接に行く

201 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 20:54:46
ぶっちゃけ西部は秀明大でほとんど教えてないでしょ。
秀明大のオーナーが西部ファンで、東大を辞めた西部を高待遇(ほとんど評論家業に専念してても給料がもらえる)で引き込んだだけ。
『発言者』の資金も秀明が出してたし。
大学教授として実質的に学生を指導したのは、東大教授時代だけだな。


202 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 19:39:25
20 名前:名無しかましてよかですか?[] 投稿日:2006/09/25(月) 17:27:35 ID:0a6qrYXf
安倍の評伝によれば、
「安倍が好んで読んだのは、保守派の論客として知られる西部すすむの一連の
著作だった。」

「歴史、習慣、伝統を守っていくのが保守であり、それを破壊していくのが革新」
という西部と同様の趣旨のことを著書でかいている。

歴史や伝統といえば、西部は宮台と女子高生の援助交際問題で対立したとき、
宮台のような人物が100人いようが、どんな理論を持ち出そうが、古今東西の
人類の歴史を見れば、そういうことをしてきた人物の多くがどういう人生を辿ったか
を見れば答えが出る。と反論してたな。宮台も後にACなどになった若者を
見て甘かったと反省してるらしいが。

203 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 20:01:56
確かに、援助交際なんて売春そのものので、女子高生はただの売春婦だよな。
で、売春婦がどんな運命をたどるかは歴史が証明するところ。
その辺をキッチリ教えてやるのが大人の役割。

204 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 23:04:17
安倍ちゃんは調整型だよね
左翼が心配するほど強硬的ではないと思う
坊っちゃん由来の「軽さ」が目立つとはいえ
分をわきまえて行動するはず
次の選挙に勝てるかは知らないけど

205 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 23:18:15
安倍と西部って接点はあるの?
>>202見ると安倍は熱心な西部本の読者のようだけど

206 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 23:53:12
安倍晋太郎つながりだね。
西部さんは過去にも自民党の講演や機関紙の執筆もやってるから、
政治家とのパイプは太いかどうかは知らないけど、結構あるはず。

207 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 00:19:11
道州制導入って安倍ちゃんが出したの?

208 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 11:32:05
>>205
安部の隣に座って自民の勉強会で喋ったりしてる

209 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 11:59:44
>>208
http://www.jimin.jp/jimin/project/index4.html
これとかだね。

210 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 12:17:07
安倍さんは間違いなく小泉は頭が狂っていると思っていたはず。
それでもついていった時点でアウト。

211 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 12:55:36
惜しむらくは、西部さんは労働問題や雇用問題に関して影響力を持っていないこと。
教育基本法よりも憲法よりもまず今大事なのは、安定した生活環境を作るためのそれだ。

212 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 15:45:54
>>211
をんなこと考えてるのはインテリだけじゃないのかい?

213 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 15:48:14
をんなこと→そんなこと

214 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 15:50:26
西部さんは本来は経済が専門だから、そのへんは詳しいはずだが。
竹中氏みたいに万が一入閣要請でもされたら、どうするだろうか。
西部氏の持論からすると、固辞する理由もなさそうに思うが。

215 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 15:53:39
つか、今以上に安定した生活ってのが想像できないんだけどなあ。
どういう生活が理想?

216 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 15:59:16
>>215
いや、それはだって、人によって違うでしょう。
金策に追われていれば、安定した生活とは思えない人が多いでしょう。

217 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 17:05:36
ある程度真面目にしてりゃ誰だって安定して生きられる時代だろ
どう頑張ってもダメな環境の人もいるだろうが、例外的に救済すればいい程度の数だという気がする
ホームレスでも死なないんだから

218 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 17:34:33
つまり社会福祉の充実?

219 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 18:33:39
>>214
> 竹中氏みたいに万が一入閣要請でもされたら、どうするだろうか。
紫煙燻らせて、酒入り紙コップでの会見w

220 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 20:24:31
西部さんは日本人が貧乏でなくなったから根性が悪くなって、
おかしくなったといってる人だろ。貧乏で良いんだよ。
それに大学教授は高収入であるべきだと思ってるようだから、
所得格差もあっていいと思ってるんだろう。
それと、中国、韓国のような反日国に企業が頭を下げて
日本製品を買ってもらう必要は無いとも考えているようだから、
日本人全体の生活水準は今よりもっと貧乏になるべきではないの、
彼の考えでは。

221 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 20:28:19
>>218
妥当な不平等かどうか、ってことでしょ。勝者全取はおかしいぞ、と。

ところで、西部さんは安倍内閣をどう思ってるんだろうか。
それとももう政治には関心がないのかな。


222 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 20:29:44
これ以上豊かになってどうするの、という疑問はあってしかるべきでは。
一家に何台もテレビも携帯も車もあるような状態はどう考えても過剰。

223 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 20:29:48
>>209
いつもの話の繰り返しだけど、なかなかこれが理解されないんだよなぁ
ただ、西部を講師に呼ぶという一点で民主よりはましなのかもしれない
俺は爺さんの言ってることはいつも正しいと思う西部信者なんだけど
さて、現実の政治というレベルで考えるとどういう順序で西部的日本を作り始めればいいのだろう?
爺さんが現実の政治レベルでの順番を示した本があれば教えてちょ

224 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 20:32:43
西部の爺さんが語ってるのは抽象だって。

225 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 20:37:50
>>222
そうね。ただ、実家に帰るたびに地元の商店街の店がどんどんさびれていってて、
今年は本屋がパチンコ屋にかわってた。毎年せつなくなる。
豊かではないと思っている。

226 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 20:57:49
>>222
そりゃ、裕福な家にはあるだろうけど、雇用問題は主に若者の問題なんだよ。
家庭をもって普通に暮らしてるような中年のそれとは全く状況が違う。

227 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 21:15:04
>>221
安倍を岸に見立てて青春の血をたぎらせている

228 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:23:54
安倍個人はともかくブレーンには批判的だと思う

229 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:35:22
>>228
そお?でも八木がいるじゃん。
西部塾で最も愚昧な弟子が…。

230 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:39:45
>>221
218じゃないけど、次号の「表現者」は
「ポスト小泉の政治論」です。ご参考まで。

231 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 23:14:24
たしかに日本は豊かになりすぎたから、
大英帝国みたく、少々落ちぶれていってもよい気はする。
だけど落ちぶれ方にも、もう少しマシな方途があるのではないかと。
無気力・無規範の労働者が増えて、外国人労働者にとって替わられる危険もある。
こんな状態の中で、靖国参拝や憲法改正といっても空しく聞こえてしまう。

リストラの憂き目にあったり、職がなくフリーターを続けてたりする人と
そうでない人が感じる、「境遇の差」はすごく大きいみたい。
それは若年層に多いから、そこそこ成功している同期生とか見て、
「俺にはもう将来はない」「収入がこんなにも違うのか」とか悲観的に考えてしまう。
それでもそこそこ食えるからすぐに困ることもないが、貯金もたまらないし、
とても結婚して一家庭を築いていこうなんて気にはならないと思う。
寂しいからネットや携帯は手放せないし、ゲーム欲しいし見栄で旅行もしたいから、
しばらくカップメンでガマン、みたく何となくダラダラ生活したまま年を重ねる。
実情はこんなところではないか?

232 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 23:17:24
グサグサ突き刺さるんだけど(苦笑

233 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 23:40:14
>>231
お前バカ?大英帝国なんてそんな日本以上にはるかに落ちぶれてるよ。

234 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 23:48:12
経済的にはね。

235 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 00:01:40
今の日本が経済的にも落ちぶれたら二度と立ち上がれなくなりそう。
イギリスはしぶとく生き残りそう。

236 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 11:36:08
経済的な豊かさのみに固執してるから文化が荒廃していくんだよ

237 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 12:27:58
経済を捨てると、文化が興隆するんですか?

238 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 15:17:15
「のみ」の語に注目せよ

239 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 16:31:04
捨てるとも言ってないのにな

240 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 16:47:33
西部さんは、文化の中心は言葉だと言っている。
日本の文化を美しく保守したいのならば、まず自分の言葉に責任を
持つこと。そのためには、匿名で意見を書かず、本名を名乗って書け。
匿名で自己主張するのは卑怯で小ずるい腰抜け野郎のする事。
次に、人名や官職名の下に敬称をつけろ。
そして敬語を使え。このスレッドに集まっているお前らは
日本の文化を低劣なものに堕落させている卑屈な匿名の腰抜け野郎だ。

241 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 16:58:03
>>240





一応な
感謝しろ

242 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 17:51:50
236の直前までのやり取りを見ていて、あえて236の発言をしたとすれば、経済を捨てても良い
とでも言いたいのだろうかと思ったんだが。

243 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 23:04:55
何でも現金換算されてしまう時代だからね。
何か事業が起こると「経済効果が○○億円」とか、そういうの聞くと腹が立つのよ。
たとえば文化的にどういう風に役立ってるとか、継続されるべきものなのか、
そういうことはいっさい言わないんだ。

244 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 00:04:39
西部さん、ニュースの深層に出たのか・・・
しかも司会が不肖の弟子宮崎哲弥

245 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 00:13:21
べつに弟子でもなんでもないけど

246 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 00:15:13
世話になったことは事実



247 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 00:29:23
十年に一度の逸材(笑)

248 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 01:23:21
翁によると中田ヒデは在日らしい

249 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 07:28:39
>>248
そうだったらよかった、と言っただけでしょw

250 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 12:29:45
>>247
彼も若かったんだよ



今じゃ随分落ち着いていい論客になった

251 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 15:05:19
>>250
うちの彼女は哲ちゃんがテレビに出る度に
『一回会社潰しているから苦しいんだろうけど、ホイホイとテレビにでるなよ』
とお怒りになっています。

252 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 19:36:09
>>243
だって近代って経済史観と唯物史観の時代だし。

253 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 19:36:12
>>250
ただの電波芸者じゃねぇか
西部スレで話題にするのも汚らわしい

254 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 20:01:52
西部の方が累計では
テレビに出てる回数が多くないか?

255 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 20:58:15
電波芸者をしながら大衆を批判したり誘導したり強化したり突き放したり
して政治としての言論戦を戦うのが西部一派流。


256 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 22:11:43
西部氏の時事批評を少しずつ集めて読んでるのですが、制限選挙に言及したものってありますかね?

257 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 22:14:40
ニュースの深層誰かうpしてくれないかな〜

昨日の朝日新聞は佐伯啓思さんが出てたよ。
安倍政権のジレンマを語っておられました。

258 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 23:43:47
佐伯啓思が朝日に出て、ネット上の右派が言及するのが八木ばかりというのが、なんだか今日的な政治情況を反映しているような気がする。


259 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 23:54:16
所謂ネット右翼にとって西部氏とその一派(袂を別った小林も含めて)は
保守を偽装した左翼と呼ばれているからな(9,11のテロ以後)

260 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 00:25:37
>>256
かなり昔にあった
「私の憲法論」にも書いてあるんじゃないか

261 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 02:08:42
>>259
なんかアホらしくていやんなるね。
特に西部、小林で2ch、ネット言説批判したのが更に効いてるんだろうね。
つか、ネット右翼だと佐伯の名前も知らないのが多いんじゃないかな。

262 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 08:55:29
そろそろ新刊でないかね?

263 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 14:02:27
>>262
「北の発言」読んどるかね?
「表現者」に連載の「憶い出の人々」のいいぞよ。

264 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 17:54:28
の → も

265 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 18:10:24
雑談出てたよ、ページ数前と変わらんのに1500円もしたからレジ間違えられたかと思ってしまった

266 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 19:28:08
>>251
爆笑問題&テリー伊藤の番組に激怒したのに、爆笑問題の番組に出まくってるしな。
ちょっと節操無いわな

267 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 19:32:20
>>72
「本日の雑談」を読むと分かるけど、
その保守の大家・翁自身が、裁判中に激しい表現が書けなかった小林よしのりに
「あれをもっとやってほしい」って要望してたんだがw

小林は「いや、もうめんどくさくなった」らしいがw

268 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 19:36:49
>>265
やっぱり弘兼じゃ売れないのかなぁ・・・
結局、どうして小林と別れたんだろう

269 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 20:02:15
>>267
西部さんは、どんな道徳も、
時と場所、場合を間違えれば成り立たなくなると言ってるからね。
(だから、テロも場合によっては正義であり得る)

そうやってTPOを大切にする。

漫画はsubcultureで下品な物があっていい。
だから、下品な表現を良しとするんだと思うよ。

その替わり、電車で漫画を読むのは恥ずかしいことだと言う。

270 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 20:24:29
>>269
そこは良く分かるな。
小林氏が翁の影響によって「電車の中でマンガなんか読んではいけないんですよ」
と朝生で言って、ゴー宣で、「
「マンガが安全な物になったら、その時マンガは終わる!
 サブカルチャーの立場からメインを脅かすのだ」って部分は
個人的に好きな意見だ。

271 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 22:03:35
なんで仲違いしちゃったんだろ

272 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 22:10:46



273 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 03:15:06
韓リフの新刊で西部が構造改革主義の人に位置付けられていてワラタ。
ttp://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/
経済学関係の本で西部の名前が出るのはめずらしい。

274 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 06:04:18
>>270
その嘘くさい図式の意味がよくわからん。
サブカルチャーは、一部の人間に支持されている新しい文化で、
伝統的で支配的な高級文化の下位に位置する文化だろ。
ところが今の日本の文化じゃ下品な漫画やアニメやガキっぽい絵の
ゲームや、ガキ女の歌う歌が中心になっている。欧米から見たら
今の日本の文化状況は、小児病的な変態文化だと思われている。
日本の現在は下品な文化が中心に来てるから変になってるんだ。
目上の人間にタメ口をきくボクサーやパンツ一枚で踊る男をテレビで
放映してる。それをガキが真似する。そういうのが中心に来て
日本全体がおかしくなっている時代に、サブカルチャーどうのこうの
と、そんな嘘を言ってもしょうがない。
小林がいい歳になって、いつまでも子供でいたいだけの言い訳に
聞こえるね。まあ、自分で考えないお前みたいな信者に、こんな
事を言っても理解できないと思うが。

275 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 07:34:24
何か嫌な事でもあったのかね

276 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 07:56:36
というか、サブカルが大きくなりすぎてメインカルチャーが見えなくなってるのが問題なんじゃないかな?
アフォなサブカル、大いに結構じゃないの。
変態文化も大いに結構。何故って?だってサブカルだから。
メインがしっかりしてればいいのさ。

ところがそのメインカルチャーがよく見えなくなってるのが問題じゃないかな。
例えば大学生が、高校と大学の違いがよく判らずに卒業していったりといった。

小林に絡めて言えば、映画や物資文明で自分が否応無しに立っているアメリカ文化的な土台に無自覚で、
アメリカ批判をする時にはアメリカスタイルの薄っぺらさを批判したり、陰謀論で批判したりするのに、
法の精神やら市場主義の根底の倫理等には言及しないって事が駄目だろうね。
つまりあちらのメインカルチャーを理解していない。
それは日本でのメインカルチャーが薄くなって来て把握出来ないから、向こうのも把握できないんだと思うね。
なのにサブカルのままに、自身をメインカルチャーだと思ってしまう。

277 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 11:28:50
アニメといえば、今夜大人帝国やるね。
これは好きなんだ。

278 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 12:25:05
>>274
この話は続きがあってね。

「あまりにもメインがだらしないなら、サブカルチャーの立場から
 わしがメインを奪ってしまうかもしれん!」と。
マンガのみならず、大衆娯楽であるサブカルチャーは、
この立場を取るべきだと思うんだよな。

ゲームなんかだと酷いもんでね。
ドラクエなんていう人畜無害なゲームを取り上げて、
「ドラクエってのは、殺して殺して殺しまくって、最後に殺す
とんでもないゲームだ!」とか、そういう支離滅裂なことを言うわけよ。
今思えばサヨク知識人だろうけど。

そんな流れだから、ソニーが来てから「ライトユーザー向け・脱オタク信仰」ってのが出て来て、
「自分が悪いから、ちゃんと安全な物にならないと!」と、
まるで反戦平和サヨクの「自分の中に悪があるからいけないと考える、
善意のプラトニズム」みたいな事をやり、
ボタンを押してればクリアできる難易度にしてみたりと、勘違いしたおもねりをしたわけ。

だが最近漏れは、サブカルチャーは、メインカルチャーにおかしなことを言われる立場から、
メインと戦えばいいんじゃないかと思ってる。
「電車の中で読める、安全で権威ある物」になりたがることは、
かえって「つまらなくなる」んじゃないかと。

>>276
上と同時期のゴー宣でも、「現実がおかしくなってて、
ギャグ漫画家が相対化して笑うものがなくなってる」と言ってたね。

それから10年ぐらい経つけど、まさに今は、現実の方が滑稽だしギャグだよな。

279 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 16:21:56
電車で普通のマンガは読めるけどゴーセンは読めないなw変な奴だと確実に思われるw

280 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 23:01:30
>ギャグ漫画家が相対化して笑うものがなくなってる

現実にはギャグ漫画家として才能が枯れてた気が...

281 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 23:31:13
ゴー宣は面白いけど、わしズムの漫画は面白くないもんね。

282 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 02:24:42
淋しいですよね。
小林氏との雑談はかなり面白かったのに。
弘兼氏との雑談も結構愉しんでますが…。
思想に生きる人達ってのはよくわからんです。

283 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 02:27:09
小林批判が増えたな。
遅咲きじじいは面白くないのかい?

284 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 02:30:13
おもしろかったですよ。
小林氏をむやみに批判する気にはなれんなぁ…

285 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 07:31:54
日本人のディープインパクトに対する異常な熱狂ぶりを見ると背筋が寒くなる。

286 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 09:13:56
何の話かと思ったら競馬か。また日本人が恥をさらしたみたいだね。
まあこれまでも年間何百万人の日本人が海外へ行って、膨大な数の恥を見せ付けてるから、
いまさらという気もするけど、なんとかならんのかね…。

287 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 11:45:47
西部氏は競馬には興味無さそうだな

288 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 12:28:23
別に競馬に熱狂するぐらいいいんじゃないの
いくら西部ファンだからといって
何でも衆愚論に結び付けてフフンとインテリぶるのも不粋かと

289 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 16:48:46
>>277
何年か前に発言者でも取り上げられてたね

290 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 18:59:25
>>288
熱狂の仕方が異常だって。牛丼と同じ。

291 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 19:20:52
>>277
>>289
kwsk

292 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 20:45:42
なんで値段上がったんだろ?誤植も多いし。

293 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 21:17:30
部数が出なかったとかね。

294 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 22:32:45
>>291
発言者100号の荒井晴彦の連載です。
見事な羊頭狗肉映画だと。娘も絶賛。

295 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 22:33:11
盗作事件の和田とスギ氏の性的関係を指摘した翁はすげぇと思った

296 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 19:56:04
西部さん出演の朝日ニュースターの画像、某所にUPされてるよ

ヒント:てっちゃんねる

297 :貧脳:2006/10/03(火) 19:59:54
>144
わしの行動を携帯片手に鼻息荒く追跡してるハエ野郎共
がとてつもなくUZEEEEって思ってるんですけど
こういう奴らはシカトするのが一番だと思ってます。
だって他人だもん
>151
昔、アルバイトで病院の部屋の清掃を行っていたとき
どっかで見たことあるなぁ〜って人が狸芝居を、俺の目の前で
していたから俺はこれにどう対応したらいいか、考えてしまった。
結局、先輩にまかせて何も手は出さなかったけど。
まぁ今更な気もしますけど、あれは単なる屁理屈、責任逃れ、
だと思いました、○○さん。

298 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 21:22:19
>>296
「CRCが一致しません。パスワードが間違っている?」
???
「西部邁」だよねl。

299 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 21:37:57
>>298
普通に落とせた
zetubou.mine.nu/itoshiki/nozomu/zetubou0555.rar

300 :298:2006/10/03(火) 21:56:15
>>299
普通に出来ましたね。最初に落としたときのが壊れてただけでした。

301 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 23:53:35
もう落とせません(というか、サーバが応答しない)
自宅サーバだった?
>>299がURL貼ったから負荷高まりすぎて管理人が鯖落としちゃったんじゃないの〜?


302 :考える名無しさん:2006/10/04(水) 00:28:54
もしよければ再うpキボン。
いまから夜勤なので、すぐ消えないのがいいな。

303 :考える名無しさん:2006/10/04(水) 12:07:25
宮崎の提灯持ち振りが鼻に付くな

304 :考える名無しさん:2006/10/04(水) 18:41:38
>>303
十年にひとりの人だもん


305 :考える名無しさん:2006/10/04(水) 20:30:57
>>302
うpろだ教えてくれたらうpする。

306 :302:2006/10/04(水) 23:26:31
>>305
ありがd。でも、朝になったら復活してたので見れました。
西部さんは小泉の靖国参拝は否定的ですね。漏れも同じだ。
やっぱり言葉が大事だと思う。ちゃんと説明できるまでは棚上げがいいよな。
中国や韓国は小泉の強硬姿勢に負けたって超えもるけどどうかな?
外交上は宥和になったかもしれないけど、何だあいつらって思ってるだろうね。
また何かの形で噴出してくるんじゃないか?

307 :考える名無しさん:2006/10/05(木) 10:21:29
http://snsi-j.jp/boards/bbs.cgi?room=sample1

やはり、あの1991年8月の「八月クーデター」失敗によるソビエト・ロシア(ソビエト共産主義)の崩壊という
ことがなければ、この仕事は完成させることはできなかったと思う。ソビエトの崩壊と冷戦構造の終焉によって、
それまで曇っていた自分の頭がすっきりした。「やっと分かったゾ」という気になったのはこの時期である。
自分もまた、ほとんどの日本知識人たちと同じく、頭の幾分かを、ずっと引きずるようにして、ソビエト型とは
違うのだが別種の社会主義=政治的理想主義に長く囚われていて、この呪縛から開放されなかった。
一九九四年から一九九五年にかけてやっと、この本を書きあげ完成させたときに、私は世界を一極的に
支配する世界覇権国となったアメリカ合衆国の諸思想がどうのようになってできているのかを知ったのである。
(中略)
このとき私は、アメリカの現代アメリカ政治思想の各派を、日本語でコンパクトにまとめて、全体的に
性格描写することで、自分が悩み苦しんできた二十年来の政治イデオロギー遍歴からも開放されたのである。
私は、今や、右(保守)でもなければ、左(リベラル)でもない。
私は、ただ、それらの全体像を大きく眺めつくすものである、ということになった。
私は左右の大きな価値対立に於いて、どちらにも組するものでは自分を発見した。
私は、ただそれらの思想の諸価値の対立点を記述する者である。
(中略)
私は日本知識人層の貧弱な土俵の上に「現代アメリカ政治政治思想の全体像」を植えつけるという大きな
仕事を先駆者としてなしとげた。今や日本知識人全てを足元に見下すほどの地位を、私は自力で
築いたのである。しかし、このことは、私が大秀才である、と自惚れているのではない。
私程度は、アメリカでは頭のいい大学院生程度だということである。ということは、日本の知識人の
大半の文科系の知識人の知能水準は、アメリカに持ち出せば、頭のいい高校生程度だ、ということである。
副島隆彦「日本の秘密」


308 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 15:13:45
【論説】西部邁氏、核武装論議の広がりを期待する 産経「正論」より [06/10/07]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160197113/

309 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 15:40:30
■自立国家の自主防衛には不可欠
≪“核の傘”頼みでは限界も≫
中曽根元首相率いる「世界平和研」が「将来における国際社会の大変動に備え、核問題を検討しておくべし」との提案を行った。
政府近辺の機関が日本の核武装について、いささかなりとも積極的な姿勢を示したのは、これが初めてではないのか。
さすが「大勲位」の貫禄(かんろく)と評価したい。

で、その報告書を読んでみると、確かに「主体的な防衛戦略」や「集団的自衛権行使の容認」が謳(うた)われている。
だが、「非核保有国の立場の堅持」「NPT(核拡散防止条約)体制の強化」「日米同盟の堅牢(けんろう)化」といった
従来の防衛路線がそのまま踏襲されてもいる。

この程度の認識と態度では、残念ながら「核問題」の核心にも「自主防衛」の本質にも迫れないのではないか。
大事なのは「日本はアメリカの“核の傘”によって守られている」という話をおおよそ虚偽と見定めておくことだ。
IC(大陸間)やSL(潜航)のBM(弾道ミサイル)の下では、アメリカ本土が核攻撃の危険にさらされる。
アメリカが、その恐怖を乗り越えて、日本のために報復の核攻撃を(日米共同の敵国に)加えてくれるはずがない。

「核の傘」のみならず、アメリカが売り込み中の「迎撃ミサイル」についても、斯界(しかい)では、
その性能はきわめて低いといわれている。
そうならば、非核保有国にとどまるかぎり、わが国は(核抑止を含めて)戦争抑止の強い力量を手にすることができない。
それゆえ自主防衛の姿勢も腰砕けに終わることになる。

310 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 15:41:45
≪“非核二原則”は亡国の策≫
このことをとうに承知しているアメリカは、「日本はアメリカのプロテクトレート(保護領)になるしかないし、
自衛隊も極東米軍のツール(道具)にすぎない」と見通している。
実際、Z・ブレジンスキー(という国際政治学の泰斗)がそのように公言している。大方の日本人もそれに呼応して、
国家の「自尊と自立」を失ってでも「安全と生存」のために「日米同盟を強化せよ」と言いつのる。

しかし、「核問題」を見据えれば、この非核列島がアメリカのテリトリー(准州つまり「投票権なき州」)になるまでは、
列島人の「安全と生存」は危殆(きたい)に瀕(ひん)したままとわかる。
そうと知ってアメリカは−学界はいざ知らず政府では−わが国の核武装に反対してきた。
NPTもその趣旨で発案された。

非核保有国が「同盟」とやらを防衛の最後の拠(よ)り所にするのは、その国を准州に赴かせる道だ。
戦後日本を律してきたのは“非核二原則”であったといってもよい。アメリカの利益のために核を「持ち込ませ」ても、
日本の利益のために核を「持ったり作ったり」することはしない、というわけだ。こんな亡国の防衛論が
なぜ罷(まか)り通るのか。

それは対米大敗戦の(すでに潜在的意識に沈んだ)トラウマと深く関係している。
「自主防衛が可能なのはアメリカだけだ」とか、「世界はアメリカの一極支配に向かっている」とかいった
対米恐怖に根差す世界観が日本を対米属国たらしめてきた。 (続く)


311 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 15:42:32
≪敗戦トラウマから脱却を≫
自主防衛は単独防衛のことではない。
対等な形では同盟国も友好国も持つことはできないと不安がっている自信喪失の国家だけが、
単独防衛は不可能と考えて軍事最強国にとりすがる。

自立した国家においての自主防衛は、防衛網の中心に(最悪の事態に備えて)単独防衛体制を準備し、
その周縁に同盟・友好諸国との軍事条約・協定を張り巡らせ、さらに仮想敵国とも妥協の約束を結ぶに当たって
(外国の指令ではなく)自国の自主的な判断を優先させる。

敗戦トラウマ国民は(歴史的良識としての)伝統を投げ捨てる。それは国民精神の底板を外すことにほかならず、
そういう国民の自主的判断力は低下の一途をたどる。
結局、彼らの心身から、核アレルギー(過敏症)のみならず、
(現憲法におけるように)自衛用の「戦力と交戦」に対しての過敏症も生じる。

さらに、ネーション(国民)とステート(政府)の区別をつけぬままに、ネーション・ステート
(「国民とその政府」としての国家)への過敏症までもが広がっている。

自主防衛構想には核武装論が欠かせない。
世界の多極化のなかで、「恐怖の均衡」におけるマハト(力)として核が必要、というだけではない。
国際的なレヒト(法)の形成・解釈・運用にもその種の力が作用する。
しかし、この簡明な真実に達する前に、日本の戦後精神における「アメリカ問題」が、
とくにその人間像と世界像の歪みが解かれなければならない。 (記事終)

312 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 16:06:17
大体、朝生の小林VS村田会話のような構図で「核武装するならアメリカ・・云々」に議論が集約されて
西部が言いたいことは何一つ受け止められずに終わるよ。


313 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 16:38:33
核を持つのはいいんだけど、核拡散防止条約を拒否して国連加盟国、
アメリカ、中国、ロシアと国交上の問題を発生させることになるよな。
日本が核を持つことは、アメリカが絶対に許さないから、経済的に日本は
崩壊するだろうね。
核を持っても日本はパキスタンのような特殊な位置で安定するというのは
甘いんじゃないかな。アメリカのみならずEUからも経済制裁を受けると思う
のだけど、そういう覚悟が日本国民にあるなら、日本は核を持っていいと思う。
まず先に、日本国民にそこまで覚悟を決めるようにと説得すべきではないか。
核を持つ勇ましいイメージだけ語らず、核を持ったら日本はどうなるかという事
を合わせて語って欲しい。それを読んで核を持って良いと日本国民が考えれ
ば、核武装は出来るよ。ぜひ核武装しよう。

314 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 16:47:14
それも結構だけど、即「崩壊」だの「アメリカは許さない」と結論にマッハの速度で
たどり着いて、その過程を一切考えない思考にも西部は疑問を呈していたよね。

315 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 19:29:49
一国として成り立つだけの国土が無いのが問題なんだよな
台湾、満洲、朝鮮半島、樺太、千島・・・うーん足りんな
インドネシアとかタイ、ベトナムの資源も必要だな
このぐらいの国土を持ってから核武装なら孤立しても安心なんだけどな


316 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 20:52:12
>>315
それとアメリカも欲しいなw

317 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 20:59:56
こっちでやってるな

ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160197113/

318 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 21:53:31
ニュー速での叩かれ様に絶望した

319 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 22:00:41
>>318
632 名前:名無しさん@6周年[sage] 投稿日:2006/10/07(土) 20:40:48 ID:e4643ZdG0
スレの議論が混乱するのは発言者が西部だってことだなw
岡崎だったとしたらまた別の意味で混乱するだろうな
西部は議論好きだからとりあえず世の中の流れと違うことを時々つぶやくだけ
10年後20年後には大問題になってたりする
面白い爺さんだと思うんだけど拒否反応強いね
湾岸戦争を支持してイラク戦争に反対した姿勢はみごとだったと思うんだけどみんなもう忘れたのかな
保守思想とは対立した路線の中庸を歴史を鏡にしながらバランスを取ること
対立軸がないとそもそも成り立たないんだよね
西部は親米一辺倒に傾いている日本に反米という対立軸を用意して
その間でバランスを取ってねって言ってるだけだよ
現実の政治を語っているんではなく、抽象、理想を語ってるだけ
「そういう考え方も有るね」って考えることが現実の中でバランスを取ることに役立つんじゃないかな?

これっておまえ?

320 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 22:02:22
ニュー速+って村田みたいな奴ばっかだな

321 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 22:09:34
>>320
「愛国心」とは政府を愛することって思ってる人ばっかだからな
日本語の「国」は「郷里」で有り「国民」で有り「政府」で有るあいまいな言葉なんだよな
ニュー速の人たちはこの中で特に「政府」を愛しすぎてるみたいな気がする

322 :考える名無しさん:2006/10/07(土) 23:15:29
「郷里」と言ったって、どこの街も個性を失ってるからなぁ
どこかで見たような駅舎、コンビニ、パチンコ屋、サラ金の看板…
あと、最近気づいたんだけど
おれ日本史や世界史はそこそこ詳しいけど
郷土の歴史について何も知らないんだよな…

323 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 00:42:09
>>321

政府だろうが郷里だろうがどうでもいいと思うけどね。
郷里なんて様々。明治維新以前この島に住んでるフツーの人々に「日本人」なんて意識はなかったワケで。
政治体制としての「日本」だろうが、郷里としての「日本」だろうがどちらとも近代以後の人工物です。
そんなものを「保守」するってんなら保守主義ではなく近代主義と呼ぶべきでしょうなあ

324 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 01:20:54
外国生まれの帰国子女、樺太・千島に住んでいたアイヌ、外国から
日本に帰化した人間、この人たちにとって日本国というのは
郷里というより近代的枠組みでありフィクションだ。そのフィクション
の境界線が、グレーゾーンを含む柔軟性のあるものならば、愛国心は
健全なものになるが、排他的ならば不健全であり共感する人が減る。
どうやって嘘っぽくなくて共感が得られる妥当なフィクションを作って
いくのかを、観念的な国家思想問題に限定するのではなく、さまざまな
人に住みやすい国を作っていく実際的な思想問題にシフトすべきではない
だろうか。
2ちゃんねるは、概念操作だけで国家を組み立てる方向の議論が中心
だが、現実に多くの人に住みやすい国にする国家を実際に組み立てよう
とする議論は無い。たとえあっても、グレーゾーンに対して排他的に
なれば住みやすい国になる、という極右的な議論ばかりが2ちゃんねる
で目立つ。

325 :四式:2006/10/08(日) 02:09:52
1、アメリカの核の傘はアメリカ本土への核攻撃の可能性がある場合機能しない。
2、現在の所核兵器の恐怖を均衡させる物は核報復能力以外にない
まず、この2つを打ち破る説得力のある方法を持たない非核論者はお話にならない
経済を持ち出したところで軍事における決定的な穴を持つ国はあらゆる経済的交渉において
不利を強いる事になるのは明らかだ。
今までの非核論者がいかに認識不足のレベルの低い存在だったかが浮き彫りになったわけだ。

3、アメリカが日本の核武装に反対なのは日本を弱い立場に追い詰め従属させるためである。
これによって非核平和主義wの親中親朝鮮という人間がたびたび非難するアメリカ追従という
言葉が空虚で無意味な言葉だったのかが分かるという物、非核によってアメリカの核の傘という
幻想に頼らざる負えない立場に追い込みながら、さらにアメリカを切れというのは死ねと言っているのも同じ事

よもやこの類のゴミ虫が哲学板というご大層な板に生息しているとは思いたくないが、、

326 :四式:2006/10/08(日) 02:20:01
>>324
アイヌ琉球は純粋な大和民族の血を引いているというのは
ネラーでこれ関係の話をする人間にとっては常識の範疇だと思うが
DNAマップでも見ろよ

327 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 06:52:23
民族をDNAで語ってしまうようなシオニスト紛いの人間には、近代における保守思想どころか、それ以前の国民とか国民国家なんて判らないよなぁ。
>>324は民族としては日本人の帰国子女でも、日本が異化して感じられると言っているのだしなぁ。

なぁ?ヨンちゃんよ。

328 :327:2006/10/08(日) 09:10:22
>>324の名誉の為に言っておくと、私は324ではない。

どうもヨンちゃんは近代的な制度や枠組みってもんがさっぱりわかってないみたいだな。
生活保守の延長のナショナリズムって感じだな。

話は変わるが、軍事的なプレゼンスが経済的プレゼンスを決定するなんて事はないぜ。
インドは核持ってるが日本に対して経済交渉で圧倒的か?今は19世紀じゃないぜ。
軍事が重要としても、自家中毒で行き過ぎてるんじゃないのか?

>ネラーでこれ関係の話をする人間にとっては常識の範疇
なんて言うが、ここに居るのは2chよりもアカデミズムやアカデミズム寄りのジャーナリズム、
要するにメインカルチャーの言論の方が重要と考えている人が多いんじゃないか?
「ネラー」である事ばかりが大前提と措定して話をされても、引くだけだ。
ネット中毒も大概にな。

329 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 17:19:15
>>313
俺が米国なら・・・

日本が核を持ったらすげーむかつくけれど、

持ったからには、仲良くする方が得だと思う。



俺がEUでも、同じ。

さらに、日米と仲が悪くなったなら、

日欧同盟を用意して、米に対抗可能な勢力拡大を図るよ。

330 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 17:31:32
>>328
軍事的なプレゼンスが経済的プレゼンスを決定するのは言い過ぎだが、
重要な要素ではあると思う。

インドの核が日本に対して有効でないのは、
日本に一応の核の傘があるからだろう。

米国の核などの軍事力は、日本に対して有効じゃないか。
日本が軍事力強化という選択肢(もしくは他国との同盟関係構築)を、
ちらつかせることができなければ、
全ての経済的交渉は、日本が譲歩せざるを得ない。
今の日本はちらつかせることで、米国の譲歩を引き出している。

軍事的プレゼンスに潜在的な者を含めれば、
軍事的なプレゼンスは経済的プレゼンスをかなりの程度決めると思うよ。

331 :四式:2006/10/08(日) 20:53:44
>>327
翁には悪いが俺はNationStateは民族国家と訳している
大和民族とは文化人種を含む概念であり、それは民族自決にのっとり皇国を作った
それが日本という認識、俺は右翼だからね。
国民国家というリベラルな考えに理解が無いわけでもないが
>>328
混迷する日本人起源論にGm遺伝子という新しい概念からアプローチした
法医学の権威を司る(という噂の)松本秀雄博士の著作がアカデミックで
メインカルチャーでは無いというのならネラーの常識もサブカル扱いになるが。はてさて
>>299
禿同、核武装で日本がシナやEUと組んで対等な同盟関係が構築出来るとすれば
選択肢も増えれば、日本独自のシナリオが描けるようになるかもしれん(おこがましいが)
アメリカとの同盟だって犬から同盟国に格上げだろうな。
 非核論者とはネガティブな条件を挙げ連ねて何もしないという最悪の選択肢を選び
人のシナリオによって死んだり生きたりするだけの魂無き人間と言うことだな。

332 :考える名無しさん:2006/10/09(月) 08:41:06
>>331
非核論者という仮想的を作ってストレス解消しても意味がないよ。
若いやつに核アレルギーなんかないし、そういう浮動層の賛同を得られれば
日本が核を保有する事は可能だ。
だから、どうやって核を保有するか(日本は現実に査察を受けてるし
民主国だから、秘密裏に持つ事は無理だろう)、保有したらどうなるか
分析して上手いシナリオをキミ達が提出して、浮動層をとりこめばいい。
それをやれば日本も核を持つことが出来る。

核を保有しようとしない人は腰抜けだという説教を2chでして、
自分たちだけが相対的に腰抜けではない英雄だという自己満足の優越感に
浸っていても無意味。

西部さんは「勇気」と「無謀」は違うと言っている。勇気とは現実を分析し
行動の責任を引き受ける覚悟をして「理想」に向かうこと。
無謀とは「現実を見るのを怖がって」妄想的自己破滅へ向かう自殺願望で
あり、(集団)ヒステリー。

現実をよく分析しながら理想に向かうのが勇気ある者だから、キミが核保有
までの道のりと核保有後の日本の描いてみんなを説得すればいい。
核を持たない日本は腰抜けだと叫びたいだけなら、コンプレックスから出た
ヒステリーに過ぎない。核を持ちたいと思う俺は勇者で、核を持とうとしない
お前は弱者だザマアミロ的態度は、心理学でいう欲求不満の心的緊張を
一時解放する代償行為と同じ。

無謀な者は物事をする時に、そのやり方や結果について考える事を怖がる、
勇気の無い者。キミは勇気の無い者なのか?

だから次は、具体的なシナリオ書いてくれ。
 ↓

333 :322:2006/10/09(月) 12:23:35


ヨンさんはまさに<癒しのナショナリズム>ですね。
しかし、下流には必要な思想なのです。



334 :考える名無しさん:2006/10/09(月) 12:32:05
西部の爺さんに追い風吹いたな


335 :考える名無しさん:2006/10/09(月) 12:45:01
>>332
相手にすんなって

336 :考える名無しさん:2006/10/09(月) 13:24:25
兵頭二十八の放送形式
ttp://sorceress.raindrop.jp/blog/

337 :四式:2006/10/09(月) 17:43:04
>>332
大衆に必要なのは核装備の必然性と争点に持ち込みヒステリックに政治家を蹴り上げる根性であって
具体的なシナリオはそれ相応の地位にあるブレーンが考える物だと思うが、

まあ俺が思うに核武装の粗筋は、まずNPT諸国の北朝鮮の核実験に対する武力制裁が無いのを確認
NPT諸国が核兵器不拡散に対して能動的で無いのをみて、
NPT10条を突き出し脱退、理由は隣の独裁国家が核保有をしていて日本国民が常の生命財産が危険にさらされ
さらに国防不安定のカントリーリスクを追うことによって株価などもさがってしまい国の運営に対して重要な危機が
迫っているためNTPを脱退する。 こんな感じか?
その間の猶予期間にアメリカかロシアかで核兵器調達、または作る。
脱退と同時に臨界前核実験とか?知らんけど。
核装備宣言、さらりとした顔でNTPに再参加。イェイイェイェーイ&heart
マスゴミや宗教団体が邪魔するだろうが、ラストチャンスなんだからそこは民度を信じてみるしか無いだろう。

338 :四式:2006/10/09(月) 17:56:41
今人は膨大に増え続けて、だが耕作面積は下がり
エネルギーも枯渇が危ぶまれているわけで、最後に物を言うのも
どっかの国の断末魔を聞かずに放置できるのも、核装備あっての物
地球上に生きれる人間の数は限られている。戦争に備えて憂うことなく
生活出来た方がいいわな。
だいたい核武装無しに北朝鮮を手下に持つシナが北朝鮮の核兵器で脅してきたら
どうするつもりなのかと>>非核論者、脳味噌を蟹味噌に変えてみてはどうか?


339 :考える名無しさん:2006/10/09(月) 19:42:55
>>338
当然アメリカの核があるじゃないか。つまんない心配すんな。

340 :発言者塾HP”管理”人:2006/10/09(月) 23:01:30
東京『発言者』塾ホームページの、
次回以降の開講日程を更新しました。
入塾を検討されている方は、ご参考ください。
よろしくお願いします。

西部邁主催・『発言者』塾
http://www.hatugenshajuku.net/


341 :327:2006/10/10(火) 07:39:47
>>337
アメリカの核の傘から脱するのにアメリカに核を売ってもらうのか。

>大衆に必要なのは核装備の必然性と争点に持ち込みヒステリックに政治家を蹴り上げる根性
なんていう輩が此処に出入りしているとはどういう事なのか?

ネット右翼から一歩も出ていないあんたに信じられる「民度」とは、日本人も舐められたものだ。
あんたは靖国のスレで韓国と軍事的に対立し、経済的にどちらかが疲弊するまでレースを続けると言っていたのでは?
しかもその方法が北朝鮮との軍事的挟み撃ちで、武器輸出ビジネスを国策にというもの。
北朝鮮に武器売るなんて発想、逝かれたネット中毒者じゃなきゃ出てこないよな。

一体どういう動機でこのスレに出入りするようになったんだ?この御仁は。


342 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 09:13:46
アメリカやEUを説得して日本も核を持とうなんて言ってる奴は大バカ。
核拡散防止条約を脱退した日本が、資源エネルギーという命綱を切られたら
終わり。

てめえの国でてめえの資源エネルギーを確保できない奴なんかに独立は
出来ない。
核拡散防止条約を脱退してアメリカとは同盟を解消し国交を断裂する。
そして、イランとリビアと日本で同盟を組んで三国とも核保有国になる。
これにより石油エネルギーを確保。これで完全独立国家の日本国が成立する。
贅沢品はやめて米と魚と野菜の煮物だけを食っていれば、食料は国内で
完全自給できる。生活レベルを1950年代の日本の暮らしまで下げれば、
エネルギーや食糧には困らない。そして原発を増やす。

これで日本も核保有国になれる。
そのうち石油購買力も低下し科学技術力も先細りになって密輸で細々と生き
延びる事になるが、大和根性で何とかなるだろう。

343 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 12:02:24
まぁ、お前らが何をどう議論しようが、日本は変わらない。

344 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 13:00:45
親米非核論者も極論しか言わないのか。駄目だこりゃ。

345 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 13:05:28
>>344
文句ばかり言って代替案を出さないのは社民党共産党と同じ。
責任ある立場なら、極論ではないあなたの案を提出してください。
逃げる気ですか?

346 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 13:06:03
>>342
>てめえの国でてめえの資源エネルギーを確保できない奴なんかに独立は
出来ない。

といった舌の根も乾かないうちに

>これで完全独立国家の日本国が成立する。

ってどっちなんだよ。

347 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 13:09:15
>>345
逆に聞きたいのだが、アメリカを未来永劫日本にひきつけておく具体的なプランはある?
最低でもこの条件をクリアしないと、将来的には自前の核が必要だという結論しかないのだが。
それとも今度は中共の核に頼る?

348 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 15:15:26
>てめえの国でてめえの資源エネルギーを確保できない奴なんかに独立は 出来ない。

日本がNPTから脱退し、核保有を宣言したとき、
国際社会は日本に対して、エネルギーの輸出制限などの、経済制裁を行うか・・・

俺は、行わなせないようにすることが十分に可能だと思う。
拒否権を持つ国一つを味方に付けておけば良いんだ。
それは、アメリカの一極支配に懸念を持ち、かつ日本に対してそれほどのアレルギーがない国・・・
例えば、フランスとかいいパートナーになると思う。

建前として、保有する資格は十分にある。
(周辺の核の脅威、平和国家としての歩み、成熟した自由主義・民主主義国家、被爆による核アレルギー)
建前を抜きにして、国益と国益のぶつかり合いという現実を見ても、
核を保有した日本と手を結ぶという選択をするエネルギー輸出国を見いだすのはそれほど難しくはない。

349 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 15:17:15
さらに言えば、核を保有したからと言って日米の同盟関係が壊れるということもないと思う。
核を保有した日本を目の前にしたとき、米国は、自国の国益の為にいかなる行動に出るのか・・・

日本と従来通りの関係を維持し、かつ核の拡散のおそれを最小限にすることが、米国の国益ではないか?
その為に、米国は、日本の核保有を、さっきいった建前の理屈を使って容認すると思う。
これなら、核拡散を防止し、日米の関係も維持できる。
欲を言えば、核拡散防止の観点から、日本経済には、形として多少の打撃を受けてもらう。
これが、核保有した日本を目の前にした米国のベストだ。

国際社会と一致協力して、核を持った日本を叩いて、
日本を、経済の衰退した核保有国(極端に言えば北朝鮮のような国)にすることが、
米国にとってベストな選択な訳がない。日本経済の米国への影響はかなりの程度ある。
せいぜい、ベターだ。

米国にとって、最悪なのは、核を持った日本が、米国一極支配に懸念を持つ国(中国や中東)の協力によって、
エネルギーなどの問題を解決しつつ、米国との友好関係を終わらせることだろう。
俺が中国なら、米国が日本と離れようとすれば、人民の感情を抑えて、即座に日本を自陣営に取り込み
米国に抗しうる勢力を作り上げるだろう。

核保有すれば、国際社会が怒ってしまって、日本は経済大国としての地位を失うというのは、
あまりにも、単純で馬鹿らしい。まるで、トラウマを持ったいじめられっこのようだ。
核保有で日本に生じるデメリットは、核の拡散リスクと、平和国家としてのイメージ低下、
十分に耐えうる短期的な経済への打撃ぐらいだと思う。

もちろん、俺が言う核保有は、完全な核保有つまり、潜水艦+核ミサイルです。

350 :四式:2006/10/10(火) 21:10:16
>>341
伝わって来るのは”コイツ気に入らねえぜ”という思いだけで論点に関する無いのはいかがな物か
@核兵器装備の必要性の是非 yesの場合→A核兵器装備のシナリオはどんなものか?
でAを突いても@の論点を突かないと意味無いよな。
韓国と軍事的対立をして韓国の防衛費に負担を掛け力を南に向かわせる事で、やもすれば機を見た
北朝鮮の暴発、ソウル突入なんて事になり韓国崩壊となれば。
戦略商品が被ってる一つの国が潰れ競争力を無くし、反日国家も一つ減り、将軍様の政治によって
反日人民は死に絶える、武器をある程度輸出すれば中共に対しての防波堤にもなる、これ以上良いことが何かあるか?
ちなみになぜ翁スレに来たのかは俺の2chデビューがコヴァだから。
つーか見ろよこのレスを>>348>>349これが哲学板には勿体ない上位の自我を持つ者だよ、見習え

351 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 22:25:59
中島四式戦闘機疾風



352 :大衆くん:2006/10/10(火) 22:27:02

本名さらして街頭演説でもやればいいのに。
こんな匿名掲示板で何が「上位の自我」なんだか。

あるのは現実世界では決して満たされることのない哀れな自己顕示欲─
<不安な個人>の裏返しであるネットでのタカ派的主張─
典型的な<癒しのナショナリズム>でありネットウヨである

ま、ひまな時に反対意見でも提出するよ。
フツーの働いている人はもっと目前の現実がいそがしいんだよ。

353 :四式:2006/10/10(火) 22:27:43
十分な知性と知機溢れる>>348>>349に比べて
西部スレ住人と思われる>>341のレベルの低さよ。
荒しが住人が呆れ果てて出て行った館を自分の物と思いこみ
好き放題した結果生まれたのが>>341と言う者なのは誰もが知っている
知らないのは自分だけなのだ!!悲劇!!!汝自身を知れ


354 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 22:28:59
とりあえず、3年分くらいの石油備蓄基地を作るところから始めたいよね。
3年あれば、核の開発と、核保有国日本の戦略的パートナーを確保するのに十分だ。

・・・・・・待てよ・・・
「日本は経済大国だが、資源がないので、その経済は砂上の楼閣のようなもので、国際協調を欠かすことはできない。
だから、国際社会を敵にまわす核保有などもってのほかだ」
みたいな意見はよく聞くけれども、
資源が無ければ、金で買ってきて、コツコツ備蓄すればいいだけの話じゃないか?

経済に占める内需の割合も確か40%くらいあったと思うし・・・
食料だって、米は自給してるんだ。自給率が低いのは小麦粉でできたものを食べる奴が多いからだろ?

核保有が、国際社会全体を敵に回すことになるとは思わないけど、
仮に敵に回しても、戦前と違って耐えることができる力を日本はもう持てるんじゃないか?

355 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 22:45:57
哲学板で、西部スレなら、
「なぜ保有してはいけないのか」「なぜ保有しても良いのか」
(つまり核保有が許される基準)を考えたい。

・周辺国の状況
・自国民の生命が国政に大きな影響を与える民主主義国であるか
・理性的な判断をできる成熟した自由主義があるか
・核の管理能力があるか
・侵略性がないか
・核の恐ろしさを国民が理解しているか
とか

核を保有したと思われる北朝鮮に、国際社会が何らかの譲歩をすれば
核クラブの談合で、核拡散を防止する限界が露呈することになる。
「なぜ米国は保有して良いのに我が国は保有してはいけないのだ」というのは北朝鮮の理屈だが、
核クラブの談合ではこの理屈を潰すことはできない。
基準を明確にすることは、核の拡散防止にも役立つ。

基準を明確にするためにも、上のような基準に基づいて日本には核保有の資格があると言うことを国際社会に認めさせるべきだ。
日本が実際に核保有するか否かは、その上で考えればいい。

資格を持っているけど保有しないというのと、保有できないから保有しないというのでは、メッセージとして全然重みが違う。
前者の方が、被爆国・平和国家としての重いメッセージになる。

356 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 22:46:39
でも日本は核拡散防止条約に署名、批准しちゃったからな。
それでも日本が核を持ったとしよう。核を持つことが一人前の魂がある国家だ
という思想ならば、韓国、台湾も日本に続いて核を持つことになるだろう。
フィリピン、タイ、インドネシア、南アフリカも一人前の国を目指して
持つ事になるだろう。
西南太平洋のインドネシア島群はチモール問題が深刻だが、そのような
危険地域にも核が拡散していくだろう。
確かに、核による抑止力は世界秩序を保つ有効な力の一つになると思われ
る。しかし世界中に核が拡散すれば、今度は核ミサイルが使用される確率が
高まるであろう。
国際協調により核拡散を防止しようとする条約を無視した日本は、国際協調力
によって他国の核保有を阻止する世界の動きを弱める事になる。
日本が核を保有すれば、核が世界中に拡散する方向に向かうという事になるが、
それでも良いと覚悟を決めているのか?
核を持つと日本にはこんなに良い事がありますよ、という美味い話だけが強調
されて聞かされるのだが、増税無しで高度福祉社会が実現するかのような甘い
幻想を振りまいているどこぞの党の政治家に似た胡散臭さを感じる。

357 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 22:55:45
>>356
極端に言えば、一人前の国なら、核を保有しても良いんだよ。
俺たちが恐れるべきは、半人前の国や集団が核を持つことだ。

米国の核よりも中国の核が、中国の核よりも北朝鮮の核が脅威なのはなぜだ?
北朝鮮や中国に、民主主義や自由主義がないからだろう?
北朝鮮には、核の管理能力すらあるかどうか怪しいからだろう?

俺はそう思う。
だから、日本の核保有によって、核拡散のリスクが多少あがると思うが、
北朝鮮のそれのようには、あがらないと思うんだ。

むしろ、核保有資格の基準を明確にできれば、核不拡散に資するかもしれないと思ってる。

俺は、核保有によって日本が致命的なダメージを受けることは絶対無いと思っている。
メリットとデメリットを比較して、多分メリットの方が大きいと思っている。

358 :大衆くん:2006/10/10(火) 23:11:04

おいおい日本に核なんてイラネーよ!
持とうかな?ってそぶりを戦略的に使うのは有効かもしれんが。
面倒くさいし、たいしたメリットもない。
持つにしろ国際社会からものスゴイ反発も受けるだろう。
何かやるにしろ、徐々にやればいいんだよ。
まずは憲法改正(新憲法を作る方がよいでしょう)、再軍備から、とかさ。
いきなり核武装論なんて、ものすごく背伸びした議論だと思うね。



359 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 23:19:50
西部なら、「9条は既に死文化してるよw」って言うだろうね。
俺も、9条に関しては、議論の必要さえない話だと思うよ。
再軍備も何も、日本は既に軍事力を持ってる。

徐々にやれと言うなら、資源の備蓄かな。

大東亜共栄の理想を実現できるのは今なんだろうな。
うぬぼれと言われようが、東南アジアに核の傘を提供するのは、中国よりも米国よりも日本が良い。
東南アジアに、民主主義と自由主義を育てて、十分な経済力を持たせて、
ゆくゆくは核を保有してもらっても構わない。
EUのような連合を目指したい。
やがては、EUや米国と繋いで、世界政府を作り上げたい。
こんな風に、日本の核ってのは夢が広がるじゃないかw

世界各国が、日本や米国、欧州のような、民主主義と自由主義を達成して、
十分な核管理能力を持って、核保有をしたら脅威でもなんでもない。
むしろ、それは理想的状況だと思う。
小国は核によって最低限の生存権が確保され、
大国は世界の安定によってもたらされる利益を享受する。

長期的に見れば、核(大量破壊兵器)の拡散を防ぐことはできない。
それよりも先に、諸国を一人前にできるかどうかに、人類の未来がかかってるんだと思う。

360 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 02:13:13
一方、公明党の東順治副代表は、北朝鮮の核実験実施発表を契機に日本国内で核武装論が浮上しかねないと懸念を示した。これに対し、首相は「核保有という選択肢は全く持たない。非核3原則は一切変更がないということははっきり申し上げたい」と言明した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061010-00000066-jij-pol

安倍さん・・・はっきり言いすぎだよ・・・そこは曖昧にしておこうよ。

361 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 02:35:08
お前ら脳天気なバカだな。核を持てるもんならどこの国も、みんな持ち
たいと思ってるよ。

362 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 03:00:51
>>361
お前、馬鹿だな。そんなことはみんなわかってるよ。
持ったときのデメリットよりメリットの方が大きくても持ちたくないって言うのは日本くらいのもんさ。


363 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 03:11:35
全ての国が持てばよい、というか持たなければならない。
持たない国が国連常任理事国。

364 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 03:35:05
↑杜玖椀簸扉も知らないソカ厨wwww発狂wwwwww


365 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 08:19:47
政治家でもなければ官僚でもない、
そして実務政治に関わってるわけでもない、
さらに専門知識を持ってるわけでもないのに
「核保有のための具体的なプラン」なんてだせるわけないだろ。
だせたところで何か意味があるのか?
聞いてる奴や答えてる奴も馬鹿。

366 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 11:08:11
翁の立場は、核保有論を回避することによって、「アメリカに任せておけばいい」右派と、
「国際社会の善意を信じておけばよい」左派が、主体性放棄と言う点では同断であるというのが
前提にあるはず、たぶん。

しかし具体的な保有への道筋とか戦術論とかは、ほとんど杜撰だろ。専門人の立場からは、
抽象的で空想的で具体性、実現性に欠けた道徳ジジイの説教にしか聞こえないはず。

かつて翁をそのように批判していた宮台氏は(持論の当然の成り行きから)具体的政策に関わる
官僚や「プロ」しか相手にしない、と言う立場をとりつつある様に思う。

367 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 12:51:59
戦勝国が作ったインチキ機関である国連常任理事国P5米英仏中露の勝手に決めた
話なんか無視して日本は核を持てばいいじゃん。日本人はテレビの言う事を信じ
るから、テレビで北朝鮮とシナの危険性を一日中放送してれば容易に核を持てる
だろ。評論家はグチグチと行動しない言い訳をしてないでさっさと行動しろよ。

368 :366:2006/10/11(水) 12:58:04
核保有論も「反米」も具体的な技術論以前の段階の議論をしたいのだろうが
まあ、話題からして当然、具体的な技術論、政策論に堕してしまい、「西部は
ほんとうにばかだな」なんて議論になってしまう。

かといって個人的には宮台の「リアリストの社会工学者」風な議論も気持ち悪い
もんがあると思うが。

369 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 13:32:58
ttp://plaza.rakuten.co.jp/kamuynupe/diary/200610100000/

朝鮮中央通信は9日午前11時30分ごろ、「地下核実験が成功裏に実施された」と報じた。

○朝鮮中央通信報道の全文(Sankei Web 2006 10/09 15:21)

 全国すべての人民が社会主義強盛大国建設で一大飛躍を創造していく活気あふれる時期に、
 われわれの科学研究部門は十月九日、地下核実験を安全に順調に行った。

 科学的計画と綿密な計算により進められた今回の実験では、
 放射能流出のような危険が全くなかったということが確認された。

 核実験は百パーセント、われわれの知恵と技術に依拠し進められたもので、
 強力な自衛的国防力を熱望してきたわが軍隊と人民に大きな刺激と喜びを抱かせる
 歴史的出来事だ。

 核実験は朝鮮半島と周辺地域の平和と安定を守るのに寄与するであろう。


370 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:21:10
翁を含めた、俺たち一般人の世論を受けて、
具体的な保有への道筋とか戦術論を考えるのが専門人の仕事だろ。

>>348>>>349ぐらいに杜撰な感じでまずは俺たちが、
核保有のメリットデメリットをわかる範囲で考えて、
核保有YESかNOの判断をすれば良いんだよ。

YESなら、専門家が保有のシナリオを考えるさ。

核保有反対なら、核保有によって生じるデメリットを示すか
メリットが生じないことを示せよな。

>>348>>349は、メリットとデメリットを出して比較したんだからさ。

371 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:23:31
根本に戻って考えよう。
まず日本に核戦力は必要か否か?

372 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:40:09
必要だから米国に核の傘を貸してもらってるんじゃん。

373 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:42:18
核の傘を持ってるのはアメリカだけじゃないよ。

374 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:43:03
アメリカに日本の核を持たせるより
自分で持った方が遙かに安心だろ?

日本のイメージが損なわれるからとか
核拡散の危険があるから反対だと言うのはわからないでもないが、
核の傘に入りながら核を持つことは許されないとか言ってる奴は馬鹿じゃん。

375 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:44:33
それかアメリカ政府よりも、日本政府の方が信頼できないおかしな人じゃん。

>>373
何の話?

376 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:49:37
日米同盟を恒久化すればいいんだ。
というわけで、日本はアメリカの54番目の州に(ry

377 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:56:10
一つは、隣国と決定的な敵対関係に入る可能性が高い、ということでしょ。
場合によっては、アメリカも含めて。第二次大戦前の再現。
中国はそれを狙っている節もある。(日本の知識人はどうしてもアジアは
仲間だ幻想から抜けられない人が多いが)。
要するに外交的リスク。
二つ目は、日本単独の核戦力には質量ともに限界がある、ということ。
三つ目は、費用がかかる、ということ。
最低限「アメリカの承諾」は政治的には不可欠だと思われるのだが、
それだと現状とさして違わないことになるような気がする。
「現状を根本的に変更して、全く新しい枠組みをゼロベースで考えることに
果敢に挑戦するのだ!」ということになると、西部氏の嫌いな革命的思考法に
なってしまうのではないか。


378 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 14:56:39
>>376
核保有よりもそっちのほうが実現困難だよ。

379 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 15:04:07
>>377
@
>>348>>349読んだ?
A
十分じゃん。北程度の核さえ効果があるんだぜ。
日本の場合、1年あれば核ミサイルを作れるよ。
それをもう1年かけて潜水艦に積めばそれで完璧だ。
B
米国が善意で核の傘を初めとする軍事力を提供してるわけじゃないんだ。
現状でも、気づいてないかもしれないが、金銭的なもの非金銭的なものを含めてガード料を払ってるよ。
それが無くなるのは、コスト削減になるし、
核保有によって多少、通常軍備も減らすことができるだろう。
C
俺は、日本が核保有すればアメリカは事実上承諾せざるを得ないと思うよ。
拒否したところで、核放棄させることはできないんだから。

380 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 15:16:02
>>376
EUに参加しようよ。

381 :366:2006/10/11(水) 17:19:30
>>370
いや、核保有論に反対しているわけではない。その意味では370の方針に
異論はない。
そうではなく、翁がやりたいのは具体的な技術論や政策論ではなしに
アメリカに頼りきっている現状は健全ではないことを確認することでは
ないのか?(具体的な現状論と絡めなければ言論が空虚になるが……)
小林よしのり氏がよく出していた長州藩(だったか?)の例のように。

だから翁の主張を「明日にでもアメリカを手を切れと言っている」とか、
日本国の置かれた政治状況を細かに説明して「ありえない」とか批判するのは、
的外れか、良くて二次的なことではないのか……ということが言いたかったのだ。

逆に翁の核保有論に賛成でも、核保有そのものが最終的な目標ではないのだから、
保有賛成か反対かよりも、何のための核保有かを確認するのが先だろう。
(書いている人もいるけど)

382 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 17:48:12
>>381
そりゃそうだ。

核保有の目的は自主性を取り戻すことだ。
現状では、主として米国に対するもので、
依存を減らすか、バランスのとれた相互依存の形に持って行くかが重要だ。
核を米国だよりにしているのは、米国依存の大きな原因の一つだ。

テロの時代にもしくは平和の時代に、核なんて時代遅れだと言う人もいたが、
今回の事件の推移で核の力が依然有効だと言うことは、明らかにされたろうと思う。

北が核を持つまでは、中露は本格的な経済制裁を科さなかった。
北が核を持ったから、経済制裁に賛成したということは、核が脅威だと言うことだ。
核ミサイルを保有すれば、経済制裁を科すことも難しくなるだろう。だから、今、必死で圧力をかけているわけだ。

何のために自主性を取り戻すかなんてのは議論するまでもないことだと思うがどうなんだろうね。
それすら、わからなくなってしまっているのが日本の現状かもしれない。
何せ、自国の常任理事国入りすら反対する勢力がいるんだ。

あえて、「日本人の生命・財産・安全」それ以上の価値やそれ以外の価値は無いと言ってみたところで、
それらを守るためには、独立が必要なのは、現実には当然だ。
(米国が、差別なく日本人を米国民として迎え入れるというなら話は別だが・・・)

俺は、もう少し野望をもって良いと思うよ。
ネオコンの様なノリで、日本は、力を持って、日本の理想とする世界を作り上げようとすればいい。
貧困が少なく、紛争が少なく、互いの歴史文化が尊重され、人権が保障されている世界を作るサポートをするくらいの夢はあっていいじゃないか。
俺たちがそんな夢を持つと危険なのか?俺は米国に任せておく方が危険だと思うぞ。

今回のイラク戦争でも、自主性を持っていれば、即座に攻撃支持なんて醜いことをせずに済んだ。
日本人の感覚から、侵略かそうでないかを判断できた。米国の攻撃を止められないまでも、不支持を表明することで、国際社会の規範を強化することができたんだ。


383 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 18:34:16
自主性を取り戻すって…ただの核武装より100倍難しいな。
思わず「具体的プランと予算を出せ!」と親米現状維持派のようなことを言いたくなるw

384 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 18:51:42
そんなに難しいか?
台湾やら韓国やら北朝鮮やら中国の運営よりは遙かに簡単だと思うよ。
日本は十分に恵まれてる。やる気がないだけじゃん。

100%とは行かないまでも、核保有によってかなりの程度自主性を取り戻すことができるだろう。

核保有とかして自主性を取り戻すと貧乏になるという理屈がわからん。

むしろ、米に依存し続ける方が、弱冠リスクが高いと思うよ。
資源の少ない技術大国が核保有によって安全保障を行うのは自然なことだ。
不自然なことをやるほうが金がかかってしかたない。

俺には、具体的プランやら予算は示せないが、
核保有が十分現実的で、経済に打撃を与えるようなコストのかかるもんでもないことはわかるというか・・・そう思ってるよ。

何が難しいんだ?何にコストがかかりすぎると思うんだ?

385 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 19:24:19
やる気を取り戻させる事だよ。
こればっかりはいくら金があってもどうしようもない。

386 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 22:05:49
核アレルギーなんかねーよwコールオブデューティ、バトルフィールド2好き。
戦争大好き。米中露がでかい顔して仕切ってる国連が日本を許さないとか
知らねえよ。国連なんかいまだに敵国条項があるインチキ組織。
日本もさっさと核を持てばいいじゃないか。テレビで、北朝鮮が核を打ち込ん
で来て火の海になるという生々しいCG映像を作って毎日流せば、
国民は震え上がって絶対に核武装に賛成する。それと、金がかからないから
核を持てばかり言ってる奴は何も知らない馬鹿。生物化学兵器のが安いんだよ。

387 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 22:14:02
核保有論者のイメージが傷つくから、核保有したいならそんな発言はやめてね。

388 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 23:29:00
核兵器はこっそり造ればいいんだよ
オウムだってサリン造れたわけだし

389 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 00:55:02
>>386
私はこういう、ゲーム(特にFPS or ネトゲ)→政治的言説に直行する思考に興味がある。
ゲーム関係Blogなんか見ると結構多い。
以前だったら戦略シミュレーション→兵器マニア→ドイツ&ナチマニアっていう流れが結構あった。
(大型書店で兵器本の隣にナチ関係の本がおいてあったりした)

小林と翁が一時親密だった事から、そういう層が結構西部ファンに流れ込んでいるのではないか?と感じている。


390 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 01:34:33
ゲームのように、100人死ぬより1人死ぬ方がマシとか、核に対する特別な感慨を抱かないような
熱のない考え方というのは、一般(大衆)には嫌われるわけだけど、

指導者のとるべき姿勢・言論とるべき姿勢としては、歓迎されるべきものかもしれない。

村山の阪神大震災に対する対応や、今の核アレルギーのように
おかしな感情を混ぜて戦略を考えるよりも健全のように見える。

「俗情との結託を排す」というのはそういうことじゃないか?

国際政治はお花畑よりはゲーム脳の方が向いてるんだよ。

391 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 02:55:34
人をよく殺せる者にしか人をよく生かすことは出来ないと言うからな。
歴史と伝統の重みに対する愛と誇りが、人の生命を抽象化させる。
命など記号に過ぎない。核大国ゲームで勝つために、われわれ日本人は
凄腕のゲーマーになる意志を固めなけらならない。人権、生命、
民主主義、表現の自由、個性、平和などの腐った価値観は今すぐ捨てる
べきだ。
核弾頭で威圧しあう緊張関係の中で強い自己を保つ事、これが本物の
国際関係なのだと見据えることで、日本人は真に自主自立できる。
今こそ「真剣な」ゲームを始めるべきである。>>386は素晴らしい。

392 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 02:59:04
ていうか、新兵器を作ればいい。

393 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 04:05:03
その通り。ところが古い人にはそういう発想が無い。核にこだわってしまう。

394 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 07:05:28
>>390
>>391
こういう人間やっぱりいるんだね〜。
西部先生は小林とくっついたりしてるけど、自分の思想が広く、特に若年者に広がるっていう事なんかに無頓着杉。
ネットは利用しないし、ネットコミュニケーションは軽蔑してるみたいだけど、自分の思想が伝わった先というか、
新に獲得した読者がどういう風に自分の思想や意見を咀嚼し、援用するかtって事も知って欲しい。
そういう意味で、このスレなんかは見て欲しいですね。


395 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 12:43:31
新兵器って??

>>391
極端だよ。
人権・生命・民主主義、表現の自由、個性、平和は腐った価値観ではない。
むしろ、日本の歴史・伝統にも根ざした価値観だ。
ただ、他の価値観が忘れられていたり、バランスが狂ってるだけだ。
翁もそういってる。

「生命・自由・財産」の為にも、ゲーム脳のような戦略が求められると言いたいだけだ。
お花畑の脳みそを守るためにも、指導者は冷徹な判断を下さなければならない。
指導者がお花畑では、日本のお花畑はやがては焼け野原だ。
民主主義である以上、指導者がお花畑の演技をせざるを得ないのは確かだろうが、
庶民はともかく、有識者は、お花畑でないことを理由に指導者を責めちゃまずい。

396 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 13:08:06
世界の紛争予測も防衛問題も安全保障問題も専門に勉強していない
2ちゃんねらがお花畑なんて言葉を吐いているのが滑稽だ。

397 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 13:20:53
別に「お花畑」を馬鹿にしてるわけじゃない。
一般人がお花畑を持ってるのはすばらしいことだし、
それは守るべき者だ。自分の中のお花畑も守っていきたい。
しかし、国際政治の役者である指導者がお花畑じゃ困るって事だ。
十分な根拠もなく
「米国と仲良くしてれば守ってくれる。」
「中国は侵略性の国家ではない。」
「北朝鮮とも話し合えば分かり合える。」
と考えるのは、指導者の考えとしては困ると言うだけだ。

398 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 13:21:44
当たり前の話だな。

399 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 14:55:36
話は分かった。それで指導者をどうしたいんだ?

400 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 15:08:25
現実に核武装するかどうかはともかく、「真剣に核武装を主張する
政治勢力が存在する」ということを世界に見せ付けることは必要だと思うがな。
明らかなはねっかえりとか極右のような勢力でなくて(極右過激派が
必ずしも悪だということでなく)、議会内部の真面目な政治勢力として。
極論すれば、芝居でもいいから「そういう意見が日本に存在する」と
いうことを見せるべきだと思う(芝居である必要はないが)。
それでなくても、アメリカも中国も今回の件で「日本の核武装の可能性」を
真剣に心配しているらしいし。そこで政府がそういう意見を抑えてみせるだけで、
有効な交渉のカードに有効に使えるだろう。パキスタンがやったような手だ。

401 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 15:29:09
今回の核実験で、初めて、中国とロシアが、本気になったんだ。

拉致では、協力してもらえなかった中国とロシアがだ。

当然のことだが、両国ともに、自国の国益でしか動かないことと、
核を脅威に思っていることが明確になった。

拉致が発覚したときに、日本の中に核武装を含めた軍拡論が巻き起これば、
中国とロシアも、拉致に関して本気で日本に協力しただろうということだ。

ところが、現実には、そんな論は主流にならなかった。
「理由は、核保有は、国際社会を興らせる結果になり、
エネルギーを初め多くのものを国際社会に依存している日本にとって現実的な選択ではないからだ」
なんてもっともらしく主張してみたところで、>>348>>349のような意見に正面か反論できないで居る。
結局のところ、核保有なんて物騒なことは考えたくないから、目をつぶっているだけに過ぎない。

拉致の未だに解決しないのは、仕方なかったとことじゃない。
日本人の核アレルギーのせいだ。いや、核アレルギーは感情としてあっていい。
それを論理で克服できない、感情本意の馬鹿に、成り下がったことが問題なんだ。
核が嫌いなのは当たり前の話だ。嫌いだけれども大人として、その議論をする。
その姿勢がないから、小児病だと言われるんだよ。


402 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 17:01:31
>>399
戦略的に核保有をちらつかせることも選択肢に入れろと言うことだ。
それに対して国民が、怖いだの危ないなど騒いて足を引っ張らずに、受け入れろってこと。
核保有の議論すること自体がイメージ低下になる現状をもう少し変えてくれ。

「それはいけないことだとおもいまーす」というクラス会のようなノリで国政をするのはやめてくれ。

403 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 19:23:41
お前らこんなところでわめいてる暇があったら、『表現者』とか『正論』
とか『諸君!』とかに読者投稿を送りつけるぐらいのことやれよ

404 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 20:48:51
>>403
ヒント:中学や高校の学級会や生徒会で、後ろからヤジ飛ばしている生徒、または終わってから文句言っている生徒

405 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 20:53:37
>>403>>404
議論できないなら黙ってろよ。き・も・い・ぞ・☆

406 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 00:45:38
いや、このスレ自体、クラス内で表舞台に立つことができないキモヲタ4人組
の陰の議論みたいな感じじゃん


407 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 01:04:05
何が気に入らないんだ?w

408 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 01:45:28
>>403
政治活動家でもないただの大衆であり庶民でもある
おれらがそんなことするわけないし、この程度の
ことでその必要もないだろw
西部スレを開くぐらいでちょうどいいぐらいだよ

まあ来たるべきTPOがきたときには投稿でも何でもしてやるよww


409 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 07:39:09
めんどくさいだけでしょw

410 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 08:13:14
読者投稿ってオタクっぽいから嫌だな
特に新聞の投書が恥ずかしい

411 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 08:29:29
>>395
>人権・生命・民主主義、表現の自由、個性、平和は腐った価値観ではない。
>むしろ、日本の歴史・伝統にも根ざした価値観だ。

ふざけるな。お前のそれは、価値(文化)相対主義という20世紀以降世界中で
猛威をふるった病的思想だ。情報処理の分散化ともいわれている。日本人から
誇りを奪い、日本人の精神を家畜化した諸悪の根源である。
歴史文献を調べれば当然色んな物が埋まっている。異端の伝統のようなものだ。
ホモセクシャルの文化、尼のレズビアンの伝統、売春の伝統、人身売買の伝統、
贈収賄の文化、変態性欲の歴史、少年愛の伝統、ロリコン文化の伝統、
乱交の文化、統治者への謀反の歴史、中央への反乱の歴史、文化破壊の歴史、
低俗文化の歴史など、腐敗した醜い大衆の慣習が掘り出される。
これが反日左翼の思想的バックボーンになっている。変態性欲を肯定し、
犯罪を肯定し、低俗な大衆文化を肯定し、さらに国を破壊する事を肯定する
腐ったお前の詐欺的な反日思想で、日本を下らない価値で染め上げる事は
許されないぞ。お前の考え方は国家の品格を失う品性下劣な思想だ。

412 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 08:39:31
お前ら西部の思想に共感するなら、それの実現に
向けて自分にできる範囲で努力しろ
2ちゃんで「議論」だとかほざくな

413 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 09:05:50
>>412
つまり僕がいいたいのはこう言うことなんです。
川で洗濯しているように、社会の仕事なり家庭の仕事、まあ無職でもいいんですけど、自分のやるべきこと
を勤しみながら、隣の人と顔を合わせず世間話をする。その程度のコミュニケーションなんです。

414 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 12:54:21
>>411
そんなことないさ。
聖徳太子の時代から、「和を以て尊しと為す」といわれる。
神道と仏教を混在させてきたのは、信教の自由に似たものがある。
江戸時代が300年続いて、江戸城が無血開城されたのは
平和に価値を置いたという点は無視できない。
日本の趣味文化は多様な個性が容認される土壌があってのものだ。
ヨーロッパのように、奴隷制やあまりに残酷な刑罰がなかったのは、
人権意識につながる感覚があったからだ。
そんな、日本に近代になって民主主義が根付いて行くのはごく自然な話だ。

西部も、例えば、自由が腐った価値だとは言ってない。
自由は行き過ぎると放埒という悪徳に流れるから、
自由と規制のより良いバランス(節度)を考えろと言うだけだ。
そして、そのバランス感覚は、歴史を振り返ったときに、
(その当時の状況で祖先はどういう選択をしてどういう結果を生んだのかを見たときに)、
見い出すことができる伝統の中にあると言ってる。

現状が、自由、平等、博愛というような近代主義の目指した価値を偏重しているから、それに異を唱えているのが翁だ。
それら自体が腐った価値だなんて、伝統を引き継いだバランス感覚を持っているものには言えないことだよ。

415 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 13:18:34
まあ、西部は自由と規制の平衡を「活力」と呼んでるけど。

416 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 13:32:09
そうだね。
節度は、博愛と競合の平衡を指して言ってるんだった。失礼。

ついでに、規制の過剰が抑圧だと言ってる。
中世の抑圧の名残があったときに、自由は最高の価値だと言うのは、分からないでもないが、
それを消し去った今、自由が最高というのはアホだと言ってるんだと思うよ。

平等についても、平等の過剰は画一という不徳に転ずるから、平等と格差の平衡(公正)を目指せと言ってる。

417 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 21:46:23
>>411はゴーマニズム板に帰った方がいいぞ

418 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 22:09:11
>>417
ゴーマニズムに謝れ。

419 :四式:2006/10/13(金) 22:32:50
感情論における盲目的な非核が公の議論に紛れ込んだ結果
非核の目指す所である核による不幸や国際的な平和が脅かされる結果に落ち着いたのが
シナの日本への核照準であり北朝鮮の核実験なのだから、
 今このの事態に至らせた非核論者やその支持者が積極的に核装備支持を表明しないというのは
裏腹の核に対する無責任、認識不足、日本国民の核被害を希求する心が証明されたと言っても良いと思う。
今ならまだ間違いでしたすみませんと言えば、間違いは誰にでもあるので許されるが。
今後は大量殺人願望を持つキチガイとして見られるだろうな。少なくとも俺はそれを知っている

420 ::2006/10/14(土) 14:07:34
下手くそな日本語の文章だな。日本の基本方針である非核は、馬鹿げた無責任
なものだという一行でまとめられる内容だが。

421 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 14:12:55
>非核の目指す所である核による不幸や国際的な平和が脅かされる結果に落ち着いたのが
>裏腹の核に対する無責任、認識不足、日本国民の核被害を希求する心が証明されたと言っても良いと思う。

ここら辺が、日本語じゃない。

422 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 14:23:44
『表現者』とどいた。
特集「日本の指導者像」

423 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 19:42:43
>>420>>420
四式は前にも変な日本語を書き込んだんだよ。
で「日本語の勉強しろ」と注意したが無駄だったようだ。

424 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 19:59:23
中世の、過剰な規制・格差・競合
即ち、抑圧・差別・酷薄が、
自由・平等・博愛という近代主義の価値観で改善された現在、
価値として掲げるべきは、それぞれの間の平衡、
即ち、活力・公正・節度であるのに、
依然として、自由・平等・博愛を掲げるなら、
それは、放埒・画一・偽善に陥るってことだ。

425 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 20:01:44
逆に言えば、未だに、抑圧・差別・酷薄が蔓延しているような国では、
とりあえず、自由・平等・博愛を最大の価値として掲げても良いんだよ。

426 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 20:18:04
2006年10月6日 (第1、第3金曜日更新)

第15回 北朝鮮で今できつつある大きな「潮目」
「将来、何が起こるのか」を知る能力が日本人には必要だ

http://biz.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person5/column_person5.html

427 :四式:2006/10/14(土) 22:06:12
非核運動という物はすでに政治的目標を掲げて集団化する事を目的とした
国際関係上の核兵器を考える運動では無いのが、北朝鮮という独裁国家の
核武装という事態に対する非核の堅持という一面によって明らかにされた。
これは憲法九条を平和憲法と称す輩などにも言えるだろう。
浅薄で無責任な運動とただヒステリックな団体、自分たちだけは中国朝鮮に
バックドアがあるだろうなどから来る余裕、最悪に帰する政治運動
本当に原始爆弾が落ちるべきはそいつ等なのだ。

428 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 22:23:27
まず、「政治目標を掲げて集団化する事を目的とした」運動って何だ?



429 :四式:2006/10/14(土) 22:50:05
>>428
ある目的を達成する為に、まったく別にある政治問題についての集団化から
取り組むみ利用するというのは、不実な連中の常套手段だと思うが?
卑近な例ではカルト宗教団体の政治への接近があからさまだろう。
国教の不在という隙とそれを広げたマスコミや知識人というのは、明らかに
それに帰す腹黒、一分の正義も無かったことを断言する。

430 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 23:13:58
日本語で書け。書き間違いとかいうレベルをもう超えてる。

431 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 01:54:37
もう終わるっていうときに、変な質問をして会議を長引かせる
近所の元朝日新聞記者みたいな話方だなw

432 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 02:16:35
ネタでしょ

433 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 13:47:13
西部は「自己なんてものはない」と言う。「一神教的芯棒に支えら
れてもいない日本人にとっては世間がよすがだ」とも。
だが、その後の展開が変だ。「脂肪とカルシウムとたんぱく質以外
に自己とは何ぞや」と急に心身問題を持ち出すのだ。「社会学的自
己」の議論からはおよそ逸脱する。ついでに言えば「決定論と自由
意志」の問題も混在させてしまうきらいがある。

434 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 22:18:31
あほかお前は。
脂肪とカルシウムとたんぱく質「以外」の議論をしてるわけで、
「以外」ってのはべつに「鉄分」とか「水」とかじゃなくて精神だろ。

435 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 23:57:15
表現者ゲト。
亀井と平沼キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
もっとページ割いてほしかったな。
最近は文芸色が消えかかって、発言者みたいになりつつある…?

436 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 00:20:43
>>434
ネタか?精神性の議論に心身問題いきなり入れるから
西部の論はおかしくなると言っているの。

437 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 00:25:53
知らないから、偉そうに言えないけど、
西部は、「精神性の議論」と「心身問題」の統合を図ろうとしているんじゃないのか?

「社会学的自己」(社会学)と「決定論と自由意志」(哲学)は、将来的には、統合されるべきものだからさ。
別に、社会学と哲学だけでなく、あらゆる学問に言えることだけど。


438 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 00:36:16
>>436
「心身問題」ってそもそも何なの。「心と身体の問題」ってことで
いいわけ?

西部はべつに「心身問題を持ち出」したのではなくて、たぶん
あなたが読んだ部分は(できれば出典を明記してほしいが)、
「俺が大事だと思うのは肉体の問題ではなく、精神の問題である」
ということを明示するためのユーモアでしょ。

ちなみに「たんぱく質と脂肪とカルシウムの〜」っていう言い方は、
昔からの西部の口グセだよ。ある種のユーモアとしてのね。





439 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 00:47:08
推測してみる。
そもそも、真実としては、「たんぱく質と脂肪とカルシウム」にすぎない。
だから、価値というのは単なる物語なんだ。
真実でないからと言って、物語を破壊すれば、「たんぱく質と脂肪とカルシウム」(=ニヒリズム)しか残らない。
物語の大切さがわかるでしょ。
みたいなかんじ?

440 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 04:34:57
たぶんそんな感じ

441 :発言者塾HP”管理”人:2006/10/16(月) 12:04:21
西部邁主催・発言者塾のホームページを更新しました。
9月の西部塾長の講義の内容は、「靖国問題」「猫殺し論争」
「国際政治・核武装」「リーダーシップ論」などでした。
ぜひご覧ください。

東京『発言者』塾
http://www.hatugenshajuku.net/

442 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 13:08:20
>>439-440
バカか。真実はたんぱく質と脂肪とカルシウム・・ってそれが真実なわけ
ねーだろボケ。
タンパク質脂肪カルシウムとは個別科学の分野のひとつである化学の記述だ。
また、たんぱく質と脂肪とカルシウムにも価値がある。
だから、哲学的に言えばこうなる。たんぱく質と脂肪とカルシウムもひとつの
価値であり物語であるが、しかし、そのような物語には精神性の高い物語の
力を期待し難いということだ。低脳。

443 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 13:16:37
さて・・・アホは放っておいて・・・

「空気読め」って言葉がなかなかの力を持っている現状を翁はどう考えるんだろうな
あらゆる道徳はTPOなくして成り立たないということに近い表現だと思うんだが・・・

肯定的に評価しないのかな?

444 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 14:21:09
それを社会の「現状」だとか言うほど重要なトピックだとは思ってないと思う。
ただし、「空気を読むとはどういうことか?」という問いを出せば、真面目に答えると思う。

445 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 18:42:43
ただの同調圧力に過ぎないんじゃないの?


446 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 23:18:54
あくまでも一つのシナリオである。

北が核実験を行った理由は多分、窮乏であろう。
特に食料の窮乏であろう。
今年の水害やその他で北は極端な食料の窮乏状態にあると思える。
今年に入って韓国と食料援助に関して話し合ったが
結果は思わしくなかった。
中共とも食料援助を話し合ったらしいがそれの結果も思わしくなかった。

一部には前線の兵士に、十分な食料が渡らず
兵士の不満が著しいと言う。
多分、金正日も「核実験」で食料が手に入ると確信していた訳では
あるまいが、とりあえず、方法論としてやってみたのではあるまいかと思う。

米国は金正日と裏交渉して
金正日の「亡命」を求めているとの話しがあるが
金正日が亡命しようとしても、受け入れるところも少なく
又生命の危険が及ぶだろう。
私は金正日の亡命はないと思っている。

このままでは北の軍隊が崩壊するのは明確である。
ならばどうするのか?
古来からこんな時は「前進」しかない。
背水の陣である。
項羽は邯鄲で秦の軍隊と対峙したとき、兵士に3日間分の食料を渡し、
「飢え死にするのを撰ぶか、前進して敵の食料を奪うのか」
を選択させた。
明の太祖も農民を鼓舞して闘う場合、この方法を用いた。



447 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 23:20:19
北はどうするのか?
多分短距離ミサイルを用いて韓国軍及びソウルを攻撃し侵攻するだろう。
北が米軍基地に手を出すかどうかは分からないが、多分手を出さないだろう。
(出せば、米軍の反撃が大きくなるからである)
米軍の反撃で北はいくらも持たないという考えもあるが、私はそうは
思わない。
米軍は多分、最初に北のミサイル基地を攻撃し
続いて平壌周辺を攻撃するだろう。
人命の損傷を減らすために、地上部隊の戦闘は韓国軍に任せるだろう。
食料を得る目的で必死に闘う北の兵士と、文明になれて意識の低い
韓国軍では、地上戦は北の軍隊が有利に運ぶ可能性も大きいかもしれない。
北の兵士は戦術として南の人民を人質に取りながら、南へ侵攻するだろう。
人民を人質に取られた韓国軍はその能力を発揮できない可能性もあろう。
金正日が平壌に拘れば、北の負けは明白だが、もしも拘らなくて
ソウルを新しい都と考えたとき、北に活路が開ける。

この場合、多分ではあるが
日本にミサイルが飛んでくることはないだろう。
無論、この目論見が失敗して、金正日が滅亡の縁に立たされれば、
ミサイルの飛来はありうるかもしれないが、それはとりあえず、別にして
韓国は滅亡する可能性もあろう。
最終的には米中露の軍隊が動き、金正日を圧倒するだろうが
こうなった場合は、半島は米中露3国が統治する地域となろう。

あくまでも一つのシナリオで
この通りになるかどうかは不明だが、
11月に食料の目処が立たない場合は、北はこのシナリオで動く可能性が
あろうと考える。
あくまでも一つのシナリオである。

448 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 14:49:46
西部さんは核兵器は全ての国が
持っていいと言ってるよね?
なんで?

449 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 15:35:03
アメリカも中国もロシアも持って良いけど、
北朝鮮が持ってはいけないというのはおかしいってことだろ。

北朝鮮だから核を持ってはいけないのではないはずなんだ。

北朝鮮がもってはいけない理由、アメリカは持っても良い理由を考えろと・・・

例えば、独裁国家だからだと考えて、
「独裁国家だから持ってはいけない、独裁国家でなくなれば、持って良い。」
ぐらいのことを言えないとダメだよと・・・

450 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 15:38:54
・核の脅威にさらされている
・自国民の生命が国政に大きな影響を与える民主主義国である
・理性的な判断をできる成熟した自由主義がある
・核の管理能力がある
・侵略性がない
・核の恐ろしさを国民が理解している

例えばこういうのを基準にしたとすれば、

「全ての国は、この基準さえ満たせば核兵器を持っていいよ」ってことだと思う。

451 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 15:58:17
わしズムにも稲田朋美キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

452 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 16:01:33
表現者まだ来ないのだが


当方九州在住


453 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 17:11:48
稲田とかマジ論外だし

454 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 18:02:19
稲田はウヨ版福島瑞穂

455 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 18:41:33
>>453
女子校かっ

456 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 19:55:30
中世の、過剰な規制・格差・競合
即ち、抑圧・差別・酷薄が、
自由・平等・博愛という近代主義の価値観で改善された現在、
価値として掲げるべきは、それぞれの間の平衡、
即ち、活力・公正・節度であるのに、
依然として、自由・平等・博愛を掲げるなら、
それは、放埒・画一・偽善に陥ると西部は言う。

自由、平等、博愛でさえ、TPOを誤れば、悪に転落するってことだ。

なぜ、それぞれの間の平衡をとることが正義か、
それは、平衡がその集団の幸福を最大化するからであるし、
平衡点はどこにあるのかと言えば、
その集団の幸福を最大化する点であるといえる。

西部の場合、功利計算に当たって、歴史が大きな参考になると考えている。
だから、伝統重視なわけだけど、なぜ伝統を重視するかと問えば、
その集団の幸せを最大化できると思うからだと答えるだろう。

457 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 19:56:20
誤爆した・・・すまん。

458 :四式:2006/10/18(水) 20:42:43
>>450
ICBMやSLBMのようなその国を滅ぼすことが出来なくなる人知の知りうる内で
最も強い力の保持に賛成する国などどこにもない。
例えばいつも人間に食われる為にケツの肉を切られている豚がいたとして
その豚に銃を渡そうとする奴はいない、それと同じ事ではないか?
例えその国が打ち込まれて滅びようが
俺がもし第三国の立場なら打ち込まれるその直前まで反対の立場は崩さないだろう。
逆に死肉を食らう良いチャンスとみるだろう。
国際的なものに何を期待しているのかは知らないが、国際的な核武装を許す条件など
というものは今後永久に存在しないだろう事は断言する。

459 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 20:49:53
四式はアウトローな人だなぁw
男らしくていいよ。

460 :四式:2006/10/18(水) 21:27:45
核武装とは思うに、時流に乗りながら機を見て他のゴイスどもの国の足下を見ながら
支持を取り付け力でねじ伏せる事によってなる、強者の象徴だと言って良いと思う。

アメリカは日本への核の傘という幻想の力が強まる事を望むから
日本が核武装の選択肢を取らない限り内心ではほくそ笑んでいる。
シナは北朝鮮という部下による日本への核攻撃という新たなシナリオが出来て圧力を
強めることが出来るから日本が核武装の選択肢を取らない限り、内心では大喜びのはずだ。

この期に及んでこの機において、核武装の断を下せないイエローピッグ上級者のカップ便どもは
核を打ち込まれて死んでも仕方ないファック野郎どもと言うこと。んもー死ね、と言うこと!!
>>459 シット 黙れろけんろー ぶち殺すぞゴミ奴等 さっさと逝くのだぁぁぁー!!

461 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 21:31:39
> ゴミ奴等
enjoyの香りがするw

462 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 08:24:52
西部は階級肯定論者だったはず。
グローバリズムや市場原理によって新しい階級社会がせっかく誕生するが、
なぜ反対するんだ?
新しい棲み分けが誕生することで、公正と節度が生まれてくるのに。
「身の程を知る」という言葉が自明になるはず。

463 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 10:32:28
非正規雇用者は家庭ももてないのだから、節度も何もあったものじゃないよ。
混沌となる世の中。

464 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 10:51:19
>>462
一言で言うと、新しいからだと思う。
伝統に根ざさずに、近代システムによって階級を創るのに賛成するのは、
かつて共産主義にとびついたような愚かさがあるってことじゃない。

465 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 11:33:07
人々の暮らし向き、生活の仕方を市場原理主義は
徹底的に破壊する、少なくとも考慮などしていない。

なぜ保守主義者がそんなものに賛成しなければ
ならないのか? 単なる生活保守主義に堕することは
警戒しなければならんが。

もちろん保守主義者の中にも、国富の半分以上を
上層部5%で占めるアメリカ「階級」社会を大絶賛するひとも
いるけどね。

466 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 12:54:14
>>462
最近の対談で、ある程度の結果平等がないと、機会の平等も生まれない
だからアメリカ型の極端な格差社会を否定するような意見を言ってたと思う。


467 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 12:59:34
日本には、日本型の資本主義・市場主義がある。それを大切にしましょうってこと。

468 :452:2006/10/19(木) 20:43:12
あ、あの、表現者って皆さんのとこにはもう届いてます?


469 :東京在住:2006/10/19(木) 21:34:26
>>468
発売日前日に届いたぜ

470 :『LEFT ALONE』上映会委員会:2006/10/19(木) 22:28:37
11月3日、近畿大学の学園祭で映画『LEFT ALONE』を上映します。
午前11時30分から映画を30分にまとめたものを、午後1時30分から本編を上映します。
上映後、文芸批評家の糸圭秀美、中島一夫による対談があります。
広い教室も確保できているので、ぜひご参加下さい。

471 :452:2006/10/19(木) 22:50:09
todokaneeeeeorz




472 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 23:16:53
スガ・サダム・フセイン

473 ::2006/10/19(木) 23:24:31
こういう下らない事を書く低脳ばっかだな

474 :小林よしのり:2006/10/19(木) 23:26:10
↑なんだとぉ〜!!

475 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 23:37:19
>>466
おまえバカじゃねえの?それじゃモロに戦後民主主義だ。
階級格差を肯定しない保守などニセモノの保守主義。
アメリカ型の階級格差とは、品格のない守銭奴が上流に成り上
がった伝統破壊型民主主義的経済格差であり、真正の保守主義はこれを
真の敵として否定すべきなのだ。

476 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 01:09:14
>>475
西部は466のような趣旨のことを言ってるよ。

『ソシオ・エコノミクス』で規範としての「参加原理」を主張し、
「シビル・ミニマム」の保証は必要だと言ってることについて、
何か文句ありますか?


477 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 01:14:58
475

0と1しかない単純なおつむ

478 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 03:29:31
>>475
お前さん、後半いいこと言っているんだから、>>466をもういっぺん読んでごらん。
完全な結果平等を求めているんじゃないんだよ。

479 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 21:33:07
明日はいいたい放題に翁が出演するみたい。今日、まむちゃんがラジオで『流せないから音楽ばっかりながれるよ(笑)』と言っていた。

480 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 23:05:34
>>471
俺の場合、「発言者」の時だけど十日遅れで届いたことあるよw
あまり遅いようなら電話してみては?

481 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 13:27:22
>>471
俺の場合、「発言者」の時だけど、二度読者投稿欄に採用されたんだが
二度目のときに、二回分の「薄謝」が届いたよw
あまり遅いようなら電話してみては?

482 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 14:34:55
>>456は、
「功利主義にたち(あらゆる価値を絶対のものとして見ないで)、
功利計算において、歴史・慣習をいわば統計学的手法による結論として尊重すべき」
という事だと思うんだが、西部ファンはどう思う?

483 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 15:22:15
>>482
まあ全然だめでしょうね。
そういう仮説って、価値(効用、利得)の基準が社会的・歴史的に形成され
るのだということを言い当てているように見えて、実はやはり方法論的個人
主義が埋め込まれてるでしょ。つまりホモ・エコノミクスの人間観に立って、
自分自身のオリジナルな価値基準を確立した個人が、合理的かつ自律的に
計算を繰り返し、その過程から析出されてくる結果の総和を「社会の伝統的
価値観」として尊重しましょうってことでしょ。

 いわば「進化論」的な保守主義だね。
 人間社会には、そういうふうに分析できる側面があることは確か。

 でも、価値観の基準が諸個人の功利計算の統計的な総和として生み
出されるといっても、そもそも功利計算をなす個人の心理の内面には、
最初から本人が自覚できないような「社会心理」が埋め込まれて
いるはずで、そうならばその「社会心理」の構造を洞察するような
方向で人間社会を研究する必要がありますよね?ってのが、西部の
思想の出発点。

484 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 15:24:39
 ちなみに、その社会心理の構造の研究にあたって、初期の西部が大いに
参考にしたのが、レヴィ=ストロースとパーソンズ。

485 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 15:31:30
談陳うPお願いします。

486 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 20:00:07
仮に、日本で核を作り保有したとしたも
日本では核実験は難しいでしょう。

日本は世界一の地震国。
核実験をするとするならば、地下1000〜2000m程
穴を掘ってしなければ安全性は保てないでしょう。
日本の場合、マグマが比較的浅い場所に存在しますので
核実験を行えば、地震を誘発する可能性も
出てきます。

従って、日本の場合、地下核実験は極めて難しいと
思います。
まして海洋国家である日本が海上で核実験など不可能でしょうし
また、それこそ、北朝鮮以上の問題になるでしょう。

核保有論者の方に伺いたいのですが
どうやって実験をなさるつもりなのか
具体的方策を教えていただけませんか?


487 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 20:36:29
アメ公から買えば?

488 :filebank:2006/10/21(土) 20:52:17
nishisusu
nishibe
susumu

談陳

489 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 22:03:20
>>486
西部は、実験しなくていいといってる。
一回目の攻撃が一回目の実験ってことでいいだろと。
それだけでも抑止力は十分ってこと。

>>487
売ってくれないと思う。

490 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 00:31:39
イギリスのようなプードルになればいいんだよ

491 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 00:41:03
>>486
地下核実験も、北海道やらどっかの島やら使えばできると思うけど・・・自信を持っては言えないな。

しかし、
>まして海洋国家である日本が海上で核実験など不可能でしょうし
これは意味が分からん。
広い海を持ってるから、海上で実験できるんじゃないの?

>また、それこそ、北朝鮮以上の問題になるでしょう。
これについては、>>348>>349でどうだ?





492 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 01:04:55
>488
貰いましたありがとう

493 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 01:55:31
容量ありすぎ。朝までかかるな。

494 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 08:54:34
>>488
通りがかりの者ですが
IDパス色々組み合わせたけどわかりません
馬鹿には西部は無理とおっしゃるのですか?

495 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 09:07:18
俺はそもそもロダがどこにあるのかもワカラン

496 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 11:17:08
俺はそもそもロダが何かもワカラン

497 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 15:21:27
ttp://www.filebank.co.jp/
ここの下にあるゲストフォルダだな。
>>488を順に入ればおk

498 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 16:43:28
>>497
神乙
ずっとページ右上でいらいらしてたよw

499 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 16:45:54
さて、見るか
???6時間???

500 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 17:13:40
時間かかるなー



501 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 19:03:41
>>488
ありがたく見させてもらったけど、画像が鮮明すぎて処理が追いつかずカクカクする。
俺の古いPCには合わなかった。小さくて荒くてもいいし、もしくは声だけでもいいから
容量減らしてほしいです。落とすだけで大変だった。

しかし翁の歌が聴けるとは思わなかった。なかなか上手だね(^^

502 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 22:35:32
なに歌ったの?
ダンチョネ節か?

503 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 22:47:23
アイドル扱いしてるお前らの態度はキモい。テレビというのはろくな
もんじゃない。

504 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 01:13:59
今NHKでやってる、わが心の旅って
西部さんが出たシリーズじゃない?
西部さんの回再放送するかな?

505 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 01:15:13
「信者」批判て、あめぞう時代からのベタすぎるネタだよね

506 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 02:37:28
教祖はすごいけど信者はダメ、ってのも大昔からある定番だな。

507 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 10:40:54
ただの一般人だしねぇ。
水木しげるの絵が大好きな奴は、あの点描を真似できるかって話。

508 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 17:18:27
歌われた軍歌で知ってたのはダンチョネ節と麦と兵隊だけだな

まだまだですわ


509 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 19:55:15
なんで西部邁は青木さんの『コミュニタリアニズムへ』を
発言者塾で取り上げないの?西部ってそれでも保守なの?
青木さんへ絶賛の言葉を贈らないなら、保守としての資質が疑われる
と思う。
日本で唯一独創的なコミュニタリアニズム理論を創った
青木さんへの配慮が足りない。

510 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 20:29:49
アカデミズムへのコンプレックスがあるのだよ。

511 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 22:56:25
>>509
なんで取り上げられてないってお前にわかるんだよw
もしかして塾生?
なら直接西部に教えてやればいいじゃん。

てか青木さんって誰だよって感じ

512 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 23:23:57
青木昌彦かと思ったらそんな有名どころじゃないのねww



513 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 00:22:27
はぁ?
青木さんの『コミュニタリアニズムへ』は
巷では大ブームだぞ。

514 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 00:45:27
このスレ馬鹿ばっかだから、諦めてくれ

515 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 13:09:01
よくわからんな
誰々に触れてないからダメだとか
単に押し付けがましいだけ

516 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 23:00:15
無学な俺に、青木さんの下の名前だけでも教えてくれ。頼む。

517 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 23:03:31
なにわ金融道の作者さ

518 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 00:06:10

 その人マルクスとドストエフスキーに傾倒してましたね。
そんな風に、色々なものを浅く読むのではなく、これだ!というものを深く読んで血肉
化するような読書にあこがれますね。

西部ならなんだろう。バークや福沢諭吉?ケインズ?

皆さんはそういうのありますか

519 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 05:21:57
核兵器の保有だけを訴えて、生物兵器、化学兵器の保有を訴えない奴は
どうも疑わしい連中だな。日本には核アレルギーがあるとか偉そうに
日本人を非難してるが、自分がオウム事件で化学兵器アレルギーがあるん
じゃないのか。核、生物、化学兵器で武装すべきと言えば信用するんだけど。

520 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 20:32:14
>>519
維持するのが大変なんじゃねーか?

521 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 20:47:47
>>519
核兵器は使うために保有するんじゃないんだぞ。

522 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 21:25:17
>>519
確かにそうだね。
それでは言っておこう。
NBCどれでも構わない。目的を達成するのに、最良の手段を用いればそれで良い。
詳しく知らないので、はっきり言えないが、
国際イメージ、国際協調、抑止力、有用性、管理、などの面から考えて、俺は核を推す。

523 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 21:48:20
核アレルギー派と同様でイメージだけで何の根拠も無いな。

524 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 21:58:27
>>523
核アレルギーの人は、その人の中のイメージで反対してるんでしょ・・・
核保有論者は、当然、核を持つことによる国家イメージの毀損を、計算に入れてる。
その上で、日本にとって、核保有が望ましいと主張してる。>>348>>349
当然、生物化学兵器に対しても、同じ姿勢で計算するだろう。

単語だけしか読めないのは良くないな・・・

525 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 03:08:36
てか、国際的に、核兵器ははまぁ最悪アリってことになってるけど、
でも生物化学兵器はとにかくナシってことになってるんじゃん?
持つこと自体。

526 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 03:17:54
>>525
核より、生物化学兵器に慎重なのは、
小さな組織でも使いやすいからだと思う。

527 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 20:47:54
その前に蕎麦アレルギーをなんとかしろ

528 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 12:17:44
二つの市民革命を経験したから、イギリスではいち早く産業革命がスタートしたんだ!

529 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 12:24:27
ミアシャイマー
「すべての国家が核武装すればいい。そうすれば、誰も核を使えないだろ?
世界平和には必要なのは人道主義ではなく全世界の核武装だ。
パックスアメリカーナに替わって核の平和がやってくる」

530 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 14:44:00
筒井康隆の小説にあったような。アフリカの爆弾だっけ。

531 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 19:26:47
まあ、皆さん北の核問題で盛り上がっていますが、
私は北がミサイルを日本に撃ち込む可能性に関しては否定的なのです。
北の核実験よりももっと大きな問題があると思います。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2624233/detail
これは韓国の韓国産巡航ミサイルの話しなんですが
私はこの方がずっと問題だと思います。
韓国映画で「むくげの花が咲きました」
というものがありました。
ムクゲの花は韓国の国花。
象徴する物は韓国産の原爆です。
内容は
「小説家キム・ジンミョンの同名小説を映画化した作品で,
在米僑胞の物理学者イ・ヨンフ博士の疑問の交通事故死をめぐる陰謀と追跡,
そして北朝鮮と手を組んで日本を核攻撃するという奇抜な内容の映画」
なんです。http://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/chon_mukuge.html
実はこれが韓国のベストセラーだったのです。
それに加えて
*核開発を計画していたという話
*そして今回のミサイル開発
今回、この話しが出てきて
「やっぱり」
としか思いませんでした。
今回の韓国のミサイル開発は北の核実験に関する話しよりも
数段日本の脅威になる話しではないでしょうか?
これに対して政府はいかなる対応を取るのか?
安倍政権が取る対応策次第ですが、私は北の問題よりもその方が知りたいのです。
私は遅まきながら日本も長距離のミサイルが必要と思います。
核などはブラフでもいいのです。
竹島、対馬という危険地帯を持っている日本です。
韓国ミサイルへの対応が急がれます。


532 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 23:10:47
こういう状態を放って置いているのは自民党の中に韓国中国と繋がってる議員が
いるからだね。

533 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 00:21:31
貧乏ライターが発言者の集まりに行くってよ

534 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 00:31:56
兵頭さんのことかー



535 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 18:45:22
生物兵器云々って話はマニアックすぎてついていけないなぁ
最悪の兵器の象徴として「核」を取り上げているわけで
要するに危機管理にいかに取り組むかという覚悟を問うてるんだね
核保有はよくて生物兵器はダメという技術の話ではないと思うんだ

536 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 19:33:26
>>535
なるへそ

537 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 22:17:57
日本はすでに核武装している説が有力らしいので、別に問題ないだろう。

538 :考える名無しさん:2006/10/29(日) 05:46:06
中川(酒)が核論議かましていますが、西部氏はどう思っていますかね?

539 :考える名無しさん:2006/10/29(日) 17:16:29
最近HPで談陳のバックナンバー見られない

540 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 03:55:28
>>539
メール出したら?

541 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 14:57:33
「言葉の糞尿爆弾」って西部の言葉だよな。

秀明大の学部名は爆弾投下のつもり?

542 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 15:34:21
襲名大学自体が糞尿



543 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 15:43:01
醜名大学?

544 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 15:58:34
今週のSPA!(巻末の方)に出てたね。
第2回ってことは1回目もあったのかしら。

545 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 23:24:19
本日の雑談U期の2買った?

546 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 15:47:24
西尾と佐伯と関岡が諸君で鼎談


547 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 16:38:53
小林、西尾、西部の人間関係の混濁化はすごいなw

548 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 20:47:11
関岡って一発屋って感じだと思ったが、まだ生きてたのw


549 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 21:25:27
「生まじめな戯れ」ちくま文庫ブクオフでゲット
西部の本は結構読んでるんだけど何故かこれだけスルーしてた
普段105円の本しか買わないんだが350円も奮発したぜ
しかしこれでは爺さんに印税が届かないんだなw






550 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 19:15:25
>>549
罪滅ぼしに、北の発言で年会費の寄付をする

551 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 00:30:41
ヨウツベで西部のカラオケが聞けるw
談珍の映像だと思う。面白かった。
まあ、普通の素人のカラオケだな。

552 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 00:45:55
>>551
urlくれ

553 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 02:38:13
http://www.youtube.com/watch?v=elfCN26UUvQ&mode=related&search=

554 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 02:53:54
ありがとう。

555 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 11:38:52
ゆーちゅーぶ

556 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 11:55:49
英語情報マネジメント学部wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

557 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 14:47:15
↑まだこんなつまらないことで揚げ足とってるつもりのバカがいるんだな。
やたらwをつけてよろこんでいるのも厨の特徴。

558 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 15:59:37
>>553
ワロタ

559 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 16:32:57
爺さんなかなかいい歌声してるじゃないの

560 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 20:46:02
死生論にじじぃの下手糞なカラオケを莫迦にするような記述があったけど
言うだけあって、歌うまいなw

561 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 08:44:53
だんちょね〜

562 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 19:45:33
断腸ね

563 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 04:01:21
もともとは「断腸」の意味ではなかったらしいよ

564 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 21:51:49
つまらない?面白いよwww(ワールドワイドウェブ)
英語情報マネジメント学部wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

565 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 21:56:46
揚げ足を取るって、
人のちょっとした間違いを見つけてくさすことじゃないのか?
「英語情報マネジメント学部」ってド派手だぞ?

566 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 23:29:07
揚げ足かどうかはどうでもいいけど、べつに西部の「間違い」
だとは、西部本人もこのスレの西部ファンも思ってないわけね。
だから、「英語情報マネジメント学部wwwwwwwwww」とか書き
込まれてもさ、からかわれたって気がしないんだよw
だいたい、西部は東大教授を“自分から”辞めたんだからさ。
それなのに、からかった気になられるのはちょっと腹立つw

「英語情報マネジメント学部」は確かにひどいんだけどさ、
西部は大学教授が本職じゃないし、ほとんど教えてすらいないん
だよね。東大を辞めた後、秀明大のオーナーが西部のファンだったから、
西部を支援するために、特別待遇で教授として迎えたらしい。
昔、なんかの対談か何かで言ってたけど、ほとんど授業をやらない
のに教授としての給料を貰ってたんだって。で、『発言者』が5年目
ぐらいで廃刊になりそうになったときも、秀明のオーナーが刊行
資金を出すって言って、さらに5年ぐらい雑誌が存続したんだよ。

いまはさらに「学頭」ってポストになったけど、事情は似たような
もんだと思うよ。要するに、西部自身は秀明大学にはあまりコミット
してないわけ。だから学部の名前がひどいことをからかわれてもさ、
西部は「そうそう、ありゃひどいよね〜」って笑うだけだと思うよw

567 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 23:32:33
「英語情報マネジメント学部」ネタでからかう書き込みは、このスレでは
すでにベタすぎるってことを知っといてね。

でもまたどうせ、何ヶ月かしたら同じような書き込みがあって、
もう一度説明しなきゃなんないんだろうなぁww

568 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 00:25:06
いや、しかし、自分がダメだと思ってるところに名前貸して
「そうそう、ありゃひどいよね〜」というのは
西部流にいう「知的不誠実」じゃ?


569 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 08:20:36
いや、話のスケールが小さすぎるよww
そんな細かいところに「知的不誠実」なんて言って突っ込むのは
パラノイアックだって。
「赤線で童貞を捨てた西部に、真・善・美を論ずる資格などない!」とか
言うのと一緒だよ。

570 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 08:30:04
てか、西部邁のファンとして『発言者』の刊行資金協力までしてくれる
男に、「あんたの経営してる大学は学部の名前がヘンだから、教授には
なってあげないよ」なんて言って断るのは、やっぱりバランス感覚として
狂ってると思う。

571 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 10:02:50
自演乙

572 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 12:30:38
じゃ、小さな不誠実。

573 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 12:35:28
小さくても、不誠実は不誠実

574 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 12:36:04
ゆえに、不誠実

575 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 15:12:34
くだらね

576 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 19:32:53
近所のブッコフで中公文庫の「経済倫理学序説」105円げと
ケインズとハイエクじゃなくてケインズとヴェブレンってのが味噌かな
西部本コレクション初めてから一年半ぐらいで50冊超えたw
学術書っぽいの以外では東大騒動の本がまだ手に入らない
「学者、この喜劇的なるもの」と「剥がされた仮面」だっけ
図書館で読むしかないかな



577 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 09:22:16
新党大地の集会にて
ttp://www.bnn-s.com/bnn/bnnMain?news_genre=2&news_cd=220011028165&hi=28200610

578 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 12:35:19
亀井はなんで核発言に噛み付いてるの?

579 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 13:42:03
>>576
図書館でゲットして前ページコピーしとけw
それか、西部邁事務所に電話して「在庫確保してませんか」と
訊いてみる。

580 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 17:20:25
>「赤線で童貞を捨てた西部に、真・善・美を論ずる資格などない!」とか
>言うのと一緒だよ。

軽佻浮薄な言葉で伝統を破壊するほうが知識人としては重罪だよ


581 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 22:16:38
具体的にどの発言のこと?

582 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 22:50:04
「英語情報マネジメント学部」を擁する大学の学頭になって
お墨付きを与えたことだよ

583 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 03:54:24
馬鹿じゃねぇの

584 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 04:03:37
ねぇのさん こんばんわ

585 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 11:29:21
田中康夫前長野県知事サンデープロジェクトで西部に言及


586 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 17:04:11
>>585
詳しく

587 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 18:59:06
西部と田中は、ラジオでも最近共演してたよ
今話題のモナの出てるやつ

588 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 19:08:17
  ∧_∧  
 ( ´∀`)<モナー?
 (    )  
 | | |
 (__)_)

589 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 19:27:58
>>586
私は途中しか見ていなかったけど、田中知事が「公」と「私」について語っていて、
「私」の「ム」は「肘鉄という意味なんですよ〜」とかいうようなことを言ったら、田原氏が
「さすが作家。よく知ってるね」田中「いや、これは西部邁さんから教わったんですよ」
みたいな感じだった。他は知らない。

590 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 14:44:35
西部が言ったのは、私のムは、広げるのムということじゃね?
しかしこんな言葉遊びには意味無いよ
「私」という感じの元々の成り立ちがどうだったかなんて言って
根本に立ち返れなんてダサい

591 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 14:45:35
そこまで、言葉や伝統にこだわるんなら
なんとかしろよ、英語情報マネ(ry

592 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 19:35:50
ひょっとすると凄い課なのかも知れないじゃん。

593 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 21:29:24
で、あることを期待して調査してみたい(;´Д`)ハァハァ

594 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 21:51:30
ただのFラン大だろw


595 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 22:35:08
アメリカ嫌いの西部さんがマネジメントなんて言葉が入ってる学部ってのは
どうなんだろう?
マネジメントというとどうしてもドラッカー→アメリカっていう感じがするけど
学部長が英国マンセーのマークス寿子先生だから、
そこでバランスを取った?

しかし、イギリス経営学なんてあんまり聞いたこと無いけどな=

596 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 22:40:00
そもそも、総合経営学部っていうのが既存なのに
あとから英語情報マネジメント学部っていうのも重複スレっぽくね?
言葉使いとして変、というか、
まさに「国語の時間」で槍玉に上げられそうな言語感覚。

マネジメントには、リスクマネジメントというように、
「管理」という意味もあるから、
英語情報をマネジメント=管理する学問ってことか?
それだって、わざわざ学部を増設するほどのことでも無いんじゃ?
増設するなら学科でじゅうぶんだよ。

597 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 22:41:43
経営!とかマネジメント!とか言ってる自らの組織設計が一番ダメダメ
って感じか?

598 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 23:34:51
昔の朝生動画で、左翼の人に「もう帰ったほうがいいですよ」
といわれて、ふてくされて途中で帰っちゃった回がわろた

599 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 23:57:46
朝生っていうか田原、宮台と佐高信の番組じゃないの?

朝生で帰ったのは栗本。
西部も、田原に学生運動の女王の誰それと付き合ってたなんて冗談で言われて
怒って帰ったらしいが

600 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 23:58:54
600げっと?
サカキバラ事件のときの宮台との激突

601 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 00:05:09
朝まで生テレビ 200004 日本国憲法.asf

602 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 00:05:55
↑確認したがこれね>>599


603 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 03:24:32
さんくす

604 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 04:09:29
>>602
それって小林節に怒って帰った奴だろ?

605 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 04:43:15
>>601
どうやって見るか初心者のワシにも教えて・・。



606 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 07:19:07
>>605
winny

607 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 08:52:16
>>595
それはシナが嫌いだからメイドインチャイナは使わないというようなものですよ

608 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 14:17:26
いや、慎太郎にはそのくらい一貫してほしいな

609 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 21:41:55
英語情報マネジメント学部
・英語+情報+流通経済?
・英文学+情報学+商学?
・英語情報を管理する学問?(外国語学部英文科?)
・英語で、情報管理をやる全部英語の授業?
・英語情報をなんとかする?(SVO)


610 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:21:39
多分、上の二つ辺り、英語と経営・経済のようなことをやるんで
英語の情報を管理っていう意味じゃないだろうな。

611 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:34:02
ビジネスと直接関係ない英語情報の管理(例えば、ネット上に公開された英語文学を
コンピュータの強みを生かして、データベース化して、題名アルファベット順に
引き出せたり、ジャンル別に引き出せたり、同型の特殊な構文を含む段落だけ
引き出せたりするようにする)なんていうことやるんだったら
総合経営学部と別個に新設するのはいちおう正当性があるけど
別に「英語学部」、「外国語学部英語学科」、「文学部英文科」という名称で
ただコンピュータを取り入れて情報化に適応してますってことでいいし、
西部さん的にも、そのほうが、伝統的、保守的言葉使いということに
なるだろうし、

でも、多分そうじゃなくて、ビジネス=英語=ITをやる学部だと思うけどね。
それだったら増設する必要無いよ。
重複スレとかにウルサイ2ちゃんねらーの皆さんはどう思われ?

612 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:38:12
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/06012303/007.pdf#search='%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E5%AD%A6%E9%83%A8'
ここ見るとこの学部出るともらえる学士号は
経営学士ということのようだから、
やっぱり「英語情報を管理」という線じゃなかった。

だったら、ただ経営学部でええやん。
どこが保守や!

613 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 01:33:56
その話はもういいよ。
ところで、今年の日本の論点で家族論を書いてたね。

614 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 11:19:30
学部の名前ぐらいでそんなに怒るなよ。
しかし、西部って経営学からはもう離れたんじゃなかったっけ?

615 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 11:28:24
>>614
経営学→経済学

616 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 14:15:59
>>614
しかし、西部さんだって”「公」のムとは・・・”
なんつって、言葉にこだわるからね。

617 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 16:24:41
いや、公のムの話は面白いけど、学部の名前の話は面白くないから
もういいよ。

618 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 18:18:48
「公」の話なんて、
「人の字は人と人が支えあってる形なんだ」なんていうレベルの話だろ?
相田みつをレベルだよ。

学部名の話は「言葉や伝統の大切さを説いてるはずの西部さんが
時流迎合的な言葉使いをしてる大学の学頭を務めてる」という
深刻な問題だよ

619 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 19:06:24
こういうの粘着っていうんだろうな。
しかもずっとageてるし。

620 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 19:42:52
こんなスレあったんですね!
私も西部さんの大ファンです。
「英語情報マネジメント学部」って、ぜんぜん変じゃないと思います。
ナウくてトレンディでチョベリグだと思います。

こういうカッコいい学部名を
ぜんぜん疑問に思わない人って素敵!結婚したい!

621 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 20:10:53
変だろ。俺は全然良くないと思う。「人間」と「国際」と「先端」と
「IT関連」を付け加えるべきだ。そうすれば、もっとちょっとマシになる。
たとえば、国際先端人間英語情報IT関連マネジメント学部など、
組み合わせは自由に。

622 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 20:53:46
素敵!ますます結婚したくなりました!

623 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:22:16
>>620-622
何こいつ…

624 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:26:48
キチガイでしょう。

625 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 03:35:49
ということは、「英語情報マネジメント学部」はヤバイってことか?
そんな!西部先生がそんな学部を持つ大学の学頭を引き受けるわけないよ!

626 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 04:43:09
西部翁は最近のいじめ問題についてはどう思ってんだろ。

627 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 05:28:07
殊更に問題にするほどのことでもないと思っているに一票。

628 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 06:27:20
集団で一人を苛めるのは大嫌いと言ってた

629 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 10:31:11
>>618
単純に終迷大が親英派だからだろうよ
そして西部なら間違いなくこう言う、
「学部“名”ごときにこだわるのは変態である」

630 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 12:14:29
629は大バカのゴミ屑。
俺の記憶では西部さんは新党さきがけの党名を
ボロクソに貶してた。政党名をこんなものにするのはおかしいと。
名前や言葉遣いに拘るのが西部さん。
629は恥知らずの糞だね。

631 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 13:33:13
ひょっとしたら、「英語情報マネジメント学部」としか言いようのない学部かもしれないじゃん。

632 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 13:33:23
政党名っていうことでいうなら、最近の党名はひどいな

新生党、新進党、日本新党(新しいのは分かってるって。どこが新しいのか言え)
民主党、自由党(自由民主党が既存なのに、後からそんな名前付けるな)
康夫ちゃんの新党「日本」(日本の党なんだから『日本』は分かってるって)
保守のほうも「保守党」(何を保守するのか具体的に言えって)

省の名前も「総務省」(総務省の大臣が『総務大臣』って、総理大臣が既に
いるのに、なんで似たような名前の奴がいるんだよ。
二人息子に『太郎と一郎』みたいなまぎらわしい名前付けるようなもんだぜ)

名前に拘るのがくだらないって言ったって、
ここまでヒドイと気にならない奴のほうが変態だよ。
要するに、外側に向かって、全く何かを言おうとしてないんだよ。
だからムカつく。
漠然とした言い方で煙に巻くことしか考えてないんだろうな。
そういうのが政治に関わる物の手法だとしても
ここまでヒドイと、「もうちょっと巧く騙せよ」って思っちゃう。
もう、ここにあるのは、「俺たちこそが『新』だ。『総合的』だ。
俺たちを尊敬しろ」っていう「勝ちたがり屋の精神」だけだよ。

633 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 13:43:00
>>631
いや、それはない。
上にもあるように、ここ卒業したら「経営学士」なんだから
ただ「経営学部」でいいだろう。
「英語」だって「情報」だって、現代の大学ならやって当然なんで
わざわざ学部名に冠するようなことじゃない。

もうひとつの「総合経営学部」っていうのも、「総合」ってつけたのは
「経営」というと、世間では「営利企業の経営=金儲け」って思っちゃう
だろうから配慮して、「総合」ってご丁寧につけたんだろうけど
ドラッカーの「非営利組織の経営」なんていう本も出てるし、
経営が営利企業だけのものじゃない、というのは、
少なくとも経営学部に進もうっていう奴だったら言われなくたって
認識してろってことで。
でも、そこは許容しても、
新たに、また「英語情報マネジメント学部」って増設するのは
やっぱ変だよ。

634 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 13:55:30
でもさ、君も、実際に大学を尋ねてどんな学部かを確かめたわけじゃなかろ?

635 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 14:00:21
まあ、具体的にやりたいことがあって大学に行く奇特な学生がどのくらい
今いるか分からんが、もしかしたら昔より増えてるかもしれない。
ドラッカーの本とかを読んで経営学やりたい、なんて思ってる子も
もしかしたら、いるかもしれない。

で、そういう奇特な子が、秀明大を併願する可能性もあったのに
変な名前つけたせいで、敬遠されちゃうということもありうるわけだ。
ただ普通に「経営学部」と言ってりゃ良かったのに
余分なことやったせいで、意欲ある学生を自ら逃がしちゃう、
なんて皮肉な事態を招きかねないわけで

636 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 14:23:54
>>634
いや、でも、大学の学部構成およびその名前っていうのは
わざわざ受験生が細かく調べなきゃ分からんっていう感じのもんじゃなくて
地域社会の人(親とか教師など)に、そこれこそ「伝統」のように
「××学部」っていうの大体こんなことやるんだっていうことが
専門外の人にも大まかには伝わってるとか
近所の大きめの書店行けば、「楽しい××学」なんていう入門書があって
それ読んで興味持つとかそういう感じのものであるべきだと思うけどね。

いや、これはべつに法律でそう決まってるわけじゃないんだが
それこそ西部さんが「伝統」という言葉で言ってるような
常識感覚としてね。

637 :636の訂正:2006/11/16(木) 14:30:14
>そこれこそ「伝統」のように
>「××学部」っていうの大体こんなことやるんだっていうことが

それこそ「伝統」のように
「××学部」っていうのは大体こんなことやるんだっていうことが

638 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 14:55:12
>>632
そうだな、昔は「雑民党」、「日本愛国党」、「UFO党」、「スポーツ平和党」など立派な名前の党が多かった。

639 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 14:58:23
>>635
…普通の学生はさ、これから入ろうって学部の下調べぐらいはするんだけど。
ましてやそういう熱心な学生なら、事前に大学訪問だってするし、教師から情報を得たりするだろう。

640 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 15:00:48
昔の政党には、立憲政友会だの立憲民政島だの、
名前だけみてもよく分からない政党があったよ。

641 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 15:02:09
民政島→民政党

642 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 15:19:57
ttp://www.shumei-u.ac.jp/001daigaku/index.htm
ttp://www.shumei-u.ac.jp/001daigaku/eigojyouhou-cari.html

どうみても英語とコンピュータを教えますって学部。
経営学云々はカリキュラムでもほとんど重視されてない。

643 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 16:15:25
ということはマネジメントというのは贅言か?

644 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 16:16:48
経営学重視してない学部卒業して
経営学学士号がもらえるの?

645 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 16:19:44
>>639
「普通の学生は・・・・・ましてやそういう熱心な学生なら」
っておかしくない?言葉づかいとして。

646 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 18:05:19
芥川賞作家の平野啓一郎も
文学や芸術に耽溺してる自分がイヤで、実学的な学部に進もうと思って、
経済学部でも法学部でもどちらでも良かったが、
勉強したら成績が伸びたので
偏差値の高い法学部のほうを受験した、と語った。

西部さん自身も、文U(経済学部へ進む人が多い)を選んだのは
法学部≒文Tのような権力の道に進むタイプじゃなく
文学部≒文Vは、ドストエフスキーを読んで「言葉の爆発」に圧倒され
この道はダメだと思った、と。
「しかし、私が経済へ進んだのは
そのような消去法的な理由”だけ”ではない」と書いてた
「だけではない」ってことは消去法的な面もかなりある、ということだろう。

なんとなく学部選択したほうが有名人になれるぞ!

647 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 18:11:19
ここまでクソスレ化してるとは思わなかった

648 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 18:14:51
いやあ、俺は面白いけどね

649 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 18:26:43
西部の時代は理三も文三も無いんじゃないかい。
文一の落ちこぼれが経済学部に行った時代。
ちなみに医学部は理二から医進していくところだった。
はず・・。


650 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 18:28:04
経済学部ってつぶしが利くようでまったく利かないらしいね。

651 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 00:42:11
最近は、
ポール・サミュエルソンとか日本でもちゃんと教えられてるみたいだし
小室直樹の入門書とかさ。



652 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 00:42:45
>>650
じゃ、植草は・・・・・・

653 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 10:02:51
>>651
サミュエルソンだの小室だのを勉強したところで、
実際に新入社員として企業に入っても即戦力にはならない。
むしろ社内で再教育する手間が掛かる。
それでも大卒には利点があるから採ってるけどね。

654 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 10:11:24
>>652
西部にしても植草にしても、結局、学者人生を送ってるだろ?
まあこの2人はヤクザな方だがw

655 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 17:23:31
平成18(2006)年11月16日[木]
 やはり日本軍は「物量」に負けたのだ。クリント・イーストウッド監督の映画
『硫黄島からの手紙』を見てそう思う。5日もあれば終わるとされた硫黄島の
攻防戦は、昭和20年2月19日から36日間の激戦となった。米軍との圧倒
的な戦力の差を、迎え撃つのは渡辺謙さん扮(ふん)する栗林忠道中将だ。
 ▼とはいえ、砲撃が上陸作戦の3日前から始まっていたことが小欄には
気になる。米軍の大艦隊が島を取り囲み、島が吹っ飛ぶかと思われるほど
の艦砲射撃を繰り返す。日本軍の戦闘力を破壊したうえで、海兵隊が上陸
すれば絶望的抵抗になる。
 ▼硫黄島戦のように膨大な戦力を集めて圧倒する勝ち方は、米軍の伝統
的な戦争方法だ。敵の虚を突く一撃は、南軍のリー将軍や仁川上陸作戦の
マッカーサー将軍による一時的な勝利でしかない。勝敗を決するのは、最終
的な「収支勘定」であるとの強い信念だ。
 ▼この戦争ドクトリンを変えようとしたのが、更迭されたラムズフェルド前
国防長官だろう。イラク戦争では軍が主張する地上軍の大量投入を退け、
最新の軍事技術に頼る少数主義をとった。当初の軍事作戦は成功したが、
その後の治安回復では失敗したとの批判にさらされた。
 ▼後任のゲーツ国防長官は、先代のブッシュ政権で中央情報局(CIA)
長官に上り詰めたタカ派だ。パパ人脈への依存から「パパは何でも知って
いる」との皮肉もある。それでも、ゲーツ長官はイラクへの米軍増派で応じ
るかもしれない。
 ▼伝統戦略に回帰したそのブッシュ政権を相手に、中国の潜水艦が米空
母戦闘群の鼻先で挑発したのは愚かなことだ。能力をひけらかして、偶発
戦争になったらどうする。東シナ海を「平和の海」にするなどと、あれは口先
だけか。

産経抄・・・凄すぎ

656 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 18:39:23
正にジャイアンの陰に隠れるスネオ。
いや、ドラえもんに頼るのび太かな。
どう考えても挑発されてるのは日本でしょうに。

657 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 22:30:44
>>639
かの蓮實重彦大先生だって、
若いときに理系に進みたいとか具体的な目標持ってるようなこと言ってる奴は
顔にパンチしなきゃいけません、って言ってたよ。

君みたいな考え方の奴は、蓮實パンチ食らっちゃうよ

658 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 22:34:19
顔にパンチだって
テラワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

キックはどうよ?チョップは?wwwwwwwwwwwwwww

659 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 23:47:24
ウケ過ぎだろ

660 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 01:52:12
数学がゴミ並な奴らは経済学を全否定する傾向が強く、
旧帝大の理系や医学部は経済学を評価する傾向にある

661 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 11:35:17
経済学部でても物理学者や医者にはなれないよ。

662 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 14:50:38
スガの新刊に学生服姿でスクラム組んでる若かりしころの写真が載ってるらしい
そういえば昔の写真て見たことないな

663 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 15:14:47
>>660
西部翁は数学得意



664 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 15:35:59
レフト・アローン(映画)に昔の写真出てくるよ
西部の演説の映像が見たかったがw、残っていないようだ

665 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 15:44:50
北海道のド田舎から東京に出てきて舞い上がって
何も知らずに市民運動で暴れた田舎者の馬鹿な姿など
残したくないのだろう。

666 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 15:52:50
>>662
レフト・アローンっていう本に載っているよ、誰かに似ている・・・誰だったか。

667 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 17:51:15
あぁなるほど自著には載ってないわけか
レフト・アローンは本も映画も未見でした
眼鏡かけてるのかどうかも知らんからいまいち想像できない

668 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 18:07:53
昔の西部は野村秋介に似てる

669 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 18:09:57
翁の「硫黄島からの手紙」の感想を聞きたい。

まだ上映されてないが。

670 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 02:04:44
>>669
ほれっ

やはり日本軍は「物量」に負けたのだ。クリント・イーストウッド監督の映画
『硫黄島からの手紙』を見てそう思う。5日もあれば終わるとされた硫黄島の
攻防戦は、昭和20年2月19日から36日間の激戦となった。米軍との圧倒
的な戦力の差を、迎え撃つのは渡辺謙さん扮(ふん)する栗林忠道中将だ。
とはいえ、砲撃が上陸作戦の3日前から始まっていたことが小欄には
気になる。米軍の大艦隊が島を取り囲み、島が吹っ飛ぶかと思われるほど
の艦砲射撃を繰り返す。日本軍の戦闘力を破壊したうえで、海兵隊が上陸
すれば絶望的抵抗になる。
硫黄島戦のように膨大な戦力を集めて圧倒する勝ち方は、米軍の伝統
的な戦争方法だ。敵の虚を突く一撃は、南軍のリー将軍や仁川上陸作戦の
マッカーサー将軍による一時的な勝利でしかない。勝敗を決するのは、最終
的な「収支勘定」であるとの強い信念だ。
この戦争ドクトリンを変えようとしたのが、更迭されたラムズフェルド前
国防長官だろう。イラク戦争では軍が主張する地上軍の大量投入を退け、
最新の軍事技術に頼る少数主義をとった。当初の軍事作戦は成功したが、
その後の治安回復では失敗したとの批判にさらされた。
後任のゲーツ国防長官は、先代のブッシュ政権で中央情報局(CIA)
長官に上り詰めたタカ派だ。パパ人脈への依存から「パパは何でも知って
いる」との皮肉もある。それでも、ゲーツ長官はイラクへの米軍増派で応じ
るかもしれない。
伝統戦略に回帰したそのブッシュ政権を相手に、中国の潜水艦が米空
母戦闘群の鼻先で挑発したのは愚かなことだ。能力をひけらかして、偶発
戦争になったらどうする。東シナ海を「平和の海」にするなどと、あれは口先
だけか。


671 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 02:22:38
それは参詣賞だろうがww



672 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 13:21:26
なんか変なのが住み着いてるな

673 ::2006/11/24(金) 09:17:09
人の部屋の隣でねーたむろうのはよくないと思うんだよねー

674 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 11:06:58
このオッサンなんでいつもニヤケてるの。

675 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 13:11:44
榊原英資の仲間だから

676 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 09:06:23
>>675
ニヤケタw

677 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 00:27:52
http://www.youtube.com/watch?v=EN6kFJj9WAA&mode=related&search=

西部さんってこんなのだったのかwww
昔の朝生みてえww

678 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 02:00:48
朝ナメwww

679 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 08:48:29
つまり僕が何を言いたいかというと、今日の読売朝刊に載ってます

680 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 13:56:20
>>677
大島の物まねはかなり上手いがw、西部と田原の真似は全然似てない。

681 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 14:03:09
そういえば大島渚ってまだ生きてるの?
西部は読売朝刊で平沼氏を誉めていたが、この人は一匹狼しか誉めない
という変な癖があるな。その人が人気が出てきて取り巻きが増えたりすると
批判しはじめる。

682 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 14:57:08
>>681
ひねくれ者なんだよな。保守派になったのもひねくれてるからだよ。

683 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 21:29:12
西部さんは大東亜戦争を肯定してるけど
もし戦中に生きてたら反戦運動して投獄されてたかもな

684 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 13:47:00
某スレで見たけど、小林の「目の玉日記」64ページの「シンポジウム主催者」って、
西部さんなのかな。だとしたら、なんか小林の心の離れ方が分かる描写だった・・・

685 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 23:31:31
ここ10年ほど付き合ってきたことの方が驚きだったり

686 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 05:41:32
とっくに終わった話題を蒸し返すね。

687 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 08:28:35
でもやはり気になる


688 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 14:16:13
アカウンタビリティは

689 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 16:52:01
そんなもんない

690 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 19:27:12
知ってますよニヤリ

691 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 19:56:15
薬害エイズのガキだな



692 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 00:21:39
あの人なかなか死なないな。
エイズって死病じゃなかったのか?

693 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 12:38:28
小林と別れたのは知らない人多いよ
漏れの連れも最近対談本出さないねとか言うし
説明しようがないから黙ってたけど

694 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 16:16:06
八木って西部さんの弟子なの?

695 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:27:36
小林氏との付き合いといえば教科書問題。
両者の関係がなければ『国民の道徳』は書かれなかった。


696 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 23:43:17
小林がピンチになったら助太刀とかで復縁するかな


697 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:03:45
西部の弟子って
佐伯、富岡、八木、宮崎、間宮くらい?
他にいる?

698 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:22:37
浅羽通明は?

699 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:42:22
八木や富岡は弟子じゃないんじゃないの?だって八木や富岡が学者になってから知り合ったんだから。

700 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 07:57:32
弟子って一般に、大学院の研究室で指導した学生のうち、似たような
道の研究者になった人のことだろ。今の日本では。
だから、富岡も八木も宮崎も「弟子」には当たらない。
「弟分」とかいう言い方になら当てはまる人物はけっこう多そうだが、
西部自身は、誰かを自分の「弟子」とか「弟分」なんて言いたがらない
タイプだと思う。

701 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 09:16:28
>>700
でも宮崎は弟子って感じがあるぞ。

702 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 11:57:29
松原(格闘技)井上(法学)奥井(社会学)などもいるよ。井上は弟分かな。

703 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 14:27:03
>松原(格闘技)

いちおう社会経済学で東大の教授やってます・・。


704 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 15:07:58
明日12月3日(日)「報道2001」(フジテレビAM7:30〜8:55)
西部さん出演です。




705 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 15:30:47
>>703
知ってるけど松原はなんかの格闘技の師範代みたいだし、学問的業績なさそうだから…


706 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 16:39:20
明日の報道2001出るみたいよ

707 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 17:17:39
>>697
同志社の落合仁司
保守主義の社会理論はもろ西部的ウィトゲン。


708 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 00:56:30
>>705
松原たんって池田某が言う通りなんの実績もないの?



709 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 04:16:05
>>702井上(法学)

フルネーム教えてくださいm(--)m

710 :709:2006/12/03(日) 04:25:36
解決しました。
井上達夫・・そうだったのか。

711 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 06:00:57
談陳に出ているね

712 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 07:00:06
あと30分か。

713 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 07:03:10
しまったああああ!

間違えて7:00に
予約録画しちまった・・・orz


714 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 08:06:18
フジで爺さん大活躍
「マニフェスト選挙は気が狂ってる」発言

715 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 09:57:15
黒岩が止めてばっかりで鬱陶しい。
小泉チルドレンの起源までさかのぼって批判してやればいい。

716 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 10:50:09
だいたい小泉チルドレンなんてものはパンパンみたいなものだろ?
フジサンケイグループと一緒じゃないか

717 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 11:44:02
うPお願いします。

718 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 12:29:29
>>708
業績ないんじゃない。松原が書いた本とか読んでもろくな内容じゃないし。


719 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 13:53:38
とにかく柴崎明はキチガイ

720 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 15:26:31
「気が狂っている」っていうとこで、司会が焦ってたのワロタ

721 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 19:15:11
誰か報道2001の奴うpして



722 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 00:00:33
>>708
池田某は気違い説があるから。
松原のサイトより
http://homepage3.nifty.com/martialart/sikou.htm
ここの一番下の「ネットストーカー」を参照。

723 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 10:33:47
報道2001 filebank

guest

nishisusu
nishibe
susumu

724 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 16:47:43
>>723
ありがとうっす凄いっす



725 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 20:21:04
ファイルバンク以外で談陳お願い出来ないでしょうか
よろしくお願いし松

726 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 21:05:39
報道2001見終わりますた。

どうもありがとうございますた。

727 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 21:13:36
>>697-703
もう一人放送大にいるみたい。
坂井素思


728 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 18:50:47
各駅ダウンロード残り時間4時間25分って出てるんだけど
これって俺の心がけ次第で改善されますか?

729 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 21:21:03
>>723
いただきました、ありがとう。

>>728
漏れは2時間ぐらいでした。

730 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:49:59
NHKの視点・論点なんかも1回くらい出たことありそうだなぁ
あの番組独特の政見放送のような独演が見てみたい

731 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 01:44:20
談陳マダー?

732 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 08:49:55
最近、安部政権のヘタレっぷりと小泉政権の反動からか、国民の左傾化が著しいと感ずる

気のせいだろうか?

733 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 13:36:34
白馬は馬にあらず

734 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 14:38:42
>>701
宮崎は、小浜逸郎とか呉智英のことも師匠だと広言してる。
だから西部の弟子であっても全然不思議じゃない。

735 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 02:24:56
>>734
それって、「昔お世話になりました」っていう程度の意味の、
お愛想的な言い方でしょ。
たぶん、宮崎は「西部邁は私の師匠です」と言ったことはある
かも知れんが、「私は西部邁の弟子です」という言い方はしない
と思う。このふたつの言い方にはかなりの差がある。
べつに「私は西部さんの弟子です」って言ってても構わんが、
ほんとに言ってたとしたらかなりキモイねw

「師匠」という言葉はお愛想で使うことがあっても、「弟子」という
言葉はやっぱり大学院で指導されている場合ぐらいしか使わんな。
少なくとも今の日本の、「学問」の周辺にある分野では。

736 :734:2006/12/08(金) 03:04:00
>>735
そらあ、まあ、たしかにおっしゃるとおりだよ。
俺もね、その点を踏まえつつ、アイロニーをこめて言ったつもりw
そういうフットワークの軽さがね、宮崎の唯一のチャームポイントだから。

737 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 08:24:19
宮崎は仏教の本をたくさん読んでるから
「師」とか「弟子」とか言いたいだけだろw

738 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 14:43:19
今日は硫黄島行ってるのかな?何時間かかるんだろ

739 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 19:35:48
宮崎の「正義の見方」の文庫版あとがきには、西部と西尾が先生だったとか書いてたよね。

740 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 22:32:18
産経とってない私にとってはありがたいページが。既出かも。
ttp://www.vanyamaoka.com/senryaku/
保守再考

741 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 01:03:01
硫黄島は西部の爺さんどう批評するんだろうか。
ラストサムライみたいに酷評するのかな?

742 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 06:46:21
>>740
へぇ〜ありがたや〜

743 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 06:55:57
談陳同じところに

744 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 23:42:20
>743
ありがとう今から落とします

745 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 13:27:23
>>743
もうないんですか?


746 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 22:55:46
表現者今月だっけか?

747 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 00:42:27
そうだよ

748 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 19:51:16
明日フジに出るの?出るなら早起きするけど

749 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 12:56:18
出演するのかと思って待機してたら違ってた。
暇だからポケモンとプリキュア観ちまったよ。

750 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 18:57:59
表現者にミッキー安川のラジオでさんざん西部が反米である事に文句を言っていた宮崎が
対談で一緒に出ているね。

751 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 23:34:10
電波芸者


752 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 02:12:58
もはや発言者の後継誌ではなくなってきたな

753 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 05:09:17
表現にもいろいろありますから

754 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 18:13:33
お前らは宮崎の事を悪く言うけどテレビで評論家やコメンテーターとして活躍してる人の中に
宮崎よりまともなのがどれだけいるんだよと俺は言いたいよ。

755 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 19:50:07
それでも正論とかより100倍マシ
イラク戦争初期頃の両誌を比べたらメチャうける

756 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 20:48:30
ネウヨの提灯持ち、西村幸祐が連載始めたっつうんで買うのやめた

757 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 22:28:44
ネトウヨを初めとする自己責任論者のせいで、
イラク人質事件への小泉政権の対応が最悪になった。
あれで完璧に国際社会における日本のイメージを落としたね。

758 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 22:57:12
たしかに西村幸祐は要らんな。

西村による『マンガ嫌韓流』賛美(チャンネル桜)
http://www.youtube.com/watch?v=gQte7d7iqWE

西村による「2ちゃんねる」賛美(チャンネル桜)
http://www.youtube.com/watch?v=3lr57ZGjXkg

顔がキモすぎw


759 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 08:09:08
週間金曜日のちょんまげも変だな

760 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 12:30:59
でも連載では普通のこと書いてるな
やはり植草はクビになったか

761 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 14:02:00
クビっていうか捕まってて書けなかったんじゃん?

762 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 03:30:38
翁の硫黄島からの手紙の感想まだか?

763 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 16:27:03
とりあえずお前の感想を聞きたい

764 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 20:00:53
年明けたら行こうと思う

765 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 23:04:12
西村幸祐って文字通り2chニュー即レベル
のことしか言わないよね

前、本読んだらあまりの中身のなさに唖然とした。





766 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 23:05:42
>>763
昨日観て来たんだが、映画が終わった瞬間はいい映画だなって
思ったよ。今あらためてあの映画を振り返ると、違和感のある
とこがちらほらあることに気づくが、でも基本的には日本の
戦争映画よりは「公」と「私」の葛藤を繊細に描いてると思う。
具体的なところは観てない人もいるようだから言いませんが、
少なくとも「男たちの大和」みたいなお涙頂戴的なノリは一切
無かったところはさすがだと思いますた。

767 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 15:05:33
日本映画は、やたらと俳優によだれと鼻汁を流させるから見たくない。

768 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 18:24:34
>>765
同意

769 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 12:53:11
富岡あたりが呼んでくるのかな?
桜チャンネル経由か?

770 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 17:03:09
正直、富岡もええわ


771 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 17:38:54
本日の雑談か何かで、西部が西村をボロクソに言ってたような気がする

772 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 21:22:50
今頃になって「本日の雑談」10読んだけど、
弘兼だめだな。
あれが対談でなく論争だったら翁は思いきり叩きつけただろうけど
また気をつかって、それが如実に伝わってきてたな。

773 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 22:48:29
11はでるのか?

774 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 06:39:47
>>772
読む前にわかれよ

775 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 19:34:03
>>774
iいや、弘兼氏の思想って知らなかったんだ。まったく。

776 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 19:40:38
でも小林との対談よりは面白いけどな。

777 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 21:04:08
アメリカの日本改造計画

読んだ?インタブーのっとるよ

778 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 00:04:35
これは面白そうな本
明日買いに行こうっと

779 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 05:57:22
小林のほうが圧倒的に面白いだろw

780 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 07:52:01
>>779
小林つまんねーよ。バカで下品なのが取り柄なだけだもん。

781 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 11:01:37
西部と仲違いしたからってアンチになるなよw
わかりやすいお子様だな

782 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 12:51:10
面白いかどうかはともかく、小林の方がパワーを感じるな
弘兼に核武装肯定論とか無理だろうし

783 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 15:42:09
>>781
小林と付き合う事自体どうなの?って思ったけどね。
西部にとって小林みたいなのと付き合ってれば損な事ばかりだろ。

784 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 16:08:18
読者が増えた。
小林経由で西部ファンになったやつって多いと思うんだよね。

785 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 18:42:32
小林も西部もアジテーターだな
小林は弱者目線で西部は少数者目線かな
小林は弱者が弱者利権で強者になった途端に手のひら返す
西部は少数者で無くなったら語らなくなるw

786 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 20:06:05
西部の場合は、それがバランス感覚ですよ。


787 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 19:39:11
西部氏が学生運動している写真。
あれの両脇に佐藤弘道と宮崎哲弥を並べたコラできないかね?似ていると思うんだけど。

788 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 23:52:47
どの本にその写真がのってるの?

789 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 04:28:27
Left aloneと1968

790 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 23:13:07
スガの本に載ってるのか。ありがと。

791 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 07:13:32
西部先生…昔はおなか出てなかったのね
http://p.pita.st/?fmps3oij

792 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 17:23:53
私は、フランシス・フクヤマの本を読んでいて、これだけは、書き留めておきたくなったなあ、
ということがある。それはネイティビズム対ビヘイビアリズムの巨大な対決ということだ。
ネイティビズム「固有主義あるいは生来主義」とビヘイビアリズム「(アメリカ)行動(科学)主義」
の対決ということだ。
このネイティビズムとビヘイビアリズムの対決は近代(現代)学問500年の、成否を決するぐらいの大きな
大決だ。このことを日本の知識人のほとんどが知らない。
このネイティビズム対ビヘイビアリズムの対立というのが西洋学問で、一番大きな対立図式だ、ということを、
日本の知識人でしっているのは、私の他に、この国に何人いるだろうか。
(中略)
私は日本の知識人で、世界基準だと考える優れた学者には、すでに弟子入りしている。
だからそれ以外は、みんな、アホ扱いすることになる。本当にそう思っている。
私は好き嫌いの感情で動かされる人間ではない。世界水準に達して優れている学者と、
そうでないもの、は、はっきりと点数がつくぐらいに区別がつく人間だ。
(中略)
ネイティビズム対ビヘイビアリズムの対立、というきわめて簡単な図式が分かると、
もしかしたら私の読者でも、一気に、ひらめくように、この世界がどのようになっていて、
どのように人間(人類)は考えてきたのか、とか、この近代500年の西洋学問(サイエンス)の
全体像が、ハッと分かるかもしれない。
副島隆彦「属国日本論を超えて」P51〜52


793 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 23:39:39
>>787

見た見たそれ
若き日の西部の方がシャープな体型してるよ。

映画市販されないかな。




794 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 19:06:46
フセイン死刑執行だってさ。
西部の爺さんは何か声明だした?

795 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 23:28:30
大晦日、いいたい放題特番ありますよ。暗い話題満載の本年、最期は翁で締めましょう

796 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 00:55:33
別に声明は出さんやろw

797 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 08:32:40
西部の爺さんももう少し影響力あったら処刑されてたな

798 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 16:54:12
アルカイダ日本支部老人会なんでしょw

799 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 12:56:58
爺さん大晦日どうだった?
うp神は居ない?

800 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 16:44:39
イプシロンから『「海ゆかば」の昭和』(新保祐司著)出版記念の集いの案内が来たけど
行く人いる?
中曽根さん、西部さんが来るよ。

801 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 16:53:27
行きたいけど、参加費1万円はちょっと高いかなぁ

802 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 17:19:53
>>801
本代2310円も含まれているからよくね?

803 :801:2007/01/01(月) 23:36:27
>>802
ん〜、それでもやっぱり高いかなぁ
それにもう本買っちゃったんだw

804 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 21:26:16
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
イ・ヨンエさん(李英愛)part21 [海外芸能人]
【卒論】滋賀大経済スレ6【就活】 [大学学部・研究]


どういう住人だよw


805 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 22:29:15
日本には人権という概念しか広まっていないけどちゃんと欧米にはそれを否定する概念があります。
日本にも否定する人はいますけどちゃんとしたそれに対抗して独立した思想にはなっていませんよね。
なので、

1.自然法( natural law ナチュラル・ラー ) と
2. 自然権 ( natural rights ナチュラル・ライツ)  と
3. 人権 ( human rights ヒューマン・ライツ ) と
4. 人定法  ( positive law ポズィティブ・ラー) 
の関係と対立をアメリカ思想を分析した本から少し書き写します。

この四つが分らなければ、欧米の思想界では高校生並みにさえ扱ってもらえないらしいのです。
欧米人の本気の議論の輪の中に入る前に知らなくてはいけない最低限の常識なのではと思いました。
もしかしたら土人扱いされる可能性もあるかも。 これを脅しだと思わず読んでください。

806 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 22:29:51
分りやすくアメリカを例に取って説明をすると、自然法、これはバーキアン(エドマンド・バーク主義者)の事である。彼らは
「人間社会には社会を成り立たせている自然の決まり、掟がある」と考える。この自然法=バーキアン=伝統保守派の代表は、
長年「ナショナル・レビュー」と言う政治評論誌の編集長を務めているウイリアム・バックレーという老大家の評論家である。
彼こそは「アメリカ保守の守護神」と呼ばれて歴代共和党大統領たちから尊敬されている人物である。バーキアンの標語は
人類の歴史をとうとうと貫く普遍の真理を暗示する「永遠の相の下に」と言う言葉である。だから彼らは本来余り泥臭い現実
政治にはかかわりたくないと思っている。

このバーキアンとともに保守二大思想でありながらバーキアンと激しく対立するのがロッキアン(ジョン・ロック主義者)で
ある。これが「自然権」派である。彼らは自然法の存在そのものは認めながらも、ジョン・ロック(及び、ルソー)が唱えた
「全ての人間は、決して奪う事の出来ない固有の権利として生命・身体・財産の自由を持つ」という言葉に基ずく自然権の
ほうを重視する。ロッキアンもバーキアンと同じく自然法(人間社会を貫く自然の掟)を認めるのだが、それよりもこの自然
権の方をより重要なものと考える。彼らロッキアンは「法や思想が何を語っているかを問うよりも、自分達はここの法律を
解釈運用し実際に社会を運営するのだ」と考えるきわめて現実的な保守思想である。この自然権波の現在の代表はロバート・
ボークであり、格調高く、かつ激しくリベラル派を批判する人物である。
バーキアンは、このロッキアンに対して「そんなに憲法典を高く持ち上げてどうするのか。憲法典が各種の人権を保障した
からと言っても、それはどうせ紙きれだろう」と強い疑いの念を持っている。

807 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 22:30:23
この近代憲法典(フランス人権宣言やアメリカ憲法)が定めたジョン・ロック主義の「生命・身体・財産の、国家からの自由・
独立・不可侵」という自然権を20世紀に入って、更に勝手に拡張して「憲法は全ての人間の生活と生存を保障している
(つまり社会福祉を保障している)」と言い出したのが、人権派たる現代リベラル派である。この人権派は自然権から
派生したものだが、今や世界中で最大勢力である。(自然権から人権が生まれた)

日本では本来、自然権派であった福沢諭吉や「民本主義」の吉野作造の思想が、リベラル人権派の中に飲み込まれて行方不明
になってしまい、リベラル人権派と区別がつかないまま今日に至っている。この人権派は、実際には、社会主義(マルクス主義)
思想の影響を受け続けた人々の思想でもある。この人権派は当然の事ながら保守思想ではなくて、左翼的であり、文字通り
リベラル派である。あくまで、ロッキアンの自然権と区別をつけなければならない。この事が大多数の日本知識人層には
分らないのだ。この人権派は日本でも世界でも大勢力である。


808 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 22:32:08
アメリカの保守思想には自然法・自然権の外にイギリス近代政治思想からの源流を持つベンサマイト(ジェレミー・ベンサム
主義)=人定法という特異な勢力が存在する。人定法は19世紀中ごろに生まれたイギリスの奇妙な思想家、ジェレミー・
ベンサムは、エドマンド・バークやジョン・ロックの思想に激しく反対した。「その自然法や自然権というものが在るなら、
私に見せてみろ」と言い放ったのである。

したがって、この立場からは、人権派などは更に木っ端微塵背ある。ベンサムは憲法典に書いてあるからといって人権が
無条件に至上のものとはならない」と主張する。ポジティビズム=人定主義とは「社会のきまりは、神が決めるのではなくて、
この地上の人間たちが決めるのである」という考えである。「人間たちが人為的に、現実世界のルールを作るのである」即ち、
「自然の方」ではなく「人定」の思想なのである。だから人定法とは、「神や自然が、法を人間に与えるのではなく、法は
人間たちが決める」という政治思想かつ法思想なのである。
当然、この立場は「何が正しくて、かにが公平で、何が善であるかも、我々人間が決める」という、恐るべき、神、自然法
否定の思想となる。ベンサマイト(ベンサム主義)は、徹底的な社会工学的な思想であり、ヨーロッパ近代思想の最後に
登場した、巨大な星である。リベラル派の人々から見れば、悪魔の思想として憎しみの対象となる。現に、社会主義思想を
大成したカール・マルクスは、同時代人ベンサムを「最悪の俗物ベンサム」と呼びジョン・メイナード・ケインズは「蛆虫
ベンサム」と罵った。このベンサム主義はアメリカではリバータリアニズムという思想になって一大勢力になっている。


809 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 22:33:48
さて、ここで注意していただきたいのは、「自然権」も、「人権」も大きくわければ「自然法」という立場に属している、
ということである。簡単にいえば、ある法について「道徳・正義・倫理が100%その法に反映されていなければ法では
ない」と考える人はとにかく「自然法派」に属すると考えて間違いない。副島氏の「世界覇権国アメリカ〜」の276
ページの図を参考にしてあらわしてみると以下のように大柄な対立構造がわかる。

自然法(自然権・人権・アニマルライツ・フェミニズムを含む)

× ――――――――――――――――――

人定法(実証法)

このように法哲学では大まかに言えば「自然法」と「人定(実証)法」という二つの思想の対立があるのである。例えば
「自然権」と「人権」との争いでも、それは自然法という枠の中の争いである、ということがいえよう。
法哲学の議論は、今も昔も自然法と人定法の二大思想の争いの中で行なわれているのである。

810 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 00:13:02
>>804 >イ・ヨンエさん(李英愛)part21 [海外芸能人]
やばい、俺だ(笑、他の韓国人は興味ないがこの人だけ好きなんだ。ミーハーでスマン。
しかし困った機能が始まったもんだ。直リンクで巡回してるのがまずいのかな・・気をつけないと・・・。

弁解のためにひとつ情報を載せておこう。知っている人も多いかもしれないが。
京の発言が忘れたころに届くんだが、今回講演の案内が同封されていた。

自民党 時局講演会
伝えよう、美しい精神(こころ)と自然(こくど)―日本の背骨を取り戻せ!―
参議院選挙区支部長・西田昌司
評論家・西部邁
京都大学大学院教授・佐伯啓思
平成19年 2月8日(木) 17:30〜19:30
シルクホール (京都産業会館8F)

所属団体がどうのこうのとあるが個人でも行けるはず・・・あとは各々調べてくだされ。
入場無料らしいから行ける人はどうぞ。

811 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 03:33:40
>伝えよう、美しい精神(こころ)と自然(こくど)―日本の背骨を取り戻せ!―

このテーマで翁は何を語るのだろうか?

812 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 04:22:56
nishisusu
nishibe
susumu

談陳年末

813 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 18:04:13
>>812
いつもありがとう・・・・


残り17時間45分

814 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 19:24:19
おら残り4時間だあ

>>812はいつもながらネ申。


815 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 08:00:06
大晦日陳談での西部発言

・安倍政権は支持率は低いがなかなか良い
・ヒトラーは精神障害者だが東条はまともな軍事官僚
・日本は政界、財界のトップにアウトサイダーが混じっている
・先生になる奴にまともな人間はいない
・大学には行くな
・食事は一人でするな


西部のよく言うアウトサイダーって何のこと?
いっつも『これ以上言うと殺されるから』
って言って言わないんだよね。

816 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 08:01:58
大晦日陳談での西部発言

・安倍政権は支持率は低いがなかなか良い
・ヒトラーは精神障害者だが東条はまともな軍事官僚
・日本は政界、財界のトップにアウトサイダーが混じっている
・先生になる奴にまともな人間はいない
・大学には行くな
・食事は一人でするな


西部のよく言うアウトサイダーって何のこと?
いっつも『これ以上言うと殺されるから』
って言って言わないんだよね。

817 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 10:36:34
在B創じゃん

818 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 18:02:26
重すぎて落とす気しない
声だけでいいよ

819 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 19:05:06
論座でやっと西部とのことに言及したね、小林さん
ホントかウソかわからんが


820 :813:2007/01/05(金) 19:09:53
帰ってきたらDL終わってたw
画像は綺麗だけどあんまり内容は濃くなかったな
ただし、サイレント映画マニアにはたまらんかも

821 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 19:32:08
>>819
kwsk

822 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 19:43:29
ん〜 やっぱり わしの立ち位置は漫画家なんよ
西部さんと一緒にいると どうしても知識人にならざるを得んのよ


823 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:18:52
>>822
小林が立ち位置を気にしているのは知っていたが今更という気もするな
二人で喋っても西部スタイルに纏まってしまうのが不満だったりしたのだろうか…
明日論座読んでくるわ

824 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:21:15
>>822
小林が立ち位置を気にしているのは知っていたが今更という気もするな
二人で喋っても西部スタイルに纏まってしまうのが不満だったりしたのだろうか…
明日論座読んでくるわ

825 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 13:45:17
>>816
>アウトサイダー
野中広務とかじゃね

>食事は一人でするな
これすごく大事

826 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 14:25:39
立ち位置そのものを気にする、というよりは
西部とベッタリ付き合っているとどうしても「知識人」にならざるを得なくなって
マンガ家として(の表現に)良かれ悪しかれ強度を失してしまう、みたいなニュアンスかなあ

827 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 15:33:23
それだけで決別するとは思えないな
何か一悶着あったでしょ?

828 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 16:55:42
「あったでしょ?」って言われても知らねぇよ。
お前こそなんか知ってるのか?

829 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 17:10:10
「ああ西部さんね」って過去の人みたいな言い方だったな〜。
仲良くしなくてもいいけど、わしズムの連載まで切らなくてもよかったのでは。

830 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 17:26:18
でも論座のインタビュー内容はほとんど西部の言うことの受け売りだったよ
つうか、あれだけ受け売りしながら自分の考えのように話す小林は
度胸があるというか、鈍感というか

831 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 18:43:43
決別っつーか、単に距離を置いてるだけにも見えるな
別に対立してるようには思えない

832 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 18:46:46
小林が真に知識人の力が必要とするときにはまた頼ることもあるかもね。

833 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 19:22:59
考え方や志向に微妙かつ決定的?な齟齬が露呈して来てたような気もするし
それでも情の結び付きが強くなりすぎると西部や小林という人たちでさえ
やはりお互い批判的な言葉を浴びせ辛くなるものだしね
いったん距離を置いてみるっていうのは良いことだと思う

834 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 20:26:47
お前らバカだろ。
普通に考えれば誰も相手にしなくなって自立もできない小林を西部が面倒みてやってたって感じだろ。

835 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 20:48:51
小林の「ああ西部さんね」という答えかたは
やっぱり感情的なもつれがあったことの居心地の悪さを
誤魔化しているように見えるんだが、勘ぐりすぎかな


836 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 21:10:22
誤魔化してるというよりはむしろ
そういうことがあったということをそれとなく示してる

837 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 21:32:38
誰か>>834の面倒みてやって


838 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 21:37:03
断る

839 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 22:56:46
お前らホントに西部が好きなんだなw
そんな細かいところまで考えないよ普通。

840 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 23:01:09
論座が何かとソースになっている件

841 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 04:30:56
ttp://yamamoto-mona.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/20060828234351.jpg
おいしそうにケーキを見る、当日ゲストの西部邁さんがステキです(笑)。


842 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 08:17:16
>>825
野中ヒロムとかとは?

西部はアウトサイダーという言葉を
『外部の人間』とか『外側の人間』とかに
置き換えて言うこともあるんだよね。

もしかしたら在日の事を言ってるのかぁと思ったんだけど違うのかな。

『これ以上言ったら殺される』とか前からよく言うよね。

843 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 10:14:16
>>842
在日・・・そう思う。最近だと、欽ちゃんに似た人の話したとき使っていたね。

844 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 11:55:25
在日とか部落とかかな


845 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 12:17:10
アウトカーストだな


846 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 12:54:08
次は論座で対談実現かな

847 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 14:41:06
>>844
部落もそうだと思うんだけど、それっぽいこと言って本あるかな?

848 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 16:51:38
いまやある意味西部さんの方がアウトサイダーだよな

849 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 18:09:10
「いまや」というかもともとだろ。

850 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 19:04:55
自称ギリアーク人だしな

851 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 19:21:47
部落問題については、昔、被差別部落の子供達に授業してたこともあるし、朝生でも差別の多い西について
「箱根から西に済んでいる人たちはもはや人ではないのでは」とか言ってたしなあ。
在日も「友情」があるし。


852 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 19:35:26
>>851
西部の考えってほとんど支持出来るんだけど
部落差別についてだけは共感出来ない。

ひど過ぎないか?

西部好きはみんな差別支持者?ここのみなさんはどうですか?

853 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 23:40:00
>>852
違う、逆逆。舌足らずでごめん。
西では差別がひどいという話の中で、そんないわれのない差別をするような人間達はもはや人と呼ぶに値しない
のではないかということ。
まったく逆の意味。

854 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 00:32:39
でも西部さんはカースト制度をいちおう支持してたよな
不可触賤民とも言ってたしw

855 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 01:06:40
部落とカーストはまた全然違うからねえ。

856 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 01:07:35
カーストについては呉智英が何か言ってたよね。

857 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 03:20:11
>>854
> 不可触賤民とも言ってたしw

あれこそ、表に出てきたアウトローじゃないかね?公共の電波使って、スポンサーだかに煽てられ
踊り狂っていたアウトロー親子。

858 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 03:42:16
談珍見たけど、「アウトサイダー」って、部落とか在日とかそういうニュアンスではなかったと思う。
「人間として問題があるような奴」っていうような感じで発言していた。
で、「今やそういう人間ばかりだ」っていうこと。

859 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 04:05:58
>>853
伝統というのは身分差別も含めて伝統だろ。お前の頭には
自由平等という価値が染み付いているようだな。

860 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 04:14:06
学者には自由で不道徳な社会科
秩序があって差別階級があるか
 しか日本のような幼稚な民族には
選択肢がないことを小難しく言うことしか出来ないのか
そんなことサルより少し賢かったら4歳でも分かるぞ
京都を知らないのか
美しい伝統 美しい文化財 世界に発する環境問題
 そして猛烈な部落差別

861 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 13:35:05
>>859
だから[いわれのない」と言ってる。

862 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 13:36:12
呉智英の「差別のある明るい社会」には賛成だぞ。

863 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 13:48:29
>>859はアンカー間違いか? >>852宛じゃないの?


864 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 15:08:46
ヤクザの6割が同和、3割が在日朝鮮人
日本外国特派員協会での菅沼元公安調査庁調査第二部長の講演
2006年10月19日
http://www.youtube.com/watch?v=oBkjwmK6F6E
http://www.youtube.com/watch?v=1vV-f3kGRjg
http://www.youtube.com/watch?v=BzUz4J2x61A
http://www.youtube.com/watch?v=-bXAlN5Fwts
http://www.youtube.com/watch?v=rguKQJcphHE
http://www.youtube.com/watch?v=p4i9PBE-ESs


【関連ニュース】
元公安部長「日本はスパイ天国」 ヤクザと企業の“深い”関係も指摘
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2598950/detail

「ヤクザリセッション」のベンジャミン・フルフォードもいます


865 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 15:14:13
「ポジティヴ・ロー positive law というのは、次のような思想だ。法(法律)は人間が決めるものであって、神や自然のような、
目に見えない「幻想」が決めるのではない。「法」とはこの地上の人間が定めるものであって「天」や「自然」や「神」が決める
のではないという法思想である。ナチュラル・ローに対する痛烈な批判として始まった考えである。「神」やら「自然の摂理」
やらを言う人々全員を敵に回す思想である。

したがってこの「ポジティヴ・ロー」は「人定法」と訳すべきである。それがどういうわけか日本では、何十年もの間これを
「実定法」と訳してきたので、法学者たち自身が頭が混乱してわけがわからないのである。
ポジティヴを「実定」などと訳したので意味が不明なのだ。法学者たちがわからないのだから、その他の社会科学者や文科系
知識人たちがわかるはずがない。」
(副島隆彦著『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』講談社プラスアルファ文庫、2001年刊 より)


866 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 21:07:49
西部さんも、
http://www.watanabe-shoichi.com/rekisikouza.html
こういうの出してみたらどうかな?

いや、テーマは歴史に限らなくていいんだけど。
瀬戸内寂聴のCDなんか買うよりはよっぽどいいと思うんだが・・・・・

867 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 22:46:45
昔に講演のカセット出してなかった?

868 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 23:54:08
そうなんだ?

869 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 01:38:14
翁は人定法派? 自然法派?

870 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 01:55:50
この世に完璧な数学の公式はあるだろう
しかし完璧な哲学はないのだ
 大衆にはいけにえがいる
 大衆は人の死からしか基準を作れないのだ
後はいかに死を演出するか
それが権力なのだ
 何かしたいのなら制癌剤でも開発することだ
もっとも理系じゃないと無理だが

871 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 02:03:55
>>853
あっ逆でしたか。俺のはやとちりでした。

でも西部は前に陳談で村上ファンドの村上のことを
『インサイダーは酷いね。村上って日本人じゃないらしいしね』
って言ってたんだよね。

インサイダーは悪いけど村上が華僑の息子なのは
別に関係ないと思うんだけどね。
言う必要がないというか。

872 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 02:36:24
現実は厳しい
戦後は西洋に追いつくこれが
日本のエリートの役割でした
しかし西洋に追いつくという概念が
実は日本人の自意識過剰だったのだ
 そういう意味でこの手の思想家の
居場所は もうないだろうな

873 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 10:40:58
また変なのが湧いてきた

224 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)