2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魂とは何か?

1 :洩れ:2006/07/24(月) 13:53:20
ゴースト、ソウル、霊魂、魂魄、スピリットなど
類似する言葉は沢山あるが。

哲学的にいえばどうなるのよ?

情報物や精神物の上に本当に存在するものか?

2 :考える名無しさん:2006/07/24(月) 13:54:36
魂を説明した哲学者ていなかったとおもったよ

3 :考える名無しさん:2006/07/24(月) 14:05:20
アリストテレスの「デ・アニマ」を嫁

4 :考える名無しさん:2006/07/24(月) 14:14:16
魂って、多分……丸いよな?

5 :考える名無しさん:2006/07/24(月) 14:26:30
>>4
形があるとすれば、四角い焼き蕎麦(まるちゃん)

6 :考える名無しさん:2006/07/24(月) 16:34:54
つまり2次元的な形=〇というのでファイナルアンサーw

7 :考える名無しさん:2006/07/24(月) 19:00:37
三角柱だよ

8 :小松:2006/07/25(火) 00:20:09
存在しない物の形を予測するのは不可能。

9 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 12:43:02
UFOは存在しないが、UFOを製作しているところはある。

10 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 14:27:34
一生絨毯を作り続けるという職人魂と、全自動絨毯織機のプログラムの違いは何だ

11 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 14:52:31
魂の篭った絨毯には、機械で作ったのような品格がある。
それは絨毯を作りながら抽象的な対話(試行錯誤)の揺らぎが存在する。
つまり魂の篭った絨毯はへたくそで、自動なのは精密。
へたくそな絨毯には1/f揺らぎが存在し人を魅惑するんだよね。



12 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 19:37:23
ここでもまた 実在論 vs 唯名論 か!

魂はただの概念。なんら実在するものではない。
以上終了

13 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 23:39:00
概念は、概念世界に実在する。
情報世界の知識のようなもの。
コンピュータのソフトウエアは物質では実在しないが、
ソフトウエアとしての概念として実在する。


14 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 00:15:57
「魂」は実は物理学(宇宙論)でいう「微小ブラックホール」なのですが、
詳しい説明は難解なので省きます。このことはヘーゲルやライプニッツの要請にも適うこと
なのですが。


15 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 00:18:10
>>13
なにそれ?→概念世界

1. Xは物理世界には存在しない。
2. しかしX世界には実在する。
3. ゆえにXは実在する。

Xには好きな言葉を入れましょう。そうすればなんでも存在しちゃいます!

16 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 00:31:18
X=杜玖椀

17 :十二使鳥:2006/07/27(木) 00:51:54
魂は実体のないもので、
【無】である。
地球(有)が実体のない重力(無)より成るように、
【この世の万物(有)は、無より成る】のである。

もう少し、
例えば人形。人間にしてみれば人形であっても、
ゴキブリにしてみれば、ただの物体である。
人形が人形としての実像を現すにためには実体のない【無】の働きが
必要なのである。
人間は魂(無)の働きにより人間(有)であり、その無の働きが失われば、
肉の塊となるのようにこの世の実像(有)は無より成るのである。

18 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 00:58:01
>>15
それは間違っている。客観的情報として反証できる言葉ではないものは
存在しているとは言えないものがあるだろw

モマエの脳内だけの存在など、存在として誰も認知しない罠。
共通の言葉、共通の概念は言葉は存在する。それのどこが問題なのよ?

19 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 13:02:34
>>18
それも間違っている、もまえはバカか?

20 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 14:27:13
DNAとか全て解明して、その生命体に必要なエネルギーや構造の部品
とかを全て集めて、組み立てたら、創ったものは命を持つのか?
それでもし生命になれずに物体のままだったら、
魂が存在することになるような…

21 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/28(金) 14:30:22
たましいはあらやしき

22 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 14:35:07
魂を組み込んで全てだ
ただ、部品と魂を区別しておいて、部品を組み立ててどうして魂が無いのだ、
当たり前のことだから、魂が無い。
部品を組み立てていって、最も微細ものが魂と考えそうなことなのにだ、
魂転換装置でも組み込んだらどうかね。

23 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 14:44:08
>>22
ってことは魂はいまのところ科学では解明されていないが、
現実世界に存在するってことになるな。

24 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 14:49:13
賎しさから、魂が生じる。

25 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 14:52:04
何と何の「関係」、みたいに後付けのものではないかな。
物質が精神に先行する事は間違いないだろうが、精神が存在することも
同じく間違いがないだろうし。
組み立てたら案外、生命体になりそう。

26 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 15:07:16
>>23
現実世界とは何かを定義してから出直して来い。


27 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 16:27:11
>>23
魂はオカルトだろ。科学的に解明できる訳が無い。
その考え方は全然科学的でもないし、科学を理解していない。
それ以前にオカルトという用語すら理解できてない象。

28 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 16:34:07
>>27
魂はオカルトなの?
どうやってわかったの?
そしてそれはどうやって他人に理解させるの?

29 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 16:35:59
科学信奉は理系へGO〜

30 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 16:44:36
>>28
>そしてそれはどうやって他人に理解させるの?
人がそう読んできた歴史が物語るものであり、理解する必要などありません。

31 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 17:13:06
>>30
必要がないとかあるとかじゃなくて、理解できるかどうか

32 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/28(金) 21:00:22
http://tukipie.net/forum/black_matter.htm
たましいは現実にあるよ

33 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/28(金) 21:01:28
すくなくとも「気」はあるなぁ

34 :考える名無しさん:2006/07/29(土) 16:00:14
魂とは情熱に近いイメージがある。(てきとう)

35 :考える名無しさん:2006/07/29(土) 22:17:11
「王者の魂」

36 :考える名無しさん:2006/07/29(土) 23:01:22
>>31
理解とは何か、それを理解してきたほうがいい。
本当の理解には理屈など不要です。

37 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 22:46:23
魂のようなオカルトの意味は記録することで失われる。
感じさせ体感させることは可能だが、理屈や論理で表せるものではない。
人は形式などのうわべの形のみを意識し、本質で与えられるものを
感じることはできるが、言葉では伝えられないものである。

38 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 00:42:33
>>37
すべて記録すれば可能だ。

39 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 00:44:02
云鬼の量子論

40 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 21:43:38
昔、魂触ったことあるけどやわっこかったよ

41 :四式:2006/08/01(火) 22:30:53
荒魂、和魂、幸魂、奇魂みたいな四魂という考え方があったり
たぶん曲玉のような形をしているだろうと考えられていたり。
肉体は滅びても魂は残ると誰かが言ったり、
どっかの偉い教師はやむにやまれぬものなのだ、と密航して嘆いたり
盆に川でながれていたり、生きてるのに飛ばしてみたり
こいと呼ばれてみたり、祭られてみたり。

ようは大和民族の精神を形象化して扱った仮想物質が魂って事じゃないか
そこには精神を永続的にしたいという願望があったり。
明文化出来ないまたは、するべきではない心であったり。
民族で信じられる魂の概念は先人の心を今に伝える為の媒体であったとも思う。

42 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 23:26:15
>>41
魂の概念は、海外でもある。


43 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 23:33:36
魂は21グラムで死んだ直後に魂が出ていって21グラム軽くなるって話を聞いたんですけど
これについて何方かわかる人いませんか?

44 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 23:44:00
計ったバカがいたね>21グラム。
http://www.21grams.jp/

45 :四式:2006/08/02(水) 18:10:55
>>42
似たような物はあったとしても、タマシイ(魂)と呼ばれる物は
外人には理解できないし存在しないと言ってもいいだろう。
異民族がそれを語ろうとした場合、魂は必ず歪められるのはすでに2chなどで実証済み
血族民族でようやくそれを符号化出来るような共有できない祈りが含まれているから。

46 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 18:31:51
>>45
勝手な思い込みで魂の定義を実証済みなどと考えている香具師を発見。

アゴがハズレそうだw

47 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 21:03:53
人は死んだら宇宙になる

48 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 02:45:58
>>47
宇宙の定義は?


49 :名無しさん@←ブラックホール:2006/08/06(日) 00:11:11
コスモゾーン

50 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 16:26:34
セイントセイヤ!マンセー内なるコスモを燃やせ!

51 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 00:12:02
>『聖闘士星矢』
これか?w

>小宇宙(コスモ)
>登場する闘士たちは、「小宇宙」と呼ばれる体内の宇宙的エネルギーを
>燃焼させて繰り出す闘法が特徴で、拳で空を引き裂き、蹴りで大地を割る
>ほどの威力を誇る。
by Wikipedia

ちょっと魂とは違うような気がする。


52 :おっさんの愛弟子キボンヌ ◆Fmd2B6wtag :2006/08/07(月) 00:34:17
>>43
それ聞いた事あるっす。w


53 :おっさんの愛弟子キボンヌ ◆Fmd2B6wtag :2006/08/07(月) 00:35:41
21ccの水分が蒸発したってことで、おk?


54 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 02:42:31
水分だと何故きめつける。
毒ガス吐いたのかもしれないだろw

55 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 04:25:08
魂ってのは人の心の芯に響く命の証だ

by俺

56 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 13:22:47
魂はカオスだろ、

57 :屯べい:2006/08/07(月) 14:47:25
英語的にはSinguler Outflow of Universal LifeでSOUL(魂)だと思います。
宇宙の単一生命の流出

58 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 02:38:23
>>57
英語的だと、生命以外に魂があるような表現方法はあるのか?


59 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 02:42:35
自由意志=第一原因=主観的自我=霊魂

60 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 03:12:31
>>59
霊魂と魂の違いは何?

61 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 15:40:46
>>60
魂のある霊(霊魂)と、魂の差
魂という特徴をもった霊と主観的に観測される幻影などを霊魂という。

62 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 04:15:07
根性、いや魂性を持った奴にかなわないものは無い。
思いは志となり、情報空間の軸が別次元なものに因果しえること。
なぜなら、すべての物はその性質があり、それぞれに生じる目的が
1つにフォーカスした場合にはデタラメから生まれる力もあるということ。


63 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 19:26:49
フォースと共に在らんことを。

感じるんだ、フォースを感じるんだ。

64 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 19:43:07
射精した0.2秒後に子宮に向かって全集中力を注入するイメージが、魂と
言われる妄想的なイメージの正体。これは、まだ純粋な魂の段階である。
しかし、そのイメージに執着して、残り少ない歯磨きチューブから
歯磨き粉の最後を絞り出すように精液を錬り出そうとする事は、宗教
という妄想に堕落する原因になる。こうなってしまうともう醜い不純な
魂としか言えないだろう。宗教の考える魂は既に汚れている。

65 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:43:26
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156400214/6
こっちから誘導したのにレス
>@魂は単純な(分割できない)ものである
>A単純なものは滅びない
>Bゆえに、魂は滅びない

@は分割できるんじゃないか?物ではないし、分割したあとに意味がある
存在になるかは別として。もともと性質というジャンルで特徴とかの
元の曖昧な総称だろう。オカルトというものは定義できる範囲ではないと
思うけどな。

A単純=滅びない、これも変w。お手軽な騙し文句としか。
性質とか特徴を示す意味であれば、滅びる以前に滅びるというカテゴリーで
考えるのは難しいな。

B「ゆえに、魂は滅びない 」←バカの駄目押しw

>@Aについてはデモクリトスの原子論を参照のこと
参照しても同じ解釈をするとは限らないし、貴方自身の魂についての説明が
無い=極限に薄いのが問題かも。
イカレタ参考書とか嘘800の教科書嫁というのと同じ。

66 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:47:27
人権が存在する程度位には魂も存在するよ。

67 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:48:36
@魂は分割不能だし、分割したら一人の霊としての精神・身体つきで登場だ。
A単純=すべて一体と考えれば、すべてが滅びるわけない

魂を不完全とすると、>>65のようになるが、精神・身体を包むオーラを超えたすべての
すべてとすれば可能。

68 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 00:11:26
>>67
意味不明、もっと詳しく。

69 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 00:18:16
魂は有と無を含むすべてのすべてだという意。人間の肉体は精神が宿っているが、
その人間の本質は魂である、ということ。つまり身体に魂が宿っているのではなく、
魂に身体が宿っている。

70 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 06:41:27
>>69
意味不明、もっと詳しく。


71 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 06:44:21
魂は言葉や理を用いる主体を試すものだと思う。

72 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 08:23:08
魂は単一の宇宙生命の流出

73 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 08:44:03
魂とは冥王星である。第九 未知なるもの

74 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 03:26:27
nine sense

魂とは第9番目の感覚である。

8番目の感覚を悟ることができれば、生きたまま冥界すら覗ける。(ハデスと仲良し)
9番目の感覚を悟ることができれば、過去未来すべてを把握したことになる。

75 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 09:17:12
ルーク、フォースを感じるんだ、


76 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 13:48:56
光は闇があるからこそ輝くもの。

おまいらは光の力をしらなすぎる、光の力とは役に立たない代表の力。
なので覚えても意味すらない。

77 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 23:04:11
靖国あたりにあるんじゃねーの。

78 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 00:21:07
妄想

79 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 12:27:17
ホンスレあげ。

語れ!

80 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 19:23:32
ぼんごれ?

81 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 23:27:23
魂とは、心の形を作るための基本要素だ。

82 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 14:20:05
永井均によれば、自分の存在は「肉体」でも「記憶」でも説明でない。

だから自分の存在を認めるために、「魂」が必要だという。

説得力あったぞ

83 :うあああ:2006/09/27(水) 18:32:46
魂があるのは私だけ。

84 :119:2006/09/27(水) 18:52:21
魂は、記憶です

85 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 18:54:18
いたいな!?

86 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 18:57:39
テンジだな

87 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 21:02:38
記憶は人格を表すもの。

魂は記憶を留めるもの。



88 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 21:43:03
アングリマーラよ

89 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 22:03:56
指鬘外道

90 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 22:37:31
セーニカ外道よ

91 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 22:42:18
虚空蔵菩薩よ

92 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 00:16:00
我が言う。魂とは、魂である。それ以上でもそれ以下でもない。
そもそも言葉で表す時点で魂という概念を悟る方向から外れている。

93 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 03:51:08
>>92
つまり感じろ・・・と?
言葉で言い表せないということは、人とわかり合えるようなものではないってことだよな。
なんと孤独な存在であろうか。

94 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 11:55:57
>>93
客観性が無いのも魂の特徴だしなw

95 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 17:57:42
無限を数値で定義した時点で無限ではなくなる罠。
∞という記号で数学的に扱えば、これは∞という記号であって
無限ではない。類似するものの数学的概念にしかすぎない。

魂も同じ。


96 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 19:12:41
霊だろ。

97 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 23:38:12
霊魂は魂ではない。

98 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :2006/09/29(金) 00:24:03
>>414
>「おいしい」という感覚が「快」であるからです。
>なぜ「快」かというと、必要な塩分、脂肪分、水分、糖分、アミノ酸等々、
>バランスよく人間が摂取するために発達した感覚なんですね。

まさに適切な例示だと思います。さらに説明を付け加えると・・
例えば「おいしいモノをおいしいままに食っていたらメタボリックシンドロームとなり、
このままおいしいモノを食べ続けると5年後に死にますよ」と医者から言われた人もいる
・・と思いますので、
「現代の人類の個体の味覚指向」は、つい最近までの常態「餓えている(腹が空いている)のが普通」
・・の社会状態・・に適応する「味覚」を持った個体が多く生き残っている・・ということです。
 400万年前に人類が地球上に登場して以来・・・「食べること(カロリーを摂取すること)」は、
人類の個体誰にでも「死活問題」だったのです。
そのような時代が長く続けば「摂ったカロリーを体内に蓄えておく遺伝子」を持つ個体が優位になり、
そのような遺伝子が沢山「保存」されている訳で、今現在その遺伝子に基づいて「おいしいから食べる」
という食習慣に基づく行動は逆に、上記メタボリックシンドロームをもたらすことになります。
 要するに「死期を早め・・・子孫(自分の遺伝子)を残す確率を下げる」ことになる・・
という「やや複雑なループ」が生じてきている・・ということです。

99 :「機械的唯物論」者:2006/09/29(金) 01:54:43
すまん。まちがえた

100 :◆HaK8vyb2as :2006/09/29(金) 07:50:20
100

101 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 17:53:57
まちがえたのか?

102 :詭弁:2006/09/29(金) 22:34:33
魂とは詭弁だ

103 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 22:47:07
何に対する詭弁なわけ?
覚えた言葉無理して使わなくてもおk

104 :「機械的唯物論」者:2006/09/29(金) 23:54:02
「間違え」てなどおりません・・・ということです。


105 :「機械的唯物論」者 :2006/09/30(土) 00:13:24
>まさに適切な例示だと思います。

>>98のこの部分は間違っておりました・・・
「撤回(提示したものを取り下げること)」させていただきます。

106 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 00:42:56
>「機械的唯物論」者
なんで、このスレにいるのか?不思議だ

107 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 16:44:38
魂とは「その人」という観念である。

108 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 23:18:13
言い訳を足がかりにどっぷり乖離精神に嵌っていく

109 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 20:38:40
となると魂ってのはその人の意識を有するのか?

110 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 08:26:57
意識と魂の意味すらしらない109は無能だよな

111 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 14:03:06
何か?

112 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 21:24:52
カントは「思惟する自我が、(思惟する私の)身体の他の部分の場所から区別される特別の場所
にある」という考えは「うさんくさい」(カント「視霊者の夢」)と言った。そして「<こころ>
(ここでは魂と読め)は自己自身に対していかなる場所も規定することはできない。なぜなら、そ
のためには<こころ>は自己を自己自身の外的直観の対象にしなければならず、自己を自己自身の
外に移さなくてはならないだろうが、これは自己矛盾だからである。」(カント「<こころ>の器官」)

カントは肉体が滅びた後の魂の存在を否定した。

113 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 23:39:46
   魂=神
   神=すべて

道端の石ころ
床に落ちている陰毛
いま目にしている文字
戦争や平和
個性や自我
苦痛や喜び
始まりと終わり
物質や非物質
宇宙や宇宙で無いもの
ここで在りあそこで在り、また、そのどちらでも無いもの

    =神
   神=すべて

要するに、魂とは神の一部であり神が概念を体験する、
神のマスターベンションの道具である。

   
でも最終的には別け隔てて考えるのは無理だとおも・・・


114 :「機械的唯物論」者:2006/12/15(金) 23:45:31
観念論者さんの言い方を「借りる」と、懐かしい「スレ(スレッドの略です)」だな・・・
ということです・・・

115 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 00:38:03
自分の人生の経験から包んで見た世界。この世を包めるほどの経験をした魂をもつ者になったら不老不死よ☆

116 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 02:21:35
魂ってのは情報構造体のことだから
情報があるところには魂が存在することになるな
生体中の諸情報がどうやって保存されてるかどうかが
死んで魂がどうなるかの答えでもあるわけよ

117 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 02:30:24
肉体+魂=人間 とした場合。魂はいつ肉体に入るの?
そして。肉体が滅びて死んだ時、魂はどうなるの。

俺が知りたいモウ一つは。
神様が魂を入れる順番。(仮定)

118 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 03:00:09
手を叩けば、痛いと感じる自分はナゼ自分なのか?この肉体はナゼ自分なのか?
いつから。
どうしてここに生まれたのか。

119 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 03:08:09
情報構造が明らかになったら、焼いてパソコンに保存することも可能になりそうだ。
そうなると、人工知能誕生だな。
半永久の魂を手に入れることになる。

120 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 03:45:43
ロボコップで見たことある。女の人。

121 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 04:15:03
結論でました。
世界中の生き物のなかでどれが自分か?
手をつねったら痛かった。だからソレが自分の肉体。
その肉体に自分が宿って無くてもその肉体は勝手に育つ。
どの肉体に俺がなるのか、神様しかわからない。
よって自=他
ひょっとしたらあなたの肉体に俺が宿っていたかもしれない。

よって
魂というのは無色透明で自分と他人を分けるもの、ただそれだけのもの。


122 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 05:38:52
ぼくもこのにくたいはかりものだとおもうよ じゃあどうしてあいするひとをもとめるのか? ぼくのばあいにくたいがすきだからだよ ちじょうにいきるためなんだよ たましいをうむ

123 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 06:04:22
精神と生命は別のものだよな?

124 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 10:18:35
生命が生きる為の意志?

125 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 20:57:16
魂とは存在そのものに与えられた名称である。おわり。

126 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 21:02:50
それで、存在そのものってなにかつーと、
それは、どー考えたって、意識しかない。
おわり。

127 :おまいら頭わるいな:2007/01/10(水) 08:52:56
根元であって、形や特定できるようなものではない
魂が意味として表に現れる場合は量子力学で確率的に存在するものを
観測するのと同じで観測するまで意味は確定しない。
なので魂を意志とか意識とか自我とかそんなもので置き換えることは
できない。雲の形を特定するようなもので形を固定したら笑われるだけw


23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)