2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ貧乏人は無くならないのか?

1 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 00:29:29
こんなに便利になって、機械が人の代わりに労働してくれるように
なったのに、どうして人はまだ食うための労働を続けなければ
ならないんですか?

2 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 00:30:40
俺の不労所得を稼ぐおまいらが必要だからさw

3 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 01:47:59
>>1
貧乏とか裕福とかは関係ないじゃん。

4 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 02:04:06
>>3
生きるのも覚束ない浮浪者って意味で頼む

5 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 02:07:44
>>1
機械は所有者である金持ちの代わりに働くのであって、
貧乏人の代わりに働いてるわけじゃないから。

6 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 02:24:10
>>5
それ、ただ現状を述べただけじゃないか。

7 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 02:28:00
現状がそのまま答えになるような質問でしかないじゃないか。

8 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 05:07:01
労働を続ける必要はないが。現に働く必要はないと考えるニートやひきこもりが大量に出現している。


9 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 05:16:08
所得分配が労働に依存しているから。
需要を満たすために生産するというよりは、
生産するために需要を拡大していくといった感じですね。
失業が生じると所得分配が上手くいかなくなる。
だったら、ワークシェアリングしろやー と思うが、
どーせ雇うなら、少しでも有能なほうがいいので劣った方は失業

10 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 16:48:51
ニートや引きこもりが多いのは親の世代が裕福だから。
親の親の世代は金遣いが荒かったり博打を打つような人生の人が多かったから
今のニートや引きこもりの親の世代は勤勉で蓄えもあるの。
じゃあ親の親の親の世代はどうだったかというと、やっぱり勤勉な世代なんだよね。

繰り返してるだけじゃん。

11 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 17:47:04
みんなが豊かになったら
だれが働くんだ

自分の自由時間を資本家に差し出す者に
カネを分け与える---これが資本主義だ

つまり、奴隷どもがいなければ資本主義国家は
成り立たない
「貧乏人=奴隷」をつねに「貧乏=奴隷階級」にとどめておかないと成り立たないのだ

小泉のせいで貧乏人がなくならないという答案はダメ

12 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 17:50:41
資本を持たないものは、他人の資本を借りなければ付加価値を生み出せない小作人です

13 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 17:57:25
ここの会社↓募集中!!
貧乏脱出!
「遺体処置で」検索してみて!

14 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 19:24:35
分けあえば 余る
奪いあえば 足りぬ
     みつお

15 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 21:25:39
貧乏人がいるからこそ金持ちがいる。
所詮どの時代も相対的に貧乏人はいる。


16 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 21:36:21
正規分布

人口

|  ∩
|  jι
| / \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄富
左の裾野は貧乏人
真ん中は一般人
右の裾野は富める人

17 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 21:37:06
人口

|  ∩
|  j ι
| / \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄富


18 :考える名無しさん:2006/05/25(木) 15:37:51
>>1
それはね〜人類が哲学を放棄したからですよ。
哲学の哲は道理にあかるいこと、でしょ。
道理にあかるくなれば頭が良く成るので奪い合いもしないでみんな仲良く豊に暮らせる知恵が産まれるんだよ。
でも道理にあかるくない、頭の悪い人達が道理にあかるく成る方法を探せないので哲学をデタラメな解釈しかできないの。
道理にあかるく成って、(産みだされる知恵を使い生きること)が哲学の学の部分なの。
だから哲学は誰でも一番大切だし勉強しなくても方法が分かれば誰でも簡単に道理にあかるく成れるんだよ。
哲学書も道理にあかるく成る方法が書いてないから読んでら人の考え方を覚えちゃつて道理に昧(くら)く成っちゃうんだよ。
物質的な豊かさを追い求め精神的豊かさ(哲学の意)を人間が忘れているから奪い合いの激しい貧富の差が生まれるの。
人間が道理にあかるく成らない為に肉体の糧と心の糧のバランスが崩れているの。






19 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 11:24:13
ニートは金津園行けないもんな。
バイトして金津園にGO!GO!GO!

20 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 12:36:03
哲人はニートだが
哲学者は仕事がある


21 :tar:2006/06/12(月) 17:16:13
獲物、行為、コミュニティ。

22 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 17:22:38
もう何も無い。俺死ぬのかもしれない。

23 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 10:43:29
多くの民衆を貧困状態に放置しておくことは
彼らにつけいるためには必要な措置である。
一年中カネが不足している女が世間に一定量いるからこそ
毎晩女が抱けるのだ。
だれもが裕福な社会は、おそろしく住みにくい社会である。
貧困からしか生まれないドラマもある。
社会に一定以上の貧乏人がいないと
社会から夢がなくなるといってもいい。
貧富の理想的なバランスを考える。これが新しい経済の課題である。
社会の中で創造的な仕事をなしとげる者の質と量を
最大ならしめるバランス。
モーツアルトやドスト氏が
偉大な仕事がするために、彼らのある程度の貧しさが
前提条件であったことを否定できる者はいない。
社会の構成員がみんな豊かなくらしをするようになれば
その社会は死んだも同然である。
その意味では小泉は正しい政治をしたといえる。


24 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 11:50:21
貧乏人はいなくなるもの
無くなるのは貧乏だ

そして貧乏の概念が無くならないのは、貧乏が相対的価値基準だから

25 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 08:36:11
>>23はヒューザーの小嶋

26 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 08:38:13
なぜ お前は馬鹿なのか と同じスレだな
とか
なぜ お前は足が遅いのか と同じスレだな

「運命」です。

27 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 09:47:09
満願神社の貧ちゃんに聞いてたも。

28 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 21:41:50
自民党の某議員
「貧困の再生産など起きない。彼らは子供さえ持てないからいずれいなくなるだろう」

2006年9月12日(火)発売 週刊SPA!2006年9月19日号49ページ


29 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 22:35:01
なぜ貧乏人は無くならないのか、は今問題にしない。
なぜ金持ちが無くならないのか、を考えてみよう。

金持ちというのは、「銭」と「所有という概念」の要素が結合して成り立ちうる。
「銭」も「所有の概念」もなくなっていないから、金持ちは存在する。

さて、貧乏というのも、同じ要素が違う形で結合して成り立っている。
銭そのものがなくなるか、所有という概念がなくならない限り、貧乏人は存在するだろう。

30 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 06:26:55
働くことが必要だと考える人間が多いから。そういう意見を代表した政府は国民に働くことを求める。
現実的にもまだ働かなくてもいい社会にはなっていない。だが、働かなくてもいい社会階層は増大しており、そのうち働かなくても暮せる人間の方が多くなる可能性はある。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)