2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

母親に聖性を求める起源

1 :天之御名無主:2006/08/15(火) 11:34:57
大地のような母とか
カーチャンスレにあがってる母とか

日本人が求める母像が
人間よりも神に近いその起源てなによ

2 :天之御名無主:2006/08/15(火) 11:38:12
「天のような父」の対応とか、作物を生み育てる大地の擬人(神)化?

3 :天之御名無主:2006/08/15(火) 11:52:06
母親一人で子供が育てられるわけないんだけど
それを要求する人たちの考える母親像の起源も気になる

4 :天之御名無主:2006/08/15(火) 12:21:47
テル=ハラフなんかにゃ前四千年紀からカーチャン像がたくさん出てるわな
キュクラデスの大理石カーチャンなんかも同じくらい古いし
エジプトも信仰の原初期にはトウェリスやハトホルのカーチャン的な側面がよく崇められてた
カーチャンマンセーするのは世界普遍の原理

5 :天之御名無主:2006/08/15(火) 12:26:55
で、その起源は?
と問うたら精神分析的な答えしか出てこないのだろーか

6 :天之御名無主:2006/08/15(火) 14:42:32
だってさ。
女はいつの間にか超デブになって、分化するだろ。
分化したらまた普通の体型にもどるけどさ。
女が分化して普通の体型に戻ったら、人間の仲間が増えてるって
結構驚異じゃね?摩訶不思議な事を起こすやつら、として
女、つまりカーチャンが神聖視されても不思議じゃない。
分化しない女は面白く無いし、仲間を増やすメリット無いから
漏れらと同様ただ働け、でもいい。

7 :天之御名無主:2006/08/15(火) 15:26:28
それだと女が神聖視される根拠にはなるけど
カーチャンに聖性を求めるのとは違うとおも
まあ昔は女全部がカーチャンになったのかもしれんが

母親は無償で子を守ってくれる存在だからなんてゆー
紋切り型の理屈もどっかで聞いたけど
そんなボランティア精神旺盛な親は近代以降でしか見かけない
なれば聖母のような母親像というのは近代以降に作られた概念なのか?
これもなんか確証バイアスがかかってそうな考えでやだな

8 :天之御名無主:2006/08/15(火) 15:31:25
ユダヤ教では、母親になぞ聖性を認めない。出産は穢れでもある。
よって普遍のものではない。

「日本人が求める母像が人間よりも神に近い」ってのも、
果たしてどれだけの人がそう感じてるのか、怪しいもんだ。
母はまず母であって、「神に近い母」を求めるって、かなりキモイ。
名著「桃太郎の母」を見ても、結局、日本の地母神信仰ってマイナーな
もんだろう。加藤周一大先生も似たようなことを仰ってる。

「女・母は神聖視される」という言い方が成立するなら、
父神もいる以上、「男・父は神聖視される」とも言うことができる。
ぬるい命題だな。

9 :天之御名無主:2006/08/15(火) 16:28:52
>「神に近い母」を求めるって、かなりキモイ。
そうなんだがそれを女の人に要求する人は少なくないようで
現代の母親が抱える負担の重さが問題になってる
じゃあその起源はなんだっつったらやっぱメンヘラ的なとこに行き着くのか?

10 :天之御名無主:2006/08/15(火) 16:36:29
このレスはスレ違いかもわからんね

11 :天之御名無主:2006/08/31(木) 08:43:03
アラハバキは太った女で蝦夷の母神崇拝の名残
マリアも太った女でユダヤやゲルマンの母神崇拝の名残

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)