2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山窩、蝦夷(エミシ)、隼人は同一民族ではないか?

1 : :2005/08/30(火) 17:42:45
違いますか?

2 :天之御名無主:2005/08/30(火) 18:08:32
「セブリ物語」でしたっけ?
あれを見たら、意外とサンカの皆さんは
懐が深いっていうか、はぐれモノみたいな人も
仲間に入れてくれたみたいですから、全くの別個では
無いんじゃないかな…(極論では韓民族でもOK?)
自分はエミシ地方在住ですが、サンカじゃありません(当然ですね)
妄想ですが、ウチの社長がサンカじゃないかって疑ってます(なんとなく)
「堀江」っていう苗字です。長文妄想失礼

3 :天之御名無主:2005/08/30(火) 19:25:47
堀江は普通に倭人に多い名前

4 :天之御名無主:2005/08/30(火) 19:49:58
サンカって民族なのか?

5 :天之御名無主:2005/08/30(火) 20:43:00
もののけ姫のアシタカはエミシ?サンカ?

6 :天之御名無主:2005/08/30(火) 21:34:49
>>5
あれは蝦夷じゃないか?

映画の中で「大和との戦いに敗れて500年。今では大和の国力も
衰えたという。」
と言うセリフやアシタカが出身地を聞かれたときに
「東と北の間、それ以上は言えぬ」と言っていたから
アシタカは東北地方の蝦夷だろう。

7 :天之御名無主:2005/08/31(水) 00:05:06
山窩について分かっている事

・独自の言葉(サンカ語)を使用
・サンカ文字の使用
・狩猟生活を主としていた
・大和朝廷に追われて山に逃げた住人説
・もともと日本列島にいた原住民説
・サンカ自体が存在しなかった説

8 :天之御名無主:2005/09/02(金) 21:58:19
なんかサンカってミステリーでロマンを感じる。
大変な生活だっただろうけど、仕事であくせくしている漏れは、山を見ると思ってしまう。

9 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:05:56
サンカって何なんだろうな、ただ者ではないな、
今でもいるのか?

10 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:20:10
いるよ
今は定住して部落民やってる

11 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:25:38
部落民やってるのかーw

12 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:32:16
それまであんまり接点無さそうな今の総理と記念真紀子さん
一時は仲良かったのにね…
派閥みたいのがあるんかな?
ウチの近くのスーパーマーケットに東京スター銀行のATMがあって
手数料無料の便利そうなモノなんですが
なぜかちょっと躊躇しちゃう…差別じゃないんですけど

13 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:51:31
サンカって呼び方は近代に警察組織が言い出した呼称だから、
同じに並べて比較するのが論外なのと違う?

14 :天之御名無主:2005/09/04(日) 08:47:19
そう、サンカつうのは「山家」からつくった警察語。
ポンとか川人とか、地方によってさまざま。
故首相の父親は馬の仲買人と言うことになっているが、
実はいわゆる山の民、「世間師」だったらしい。
わしゃこのオッサン、アメリカの謀略でポシャッたと信じとる。

小泉の父は薩摩郷士、母方祖父はイレズミ大臣。
やっぱ「異端」の人しか、改革できない。

15 :天之御名無主:2005/09/04(日) 09:44:49
↑の故首相の父親って故首相は誰なんでしょう?
ウワサに上ってるヒトは新潟のオヤジと今の総理くらい
しか知らないですが…

確かに「山窩」だと馬鹿にしてる気配があるけど「山家」だと
チトかっこいいかも。「客家」みたい感じ。

16 :天之御名無主:2005/09/04(日) 10:01:32
隼人は蝦夷とは言葉の体系もDNAも共通性も見られない。
人種的には江南当りの中国系だと思われ。

魏誌倭人伝のせいで日本の歴史記述は魏だけのように思われているが、
当時は、魏呉蜀の3国が分かれていた時代だった。
三国志の魏誌以外に呉誌、蜀誌には蛮夷伝を持っていないので、実は
呉と沖縄・南九州との関係があっても掲載されなかった可能性が高い。
呉の地名や呉服という表現は国内にもあるのだ。

当時、九州は、魏(北九州の倭)と呉(南九州の奴)の代理戦争の場であ
った可能性もある。

17 :天之御名無主:2005/09/04(日) 18:46:33
>>16
隼人は日本人であることは間違いないが
南方インドネシア系の特徴を有すると言われています。
蝦夷については人種的な区分からきたものでは
ありません。

18 :天之御名無主:2005/09/04(日) 18:48:55
16はなかなかおもしろい見識であるが
スレ違い気味(そもそもスレッドタイトルが変)
できれば南九州人スレッドでお願いしたい

19 :天之御名無主:2005/09/04(日) 19:47:54
>>17 
適当なことを言うな
隼人は古代ゆだやだ

20 :天之御名無主:2005/09/05(月) 15:17:18
>>9
サンカは確かに歴史のロマンを感じるね。
俺は東北地方に住んでるから蝦夷にも興味がある。
大和に歯向かったアテルイとかロマンを感じる。
もののけ姫のアシタカも蝦夷族だから、
もののけ姫の始めのアシタカの村のシーンを見て
東北はこういう感じだったのかな〜って、
日本の陰の歴史に想いをはせる。

俺の先祖も大和民族ではなく蝦夷民族なんだろうな。

歴史が解明されてないからこそ、ロマンを感じるわけだな。やっぱ歴史はいいなぁ

21 :天之御名無主:2005/09/05(月) 16:38:48
>>16
DNA鑑定は普通に無理。
そもそも民族固有のDNAなどない。
>>17
蝦夷も隼人も人種的な区分ではないが
蝦夷との会話には通訳がいり独自の風習を持ってた言うから
和人とは民族的には違ったものだったのだろう。
隼人にかんしては早いうちに大和に取り入れられ今の鹿児島県大隅半島近辺と
勢力も小さかったので、蝦夷ほど史料が残されていない。 

22 :天之御名無主:2005/09/05(月) 16:50:48
資料がない思ってるのはおまえだけ、
隼人、隈背、土蜘蛛は大量にいた、
言語だってまるで違っている。
原住民そのものだよ。


23 :天之御名無主:2005/09/05(月) 16:53:46
蝦夷は防人にきて歌残してる
万葉的な言葉を話していたのであろうか

24 :天之御名無主:2005/09/05(月) 17:00:14
大和を渡来系にすると話がややこしくなる。

25 :天之御名無主:2005/09/05(月) 17:05:50
朝廷の人は当時、肥前風土記の中で五島列島に隼人に似た言語と
風貌を持つ人が住んでいると述べ
大分沿岸地域にも隼人がいたと伝えられる、
九州沿岸地域の古代人は隼人で内陸部は熊蘇だったと思われる。
また、常磐風土記ではこの土地の土蜘蛛を征伐しその時に使った武器から茨城と
と名付けたと書いてあるな。これが蝦夷の事なのか、それとも
九州の古代人がこちらに移住したものなのかわからない。

26 :天之御名無主:2005/09/05(月) 18:46:07
北海道にいたモヨロ人はエミシや隼人と関係ありますか?

27 :天之御名無主:2005/09/05(月) 19:56:39
>>25
たしかに隼人は海洋系の民であったという
説もあるようです。
隼人の祖とは兄弟関係にあったとする
原始天皇家の古代神話には瀬戸内海を中心とした
活動領域が見られます。

28 :國學院一OB:2005/09/05(月) 20:18:45
履中即位前記、清寧元年、敏達14年
など古代の記録にも隼人が天皇、皇子の親衛隊として
仕えていた記事が見られる。
また後の延喜隼人式によれば
天皇の遠い行幸には騎馬や歩行でつきしたがい
国の境界や道の曲がり角では
異様な発声のおたけびを
あげて邪を払ったとある。

29 :天之御名無主:2005/09/05(月) 20:27:37
イザナミ/ギも基本的に隼人だったんじゃないかな?
そして、魏志倭人伝で魏の人がみた伊都国、伊邪国の
倭人も隼人の後裔だったのでは。
ニギハヤヒも隼人では。


30 :國學院OB:2005/09/05(月) 20:44:01
隼人が海洋民であるならば
その可能性は否定できません。
隼人の末裔の人々は現在でも
血液型指数、指紋指数においてやや特徴的な数値を示し
身長が低い等の人類学的特徴が見られるそうです。
そこを舞台とする紀記神話のモチーフは
インドネシアなどの東南アジアのそれと共通するものがあるので
隼人をインドネシア系種族とみる説もあります。

31 :天之御名無主:2005/09/05(月) 20:53:01
さて、後に神話さながらに天皇を担いで
東京まで東征を果たした隼人と違い
エミシ、サンカなどは左翼反体制の人達が
幻想を重ねやすい存在である。

しかし、サンカ研究の第一人者と言われる
三角氏によればサンカの人達は非常に皇室を尊重しており
その点では単純にマルクス的な反体制の人々であったのではなく
そのような政治的思惑から担ぎ出すべき人達ではないのである。

32 :天之御名無主:2005/09/05(月) 21:16:02
>>30
指紋指数、血液型指数って何?
蝦夷は?

33 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:00:55
エミシについては昔からアイヌ説があるが
現在では否定的であり
辺境に住む日本人だったというのが有力ですが
明確な決着はついていない。
地域については東北以北であることは
大和朝廷が築いた冊や城によりあきらか

34 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:22:48
サンカの人たちがスサノオを敬ってるっていうのは
聞いた事があります、もともとは天津神である神を。
(ウワサで聞くだけですけど)
強い上昇志向もアマテラス憎しっていうより
見劣りしないくらいの勢力になりたい現われかも?

35 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:44:34
血液型
日本人の平均
A型39%・O型29%・B型22%

青森
A型32%・O型34%・B型25%
鹿児島
A型42%・O型28%・B型20%
http://www.fukushima-bc.jp/new_page_70.htm

ちなみに韓国
A型33% O型27% B型27%
中国 華北
A型30% O型33% B型29%
中国 華南
A型27% O型44% B型23%

青森ではB型とO型が多い。
鹿児島ではA型が多く沖縄に下がるとO型が多くなります。
フィリピンやインドネシアではO型が多くいずれも40%を超えています。
日本人のA型比率はアジアでは最も多く特徴的です。

36 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:45:06
指紋は都道府県別のデーターはないけど
弓状紋は東北に最も多いそうです。
指紋三叉数では朝鮮15.00、北海道アイヌ12.97で中間に全国各地方、
沖縄はアイヌに一番近い数値を示し13.45。

37 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:58:47
>>33
>エミシについては昔からアイヌ説があるが
>現在では否定的であり
特に戦中は天皇を中心とした神の国、八紘一宇の言葉に示されているように
日本人単一民族説が優勢だったようです。
というか、そう信じたかったようで、日本に異民族がいたことを否定するむきがあります。
本当に日本は単一民族だったのでしょうか?

38 :天之御名無主:2005/09/05(月) 23:00:54
違います、戦中はアイヌが混じる日本人=アーリア人思想を
喧伝してました。

39 :天之御名無主:2005/09/05(月) 23:05:40
>>38
皇国史観ではアイヌの存在はタブーでした。
アーリア人至上主義のヒトラーが日本との同盟を正当化するためにアイヌを白人にでっち上げたのです。

40 :天之御名無主:2005/09/05(月) 23:14:15
日本は多民族国家だったんだな!!!!すげーーーー

41 :天之御名無主:2005/09/05(月) 23:37:03
>>33
アイヌ語に近い言語を話していたと思われるが
アイヌ=蝦夷ではないと思う。

42 :天之御名無主:2005/09/06(火) 00:47:23
ポリネシア人はB型がないという特徴をもつらしいです。

43 : :2005/09/06(火) 14:32:48
蝦夷や隼人は何語話してたの?

サンカは?

44 :天之御名無主:2005/09/06(火) 20:58:35
ヘブライ語

45 :天之御名無主:2005/09/06(火) 22:37:10
>>20
もののけ姫の製作前に宮崎監督は奈良にいらした。
葛城の道と呼ばれる古代大和朝廷の葛城氏の根拠地、御所市だ。
この当りは高天原という高原で、金剛・葛城山系の森深い土地で一言主神社
等の古社も多い。氏の古代日本の森のイメージのネタになった場所の一つと
思われる。

ネタばらしすると当地は足高一族の土地で、農家のどこもかしこもアシタ
カなのだ。氏のインスピレーションの素材としてこれは大きく影響したも
のであろう。

46 :天之御名無主:2005/09/08(木) 04:51:30
宮崎監督って毛深い縄文的な顔立ちだな。

47 :天之御名無主:2005/09/12(月) 03:53:43
YATTA YATTA SANKAGA KATTA
YATTA YATTA ROCKEFELLERGA KATTA


48 :天之御名無主:2005/09/12(月) 14:19:49
>>47
田中真紀子が圧勝できなかったのは、いいの?

49 :天之御名無主:2005/09/12(月) 21:32:24
日本を統べるっていう究極の目的があるから、
コントロール効かない真紀子氏、切るのもしょうがないかも
所詮、総理も権力の中枢に入ったサンカ系官僚たちも
裏の権力からすれば、駒なのかな。

関係ないけど、「踊る」シリーズの秋田出身の俳優の役、見てると
あの一族の姿に重なりますね。
「オドル」ってナンカ意味ある言葉だったような…
安いB級雑誌に書いてた

50 :天之御名無主:2005/09/22(木) 03:14:47
どうせまた思い込みを繰り返すだけのオナニースレなんだろ?

51 :天之御名無主:2005/09/23(金) 03:41:42
jijitsuです

52 :天之御名無主:2005/09/25(日) 05:57:30
告白するとオレもいっときサンカに憧れた。
でも今じゃ、江戸末期の流民の末裔+近代の社会脱落組、
と考えてる。
またおなじ縄文系の原住民でも
エミシ(エンチュ、エゾ)はアイヌ人、東日本人の先祖だが
隼人とは微妙に系統が違うと思う。
むしろ近畿の山岳部、境界領域に住む「中頭人集団」が
蝦夷の末裔かもしんない。
ちょっと菊池説はいってるけど。

53 :天之御名無主:2005/10/03(月) 20:16:57
蝦夷ってのは見た目カープの栗原みたいな感じかな?

54 :天之御名無主:2005/10/07(金) 12:24:45

蝦夷や隼人は、大昔から日本に住んでいた民族(部族)の名称です。

それに対してサンカとは職業をさす言葉でして、次元の違う問題です。

サンカと言うより、箕つくり、川漁師と言った方が分かりやすいでしょう。

55 :天之御名無主:2005/10/07(金) 16:25:50
ハヤトは倭人伝の入れ墨したイジャ国とかの倭人だよ。
後に畿内の人が風土記で五島列島人がハヤトに近いと言っているが
実はちょっと前は博多のほうもハヤトだった。
宇佐のハヤトも渡来系か畿内系に征伐された。
つまり倭人と畿内の人は言葉や文化がまた違うって事。

56 :天之御名無主:2005/10/07(金) 16:27:45
なぜ日本は欧米と何もかもが違うか、、
日本人は欧米のマネをしているのにどうみても欧米の真逆
日本は欧米の正反対なんだ!
なぜそうみえるのか?俺は分かった。
欧米は動的かつ変化が激しい。
東洋、異に日本は静的かつ定型的。
ロック、ポップ、ベリーダンスと
能面、盆踊り文化の違いではないか?
日本はその顔の違いもさることながら雰囲気が
コーカソイドと全くまるで違う
能面のような塗り壁顔が丸暗記して同じ動作をするのが日本の真骨頂。
まさにこれこそが欧米の正反対極東日本の正体だと思う。
だから欧米のマネしても全然違う。
西アジアやポリネシア人は欧米人に極めて近い

57 :天之御名無主:2005/10/07(金) 16:42:16
愛知、三重、静岡、千葉、長野、福岡、大阪
各県人の祖先はアラブ拝火教徒である

58 :天之御名無主:2005/10/08(土) 00:58:24
なんだかキチガイばっかりだな

59 :天之御名無主:2005/10/09(日) 16:19:13
>>41
>アイヌ=蝦夷ではないと思う...
とりわけ東北地方に濃く残るペチ、ナイなどのアイヌ語由来の自然地形語から、
普通に考えれば、少なくとも現在の東北地域の先住民はアイヌと同族だよ。

60 :天之御名無主:2005/10/13(木) 02:05:52
>>5
亀でスマンが、もののけ姫の舞台って島根のタタラ場なんだろ。石見銀山とかの。
アシタカという名前は、下北に実在したアイヌの酋長の名前からとったのかもな。
蝦夷は出雲族だったという説もあり、宮崎はそれを意識したのかもしれない。


61 :天之御名無主:2005/10/15(土) 01:18:23
山窩が被差別民といわれてもピンとこないな、三重には定住した山窩の部落が
あるそうだけど。


62 :天之御名無主:2005/10/15(土) 01:41:40
アイヌと山窩は違うと思う、山窩は文字を持ってたらしいから。

63 :天之御名無主:2005/10/15(土) 05:18:08
>>60
意識というより、映画のパンフには
蝦夷と倭人の戦いの話と明記してありました。
かれこれ10年ぐらい前の話ですが、興味あったので
はっきり憶えてます。

64 :天之御名無主:2005/10/15(土) 16:44:54
エミシもハヤトも、縄文時代から日本仁に住んでいたという意味では同じだな。

65 :天之御名無主:2005/10/15(土) 17:04:17
ハヤトは呉越系という説だってあるぞ、倭人伝みると
博多の倭人が南から来ました的なことを言ってるし
関東東北のエミシだってそうさ、弥生時代中期には
朝鮮の埋葬文化を受け継いだ人出雲族が移り住んでいるわけだし。

66 :天之御名無主:2005/10/16(日) 03:33:35
まぁ博多の倭人が北から来るとは思えんがな

67 :天之御名無主:2005/11/14(月) 17:59:03
蜂蜜を輸入しているんだけれど、
めちゃくちゃ関税が高いんだよね<あと革製品。

革製品はおそらく部落対策なのかな?と思うんだけれど
蜂蜜は山窩対策だと思ったんだが、違うのかね?

68 :天之御名無主:2005/11/14(月) 22:22:38
「民族」ってのは「人種」の区別ではなく、「文化」の区別。
こういうスレって、そこがごっちゃに語られがちだよね。

69 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :2005/12/14(水) 23:18:24 ?##
     //
   _//
/ ||_ノ          __________________
\/// ̄\      /
 |> <_> \     | 我々の要求は、沖縄県における最大規模の大図書館の建設だ。
 く\___|    <
 |∇     \   | 明日宮内庁を爆破する。
  \__/       \
    |≧||≦ ̄|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

天皇制と文明論 〜恐るべき国民統制のカラクリ〜
天皇制の実質的な地位は、明治政府の意図した絶対的権力に基づく国家思想そのもので
あり、社会整備や、教育現場における最高権力であった。しかしながら、その時代背景
には、権力者が独占的に政治と資本を支配し、その結果、国民の無権利や、不平等格差
が非難され、政治家への暴行、及び暗殺事件が多発していたことからも示されるように、
天皇制絶対主義という位置づけがなされたのである。
さらに、日本が軍事国家として巨大化していくうちに、天皇制絶対主義はこれとは違うもう
ひとつの様相を有してきた。それが世界でも有名な、植民地支配の象徴である。日本国民
はそれまでの不平等格差を政治家や天皇に向けるのではなく、侵略することによって解消
し、それこそ子供だけでなく大人までもが、天皇制の意義を見出すようになったのである。
世紀の大混乱の中で支持された天皇制絶対主義とその思想文学は、現代においても侵略的
意義(琉球民族とアイヌ民族の国家的侵略)の組み込まれた大和民族のアイデンティティー
そのものであり、他民族圧殺という民主主義プロパガンダを脈々と流しつづけているのである。

70 :天之御名無主:2006/01/28(土) 16:48:05
家の近くにサンカの末裔と
思われる人がいます
ネタじゃないです。


71 :天之御名無主:2006/01/28(土) 17:43:47
>>70
すこしは、それらしい証拠をしめせ

72 :天之御名無主:2006/02/25(土) 07:49:05
恣意

73 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:24:42
ほしゅ

74 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:46:38
山窩について分かっている事

・独自の言葉(サンカ語)を使用 →全国共通らしいwというよりも山言葉?
・サンカ文字の使用 →こちらも全国共通らしいw
・狩猟生活を主としていた →これははっきりしない。色々やっていたらしいから。
・大和朝廷に追われて山に逃げた住人説 →これはない。小野宮からの山に入る許可状(代々受け継ぐ秘伝)がないと入れない事になってるからまずない。
・もともと日本列島にいた原住民説 →大いに有り得る。
・サンカ自体が存在しなかった説 →サンカと呼ばれてる人々はサンカと呼ばれてると認識してない。


75 :天之御名無主:2006/03/28(火) 07:07:58
サンカはやっぱ、江戸末期以降のアウトロー、社会のドロップアウト組でしょう。
蝦夷も隼人も縄文人の子孫。

エミシはアイヌかなんて本末転倒議論が今でものこってる。
東日本の縄文人が「エミシ」と称され、その南半分がじょじょにヤマト文化を受け入れて関東・東北人に
なった。いっぽうヤマト文化受け入れを極力拒否、独自文化を生み出したのが
アイヌの人たちでしょうが。


76 :天之御名無主:2006/03/28(火) 18:10:26
かなり濃厚な、サンカ論争してるページです。一度、覗いて下さい。

私はサンカ?二つ目の疑問
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1143336808/l50



77 :天之御名無主:2006/03/28(火) 19:25:57
つか

全て離れない?

78 :天之御名無主:2006/03/32(土) 17:41:53
東日本系縄文人→エミシ→独自文化→アイヌ民族
          L→和人化→東日本人

近畿・西日本弥生人→和人→近畿地方人

西南日本人→隼人・熊襲→和人化→西南日本人
     L→→独自文化→琉球人

サンカは近世の流民。
ただ近世以前の狩人、山の民、まつろわぬ者には、
縄文系原住民の血が色濃く流れていよう。


79 :天之御名無主:2006/04/02(日) 01:08:12
つまり今でも謎なんだね

80 :天之御名無主:2006/04/12(水) 17:52:17
謎だ謎だと騒いでるのは一部の物書きライター。
それでメシ食ってるからな。


81 :天之御名無主:2006/06/08(木) 17:21:06
上げ

82 :天之御名無主:2006/06/09(金) 09:46:42
現代に続く山窩を考えよう!!
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/out/1077625078/

83 :天之御名無主:2006/07/23(日) 22:59:03
山窩はツチグモとも同じ意味だろう。



84 :天之御名無主:2006/07/31(月) 22:45:35
さて

85 :天之御名無主:2006/08/01(火) 00:21:15
   >>83                 r "
   このバカ消えろ!?         \    _
                    r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                 .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                  /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
                ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛  =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: :


86 :天之御名無主:2006/08/01(火) 00:26:12
近畿人?

また新な雑言がでたぞ!

87 :天之御名無主:2006/08/02(水) 23:33:17
山窩は一言主神の系列とじいちゃんに聞いた。奈良在住より

88 :天之御名無主:2006/08/31(木) 09:02:22
エミシはアイヌ語の刀で後の武士です

武士の系図が全て天皇家に繋げてあるのは出自を隠す為です

89 :天之御名無主:2006/10/22(日) 23:17:26
>>88
確かに全ての武家は源氏と平氏がルーツだよなw


90 :天之御名無主:2006/10/24(火) 01:58:09
そしてそのルーツを今現在継承しているのが政治家だよね
もちろん今は参政権のある人が政治家になるチャンスは有るわけだが
系図を持っている政治家はやはり大物になっている
そこでその系図をもしすべて検証出来るなら
逆に出自を隠している者をピックアップ出来るはず
さらに余り意味のない偽造された系図など排除し
さらに絞りこんだ結果を出せればきっと何かが分かるはず
もちろんそんなことなど無理であるが。
が、それが可能な人物もいるはずである
とどのつまりはタブーが存在すること自体が

91 :天之御名無主:2006/11/04(土) 00:22:12
報道ワイド日本 −11月1日号 (3) / 4
★平成18年11月1日 初回放送★
キャスター:高森明勅・児玉千洋
◆ゲストコーナー
ゲスト:筒井功(民俗研究家)
箕作り、竹細工、川魚漁、遊芸を生業とし、定住せずに山野を
渡り歩いていたと言われる幻の漂泊民「サンカ」。その実態は
謎につつまれ、独自の文字や言葉を使う“日本人と異なる
系譜を持つ人々”としても語られてきた。しかし、それらの多くが
虚像であることが、次第に明らかになってきている。
まことしやかに伝えられる「サンカ」像を創り上げた三角寛の虚説を
綿密なフィールドワークによって覆した筒井功氏をお迎えし、
著書『サンカの真実 三角寛の虚構』をご紹介しながら、
「サンカ」の歴史や実像についてお話を伺います。
http://bb.ch-sakura.jp/search.php?s%5Bgenre%5D=34

92 :天之御名無主:2006/11/11(土) 13:45:42
デブ 習慣あさ 出版お断り イチャモン専門 熊LF出入禁止 トンでも本 ピカ禿げ 盗作男 きらわれモン インチキ派下 

93 :天之御名無主:2006/11/11(土) 14:47:50
筒井(似非民俗研究家)の本、デタラメ本。偽サンカの取材、人のパクリしかしてない、似非サンカだった。嘘八百のひどいサンカ内容、滅書本だ金返せ〜〜〜

94 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:05:38
嘘八百でないサンカ本があるとでも言いたそうだなw

95 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:16:53
>>94 は「サンカを学問的にまなぶ(アラシ厳禁)」
  スレから、余りに低脳wwww アラシでしたのでwwww

俺が追い出したwwww きらわれバカモンwww アラシだwwwwス

>>94 に 絶対www相手しないで下さwwww コヤツは脳無のアラシwwwwス

96 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:27:04
なんかかわいそうな人がいますね。

97 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:38:13
↑96のこと?
 「デブ 習慣あさ 出版お断り イチャモン専門 熊LF出入禁止 
    トンでも本 ピカ禿げ 盗作男 きらわれモン インチキ派下」って 

98 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:43:23
>>94=>>96

99 :天之御名無主:2006/11/11(土) 18:03:30
蝦夷→俘囚=朝廷に属さない東北原住民の蔑称→朝廷に服属した後は俘囚と呼ばれた。
熊襲→隼人=朝廷に属さない南九州原住民の蔑称→朝廷に服属した後は隼人と呼ばれた。

100 :天之御名無主:2006/11/11(土) 18:39:57
            ∩_ 
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ < 面白い ! 100ゲット!
 彡、   |∪|  /  
/ __  ヽノ /
(___)   /


101 :天之御名無主:2006/11/12(日) 15:47:15
サンカのカキコはサア オカルト板へ行こwwwww
  こっちですwwwww
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1157719949/l50



102 :河童の三平:2006/11/15(水) 23:48:57
>>99
8世紀当時は鈴鹿山脈以東は未開で古事記にも東日本のことは
あまり出てこないんだよね。
どういうことかというと、西日本は大陸人(いわゆる弥生人系)の開発が
早くから進んだので、「熊襲」はほぼ7世紀頃までに駆逐され、そのころの
弥生人の武勇伝が古事記なんかにさかんに記録されたわけだ。
しかし、東日本は上記のごとく8世紀はおろか10世紀ころになっても
まだまだ未開地ばかりだったので縄文人の駆逐が遅れ、弥生人の進出が出来
なかったので、古事記などの記録には東日本はあまり登場しない。
古事記に東日本があまり出てこないからといって、東日本に人が住んで無かった
わけではなく、多数の縄文人の天国だったからです。
従って、「蝦夷」というのは当時(14世紀以前)は東北に限定されていたの
ではなく、中部山岳を挟んで東日本全域が蝦夷だったという事実を隠しては
いけません。

103 :天之御名無主:2006/11/16(木) 00:51:25
>>102
>8世紀当時は鈴鹿山脈以東は未開

それは言いすぎw
埼玉県の稲荷山古墳から発見された「金錯銘鉄剣」が、
471年に雄略天皇が被葬者に与えた物であったことから
5世紀には既に関東も大和朝廷の支配下にあったことが考古学的に証明されている。

>古事記にも東日本のことはあまり出てこない

確かに『古事記』に東日本の記述は少ないが、『日本書紀』の方はそうでもない。
658年には「「齶田(秋田)」「渡島(北海道)」の記述が、659年には「都加留(津軽)」の記述がある。
これらの記述から7世紀には、大和朝廷が、現在の東北、北海道についての正確な地理を理解していたのは確かなことだ。

104 :河童の三平:2006/11/16(木) 01:57:52
>>103
>471年に雄略天皇が被葬者に与えた物であったことから
>5世紀には既に関東も大和朝廷の支配下にあったことが考古学的に証明されている。

もちろん、東日本にもBC.3世紀頃から平野部の一部において弥生人が居住していた
場所があったのは事実。
特に日本海側平野部には古くから大陸から漂着民が辿り着いたことは創造に難くない。
しかし、遺跡を見ると貧弱なんだよね。西日本の比じゃない。
5世紀、関東の平野部が大和朝廷の政治支配下にあったことは間違いないだろう。
しかしそれは、平野部の一部で稲作農耕生活をする人達を対象にしていたはずで、東日本に広域に居住
してた山民(縄文系)は10世紀頃になっても多数派だったはず。

>658年には「「齶田(秋田)」「渡島(北海道)」の記述が、659年には「都加留(津軽)」の記述がある。
>これらの記述から7世紀には、大和朝廷が、現在の東北、北海道についての正確な地理を理解していたのは確かなことだ。

政治支配層(大陸系)が東日本の地理で理解していたのは、一部の稲作地に開拓された場所であり、東日本全体に広がる山塊
密林地帯や海岸地帯などの蝦夷の縄文系が圧倒的多数派であったことは間違いない。


105 :天之御名無主:2006/11/16(木) 11:52:38
住民全部が把握されていたわけではない、という話から
「圧倒的多数派」という結論にまで飛躍できるおめでたい
思考回路に乾杯。

106 :天之御名無主:2006/11/21(火) 01:05:31
>>105

君、君ルール違反だよ。


107 :天之御名無主:2006/11/21(火) 01:14:08
蝦夷が暴れまくっていたのって東北地方一帯だべ

108 :天之御名無主:2006/11/21(火) 04:07:29
>山窩、蝦夷(エミシ)、隼人は同一民族ではないか?

違うと思われる。
例えば蝦夷についてだが…
蝦夷は時代により書き方が「毛人」→「蝦夷」、読み方が“エミシ”→“エゾ”と変化している。
“エミシ”とは大和朝廷にとって服属しない東方の異民族の総称であり、また書き方、読み方の変化は、その指している民族の変化だと考えられるからである。

古墳時代は「毛人」(エミシ)=関東の民、朝廷服属後には「東夷」(アズマエビス)と蔑称された。毛野国(群馬・栃木県)の名はコレに由来する?(あるいは逆の可能性もある)
飛鳥〜平安は「蝦夷」(エミシ)=東北の民、朝廷服属後には「俘囚」(フシュウ)と蔑称された。奥州藤原氏は俘囚上頭を名乗っている。
鎌倉時代以降、関東、東北の民は完全に同化し、蔑称を使うことは少なくなった。(近畿の人が関東の人を“アズマエビス”と蔑むことあったが…)そして「蝦夷」(エゾ)はアイヌ民族を指すようになった。

109 :天之御名無主:2006/11/26(日) 21:56:55
へぇ

110 :天之御名無主:2006/12/03(日) 22:57:35
ほぉ

111 :天之御名無主:2006/12/03(日) 23:54:22
違います。

蝦夷・隼人は平安以前の文献に遡れるが、山窩はせいぜい明治初期。
比較の対象にもならない。

112 :天之御名無主:2006/12/04(月) 02:47:02
蝦夷 東北が主体たからな

113 :天之御名無主:2006/12/04(月) 07:55:22
東北は日本のウェールズですね

114 :天之御名無主:2006/12/04(月) 12:20:45
>>111 「山窩はせいぜい明治初期」???? その根拠ってあるwww??????

115 :天之御名無主:2006/12/04(月) 21:37:31
いや、江戸末期まで遡れるよ。

116 :天之御名無主:2006/12/11(月) 19:29:33
ちとスレタイから外れるが『土蜘蛛』は、当時まだ縄文生活を営んでいた蛮族の事なのかな?

117 :天之御名無主:2006/12/11(月) 20:58:24
縄文生活かどうかはわからんが、朝廷側から見れば異なる文化風習信仰を持つ人々のこと
じゃないかな。で、朝廷に従わないので蔑んだ名前で呼ばれていたと。

118 :天之御名無主:2006/12/11(月) 22:36:20
時代背景は違うけど、東宝映画「日本誕生」面白いよ。いろんな風俗の部族が古代にはあったんだなと

119 :天之御名無主:2006/12/12(火) 03:31:49
>>117 レスありがとです。

ある本で土蜘蛛について、「朝廷にまつろわず、手足が異常に長く、洞穴に住んでいたという」と書かれていたので。


洞穴に住んでいて『手足が長い』=大串貝塚などで知られる『手長神』=縄文系またはそれに近い蛮族?とも考えられるかなぁと思ったので。

120 :天之御名無主:2006/12/12(火) 10:49:04
「以上に長い」つったって、現代人と変わらんかもよ。昔の人は小柄だからな

121 :天之御名無主:2006/12/12(火) 11:14:42
鳥居龍造の日本人の起源に関する書籍を読むと、記紀に書かれた
蛮族などと言われた諸民族の事が少し分かると思う。

現代人といえども、沖縄、九州、東北、北海道、その他の地域出身者とはでは
明らかに体格や顔つきが違う。


32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)