2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■愛国心(敵国心)教育は、憲法違反だ!

1 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 13:14:43 ID:+YBeoE3i
■愛国心(敵国心)教育は、憲法違反だ!

日本国憲法 第23条【学問の自由】により、国家は、学問の自由を保障するため、
場と機会の提供を行うのみに限定し、学問の場は、決して国家権力統制に利用し
てはならない。

【学問の自由】の【自由】とは、各種価値観や思想を偏りなく受ける権利である。
しかし、これから権力者官僚が行おうとしている特定の国家指定の愛国心教育=
特定宗教は、【学問の自由】を制約、限定され、【学問の自由】を否定するもの。
よって、【学問の自由】を、より具現化するため、以下のような【改正案】を問
題提議する。

日本国憲法 第23条【学問の自由】
【原文】
学問の自由は,これを保障する。
【改正案】
学問の自由は,これを保障し、学問の場は、決して国家権力統制に利用してはならない。

2 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 13:16:36 ID:+YBeoE3i
敵国心、敵国者は辞書にはなく、私の造語です。

敵国者 のGoogle 検索結果 9 件
敵国心 のGoogle 検索結果 40 件

そのうち私自身の発言も含まれているのですが、ほとんど使われていません。
敵国心については、普及させたいと思うのですが、
私が示す敵国心、敵国者を言い換えると、どういう言葉がいいのでしょうか?
国粋主義とは、愛国心も敵国心も含まれているので、
愛国心と呼応する敵国心的なものではないなと思うのですが、
どうなんでしょう?とりあえず、適する用語が出てくるまでは、
私の造語【敵国心】を、愛国心と呼応する用語とします。

御指摘のあった敵国者については、意味が違ってくるので、
愛国者と呼応する【敵国心を持つ者】を示す用語が出てくるまでは、
私の造語【排他者】を、愛国者と呼応する用語とします。
愛国主義=排他主義 愛国心=敵国心、排他心 愛国者=排他者、敵対国心

「国に敵する」心 ですね。【敵する】
(1)敵対する。対抗する。はりあう。てむかう。
(2)つりあう。匹敵する。国語大辞典(新装版)小学館 1988
「国に敵する」心 → 「他国に敵対する」心
〜〜に敵対する の検索結果のうち 日本語のページ 約 121,000 件
〜〜を敵対する の検索結果のうち 日本語のページ 約 672 件
〜〜に敵する の検索結果のうち 日本語のページ 約 479 件
〜〜を敵する の検索結果のうち 日本語のページ 約 11 件
敵対心=敵愾心 → 敵国心=他国に敵対する心
敵対心、敵愾心だと、何に対する敵対心、敵愾心なのかが分からない。


3 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 13:17:07 ID:+YBeoE3i
■言葉の定義

■第一種普遍的ルール
時代、国家、地域に限らず、法律(ルール)が無くとも、
人類として必ず守らなければならない倫理、普遍的なもの。
【例】殺人、強盗、強姦、傷害、詐欺など人の権利を奪うもの。平和。
■第二種可変的ルール
時代、国家、地域により、体制や思想、権力者の都合により変えられるもの。
【例】慣習、常識、伝統、宗教、憲法、法律、行政レベルの施行令、命令等
■【愛国心A】官僚や、その犬、自民党が推し進める愛国心
保守、懐古的愛国心【間違っている】
過去を美化し、今後も変えず継承していきたい。
世界より国内を優先。自己中心的発想による自国だけの平和を担保する。
保故回帰(私の造語)  昔のことを研究せず、美化歪曲し、
常に体制を維持し、あるいは歴史回帰を目論む。
■【愛国心B】=【愛世界心】
未来、創造的愛国心【本来の愛国心】
過去を客観的に見て、改善できることは改善する。
国内【だけ】より【国内を含む世界】を優先。
国際協調、世界平和によって、国の平和を担保する。
温故知新  昔のことを研究して、取捨選択し、
そこから新しい知識や道理を見つけ出すこと。
■【伝統A】【間違っている】
悪い過去の事実をも【伝統】と表現、美化。
■【伝統B】【本来の伝統】
未来に利用、応用できるもののみ【伝統】とし、新しい【伝統】を創る。
■【日本人A】今の多くの日本人
他国を蔑視し、在日や部落を差別する愛国者日本人
■【日本人B】目指すべき日本人
他国と協調し、自国内においても差別意識のない国際的日本人


4 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 13:17:39 ID:+YBeoE3i
■言葉を定義する理由

明文化してないからといって慣習を示すものではありません。
国旗国歌法が変われば変わりますし、人類にとって必ずしも必要なもの
でもありません。

第一種ルールとは、地球に国家が出来る以前の、人類が存在してから
即日発生する権利のことを示しております。

なぜ私がわざわざこのように独自に分類をしているのかというと、
世の中のルールには、時代、国家、地域に限らず、明文化した法律等
が無くとも、人類として必ず守らなければならない倫理、普遍的なもの
かどうかで線引きしていて、普遍的なものを第一種、そうでないものを
第二種と定義したのです。
国内の法令等は、憲法、法律、命令に限らず、第一種ルールと第二種
ルールが混在しております。

要するに、このスレでは、第一種ルールと第二種ルールを同列に
語ってほしくないからこのように定義しました。
【独りよがりの定義】ではなく、そういった定義がないから、
わざわざ私が議論の便宜上、定義しているのです。
その定義ぐらいは分かると思います。


5 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 13:18:47 ID:+YBeoE3i
家族とは固定されたものではないでしょう。
家族がいない方や、家族を新たに形成する方、
家族を変える方・・・家族とは可変的です。

自分の属していた家族に対する批判内容によるでしょう。
いくら他者の振る舞いにより、家族を批判されたとしても、
【愛家族心A】がなければ、腹も立たない。
冷静にその批判内容をキャッチできるし、冷静に中立的な意見も出来る。

自分の家族も間違いを起こす可能性があるということです。
それを冷静に判断できるのかどうか。

民族グループ、思想集団、宗教等そういった固定されたグループ【族】に対し、
愛国心的愛族心があると、必ず敵国心的敵対心が生まれると思います。

【間違い】
●敵国心から愛国心が生まれる
【正解】
●愛国心から敵国心が生まれる。
【理由】
突然、敵国心が降って沸いてこない。
【結論】
愛国心は持っている者もいるし、
官僚の教育による洗脳された愛国者も
これからどんどん増殖される。

突然、敵国心が降って沸いてこないでしょ?
官僚やマスコミ等により、そういった意図的に敵国心が芽生え、
愛国心にも繋がるが、繋がる理由は、潜在的には愛国心がある
からそうなる。基本的には、愛国心から敵国心が生まれる。


6 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 13:19:19 ID:+YBeoE3i
「愛国心」+「α」 → 「敵国心」
もちろん「α」が無ければ「敵国心」は発生しませんが、
貴方が「愛国心」を持つと、必ず「α」を防ぎ、
「敵国心」を持たない自信はありますか?
もし貴方には自信があっても、国民全員、必ず「α」を防ぎ、
「敵国心」を持たないと確信ありますか?
その確信が無ければ、「愛国心」教育導入は阻止しなければなりません。

なぜ【他人を大切に】ということを教えないことを疑問視しないのでしょうか。
やはり、権力者官僚は、以下の流れを作る目論見があると思います。
愛国心 → 敵国心 → 他国挑発 → 国防義務 → 戦争
自分を大切にしなさい。という自己愛など教育する必要がありません。

教え方に問題、ではなく、きっちりと、
「我が国(天皇)と郷土(領土)を愛する(守る)」【間違っている】はやめて、
「地球と平和を愛する」【本来の必要な教育】にシフトしなければ、
とんでもなことになります。

自己愛など教育する必要はなく、他人の大切なものを壊さないようにしよう。
自己愛は控えて、差別はやめようと、きっちりと明文化するべきです。

郷土愛なんて、押し売りであり、いらない人にはいらないでしょう、
権力者官僚が、いらない者に押し付ける
押し売りを教育の場でやろうというものです。
思っちゃまずいではなく、思いたい人は思えばいいし、
思う必要のない人は思わなくていいと思います。

どこの地域にも無関心な方(【愛国心A】を持たない方)よりも、
【愛国心A】を持つ方の方が、他国を蔑視、嫌う可能性は高いと言えます。


7 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 13:20:38 ID:+YBeoE3i
■愛国心の是非を問う世論調査について

まだ、国家指定愛国心が定まっていない段階で、賛否を問うことは
非常にナンセンスだと思います。

プロ野球に例えると、本来は巨人が好きか?と問わなければ
ならないのに、プロ野球が好きか?と尋ねていることと一緒。
中には阪神が好きな人もいるわけです。

本当に、本気で官僚が、愛国心教育の是非を問いたいのなら、
民主導で、以下のような選択肢を設け、行政が我々に選択権を与える
ような裏方に徹すればよい。
それが本来の行政のお仕事。
行政は口出しをしてはならない。

■選択肢の議論 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢の公募 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢決定 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢 ※官僚は事務処理だけ
(1)【愛国心A】
(2)【愛国心B】=【愛世界心】
(3)愛国心は不要。
(4)官僚に一任する。
(5)もっと考えさせてくれ。
(6)今、決めなくて良い。
■国民投票 ※官僚は事務処理だけ


8 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 13:38:02 ID:+YBeoE3i
本来の民主主義とは、主権在民、人権、完全な三権分立といった環境が
整って初めて成立する。

> >殺人、強盗、強姦、傷害、詐欺など人の権利を奪うもの。平和。
> 今現在の日本の教育では最優先で教えている倫理だと思うが?

真剣に取り組んでいるとは思えない。
しかし、相反する特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教を強要するこ
とで、そういった教えが消されてしまう。

> つまり、「日本は民主制ではない」と言うんだね?

そう、日本は官僚制、天皇制、君主制。

> 民主主義の成り立ちや仕組みについて、社会科等のテスト問題になったことが
> 問題視されたなんて話は聞いたことが無い。
> でもって、その問題を不正解したやつが思想教育を施されたなんつー話も無いし。
> 民主主義に関した「知識」の教育は「強制的」が当たり前で、かつ、その「理解度」の
> 測定は当たり前なのに、愛国心に関する「知識」の教育はタブーで、その「理解度」の
> 測定は厳禁っちゅーのは変じゃね?

愛国心とは本来多種多様なもの。
しかし、特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教を強要することは、
憲法違反。


9 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 14:12:04 ID:+YBeoE3i
> じゃ、聞くが、反日思想の押しつけはタブーではないのか?
> そして、教師が今なお、その思想を植え付けようとしていることにコメントを頂きたいな。

行き過ぎた日教組の反日教育は問題だが、これからの右翼保守思想=特定の国家指定
の愛国心教育=特定宗教は、もっと問題。

少なくとも戦後60年は、戦争をしていない。
しかし、右翼保守思想は、戦争の出来る国へとシフトしようとするもの。

日教組以外の我々も巻き込み、国家権力により、一律に君が代強要、愛国心強要
を推し進めることは問題。日教組が問題なら、国家権力者は、彼らと言論を持っ
て協議していただきたい。教育現場を巻き込み、保身のため、利権を守るために、
君が代強要を推し進める国家権力者は問題。

問題は、日本の右翼が、自分の思想以外をすべて左翼だと勝手に定義づけ、今の
日本の帝国、官僚主義に異議を唱えるだけで左翼あつかいし、思考を停止させて
しまうこと。

日教組と右翼が場外で乱闘すればいい。(言論でね)
教育という現場に持ち込むなよ。子供たちが迷惑だ。


10 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 16:16:49 ID:+YBeoE3i
> 愛国心持てというのは、キリスト教を信じろ(それ以外は許さん)と
> 言ってるのと同じだ。思想統制なんて前時代的なこと、どこのバカが
> 言い出したんだ。最近日本がまた暴走を始めたな。いい国だったのに・・・。

おっしゃるとおりです。
【思想統制】=右翼保守思想=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教

11 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 16:42:48 ID:yoQT6SGU
>【思想統制】=右翼保守思想=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教

「特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教 」

すなわち「愛国心=特定宗教信仰」、よって「国=宗教」…@

ここで憲法第20条「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」

よって「国≠宗教」…A

@、Aは矛盾するから、命題「【思想統制】=右翼保守思想=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教」

は虚偽である。  終






12 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 17:01:47 ID:+YBeoE3i
> >> 愛国で幸福への切符を手にすることができる。
> >なぜ?
> 事実だからです。

だからなぜ事実なんですか?と尋ねている。

> >> 愛国から戦争へ向かうことなどできない。
> >なぜ?
> 愛国から戦争につながるレールはありませんから。

日の丸、君が代、愛国心=敵国心→戦争
を覆す意見が未だにないのは、ほぼ妥当と考えていいでしょう。

愛国心(戦争)と平和は、相反するものであり、
けっして両立できないものです。

> >> 特定アジアではどうだか知らないが、
> >じゃあ、特定アジアと同じ愛国心だとわかったら、君はそうどする?
> 「愛国で幸福への切符を手にすることができる。」
> これが、特定アジアでも常識だとしたら素晴らしいことだと思いますよ。

じゃあ、特定アジアで暮らせばいいと思います。
日本を、特定アジア化することには反対です。

> >> 日本では常識です。
> >その常識とは?
> だから「愛国で幸福への切符を手にすることができる。」ですよ。

戦後60年は不幸であり、戦争を繰り返していた大日本敵国の時代は、
幸福だったのですか?


13 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 17:02:52 ID:V8UzKuqc
>>2-6が読みにくい

14 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 17:11:22 ID:+YBeoE3i
>>11
> >【思想統制】=右翼保守思想=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教
> 「特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教 」
> すなわち「愛国心=特定宗教信仰」、よって「国=宗教」…@

愛国心とは本来多種多様なもの。
しかし、特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教を強要することは憲法違反。
よって、「愛国心=特定宗教信仰」は成立しない。
よって、「国=宗教」ではない。


15 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 17:12:08 ID:+YBeoE3i
>>13
> >>2-6が読みにくい

どこがどう読みにくいのかを具体的に。

16 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 17:15:30 ID:yoQT6SGU
>>14

>特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教を強要することは憲法違反。

あなたが>>10で言い出したのでは?

17 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 17:19:57 ID:+YBeoE3i
>>16
【思想統制】=右翼保守思想=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反

18 :誘導:2006/05/28(日) 17:21:39 ID:4VW+Dsdv
ここは法学,その他大学法学部で研究されている学問分野の話題について学術的に議論する板です。
よって、法律や政治が絡めば許容されるわけではありません。

以下のものはここでは禁止です。【全掲示板&案内http://info.2ch.net/guide/map.html】から他の適切な板を選択して御利用ください。

政治談義等学問的アプローチを伴わない議論
立法議論や政治に対する要望などは【政治板http://money4.2ch.net/seiji/】をご利用ください。
イデオロギー(右翼・左翼、天皇制論、戦争責任問題等)に関する話題は【政治思想板http://tmp6.2ch.net/sisou/】へどうぞ。思想議論を意図したスレも同様です。
自分の意見、主義、主張、提言などや個人的な主義主張の扇動でのスレ立て



19 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 17:23:41 ID:yoQT6SGU
>>17
全てイコールで結ばれているという事は右翼思想も宗教も憲法違反ですか。
しかし憲法第19条で思想の自由が認められているとなれば論理が破綻しますよ。

20 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 17:27:39 ID:V8UzKuqc
>>15
敵国心が唐突に出てくるようなのが読みにくいんだけど、
意味が読み取れないほどじゃないな。
>>2の文中に「御指摘のあった」と書かれてるってことは、
以前にも同じようなスレがあって、そこでの話題を引き継いでるってこと?

あと教育基本法改正案の、いわゆる愛国心についての条文の中には
他国を尊重することも書いてあったような気がするけど。

21 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 17:45:05 ID:+YBeoE3i
>>19
> >>17
> 全てイコールで結ばれているという事は右翼思想も宗教も憲法違反ですか。

スレタイをお読みください。
教育の話です。

【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反

> しかし憲法第19条で思想の自由が認められているとなれば論理が破綻しますよ。

個人的な右翼思想や宗教は、自由です。


22 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 17:49:12 ID:+YBeoE3i
>>20
> >>2の文中に「御指摘のあった」と書かれてるってことは、
> 以前にも同じようなスレがあって、そこでの話題を引き継いでるってこと?

そうです。

> あと教育基本法改正案の、いわゆる愛国心についての条文の中には
> 他国を尊重することも書いてあったような気がするけど。

騙されてはいけない。
他国を尊重する、と書いているのは、特定の国家指定の愛国心教育を
強要するためのカモフラージュ。

他国を尊重するためには、愛国心ではなく、愛世界心が必要。
愛国心では、他国を尊重することは不可能であり、矛盾する。


23 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 17:49:44 ID:yoQT6SGU
>>21
【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育

↑しなーっと変えてるのなwww


24 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 17:53:26 ID:YjwDMBgL
カモフラージュなどと言っていたら、
全ての考えは成り立たない。


25 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 17:56:46 ID:yoQT6SGU
やっぱ板違いだな。>>1は共産党板なり政治思想板なり行きなさいよ。

26 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 18:03:28 ID:+YBeoE3i
>>25
憲法問題は、この板が妥当

【憲法】無効論に乗り換えよう【無効確認】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1115205220/
結局日本人民共和国憲法の方がよかったんじゃない?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1095335958/
2ちゃんねらが創る日本国憲法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1100968259/
   憲法訴訟   
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1114513477/
偵察衛星は憲法違反
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1146705060/
憲法も法律もいらない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1147152153/
阪本憲法どうよ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1130943515/
【柿】環境権 改正憲法 在来動植物 【大好き】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1147800603/
世界各国の憲法を比較してみるスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1097043750/
『日本国憲法の問題点』小室直樹
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1102233613/
憲法9条改正・軍隊保持に賛成か反対か
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1095068256/
初心者のための"憲法"勉強会
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1095333977/


27 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 18:09:06 ID:yoQT6SGU
>>26
憲法問題といってもおたくは条文に騙されてはいけないだの、
実は愛国心教育のカモフラージュだの、愛国心では他国を尊重する事は不可能だのと根拠もない事言うだけでしょ。
そういうのは法学じゃなくて思想板でやったほうがいいんじゃないどすか?

28 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 18:23:58 ID:+YBeoE3i
> そんなもん必要ありません。

愛世界心を持つことを、なぜそれほど嫌がるのですか?
何か不都合でも????

> 自国を愛することが出来ずして、なぜ他国を愛することができようか。

それはできます。

憲法は、国に押し付けられてきたのではなく、アメリカの輸入品でしょ?
しかし、日本のよいところは、悪い過去の事実、文化を捨て、
あるいは融合といった形(和洋折衷)で西欧文化を取り入れ、
発展したことですし、国民にとっては好都合な憲法だと言え、
定着していると言えますが、
国家権力者官僚にとっては、九条が目の上のたんこぶなんでしょうな。

■日本のよいところ

間違いは間違いだと、過去を冷静に判断する必要があります。
日本のよいところは、悪い過去の事実、文化を捨て、
あるいは融合といった形(和洋折衷)で西欧文化を取り入れ、発展したことです。
そういった原点に返らなければ、また日本は同じ過ちを繰り返します。

しかし、最近の間違った愛国心により、悪い過去の事実をも【伝統化】
してしまい、発展の足かせになり、また、周辺諸国との外交の障害となっています。
日本国内は右傾化が進んできており、非常に危惧しております。
そして、日本人のアジア諸国に対する差別意識が強まっております。

> 自国を軽蔑し、他国を愛する?それは単なる「売国奴」です。

自国を軽蔑することと、愛国心を特に持たないこととは、イコールではありません。
右翼保守思想により、戦争をまたやろうとする目論見こそ「売国奴」です。
日本の憲法を守らず、改悪することこそ、「売国奴」であり、
我々、日本の憲法を守ろうとする者こそ、真の愛国者です。


29 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 20:24:55 ID:+YBeoE3i
平和だから、がむしゃらに働ける環境があったということ。
平和憲法により、平和が担保されているということ。
それ以前は、国内外問わず、大日本帝国は戦争を繰り返してきた。
突然変異的に、日本人が生まれ変わったわけではない。
平和憲法がなくなれば、右翼保守思想により、また日本は戦争を繰り返すよ。

日本人が、がむしゃらに働いたのは、国家のためではない。
もちろん愛国心でもない。
皆さん自身の生活ため。美化歪曲し過ぎ。
戦後60年、愛国心など無くても、日本人は頑張れた。
何が不満だ?
平和憲法を捨て、愛国心を持つと、これから日本人はどうなると思ってるんだ?
右翼保守思想により、日本は崩壊するよ。

■ポイント
日本の繁栄は、平和憲法保持と愛国心が無かったこと。
日本のこれからの衰退は、平和憲法放棄と愛国心を保有すること。


30 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 20:59:07 ID:+YBeoE3i
北朝鮮問題と「愛国心」
http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/file65.htm
 1994年から2000年までの時期の日本は、いわゆる北朝鮮の「核疑惑」問
題によって大きな影響を受けた。この事実が示すように、日本の平和・安全保障問
題が扱われる際には、北朝鮮問題がしばしば浮上する。その場合の北朝鮮は、常に
例外なく負のイメージをもって語られることになっている。いわく「北朝鮮は脅威
だ」、「北朝鮮は何をするか分からない危険な国だ」等々。こういう議論が保守政
治の日米軍事同盟強化論の有力な材料として用いられるのはもちろんのことである。
さらに反動的な層にかかると、そういう北朝鮮に対して毅然とした「愛国心」を涵
養することが重要だ、という宣伝材料としてまで利用されることになる。そこにあ
るのは、攻撃者・侵略者・加害者としての北朝鮮のイメージであり、これに対して
被攻撃者・被侵略者・被害者としての日本というイメージである。

 しかし、このような議論が如何に荒唐無稽なものであるかについては、かなり善
意の日本人を含め、余り理解が進んでいない。ここには、筆者が常に口にする「天
動説・日本」の影響が大きく働いていることを見ないわけにはいかない。

第二次世界大戦までの日本はまぎれもない侵略国家だった。しかし侵略戦争の加害
責任を認めようとしない戦後保守政治は、「一億総懺悔」論などを持ち出して昭和
天皇以下の戦争責任を曖昧にし、国民の間に被害者意識だけを身につけさせること
に成功した。その国民は、平和憲法の影響もあって、一夜にして恒久的な平和愛好
の民として生まれ変わったがごとき意識を身につけるに至った。このような国民意
識からすると、日本は常に善であり、平和愛好国家である。仮に日本の周りの平和
がかき乱されるようなことがあれば、それは日本のせいではなく、もっぱら悪者で
ある他者の働きによるものであるということになる。


31 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 21:45:16 ID:IqjxMq+k
日本は帝国主義国との戦いに負けただけ。


32 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 22:42:46 ID:OmAAMVmH
1の罪状
其の一 板違い
其の二 学問の自由とは自由に教育を受けることではなく、自由に主体的に学問を研究すること。其の他諸々の解釈の誤りを長々と披露し、私の気分を害したこと。


33 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 23:16:27 ID:+YBeoE3i
>>32
> 其の一 板違い

憲法問題は、この板が妥当>>26

> 其の二 学問の自由とは自由に教育を受けることではなく、
> 自由に主体的に学問を研究すること。

いずれにせよ、これから権力者官僚が行おうとしている特定の国家指定の
愛国心教育=特定宗教教育は、特定といった制約があり、自由に主体的に
学問を研究することの足かせとなる。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
自由のない、制約された特定範囲内の、あらかじめ国家に決められた、
受動的洗脳教育。

多種多様な愛国心教育=多種多様な宗教教育ならば、いくらかその機会は
増えるが、特にそういったものも必要ない。

> 其の他諸々の解釈の誤りを長々と披露し、私の気分を害したこと。

じゃあ、読まなければいい。
読みきれないほど、スレは多数ある。



34 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 23:37:06 ID:+YBeoE3i
【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反
第19条【思想及び良心の自由】
思想及び良心の自由は,これを侵してはならない。

【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反
第20条【信教の自由】
(1)信教の自由は,何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も,
   国から特権を受け,又は政治上の権力を行使してはならない。
(2)何人も,宗教上の行為,祝典,儀式又は行事に参加することを強制されない。
(3)国及びその機関は,宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。


35 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 23:57:06 ID:+YBeoE3i
>ただでさえ小泉純一郎首相の靖国神社参拝をめぐり、アジア各国だけでなく、
>米国ですら批判が起こっている。米下院のヘンリー・ハイド国際関係委員長は
>昨年10月、「靖国神社は、太平洋戦争を生んだ軍国主義の象徴だ」と指摘し
>た。国際社会の大義に逆行する日本の右傾化の歩みは、孤立を自ら招くことと
>なり、国益にも損失となるだろう。将来の世代に歪曲した歴史を教えながら、
>どのようにして「アジアの指導国」として国連安保理の常任理事国になると言
>うのだろうか。
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2006033190278
◆朝日新聞 靖国違憲判決 参拝をやめる潮時だ
◆毎日新聞 靖国参拝訴訟 違憲判断は司法府の警告だ
◆日本経済新聞 重く受け止めたい靖国参拝違憲の判断
◆北海道新聞 靖国違憲判決*首相は重み受け止めよ
◆中日新聞 浮かれる首相に警鐘
◆中国新聞 「靖国」高裁判決 参拝を問う厳しい判断
◆西日本新聞 政教分離原則を重んじよ 靖国違憲判決
◆河北新報 靖国参拝に違憲判断/首相は政治的に問題解決を
◆新潟日報 靖国参拝違憲 首相は判決を直視せよ
◆北日本新聞 靖国参拝訴訟/合憲判断は一例もない
◆信濃毎日新聞社 靖国判決 参拝は やはり中止を
◆神戸新聞 靖国参拝判決/高裁の「違憲」判断は重い
◆山陽新聞 靖国参拝判決 違憲は首相への重い問い
◆徳島新聞 靖国参拝違憲判決   首相は重く受け止めよ
◆宮崎日日新聞 首相靖国参拝は違憲 大戦の国家的総括が急がれる
◆南日本新聞 【靖国違憲判決】政教分離原則を尊重し慎重な判断を
◆琉球新報 首相の靖国参拝違憲・判決重く受け止めるべきだ
◆沖縄タイムス [靖国参拝訴訟]政教分離の原則を守れ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓何だこれは?↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
◆読売新聞 [靖国参拝判決]「きわめて疑問の多い『違憲』判断」
◆産経新聞 靖国訴訟 ねじれ判決に拘束力なし
http://www.geocities.jp/social792/yasukuni/051001syasetu.html


36 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/28(日) 23:57:37 ID:+YBeoE3i
>>35を参考にすると、以下のような結果が想定される。

◆朝日新聞 愛国心教育違憲判決 愛国心教育の強要をやめる潮時だ
◆毎日新聞 愛国心教育訴訟 違憲判断は司法府の警告だ
◆日本経済新聞 重く受け止めたい愛国心教育違憲の判断
◆北海道新聞 愛国心教育違憲判決*文部科学省は重み受け止めよ
◆中日新聞 浮かれる文部科学省に警鐘
◆中国新聞 「愛国心教育」高裁判決 愛国心教育を問う厳しい判断
◆西日本新聞 信教の自由を重んじよ 愛国心教育違憲判決
◆河北新報 愛国心教育に違憲判断/文部科学省は政治的に問題解決を
◆新潟日報 愛国心教育違憲 文部科学省は判決を直視せよ
◆北日本新聞 愛国心教育訴訟/合憲判断は一例もない
◆信濃毎日新聞社 愛国心教育判決 愛国心教育は やはり中止を
◆神戸新聞 愛国心教育判決/高裁の「違憲」判断は重い
◆山陽新聞 愛国心教育判決 違憲は文部科学省への重い問い
◆徳島新聞 愛国心教育違憲判決   文部科学省は重く受け止めよ
◆宮崎日日新聞 愛国心教育は違憲 大戦の国家的総括が急がれる
◆南日本新聞 【愛国心教育違憲判決】信教の自由を尊重し慎重な判断を
◆琉球新報 愛国心教育違憲・判決重く受け止めるべきだ
◆沖縄タイムス [愛国心教育訴訟]信教の自由を守れ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓何だこれは?↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
◆読売新聞 [愛国心教育判決]「きわめて疑問の多い『違憲』判断」
◆産経新聞 愛国心教育訴訟 ねじれ判決に拘束力なし


37 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 00:19:01 ID:8gAZsnSR
教育基本法、「愛国心」規定に賛成56% 本社世論調査
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200605240234.html
      賛成  反対 その他・答えない
全体    56  29  15     
20代  ★42  43  15     
30代   46  39  15     
40代   50  35  15     
50代  ●57  26  17     
60代  ●69  19  12     
70歳以上●73  14  13     
(数字は%)
************************************************************
かなりジェネレーションギャップがありますね。
国会議員が、50代〜70歳以上に多いので、
成立はするでしょうけど、実際に教育を受けるこれからの若い世代で、
混乱が生じるのでは?

このように、ジェネレーションギャップが酷い場合、
間接制民主主主義の是正を行うため、
やはり、直接、国民投票を行うべき。


38 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 00:24:40 ID:JjnfEVA4
自民・民主が言ってる「愛国心」を「特定の思想」と勘違いしてるから全部おかしくなるんだよ。優しさや礼儀を育てるのと同じように、愛国心も育てようって言ってるんだよ。マスターベーションはひとりでやってくれるかな?

39 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 00:34:01 ID:8gAZsnSR
>>38
愛国心教育が、選択科目だったらいいと思いますよ。
しかし義務教育の必須と定義した時点でアウト。
それに、特定の宗教心まで取り入れようとしているので、
完全犯罪。

40 :38:2006/05/29(月) 00:38:28 ID:JjnfEVA4
だからマスターベーションはひとりでやれって言ってんじゃん。

41 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 00:39:21 ID:JwEntb4I
>>29

>日本人が、がむしゃらに働いたのは、国家のためではない。
>もちろん愛国心でもない。
>皆さん自身の生活ため。美化歪曲し過ぎ。
>戦後60年、愛国心など無くても、日本人は頑張れた。

この60年経済を盛り上げてきた年代が愛国心などなかったと根拠なく断言してるが、
>>37の統計からでる↑の時代を生きてきた60代70代の愛国心賛成の割合の高さの矛盾は?


42 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 00:51:08 ID:8gAZsnSR
> >特定の宗教心まで取り入れようとしているので
> どこが?要綱のどこに 天皇 の文字がある?

 一方、公明党に配慮して政府案に「宗教的な情操教育」が盛り込まれな
かった点を松本剛明氏(民主)がただしたのに対し、安倍官房長官は「主
要宗教の歴史や特色、分布、地域など、教育上尊重すべきことを明確に規
定した。宗教の持つ意義、重要性などをしっかりと子どもたちに教えるこ
とで、宗教的情操心の大切さについての理解を深めていく」と答えた。
http://www.asahi.com/politics/update/0524/007.html

43 :38:2006/05/29(月) 00:59:59 ID:JjnfEVA4
愛国心は特定の思想じゃないというぼくの主張について反論又は(期待してないが)賛同をお願いします。

44 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:06:30 ID:8gAZsnSR
>>43
>>39


45 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:08:16 ID:LOVFzwVD
★在日の犯罪者一覧



●麻原彰晃 →オウム真理教教祖 父親が朝鮮籍。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害 15人が重軽傷。朝鮮人部落出身
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 帰化人、英国人 豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す
●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。大分 日本人老夫婦を刃物で殺傷
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し、女子小学生14人をレイプ
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中




46 :41:2006/05/29(月) 01:12:57 ID:JwEntb4I
>>41の矛盾についての反論もお願いします。
あと朝日のソースばっかり持ってくるのはどうかと思われる。
それと>>35で急に靖国問題を取り上げたのは何故。

47 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:17:22 ID:8gAZsnSR
>>46
> >>41の矛盾についての反論もお願いします。

愛国心を持っていることと、国のために働いたこととは、直接結びつかない。

> あと朝日のソースばっかり持ってくるのはどうかと思われる。

中立であれば、別に朝日じゃなく、毎日、日経でもどこでもいいですよ。
ただし、右翼、読売、産経、左翼、赤旗では、信憑性も低く、
批判も多いでしょうから避けています。

> それと>>35で急に靖国問題を取り上げたのは何故。

>>36

48 :43:2006/05/29(月) 01:27:36 ID:JjnfEVA4
39は反論だったんですか煤i゜Д゜)もしかしたらこれ以上は馬ですか?念仏ですか?だとしたらぼくは仏様ですか?

49 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:29:54 ID:RUgn/LwT
またアカヒか・・・

50 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:30:55 ID:JwEntb4I
>>47

>愛国心を持っていることと、国のために働いたこととは、直接結びつかない。

そう断言するのは別にいいんだけど、>>29で日本の繁栄は愛国心がなかったことがポイントだと
言っちゃってるんですが、これは無理やり結び付けている事にならない?

>日本のこれからの衰退は、平和憲法放棄と愛国心を保有すること。

これも愛国心を持てば衰退するって事を断言してらっしゃるんですが、
愛国心が直接結びつかないならそれもないんじゃない?

ここで新しい矛盾が2つでてしまったので反論お願いします。

あと、>>36では靖国を愛国心教育にすげ替えただけなんだけど、靖国問題=愛国心教育
と強引に結びつけた根拠もお願いします。

51 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:33:16 ID:8gAZsnSR
>>50
> >>47
> >愛国心を持っていることと、国のために働いたこととは、直接結びつかない。
> そう断言するのは別にいいんだけど、>>29で日本の繁栄は愛国心がなかったことがポイントだと
> 言っちゃってるんですが、これは無理やり結び付けている事にならない?

以下に加筆します。
戦後60年、愛国心教育など無くても、日本人は頑張れた。

52 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:34:11 ID:RUgn/LwT
また在日か・・・

53 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:35:51 ID:JjnfEVA4
馬かロナウジーニョだろう。

54 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:37:09 ID:RUgn/LwT
漏れはネスタのファン

55 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:37:27 ID:JwEntb4I
>>51

>戦後60年、愛国心教育など無くても、日本人は頑張れた。

しかしその60年を頑張ってきた世代の愛国心賛成の割合が突出して高いんだけど、
彼らが愛国心をもっていないという根拠はどこですか?

それと>>50のもう2つの質問もお願いします。

56 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:38:21 ID:8gAZsnSR
>>50
> >日本のこれからの衰退は、平和憲法放棄と愛国心を保有すること。
> これも愛国心を持てば衰退するって事を断言してらっしゃるんですが、
> 愛国心が直接結びつかないならそれもないんじゃない?

共産主義のように、国民全員、愛国心を持って、お国のために働くようになれば、
国家は滅びると思います。
あくまでも、自らのために働くべきだと思います。

57 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:39:55 ID:RUgn/LwT
中国も滅びてくれればいいな

58 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:39:57 ID:8gAZsnSR
>>55
> >>51
> >戦後60年、愛国心教育など無くても、日本人は頑張れた。
> しかしその60年を頑張ってきた世代の愛国心賛成の割合が突出して高いんだけど、
> 彼らが愛国心をもっていないという根拠はどこですか?

愛国心教育など無くても、愛国心をもったということでしょう。

59 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:40:14 ID:JwEntb4I
>>56

>国民全員、愛国心を持って、お国のために働くようになれば、 国家は滅びると思います。

これは>>47で「愛国心を持っていることと、国のために働いたこととは、直接結びつかない。 」
と断言されておるのですがこの矛盾について反論お願いします。





60 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:42:59 ID:8gAZsnSR
>>59
自然に持った各自の愛国心と、これからの愛国心教育による、
国家指定、特定愛国心との違いです。

61 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:43:25 ID:JwEntb4I
>>58

>愛国心教育など無くても、愛国心をもったということでしょう。

しかし>>29で愛国心をもてば日本は衰退すると断言されておるのですが
衰退するどころか愛国心を持った方々の働きで日本は奇跡の経済成長を果たしました。
この矛盾について反論お願いします。



62 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:44:54 ID:JwEntb4I
>>60
>>50の最後の質問もお願いします。

63 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:45:12 ID:8gAZsnSR
>>61
【再度】
平和だから、がむしゃらに働ける環境があったということ。
平和憲法により、平和が担保されているということ。
それ以前は、国内外問わず、大日本帝国は戦争を繰り返してきた。
突然変異的に、日本人が生まれ変わったわけではない。
平和憲法がなくなれば、右翼保守思想により、また日本は戦争を繰り返すよ。

64 :1 ◇85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:46:16 ID:RUgn/LwT
クポー

65 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:48:28 ID:JwEntb4I
>>63
誰も平和憲法の話はしておりませんが。愛国心教育の問題では?
>>63の論理でいくと平和憲法があれば愛国心があっても問題ないのでは?

66 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 01:49:08 ID:RUgn/LwT














































67 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:50:01 ID:8gAZsnSR
>>50
> 靖国問題=愛国心教育 と強引に結びつけた根拠もお願いします。

(1)靖国問題同様、愛国心教育も、違憲の疑いがあること。
(2)靖国賛成者は、右翼保守思想者であり、愛国心教育賛成者も、
同様な属性と考えられるため。


68 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 01:50:44 ID:RUgn/LwT
                





































69 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 01:51:41 ID:RUgn/LwT

























70 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 01:52:17 ID:RUgn/LwT
























71 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 01:54:16 ID:8gAZsnSR
>>65
> >>63の論理でいくと平和憲法があれば愛国心があっても問題ないのでは?

高度成長期は、今の右傾化した状態ではなく、左右の均衡していた時期でもある。
したがって、右翼思想の愛国心が、高度成長を牽引したとは考えづらい。


72 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 01:54:19 ID:RUgn/LwT





73 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 01:54:58 ID:RUgn/LwT






















74 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:55:08 ID:JjnfEVA4
これがVIPPERか。初めて実物見た。ところでそろそろいっかいくらい「反論」をしてくれ。マスターベーションはもういいって。

75 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 01:55:18 ID:JwEntb4I
>>67
戦死者を祀るのはどこの国でもやっているものではないですか。
それが何故右翼思想なのですか?誰もそこを問題にはしていないのですよ。
問題は靖国参拝が政教分離に反するのではないかという事で、愛国心教育とは
全く異質の問題だと思いますが。
靖国に祀られている方々の遺族の参拝は右翼思想の表れという事ですか?

76 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 01:55:37 ID:RUgn/LwT






















77 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 01:58:41 ID:RUgn/LwT





























78 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 02:01:43 ID:JwEntb4I
やはりあなたは法学板ではなく思想板へ行かれたほうがいいのでは?
ただのサヨクにしか思えないのですが。削除依頼は責任持ってお願いします

79 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 02:04:25 ID:8gAZsnSR
>>75
小泉純一郎首相の靖国神社参拝は違憲で精神的苦痛を受けたとして、
沖縄県内の戦争遺族ら94人が首相と国に、940万円の損害賠償を求めている。
要するに、判決云々ということよりも、戦争遺族は、
首相の靖国神社参拝に反対しているという事実があるというこです。
【結論】
我々も、戦争遺族も、諸外国も、すべて首相の靖国神社参拝に反対している。

いくら皇室外交を頑張っても、首相や閣僚の靖国参拝でぶち壊し。
天皇家も不憫で報われないと思いますよ。これじゃ。
小沢氏や石原氏などが、天皇を靖国参拝強要をさせようという動き
もあるぐらいです。
また戦前と同じく、天皇を悪用しようというものです。

私は最近この板に着た(WBC以降)なのですが、他板の、全く何の脈略もなく、
嫌韓右翼が落書きする行為は迷惑ですし、そればかりではなく、
2ちゃんぬる利用者以外でも、嫌韓ブームだとか、新歴史教科書問題、
靖国問題、部落在日差別問題、街宣右翼は分かると思います。
こういった問題は、愛国心教育により、ますます酷くなると思います。
間違った愛国心と国際協調は相反しており、
間違った右翼養成愛国心を早急に取りやめ、
教育を国際協調路線に変更するべきです。


80 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 02:06:33 ID:8gAZsnSR
>>78
相手が気に入らないとすぐ、工作員、共産、左翼、日教組、在日、部落、引きこ
もり、ニート、と何の脈略も無く、ころころとレッテルを貼る。

もし現体制が、共産、左翼寄りであれば、左翼を問題視しております。
何度も繰り返しておりますが、日の丸君が代強要の反対は、日教組だけではない。
日教組以外の我々も巻き込み、国家権力により、一律に君が代強要、愛国心強要
を推し進めることは問題。日教組が問題なら、国家権力者は、彼らと言論を持っ
て協議していただきたい。教育現場を巻き込み、保身のため、利権を守るために、
君が代強要を推し進める国家権力者は問題。

私の場合は、右翼(帝国主義、今の日本)左翼(共産主義、日教組)両者とも、独裁
主義、官僚主義だから目指す思想は一緒なので問題視しているのです。もちろん、
右に偏った現体制を問題視している点では、一部左翼とダブっていることは否定
できませんし、そう見えるのかもしれません。
しかし右翼も左翼も私から見れば同じです。

問題は、日本の右翼が、自分の思想以外をすべて左翼だと勝手に定義づけ、今の
日本の帝国、官僚主義に異議を唱えるだけで左翼あつかいし、思考を停止させて
しまうこと。


81 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 02:07:16 ID:8gAZsnSR
>>78
貴方は左翼系によるPTSDじゃないかと思われます。
普通の人は、そこまで憎しみの表現はしません。
貴方はおそらく、幼児期に、嫌いな左翼系の人がいたとか、
左翼系の人に嫌がらせを受けたとか、そういった特異な体験があり、
そういった行動を繰り返しているのだと思います。非常にお気の毒だと思います。

(1)過去に左翼系の人や、日教組の教員により、嫌な思いをした。
(2)天皇崇拝者でもないのに、君が代を肯定。

■共産、左翼、日教組の影響
歌うな逆強制という、【恨み】【反発】【トラウマ】により、君が代を
斉唱している方がいらっしゃいます。PTSDの基礎知識↓
http://www.angelfire.com/in/ptsdinfo/about/pt2a.html
しかしなんとかPTSD【トラウマ】を乗り越えてほしいなーと思いますが、
私は医者でも僧侶でもないので、どうしようもできないのですが、

例えば天皇崇拝者だからとか、君=国民と、脳内変換して都合よく解釈して
歌っているといった積極的理由があるわけでもないようなので、
もし、君が代の本当の意味や危険性、君が代強要における権力者官僚
の目論見が理解できれば、必ず、私等、君が代を歌えない方々の気持ちが
分かる日が来ることを信じております。
そして、【恨み】【反発】【トラウマ】から開放される日をお祈り申し上げます。

国旗を引きずり降ろした教師が何人もいた事実、そういった共産、左翼、日教組の
行動により、国旗国歌問題を取り上げにくい問題にしてしまった現状を残念に思い
ますし、遺憾に思います。
しかし右翼を容認することとは別です。
なぜ右翼思想を容認するのか?ということです。


82 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 02:07:53 ID:8gAZsnSR
>>78
日の丸君が代を問題にするとすぐ左翼と決め付けることは、間違っていますよ。
日の丸君が代反対=左翼ではなく、そういう決め付ける右翼に問題がある。
戦前の教育が洗脳のため利用したと表現しただけで、【極左】と
決め付けていることこそ、かなり偏見のある考えだと思います。
そういった偏見を取り払わなければ、相手の言いたいことや、
相手の気持ちを受け止めることは不可能だと思います。

【官僚】といった単語だけで、そう反応してしまう貴方に問題があると思います。
そういった先入観や偏見は、是正しなけれれば、相手の発言する内容の
真意が汲み取れないと思います。
ある意味、右翼らのそういった日ごろの洗脳行為が、そうさせているのかもしれません。

私の場合は、右翼(帝国主義、今の日本)左翼(共産主義、日教組)
両者とも、独裁主義、官僚主義だから目指す思想は一緒なので、
問題視しているのです。
もちろん、右に偏った現体制を問題視している点では、一部左翼と
ダブっていることは否定できませんが、貴方の言う左翼の定義とは?
国連やEU、脱国家、非政府的なものを、左翼と定義するのは無理があるでしょう。
今まで散々説明してきたが、相変わらず色眼鏡で見ている。

だから左翼だけじゃないって。
貴方はただ、左翼に反発したいだけの思想でしょ?
私の場合は、右翼(帝国主義、今の日本)左翼(共産主義)
両者とも、独裁主義、官僚主義だから目指す思想は一緒なので、
問題視しているのです。
(1)貴方の定義する共産主義とは?
(2)共産党の意思を反映したものとは具体的に?


83 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 02:09:12 ID:RUgn/LwT
冷凍ミカン、冷凍ミカン、冷凍ミカン、4個入りー

84 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 02:12:02 ID:JwEntb4I
>>79
>小泉首相が昨年8月と今年4月に靖国神社へ参拝したのは、
>信教の自由や政教分離の原則に反し違憲だとして、沖縄県在住
>の戦歿遺族や反日宗教関係者81人が那覇地裁に提訴した。

>原告らは小泉首相の参拝によって精神的苦痛を受けたとして
>1人10万円の損害賠償を求めている。

これのことですか?かんじんな所を故意に抜いたようですが、
あくまでも靖国参拝は政教分離の問題ですよ。

>我々も、戦争遺族も、諸外国も、すべて首相の靖国神社参拝に反対している。

我々とは?戦争遺族全てがそうだとでも?反対の諸外国のソースを(個人の意見は抜きで。
あくまでも国が反対を表明しているソース)。

85 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 02:13:37 ID:JwEntb4I
>>80-82

きんもーっ☆

86 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 02:16:02 ID:RUgn/LwT
幾らもらったら田嶋陽子をレイプできる?
漏れは1億だったら考える

87 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 02:17:20 ID:JwEntb4I
1億でも無理だな。レイプなんかやったら人生終わるまで追い詰められそう。

88 :1 ◇85KgNR48dA:2006/05/29(月) 02:20:48 ID:RUgn/LwT
田嶋に惚れられそうな気もするんだけど

89 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 02:28:13 ID:JwEntb4I
    .おちんちんびろびろーん
   ∩___∩     
   | ノ       ヽ/⌒) 
  /⌒) (゚)   (゚) | .|  
 / /   ( _●_)  ミ/
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /      
  /       /  
 |   _つ  /     
 |  /UJ\ \   
 | /     )  )   
 ∪     (  \    
        \_)

90 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 02:44:21 ID:+ysbYnBN
法学的な見地から話をまったくしていないね。
判例の一つでも引き合いに出してみたらどうだろうか。
>>79で挙がってるようなお粗末なのは判例とはいわないけど。

91 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 04:35:12 ID:JwEntb4I
       ?????????????
       ?????????????
      ??????????????
      ??????????????
     ????????????????
      ??  ??    ??  ???
     ???          ???
     ??  ????  ??? ???
     ?? ?????? ????????
     ???       ?   ???
      ???  ? ? ??   ▲?
       ?           ??
       ??   ????? ???
        ?? ??■?  ???? ??
        ? ??     ???■? ???
      ???????????■?  ?????????
   ???????   ?????━??

92 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 04:35:56 ID:JwEntb4I
       ?????????????
       ?????????????
      ??????????????
      ??????????????
     ????????????????
      ??  ??    ??  ???
     ???          ???
     ??  ????  ??? ???
     ?? ?????? ????????
     ???       ?   ???
      ???  ? ? ??   ▲?
       ?           ??
       ??   ????? ???
        ?? ??■?  ???? ??
        ? ??     ???■? ???
      ???????????■?  ?????????
   ???????   ?????━??

93 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 04:38:21 ID:JwEntb4I
       ?????????????
       ?????????????
      ??????????????
      ??????????????
     ????????????????
      ??  ??    ??  ???
     ???          ???
     ??  ????  ??? ???
     ?? ?????? ????????
     ???       ?   ???
      ???  ? ? ??   ▲?
       ?           ??
       ??   ????? ???
        ?? ??■?  ???? ??
        ? ??     ???■? ???
      ???????????■?  ?????????
   ???????   ?????━??

94 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 04:40:16 ID:JwEntb4I


95 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 04:41:29 ID:JwEntb4I
    .    ∧_∧  
       ( ・ω・)  法学板特殊AA張れないのか…
       .c(,_uuノ

96 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 07:02:33 ID:JwEntb4I
          ?????
         ????????
         ????????
         ????????
         ????????
  ?????    ?????????
 ???????? ????  ?   ▼?
 ???????????? ?    ? ??
?????????■???┃   ??■ ?
 ?■??■??? ?〓  ┃   ?? ??????
        ?  ??      ???   ???
         ??  ???
          ??  ?????    ???
         ?????????? ?????
      ???■??????????■????
     ????   ???■■■??  ????
     ?????   ????????????■?
     ??? ? ?????????????? ???
   ??〓? ??? ???????????? ┃ ?
  ???━?  ?? ????????????????
   ??  ?  ??????????????
     ???????????????????
          ???▲??〓???〓?
  ??━??     ?????   ????
??〓???::::??  ?????    ????
??::: :????::::??????    ????
?::::??::::???? ????  ??????????
 ????::::?▲::::??? ?::::??■??::::??::::?
   ?????▼????::::???????::::?◆
      ????▼  ?????〓

97 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 10:52:09 ID:e8Q4pEqB
            ?           ?            ?   ?  ?  ?
   ??      ??             ??  ??      ???? ????
  ??::                         ??
  ???::           ?               ??
 ????::?::         ????????      ????  ? ????
  ??????::?:::                 :::?::??? ?  ?
  ???????::?::?::::: :: ::   ::::?::????????? ???
   ?????????::?:::?:::::::?::??????????? ???


98 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 12:25:28 ID:8gAZsnSR
■愛国心の是非を問う世論調査について

まだ、国家指定愛国心が定まっていない段階で、賛否を問うことは
非常にナンセンスだと思います。

プロ野球に例えると、本来は巨人が好きか?と問わなければ
ならないのに、プロ野球が好きか?と尋ねていることと一緒。
中には阪神が好きな人もいるわけです。

本当に、本気で官僚が、愛国心教育の是非を問いたいのなら、
民主導で、以下のような選択肢を設け、行政が我々に選択権を与える
ような裏方に徹すればよい。
それが本来の行政のお仕事。
行政は口出しをしてはならない。

■選択肢の議論 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢の公募 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢決定 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢 ※官僚は事務処理だけ
(1)【愛国心A】
(2)【愛国心B】=【愛世界心】
(3)愛国心は不要。
(4)官僚に一任する。
(5)もっと考えさせてくれ。
(6)今、決めなくて良い。
■国民投票 ※官僚は事務処理だけ


99 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 12:48:23 ID:8gAZsnSR
■「愛国心」賛否 世論調査

      賛成  反対 その他・答えない(数字は%)
全体    56  29  15     asahi.com世論調査
20代  ★42  43  15     asahi.com世論調査
30代   46  39  15     asahi.com世論調査
40代   50  35  15     asahi.com世論調査
50代  ●57  26  17     asahi.com世論調査
60代  ●69  19  12     asahi.com世論調査
70歳以上●73  14  13     asahi.com世論調査
2ch全体 90  10  00     推定
極東板住人 99  01  00     推定

************************************************************
かなりリアル世界とのギャップがありますね。
どういったことでしょうか?
右翼団体が、組織的に2ちゃんねるを利用していることがわかります。
特に極東板は、別名、アジア、在日蔑視板 or 右翼巣窟板と言える。

asahi.com世論調査
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200605240234.html

100 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 13:52:42 ID:JwEntb4I


101 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 13:53:20 ID:JwEntb4I
???????????

102 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 13:54:50 ID:JwEntb4I
??


103 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 13:56:38 ID:JwEntb4I
♥♥♥♥♥♥♥♥
♥♥♥♥♥♥♥♥

104 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 17:38:58 ID:8gAZsnSR
> 国民皆で議論したとしていつ採決するんだ。

次期国政選挙でいいと思います。
そうすれば、投票率も上がる。

> 愛国心の無い民間人を国の中枢で働いて貰いたいのです

愛国心は必要ないが、愛民心は必要だと思います。

105 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 17:55:54 ID:8gAZsnSR
「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?
(右翼、産経新聞) - 5月29日3時16分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060529-00000000-san-soci&kz=soci
 卒業式、入学式での国歌斉唱が浸透するなか、「君が代」の替え歌がイン
ターネット上などで流布されている。「従軍慰安婦」や「戦後補償裁判」な
どをモチーフにした内容だが、本来の歌詞とそっくり同じ発音に聞こえる英
語の歌詞になっているのが特徴で、はた目には正しく歌っているかどうか見
分けがつきにくい。

■「君が代」の替え歌 歌詞と訳
【詞】
Kiss me, girl, your old one.
Till you're near, it is years till you're near.
Sounds of the dead will she know?
She wants all told, now retained,for, cold caves know the moon's
seeing the mad and dead.
【訳】
 私にキスしておくれ、少女よ、このおばあちゃんに。
 おまえがそばに来てくれるまで、何年もかかったよ、そばに来てくれるま
で。
 死者たちの声を知ってくれるのかい。
 すべてが語られ、今、心にとどめておくことを望んでくれるんだね。
 だって、そうだよね。冷たい洞窟(どうくつ)は知っているんだからね。
 お月さまは、気がふれて死んでいった者たちのことをずっと見てるってこ
とを。


106 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 18:05:13 ID:8gAZsnSR
【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反
第19条【思想及び良心の自由】
思想及び良心の自由は,これを侵してはならない。

【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反
第20条【信教の自由】
(1)信教の自由は,何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も,
   国から特権を受け,又は政治上の権力を行使してはならない。
(2)何人も,宗教上の行為,祝典,儀式又は行事に参加することを強制されない。
(3)国及びその機関は,宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反
日本国憲法 第23条【学問の自由】
【原文】
学問の自由は,これを保障する。

※私の【改正案】
学問の自由は,これを保障し、学問の場は、決して国家権力統制に利用してはならない。

107 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 18:09:55 ID:8gAZsnSR
■平和への誓い・新日本国国歌(草案) 作詞作曲:1 ◆85KgNR48dA
(1)
人類は戦争を繰り返してきた。
権力者に自国を守るためと扇動され、
騙されて今も戦っている人がいる。
そして殺されている人もいる。
自然も破壊され続けている。
権力者のエゴのために。
(2)
人類には、言葉があり知恵がある。
お互いのための住処、地球を守るため、
勇気を出して、他人への偏見を捨て、、
自国の懐古、愛国心を捨て、お互いの存在、
考えを尊重し、助け合って仲良く暮らそう。
青い海、緑の自然。元気な動物たち。
この理念を世界に先駆け、
日本に住む我々が実行することを誓う。

※通常は、(2)番だけを歌う。

■大日本帝国「君が代」の歌詞と意味

君が代は 千代に八千代に 細石の 巌となりて こけのむすまで
きみがよは ちよにやちよに さざれいしの いはほとなりて こけのむすまで
天皇(の治める世の中)は 千代に八千代に(永遠に)続く。
それは小さな石が 大きな岩になり、こけがむすほど末永く。

憲法の規定や国際条約(例えば子どもの人権条約)は法律や職務命令に優先する。」 加島さんに続き、岡村達雄さん(関西大学教授)
学習指導要領ではこの場を利用して『愛国心と天皇に対する敬愛の念を涵養する』と明白に語られている。
職務命令に黙って従い、立って「君が代」を歌うことは、子どもたちに「命令には考えずに服従せよ」「天皇と国のために命を投げ出せ」と教えることを意味します。


108 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 19:00:15 ID:8gAZsnSR
憲法改正ならさらに見直し―小坂文科相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060526-04460121-jijp-pol.view-001
>衆院教育基本法特別委員会で、答弁のため挙手する小坂文科相(右)。
>中央は安倍晋三官房長官。憲法改正があればその内容によっては教育
>基本法をさらに改正する考えを示した

憲法改正 → 教育基本法再改正 → 教育勅語
権力者官僚が、洗脳しやすい様に小さな頃から厳しく教え込む目論み。

<愛国心>通知表評価項目に 埼玉で52小学校、愛知も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060526-00000036-mai-soci
▽大田尭・東京大名誉教授(教育学)
> 一番の問題は、学習指導要領が「国を愛する心情を育てる」ことを目標に
>挙げている点だ。愛国の情は個々人で違っていてもよく、評価するのは不自
>然。心情を画一評価することは内心の自由を侵すことになり、内面の画一化
>につながる恐れもある。教育基本法が改正されると、愛国への心情評価が合
>理化されるのではないか。

> 改正反対の市民団体は「国への愛は、法律で決めるようなものでない」
>(東京大学大学院の高橋哲哉教授)と指摘。また、(国民から国家権力
>への命令を記した)憲法に準じた性格を持つ教育基本法で、国民に国へ
>の愛を求めることはおかしいとしている。
>http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1967481/detail

なるほど、その通りですね。
■日本国憲法 → 国民から国家権力への命令
■教育基本法【クソ】 → 国家権力が国民へ愛、忠誠を強要

109 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/29(月) 19:21:57 ID:8gAZsnSR
>>785
>  で、前からずっと聞いているのだが、日本と同様のことをもっと露骨に
> やっているアジア諸国については、どうして批判しないのよ?。

以前から、おもいっきり批判していますが。
私は、アジア諸国の共産主義、独裁主義は、地球上から、いずれ排除しないと
いけないと思っています。
あくまでも制度批判であり、各国の権力者批判です。
各国国民は、これから日本も真似をする愛国心教育を先行的に行っているので、
洗脳、マインドコントロールされているので、何とも言えません。
共産主義、独裁主義制度は、権力者が国民を洗脳、マインドコントロール
しやすい制度なので仕方のないことかもしれませんが、主権在民制度の日本が、
なぜわざわざ好き好んで、権力者が国民を洗脳、マインドコントロール
しやすい特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育を望むのか、
残念で仕方ありません。

なぜ日本が、極東アジアの真似をして、国家指定愛国心を
導入しなければならないのか。
極東アジアを批判しつつ、極東アジアの真似をする。
馬鹿じゃないのか?
極東アジアの問題点が、特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育 →
反日教育を行っていることに起因していることを、なぜ分からないのでしょうか?

特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育 → 反極東アジア教育


110 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 01:01:48 ID:ZJw0/l1p
法学板の皆さんへ
1 ◆85KgNR48dAの独自解釈は筋金入りです。

★060520 通称「1 ◆85KgNR48dA」報告スレ
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1148058455/


111 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 05:43:39 ID:HKEDVRGL
公務員制度改革の大枠決定「省庁再編」に魂
http://www.jca.apc.org/toudai-shokuren/dekigoto/010328y.html
公務員争議権の憲法解釈
http://72.14.203.104/search?q=cache:VALwR0HKGFYJ:www.nomolog.nagoya-u.ac.jp/Templates/sonota3.htm+%E4%BA%89%E8%AD%B0%E6%A8%A9%E3%80%80%E9%81%95%E6%86%B2%E5%88%A4%E6%B1%BA&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=11&lr=lang_ja
1967年の全逓の東京中郵事件判決で、限定付きではありましたが、ストライキ行為を認める判決が出されました。その後、都教組4・2判決で、争議権の制限自体が違憲との疑いが指摘されるまで、最高裁判例は踏み込み始めたわけです。
 しかし、1973年の全農林警職法事件判決で争議権は認められなくなり、現在まで最高裁判例では公務員の争議権については認めておりません。公務員制度の見直しといった場合に、この問題をどうするのかが、今後の課題となっています。
http://72.14.203.104/search?q=cache:ZyXWZEE1uScJ:sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/shayakawa/newpage2.htm+%E4%BA%89%E8%AD%B0%E6%A8%A9%E3%80%80%E9%81%95%E6%86%B2%E5%88%A4%E6%B1%BA&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=13&lr=lang_ja

批准すれば、公務員の教師、裁判で争わなくても団体行動権
=争議権が正式に認められ、正式に君が代強要を阻止できますし、
批准している国から見ると、争議権(スト権)がある以上、
公務員の教師に国歌斉唱を強要することなどありえないナンセン
スなことであり、そのことが、日本の常識であり、世界の非常識
である所以であります。

ヨーロッパ各国では公務員に争議権が認められており、日本政府も参
加して出されたILO・ユネスコの『教師の地位に対する勧告』(1966
年)でもそれは明白となっています。日本の政府による労働基本権の
侵害を日本の各官公労組がILO(国際労働機構)に訴えたのに対して
出された調査報告では日本の実情が厳しく批判され、日本政府への改
善「勧告」が出されています。

日本政府がまだ批准していないILO151号条約は、団結権の保障、雇用
条件の法的手続きなどについて、公務員の権利を具体的に保障してい
ます。

112 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 05:44:56 ID:HKEDVRGL
本当に、本気で官僚が、愛国心教育の是非を問いたいのなら、
民主導で、以下のような選択肢を設け、行政が我々に選択権を与える
ような裏方に徹すればよい。
それが本来の行政のお仕事。
行政は口出しをしてはならない。

■選択肢の議論 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢の公募 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢決定 ※官僚は事務処理だけ
■選択肢 ※官僚は事務処理だけ
(1)【愛国心A】
(2)【愛国心B】=【愛世界心】
(3)愛国心は不要。
(4)官僚に一任する。
(5)もっと考えさせてくれ。
(6)今、決めなくて良い。
■国民投票 ※官僚は事務処理だけ

113 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 07:05:55 ID:EYHAgs5d
おい>>1よ。政治板に戻っておいで。
俺は理系で法律に関しては全くド素人だが、
違憲判断というのはお前や俺みたいな人間が
判例も示さないで理屈をこねてみても、
無意味だということくらいはわかるよ。
専門家の間でも色々と解釈が割れるくらいだからね。

114 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 08:01:02 ID:HKEDVRGL
>>113
> 専門家の間でも色々と解釈が割れるくらいだからね。

そう。だから、この板でで議論するのが妥当。

>法学(仮)板ローカルルール
>ここは法学,その他大学法学部で研究されている学問分野の
>話題について学術的に議論する板です。

憲法問題は、大学法学部で研究されている学問分野であり妥当。

115 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 08:04:46 ID:HKEDVRGL
>>113
> 判例も示さないで理屈をこねてみても、
> 無意味だということくらいはわかるよ。

すべての問題に、判例が出揃っているわけではない。
これから判例になる問題も多くある。
そして、判例が覆る場合もある。
判例に拘束されるわけでもない。
争う前段階での、単なる目安でしかない。

116 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 08:12:43 ID:EYHAgs5d
>>114
このスレの主旨は妥当かもしれないけど、
あんたは憲法違反だと主張するその根拠について
学術的な説明を全くして無いでしょ?

>【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育

こんな感じに記号の使い方も普通の使い方と懸け離れてて意味不明だし、
何となくフィーリングで話を進めるのは学問とは言えないよ。

117 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 08:23:20 ID:HKEDVRGL
> >何で憲法が存在するのか、もっと勉強してください。
> 憲法がなぜ存在するかは了解しています。
> 愛国心教育推進も国旗・国歌の法制も民主制度から生まれたことを理解してください。
> なんら憲法に違反するものではありません。

あのー、法手続きに瑕疵がある話をしているのではありません。
間接制民主主義は、不完全な制度であり、その制度下では、時には、
権力者の暴走も発生し、また、政権交代や、今のような一党独裁長期政権、
戦争等、何かの要因で、左右どちらかに偏るムードもあり、そういった一時的な
要因で法令化されてしまったもの対する更正機能、抑止力となるものが憲法なのです。

もっと勉強してください。

118 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 12:18:20 ID:HKEDVRGL
> 祖先を敬う行為、気持ちと宗教を結び付けるのは無理があると思うのだが?。

祖先を敬うものだとか、祖先を敬えという特定な考えは、完全な宗教です。
宗教心がある方は、当たり前であり、麻痺して、洗脳されているので、
祖先を敬う行為をデフォルトにしていますが、人類すべてが、祖先を敬う
考え、気持ちを持っているわけではありません。
そういった宗教心の有無といった線引き、差別意識は捨てていただかないと、
国内共存、世界平和共存などできません。

> 自身の祖先を敬い、祖先が残してくれた伝統を引き継ぐ事は人として素晴らしい
> 行いだと私は思います。

古い伝統を引き継ぐことはいいことであり、古い伝統を引き継ぐ人の
存在も大切ですが、古い伝統を引き継ぐ人間ばかりになると、
人類の発展は見込めません。
やはり、これから新たな伝統を創り上げていく人間もいるわけです。
もちろん、古い伝統が元になる場合もあるわけですが、時には、
古い伝統が足かせになる場合もあるのです。

119 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 12:23:31 ID:HKEDVRGL
> 確かにID:IklfFsQHさんの発言内容には過激な内容も有りますが、自身の祖先に
> 対する感謝の気持ちが表現されていると思うのですが。

個人的な思想は自由ですが、他人に押し付ける行為を、国家上げてやろう
としているから問題視しているのです。
教育の場は、特定思想を押し付ける場にしてはならない。
いろいろな思想を学ぶ場にしなければなりません。それが真の学問。
いろいろな思想を学ぶことで新たな発想、創造性は生まれる。
特定の思想からは、新たな発想、創造性は生まれない。
学問により、新たな発想、創造性は生まれるので、時には反権力思想も生まれる。
したがって、昔から権力と学問は、相反するものであり、権力者は、
学問の場を牛耳り、また逆手に取り、思想を制限し、悪用し続けてきたのです。

120 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 12:37:42 ID:HKEDVRGL
「愛国心」+「α」 → 「敵国心」
もちろん「α」が無ければ「敵国心」は発生しませんが、
貴方が「愛国心」を持つと、必ず「α」を防ぎ、
「敵国心」を持たない自信はありますか?
もし貴方には自信があっても、国民全員、必ず「α」を防ぎ、
「敵国心」を持たないと確信ありますか?
その確信が無ければ、「愛国心」教育導入は阻止しなければなりません。

なぜ【他人を大切に】ということを教えないことを疑問視しないのでしょうか。
やはり、権力者官僚は、以下の流れを作る目論見があると思います。
愛国心 → 敵国心 → 他国挑発 → 国防義務 → 戦争
自分を大切にしなさい。という自己愛など教育する必要がありません。

教え方に問題、ではなく、きっちりと、
「我が国(天皇)と郷土(領土)を愛する(守る)」【間違っている】はやめて、
「地球と平和を愛する」【本来の必要な教育】にシフトしなければ、
とんでもなことになります。

自己愛など教育する必要はなく、他人の大切なものを壊さないようにしよう。
自己愛は控えて、差別はやめようと、きっちりと明文化するべきです。

郷土愛なんて、押し売りであり、いらない人にはいらないでしょう、
権力者官僚が、いらない者に押し付ける
押し売りを教育の場でやろうというものです。
思っちゃまずいではなく、思いたい人は思えばいいし、
思う必要のない人は思わなくていいと思います。

どこの地域にも無関心な方(【愛国心A】を持たない方)よりも、
【愛国心A】を持つ方の方が、他国を蔑視、嫌う可能性は高いと言えます。

121 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 13:17:51 ID:HKEDVRGL
> 愛せるから、良くしようとするんだろうが。

愛せないから、良くしようとする。
愛してしまうと、悪いところも良く見えてしまい、盲目となる。

> 愛せないのを他人の所為にするんじゃねぇ。

そうではなく、問題点があるから、愛せない。というか、
愛してしまうと、悪いところも良く見えてしまい、
盲目となるので、むしろ愛さないほうがいい。

> 愛国心ってのは、自分にかかわる人を大切にせよっていうことだよ。

それは、自己愛、愛国心とは言わない。謙遜ですね。

愛国心 → 自慢 → いがみ合い → 戦争
謙遜 → 友好関係 → 戦争回避 → 平和

> 国=政府 っていう下らん単純回路をどうにかせよ!

国=天皇、官僚、領土です。
そして、そう受け取る人も出てきますし、そう受け取る人もいますし、
有事の際、きっと、このことが前面に出てくるでしょう。
もし、法令で、国=天皇、官僚、領土ではないと、きっちりと明記すれば、
私は反対しません。


122 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 14:13:08 ID:J6/BfuSP
      _,,..:--─‐-=,,._
    ./;;,ィ''"´ ̄`゙゙ヾ;ミミミ;;、
   ./ミミ/゙       ゙:::゙iミミミ:l
   iミミ′:     :  ..::::_;ミミ;ミ;リ
    ヽ,! ゙ .,;;;..''  ''゙゙;;_ ゙:::ヾ;;;;;;/
.    } :'゙::“:゙:. l::'゙.”:゙;.::'':;;゙irく
.    | ヽ .,r ..:::、   ..::::;;;トl;|
    |..  :' ''ー;^''::ヽ. :':::::;;;i::ソ
.    l、 ←‐'‐→、! ..::::;;;l゙´
     ヽ.. `゙゙゙.,゙´ '":::';;;ハ、
    _,,/`i、 -:: -:::'::゙:::;;ツ'::::`;、_
_,...-‐''" | ゙;、 i":;;:::::;,/':::::::::;!::::`::-、.._
     .l゙  ゙ヽ:;,ン'":::::::::::::/::::::::: : -ー `
     l   .,/;l     ,r"
     .ヽ /r;:ヘ、 ,,/;''
      ゙ ''::'`'´ ヽィ::'

    毛 沢山 [moh takusan]
   (1893-1976 中華人民共和国)

123 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 14:29:28 ID:XE4Dyktm
皆様、1 ◆85KgNR48dAはニュース極東、政治思想、軍事、教育・先生、自衛隊、などの各板で
同じようなスレッドを立てまくり、同じコピペを張りまくっている者です。

下手に返答すると、それに対するレスを他の板のスレッドにも貼り出しますので、相手しないでや
って下さい。

★060520 通称「1 ◆85KgNR48dA」報告スレ
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1148058455/

124 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 15:20:10 ID:wpANd8bJ
では
家族愛=周囲の人間を敵視
になりまんのか?

125 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 16:05:44 ID:HKEDVRGL
>>124
家族とは固定されたものではないでしょう。
家族がいない方や、家族を新たに形成する方、
家族を変える方・・・家族とは可変的です。

自分の属していた家族に対する批判内容によるでしょう。
いくら他者の振る舞いにより、家族を批判されたとしても、
【愛家族心A】がなければ、腹も立たない。
冷静にその批判内容をキャッチできるし、冷静に中立的な意見も出来る。

自分の家族も間違いを起こす可能性があるということです。
それを冷静に判断できるのかどうか。

民族グループ、思想集団、宗教等そういった固定されたグループ【族】に対し、
愛国心的愛族心があると、必ず敵国心的敵対心が生まれると思います。

【間違い】
●敵国心から愛国心が生まれる
【正解】
●愛国心から敵国心が生まれる。
【理由】
突然、敵国心が降って沸いてこない。
【結論】
愛国心は持っている者もいるし、
官僚の教育による洗脳された愛国者も
これからどんどん増殖される。
突然、敵国心が降って沸いてこないでしょ?
官僚やマスコミ等により、そういった意図的に敵国心が芽生え、
愛国心にも繋がるが、繋がる理由は、潜在的には愛国心がある
からそうなる。基本的には、愛国心から敵国心が生まれる。

126 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 16:07:12 ID:HKEDVRGL
>>124
いろいろな愛がありますが、すべての愛を否定しているわけではありません。
個人的自然発生的な愛はいいと思いますが、特定の愛を押し付ける行為、
【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
を危惧しているのです。

127 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 16:20:46 ID:wpANd8bJ
敵国心から愛国心が生まれることは大いにありうるでしょう。例えば北が攻めてきたとして、ミサイルを落とされました。それにより憤りを感じ、愛国心が発動されるのでは?為政者が恣意的に行う場合もありますが。アメリカなどはお家芸ですな。

128 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 16:28:39 ID:wpANd8bJ
126
伝統文化があり、それをないがしろにする風潮があったとします。それを保護するために国家が保護を推進させるのは押しつけで統制ですか?国体を維持するためには、ある程度の秩序と道徳が必要。過度でない愛国心は、国家としての道徳である。守るためには必要でしょ?

129 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 16:29:15 ID:HKEDVRGL
>>127
それは敵国心ではない。
家族があぼ〜んするケースは、自国民日本人によるケースもある。
日本人に家族があぼ〜んされる感情と、他国民に家族があぼ〜んされる感情とは
差異があるのか?
同一でしょう?
却下。
そして、わざわざ現在、仮想敵国を作ってまで、義務教育で愛国心=敵国心
を持つ必要はありません。


130 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 16:32:20 ID:HKEDVRGL
>>128
■日本のよいところ

間違いは間違いだと、過去を冷静に判断する必要があります。
日本のよいところは、悪い過去の事実、文化を捨て、
あるいは融合といった形(和洋折衷)で西欧文化を取り入れ、発展したことです。
そういった原点に返らなければ、また日本は同じ過ちを繰り返します。

しかし、最近の間違った愛国心により、悪い過去の事実をも【伝統化】
してしまい、発展の足かせになり、また、周辺諸国との外交の障害となっています。
日本国内は右傾化が進んできており、非常に危惧しております。
そして、日本人のアジア諸国に対する差別意識が強まっております。


131 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 16:44:37 ID:wpANd8bJ
特定アジアが滑稽な程に反日であることが、右傾化を進めているといえるでしょう。
自分の親をけなされると腹が立つでしょう?仮にそれが客観的には事実であったとしても。
その延長ですよ。
防衛的愛国心とでも言いますかね。
日本企業がアメリカに過激に進出した時、反日の気運があったでしょう?


132 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 16:50:06 ID:HKEDVRGL
>>128
> 伝統文化があり、それをないがしろにする風潮があったとします。
> それを保護するために国家が保護を推進させるのは押しつけで統制ですか?

伝統文化とは、過去の事実の一部ですが、現在未来にも有益で有用なもの
のみが、過去の事実から伝統文化として生き残るわけです。
しかし、一部マニアのためと、権力者官僚のたの城(権威権力象徴の利用目的))
や寺、神社(宗教心の利用目的)を、血税で賄う必要があるのでしょうか?

> 国体を維持するためには、ある程度の秩序と道徳が必要。
> 過度でない愛国心は、国家としての道徳である。守るためには必要でしょ?

権力者官僚のための国体を維持する目的で戦争するわけですから、
権力者官僚にとっては、特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育が
必要なわけです。


133 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:15:08 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

134 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:15:52 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`



135 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:26:49 ID:J6/BfuSP
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


136 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:28:27 ID:J6/BfuSP
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


137 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:31:45 ID:J6/BfuSP
躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁▼■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁躁▼■■躁躁躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁躁躁▼■■▼▼▼▼■■▼躁躁躁
躁躁躁■■■躁躁▼▼躁躁躁▼■■■■■■■■■▼躁躁
躁▼▼■■▼躁▼■■▼躁▼■■▼▼▼▼▼■■■躁躁躁
▼■■■■▼▼■■▼躁躁▼■■■躁躁躁▼■■▼躁躁躁
▼■■■■▼▼■▼躁躁▼■■▼■▼躁▼■■■躁躁躁躁
躁▼■■■■■■▼躁▼■■▼▼■■▼■■■▼躁躁躁躁
躁躁▼■■■■▼▼躁▼■▼躁躁▼■■■■▼躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼▼■▼躁▼躁躁躁躁▼■■■躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■躁躁■■▼躁躁躁躁躁▼■■▼▼躁躁躁躁躁
▼▼▼■■■▼■■■■▼躁躁▼▼■■■■■▼躁躁躁躁
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■躁躁▼▼■■■■▼▼躁躁▼■■■■■▼
▼▼▼躁躁■■躁▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
躁■■■▼■■▼■■▼■■▼躁▼■■■■▼▼▼▼▼躁
躁■■■▼■■▼■■▼▼▼躁躁▼■■■■■■▼躁躁躁
躁■■■▼■■躁▼■■躁躁躁躁躁▼▼■■■■▼躁躁躁
▼■■■躁■■躁▼■■▼躁躁▼躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁
▼■■■躁■■躁躁■■▼躁▼■■▼▼▼躁躁躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁■■▼躁▼■■■■■▼▼躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁▼▼躁躁▼■■■■■■■■▼▼躁躁
▼■■▼躁■■躁躁躁躁躁躁躁▼▼■■■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁■■躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁▼■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


138 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:35:02 ID:J6/BfuSP
躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁▼■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁躁▼■■躁躁躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁躁躁▼■■▼▼▼▼■■▼躁躁躁
躁躁躁■■■躁躁▼▼躁躁躁▼■■■■■■■■■▼躁躁
躁▼▼■■▼躁▼■■▼躁▼■■▼▼▼▼▼■■■躁躁躁
▼■■■■▼▼■■▼躁躁▼■■■躁躁躁▼■■▼躁躁躁
▼■■■■▼▼■▼躁躁▼■■▼■▼躁▼■■■躁躁躁躁
躁▼■■■■■■▼躁▼■■▼▼■■▼■■■▼躁躁躁躁
躁躁▼■■■■▼▼躁▼■▼躁躁▼■■■■▼躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼▼■▼躁▼躁躁躁躁▼■■■躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■躁躁■■▼躁躁躁躁躁▼■■▼▼躁躁躁躁躁
▼▼▼■■■▼■■■■▼躁躁▼▼■■■■■▼躁躁躁躁
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■躁躁▼▼■■■■▼▼躁躁▼■■■■■▼
▼▼▼躁躁■■躁▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
躁■■■▼■■▼■■▼■■▼躁▼■■■■▼▼▼▼▼躁
躁■■■▼■■▼■■▼▼▼躁躁▼■■■■■■▼躁躁躁
躁■■■▼■■躁▼■■躁躁躁躁躁▼▼■■■■▼躁躁躁
▼■■■躁■■躁▼■■▼躁躁▼躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁
▼■■■躁■■躁躁■■▼躁▼■■▼▼▼躁躁躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁■■▼躁▼■■■■■▼▼躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁▼▼躁躁▼■■■■■■■■▼▼躁躁
▼■■▼躁■■躁躁躁躁躁躁躁▼▼■■■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁■■躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁▼■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


139 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:35:36 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

140 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:36:16 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

141 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:36:47 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

142 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:37:45 ID:J6/BfuSP
躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁▼■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁躁▼■■躁躁躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁躁躁▼■■▼▼▼▼■■▼躁躁躁
躁躁躁■■■躁躁▼▼躁躁躁▼■■■■■■■■■▼躁躁
躁▼▼■■▼躁▼■■▼躁▼■■▼▼▼▼▼■■■躁躁躁
▼■■■■▼▼■■▼躁躁▼■■■躁躁躁▼■■▼躁躁躁
▼■■■■▼▼■▼躁躁▼■■▼■▼躁▼■■■躁躁躁躁
躁▼■■■■■■▼躁▼■■▼▼■■▼■■■▼躁躁躁躁
躁躁▼■■■■▼▼躁▼■▼躁躁▼■■■■▼躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼▼■▼躁▼躁躁躁躁▼■■■躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■躁躁■■▼躁躁躁躁躁▼■■▼▼躁躁躁躁躁
▼▼▼■■■▼■■■■▼躁躁▼▼■■■■■▼躁躁躁躁
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■躁躁▼▼■■■■▼▼躁躁▼■■■■■▼
▼▼▼躁躁■■躁▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
躁■■■▼■■▼■■▼■■▼躁▼■■■■▼▼▼▼▼躁
躁■■■▼■■▼■■▼▼▼躁躁▼■■■■■■▼躁躁躁
躁■■■▼■■躁▼■■躁躁躁躁躁▼▼■■■■▼躁躁躁
▼■■■躁■■躁▼■■▼躁躁▼躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁
▼■■■躁■■躁躁■■▼躁▼■■▼▼▼躁躁躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁■■▼躁▼■■■■■▼▼躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁▼▼躁躁▼■■■■■■■■▼▼躁躁
▼■■▼躁■■躁躁躁躁躁躁躁▼▼■■■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁■■躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁▼■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


143 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:38:37 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

144 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:39:17 ID:J6/BfuSP
おちんちんびろびろーん
   ∩___∩     
   | ノ       ヽ/⌒) 
  /⌒) (゚)   (゚) | .|  
 / /   ( _●_)  ミ/
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /      
  /       /  
 |   _つ  /     
 |  /UJ\ \   
 | /     )  )   
 ∪     (  \    
        \_)

145 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:39:49 ID:J6/BfuSP
躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁▼■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁躁▼■■躁躁躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁躁躁▼■■▼▼▼▼■■▼躁躁躁
躁躁躁■■■躁躁▼▼躁躁躁▼■■■■■■■■■▼躁躁
躁▼▼■■▼躁▼■■▼躁▼■■▼▼▼▼▼■■■躁躁躁
▼■■■■▼▼■■▼躁躁▼■■■躁躁躁▼■■▼躁躁躁
▼■■■■▼▼■▼躁躁▼■■▼■▼躁▼■■■躁躁躁躁
躁▼■■■■■■▼躁▼■■▼▼■■▼■■■▼躁躁躁躁
躁躁▼■■■■▼▼躁▼■▼躁躁▼■■■■▼躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼▼■▼躁▼躁躁躁躁▼■■■躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■躁躁■■▼躁躁躁躁躁▼■■▼▼躁躁躁躁躁
▼▼▼■■■▼■■■■▼躁躁▼▼■■■■■▼躁躁躁躁
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■躁躁▼▼■■■■▼▼躁躁▼■■■■■▼
▼▼▼躁躁■■躁▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
躁■■■▼■■▼■■▼■■▼躁▼■■■■▼▼▼▼▼躁
躁■■■▼■■▼■■▼▼▼躁躁▼■■■■■■▼躁躁躁
躁■■■▼■■躁▼■■躁躁躁躁躁▼▼■■■■▼躁躁躁
▼■■■躁■■躁▼■■▼躁躁▼躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁
▼■■■躁■■躁躁■■▼躁▼■■▼▼▼躁躁躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁■■▼躁▼■■■■■▼▼躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁▼▼躁躁▼■■■■■■■■▼▼躁躁
▼■■▼躁■■躁躁躁躁躁躁躁▼▼■■■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁■■躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁▼■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


146 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:40:35 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

147 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:41:05 ID:J6/BfuSP
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


148 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:41:36 ID:J6/BfuSP
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


149 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:42:06 ID:J6/BfuSP
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


150 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:42:36 ID:J6/BfuSP
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


151 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:43:06 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

152 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:43:38 ID:J6/BfuSP
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

153 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:48:44 ID:MAN4jmTN
宗教法人が教育機関をつとめるわけではないのに
愛国心教育=特定宗教教育とはいかに。

154 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 17:53:32 ID:tdcDG06X
政治的な愛国心はいいけど、宗教的情操ってのはなんとかしてもらいたい。
日本人は宗教は必要としていないし、必要なら自分で考えて自分で選ぶ。
公教育にカルト宗教なんかが入ってきた日にはたまったもんじゃない。

155 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 19:29:53 ID:p83j1Rz0
俺は>>1のレスをなかなか興味深く読んでる。

AA荒らし・コピペ荒らししてる奴に言いたいんだが、
反論できない=負けを認めたと受け止めていいんだな?

156 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 20:06:43 ID:HKEDVRGL
>>155
> 俺は>>1のレスをなかなか興味深く読んでる。

ありがとうございますm(_"_)m

> AA荒らし・コピペ荒らししてる奴に言いたいんだが、
> 反論できない=負けを認めたと受け止めていいんだな?

【思想統制】=右翼保守思想=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反

こういったものを強引に推進めている者の、代表的な姿だと思います。

157 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 21:06:23 ID:7Zw/YGxJ
>>155
お前がそう思うならそうなんだから、いちいち宣言するなアホ。
つーか、妄想に対して反論する気もおきんわ。

158 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 21:34:10 ID:MAN4jmTN
>>155
>>1さん携帯から乙です

159 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 21:44:40 ID:EzHKOtBv
あまりにもお約束な展開のスレにワラッタw

160 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 22:15:16 ID:p83j1Rz0
>>157
別に批判するのも賛同するのも自由じゃね?
>>158
>>1じゃねーよ。俺に見当違いの非難をするなら>>1にきちんと反論したら?
俺は見守ってるからさ

161 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 22:20:41 ID:yDSkyr+9
ところで、GW前から土日も欠かさず昼夜も分かたず愛世界心と平和共同体確立のため
仕事や勉強その他あらゆる社会的生産的活動を犠牲にして豊富な知識と深い教養と
高度な論理展開と鋭い洞察で大勢のネット右翼たちを薙ぎ払い叩き伏せ論破し続ける
孤高な>>1の活動を、家族や友人、同僚、同級生、恋人とかはどう評価してるの?


162 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 22:32:51 ID:wpANd8bJ
愛国心の盛込みに反対するのはいいが、戦後自虐教育で生まれた害についてはどうお考えで?あれは国民統制であり洗脳ちゃいまんのか?

163 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 22:33:56 ID:HKEDVRGL
>>161
> 愛世界心と平和共同体確立のため

愛世界心については、特に推奨しているわけではありません。
ただ、愛国心教育をするのなら、なぜダイレクトに愛世界心では
ダメなのか?という対案をぶつけているだけです。
いずれにせよ、義務教育での必須とすれば、当然、憲法に抵触します。

【最終世界大戦】平和共同体構想
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1144757591/
については、どういった国防論を持っているのか?という質問に答えた
だけであり、文字通り、まだ構想段階であり、これから皆さんのご意見
を伺い、詰めていこうと思っております。
その話は、当該スレでお願いします。


164 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 22:38:42 ID:HKEDVRGL
>>162
> 愛国心の盛込みに反対するのはいいが、戦後自虐教育で生まれた害
> についてはどうお考えで?あれは国民統制であり洗脳ちゃいまんのか?

そうですよ。

行き過ぎた日教組の反日教育は問題だが、これからの右翼保守思想=特定の国家指定
の愛国心教育=特定宗教は、もっと問題。>>9
もし現体制が、共産、左翼寄りであれば、左翼を問題視しております。>>80
■共産、左翼、日教組の影響
歌うな逆強制という、【恨み】【反発】【トラウマ】>>81
私の場合は、右翼(帝国主義、今の日本)左翼(共産主義、日教組)
両者とも、独裁主義、官僚主義だから目指す思想は一緒なので、
問題視しているのです。>>82


165 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 22:43:00 ID:yDSkyr+9
>>163
いや本論はそーゆーコトじゃなくてだね、ここ約1ヶ月間に渡る
>>1の活動を、周囲の人はどう見てるのかということだよ。

166 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 22:47:58 ID:p83j1Rz0
>>165
それこそ本論とは違うんじゃね?
>>1が学生だかなんだか知らないが、それで彼の議論が
根拠を失うわけでもあるまいに

167 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:03:45 ID:7Zw/YGxJ
>>160
自由ね。あっそ。
じゃ、AA・コピペで1 ◆85KgNR48dAへの賛同・批判を表現するのも自由だろ。
その自由な表現を行っている奴らに対してお前がどう思うが自由だ。それをいちいち確認するな。
お前は1 ◆85KgNR48dAに対して賛同するなり批判するなりあるんだったら好きにしろ。
それがマルチポストでいろんな板に貼り付けられるから、興味深くみといてやるよ。

168 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/30(火) 23:05:59 ID:HKEDVRGL
>>165
まったくのスレ違い発言だし、いちいち個人の行動を監視詮索する行為は、
完全なネットストーカーです。
それに、世間体を気にしろ発言ですか?
時代錯誤もいいところです。

大日本帝国の象徴である日の丸君が代を、未だに国旗国歌としていることは、
他国から見れば、全く反省のない態度にしか映りません。
特に、侵略され、数百数千万人も殺害された極東アジアにおいては、
挑発行為にしか受け止められないと思います。

169 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:09:40 ID:0aTxuGNp
>>168
振り込め詐欺師乙

170 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:37:04 ID:p83j1Rz0
>>167
別に俺のレスがいろんなところで張られてもなんとも思わないぞ。
そんな恥ずかしいことをレスしてるわけじゃないからな。

俺がAAやコピペで荒らされるのを嫌うのは、それが議論につながらないから。
至極まっとうな意見だと思うんだが。

171 :會長:2006/05/30(火) 23:38:50 ID:iTcZzay/
とうとう侵略してきたか・・・

172 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:40:17 ID:l0KB+oXt
1の発言にもともと根拠なんてないだろ。馬だし。

173 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:42:44 ID:p83j1Rz0
>>172
根拠がないと思うんだったら論破するのもたやすいんじゃないか?
なんでそれを書かないのか不思議だ

174 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:45:32 ID:MAN4jmTN
>>170
>>1がそもそも議論に参加しないもんな

175 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:51:00 ID:0aTxuGNp
>>173
反論する人がいても>>1はコピペばかりで議論すらしようとしない。

したがって論破は不可能。

176 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:51:59 ID:p83j1Rz0
>>175
そうかな?じゃあレスされてることだけでも論破すればよくね?

177 :172:2006/05/30(火) 23:52:35 ID:l0KB+oXt
5回ほどレスしたが全部おれの主張を無視した反論だったからこっちも反論するのが馬鹿らしくなった。馬の耳に念仏。

178 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:53:47 ID:0aTxuGNp
>>176
他のスレを見てもらえれば判るけど、それをやってる人はいるんだよ。
でも大抵は無視。

179 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:55:10 ID:0aTxuGNp
誤解無いように書き直すと、

>>176
他のスレを見てもらえれば判るけど、>>1に対してそれをやってる人はいるんだよ。
でも大抵>>1はそれを無視するか曲解している。

180 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:55:56 ID:yDSkyr+9
>>168
> まったくのスレ違い発言だし、
板違いを散々指摘されてる人に言われても説得力皆無w

>いちいち個人の行動を監視詮索する行為は、完全なネットストーカーです。
「気になるなら読まなければ良いのです」って、これどっかに書き込んだよね?

> それに、世間体を気にしろ発言ですか?
世間体と言うか、周囲の評価で取り入れるべきは取り入れ、改善すべき点は
改善すべきでしょおw
「愛国心B」をお勧めする貴方らしくもないwww

> 時代錯誤もいいところです。
自分を心配し、気遣って意見する周囲の人たちの声を無下にすべきでないのは、
時代に関わらず大切なことと思うがどうか。

で、仕事または学業もほっぽって日がないちんち2ちゃんに張り付いてる>>1を、
周りの人はそろそろ本気で心配してんじゃないのか?

>>p83j1Rz0
>>1の活躍に興味があるなら、これずーっと読んでみ。
ttp://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%93G%8D%91%90S&sf=2&andor=AND&H=&view=table&all=on
これだけでも全部を網羅したコトにはならんのだがな。


181 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:57:59 ID:p83j1Rz0
>>179
まあそれは読む人がそれぞれ納得することだから。

182 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 23:59:31 ID:p83j1Rz0
>>180
お前、日本を良くしたいの?それとも>>1一人を中傷したいだけか?

183 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:00:35 ID:0aTxuGNp
>>181
平和共同体構想関係オチスレ
http://ex9.2ch.net/test/read.cgi/net/1148056389/
興味があるなら上のヲチスレもよろしく。
奴の出没スレを網羅(多分)。

日本を良くする云々の前にコピペ荒らしをやめてもらいたいものだ。

184 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:02:47 ID:7Zw/YGxJ
>>170
だから、それならお前がレスすればいいだろ。なんかあおってばっかでトリップもつけないのが自演くさいけどまぁいいや。
あと、関係ない板にコピペで貼られて迷惑被って議論にならないのは>>1がしてること。
AAも>>1がやってることもなんらかわりない。ただの荒らし行為。だからろくすっぽ議論されない。

>>171
會長は政治思想板だっけ? なんか見た記憶ある。

じゃ、寝る。
時間と暇があるなら>>1に付き合うのもいいだろさ。

185 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:03:09 ID:p83j1Rz0
>>183
いやいや日本を良くするための有効な反論がない以上
見てる方は「ああ>>1が正しいのかな」と思っても仕方がない。

186 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:04:16 ID:p83j1Rz0
>>184
俺は浅学非才だからやはり多くの人の意見を拝聴したい。

187 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:10:38 ID:bPKhg73C
>>182
強いて言えば両方かな。まあ「中傷」つーか「嘲笑」の方が当たってるけどw

逆に問うが、これまで見た>>1の発言の中から、どのあたりが「日本を良くする」と
感じられたワケ?


188 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:15:05 ID:GM5pwvfI
>>185-186
日本を良くするための有効な反論がない≠反論に対して聞く耳を持たない
必ずしも一致しない。
少なくとも反論するならもっと誠実さも必要だな。
ただあちこちに自分の意見をコピペするだけでは説得力も何もあったものじゃないな。

>いやいや日本を良くするための有効な反論がない以上
>見てる方は「ああ>>1が正しいのかな」と思っても仕方がない。

>俺は浅学非才だからやはり多くの人の意見を拝聴したい。
有効な反論が無いと判断しているのに「浅学非才」だと?ご謙遜をw

189 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:15:10 ID:yRMqfDCT
>>186
まあ頑張ってくれ。不毛に気付くかもしれんが…。

このスレが初めてなら論破する気起きるが、
20スレ近く似たようなスレを見てると嫌になってくるんよw
レスしてもろくに帰ってこねえし。コピペばっかり張るだけだし。
ここで君に文句言う奴らのそれだけは解ってやってくれw

その上で意見を聞きたいならいいんじゃねえの、と思う。
お前が1じゃなければね。

190 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 00:16:54 ID:B5X+XNbp
>>187
これからの日本の行く末を考えてみても、中国の台頭、アメリカの一極支配、
その中にあって日本自体の地盤沈下と憂うべき事情はいくつもある。

その中でどのような外交を展開していけばいいのか?
これは今度の自民党総裁選でも問われてるように、みんな疑問に思ってる。

その中で、国粋的傾向が強まった方がいいのか、それとも逆がいいのか。
>>1は後者を主張していると思うが、これも一つの見識だろうと思った。
逆の立場からの反論もぜひ期待したい。

俺がいいたいのは、AA・コピペでごまかすなってこと。
ただそれだけいいたかったのに、長いこと邪魔してしまってすまんが

191 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/31(水) 00:16:56 ID:GnT7Z4xY
>>184
> >>171
> 會長は政治思想板だっけ? なんか見た記憶ある。

會長、いたんだ。気づかなかった。
彼は、ここがホームグランド。
政治思想板を荒らしに来ていただけ。


192 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/31(水) 01:32:01 ID:GnT7Z4xY
> 在日の人口は帰化人も含めても日本人口の1%未満でしかない。正確に言うと0.016%
> 2chで良く頑張るね在日はwww
> 日本人の確率は99.946%限りなく日本人が多い。

でも、必死に2ちゃんねるで在日蔑視を繰り返す人達って、
非常に費用対効果が低過ぎる件について・・・

193 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 01:40:35 ID:896NG/zz
>>168
>大日本帝国の象徴である日の丸君が代を、未だに国旗国歌としていることは、
>他国から見れば、全く反省のない態度にしか映りません。

日の丸君が代を廃止せよ、反省の色が見えないという他国とは?
思い浮かぶのは支那朝鮮しかないのだが。

日の丸について言えばどうしろというのか。国旗なき国になれとでも?
それとも新しい国旗でも作れと?
国歌についても同じだ。たまに軍国主義の象徴なんていうアホがいるが、
平安時代に軍国主義があったのかと聞きたい。
どの国の国歌と比べても平和的な内容である。君が代の君はもちろん天皇をさしているが、
別に解釈次第では国民、又は大切な特定の人、家族とでもとれるだろう。
>>1の作ったヘボイ歌詞の新国家に賛同する人間が何人いようか?
仮に採用されたとして世界の笑いものになるのは必至。「2ちゃんねるからできた国歌」として。

そもそも戦争で反省した国は国歌国旗を一新する国際習慣でもあるのか?
だいたい戦争を一方的に「悪い事」だと決め付けている>>1は幼稚だ。
日本の責任は負けたことであって戦争した事ではない。


194 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 01:42:51 ID:bPKhg73C
>>190
> その中で、国粋的傾向が強まった方がいいのか、それとも逆がいいのか。
> >>1は後者を主張していると思うが、これも一つの見識だろうと思った。
> 逆の立場からの反論もぜひ期待したい。

前に書いたことだが、>>1にマトモな提言を期待するなら、チンパンジーに無作為に
キーボード叩かせて源氏物語が出来上がるのを期待した方が遥かにマシ。
>>1の言ってることは相互に矛盾する点がもー、イヤ!って程ある。

たとえば、>>1は思想の多様性を認め合えば無駄な争いは回避されると主張するが、
世界を平和共同体で統一した暁には、言語の統一を悲願に置くと明言している。
>>1の本願は「多様性の容認」ではなく、全人類の文化、思想の均一化である。
加えて、当の本人がそれを自覚して無いため、その言は全体主義者の主張と
根本的に変わるところがない。

> 俺がいいたいのは、AA・コピペでごまかすなってこと。
> ただそれだけいいたかったのに、長いこと邪魔してしまってすまんが

国粋的傾向の高まりを危惧し、善意に基づく現実的な対案を期待する思いは理解できる。

195 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 02:34:52 ID:sKokerO+
いつのまにか1の興味がなぜか在日に移っているな

196 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:44:02 ID:896NG/zz
3 板長 ◆85KgNR48dA age New! 2006/05/20(土) 01:39:01 ID:A04811cS
何だ?
俺様のファンクラブができたのか。

7 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage New! 2006/05/20(土) 01:41:34 ID:cL6h/S0h
>>3
そうです、是非ファン会員を集めてください。

9 板長 ◆85KgNR48dA age New! 2006/05/20(土) 01:42:47 ID:A04811cS
>>7
> そうです、是非ファン会員を集めてください。

それはお前の仕事だ。

10 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage New! 2006/05/20(土) 01:43:25 ID:cL6h/S0h
>>9
は?
お前の仕事?何を寝ぼけて居るんだw


197 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:51:46 ID:896NG/zz
56 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage New! 2006/05/20(土) 13:29:48 ID:fS2p+Mif
オチスレでオチ先のスレ主が煽るよなことは普通しない。
オチにきたら見に行くがレスしなくなるんだよな。
当たり前のことだがオチってwatch 観察するってことかな。

59 板長 ◆85KgNR48dA age New! 2006/05/20(土) 15:41:55 ID:A04811cS
>>56
うるさい

62 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! New! 2006/05/20(土) 16:17:22 ID:xm5aztS0
>>59
ここの人は徐々にそちらへ逝かなくなり生暖かく見守るようになるはずですから、
こちらへ態々(たいたい)お越しになることは無用です。

63 板長 ◆85KgNR48dA age New! 2006/05/20(土) 16:20:02 ID:A04811cS
>>62
このスレは俺様が仕切る。


198 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:56:26 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

199 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:56:57 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

200 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:57:36 ID:896NG/zz
躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁▼■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁躁▼■■躁躁躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁躁躁▼■■▼▼▼▼■■▼躁躁躁
躁躁躁■■■躁躁▼▼躁躁躁▼■■■■■■■■■▼躁躁
躁▼▼■■▼躁▼■■▼躁▼■■▼▼▼▼▼■■■躁躁躁
▼■■■■▼▼■■▼躁躁▼■■■躁躁躁▼■■▼躁躁躁
▼■■■■▼▼■▼躁躁▼■■▼■▼躁▼■■■躁躁躁躁
躁▼■■■■■■▼躁▼■■▼▼■■▼■■■▼躁躁躁躁
躁躁▼■■■■▼▼躁▼■▼躁躁▼■■■■▼躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼▼■▼躁▼躁躁躁躁▼■■■躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■躁躁■■▼躁躁躁躁躁▼■■▼▼躁躁躁躁躁
▼▼▼■■■▼■■■■▼躁躁▼▼■■■■■▼躁躁躁躁
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■躁躁▼▼■■■■▼▼躁躁▼■■■■■▼
▼▼▼躁躁■■躁▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
躁■■■▼■■▼■■▼■■▼躁▼■■■■▼▼▼▼▼躁
躁■■■▼■■▼■■▼▼▼躁躁▼■■■■■■▼躁躁躁
躁■■■▼■■躁▼■■躁躁躁躁躁▼▼■■■■▼躁躁躁
▼■■■躁■■躁▼■■▼躁躁▼躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁
▼■■■躁■■躁躁■■▼躁▼■■▼▼▼躁躁躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁■■▼躁▼■■■■■▼▼躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁▼▼躁躁▼■■■■■■■■▼▼躁躁
▼■■▼躁■■躁躁躁躁躁躁躁▼▼■■■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁■■躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁▼■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


201 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:58:06 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

202 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:58:40 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

203 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:59:12 ID:896NG/zz
躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁▼■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁躁▼■■躁躁躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁躁躁▼■■▼▼▼▼■■▼躁躁躁
躁躁躁■■■躁躁▼▼躁躁躁▼■■■■■■■■■▼躁躁
躁▼▼■■▼躁▼■■▼躁▼■■▼▼▼▼▼■■■躁躁躁
▼■■■■▼▼■■▼躁躁▼■■■躁躁躁▼■■▼躁躁躁
▼■■■■▼▼■▼躁躁▼■■▼■▼躁▼■■■躁躁躁躁
躁▼■■■■■■▼躁▼■■▼▼■■▼■■■▼躁躁躁躁
躁躁▼■■■■▼▼躁▼■▼躁躁▼■■■■▼躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼▼■▼躁▼躁躁躁躁▼■■■躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■躁躁■■▼躁躁躁躁躁▼■■▼▼躁躁躁躁躁
▼▼▼■■■▼■■■■▼躁躁▼▼■■■■■▼躁躁躁躁
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■躁躁▼▼■■■■▼▼躁躁▼■■■■■▼
▼▼▼躁躁■■躁▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
躁■■■▼■■▼■■▼■■▼躁▼■■■■▼▼▼▼▼躁
躁■■■▼■■▼■■▼▼▼躁躁▼■■■■■■▼躁躁躁
躁■■■▼■■躁▼■■躁躁躁躁躁▼▼■■■■▼躁躁躁
▼■■■躁■■躁▼■■▼躁躁▼躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁
▼■■■躁■■躁躁■■▼躁▼■■▼▼▼躁躁躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁■■▼躁▼■■■■■▼▼躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁▼▼躁躁▼■■■■■■■■▼▼躁躁
▼■■▼躁■■躁躁躁躁躁躁躁▼▼■■■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁■■躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁▼■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


204 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 05:59:48 ID:896NG/zz
           )
             (
        ,,        )      )
        ゙ミ;;;;;,_           (
         ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
         ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
        /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:..  ',',;;;_ .、)  、}
        ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
       /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
       ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
       ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′

205 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:00:18 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

206 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:00:54 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

207 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:01:38 ID:896NG/zz
躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁▼■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁躁▼■■躁躁躁躁躁躁躁■■▼躁躁躁躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁躁躁▼■■▼▼▼▼■■▼躁躁躁
躁躁躁■■■躁躁▼▼躁躁躁▼■■■■■■■■■▼躁躁
躁▼▼■■▼躁▼■■▼躁▼■■▼▼▼▼▼■■■躁躁躁
▼■■■■▼▼■■▼躁躁▼■■■躁躁躁▼■■▼躁躁躁
▼■■■■▼▼■▼躁躁▼■■▼■▼躁▼■■■躁躁躁躁
躁▼■■■■■■▼躁▼■■▼▼■■▼■■■▼躁躁躁躁
躁躁▼■■■■▼▼躁▼■▼躁躁▼■■■■▼躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■▼▼■▼躁▼躁躁躁躁▼■■■躁躁躁躁躁躁
躁躁躁▼■■躁躁■■▼躁躁躁躁躁▼■■▼▼躁躁躁躁躁
▼▼▼■■■▼■■■■▼躁躁▼▼■■■■■▼躁躁躁躁
■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼
■■▼▼▼■■躁躁▼▼■■■■▼▼躁躁▼■■■■■▼
▼▼▼躁躁■■躁▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼
躁■■■▼■■▼■■▼■■▼躁▼■■■■▼▼▼▼▼躁
躁■■■▼■■▼■■▼▼▼躁躁▼■■■■■■▼躁躁躁
躁■■■▼■■躁▼■■躁躁躁躁躁▼▼■■■■▼躁躁躁
▼■■■躁■■躁▼■■▼躁躁▼躁躁躁▼■■▼躁躁躁躁
▼■■■躁■■躁躁■■▼躁▼■■▼▼▼躁躁躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁■■▼躁▼■■■■■▼▼躁躁躁躁躁
▼■■▼躁■■躁躁▼▼躁躁▼■■■■■■■■▼▼躁躁
▼■■▼躁■■躁躁躁躁躁躁躁▼▼■■■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁■■躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁▼■■■■■▼躁躁
躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁躁
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■■■■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼▼▼■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■■■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼■▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱▼鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


208 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:02:16 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

209 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:03:01 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

210 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:03:36 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


211 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:04:07 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


212 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:04:41 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


213 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:24:52 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

214 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:25:31 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

215 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:26:03 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


216 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:27:32 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


217 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:28:29 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

218 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:29:01 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

219 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:30:05 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

220 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:31:19 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


221 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:32:27 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


222 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:33:42 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

223 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:35:17 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

224 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:36:07 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


225 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:36:44 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

226 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:37:19 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜

        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

227 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 06:37:50 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

228 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 12:03:10 ID:yRMqfDCT
>「2ちゃんねるからできた国歌」
外患誘致になったとしても宣戦布告したいw

229 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 12:08:00 ID:P+WLdbcj
un

230 :1 ◆w7Q5ywREpw :2006/05/31(水) 13:16:30 ID:gnLyG9V2
韓国や中国の愛国心教育は、正しい歴史認識を踏まえた素晴らしいものだが、
日本の愛国新教育は、悪い歴史認識に基づいたものであり、明らかに憲法違反です!
いい加減に、目を覚ましてください!

231 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 18:32:21 ID:OAoAURa2
>>230
トリップかわっとるがなw

232 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/31(水) 18:32:28 ID:GnT7Z4xY
>>230 ← 偽者


233 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/31(水) 18:32:59 ID:GnT7Z4xY
> なんか変な国になってきたな日本って
> いつからこんな右翼的になったんだよ気持ちわりーな
> 愛国法だの共謀罪だの気持ちわりー
> おまえら表現の自由とかなくなってもいいのかよ
> おまえらの言ってること聞いてるとまるで韓国やら
> 北朝鮮みたいになりたいって言ってるように聞こえる
> 宗教のようなキチガイだな
> いままで通り自由でいいだろ
> なにを変える必要があるんだよボケ

本当に、そう思います。
また大日本帝国に逆戻り。
そしてまた戦争を繰り返しますね。


234 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 19:29:30 ID:dYmWL6QK
さて、そろそろ法学板にふさわしい弁論をお願いします。 (ニヤニヤ

スレ主さん。

235 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/31(水) 19:34:28 ID:GnT7Z4xY
【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反
第19条【思想及び良心の自由】
思想及び良心の自由は,これを侵してはならない。

【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反
第20条【信教の自由】
(1)信教の自由は,何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も,
   国から特権を受け,又は政治上の権力を行使してはならない。
(2)何人も,宗教上の行為,祝典,儀式又は行事に参加することを強制されない。
(3)国及びその機関は,宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

【思想統制】=右翼保守思想教育=特定の国家指定の愛国心教育=特定宗教教育
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憲法違反
日本国憲法 第23条【学問の自由】
【原文】
学問の自由は,これを保障する。

※私の【改正案】
学問の自由は,これを保障し、学問の場は、決して国家権力統制に利用してはならない。

236 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 19:37:14 ID:gnLyG9V2
>>233
おまえ、↓このスレでも暴れてるな。

ワールドカップの社会学――日の丸と不気味な愛国心
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1138283963/

237 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 19:40:28 ID:qIi3gbFN
>>236
ワロタ
サヨクと品チョンの馬鹿っぷりは底なしだなw

238 :1 ◆85KgNR48dA :2006/05/31(水) 19:50:24 ID:GnT7Z4xY
>昔に日本が酷いことをして今でも賠償しつづけてる。なのにまだ責められる。
>海外だけじゃなく国内からも批判をうけている。
>ベトナム戦争で虐殺のかぎりをつくしたアメリカは国際的に賠償をしなかっ
>たのに責められない…なぜ?
>日本はいつまで賠償を続ければいいの?

賠償とか、そういった金の話ではないと思います。
要するに、反省といった気持ちですね、人間としての。

反省の意を表明するため、新生日本を世界にアピールし、
もう危険な国ではないことをアピールし、生まれ変わったことをアピールし、
アジア諸外国に安心感をあたえるべき。

■侵略のシンボル、日の丸君が代を、未だに国旗国歌としていること。
(侵略の反省が全く無い。挑発行為。)
■平和憲法を改悪し、軍拡化し、また軍事国家に戻ることを危惧されている。
(侵略の反省が全く無い。挑発行為。)
■愛国心敵国心教育、国防義務化により、軍拡化し、
また軍事国家に戻ることを危惧されている。
(侵略の反省が全く無い。挑発行為。)
■歴史教科諸問題による、歴史歪曲、歴史美化。
(侵略の反省が全く無い。挑発行為。)
■首相靖国参拝違憲行為。
(侵略の反省が全く無い。挑発行為。)


239 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:03:40 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

240 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:04:13 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

241 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:05:16 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

242 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:05:47 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

243 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:06:18 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

244 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:07:17 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


245 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:08:00 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


246 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:08:41 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

247 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:09:13 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

248 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:09:45 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


249 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:10:28 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


250 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:10:58 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

251 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:11:29 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


252 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:12:00 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

253 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:12:33 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


254 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:17:34 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

255 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:18:33 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

256 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:19:49 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


257 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:20:50 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


258 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:21:57 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

259 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:22:36 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

260 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:23:30 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

261 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:24:22 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


262 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:25:33 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


263 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:26:14 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


264 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:26:43 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


265 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:27:20 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

266 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:27:51 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

267 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:28:23 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

268 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:28:58 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

269 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:33:25 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


270 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:34:00 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


271 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:34:36 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


272 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:35:12 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

273 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:36:20 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

274 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:36:58 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

275 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:37:36 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

276 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:38:19 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


277 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 21:39:21 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


278 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:02:44 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


279 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:03:25 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

280 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:04:32 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

281 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:05:25 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

282 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:06:19 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

283 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:07:07 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


284 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:07:41 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


285 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:08:45 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

286 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:09:55 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


287 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:10:48 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


288 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:12:13 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

289 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:12:54 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


290 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:13:35 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


291 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:15:12 ID:896NG/zz
私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は 吸い込まれたものの硬貨が出ず、
運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もで ないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れると
ころ見てないんや」と いわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻 き込まれてはいけないと考え、
もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように 機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は
見ていたので、さすがに 私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないね ん!」
とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民 の間で悪評を得ていることを知っていた
私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違 うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが
使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、 突然、この運転手は、
道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。
そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに
私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルま で連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、 ちょっとした行き違いはよくある
ことですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合い
の場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、
一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような
丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするでは
ありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、
「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで
、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少し
まともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さが
しだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、
なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、
もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると
、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、
私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。
さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」
と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
151 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ :2006/05/09(火) 22:40:53 ID:P3Tg0VgE
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えて
いる深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき
彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく
質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそら く京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです しょおおおおおおおおお
鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
現在鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱


292 :法の下の名無し:2006/05/31(水) 22:16:14 ID:896NG/zz
.....................................        ___.. __jgggggggggggggjjjjquj,.,,、
                . _,gg瘟躍醴醴醴醴雛醴醴醴醴雛醴醴齟g..
              ...,j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟g,,,、
           _,,,g醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴齟. .
          、j[醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴ggj,...
      ....j醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴飄j、
      瀘醴醴醴醴醴醴醴醴覇囀囀夢夢囀鬻嚶嚶覇醴醴醴醴醴醴醴醴齔
    ...g醴醴醴醴醴醴醴閇^`                  . `` '゚゚『鷦醴醴醴醴醴髟
    漕醴醴醴醴醴鬱゚~                               ゙゚『醴醴醴醴蠶,
    灑醴醴醴醴鬱゚゙ .                                  `『醴醴醴醴$
    醴醴醴醴醴ケ..                                    .゙'..: 『醴醴醴歡
    層醴醴醴歡                                        . .(濁醴醴歡
    醴醴醴醴]['.                                        : `:゙{[醴醴¶
    層醴醴蠶[l'         .、,,..______、            _____. ';゙(}醴醴†
    濁醴醴鏖《'         'f『゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚閂昃'!!       . -忌『『『『門愬タ!i'゙(i層躑
    ..f[醴醴醴』'       _.          ...`:゚'.:     (Jl}~゚       .'.^'゚(li、.'僧歉
    . ‘體醴醴廴,。r、':'`‘「.... _,gg豐齟籬gjljl;ilド   .:゙l:','。;i,g豐醯踰gz.(.(.( i.j|]「
    . ;tqi_゚゚¶醴†`      } ii填閇゚゚゙゚゚゚゚゚『『摂'''^' .   .::、'ヌ}們゚゙゚゚門門轡埣l゙(|遁
    . ゙}}' ゙マl'. ¶$.       ` .  . !!!!!!!!!!!''''^ .. .     . il。゙(`゙゙'゚''''''?ヘ'''''`` ''、ii濬
    、 !) .:..jg_゚[Ii;. .                  _,     . `?)j、         . ._,(,(:ア
      ′、(|『゜.'゚li' .       丶、.,,__.,.,___v!゚` .      '''?テliuv- ..、...、r!i゚(.(0i
        .,゚''' -. '               .、.;,(jIj.....__,._._..,xs,iiu_,..,,I詬i;。.、....、... .(i゙(I
        ``               _._,(ii.lI}l゚(゙'ヲ増嚇jg]獅嬲叛l゚(}}IIID,;';゙;iiIi;ii゙(|
            、           ::.ミ浴?゚(. .     ``'゚タ'゚''''゚''''.!''.(lI泪||I}i.[(l}}Il゙(}
          一' .           :゙(}l}シ.、;;、....、,,__.,uu,。,,,,,ggggj_j,(I}'゚(勿l.[(','i}ソI.
                    . .   ' .(.(.(.()l瘟尸゚゙゚゙゙゙゚゙゙゙゚゚゙゚゚゚゚゚゚゚層鬱浴)).'';ミi.(,(l;ミ.
              . .     . . ::、.、..:.(,(:、''゙゚『咐':'・!・    f負鄂、.:'.(.(>.(,(3i゙(}|I'
              '、..  .、:.、'.:、'.'.'.、.(`' .       : : : : ー;;,(,(i','i.(.(.(.(.(lIIIIIiIIIl゚
                、...、'.:.'.、.'.、.'.、::、.      . `'゙(!!i'ill}ヌミ(i゙'''.、::.(.(iI|}}I||肝
                .゙'.:.'.:i.(.(.(.(i:.:.、'..        ````````  .:゙:;,(jI回回|g.
              ...g、'.':゙(i.(.(.(.(.(.(,(.(、...              .、.:.(jI翩翩謳醴g。
              瀘$ ;.゙'.'` :.(.(.(.(i゚(Il}i:ii;。;: . ...、.、:::;、.:.。;i,(jjjII屈讃醴醴醴醴gg__,.
            .:.g醴蠶g...、...:゙(i.(.('゙(i> ''゚(!!!)llIi:lIIIj翁朋腸認碯醴醴醴醴醴醴醴醢ggj,.,.
      .,,,jgg醴醴醴醴蠶g;;.、.'::゙':''.'ミ.(.(.(.(.(,(iji.iii,ii浴朋器謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛|Ibi、
.:,,jag醴醴醴醴醴醴醴醴醴gg_ . `.' (.(.(.(IIII||瓰蘊槻醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴雛部}l゚(' .
!}}|讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴魎g,,.    ``:゚ヌ惚謳醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛部ケ''`
.'.^'゚(}照讃嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴籃j,.,,,,,g繪醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈雛嫋笏i゚'.'
    '‘('゚(}}}}|讃讃讃雛讚嬲醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴醴靈嬲韜抓l゚(゙'゜
        .゙'.''゚(}郊}}}}照孤讃讃雛雛醴嬲嬲嬲嬲醴嬲嬲嬲嬲雛讃部郊?゚(^`

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)