2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

デムパな理論を法学的見地から批判するスレ3

1 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 01:18:21 ID:sUndZLHz
 素人目には一見筋が通ってるようにみえるが法学的には全然デタラメで
デムパな理論を晒したり、批判したり、ヲチしたりするスレです。

 デムパな理論とは、

「明白に誤った根拠あるいは論理またはおよそ反論可能性のない根拠に基づいた理論」

のことを言います。非法学と呼んでもよいでしょう。

このような理論は、一定の世界観や個人的欲望その他の理由により
しばしば一定の結論を前提として主張されていますので
そのような観点から探すとよいかもしれません。

あくまでデムパ理論をつまみに楽しむスレであり
デムパな人をつまみにするわけではありません。
したがって人ではなく理論についてデムパかどうかを判断してください。

なお,ウヨサヨネタや中韓ネタは法律的関連性みたいな観点から原則禁止します。
そのような書き込みがあっても反応せずにスルーしましょう。

デムパな理論を法学的見地から批判するスレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1095458363/
デムパな理論を法学的見地から批判するスレ2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1119776633/

2 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 01:52:58 ID:+q77S1xM
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/178-179
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/184-186
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/189-190
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/198
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/201
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/204
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/218-222
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/230
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/240-241
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/245-246
これだけ弁護士を便腰と誹謗中傷しておいて

【自由学位】株式会社イオンド大学 8【ゼニゲバ】
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1146249694/245

探偵事務所使って私生活暴いて反論を封じ込めると言ってのけるからには発信元を突き止められても
訴えを躱すデムパな理論があると思われます。どう批判したら良いのか皆目検討もつきません。

3 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 01:58:25 ID:4+zjuKsy
原則として、このスレに「デムパな箇所・内容」を記載して、
URLはその補助に用いることになっているんでは?

4 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 02:37:02 ID:YTnsBFJd
>>1
乙。勝手にコピペした。反省はしていない。

以下はスレの対象外
・オレがデムパだと思う法学理論を批判してくれ
・デムパなオレの理論を批判してくれ
・理論にすらなっていないただのデムパ
・ヲチ対象者のスレの乱入


5 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 07:59:07 ID:ulSh79A5
即死回避

6 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 11:45:33 ID:6gRs8OB6
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/blog/1142832441/941n-

7 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 16:22:49 ID:k4b5Sjc0
[これはひどい]

8 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 19:40:14 ID:hDaAXHNf
非法学じゃなくて似非法学だって…

9 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 23:08:39 ID:OUBdC05X
デンパ理論は人権擁護法案関連でお腹いっぱい

10 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 01:31:43 ID:Pl2QXRAN
たいていは無知で無恥なだけで理論にすら達してないけどな

11 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 02:04:28 ID:Uz/dLFnn
>>10
そこが面白いんじゃないかw
条文を誤読→無知故の間違った論証もどき→言いたい偏向結論
というのが基本形だね。でも最近は憲法ネタばかりだねえ…


12 :法の下の名無し:2006/05/30(火) 20:58:51 ID:KVa5k0N1
憲法12条違反で違憲とかワロスwww

13 :法の下の名無し:2006/06/02(金) 00:39:47 ID:EbVUCTNr
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因Part3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1148552708/l50

ここでもオチしてみないか?

14 :法の下の名無し:2006/06/04(日) 02:20:03 ID:RSqdHXx9
最近書き込みが無いな

15 :法の下の名無し:2006/06/05(月) 05:42:23 ID:I89vhtGq




16 :法の下の名無し:2006/06/16(金) 18:56:09 ID:GtdAzCo7
【裁判】 「お年寄り回避の義務怠る」 歩き同士で93歳女性と27歳女性衝突→27歳女性に780万賠償命令★5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150437484/

379 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/06/16(金) 18:33:30 ID:2AXyLJFjO
>>372
他のひとは知らんが俺は
条文に根拠のない義務をでっち上げた
大嶋洋志裁判官の恣意性を疑問視している。

注意義務が条文にないのに、大嶋洋志裁判官の個人的道徳観を一般化して
誰もが従うべき規範としていることが
非常に危険だと感じる。

なぜ行政書士講座で、法律は条文から、としつこい位教えられるのか
もし法学部にいくことがあったら罪刑法定主義について考えて欲しい。

もし現行法で注意義務を明文化した条文があるなら
俺は780円の損害賠償に何ら文句はない。



17 :法の下の名無し:2006/06/17(土) 04:57:42 ID:CuGlzO0Q
(^ワ^)

18 :法の下の名無し:2006/06/17(土) 15:32:09 ID:VrWNMatk
なんか行書貶めるために書いたネタ文にもみえるなw

19 :法の下の名無し:2006/06/22(木) 01:54:05 ID:Q16okTGQ
行書の合格体験談には

「民法は難しいから捨てましょう」

とか平気で書かれているくらいだから仕方ないな。


20 :法の下の名無し:2006/07/08(土) 18:06:01 ID:mU5JjSyw
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50556376.html
mu そもそも朝鮮学校は一条校じゃないわけでしょ
初 一条校になれないんです
mu いや、なるつもりがないんですよ
初 なりたくてもなれないんです
mu なぜですか
初 一条校になると文部省の定めた・・
mu あたりまえでしょ!!
初 なんで?
mu 政府がコントロールできるから補助金が出るんですよ。公の支配に属さない学校に補助金を出すのは憲法違反です
初 ほーーー。それなら、全ての私立学校に対する補助金は違憲ですね
mu いいですよ。全部国公立にすればいいじゃないですか

21 :法の下の名無し:2006/07/08(土) 21:08:32 ID:AWdgU7GI
((笑))

22 :法の下の名無し:2006/08/04(金) 09:56:11 ID:GqxEoMns
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1017015293/

23 :法の下の名無し:2006/08/06(日) 10:16:27 ID:wWzxMCJl
ここに晒しとこっと♪
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1152637598/l50

108 :法の下の名無し :2006/08/06(日) 08:23:31 ID:JuQNwozT
>>104
禁止規定とは、例えば、「20歳未満は喫煙してはいけない」という
ようなもの。では、「20歳未満で喫煙した者には10万円以内の罰金を課す」
という規定は?これは禁止規定ではありません。なぜなら、この規定は
20歳未満の喫煙者が存在するということを前提事実として認めたうえで規定しているからです。
ただ、20歳未満の喫煙を禁圧してその数を減少させるという間接的波及効果は有していますが。
刑法は後者の方の規定。殺人を禁止しているわけではなく、むしろ殺人者は存在するという
ことを認めたうえでの規定です。刑法が国民の行為規範だなんてトンチンカンなことを言ってる君、
少しは理解できたかな?

24 :法の下の名無し:2006/08/07(月) 00:11:34 ID:Zz3Ior5u
そういうことを言いたがるお年頃ってあるよね

25 :法の下の名無し:2006/08/07(月) 00:38:21 ID:2NMEdRsu
むむ。年頃か。
ジジイもずいぶんいるみたいだけど。

26 :法の下の名無し:2006/08/07(月) 01:31:14 ID:yvLZVCSt
刑法に行為規範性がないなんてどこの素人が言ってるのか・・・
と思ったら、法学板住民かよorz

27 :法の下の名無し:2006/08/07(月) 02:30:21 ID:75DUOEn2
ここに狂ったDQNがいます(ノA`)
ビシッと言ってやってください

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1154334009/189

28 :法の下の名無し:2006/08/07(月) 02:35:36 ID:tC7cDt9+
 ttp://plaza.rakuten.co.jp/sweetrendezvouz/diary/200607070000/

 何、都合よく解釈してるんですか。
30年前の長沼ナイキ訴訟札幌高裁判決以前に、札幌地裁が「違憲と言っている」んですよ。
高裁が憲法判断を「しない」と決めた事実は、地裁の「違憲と言っている」判断を「言わない」と変更するという判断無しには起こり得ません。
札幌地裁判決が存在しなければ、あなたのような主張もアリですけど、存在する限り通用しません。
そして、この後司法はこれを否定する判断を示したことはない。
よって「合憲」と読むか意見は分かれるでしょうけど、少なくとも「違憲とは言わない」が司法の判断ですよ。

 頭がクラクラするぜ。

29 :法の下の名無し:2006/08/07(月) 04:38:39 ID:Tr67GoqI
>>28
ネットウヨが粘着していたと思ったら、ブログ主を無視して喧嘩が
始まっていてワロタ。


30 :法の下の名無し:2006/08/13(日) 01:09:09 ID:xWvkS3IQ
迷惑行為を「法に触れていないから」と言って正当化し、
反論する相手を「お前がおかしい」などと決め付け得意気なこいつを、
どなた様か論破してくださいませm(__)m
↓↓↓
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1154334009/779

31 :法の下の名無し:2006/08/13(日) 01:20:32 ID:lGkV1pSp
>>30
ここはそういうスレじゃねーんだよ
死ね

32 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 20:45:36 ID:LKsKGU90
はてなブックマークでも刑法は裁判規範であり、行為規範ではないのだという話題が1ヶ月くらい前に数件あったよ。
結果無価値論の教科書は読んだことがないのだけど、行為規範性を全く否定する学者というのはいないの?

この話題を始める人の80%は小室直樹読者だと思う。

33 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 21:36:00 ID:Ki4NpKJ/
>>32
ここは自分のデムパを放つスレではないのでご遠慮願いますか?

34 :法の下の名無し:2006/08/15(火) 05:07:04 ID:z1AVEIsQ
76 :法の下の名無し :2006/08/05(土) 15:13:23 ID:axS1rBZ0
判例法は慣習法と同様に不文法に属するといわれるが判例集のような形で文字化しているから
準不文法というべきではないか。


35 :法の下の名無し:2006/08/16(水) 03:40:48 ID:9Shb4DpS
>>34
ワラタ。
口語伝承でないと不文法ではないとは斬新だw


36 :法の下の名無し:2006/08/28(月) 23:44:52 ID:YHfWHepa
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dog/1156686392/
197 :わんにゃん@名無しさん :2006/08/28(月) 15:56:03 ID:roTZas9k
>>194
動物に権利を認めろなんて言ってない
動物に権利を認めないなら
動物を殺すのは犯罪にすることはできないって言ってるんだよ

権利を認めていないにもかかわらず、動物を殺す行為を犯罪にする
動物愛護法は人権を不当に制約するものなんだよ。

公共の場で殺してはならないぐらいにしないと違憲で無効だよ。
663 :1(偽) :2006/08/28(月) 22:40:34 ID:roTZas9k
>>653
動物愛護法が
他人の権利を侵害しない形での猫の殺害に対して刑を科したら
そんな動物愛護法は違憲だと言ってるんだよ。



37 :法の下の名無し:2006/08/29(火) 06:56:15 ID:lnT0T+7S
善解すると動物に人権がないというのなら動物愛護法は正当化できないという議論じゃね?
動物愛護法の保護法益論というのは確かに難しい問題ではあるよね。

38 :法の下の名無し:2006/08/31(木) 17:44:44 ID:jqEJiCu4
一生懸命勉強したらしいな、ってことだけは分かったw

39 :法の下の名無し:2006/09/01(金) 20:59:47 ID:XkOG9yrX
デムパ理論というには足りないなあ。
もうちょっとこう善解の余地のない真性のデムパ理論はないものか…。

40 :法の下の名無し:2006/09/05(火) 15:40:11 ID:IHQ45lJd
靖国参拝違憲判断は違法・違憲・でたらめ#1
http://www.youtube.com/watch?v=ytlb95c3qXc

靖国参拝違憲判断は違法・違憲・でたらめ#2
http://www.youtube.com/watch?v=h0sNN0geKlo


41 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 19:17:50 ID:25jr1GvX
デムパだね〜。

42 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 12:31:42 ID:dK2bZ3gk
小林よしのり「ゴー宣・暫 第二幕第三場」(「SAPIO」2006年9月27日号)より。

(サンフランシスコ講和条約第11条のJudgementsは「裁判」ではなく「諸判決」と訳すべき、
 という、東京裁判否定派がこだわる例の主張をした上で)
 
 ではこれが「判決を受諾したら裁判も受諾したことになる」という風に飛躍できるのか?
 この話は国内法を考えてみればすぐわかる。常識があればわかる話なのだ。
 裁判では最終的に「判決」が言い渡され、「判決理由」が付けられる。
 ある裁判で言い渡された「判決」を受容したら、「判決理由」まで自動的に認めたことになるのか?
 冤罪を主張する権利まで奪われるのか?
 我が国の民事訴訟法では「確定判決は主文に包含するものに限り既判力を有す」と既定している。
 当事者を拘束するのは「主文」だけである。
 「判決理由」には既判力はない。
 これは文明諸国の法の一般原則である。
 東京裁判では「death by hanging」などと「判決」が言い渡される前に、ウェッブ裁判長がほとんど
 検察の主張丸写しの「長い長い前文」を読み上げ、そこで「判決理由」として、「共同謀議」とか
 「平和への罪」などの根拠なき理由が述べられたわけである。
 国内法においても、裁判で有罪「判決」が出て、強制的に刑の執行を受容しなければならなくなった
 としても、それが即、殺人などの「判決理由」までを当事者が受容したことにはならない。
 ソクラテスもガリレオも裁判で有罪「判決」を受け、刑に服したが、だからと言って「判決理由」まで
 受容したことになるか?
 マスコミは「狭山事件」の被告が服役したことが、「判決理由」まで認めたことになると主張するつもりか?

43 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 14:32:08 ID:gSVnZ5ix
あらあら。

44 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 22:52:59 ID:kfa2bYnf
>>43
ピザのトッピングにポテトは欠かせない、まで読みました。

45 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 23:54:04 ID:6qYjC5ez
既判力ワロタ

46 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 00:02:27 ID:7oaMFHNu
つか新堂先生とか野蛮人扱いか・・・かわいそうに

47 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 03:10:51 ID:lQP27F8e
東京裁判は既判力ないんじゃね?

48 :法の下の名無し:2006/09/16(土) 02:56:02 ID:svv01MYu
ウヨのなかでもコバの、そのまたご本尊はデムパ度合いが違うなあ。
味わい深いw



49 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 20:28:40 ID:LDnJfwFG
安倍晋三氏が今朝の日曜討論で、日中平和条約に関して、「条約締結にあたって言われたことは
前提にはならない。文書化された(条文化されたの意味)ものだけに意味がある。これは外交の
国際常識です」と言ってたね。(ビデオに撮ったわけじゃないので文言は正確じゃないですが。)

これ、典型的なデムパだね。国際条約の解釈を巡る法学者や外交代表のプロフェッショナルな
議論を見れば、各国代表の国際会議での発言等、条文に含まれない発言を解釈上の重要な
手がかりにしていることがわかります。

慣習法、判例法を基本とする国際法とは違って、成文法に固執する日独の法学でも、
ルーツになるローマ法で「口頭による契約も有効である」、「暗黙の契約も有効である」
としていることに異論は無いでしょう。裁判になった時に口頭や暗黙の契約は立証が難しい
というでけの話でね、法としては有効なんだという基本が解ってないんだなこの人は。
こういう人を首相にして大丈夫なんだろうか?

50 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 11:10:14 ID:TqP0i4XE
安倍は存在そのものがギャグだから。
だったら日韓基本条約の交渉過程も安倍からしてみればスルーするのだろうか?
いやそこはと都合よく持ち込むのだろうか。どうもこの人が外交の場でトンデモ発言
しそうで怖いね。

51 :法の下の名無し:2006/09/19(火) 16:29:32 ID:1is7GRzq
ローマ法を学んだこともないローマ法が君ってのも面白いものだなぁ

52 :49:2006/09/19(火) 19:09:39 ID:u49KIo3m
>どうもこの人が外交の場でトンデモ発言しそうで怖いね。

困ったねえ。
外交で大失態をしでかしても、国内的には「また安保理で拒否権持ってる大国が
日本の権益を無視した。日本も核武装しなきゃ外交なんかやっていけない」みたいな
展開になりそうで、ほんとに危ないね。

>ローマ法を学んだこともないローマ法が君ってのも面白いものだなぁ

ローマ法はありがたいことに、ローマ字読めるとわかるんだよ。

53 :法の下の名無し:2006/09/20(水) 13:45:29 ID:/bh6SDgs
また体を張ったネタ作りかよw

54 :法の下の名無し:2006/09/20(水) 22:17:39 ID:/yoBEOHs
>安倍は存在そのものがギャグだから。

安倍晋三氏、文藝春秋の5月号対談で「ダヴィンチ・コード」を気に入ってると
言ってたんでこりゃヤバいなあと思ったんだが、どうしようもないね。

55 :52:2006/09/21(木) 20:30:37 ID:sWUJV604
>>53
>また体を張ったネタ作りかよw

なんだか「その筋」の方々のモノの言い方、真似たみたいですねえ。
ローマ字読めるとね、たとえば Quidquid abstringendae obligationis est,
id nisi palam verbis expromitur, omissum intellegendumest; ....
(D45, 1. 99 pr. <Celsus libro trigensimo octavo dogestorum>)
というのが一応音読できてキーボード入力できるわけでね、近頃はこれで
ググルと日本語の意味が出てくる(かもしれないw)。

ところが<あいうえおかきくけこ>がひらかなカタカナで読み書きでき、
<いろはにほへと>をさかさまに暗唱できる外国人でも、漢字の読み書き
入力ができないと(たいていの場合はこれなんだな)「禁中井公家諸法度」
という文字を見ても調べようが無いのだね。

これも日本と諸外国の法的相互認識を阻害している要因の一つだな。溝のこちら側
では、どーせガイ人にはわかんないだろうてなことで、日本国内だけで通用する
国際法理論を展開する名誉教授がいたりする。

56 :52:2006/09/21(木) 20:37:07 ID:sWUJV604
「その筋」で思い出したんだが、ワカクシが中学生だった頃、御学友で
「その筋の人」を兄に持つ少年がいたのだが、その兄君によると、「シロート
が青筋立ててヤッパ握りしめてるほど怖いことはない」というんだな。

なんだかすごいリアリティーがあってね、感心したのだが、それでワタクシも
青筋立てるってのはこんなもんかなとか、すぐさま鏡に向かってやってみたんだね。

なんだか近頃の日本の外交、安全保障政策というのはそんなノリじゃないかって
気がしてね、これは世界第二位の経済大国としてはかなりヤバイんじゃないかと思うぞ。


57 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 09:31:06 ID:kSdbjJut
軽く揚げ足取っただけで発狂しちゃうんだもんなぁ…
しかも本人まだ気付いてないしw

58 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 09:38:10 ID:kSdbjJut
後タイプは正確にw
dogestorumて何w

59 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 23:28:24 ID:pffalqUw
338 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/10/02(月) 22:52:02 ID:zIT5nRav0
>>253
事後にこそ共謀罪は有効。
実行犯以外の人間も根こそぎ捕まえることが出来るし
知っていて通報しなかった人間も捕まってしまうのが
浸透すれば事前の通報も期待できるようになる。

342 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/10/02(月) 22:57:51 ID:zIT5nRav0
>>337
それは勘違い。
今は犯罪の計画があることを知っていただけでは罪に問えない。

共謀罪はマスコミが事前に犯罪情報入手してそれを黙ってたら
マスコミごと一網打尽にできるようになる。
下手に取材源の隠匿して朝鮮人テロリストを擁護してると共謀。

60 :法の下の名無し:2006/10/03(火) 01:41:30 ID:d4kedLP/
デムパな理論というよりデムパだな・・・

61 :法の下の名無し:2006/10/03(火) 22:17:49 ID:xONsye+W
むははw

62 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 23:37:59 ID:/rRx9JFW
今朝のNHK日曜討論で森本敏が「臨検というのはもともと戦時国際法から出てきたもので」
とか言ってたけど、これデムパだね。

普通の国際法の教科書見れば公海での国際違法行為容疑、特に海賊や奴隷取引、正しい旗国旗を
掲げていない等というのが「臨検」の対象だと書いてある。海賊行為や奴隷取引は古くから
確立された国際犯罪で戦時国際法とは関係なくそのようなものとして取り扱われてきた、
というのも国際法教科書の歴史的説明の部分に書いてある。

「臨検」を即、戦時国際法と結びつけるのは、戦前ドイツの戦争法オタクの特徴だな。
なんでこんな奇妙な知識が日曜の朝から公共電波に流れるんだろうね。まあ、2ちゃん的に
言えばNHKがデムパなのだそうだが。

63 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 04:04:52 ID:MCr9Jleg
  死刑の必要ない社会の実現  
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1160144454/328(過去ログ)

328 名前:死刑反対 ◆G10zQMdncg [sage] 投稿日:2006/10/09(月) 02:31:50 0
>>326
その瞬間、誰かの命が奪われようとしている時、
その命を守る為、相手の命を奪う事はあり得ると思う。
それ以外、どんな危険な人間でも、その瞬間に危険ではない命を奪う事は殺人です。

>全くの自己都合で人を何人も殺めた犯罪者をどのように社会は扱うべきなんだ?
まず、その犯罪者がどのように生まれたのか? を社会は理解するべき。
一部の人間だけではなく、社会全体が理解することが必要だと思います。
その理解が得られたら、加害者の原因が理解できたなら、
加害者からその原因を取り除き、囚人として一生、償いの人生を送らせるべきと考えています。

労働を与え、その収入を経費に廻せば、かけるお金を節約できます。
犯罪及び、犯罪者を理解する事で、予防策的な知識が社会にもたらせると信じています。
囚人が苦しい一生を送る事、それを社会が認識する事で、犯罪抑止力になるし、
加害者が生きて償う事で、被害者遺族に癒しを与えられる可能性が生まれます。

犯罪者の命でさえ奪わない、という価値観が、その価値観から得られる智恵が、
教育の場で活かされると思っています。

64 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 04:06:10 ID:MCr9Jleg
続行 現スレ
【命の重さ】どうなる日本の死刑制度 2【償い】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/court/1161081097/

65 :法の下の名無し:2006/10/25(水) 01:57:03 ID:ZjbwUpGq
森本敏教授は民営軍事請負会社(PMF:Private Military Firms)についても
おかしなこと言ってたね。
戦闘地域で在外公館や海外要人を護衛する警備員は軍の制服を着ていないと
ジュネーブ条約上問題があると。

んなことあるわけない。ジュネーブ条約だと医療施設の警備員でさえサブマシンガン
持つ事を容認してるのにな。こういう無知なハッタリオヤジが日本の防衛政策に
関与してるのかと思うと背筋が寒くなる。というか税金払う気にならない。

66 :65:2006/10/25(水) 02:00:33 ID:ZjbwUpGq
とはいうものの、漏れは民営軍事請負会社の多用に賛成というわけじゃない。
去年春のピーター・シンガー、フォーリンア・フェアーズ論文以来欧米でもPMF
の問題を指摘する声は高いけど、森本教授のような見当はずれの批判をした人は
見たこと無い。

67 :法の下の名無し:2006/10/27(金) 01:44:32 ID:nRB+QH/B
 児童相談員は、国から給与をもらって、通報に基づく児童救済をする機関である。

 兄弟に対する虐待及び地域住民からの複数の通報という、児童虐待の高い蓋然性を示唆する事実があったにもかかわらず、家庭訪問さえしていなかったという事実は、相談員の職務怠慢を示すものである。

 そして、その当然なされるべき職務言い換えるなら税金を払う国民から当然なされるであろうと予想される職務を行わなかった。

 地域住民からの通報があれば児童相談所には調査する義務があるのであれば、その義務を放棄することは、保護監督責任があるにもかかわらずなすべきことをなさなかったと解せられるのではないか。つまり、不真正不作為犯となるのではないか。

 したがって、当該児童相談所の担当職員は業務上過失致死の不真正不作違反で起訴される必要があると思います。告発状、書いちゃおうかしら。

68 :法の下の名無し:2006/10/27(金) 10:40:17 ID:7ShZQVbX
ヲチ対象の書き込みはご法度

69 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 03:40:07 ID:HzTisoLh
http://www.youtube.com/watch?v=W0q1aO4_zbA
戦争犯罪「日本国憲法」を受け入れた宮澤俊義こそ戦争犯罪人!
http://www.youtube.com/watch?v=p5HTHt0jJg4
日本国憲法無効論 小山常実
http://www.youtube.com/watch?v=xTt8byzQBJU
http://www.youtube.com/watch?v=43pHyb7Vjrc
http://www.youtube.com/watch?v=qb08HBs8kxA
改憲派は「保守」派ではない!小山常実 1〜3
http://www.youtube.com/watch?v=KgLzW2aWKWg
(提言)憲法無効宣言の後、明治皇室典範の改正を!渡部昇一

70 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 15:45:35 ID:BbsC0zDI
>69
種と畠って、現憲法が無効になったら不敬罪なんじゃないかこの発言w >渡部昇一


71 :法の下の名無し:2006/10/31(火) 15:27:47 ID:d5s/0IlF
>>63
別にデンパじゃないな。普通の主張。

>>65
これも、デンパとは違う。
用語を不正確に使用しているだけ。

楽しいスレなんだけど、ネタ探すのが難しいな。

72 :法の下の名無し:2006/10/31(火) 15:28:26 ID:d5s/0IlF
失礼、
上の>>65は >>67に訂正。

73 :法の下の名無し:2006/12/04(月) 19:56:07 ID:ZjTrhIGA
はてなブックマークで見つけた。

24 名前:氏名黙秘[age] 投稿日:2006/12/03(日) 19:55:12 ID:???
>>7
我が国は法の支配の下にあり、また価値相対主義(憲法13条、99条)
の下にあるから、立法府の制定した法律は合憲性の推定がはたらく(憲法
41、65、76条、権力分立1条、前文1段国民主権)から、下級審は
基本的に違憲判決をだすことができないんだよね。違憲判決だせんのは
最高裁だけなんだよね、事実上。それなのに下級審で違憲判決をだしたら
地方の裁判所の支部とかいわゆるドサ周りさせられんだよ。
それに、判事同士いろいろ言われてたたかれるんだよ。だから違憲判決
だした判事が退官した後、その後の手記を書いた本があったんだよね
「ロバになれなかった裁判官」とかだったとおもうかど。百里基地訴訟
は有名だよ

竹中省吾氏自殺 住民基本台帳は違憲でないのか
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1165141633/24

74 :法の下の名無し:2006/12/05(火) 18:40:19 ID:7WnGjTfU
おやおやw

75 :法の下の名無し:2006/12/15(金) 20:51:09 ID:UJNvRNmD
本人が否認していて  そもそも証拠も無いのに  死刑
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1166174822/

76 :法の下の名無し:2006/12/26(火) 17:57:35 ID:qyfM7LAI
最近、人文系の知識人がアメリカ憲法を語るときによく出てくるネタ。   

◆ アテネの民主主義は共同体の互酬性にもとづくものであり、たとえば、北アメリカ先住民のイロコイ族にもそのような
   直接民主主義が見いだされます。実際、彼らの民主的統治原理が、アメリカ合衆国の創設において模範にされたといわ
   れています。
                               柄谷行人『世界共和国へ』(岩波新書、2006年)55頁
   
◆    平和憲法をつくりだしたアメリカ人の発想の中には、アメリカ先住民の考え方が色濃く影を落としているようなのです。
   このことは、最近は日本でも気づかれだしていて、先住民文化を研究している星川淳さんも、『魂の民主主義』(築地書
   館)という本の中で、そのことに言及しています。
    アメリカの建国精神は、ヨーロッパ生まれの人権思想や立憲思想とは違うタイプのものです。その違いがどこから発生
   したかというと、それはアメリカというトポス(場所)だと思うんです。北アメリカの五大湖からニューヨーク州のあた
   りにかけて、かつてイロコイ族という巨大部族が住んでいました。イロコイ族はいろいろな小さい部族で成り立っていて、
   十一世紀頃は、部族同士血で血を洗うような戦いが続いていた。その乱世に平和の道を説く人々が現れて、長いときを経
   て部族を統合するイロコイ連邦をつくります。いわゆる平和同盟です。そして、部族のリーダーたちが集まるイロコイ長
   老会議で、永久に平和を維持していこうという「イロコイ連邦憲章」が生まれる。このアメリカ先住民たちがつくった
   「イロコイ連邦憲章」の精神の中には、日本国憲法にそっくりなところがいくつもあります。
    ジェファーソンやワシントンのような、アメリカの建国を担った人々は、ヨーロッパの自由思想であるフリーメーソンの
   影響を受けていますが、これと、アメリカ先住民のイロコイ同盟の考え方が結びついたところにアメリカの建国精神が形成
   されてきた。つまりアメリカ建国の精神じたいが、そもそもアジア系の先住民の思想との合作であったわけです。
                           
                  太田光・中沢新一『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書、2006年)66頁以下(中沢発言)

77 :法の下の名無し:2007/01/10(水) 08:03:11 ID:Dgu5qq/e
新ネタまだぁ〜?

78 :法の下の名無し:2007/01/10(水) 14:18:53 ID:OyoT94Ia
>>76
ときどきこういう原住民ネタ言うひといるよね。
やっぱり間違いだったんだな。

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)