2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

基礎法一般

1 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 00:35:53 ID:Jj3umtDA
法制史、法思想史、法哲学その他もろもろの基礎法学。
学生時代にもっとやっておけばよかったと後悔することしきり。
そんな人いませんか???

2 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 07:12:41 ID:zNIFdiWJ
    -‐‐- 、       , -‐‐- 、       , -─- 、
    /     ヽ     /       ヾ    ∇ ,ア  ̄ ̄ ヌ、
   !  ! 人|,.iノl_ノ)    |  インノリハリノ )    |ミミスメハリ从ハ i
   i  乂-‐ −! i     i Gi -‐  −!       |ミ,lノ -‐ −i、l`
   \ヽ ゞ⊂つノ'      ヽi   ⊂つ ノ      | | il、 ⊂つノi!
     ``フ i´         ``フ i´         .| | |li フ i´ l|
        / \ノゝ         /_\ノゝ        .| | |li./ \ノゝi|
     /__i |丱!_|、       / ,  l -゙、      ゝ |l/__i |丱!_l、
基礎法はマターリいきませう。

3 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 22:40:53 ID:aKRqcdO4
法律って守らなくてもいいよね?
だって法律を守らなければいけない、という法律はあるの?

4 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 22:42:20 ID:7MEfh0i9
憲法31条かな・・・?


そういえば藤倉スレが4レスでご臨終・・・
なむなむ

5 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 23:13:04 ID:BIEK0iJ3
流れてないからマジレスするが

>>3
法律を守らなくてはいけないってことはない。ひとつもない。
守らなかったらしかるべきサンクションが発動するだけ。

まあ、倫理的に守るべきルールは個人的に守ってもいいんじゃないのか?

6 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 12:15:28 ID:No2ktnTo
>>5
説明にも何にもなってね〜!!

>守らなかったらしかるべきサンクションが発動するだけ。

って・・・何故法律を守らなかったらしかるべきサンクションが
発動するのかが解説されていない。
これは法律は守らなければいけないという事が、暗黙の了解となっている
ことだろ?

第一質問は「法律を守らなければいけない、という法律はあるの? 」だぞ!
答えは「ある」か「ない」かだろ。
「ない」だったら「法律を守らなくてもいい」
「はい」だったら「法律は守らなければいけない+《その理由》」
万人に理解できるように答えてみそ。

7 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 15:35:45 ID:CQvN/I8S
「法律を守らなければいけない」ことと
「法律を守れ」という内容の法律の有無とは連動しない。
法律を守れという法律がなくても、法律がある以上
法律を守らなければならない。

誰も守らないルールなら、それを作る必要はない。
法律が制定されることは「法律は守るべきだ」ということを
前提としているのである。したがって、法律が実効力をもつならば、
法律の遵守は当然となる。

8 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 20:13:16 ID:ZqIPX8pr
>>7

これも何の解説にもなってね〜!!

>法律を守れという法律がなくても、法律がある以上 法律を守らなければならない。

だからその理由を分かるように答えてみろって。
まあ、「何故法律を守らなければいけないの?」の質問の答えに、
「法律を守らなければならない。」というフレーズが入ってる時点で、
理解されるわけがない。


>法律が制定されることは「法律は守るべきだ」ということを 前提としているのである。

これも同様に・・・「誰が好き?」の質問に「好きな人が好き」と同レベル。

9 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 20:40:35 ID:Taq+VNA4
難しいね。

>>6の答えから言えば、「ない」が妥当かな?
「ある」だった場合、「『法律を守らなければいけない、という法律』
を守らなければいけない、という法律はあるの?」という疑問に
とって変わるだけで結局何も解決しないからね。
でも極論を追求するなら>>5の意見になるんじゃない?
賞味期限切れの食糧を食べて腹を痛くするのはおのれの責任。みたいな。

10 :法の下の名無し:2005/07/14(木) 12:45:54 ID:oikndxi7
裁判官は法と良心にのみ従わなければならない。
これは憲法76条3項に書いてある。

一般人に対して、法を守れという法律は無い。
だけど、守らなければ、法に従ってなされる裁判で負ける。
それが嫌なら守るしかない。

もっとも、常識人の心理としては、「法があるからそれを守る」ではなく、
「そうしなきゃなきゃいけないから守る」といった漠然とした意識に従ってるように思われる。
特に道徳と法が一致してる部分について。

11 :法の下の名無し:2005/07/15(金) 00:41:37 ID:TYDa8XFA
まあちなみに5なんですけど、
第二質問は釣りっぽかったからスルーしたんだが
そういうことならできるだけ誠実に書いてみる。

まあつまり
>>9さんの言う
>「ある」だった場合、「『法律を守らなければいけない、という法律』
>を守らなければいけない、という法律はあるの?」という疑問に
>とって変わるだけで結局何も解決しないからね。
ということに尽きているわけで。循環しちゃうことになる。

法律を守らなくていけない「理由」自体はたくさんあると思う。
刑法でいう「自然犯」(殺人とか「悪い」ことをすること)を禁止する法律と、
長谷部先生あたりがよく言っている「調整問題」(車がどっち側通行か決めるとか)を解決するための
法律とでは「守らなくてはいけない理由」はぜんぜん違うわけだし。
細かく類型化していかないと答えは出せないと思う。

という感じで理解してもらえるのかな?
まああれだな、法哲学で言う典型問題の「税金の徴収と強盗はどう違うのか」とかにも
繋がっていきそうな問いですが。

12 :法の下の名無し:2005/07/15(金) 01:08:42 ID:4RnBWtYg
>>11

>法律を守らなくてはいけないってことはない。ひとつもない。

>法律を守らなくていけない「理由」自体はたくさんあると思う。

だいぶ違うぞ(w

13 :法の下の名無し:2005/07/16(土) 01:18:25 ID:t6nFRUKx
>>12
うん、そこは反省しているwwwww

>法律を守らなくていけない「理由」自体はたくさんあると思う。
ってのは、うん、間違いですね。
言い訳をさせてもらうと、
ここでは「一般的に法律が守られている理由」って言えばよかったんだな。

5はそれを踏まえたうえでの極論で、でもそれはあくまで一般レベルの話であって、
特定の個人が「法律を守らなくてはならない」とは言えないんじゃないかと言いたかった。

まとめると、法律が守られているのはそういう義務があるからではなく、
人々がいろんな理由で法律に従うことを
任意に選択しているからとしか言いようがない。
けどそれはあくまで任意に選択されている以上、
特定の個人に「法律を守らなくてはならない」という
義務を押し付けるものではない。
ただ、法律を守らなければサンクションが発動することは
覚悟しなくてはいけないよね、ということになると思う。

14 :法の下の名無し:2005/07/16(土) 01:53:00 ID:t6nFRUKx
ただこの議論って「法律」というよりあらゆる「ルール」についても同様になりたちうる議論です。
とすると、今まで(少なくとも私が)やってきたことは実は
「ルールって守らなくてもいいよね?
だってルールを守らなければいけない、というルールはあるの? 」
という問題に対して、おもに法領域を念頭に答えてきただけということになります。
その結論は「ルールを守る理由がある人はルールを守ることになるが、
誰かに対してルールを守れと義務付けることはできない」というきわめてトリビアルなものになっていて、
すごくつまらないことになる。


15 :法の下の名無し:2005/07/16(土) 02:17:06 ID:t6nFRUKx
このつまらなさを乗り越えて法哲学的に意味のある議論をするためには、
なんらかの工夫をしなくてはならないと思います。
具体的には「ルール」ではなく「法」ないし「法律」の固有の性質に基づいて
議論を展開していくことになると思いますが、その方向で頑張れば
少しはおもしろい結論が見えてくるのかなという気も。

論理的には「守らなくてはならない」を緩く定義(たとえば『ある個人にとってそのルールに
従うことが倫理的であるときには、そのルールを「守らなくてはならない」と言えるとする』とか)
した上で、全ての人にとって倫理的に妥当だと言えるものだけを「法」として認め、
それ以外は「法」でないとする態度をとれば、『全ての人は「法」を守らなければならない』
と言えることになるわけで。
しかしそこから『全ての人は「法律」を守らなければならない』とは言えないんで、
それを言うためには「法律」が「法」である必要があることになる。などなど。



16 :シ去の下の名無し ◆7C6w1Vp/Xg :2005/07/16(土) 02:34:17 ID:D/spYsgR
ルーマンの法システムの自己言及からスタートですか。

法律の中身に存立基盤を求めていくことには限界があるんじゃないかね。

17 :法の下の名無し:2005/07/18(月) 04:37:48 ID:HaHnr+G1
法思想史
日本法制史
東洋法制史
西洋法制史
ローマ法
法哲学
法社会学

この辺の手ごろな入門書はないですかね?


18 :◆u0ZYnEjMF6 :2005/07/18(月) 08:59:34 ID:eoKn7f3C
法思想史
加藤新平「新版 法思想史」、近代以降は別の本で補うように。

日本法制史
東洋法制史
西洋法制史
岩村等他「法制史入門」(東洋は知らん)。

ローマ法
船田享ニ「ローマ法入門(新版)」くらいしか選択肢がないのでは。未読。

法哲学
平野 仁彦他「法哲学」、平井亮輔編「正義」

法社会学
和田安弘「法と紛争の社会学」とか?

19 :法の下の名無し:2005/07/18(月) 09:58:52 ID:uOhcyNVp
法社会学は六本が改訂(放送大学テキストベース)されたので,それで決まりだろう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641027943/qid=1121648265/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-1396019-9240322

20 :法の下の名無し:2005/07/26(火) 16:48:12 ID:8hseW31B
age

21 :法の下の名無し:2005/11/27(日) 00:36:53 ID:ekW8+mAW
>>14

ルールの存在意義を考えよう。
サッカーのゲームに参加するには、サッカーのルールを
守らなければならない。
ルールを無視して手を使えば、もはやサッカーは成立しなくなる。
ゲームに参加するのなら、ルールは守らなければならない。



22 :法の下の名無し:2005/11/27(日) 22:00:56 ID:F++nFDzI
社会を成立させるためでFA?

23 :法の下の名無し:2005/11/28(月) 20:23:12 ID:0xHHVnCO
>>17
あえて>>18猫 ◆u0ZYnEjMF6 氏とは違う角度から行ってみよう
入門書、というにはやや専門的なものもあるにはあるが

法思想史
三島淑臣『法思想史〔新版〕』青林書院 現代法律学講座3

日本法制史
牧英正・藤原明久編『日本法制史』青林書院 青林法学双書
東洋法制史(これといって優れた入門書/概説書が思い当たらない。割愛)
西洋法制史
勝田有恒・森征一・山内進編著『概説 西洋法制史』ミネルヴァ書房

ローマ法
ピーター・スタイン(屋敷、藤本、関 共訳)『ローマ法とヨーロッパ』
ミネルヴァ書房 MINERVA21世紀ライブラリー

法哲学
田中成明『法理学講義』有斐閣 か
笹倉秀夫『法哲学講義』東京大学出版会
>>18猫 ◆u0ZYnEjMF6 氏の挙げている平野『法哲学』もいいと思う

法社会学
碧海純一『法と社会―新しい法学入門』中公新書
他に適当なテキストが思いつかない

24 :法の下の名無し:2005/11/28(月) 21:41:24 ID:PpQmjZru
岩波から中国法制史の本が最近出た(復刊?)けどどうかな。
基礎法全くワカンネ。

http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN4-00-021873-5



25 :法の下の名無し:2005/12/08(木) 23:45:20 ID:G2uQZ6Xn
基本的なこと聞きたいんですけど、
法哲学と法思想の違いってなんなんですか?

26 :法の下の名無し:2005/12/26(月) 02:00:14 ID:VMVZBRrC
>>25
同じではないか、どちらもアリストテレスから始まってる。
ただ、学部レベルでは、法哲学は、法とは何かを根源的に考える学問であり、
法思想史では、それだけではなく、その時代の諸要素(法社会)をも考慮し
て分析的に暗記する学問、と私は認識している。

27 :26:2005/12/26(月) 16:09:25 ID:n8wT6mL1
一例を挙げよう。
例えば、「正は不正に譲歩せず」といったのは、プーフェンドルフとされてい
るが(日本での通説)はたして本当にそうなのであろうか。一般に彼は自然法
学者とされているが自然法と彼のいったとされる言葉は矛盾しないだろうか、
むしろ、同時代のへーゲリアーナのベルーナがいったんじゃないかとかんがえ
他方が、すっきりするんじゃないのかな、それでは、へーゲリアーナの考え方
とは・・・・・などと調べていくことが法思想史であり、調べた結果、へーゲ
リアーナの根本思想を問い詰める≠フが,法哲学なのではないのか、・・・
どっちでも同じかな、要するに、先生の都合によってきまるのかな。

28 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 17:53:06 ID:rKklJcQr
もしも会社法にご関心がありましたら・・・

***100万人の会社法スレ***
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1137314809/

29 :法の下の名無し:2006/04/30(日) 00:02:20 ID:a26OhrYh
なんきょう

30 :法の下の名無し:2006/06/24(土) 18:39:43 ID:YJWvKgTk
西洋法制史

31 :法の下の名無し:2006/06/24(土) 20:50:36 ID:VsAW7DRw
日本の基礎法学は法社会学を筆頭に、完全に「民科」に支配されている。
いまさら戦後民主主義から社会主義への二段階革命論を学んでもしょうがないだろ?

32 :法の下の名無し:2006/11/18(土) 02:02:02 ID:nuF/JSTz
日本の憲法学も、「民科」に支配されている。

33 :法の下の名無し:2006/12/21(木) 23:38:19 ID:13d6wHHl
旧司口述落ちでひまなので基礎法学の本を読みたいのですが、
おすすめは>>18-ですかね?

34 :法の下の名無し:2006/12/24(日) 10:07:37 ID:OdM6a8oj
暇な場合は岩波文庫で古典でも読んだ方がいいんじゃね?
>>18以下はいつでも読めるし。

35 :法の下の名無し:2006/12/25(月) 15:08:42 ID:OhhvA2hb
法思想史
三島淑臣『法思想史〔新版〕』 青林書院 
田中成明他『法思想史〔第2版〕』 有斐閣 

法哲学
平野仁彦他『法哲学』有斐閣 有斐閣アルマ
笹倉秀夫『法哲学講義』 東京大学出版会
碧海純一『新版 法哲学概論』 弘文堂

法社会学
村山眞維他『法社会学』 有斐閣アルマ
六本佳平『日本の法と社会』 有斐閣
六本佳平『法社会学』 有斐閣

日本法制史
(通史)
牧英正/藤原明久編『日本法制史』 青林書院
(近代)
山中永之佑編『新・日本近代法論』 法律文化社

東洋法制史
小口彦太他『中国法入門』(第1部 伝統中国の法制度) 三省堂
仁井田陞『中国法制史[増訂版]』 岩波書店
滋賀秀三『中国法制史論集―法典と刑罰』 創文社 ※論文集

西洋法制史
勝田有恒他『概説 西洋法制史』 ミネルヴァ書房
クヌート・ネル『ヨーロッパ法史入門―権利保護の歴史』 東京大学出版会

ローマ法
船田享二『ローマ法入門 新版』有斐閣

36 :天ノ川 創:2006/12/25(月) 15:09:49 ID:CY09nGYX
アマテラス降臨!

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)