2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

   憲法訴訟   

1 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 20:04:37 ID:w6vFdwHL
憲法訴訟?なにそれ?おいしいの?
意味わかんない。

当事者の利害にかかわる → 主張可
当事者の利害に関係ない → 不可

ってだけでしょ、

憲法訴訟などという項目を立てている本は
燃やしてヨシ。

憲法訴訟など書いてる学者は民事訴訟法を
勉強しなおセ。

2 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 22:27:41 ID:ytKmfr1z
釣りなのかなんなのかようわからんスレだけど今後に期待か
というわけで>>2げと

3 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 00:54:43 ID:kzwUHs/0
>>2
釣りではありません。本気です。

Vamos a 焚書。
Let’s 焚書。

こんな参考文献どうぞ。古いけど。

安念潤司「憲法訴訟の当事者適格について」(芦部還暦第2部)

4 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 01:04:12 ID:QSZO0qo6
nyu

5 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 01:04:49 ID:QSZO0qo6
今だ!メタルスライムが適当な番号をゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄≡≡。+  . . .。.:゚・ *
   ∧ + 。 ≡。.  。. 。.:*・゜゚・*
  (゚ー゚ *)≡≡.:*・゜゚・;;≡≡≡
        ̄ ̄  . .。.:*・゜. .。.:*・゜
      ズザザザザーーーーーッ



6 :パチプロ 受験生:2005/04/27(水) 04:29:37 ID:VWdpuq6M
 今の憲法の花形研究テーマである。司法試験の論文でも、一題はでる
よ。キーワードは、佐藤幸治の『法原理機関』。この言葉のお陰で思考
経済上大変楽になった。

7 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 15:47:08 ID:WfxCc7XO
> 当事者の利害にかかわる → 主張可
> 当事者の利害に関係ない → 不可
>
> ってだけでしょ、

> 意味わかんない。
だろうね

8 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 19:52:33 ID:YkB8NyBp
学界ではもう憲法訴訟の研究はとっくの昔に停滞してる

9 :パチプロ 受験生:2005/04/27(水) 23:23:16 ID:XkRwYXDd
松井を読め

10 :法の下の名無し:2005/04/28(木) 01:34:18 ID:RylworHF
そうだ!『法原理機関』こそ槍玉にあげるべき!
わけわかんねーよ!


ところで「憲法訴訟」と「憲法裁判」の用語について説明して

11 :法の下の名無し:2005/04/28(木) 02:41:49 ID:ypEoKaaB
>9
あん? その一言で学界状況知らないのがまる解りだ

12 :法の下の名無し:2005/04/28(木) 23:29:22 ID:7OigSGnz
そうなのだ。学会ではもう停滞しているのだ。

それも、きっと

当事者の利害にかかわる → 主張可
当事者の利害に関係ない → 不可

ってだけでしょ、

ということに、気が付いたからに違いない。
なのになのに、
何で教科書にはもっともらしく

a.特定第三者の権利を援用する場合。
b.不特定第三者に違憲的に適用される場合

とか書いているんだよ。

みんなで燃やそうぜ。



13 :CONTROVERSY:2005/04/29(金) 00:01:41 ID:zrQU0dw3
憲法訴訟での第一関門は、訴えの提起の入り口のところである。主観
訴訟は特に問題ないが、客観訴訟には、case or contoroversyがあるか
であるが、例えば住民訴訟、などは、case or contoroversyがあるとは
いいにくいが,case〜を擬制するだけの実質を備えているので、法原理
機関たる裁判所が審理する条件が十分そなわっているのである。

14 :大嘘つきハッケソw:2005/06/16(木) 22:11:25 ID:jDymdkeZ
3 :法の下の名無し :2005/04/27(水) 00:54:43 ID:kzwUHs/0
>>2
釣りではありません。本気です。


15 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 00:09:43 ID:32JchSHS
>>13
その実質とやらを法的に説明できる香具師は少ない


16 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 12:15:44 ID:VNpQbGez
戸松先生の「憲法訴訟」は芦部と親和性ありますかね?

17 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 17:54:33 ID:BaPvGk2G
602 :名無しの心子知らず :2005/08/18(木) 17:38:05 ID:U09113gt
>>598
法律が現実を乖離しているときも改正しなくてはならないが、
法律と憲法が矛盾しているならやはり法律を改正しないといけない。

>>599 600
男性が助産師に不適切なら、妊婦が拒否する、病院が採用しない、男性のなり手
がないそういった現実からの規制がかかるだろう。それは正当なんだけれども、
少なくとも法律のレベルで規制をかけてはいけない。職業選択の自由の趣旨を
男性助産婦問題にあてはめるとこういうことになる。

法律を勉強したことのある人なら容易に理解できることだ、しかし、
キモイとか変態だとかばかり言ってる君たちの頭で理解できるかな?



18 :法の下の名無し:2005/12/18(日) 14:19:40 ID:KOST3urY
司法権の対象は主観訴訟に限定され、
客観訴訟は法律によって裁判所に特に付与されたものとの
理解が妥当ではないかい?

19 :法の下の名無し:2005/12/24(土) 14:47:56 ID:YJgFKrm9
民事訴訟が当事者の利害に関わるのは当たり前だが、
司法の概念自体が当事者の利害と関係してると考える必要はあんまりないと
思うんだけどね。
砂糖工事の「法原理機関」という説明って、
当事者に利害があることが司法権の
発動の十分条件になるという説明にはなっても、
必要条件になるという説明にはならない気がするんだよね。

つか憲法訴訟って停滞してんの?
高橋和之説の登場でホットイシューになってるのかと思ってた。

20 :法の下の名無し:2005/12/25(日) 02:07:19 ID:oyxC32sI
ちょっと変型した形でイシューになってるね

立憲主義か民主主義か、みたいな
憲法訴訟の正当性根拠みたいなところに後退してしまった希ガス

こういう樋口的な議論の立て方が生産的とは思えないんだが、
従来の憲法訴訟論よりは面白いことは面白いんだよね

21 :法の下の名無し:2006/01/04(水) 18:43:32 ID:60+jWksq


日本愛国心!




22 :日出ずる処の愛国者:2006/07/13(木) 10:49:19 ID:Qt7bftuj

戦前=精神力があれば戦争に勝てる。

戦後=平和憲法があれば戦争にならない

どっちも現実無視の精神論

23 :法の下の名無し:2006/07/13(木) 19:15:39 ID:ql8RrIwH
何かあったの?

24 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 01:21:06 ID:o80NynuC
戦争する気か?
断固、絶対、反対〜!

「はだしのゲン」、これをよく見ろよ。漫画で分かり易く表現している!
書店で買って読めよ。

動画でもある。 パソコン TV ギャオ
http://www.gyao.jp/

アニメである。子供、家庭や学校でも見せないと!
恒久的に名作だ!

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/?login_from=shityou&contentsId=cnt0005878&rateId=bit0000002&chapterNo=&recommend=1&contents_id=cnt0005878

25 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 17:52:18 ID:/DHoPh+e
糞スレ終了

26 :あちょー:2006/11/20(月) 13:58:43 ID:FPW9XYR9
日本国憲法
人身保護法
国会議事録
山椒

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)