2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦前の日本と北朝鮮の類似性。

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:04:27 ID:mZZyq5Q30
そろそろ、いいよね?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:05:37 ID:mZZyq5Q30
北朝鮮って戦前の日本によく似てるよね。
TVじゃほうそうしてないけど
あの国の普段の放送は日本のNHKそっくりなんだよ。
日本じゃ「キンデンジャンアー!」とか叫んでんの
しか放送してないけれど。

ある意味情報操作だよね、これって。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:11:42 ID:ZUcwV0KG0
そりゃ朝鮮と日本の合同国家なんだろ?大日本帝国わ。
朝鮮の庇護者であった大日本帝国がマトモな訳ないじゃん。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:12:27 ID:mZZyq5Q30
あと、戦前日本が国際連盟脱退した時の新聞の見出し。
今の北朝鮮の論調そっくりジャン。
(そこら辺、日本史の教科書参照して)

誰も賛成しないだろうけど、裕仁=キムジョンイル説を俺は支持する。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:15:10 ID:IudpM3hL0
残念だけど、北朝鮮は戦時体制下の日本を確実に真似ているだろうな。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:16:37 ID:mZZyq5Q30
今後の北朝鮮と日本の関係は
さながら、
どちらの車が崖っぷちにより近いかを競うチキンレースの様相を
かもし出すと思う。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:17:08 ID:RK6f0NP/O
大日本帝国なめとんのかコラ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:18:10 ID:jpAM+GMC0
見事にチョン臭いヤツしかいないスレだなw

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:23:27 ID:YHl3lAEj0
もうね、昭和16年に入ってからの焦りまくってる頃の
週刊朝日とかサンデー毎日の雑誌も異常なのばかりで泣けてくる。

世界情勢と地理の専門誌の世界知識だとかなりマシ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 19:28:56 ID:B8JflzSyO
似ている部分も、まあ、あるんだが、日帝についての知識が圧倒的に足りない奴がこれを唱えてるとむかつく。
雰囲気で言うな、と。たんに貶したいだけちゃうんかと。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 09:54:05 ID:jDGqkgqD0
圧倒的に違う部分がある。
戦前日本はやせっぽちでも相当強かった。
北朝鮮はやせっぽちな上本当に弱い。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 16:22:28 ID:2Ce7JWOKO
ミサイル発射後に、外交官が「軍が勝手にやったことだから知らね」とか言ってたよな。
陸軍が独走しだした状態にそっくり

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 17:31:19 ID:mp9/qMZh0
日本より、ドイツ、イタリア、ソヴィエトのような全体主義国家の方が
はるかに北朝鮮に似てるだろ。 強固なイデオロギーの一党独裁、警察国家、
一政治指導者の個人崇拝・・・・   

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 18:44:07 ID:KMAy/foB0
何言ってるんだ?
大日本帝国と北朝鮮が同じなわけ無いだろ。
天皇陛下と金正日を同じにすんな。

昭和天皇は独裁者でもなければ、戦争賛美の馬鹿でもないぞ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 19:21:20 ID:JNPOvRfcO
キムの豚だって戦争賛美なんかしてないぞ。

独裁者よりも民度の低い国民一般のほうが、
概してよっぽど好戦的だったりする。
同じ戦争で負けるにしても、
あるひとりの国民が命を失う可能性より、
独裁者が権力を失う可能性のほうがよっぽど高いでしょ。
国民一般からしてみれば
ワールドカップの自国代表を応援するのと同じノリで、
まさか自分が悲惨な最期を遂げるとは思っていない。

その意味では、議会を国民のガス抜きに利用し、
議会と政府との間の影響力を遮断してきた明治政府のテクニックは、
当時としてはベストの判断だったといえよう。

日本人が自らの力を顧みず、
それをぶち壊したのが大正デモクラシー。
北朝鮮や中国は独裁国家で国民が可哀想、
なんて言ってるアホたれは、
戦前の日本の失敗から何も学んでいない。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 22:56:10 ID:kN+ZsCwkO
今の南朝鮮も似てる、檀君と神武とか外国を見下してるとこ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 19:32:46 ID:24m/Vk8/0

陸軍の独走も主旨が違う
天皇とキムも違う
貧しさも違う
違うところ言い出したらキリがない
似てるの情報操作と軍服のセンスぐらいだな。
このスレを立てたヤツも情報に踊らされてるだけ
これは糞スレだな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 20:14:56 ID:Et/1jZ8jO
クソスレ(^∀^)万歳

戦前を嫌悪する日教組が北鮮・中共は賛美!
学校の先生って本当バカだよな!
バカの癖に人にものを教えるなよ!
氏ね氏ね〜

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 17:07:26 ID:tQicW10E0
「北朝鮮と台湾の関係」 核廃棄物

 http://www10.plala.or.jp/shosuzki/korea/timetable/timetable5.htm
  1996年

  3月 貿易当局者が台北を訪問.コメ10万トンの支援を要請.
    台湾当局は2万トンの援助方針を決定.

  1997年

  1月 北朝鮮政府,
     台湾の原子力発電所の核廃棄物の貯蔵を引きうけることとなったと発表.


 http://japan.nonukesasiaforum.org/japanese/backno/no25/taikan.html
  核廃棄物の輸出を許さない!
  台湾が他国の敵とならないために

施信民 (台湾環境保護連盟・台湾大学教授)

   台湾電力が放射性廃棄物の北朝鮮への輸出を決めた問題は、
  韓国政府および人民の抗議のもと、国内外で非常に注目を浴びている。
  台湾政府はこの取り引きが「合法的な商業行為」であることを強調している。

  1997/02/22

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 17:08:30 ID:tQicW10E0
「北朝鮮と台湾の関係」 核廃棄物2

 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm
 http://72.14.203.104/search?q=cache:Dgo-61n9W8sJ:nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm+%E6%A0%B8%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2

  日本財団 図書館
  1997/06/10 世界週報

  必ずしも足並みがそろわぬ米側の対応

  加えて、四月一二日、李登輝総統は、イギリスの賓客との会見の中で、北朝鮮問題とそれに関する台湾の対応策に
  言及したといわれる。だが、かねてから話題となっていた台湾の核廃棄物を北朝鮮で処理する問題については、
  既述のギングリッチ米下院議長ですら李登輝総統との会見で抑制を促したもようである。
  そして、ここにきて中国も再びそれに対する台湾への反対の圧力を強め、逆に李登輝総統は、
  北朝鮮への「現実外交」の一環として、「人道的配慮としての」食糧援助や経済援助などの
  指示を出したといわれるが、台湾の北朝鮮政策はまだ定まったものにはなっていない。


 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/140/1540/14002051540001c.html
  第140回国会 国際問題に関する調査会 第1号
  平成九年二月五日(水曜日)     午後一時開会

  ○参考人(田中明彦君) 東京大学の田中明彦であります。
    〜
  ただ、それでも依然として米中関係にはさまざまな問題があります。とりわけ、以下に述べる台湾海峡の問題、
  それから香港問題等が本年のやはり重要な点になろうかと思います。
   台湾海峡につきましては、御案内のとおり、李登輝総統が選挙に勝利されて就任して以来、特に現在、
  台湾独立を直ちに言うということはなくなってきていますけれども、外交活動は依然として積極的に
  行いたいという姿勢であります。北朝鮮に対して核廃棄物を引き受けてほしいというような動きも、
  一面では中国にとってなかなか好ましくない動きのようにも受け取れると思います。

  (1998年)

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 17:09:05 ID:tQicW10E0
「北朝鮮と台湾の関係」 核廃棄物3

 http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/1970/106.html
 http://72.14.203.104/search?q=cache:fGTRJadVGccJ:www.roc-taiwan.or.jp/news/week/1970/106.html+%E6%A0%B8%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=6
  陳水扁総統第二回記者会見全文
  七月三十一日(総統府大礼堂にて)

  問:最近、台湾電力公司は北朝鮮に
  低濃度の核廃棄物処理施設を設立すると発表した。

  旧政権はこうした計画を一つの通常の商業取引と見なしていた。
  新政権はこのような計画を新たに認知するのだろうか。
  あるいは別の新たな方法があり、また第四原発を廃止しないのなら、
  新政権は他に前向きな方法を持っているのだろうか(ドイツ通信・アントイ)。

  中華週報 1970号 2000.9.14


 http://www.ne.jp/asahi/kai/kac/Taiwan_calendar_2002.htm
  5月 2日
  核廃棄物:中国が台湾から引き取り同意_協議書に調印(毎日)
  2002年

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 22:03:00 ID:no+/6WBY0
戦前でも普選運動や護憲運動などの行われた大正デモクラシー期だとか昭和初期の
政党内閣時代は今の北朝鮮とはだいぶ違う感じがするが太平洋戦争開戦後のいわゆる
戦時中は当時の新聞の論調やラジオによる大本営発表、様々な資料などで見る限りやはり
今の北朝鮮と非常に似ていたというように感じる。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:11:24 ID:Ba41Mx/t0
シビリアンコントロールの一面だけをとって似ていると言うのも如何なものか。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 08:57:37 ID:CcJcRN+g0
北朝鮮が弱いとか言ってるのはどこの馬鹿だ?
核兵器あんじゃん。

あと、北は核の標準に日本ねらってるんだろ?
アメリカじゃなくて。
これってさいじめの構図、だよねぇ?
弱い奴には何してもいいって言う。
2chで言われてたけどいじめって言うのは
仲間同士の共食いなんだと。
密閉された空間で他に誰も助けを呼べない場合
共食いしだすんだとよ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 08:58:27 ID:1zBLIaxO0

日本の家族会さえいなければ今頃とっくに国交正常化してた
北朝鮮を巡る世界情勢も今ほど緊迫してなかっただろう
拉致被害者家族会がどれだけ日本の国益を害したか分かるか




横田の糞ババア死ねや。


中古40女のめぐみなんざ、生きちゃいまいが、
万一生きていたら即刻惨殺処刑しちゃってくださいな。
>北朝鮮さん







横田の糞ババア死ねや。


中古40女(臭せぇwwwっうぇwww)のめぐみなんざ、生きちゃいまいが、
万一生きていたら即刻惨殺処刑しちゃってくださいな。
>北朝鮮さん





26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 08:59:55 ID:CcJcRN+g0
しかし北はなんで拉致なんてしたんだろうな?
戦前の日本もアメリカ人拉致とかしてたんかな?

情報収集?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 09:15:32 ID:1k/Z3TbF0

 「国防国家建設の必要」 陸軍省情報部 (昭一五・八・二一)
http://sizuka.at.infoseek.co.jp/201-kokubou.htm

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 09:57:05 ID:CcJcRN+g0
>>日本の家族会さえいなければ今頃とっくに国交正常化してた

この発想は、核兵器におびえると出てくる。
まぁしかたないけどね。

日本は現在強盗につかまっている状態なんだよ。
拉致被害者と同じくね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 10:41:34 ID:FTyH+teR0
>>24
ホントにあんのかよw

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 11:36:14 ID:CcJcRN+g0
>>29
バカは黙ってろ
じゃあなんでこんだけされて日本は宣戦布告しねーんだよ。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 11:40:29 ID:CcJcRN+g0
ミサイル頭越しに飛ばされて
女子高校生拉致されて
核開発宣言されて

なんで怒らないの?日本

32 :くそつまんない冗談:2006/10/06(金) 15:14:55 ID:/oTTe6Tp0
ある日、アメリカちゃんとロシアちゃんと中国ちゃんと韓国ちゃんと北朝鮮ちゃんが
賭けをしました。
誰が最初に日本を怒らせるかです。

まず韓国が「まかるニダ」と言って、
勝手に海上にラインを引き竹島を捕り、激しい反日活動をしました。
…日本は怒りません。
次に北朝鮮が「まかせるニダ。ウリが一番ニダ」と言って、
日本人を拉致し、日本国内に工作員を送り込み、テポドン発射などで挑発しました。
…これでも日本は怒りません。
次に中国が「甘いアル。この勝負中国がいただきなのら」と言って
尖閣諸島の海底資源を盗掘し、内政干渉まがいの反日を繰り広げ、さらには
原潜で日本の領海を侵犯しました。さすがにこれは戦争に発展しかねません。
…しかし日本はこれでも怒りません。

アメリカ「日本人は化け物か?!」
ロシア「なんか他にやることある?」
アメリカ「…あるかな?憲法も押し付けたことあるし…。」
ロシア「じゃあ核攻撃しかないな。」
アメリカ「それもうやった…」

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 15:29:58 ID:TjZ9tvJNO
>>30
馬鹿はお前だ!日本は、憲法で交戦権を放棄してるじゃないか!小学生からやり直せ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 15:39:33 ID:YbqY9xIE0
日本に二千年以上続く天皇家があり、それがつづいていくかぎり、
日本人の根幹は揺らぐことはないよ!!日本の歴史は一朝一夕で出来た物ではないし、
今に至るまでご先祖さまが積み上げてきた膨大な民族性の貯蓄があるからな
建国してから歴史の浅い国がどんなにがんばってもこの凄まじい長さの前には
無力だと思うが・・・・

35 :名無し:2006/10/06(金) 17:15:29 ID:anUe6g5L0
北朝鮮はスターリンの落とし子である。日本とは何の関係もない。
政治体制は日本が立憲君主国であったのに対して個人独裁である。
政治思想は日本が自由民主主義であったのに共産主義である。
文化は伝統を発展させ世界に冠たるものであったが、北には文化は
宣伝意外に存在しない。
日本は二千六百年も続く皇室を仰いでいるが、金は三代前の氏素性も
知れない馬の骨である。すぐに滅びて忘れられるだろう。
違いすぎてまったく話にならない。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 17:54:03 ID:FTyH+teR0
>>30
へぇ〜。あの北朝鮮にそんな技術がねぇ・・・ニヤニヤ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 18:04:46 ID:p9M5Ux3C0
ってかさ日本の認識は
アメリカが株暴落して日本に開戦を強要だよね。
今の北朝鮮とアメリカ
開戦を強要してるのはどっちだと思う?


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 18:06:37 ID:p9M5Ux3C0
>>33
その憲法9条はアメリカの糞女が作ったんだぜ?


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 18:16:58 ID:FTyH+teR0
アメ公が作ろうが誰が作ろうが今現在日本の憲法になってしまってるからショウガナイ。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 20:50:42 ID:VbaB6WWo0
スレの趣旨に戻るが。

そもそもプロレタリア独裁体制自体が、資本家階級や封建貴族といった「敵」との闘争を
前提とした一種の戦時体制。
まして北の場合は自分から実際にアメリカおよびアメリカの傀儡とみなしている南を敵だといって、
南の「解放」をうたってるんだから、戦時下以外の何物でもなかろう。
(考えようによっては戦時下にあるという自覚のない今の南よりマトモともいえるw)

あと、日本の戦時体制が、間接的にはソ連の経済体制を真似ているということもある(ソ連→満州国→日本
という経路)。北朝鮮も言うまでもなくソ連をモデルとした国家だし。
こうしたことを考えれば、戦時期の日本と今の北朝鮮が似ているのは不思議な事ではない。

まあ、他にも国際的に孤立し、経済的にも困窮した状況(そこにいたる経緯の相違はさておき)とか、
反米(恨米?)イデオロギーとかも大きいけど。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 00:05:43 ID:ZdJQCf6H0
北と戦前日本の類似だって?何が言いたい?
戦前日本は土地や財産は私有化していたし、私企業の発達も高レベル。トヨタだって松下だって
この時代に力をつけた。類似性は少ない。
戦時中はさすがに少し似ているが、これは総力戦をしてるんだから仕方が無い。
それに毛沢東時代の中国も似ており、独裁社会はどこも似たようなもの。
ことさらに北と日本を結びつける必要はない。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 11:10:28 ID:gNRG9OVw0
キムジョンイルって言う存在は
立憲君主制なの?
身分が違うわけではなく同じ人民なんだし?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 11:12:40 ID:gNRG9OVw0
それとも共和制?


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 11:17:25 ID:gNRG9OVw0
何が言いたいって
NHKと朝鮮放送が瓜二つだって
言いたい。
なんでそこを認めないの?
CNNだってBBCだってブラジルIPCだって中華放送だって

ここまで似てない。

知ってる?あの叫んでいる人のバックのスクリーンの青色は
実際はコンピューターグラフィックや風景が流れてるんだよ?
なのになんで日本の放送局は処理の施される前の
青いスクリーンのまんまの映像入手できるの???
TVKのsakusakuで全身青いタイツきた男がサイコロ人形うごかしている映像手に入れてたら
つながりがあるんだなって、普通に思うでしょ?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 22:50:03 ID:eDs5jsij0
「・・・すめらみことは、戦ひにおほみずからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、 獣の道に 死ねよとは・・・」
(「明星」明治三十七年九月号)

以上は、日露戦争当時、雑誌「明星」に発表した与謝野晶子の有名な
「君死に給うことなかれ」の一部。このとき晶子も雑誌「明星」も当局から
は一切お咎めなしだったわけだが、

>>1よ、北朝鮮に行って「金正日は、戦ひにおほみずからは出でまさね、」
と書いて出版して来い。

生きて帰れたら「戦前日本と北朝鮮の類似性」とやらを認めてやる。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 11:13:02 ID:hDGy0fvf0
>44
放送が似てたらそれだけで類似?何じゃそりゃ。
じゃあ収容所は?これはスターリン時代のソ連から取り入れた。
移動の自由の制限は中国から。
東ドイツから取り入れたシステムも多いし、キタチョンは色々な独裁社会の寄せ集め。
罪刑三世代主義は李朝の伝統。日帝は罪刑個人主義だったのに。
お前の頭の中は何じゃそりゃ。




47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 14:19:50 ID:+3nBPtvt0
>>1
ニュースステーションで久米宏の野郎がしきりにそれを言ってたな。
北朝鮮擁護のつもりだったんだろうけど。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 14:28:31 ID:OVIzO/pn0
>>47
ウヨ批判だろ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 20:00:14 ID:1Op2e98/0
日本の戦時中の報道規制は似てるかもね。
事実が隠蔽されてて、よく判らないところは似ているな。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 20:37:42 ID:BaL918NV0
北朝鮮の支配階級が戦前の大日本帝国の真似してるみたい。マスゲームを見ると
宗教団体のマスゲームそっくり。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 21:08:20 ID:mdAWEklQ0
少なくとも戦前の日本は世界有数の列強国だったがな

まあ報道規制とか情報隠蔽とかそういう面では似てるかな

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 21:12:01 ID:K6p3yxDw0
>>49
>事実が隠蔽されてて、よく判らないところは似ているな。

戦時体制下ならどこの国でもいっしょ。
特に負けているときはね。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 21:18:15 ID:62uE/kwu0
そういうこと。
大本営発表だけじゃないよ・・・よく調べような。
アメリカもイギリスも世界中どこでも一緒。
アメリカだってイギリスだって緒戦で負けているときは酷いものだったよ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 05:47:17 ID:r7fqNm9m0
要するに、北朝鮮が極めて粗悪な劣化コピーだというだけのような。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 23:24:45 ID:bc8EXVmyO
核実験というのは、「やったもん勝ち」なのです。
多少の非難を受けても、核保有国にさえなってしまえば、
発言力がまします。
ただし、これから顕れる各種制裁によって、
深刻な体制の動揺を誘因するリスクはあるでしょう。
もっともレジーム・チェンジが起こっても、
一度保有した核兵器やデータは民族に引き継がれるはずなので、
北朝鮮当局は一種壮士的気分にあるのかも知れません。

なににせよ、我が国について言えば、
再軍備への協力な追い風が吹いてきたといえるでしょう。
再軍備は、「後退」ではありません。
平和憲法を経た軍備は、不平等条約を経た軍備とは、自ずと性格が異なりましょう。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:21:00 ID:qKTyEE310
類似性つーか、国際社会から孤立した国家の運営、個人崇拝の強要と、
国としての立ち位置が似てることもあり、積極的に参考にしてるんじゃねーの?

天皇制を共産主義風にアレンジして共産主義のタブーである個人崇拝や世襲を
前面に出した主体思想をつくったあたりからその傾向は顕著。
違法行為による外貨獲得なんてまんま戦前の某帝国じゃん。

次は、タンカ切っての国連脱退とか。w

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:55:17 ID:a1uVvVnp0
あと50年後の北朝鮮(多分ないけど)もあの時の核保有は自衛の為だった
侵略の為だった、いやあの時代は世界中が核を持って外交していた
時代だったのだとか言って揉めるんだろうか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:58:47 ID:a1uVvVnp0
ごめん侵略の為の核保有ってのもおかしいな
侵略(恫喝)だと思ってくれ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 13:58:26 ID:y3+n+psAO
北も「転進」とか言うのかなw


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 16:14:29 ID:csIzkNWa0
天皇や将軍様のために殺す事や死ぬ事が美化されると自爆テロ神風が吹くから怖い


61 :大楠公万歳:2006/10/10(火) 16:15:18 ID:JyJhr0mI0
似てるといえば似てるのだろうが・・・・

少しでも隙を見せれば容赦なく植民地にされる
殺伐とした帝国主義時代に、丁々発止の駆け引きと戦争の末に、
未開国から列強にのし上がった日本に比べると

北朝鮮の振る舞いは、
「悪いこと(核開発)しなければ食料も、技術支援も、エネルギー問題も先進国が面倒見てあげるよ?」
となだめる大人(先進国)を相手に駄々をこねる子供のようにしか見えない

100年前に北朝鮮のような言動をとれば
「なにこの身の程知らずな国?もう目障りだからさっさと叩き潰せよ〜」
とかいって当事者なしの六カ国協議で列強間で事後処理取をとり決めて軍事侵攻してもう決着ついてるな

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 18:49:12 ID:+uiQuX9V0
だから日本は決着つけられちゃったんだな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 19:10:50 ID:w+WvYSjT0
世襲の王様を戴いていると、王様とその取り巻きの利益を優先して
譲歩を難しくするという側面はあるだろう。

日本はそれゆえに原爆二発もくらって政府が滅んだが、北朝鮮はどうなるだろうか?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 20:40:27 ID:i6RV2vaC0
別に世襲の君主制国家でなくとも
ナチスドイツは最期の最期まであがいたし
イタリアは王国だったがあっさり降伏したよ。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 20:45:39 ID:9QyC8OGf0
場亀! 戦前の日本と北チョンは全く似てねーよ
日本は今も昔も同じ
違いは新聞が右か左かってことぐれーだよ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 20:51:03 ID:i6RV2vaC0
アメリカ始め各国が「金王朝の存続と統治権を今後も保障する」と宣言を出したら
金正日は核開発を諦めるだろうか?

姜尚中なんかは「『国体護持』という点で
日本は北朝鮮の状況を一番理解できる」と言ってるが。

大多数の日本人は敗戦後も皇室への親愛感を捨てなかったが
北朝鮮は一度敗戦すれば即金王朝崩壊に繋がると思う。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 09:09:37 ID:fEvweXG/0
新しい英雄(アメリカ)と古い英雄(キムイルソンの子キムジョンイル)の戦いだよな。結局。
キムイルソンだって人望を集める人間だったわけじゃない。
その子供も英雄の子だと朝鮮人民は信じているわけ。
だからキムジョンイル体制は揺らがない。
悪の帝国というよりも、古い英雄のボロが出てきている。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 09:14:53 ID:fEvweXG/0
>>61
>北朝鮮の振る舞いは、
>「悪いこと(核開発)しなければ食料も、技術支援も、エネルギー問題も先進国が面倒見てあげるよ?」
>となだめる大人(先進国)を相手に駄々をこねる子供のようにしか見えない

赤の他人を悪か善かの二言論でしか論じられないアメリカも十分子供じみてる。
アメリカ(先進国)の言い分じゃ北朝鮮人民全てが悪人じゃないか。
それともキムジョンイルだけがA級戦犯で、全ての国民は無辜の民だとでもいうのか?
それこそおかしな理論だよ。
キムジョンイルに人民が信を置いているのは、在日見ててもわかるでしょ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 09:46:54 ID:6hOb2tqh0
ホントは皆知っている
一番悪いのは今も昔もジャイアン(米国)だって皆知っている
只このジャイアンはある程度の常識と優れて頭脳を持っている

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 10:06:20 ID:zdD+FWCy0
            γ ⌒ ⌒ `ヘ
                             イ ""  ⌒  ヾ ヾ
                            / (   ⌒    ヽ  )ヽ
                            .(      、 ,     ヾ )
   /⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ))      ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
  (   从    ノ.ノ       :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
   ( ./  ̄ ̄ ̄ ̄\       .._ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_ii_i=n_ [l h__
   |::::::  ヽ     丶.       /==H=ロロ-.γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
   |::::.____、_  _,__)      ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  (∂: ̄ ̄| ィェァ |=|.ィェァ.|    Π=_Π「Uヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
   (  (   ̄ )・・( ̄ i     .Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--〜''""   :::Д日lT::::
   ヘ\   .._.トェェェイ_丿    FH=n.:::::'         .|  |         :::FL日l」:::::
 /  \ヽ _二__ノ|\     .ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==Д::
/⌒ヽ.   \__/\i/\_|    口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
|   ヽ       \o \   Γ| ‡∩Π::....    


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 20:54:54 ID:p2/qx4ji0
核実験を主張する北朝鮮と、経済制裁を持って対抗する諸国、
植民地支配を主張する大日本帝国と、石油輸出停止をもって対抗するアメリカ

似てる気がしますね、確かに

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:36:59 ID:aKf/SB770
今の核実験と、昔の植民地
どうやっても正当性に差が出る

73 :名無し:2006/10/11(水) 22:39:09 ID:N2EB1Zkk0
核兵器を持つ国には経済制裁は出来ない。
パキスタンの大統領が言っている。
もし戦前の日本が核兵器を持っていたら米国は日本を経済封鎖
しなかったから太平洋戦争は起きなかった。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:41:39 ID:p2/qx4ji0
んー、どっちももうこれ以上増やすのはやめよう、っていってる中での
主張だから変わんない気がするんですけど・・・
素人考えですが。。。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 00:00:12 ID:TnWZ0dA+0
>>74
>んー、どっちももうこれ以上増やすのはやめよう、っていってる中での主張だから変わんない気がするんですけど・・・

日本は、植民地の拡大など狙ってはいない。まぁ、利権の拡大と植民地の拡大の境界線はどこにあるのかってことだけど。
北は、拡散防止に明らかに觝触する。もっとも、拡散防止そのものが核保有国のエゴだとしか受け取れんことも確かだが。

よく昭和天皇と将軍様を同じに語る馬鹿がおるが、
立憲君主と絶対君主の違いがわかっていないんじゃない。
そんな奴の目には、サヨクが国王の首をギロチンではねたフランスみたいなのが絶対的に正しく(そのうえそのギロチンで恐怖政治をしとるが)、
国王を追い出していないイギリスやタイなんかは今の北朝鮮といっしょに見えるんだろうな。って言うか、見えないふりしているだけか?


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 00:13:31 ID:KZh9RKIR0
お前の脳内妄想だろ。イギリスと北朝鮮を一緒にしてる奴って具体的に誰なんだよ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 04:11:35 ID:o938nCZK0
表面的には似てるし北朝鮮は明らかに日本の国体論を国づくりに利用してるけど
資本主義の存在した日本の方が合理性ではマシだったと思う
戦時中の日本の新聞でも商品の広告はあるんだよね

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 10:37:14 ID:wOGxdc+t0
あれだよな
言っちゃいけないけど
宮崎駿ににてるよな。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 18:50:33 ID:8nEl3nic0
今の北朝鮮を我々が見る目で大日本帝国は諸外国から見られていたんだろう
個人崇拝で国に押し付けられた価値観に無理やり従わされる監視国家
国民は存在せず奴隷のような臣民が自由を奪われ粗末な食事で国家に縛られている
鍋・釜・銅像までもが軍に徴集されても批判はできない
子供や恋人や自分の命までも徴収する大日本帝国と北朝鮮

北朝鮮も金天皇制を維持する為に無謀な戦争に走るのか?
金天皇万歳と叫ばされ神風テロをして国の英霊として讃えられるのか?
アメリカにより象徴金天皇制となり軍部が戦犯として裁かれるのか?
その後戦争を美化し防衛戦争だったと正当化し、拉致問題は密入国だったと主張し戦犯を祀りあげるのか?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 19:28:05 ID:SqWkZcP+0
北と日帝は個人崇拝主義は同じだが、資本主義存在有無の違いもある。
日帝は商業活動の自由があるし、移動の自由があるし、土地や財産も個人所有。

日本の侵略は、東南アジアを除けば、市場と円ブロック経済圏の拡大が原因で、
北がこの後暴発するとしても、日本の侵略とは次元が異なる。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 19:30:18 ID:ySA3TQE80
ほとんど実権のなかった天皇と独裁者の金
特攻(戦闘)とテロ
戦後になって作られた言葉「強制連行」と今の北朝鮮政府も認めた拉致

こんな釣りあわないものを並べられてもねえ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 19:31:07 ID:ErVi5Et00
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135
金正日本人 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/slotj/1150366619/134-135

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 20:34:34 ID:rhcJyZJl0
ラリって暴発しない分、北朝鮮は正しく日本の失敗から学んでると思う。
外交では、それゆえか一枚も二枚も上だね。

>>81
すべての事項の決済に天皇の内意を必要とした以上、
実権はバリバリありました。西洋的な独裁者の権力行使とは違うというだけで。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:25:37 ID:J2Ucdg9hO
ラリって暴発=教養と財産の裏付け無き民主化

東アジアの平和のために、
キム王朝にはふんばっていただきたい。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 23:01:53 ID:ySA3TQE80
>>83
確かに・・
ただその実権を行使したことがあったっけな、と思って

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 07:52:04 ID:TN3rCdyo0
>>85
あった、というか「実権」行使が常態。

憲法上の実権行使と異なり、事前に内意を得ることで
議会と天皇の意思が形式的にも乖離することをなくしてたんだね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 09:13:07 ID:nXf9eO5S0
まぁ大国に追い詰められてる状況からある程度似てたとしても
一番の違いはプロパガンダだとしてもアジアの開放を歌ったとことと
まじで自国しか考えてないところだな

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 09:14:19 ID:pbRfXdVQ0


結局アメリカに軽く踏み潰された日本と、



中国のバックがあったにせよ、アメリカを全力で追い出した北朝鮮民族と。(悪くて引き分け)



北朝鮮は独立国家、日本は無様な奴隷国家。負けたからね。



北朝鮮は、(ウヨの拝む日本民族史上最強軍事モードの)戦前期ですら歯の立たなかったアメリカを、
死闘の正面戦で追いだした民族なんだよ。



現実を再認識しようや。やっぱスゲェよ・・・・。



日本が今も奴隷属国なのは敗北したその1点からなんだしさ・・・




89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 11:15:40 ID:gLkc/Ca70

日露戦争を経て列強国の仲間入りを果たしていたことや
漫画や映画やモボモガのような大衆文化の発達のことを考えると
当時の日本は今の北朝鮮などとは似ても似つかない国だったと思うな。

日本も軍部の暴走とかいろいろ問題があったかもしれないけど
人種差別や帝国主義による植民地支配が正当化されていた
ウンコみたいな酷い世界の中にあって、

当時の日本は割と先進的な国だったと思うし厳しい条件の中でよく頑張っていたと思う。

ウンコ臭が少なくなりつつある世界で
自らウンコ臭を発散させてる北朝鮮と戦前当時の日本は全然似てないと思う。



90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 14:58:25 ID:Cig7/qve0
>>88
ツレマスカー?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 18:33:17 ID:H6uhNiT80
戦前日本と北朝鮮が似てるとか言ってる奴死ねよw

少しは勉強しなおせ
ttp://kyoto.cool.ne.jp/syasinsyuu/


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 19:03:09 ID:LcccXQBs0
戦時統制経済は共産主義そのもの
国が軍需を満たす為臣民から鉄・銅などを含むものは生活必需品まで徴収し食料も軍優先
これは先軍政治と呼ばれる
大政翼賛会は天皇の意向に臣民が逆らわない確認機関に成り下がり北朝鮮の党大会そのもの
臣民の餓死は人口の多い都市ほど多くこれは天災的飢餓とは違い棄民政策による人工的飢餓
思想の統一、相互監視、文句を言えば非国民の奴隷的臣民
大日本帝国信奉者が時空を超えて移住したら絶対にすぐ逃げ出す、もしくは飢え死に

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 20:22:57 ID:H6uhNiT80
戦前の日本と北朝鮮なんか似ても似つかねぇよ

http://www.youtube.com/watch?v=7o2N9ncAKh0
http://www.youtube.com/watch?v=RopJ6xnZcL4


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 22:47:15 ID:G4C1SXfy0
「のらくろ」など子供向けの人気漫画キャラクターまで
輩出してるところに当時の日本文化の先進性を感じる。

のらくろの当時おもちゃも良く出来てるね。
http://www.geocities.jp/norakuro_room/index2.html

当時の日本の様子を知れば知るほど、当時の日本人が、
<不条理で非情な国際社会の戦いに否応無く巻き込まれた不幸な民族>
と思えてしまう。


95 :■空爆だけで無条件降伏した前代未聞のヘタレ国家日本■:2006/10/13(金) 22:47:54 ID:pbRfXdVQ0


結局アメリカに軽く踏み潰された日本と、



中国のバックがあったにせよ、アメリカを全力で追い出した北朝鮮民族と。(悪くて引き分け)



北朝鮮は独立国家、日本は無様な奴隷国家。負けたからね。



北朝鮮は、(ウヨの拝む日本民族史上最強軍事モードの)戦前期ですら歯の立たなかったアメリカを、
死闘の正面戦で追いだした民族なんだよ。



現実を再認識しようや。やっぱスゲェよ・・・・。



日本が今も奴隷属国なのは敗北したその1点からなんだしさ・・・



96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:59:21 ID:TIoHqnBX0
>現実を再認識しようや。やっぱスゲェよ・・・・。

世界の経済自由大国・日本と世界の最貧独裁国・北朝鮮。

やっぱスゲェよな。



97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 01:32:31 ID:PBNV9Ykj0
【スレタイ修正案】

「カルト教団と北朝賎の類似性。」


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 01:33:08 ID:jBScjyAQ0
戦前日本はイギリスのウェールズ号やレパルス号を沈めるくらいの大国。
北と一緒にするな。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 01:33:51 ID:jBScjyAQ0
戦前日本はイギリスのウェールズ号やレパルス号を沈めるくらいの大国。
北と一緒にするな。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 01:41:48 ID:xSAYay3y0
50年後くらいには、アメリカにボコボコにされた民主北朝鮮のクソウヨが言ってるんじゃない?

DPRKはソウルを火の海にし東京を蒸発させた大国、って。

クソウヨ=統一信者というところだけは、現在の日本と同じというオチもつくかも。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 01:43:31 ID:4K4GOtsr0
号はいらんだろ。号は・・・
素直に戦艦プリンス・オブ・ウェールズや巡洋戦艦レパルスと言えよ。
大和号や長門号とは言わんだろ?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 01:59:56 ID:EsI/WWfX0

チンピラ集団と北朝鮮の類似性。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 09:25:18 ID:NABV2iR20
でも一回崩壊する前に北チョンに旅行に行ってみたいな。
どんな不思議国家なのか興味あるからな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 20:18:43 ID:bDydO2s40
>>97
北朝鮮が日本と一緒に踏み潰されたことや
これから単独で踏み潰されるかもしれないことには触れないのなw

>>100
日本の「クソウヨ」と50年後の北朝鮮の「クソウヨ」の言ってることが対応してない件

それにしてもいきなり「クソウヨ」とレッテル貼りすることから始めるかね
流石だな

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 00:59:37 ID:gTfk+BR40

ウンコと北朝鮮の類似性。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 02:21:48 ID:6eyJWonp0
戦前の日本を参考に国家統制をおこなってる北朝鮮ですよ?
似てるにきまってるじゃん。真似してるんだから。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 03:05:31 ID:OsNnppjh0
>>105
ウンコは肥料として役に立つからウンコのほうがまし

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 04:36:29 ID:6eyJWonp0
<ニュース速報> 北朝鮮制裁決議を全会一致で採択した国連安保理で、

             採決後、北朝鮮代表が「核実験を行ったのはアメリカが悪いからなのだ!これは戦争だ!」

             と叫び途中退席。 太平洋戦争直前の「連盟よ さらば」の松岡洋右と同じ状況に。



109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 04:46:36 ID:1epZslj90
出城の横須賀軍港だな、奇襲攻撃の目標は

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 06:10:53 ID:CtzuPPrL0
どっちも金(外貨)がなくなり、石油が購入できなくなり自滅。
12月8日までに何か起きる。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 09:34:04 ID:xDP10k5u0
どう考えたって、歴史上の日帝をモデルケースとして参考にされてんだろ。
なんつーか日本の挙動が読まれてるのはその為じゃないかと

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 09:35:26 ID:xDP10k5u0
もうすぐ国連脱退しそうな勢いだもんな

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 09:48:29 ID:xDP10k5u0
あれだよな、公明党が当時の天皇の代わりとして国家を運営している感じ=北朝鮮

キムジョンイル体制は滅ぶべきだよ、飯がないって尋常じゃない。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 09:50:15 ID:6ol5Ie4+0
>>108
昔の国連と今の国連は同じくヘタレだが
それでも全然違うものだ


パリ講和会議で日本は常任理事国として
人種差別撤廃条項のような正義の主張を行い
各国の支持を受けたにも関わらず英米の横暴に敗れた
それが戦争のほんの20年前の出来事

人種差別はいけない、全ての国民が平等でなければならない

そんな当たり前のことが認められなかった時代
人種差別や植民地支配、独占貿易が正当化されていた
無茶苦茶な時代

そんな無茶苦茶な時代の白人主導の国際社会
技術や能力があってもチャンスを奪われる白人世界

現代の倫理に照らしても当時の国際社会はあまりにも不公平だった
今の国際社会とは事情が全然違う


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 09:53:50 ID:hZl/yLFj0
当時の日本が白人社会にブチ切れるのは理解できるが
北ウンコ朝鮮のそれは単なる逆ギレだ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 09:58:58 ID:QSbT2+9I0
大日本帝國との決定的な違いは二つだ。
1)こぶしを振り上げながら、片方の手でお米頂戴をしているしたたかさ(国民に対する国際社会の同情心がある)。
2)何だかんだ言っても一応核保有国。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:01:02 ID:Na7hZ6GD0

1919年当時に初めて国際社会に人種差別撤廃を訴えた日本は
野蛮で横柄な白人国家より先進的かつ革新的だった。

半島の時代逆行の独裁チンピラ国家とはまったく似ていない。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:06:58 ID:PFb+tvgN0

当時の日本はジャイアンだらけの国際社会で懸命に戦ったのび太君

腹黒なジャイアンに守られながら好き勝手やってる卑怯者とは違う


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:18:52 ID:JPqtOaSR0
外交的には満州国承認の投票で連盟に大反対されて逆ギレして国際連盟を脱退
した昭和8年頃の日本とよく似ていると思う。
しかし内政的にはこの時代の日本はまだ政府を批判したりすることもできたし新聞に
諷刺画が描かれたり政党が機能しているなどという状況で、又カフェーやモボ・モガが
銀座などに普通に多数いるなど平和的な要素が普通にあった。故に内政的に近づくのは
太平洋戦争開戦後だと思う。
つまり、外交面=昭和8年頃からの日本に似ている。
    内政面=昭和16,17年頃からの日本に似ている。
という所ではなかろうか?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:28:29 ID:0UaFNaFt0


そもそも北朝鮮は国家の体裁を為していない

だから国家と比べるのはおかしい



121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:32:01 ID:wsu1bvnm0

お尻にできたイボと北朝賎の類似性。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:52:12 ID:Ll9m/Xzr0

尻の穴の臭いと北朝鮮の類似性


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 11:23:27 ID:I3eJTHMg0
共に韓国に好かれる

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:04:15 ID:2D2VgWKp0
糞食と北朝鮮の類似性

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 15:09:29 ID:ffZIdDqxO
食糧とエネルギーが枯渇してる所

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 15:53:13 ID:THk7ElTO0
チョンが足を引っ張ってる所

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 15:57:13 ID:VSbUvTyM0
下朝鮮と北朝鮮の類似性。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 16:09:40 ID:9pTMMnXe0
軍事力、経済力、国際的地位が全く違う、類似性なし。
最低劣等民族と一緒にすな。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 16:15:34 ID:/HY712S/0
戦前日本が明確に敗戦せず経済封鎖されて10年くらい、
それが現在の北朝鮮の姿だと思う。
時代を経てる分、軍事力や技術力ではもちろん北が上だけどね。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 16:59:54 ID:ffZIdDqxO
200基のミサイルが日本に向いていて
原子力発電所や東京湾岸某所にある
研究用原子炉に向いている
メトロダウンしたら怖いぞ

早く1000人居ると言われる
北の工作員を逮捕しよう

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 19:09:43 ID:ZJhhq4AL0
せいぜい戦前の埼玉あたりと比べるべきじゃね?格付け的に。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 19:16:05 ID:qmdt6s6f0
チンカスと北チョソの類似性

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 20:18:59 ID:XKLx/YAj0
中国を仲介者にして「スイスにでも亡命されたら如何です」と
金正日に勧めたら案外受けるんじゃないの。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 20:26:09 ID:H341dwkn0
歴史は繰り返すんだよ
ただし、1回目は悲劇として、2回目は笑劇としてな

1回目の悲劇:日本
2回目の喜劇:南北朝鮮

類似性を語るのも良いが、
悲劇と笑劇の違いを論じることも大切だな

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 21:09:24 ID:P45U7ciS0
日本と朝鮮は完全に別物だから別けて考えた方がいいと思う。

あと、朝鮮と比較されるのは侮辱されるのと同じだから
朝鮮と何かを比較してはいけないと思う。

以上。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:36:19 ID:II+kOYui0
追い詰められた全体主義個人崇拝国家の末路だからな。
似てるのは当たり前だ。
ラリって戦争しかけるか、外交的な駆け引きで打開を図るかは違うが。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:39:32 ID:P3GYm5ah0
チンピラ集団と列強国家を比べるなと云いたい

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:44:36 ID:F6UJbAv4O
類似性があるかないかはともかく、
朝鮮が嫌いなだけで比べるなと言ってる馬鹿は、
 東 ア ジ ア 板 に 帰 れ

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:10:54 ID:7GUjphag0
全然似てない、あまりにも格が違いすぎ
状況も立場も全然違う

悪党の大親分が二人もいてその庇護下で
ぬくぬくと好き放題やってるだけの不良集団のことなど
まともな一国家として論じるのも馬鹿馬鹿しい

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:30:48 ID:J8c4/XdW0
朝鮮は近代を日本の植民地下という形で迎えます。
王朝から一気に日本の植民地下に突入していったのです。
朝鮮の人たちが知った最も身近な先進国の姿が「大日本帝国」でした。
戦後の韓国と北朝鮮という分断国家は
片や反共の軍事政権、片や金日成の共産独裁と両極端の道を辿ります。
南の朴正煕政権が満州士官学校の出身で自らの体制を「維新体制」と名づけるほど
日本の影響の大きいものでした。
しかし、北の体制もまた、戦前の天皇制国家と非常に似た点があります。
あの「御真影」はまさに天皇そのものです。
要するに、北も南も日本をモデルにするしかなかったのです。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:31:29 ID:J8c4/XdW0
そう考えると、戦前の日本でなぜ反乱が起きなかったのかという問題につながってきます。
日本では国民は飢えながらも特攻隊に志願し、本土決戦に備えました。
終戦の詔勅を聞くや皇居に集まって土下座し、自分たちの不甲斐なさを詫びます。
その天皇への崇拝は敗戦後も、そして現在も続いています。

そういった意味では北朝鮮の体制は餓死者を出しながらも
比較的安定しているのではないかというのが私の見方です。
かつてのABCD包囲網は日本国民の危機意識を醸成しながらもそれが反政府とはならなかったように
現在までのところでは経済封鎖が北の内部を根底的に揺さぶる所までには至っていません。


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:55:36 ID:J8OlQTp60
北は日本だけでなく、ソ連や中国、東ドイツからも参考にしているようだ。
もちろん自らの伝統たる罪刑三世代主義も加味して。
要するに、独裁制強化のためならなんでも取り入れてる。
まさにチャンポン独裁制だ。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:10:32 ID:J8c4/XdW0
北朝鮮が北朝鮮たるアイデンティティ=世襲のキム一族の神格化は
日本由来としかいいようがないようです。つまり天皇制の共産主義的なアレンジですね。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:30:24 ID:TT7FppLz0
北朝鮮は現在に至るまで一度として
「子息であるから」という論法で金正日後継を正当化したことはない。
「子息であるから」という表現さえ人民に示したことがない。
後継者選定については、(1) 継続革命が必要であるように首領には後継者が必要だ
(2) 後継者には最も優秀な人物が就かなければならない
(3) 後継者には最も首領に忠実な人物が就かなければならない、という
プロパガンダを徐々に強めるばかりだった。
金正日についても、あくまで上記3点を満たす人物として挙げるのみであり、
「国内で、最も優秀で最も忠誠心に厚い」という理由で選ばれたことを強調しつづけた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%97%A5%E6%88%90


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:40:48 ID:LcY+wM5G0

結局、中露の庇護のおかげで制裁案もグダグダな印象
6ヶ国協議に戻ればなし崩しに許されそうな流れにも思える

中露にひたすら甘える甘えん坊、それが北



人種差別や植民地支配や独占貿易など非道な世界で大国相手に
孤独に懸命に戦うしかなかった優等生の日本とはまるで違う


甘ちゃんの北チョソは甘えすぎ


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:49:16 ID:gxw9flpc0

寄生虫と北朝鮮の類似性。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:54:39 ID:lPo1tw0E0

コバンザメと北朝鮮の類似性。


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 02:08:41 ID:Lm6+uStX0

ぎょう虫と北朝鮮の類似性


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 12:31:37 ID:g9Q1Ngvr0
>>140
>朝鮮の人たちが知った最も身近な先進国の姿が「大日本帝国」でした。

楽しい引っ掻き回しだが、まあ当時の日本が独裁国家で北朝鮮に似ていると行っていることはきっぱりと見なかったことにしてやろう。
が、日本はその近代化にあたって最も近いアメリカは参考にせず、
憲法はドイツ、議会はイギリスを参考にしている。その気になれば、どこにだって勉強をしにはいける。まして、北は大陸でどこもかしこも陸続きだ。発砲をふさがれた日本とはわけが違う。あんたの言うとおりなら、北朝鮮の人間が怠け者なだけだ。

>>141
>終戦の詔勅を聞くや皇居に集まって土下座し、自分たちの不甲斐なさを詫びます。

悔しくて、絶望して泣いていた日本人はいくらでもいるが、天皇にわびた日本人なんてどれくらいいたんだろうな。

>>142
>北は日本だけでなく、ソ連や中国、

日本から学んでいれば、金正日に権限はまったくない。立憲君主制ってのを理解しろよ。


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 12:36:10 ID:TT7FppLz0
相変わらず嫌韓厨ってのは相手を見下したようにしか話せないのだなw

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 12:44:12 ID:9k6ShCqO0
士農工商で農民がエタや非人が「存在していて欲しい」というのと
似たようなもんだから。


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 13:03:33 ID:3rf4J9gJ0
士農工商を基準にしたら農民二位じゃん
その階級制でたとえるならエタ非人いらねーじゃん

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 13:37:03 ID:UUCxJXzP0
>>149
北朝鮮(に限らず朝鮮半島)の人間が怠け者なのは言うもでもない

154 : ◆3Z7vqi3PBI :2006/10/16(月) 13:39:05 ID:hBVYsmM/0
北朝鮮の分析がすごく鋭いレスあり。日本も昔通った道なのかもしれない。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160623785/l50

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 15:31:48 ID:uoN+/YG80
>>154
死んで良いぞ。誰も止めないから。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 21:30:06 ID:v9Rts7A30
独裁者がいて国民は餓えるか餓死して、年代物の兵器で虚勢を張る北朝鮮が
なんで戦前の日本と似てるんだよ?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 21:42:05 ID:PAe4nZoQ0
北朝鮮に似てるのは北朝鮮だけ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 23:36:51 ID:Ikj3XRWn0
>>2
これって言ってる事おかしくないか?

・・・既出?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 00:41:41 ID:ZpfbcTuwO
日本には優秀な同盟国や空・海軍、技術力を保有していたが、北ときたら・・・イラン?シリア?未だ旧軍のプロペラ機運用しているような国が戦前日本とどう似てるんだ?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 00:45:27 ID:KGFyXu9D0
比べても何の意味も無いな。


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 01:25:05 ID:C6QO8ykA0
なんで政治犯収容所がソ連に似ているとは言わないんだ?
まあ、ソ連の収容所よりえげつないが。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 11:51:49 ID:safyMkGxO
>>159
技術力は違うだろ。
日本が技術大国になったのは、戦後、
アメリカが市場を提供してくれてからの話。
戦後の日本こそ技術一流・経済二流・政治三流と言われるが、
戦前の日本は政治一流(藩閥時代のみ)・軍事二流・技術三流だった。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 11:53:38 ID:safyMkGxO
>>156
独裁者がいてってとこ以外は、戦前の日本そのものじゃん。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 12:30:28 ID:6kCJauJp0
↑どこが?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 12:47:26 ID:Bu6OwysB0
あの一応いっておきますが、天皇家は日本を二千年近く支配してきていますが、
北の将軍はまだ二代目で100年もたっていませんよ
日本の天皇にとても失礼です。それに、日本は千三百年程前に、権力をナンバー2(太政大臣)にシフトが
完了していて、天皇家はあくまで権威の象徴として日本の民の根幹を成してきました。
エチオピアの皇帝が少し前に革命失敗して、亡命していこう、日本の天皇家は世界最古の男性支配の君主に
なりましたし、紀元前に誕生した国が今でも現存しているのは、日本だけですしね。(国連の公式見解で、
日本建国の起源は紀元前660年になっている)

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 13:00:00 ID:ysEYx8Id0
言ってることが矛盾してるよ?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 13:14:55 ID:yKwN4/ov0
>>162
つ「大和」「零戦」
技術力も一流だ

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 13:54:42 ID:6kCJauJp0
ところで、戦前日本にはテレビがあってNHKが放送してたのか?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 14:01:00 ID:FNocS8Ns0
大和には技術的に見るべき点も無いではないが、零戦には見るべきところが
特に無い。


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 14:41:31 ID:AEwEwqYy0
零戦は軽量化のために防御装備がなく被弾すると弱かったが航続距離は非常に長かった。
830リットルで台湾の台南からフィリピンのルソン島まで480海里を往復できた。
マッカーサーは近くに航空母艦がいると思い込んでいたそうだ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 15:05:56 ID:F0Coa4800
攻撃機が防御力と速力を犠牲にしてそこまでの航続距離を持つことは単なるカタログスペックとしては
面白い。しかし、戦術的・戦略的にそれほど大きな意味はないし、技術的難易度が高いわけでもない。
百式司偵の方には見るべき点があると思うけどね。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 16:02:08 ID:/BKWeMhK0
>しかし、戦術的・戦略的にそれほど大きな意味はないし、技術的難易度が高いわけでもない。
後知恵なら何とでも言えるわな。
実際に零戦が鹵獲されて徹底研究されるまでは戦闘機として無類の強さを誇った。
積乱雲又は零戦に遭遇した場合は撤退を止む無しとす と、
米軍でも通達があったらしいワケだし。

>>162
戦前日本の技術は一流ではないにせよ三流までは落ちない。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 16:16:52 ID:RNYhsCo70
ゼロ戦って艦上と言う割には翼の折り畳み機能がついてないんだな。

↓因みに、米軍機の場合
F4F Wildcat
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/c/ca/F4F_Wasp_1942.jpg

F6F Hellcat
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/8/8a/F6F_wings_folded.jpg

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 16:27:19 ID:RNYhsCo70
折り畳み機能つきのF6F
http://www.historylink101.com/ww2photo/fighter-usa-wildcat-f6f-2.jpg
http://www.historylink101.com/ww2photo/fighter-usa-wildcat-f6f-3.jpg

ゼロ戦って翼の折り畳み機能はついているの?
そう言う系統の写真は一枚も見たことはないんですが。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 16:30:52 ID:oEK8nxL+0
>>173-174
じゃあ、ついて無いんだろ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 16:34:12 ID:0YIA2C4N0
何かの映画でゼロ戦の翼が折り畳まれてるの見たけど?

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 16:47:29 ID:ugmPNx/v0
>>171
実際にフィリピン襲撃で足の長さを活用して大損害を与えたわけだし
マッカーサーも「ありもしない透明母艦」の探索で無駄骨おってる。

防御力を損なうことで単体の戦闘力や生還率が低下するとしても
航空母艦を敵前にさらす危険が少なくなる戦法が可能であることを考えると
航続距離による戦術面・戦略面での効果は一概には語れないんじゃないの?

むしろ航空機による神出鬼没の奇襲攻撃を可能にするという意味では
航続距離を長くするという考えは面白いと思うけどな。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 17:03:16 ID:FNocS8Ns0
>172
零戦を引き合いに出す時に定番ともいえる積乱雲と零戦を〜の話ですが、
制s期名命令であると言う元ネタ資料が入手できていないのでよく判らない。
ただ、一般的にみて航空戦の最中にいちいち逃げていたら戦争になりませんので、
偵察とか輸送任務あたりでの話だろうと思いますが、それなら別に相手が
零戦であろうとなかろうと回避するのはおかしくもなんともないですね。

いずれにしろどういう経緯の命令の話かが判らんまま論拠とするには余りに
弱い話です。もし源資料があれば前後を含めて引用してもらえると助かります。

>174
基本的には折りたためない。
正確に言うと、申し訳程度に先端がチョコっとだけ曲がるだけ。


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 17:43:00 ID:HcGCdbYW0
>>178
> 正確に言うと、申し訳程度に先端がチョコっとだけ曲がるだけ。

先端が曲がるんだから”折り畳める”ってことじゃん。
要はエレベーターに乗ればいいだけなんだから先端が曲がれば十分だろ。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 17:48:24 ID:zJOlgR4m0
戦前の日本と北朝鮮が似てる?
層化が天下とった場合の日本と北朝鮮なら似るかもしれんがw
仮にこの両者で戦争なった場合、金正日のために死ぬ朝鮮人と
池田大作のために死ぬ日本人のどちらがより不幸なんだろう

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 17:55:45 ID:1f4ZUZdT0
>>180
池田大作のために死ぬ日本人の方が不幸だと思う。
なぜなら反日者の為に死ぬ事になるからです。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 17:58:12 ID:zJOlgR4m0
にゃるほどw
でも層化が天下とったら層化=日本ということで、池田大作=反日ではなくなるんじゃないかなあ


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:05:46 ID:TYuiGidc0
天皇の歴史が2600年なら
初代の天皇家は滅ぼされた事になる
卑弥呼の統治した時代は小国の連合国家
天皇の歴史はこの連合国家に破れて終わったか、もしくは連合国家の一部でしかない事になる
このように皇国史観は個人崇拝が生み出す嘘でしかなく、事実を敵にまわしている為知的階級に天皇は認められない

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:06:16 ID:NMkZ1FW/0
>>182
信者じゃないよな?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:16:09 ID:zJOlgR4m0
ありゃ、層化の宣伝なってた?
金と池田大作は似た者同士ってことでくさしたつもりなんだけどなw


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:28:49 ID:NMkZ1FW/0
>層化が天下とったら層化=日本ということで、池田大作=反日ではなくなる

この発想は一般人には出来ねぇよw

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:37:35 ID:zJOlgR4m0
左様ですかあ
181の意見に答えただけでそんな不快意味もたせたわけじゃないんだけどね
あんたの中で俺=学会員っつうんなら勝手にやってくれw


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:38:51 ID:zJOlgR4m0
左様ですかあ
181の意見に答えただけでそんな不快意味もたせたわけじゃないんだけどね
あんたの中で俺=学会員っつうんなら勝手にやってくれw


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:43:51 ID:NMkZ1FW/0
>>187-188
いや、ネタのつもりだったんだが・・・(^ ^;)

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:48:41 ID:zJOlgR4m0
こりゃ失礼w
レスの伸びにご協力感謝ですw


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:59:22 ID:FNocS8Ns0
>179

艦載機が翼を折りたたむ一番の目的といえば、普通は積載機数を稼ぐためで、
エレベータに乗れば充分ってのはどうかなぁ。


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 19:23:38 ID:w84PmnY00
最大の違いは北に、核とミサイルがある事。海軍なくてもアメリカ本土攻撃
できる。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 19:39:27 ID:BnRFkY330
>>191
積載幾数の影響は大差無いだろ
畳翼は整備が面倒だからヤダってのは現場の声だしな

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 19:42:22 ID:kzm1u14P0
風船爆弾

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 20:32:31 ID:/dRLLrOq0
いずれにしろ被弾はヤバイわけだから防御力を削って
航続距離のばして奇襲の優利性を高めるってのは戦術としてアリだな。

浅い水深でも戦艦を撃沈できる魚雷といい航空戦術の常識を覆すような
創意工夫が見られるのはいかにも技術立国の日本らしい。


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:26:33 ID:r4RAk8LA0
>>179
ちょこっと申し訳程度に折り畳めるのと
本格的な折り畳み機構では、搭載機数や一度に発艦出来る機数に
大きな差がつきます。空母資源が乏しい日本においては、まともに使える
カタパルトと並んで是非とも実用化したかった技術ですね。

ちなみに、なぜ、申し訳程度だったかというと、機体強度の不足が理由です。
なぜ機体強度が不足していたかは言わずもがなですね。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:31:53 ID:E2r908GT0
日本はどこの国とも似てねえ

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:38:06 ID:RNYhsCo70
>>195

当時のドイツがV2やジェット戦闘機を作って、
当時の米国が原爆を作っていた時、
日本が戦史に刻むような革新的な戦術をとった事が
空母機動部隊の創設以外にある?
大体、君の言う浅瀬用対艦魚雷など、
別に戦史に刻まれるような大発想ではないだろ。
真珠湾攻撃以外では役に立たないのだし。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:44:30 ID:RNYhsCo70
日本軍の革新的技術とは何だ?
零戦も折り畳み機能すらついてないし。

V-2 rocket
http://images.encarta.msn.com/xrefmedia/sharemed/targets/images/pho/t028/T028932A.jpg

Messerschmitt Me 262
http://www.aeronautics.ru/archive/wwii/photos/gallery_005/Me%20262%20pre-delivery%20shot.jpg

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:48:44 ID:r4RAk8LA0
>日本軍の革新的技術

戦争末期の人力誘導兵器群(涙)

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:51:58 ID:NMkZ1FW/0
>>200
。・゚・(ノД`)・゚・。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:52:46 ID:02r1XJY/0
まぁあれだな。歴史修正主義者は日本が孤立したのは人種差別のせいにしているけど、
日本はドイツ・イタリアと手を組んでいたわけで・・・・。
結局は当時の先進国による統治体制・安全保障に日本の動きは目障りだっただけなんだろう。
それは今の北朝鮮に似ている。核実験やって北ばかりが非難されてるけど、
米ロ中は核保有国で、日韓は北の何倍もの防衛費を計上している国家。
国際社会なんてそんなもん。
歴史修正主義派は戦前の日本は欧米より酷いことはしていないのに日本ばかりが悪者にされていると憤慨するが、
それなら今の北朝鮮も同じ状態になってくる。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:00:06 ID:NMkZ1FW/0
>>202
幾らなんでも強引だろw

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:11:57 ID:2+0bEopf0

太平洋から白人を追っ払った小国日本
限られた資源、乏しい財政でよく頑張ったと思うのだが?

当時の日本を馬鹿にできる国は少ないと思うぞ

イギリスの浮沈艦を沈めたり難航不落の
シンガポールを陥落できたのは日本の技術の賜

日本が負けたのはアメ公パワーが凄まじすぎたからだろ


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:23:06 ID:RNYhsCo70
>>204

白人、追っ払ってないやん。
日本が勝って東南アジアを全て日本に割譲させたら、
それこそ白人を追い払ったと言える。
でも結局、東南アジアの人間は欧米相手に独立戦争をする事になったんだろ?
日本なんて負けたせいで、結局、白人が戻ってきたやん。
インドネシアやベトナムも白人と戦う事になったしさ。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:23:18 ID:EmKToReJ0
日本は富国強兵でロシアを破りめざましく台頭した列強国だった。
とはいえ週一ペースで空母を量産したり原爆作るような国と比べるのは酷。
当時のイギリスやオランダやフランスといった先進諸国が
アメリカ相手に一泡吹かせた上に5年も戦争できたとは思えんからな。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:25:29 ID:c6gHgrIo0

すっごい北朝鮮の味方がいるなw

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:26:36 ID:RNYhsCo70
>>206

ロシア破ったと言っても自力ではなくて米英が居ての話だろ?

て言うかさ。当時の米国は日本だけではなくて日独伊三国を一度に
粉砕した訳じゃん。米国の相手は日本だけではないし、
米国が枢軸を一度に敵に回して粉砕した以上、
米国相手に五年間も戦えたからって凄いと言う訳ではないだろう。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:27:01 ID:qeQKT7J70
>>205
一時は追い払った訳だし
切っ掛け位にはなったんじゃない?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:31:24 ID:WoXLLzbe0
>>205
追っ払ったから戻ってきたんだろ?

一度は追っ払ったってことじゃん
白人が有色人ジャップに恥かかされたってことじゃん

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:32:19 ID:RNYhsCo70
>>209

マレーシアもインドネシアもカンボジアもラオスもベトナムも
結局は白人から独立する事になつたんだよ。
日本なんて追い払った訳でもないやん。
そりゃ日本が大戦に勝って、東南アジアを全て日本領にするか
日本の統治下に置いて、それで独立させたと言うのなら
白人を日本が追い出したと言えるさ。
でも日本は結局、負けて、白人など追い払えなくて、
結局最後は白人から独立する事になったんだよ。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:35:59 ID:qeQKT7J70
>>211
切っ掛けにはならなかったのか?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:37:49 ID:owGDJKSy0
>>208
米国はキチガイパワー全開だったが
イギリス、フランス、オランダ、イタリアなどの先進国が
日本に比べて特に優っていたとは思えないな。

米国のキチガイパワーは反則級だから比較にならない。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:45:00 ID:hiabfFfq0
欧米が植民地主義の縮小期にかかってから
空気読めずに植民地主義に邁進
国力に見合わないコストをかけて支配地広げて
一等国の仲間入り!などと調子に乗ってたら
国際社会から制裁食らって経済も破綻、
挙句国内の党派争いがこじれて戦争まっしぐら
その党派争いの仕組みが外から見えないので
外国からは独裁皇帝の国だと思われてた

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:49:39 ID:RNYhsCo70
日本なんて小林のような人間が言うようにアジアの解放なんてしてない。
日本が大戦に勝って、東南アジアの全てを日本領にして、
それで東南アジアを日本が責任持って独立させた、
それなら日本は白人の支配から東南アジアを解放したと言えるさ。
でもな、東南アジアの殆どと言うか全てが白人から独立しているんだよ。
インドネシアとベトナムは白人と戦って独立した訳だし、
日本の貢献など殆ど皆無。
日本が世界の裏側で暴れた事によって宗主国の弱体化に貢献したとも考えられるが、
ドイツの存在も忘れる事はできない。
ドイツが宗主国相手に暴れていたからこそ宗主国は植民地に手を回す事ができなくなつた訳で、
日本のみが切っ掛けを作ったと言うのならば客観性や公平性はない・・・。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:56:46 ID:safyMkGxO
ナチスドイツと大日本帝国、欧州戦線と太平洋戦線を同列に並べて
変な夢想に浸る奴がいるが、アメリカにとって圧倒的に重要なのは前者。
日本が真珠湾以来4年弱も継戦できたのは、
アメリカにとっての最優先事項は
欧州を制圧しつつあるドイツを全力で叩くことであって
日本はその後でゆっくり潰せばいいやと考えていたから。
このことは、アメリカが欧州戦線に太平洋戦線の10倍もの
直接戦費を投入していることからも明らか。
原爆にしても、たまたま成功したからよかったものの、
戦争の行方を役に立つかどうかわからん
未知の兵器に託すなんてことができるわけがなく、
ただ日本がナメられてたから実験兼ねるぶんには丁度いいやと投下目標になった。
もし日本が欧州戦線に参加していたら、
イタリア軍以上の醜態を晒していたことは想像に難くない。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:59:00 ID:RNYhsCo70
ギリシャ相手に敗北するヘタリアなど話にならないだろ。
自殺攻撃を繰り返していた日本軍はヘボだがまだ日本軍は賞賛する余地がある。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:03:35 ID:++VGf5xf0
>>215
無理矢理否定してないか?

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:11:10 ID:RNYhsCo70
でも冷静に考えて見ろよ。
白人を追っ払ったと言うが、
結局、東南アジアの殆どの国は白人国から独立する事になった訳だ。
追い払った、と言うのなら、
東南アジアの全ての国が白人国から独立したと言うのならば矛盾が起こる。
白人相手の独立戦争なんて起こっている時点で、
東南アジアから白人を追っ払えなかった証左ではないか?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:15:45 ID:++VGf5xf0
日本はアジアの解放に貢献した
・・・じゃ駄目なのか?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:18:19 ID:safyMkGxO
東南アジアから見れば、
強盗同士が仲間割れして殺し合い、
生き残ったが弱ったほうを自力で追い出しただけの話。
だいたい、自国民の命と財産賭けて他国の独立達成してやろうなんて
考えるわけがないじゃないか。
ましてや、アメリカ植民地フィリピンより
国民の生活水準が劣悪だった当時の日本が。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:20:58 ID:hPegCE9r0
イギリスが誇る無敵巨艦二隻を日本に沈められた
チャーチルちゃんはベッドでしくしく泣きながら

「もう、太平洋は、日本のものになった。」

と思ったそうな

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:21:04 ID:RNYhsCo70
何を貢献したんだ?
中国に攻め込んでいる時点でアジアの解放など矛盾しているし、
東南アジアが白人国から独立したのは東南アジア諸民族を独立させるように、
日本が白人国相手に働きかけたからなのか?
日本が戦前なり戦後なり東南アジアの諸民族を自由にするように、
白人国相手に日本が積極的に働きかけてそれで戦後の独立ラッシュが起きたのなら話は別である。
しかしながら日本が白人国相手に東南アジアの独立を働きかけて、
それで独立させたと言う訳ではない。
インドネシアもベトナムも結局、日本が力不足だったから
自らで独立の為にがんばる必要性がでてきたのだ。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:23:23 ID:++VGf5xf0
>>221
フィリピンはともかく、他の国全てがか?

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:24:16 ID:RNYhsCo70
でもそのチャーチルちゃんは日本が真珠湾で暴れてくれた事を喜んだのでしょ?
「是でわが国は戦争に勝てるって」

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:26:34 ID:++VGf5xf0
>>223
つまり日本が存在しなくても
東南アジアは同時期に独立出来たと・・・?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:27:32 ID:l7Pkdzbo0

可哀想なチャーチルちゃんがシクシク枕を濡らしたことが

日本がアジアから白人を追っ払った証左だろw


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:27:36 ID:yKwN4/ov0
>>223
日本が何もしなかったら東南アジアは独立しなかった
>>225
アメリカが参戦するからな

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:31:12 ID:1qkKWuru0
もう太平洋は日本のものになった


て書いてあるな大戦史に


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:31:49 ID:RNYhsCo70
>>226

アフリカや中東はどう説明するんだよ。
日本帝国が占領した地域は東南アジアだけ。
アフリカや南アジア、中東は占領地域に含まれてない。
だが南アジアのパキスタンは1947年に独立しているし、
アフリカや中東の独立ラッシュも第二次大戦以降だしな。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:34:37 ID:++VGf5xf0
>>230
じゃあ、東南アジアの独立は日本と全く関係が無いのか・・・

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:35:17 ID:RNYhsCo70
南アジアのスリランカは1948年に独立。
日本軍が南アジアに進駐していない以上、
スリランカから英軍を追い出す事はできない。

スリランカやパキスタンの事を考えると
日本軍の力がなくても独立はできたと思うね。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:35:43 ID:L4Ch/3bz0

白人が無敵の半神でないことがバレた

いまいましい日本のせいで


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:35:58 ID:safyMkGxO
イギリスは真珠湾攻撃より前、1941年の夏の段階で
大蔵省と中央銀行が破産を宣言していた。
ちょうどそのころ目と鼻の先の欧州大陸は
ドイツとファシズム勢力が制圧し、
ロンドンは連日ドイツ空軍の空爆に晒される国家存亡の危機。
王室はアメリカへの亡命を予定していた。

本国がこんな状況の中、地球の裏側で旧式のポンコツ船沈めたくらいで
そこまで誇れるおめでたい精神構造が理解できん。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:38:46 ID:++VGf5xf0
>>232
本当に

東南アジアの独立は日本と全く無関係

を認めるのか?

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:39:32 ID:safyMkGxO
>>231
海に角砂糖一個投げ入れたら、海水は少しだけ甘くなる。
それくらいの影響力はあったかもしれん。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:41:28 ID:TrW1/no+0
>>234
別に誇ってないだろ

首相がベッドで泣いてる大英帝国ショボ
米露以外の白人先進国ショボ

てことだろ

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:41:58 ID:RNYhsCo70
そもそもアフガニスタンやサウジアラビアは日本の存在無しに独立している。
アフガニスタンは1919年、英国から。サウジアラビアは1932年に建国。
当時の世界には日本とタイ以外にチベットやモンゴルと言った
欧米列強の植民地になっていない自称独立国はあったし、
日本の力でアジアが独立したと言うより
アジアの中には自らの力で独立する力がある国もあったから、
日本の存在がなければアジアが独立できたとは思えない。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:42:34 ID:++VGf5xf0
>>236
独立に殆ど影響が無いって事か?

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:45:49 ID:RNYhsCo70
南アジアのインド、スリランカ、パキスタンは1950年になるまでに独立を果たしている。
日本軍が南アジアに進駐しなかった以上、
南アジアでの貢献を語るのは不可能だから、
南アジア諸国の事を考えると一概に日本の存在によって東南アジア諸国が独立したとは言えないんだよ。
戦後に置ける欧米宗主国の都合もあったと思う。
マレヤ連邦(1957独立)なんて戦後直ぐに独立できたわけじゃないしさ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:47:54 ID:RNYhsCo70
>>239

日本軍に占領された事によって独立が遅れたと言う事も併せて考えないと、
客観性はないよ。
日本軍が東南アジアの独立に貢献したばかりの視点で見ては、
客観的とはいえないからね。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:48:00 ID:++VGf5xf0
>>240
信憑性は無いが

「日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。日本という
お母さんは難産して母胎をそこなったが、生まれた子供は
すくすくと育っている。こんにち東南アジア諸国民が、米・英と
対等に話ができるのはいったい誰のお陰であるのか。それは
身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
12月8日は我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが
一身を賭して、重大決心をされた日である。我々はこの日を
忘れてはならない。 」
              ククリット・プラモード タイ元首相

と言う話はいろいろあるよな・・・

これを全て反論していくのか?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:50:29 ID:RNYhsCo70
>>242

>日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。
アジア諸国がすべて独立したと言う時点で間違いだから、
この首相はお世辞で言っている部分もあるんじゃないの?

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:50:38 ID:++VGf5xf0
>>241
確かフィリピンがそうだったような・・・

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:53:34 ID:USgLFRxZ0

・有色人種の国が大国ロシアを破った
・有色人種の国が列強国として台頭
・有色人種の国が人種差別撤廃を求め
 多数の支持を得ながらも英米の横暴に破れる
・有色人種の国が太平洋で大暴れ
・有色人種の国のせいで好き勝手やりづらくなった白人

他の有色人種の国が日本に影響された可能性がないとでも?


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:54:19 ID:++VGf5xf0
>>243
そりゃそうだろ・・・
ただ日本のおかげって思っているなら
独立に貢献しているって言っても良いんじゃないか?

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:54:55 ID:RNYhsCo70
日本は東南アジアの独立に興味なんてなかったんだよ。
大東亜会議なんて東南アジアからは三地域(タイ・フィリピン・ビルマ)しか呼ばれて無い。
インドネシア、マレーシア、カンボジア、ラオス、ベトナムなんて
完全にシカトされているもん。
本気で日本が東南アジアの独立と言う人類史に置いても崇高な目的があれば、
シカトなんて完全にふざけているじゃん。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:56:59 ID:safyMkGxO
>>242
首相なんて、毎日毎日いろんなところで
官僚が政治的都合で作った作文を大量に
リップサービスで読まされる仕事だぞ。
日本の政治家を思い浮かべてみたら、
そんな発言いちいちありがたがるほどの
ものでもないことくらいわかるだろ。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:57:00 ID:FNocS8Ns0
別に独立支援したくて始めた戦争じゃないし、影響はあったとしても、
それを日本が貢献とは口が裂けても言っちゃいかんでしょ。

地上げのヤクザが散々嫌がらせして立ち退かせた後に捕まって、
お前がいいときに売り抜けて儲けるのに貢献してやったんだから
少しはいい事をしたんだとか言い出すような気持ち悪さがある。


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:57:27 ID:++VGf5xf0
>>247
それコピペじゃないか?
どこかで論破されてたぞ・・・

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:58:36 ID:RNYhsCo70
>>245

否定しないよ。そりゃ国際連盟の常任理事国に日本がなれば、
それこそ非白人は衝撃だろうな。
何せ国際連盟の常任理事国の地位について英仏と対等な椅子に座っている。
それだけでも衝撃だろ。

だけど東南アジアの独立に積極的に協力したと言うのなら謎だな・・・。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:58:53 ID:++VGf5xf0
>>249
一切貢献していない
・・・と、言うのは良いのか?

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:59:20 ID:Nc9QGtGL0

白人パラダイスと喧嘩した一匹狼の黄色モンキー


他の色付き人間どもが真似したくなるのは当然だな


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:01:05 ID:Q2BPWCgo0
>>251
それだと今まで言ってきた事と矛盾が出て来るような・・・

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:02:05 ID:C6ep8wSM0
あの大戦はイエローとホワイトの戦いと語れるほど単純ではないよ。
ドイツなんて白人同士で殺しあうし、
当の日本も中国人と殺しあっているでしょ?
蒋介石は米英の支援を受けていたし、日本はナチスと同盟なんて結んでいる。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:04:59 ID:Q2BPWCgo0
IDが変わって誰が誰だか判らなくなったw

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:05:20 ID:C6ep8wSM0
>>254

影響を与える事と独立に貢献する事は違う。
日本が東南アジアに出向いて東南アジア諸国を独立させる事と、
東南アジアの人間が日本の存在を知って独立を志すのとでは、大きな違いがある。
大体、東南アジアにはタイという東南の雄が居た訳だし
俺としては中国と戦争している日本よりタイの方が
東南アジアの人間からすれば東南アジアの国として親近感もあるし、
タイの方が影響を与えたんじゃないか?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:06:14 ID:mFnUY8Ue0
白人ジャイアンだらけの世界に立ち向かった日本
(他の土人のことなどアウトオブ眼中)


アジア・アフリカの土人どもが日本の馬鹿音頭に追随した
(日本の意思に関係なく)


てことだろ?


259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:09:02 ID:C6ep8wSM0
当時の東南アジアの人間は中国と戦争している日本をどう思うか。
日本人が黄色人種ならばなおさら日本に失望する事もあったと思うな。
寧ろ俺としてはタイの影響もあつたと思うなぁ。
身近に独立国があれば影響を受けない筈が無い。
中国も日本の影響を受けたしね。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:09:30 ID:2imywAzt0
タイは白人国の対立で中立地帯になってただけじゃん
もうなんか日本叩きが無理矢理くさいな・・・

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:09:33 ID:Q2BPWCgo0
>>257
日本も一応、大東亜共栄圏なんて言ってて
それに影響を受けて独立したなら
貢献したって言っても良くないか?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:11:29 ID:hq+AhVXD0
それこそ地上げヤクザが「地域再活性化プラン」と言っていたのとどこが違うのかと。


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:11:47 ID:C6ep8wSM0
>>261

大東亜共栄圏の一環として行われた大東亜会議には
ビルマ・フィリピン・タイしか呼ばれて無いのだが。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:15:05 ID:Q2BPWCgo0
>>263
他のスレで

自分が血を流して得たものを全部ただでくれるバカがいるはずがない
一部でも約束しているだけでも立派、戦争でも統治でも理念というものがあるのであり
一方で理念と理想だけでモノが進まないのは当たり前だろ
アメリカがアギナルドに約束したフィリピンの自治を反故にしたとか、この時代当たり前
揚げ足取りに過ぎない

て言われてたけど・・・

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:20:47 ID:C6ep8wSM0
冷静に考えてみようか。

インドネシアもベトナムも結局、自力で独立せねぱならない破目になったんだよ。
自力で独立せねばならない状態にあるのに、
日本の貢献なんて殆ど皆無に近い。
日本軍の進駐がなかった南アジア諸国が1950年までに独立した事を考えると、
欧米宗主国の都合で独立した事も考えられる。

故に結論としてはアジアの解放と強調できるようなものではありません。
日本軍なんて負けてしまったせいで貢献所ではなかったのだから。
東南アジアの主要国は日本軍が負けて去って行った後、
殆どが白人国の植民地に戻っているし。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:23:35 ID:Q2BPWCgo0
>>265
正直その理屈無理が無いか?

「我々が(オランダから)独立を勝ち得たのは、日本があれだけ戦ったのに、
同じ有色人種の我々に同じことが出来ない訳はないと発憤したからである」

                                 インドネシア スカルノ大統領
これはどう反論するんだ?

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:26:42 ID:C6ep8wSM0
>>264

当時の日本は満州国と言う国を作った訳だが、
満州国は独立国というより日本の衛星国に近かったのだ。
日本人は満州国に滞在して満州国の国政に影響を与えており、
満州国人でも無い癖して日本人は満州国の内政に干渉していたんだよ。
名目的に独立させて皇帝を擁立させた分、日本は他よりマシな国だ。
だが満州国にさえ完全独立を与えなかった以上、
日本主導の独立が完全独立になるのか甚だ疑問である。
特に中華民国内に汪兆銘の南京政府というあからさまな傀儡政権を他国に作っている時点で、
日本の志している事など疑わしすぎるだろ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:27:20 ID:Q2BPWCgo0
信憑性はこれもないけど

「第2次大戦中、あるいはその直後、植民地の独立のために、外国の人々が力を貸してくれるということが見られました。
私の国インドネシアの場合、多くの日本の青年たちがインドネシアを自由にするために独立の闘士たちと肩を並べて戦ってくれました。
そして多くの日本の青年がそのために命を捧げてくれました。今日このアジア共生の祭典において、私たちの独立のために
命を捧げてくれたこれらすべての若者たちを偲びたいと思います
                                                インドネシア サイデマン外務省上級大使

こう言うのだってあるし・・・

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:29:09 ID:Q2BPWCgo0
>>267
仮定の話は止めた方が良くないか?
話に収集がつかなくなるような・・・

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:29:14 ID:C6ep8wSM0
>>266

影響を与える事と貢献する事は違う。
スカルノの意見から判明する事は単に日本から影響を受けただけであり、
日本がインドネシアの独立に熱心に協力した訳では無い。
大体、大東亜会議にはインドネシアのスカルノは呼ばれなかったし。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:33:40 ID:Q2BPWCgo0
>>270
勘違いかもしれないが
日本は東南アジアに影響は与えていない
って、さっき言ってなかったか?

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:36:38 ID:C6ep8wSM0
>>268

知っているぞそれ。
インドネシアの独立軍に日本兵が協力した話だ。
だが奇麗事には裏があるもの。
インドネシアの独立軍に協力した日本兵は、
日本軍からは脱走兵扱いされ、
しかも戦後、インドネシアの独立軍は
オランダ軍と言った連合軍相手に戦う事になったのだが、
その連合軍には豪州軍の他に日本軍も含まれていたのだ。
つまりその話は一部を切り取っただけの話だな。
何百人かの日本兵がインドネシアの独立軍に加担したのは事実だ。
だがそのインドネシアの独立軍を潰す為に他の日本兵が
連合軍に協力して逆の事をしていたのもまた事実。

詳しくは↓を読め

インドネシア独立のために日本国は戦った
ttp://mltr.e-city.tv/faq08h20.html#indonesia

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:37:16 ID:Q2BPWCgo0
この人ど同じ人?
言ってるような・・・
>>226
>>230
>>231
>>232

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:39:25 ID:Q2BPWCgo0
>>272
そうか・・・
その調子で頑張ってくれ
勉強になる

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:48:24 ID:wKySuRIi0

当時の日本は正義の味方じゃなければ許されないのか?
当時の白人世界には正義などなかったはずだぞ

非情のジャイアン世界相手にノビタ日本は果敢に立ち向かった
ダメダメ人間代表として極めて異例の反発だった



他のダメダメ民族もそれぞれ白人ジャイアンに歯向かった

それだけのことだろ


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:50:00 ID:Q2BPWCgo0
これも信憑性が無くて申し訳ないが

「日本に占領された国々にとって、第二次世界大戦とは、ある面では日本の軍事的南進という形をとり、
他面では近代化した日本の精神的、技術的面との出会いであった。
日本が戦争に負けて日本の軍隊が引き上げた後、アジアに残っていたのは外ならぬ日本の精神的、技術的遺産であった。
この遺産が第二次大戦後に新しく起こった東南アジアの民族独立運動にとって、
どれだけ多くの貢献をしたかを認めなければならない。
日本が敗戦国になったとはいえ、その精神的遺産は、アジア諸国に高く評価されているのである。
その一つに、東南アジアの教育に与えた影響があげられる。
[中略]
(日本は)目標達成のためにどれほど必死にやらなければならないかということを我々に教えたのであった。
この必死の訓練が、後のインドネシア独立戦争の時に役立ったのである。」

丁度”貢献”って言ってるしw

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:51:01 ID:msZPiwYl0

日本だけを悪者馬鹿者に仕立てあげたがる人がいる


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:52:05 ID:Q2BPWCgo0
>>275
ノビタはダメダメ民族に貢献したかが争点

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:54:11 ID:C6ep8wSM0
>>276

インドネシアに関しては一部の日本兵が貢献しただけ。
しかもその日本兵は日本軍からは脱走兵扱いにされているし、
インドネシアの独立軍を弾圧していた日本兵も居るから、
インドネシアの独立に日本人が協力的だったと言うのは客観性はない。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:56:36 ID:4g056pGd0

超白人パラダイスで孤独に戦った日本

それで十分

誰かがやれば他の人も気付く

やればできることに気付く




日本が自国の為に必死に戦ったことは良い見本となった


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:57:38 ID:Q2BPWCgo0
>>279
ん?
そう言う話じゃないぞ?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:00:00 ID:C6ep8wSM0
>>277

東南アジアを独立させるために太平洋戦争を始めた訳ではないでしょ?

ABCDラインを受けて、経済制裁を受けたから、
日本の正当な権益でも無いのに今現在の中国が東シナ海にガス田作っているように
欧米から権益を奪う為にアジアの解放とか意味不明な事を言い始めた訳じゃん。
つまり欧米から権益を不当に奪う為の口実としてアジアの解放と言われたわけさ。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:00:23 ID:RmX2GNYo0
>>278

ダメダメ民族はノビタの戦いを見ていた


ジャイアンは人種差別と独占貿易をやめなければならなかった
(糞生意気なノビタのせいで)



284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:02:31 ID:Q2BPWCgo0
>>282
それだと論点が変わってしまう
貢献したか否かだろ?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:04:02 ID:+eo/2JwC0
誰も


























北ウンコ朝鮮の話をしないw

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:06:13 ID:/pA8waZB0
良く見るといろいろスルーされてるような・・・

>>271
>>273
>>281

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:06:19 ID:907Lw4Ri0

プッ


288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:07:45 ID:VIp3Ioca0
>280
まあ、日本以外のアジアは大家族社会(部族社会や宗族社会)なので、独立しても
ほとんどは資本主義を発達させるのにてこずったけどな。
資本主義はあくまで個人単位のシステムじゃなきゃ成り立たん。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:07:53 ID:1ESgd0NH0
>>285
最初はそうだったんだけどなぁ・・・

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:09:59 ID:9XPvnxhx0
日本の動きは植民地独立の動きに繋がったが
北朝鮮が動くとどんな動きに繋がるんだろうねえ

20〜30年後ぐらいに地球上から核兵器が無くなってたら感謝してしまう


と無理矢理北朝鮮を出してみる

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:13:04 ID:iX6ALuAV0

【結論】
日帝批判の議論スレになってしまうほど類似性がない(w

ブヒヒッ



292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:13:53 ID:C6ep8wSM0
>>284

南アジアの三カ国は第二次大戦後直ぐに独立しているしな。
南アジアに日本軍が進駐しなかった以上、日本軍の影響はない訳で、
東南アジアでの日本軍の進駐がどれだけ独立に貢献したのかは解らない。
マラヤ連邦(1957)はスリランカ(1948)・インド(1947)・パキスタン(1947)より独立は遅い。
つまり日本軍が独立に貢献したとは一概に言えない。
欧米の都合で独立させたと言う面も否定できないから。

※括弧は独立年

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:15:21 ID:ICXP0b920
チョソの話題は糞舐め文化に尽きる

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:20:03 ID:9XPvnxhx0
>>292
ヒトラー曰く インドの独立には150年かかる

これが大幅に短縮されたのは日本の影響だろう

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:21:27 ID:1ESgd0NH0
>>292
>東南アジアでの日本軍の進駐がどれだけ独立に貢献したのかは解らない

のに

>つまり日本軍が独立に貢献したとは一概に言えない

になるのはなんで?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:23:55 ID:JahhD2Bg0

日本人がぶん殴ったから白人は痛かった

そして100万倍のパワーで殴り返されて殺された


殺されるの覚悟で白人殴ったらさすがの白人も痛かった

それが大事

白人も痛くなることがばれた

もう誤魔化せなくなった


297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:25:40 ID:C6ep8wSM0
>>294

アフガニスタンの独立は1919
イラクの独立は1932

両者共に英国の統治を受けた後に独立した訳だが、
英国は第二次大戦前からアジアの国を独立させていた訳だ。
だから日本の貢献と言うより英国の都合があるんじゃない?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:29:03 ID:C6ep8wSM0
シリアはフランスの統治下にあったが
1944年に独立が宣言されて1946年に独立が承認された。

日本の影響と言うより宗主国の都合が大きそうだな。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:29:53 ID:1ESgd0NH0
>>292
英印軍の捕虜からインド国民軍の将校になった二万人近い軍人
たちが裁判にかけられたとき、首席弁護士を務めたインド法曹界
の長老、パラディ・デサイ博士は裁判で召喚された光機関長 磯田
中将、ビルマ方面軍参謀長 片倉中将のいる前で、堂々とこう語った。
「インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは
日本である。インドの独立は日本のおかげで三十年もはやまった。
インドだけではない、ビルマもインドネシアもベトナムも、東亜民族
はみな同じである。インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興
には惜しみない協力をしよう」と。

インドは南アジアだよな・・・?

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:32:06 ID:C6ep8wSM0
>>299

日本軍は南アジアに進駐して無いよ。
南アジアでの影響を語るのは不可能。
故にインドに協力したとは言えない。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:33:20 ID:1ESgd0NH0
>>297
アフガニスタンとかイラクとかは
あまり関係ないんじゃ・・・?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:34:19 ID:C6ep8wSM0
北アフリカのエジプトは1922に英国より独立しています。
日本軍の影響と言うより宗主国の都合だろ。
日本軍のお陰で独立ラッシュが起きたのなら、
英国が第二次大戦以前に独立させるのは矛盾だからな。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:34:38 ID:GiRPm3kv0
>297
英国はひでぇよ。
勝手に国境線引いて、「ハイ、独立しなさい。後は知らん」だからなあ。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:35:25 ID:pdBN3C050
>>1 皆、どうでもいいらしい・・・


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:35:48 ID:1ESgd0NH0
>>300
進駐して無いから影響が無いってのはおかしくないか?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:37:04 ID:bprzXdSNO
真珠港攻撃トラトラのような・・・・・ry

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:38:19 ID:1ESgd0NH0
>>302
話が変な方向に行ってないか?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:39:50 ID:C6ep8wSM0
>>305

白人を追い出すには、どうあれ日本軍が進駐する必要性がでてくるだろ。
東南アジアに日本軍が進駐したお陰で東南アジアから白人が追い出されて
東南アジア諸国は独立できたと言うのなら、
他の地域に独立国があったり第二次大戦後に直ぐに独立できるのはへんだよなぁ。
日本軍が現地住民に教育を施して独立精神を施すには統治する必要性がでてくる。
イラクやアフガニスタンなんて第二次大戦が起こる前から
日本軍が独立精神を教育すらしていないのに独立しているし。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:43:28 ID:C6ep8wSM0
香港なんてシンガポールと同じ華僑圏なのに、
都市国家として独立すらしなかったからな。

だから俺としては宗主国の都合が大きいと思うんだよ。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:45:29 ID:1ESgd0NH0
>>308
>日本軍が進駐したお陰で東南アジアから白人が追い出されて
>東南アジア諸国は独立できた

これはちょっと違うんじゃ・・・

気になったんだがそれじゃあ>>299はどう言う意味になるんだ?

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:48:21 ID:C6ep8wSM0
>>310

じゃあスリランカやパキスタンも日本軍のお陰ってか?

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:49:40 ID:1ESgd0NH0
>>311
良くわからないんだが
東南アジアの話をしてたんじゃなかったのか?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:51:11 ID:1ESgd0NH0
確か
東南アジアの国々の独立に日本は貢献したか?
で、争ってた筈なんだが・・・

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:52:39 ID:C6ep8wSM0
>>299は多分、お世辞じゃないの。
日本軍が何をインドに対して協力したかは知らんが、
英国をけん制する為に敵の敵は味方と言う理論で
インドの独立運動家を支援していたと言う可能性は否定できまい。
大東亜会議にインド人が呼ばれているしな。
だが否定できない話であって具体的に何を協力したかは知らん。
>>299の言葉だけでは協力があったかどうかも不明に近い。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:55:41 ID:hq+AhVXD0
>282

ABCD包囲網ってのも判りやすくいえば被害妄想が生んだ架空の包囲網だしね。
あえていえば対独逸包囲網であって、そういう世界の風が読めない日本が独逸べったりの
条約結んでみたり松岡なんて外相演説で朋友が苦境にあるなら日本から援助するのは
当然であるとか空気嫁なことやって警戒されまくっただけ。

ABCD包囲網に対抗した太平洋戦争は自衛のためだったとかの話を真顔で
いうやつらに至っては北朝鮮のことは笑えない。



316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:58:57 ID:1ESgd0NH0
俺が言った
進駐して無いから影響が無いってのはおかしくないか?
てのはこう言うことなんだが・・・

http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03_4.html

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 02:01:18 ID:GiRPm3kv0
英国は中東には興味なかったんだろ。まだ石油もなかったし。
東南アジアは日本去った後再占領しようとした。
まあ、これは英国の都合。
そして、東南アジアはそうはさせじと戦った。これはある程度日本の侵略が影響してるのは確か。
ただ、これらの国には見るべき産業なく、部族社会の延長みたいな国も多かったので、
独立してからも大変だったが。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 02:03:38 ID:1ESgd0NH0
なんか良く分からなくなってきたな・・・
論点を明確にしてくれ

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 02:12:59 ID:1ESgd0NH0
みんな寝たのか・・・
良く分からん終わり方になった

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 05:57:47 ID:eiHMkRYs0

【結論】似てない


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 10:19:59 ID:2BSyM1mP0
>>314
が殆ど自分の 主 観 の み で歴史を語っている点について

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 11:46:37 ID:siMSTBwW0
イギリスのチャーチル首相はインド洋の制海権が日本に奪われたとき
インドを攻めていればイギリスの統治は崩壊したはずだと言っている。
これについてチャーチルは、日本軍は航空戦で痛手を被るとすぐ後退して
戦略的な好機を逃す傾向が多い、と日本軍の戦術の甘さを分析している。
(インドまで戦線を拡大するデメリットも大きかったと思われるが。)

当時のインドは近海や隣国に日本軍が迫りひとたび攻められれば
イギリス統治が崩壊する危機に直面していた。日本軍は南外洋の
ガナルカナルに固執していた為にインドを攻めることは無かったが
そのような激動の経緯はまさにインド人もビックリ!だったに違いなく
日本軍がインドに与えた影響は大きかったことだろう。

しかし日本は侵略による共栄圏の拡大を目指していたわけで
独立運動の協力だの支援だのといった形で貢献するはずはない。
日本がアジア地域の独立に貢献したとすれば
それは「反攻の見本を示した」ということに尽きるだろう。

もちろん日本は見本を示すつもりで戦ったのではない。
キティガイ黄色猿の反乱を見てアジアン土人が勝手に奮起したのだ。

日本軍にインド洋の制海権を奪われ蹂躙される経緯を
インドの人々がどのような気持ちで見守っていたかは想像に難くない。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:21:17 ID:C6ep8wSM0
生麦事件といい太平洋戦争といい東アジアの土人は
日露戦争の恩を忘れて恩を仇で返す事しかできないのか?
第一次大戦で領域を拡大できたのは英国というコネを持っていたからだろう。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:29:56 ID:beuljgqD0

日英関係は日本を敵視するアメ公に壊されたんじゃん


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:31:24 ID:9XPvnxhx0
>>322
>日本軍にインド洋の制海権を奪われ蹂躙される経緯を
>インドの人々がどのような気持ちで見守っていたかは想像に難くない。
少なくとも蹂躙されるような気持ちでは見てなかったはずだな
インド洋は既にインドの物じゃなくなってたわけだから
というか日本軍が来てた事、わかるのかな

>キティガイ黄色猿の反乱を見てアジアン土人が
もう少しマシな言い方はできないのかw
>勝手に奮起したのだ。
「勝手に」はない
軍としては建前でアジア開放を謳ってたし、個人としては本気にしていた人もいたわけだから

>>323
まず外交を恩とか仇とかで考えること自体が間違ってるはずだが・・・
>生麦事件
流石に50年後の恩を仇では返せないと思うぞ
>太平洋戦争
これは米英にも節操がなかったんじゃないか?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:32:32 ID:9XPvnxhx0
揚げ足取られる前に・・
×50年後
○40年後

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:43:35 ID:d8jvmzAw0
ネコ!!ネコ!!ネコ!!

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 15:00:08 ID:eIAT83Pw0
鉄道王ハリマンと組めなかったのが最大の失敗?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 15:22:33 ID:jzZGs1ih0
当時の日本はどう転んでも裏目に出たさ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 15:28:24 ID:XB6dAgKKO
本日のNG ID
ID:C6ep8wSM0

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 16:22:54 ID:2BSyM1mP0
まぁ多大な被害は出してしまったが最悪の事態だけは避けられたな。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 16:46:14 ID:AdRuS7Z50
最悪の事態どころかむしろ戦後に好転しとる
チョンマゲだったくせに世界2位の経済大国

結果オーライというべきか
当然の帰結というべきなのか

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 17:05:56 ID:yZ8PzJgHO
戦争の話になると急に盛り上がるのな。
さすが厨房板。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 18:03:05 ID:skZKzUBB0
裕仁の意思が国の意思、臣民は裕仁に命まで管理される大日本帝国
金正日の意思が〜                  〜北朝鮮

国の為ではなく天皇や将軍様のためなんだよ
異常すぎる

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 18:05:51 ID:2tM+IUxA0
>>334
天皇が、いつ国民に命令したのか教えてくれないか?


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 18:36:54 ID:doUOFol+0

天皇って夜オロオロして皇后に「うるさい!」と怒られたらしいね


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 19:01:40 ID:skZKzUBB0
『あほう』は妄想を現実視する

「天皇が命令した」と書いたことを前提に質問するようなレベルでは偏差値が低い

「おおみごころ」に沿うように生きろと洗脳教育される教育勅語、それが主体思想



阿呆と接点を持ちたくない、アホに話しかけられて相手するか?普通

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 19:07:20 ID:8fMJQqh60
お茶目なヒロちゃん陛下は敗戦に際して
自分はどうなってもいいから国民よろしくね!
と云い切ってくだすったぞよ。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:15:11 ID:4hrLsICM0
真偽不明の発言を引いてくる人の神経もアレだけど、

昭和天皇はあんな面して政治的な駆け引きはうまい人だったからな、
絶対危険はないことを確信しての猿芝居のような気もするね。
平成天皇がそう言ったというのなら、真剣さはつたわってくるけど。

キムはどうかな?もし日本と同じように無条件降伏という状況になったら。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:16:21 ID:1BXtZA5+0
>>333
http://tmp6.2ch.net/kitchen/

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:21:55 ID:6y2ANHs+0
マッカーサーがヒロちゃんの潔よさに胸打たれたと語り
側近も似たような内容のことを語っているのに真偽不明なのかよ。
ヒロちゃんなら云いそうなことだと思うぞ。<オイラどーなってもいいから民4649

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:34:35 ID:1BXtZA5+0
>>339
確か日本は有条件降伏じゃなかったっけ?

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:37:49 ID:nOOtYYzu0
お前らの偏った知識で戦争の是非を評価するなど分不相応も甚だしい。

自分を知れとは偉そうに書きこんだお前ら全員に当てはまる言葉だ。



344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:39:28 ID:6cRczSeQ0
秦郁彦が『昭和天皇五つの決断』で「私はどうなっても・・・」発言は
真実だとアチソン電引用して立証してたと思うが。

今日見たニュースでは松明行列やってたな>平壌
これはナチスの真似だろう。
黄長ヨプ元書記の証言では、ヒトラーへのヒムラーの報告を
「それは間違っています」と両人の前で「直言」した
カルテンブルンナーを金正日が引き合いに出して
「私に報告する時にはかくあるべし」と命じたとかいう。

要するに個人崇拝に役立つものは何処の国だろうが真似して利用する。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:46:01 ID:4hrLsICM0
そんなこといっても、自分の免責と引き換えにした東条らの縛り首に
なんら意義を唱えてないしなぁ。

沖縄を米軍の管理下の置いてください、どうかお願いします、みたいな発言もある。
こちらは回顧録の内容と違って公式に記録が残ってるが、自分らのために捨石になった沖縄県民にあんまりだよなぁ。
政治的な判断としては誤ってない面もあるけど。

>>342
そういうことを言ってるは右翼(これはレッテルでもなんでもない正確な表現、な)だけだから。
当時から無条件降伏と認識されていたことは、多くの記録から明らかだし、
なにしろポツダム宣言に明記されてるし。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:57:48 ID:1DdDNyF00
>>339
金ちゃんは真っ先に国民捨てて国外逃亡

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:12:17 ID:6cRczSeQ0
金正日の公式伝記読むと金日成の
「以民為天」民を以て天と為すの精神を継承している云々と出てくる。
これは儒教だろう。

まあ古い言葉で言えば
「詞は堯舜の如くなれども、行いは桀紂に劣る」だな。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:13:15 ID:W8CVBxss0
>>345
NHKは右翼だったのか・・・

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:15:28 ID:6cRczSeQ0
>なんら異議を

東京裁判の判決を聞いて昭和天皇は眼を真っ赤にして泣いていたとの伝聞もある。
死刑執行を聞いた時は部屋に籠っていたとも。
宮中奥深くの事だから伝聞に頼らざるを得ないんだよな。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:21:02 ID:4hrLsICM0
>>348
そういう右翼の意見もあると伝えただけでしょう。
見てないけど。藁
ソース、どこかにあるかな?偏向していないやつ。

法的にも自らの天皇制国家を滅ぼすような自殺行為を
天皇制憲法から権利を与えられてる天皇や内閣が受諾するような
権限はないもの。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:29:50 ID:W8CVBxss0
>>350
>そういう右翼の意見もあると伝えただけでしょう。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
 
>そういうことを言ってるは右翼(これはレッテルでもなんでもない正確な表現、な)だけだから。
って言ってのに・・・

ちょっとググったけど、無条件降伏は明らかって分けでもないような・・・

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:34:03 ID:4hrLsICM0
>>351
その「有条件降伏」とやらの議論を誰が提起してるか、
数人上げてごらんよ。元ネタは誰か、など考えるとなおよろしい。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:40:55 ID:bprzXdSNO
美女応援団 喜び組だけは 確保してあげます。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:40:58 ID:W8CVBxss0
>>352
無理

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E9%99%8D%E4%BC%8F

http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&q=%E6%9C%89%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E9%99%8D%E4%BC%8F&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:47:11 ID:4hrLsICM0
それじゃ無条件降伏unconditional surrenderの定義を調べてみるとか。

ポツダム宣言で「条件」がついてるから有条件降伏!つーのは詭弁を通り越した、
ある種逝っちゃった言論だと思いますよ。主張者も含めて。


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:56:44 ID:2V5IHFbt0
>>355
なんか良い資料持ってない?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:59:44 ID:4hrLsICM0
普通の憲法の教科書とか。ウェブでも十分ですよ。

ネットウヨ系のサイトやブログが邪魔ですけど、
逆に言うとそれらを避けて通ればきちんとした資料にたどり着けると思います。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:02:41 ID:2V5IHFbt0
>>357
ところで・・・お前は左翼よりの思想だったりしないよな?
別に変な意味で言ってる分けじゃなくて

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:02:42 ID:4hrLsICM0
荒れるのも嫌なんで断っておきますが、ネットウヨ系のブログやらは
参考文献や資料の提示が疎か(恥ずかしくって元ネタ出せない?)なので
資料性が皆無ってことです。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:06:25 ID:4hrLsICM0
微妙に被りましたね。藁

普通の憲法の教科書を筆頭に挙げてるんですから
ウヨサヨもないもんだとは思いますが、そんなこと言ってる暇があるのなら
調べてみると良いですよ。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:07:21 ID:25F2ujr/0
戦国時代
http://hobby8.2ch.net/sengoku/

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:10:35 ID:2V5IHFbt0
無条件降伏(むじょうけんこうふく, Unconditional surrender)とは、ある国家または軍隊が示した降伏条件に、
交戦相手は無条件に従うという取り決めで降伏することである。降伏勧告を受けた相手が“この条件を受け
容れてもらえるなら降伏する”と提示・意思表明をする場合は「条件降伏」となる。

これを元に考えて良いか?

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:15:45 ID:4hrLsICM0
いちいち人に確認しなくてもいいですから。藁
少しじっくり調べればいいじゃん。

俺はそろそろ寝るから。

憲法の教科書は厚めな奴がいいぞ。憲法制定過程やその前提たるポツダム宣言の受諾についても
詳しく載ってるでな。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 23:55:31 ID:2V5IHFbt0
無条件降伏は相手が降伏条件を示してそれに無条件に従う事だよな?
で、有条件降伏はそれに対して自分達が降伏する条件を示す

ちょっと気になったんだが
自分達が降伏する条件が既に降伏条件に含まれていたらどうなるんだ?
無条件降伏になるのか?



寝てるだろうから明日・・・

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:02:47 ID:NuS+W+Rj0
揚げ足の取り合いと言葉尻のつつき合いで続くグダグダな議論

つーか、誰もあの国のことは語らないんだなw

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:54:38 ID:9W7xIAki0

【結論】比べるもんが間違ってる


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 01:58:21 ID:L3Q1nn+F0
>>363
ここで議論されてるな・・・良く読んでないが眠いので寝る

http://yasai.2ch.net/kokusai/kako/1020/10201/1020160869.html

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 10:51:55 ID:05EWagX00
>>365
>つーか、誰もあの国のことは語らないんだなw

自分は一応語ってるぞ。

>>344>>347で。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 11:34:32 ID:4LRFhZNx0
アメリカ人から見たら
エンペラーヒロヒトとキムジョンイルは同じ

燃料投下↓
http://www.youtube.com/watch?v=zWUGNYuJQzk

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 11:54:12 ID:n9sVDRrG0
低脳お馬鹿番組

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 12:28:10 ID:4LRFhZNx0
天皇が守るべき国民=兵隊でもあったわけだから
戦後生き残った天皇は国民に守られていたと言える。
とくに沖縄

納得いかないのは天皇がS級戦犯じゃない点。
東条が事の元凶のように言われているけど
東条はどこまでいっても臣下の儀礼を欠いたことはない。

北の末端では、餓死者が出ているようだけれど
あんがい国民は平穏なんじゃないだろうか?
帝国日本だってそうだったように

はっきりと思うのは、北朝鮮は大日本帝国の延長線上に続いていると思う。
国民がいくら死のが天皇様、金正日バンザイ〜。

白人の黄色人種差別はいつ頃からなくなったんだ?


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 12:47:09 ID:FWIIyhIJ0
ヒストリーチャンネルで大日本帝国の映像をみると北朝鮮とかわりゃしない。
先軍政治でマスゲームのような均一の人達が崇拝する(させられている)一人の人間を万歳している。
白黒映像なら大日本帝国、カラー映像なら北朝鮮だと識別できる程度。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:07:49 ID:mj9CShHV0
戦前戦中の日本にも飢餓はあったし
ど貧民なんて山ほどいた

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:15:41 ID:XKdWAlsM0
ヤクザ集団と国家を比べるなよw

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:29:47 ID:XmRqij5f0
>>339
>絶対危険はないことを確信しての猿芝居のような気もするね。

今後 戦 勝 国 による軍事裁判が行なわれると言う時に、
自分に絶対危険が無いなんて思う訳ねーだろ。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:33:38 ID:FT7DsTLw0

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●○【最新衝撃映像・保存推奨】●○米軍がイラクでデモ隊に無差別虐殺&機関銃乱射映像(9MB)
http://www.geocities.jp/seiginokotoba/usiraq-2.mpg
機関銃で無差別水平射撃・・・・

((((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル↑
(((((((((((( ;゚Д゚))))))))))ガクガクブルブル↑
(((((((((((((((( ;゚Д゚))))))))))))))ガクガクブルブル↑
(((((((((((((((((((((((( ;゚Д゚))))))))))))))))))))))ガクガクブルブルガクガクブルブル↑↑
((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((( ;;゚Д゚;)))))))))))))))))))))))))))))))))))))))ガクガクブルブルガクガクブルブルガクガクブルブル



【参考】主要国の国際好感度大規模調査
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/articles/home_page/168.php?nid=&id=&pnt=168&lb=hmpg1

順位は、見てのとおり、英仏など>インド>中国>ロシア>アメリカ>イランだよ。

【結論】:石油強盗殺人鬼=ブッシュアメリカは、世界中で中国より嫌われてます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:41:14 ID:X70NYCeT0
低脳番組でチンポコモンなどと皮肉られるほどの
子供向け人気キャラクターを輩出している日本だが、
漫画やブリキ玩具などで知られる「のらくろ」などのように
戦前から工夫を凝らしたキッズ文化は存在していた。

植民地支配の国際社会において経済的に苦しいながらも
産業技術の発展に加えて文化の発展もめざましかった。
モボモガなどのファッション文化、映画、文学、そして漫画。
文学小説からキッズ漫画まで娯楽を楽しめた戦前日本。

あのトンデモ集団と一体どこが似ているというのか?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 14:04:59 ID:mj9CShHV0
おもちゃくらい北朝鮮にもある
ファッションも平壌行けばあるが
戦前日本の田舎にはなかった

文学漫画も北朝鮮にはある
体制批判が弾圧されるのは北朝鮮も戦前日本も一緒

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 14:12:53 ID:iYIxcHfr0
戦前の近衛や戦中の東条らの政府トップすらクビになった
また翼賛会以外の反対派議員が有名な斎藤氏はじめとして数十人議員に戦時下の選挙で当選した
戦前・戦中の日本ですらこの程度の政権の流動性と公平性はあった
が、北にはそれが全く無いな。どこが似てるのやら……

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 14:16:41 ID:6Cm5ER+j0

ウンコと北の類似性。


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 14:39:38 ID:5UP/u3yk0
>>378
戦前の世界における日本の先進性と
現代の世界における北朝鮮の後進性を比べなきゃおかしいだろ?

アメリカはダントツでブッチギリだから比較にならないが
戦前のヨーロッパ諸国などと比べてみても
当時の日本の技術・文化はかなり先進的だったと思うぞ

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:20:38 ID:mj9CShHV0
> 戦前の世界における日本の先進性と
> 現代の世界における北朝鮮の後進性を比べなきゃおかしいだろ?

それはそうかもしれんな。
だが

> 戦前のヨーロッパ諸国などと比べてみても
> 当時の日本の技術・文化はかなり先進的だったと思うぞ

それは明らかに嘘。当時のトンデモ集団内の自己賛美を
今の我々が真に受けることはないぞ。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:34:58 ID:loT0CU8h0
>>382
よくもまあ恥ずかしげもなく・・・
確かにヨーロッパ諸国が作れても日本が作れないものはあった

だが零戦や酸素魚雷をヨーロッパ諸国が作れただろうか

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:35:38 ID:XmRqij5f0
>>382が何を持って戦前日本文化を否定したがるのかは知らんが。
つttp://www.kyoto-su.ac.jp/~rvulp/nbAprogramma.html

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:44:21 ID:Yqd+NIrT0
新興勢のドイツに滅茶苦茶にされた欧州諸国は
ヘタレ国家ばっかだったじゃん

戦後の自由経済下で新興勢の西ドイツと日本が大躍進できたのは
古臭い欧州諸国の多くがヘタレだったことの証左だろ


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:49:16 ID:qfN9VPnT0
話の流れが元に戻ってるw

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:56:30 ID:rgJfnKOX0
>>369 チンポコモンのフィギュアが欲しくなった。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:58:07 ID:mj9CShHV0
> だが零戦や酸素魚雷をヨーロッパ諸国が作れただろうか

お前、日本の航空技術の自慢なら
もうちょっと他に機体あるだろ。

たしかに零戦はヨーロッパ諸国には作れなかった
だろうな、あんな非人道的な設計思想のもの。
グロスターをパクって、「うちの軍隊は兵士の命が
安いです」仕様にチューニングって、北朝鮮軍か。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:14:14 ID:XmRqij5f0
何だ、管理人の受け売りかよw

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:15:39 ID:mj9CShHV0
秦の受け売りも入ってるけどな

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:18:44 ID:GViuVs0U0
>>388
零戦の航続距離等は戦略面では優位性の高いものだと思うな。
フィリピン爆撃でも制空権を奪う大戦果あげてるし。
物資の無い日本にとって個体の格闘能力などより
燃費性能や作戦の実行効率の方が重要だったってことじゃないの?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:18:46 ID:qfN9VPnT0
ここで日本非難してるの同じ奴だったりしてw

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:25:33 ID:mj9CShHV0
>>391
問題は航続距離が優先順位で2番目だったところ。
速度と航続距離より格闘性能を優先したから
航続距離の延長には殺人(操縦士を)マシンに
するしかなかった。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:26:34 ID:qfN9VPnT0
>>391

>>170
>>171
>>172

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:35:38 ID:mj9CShHV0
>>172の「鹵獲されるまでは・・・」伝説は嘘。
グラマンF6Fの初飛行は鹵獲より前。
>>172の「零戦に遭遇したら・・・」通達も元史料の
はっきりしない、たぶんただの伝説。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:40:25 ID:qfN9VPnT0
>>395
そうだな
>>178

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:47:06 ID:YECdDqAa0
湯川秀樹が中間子理論を発表したのは戦前当時。
最先端の素粒子分野でも第一級の物理学者を育てるほどに
当時の日本の教育水準は高かった。

技術産業にしろ学問にしろ文化にしろ
戦前の日本には世界に誇るべきものが沢山あった。

超大国アメリカの前には日本の先進性も霞んでしまうが
ヨーロッパの国々と比べても日本の技術・文化の水準は高い方だった。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 17:11:49 ID:NShN+H8HO
>>397
あまりテキトーな嘘つくなよ。
当時の日本ではまだ学問と宗教が未分離だったから、
研究者が内輪で自画自賛して思考停止してた状況だぞ。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 17:17:11 ID:4351gcct0
日本人なんだから>>397見たいな考え方で良いじゃん
下手に戦前を卑下するから話が拗れる

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 17:20:42 ID:AkYvjS3f0
>>398
湯川秀樹が中間子の存在を予見したのは紛れもない事実

その偉大な物理学者を戦前日本の教育が育てたのも紛れもない事実

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 17:42:32 ID:stxdGp++0
>383

零戦は作れなかったのではなく作らなかったというべきか。
酸素魚雷は技術的には興味があるが、兵器としてはカタワ。

がしかし、当時の日本とヨーロッパの技術を比較して日本の技術力が
劣っていたというのはそういう一点突破的な比較じゃなく、産業全体の
基礎技術が劣っていた点だけで充分でしょう。
零戦は作れても、そのエンジンを製造する工作機械を完全に国産化する
技術は無かった。

北朝鮮だって製品としてのミサイルは作っても、そのミサイルを製造するのに
必要な機材やコントロールする為の部品を作る技術力はない。そういう
意味での比較からすると的外れな話じゃないですね。


402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 17:49:54 ID:XmRqij5f0
>>401
ttp://www.h2.dion.ne.jp/~sws6225/jiten/sansogyorai.html
酸素魚雷のどこがカタワ兵器なのか教えてほしい。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:00:23 ID:4351gcct0
>>402
アニメンタリー決断大事典・・・?

こっちの方が良いんじゃないか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E7%B4%A0%E9%AD%9A%E9%9B%B7

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:03:06 ID:XmRqij5f0
>>401
追加

>零戦は作れても、そのエンジンを製造する工作機械を完全に国産化する
>技術は無かった。
>北朝鮮だって製品としてのミサイルは作っても、そのミサイルを製造するのに
>必要な機材やコントロールする為の部品を作る技術力はない。そういう
>意味での比較からすると的外れな話じゃないですね。

ハァ?零戦のエンジンを完全に国産化できなかった(これもハァ?だが置いておこう)
昭 和 初 期 の日本と未だに誘導平気を作れない 平 成 時 代 の北朝鮮との比較は
誰がどう考えても的外れです。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:04:17 ID:XmRqij5f0
>>403
スマンw

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:06:59 ID:stxdGp++0
誘導もない魚雷を超遠距離から撃てるからって、実際のところはそれほど役に
立てない。なにより時代は既に航空魚雷が主力であり、ある意味で大艦巨砲主義と
似たようなもんだ。
それでも潜水艦で通商破壊でもやってりゃ使い道があったかもしれないけど、
それもやってないし。


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:08:55 ID:stxdGp++0
>404
> ハァ?零戦のエンジンを完全に国産化できなかった(これもハァ?だが置いておこう)

確かにはぁ? だな。誰だ、そんなこと書いたのは。


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:21:51 ID:4351gcct0
>>406
つまり酸素魚雷を作る技術は別に凄くもなんとも無いって事か?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:22:43 ID:XmRqij5f0
>>407
> ハァ?零戦のエンジンを完全に国産化できなかった(これもハァ?だが置いておこう)
>確かにはぁ? だな。誰だ、そんなこと書いたのは

誰だと思う?何を隠そう俺だw読み間違いだ。許せ。

>なにより時代は既に航空魚雷が主力であり、ある意味で大艦巨砲主義と
>似たようなもんだ。

そんな比較は誰もしていない。俺は酸素魚雷は他国の魚雷と比較して優れていた、
と言ってるだけだ。  
 で、
>昭 和 初 期 の日本と未だに誘導平気を作れない 平 成 時 代 の北朝鮮との比較は
>誰がどう考えても的外れです。
これはどうなんだ?

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:33:07 ID:05EWagX00
北朝鮮は原油の9割を中国に依存しているんだってな。
その中国から唐家セン委員が訪朝して金正日と会談したが
結果は伝えられていない。この会談次第で北朝鮮の運命が決まるだろう。

原油で国の運命が決まるのは65年前も今も変わりなし。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:44:44 ID:5JMrXyFG0
物資不足の日本が作った戦争兵器の詳細スペックはどうあれ
戦略的には当初の予想を越える大戦果をあげた。

真珠湾の多大な被害やシンガポールの陥落などの戦果は
日本軍の兵器と戦術が功をそうした結果だ。


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:48:43 ID:caYDz9UZ0
>>410
北ウンコが日帝のように原油を求めて南進するとでもいうのかい?w


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:49:48 ID:hkCwgdx30
まぁ・・・
一人の人間を崇拝してる国なんて幾らでもあるし
北の人間がどの程度、金正日を崇拝してるのかもわからないし
北朝鮮はどう考えても先進国じゃないし
戦前の日本も後進国とは言えないし


つまり・・・
似てるところも探せばあるだろうけど
違うところとか劣化(北が)している事の方が多いと

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:57:37 ID:05EWagX00
>>412

中国からも見離されたら国自体が完全に行き詰るって云う点では
米国に鉄や原油を依存していた大日本帝国と同じだよ。
尤も北朝鮮は中国相手に開戦なんてしないだろうけどね。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 19:17:36 ID:Ic72pVSt0
>>412 >>414
時代が違うだろw

>中国からも見離されたら国自体が完全に行き詰るって云う点では
>米国に鉄や原油を依存していた大日本帝国と同じだよ。

どの国でも見られそうな現象のような気がするんだが・・・


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 20:02:30 ID:1gkf2WMk0

日本は出る杭は打たれる方式で信頼できる国も無く孤独に戦ってたが
(ドイツも裏で中国支援してたし)北朝鮮は中露の庇護下で好き勝手にやりたい放題。


甘えん坊のワガママぬるま湯チンピラ集団と、非情な世界情勢に翻弄された悲運の国家を一緒にするな。




417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 20:30:02 ID:stxdGp++0
>409
> 誰だと思う?何を隠そう俺だw読み間違いだ。許せ。

うむ。その心意気やヨシ。

> そんな比較は誰もしていない。俺は酸素魚雷は他国の魚雷と比較して優れていた、
> と言ってるだけだ。  

それは製品を単純なスペックだけで見るか、要求仕様まで含めた全体で評価するかの
違いですね。軽自動車に誤差精度1%以内で300km/hフルスケールのメーターがついていた
からといって製品として優れているといえるかどうか、みたいな話。
いずれにしろ、この手の一転突破型の代物は基本的な技術力の有無とは
直接関係しません。

> >昭 和 初 期 の日本と未だに誘導平気を作れない 平 成 時 代 の北朝鮮との比較は
> >誰がどう考えても的外れです。
> これはどうなんだ?

北朝鮮は既に自律誘導ミサイルを作って輸出までしているようですが?


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 20:49:44 ID:TbdMv50h0

いままで戦前戦中の日本を必要以上に貶めてきた輩と

朝鮮をマンセーする輩って

きっと同じ類の人間なんだろうな


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:00:16 ID:JUjIH5hC0
いや〜大日本帝国は
技術も産業も学問も全然駄目な後進国だったのに
欧米と渡り合うなんてもの凄い国家だねw

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:25:07 ID:hPjeJ/iy0

湯川ヒデキって中間子理論でノーベルなんとか賞受賞したんだよね

すでに素粒子分野の天才がいたなんて戦前日本の教育ってすげーね


421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:27:18 ID:NShN+H8HO
>>419
藩閥政権が薄氷を踏むような
巧みで慎重な外交運営を展開していたからね。
あとは、人の命が無料だったことも大きい。
これは為政者にとってはやり易いね。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:27:29 ID:I2H6dL5k0
教育レベルは今よか高いかもしんないね

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:31:01 ID:NShN+H8HO
>>422
低いぞ。ガリガリの丸暗記。
あれは人間向けというより、昆虫向けの教育。
まあ、江戸が終わった段階の国民の教育水準からしたら、
あれくらいから入るのが適当だったんだろうけど。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:36:45 ID:TBIbwOUy0
>>421
巧みで慎重な外交運営+人の命が無料だと欧米と渡り合えるのか・・・
欧米って大した事なかったんだな・・・

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:43:46 ID:2+Xyr/jP0
>>423
多分そう言う意味じゃないと思うよ

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:43:51 ID:NShN+H8HO
>>424
人権を無視していいっていうのは相当なアドバンテージだぞ。
確かに明治憲法には権利保障の規定はあったけど、
憲法の制定は議会開設のためで、権利保障なんて
欧州の憲法典をコピペしたら勝手についてきただけのもの。
国家はあれをただの道徳目標と捉えていたし、
国民もその実現を求めてはいなかった。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:49:23 ID:l7ja60Gp0
>>423
丸暗記だけじゃ素粒子レベルの未知物質の存在を予見する天才は育たないと思うぞ


428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:56:58 ID:VGuvFL930
>>426
独立も簡単に出来そうだね

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:47:35 ID:BgVbZCvj0
北の独立はヤクザの組事務所開設と同等レベル

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:25:47 ID:sUvJpbV70
>419
帝国の技術レベルはかなりのもの。
豊田の自動紡績機や三菱の造船技術はすごいし、小型戦車やゼロ戦、機関車もすごい。
それに、すごくなきゃイギリスの戦艦を撃沈できるはずない。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:38:30 ID:/9GxuTVI0
>>430
>>419は皮肉だよ・・・(^ ^ ;)

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:26:32 ID:RZWrR1Jw0
         /|
        / |
   ∧ ∧,/   / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,゚Д゚/   /< age!
 _/ つ/ テ /  \______
 ~て ) / ポ /
  /∪ ド /
  \/ ン./|
   \__/, |
  /// \_|


433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 12:44:27 ID:C2DJpOnq0
         /|
        / |
   ∧ ∧,/   / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,゚Д゚/核 /< age!
 _/ つ/ テ /  \______
 ~て ) / ポ /
  /∪ ド /
  \/ ン./|
   \__/, |
  /// \_|




434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 12:46:55 ID:C2DJpOnq0
http://www.youtube.com/watch?v=ebo_I3bFUl4

チンポケモン2↑


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 13:21:55 ID:ePnbgBr+0
チンポコだのペニスだのと下品な言葉を連発してる低俗番組で愚弄されるという栄誉

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 14:12:27 ID:C2DJpOnq0
善か悪かは論じられないが
やっぱり北朝鮮と戦前の日本は似ているよ。

>>377
あの国で放送されている子供向け番組を一度見たけど、鉄人28号バリのCGの超合金飛行機にのる
アニメだった。

一度インターネットに落っこちてる北朝鮮の番組みてみぃ。
世界観が一変する。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 15:05:43 ID:Od/r1ZVu0

中露の庇護の下でゆすりたかりを生業とする集団


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 15:32:07 ID:C/pQHkeC0
悪の秘密結社。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 16:00:24 ID:C2DJpOnq0
北朝鮮はアメリカの脅威に対抗するために
核兵器を保有するんだよ。
「アメリカが怖い」これが理由。

帝国日本だって同じ理由で、真珠湾を先制攻撃した。
先制攻撃をした汚点は拉致問題と似る。

国家が持つ生真面目さと、上手くいかなくなったときの
いっぱいいっぱいがとても似てる。
平壌放送で叫んでる女性アナウンサーなんて
大戦中の日本人女性

あの悪夢がいままさに現在進行形で続いている国=北朝鮮


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 16:21:13 ID:UwI9voAe0
>>439
おまいが頗る勉強不足なのは解った。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 16:21:40 ID:Y3bVIclj0
へー
そーなんだ

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 16:44:23 ID:Mqg8uqgI0

北チョソと似てるキティガイ貧乏国はいくらでもある

史上最大の世界大戦において超大国&欧州の先進諸国を相手に戦った列強国とは全然似ていない


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 17:04:05 ID:t3YmlgkG0

戦前の佐賀県と北朝鮮の類似性。


444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 17:30:44 ID:dfinXn0o0

大日本帝国が無謀な戦争をしたように北朝鮮も突然真珠湾のようなことをするかもしれない
人の命は価値がないと考える大日本帝国は自爆テロや捨石作戦を平気でやった
命を大事にしない国の軍隊は恐ろしい
死んだら英雄思想は自分だけでなく他人の命も大事にしない
北朝鮮軍も大日本帝国のような天皇万歳で命を軽んじる国だろうから非戦闘員の扱いも酷いだろう
非戦闘員の日本人全員が敵と看做されるかもしれない
アメリカは決着がついたら人命救助を優先する
神風のような勝敗が決したとの巻き込み自殺は大日本帝国から北朝鮮は真似るかもしれない
日本国民として個人崇拝のために命を軽んじる大日本帝国や北朝鮮を讃えてはならない
平和国家日本国は大日本帝国や北朝鮮のような国とは対極にある

敦賀に住んでいる身としては不安がいっぱいだ
北朝鮮版真珠湾の対象が原発になるんじゃないかと思う
工作員が原発に立てこもり要求が通らなければ爆破すると言ってきたら怖い
大日本帝国を誇るな、北朝鮮を褒めるな

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 17:34:22 ID:G+WYhk880
戦前の日本は普通の先進国の一つだった。
戦時中はどこの国も必死なのは当たり前。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 17:57:49 ID:mVB6y2wjO
>>445
>戦前の日本は普通の先進国の一つだった。

さらっとデマを流すなよ。
国富の全てを軍事に回してただけで
(江戸時代までただの土人国家だった日本には
他に外交力の下地になる要素がなかったから仕方ないが)、
国民生活はフィリピン以下だぞ。
東北に限ればさらに朝鮮や台湾よりも下だ。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:03:00 ID:UwI9voAe0
出たw
何かと言うとフィリピンを出す定番のやり方w

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:04:00 ID:C2DJpOnq0
北朝鮮は普通の先進国の一つ。
戦時中はどこの国も必死なのは当たり前。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:04:09 ID:mVB6y2wjO
>>447
で、フィリピンより貧しい国を先進国と言えるのか?

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:04:29 ID:qTFUx5ZH0
ID:mVB6y2wjOは昨日のID:NShN+H8HOか
この人妄想垂れ流してるだけなんだよなあw

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:05:47 ID:Y3bVIclj0
まあ江戸時代の日本文化が優れていたのは確かだが、
そんなことは平和な時代にしか賞味されないので、

> 戦時中はどこの国も必死なのは当たり前。

の理屈で言っても、日本が諸外国以上にDQN国家の道を
極めざるをえなかったのはある意味仕方ないけども。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:06:35 ID:a/vySPC80
>>436
戦前の日本では鉄人28号が放送してたのか?

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:48:39 ID:C2DJpOnq0
>>452
じゃあ戦前の日本ではCG使ってたのかよ?

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:53:14 ID:YFZUhxwl0
もはや意味不明

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:08:35 ID:a/vySPC80
>>453
・・・二つ聞きたいんだが

戦前にテレビ放送してたのか?

今の北朝鮮と戦前の日本の技術などが
同じだったら北朝鮮はかなり劣ってる
って、事はわかるよな?

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:46:43 ID:be5EASuf0
>449
フィリピンより貧しいのは戦時中だけ。
国の経済力や市場規模、技術レベルや企業の発達などはフィリピンなど相手にならず。
>446
土人国家とは何ぞ?
ペリーもプチャーチンも、ケンペルもラインホルトも江戸時代を賞賛してたぞ。
あのイザベラ・バードすら日本奥地紀行で東北地方を褒めている。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:32:20 ID:hS2QVR4/0
基本的に土人っつーのは狩猟採集民族のことだよな。
農業主体で大都市に人口集中する社会の民族は土人とは云わんよな。

ちなみに狩猟採集というのは個人の能力が高くなければ
生き残れないわけで一概に土人と馬鹿にするべきではない。
彼等は動植物の膨大な知識や狩りの技術を有しており
人類最大の特徴であるインテリジェンスを武器として日々生きている。

農業国=文化圏は馬鹿でも生きられるが人口過密なので病気が最大の敵となる。
それゆえに農業国は偶発的に病気に強かった者だけが生き残る。
だが非食糧生産者が増えることで文化が発達する。

で、何が云いたいかというと北チョソより土人のがマシかもな。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:39:00 ID:Vt29F3/E0
>>456
日本のことをよく知らない特アの方のお話は無視しようぜw

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:44:52 ID:WLM6sSN40
Google earthで北朝鮮見て遊んでるんですが、
レシプロ機が現役配備されてる噂のある基地はどの辺りか分かる方いらっしゃいますか?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 03:26:52 ID:Vp4++5Ee0
アメリカを滅茶苦茶に邪悪に描いていた共通点

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 03:53:30 ID:eo7CHYNl0
戦前日本はアメリカをはじめとする西洋文化を積極的に取り入れていた
多くの日本人が憧れの大国アメリカに移住していた

中露の退廃的な謀略術しか取り入れない北とは全く違う

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 03:56:16 ID:wTL71jky0
>>460
どこの国でもやってるよw

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 04:53:57 ID:5KIES+LIO
イラクのフセインを結果を見れば また東條の結果を見ればわかる。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 04:58:35 ID:5KIES+LIO
オーム心理教などの麻原死刑囚(本名:松本被告)の

最後どこかの見えない場所に眠るように隠れていた。

フセイン大統領も 地下を掘り潜伏していた。


将軍様の結末もどこか地下で見つかりそうな感じがする。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 05:14:19 ID:5saBR4NO0
北朝鮮は戦前日本はおろか、ナチ・ドイツやスターリン時代のソ連にも劣る
人類史上最悪の政権である。この政権は他の独裁政権と決定的な差がある。
たとえ独裁政権であっても、自国の将来像を描いて国家に尽くす精神がなくては
政府というのは成り立つものではない。スターリンは「人類初の偉大な社会主義祖国」
の為に5カ年計画を実施し、ヒトラーは「アーリア民族の栄光」を掲げ国家再建を進めた。
彼らには、独裁をやってでも果たさねばならぬ確固たる理念、目的があったのだ。
だが北朝鮮の社会主義はすでに失敗したことが明らかになっている。そのことは、
指導者である金正日こそがよく知っている。それでは彼は何を目指しているのか。
金正日の選択は驚くべきものだ。「自分の保身」を「国家目的」にしてしまった!
主体思想は、金一族の支配を正当化する他には一切役立たないイデオロギーだ。
自国の生産力は壊滅状態なので、国外から援助を脅し取り、これを自分の贅沢と
軍事費、幹部の丸め込みに使い、国民はただ餓死するのみである。中国のように
改革開放もする意思もない。それは情報の流入=体制の危機につながるからだ。
麻薬密輸、偽札、資金洗浄と、体制を守るためならどんな犯罪もできる。
金正日にとってすでに北朝鮮という国は「自身の贅沢生活の維持装置」に過ぎず、
日米への要求も「俺の生命と快楽を守るために金を出せ!」というのが本音である。
もはや彼は独裁者というより、単なる強盗と考えたほうがいい。国際法廷
どころか、パナマのノリエガ将軍のように刑法で裁かれるのがふさわしかろう。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:43:46 ID:+1ojeBMi0
兵士が戦地で餓死しまくり
国土は焼き尽くされ放射能にまみれ
満州等の移民をまもることよりも
天皇を守る事を優先する
そのために沖縄は捨てた
そして日本は今でもアメリカの半植民地
北朝鮮もそうなるかもね

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:54:44 ID:/egJPhiM0
>兵士が戦地で餓死しまくり
昔からよくあること。

>国土は焼き尽くされ放射能にまみれ
それを言われても、そこからあっという間に復興した日本の凄さしか感じ取れない。

>満州等の移民をまもることよりも
>天皇を守る事を優先する
どこをどうすればそれが繋がるのか意味不明。
文句は約束を無視して攻め込んできたソ連に言え。

>そのために沖縄は捨てた
捨てたはずの沖縄に大和は向かわすは、特攻隊は向かわすは、対した捨て方ですなww

>そして日本は今でもアメリカの半植民地
全てを否定はしない。

>北朝鮮もそうなるかもね
すでに中国の半植民地です。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 19:07:01 ID:pHH4348d0
朝鮮から石を持って追われるように日本にやってきた天皇が、
明治期の天皇制をへて北朝鮮に逆輸入され金王朝成立とは歴史の皮肉です。
北朝鮮崩壊後、金一族が新生北朝鮮の象徴として存続されるという未来もあるかもしれません。


ちなみに、日本の戦後復興は朝鮮特需によるものですよ。
中国主導で朝鮮半島の統一、日本の頭越しでの米中の協力体制構築という
予見可能な未来において、日本が戦場になることも考えられますが、
日本を攻撃するための特需により、「あっという間に復興した朝鮮の凄さ」を感じることになるかもしれませんね。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 19:39:13 ID:yvovpAoZ0
>朝鮮から石を持って追われるように日本にやってきた天皇が
これってかなりややこしい話じゃなかったか?そんな単純な話じゃなかったような・・・

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 19:46:17 ID:pHH4348d0
ややこしくはないと思います。不明確なだけで。

とりあえず、天皇稜と伝えられるものらの発掘と皇族の遺伝子調査を経ると
多少は真実に近づけるでしょうけど。

例の大室寅之助=明治天皇説の明確な結論も必要でしょうけね。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:03:48 ID:yKm6xPpJ0
>468
戦後の発展がチョン特需のおかげ?アホか。
戦前日本の市場の大きさや企業社会の発達があればこそ、発展したんじゃ。
トヨタも日産も東洋工業も三菱も鈴木もダイハツも松下も東芝も三洋も日立も皆戦前から
あるんじゃ。北チョンには何も無いぞ。
それに金王朝と天皇制がなんで繋がるんだ?むしろ李王朝の王家の再生だろ。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:03:55 ID:j8v0wKahO
不明確と知っていて「朝鮮から石を持って追われるように日本にやってきた天皇が、 」と断定していたのか。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:20:20 ID:pHH4348d0
おおむね、天皇=チョンということで社会の認識は固まってるようですから。
明確にしたいもんですねぇ。w

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:23:57 ID:yvovpAoZ0
>>470
何かソースない?

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:28:12 ID:pHH4348d0
明確なものはないんじゃありません?
科学的に明確にすることを宮内庁が拒んでる状況ですし。

学説は百花繚乱ですし、その中で結論的に最も有力なのが天皇=チョンとするものでしょう。
無理に否定する理由もないです。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:37:04 ID:j8v0wKahO
天皇が朝鮮系渡来人だったとしても全然かまわないんだが、歴史を断定しちまったらお仕舞いよ。
とだけ思う。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:46:21 ID:yvovpAoZ0
>>475
お前はどこで知ったんだ?

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:01:03 ID:j72CoVnqO
>>471
東アジア板に帰れ

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:34:36 ID:x5YeyK750
欧米列強と渡り合ったって言うけど…
ドイツ様が連合国を殴ってる中、尻馬に乗っただけじゃんw

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:05:53 ID:B+q8HYM40
おう、管理人。今日もご苦労w

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 03:04:02 ID:uyCGwf8D0
>>446
戦時中でも、国富の全てを軍に投入したことはない。
つか日本の戦時下の国家予算に対する、軍事費の割合は、
アメリカよりも低い。というか戦時下のアメリカが異常すぎるんだが。

つかフィリピンより貧しいってなにを根拠に。
日本は45年を除けば、順調に発展していたわけなんだけど、
それこそ少々爆弾落とされてもね。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 09:34:16 ID:RD5zYBrm0
トヨタは戦前もすごかった。
さすが自動紡績機。

483 :イランジン:2006/10/22(日) 12:04:50 ID:HFtc8j8W0
      l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、.:.:.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:、:l
     .!.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.ヾ.:.:/.:.:/.;.r:'::`ヽ:.:.:.:.:.:ヾ!
     〉.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:`ー:.ミ.:i.:.:/:':.:;.:r'"'`'"゙、.:.:.:.:.゙:、 <こんにちは、首相の茅葺です。
     !.:.:.:./.:.:.:.:.:.:./`"'゙"'ヾ丶、:;:ィ'"´     i.:.:.:.:.:.:l
     |.:.:./.:.:.:.:.:.:/                l.:.:.:.:.:.:|    天皇がいなくても首相がいるわ!
     ヽ:i.:.:.:.:.:.:/                  _,,...- i:n.:.:.:.|
      l!.:.:.:.:.;イ .............,,,,__     ,.r;'" ___  iK.:.:.:.|    甲殻のなかでも活躍しました。
     /l.:.:.:.:.ni   _,,......三ミ    ,.::/;ィ';;;;iナゞ| /.:.:.:!
      /.:.:!.:.:.:ム゙、‐<'''1;;;;,,ド、 ,   ヾ ''一'゙''  レ.:.:.:ハ    問題はナイはずよ!
     ;'.:.:.:.l.:.:.ヾ ヽ   '`''"´           i.:.:.:/.:.:.゙:、
    .!.::.:.:.:.i.:.:.:`::-、             i      l.:.:/.:.i.:.:.i:l   国家元首と兼務ですが、職務は各々の官庁と
    |.i.:.:.:.:.l!.:.:.:.:.:.:.゙:、         .. .!      /.:;:'.:.i.:l.:.::|   バランスとってます。
    |:l!.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:;ハ、     、__...._,.....,.  ,.イ.:.:ト:.:.:|!.l.::l
    l:lヽ:.:i./!.:.:.:;イ.:i i \    `ー-- '  ,イ ヽ:| |:./!ハ:i    また、甲殻機動隊で呼んでくれないカシラ。
    ヾ ヾl  !.:.M:.:|. \ \       /|!  〈. !'ノ ゙i
      ` ヾ:! /゙|    \ ` ー -- '   l   ゙:、
        _,../  l      \      l /    i\

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 14:24:23 ID:U50LyvZk0
あのさー相手にしてもらえないからって、そこいらじゅうのスレに
幼稚なAA張るなよ。邪魔

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 15:55:37 ID:W+zQtdTw0
>>479
「渡り合った」が指している意味が違うだろw

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 16:15:19 ID:Xk9OYD7B0
戦前 : 日帝+満州

現在 : 中凶+北鮮

これなら若干似ていなくもない
国際政治関係だけで言うならな

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:11:12 ID:rokLLT910
むしろ国内関係において北朝鮮と日本の類似性が際立つでしょう。
国民統制において北は日本を参考にしているのですから当たり前ですが。

なお、現在の中国は大国として国際関係上重要かつ影響力のある地位を占めています。
諸外国にハブられ自閉して勘違い選民思想を肥大させていた戦前日本とは
全然立場は違いますよ。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:17:19 ID:W+zQtdTw0
>>487
中国が大好きなんだねw
日本に対する憎しみが伝わってくるよw

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:18:30 ID:Wgh2Fxoe0
>>487
指示
中国は超大国への道をあゆんでいます。
まだ民度や食料や公害の問題はありますが、
今後はアメリカと同様に中国からも経済的利益を得ましょう。


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:44:47 ID:dL3QbiR60
>>484
ほっとけ、ほっとけ。
こんなんでも相手にしてくれたとイランジンを喜ばせるだけだぞ。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:54:21 ID:pzLUc9r40
類似点より相違点の方がはるかに多い、
戦前の日本 北朝鮮

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:01:34 ID:rokLLT910
時代も文化も違いますからねぇ
違いをあげればそりゃたくさんあるでしょう

しかし国家体制や統治形態、国際関係上の立場などはそっくりです
この点から目を背ける必要はなさそうですが

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:16:21 ID:dL3QbiR60
>>492
戦前の日本と北朝鮮はそっくりではない。
1940年代体制の日本と北朝鮮がそっくりなのだ。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:34:47 ID:rokLLT910
満州事変前後からのファシズム軍部独裁天皇マンセー日本と
北朝鮮は似てるということですね。確かに。

しかし、朝鮮戦争からの準戦争体制にしては、
日本のように暴発もせず、ある意味粘り強い外交努力を続けてるともいえます。

やはり、日本の例、被害妄想を昂ぶらせて暴発することは、
国体の滅亡に繋がること、を学習しているといえると思えます。
非常に正確な日本理解ですね。

495 :連合艦隊:2006/10/22(日) 18:42:53 ID:wNHCliga0
戦前の日本と北チョーセンとは似も似つかない。先ず公選議会があった。
政党があった。なにより超一等国だった。自由があった(知らなかった
ろう)。諸国の尊敬を受けていた。戦前パリの諸外国特派員は、アメリカ
と日本の支局長にタカるのが常識だった。偉大な名将金正日サマなんて
いっても世界中誰も相手にされないな。名提督トーゴーといえば今も
世界中の海軍軍人に尊敬されている。大日本帝国と乞食国とではマア
月とスッポン、ライオンとゴキブリ、比べるほうがおかしいくらいの
もんで。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:48:39 ID:+dWhjFc30
>>494
>被害妄想を昂ぶらせて暴発
これで釣れるの待ってんだろw

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:50:31 ID:HKQzKFnG0
北朝鮮が核実験ってさわいでるけど
アメリカも核実験してるよね


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:53:05 ID:qM0oVao40
戦前の日本と今の北朝鮮が違う所は日本には漫画が当時でも子供の娯楽であった、
のらくろ二等兵から大将まで、冒険ダン吉等北朝鮮は今でも漫画もないだろう。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:56:14 ID:U50LyvZk0
野良黒は大将までいってないぞ・・・

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:59:23 ID:mchmgL5bO
満州事変から軍部独裁ファシズムワッショイという考えは古い
いま旬なのは1937年〜ジョジョに強まってったという考えかた

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:50:04 ID:uyCGwf8D0
戦前の日本と似ているのなら、
北朝鮮は大発展を遂げていないとおかしい。
けど、あの体たらくだから、何も学んでいないと思われ。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:52:56 ID:d3vZPWsO0
「国家は指導者以上には賢くならない」Wチャーチル
日本の指導者は天才?!


503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:57:59 ID:AfABVrlNO
チャーチルは変なヒロイズムでイギリスを潰した馬鹿だからほっとけよ。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 23:13:06 ID:vncsdpdV0
当時の日本は、西側諸国に匹敵する先進国だ。
馬鹿がつまらない論を弄しても、これは絶対に間違いない。
帝国の領域内にかなりの数の異民族を傘下に収めてもいた。
当時の日本は多民族国家だったと言っても間違いではないでしょう。
そして勢力範囲も今からは比較にならないほど広大でしたね。
半島の片隅にキチガイじみた圧制を布くカルト国家と
戦前の日本を一緒にするのは根本的な間違いだ。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:14:16 ID:U26UJvsO0
北朝鮮が感じているアメリカに対する恐怖心とはいったいなんだろうか?
戦前の日本も同じものを持っていたし。

金成日政権にはアメリカはこう伝えるべき
お前ら武器捨てろ、捨てたら日本見たくアメリカが北朝鮮守ってやるから、と。

家族を守るための武器であり、守るための武器を捨てろとアメリカは無理難題を要求している。

あいつら何守ってるって、家族守ってるんだよ。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:25:55 ID:xXGCh94c0
『テポドンを抱いた金正日』(文春新書)を購読。

「あほうでも後継者になれる」封建制やブルジョア君主制(立憲君主制?)とは違い、
金正日は優秀な能力や高邁な道徳性等を備えた人物なので金日成の跡を継いだが
このような場合世襲になるからといって金正日を跡継ぎにしないのが間違いだ云々

というのが北朝鮮の論理らしい。
「万世一系の皇統」を国家の根本とした大日本帝国とは似て非なるものだな。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:32:51 ID:xXGCh94c0
金正日が金正哲か正雲を後継者にしようとすれば
自分が後継者に選ばれた時と同様に息子の神格化が必要になる。

金体制が今後も続くとすれば後継者決定の度に極端な個人崇拝が行われることになる訳だ。
日本の皇室は皇位継承に当たって別に個人崇拝は必要としない。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:12:39 ID:ccJSj1mC0
>>505は日本嫌い
>>506-507北朝鮮好き

>>505は日本が嫌いだから北朝鮮と一緒にする
>>505-507は北朝鮮が好きだから日本と一緒されるのが嫌



















と、言う妄想を眠くてしてしまった・・・

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:16:20 ID:TigAuhxi0
>>498
将軍様崇拝のためのアニメだけど北朝鮮でも朝鮮中央テレビで動物を擬人化した
アニメなら放送しているよ。前にテレビで北朝鮮ネタをしてた時に見たことある。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 07:25:31 ID:PSiDSXds0
朝鮮中央テレビのwikiによると
女性アナウンサーは神奈川県出身らしい

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 08:16:48 ID:g+jsddu8O
>>505
日本がアメリカに先進国にしてもらえたのは、
憲法9条を逆に利用してアメリカをカタにはめて
膨大な負担となる東アジアの安全保障を全部おっ被せたのと、
アメリカが他に味方がいない東アジアにおいて
日本を反共防壁とするために市場開放という形で
アメリカの国富を日本へじゃぶじゃぶと湯水のように
注ぎ込まなければならなかったことによる。

日本にとっては、宝くじに当たったような、
棚からぼた餅な偶然の産物だったので、
北朝鮮に真似すりゃいいじゃんと言ったところで
そう簡単にはいかない。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:25:36 ID:ia0DxDdW0
『似ている』との感想に対して何でつまらない反論するんだろう?
「あの二人よく似ているよね」と話をしているところに割り込んできて
名前が違う、生い立ちが違う、耳の形、皺の数、遺伝子が違う
そんなこと言う人とはコミュニケーションは取れない
同一でないのだから相違点があるのが当たり前、そんな事を指摘する人に社会性はない
『似ている』とは感覚を基にした話題なんだから個々が似ていると思う点を出して楽しむ
それが普通の感覚

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:49:13 ID:UUJ8tWuSO
感覚で言われちゃたまらんわな。ヒトラーと東條が似てるとか言ったら即反論くるのと一緒。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:11:40 ID:mxsTcpuh0
東条は自殺すらまともにできないヘタレ禿げ

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:13:00 ID:ia0DxDdW0
目元が似ている
口元がそっくり
こんな話をしているところに
名前が違う
髪型が違う
と相違点を出して反論する

この反論する人に普通は違和感を覚える



516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:19:20 ID:r2pyW5JF0
目元は似ていない
口元は似ていない

こう反論している人も居ることを知った上での書き込みだよね?

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:55:02 ID:goNkir370
>505
> あいつら何守ってるって、家族守ってるんだよ。

その割には家族ごと国から脱出する人が後を絶たないわけだが。


518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:37:04 ID:GeZdOyT40
>>512
いいこというな〜、
なんかヒトラーと東条が似ているとか言う>>513がいるけど
全然似てないじゃん。
感覚って何言っても許されるってことじゃないよ。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:38:59 ID:GeZdOyT40
ものさしで計ったらそりゃあ違うだろうけど、
ぱっと見た感じにてるんだよ。

北朝鮮と大日本帝国。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:43:56 ID:GeZdOyT40
軍部の影にいて隠れている学閥が似てるんだよ、特に。
北朝鮮にも東大卒のエリート官僚がいて、
保身に走ってる感じがすごいする。
核兵器作るだけ作っといて、戦争で負けたらいけしゃあしゃあと
「軍部の暴走です」っていいそうな、国民の振りした
官僚がたくさんいそう>北朝鮮

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:50:54 ID:g+jsddu8O
古今東西北朝鮮に一番似てる国はどれかって聞かれたら、
やっぱ大正デモクラシー後の大日本帝国以外答えようがないわな。
君主が実権を奮っているか、君主は権威の根拠に過ぎず
事実上の権力者は抽象的団体人格としての国民か、って違いはあるけどな。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:06:05 ID:dSvFqJgT0
そろそろ北朝鮮の末路について考察してみないか。

大日本帝国が日本国として形を変えて天皇制を存続させつつ復興したように
北朝鮮も金王朝を存続させていくのか、それともルーマニアのように
ある日突然民衆の決起で金王朝が完全に斃されるのか等々。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:10:51 ID:0zLiH+uRO
朱子学で汚染された東アジアの民衆に、革命など起こす気概はない。
アメリカにけしかけられて日本と北朝鮮が戦争をおっぱじめ、
仲良く相打ちで地獄逝きに100票。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:41:14 ID:p0ROhmUz0
>521
個人崇拝は日帝似だが、それプラス共産主義、プラス李朝だろう。
はっきり言って、チュチェ思想など、日本人には理解不能だ。だが、韓国人には
よくわかるという。

525 :志學館:2006/10/24(火) 00:48:04 ID:SKz0+p00O
スレへの解答。戦前の日本と似てないよ。
日本は戦争強かったし。北は弱い。
日本は平和だったし。北は犯罪カルト国家。
日本は凄かったし。北は凄くない。
日本は素晴らしかったし。北は逆。
日本は良かったし。北は良くない。
日本は3文字だし。北は文字が長くて打つのダルイ。


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 01:01:25 ID:gv8HST5FO
大制奉還 徳川時代の終わり。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 01:41:09 ID:Bti/tXE80
なんか、感想だとか感覚だとか反論するなって言ってる人は

「俺はアインシュタインと似ている。
学生時代、落ちこぼれだったところなどそっくりだ。」

とか俺がほざいても反論しないのかw

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 07:04:36 ID:iRrK989+0
「そこ以外に似てるとこは?」

くらいじゃないの?

とりあえず、アインシュタイン落ちこぼれ伝説は
実は、後世の人間がアインシュタインの通知表を
読み間違えただけの話だけどね。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 07:18:48 ID:Bti/tXE80
>>528

>>512
>>515

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 07:48:48 ID:iRrK989+0
だから何?
日本語読める?

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 08:34:52 ID:yiKxFKW20
日本は戦争強かったし。北は弱い。 >戦争負けたのに強かったの?
日本は平和だったし。北は犯罪カルト国家。 > 平和なら戦争しないし
日本は凄かったし。北は凄くない。 > 凄かったってあんたw
日本は素晴らしかったし。北は逆。 > 素晴らしいか?w
日本は良かったし。北は良くない。 > 人による。
日本は3文字だし。北は文字が長くて打つのダルイ。 >北朝鮮

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 09:05:45 ID:YknKDm3G0
>>531
お前がノータリンだって事は痛いほどよく分かった

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 09:59:42 ID:niBIGA7M0
戦時中と比べたらすごく似ていると思う。
大政翼賛会による事実上の一党体制、個人崇拝、軍部の巨大な権力、特高や憲兵に
よる思想弾圧、特攻隊という個人の尊重のかけらもない作戦、国民の食生活より
軍の物資優先の事実上の先軍政治、小学校から鍛錬、教練の類、小学生から大人に
なったら兵隊さんになってお国のために死にますという発想をさせる教育、勤労動員、
着用する服装の厳しい制限、男子のみならず女子までも上半身裸で授業、学徒出陣

ある部分では今の北朝鮮以上かも・・。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 10:00:48 ID:+trYeBClO
>>532
ドウイ

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 10:37:27 ID:0zLiH+uRO
>>533
日本の場合にはそれが独裁者の専横で無しに
民意に則って実施されたものだという点で、
決定的な違いがあるけどな。
この意味では、大正デモクラシー以後の日本は
北朝鮮以下のダメ国家と言えるかもしれん。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 12:59:25 ID:fl8MKWp80
在日北朝鮮人の口からは発せられないが、
それが家族や恋人を守るための戦いであるんだよ。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 13:17:17 ID:cYLDRnWq0
北朝鮮は毛沢東時代の中国に似てる。

独裁者が支配する国。
強制収容所。
国民の大量餓死。
無所属候補すら存在しない一党独裁。
個人崇拝。
個人の尊重などない人海戦術。
人権はゼロ。
政治的な自由ゼロ。


538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 13:34:45 ID:Z9hnikSg0
日本人が先の戦争を反省するっていう時には、実は対外関係よりも、
むしろ戦争を隠れ蓑にして私腹を肥やしていた連中が多かったことを
意識しているんだよな

軍人政治家役人が物資を横流ししてうはうはの生活
そういう連中が愛国心を唱えて一般民衆に耐乏生活を強いる
それに異を唱えるとアカだと

今の日本もこういうことへの反省がないから全然変わっていないね


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 15:18:18 ID:cYLDRnWq0
>>538
料亭に一度行ったくらいでガタガタ言う日本が息苦しいよ。
そもそもそれは重要なことじゃない。
一般的に考えて、平等を謳う共産国にだって、指導者と一般庶民の生活水準には厳然たる格差が存在するのではないですか。
だからそういったことは、所謂つまらない批判だと思う。

>>537
「人民服」も追加

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 16:21:10 ID:vtZst1Ma0
>>530が日本語を読めない事だけは分かった

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 16:37:44 ID:H2z5mCBW0
日本語読めるようになってから言おうね、ボク

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 16:42:22 ID:HnimxuNw0
>527
> とか俺がほざいても反論しないのかw

別に今の君が落ちこぼれだったアインシュタインとそっくりだと言っても
俺は否定しないけど。誰か否定しているの?


543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 16:59:35 ID:vtZst1Ma0
>>541
>『似ている』との感想に対して何でつまらない反論するんだろう?
                ↓
>「俺はアインシュタインと似ている。
>学生時代、落ちこぼれだったところなどそっくりだ。」
                ↓
>「そこ以外に似てるとこは?」        ←反論 


「あの二人よく似ているよね」と話をしているところに割り込んできて
名前が違う、生い立ちが違う、耳の形、皺の数、遺伝子が違う
そんなこと言う人とはコミュニケーションは取れない


>>542
>誰か否定しているの?
誰もしてない。
お前が”反論”してるだけ。


544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:13:08 ID:JM7KGJX10
だから日本語読めない子は黙ってろっての。

> 「俺はアインシュタインと似ている。
> 学生時代、落ちこぼれだったところ な ど そっくりだ。」

この「など」は「複数ある中でとりわけ」の意味で、他にも
似ている点がなければ使わない表現。だから

> 「そこ以外に似てるとこは?」

と訊きかえすのは反論でも何でもない。しかも

> く ら い じゃないの?

の「くらい」は「その程度にとどまり、それ以上にはない」
という趣旨を示す表現。
つまり>>528は日本語が読める人間には

 「など」というから会話を続けたければ「他には」と訊くらいで
 別に反論らしい反論が出るわけでもない

という趣旨にしか読めない。それを反論と思う中学高校生は
現代文の授業をもっとちゃんと真面目に受けること。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:44:54 ID:vtZst1Ma0
>この「など」は「複数ある中でとりわけ」の意味で、他にも
>似ている点がなければ使わない表現。だから

そうでもないぞ?
辞書からの転用だが

(2)ある事物を特に取りあげて例示する。

つまり”なぞ”(?)の意味で使ったつもりなんだが・・・(^ ^;)

他にもいろんな意味がある、辞書引いて見てくれ














と、言うかこれでお前が間違ってたら

>  だ  か  ら  日  本  語  読  め  な  い  子  は  黙  っ  て  ろ  っ  て  の  。


                こ  れ  相  当  恥  ず  か  し  い  ぞ  ?


546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:52:57 ID:EulzlSRB0
>>544
貴方の言ってることは正しい。
でも文章読解力は人それぞれ。
偏差値60の人が当然に理解できることを偏差値40の人は分からないこともある。
2チャンネルは同レベル同士の議論ではなく偏差値30と偏差値70が議論したりもする。
読み取れない人や見当違いの人が議論を挑んでくると鬱陶しいのはよく分かる。
学校で身につかなかった人に2チャンネルで説明しても理解できない。
だからといって無視すれば勝った気になって調子に乗る。
でも解る人は判っている。だからあまりにも低レベルな人はほっとけばいいと思う。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:53:44 ID:JM7KGJX10
お前が>>527なのか。

> >この「など」は「複数ある中で  と  り  わ  け  」の意味で、他にも

> 辞書からの転用だが
> (2)ある事物を  特  に  取  り  あ  げ  て  例示する。
> つまり”なぞ”(?)の意味で使ったつもりなんだが・・・(^ ^;)

つまり俺が言った意味で使ったつもりであることを自分でも認めるんだな。
それとも「とりわけ」まで辞書を引かねばわからんか?

548 :547:2006/10/24(火) 17:54:54 ID:JM7KGJX10
>>547>>545宛てでした。
>>546に宛ててるように読まれたら申し訳ない。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:01:41 ID:WiqJ6b1U0


サヨクがナオンにモテる訳をを教えてやろうか?

http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1154345320/l50





550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:03:01 ID:vtZst1Ma0
>>547にレスするまえに>>546へ・・・

どんなやり取りだか分からないのか?

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:09:32 ID:mjUnkMRG0
国民は大本営発表の嘘ニュースしか聞けないこと。
国民をなるべく無知にしておくこと。
前線の兵士より、憲兵・特高(にあたるもの)の訓練と待遇に金をかけること。
言論弾圧、知識階級の粛清。
特権階級は、平民と別世界に住んでいること。

なんだ今の日本も同じじゃん。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:12:11 ID:vtZst1Ma0
>>547
え〜と・・・

>「など」は「複数ある中でとりわけ」の意味

つまり、など=”複数”ある中でとりわけ
で、良いよな?

俺の使った意味は

>(2)ある事物を特に取りあげて例示する。

だから、など=”ある事物”を特に取りあげて例示



つまり、この二つは用法が違うだろ?

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:15:29 ID:vtZst1Ma0
簡単にまとめると・・・

「複数ある中でとりわけ」のなどは

「りんごなどを買ってくる」

「ある事物を特に取りあげて例示する」のなどは

「りんごなどいらん!」

って感じだと思うんだが・・・どうだろう?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:18:51 ID:vtZst1Ma0
りんごは事物じゃないってのは無しなw

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:34:06 ID:JM7KGJX10
>>552-554
もう>>546に諭されたのでこれ以上相手する気はなくなりました。あしからず。

まあ、「どうだろう?」と訊かれたところだけ答えておくと、
その「りんごなどいらん!」の用法の「など」は通常は否定表現(あるいは
反語かそれに準ずる疑問表現)を導く(念のため辞書を見たら3例とも
そうだった)ので、

> 「学生時代、落ちこぼれだったところなどそっくりだ」

の「など」をその用法ととるのはあまりに不自然でしょうね。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:48:37 ID:vtZst1Ma0
>>555
「〜ところなどそっくりだ」
なんてのは、お決まりの文句じゃないか・・・

この”など”は”落ちこぼれだったところ”の強調として使う方が普通だろ・・・
(もちろんお前の意味でも使えるが)
と、言うよりも読み取れなかったお前の日本語能力を疑うよ・・・

>の「など」をその用法ととるのはあまりに不自然でしょうね。
人のこと散々バカにしといてなんだこのバカ炸裂は・・・

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:49:24 ID:JM7KGJX10
>>553
「どうだろう」のもう一方に答えていない気もするので・・・これで最後ね。

> 「複数ある中でとりわけ」のなどは
> 「りんごなどを買ってくる」

その例も「とりわけ」とはちょっと違うと思いますよ。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:51:07 ID:JM7KGJX10
>>556
> この”など”は”落ちこぼれだったところ”の強調として使う方が普通だろ

だからそれが「とりわけ」なんだよ・・・。
もういいや。いつまでも言ってて。>>546が正しかった。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:54:04 ID:bqN0jHJX0
>>551
一行目・二行目・四行目左は同意

三行目は今の日本に当てはまらない
北朝鮮と昔の日本には当てはまるのかな?
もしかしたら「全部当てはまらない」ってことで類似するかも

四行目右も今の日本には当てはまらない
五行目は特権階級が存在する国なら多分どこでも一緒

今の日本は全部マスコミがやってる
昔の日本はやったのは政府だが、元はマスコミのせい
北朝鮮は全部政府がやってる

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:56:46 ID:vtZst1Ma0
>>557
例を出して貰わないと・・・

>>558
悪いけどそう言う人っていつも論破されそうな方だよね・・・
>>546がいてくれて良かったね・・・

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:03:47 ID:9KPH01g30
> だからといって無視すれば勝った気になって調子に乗る。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:10:09 ID:vtZst1Ma0
>>561
そう思って止まってくれると良かったんだけど・・・

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:20:50 ID:9KPH01g30
そしたらお前の池沼さ加減がここまでばれることもなかったもんな

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:25:43 ID:vtZst1Ma0
最後に・・・
俺の言った意味は”など”より”なぞ”(なんぞ)の意味の方が強かったな・・・

始めから
「〜落ちこぼれだったところなぞそっくりだ」
にすれば良かったのかも・・・

>>553訂正

「複数ある中でとりわけ」
      ↓
一例を挙げ、あるいは、いくつか並べたものを総括して示し、それに限らず、ほかにも同種類のものがあるという意を表す。
…なんか。「赤や黄―の落ち葉」「寒くなったのでこたつを出し―する」

「ある事物を特に取りあげて例示する」
          ↓
(引用句、または文を受けて)それが大体の内容であることを表す。
…というようなことを。「断る―とは言っていられまい」」→なぞ(副助) →なんぞ(副助) →なんか

「そば―取ろうか」「医者に―行くもんか」


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:28:13 ID:vtZst1Ma0
>>563
そこまで狂った事も言ってないと思うんだけどなぁ・・・
どこら辺が池沼なのか言ってくれ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:50:06 ID:yTNu2V5r0
飯が配給制の時代に
>>料亭に一度行ったくらいでガタガタ言う日本が息苦しいよ。
この発言してる奴らの子孫だもんな。

キムジョンイルも餓死した国民まじかにこういうんだろうな
「君、料亭に一度行ったくらいでガタガタ言うが息苦しいよ。」と。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:56:11 ID:yTNu2V5r0
核兵器も>>戦争を隠れ蓑にして私腹を肥やしていた連中
が作りだしたんだろうな。

>>軍人政治家役人が物資を横流ししてうはうはの生活
をしているから「喜び組」なんていうそしきがあるんだろ。

>>539は喜び組と関わり合いがあるんじゃないですか?


568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:58:14 ID:yTNu2V5r0
あぁ、日本の喜び組=芸者なのか・・・。

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:01:48 ID:hqZpjapO0
ID:JM7KGJX10=ID:9KPH01g30

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:13:12 ID:XJIzidx20
>>546もか?

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:03:24 ID:HZVvGO2H0
>>558
「とりわけ」とは違うだろ
お前の言ってるのは「等」見たいな意味だろ?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:13:59 ID:eRRRBCh00
>>571
>>544ですでに「とりわけ」とあるが

573 :571:2006/10/24(火) 22:28:23 ID:u7O6JygG0
>>572

この”など”は”落ちこぼれだったところ”の強調として使う方が普通だろ
        ↓
だからそれが「とりわけ」なんだよ・・・。
        ↓
「とりわけ」とは違うだろ
お前の言ってるのは「等」見たいな意味だろ?

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:31:45 ID:eRRRBCh00

何を言いたいのかよくわからん

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:41:05 ID:eRRRBCh00
というか>>571=ID:vtZst1Ma0か?
>>544=>>547が言ってるのが「等」みたいな意味
>>553の「りんごなどを買ってくる」のことだろ)
だと本気で思える奴がそうそういるもんなのか

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:49:44 ID:u7O6JygG0
>>575
中途半端だったから気になって・・・(^ ^;)

>>564の見てもらうと分かるけど
俺は二つは意味が違うと思うんだが・・・

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:53:50 ID:eRRRBCh00
>>576
俺は>>564の最初の矢印が納得いかんぞ

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:59:42 ID:llwZhby50
いい加減うぜぇな。言葉遊びは他所でやれや他所で。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:01:20 ID:u7O6JygG0
>>577
何で?

等て言ったのは
学生時代、落ちこぼれだったところなどそっくりだ
            ↓
学生時代、落ちこぼれだったところ等そっくりだ

に近い意味じゃないのかな・・・と、思って

>>578
スマン

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:04:34 ID:cvosTNdW0
シャブとか偽札やってる犯罪国と当時の日本が一緒とは思えん。
英霊に対して失礼ではないかね。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:06:29 ID:eRRRBCh00
>>579
「とりわけ」なら
学生時代、落ちこぼれだったところなどそっくりだ
            ↓
特に、学生時代落ちこぼれだったところがそっくりだ
だろ

うざがられるしもういいよな

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:15:20 ID:u7O6JygG0
ああ、自分でもウザくなってきたしなw

「とりわけ」の話はちょっと議論が
噛み合ってないような気がする

まぁ・・良いわな
とりあえず・・・

以  下  戦  前  の  日  本  と  北  朝  鮮  の  類  似  性  に  戻  り  ま  す

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:29:17 ID:IvOjQ5bh0

【結論】似てない


584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 04:41:28 ID:jc3BTlJD0
偽中国紙幣をばらまいて中国経済を混乱させたり、麻薬の売買で
軍の機密費を稼ぎ出す(日本)
偽ドルや麻薬の売買で外貨を稼ぐ(北)、そっくりというか全部パクリ

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:13:08 ID:TrrF7LRm0
貿易赤字を解消するためにアヘンを無理矢理に売りつけて
清と戦争を始めた欧州の大帝国もあったよね


586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 09:05:10 ID:jpIT14PR0
決定的に違うこと

大日本帝国と違い後世に北朝鮮を評価してくれる国はおそらく出てこないであろう点。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 09:18:38 ID:0GHcmAqE0
>>580
しかし特攻隊とか、回天とかキチ外の沙汰としか思えん。
人の命が0円なところとか・・

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 09:19:11 ID:0GHcmAqE0
>>586
お前の頭の中ハッピーだなw

589 :\_________/ :2006/10/25(水) 09:28:03 ID:cnrFpAfs0
           ∨
          ___
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ  お前友達いないだろ?
       | _| -|  ・|< ||           |ヘ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_/ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \        \     |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |
         |       (t  )       /    /      |

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 11:56:14 ID:VuZwSJ1cO
>>587
いくらなんでも無料じゃないぞ、失礼な。
赤紙を送りつけるコストがあるだろ!

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 12:24:49 ID:eSqOt1Dx0
そこで教育勅語ですよ
本当に良いことが書いてある
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E5%8B%85%E8%AA%9E

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 14:06:53 ID:gCKjNToe0
>>587
どうせ国は滅んでアメリカの植民地になる予定だったしなあ

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 14:35:10 ID:DOjgfijv0
>>592
アメリカの植民地になる予定だったんなら
戦争する必要ないだろw

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 15:26:07 ID:gCKjNToe0
いや、国家や民族の意思と覚悟を示すためには戦争しかない

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 15:57:46 ID:DOjgfijv0
>>594
・・・・お前
















正直、真逆の展開だと思ってたから吹いたw

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 17:05:58 ID:Ja3fXO3x0
必死に戦って敗れたからこそ今の経済大国日本がある。
爺どもが白人相手にぶちかましたから今の日本がある。

北朝鮮は戦ってない。

甘えてるだけ。


597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 18:40:53 ID:yMCbaJl30
国に従う人々が可哀想
国に殺せと言われれば殺さなくてはならない
国に死ねと言われれば死ななくてはならない
軍備のために徴収され欲しがりません勝つまでは
国が勝手に決めた敵を憎まなければならない
国が勝手に決めた目標を果たさなければならない
翼賛議会が民意を決める
此処で民意は国から与えられるものだ

人間、誰だって憎しみを持ちたくはない
殺したくもないし死にたくもない
それを歪める国が北朝鮮や大日本帝国
日本国はそんな国を範としない国民が主人公として人生を歩む国
日本国を大日本帝国や北朝鮮のような国にしようとする人達から守ろう
帝国主義の足音を近づけない事が軍隊によらない国防になる

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:13:24 ID:gCKjNToe0
>国に死ねと言われれば死ななくてはならない
>国が勝手に決めた敵を憎まなければならない
これの「国」はアメリカのことか
>此処で民意は国から与えられるものだ
いや、マスコミから与えられるものだ
>人間、誰だって憎しみを持ちたくはない
>殺したくもないし死にたくもない
「誰しも」って・・・反例がいっぱいありますが

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:30:32 ID:zjk0J3lQ0
学閥はいまだに戦前だな。


600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 20:02:51 ID:i6yg+Ose0
戦争そのものは罪ではない。
戦争を忌み嫌う現代日本の倫理観が歴史的にも世界的にも特殊過ぎるだけ。
世界中で戦争ばかりしてた時代の戦争の罪を問う奴は馬鹿。


現代の日本が世界第二位の経済大国となったのは
先人達が大東亜戦争で白人世界に戦いを挑んでくれたおかげ。
当時の日本が牙をむくのは当然だと思うし、先人達が欧米諸国に
反発してくれたことは日本人・有色人種として誇らしい。


一方、北朝鮮は中国とロシアの保護下でダダをこねて
ゆすりたかりをしているだけの甘ちゃんな犯罪集団で
戦前日本とは全然状況が違う。


601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 20:44:22 ID:kmTeDMmq0
>先人達が大東亜戦争で白人世界に戦いを挑んでくれたおかげ。

中国(清)が欧米列強に牙をむいた時は
日本も欧米列強側に立って清を押さえ込んだのだが

どこも自勢力の利益の為のみ行動してたのに
都合良く自らをヒーローにするご都合歴史観は恥ずかしい

大東亜戦争自体、有色人種同士の戦いの延長線上
日中戦争、援蒋ルート、仏印進駐、経済措置、大東亜戦争へ

そもそも大東亜戦争自体、白人同士の戦いに頼った戦争
ナチスの活躍が勝利の前提


602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:00:03 ID:js7kgBZX0
>>601
で、お前は何が言いたいんだ?
まさか、反論したいだけじゃないだろうな?

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:26:01 ID:y3c5qt4q0
脳内妄想ですよきっと

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:05:20 ID:UIKXjrDA0
>>601
>中国(清)が欧米列強に牙をむいた時は

まぁチャンコロはこの頃から約束を守る事を一切しなかったため、方々の国から反感買ってたわけだがw
しかもこの後眠れる獅子の化けの皮が剥がれ、列強に良い様にされちゃうのが惨め。
おまいら自国の誇りはないのかとw

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:46:08 ID:YFX2p3Fu0
戦時の日本は日本の国益だけの為に戦ったかもしれないが
そのブチキレ戦争は痛快であり
白人ザマミロ的なアジア人も多かったことだろう

日本が世界に立ち向かっていたのに対して
アジアの中の優位性しか考えてなかった中華はみっともなかった

世界が平和を目指す中、中露の庇護下で
ゆすりたかりをしてる北鮮はもっとみっともない


606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 16:32:21 ID:XXjEox0z0
かつて欧米を苦しめる力を持ちながら、
今では原爆を落とした国の属国で満足な日本。

かつて欧米日に踏みにじられながら、
排外行動を継続し現在では大国面で振る舞う中国。


607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 17:25:43 ID:WL5xbCgc0
属国と云われようが日米安保のもとで経済活動に専念し
驚異的な経済成長で世界第二位の経済大国となった日本。

どこが?というようなエセ共産主義で貧富の差も激しく
人権無視の非道な行いが国連や諸外国から非難されている
極悪非道インチキ悪玉大国の厨国。


608 :イランジン:2006/10/27(金) 22:47:36 ID:Rjn9g1ib0
        /       i  i   l   \  ヽ    、 「上官の命令は天皇陛下のご命令」と教えられ。
      i  /  / // |  /   /    ヽ l ヽ    i
      | /  / // _/ / / /ー─ - 、 ヽl   ヽ   ;   忠実に実行して戦争に負けて
     │i  / //'´/ / / / .ン== 、、` リ   l   l
        i  / //r=、、/ / /  ´iノ;;::ヽゝ i   . |   |   戦犯になって、絞首刑を言い渡され
      l.   //i,ノり) ' /   丶ニノ,  l    |、  |
      メ  /|´ 弋ノ              |   | 〉  i    天皇陛下の軍隊!!無敵皇軍というのに
      /   ヘ "               |   |'   ;
      i     .ハ     ヽ            l     |    i   天皇陛下はなにもしなかったわ!!
      │i   i ヽ     -        .|    |    ',
       ; l   ;  >、.         / |    |    
       | i     `丶、`丶、  _ 、-´   |    |    ',   あげくマッカーサーーーに自分の命乞いをして
.      i  l    ヽ  `ヽ ヾ´( ヽ_.   |    |     i
     |  |     V´ ,ヘ  V´ /`,ヽ. |    l     ',   生き延びるって、ズルすぎ!!
      ;  ヘ     \ ヽ| / /  /i_ l、,i    |      i
    │/`ヽ      \く    ´´  ハ   |、      ;   人間としてサイアクよね!!
    /´``'ヽ\      ヽ\     〈/l   | \   i


609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 23:31:29 ID:7jCSGGSfO
北朝鮮は、アメリカに庇護してもらえなかった場合の
日本のパラレルワールドだよ。
日本人はこれまでアメリカに金を掴まされてたから行儀良くしてただけで、
アメリカが日本人に掴ませた金を回収にかかるこれから、
切羽詰まった日本人の本性が
徐々に露わになっていくことになるよ。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:04:32 ID:I4uO5beM0
>>609
日本語でおk

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:36:57 ID:os65I9Le0
キチガイスレ

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 09:22:29 ID:COdF7SCo0
>>1
は?なにを今更。んなもん日本史かじったもんなら誰でも思う事。

北朝鮮は、薩長明治帝国=大日本帝国の劣化コピー。

山口過誤死魔は嫌われ者。日本の常識ww

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 10:40:22 ID:WzqzCnYW0
まだこのスレ続いてたのか・・・
だから似てないってw

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:12:54 ID:yuM6kwTa0
アメリカと縁切ったら、また
大日本帝国に逆戻りしそうなところが怖いw

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:14:07 ID:I4uO5beM0
どこをどう分析すると大日本帝国に逆戻りしそうなのか詳しく述べて欲しい

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:20:59 ID:yuM6kwTa0
陛下陛下と状況をいとわず、旗を振り出す国民性が
大日本帝国に逆戻りしそうで怖いw

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:22:29 ID:yuM6kwTa0
選挙で選ばれたわけでもないのにね。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:43:29 ID:58VykC6b0
>>617
選挙で選んだ大統領など国民の下僕でしかない。
なんで下僕に旗を振らねばならんのだ。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 12:16:37 ID:zAhndOY10
>>614工作開始

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 18:17:14 ID:rkdd1h8t0
天皇も金正日も批判すればテロリストに襲われる点が似ている。
誰に雇われてるのか解らない気味の悪い連中が天皇や金正日を批判させまいと暴力で脅す。
脅さなければ天皇も金正日も存続できないんだなと思う。
本当に善いものなら脅さなくたって好かれるから。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 19:08:16 ID:+P949GJs0
>>614-620
キチガイ的流れwww

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 19:14:38 ID:/DMizO0C0
偽札作りと麻薬が主たる収入源の犯罪集団と

国家

を比べるなよ

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 02:31:29 ID:J8EiJNKV0
>>612
かじった程度だからそう思うんだよ低脳君w

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 18:12:05 ID:n//+hy2w0
NHKが北朝鮮に行って
番組作ったら違和感ない番組出来そう・・。

625 :素晴らしいコピペができました。みんなで貼りましょう。:2006/11/01(水) 02:54:30 ID:11pnBfTr0
俺は何にも縛られていない。
くだらない思想やチッポケな歴史とかにわな。
ブサイクのチョン顔の奴が無意味に持ち上げられて「アホちゃうか」と思うのは自然だろ。
実際俺がイギリスに生まれてもイギリスの天皇を凄いと思わないだろう。
けどお前がイギリスに生まれたら狂ったようにイギリスの天皇を持ち上げてるだろうな。

生まれた場所や歴史に左右されない考えを持つ。それが男ってもんだろ。
お前らなんてただの糞だよ。糞。


http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162309622/l50

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 16:48:25 ID:4ApkR20H0

満州での麻薬製造と偽札製造はそっくりでは?

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:13:32 ID:Szy21Pdz0
共産主義国で想像し易いのは太平洋戦争中の大日本帝国

翼賛議会で民意は反映されない
先軍政治で鍋釜まで徴収
統制経済で国が主導して生産
国民皆兵で且つ幼少者も生産労働が課される
個々人や各企業が各個目標や価値観を持つのではなく国が統一思想と目標を与える
メディアが大本営発表を垂れ流し検証や批判は取り締まりを受ける
隣組のような相互監視社会
国の指針に反するものは非国民として収容


大日本帝国や北朝鮮は人々が臣民であり国に従属する
日本国は国民が最高位であり国も国の機関や天皇及び公務員は国民の従撲
最近日本国を大日本帝国や北朝鮮のようにしようと画策する輩がいるので気をつけよう

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 19:05:22 ID:eFwmTDio0
>>625
日本語の不自由な上、朝鮮や日本への理解が足りず、
更に女が読むことが想定されてないコピペが出来てしまったようで
ホロン部はこれを貼りまくって恥を晒すのだろうか
>>626
満州で麻薬と偽札なんて初めて聞いた
ソース希望
>>627
北朝鮮・・に限らず、共産主義国は戦争中でもないのになあ
いざ戦争中になったらどうなるんだろ

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 20:08:08 ID:xU08nc+q0
日本軍の麻薬密売と偽札つくりは常識的な事実だぞ

馬鹿っぷりさらしてどないするねん横レスだけど

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 20:30:07 ID:FJaI2ipv0
>>628
国民政府の法幣(紙幣)を登戸の陸軍研究所でつくり大陸にばら撒いたのは常識
こんなんソースもクソもあるかいな、ある程度の年配の知識人なら知ってる
満州での麻薬密売なら田中隆吉が有名、人を疑わずもっと勉強しろ

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 20:45:29 ID:pFuTZ1uxO
つうか通貨偽造の技術水準は
戦前の日本の他のどの分野より高かったわな。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:16:49 ID:eFwmTDio0
>>630
偽札については
「満州 偽札」「日本軍 偽札」「登戸 偽札」でググってみたが、常識だとは思えんな
wikiにすら載ってない・・・

麻薬については、田中隆吉と北朝鮮、密造と製造が全然対応してない
日本政府が作っていた事実を挙げてくれ

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:26:33 ID:6Xx8AA1p0
今も昔も不逞鮮人が日本に巣くってるところ。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:52:49 ID:DKmnVdMh0
>>632
レス読むと分かるが、このスレには意見の分かれてる話を
自分の考えが常識だとか立証されていると断言する人がいるからな・・・
(ついでに相手をバカにして妄言と斬り捨てるw)

ID:pHH4348d0とかID:4hrLsICM0


因みにこの問題は俺も知らんから常識なのか分からん

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 22:07:14 ID:dO1Y/w0c0
四の五の言わずソース貼りゃあ解決。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 06:08:34 ID:L2jhVsDl0
紙幣偽造なら、「中野学校」陸軍」「登戸研究所」「偽札」などでググれば出るぞ
他に松機関の岡田芳政少佐が天津でアヘンの密売や贋造紙幣・・・なんて話も
「杉機関」でも出ると思う。ネットの情報は胡散臭い話も多いが中国紙幣贋造や
アヘンの密売はよく知られた話だがな?!最近はこういう事まで無かったことに
する動きがあるのか?

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 06:16:04 ID:L2jhVsDl0
http://www13.ocn.ne.jp/~seiroku/kamiheiki.html
上なんかも一例

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 06:25:01 ID:L2jhVsDl0
「杉機関」→「松機関」
「杉工作」      (636)

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 06:40:17 ID:BPqRSe2X0
>>1 北鮮の軍隊パレードはソ連赤軍のミニチュアで、ジョンイルの思考法は紅衛兵
そのものだがな。

 北鮮の放送が大本営発表に似ているのは日本の影響かも知れない。



640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 06:42:18 ID:BPqRSe2X0
戦前の日本は北鮮ほどマスゲームに熱中することは無かっただろう。

 似て居るとすれば某宗教団体だ。


641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 14:13:02 ID:gmGqeYyM0
北朝鮮って選挙あったっけ?

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 14:24:15 ID:gIu6JrCU0
選挙あるけど
用紙にキムジョンイル将軍を否定しますか?
見たいな事が書いてあって、
えんぴつ使ってチェック入れる。

えんぴつ使った奴は、反逆者だってことがばれるから
誰も何も書かずに投票する。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 14:28:29 ID:gIu6JrCU0
なんで戦前日本にはマスゲームなかったんだろうね?
まあ層化はすごい勢いでマスゲームやり続けているけど。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 16:11:36 ID:qFIc5CSf0
マスゲームはないけどニュース映画で
5万人の児童による満州国国歌大斉唱というのは見たことがある。
録音技術が悪かった所為かも知れないがはっきり言って人数が多過ぎて全然斉唱になっていなかった。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 18:36:32 ID:ifApWKo80
犯罪行為から国民統制のセレモニーまでパクったということだな

北朝鮮は実は好きなんじゃないの?日本が。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 19:35:49 ID:L8FaYUDh0
チュチェ思想は、儒教朱子学バカの北朝鮮人と韓国人しか理解できない

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 19:45:06 ID:qoqb7LOf0
>>642
詳しいな。もしかして・・・いや、何でもない・・・

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 19:50:15 ID:qFIc5CSf0
>北朝鮮は実は好きなんじゃないの?日本が。

少なくとも和食や日本産の家電製品、嗜好品、映画は金正日のお気に入りらしいな。
日本人の寿司職人を雇っていたくらいだし。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 21:15:53 ID:dDqhAdAV0
戦前の神権天皇制を共産主義風にアレンジした主体思想、
その恩恵を一番受けたのはキムジョンイルだからな。好きなんだろう。

顔に似合わず政治力があるところは昭和天皇っぽいよな。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 21:30:48 ID:tsdRf81rO
君主制共産主義

五・一五や二・二六の青年将校たちの夢を
日本海の向こうで実現した男、それが金日成だ。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 21:51:50 ID:qFIc5CSf0
>五・一五や二・二六の青年将校たちの夢

厳格な「3階層51成分」が設けられ「敵対階層」が極度の貧困に喘ぎ
首都の特権階層だけが利益を享受できるのが彼等の「夢」だっただろうか?

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 10:26:51 ID:MLKZeKa90
維新の志士の夢が大日本カルト全体主義国家でなかったように
どこかで歯車が狂えば国家というのは図体が大きいだけにすぐに変質するよ。

変質の仕方も北朝鮮と大日本帝国は似てるよね。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 11:51:56 ID:o2wH/cIA0
変質の仕方は似てない、というか元の夢も似ていない
大日本帝国はマスコミ→世論→政府だったが、北朝鮮はどうだろうか
金日成の夢って何だ?

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 15:57:52 ID:tC2EtFxj0
メロンを腹いっぱい食べてプリンセステンコーとニャンニャン

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 17:28:41 ID:sZh2C3p00
それは息子のほうだろw

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 17:59:40 ID:sVRw1SZB0
公式の場での年頭挨拶では金日成はしょっちゅう
「米と肉のスープ、絹の服を人民に」と言ってたな。
言葉どおりなら人民に腹一杯食わせていい服着せてやることが夢だったとなるんだろうが。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:12:18 ID:AVyGTmDJO
東アジア人(日本人・朝鮮人)はただでさえ劣等なのに、
朱子学で数百年間思考停止していたため過去の蓄積が何もないからな。
日本や韓国みたいに冷戦の棚ボタで
アメリカにその国富をじゃぶじゃぶ注入してもらえたわけじゃないから、
北朝鮮がいくらもがいてもあんな惨状に陥るのは仕方ないわ。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:58:30 ID:sVRw1SZB0
>>657

貴方は米国人ですか?

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 19:35:09 ID:6rkEHP2O0
>>636-638
上の奴等は良く分からんって言ってるだけなのに随分と必死だね( ´,_ゝ`)プッ

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 21:08:00 ID:yjPOlcmr0
日本軍の麻薬密売や通貨偽造はちょっと調べればすぐにわかることだしねぇ。

よくわからん、ではなく狂信的な国粋主義的思考にとって
不都合な歴史的事実から目を背けてるだけだろ?

横レスだけど。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 21:39:29 ID:fy5mcxLW0
>>660
ソース示せよチョン

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 21:43:19 ID:o2wH/cIA0
ID:FJaI2ipv0が欲張って「常識」なんて言うから・・・・
ソースを示したところでID:FJaI2ipv0が完全に肯定されることはない

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 01:32:27 ID:4dbHA7SU0
>>660
>よくわからん、ではなく狂信的な国粋主義的思考にとって
>不都合な歴史的事実から目を背けてるだけだろ?
凄い妄想だな・・・

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 03:21:50 ID:VXojn22y0
少なくとも旧陸軍による麻薬密売や通貨偽造などという事実を知らないのは
単なる無知。近現代史板にクビ突っ込むのは100年早い


665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 10:56:34 ID:Sol/Ln+g0
紙切れ同然の軍票を無理矢理流通させるのと
偽札作ってばらまくのとどっちの方が罪深い?

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 13:00:53 ID:wQTGMmNd0
旧日本軍はどちらもやってましたよ

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 17:15:53 ID:9bfr/17b0
>>661
みすず書房が出した
「続・現代史資料11 占領地通貨工作」
「続・現代史資料12 阿片問題」
とか読んだら?
なんでもネットに載っていると思ったら大間違い




668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 17:34:11 ID:Sol/Ln+g0
みすずの現代史資料全巻欲しい。

どっかのブクオフで価値の分からない店員が一冊100円とかで
売ってないかなあ・・・。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 17:48:51 ID:Sol/Ln+g0
古本屋でも全58巻で40万円以上するらしい。

図書館頼るしかないのか。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 18:00:53 ID:k9fqhE9D0
>>667
証言しかないの?ドイツ製の偽札製造機はあったの?
麻薬合法の時代だよ。覚醒剤も

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 18:40:28 ID:dKYtJr0s0
ヨーロッパの大帝国は
他国にアヘンを無理矢理売りまくった挙句に
みっともない大戦争やらかしてたな

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 19:01:14 ID:HODuDv0F0
>>657
鎖国前の中世日本は世界的に優秀な銃を製造し
1600年時点での銃保有数は世界一を誇っていた。
(その後、幕府による銃製造の規制で減少したが。)

日本はもともと技術や労働生産性の高い国。
その傾向は鎖国体制によって食糧生産や技術・文化を
自給自足でまかなうことでより強化された。
また国民の学習意欲も高く幕府体制下では寺小屋等の教育制度により
一般人の読み書きやそろばんなどの計算能力が向上した。
明治維新の時点では男子75%、女子25%が寺小屋に通った経験を持ち
ひらがななどの読み書きをすることができたという。
(当時のヨーロッパでも女子の識字率は0パーセントに近い)

このような背景が明治維新以降〜高度経済成長に至る日本の大躍進を支えた。
日米安保の庇護下とはいえ、アメリカの庇護程度で
年10%増の人類史上最大の経済成長を実現することはできないし、
そもそも日本は第二次大戦の前に既に列強の大国となっていた。

江戸時代からつづく技術・教育・労働生産性の高さが
日本を経済大国へと成長させる下地となった。


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 19:35:08 ID:xBG0E+J40
>>664
そんなにむきになるなよ( ´,_ゝ`)プッ

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 20:49:43 ID:9I5nLegM0
大日本チョソ帝国

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 05:14:44 ID:yEDpZxLn0
戦時中は全体主義って、そりゃ石油止められたら国をあげて節約になるだろ
アメリカがアラブに石油とめられても同じ

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 19:33:10 ID:9j2ihIfQ0
そもそも国家っつうものは集権性が最大の特徴だからな。
例外もあるが部族社会や首長社会では戦士が自己犠牲を前提に戦うことは少ない。
全体主義は国家社会が最大パワーを発揮する為のありふれた方法だよ。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 14:04:03 ID:6rAPvCh40
>>675
>戦時中は全体主義って、そりゃ石油止められたら国をあげて節約になるだろ

おいおい、国家総動員法は1938年だぞ
1930年代から日本では急速な全体主義化がみられたが、それは日米戦争直前
の石油禁輸とは関係ないだろ

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 19:24:09 ID:QphHiqIz0
石油禁輸で更に加速した感が
鍋や釜の供出とか学徒動員とかは石油禁輸の後だよな
節約とは違うけど

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 19:35:49 ID:Ow4STeyB0
いずれにせよ全体主義などは国家のありふれた側面に過ぎない。
部族社会や首長社会では血縁主体のつながりが強過ぎて
国家のように数十万人以上の大集団を統一的に動かすことはできない。

全体主義で一つの目的を成し遂げるのは国家や帝国ならではの強力な社会体制であり
良い面もあり悪い面もあるが何ら特別な社会体制ではない。

ゆえに全体主義という側面だけを捉えて特定国家の特徴を語ることはできない。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 20:09:03 ID:yH1gIEs50
日本人はみな民主主義で自由な国の『日本国』が好き。
日本国では国民みんなが一番偉い存在であり天皇は国民の意思に従わなければならない身分。
だから日本人のほとんどは大日本帝国や北朝鮮なんか支持しない。
天皇や金正日に従うなんてありえない。個人崇拝なんて馬鹿げている。
無能な世襲の偶像でしかない天皇や将軍様の馬鹿げた妄想に付き合って大日本帝国は滅亡した。


大日本帝国を擁護する馬鹿は日本国で自由を破壊しようとしてテロリストになるかもしれない。
『国民が主権者の地位である事と自由』
個人崇拝の宗教カルトがそれを奪おうとしている。

681 ::2006/11/06(月) 20:44:05 ID:cKPwmoXD0
久しぶりに本物の馬鹿を見た・・・
だか、ここまであからさまだと多分釣りだろうね・・・

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 22:36:29 ID:F2jm2kO40
北朝鮮と戦前の日本だったら北朝鮮の方が何百倍も好ましい。
日本とか言って屑だしw気色悪いオーラ出し過ぎなんだよカス

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 22:38:06 ID:qf+3boX/0
>1
少なくとも当時の日本は世界の中では相当上位に位置してたがな

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 22:59:35 ID:rZUW6bfK0
>>682
>>680に触発されたんだろうけどお前のはつまらんな

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 23:26:27 ID:X+NMZVHh0
>>683
国民生活ではアメさんの植民地であったフィリピン以下でしたよ。
頑張って整備した軍備も、指導部がバカだった故に、国土防衛体制維持という目的には
張子の虎。結局、いくら国民が血と汗を提供しても指導部がバカじゃ駄目ってことかも。

北朝鮮は体制維持という目的は果てしてる分、日本よりは頭いいんじゃないでしょうか?

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 23:43:27 ID:DJDtgFVu0
釣り針がデカ過ぎ

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 23:54:32 ID:36hKQmzT0
>>685
その話既出

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 23:59:53 ID:X+NMZVHh0
そうなんだけどさ、結局北が暴発しないのは
大日本帝国の末路を正確に理解してるからでさ。

身近によく似た反面教師がいるというのが一番の抑止力になってんだよな。


689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:06:06 ID:oum3WnTN0
>>688
買い被り過ぎw

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:08:17 ID:XpisZbCj0
大日本帝国をか?

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:09:58 ID:lHf4pcx+0
二の舞だね!
http://550909.com/?f5787804
http://www.happymail.co.jp/?af2094782

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:23:28 ID:ufhpUzJR0
>>690
北を

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:27:04 ID:rZOdZ1eV0
>>685
総力戦の戦争やってる日本の特異な状況と比べるバカ。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:36:13 ID:iqUPqKYcO
>>688
北朝鮮が暴発しないのは、
昭和初期の日本みたいに民主化してないからだろ。
民主化すれば北朝鮮は周辺諸国を巻き添えにしてホロン部。
それが分かっているからキムは
アメリカ日本の極悪性をアピールしたり
ミサイル撃ってみたりして国民のガス抜きをし、
他方では弾圧も欠かさず、民主化の動きを封じている。

財産と教養なき民主化は国を滅ぼす。
戦前の日本が実証したこのテーゼを、
北朝鮮はしっかりと肝に銘じて行動をしている。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 02:01:21 ID:14xIuKen0
>>688
大日本帝国の末路は・・・

世界第2位の経済大国になっているのですが?

国家存亡をかけた決死の戦いで敗北しながらも
民族の誇りを守り抜き見事に再起してるわけですが?

はっきり云って大成功なのですが?


696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 02:08:50 ID:WIUt8vT90
>>695
良く考えたらそうだな
北も少しは見習えと・・・w

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 07:00:38 ID:4giVgZ6PO
経済大国になったのは日本国

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 07:15:45 ID:DNAx5CDd0
平和主義外交を行い戦後民主主義的価値観で動いてきた日本国は確かに経済大国になったな。
大日本帝国は滅亡したけど。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 07:47:05 ID:DNAx5CDd0
昔は反共の防波堤として天皇は罪に問われなかったが、
現在は確実に死刑が待ってるからな。ジョンイルも必死になるわけだ。


安倍晋三首相は6日、フセイン元大統領に対する死刑判決について「法律の支配
の下に公正な裁判が行われた。イラク人自身の手でこうした裁判がなされていく
べきだろう」と評価した。

■ソース(毎日新聞)(11月6日 13時10分)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20061106k0000e010067000c.html


700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 09:36:24 ID:vHaYVzp90
現在の日本国は欧米列強に立ち向かった大日本帝国の成果だろ。

江戸時代〜明治維新〜世界大戦と歴史はつながっているわけで
現在の日本国の成功は、江戸幕府や明治政府や大日本帝国といった
近代史における日本人の努力の成果である。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 10:02:24 ID:ARcBN92QO
日本が一目置かれてるのは一応金もってるからだが、近代における活躍も忘れてはならない。
とくに中東やアフリカの、まだ戦乱のなかにいる者ならば、「近代日本」を捉える目も違うだらう。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 10:29:46 ID:iqUPqKYcO
>>695
だからそれは当時の国際関係に翻弄された結果の運だって。
大日本帝国に文明教化してもらった朝鮮人が
ウリナラマンセーしてると日本人はそれを白眼視するのと一緒で、
>>695みたいな勘違いもまた欧米人にとって嘲笑の的にしかならないよ。
敗戦した時代と相手がよかったと言える。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 11:33:57 ID:sHdv8i1b0
>>695
>国家存亡をかけた決死の戦いで敗北しながらも
>民族の誇りを守り抜き見事に再起してるわけですが?

の割には、戦時中は社会上層部がそろって不正蓄財に走って、
戦後も上層部に居座り続けるなど、腐りきっていたけどな

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 11:55:05 ID:y+WFcUjy0
日本は世界第二位の経済大国になった上に
近年では「Japanese Cool」などと世界中で日本文化が評価されつつある。

歴史的にも、経済的にも、文化的にも、日本は世界に誇る地位を築いた。
クールで平和なメガロポリス=カッコイイ日本となった。

苦しい時代を戦い抜き民族の文化と誇りを守りきったのは無駄ではなかった。
辛い歴史を経たかもしれないが、結果として日本は成功の途を辿ってきた。


705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 11:58:19 ID:y+WFcUjy0
現在の日本は人類史上稀に見る成功例。

日本の近年史を否定するということは
現在の日本の成功を真っ向から否定するということだ。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 12:49:26 ID:vV+XrI3U0
アジア全体では全く成功していない。

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 12:58:28 ID:sHdv8i1b0
>現在の日本の成功

いくら搾取しても文句も言わない、蜂起もしない
唯々諾々とお上に従う愚民だらけにしたってことはたしかに大成功だろうな
自民党王朝を支える奴隷ってことで

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 13:01:08 ID:ARcBN92QO
底が高いからね

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 13:05:34 ID:e2N7XRg90
奴隷?現在の日本人が・・・?

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 13:09:25 ID:bf4vgU+q0
アメリカの下層労働者の方がよほど奴隷っぽく見えるよ。


711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 13:19:56 ID:LSlWika00
>>707
アメリカンドリームを底辺で支える奴隷どもよりはまし

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 14:36:38 ID:9AQnxy5c0
似たようなもんじゃないかな?

日本では、ネットウヨニートが将来のアウトカースト予備軍のようだけど。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 14:48:12 ID:u1mGrZok0
日本人と米人の底辺層が奴隷なら人類の大半は家畜レベルだな。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 15:51:22 ID:f3Y7iKLJ0
>>707
そうか?俺は別に自民党に入れるように
誰かから押し付けられたり、脅されたりしたわけじゃないんだが
お前は奴隷になってたのか、かわいそうに・・・

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 18:12:11 ID:RimHJPiN0
>>702
まぁ、その通りなんだけどさ・・・

>>688<北が暴発しないのは大日本帝国の末路を理解してるから
        ↑
>>695<大日本帝国の末路は経済大国
        ↑
>>702<それは結果の運
        ↑
・・・始めから結果の話をしてるんじゃないのか?

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 18:23:34 ID:j1Kjp3F50
日本国が好きで大日本帝国や北朝鮮のような国は嫌い
国で一番の地位は国民であり天皇や将軍様の臣民は嫌

日本人のほとんどがそう思っている現実

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 18:58:58 ID:spp1tUh50
今の日本国が過去の歴史の上に成り立っているという現実。

大日本帝国が欧米に対抗して日本の民族と文化を守ったという現実。

日本の近年史を否定するということは今の日本国を否定することになるという現実。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 19:04:09 ID:4/Y6YVNq0
世界中から憎まれてる日本帝国主義連邦
は相手方の反日思考に異論を挟む資格は零。世界の人に認められたければ
一度日本帝国主義を止めて、リセットして、出直せ!
その手順を書いといてやるから参考にしろよ劣等国よw
1自衛隊廃止
2子供の教育現場には日の丸を掲揚させないで過去の悪行をきちんと教える
3天皇制等という世界に稀な野蛮制度を廃止する
4環境破壊してきた罪を償う
5亜細亜人民の前では尊敬語を用い、土下座を徹底的にする
6国民を解放する為に一日の労働時間を4時間にする


719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 19:12:18 ID:7HeRKj7P0
プ



720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 19:19:01 ID:j1Kjp3F50
永きにわたる縄文の国に天皇が来た
天皇はほんの一時日本に関わったにすぎない
それなのに天皇は国を滅ぼしアメリカに占領統治された
最悪の結果を天皇と大日本帝国は引き起こした
国は焼け爛れ放射能に汚染され人々は餓死し空襲に焼き殺された
天皇と大日本帝国がもたらしたものは侵略国のレッテルだけ
その大日本帝国を否定して日本国ができた
国民が主権者となり国は発展した
大日本帝国や北朝鮮は人々を苦しめるだけで最期は滅亡する
天皇や将軍様のような能力の無い世襲の偶像はその偶像の愚かな企画で人々を苦しめ殺す
国民が国で一番の地位にある日本国が好きな人に対して攻撃をする連中から日本国を守ろう

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 19:27:32 ID:ARcBN92QO
??攻勢か?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:01:32 ID:SB4u4BOq0
このスレの流れも歴史の流れも無視するんだから困るw

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:09:04 ID:C7AxlLRx0
天皇=チョンというのは正しいが、スレ違いかな?
チョン繋がり?

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:15:59 ID:DivYF7LI0
欧米に逆らって大成功

いまや世界第二位の経済大国

日本てすげーね

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:40:39 ID:4/Y6YVNq0
>>724
プププププ
高度経済しかとりえのない劣等国家の家来がほざいてやがるわwwwwww
悔しかったら人権を守って世界各国に謝罪して認められてから威張れバーーーカw

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 21:37:16 ID:Gz9V1Ynk0
歴史とハイテク技術を兼ね備えた日本。

世界第二位の経済大国である日本。

しかも日本文化のクールさは世界ナンバー1で
アニメ・漫画はもちろん、ファッション、音楽、
映画、小説、食文化に至るまで世界に支持されている日本。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 23:12:33 ID:vV+XrI3U0
アメリカは戦う相手を間違えていた■

 ソ連が第2次大戦中の日本敵視政策のままであったのに対し、
アメリカは明らかに対日認識を変えていたのである。1949年
12月に蒋介石は台湾に逃れ、中国大陸は共産主義の手に落ち
た。1950年6月には、北朝鮮の侵攻により朝鮮戦争が始まり、
10月には中国が加担して、アメリカを中心とする国連軍と激
しい戦闘を繰り広げた。

 この頃、アメリカでは、"We fought the wrong enemy."
(我々は戦う相手を間違えていた)という言葉が人口に膾炙し
ていた。日本と戦ったのは誤っていた、という認識である。

 日本を大陸から駆逐したものの、アメリカは共産主義勢力に
中国大陸を奪われ、さらに朝鮮では自ら血を流して戦わなけれ
ばならない羽目に追い込まれた。

 今日われわれは、日本人が韓満(朝鮮、満州)地域で半
世紀にわたって直面し背負ってきた問題と責任を自ら背負
い込むことになったわけであります。他人が背負っている
時には、われわれが軽蔑していた、この重荷に感じるわれ
われの苦痛は、当然の罰であります。

 戦後、米国国務省の要職についたジョージ・ケナンはこう主
張して、ルーズベルト政権がとった「ソ連と協力し、日独を叩
く」という政策を根本的に批判した。日本が戦前果たしてきた
共産主義の防波堤という役割を、日本を駆逐したために、アメ
リカが自ら担わなければならなくなった、という反省である。

 日本に再軍備を許し、この重荷を共に担う友邦にしようとい
うのが、アメリカの講和条約における方針であった。サンフラ
ンシシコ講和会議はすでにこうした米ソ冷戦の戦場であった。

アイゼンハワー 大統領 も 、 岸信介に
「 アメリカは 、 戦う 相手 を 間違えました 」 と語っている 。
日本 を やっ つければ 、 すべて万々歳のはずなのに 、
シナや朝鮮半島から 日本軍が撤退した途端 、
血の豪雨が降り注いだ

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 23:15:59 ID:vV+XrI3U0
戦前から世界第三位だったし、ロシアは共産化で没落確実だったから、
どっちにしろ二位だったね。日本主導でアジアを発展させてればヨーロッパ・アメリカを超えてたかもね

729 :元日教組:2006/11/08(水) 02:24:14 ID:yYj2wXyQ0
>>716
そう言う風に思うように教育してきたからね
>>716の様に思う人間が殆どなら日教組の
やり方は間違ってなかったな

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 02:30:28 ID:6qF+Olyl0
>>723
既出(ID:pHH4348d)
前の奴は断言した後、逃走
お前もソース出さないで逃走だろ?

731 :730:2006/11/08(水) 02:32:08 ID:6qF+Olyl0
失敗
ID:pHH4348d0

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 09:01:46 ID:c/o3TpkV0
>>728
世界3位は無理して揃えた海軍だけ。
陸軍はもっと下。もしかするとイタリア以下。
経済力に至ってはオランダやスペインにも劣るかも。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 11:25:26 ID:qWcTobEP0
とはいえ、アメ公以外は皆へタレ。
戦前戦中から欧州没落の兆候はあったわけだ。

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 00:29:05 ID:1m5R/qF/0
>732
なんで日本がオランダやスペインより経済力下なんだ?

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 01:00:52 ID:MKb3oxE20
Somebody had to do.

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 01:13:44 ID:a2T5M+mO0

上下院とも民主が制したからね。

これはデカイよ。

上院なんて日本では接戦なんてインチキ報道されてるけど、
改選分は全体の3分の1の33議席。
そのうち24が民主で共和はわずか9の惨敗だからね。24対9だよ。
非改選とあわせて民主51vs共和50で、それでも多数派を民主に取られてしまった。


下院は全員が改選で、当然民主が圧勝。

つーことで共和はメタボロ。ブッシュは死に体。



737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 01:14:17 ID:uOZyv+XhO
>>734
インドネシアとルクセンブルクの経済力を比べるようなもの。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 01:41:39 ID:oQMRun280
>728
平均日本の就業者一人当たりの生産実質国民所得(1931年〜1935年平均)にお
ける欧米諸国との比較。
(以下は年間ベースで時間当たりは概ね更に10%低い)
対米比→約27%
対英比→約36%
対仏比→約62%
対独比→約54%

夢見るのは勝手だが、国民所得が欧米の2割〜5割しかない当時の日本の何を持
って世界第3位だったんだ?

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 01:47:26 ID:e+qz+mUy0
10月12日だったかな、NYタイムズで韓国の東西大学とかいう大学の
白人教授が、「北朝鮮は戦前の日本のように『民族の純潔』を主張している」みたいな
アホなことを書いていたらしい。金正日が昭和天皇を真似て白馬に乗ったりとかで。
しかし、戦前の日本はたとえば内鮮一体とか、五族協和とか、どう考えても
「民族の純潔」なんてスローガンにしてなかっただろ。
勝者が書いた歴史による先入観とは恐ろしいもんだ。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 02:09:07 ID:y4NKKh3O0
日本が戦前〜戦後の変遷で大成功を納めたのは周知の事実なので
近代日本を叩く意見にはたいてい無理がある

どう考えても日本のアジア侵略や反白人戦争は
日本に良い結果をもたらした

そんな戦前日本を叩く輩は戦前日本より良い政治判断ができるというのか?
史上最高の経済発展につながっていく戦前日本より良い判断ができるというのか?

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 02:26:35 ID:lTnlmkCt0
私達在日がもうすぐ日本を乗っ取りますwwwwwwww
今の内2ちゃんで騒いでいてくださいwwwwww
そのうち2ちゃんも無くなりますwwwwww

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 02:29:22 ID:u6Sra1vH0
>>738
世界6大強国とかに日本を含めてノミネート
そこからドイツロシアが脱落していつのまにか日本が繰り上がり3位w

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 08:53:21 ID:QJOFGGFD0
>>741
在日の方々はとても礼儀正しく過去の被害について決して喚きません。
しかし、日本人はどうか・・・ミサイル実験だけで騒ぎ、荒れ狂ったように
防衛論を支持し、在日朝鮮の方々に当り散らす。なさけないなぁ。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 11:52:37 ID:tmp1ixwD0
針が大きすぎる

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 12:46:17 ID:fJrHdds60
核実験前のウヨ
「北朝鮮が核実験するとブッシュは北朝鮮を空爆する。チョンマジ脂肪w」

現実
北朝鮮は核クラブの仲間入り
アメリカ空爆せず
ブッシュ共和党完全敗北



ウヨ脂肪wwwww


746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 13:03:55 ID:iQQuek0t0


>>金正日が昭和天皇を真似て白馬に乗ったりとかで。


747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 13:07:06 ID:iQQuek0t0
やっぱり真似してるのか・・・・?

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 13:28:43 ID:vqCARsH40
昭和天皇は白馬に乗って観兵式に臨んだが
金正日は草原の中独り白馬に跨って疾駆していた。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 14:09:06 ID:vMTal8Ck0
キム豚ってどうしてあんなに醜いの?

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 14:13:27 ID:iQQuek0t0
「自由意志」を欠く有徳は偽善

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 16:45:33 ID:wHHFP0Xd0
戦前の日本と今の北朝鮮が似ているとよく言われるけど。
確かに苦しい国情を乗り越えようとしたら、何時の時代のどんな政治家でもやることは似通ってくる
だから北朝鮮と当時の日本が似通ってくる部分もあるのは事実だろうけどさ。
しかし当時の日本でも、数万人単位の政治犯収容所などなかったし
もっとも重い政治犯でも、懲役十年程度だった。
すぐにどこそこと一緒だとの議論をするのは、あまりにも安着すぎてよろしくは無いよ

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 17:03:03 ID:exWB/6vB0
金豚きもい。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 17:06:35 ID:0Se1FOlh0
>>751
南方の激戦地に送れば勝手に餓死してくれるんだから
収容する必要などないじゃん。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 18:15:30 ID:u6Sra1vH0
>>751
>もっとも重い政治犯でも、懲役十年程度だった。

は?
徳球なんか獄中18年ですが

755 :まとめて見て:2006/11/09(木) 18:21:46 ID:vTyAw5cM0
戦前の日本と北朝鮮の似ているところ↓

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 18:53:55 ID:7YRdNpBX0
人が住んでる
山がある
海もある

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:17:14 ID:ugKk0LJY0
先日、某民放で衛星から撮った北朝鮮の夜景を写していたが殆んど真っ暗
韓国や日本が煌々と明るいのに異常な感じ、戦時中の日本も電力不足の停電やら
空襲から逃れるための灯火管制で真っ暗闇、そっくりじゃん

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:34:50 ID:r0+odHhZ0
なんか無理矢理くさい

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:39:18 ID:8ix9n6ij0
ここ行って助けて欲しい
   ↓↓↓
朝鮮人のWikipedia(ウィキペディア)捏造に対抗せよ 14
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1159321371/

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:48:22 ID:QJOFGGFD0
日本は一生アジア諸国民に謝罪しろっつ

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 21:01:26 ID:GG+fJPoA0
戦前日本は評価高い。バングラディッシュが日本の国旗をまねたぐらいだ。
北朝鮮は?

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 21:03:03 ID:2qX04IDu0
9月23日町田市のアパートで43歳の主婦が怪死。口をふさぐようにタオルが巻かれ、
下半身は完璧に裸で
布団の上でうつぶせになって死んでいた。
死因は脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血。
股間のあたりに伸びた棒状のマッサージ器があった。

オナニー中に頭がプチッといってしまったらしい

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 22:08:56 ID:ShggkurO0
「連盟よさらば!/連盟、報告書を採択 わが代表堂々退場す」→戦前日本

「米国がわが国に対する圧力を強化するなら宣戦布告とみなし、物理的対抗措置を取り続ける」そして中途退席→北朝鮮

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 22:41:07 ID:VzQ96wQV0
そういや北朝鮮は国連脱退する気はないのかね

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 01:26:49 ID:kwRQfoe20
>>763
日本は孤独に欧米列強と戦った。
北は中露の庇護下でワガママ放題してるだけ。
全然立場違うじゃん。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 02:00:49 ID:y2ndNJS+0
>>757
単に電気が普及していないだけじゃ

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 02:15:46 ID:tuB+CUnd0
実際は日本は欧米の下でおこぼれを狙ってこそこそ動き回るが、
ついにそれも目をつけられて経済制裁されてしまい、
決戦を決意するが敗れる。

というのが日本の歴史だよ。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 04:03:01 ID:LSVivl7J0
>>766
軍の車両も満足に動かせないほど石油が足りないから民生用にはまわせない(北)
帝国海軍も石油不足で油食いの戦艦はお荷物扱いで末期は陸から電力を供給してた

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 07:20:14 ID:JtGN/AAL0
>>767
単にこそこそしてただけなら決戦にならなかったろうな

列強間条約を無視して中国で独走し
ナチと組み南部仏印に前線基地を作ろうとしたりで
敵対行動と見なされても仕方ないが


770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 07:30:42 ID:0It36L8k0
なんでこのスレには必死な奴が多いんだろうな?
北援護とか戦前日本非難とかに・・・

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 07:52:51 ID:TzChmA690
結局このままなし崩し的に核保有になりそうだし
中露の庇護下のぬるま湯でユスリタカリしてるだけの
犯罪集団は戦前日本と全然似てない。
というか違うところ大杉。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 09:42:30 ID:z1YW0fKh0
列強による植民地支配における独占貿易の時代に
欧米に抵抗するしかなかった日本。

平和な自由貿易の時代に共産主義勢力の庇護下で
ぬくぬくと悪事を働く北朝鮮。

全然違う。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:10:02 ID:y2ndNJS+0
太平洋戦争前は、世界は多極化の時代であり、東アジアの安定は日本によって維持されていた
日本の敗戦が何をもたらせたかも、考えてみればいいのだよ
朝鮮半島は共産圏の台頭で分断され
中国にしても内乱状態でどうにもならなくなった
多極化は一つの秩序であったのを、それが限界に来て戦乱となり、そして崩壊して冷戦という新たな秩序が成立したに過ぎない
日本は日露戦争から三十年余り、東アジアの安定を図ったのであり、それを非難されるのであれば、いまのアメリカもロシアも、中国すら非難されて然るべき
事実、冷戦の崩壊で旧東側はどうにもならなくなったであろう

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:23:44 ID:NsDSWj7r0
>>772
>列強による植民地支配における独占貿易の時代に欧米に抵抗
いつの時代のこと? 「植民地支配における独占貿易」って具体的に何?

>>773
>太平洋戦争前は、世界は多極化の時代であり、東アジアの安定は日本に
>よって維持されていた
中国統一を達成する北伐を邪魔し、あろうことか満州事変まで起こした
日本は、むしろアジアの不安定要因。盗っ人猛々しいとは>>773のこと

北朝鮮は何ら擁護すべきところがないが、戦前日本も同様
政軍関係がおかしい国はろくなことがない

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:33:41 ID:73ZUbgga0
独占貿易で言えば、朝鮮や台湾の方が宗主国への依存度が高い

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:48:10 ID:y2ndNJS+0
>>774
それで中共による統一後に起こった内乱や文化大革命、それに朝鮮戦争などにはスルーか?
秩序が保たれている時でも、小さな戦乱が繰り返されるのは仕方が無い事であり、秩序そのものが崩壊させるような大戦乱が起こるのはどうにもならない
現に現在の覇者のアメリカは、太平洋戦争から六十年もの間、世界中で戦争を繰り返している

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 14:12:51 ID:/oUppofc0
国家とチンピラ集団を比べるなよ

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 17:11:39 ID:R0RkwO/a0
>>774
必死だね

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 17:50:47 ID:74nflASw0

日本人の核議論を断固として封鎖すべきである。
戦前戦中に野蛮かつ非道を繰り返した
日本人が核を持ちたがる等という事は断じて許されない。
過ちを繰り返す気なのか!!


http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/kova/1163147876/l50





780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 19:43:46 ID:uWcoEftK0
戦前は常任理事国だったのに

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 19:56:56 ID:fY7sp1gH0
核みたいな外交の切り札的兵器が当時の日本にもあれば
無謀な戦争やらずにすんだかもしれない

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 20:16:25 ID:uWcoEftK0
>>781
それはよく言われる。あと五年遅かったら貼るノート、禁輸は無かった


783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 20:19:12 ID:H22Zuxze0
戦前が似てるってよりもこれから日本は北朝鮮に近づくんだよw
資源もなく、まわりの核保有国におどされ落ちぶれていく。まあ北朝鮮以下だなw


784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 20:28:21 ID:x3csXe6e0
政府が国民の代弁者じゃなくて、逆に国民が政府の代弁者なとこかな

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 23:13:24 ID:Sk2JgrZZ0
戦前を踏まえれば俺たちは北朝鮮を批判する立場じゃないことは
容易に分かる筈だ。日帝程国内外に対して残酷なことやった奴らは
そうはいないだろう。朝鮮民主主義人民共和国に対抗、自衛する
必要性は全く無いし、経済制裁虐めも即刻止めるべし。


786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 23:20:15 ID:NsDSWj7r0
北朝鮮を擁護する気はないけど、周囲に虐められまくって仕方なく立ち上がったとと戦前日本を説明する連中こそ、北朝鮮の心情を一番理解していないとおかしいはずなんだよな

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 23:20:28 ID:kE5CmsYY0
>>732
遅レスだが。
陸軍も海軍もトップレベルのものを持ってる国なんてないよ。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:07:11 ID:V+0ktRas0
>>754
戦前の日本では、共産主義とかの思想で特高に逮捕されても、
転向・反省を表明すれば、すぐに釈放されていて、かなり甘かったらしい。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:23:33 ID:oiK5s9gd0
戦前の日本と北朝鮮のやってることや境遇が同じだとすると
時代が違う分、北朝鮮は絶対に擁護できないわけだが

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:34:52 ID:7SpLoBsA0
というとどうして?

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:51:43 ID:ZSJph7eD0
>>763
国連脱退しない点で違うな

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 01:46:44 ID:eAgrctgp0
>>763
こういう変な意地みたいな言葉遣いは似てるね。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 02:50:32 ID:wuXDC4rD0
てか戦前の国際連盟と戦後の国際連合は別物だろ。



794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 05:33:24 ID:2NZcqEdR0
第二次世界大戦の主戦場がヨーロッパ戦線とか言ってる奴アホちゃうか?w
海戦は間違いなく、太平洋戦線だろうが。アメリカの新鋭艦隊は全て日本艦隊と
戦うために編成されている。今ある第七艦隊も対日戦のために編成されたものだ。
アメリカ太平洋艦隊と連合艦隊の海戦を超える海戦は歴史上存在しない。
ミッドウェイ、マリアナ沖、レイテ沖などはあまりに大規模な海戦だった。
もっとも日本海軍を破って以降、アメリカ海軍の脅威はなくなってしまったわけだが。
ヨーロッパ戦線がメインというのは陸軍の話だな。それを言えば日本陸軍の主戦場も
中国戦線なんだがな。当初は2割の兵力で連合軍と戦っていたんだから。
お互いが手抜きで戦っていたのが太平洋戦線の陸戦。沖縄戦は熾烈な戦いだったが。


795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 05:44:26 ID:f1qGo0JS0
そういえば日韓併合時に起きた暴動で数千名の朝鮮人が逮捕されたけど
獄中で死亡した1名を除く全員が即時開放されてるね。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 11:56:18 ID:7dgJITJN0
お前らがどれだけ騒いでも無駄だよ。
次の選挙になると、北朝鮮がタイミングよく騒ぎを起こして、
国民はこぞって自民に投票するさ。
なにをどうやっても自民党には勝てない。
これが現実だ。

なにせ北朝鮮と対決姿勢を煽ってみせる自民党こそが実は
北朝鮮とズブズブの関係なんだからな。
愚民風情にはこういうカラクリが理解できないだろうが。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 13:52:55 ID:/kAVLo/u0
自民以外アホな左翼政権しかないのは何故だ?

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 14:28:49 ID:n7qMFCnN0
政権と政党を言葉として区別できない低脳に「アホ」呼ばわりされたら
野党もやってられまいて

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 14:58:09 ID:tcD8gyjn0

ブッシュが事実上崩壊し、北朝鮮の読み勝ちですね。

臨検だのなんだの犬日本政府が叫んでたけど、いつのまにか
静かになっちまった(ゲラ


800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 15:06:25 ID:1E9sUMdv0
>>786
いいこというなぁ・・・


801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 16:21:22 ID:6xjWSOQX0
似ているが、日帝のように暴発しないだけ北朝鮮の方が100倍もマシ

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 16:21:58 ID:jxsk1saw0
アメリカがイラクを攻め、日本や韓国がそれに協力した。
アメリカは北朝鮮を悪の枢軸と宣言し狙っていた。
北朝鮮は亡国の危機から守るため核を持った。


となるのが50年後の北朝鮮のウヨク。

803 ::日本@名無史さん :2006/11/11(土) 17:36:19 ID:kLYu+m4Y0
なんで歴史板はこんなに日本人に成りすましたチョンが多いんだ・・・。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:15:30 ID:gnUxli4I0
>>802
ウヨクじゃなくてもそんぐらいは認識するだろ
ただし北朝鮮は悪の枢軸と名指しされても仕方がないことをしていたという認識と共に

北朝鮮も覚悟があるなら戦争すればいい
勝っても世界的なメリットは何もなく、負ければ金正日は確実に死ぬが

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 20:19:40 ID:+Agnae6a0
負けても死なないかもよ、天皇のように。

世界的な意義なんつーものは後付でなんとでもいえるからな。
数十年後にアメリカさんが没落したとして、その先便をつけ
世界の労働者を解放したのは金将軍だ、とかさ。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 00:15:36 ID:pwMBotsn0
あ・・「確実に」は撤回します
とはいえ天皇よりは殺されやすいと思う


理由を後付けするためには
戦争の前に何か問題があって、戦争の後にそれが解決されなければいけない
そういう意味でアメリカが〜ってあんまいい例じゃないなあ
なんかいい例はないか

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:34:43 ID:dw5dfHbA0
日露戦争などで世界から喝采を受けた日本。
大東亜戦争でも多くの国から賞賛を受ける。
北朝鮮は・・・特になし

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 17:24:40 ID:vgfFo+wy0
北朝鮮では「アメリカに勝った」ということになっている

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 03:00:58 ID:ofkcZscX0
大敗走して中国に助けもとめたんじゃなかったっけ?

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 12:11:15 ID:mZ0zYAIq0
日本はサッカーが弱過ぎるね

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 18:34:09 ID:Nsgbo3e/0
現在の日本と北朝鮮の類似性・・・・
小沢一郎の核議論統制見てると
こっちの方がしっくりいってる気がする。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 19:17:24 ID:NNDdyb9S0
高村さんなんかも核議論には否定的。
だって意味がないんだもん。

低脳内閣が低脳な頭脳で他国挑発という火遊びをしてるというのが識者の認識かもね。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 19:47:16 ID:q6g863+/O
3分の1以下の支持なのにデカイ顔
核武装推進派と護憲派の相似

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 19:50:25 ID:ofkcZscX0
そんな奴らは実際核を落とされたらどうするつもりなんだ?
泣いて誤るか?
北がミサイルに搭載できる技術力になるまで待てなんて悠長な状態じゃないだろ


815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:30:24 ID:NNDdyb9S0
核を落とされたら黙って蒸発。
これは核武装しようとしまいと同じ事。

核を落とされないようにしようというのが全ての前提。
そして、この前提に立つ限り核武装論は意味が無い。
核兵器を開発する能力は潜在的にある、けれどその意思はないという現状以上に
なんらのメッセージも発していないから。低脳内閣の低脳なブラフなどではな。
逆に、核不拡散核廃絶という日本国の建前すら疑わせるというデメリットは
確実に発生する。

単なる馬鹿のやることなんだよ。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:37:05 ID:fStCV53X0
>核を落とされたら黙って蒸発。
>これは核武装しようとしまいと同じ事。

そうでもない

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:40:48 ID:NNDdyb9S0
反論できないからって一行バカレスかよ。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:45:51 ID:NNDdyb9S0
緻密に国際環境を考慮した上で、政権として政策として、
核による抑止戦略を国民に問うだけの覚悟があるのなら別だが。
結果はマイナスだとしても、これならば「無意味」ではない。

だが、低脳安倍は曖昧に火消しをしながら曖昧に閣僚党幹部の放言を
放置しているだけ。

なんか意味があるのかね?低脳政権らしい頭の悪いブラフが?

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:51:38 ID:ofkcZscX0
国民じゃない奴が国民に問うとか言うなよ

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:53:43 ID:NNDdyb9S0
ははは これ以上ない負け惜しみお疲れ

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 21:41:36 ID:hNnoeARrO
アベは低能で

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:37:30 ID:bhmVEyBd0
まあ、それ以前に核の話をしだした途端に、マスゴミが噛み付いてくるからな。
少しずつ直していくしかないよな。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:58:24 ID:9DTwMbrP0
安陪は軽い脅しのつもりかもしれんけど、結果的に高くつく火遊びだったって
ことになるかもね。


824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 04:57:03 ID:yLXhNj4Z0
北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の核兵器は人道的な核兵器


825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 09:01:14 ID:rrIXrvpH0
金サマがヤケクソになったときが危ない
日本を蒸発させれば米国などの報復を受けて己も蒸発する、と認識してれば
やたらに核攻撃はできない。でも、どの道、自分の逃げ道がないと知った場合
ほんじゃ、自国人民のほかにも小憎たらしいジャップ野郎も道連れにするべ〜

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 14:48:07 ID:IlBz16SX0
日本てサッカー弱いね。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 16:59:49 ID:RArior7R0
>>825
北朝鮮人は韓国のほうを嫌ってる。日本より

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 19:37:13 ID:yzIF9/ua0
どう考えても日本のほうが嫌われてますよ。
天皇制をはじめ日本のいろんなものをパクってますが、
近親憎悪みたいなものでしょうかね?

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 19:58:52 ID:goMUwTW50
子供が駄々をこねてるように見える・・・

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 21:49:31 ID:RArior7R0
>>815
実際問題アメリカは核を落とされたら間違いなく核による報復措置をとる。
イスラエルがイランかどっかに落とされても、間違いなく核による報復が取られる。
核の抑止は核でしかありえない。核の報復を恐れるからこそ核保有国は核に脅かされない。
日本は余裕で核保有できる。3ヶ月もかからないでミサイルに搭載できる。
ミサイルと核は最大の抑止力、そして格安

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 22:31:55 ID:9DTwMbrP0
M-Vに積むならプルトニウムタイプしかないが、そうなると弾頭の設計を形だけなら数ヶ月でも
形にはなるにしても、ちゃんと動作するものとなると3ヶ月もかからないってのことはないぞ。
その上、試験するとなれば用地確保だけで何年かかることやら。


832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 07:18:24 ID:igGOLcA+0
米国と日本では状況が違う
日本は重要地点に先制攻撃されればそれだけで国家機能麻痺


833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 11:08:37 ID:9RFEjZTc0
>>832
そりゃどこでもそうだろ。
フランスでもイギリスでも

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 15:15:12 ID:RXeQ68bG0
北朝鮮の拉致は外国よりも善に基づいた拉致だった。
アメリカや中国やロシアなどは、イランやチベットやチェチェンなど
他民族や外国の民間人を大量に殺している。
しかしそれらの指導者はなんら謝罪することもない。

一方、北朝鮮は自国民へは多数の餓死者を生む中でも、
拉致被害者へはずっといい待遇の生活をさせているし、
子供は大学まで行っている。
あの貧しい国でここまではするのは相当な善政をもってしたもの。

835 :名無的発言者:2006/11/16(木) 16:02:17 ID:l5XVKqSa0
>>834
北朝鮮の拉致はスパイ養成が目的でしょ?
スパイにするには待遇をよくして忠誠を誓わせる必要があっただけでしょw

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 16:24:07 ID:CkFh++W20
核武装否定論者の論理展開はいじめ問題でいじめられてる子供に
手持ちの小遣いと誠意ある会話でもって自ら解決するべきなど
述べている無責任な教育関係者ようなもんだな。
余計にいじめられか今以上にたかられるだろうよ・・・。
ましては当面の問題国はそこらのガキ共以上に非常識な奴らだしな。
なにを能天気な事言ってんだか。

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 18:53:45 ID:9RFEjZTc0
北朝鮮の高待遇<<<日本の貧民
望んで北に行くのはアホだけ

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:38:21 ID:/rFoz+Bx0
>>836
政府与党をはじめとして核武装肯定論者はほとんどいないのが現状ですよ?
あなたのような馬鹿げた論理を公式に発言したなら北朝鮮問題が問題ではなくなるからですね。
将軍様の核は綺麗な核ということになってしまいます。

また世界中のほとんど全ての国が非核国であるという現実から目を背けないように願っています。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:44:54 ID:R61+d89v0
イスラエルのように施設と思しき標的を空爆するかもしれない


840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:50:35 ID:5emb81Qz0
ついでに言えば、今の日本の産業は海外からの戦前に負けないくらい海外からの
輸入によって成り立っているという現実や、前回は資源縛りを喰らって南方進出した
ことがどういうドミノ倒しを引き起こしたかってことからも眼をそむけないで
欲しいものなんだが。

中川とか麻生あたりの言動みていると、そのうち国連で「ほな、さいなら」と
やった松岡なんかから何も学んでいない悪寒がする。


841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:53:32 ID:X24Y41Wi0


朝日新聞を誹謗中傷している人は負け組だった。


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1163525590/l50



朝日新聞を誹謗中傷している人は負け組だった。


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1163525590/l50







842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:59:09 ID:I/Fs3mTz0
だれか北朝鮮の話・・・

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 23:15:00 ID:RXeQ68bG0
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa346726.html

これは五人の帰国が実現する日(9・17)前の書き込みだが、
悲観的な内容

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 13:44:13 ID:gk9hmMDV0
北朝鮮の核廃棄を条件に一定期間の核保有とか言えばいいじゃない?
北が廃棄すれば日本も廃棄。
日本は核拡散に反対、平和を求めてるのは火を見るより明らかだし

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 13:50:21 ID:QxUvjiU/0
>>844
その宣言を政府がしたら、ほぼ確実に輸入の多くが止められて経済が破綻するって理解してる?


846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:18:57 ID:ryNhte2A0
事情が事情だし、日本と対立して有利になる国なんて無いだろうし
アメリカも日本と対立する気なんかないでしょ。
日本の核保有で一番問題になのは国内勢力だと思う。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:50:39 ID:QxUvjiU/0
そりゃあお花畑に過ぎる話でしょう。
NPT体制の一番の目的ってのは「日本とドイツに核兵器を持たせないこと」なんだから、
それをまっこうから否定する日本の核保有を「事情が事情だしぃ〜」なんて
ありえん。


848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:53:17 ID:gk9hmMDV0
>>845
有事だということを強調すれば良い。
日本は核査察でもなんでもすべて受け入れる信頼ある国家で
北朝鮮は何をするかわからないならず者国家。これは世界が理解している


849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:55:26 ID:gk9hmMDV0
>>847
>PT体制の一番の目的ってのは「日本とドイツに核兵器を持たせないこと」なん

どこの常識だ?それは

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:58:18 ID:gk9hmMDV0
間違いなく言える事は「今」日本が核保有しても非難さッル言われは全くない
後だしは有利だ

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:21:05 ID:DAVQoOmu0
ID:JM7KGJX10=ID:9KPH01g30
今更遅いだろうが気になったので一応。
ID:vtZst1Ma0は「雨など降らなかった」
などで使われる強調の意味、若しくは
「私などにはとても出来ない」「急ぎなどはしない」
などの卑下、軽んじる扱いでのなどを
使用したつもりだったのだろう。
普通の読解力があれば分からない事も無い。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 17:16:35 ID:QxUvjiU/0
>848
日本が核保有すりゃ、そのことが「有事」だな。

>849

一般常識の範囲だろ。


853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 18:10:03 ID:F7cTYvoB0

ていうか、もし日本が核保有したら・・・

「あのハイテク国家の日本が今まで核を保有していなかった」

という事実に驚く人の方が多いのではないか?


854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 19:14:42 ID:VvL6C2gL0
>>845
日本経済が破綻したら世界中の経済にも被害が出るけど・・・・


誰も戦前の日本と北朝鮮の類似性について語らないのね

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 19:32:20 ID:NqNz5Bd90
そもそも類似性が無いからな。

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 22:20:27 ID:+tu7b/1e0
そのdqnな行動から周りに文句を言われるが、粋がって虚勢を張る。
いつしかその虚勢が現実と入れ替わった時、
戦前の日本や北朝鮮、現代の日本の病理=ネットウヨが誕生するのだろう。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:08:47 ID:7oANRj/A0
北朝鮮化したのは満州事変からの数年だな

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:31:57 ID:eQt7yV+I0
(似てる点)

北 金正日の写真を身を挺して守る
日 天皇の御真影を身を挺して守る

北 金正日政権の存命が主目的
日 天皇の存続を図る為終戦の判断遅れる

北日 体制に反対する思想を取り締まり


(似てない点)

北 中露の威を借るカス
日 列強と対等な駆け引きを計る

北 周囲から見下されるならず者
日 一時は大国として常任理事国入り 戦後も一部地域からは評価

北 完全な独裁国家
日 不完全な議会制(軍部は押さえられず)


859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:48:17 ID:WaNVbx2x0
似てる点

・軍隊持ってる
・人が住んでる
・山がある


860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 00:09:36 ID:H+YlD+h80
似ている点
財政に占める軍事費が異様に高い。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 00:34:30 ID:mg5sGKDf0
戦前の日本は、軍事決定がどこにあるのか不明。
ここが違う。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 03:26:15 ID:0RviFaKt0
似ている点
・国全体は貧乏だが、一部の金持ちが贅沢し放題。
・政治家のTOPが自分の国が世界一だと思いこんで視野が狭すぎる。

似ていない点
・言葉が違う。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 11:09:12 ID:xddDBMJHO
>>862
古今東西大半の後進国はそんな感じですが。

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 14:49:09 ID:8y5cVYfy0
http://www.youtube.com/watch?v=v1m20n-xiHE
マッカーサー証言 / 昭和26.5.3 米国上院
http://www.youtube.com/watch?v=NvOzvGKCbQw
A級戦犯はいない!佐藤和男・渡部昇一(6-1)
http://www.youtube.com/watch?v=lOTwzsI0e1Y
http://www.youtube.com/watch?v=zLhqTejiClk
http://www.youtube.com/watch?v=F9mhCKtyYRo
http://www.youtube.com/watch?v=7IvNcnCVxDk
http://www.youtube.com/watch?v=f2jAfZng4k0
http://www.youtube.com/watch?v=ItDLN2I9Js8
津川雅彦 プライド/運命の瞬間 を語る 1〜6

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:27:52 ID:qHbFZD1t0
>政治家のTOPが自分の国が世界一だと思いこんで

戦前の日本にも北朝鮮にも該当しないような

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 21:38:55 ID:QnkNdHz+0
糞朝鮮も中国にとっては日本に対しての有効な武器
「馬鹿と鋏は使いよう」というところだろう。
韓国も糞朝鮮が崩壊すれば、糞共が国内に流れ込み韓国も崩壊する
よって糞朝鮮は永遠に生き続けます!

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 23:12:53 ID:N87qPUAH0
北朝鮮・・・強制収容所がある
日本・・・・強制収容所が無い


868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 01:15:39 ID:XfIGFZIi0
>>861
天皇・・・て言うのは浅はかだよなw
普通に考えたら内閣ってのが正しいような気がする

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:28:53 ID:9nIdGLoO0
>>867
つ日本帝国の場合戦地送り


870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:33:03 ID:9nIdGLoO0
北朝鮮も戦争になればきっと、
強制収容所の人間は最前線送りになると思うケド

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:48:09 ID:9nIdGLoO0
状況がキツイ人間から戦地送り。
1週間分の飯と身体に合わない服着せられて
危ないからと平和な社会じゃ絶対持たせてくれない
銃持たされて「こうやって引くんだ」と
引き金の引き方だけ教えて突撃させる。
死ぬも生きるもそいつ次第。

南京進行の帝国陸軍など200名の部隊中
生き残りは1人もいなかったけどな・・・。

そうやって、口減らし、生命の換金。
希望のない収容所暮らしと
死ぬしかない「爆弾三勇士」を求められる敵陣突破。

昔の日本人は爆弾抱えて鉄条網くぐる事を選んだんだと、認識している。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:52:51 ID:9nIdGLoO0
爆弾三勇士補足

実際には、当直の士官が導火線を計算値の半分以下にしたと軍事裁判の記録にあり、
又、同時に攻撃に参加した別の工兵部隊は無事に任務を終えている

wikiより。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 20:45:46 ID:MBvVozmb0
>>869-872
落ち着けw

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 21:25:46 ID:e8SA1RTZ0
>>871
とんでもない無知だなw

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 21:30:50 ID:yHl6+2pJ0
コッチェビだと思って観ていたら戦時中の上野駅の浮浪児だった。
意外だが戦時中は餓死者が凄まじかったらしい。
そして都市部の住民以上に飢えていたのは前線の兵士だそうだ。
豆知識〜

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:02:29 ID:MBvVozmb0
>意外だが戦時中は餓死者が凄まじかったらしい。
>そして都市部の住民以上に飢えていたのは前線の兵士だそうだ。
日本人はみんなこう言う認識じゃないのか?お前日本人?

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:25:57 ID:N6ui9MX30
朕はたらふく食ってるぞ 汝ら人民飢えて死ね

というのが大多数の日本人の認識でした

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:34:49 ID:Su21KCrD0
>>877
ネタにしても出来が悪いな
本気で言ってるならチョンか厨房だろう

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:48:33 ID:N6ui9MX30
教科書レベルの一般常識すらもっていない人にチョン認定されてもねぇ

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:57:34 ID:ZAZqGK+T0
何の根拠も示さず自分の意見は常識だとか言う人復活?

881 :878:2006/11/25(土) 23:20:16 ID:ghRptSF90
>>879
お前の脳内では共産党の認識が国民の認識になるのか?

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:05:54 ID:4ZvQ+oN30
ID:N6ui9MX30

自分の妄想を勝手に世論などにしてしまういつものブサヨの微笑ましいやり口ですねw

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 04:24:17 ID:6UdnE/kA0
1.一部勢力の台頭
2.政府による情報操作
3.国民全体の右傾化
4.政府による言論弾圧
5.自国を一流の国家であるとの思い込み

以上の点が戦前の日本の状況だとすれば
戦前の日本に最も似ているのは韓国である。
また、北朝鮮が似ているのはナチス・ドイツである。


884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 08:42:05 ID:MCNyJFJc0
>>883
突っ込み所満載だな・・・(´ー`;)

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 10:48:36 ID:OJghxwb50
ナチスドイツ・・強制収容所あり
大日本帝国・・・強制収容所無し
北朝鮮・・・・・強制収容所あり
ソビエト連邦・・強制収容所あり


886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 19:09:45 ID:1OlmqO230
戦前の日本に餓死者なんでいないyo!

887 :886:2006/11/26(日) 19:21:24 ID:swa9E1N20
すいませんウソです

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:42:25 ID:S9WqRG8Z0
戦中の話だが、ある裁判官は闇市の物を買わなかったらしい
そしたら餓死したって

信憑性は無いなw俺も信じてない
別に信じてくれなくていいです

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:01:07 ID:MCNyJFJc0
>>888
戦中の闇市?戦後じゃなくて?

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:08:29 ID:MCNyJFJc0
・・・・!
>>884は確かに俺だが
あの後IDが変わった筈・・・
もう一度同じIDになったって事か?

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 23:10:58 ID:JbcxkkYj0
天皇と金正日と文鮮明がソックリ
キモイ信者に担がれて無能なジジイのクセに自分が特別だと勘違いしている馬鹿さ加減
PR映像の3馬鹿はみんな似たような角度からの映像で作り笑い

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 23:45:49 ID:EFnZUjpc0
>>891
中学時代の俺と全く同じ事を言わないでくれ・・・
恥ずかしくて死にそうだよ・・・orz

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 02:51:13 ID:UqrTsD3q0
天皇は東京来た時 天ちゃんとか言われてた。明治天皇は「言うこときかんと元の極貧生活に戻すぞ」とか脅されてた


894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 11:47:41 ID:qgqNcuZm0

日本国民:欧米列強を打倒する為に対米戦争を望む

北チョソ国民:現政権を打倒する為に対米戦争を望む


895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 19:04:37 ID:qmNq460C0
北朝鮮労働新聞

「飢饉で滅んだ国は無い」

だとさ。ソースは東アジア板で。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 19:22:47 ID:nXA3BzGE0
>>895
確かに無いけどさ・・・そういう問題ではないと思う・・・
つーか、滅ぶ前に打倒されているだけのような・・・

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 20:51:31 ID:VHYBwyV+0
>>895
ニュースでもやってたなw
聞いたとき吹いたw

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 21:47:37 ID:VrNrZK7C0

◆旧宮家の人々 第貳號◆
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1132653912/


899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 05:27:52 ID:S9jr8Bq70
戦前どころか、戦後だって充分生きてるだろ、北朝鮮的メンタリティって。

合唱コンクールの指導とか熱心な学校って多いけど、あれのモチベーションやメンタリティって、
北朝鮮のマスゲーム指導と一緒なんだよな。


900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 10:17:42 ID:IaTGRjVV0
>>899
そんな事を北朝鮮的メンタリティって呼ぶんなら
世界中北朝鮮的メンタリティだらけだろうがwww

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 10:30:39 ID:9BYzNAfm0
好んで鎖国をして孤立を選び、飢えに苦しむ姿は毛沢東時代の中国そのもの。
外国に頼らないで自分たちの力だけで国を運営して行こうという自惚れと頑迷さが感じられる。


902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 11:53:07 ID:OsZSuSlFO
>>895
いや、そのとおりなんじゃないか。
日本の最長期政権である江戸時代は、
有史来日本の歴史上最大の飢餓社会であった。
腐敗政権の延命のためには、国内を疲弊させ対抗勢力が育たなくすることが必要。
現に徳川幕府が260年も持ったのは、
朱士学の奨励と自然科学の禁止により
愚民化を促進し、
参勤交代と度重なる大飢饉藩により財政を削るといった手法を
駆使したことによる部分が極めて大である。
こうしてみると、北朝鮮は戦前の日本のみならず
江戸時代の日本をも模倣した国家運営を行っているようだ。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 12:34:07 ID:l5Vjh2fB0

「自虐史観」のせいで日本人には愛国心が芽生えない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1140781758/


904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 18:00:45 ID:7sa2KBiZ0
>>902
>>446以来か
久しぶりw

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:13:25 ID:f2p1nn+d0
なんか、俺解明できちゃったよ。

愛の魔法があったのが帝国日本。

愛の魔法が解けてしまったのが北朝鮮。


906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 20:37:56 ID:lEBoT0e60
北朝鮮の飢饉は恒常的なものだからなあ。
昔と今じゃ単純に比較できないしなあ。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:09:56 ID:1xkv6TgE0
大日本帝国でも恒常的な飢餓だった。
娘は売られて農村では餓死者が毎年のように出ていた。
富国強兵は臣民が国を富ませて兵を養うから臣民は悲惨。
北朝鮮や独裁国なんかは大日本帝国と同じ。
日本国のように国民が主の国が一番良い国。

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:17:57 ID:7sa2KBiZ0
>>901
>好んで鎖国をして孤立を選び、
別に好きでやったわけじゃないだろう
>>907
>大日本帝国でも恒常的な飢餓だった。
というからどんなものかと思えば
>娘は売られて農村では餓死者が毎年のように出ていた。
おいおい・・・北朝鮮の足元にも及ばないぞ

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:37:52 ID:F/enBN5v0
江戸川乱歩等、戦前の通俗小説読んだことないのか?
今と対してかわねーじゃねーか


910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:42:53 ID:W1NN/DfB0
農民は江戸末期より、明治のほうが苦しいよ。
902は騙されてるか・・・違う意図

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:52:09 ID:OsZSuSlFO
>>904
私は他にもちょくちょく書き込みをしているのだが。

>>910
東北における昭和9年の6万人身売りとかの話か。
それは明治ではなく昭和初期だ。
あれは、大正政変で財閥・資本家が政府をのっとったことによる人災だ。
同じ戦前というくくりで間違いてしまったのだろう。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:57:15 ID:viti34Vg0
>>907
大日本帝国は臣民自ら富国強兵の為、飢餓になった
北朝鮮は人民自ら飢餓になった訳じゃないし、国なんてどうでも良い
かなり大きな差だと思うが・・・

>北朝鮮や独裁国なんかは大日本帝国と同じ。
大日本帝国と北朝鮮の制度が全然違うだろ

>日本国のように国民が主の国が一番良い国。
んな事は無い

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:58:31 ID:5fC6GMzI0
大日本帝国って独裁国だったっけ?

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:13:34 ID:OLNjyakIO
昭和六〜七年は天明の大飢饉以来の大飢饉。
に、加えて大不況の嵐…。満州事変以後は少し持ち直すけど。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:33:05 ID:OLNjyakIO
ちなみに日帝が独裁国だったら、あんな体たらくにはなっとらんだろ。
※あんな体たらく→[一貫性のない外交、軍部独走、諸々のクーデター未遂、敗戦…など]

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:50:46 ID:VfQ8Cs9l0
天皇が行ったのは「視点の独裁」でしょ
天皇から見える日本をいかに良くしていくか。
これに尽きると思う。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:55:16 ID:VfQ8Cs9l0
これからの日本は視点の平等をいかにして手に入れるか。
だと、思う。
一方からはよいコトに見えても、他方にも良いことだとは限らない。
視点のパワーバランスを平等にしていきたいもんだね・・・。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:47:53 ID:jpX7XgLU0
大日本帝国の軍国主義は国民の総意に近いよ。

中国との争いは身内争いのように捉えて嘆く人も多かったが
欧米列強との開戦の際には、知識人でさえも痛快と評するほど支持していた。

俺も大日本帝国のキティガイ猿どもが欧米列強をぶん殴ったのは痛快だと思う。
戦争で敗北しながらも脅威の経済成長を成し遂げて大成功したのも痛快だ。


大日本帝国は国民の期待に応えて欧米列強をぶん殴った。
返り討ちにされたが、格段に条件が良くなった。そして国家が繁栄した。


919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 03:38:29 ID:zXD99JQl0
江戸幕府の最大の欠陥は大奥。
参勤交代の緩和と、
大名は30万石以上と再編すればよかった。
300藩は多過ぎ。
あと江戸・大阪・仙台にも出島を造ればよかったね。
紀州藩を大阪65万石に移動させればよかった。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:37:13 ID:8jXB9D9S0

江戸三百諸侯について大いに語るスレッド
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1162345063/


921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:39:04 ID:8jXB9D9S0

★江戸時代の武家貴婦人について★
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1115977268/


922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:40:48 ID:8jXB9D9S0

勝海舟は戦いもせずに江戸を明け渡した卑怯者だろ?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1136608983/


923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:42:32 ID:8jXB9D9S0
 

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:43:55 ID:8jXB9D9S0
 

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:45:28 ID:8jXB9D9S0
925

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:50:36 ID:YMJuJgOv0
>>920-925
1000でも取りたいの?

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 16:04:18 ID:Zw4fZ3i+0

310 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2006/11/29(水) 15:24:29 ID:aws8g7wK
   >>308
   オレは、政治板で結構レスをしてるが、マジでオマエのような粘着とレス
   するのは1年ぶりくらいだなw〜

   暇だからオマエのレス予想:
      そうやってレスをはぐらかすのがオマエの性格なのか?

   暇だからオレの返答予想:
      なつかしい、確か1年前の粘着もそんなこと言ってたな。結構
      粘着の反応ってずっと変わらないんだな〜。なるほどねw

311 名前:308[そんなに怒らなくても・・・(´;ω;`)] 投稿日:2006/11/29(水) 15:25:11 ID:WdhBNlWY
   >>309
   いや別にそう言う積もりは無くて本当に>>306が分からなかったんだよ

   粘着って言うけど2つしかレスしてないんだぞ?
   しかも、1つはレスを返しただけだし・・・

   釣られたと思って怒ってんのかもしれないけど
   あんまりそう言う考えは無くて、その内気づくだろ?
   って、感じの軽い気持ちだった・・・正直スマン・・・

312 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2006/11/29(水) 15:26:47 ID:WdhBNlWY
   >>310
      。 。
     / / ポーン!
   ( Д )

ネットサヨクへの支持者が増えてまいりました
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1163519180/l50

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 16:11:48 ID://HB/2qL0
フーン

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 18:47:49 ID:FD5djRdr0
天皇も金も学歴がない。
世襲のボンクラ。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 18:49:29 ID:+oRnK1xC0
>>929
日本語になってないけど・・・

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 19:16:42 ID:FD5djRdr0
>>930
金を将軍様と書かないといかんの?
天皇や金に日本の主権者の国民が敬称つける必要は無いんだよ。

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 19:27:56 ID:VnLPAzi80
>>931
ああ「金」って金正日の事かw
「かね」かと思ってた

>天皇や金に日本の主権者の国民が敬称つける必要は無いんだよ。
天皇はなんでよ?

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 19:43:53 ID:FD5djRdr0
>>932
阪神がトラッキーに敬称をつけるか?
過半数の意思で天皇を解雇できる地位の国民は天皇の主。
国民は天皇に命令できるが天皇は国民に従う身分。
天皇は国民に家畜のように衣食住を与えられ国民逆らう事はできない分際。
これが現実としての天皇。
もし御前が個人崇拝の反自由主義天皇信者なら「天皇は神だ〜」なんて粘着してくるだろう。
だから聞かれた事にだけは答えてこの後の天皇信者らしい狂信的な主張は無視します。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 19:59:46 ID:VnLPAzi80
>>933
お前「立憲君主制」って知ってる?
多分、答えずに逃走するだろうけど・・・

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:29:38 ID:ciB3YbTE0
>>933

まさか>>934を「個人崇拝の反自由主義天皇信者」の発言にしたりはしないよな?

にしても>>931では金正日信者>>932では天皇信者とコイツも忙しい奴だなぁ〜w

936 :934:2006/11/29(水) 21:00:54 ID:acYr33k70
ツマンネ・・・('A`)y─┛~~
せっかく魚が掛かったってのに竿を引かねーでやんの

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:25:20 ID:tSVTl6T90
936 名前:934 投稿日:2006/11/29(水) 21:00:54 ID:acYr33k70
ツマンネ・・・('A`)y─┛~~
せっかく魚が掛かったってのに竿を引かねーでやんの


938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:37:06 ID:/1/g6ehn0
937 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 21:25:20 ID:tSVTl6T90
   936 名前:934 投稿日:2006/11/29(水) 21:00:54 ID:acYr33k70
   ツマンネ・・・('A`)y─┛~~
   せっかく魚が掛かったってのに竿を引かねーでやんの

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:39:48 ID:6xu3C+070
938 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2006/11/29(水) 21:37:06 ID:/1/g6ehn0
   937 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 21:25:20 ID:tSVTl6T90
      936 名前:934 投稿日:2006/11/29(水) 21:00:54 ID:acYr33k70
         ツマンネ・・・('A`)y─┛~~
         せっかく魚が掛かったってのに竿を引かねーでやんの


940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 22:07:09 ID:tSVTl6T90
939 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/29(水) 21:39:48 ID:6xu3C+070
938 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2006/11/29(水) 21:37:06 ID:/1/g6ehn0
   937 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 21:25:20 ID:tSVTl6T90
      936 名前:934 投稿日:2006/11/29(水) 21:00:54 ID:acYr33k70
         ツマンネ・・・('A`)y─┛~~
         せっかく魚が掛かったってのに竿を引かねーでやんの

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 23:13:00 ID:6xu3C+070
940 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 22:07:09 ID:tSVTl6T90
   939 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/29(水) 21:39:48 ID:6xu3C+070
      938 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2006/11/29(水) 21:37:06 ID:/1/g6ehn0
         937 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 21:25:20 ID:tSVTl6T90
            936 名前:934 投稿日:2006/11/29(水) 21:00:54 ID:acYr33k70
               ツマンネ・・・('A`)y─┛~~
               せっかく魚が掛かったってのに竿を引かねーでやんの

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 01:58:50 ID:+Mzj0d/s0
941 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2006/11/29(水) 23:13:00 ID:6xu3C+070
   940 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 22:07:09 ID:tSVTl6T90
      939 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/29(水) 21:39:48 ID:6xu3C+070
         938 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2006/11/29(水) 21:37:06 ID:/1/g6ehn0
            937 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 21:25:20 ID:tSVTl6T90
               936 名前:934 投稿日:2006/11/29(水) 21:00:54 ID:acYr33k70
                  ツマンネ・・・('A`)y─┛~~
                  せっかく魚が掛かったってのに竿を引かねーでやんの


943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 02:40:55 ID:0Cz+qXsT0
戦後の日本と似ているのはモンゴル帝国に下った朝鮮半島

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 08:36:31 ID:6zMmfEit0
つーか日本と似てる国って少なくね?


945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 09:11:28 ID:EKHmzdk80
942 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/30(木) 01:58:50 ID:+Mzj0d/s0
   941 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2006/11/29(水) 23:13:00 ID:6xu3C+070
     940 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 22:07:09 ID:tSVTl6T90
         939 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/29(水) 21:39:48 ID:6xu3C+070
            938 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2006/11/29(水) 21:37:06 ID:/1/g6ehn0
               937 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 21:25:20 ID:tSVTl6T90
                  936 名前:934 投稿日:2006/11/29(水) 21:00:54 ID:acYr33k70
                     ツマンネ・・・('A`)y─┛~~
                     せっかく魚が掛かったってのに竿を引かねーでやんの


946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 10:15:30 ID:+RhBzLce0
日本はイギリスと似てると思うな。
かたやアジアの小さな島国、かたやヨーロッパの小さな島国。
先進国で強い通貨を持っており歴史が長く皇室を持っている。

産業・文化の発展に多大な貢献をしており
文明の避難所ともいうべき島国でありながら
一方で侵略者としての歴史も持っている。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 11:48:14 ID:DZJ2+Ne90
その程度でいいなら
いろんな国と似てるって言える罠

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 11:50:32 ID:DZJ2+Ne90
てか、王室と皇室くらい区別しないと
その筋の人に怒られるよw

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 12:08:43 ID:5LOMtqo10
>>947
じゃあどこだ?
島国皇室なんてほかにあるか?

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 13:18:20 ID:31onf/Pb0
天皇はキングと同じ扱いでいいのか?

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 13:29:22 ID:qgTXoT9j0
>>947
> その程度でいいなら
> いろんな国と似てるって言える罠

日伊の共通項)

 ・島国
 ・先進国
 ・強い通貨(円/ポンド)
 ・王室
 ・長い歴史
 ・戦時=列強国で帝国主義

上記に該当するような国が他にありますか?


952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:00:12 ID:H3ALR4le0
トンガとか・・・?

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:51:32 ID:XiUS/UEr0
ハッキリしているのは日本国と大日本帝国は違う国だってこと
日本国は国民が主権者の国
大日本帝国・北朝鮮は世襲の偶像崇拝で軍国主義
大日本帝国が滅びたように北朝鮮も長くは無い
大事な事は俺達が主権者であり俺達以上の地位は日本国にはないこと

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:00:49 ID:T8BsGpf/0
現代日本は近代日本の歩みの上に成り立っている。
現代日本の成功は、大日本帝国が欧米列強に立ち向かった成果でもある。
大日本帝国は敗北したが日本は再起して世界第二位の経済大国となった。

ずっと統一された独立国家として歩んできた日本を
ある時期や政権を境に別物と見做すのはおかしい。

現代日本は連続した近代日本の歩みの上に成り立っている。


955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:02:05 ID:NEXEqEREO
>>953
主権の所在だなんて実益のない言葉遊びに、何こだわってんの?

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:09:31 ID:B5XBb9IA0
>>953
お前ID:FD5djRdr0だろ?

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:34:06 ID:lbADa0pP0
天皇には主権がない
つまり天皇は国民ではない

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:06:14 ID:elz/quW80

  ( ゚д゚)      > 日伊の共通項)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄




959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:25:29 ID:4b1iE0UT0
>>958

日伊の共通項)

 ・島国
 ・先進国
 ・強い通貨(円/ポンド)
 ・王室
 ・長い歴史
 ・戦時=列強国で帝国主義

何かおかしいですか?

客観的に判断できる項目ばかりですが?


960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:40:40 ID:EKHmzdk80
 

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /   ・    ・ | ク
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

 



961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:43:06 ID:EKHmzdk80


                  。
               $|W|
               ('(゚∀゚∩ おおさまだよ!
                |ヽ  〈 
                | ヽヽ_)



962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:37:03 ID:mnjjJH180
>>957
君主だからな

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 01:25:24 ID:zMbmZlvZ0
>>944
そもそもどこかと似てないといけないのか?ということだな。

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 02:08:34 ID:OuY4mtd30
>>953
で、「立憲君主制」って知ってるか?

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 02:18:49 ID:g8jKLMFf0
>>963
そもそも強引に類似性をでっち上げるこのスレが要らない!ということだな。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 12:30:51 ID:o0EwBbAL0
イギリスの漢字一字の略称って・・・

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:55:57 ID:np4IzhOw0


968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:56:34 ID:dcc3Wz670


969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:57:17 ID:D7iKwMh20


970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:57:59 ID:T3v48RKT0


971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:58:34 ID:DezVNKHa0


972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:59:07 ID:WREHdmfn0


973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:59:34 ID:mBKJ6z110


974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:00:03 ID:G5J2OLE30


975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:00:34 ID:z7Ok5FGX0


976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:01:07 ID:leeTB0Se0


977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:01:38 ID:BqnwpzLY0


978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:02:17 ID:RZmpj76U0


979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:02:45 ID:3jLYo1Kt0


980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:03:15 ID:wWcn4uVd0


981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:03:47 ID:/pVTiONO0


982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:04:21 ID:kz5MQjTi0


983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:04:52 ID:ruS93Dhl0


984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:05:35 ID:wyfQefTm0


985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:06:12 ID:7y/N1I030


986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:06:35 ID:Ze90RNVk0


987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:06:56 ID:cldwylF10


988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:07:20 ID:MXoCk32r0


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:08:11 ID:bTX2Wa9K0


990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:08:34 ID:rzdDnCBD0


991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:08:56 ID:VXp3Xd1H0


992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:09:19 ID:NNqfr1XE0


993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:09:40 ID:xRt0MWnX0
次スレ

戦前の日本に言論の自由ha
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1136297114/


994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:09:42 ID:CALb/yhc0


995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:10:27 ID:CjgPR+F/0


996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:10:48 ID:ighI6f6G0


997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:10:55 ID:xRt0MWnX0


998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:11:09 ID:/UIiGuVX0


999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:11:42 ID:OKFAH5FR0
おっぱい

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:12:10 ID:phkhowDd0
>>1 似てない

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

288 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)