2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本に植民地はなかったんだ!!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 20:45:48 ID:nuqjcOHT0
と主張するスレです。和やかに議論しましょう。 

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 20:49:51 ID:jfYkJL+u0
中国に租借地(殆ど植民地)を持ってました
満州国は主要ポストの多くを日本が占めた傀儡国家でした
資源の多いインドネシアは直轄領とし独立を認めませんでした

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 20:54:47 ID:bAFIwkA90
バカウヨ乙

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 21:56:10 ID:7mtAWTGFO
植民地って言葉、辞書で調べてみ?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 22:24:02 ID:Q4R1sjMq0
本来の意味でもっとも植民が進んでいるのは北海道だがな

6 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/14(金) 22:52:14 ID:wcAm3wER0
>>2
>中国に租借地(殆ど植民地)を持ってました

租借地は租借地なんだが・・・
植民地=入植地って意味か?
「ブラジルは日本の植民地」って言えと?

>満州国は主要ポストの多くを日本が占めた傀儡国家でした

傀儡国家=植民地・・・?

>資源の多いインドネシアは直轄領とし独立を認めませんでした

1944年に小磯首相が独立を認める演説しているよ




7 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/14(金) 22:59:14 ID:wcAm3wER0
>>4
>植民地って言葉、辞書で調べてみ?

辞書を作成している者を「神」の様に尊敬しているんだな?
残念ながら・・その神はこの板でその主張を押し通す事は出来ない


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 23:12:06 ID:8X6bMYc60
チロリアンさん降臨ktkr!!!!!!1111
チロリアンさんが日本に植民地はないっていうんだから、そうに決まってるよ。
日本が朝鮮を植民地支配したなんて言う奴は信心が足りないwww

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 23:19:43 ID:j6z3Rx1U0
租借地はその国から領地を借りているだけ。
傀儡国家が植民地?
馬鹿言うな。
それじゃ日本のGHQ占領時代は
日本が米国の植民地だったと言いたいわけか?
インドネシアを将来的に直轄領にする「予定」はあったが
結局は戦争に敗れ占領で終わっている。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 23:20:46 ID:awjXuERQ0
出たよ、チロリアンw

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 23:52:49 ID:7mtAWTGFO
バカウヨコテは東アジア板に引っ越せ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 23:54:42 ID:jfYkJL+u0
で、植民地が無かったと主張して何がしたいの?
租借地を持ったり、傀儡国家を作ったり、直轄領に定めたり、とかはどう考えてるの?


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 10:29:45 ID:SxK+KeTT0
朝鮮台湾等の外地行政を統括した官庁は拓務省、
英語呼称はMinistry of Colonial Department
直訳すると植民地省。

終了!

14 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/15(土) 15:40:04 ID:QE5aFJ/i0
>>13
拓務省の「拓」は開拓の「拓」

故に英訳すべきなら
Ministry of development department

では何故間違ったかと言えば
空気の読めないボンクラだからと言ってしまえば話は早い
では力作いってみよう


15 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/15(土) 15:41:01 ID:QE5aFJ/i0
【19世紀】 北海道などの入植地を【殖民地】と呼称す

【1895年】 台湾割譲 
      大日本帝国初の新領土獲得 統治形式議論される
      ※1 ※2

【1905年】
      帝国議会にて台湾植民地論争
      「植民地」と言わなくなる
      ※3 

【1910】 日韓併合
      当然「植民地」としなかった。
        
【大正期】新渡戸、欧米「植民地」と入植地「殖民地」の使い分けにもの申す
      ※4

【1919年】
       三・一事件
       独立宣言書にて、一部不心得者の「植民地」発言への憤慨が披露させられる  
       
【1926年】
       三、一事件後、不心得政治家の改心、新渡戸(の弟子)の出した植民地の定義への
       受け入れ拒否が歴然となる。 
       そこで矢内原は【植民及植民政策】にて研究者への励ましと
       一般人の使用による定着を試みる
        
       >但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
       ※5 

この後、欧米の「植民地」に「殖民地」の字を当てているのが発覚した。
(新渡戸の弟子らによる)意図的なものかそうでないかは別として
明確に区別する為に「外地」にした。   以上



16 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/15(土) 15:41:53 ID:QE5aFJ/i0
※1
そこで司法省のイギリス人顧問モンテーダ・カークウッドは、英領の香港とインドにおける非同化政策をモデルとして提示した。
またフランス人顧問ミッシッエル・ルボンは、仏領アルジェリアを例に挙げ、内地延長の州県とみる同化政策を主張した。
当時内閣に置かれた台湾事務所の原敬委員(外務次官)は「植民地経営」に反対し、
台湾を九州や四国同様内地の延長と見るべきだと主張した。原が参考にしたのは、
普仏戦争後にフランスからプロイセンに割譲されたアルザス・ローレーヌ地方の統治形式である。
実際のところ、当時台湾経営に関しては「朝野ともひとつの定見がない」(竹腰与三郎帝国議会)状態だったが、
台湾は植民地ではなく「新領土」とする見方が多かった。かって第二代台湾総督を務めた桂太郎首相が1905年、
帝国議会で台湾を植民地とみなす発言をしたことをきっかけに、第21回、22回の帝国議会では台湾植民地論争が起きている。
http://www2.starcat.ne.jp/~asakurak/f-hidesato02.htm

※2
たとえば台湾総督府に提出された統治意見書の一つである「台湾経営策」は、
欧米列強による植民地支配と人種差別を「畜生道」と非難するとともに、 英仏の
問接統治路線を参考にすべきだという意見を「英仏は我国体に似ず」と一蹴し、
台湾人を「皇道」によって「我国体に同化」して、アジア連合による「極東独立」
「東洋の平和」を目指すことを主張している。
        小熊英二 「日本人の境界」 p92



17 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/07/15(土) 15:42:54 ID:QE5aFJ/i0
※3 
チロリアンが説明しよう

台湾は日本領であり、住んでいるのは日本国民である。
そこに植民地統治するというのは一体どういう事なのか?
いやそもそも植民地統治とは何なのか?
彼らは調べた、アフリカ・アジア南米中米の植民地支配を・・・
その結果ガクガクブルブル&思いっきりのドン引き
そして「植民地=搾取=悪=畜生道」と定義し(意味を定め)
「植民地」とは言わなくなった。

※4
>「植民」と「殖民」の字句を混在させて使っているが、植民地の原意は
>「人を植える」ことだから、「植民」に統一しろと、大正期に新渡戸が言って
>いたことが、



※5
我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。
『植民及植民政策』矢内原忠雄

★★★★★注意★★★★★
専門家の矢内原が、いかに少ない例だとはいえ、特に拓殖局が使う「殖民地」を見ていなかったというのはあり得ない。
彼はそれを「植民地」と捉えなかったからこその上記発言である。



18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 21:26:03 ID:EsOELwK+0
街宣右翼で在日のチロッリアンは死ね

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 07:21:59 ID:uIzS1R000
台湾・南洋が植民地でないと言う事は、内地のようなものなんだよね?
でも同じ国籍を有していながら扱いに差があるのはなんでかな?
対等とは思えない扱いを受けているし、
兵役を免除されているという待遇を受けていたとしても、
扱いに区別が付けられている。
どうあれ同じ国内に居ながら、扱いに差がある時点で、
仮に植民地ではなくとも植民地以外の何かだとは思えない。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 07:27:04 ID:uIzS1R000
台湾島民って、台湾島を統治する権限すら与えられなかったよね。
日本を統治する権限を与えられないだけなら未だしも
台湾島を統治する権限すら与えないのは明らかに対等とは言い難い。
台湾総督府とか日本人だけで占められていたし。

台湾島民の合意もなしに台湾島を併合している時点で
対等な関係とは言い難いんだけどね。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 07:29:19 ID:uIzS1R000
植民地ではないと言う事は、日本の一部かなんかだと言いたいのだろう。
しかし明らかに

1.先住民と日本人は対等ではない扱いを受け
2.日本人の方が優遇されていた

二点を考慮しても、日本の一部だと称するのは変である。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 10:38:16 ID:U1D6D4PG0
>>1
糞スレ立てんなゴミ
死ね

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 18:38:13 ID:SAhBGfjY0
キャー!
チロ様すごーいっvv
もっともっとコピペして〜♪

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 22:33:07 ID:s1GYHxHq0
日本の領有権が及んでいたという点では日本の一部といえるだろう

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 22:49:07 ID:j6B2cKlI0
インドもイギリスの一部

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 18:09:20 ID:7GyNYZW90
http://www.tamanegiya.com/ura.html
日本の植民地統治は良質でした。 発展を促したわけですし合法ですから
なんら非難を言われるゆえんはありません。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 10:50:05 ID:5BxJCeVC0
欧米のそれと同一視すべきではない

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 11:09:50 ID:Oq3t6xEB0
インドの経済発展は見るべきものがあるね。
もうすぐ世界5位くらいになる。
韓国とは比べ物にならないね。
同じ植民地だったのにね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 12:07:06 ID:Oq3t6xEB0
>Ministry of Colonial Department
>直訳すると植民地省。
普通の解釈

>Ministry of development department
当時にこういう解釈の人はいなかった

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 18:37:51 ID:Vmmjk6Sv0
酒たまねぎや ura ホームページ

なんと素晴らしいサイトでしょうか。反日左翼はここで勉強すべき。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 09:13:42 ID:C1ab0n0e0
憲法が通用せず、選挙権も義務教育もなかった朝鮮は、
天皇直属の総督府が軍事支配していた植民地。

32 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/09/06(水) 16:30:57 ID:mzZS7uYA0
 フランスの民間2団体がこのほど、同国の代表的国語辞典「プチ・ロベール」の
植民地に関する記述が問題であるとして、辞典の回収を要求した。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    こんな所でも対米政策、つまり国民の右傾化や
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 侵略主義の肯定を演出しようとする出版社の意図が見える。
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| マスコミ、TV、ラジオ、出版社は不特定多数の国民に影響を
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 与えられるため、昔から国の情報機関のような事をしますね。(・A・#)

06.9.6 朝日「仏団体、国語辞典の回収要求 植民地を『肯定的』表現」
http://www.asahi.com/international/update/0906/003.html

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 16:05:57 ID:kjX9CHED0
日本の植民地支配・・・プラス面は市場経済のシステムや法治主義の導入、資本財の
大規模投資など
マイナス面は皇民化政策や神社参拝強制など
西欧の植民地支配・・・プランテーション経営による原料収奪型支配

因みにアフリカ諸国(北アフリカ以外)は未だに白人農場主によるプランテーション経営が
行われている。ジンバブエは白人を追い出したが、経済封鎖され、西欧の圧力を受けている。
要するに、アフリカ諸国は実質的には未だに西欧から独立していないのだ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 16:14:26 ID:sulhe2Lu0
日本も石炭や鉄鉱石なんかの原料収奪型支配でしたけど
台湾では製糖会社がプランテーション経営もやってましたね

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)