2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【永遠の約束】 靖国神社U 【232万4000柱】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 17:56:41 ID:dsK+StLc0
先の戦争で亡くなられた方は、靖国神社に神様として祭られています。
これは、国と亡くなられた方との、永遠の約束です。

【永遠の】靖国神社【約束】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1138879442/l50

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 18:04:00 ID:dsK+StLc0
多様な意見を認めるのが民主主義です。
みんな仲良くやりましょう。


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 11:01:27 ID:aD5jBTqI0

靖国神社問題解決の画期的方法!

韓国が靖国神社公式参拝を批判してるが、要は名前が悪いのではないか?
「靖国神社」ではなく「韓国神社」に改名すれば、、、
「日本の首相が韓国神社公式参拝」・・・これなら韓国も大喜び。
日韓友好親善も復活するだろう。

逆に、韓国の国名を「大靖民国」に変更してもらう手もあり。



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 22:08:20 ID:nBRkabuM0
靖国神社の起源は、明治2(1869)年に明治天皇のご意志によって創建された「東京招魂社」である。
明治12には「靖国神社」と社号が改められたが、「靖国」には「国の平和を願う」という明治天皇
のお気持ちが込められている。

靖国神社を参拝して侵略戦争を起こそうとか軍国主義を礼賛しようなどという馬鹿が存在するはず
もない。「侵略戦争を美化しA級戦犯を崇拝する靖国神社」とは、中国共産党が靖国神社を貶めよ
うとするプロパガンダである。

中国共産党はこの著しく歪曲されたプロパガンダを中国国内に撒き散らし、「日本の首相の靖国神社参拝
が中国人民の心情を傷つけてる」と言い掛かりをつけ「日本の内政問題ではない」と言い張っているが、

首相の靖国神社参拝は日本の内政問題に過ぎない。それで中国人民が傷つくなら、責任は全て歪曲された
プロパガンダを流し続ける中国共産党にあり、日本政府は中国共産党の誤った政治姿勢を糾弾するべきで
ある。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 22:14:33 ID:nBRkabuM0

小泉総理は早くから「靖国問題は外交カードにならない」と言い続けている。
中国政府は小泉総理を挑発しすぎた。面子つぶされて対日外交戦略の見直し
を迫られるであろう。

ただし、小泉総理や次期総理が靖国に参拝しなければ、今後も日本外交は
中国共産党のみならず世界中からなめつづけられる。見習うべきは北朝鮮
の外交姿勢である。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 13:06:02 ID:ppWAh+Qy0
>>4
>靖国神社を参拝して侵略戦争を起こそうとか軍国主義を礼賛しようなどという馬鹿が存在するはずもない。

旧帝国陸海軍の将校士官下士官は全員一度は参拝してるでしょう。
彼らのうちの一部は間違いなく軍国主義者でしたよ。
他国の領土で他国の承諾なしに戦闘を行うのは侵略だと思いますが。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 13:08:58 ID:xGMWGOjW0
【政局】小沢新代表、靖国神社「分祀はできる」 手詰まりの対中韓外交に「自分なら解決できる」とアピール〔04/09〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1144554573/l50

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 13:22:29 ID:a05AVj460
東京裁判に出たパール氏によると、いくつかの証言を除いて
日本軍がアジアで行った残虐行為はその大半が事実だったという。
本来なら中国は靖国そのものの解体を言い出してもおかしくない。
が、中国は日本に最大限に譲歩し、首相の参拝中止を求めるにとどまってる。
日本も少しは譲歩するべきだ。
今のままでは日本は他国を見下す国として悪いイメージがついてしまう。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 13:35:22 ID:IWL267Cj0
現代に生きる私達にとっては靖国神社の存在を正しく理解するのは困難な事なのかも知れませんね。

日本では、太古の昔より、亡くなった人々を祀る神社が各地でつくられていたんです。
つまり、死んだら神様になるのですね。
生きている人々はそこに参拝して、将来の安寧を見守ってもらうという風習があるのです。
日本各地にある神社なら、誰かしらの魂が祀られていて、そこに私達が手を合わせてお参りするわけですよ。
日本人の生活に浸透しているんですね。
神社にはそれぞれ実在していた方々が神として祀られています。
死んだ人が神様になり、お参りした方々をお守りするという考え方も当然のように思われてきているのですよ。
靖国神社だけが異質なものではないのです。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 22:18:06 ID:V0+LDpcO0
>>8
パール判事が、「日本軍が残虐行為を行ったと認定した」ことを示す史料はありますか?
私の知っている限りありません。あなたは騙されているかもしれませんよ。

中国が靖国神社解体を要求する根拠はありません。中華民国政府は日本国への賠償請求を
放棄しました。サンフランシスコ講和条約の締結に際し、中華人民共和国政府は招聘されて
いません。

日中共同声明第5条で対日賠償請求の放棄、第6条で内政不干渉を明記しています。総理大臣の
靖国神社参拝という国内問題に中国共産党がとやかくいうのはおかしい。

他国を見下すなど、誤解もいいところ。むしろ、現実に日本を見下しているのは中国共産党。
反日デモ、ガス田採掘、外交官自殺問題等、どれをとっても日本は完全になめられている。
歴史問題を際立たせて日本国民の目をそらそうとしている。外務省は本当に大丈夫か?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 22:20:33 ID:V0+LDpcO0

1952年11月7日、BC級戦犯者の家族が60名ほど福岡消防館で博士を待っていた。
深い悲しみにつつまれた家族たちを前に、パール博士は沈痛な表情でこう述べた。

「戦犯といわれるが、決して犯罪者ではありません。全員無罪です。何も罪とがを犯したので
はないのです。恥ずべきことはひとつもありません。世界の人たちも、戦争裁判が間違って
いたことを少しづづ分かり始めたようです。しかし、わたくしは、今さらながら自分の無力を
悲しみます。ただご同情申しあげるだけで、わたくしには何もできません。

・・・けれど戦犯釈放にはできるだけ努めます。これ以上、罪のない愛する者同士を引き離し
ておくわけにはいきません。・・・わたくしは倒れそうです。・・・許してください。」

ttp://www6.plala.or.jp/mwmw/kotoba.html


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 09:23:10 ID:oaBGiKMz0
>>9
>日本では、太古の昔より、亡くなった人々を祀る神社が各地でつくられていたんです。
>つまり、死んだら神様になるのですね。
全員ではありません。祟神になったり、あるいはなりそうな人だけです。菅原道真とか
平将門とかね。

>日本各地にある神社なら、誰かしらの魂が祀られていて、そこに私達が手を合わせてお参りするわけですよ。
大抵は国津神、天津神であって、人ではありません。

国のために戦った戦死者のための神社など明治以前にはありません。靖国神社、護国神社は
神社としても異質なものです。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 21:23:33 ID:AbPfCbmb0
↑“平将門とかね”

ワロタw 今でも将門公は深夜に八重洲の首塚から宮城/九段/市谷/新宿と暴走し四谷の須加神社で一服してからまた首塚に戻るらしい。
その晩には近隣の野良猫達が総出で沿道でお見送りするんだそうな...

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 14:24:28 ID:i7Qdnr3g0
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┗━━┳┳━━━━━━━┳┳━━┛ 
       ┃┣━━━━━━━┫┃    
       ┃┣━━━━━━━┫┃         
       ┃┃   ┌──┐   ┃┃    
       ┃┃   |. 靖 .|   ┃┃  
       ┃┃   |. 国 .|   ┃┃  
       ┃┃   |. 神 .|   ┃┃      
       ┃┃   |. 社 .|   ┃┃   
       ┃┃   |    |   ┃┃   
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
       ,..--‐‐‐‐‐‐‐‐---..
     /::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
     |::::::::::/        ヽヽ    
    .|::::::::::ヽ ........    ..... |:|
     |::::::::/     )  (.  .||
    i⌒ヽ;;|.  -=・=‐  .‐・=-.|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |.(    'ー-‐'  ヽ. ー' |  < 霊璽簿に名前を記載するだけで、
    ヽ.      /(_,、_,)ヽ  |   | 祭神とされるのだから
    ._|.    /  ___   .|   | (A級戦犯を)抹消すればいい
  _/:|ヽ     ノエェェエ>  |    \______________
  :::::::::::::ヽヽ     ー--‐  /
  ::::::::::::::::ヽ \  ___/ヽ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 00:38:19 ID:LjfOywUi0

靖国神社問題解決の画期的方法!

韓国が靖国神社公式参拝を批判してるが、要は名前が悪いのではないか?
「靖国神社」ではなく「韓国神社」に改名すれば、、、
「日本の首相が韓国神社公式参拝」・・・これなら韓国も大喜び。
日韓友好親善も復活するだろう。

逆に、韓国の国名を「大靖民国」に変更してもらう手もあり。



16 :えICBM:2006/04/13(木) 02:05:03 ID:ay/Qw3D80
>>14
小沢は直球だな。
しかし、国内問題としたうえで、一般英霊と明確に分離する論旨はさすがだ。
これに文句を言うのは、バカウヨぐらいだろう。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 02:25:06 ID:07A21Hn30
今の小沢がこういう事を言うのは個人の意見でいいんだが、
政権取った時に靖国に対して「A級戦犯を外せよ」何て言うと
政教分離がどうのこうのって話になるな

靖国問題を簡単に解決したいなら特定アジア諸国に核を降らせた方が早いだろうな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 09:17:29 ID:qUR61Aj60
>>17
>靖国問題を簡単に解決
公式参拝しなければ無問題なのだが。
中韓と言えど、政府に無関係な一私的宗教法人の私的な信仰にまで
文句は付けれんよ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 13:05:17 ID:al2RmJRT0
今のタイミングで分祀がどう、とかいうのは如何なる理由があるにせよ特定ア
ジアに対する譲歩としか取れない。靖国が外交問題化してなくても今日小沢氏
は態々同様な発言をしていたのか?問題にもならなかった筈だ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:16:13 ID:0HC6UvQs0
小沢の腹の中にあるのは靖国神社の宗教法人格取上げだよw
宗教法人でなくしてしまえば政教分離の原則にも抵触しない“墓地”扱いに出来る。

小沢から見れば天皇家にも相手にされなくなったデムパ神社が、特定アジアのみならず米国との同盟関係(小沢は忠犬ポチで有名だw)までおかしくしかねない状況を放置しておく訳には行かんのだろう。

21 :えICBM:2006/04/14(金) 14:01:29 ID:emrUx21z0
まあ、国家の為に戦った英霊の慰霊が、靖国という民間神社が独占してるのおかしい。
靖国の宗教法人格、政治の不介入は当然だが、英霊の扱いは別問題だろ。
そもそも英霊の慰霊は、日本民族の問題であり、靖国、国家の管轄ではない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 15:30:52 ID:A3FJLt7kO
分祠はダメなものはだめ。いかなる理屈を言ってもダメ。東条氏を国家に対し殉じたと靖国が認めたからこそ神として合祠されている。政治目的のため神を悪魔と呼び、死者を罪人と呼ぶ小沢民主。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 15:43:40 ID:UBn8G3LJ0
小沢は馬鹿だな。政権交代など絶対無理

24 :えICBM:2006/04/14(金) 18:10:55 ID:emrUx21z0
>>22
>分祠はダメなものはだめ。いかなる理屈を言ってもダメ。
間違った合祀なのだから理屈からして分祀すべき。

>東条氏を国家に対し殉じたと靖国が認めたからこそ神として合祠されている。
そもそも靖国が認める権限など無い。
越権行為で間違った合祀は是正すべき。
靖国が何様と考えているのだ?

>政治目的のため神を悪魔と呼び、
間違いと言ってるが、悪魔とは呼んでないと思うが?

>死者を罪人と呼ぶ小沢民主。
A級戦犯の罪人なのだが、罪人とは言ってない。
戦死しないから合祀は不適当と述べてる。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:06:19 ID:A3FJLt7kO
>>25
戦死者以外にも靖国には例えば八甲田山にて遭難死した将兵の魂もあるけど東条氏と共に分祠対象になるのか?合祠されたのは現憲法下の政府と靖国が切り離されてからだぞw 靖国神社の判断で東条氏を合祠することのどこが越権?戦後戦犯とされた人々の名誉回復決議は無視?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:15:21 ID:i1znJb/V0
>>21
>国家の為に戦った英霊の慰霊が、靖国という民間神社が独占してるのおかしい。
禿げ同。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:50:12 ID:LXTnQylC0
それで国立の追悼施設なんか作った日には
日本は戦争を賛美し、軍国主義に戻ろうとしている!
なんて声が国内からも出てくるんだろうな
戦犯云々じゃなくてただ因縁つけたいだけだろ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:07:31 ID:+uwb+X+n0
今、太田光が日本テレビで
反靖国キャンペーンやってる。

29 :えICBM:2006/04/14(金) 20:07:46 ID:emrUx21z0
>>26
演習、訓練は戦争準備のためだろ。
それは軍隊なら一定数出るのは当然。
戦争準備の為の死者なら合祀の理由として説得力あるだろ。

>>27
あ、私も因縁つけるかも・・・

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:19:55 ID:+uwb+X+n0
中国、韓国の人たちに、自分は加害者だって気持ちを伝えなければならない!
小泉さんはそれを本当に思っていますか!
と日本テレビで太田が叫んでるな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 01:13:35 ID:jievgPGl0

靖国神社問題解決の画期的方法!

韓国が靖国神社公式参拝を批判してるが、要は名前が悪いのではないか?
「靖国神社」ではなく「韓国神社」に改名すれば、、、
「日本の首相が韓国神社公式参拝」・・・これなら韓国も大喜び。
日韓友好親善も復活するだろう。

逆に、韓国の国名を「大靖民国」に変更してもらう手もあり。



32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 07:03:23 ID:QxukqsKx0
要は嫌われ者の東條には死後も安住の地は無い、という事てつねw
WW2で出た200万人の死者と戦後の辛酸を舐めた日本人と関連諸国の人々が東條を許さない以上、仕方ないてつ。
ここはやはり国分佐智子タソに東條を引き取ってもらうしかないてつねww

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 09:28:24 ID:/7OI2hD80
無宗教の弥生慰霊堂@警察
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%85%B0%E9%9C%8A%E5%A0%82

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 09:32:39 ID:/7OI2hD80
弥生慰霊堂(やよい いれいどう)は東京都千代田区の北の丸公園にある慰霊施設。
かつては弥生神社・弥生廟と言った。警視庁及び東京消防庁の殉職者を祀る。

戦前は警視庁が管理してきたが、戦後の「神道指令」により、神社を警視庁が管理し続ける
ことができなくなってしまったために、1946年(昭和21年)10月に元警視総監をはじめとする
有志が奉賛会を結成した。1947年(昭和22年)10月に現在地の千代田区代官町に遷座した。
現在地への遷座とともに名称を「弥生廟」と改めた。その後、1983年(昭和58年)9月に名称を
「弥生慰霊堂」に改称し、「弥生廟奉賛会」の名も「弥生奉賛会」に改めると同時に、従来の
神式の慰霊祭からいわゆる“無宗教”形式の慰霊祭に変更し、現在にいたっている。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 17:52:54 ID:rTWziwOL0
日本国政府とその代表者は、戦没者に対して謝罪し続けなければならない。
死の恐怖と戦いながら、無謀な作戦に駆り出され死んでいった英霊を忘れてはいけない。
靖国に祀られている戦没者というのは、 日本国の命令によって国家の為に殉じた者で、
その魂は靖国神社に祀るという約束が結ばれていた。
日本国の首相になるものは靖国にいって戦没者に毎年、いや毎日、詫び続けろ!
私はこう主張したい。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 18:33:54 ID:QxukqsKx0
↑喪前、ようやくその事に気付いたのか?w
日本の首相はじめ権力の座にある者達が靖国に参るのは、日本政府の失策によって非業の死を遂げさせられた人達の霊が、祟り神になって悪さをしないよう鎮めるため。
別に戦死者を顕彰するためでも、哀悼の意を示してる訳でもなく、もちろん不戦の誓いをする場所でもない。
中韓にも本当の事を言えば良いのに、変に格好付けるから問題がこじれるし、日本人の中でも靖国の存在意義を誤解するバカが出てくる。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 22:57:44 ID:a3cqRVH10
祟り神信じているって言った瞬間にバカにされるのがオチ。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 23:50:52 ID:QxukqsKx0
ええやんw 中国人から見たら日本人なんて奇異な習俗を持つ辺境の少数民族に過ぎない訳だし、最初からバカにしてる。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 23:51:43 ID:a3cqRVH10
世界からバカにされる。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 23:54:36 ID:QxukqsKx0
そら仕方ないわなw それが嫌なら神社形式止めなイカンYO...

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 04:14:00 ID:Pit+XuJ70
>>39
大丈夫。あちらだって人の事は言えん。
旧約聖書の神様も「ねたむ神」と心の狭さを公言しているお方だから
祟り神とたいして変わらん。実際、エジプト人には祟ってるし。

そもそも、神様なんてどれもこれもろくなモノじゃ無い。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 06:35:41 ID:eYxci/oR0
参拝したさに英霊を怨霊呼ばわりするなんてねじくれてるな。
そもそも参拝が遺族会むけの選挙公約なんだからそんなこといえるわけないじゃん。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 06:40:07 ID:eYxci/oR0
生前に靖国に入ることを名誉に思っていた人間が怨霊になるんだろうか

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 07:47:03 ID:stMw3K0x0
まあほんとに参拝しないと祟るのは遺族会と言う名の生き霊だけどな。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 08:57:27 ID:9V8qDMR00
出征前の将校が靖国に入ることを名誉と思っていた、などというのは実戦を経験するまでの戯言だった。
近代戦の過酷さと残酷さの渦中に叩き込まれて、靖国の事をどれほどの人間が思っただろうか?
大部分の将兵は、おかあちゃんの事しか思わなかったようだがね。

尚、遺書などの私信には検閲が入っていたのでタテマエしか書けなかった(変な事を書いたら切り取られる)。
“死して○△”だのといった綺麗事とは別の“死にたくない”“騙された”といった本当の遺書を戦友に託した人も多い。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 09:47:27 ID:eYxci/oR0
靖国が怨霊の神社なら、兵士に君たちは死んだら天皇を恨むだろうといっていたことになるが。

それに国家神道の神社に怨霊を鎮める意志があったなら共産主義者やアナキストや226の青年将校を祀るだろ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 10:02:26 ID:9V8qDMR00
↑靖国には戊辰戦争以来官軍の兵士しか祀られていない。

靖国の機能はあくまで天皇のために死んだ者達を鎮めておく事であって、朝敵である反乱将校や共産主義者は祀られる事すらない。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 10:17:12 ID:eYxci/oR0
靖国じゃなくて、「国家神道の神社」だよ。
怨霊を鎮める意志があったなら兵士より祟りの怖い反逆者を祀る神社をどこかに作るだろ。
やはり靖国は御霊信仰ではないよ。
そもそも国への恨みや無念をかかえた兵士のあり方を認めなかったんだから。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 14:40:23 ID:40ajDnya0
>>47
禁門の変で戦死した会津藩士は?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 18:42:19 ID:9V8qDMR00
>>49 本来なら官軍だが、靖国を建てた長州人にとっては恨み骨髄の相手。
そのため祀られていない...

>>48 天皇家が全国の神社を統率するようになったのは明治以降。
それ以前なら、官軍と戦って非業の最期を遂げたような人々でも、やはり怨霊化するのを恐れた地元の人々が勝手に神社を建てたり、祭神に加えたりもしている。

神田明神の平将門命がその典型だが、明治になって政府の命令で一度祭神から外されている。
その後、天皇家の神社支配体制が終戦で崩壊すると、各地で勝手に宗教法人化する神社が増えたが、神社本庁内に留まりながらも神田明神は将門公を1984年に祭神としてとり戻した。

51 :48:2006/04/16(日) 19:06:20 ID:eYxci/oR0
>>50
やっぱり国家神道には怨霊→御霊の考え方はなかったんだね。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 19:49:47 ID:9V8qDMR00
国家神道と言い切って良いかどうか微妙なところだが、少なくとも明治以降〜終戦までの天皇家&政府には“日本国に天皇家に反逆した神は存在しなかった”というスタンスを貫いている。

この立場からすると逆賊だった神は存在自体が許されず、平将門命のように手に負えない場合には放逐されるか、大国主命のような悲劇的最後を遂げつつも地元民に慕われ続けた神には調伏を基本的な扱いとした、という事。

ここで大村益次郎が慧眼だったと言わざるを得ないのは、西欧列強からの国防体制の確立を主目的としていた明治維新による国民国家の形成≒国民軍の出現とともに
戦争で死ぬ者は戦闘専業者として固定化されていた武士(元武装農民)だけではなく一般人が多数を占めるようになるという事を見越して招魂社を建てた事。

英国名誉革命、米国独立戦争、フランス革命により自由な市民の共同体としての国民国家が出現した事で、西欧諸国では国力(人口)の限界までの兵力拡大が国民と国家の契約として確立され、
戦闘専業者であった傭兵中心の軍を駆逐してしまった後の軍事学に基づいて形成されたのが、明治維新政府だった。

日本では国民国家という理念ではなく、天皇親政とその臣民という一代前の権力体が西欧列強を相手にすべく国民軍を必要とした時点で矛盾を孕んでいた。

ちょうど戦国時代の農民兵が見返り無しで再出現した訳(信長/秀吉/家康という三代の天下人が最も心を砕いたのが兵農分離だった)だが、
死ぬ事を生業としていた武士とは違って旺盛かつ放埓な生命を甘受して来た人々が、国家の命によって何の関係も無い死地に赴かされる事が無数の怨念を国家と天皇家に向かわせる事も大村益次郎は見越していた...

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 19:55:18 ID:9V8qDMR00
怨霊とは何か? それは人間の想像の産物に過ぎない。
しかし、怨霊の存在を感じとってしまう民衆の集団的無意識こそが、統治者にとっての怨霊なのである。
この手に負えない存在が出現した時、自らの統治がいかに困難となるかを、2000年の永きに渡って日本の名目的最高権力者だった天皇家は知り抜いている。

54 :48:2006/04/16(日) 20:50:48 ID:eYxci/oR0
つまり戦死者を怨霊にされないための、生きている人間に向けた装置だと。
明治から昭和にかけて靖国(招魂社)から俗っぽい要素が消えて神聖、純潔なイメージになっていったのは
犠牲がさらに理不尽になってきて、鎮魂より誉れを約束しなければいけなかったからかな。



55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 21:18:04 ID:9V8qDMR00
上述したように、明治維新で成立した日本政府は清の植民地化と米国の南北戦争の間隙でかろうじて維持されていた独立を守るために、当初から軍事的側面に最適化せざるを得ない構造だった。

西欧列強が強国化した背景にあった国民国家という理念(当時の明治政府首脳陣には到達目標地点でもあった)は、国民国家が国民の自由と財産を守り、そのために必要な兵力と財源を国民が徴兵/徴税の形で国家に提供する、
などといった契約関係に基づく国家と国民のあり方から発生したものだったが、昨日までの幕藩体制という日本の現実とは余りにもかけ離れた理念だった。

日本にとって愁眉の急だったのは、この国民国家の産み落とした国民軍という近代的軍事組織の設立だったが、急がなければ間に合わなくなる日本は 換骨奪胎して“ミカドの御親兵”を作ってしまった。

天皇と臣下(主人と奴隷)の関係では、主人によって奴隷が一方的に生命を徴発される関係しか存在しない。

この事に奴隷が反発するのは必至であり、大村益次郎にとっては当然ながら想定の範囲内の事であり、先手を打って作ったのが“戦死者を顕彰する名誉な場所”という名目で死者の魂を民衆(家族)の下へ戻さない、
という世界に類を見ない永久徴発機関=封印装置としての招魂社=靖国神社だった。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 21:29:45 ID:9V8qDMR00
尚、大村益次郎はフランス型の国民軍(長州の奇兵隊等の諸隊はこの理念に近い存在だった)創設により、日本社会の構造になかった変化をもたらす寸前に、旧幕藩体制の最後の名残でもあった薩摩藩守旧派に暗殺された。
しかし、大村の理念は他にテキストのなかった日本にとって規定路線でもあり、そのまま日本軍はフランス軍制を模倣して設立される。

だが、国民国家を持たない国民軍の矛盾は西南戦争によって最強の内敵だった薩摩士族の抵抗が消滅した時点で暴発し、給与待遇を巡って皇居で内乱へ発展した竹橋事件に帰結した。

以降、日本政府は国民軍たるフランス軍制から、朕の軍隊たるプロシア軍制へ模倣対象を切り替え、1937年 上海近郊で雌雄を決するという運命の皮肉なページをめくる事になる。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 00:11:00 ID:4B9Cwq570

■日中韓の正しい歴史 基礎知識入門サイト

 韓国は“ な ぜ ”反日か?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

東亜板では最も有名なサイトのうちの一つ。

韓国の話を中心に、中国や日本に関する問題を
過去・現在ともに、わかりやすい言葉で大雑把に把握できる。


まだ読んでない人はぜひ一読を。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 22:30:00 ID:XJlEHvW80

国のために尊い命を捧げた人たちの霊魂に尊崇の念を抱くのは当たり前。

彼らは神となり、今の日本の繁栄を守護しています。

靖国神社参拝を継続した小泉総理によって、英霊の加護の大切さが分かったような気がする。



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 01:23:23 ID:nBB5GKof0
なんで靖国じゃなきゃいけないん?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 10:38:23 ID:cW2t9wM5O
なんで靖国じゃいけないん?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 14:08:06 ID:0PvyySW40
中韓ともに次期戦争で特攻やられちゃ、かなわんもんなぁ

「敵大勢なればとて、戦で逃げる様やある。
  いつのために惜しむべき命。返せや物ども・・・」

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 01:04:19 ID:hPAS47RG0
米大統領、訪日時に靖国参拝を検討…野田氏が明かす
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060425i212.htm
 大統領は、実際には明治神宮を参拝したが、野田氏は、「A級戦犯が合祀(ごうし)されている
靖国神社を参拝すれば、(米国の)大統領が東京裁判を否定することになる。
だから代わりに明治神宮に参拝することになった」と語った。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 02:54:01 ID:mrESdTH50
>A級戦犯が合祀(ごうし)されている
>靖国神社を参拝すれば、(米国の)大統領が東京裁判を否定することになる。

何でこんな理論になるのかが分からん・・・

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 05:39:33 ID:DWN0P0fJ0
米国は極悪ヒロヒト&愉快な兵隊達を粉砕するために、多くの兵士を太平洋で死なせた。
その米国大統領が靖国に参ったら、自国の戦死者を冒涜する事になる。

米国側は靖国の正体を隠してオッチョコチョイのブッシュを参拝させようとした日本側の策謀にひっかかりそうになった訳だが、こうした日本側の行動が米国に警戒感を抱かせている。
リアルポチの小沢がわざわざ靖国問題解決策をちらつかせているのもこのため。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 11:56:19 ID:mrESdTH50
>その米国大統領が靖国に参ったら、自国の戦死者を冒涜する事になる。

ならないだろ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 21:42:41 ID:DWN0P0fJ0
↑バカ?w

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 23:05:03 ID:hPAS47RG0
>>63
>何でこんな理論になるのかが分からん・・・

>>65
>ならないだろ

お前らが不平不満を抱いたところでホワイトハウスの判断が覆ったりはしない。
彼らは、日本を東アジアで孤立させ、対米従属を続けざるをえなくさせるための
装置としての靖国には一定の利用価値を認めているようだが、
その効果をもたらしている靖国の宗教的狂信に基づく政治的主張そのものは、
第2次大戦におけるアメリカの大義を真っ向から否定するものであるのだから、
アメリカ政府がこれに同意することは決してありえない、という事だな。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 23:40:10 ID:ELS7Wzcq0
靖国神社に参拝しただけで「狂信者」扱いするのはどこかの国の共産党政権
と同じだな。

因みに、戦没者の慰霊施設に政治指導者が参列・参拝することは、どこの国で
も行われているあたりまえのことであり、穿った見方をする余地の無いものだ。

そして、これは日本国内の問題であって、外交問題とリンクさせる性質のもの
でもない。諸外国の首脳が「中国の主張がおかしい」と思うのは、至極当然だ
ろう。ブッシュに参拝しても喜ぶ人がいるとも思えない。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 23:55:05 ID:mrESdTH50
靖国参拝することが東京裁判の否定になるんだね。
ID:hPAS47RG0
ID:DWN0P0fJ0
馬鹿だろお前ら。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 00:14:07 ID:YdBqNOJR0
A級戦犯とされた人々も、大日本帝国の存亡をかけて自衛戦争に踏み切ったわけだ。
彼らも、国のために精一杯戦い敗れたのだ。先帝陛下の終戦の詔を見れば明らか
なことである。彼らが靖国神社に祭られるのは当然といえる。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 01:27:34 ID:gqxB7FwV0
>>68
>戦没者の慰霊施設に政治指導者が参列・参拝することは、
>どこの国でも行われているあたりまえのことであり、

にもかかわらずブッシュは靖国参拝を避けたという事が、
靖国が世界の常識に反する異常な施設である事を示している。

>>69
>靖国参拝することが東京裁判の否定になる

そう判断したのはホワイトハウスなので文句はそちらへどうぞw

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 02:31:27 ID:Hetcvx3L0
>>71
お前の世界はアメリカ、しかもブッシュだけかよ
しかも参拝をしなかっただけで異常な施設と断言するか普通?

>靖国参拝することが東京裁判の否定になる
ホワイトハウスはそう考え参拝を避ける決断をしたようだけど、
世界の軍人達はそうは思ってないみたいだね
特にアメリカの軍人さんが。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 05:36:19 ID:CEX+OUvi0
↑日本駐留の米軍人達が靖国の正体を知らずに“国営戦没者追悼施設”と騙されて参拝していた件ですねw

昔から日本人はこういうウソが得意だからね、某三国と並んでw

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 09:56:35 ID:7ZJvqZe60
>>71
それが私的な一宗教団体が勝手にやっているものであるなら、当たり前ではありませんよ。
靖国神社は私的な宗教団体であり、その祭祀は私的な信仰の表明でしかありません。
極論すれば、アレフ(旧オウム真理教)が勝手に戦死者にホーリーネームを与えて、慰霊碑
を建てたとしたら、それと靖国神社は同列の存在なのです。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 23:16:59 ID:YdBqNOJR0
>>74
靖国神社の歴史を全く知らない無知な人が、何度も同じ主張を繰り返している。

靖国神社の御祭神は、全国都道府県が厚生省の通達に従って選考し、それに従って、
御祭神名票が靖国神社に送られ合祀される。このような、法律にのっとった
官民一体の共同作業によって合祀は行われた訳だ。この板では常識だ。

靖国=カルトではなく、極左暴力集団=カルトなんだよ(笑)


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 23:20:08 ID:YdBqNOJR0
>>73
アメリカの軍人はお前が思っているほど馬鹿ではない。
因みに靖国神社にはダライラマも参拝しているぞ。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 23:31:44 ID:YdBqNOJR0
>>72
ブッシュの靖国神社参拝に反対したのは小泉総理だという説がある。もしそうなら、
理由は分からないが、ブッシュを政治的に利用したくなかったとも思える。

中国の胡錦濤はブッシュを利用して靖国神社参拝圧力をかけようとしたが、
小泉の意向をくんで、ブッシュは米中会談で靖国神社に全く触れなかった。

小泉とブッシュの友情は本物かもよ。ザマアミロ胡錦濤め!

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 23:39:32 ID:esTKJqRr0
>>74
>極論すれば、アレフ(旧オウム真理教)が勝手に戦死者にホーリーネームを与えて、慰霊碑
>を建てたとしたら、それと靖国神社は同列の存在なのです。

オウムがそういうことをやるのは自由だけど、歴史的経緯が違うから靖国と同列にはならないだろ。
靖国で会おうといって散っていった若者は数多いが、麻原マンセー!といって死んだ奴は皆無だ。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 23:51:43 ID:yHkWwTDU0
戦時中でもこういう感覚を持つ人はいたんだね


清沢洌『暗黒日記』

昭和十九年七月二十二日(土)
  源川栄二君の話  先頃、滋賀県の親戚で、ひとり息子を兵隊として失った家を見舞いに行った。
 靖国神社に祀られて光栄でしょう、と言ったら、そこの主婦がムキになって、「大切な子供を失った
 ものが靖国神社に行くと、乞食のように白砂利の上に坐らせられ、いつまでも頭を下げさせられる。
 そんなバカなところへ行くものですか」と、ひどい見幕だった。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 23:59:14 ID:YdBqNOJR0
日本遺族会は、戦没者遺族の処遇改善だけでなく、英霊顕彰事業として首相・閣僚の
靖国神社参拝の推進、遺骨収集への会員派遣、戦跡巡拝の実施のほか、国内および
海外戦域での社会奉仕活動にも積極的に取り組んでいます。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 00:04:59 ID:77d2TC/A0
元桜花隊分隊長H大尉
 「(※特攻隊慰霊祭においての)生存者代表の祭文に、『東京裁判史観に惑わ
 されて国がおかしくなってしまった』というような文言が散見される。日本遺
 族会や靖国神社も『侵略戦争だなんて言うのは、戦没者の霊を冒涜するものだ。
 大東亜戦争は自存自衛の戦争である』とキャンペーンを張っている。
  特攻隊にかぎらず、戦没者の大部分は、上からの命令に従い、祖国民族のた
 めと思って戦ったので、侵略戦争問題には関係がない。
  侵略戦争問題は、為政者や権力者の行為に対して論じるべきだ。
  為政者や権力者の行為と、大部分の戦没者の行為をまぜこぜにして、戦没者
 の名を借りて、為政者や権力者の侵略行為を覆い隠そうとするならば、それこ
 そ戦没者に対する冒涜である。
  元特攻隊員の私とすれば、特攻隊の名を借りて、そういうことをされるのは、
 ぜったいに許せない。生理的嫌悪感というか、腸(はらわた)が煮えくりかえ
 る思いである」

 (生出寿『一筆啓上 瀬島中佐殿』)


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 00:14:04 ID:yXp/6WoF0
愛児に遺す言葉

陸軍憲兵軍曹 上田 貢 命
第十四方面軍憲兵隊 昭和二十一年六月六日 フィリピンにて法務死
石川県出身 三十二歳

昭和二十一年四月二十八日

恵子が物心つく様になったら次の事をよく教えて呉れ給へ。

(一)恵子の父さんは国に殉じた立派な人であった事。

(二)恵子の母さんも祖父母さんも共に立派な人で、父さん無き後は、祖父母・母さん
達の云はれる事を良く守って、勉強して立派な日本女性となる事。

(三)父さんは何時も恵子と一緒に居るのだから、少しも淋しがらずに素直に生長する事。

 以上を未だ見ざる我子に遺して行く。良く教へ導いて呉れ給へ。
 見ざる子故に、尚さら瞼にはっきりと恵子の生長した姿が映じて来る。素直に生きよ。


83 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/04/28(金) 00:16:09 ID:zOniTySI0
通過する。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 01:33:23 ID:X+5Wa7SB0
>>72
>お前の世界はアメリカ、しかもブッシュだけかよ

そうだよな。アメリカだけが世界だと思っちゃいけないよな。
そういうわけだから君も靖国に関しては朝鮮や中国の声にも耳を傾けようw

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 05:29:43 ID:1sYatQv70
>>77“小泉とブッシュの友情は本物かも”

それが日本にとって良い事とは到底思えんがねw

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 05:45:54 ID:1sYatQv70
>>78 “歴史的経緯が違うから靖国と同列にはならない”

Ωは10年程で自壊したが、靖国は80年近く国営の神社として存在し続けたというだけの違い。
80年に渡って国が国民を洗脳し続けたのだから、その呪縛は強烈だw

幸運にも戦後まで生き残って洗脳が解けた人達の方が圧倒的に多いが、いまだに解けずにいる哀れな人達が狂信的な活動をいまだに続けている。

結構な歴史がある層化や北朝鮮にも、大ちゃんや将軍様のために喜んで死ねるよう洗脳された人間がいくらでもいるが、一般人からみれば只の基地外にしか見えない。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 09:32:57 ID:82U/7Zye0
>>74
>全国都道府県が厚生省の通達に従って選考し
違うよ。選考などしていない。靖国の定めた祭祀基準に該当する戦死者のリストを、
靖国の照会に応じて渡しているだけ。単なる行政サービス。
通達と言うのも、靖国の照会に応じろと言うもので、選考しろなど通達されてない。

合祀は靖国の判断によってなされている。合祀基準を決めたのも靖国だし、名簿に
あっても実際に合祀するか否かは靖国の判断による。現にA級戦犯は名簿が渡され
てから長期間(うろ覚えだが10年くらいだったか?)合祀されずにいた。

>法律にのっとった
合祀をさせるような法律は存在しませんよ。戦死者の合祀は私的宗教法人靖国神社の
私的な宗教行為であり、公的なものではありません。

>官民一体の共同作業
私的宗教団体のくせに公的なものに見せかけようとする靖国のプロパガンダです。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 09:39:35 ID:82U/7Zye0
>>78
>歴史的経緯
公営慰霊顕彰施設としての靖国神社は国家神道の解体とともに消滅しました。
現在あるのは、戦前の国営靖国神社を(その祭祀を)継承していると自称している
だけの、私的宗教団体です。あなたがおそらく言わんとする歴史的経緯は、
現在の靖国神社には存在しません。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 10:13:55 ID:h2y6pKJO0
おかしな話だ。
何故、靖国へ参拝することが問題になる?
どんな神様を奉ろうがその宗教団体の自由だろ。
そこに参拝するのも個人の自由だ。
何の問題もない。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 13:17:20 ID:82U/7Zye0
>>89
>そこに参拝するのも個人の自由だ。
私人の立場を明確にせず、公式参拝あるいは公式参拝を匂わせるような
真似をするから問題になる。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 14:42:08 ID:h2y6pKJO0
>>90
なるほど。
たぶん、小泉のことを言ってるんだろうが、確かに小泉が参拝したのは問題になったな。
政府の公式見解では総理の靖国参拝は私的参拝で何一つ問題はないとの姿勢だが、
確かどっかの裁判所で違憲判決がでてたね。
小泉や国民がどんなに不満に思おうが、その判決には従わなくてはならないんだよね。
小泉や他の政治家達がこれからも靖国を参拝するなら、公式参拝だと思われるような行動を取らない必要があるのは確かだ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 23:03:02 ID:yXp/6WoF0
>>87 >>88 ID:82U/7Zye0
>「戦前の国営靖国神社を(その祭祀を)継承していると自称しているだけの、私的宗教団体」

に対して、何で国がわざわざ通達まで出して合祀協力の行政サービスを行うんだ?

自己矛盾するようなことを平気で言うから左翼は幼稚って言われるんだよ


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 23:09:57 ID:kl4WRe8q0
>>88
法的な位置づけが変わっているだけで、靖国の教義が変わっていないから
戦前も戦後も宗教としての同一性は保っているだろう。


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 23:22:01 ID:yXp/6WoF0
靖国神社のHPを見ると「彪大な数になる支那事変や大東亜戦争の戦没者を選考するなど、
民間の宗教法人となった靖国神社には到底不可能なことです」

「厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」という通達を出して、
都道府県が御祭神の選考を行うこととなった。」

と書いてある。別に、ここで嘘をつく必要はないよな。嘘をついても証拠を突き付けら
れたらすぐばれるし。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 23:25:51 ID:yXp/6WoF0
靖国神社のHPを見ると、「(御祭神の)選考の基準にはきちんとした法的根拠が
なければならない。そこで、「戦傷病者戦没者遺族等援護法」と「恩給法」のいずれかに
該当する、という基準を立てた。 」とあるな。「立てた」のが誰か書いていないが。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 23:33:32 ID:yXp/6WoF0
靖国神社のHPを見ると、「国会が行った恩給法や援護法の改正に従って、その対象とされた戦犯
の方々を、厚生省と都道府県が協力して「祭神名票」として靖国神社に送り、靖国神社はそれによって
合祀した。」「いわば、官民一体の共同作業によって合祀されたわけです。」とあるな。「いわば」は
単なる「たとえ」だから、プロパガンダと呼ぶべきものではないな。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 00:31:18 ID:aabIBSww0
>>91
違憲「判決」などでてないよ、
でたのは、国側を勝訴としたが、
参拝は政教分離に抵触する恐れがあるという、その裁判官の「個人的な見解」だけ。
だから無視してもぜんぜん問題ありません。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 00:59:11 ID:3r5ghCWA0
おかしなことを言って靖国神社を貶める人が存在するけれど、目的が分からない。

南京事件、慰安婦問題、教科書問題と同じく、単なる金づるなのか?


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 03:01:32 ID:lfbeYhSB0
>>97
調べてみたら「違憲判断」だったね
「違憲判決」は出てないのを確認

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 11:42:02 ID:H29KAY4h0
>>97
判決文に「個人的な見解」というものは無い。
傍論のことを言ってるんだろうけど、傍論は「個人的な見解」じゃない。
判決理由と同様に効力のある裁判所の法廷意見だよ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 13:09:56 ID:lfbeYhSB0
>>100
>判決理由と同様に効力のある裁判所の法廷意見だよ。

これはちろん法的な拘束力があるって言ってるんだよな?
傍論には法的な拘束力はないよ
妄想は自分の脳内だけにしておけよ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 13:21:27 ID:H29KAY4h0
>>101
>これはちろん法的な拘束力があるって言ってるんだよな?
違います。
法的な拘束力って何の事を指してるの?
意味も分からずいってるんだろうけど、
そもそも日本の司法制度は差し戻し審を除けば判例拘束力は認められていない。
上で言ったのは傍論であろうとも判決文内に書かれている以上、
判決主文、理由と同様の効力が認められるということ。

靖国の件で言えば、小泉の参拝が違憲である、というという判断を「裁判所」
が下したわけだ。
付随的違憲審査制を採用している日本では、「違憲判決」といっても差し支えないわけだね。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 13:55:11 ID:lfbeYhSB0
>傍論であろうとも判決文内に書かれている以上、
>判決主文、理由と同様の効力が認められるということ。

少しは法律勉強してこいよ馬鹿('A`)

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 13:58:31 ID:6fOyg/jN0
とりあえず、ID:lfbeYhSB0は法律談義がしたいんだったら
英米法と大陸法の違いくらいは勉強してから出直して来いと。

そして、次にID:lfbeYhSB0は、「なんで日本の法律に外国が関係あるんだよ」と言う!

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 19:07:40 ID:APbM5vte0
何の関係もないのに英米法と大陸法の違いを聞きかじり程度の理解で持ち出す>>104が一番無知なようてつねw

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 19:41:21 ID:H29KAY4h0
日本の法源は成文法としての性質を持つ大陸法を採用している。
判例拘束力という概念が有効なのは慣習法、判例法の性質を持つ英米法だね。
>>104が言ってるのは日本の法体系において英米法の概念(判例拘束力)を
持ち出してくるのはおかしい、聞きかじりが知ったかぶりしてんじゃねーよ(プゲラ
ということで、この話の流れで大陸法と英米法の違いが全く関係ない
というのはそっちのほうが無知だと思う。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 09:23:44 ID:PtKDHaB70
法源といえば福永w

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 14:59:15 ID:PtKDHaB70
↑本当の犠牲者である民間人の戦災者を慰霊しない神社など無用の長物。

つか、神社って慰霊が目的じゃなくて、封印が本業だったな、失敬 失敬w

109 :ふざけるな小沢一郎!ふざけるな中国!:2006/04/30(日) 15:43:03 ID:Pq7eN5wZ0
現在、日本・中国で続発する残虐犯罪は靖国英霊という侵略強盗殺人犯の「戦後社会による放置」が原因である。
家族のために故郷のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。
靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が免罪されると本当に思っているのか。
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある。
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 23:02:56 ID:iFU/1PTZ0
>>109は軍隊を持っていない国を探した方がいいんじゃないか?


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 23:04:40 ID:iFU/1PTZ0
>>108はアメリカの空爆や原爆を非難するべきなんじゃないか?


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 23:11:11 ID:iFU/1PTZ0
>>107は靖国違憲説があっさり論破されたのをボケでごまかそうとしたが
完全に黙殺されたような気がして、思わず自分で突っ込んでしまった気の
弱いエセ左翼君なのであろう。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 00:28:47 ID:UT8XRMwp0
>>102
>上で言ったのは傍論であろうとも判決文内に書かれている以上、
>判決主文、理由と同様の効力が認められるということ。

んなわけねーだろ。
傍論の意味から調べなおしたほうがいいぞ。


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 05:56:44 ID:VuA5NgWL0
↑完全に黙殺されてまつねw

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 06:26:33 ID:D9W6nb4V0
263 名前:朝まで名無しさん 投稿日:2006/04/30(日) 21:03:21 ID:A9WQd8CZ
ttp://d.hatena.ne.jp/index_home/20060317
盧大統領「遊就館」視察の意向=靖国に併設、首相参拝をけん制−福田氏らと会談(リンク切れ)
いろんなかたが公式参拝して何が悪いといきまく神社の資料館。
そこを視察したいとの言葉を「牽制」と捉えて通じる皆様。
当然ながら遊就館に対する認識のほどがわかるというものでありまして。
(中略)
大いに見せてあげましょうよ。日本の国政の代表たる方々が
さまざまな反対を押し切ってまで頭をさげて拝む神様のお宝を。
これがあるから国立の慰霊施設など必要ないと言い切る神様の思想を、
本質を、知っていただくにはちょうどいい機会ではありませんか。

265 名前:朝まで名無しさん 投稿日:2006/05/01(月) 00:26:09 ID:pQAfYwl3
遊就館は単なる兵器の陳列施設ではない。
第2次大戦における敗戦国である日本の意図と行為を正当化しようという、
現在まで続く戦勝国主導の世界秩序に真っ向から歯向かう主張を掲げる、
きわめて強烈な政治的目的を有する施設である。
これは実際に観覧さえすれば誰の目にも明らかな事実であり、
靖国神社が、日本の世界からの信頼低下をもたらし、
日本の国益を損なう存在である事が容易に理解される。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 07:42:18 ID:Myn1MC4u0
「傍論は裁判官の独り言」みたいな珍説がまかり通ってるのもこの板ならではだね。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 12:54:16 ID:xj6cATnF0
>>93
国家神道の目的は国体護持であり、戦死者の慰霊顕彰は手段でしかない。
現在の靖国の目的は戦死者の慰霊顕彰だ。(少なくとも表向きは)
教義は変わっていると思うが。
つーか教義が変わってなければ靖国は国家神道という事になってしまうだろ?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 16:43:45 ID:17EpFevC0
日本は戦争に負けて良かった!
戦争犠牲者の死を無駄にしないようにしましょう!
平和の尊さを学ぼう!


吾等(アメリカを始めとする連合国のことです。)ハ無責任ナル軍国主義ガ世界ヨリ駆逐セラルルニ至ル迄ハ平和、
安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ、
日本国国民ヲ欺瞞(ぎまん)シ之ヲシテ世界征服ノ挙ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ

吾等ハ日本人ヲ民族トシテ奴隷化セントシ、
又ハ国民トシテ滅亡セシメントスルノ意図ヲ有スルモノニ非ザルモ、
吾等ノ俘虜(ふりょ)ヲ虐待セル者ヲ含ム一切ノ戦争犯罪人ニ対シテハ厳重ナル処罰ヲ加ヘラルベシ。
日本国政府ハ日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活強化ニ対スル一切ノ障礙ヲ除去スベシ。
言論、宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルベシ

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 22:21:00 ID:4LzrAqn+0
>>117
総論と各論をごっちゃにしている。よく整理してかんがえてくれ

>>118
靖国神社は軍国主義回帰を目指す政治団体ではなく、英霊を慰霊・顕彰する宗教施設
だろ。靖国神社に参拝することは軍国主義回帰をめざすものではない。

だいたい、今の金満日本が侵略戦争など起こすはずもない。
むしろ、不気味な軍拡と反日愛国教育を続け、貧富の差の激しい中国が日本に侵略して
くる可能性はないか?


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 02:31:55 ID:Gd890XNA0
靖国は恩給利権の巣窟だろうな。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 07:23:31 ID:A4WIGRJH0
“今の金満日本”

いまどきこんな認識の人がいるとはねw

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 22:13:13 ID:vv7GjCTm0
>>120
太平洋戦争戦没者慰霊事業の独占企業ですな。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 06:32:09 ID:oxTCNHhz0
>>119 “靖国神社に参拝することは軍国主義回帰をめざすものではない”などと言っておきながら、ありもしない中国の日本侵略リスクを持ち出して日本の再軍国化を目指す本音を隠そうともしませんねw
この手の人達は中国の軍拡なんてのは口実でしかなく、危機感を煽って軍国化を推進する事。
単なる英霊の政治的利用に過ぎませんので、戦没者の慰霊には最も相応しくない行為です。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 00:40:45 ID:G8o3Ze+x0
>>123
今の日本が持とうと目指しているのは、国土防衛のための軍事力であり、国際平和維持
活動のための軍事力だろう。どこの国でも当たり前に持っている軍事力を日本が持とうと
すると、なぜか軍国主義回帰という印象操作を行い論点をずらす輩がいる。

こいつらの頭の中がどういう回路で組み立てられているのか一度見てみたい。


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 00:42:08 ID:G8o3Ze+x0
>>122 
靖国神社の歴史を何も知らないんだね。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 00:43:42 ID:l8svpXPuO
>>123プロ市民必死だな

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 00:58:21 ID:G8o3Ze+x0
>>127 中国が絶対に日本を侵略しないという保証があれば苦労しないんだよ。あるなら見せてみな。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 01:15:15 ID:o9K3Bv1x0
>>119
>靖国神社は〜英霊を慰霊・顕彰する宗教施設だろ。

靖国が単なる戦没者の慰霊施設なら、問題のこじれも少なかったろうね

空襲に被災した市民とかは祀らないし
軍属でも病死者は「特旨」と記され祀る時期をズラされる扱い

つまり天皇のために銃弾に倒れた者を、神として賛美する施設
併設博物館を見れば、鳥羽伏見以降の戦いは全て天皇側が正しいという歴史観が分かる
幕府に殉じた会津兵などは逆賊扱い

そういう施設


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 01:53:25 ID:G8o3Ze+x0
>>128 靖国神社の御創建の聖旨に基づくと自然にそうなる。御祭神はあくまで国事殉難者。
   従って、乃木大将や東郷元帥も祭られていない。
   旧幕臣の戦死者のためには、本殿と別に鎮霊社が建てられている。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 02:19:04 ID:G8o3Ze+x0
山崎拓が「次期総理は靖国神社に参拝しない」と韓国で言い放った。
中国の犬め。次期総理はお前かよ?プライドの無い奴に総理は務まらないぞ。
安倍総理が誕生すればホエヅラかくぞ。



131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 03:17:58 ID:lNPsBAJ+0
>>130
彼は女性スキャンダルでどちらにしろ総理への道は既に閉ざされてるだろ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 03:39:31 ID:EqMCfW5G0
いちお記事では「首相の靖国参拝問題はポスト小泉で必ず解決されるだろう」と言った事になってるらしいな
どっちとも取れる発言だが、靖国の問題はあくまで国内の問題だと理解してないなコイツは。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 06:27:32 ID:eUgS8dQ00
>127
>中国が絶対に日本を侵略しないという保証があれば苦労しない

同様に、日本が今後何らかの状況・条件の変化によって再び中国を侵略するようには絶対ならない、
という保証もあり得ないわけだ。
逆に言えば、そのような、他国に侵略される状況も他国を侵略する(ために自国民を動員する)状況も
決してもたらさないように努めるのが良心的かつ理性ある政治の責任というものだ。

>132
>靖国の問題はあくまで国内の問題

このグローバリゼーションの21世紀に、国内問題などというものはすでに存在しないんだよ。
特に、戦争と絶対に切り離せない存在である靖国神社が外交での争点になるのは当然であり、
そこで耳目をふさいで自分にだけ都合の良い夢を見ているのは単なる愚者の振る舞いにすぎない。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 09:09:29 ID:P4/diIoI0
>>124 “どこの国でも当たり前に持っている軍事力”

世界第3位の軍事費を費やしている国なんて、全然当たり前じゃないだろw
そんなに軍備拡張してどうするんだよ、日本国民の皆さん?
日本の場合、前歴があるから近隣諸国はそれに合わせて軍拡しなきゃならない。
日本が軍備を大幅縮小してくれれば、みんな余計な金を使わないで済むんだがね。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 13:23:41 ID:EqMCfW5G0
>>133
>このグローバリゼーションの21世紀に、国内問題などというものはすでに存在しないんだよ
話にならない。

>>134
馬鹿過ぎの上にスレ違い。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 14:17:26 ID:eUgS8dQ00
具体的に何がどのように「話にならな」くて「馬鹿過ぎ」なのかは決して語らない印象操作乙。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 14:34:45 ID:o9K3Bv1x0
日本の軍事費が高いと言っても

・人件費が高い
・兵器を大量生産しないので、一台あたりのコストが激高
・アメリカ等に多額のライセンス料

とかで軍事費に見合う戦力があるわけではない
それに外国を直接脅かす対地ミサイルや大型爆撃機なども無い
あくまで防衛用の戦力

日本の軍事費が怖いから軍拡なんて相手の低レベルな言い訳にしかならない


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 16:09:21 ID:EqMCfW5G0
>>136
そうだな、よく考えれば靖国参拝問題は国内問題じゃないな。
話にならないってのは取り消すよ。
特定アジアによる内政干渉なんだから、立派な国際問題だよな

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 17:22:38 ID:P4/diIoI0
“内政干渉”とは言っても、日本は国連に“旧敵国”として参加を認められた国だからね。
いわば仮釈放後も監察下にある犯罪人と同じ。

その国が額面だけとはいえ世界第3位の軍事費を毎年更新し、旧戦勝国の一国である米国と組んで自国防衛の範疇を超える海軍力を維持している現実は、かつての被害者である近隣国から見れば非常に不気味だ。

しかも、現小泉政権になってから対外軍事活動に積極的に参加し始め、同時に靖国にも異常なこだわりを見せ始めた。

これを仔細に観察している近隣諸国から見れば、日本に対して行動の是正を求めるのは当然の事だ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 18:52:12 ID:P4/diIoI0
靖国カルト信者って夜中にならないと活動しないのねw
不健康な生活じゃ有事の際の役には立ちませぬよww

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 01:11:33 ID:zKgmkApF0
>>139
近隣諸国とは具体的にどの国だ?相変わらず漠然とした言葉で印象操作かい?

中国は、日本の国際平和維持活動への自衛隊参加に関しては、全く強硬姿勢を見せていませんが?
自衛隊のイラク派遣に関しては「派遣するなら首脳会談を行わない」などとも言っていない。
核兵器を持っているんだから、日本のちゃちな防衛力に「脅威」を感じるはずも無い。

日本の軍事費と靖国問題をごっちゃにする神経が全くおかしいんだけど、中国が靖国神社にこだわる
のはメンツの問題以外の何物でもない。首相が靖国に参拝しても中国は何の損もしないのだ。

幼稚なネット左翼にはごく簡単な分析もできないようだ。




142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 01:17:16 ID:zKgmkApF0
>>140
カルトの定義を知っていて言っているのか?
カルトっていうのは、例えば、オウムや極左暴力集団のことを言うんだよ。

日本共産党もカルトのような気がする。社民党はただの中国の犬。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 01:31:06 ID:LRSTc4no0
カルト右翼→天皇を妄信
カルト左翼→共産思想を妄信

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 01:31:44 ID:zKgmkApF0
>>133
地球市民っていうのは、要するに理想に憧れるただの馬鹿なんだな。

核抑止力が最重要視される時代に、丸腰に近い日本が中国を侵略するとはねぇ。余程のキチガイでもここ
までは言うまいよ。

中国人の中には「日本を併合できる」と思っている奴がいるのに、脳天気な奴がいたものだ・・・・

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 01:40:19 ID:zKgmkApF0

小泉総理は公約通り8/15に靖国神社に参拝するだろう。当然のことだ。
靖国神社に祭られている御霊は、国の為に尊い命を犠牲にしたのだ。
その忠義の志に尊崇の念を抱くのは、現代に生きる日本人にとって
ごくごく当たり前のことだと思われる。


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 03:32:34 ID:lKRCJZlh0
>>144
> 核抑止力が最重要視される時代に、丸腰に近い日本が中国を侵略するとはねぇ。

>133が「今後何らかの状況・条件の変化によって」と書いてあるのは目に入らなかった?
同様に、日本がアメリカの核抑止力体制に完全に組み込まれている現状が続く限りは、
中国の日本侵略が現実にありうると主張するのも「余程のキチガイ」の言い分だとしか言えない。
まぁ、「日本を併合できると思っている中国人」云々というのは、中国にも日本と同様に
現実から目を背けて自分にだけ気持ちいい夢を見続けているネット右翼がいるというだけの話だけどね。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 03:50:26 ID:JBsT72Eo0
話がずれてる
スレタイを声に出して読め

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 08:59:04 ID:NXwAwkLm0
>>141 “首相が靖国に参拝しても中国は何の損もしない”

そりゃそうさw ちょっとおかしくなってる小泉首相が靖国に参拝して損するのは日本。
戦後60年かけて構築して来た“平和国家ニッポン”というイメージを自ら崩壊させるだけだからな。
中韓米にしてみりゃ、日本がここらへんで馬脚を顕してくれた方が、今後の自国の政策にも利用し易い。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 10:44:37 ID:ZLRP0OiW0
小泉首相が靖国に参拝するたびに一緒に取り上げられるのが遊就館。
この侵略戦争に対する一遍の反省も、犠牲となった自国民への謝罪もなく、延々と自らの正当性だけを主張する異様な施設は、訪れた外国人のみならず日本人の多くにも極度の不快感を与える。

結局、靖国に参拝するという事は、この遊就館の歴史認識を肯定する行為と見なさざるを得ない。
つまり、日本国を代表する小泉首相は、口先だけで平和祈念などと糊塗しながら、本心では過去の侵略戦争を輝かしい日本のあゆみとして賛美しているのである。

このような恥さらしが日本国の代表である事自体が嘆かわしい。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:34:26 ID:vfmAFem20
>>149
東條英機は「大東亜戦争は自衛のための戦争」と極東軍事裁判で供述している。なにより、

昭和天皇の終戦の詔にも「自存の戦争のための戦争であって」「侵略の意図は全く無い」
とある。マッカーサーの議会証言にも「大東亜戦争は自衛戦争」との言葉がある。

当時は、大東亜戦争は自衛戦争であった、というのが常識。現代の価値観は通用しない。
遊就館はそういう時世を再現した軍事博物館だから展示内容はあれで全然構わない。

「遊就館が侵略戦争を賛美している」とは感じ方は個人の自由だが、俺はそうは思わない。
従って、靖国参拝=侵略戦争賛美という三段論法は成り立たないと俺は思う。



151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:34:48 ID:S8a+W3UW0
遊就館は客観的な展示をしてると思う。もっと偏向した展示をしてもいいはずなのに気を使ってるんだと思います。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:37:17 ID:vfmAFem20
>>150訂正 自存の戦争のための戦争→自存ための戦争

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:40:41 ID:ZLRP0OiW0
“遊就館はそういう時世を再現した軍事博物館だから展示内容はあれで全然構わない”

今は昭和何年?w
現代じゃ通用しない史観(それも5年程度で日本中が捨て去った)にいまだに執着するるのは何故?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:47:46 ID:vfmAFem20
>>152訂正 自存ための戦争→自存のための戦争。

>>148 小泉総理の治世で、国際社会における日本の存在感は極めて高まった。アメリカ
のみならず、西欧でも自衛隊イラク派兵は高く評価された。それ以前、特に湾岸戦争
のときの日本は「チキン野郎」と呼ばれ、世界中で軽蔑された!

平和国家ニッポンはうぬぼれで、世界では臆病者に過ぎなかったのだよ。分かったか在日。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:48:30 ID:ZLRP0OiW0
昭和天皇の終戦の詔にも「自存の戦争のための戦争であって」「侵略の意図は全く無い」 とある。

終戦の詔ですか?
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/syuusenosyou.htm

マッカーサーの議会証言も最近良く聞くが、発言の経緯も含めたソースはあるの?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:51:33 ID:ZLRP0OiW0
>>154 “小泉総理の治世で、国際社会における日本の存在感は極めて高まった”

確かに高まったよ。 石油利権分捕り強盗団の一員に成り下がった日本の名声がなw
常任理事国入りもイラク派兵前なら、欧州の支持が多少得られたかもしれんが、もう_だ罠...

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:53:18 ID:Ct8Yan+t0
>>156
そういう場合は名声とは言わんよw

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:53:29 ID:ZLRP0OiW0
“西欧でも自衛隊イラク派兵は高く評価された”

具体的にどこの西欧が高く評価したんだ?
少なくとも共犯の米英以外は無視または批判的スタンスだったがね?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:53:36 ID:vfmAFem20
>>153
博物館の展示内容が歴史観に左右されてはならない。歴史観に左右された時点で
博物館の展示内容は政治宣伝になってしまう。

中国・韓国の抗日記念博物館をみれば明らかだ。捏造で満ち溢れている。
そして、この捏造は現代の歴史観で築かれたものなのだ!




160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:53:44 ID:qT1a03Tg0
>>150
>昭和天皇の終戦の詔にも「侵略の意図は全く無い」 とある。

「侵略しようとしたら失敗しました」なんて言うわけ無いだろw

欧米との貿易に頼りながら、ヨーロッパのゴタゴタに乗じ
ナチスと組み、南方に進出しようとしたら経済封鎖された
馬鹿戦略の結果

しかも南進の危険性は、事前の調査で認識済み

遊就館はそれらの馬鹿戦略も全て肯定的に捉えてる
そして正しい日本と悪辣な欧米中との単細胞歴史観

靖国参拝する小泉総理だって、遊就館の歴史観なんかに賛同してないよw


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:54:11 ID:ZLRP0OiW0
>>157 そうだ“悪名”と言うんだったね。失敬失敬w

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:55:59 ID:ZLRP0OiW0
>>159 “博物館の展示内容が歴史観に左右されてはならない”

あのー遊就館はどう見ても中立的とは言えませんが?w
しかも元強盗犯の居直り/言い訳の満載なんですが、如何でしょうか??

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:56:34 ID:qT1a03Tg0
>>159
>歴史観に左右された時点で
>博物館の展示内容は政治宣伝になってしまう。

だったら靖国の遊就館にも、もう少し批判的になれよな


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:57:47 ID:ZLRP0OiW0
>>160 “靖国参拝する小泉総理だって、遊就館の歴史観なんかに賛同してないよ”

あの人、最近ちょっと変だから、信じちゃってる可能性大だよw
少なくとも安倍&麻生は信じちゃってるな、マンガ脳だしww

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:59:49 ID:ZLRP0OiW0
なにはともあれ、イラクの自衛隊には無事に戻って来てもらいたいものだ。

あんなドジ強盗の仲間だと思われて、あげく殺されて靖国入りじゃ眼も当てられんよ...

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:03:44 ID:vfmAFem20
終戦の詔ならこっちの方が分かりやすい。原文+現代語訳付き。

ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/4669/daitoua0815.html

>>160 戦時中は敵国を罵倒するのが当たり前。小泉総理の胸の中は小泉総理しか
分からないはずだがね?あと、大切なのは、子孫である我々は当時の状況を分析する
ことは出来ても、当時の状況に身をおいていない以上感情的な罵倒はできないはずだ。
君も当時の状況に身をおいたら近衛首相と同じ判断を下したかもしれないよ。





167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:04:04 ID:ZLRP0OiW0
>>154 “平和国家ニッポンはうぬぼれで、世界では臆病者に過ぎなかったのだよ”

自国とは無縁の戦闘に兵員を派遣するのが勇気だと信じるなら仕方ないが、そんなのは韓国や中国ですらやったありふれた事。
そんな事より戦費の大部分を負担しながら、あえてそれを主張しない奥ゆかしさが日本の良さだったんじゃないのかね?
旦那と丁稚ではそもそも考え方が違うんだよ。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:05:23 ID:ZLRP0OiW0
>>166 近衛ほど悪辣な判断は現代の政治家でも中々下せないだろうよw

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:08:42 ID:vfmAFem20
>>163
戦争博物館は当時を再現していることが大前提だ。現代の歴史観をはさんだら、
抗日記念博物館と同じくらい低レベルのプロパガンダになる。

展示内容を肯定的に見るか否定的に見るかは見る人の判断による。それでいい。


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:10:30 ID:ZLRP0OiW0
>>169 で、馬鹿ニートが遊就館史観に染まって長渕のコンサートへ行く、とw

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:13:18 ID:vfmAFem20
>>167
そんなに旦那ぶっても世界では通用しない。世界では人的貢献が求められているのです。
自衛隊イラク派兵は大英断だった。今後、こういう国際平和維持活動における日本の役割は
ますます重くなっていくでしょう。国連安全保障理事会の常任理事国になりたいなら、
国際平和維持活動に金だけ出すというスタンスでは絶対に駄目だ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:14:39 ID:ZLRP0OiW0
>>169 “戦争博物館は当時を再現していることが大前提”

そんな事はないよ。博物館の機能は歴史上の事象を示す展示物を多用な角度から分析する事。
旧軍の欠片を象徴的に使って、当時のプロパガンダを延長公演する場所は博物館などと呼ばない。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:21:45 ID:ZLRP0OiW0
>>171 “世界では人的貢献が求められているのです”

勿論、日本に求められているのは医療や人道支援であって、無駄な陸自リストラ部隊に超高価な給水活動を行わせる事ではない。

だいたい、海自のインド洋派遣+陸自のイラク派兵が決まったのは英語の間違いと人的貢献の方が安くつくという判断から。
結果として日本はアラブの友人という金では買えない立場を失いかけている。

尚、日本人=アラブの友人という認識が広まったのは、日本赤軍の活動によるもの。
油を買うだけではその他大勢の“お客さん”と同列だったし、アラビア石油の如く嫌われて追い出される場合もある。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:27:02 ID:vfmAFem20
>>172 ちょっと待て。「歴史上の事象を示す展示物を多用な角度から分析する」
のは歴史学者の仕事だ。博物館の仕事じゃない。博物館は展示物を見せるのが仕事で
その展示内容に嘘や捏造や恣意的操作がなければ良い。あとは見る方の判断。

遊就館を見て思うのは、当時はそういう時代だった、ということと、戦争は可能な
限り避けねばならない、ということ。侵略戦争などもってのほかだ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:29:40 ID:ZLRP0OiW0
>>174 “その展示内容に嘘や捏造や恣意的操作がなければ良い”

じゃあ遊就館は失格ですねw
少なくとも侵略戦争などもってのほかだと考えるのなら遊就館の安っぽいプロパガンダは言語道断でしょう。
あれを見せられてはらわたが煮えくり返っても、それを口に出せない遺族の立場からすればね。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:32:59 ID:vfmAFem20
>>173
何者だ? 妄想を書くネット左翼か? 2chに極左暴力集団も入っているか。

前進とコミューンでも読んで寝ろ。


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:36:49 ID:ZLRP0OiW0
↑なんだ“日本人=アラブの友人という認識が広まったのは、日本赤軍の活動によるもの”
っていう本当の事がそんなに気に障ったのか?

連戦連勝のイスラエルを前に手も足も出ず、悶々とした日々を送ってたアラブ人のためにわざわざ極東の島国から多くの若者が志願兵としてやって来て、パレスチナ人と一緒に戦ってるというのはアラブ人大部分の認識だよ。

日本人としてこれを誇りに思わないのはどうかしてるw

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:37:27 ID:vfmAFem20
遊就館うんぬんより、今大切なのは、テロリストを厳重に監視することだ。
アルカイダ、日本共産党、革マル、中核、その他現代の日本の平和を脅かす
テロリスト連中は許せん。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:38:21 ID:qT1a03Tg0
>>174
>戦争は可能な限り避けねばならない、ということ。
>侵略戦争などもってのほかだ。

遊就館は中国戦線拡大派や南進論者を
そのように批判してるか


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:40:11 ID:ZLRP0OiW0
そんなテロリストがアラブの友人という特別な立場を日本にもたらしたんだがね?
国益とは理念や心情を曲げても維持するのが鉄則なんだが、そんな事も知らんのかね?w

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:42:28 ID:vfmAFem20
>>177
日本赤軍は、ハイジャックをしたり、三菱重工ビルを爆破して罪の無い人を殺したり、単なる
ごろつきだよ。旧日本軍とは比べようも無いほど日本に害毒を流している。

だが、日本赤軍は終わった。革命なんて時代遅れなんだよ。早く全員死刑にしようぜ。


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:43:27 ID:ZLRP0OiW0
>>179 そうなると>>169での力説と矛盾するだろう。
当時の日本国民の多くは石油に代表される南方資源獲得のための南進と米国への先制攻撃に諸手を打って喝采を送った。
当時は“そういう雰囲気”だったのに、余計な解釈を遊就館が入れているんじゃ、どうにもならんなw

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:46:04 ID:ZLRP0OiW0
>>181 日本赤軍はイスラエルとそれに協力する諸国と戦争してたんだぜ。
戦争には戦果=犠牲が出るのは当然だろう。

尚、三菱重工ビルを爆破したのは日本赤軍とは別のグループだ。


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:47:30 ID:vfmAFem20
>>180そんなテロリストがアラブの友人という特別な立場を日本にもたらしたんだがね?

これが本当か嘘かは別として、テロリストを撲滅するのが俺の願いだぜ。
あと、テロリストが国益を考えて行動することはありえない。奴らは「体制破壊」
こそが目的であり革命なのだ。

テロリストを賛美する奴は信用できないな。英霊を賛美する人は信用できるが。




185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:48:27 ID:ZLRP0OiW0
英霊もテロリストも敵から見りゃ同類だよw

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:49:49 ID:ZLRP0OiW0
>>184 “テロリストを撲滅するのが俺の願いだぜ”

この厨臭過ぎる文面はどうにかならんのか?w

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:50:53 ID:qT1a03Tg0
>>184
>テロリストを賛美する奴は信用できないな。
>英霊を賛美する人は信用できるが。

テロが許せないのは分かるが
アメリカの根拠をでっち上げた武力行使は賛美するの?
アメリカ軍の戦死者も、向こうでは英雄
どちらとも自分勝手に一般市民を巻き込むのは同じ


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:52:57 ID:vfmAFem20
>>185
英霊は、国を守る神。日本国の繁栄を守っている。
テロリストはそれを破壊する唾棄すべきキチガイ人間。
同列には論じられない。


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:53:45 ID:ZLRP0OiW0
世界最悪のテロリスト=ブッシュ/チェイニー/ラムズフェルド

何しろ世界最強の米軍を使って石油利権目当てにイラクを崩壊させ、今度はイランまで攻撃したいらしい。
こんな極悪トリオはヒトラー/スターリン以来だなw

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:56:01 ID:ZLRP0OiW0
>>188 英霊の敵だった米国/英国/中国から見れば、テロリストも正規兵も同列。
破壊して殲滅すべき対象でしかない。

それに英霊が日本に繁栄をもたらしたわけじゃなく、かつての敵だった米国の庇護が日本に繁栄をもたらしたんだよ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:56:55 ID:vfmAFem20
>>187
俺はアメリカ人じゃないから、アメリカの国柄は分からない。
ただ、結果として武力行使に大義名分は無かった。
これはアメリカ自身に落とし前をつけてもらうことだ。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:00:07 ID:ZLRP0OiW0
イラクで米軍に対して武力抵抗を行ってるグループを、米国はひとまとめに“テロリスト”と呼んでいるが、アルカイダのようなイラクの混乱に便乗して一般人も見境なく殺してる外国人の連中と、抵抗戦を続けてるイラク人とは区別して考えるべきじゃないかな?

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:01:01 ID:qT1a03Tg0
>>191
>武力行使に大義名分は無かった。

どんな武力行使にも大義名分は付くよ

以前は大量破壊兵器の摘発
失敗したらテロとの戦い
実際は国益を計って行動してるだけ

アメリカと一緒になって、相手にテロリストのレッテルを貼り
思考停止になる輩が最近増えた


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:02:34 ID:ZLRP0OiW0
>>184 “テロリストを撲滅するのが俺の願いだぜ”

マジワロタよw テロリストと戦うボクって素敵とか思ってんのかな?
只の脳内雨ポチなのになww

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:03:11 ID:vfmAFem20
>>190
テロリスト=スパイと正規兵とは扱いが違うんだよ。国際法上、スパイは捕らえた後
殺しても良いのだ。捕虜の待遇は受けない。同列には論じられないのだ。

あと、米国の庇護云々より、敗戦後の日本を守り立てるために働いた諸先輩方の血のにじむ
努力を忘れてもらっては困る。君は学生か?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:06:15 ID:dAw80+Mj0
>>193
そう言うなら、君の頭脳はGHQの洗脳からとけているんだね?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:06:51 ID:dqf49ZB10
>>195 喪前バカか?

いくら血の滲むような努力を続けても、米国が日本を旧敵国として扱い続けたら日本はフィリピン以下の半植民地のままにされてたんだよ。
同じような血の滲むような努力はどこの国もやってる。日本だけが特別だなんて思うなw

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:09:12 ID:dqf49ZB10
日本人が受けてる洗脳は、大東亜聖戦→GHQの民主化万歳→ファーストフードな米国万歳→テロリストと対決する米国万歳 な訳だが、キミはどの洗脳に染まってるのかな?w

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:11:50 ID:dqf49ZB10
“テロリスト=スパイと正規兵とは扱いが違う”

残念。テロリスト=スパイという解釈は存在しない。
テロリストと米国が呼んでる人々のうち、武装民兵は投降時に正規兵と同じく捕虜待遇を受けられるよう、1977年から国際法が変わってるんだよね。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:12:48 ID:dAw80+Mj0
英霊が日本に繁栄をもたらしたとは書いていない。
英霊は日本の繁栄を守護する守護神なのだ。

小泉総理が靖国神社に参拝したおかげです。


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:15:50 ID:dqf49ZB10
>>200 英霊は戦後日本の繁栄には何も寄与しなかったという事ね。

尚、神道の考え方からすれば、英霊が日本の繁栄を守っているのではなく、英霊が祟り神にならないよう封じ込めているおかげで、平和な生活が守られているんだよw
もう少し日本の伝統や文化を勉強しようねw

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:20:28 ID:dAw80+Mj0
>>197
違うな。敗戦後60年で、GDP世界第二位まで復興するのはある意味奇蹟だ。
血のにじむような努力をどこの国もやっているなどなぜわかる?

日本人が特別だとは言わないが、その努力を結実させた民族的力量は誇るべき
ものだろう。


203 :だつお:2006/05/08(月) 00:22:14 ID:Hl7y0qIC0
>工業製品全般で日本製製品の品質は欧米製よりも圧倒的に劣り、

本当に劣るかどうかは、まず中国人にドイツ陸戦兵器なりアメリカ航空隊
なりで武装させて、そこに97式中戦車チハを走らせてみればわかるよ。
史実では皇軍戦車は品質いいから、故障も少なく3000キロを疾走して、
中国人という中国人を片っ端から虫けら同様に3500万を殺戮した。

97式中戦車チハは、天下無敵の殺戮マシーンとしてその名を轟かせた。
中国国民党エセ抗日チンピラゴロツキ団は、この痛撃に断末魔の悲鳴を
あげてハイパーインフレ起こして轟沈してしまった。

      中 国 人 は く ず !

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:24:41 ID:dAw80+Mj0
>>201
国の為に尊い命を捧げたものが国に祟るはずが無い。ばかばかしいな(笑)
戦国時代以降、神道は徐々に変化して、生前、顕著な功績を残した人物を顕彰し
祭る神社があちこちに建てられた。徳川家康が有名だね。

そこらへんもよく理解しておくように。



205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:37:32 ID:dAw80+Mj0
あと、江戸時代以降、民間に祖霊信仰が盛んになった。これは、子孫が先祖の御霊をあつく
尊崇すれば先祖の霊は子孫を守護してくれるというもの。靖国信仰の土台は江戸時代前後に
生まれたものです。

言ってみれば、靖国神社の御霊と現代の日本人とは、氏神・氏子の関係にあるのです。


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 10:12:53 ID:gE78m74o0
>>204
>国の為に尊い命を捧げたものが国に祟るはずが無い。ばかばかしいな(笑)
上層部の無能ぶりを知ればどうだか。

>生前、顕著な功績を残した人物を顕彰し祭る神社
明治以前に家康と秀吉以外にあったっけ? 家康のそれは朝廷の権威に対抗する
ための政治的な意図からだから、類似品を許すはずが無い。秀吉のそれは幕府に
潰されている。
明治以降は国家に尽くした者を顕彰する事で、国への忠誠心と求心力を高めるため
に造られた。
政治的意図から行われた神道の歪曲をあたかも自然な流れであったかのように
語らないように。

>>205
>あと、江戸時代以降、民間に祖霊信仰が盛んになった。
祖霊信仰はそれ以前からあったが。
檀家制度で宗教としては堕落腐敗した仏教が、先祖供養に香典の稼ぎどころを
求めるようになった事、幕府奨励の朱子学が先祖崇拝の要素を多分に持っていた
事などが原因で目立つようになっただけ。

>靖国信仰の土台は江戸時代前後に生まれたものです。
確かに土台はあったと言えるが、それを利用して明治政府が政治的意図を持って
靖国神社と靖国信仰を作り上げた事には変わりが無い。

>言ってみれば、靖国神社の御霊と現代の日本人とは、氏神・氏子の関係にあるのです。
一宗教法人でしかない私的宗教団体が、勝手に氏子にしないでもらいたい。
本当に、当人や遺族の意思確認もせずに勝手に祀り、遺族の抗議にも答えない、傲慢で
はた迷惑な宗教だね。

207 :綺麗は汚い、汚いは綺麗:2006/05/08(月) 16:29:55 ID:PmVHu5ul0
>>202
成長のスピードが速い分歪みのスピードも早いものだよ。
その典型が先進国の中でも異常に急激な少子高齢化。
あまり呑気に自我自賛しないほうがいい。
それで直撃されているのが福祉政策だな。
>>204
地域性が強い神道が全国一律に変容したかのような意見だが、
さて、具体的に各地域について言及されたい。
例えば沖縄にはそもそも天皇を奉じる神道自体がない。
この地域が特に民間人まで神格化されているのはどう考えてもおかしい。
精神論で考えるより実利で考えればその理由は明白だけどなw
所詮はバラマキ行政、バラマキ福祉の走りなんだよ。
だから基地の国沖縄には特に厚くばバラマかれた。
誰かさんの遺言などと言う大本営の最後の宣伝なんぞあまり盲信しない方がいい。
靖国は単に恩給等を正当化するための手段に過ぎない。
だから米国領当時の沖縄にも支給された。

恩給は本来は軍人や役人にしか給付されなかったのだが、さて恩給の代わりに
どうやってバラマいたのか?まさか恩給民間人にも出しちゃったとかか?www

靖国に支援してきたのは軍人恩給の受給者やその遺族が最大だ。
恩給は勿論税金から出されている。税金が賽銭だの玉串料だのと名前が変り
靖国に還流してくると言うことなのか?
なかなか優れたマネーロンダリングだなww

所詮、人間は神よりは金だ。神学論なんて屁理屈よりか金の流れを追え。
見えないものがたくさん見え、現在のみならず未来の福祉改革に直結しているのがわかるようになる。
靖国はもともと官制神社だ。法定された一種の制度と言える。制度を動かすものは所詮は金と
政治だ。神学なんぞではない。
>>205
初詣と言う慣習は明治政府が鉄道と地域新興と神社の経済のために
政策的に始めたものだな。賽銭と寺銭(テキヤのショバ代)からくる最大の
収入源だな。もともと神官や坊主は半分はイベント仲介ピンハネ屋だ。
なるほど静謐な慰霊際では儲からないから春秋の神様のお祭を靖国は重視するのだろうか?
とにかく金になればいいんだろうなw
キリスト教的な神式の結婚式も神社の収入源として明治以降に始ったものだろ。

なるほど、現代も劇場政治とやらに広告代理店や新興宗教が活躍するわけだなw
選挙は政治であり政だ。江戸時代の
お伊勢参りでも旅行代理店のように活躍して食えない宮司が頑張ったらしいな。

宗教家は政治と金は大好きだよ。
権威と信者が拡大できるからな。
つまり信仰は利権の巣窟だ。
>>200
とまあ綺麗事の裏には大抵は実利があるものだ。
>>201
遺族の生活や経済を考えると、徴兵による家族や村落の労働力剥奪や削減の恨みは
やはり恩給と言うことになる。慰霊で恨みが収まれば人類は苦労はしないw
人間所詮は念仏やお祈りよりはお札だなw

おふだと読んでもよし、おさつと読んでもよし。
精神論もいいが形而下の話もした方がいいな。



208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 17:42:28 ID:S9uYD/gS0
そこまでわりきって考えているやつは、
堀江みたいな純粋な拝金主義者だけじゃないのか?
金のせいで死んでしまう人はやまほどいるが、
金を得る為に死ぬ人は、めったにいない。

だが、神やら国やら思想やら名誉の為に死ぬ人間は腐るほどいる。
世の中そんなもんだ、どこまで気持ちよくなれるか、でしかないんだよ。
金じゃ気持ちはおさまらないが、慰霊でおさまるのはそのため。

多額の賠償金が必要だったとしても、加害者の謝罪一言で、かなり安くおさまってしまうのが現実。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 17:59:51 ID:S9uYD/gS0
マキャべリも言っていたと思うが、
民衆ってのは、どんなに最終的に利益になるものより、
見掛けがいいものを喜び、選ぶものなんだよ。

ボランティアなんかして自慰している馬鹿どもがいい例だ。
金はそれほど重要ではない。

210 :綺麗は汚い、汚いは綺麗:2006/05/08(月) 18:28:53 ID:PmVHu5ul0
>>208
制度としてて恩給が先行しなければ徴兵が実現しなかったのは事実だよ。

農村では若い男子の労働力は重要な収入源だろうがよ。
それを補填するものとして軍人恩給が成立した。
徴兵忌避が明治初期の農民一揆の最大の原因だ。
忠義忠義と軍人勅諭でうたっているのだから国に奉公させるのに御恩は
必要だろ。

靖国の慰霊を管理する実務も厚生労働省がやっているだろ。
本来なら文部省辺りの管轄だろうけどな。
恩給にはもともと福祉的な要素があり現代年金制度の
起源と言われている。豊かになった現在も日本人が関心が高い最大の
改革テーマだな。

呑気に名誉なんてほざけるのは食えるようになったからだ。
戦後の米国の豚のエサを食わされていた時代はやはり恩給は貴重
だった。だから多くの署名も集まった。

衣食足らないで礼節を知るスーパーマンは存在しない。
建前と本音をあまり混同せん方がいいな。

マキャベリ「君主論」
16鷹揚さと吝嗇について

君主が軍隊を率いて進軍するとき、他人のものであるならば大いに鷹揚に
振舞うべきである。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 19:59:22 ID:S9uYD/gS0
当時でさえ、衣食足りない人間がどれだけいるんだが、

ま、食うや食わずの人間はたしかにそうだろう、
だが、食っていけているそうじゃないんだよ。
昭和期に徴兵忌避で暴動がおきたか?おきなかっただろ、つまりそういうことだ。
人間ってのは欲深でね、食えれば次は、体面を気にする生き物なのさ。

そして人は建前の為に死ねる唯一の生物であることを知らないわけじゃあるまい。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 20:02:39 ID:S9uYD/gS0
またマキャべりは徴兵の重要性をといていたし、
徴兵を財産の摂取とはいってなかったと思われ。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 21:09:19 ID:dqf49ZB10
もりあがっとるねw 結構 結構w
日本赤軍の意外な貢献についても忘れるなよww

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 00:58:50 ID:5dapIbxs0
>>211
昭和期には軍人恩給があったから暴動は起きなかった。
しかし、東北や北陸や中部山岳部は貧困から抜け切れずに、そこから北一輝や大川周明
のような右翼思想家が生まれ、或は石原莞爾、永田鉄山のような軍部強硬派が
生まれ、満州事変以後暗殺とクーデターの時代が始り開戦-敗戦に至る。

左右の社会主義者や日蓮教徒、或は国家改造論者を生み出したものは農村の貧困と
社会の混迷だよ。満州に入植した多くも長野や山形や新潟等の貧乏農家だ。
これは同時に関東軍の主力の出身地と言える。
満州事変は不況から抜け出そうと画策した政界と財界の一部が後押しした軍部の暴走とも言える。
それは正しく食えない時代の暴走だったのだよ。

人間はやはり打算や利害で動く。貧乏人ほどそうだ。家族や村落に従って生きていた時代がわかっとらんな。
個人なんてものは当時は存在しない。家族や村落の利害で生かされていた。
価値観の違いが全然わかっとらんな。婦女子や子供が単なる労働力であり、場合によっては
女子や老人の間引きが普通の時代だ。
当時の日本全体の国益は満州の維持、そして不可避の対米開戦と言うことだな。
英霊が守ろうとしたものは満州利権と言ってもいい。
名誉なんぞではないよ、太郎君。
>>212
イタリア人の価値観なんぞどうでもいい。
日本の農村では若い男子は貴重な労働力だ。
だからその反射的効果とも言える恩給の復活を当然のこととし戦後遺族会の最大のテーマとなった。
>>213
自爆テロは赤軍が世界に広めた日本的テロだ。
山口県出身の犯人が1970年にテルアビブで銃乱射後自爆したのが始りだ。
以後世界ではテロリスト、官憲ともに自爆テロを「カミカゼテロ」と日本語で呼んでいる。
日本人の特攻精神が世界に広まった瞬間だ。
山口の犯人がパレスチナゲリラに加担して守ろうとしたものは
やはりエルサレム中心の国土だ。名誉でも建前でもない。

古来貧乏人の命の値段は安い。ハマスも貧乏人に金をまいてテロリストを
養成しているとも言える。もともとハマスは福祉団体だ。
恩給も軍部の階級に従いしっかりと等級が違う。
地獄の沙汰も金次第と言うことだろうな。
これは国民全般には医療保険や年金がない当時は尚更だろうな。
恩給は個人なんぞではなく世帯、家族、親族、延いては村落と言う単位を考えて
考案されたものだ。だから遺族への継承権がやたらと広い。
弔慰金に至っては全ての家族が死に絶えるまで継承できるのだよ。

個人なんて戦後の単位で当時を考えても一向にわかりはしない。
さて、軍隊で個人とはこれいかに?

いずれにせよ、戦争と福祉の密接な関係だけは忘れるな。
信仰の厚いもともとの福祉団体ハマスが、或は日本の年金の起源軍人恩給
(靖国がといってもいい)が、戦争やテロと平行して発展して来たのは決して偶然ではない。
人間が死んで必ず必要なものは葬式と信仰だ。そして遺族に必要なものはその代替や
手当てと言うことになる。古来古今東西を問わず坊主は福祉利権の権化と言える。
公明党が年金改革に消極的なのも偶然ではないだろうな。

共産党も官公労の利権たる恩給なみに厚遇された共済年金
はあまり改革はしたくない。信仰を否定してもそれに付随してきた
福祉は否定できんらしいなwwそちらの方が坊主の本命だからなw

福祉を剥奪した坊主に残されたものは単なるお祈り馬鹿でしかなく、社会の役には立たない。
これは福祉を軽視する左翼のようなものだなw
左翼と信仰団体が不仲な理由はやはり福祉利権の争奪と言うことだろうな。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 20:37:39 ID:G4hWCRGs0
ところで太郎君って誰?w

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 21:51:33 ID:G4hWCRGs0
↑“山口の犯人がパレスチナゲリラに加担して守ろうとしたものはやはりエルサレム中心の国土だ。名誉でも建前でもない”

つーか、本名出しても構わんだろうw
彼はパレスチナの国土を守ろうとイスラエルに突っ込んだ訳ではない。
もっと単純明快な“義”を信じたんだよ。 奇兵隊諸士のようにね...

217 :酔拳:2006/05/11(木) 03:05:35 ID:qykkS1EC0
小泉首相が靖国にこだわるのは、結局「遺族会」のご機嫌伺いなんだろ!
「国」のために死んでいった何万柱もの魂が、いまだに数多く南国孤島の
荒地の下に取り残され、なんの慰霊もされずにいる事を彼はどう思っているのか?
政府自民党はなにも戦後処理をやっていないではないか!
それどころか、さきの戦争を正当化しようとさえしてるのではないか!

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 04:13:43 ID:TgJ8LCdA0
>>217
前半三行くらいはとってもいい意見なんだけど
いつも最後の一行は違う気がするんだよな
戦争なんてその国々なりの正当な理由がぶつかりあった結果起こるものだしな
どんな戦争だろうが少なくても当事国にとっては正しい戦争だよ

219 :だつお:2006/05/11(木) 04:17:46 ID:gl9kxlST0
皇軍と皇軍兵器が中国人に加えた恐るべき損害を考えれば、
中国人が靖国神社に敏感になるのは当たり前だと思うぞ。
世界屈指の近代工業国の皇軍と、土人を武装させただけの中国軍では、
あまりにも格差が大きすぎて戦争というよりは動物屠殺に近かった。

    9 7 式 中 戦 車 チ ハ

それは機械的信頼性と走行性と燃費効率を兼ね揃えた、当時の最先端
自動車製造技術力の集大成であった。皇軍の優れた近代科学兵器の前に、
中国人は虫けら同様に大量虐殺されるしかなかったのだ。

この地球上に、中国人ほど反日かつ拝金主義で、強きに媚びて
弱きを挫く人種は存在しないと、軍板のおまえらも認めるだろ?
そうだとすれば大陸打通作戦で広大な平野都市部が皇軍の
占領下となり何億もの中国人がそれに甘んじたというのは、
圧倒的な軍事力経済力工業力科学力の差とは思わないか?

先進工業国の近代化された皇軍と、チンピラゴロツキを駆り集めて
武装させただけの中国軍では、人間と動物くらいの差があったんだよ!

そうだろう、なあ、そうだろう、なあ。

http://p2.chbox.jp/read.php?host=tmp5.2ch.net&bbs=asia&key=1120186708&ls=all
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1120186708/all
大陸打通作戦〜大地を駆ける3000`の雄叫び

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 04:32:31 ID:d8XOlVxH0
>>218 “どんな戦争だろうが少なくても当事国にとっては正しい戦争”

ある程度戦って停戦/和平となるの二国間戦争と異なり、WW2は複数の同盟国と日独(伊)との戦争であり勝者が敗者を完全に粉砕する形態で終結した。

日独が勝てる見込みがあれば“正しい”戦争とも言えただろうが、最初からその見込みが無かった以上“正しくなりようがなかった”と言うべきかw

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 04:59:04 ID:TgJ8LCdA0
>>220
勝てる見込みとか、どっちが勝ったとか負けたしは関係ないと思うんだ
だから、「どんな戦争だろうが」って言ってるんだよ

WW2に限らず、戦争全てが間違ってると言うのなら否定はしないよ

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:59:11 ID:d8XOlVxH0
“勝てる見込みとか、どっちが勝ったとか負けたしは関係ないと思う”

キミはそれでも良いが、国家指導者がそんな事を言ったら責任放棄以外のなにものでもない。
戦争は勝敗が全て。WW2時の日本のように中国の占領地と2年分の石油のために全世界と戦争をするなどといった選択は、通常の国家指導者なら絶対に出来ない。

しかも、当時の国家指導者は全員長期戦での敗北を確信wしていた。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:37:37 ID:zxtHxn6h0
スレ違いの議論が延々続いている乙

220と222は、根拠もなく決め付けている乙
しかも暇人らしい。



224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:48:31 ID:zxtHxn6h0
小泉総理の「総裁選に出たい人が出ればよい」発言は素晴らしかった。
これで、安倍と福田どっちも出る可能性が出てきて、安倍おろしは不可能になった。

ぎりぎりまで腹の探りあいが続くだろうから、靖国問題は完全に争点から外れると見た。
国民が望んでいるのは、アジア外交などではなく、年金問題を含めた財政改革、少子化問題
対策、雇用対策等々、飯に直接関係あることだろうよ。

ま、個人的には選挙に勝てる安倍さんを支持したい。靖国神社にも参拝してもらいたい。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:56:31 ID:GvquA5/B0
まあ靖国信者の人は参拝してほしいでしょうけど

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 23:00:16 ID:zxtHxn6h0
「国のために戦った兵士のお参りをするのは当然のことだと思う」

 インドネシアのバンバン・ユドノヨ大統領 (読売新聞平成17年6月4日)


「まず主権国家である日本の総理大臣が、中国に限らず他の国から靖国神社に参拝しては
いけないと指図されるようなことがあれば、逆に参拝すべきだと思います。なぜなら
内政干渉を許してはいけないからです。」

「もう一つは、全ての国が戦死者をまつりますが、それぞれのやり方で良いのだと思います」

 アメリカのリチャード・アーミテ−ジ前国務副長官




227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 23:10:35 ID:zxtHxn6h0
戦後、政府は「A級戦犯」を国内法上「犯罪者」と見なさないという解釈に基づいて政策を
行ってきている。具体的には、恩給法や遺族援護法を「戦犯」遺族に対して適用している。
また、「A級戦犯」合祀も厚生省・都道府県の協力に基づいて行われた。

昭和31年4月19日 「靖国神社合祀事務に関する協力について」 厚生省引揚援護局長

昭和34年3月10日 「日本国との平和条約第11条関係合祀者祭神名票送付について」 厚生省引揚援護局長
         に基づき、戦犯とされた人々の合祀手続きが始まる。

昭和41年2月8日  「靖国神社未合祀戦争裁判関係死没者に関する祭神名票について」 引揚援護局調査課長
         に基づき、A級戦犯とされた人々の祭神名票が靖国神社に送付される。

昭和53年秋季例大祭前日の霊璽奉安祭でA級戦犯とされた人々が合祀される。


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 23:15:31 ID:zxtHxn6h0
大東亜戦争において、国は、尊い生命を捧げられた戦没者に対し、永遠に靖国神社にお祀りすることを約束した。
戦没者の方々はその約束を信じ、家族や戦友に対して「死んだら靖国神社に会いにきて欲しい」と言い遺された。

それゆえ、靖国神社は「国のため尊い犠牲となった方々に対する追悼の対象として、長きにわたって多くの国民
の間で中心的な施設」であり続けているのだ。。。。


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 23:23:26 ID:zxtHxn6h0

誰が総理になっても、靖国神社参拝をやめれば中国の圧力に屈したとの印象を与える。
対中国感情が悪化するのは必至であろう。いいがかりをつけた中国側が上手に引けば
双方の国民感情の悪化は防げるはずだ。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 23:30:21 ID:zxtHxn6h0
中曽根の腰砕け 山崎拓の売国 二階敏博の媚中

自民党のボンクラ腰抜け共には驚かされる。小泉総理は実に賢のに。。。

鳩山、菅は、世間知らず。
福島、志位、は中国の飼い犬。



231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 23:35:47 ID:zxtHxn6h0

朝鮮は大東亜戦争当時日本の一部であり、多くの志願兵が戦場に赴いた。
彼らもまた、国の為に尊い命を捧げた英霊である。

朝鮮人が日本国総理大臣の靖国神社参拝に反対するのは全く理解できない。
むしろ、賛成するべき筋合いのものであり、ノムヒョンも靖国に参拝するべき。


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 23:51:09 ID:i1y250Cb0
ID:zxtHxn6h0の見苦しいオナニーは続く


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:01:18 ID:UDshIBRj0
御霊信仰→祖霊信仰・顕彰信仰

平安時代に広まった御霊信仰は「非業の死を遂げた怨霊の祟り」を恐れた人々が、御霊
を神として崇め慰霊することで、怨霊を守護神に転化する信仰である。菅原道真、平将門
が有名。菅原道真は、大宰府天満宮に祭られた後、顕彰神として北野天満宮に祭られた。

戦国時代以降は民衆の間に祖霊信仰、顕彰信仰が広まる。江戸時代、菅原道真は「学問の神」
として顕彰され多くの寺子屋に祭られた。祖霊信仰とは子孫が祖先の霊を手厚く祭ると、
先祖の霊は子孫を守ってくれるというものである。

日光東照宮は徳川家康を祭った神社であるが、徳川家の祖霊信仰と戦乱の世を平定した
家康の功績に対する顕彰信仰の賜物であろう。

靖国神社は「国の為に尊い命を捧げた人々のみたま」を神として祭り、国の守護神とする
もので、その根底には祖霊信仰と顕彰信仰がある。

明治時代以降、生前優れた功績を挙げた人物を顕彰し神として祭る神社が多く建立される。
上杉謙信、武田信玄、伊達政宗、徳川光圀、吉田松陰、島津斉彬、東郷平八郎、明治天皇、
等々。

234 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 00:03:17 ID:/6n/yNXm0
参拝を続けなければ世界中から侮られる。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:03:47 ID:zxtHxn6h0
>>232 登場のタイミングからして在日朝鮮人

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 05:41:35 ID:5s+2YGWZ0
参拝を続ければ日本は戦前と同じ国家に逆戻りしたとみなされるだろう。
世界中で“日本人お断り”が復活する事になる。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 05:58:28 ID:wC2XfCI50
>>233
菅原道真、平将門は所謂朝敵だろ。
ならば西郷や会津藩士も祭ってやれ。

靖国が朝敵思想にしがみついている限りは御霊信仰などとはほざけんよ。
古来の怨霊信仰は寧ろ敵として恨まれるのを恐れての慰霊だ。
だから敵味方合祀のような形を平安時代も鎌倉時代も戦国時代もとった。

敵をいつまでも恨むと言う発想は怨恨思想と言って半島のものだな。
半島に近いどこぞやの藩には招魂と言う朝鮮儒教の儀礼とともに根付いていたのかな?
なるへそ、それで今の護国神社を戦前まで招魂社と呼ばせていたわけだ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 09:05:27 ID:G0DdHYHE0
>>233
>明治時代以降、生前優れた功績を挙げた人物を顕彰し神として祭る神社が多く建立される。
>上杉謙信、武田信玄、伊達政宗、徳川光圀、吉田松陰、島津斉彬、東郷平八郎、明治天皇、
>等々。
つまり、明治より前にはそんな習慣はなかったと言う事だね。そういう習慣は明治に入って
神道が国教化された時に付け加えられたものだと言う事だ。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 09:12:52 ID:G0DdHYHE0
>>228
その国営の慰霊顕彰施設であった国家神道靖国神社は神道令によって消滅した。
今あるのは、その後継と自称する私的宗教団体に過ぎない。
建物は払い下げ、名前も同一だから錯覚させられているだけ。HPの神社概要にも
私的宗教法人である事を載せていないなど。錯覚を意図的に仕組んでいるふしもある。
「消防署の方から来た消火器販売」も同然。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 12:48:03 ID:8Z6njibT0
まあ首相であれ誰であれ、私的に誰を祀ろうが参拝自体には問題ないってことね。


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 12:57:26 ID:8Z6njibT0
>>238
>つまり、明治より前にはそんな習慣はなかったと言う事だね。

そんな〜ことはないだろう。
そもそも氏神・地主神は似たような発想。

近代化により、地域から中央集権化した発想

242 :民族間憎悪を煽り、愛国心軍需利権教育を進めよ !>1:2006/05/12(金) 20:20:05 ID:1Ad+GL0c0
2006年の今こそ如何に困難で厄介であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士と
その共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。
個別侵略強盗殺人兵士の放置を時代の所為にする卑劣と怠惰に終止符を打つ時が来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を
繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。
侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある。現在、続発する残虐犯罪は靖国英霊という侵略強盗殺人犯の「戦後社会による放置」が原因である。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が
免罪されると本当に思っているのか。靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal02.htm
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 21:52:21 ID:4nVe2zp10
靖国神社は長州人=朝鮮人が建立したものだから
朝鮮的な怨恨思想に凝り固まっているのはむしろ当然だよ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 21:58:07 ID:mHQZJfZp0
>>228
>国は、尊い生命を捧げられた戦没者に対し、永遠に靖国神社にお祀りすることを約束した。

その国自体が滅んじゃったんだから仕方ないでしょう

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 12:04:49 ID:/GwT3B2l0
>>239 「消防署の方から来た消火器販売」も同然

ワロタw こんな単純なトリツクに騙される若いもんが多いとは爆笑だな。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 14:15:08 ID:qT1kNTFM0
>>240
>まあ首相であれ誰であれ、私的に誰を祀ろうが参拝自体には問題ないってことね。

こういう馬鹿がいるから解決できない。ヘタレが。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 17:31:53 ID:lNyWW0m/0
>>246
お前みたいな馬鹿が解決できないだけ。クソッタレが。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 18:22:26 ID:GIsOD6e30
「政治と商売は別」
おや〜? コイズミソーリ、靖国参拝は「心の問題」じゃなかったんですか〜?
けっきょく自分で靖国参拝が政治手段である事をバラしてしまうオウンゴール、と。


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 19:10:47 ID:toyJSEPF0
>>1
中国のスタンスは、「中国共産党の言う事を聞くか聞かないか」という一点のみ。

靖国に参拝するかしないかなんてのは、どうでもいい事。 ↓

中国紙「民主・前原代表の訪中は日中関係に無益」 2005/12/13(火) 10:47:54 [中国情報局]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=1213&f=politics_1213_003.shtml
BAK-NEWS : 靖国参拝反対でもドタキャンされた前原代表
ttp://baknews.exblog.jp/3222960/



渡部昇一に靖国問題で論破された中国大使  ↓

まぐまぐ - JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル -
■転送歓迎■ No.1121 ■ H18.04.17 ■ 8,301部 ■■■■■■■

上智大学名誉教授の渡部昇一氏が知人数人と、
王毅駐日中国大使を囲んで会食した時のことである。
席上、こんな歴史論争 が始まった。
http://blog.m★ag2.com/m/log/0000013290/107175974
(続きを読むには↑の★を削除)

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 19:19:29 ID:MoayW0Zp0
ヒマだから中国共産党にいやがらせでもしようぜ。
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1147498335/

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 20:32:13 ID:/GwT3B2l0
>>249 少なくとも会食時の話題を論争とは言わんよなw

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 23:29:08 ID:xaT7pDc40
>>251
立派な論争だよ。中国人も自分達が言い掛かりをつけていることは分かっているはずだ。

靖国に詳しい人ほどまともに反論できない。。。

靖国問題は所詮、中国が今後も日本を「属国」扱いするかどうかの踏み絵さ。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 00:03:32 ID:ngjmfSlg0
会食時に言い掛かりをつけて来た日本のデムパ学者に、まともに応対してくれる人はそういないよw
本当の日中間での論争になるなら、相手はもっと手強いのが出てくる。
なにしろ中国には論争だけで喰ってる連中が大量にいるからね。


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 22:43:39 ID:QItN4x4H0
渡部昇一は実にまともな学者だろう。教育論から歴史問題まで幅広く勉強しており、
その思想に偏りは無い。

靖国問題に関する見解も歴史的事実と照らし合わせており実にクールである。
彼に右翼のレッテルを貼るのは、まともに反論できない脳みその腐った糞左翼連中だよ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 22:47:59 ID:QItN4x4H0
>>253
言い掛かりをつけてきたのは王大使の方だがね?>>249を読んでから発言しろよ。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 22:54:04 ID:QItN4x4H0
>>239 「その国営の慰霊顕彰施設であった国家神道靖国神社は神道令によって消滅した。
今あるのは、その後継と自称する私的宗教団体に過ぎない。」

その後継を自称するだけの私的宗教団体に対し、国が、戦没者の合祀事務に協力したのはなぜか?
納得の行く説明ができるか?「国が騙された」「天皇が騙された」はホロン部の妄想だぜ(笑)

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 23:20:47 ID:tmfg99Av0
>>254
> 渡部昇一は実にまともな学者だろう。(中略)その思想に偏りは無い。

そりゃあアレだ。あんたと渡部昇一の偏り具合がちょうど同じだから主観的にはそう見えるだけだよ。
傾いてるのは世の中じゃなくてあんたの方だぜ!w

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 23:25:18 ID:ngjmfSlg0
“渡部昇一は実にまともな学者”

自らデムパ宣言ですかw

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 01:15:44 ID:zcCXpqv30
>>256
私的団体が戦死者、戦争による公務死者の資料を請求し、国が応じただけ。
単なる行政サービス。元々公表すべき性質のものだしね。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 21:26:42 ID:LCrv+s9Y0
単なる行政サービスを“国が戦没者の合祀事務に協力”などと言い張るのは、正に消火器持った詐欺師と同類てつねw

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 22:38:37 ID:IKtAmJXO0
>>259 >>260

>>227を読んでいないね。単なる行政サービスなら厚生省引揚援護局という合祀事務を担当する窓口など
わざわざ設けるはずも無い。局長名で都道府県に通達など出るはずも無い。

靖国神社HPから引用すると、「彪大な数になる支那事変や大東亜戦争の戦没者を選考するなど、民間の
宗教法人となった靖国神社には到底不可能なことです。」

厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」という通達を出して、都道府県が御祭神
の選考を行うこととなった。」

のだよ。単なる行政サービスと言い張るホロン部は、自分の妄想が真実に思えるようですね(笑)

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 22:51:04 ID:IKtAmJXO0
安倍と福田の支持率が近寄ってきた、と共同通信が伝えているが、もし本当なら、
日本人の「属国意識」は国民レベルに浸透しているんだね。あと3年辛抱したら、

日本と中国は完全に対等な関係になると思うんだがな。
目の前のニンジンには勝てないか・・・



263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 05:12:51 ID:+gfYFndZ0
>>261 厚生省引揚援護局は在外邦人の帰還を支援するために設置された。
祭神名簿を作るのだけが仕事だった訳ではないのだよ、消火器詐欺師君w

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 06:23:31 ID:daGmjqY40
で、君がその消火器詐欺と同じだと主張する私的宗教団体の何が問題なのかな?
問題点だけを簡潔に書いてくれたまえ

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 09:16:19 ID:Tc5w+qHE0
>>261
都道府県は祭神を選考などしていない。「戦争による公務死」の該当者を
リストアップしただけ。戦争による公務死者を祭神とするのはあくまでも
私的宗教法人靖国神社が定めた基準。祭神合祀の決定権も靖国神社に
ある。A級戦犯らはリストに載せられたから12年も合祀されずにいた。
これは厚生省のリストが祭神の決定稿ではなく、資料に過ぎない事を意味
している。

「祭神名票」の名称については、これも靖国の要望に答えただけか、当時の
厚生省も靖国を公的な存在だと錯覚していたのだろう。
あるいは陸海軍省が戦死者を国営靖国神社に通達していた時の名称を
何も考えずに使ったのかも知れない。
いずれにせよ、これを持って、都道府県が祭神の選考を行ったとは言えない。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 11:38:00 ID:8dvhGNQJ0
>>265

>厚生省引揚援護局という合祀事務を担当する窓口など
>わざわざ設けるはずも無い。局長名で都道府県に通達など出るはずも無い

の問いに対して

>錯覚していたのだろう
>何も考えずに使ったのかも知れない。

の答えでは無理があるな。

本来、行政はそういうサービスも当然含んでいるだろうし。
勘ぐってきれば、小泉首相が参拝したり、ハンセン病患者に思い入れが
あるのは厚生大臣の経験からだろうし。

靖国からすると、挙がってきた名簿を粛々と祀ってきたとも
いえるだろうし・・・。

議論の意図は知らないが、どちらがどっちともいえないだろう。



267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 13:55:57 ID:Tc5w+qHE0
>>266
よく読んでくれ。私が言ってるのは、都道府県が祭神を選定したという点と、それに
関連して、「祭神名票」と言う名称を厚生省が使っている点、この2点についてだ。

>厚生省引揚援護局という合祀事務を担当する窓口など
>わざわざ設けるはずも無い。局長名で都道府県に通達など出るはずも無い
については、263氏が261氏の根本的な思い違いを指摘しており、いまさら付け加える事は無い。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 15:04:56 ID:G/M3qW4z0
靖国神社は「天皇が行う戦争は聖戦」とする原理主義の社。
まつられているのは、お国のために死んだ人であって、東京大空襲、広島、長崎
の被害者はまつられていない。
その上、何百万人の犠牲者を出した第二次大戦の戦争責任者がまつられている。
「不戦の誓いの場所」としてふさわしい場所ではない。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 16:14:01 ID:Dm8jV6Ml0
本当に小泉が靖国で「不戦の誓い」をしていると思っているのか?
何を祈っているのかは俺も知らないが

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 19:45:36 ID:VyDuRUs70
“御願いだから祟らないでね”と祈ってんだよ。
英霊が現世にまろび出たら祟りまくりだろうからねw

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 20:12:53 ID:SACw0Lu6O
戦争指導者を参拝する小泉はアホ

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 20:47:56 ID:VyDuRUs70
自分達が消火器詐欺のパシリだと気付かされた靖国カルト信者は逃亡ですか?
Ωの元信者達もそんな風に気付かされたんだけのねw

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 22:04:58 ID:HFBseUNS0
終戦後に天皇が「東条英機追討令」を米軍に対して出していたら
東条は賊になるので靖国には奉られなかったのかな?


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 01:25:47 ID:28fD046b0
>>270
だったら、殺した相手も祈ってあげないといかんなあw

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 04:28:25 ID:+ARV1fZ/0
>>274 殺した相手は夷敵の霊だから神社の担当じゃない。
神社は信心を共有する人々の存在が前提で存在し、怨霊とはその人々の心の中に存在するものだからね。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 02:34:42 ID:7HC9Lfj80
>>275
と言いつつ蒙古は慰霊したと言う事実。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 05:40:41 ID:jPXXATD40
蒙古じゃなくて南宋兵だろ。
当時の九州武士団にとって、いかに南宋との関係が深かったかという事だね。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 06:38:05 ID:Hgr5tCQL0
元軍の捕虜
蒙古出身者・・処刑
高麗出身者・・処刑
南宋出身者・・助命

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 20:31:17 ID:jPXXATD40
戦死した南宋兵達を祀ったんだよな。
第一次の元寇で壊滅した松浦党なんかは宋との交易の重要な担い手だった。

その後、復興した松浦党は倭寇となって中国沿岸を襲いまくった。
ひとえに報復の一念からだっただろうが、中国を放棄した元の跡を襲った明(宋と同じ中国人の王朝)は 倭寇の鎮圧に手を焼き、日本にも取り締まりを依頼したりして、日本との関係は正常化した。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 21:59:40 ID:PLxJ39TA0

             _,,.. -‐ '''''''ニ''',,─-..、
            r'´::::::::::  ..、:::::::::`ヽ丶:::ヽ
           ,/:::::::::  ..i::::_;l;;;l_::::::_::l:::::ヽ:::::}
          /::::: .|....::::::l'|´:::_;;:|.|::::∧`:::ノ:::/
          l  ...::::|:::::::|:| ,イ´::::l ' ´l::ヽ::/l:/
          |:::l:::::::ヾ:::::::|.ヘヾ_i,,i  i,,i,l:::| '
          ヾ:|:::::::::::`゙:ヾ.      ` l:'ト、
           |:|::::::::::::::::::::ヽ      ノ::、、;:ヽ
           ノ;;l:::::::::::::::::ヾ::::ヘ.   ´.ヘ:;;;:ヘ .ヾ,
          '´ ,l:'ヾ:::::::::|''ヽヾ:l゙'''''''´  `ヾ
               >''ヽ.   ト、
  君  が  代 が オ リ コ ン で 勝 ち ま し ょ う!
      「 君  が  代 」  大 好 評 発 売 !
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20236347
http://www.shinseido.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Catalog.woa/wa/detail?r=COCG-15881
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=0&id=cocg15881
【まとめサイト】http://eva.xrea.cc/kimigayo/
【概要】日本国の国歌「君が代」をオリコン一位にする
【目的】サッカー日本代表を応援し、ひいては日本人の団結力をやしなう
【決行日】現在協議中
【注意事項】
1.これは国歌に対する侮辱ではありません。一国民がその国の国歌を愛すること。またその国歌のCDを購入することは誰にも束縛はされません。
2.まとめ買いはいくら買っても1枚としかカウントされません。面倒ですが、一枚一枚予約・購入して下さい。
ゲーマーズ、アニメイト、アマゾンなどはデイリーチャートには入りません。デイリーは気にしないでウィークリーに賭けてください。
なお、オリコン加盟店は右記のサイトで参照できます→http://www.oricon.co.jp/rank/index2.html
★「君が代」をオリコン1位にしようぜ http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1147610802/

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:40:31 ID:8QL19IJl0
>>265「都道府県は祭神を選考などしていない。「戦争による公務死」の該当者を
リストアップしただけ。戦争による公務死者を祭神とするのはあくまでも私的宗教
法人靖国神社が定めた基準。祭神合祀の決定権も靖国神社にある。」

このように主張するソースはどこにあるんだ?靖国神社のHPは間違いだと言い張る
るからには、それ相応に極めて信頼性の高いソースがあるんだろうな?

俺は、>>265はただの妄想を書いているのではないかと思う。
左翼も在日朝鮮人も嘘をつくのが得意だからな。




282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:43:31 ID:ZXVYWT6z0
都道府県が祭神を選考してたら問題じゃないのか?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:47:05 ID:02nWSOfOO
死んでまで国に利用されて無駄死にした人にとっては迷惑なこったな。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:52:14 ID:8QL19IJl0
>>282 靖国神社はHP内で「厚生省と都道府県が選考した御祭神」とはっきり断言している。
それが「嘘」だというなら、ソースを出すべきだ、というのが俺の考え。

嘘だと言い張るなら挙証責任がある。言い張るだけなら小学生でもできる。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:07:46 ID:8QL19IJl0
厚生省引揚援護局長名の「靖国神社合祀事務に関する協力について」に書いてあるのは
「靖国神社の合祀事務に協力しなさい」ということだ。その「具体的な協力内容」が
靖国神社は「御祭神の選考」だという。

「都道府県は御祭神の選考をしていない」と言う連中はそう言い張っているがソースが
どこにも書いていない。これは所謂「妄想」ではないかと俺は思う訳。



 

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:14:26 ID:ZXVYWT6z0
>>284
それが嘘とかどうかではなくですね、
実際に国が靖国神社の合祀事務に協力してたら問題じゃないかと聞いているのです。
一宗教に国がそこまで関わって良いのかと言う素朴な疑問

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:19:59 ID:8QL19IJl0
極左暴力集団と呼ばれる低俗なカルト集団が靖国問題や従軍慰安婦問題に介入してるのが
気にいらねぇ。
中核派、革マル派というと聞こえはいいが、所詮、利権目当ての売国犯罪者集団さ。



288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:23:19 ID:sNm75HAc0
>>287
だれも支持してない中核派、革マル派たたきはいいから>>286に答えろよ

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:23:56 ID:8QL19IJl0
>>286 ここに、当時の厚生省の苦しみが書いてあるよ。

ttp://www1.odn.ne.jp/~aal99510/yasukuni/200man_no_migoushi.htm

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:40:49 ID:8QL19IJl0
「靖国神社合祀名簿事務に対する協力について」厚生省引揚援護局長名通達
ttp://www1.odn.ne.jp/~aal99510/yasukuni/31.4.19.htm

このサイトの最後の方に>>286への回答が書いてあるぞ。

政教分離規定に違反しないよう、極めて神経質に書かれているが、協力事務内容が
実態として「祭神の選考」まで至っても140万という数字からしておかしくはないな。
靖国単独での選考は無理だろうよ

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:21:19 ID:/ROdGG7m0
四. 事務要領の大綱は次のとおりとする。

1. 神社は、その合祀者決定のため、戦没者であって、一定の合祀資格条件に該当する者
及びその者の身上に関する事項を引揚援護局に照会する。

要するに、神社は御祭神の選考を丸投げしてるじゃん。



292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:22:44 ID:+b2BmDaK0
>>290
靖国神社の定めた「戦没者であって、一定の合祀資格条件に該当する者」
ってのが、戦争による公務死者なんだから、公務死認定自体は官庁の
正規のお仕事。「祭神の選考」に至っていると言う根拠は?
公務死者=祭神と決定したのは靖国神社であり、その事自体には官庁は
一切関与していない。官庁としては正規の公務死者認定に便乗された
ようなものだ。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:44:41 ID:wQjhuYfN0

誇り高き大和の叡智

「君が代」をオリコン1位に !!

【支援Flash】
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/3563.swf

【現行スレ】
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1148125740/


294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:49:50 ID:/ROdGG7m0
>>292
お前がいくら屁理屈言っても無駄だ。靖国神社のHPが嘘だと言うならソースを出せよ。
「厚生省および都道府県が選考」していない証拠だよ。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 01:02:49 ID:+b2BmDaK0
>>294
その靖国HPにこうある。
「厚生省が戦争による「公務死」と認定したものを、神社において
合祀することになりました。もちろん新たな祭神合祀にあたって
の決定権は、昭和21年2月2日の「宗教法人令改正」によって一宗教
法人となった靖国神社にある」
厚生省は公務死の認定をしているだけで、公務死者を祭神と決定
しているのは靖国神社。

また、厚生省の通達にもこうある。
「3. 神社は、引揚援護局より回付された戦没者カードによって
合祀者を決定し」
厚生省や都道府県がリストアップしているのはあくまでも、
戦没者=戦争による公務死者であり祭神ではない。それを私的
宗教行為として祭神と決定しているのは靖国神社である。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 01:08:10 ID:/ROdGG7m0
>>292
お前の文言解釈なんて何の意味も無いんだよ。そう言い張るひまがあったら、
靖国のHPにある、御祭神を「厚生省と都道府県が選考した」のは嘘だ、と言い切れる
明白なソースを出せ




297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 01:20:58 ID:/ROdGG7m0
>>295
そんなことを聞いているんじゃない。建前上どうだったか知らんが、実際問題として
御祭神を「厚生省と都道府県が選考した」訳ではない、という証拠が見たいのだ。

靖国が戦没者カードに因縁をつけずそのまま合祀したら、結局、厚生省と都道府県が
御祭神を選考したことになるじゃねぇか。暗黙の了解があったらなおさらだ。

だから、こういう憶測を吹き飛ばすソースを出せよ、っていう話になる。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 01:41:38 ID:+b2BmDaK0
>>296
逆だろ。まずそちらが、都道府県が祭神を選定しましたと言う
公的ソースを出してくれ。
靖国HPの都道府県が祭神を選定したとしている文章は、国学院
大学の大原康夫教授のものであって、彼の見解でしかない。
私の指摘部分は靖国神社社務所によるものだが、そこでは都道府県が
選定したなどとは一言も書かれていない。そして、祭神の決定権は
靖国神社に有る事が示されている。
そして厚生省の通達も祭神を選定せよと命じてはいない。靖国神社の
照会に応じて該当者を回答せよと言っているに過ぎない。

都道府県が祭神を選定したと言う主張にはそもそも根拠が無い。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 02:31:28 ID:/ROdGG7m0
>>298
靖国神社が公式HPに載せている以上、「大原教授の見解」は靖国神社の主張そのものじゃないか。
少なくとも、誰もがそう思うはずだし、誤解を招くようなコメントをそのまま公式HPに載せるほど
靖国の宮司は馬鹿ではあるまいよ。形式的にはどうか知らんが、実質的に「厚生省と都道府県が御祭神
を選考した」なら訂正する必要なんてねぇぞ。だろ?

「都道府県が祭神を選定したと言う主張にはそもそも根拠が無い」なんて、何を根拠に言ってるんだ?
社務所の冊子に何が書かれているか知らんが、「祭神の選考方法」について事細かに書いてあるわけじゃ
ねぇんだろ?寝言言ってんじゃねぇぞ


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 02:37:27 ID:Xh9ZcczK0
合祀資格該当者の選定=祭神の選定と考えるならば、都道府県などが祭神を選定したと言える。
祭神の選定を都道府県などがしたと言っても過言じゃない。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 04:04:40 ID:a5UPTxMd0
宗教法人になった靖国に厚生省が関わること事態おかしい
政教分離に違反してる


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 10:22:52 ID:vr4z73wv0
厚生省は祭神名簿の基になる戦死者のリストを提供しただけだよ。

もっとも終戦後かなりの間、厚生省引揚援護局内には旧軍人が居座っていたから、政教分離に抵触するような過剰な便宜供与が行われていた時期もあったけどね。

それでも、東條の合祀は祭神選考の基準からも、皇室&旧軍人の一般的感情/立場からも、全く考慮されなかった。

これを勝手に合祀したのは松平宮司の独断。この頃から靖国と遺族会のカルト化が進行した。

303 :靖らかな国にはさせない:2006/05/21(日) 14:25:21 ID:hTdd7T690
靖らかな国にはさせない アサピー
靖らかな国にはさせない ニダ国
靖らかな国にはさせない アルヨ国
靖らかな国にはさせない 橋本、岡田、福田、河野
靖らかな国にはさせない 仲直りしたニダ団体
靖らかな国にはさせない 風見鶏経済団体

304 :靖らかな国にはさせない:2006/05/21(日) 14:28:06 ID:hTdd7T690
靖らかな国にはさせない アサピー
靖らかな国にはさせない ニダ国
靖らかな国にはさせない アルヨ国
靖らかな国にはさせない 橋本、岡田、福田、河野
靖らかな国にはさせない 仲直りしたニダ団体
靖らかな国にはさせない 風見鶏経済団体

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 14:39:14 ID:vr4z73wv0
“靖らかな国”つーのは鎖国した状態の事かな?
また身分制度でも作って300年遅れる途をとるのも一興かw

もっとも、鎖国しててもニダとアルは数少ない友達だったんだがね...

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 14:59:28 ID:aUy6UOfa0
靖国「神社」だからよくない。
元々日本では葬儀は仏教の担当なんだから
「靖国寺」にすれば全て解決。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 15:16:21 ID:58yLCcaN0
靖国古墳にすれば宗教色はなくなる

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 15:34:11 ID:+b2BmDaK0
>>299
あれは靖国HPの中でも資料でしかない。
まあ譲って、あれが靖国の主張だとしても、一私的宗教団体の主張で
しかない。オウムが麻原が最終解脱者である事はダライ・ラマも認め
ていた、と主張していたのと同列の。その主張を裏付けるソースは
何だと聞いている。厚生省通達がソースにならない事は指摘済みだ。

>「都道府県が祭神を選定したと言う主張にはそもそも根拠が無い」なんて、何を根拠に言ってるんだ?
適切な根拠が示されていない以上、根拠がないとしか言いようが無い。

>「祭神の選考方法」について事細かに書いてあるわけじゃねぇんだろ?
国の認定する戦争による公務死者を合祀資格者とし、それを官庁に照会して
教えてもらい、そのリストによって祭神を決定していると示されている。

そもそも厚生省は、少なくともA級戦犯については祭神選定などして
いないと主張している。「国は遺族援護のために戦犯刑死者を公務死と
認定したのであり、靖国のいう『復権』とは関係ない。合祀は神社が
決めることだ」とね。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 16:25:43 ID:tANH1O770
>>4 >>10に激しく同意
田中角栄氏の日中国交回復以来、日本は中国に何兆というODAをしている。
中国政府はそういう事は言わない。要するに、日本の非をならす事で政権を保っているのが現在の中国政府。
なぜなら、中国は国内に爆弾を抱えているからだ。皆さん知ってるか?
中国資源(石油・天然ガス)の1/3は東トルキスタン(現ウイグル自治区)に集中しているのだよ。
何故、中国が東トルキスタンに軍を派遣したのか?それは、隣国のカザフ共和国(膨大な産油国)からのパイプラインにあたる地域だからだ!
カザフ⇒東トルキスタン⇒中国 というルートで資源が運ばれる為、中国は資源を安く抑える為にここを抑えたわけだ!
たまにニュースとかで見るだろ!この辺の内戦がウンタラカンタラとかいってるのを。この内乱は半世紀に渡って今も行われているのが実態だ。
つまり、靖国問題は政治的火薬庫を抱えている中国国内の事情が非常に影響しているのが実態なのだ。
共産党は国内の目を外に向けさせる為に靖国問題をクローズアップし、政治的プロパガンダにしているに過ぎない。
そんな奴らに日本の靖国神社についてとやかく言われる謂れは断じて無い!!!!!内政干渉など持っての他だ。
A級戦犯分祀などとどこいやらの政治屋が言っているが、戦死していようが処刑されていようが、彼らの死が今日の日本の礎となっているのは間違いない。
マッカーサーですら「日本が戦争に突入した理由はその殆どが自存自衛に他ならない」と言っているではないか!
かつての敵国の大将ですら認めているのに、なんで日本人がオタオタする必要があるのか?
米英を始め、国交のある世界の要人や軍指導者ですら参拝をしている靖国神社に対して、日本のマスゴミは何を報道しているのか!!
朝日(チョウニチ)系列の媒体は皆そうだな。あの国賊どもが!!!!
靖国は決して戦争賛美では無い。断じて無い。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 16:45:15 ID:UTFLeEdp0
靖国信者がどれほどデマゴギーを流そうと躍起になったところで、
主要先進国の要人が政府を代表する立場で靖国に参拝した事例はただの一度もない。
離任直前のベーカー合衆国大使のように参拝の礼は取らずに遊就館のみを視察して
靖国のカルト的本質を本国政府に報告して警鐘を鳴らした例はあるけどね。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 18:56:23 ID:vr4z73wv0
靖国カルト信者が今でも悔しがってるのは、在日米大使館の横ヤリでドタキャンになったブッシュの靖国訪問。
靖国カルトの利益代表である遺族会系+防衛族議員達が発足間もないブッシュ政権に働きかけて進めていた靖国参拝計画だったが、マトモな情報収集力のある在外公館を持つ米国国務省は寸手のところで伊勢神宮参観に切り替えて難を逃れた。

しかし、今となってはブッシュが参拝してた方が良かったようにも思う。
こんなマヌケな大統領はいないと中間選挙で叩かれて、イラク派兵も出来なかっただろうに、と思うと大変残念だw

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 19:31:48 ID:UxJZ4nEp0
>>306
もともとは慰霊碑で長州や京都の招魂社が起源なんだから
利権屋たる宮司を排してもとの慰霊碑にすればいい。

となると利権屋どもが抵抗するんだよなw

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 20:03:57 ID:vr4z73wv0
大日本帝國が最後にやろうとした本土決戦を、実際に数倍の規模で体験した越南では、各地に烈士廟が建立されている。

結婚式なども烈士廟への参拝が締めで、仏/米/中といった外寇を撃退した郷土の英霊達に感謝を捧げ、次世代にも侵略者への徹底抗戦の精神を伝える事を誓うのが習わしとなっている。

天皇家のための“魂の収容所”たる靖国(最近では天皇家からも見放されてカルト化しているが...)に祀られている多くの英霊達も、本来は郷土で祀られるべき存在。

これを天皇家への障りがあるやもしれぬ、との浅知恵で靖国のような唾棄すべき施設を造った公家集の思惑こそ呪われるべきだが、
公家政治勢力の最後の残渣だった近衛&東久邇に全責任を押し付けられた東條とその遺族が靖国にしがみつく姿こそ滑稽を通り越して哀しいものは無い...

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:33:13 ID:/ROdGG7m0
>>313
英霊達のみたまは、彼らの故郷の護国神社にも祭られてますよ。当然、彼らの子孫の仏壇なり神棚なりにも
祭られているのでしょう。

靖国神社への天皇陛下御親拝は途絶えていますが、春秋の例大祭には、必ず天皇陛下が勅使を派遣されてい
ます。天皇家は靖国神社を忘れたわけではありません。時期を見て天皇陛下の御親拝復活もあり得ます。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:39:17 ID:/ROdGG7m0
>>311
根拠の無い風説を本当のように言い放っていますね。
ブッシュの靖国神社参拝が行われなかったことに関しては諸説がありますが全て憶測です。
1.米国政府内での参拝取りやめ論
2.ブッシュの参拝に小泉が反対した論
3.ブッシュ自身に最初から参拝の意思がなかった論
etc.どれも憶測です。真相は闇の中。




316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:53:23 ID:/ROdGG7m0
>>308
「あれは靖国HPの中でも資料でしかない。まあ譲って、あれが靖国の主張だとしても、
一私的宗教団体の主張でしかない。」

これでは、一宗教団体の主張は全て信用できないことになってしまいますよ。
靖国神社のホームページが信用できないなら、具体的に信用できない部分を指摘して、
なぜ信用できないか立証する必要があると思います。靖国神社にも指摘するべきです。



317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 23:00:32 ID:vr4z73wv0
>>314 “時期を見て天皇陛下の御親拝復活”

東條を祭神から外したらねw

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 23:58:16 ID:+b2BmDaK0
>>316
>これでは、一宗教団体の主張は全て信用できないことになってしまいますよ。
適切な根拠も示せず、常識(政教分離を建前とする官庁が、一宗教法人の宗教
行為である祭神の選定決定を代行するなどあるわけが無い)に反し、とても
ありえないような主張は信ずるに足らない、と言っているのですよ。
例も上げたでしょ。あなたはオウムの主張を信用できたのですか?

>信用できない部分を指摘して、なぜ信用できないか立証する必要が
>あると思います。
的外れですね。既に指摘済みだし、信用できない根拠も幾つも示して
います。それに対する論点に即した反論は未だありません。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 00:37:01 ID:OzTwHz430
>>315 真相は下記の通り

1.米国政府内での参拝取りやめ論

これには在日米軍出先機関で靖国参拝に参加していたグループが存在していた事が国防総省内で問題になった。
国務省のアジア部局は、最大のパワーファクターである中国側に、米国への無用の危惧を抱かせる参拝には最初から反対。

ブッシュ政権は発足直後で連邦省庁との連携がうまく行ってなかったので、日本側につけ込まれた、というのが真相。
以降、政権内部では日本への配慮は消えて行き、貢献だけが求められるようになる。

2.ブッシュの参拝に小泉が反対した論

小泉が反対した形跡は全く無い。

3.ブッシュ自身に最初から参拝の意思がなかった論

日本側に騙されていた事を知るまで、ブッシュは参拝する意向だった。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 00:48:24 ID:VQujKNLd0
>>319
だから、それも根拠がないんだって・・・

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 01:17:00 ID:OzTwHz430
>>319が真実に近いだろう。
これ移行、ブッシュ政権側の上院共和党穏健派からも日本への不信感が漏れ始めているし、選挙資金目当ての下院共和党には露骨に中国系企業からの献金が増えた。

クリントン政権時代に日本側が思い描いていた“共和党政権になれば”という期待感は、過剰すぎたのと米国側の基本スタンスが理解出来ていなかった(あるいは故意に無視した)が故に悲惨な結果を迎えた。
この悪条件下で小泉政権は不本意ながらイラクへの派兵を余儀なくされ、危険を察知した国民の意識を排外ナショナリズムを自ら煽る事で糊塗しなければならなくなり、結果として中韓&東南アジア諸国との関係をかつてないほどに悪化させてしまった...

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 01:46:46 ID:Y80PyvSS0
天皇陛下の靖国神社参拝???

無理w

頭の中が朝日新聞な今上陛下は絶対行かないよ。

皇太子殿下も同じ。

参拝するとしたら、成人前で自分の意見がない愛子天皇か、

恐ろしいことだが、秋篠天皇だろうw。



323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 02:03:16 ID:Y80PyvSS0
というか、ひとつ聞きたい。

戦前と戦後はどっちが良い世の中なのか?
戦後は軟弱、戦前の方が日本らしくて良い、とするならばだ、
戦争は全面的に悪いことだろう。
その敗北の責任者は当時の政府と軍首脳部だ。
素晴らしい戦前日本を滅ぼしたこいつらの責任はどうするんだ?

日本のために努力したんだから許す、と言うのはわかるが、
それならばだ、なんかの拍子に社民党みたいな政党が政権を取ったとする。
そして経済を無茶苦茶にしてしまったとする。その後、社民の首脳部が死んだとする。
彼らも(主観的には)国民のために必死に頑張ったわけだ。
ただ残念なことに無能だっただけでw
彼らの失政は許されるのだろうか?


324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 03:08:54 ID:APl3yROp0
>>323
あんたの論は、論としては一理ある。が、理屈通りに運べば戦争などはおきない。
世界情勢、世界外交は机上論で帰結出来るものでは決して無い。
我々日本人は、靖国問題については毅然とした態度を世界に示すべきである。
A級戦犯云々とマスコミや一部政治屋がぬかしているが、そんなものは今では世界が
認めている違法復讐裁判である東京裁判が勝手に決めた話に過ぎない。
社民党を引き合いに出しているが、社民・共産は政策面の比較対象として論じる政党では無い。
かつて、サンフランシスコ講和条約を結んで日本が独立しようとした時に、五十二か国が参加して成立
した「絶対多数講和」を、ソ連も含んだ「全面講和」でなければ成らないと言いがかりを付け、実質的「全面講和」を
「単独講和」といい独立を反対した政党、それが社民党(社会党)、共産党である。
自国の独立に反対した指導者は、諸外国では通常独立が成った段階で処刑されるか、国外追放である。
この両政党は、自分達の主張して来た事に対して何も責任をとってはいない。本来であれば存在している事すら嘲笑ものである。
そんな連中と戦時指導者を同列に論じるには、根本的に無理がある。
因みに、福島党首は一説では在日らしい。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 11:26:23 ID:odqqgtUUO
靖国の悪夢は明治維新から始まった。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 19:03:14 ID:wai6Jz1I0
なんで靖国に村田蔵六の銅像があるの?

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 20:19:02 ID:GgUX+pNW0
そもそも負けた太平洋戦争の戦没者が靖国に奉られる資格あるのか?
戊辰・日清・日露など他はすべて勝利者を奉っている

天皇が勝てと言っているのに負けたのだから賊軍ではないのか?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 20:26:49 ID:OzTwHz430
>>326 大村益次郎が西欧にある無名戦士の墓と同じようなものを構想していたため。

益次郎先生は西欧列強に対抗するための国民軍(長州諸隊はその試作品)創設を目指し、四民平等/国民皆兵で武士階級の反発を買い、薩摩藩の海江田一派が糸を引いた凶手に倒れた。

その後、東京招魂社なる代物が建立されたが、天皇家の権威を借りて1000年近く生息してきた公家連中の考えた、無名戦士墓地とは似ても似つかぬ存在だった。

益次郎先生の構想に近いものとしては、萩にある奇兵隊墓所がある。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 00:02:41 ID:8z4xwisd0
>>318
ありうるのですよ。というか、実際にあった。「靖国神社合祀名簿事務に対する協力について」厚生省引揚援護局長名通達
は、靖国の照会に対して国と都道府県が御祭神選定を行うというもの。

昭和60年11月の参院予算委員会における社会党野田哲議員の「上記通達は憲法の政教分離に反する」との追及に対し、
当時の厚生大臣は「通達」そのものを「不適切だった」と答弁しています。

昭和60年8月に当時の中曽根総理が靖国神社公式参拝を行ない、中国の圧力に屈して秋季例大祭への参拝を取りやめた
時期と一致しています。

中国の圧力に政府が屈した「屈辱」なのですが、中曽根はこの屈辱を正当化しようとしています。馬鹿な老人です。




330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 00:14:42 ID:8z4xwisd0
>>326
靖国本殿の隣の鎮霊社には、嘉永6年以降の世界中の戦没者の「みたま」が祭られています。
鎮霊社は昭和40年7月13日竣工。西郷隆盛や旧幕府軍兵士も祭られています。


331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 00:20:44 ID:8z4xwisd0
>>324
あなたのような考え方の人が多ければ、日本は中国になめられず独立主権国家として
歩めるでしょう。不当な内政干渉に屈してはいけないのは全くの同感です。

中国に刃向かって、利権を取り損ねることを恐れる拝金主義者がなんとおおいことか・・・




332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 01:05:01 ID:iMeD+dq60
>>329
その通達のどこにも祭神の選定を行えとは書いていませんよ。
靖国神社の照会に応じろと書いてあるだけです。
戦争による公務死者の認定は、遺族年金などのために行われた
もので、それを靖国に教えただけです。祭神の選考などしていません。

昭和60年11月06日の国会予算委員会の答弁なら、国会会議録
検索システム(ttp://kokkai.ndl.go.jp/)で読めますよ。政府側は、
国も自治体も祭神を選考したのではない、照会された戦争による
公務死者を回答しただけだと、答弁してますよ。不適切と認めた
のは合祀事務と言う言葉を使ったと言う点だけです。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 01:35:39 ID:Hk61qlLH0
中国や南北朝鮮の靖国批判って、
日本国民に対して靖国神社を「踏み絵」としている。

334 :324:2006/05/23(火) 01:40:15 ID:M5ypUrjq0
>>327
あんたは先の大戦の意味も、戦前・戦後の歴史も全く勉強していませんな。
2ちゃんと言えども、己の無知をさらけ出すようなカキコは止めるべきである。
近年、諸外国の民間人ですら多く訪れている靖国である。
諸外国の中で靖国参拝を非難するような馬鹿げた事を言っている国は中国と南北朝鮮のみである。
日本人ならば己の先祖が命懸けでした事の意味くらい学校で教わらなくても勉強すべきであり、
それが我々戦争を知らない世代の義務である。

>>331
確かに中国大陸の利権を目指す拝金主義者は多い。現在の日本の中小大手企業の経営者、政治家の殆どと
言っていいだろう。しかし、中国大陸の市場の確保は将来の日本の国益に多分に影響してくる可能性は極めて高い。
また、同時に東南アジア圏への進出も本来中国大陸と同等に重要な課題である。
この問題は日本とアメリカとの駆引きが多分に含まれていると認識すべきである。
現在、アメリカは中国大陸の資源と市場を極めて重要視している。将来、米中貿易が良好に流れ始めた場合、
日本の立場は極めて危険な状況になる可能性を秘めている。現在の日本のポジションは、その経済技術力において、
欧米にとって非常に意識せざるを得ないポジションを獲得している。
ヨーロッパの指導者は、潜在的核保有国である日本を非常に恐れているのが実態である。
また、共産主義国家にしても、日米が総力を結集した場合どういう事態になるかという事を非常に懸念しているのが事実である。
その意味で日本は、世界第2位の防衛費を拠出する実質的軍事大国と見られている。
しかし、米中関係と日米関係のバランスが崩れた時、この図式は必ずしも当てはまらなくなる。
従って、企業人としても東南アジアの親日国家との友好を強化しつつ、中国大陸に日本の楔を打ち込む事は、
日本の国益を守る上で非常に重要な意味を持つと認識すべきである。
ただ、現状日本企業も日本政府もやられっぱなしというのが実態である。
この国の対応については、近い将来相当心して対応しなければならない時代が来る事は間違いない。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 05:45:59 ID:1BaZnbdU0
>>334ヨーロッパの指導者は、潜在的核保有国である日本を非常に恐れているのが実態である。

中国や南北朝鮮はともかくヨーロッパが日本の核を恐れているとは思えない
ドイツの核をアジアの国が恐れますか?
米・露は日本の軍事力が自国にとって利益か不利益か関心は持っているだろう

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 05:57:27 ID:ZdxbFjxn0
“ドイツの核をアジアの国が恐れますか”

今のブンデスなら原発動かしててもまぁ許してやるが、ナチが原爆持って再登場して来たら アフリカ〜インド〜アジアのあらゆる有色人種が対独戦に参戦するぞw

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 10:03:28 ID:1BaZnbdU0
ナチが原爆もって再登場したら、イスラム諸国と独が反米・反ユダヤ人連合を組むかもしれないし
米は露と独が戦って共倒れになることを望むかもしれないし
露は米英と独が対立することを望むだろう、独と技術協力しようとする国もでるだろう

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 20:50:33 ID:R+mXnGSK0
>>336
自分たちが有色人種である事をどうやらころりと忘れていたらしく、
ナチスドイツと大喜びで同盟を組んで対外侵略に血道を上げていた
おっちょこちょいな有色人種国家は実在したがなw

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 21:15:11 ID:ZdxbFjxn0
しかも、そのドイツに支援された中国軍と戦って、緒戦では勝利したものの泥沼にひきづりこまれてまちたねw

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 13:07:38 ID:nFqnTn4o0
>>339
三国同盟締結後ドイツ軍事顧問団は撤収しました。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 01:07:53 ID:fXVqZ0od0
記憶が正しければ太平洋戦争中に戦死した船員も靖国神社に
は祀られていないような?しかも戦中は船員を2等兵、軍馬、
鳩ポッポ等と失礼千万な都都逸(輜重輸卒が兵ならばと同種の
物)で鳩以下と揶揄し、軍人たちは実際にそのように扱った。
その一方で、船員の死亡率は約40〜50%(陸軍は約20%海
軍は15〜17%)と文字通り国家に対して命を捧げた。
しかし、戦犯や軍人については論じられても、彼らについて振り
返る者は少ない。
彼らを死地に追い遣った者を顕彰する動きのある一方、兵隊
以上に血を流した者は話題や議論の対象にすらならない。




342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 05:33:05 ID:29ckyYQn0
本当、ひでえ話だよな。
いくら偉い軍人さんでも外地への補給がなけりゃただの肉塊。
役に立たない運動会の分列行進くらいしか出来ない。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 23:32:29 ID:TuJlJKUo0
>>332
"祭神の選考などしていません"

頑張るね。お前がいくら言い張っても誰も後には付いてこない。
どこの馬の骨か分からぬ人間の根拠の無い主張など誰も信じない。
根拠があると思っているのは、お前だけ。

公式HPの中に靖国神社関係資料は言っている。しかも白字の強意文字で。
「厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」という通達を出して、
都道府県が御祭神の選考を行うこととなった。」



344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 23:42:04 ID:TuJlJKUo0
>>334
今、A級戦犯を分祀しても(分祀なんてそもそも無理)、国立追悼施設を作っても、総理が
靖国神社参拝を止めても、外から見れば「中国の圧力に屈した」ようにしか見えないだろう。

経済同友会の陳情を真に受ければ「金欲しさで中国の圧力に屈した」という国家の威信上、
最悪のパターンになる。

そして、中国政府は「日本に対してはまだまだ歴史カードを使える」とほくそ笑み、次々
と不当な要求を突きつけてくるだろう。小泉総理は早くから中国の外交姿勢を見抜いていた訳で、

次期総理は、「日本に対してもはや歴史カードが無効である事」を強く示さなければ、
日本は永久に中国の歴史外交の呪縛から抜け出せない。これが正常な二国間関係かよ?




345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 23:43:03 ID:kZZDRdRP0
>>343
協力してたら憲法違反だから、厚生省も一生懸命ごまかして苦しいいい方してるのに、
靖国は本当に空気が読めないですね

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 02:15:43 ID:nOHYxiP90
>>343
根拠は国会議事録にある政府見解だと言ってるのに。それぐらい自分で
調べてほしい。検索システムの名称と日時は示してあるんだから。

[001/001] 103 - 参 - 予算委員会 - 4号
昭和60年11月06日 発言者:121
○政府委員(水田努君) これは先ほどもお答え申し上げましたように、
さきの大戦で公務死した方の調査依頼でございまして、それを具体的に
依頼された内容を展開したものが今御指摘の一類から十五類までの分類
になる。これはいわゆる公務死をした方の範囲ということで、特段私ども
は厚生省が合祀基準を設定したというふうには考えておりません。

発言者:129
(前略)先ほども申し上げましたように、靖国の調査依頼にこたえるのはここの
「軍人軍属であった者の身上の取扱に関する事務」の一環としてやったもの(後略)

発言者:135
(前略)靖国神社の調査依頼にこたえるのは一般的な軍人軍属に関する身分的
なことに関する調査事務の一環としてやっている(後略)

発言者:147
○国務大臣(増岡博之君) 遺族援護の事務を三十一年の通知で合祀事務と言ったのは
不適切であったと認めざるを得ません。

公務死者を調べて教えただけだと言ってますな。合祀事務と言う表現が悪かったとも。

ついでに、もう一つ
[002/002] 23 - 衆 - 海外同胞引揚及び遺家族… - 2号
昭和30年12月08日
発言者:55
○山下政府委員
(略)どうしても政府が直接合祀に参与することは適当でないと思います。(後略)

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 02:24:19 ID:nOHYxiP90
>>343 続き
明らかに靖国HPの記述は誤りですね。私的宗教法人なのに
公的存在の様な印象を与えようとする靖国の虚偽宣伝です。
「消防署の方から来たと名乗る消火器販売」の口上と同じです。
あなた、騙されてるんですよ。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 07:05:31 ID:tOTZ21900
>>343 “お前がいくら言い張っても誰も後には付いてこない”

典型的な無根拠の言い切りですなw 詭弁のテンプレを思い出したよ。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 07:05:41 ID:UZ5uLZaG0
>>347
そのあたり、靖国の言い分にも時々によってぶれというか微妙な矛盾があるよね。
どうも察するに、靖国内部や信者の間でも、
政府から独立した宗教法人である事を明確にして教義や政治的主張のフリーハンドを確立したい側と、
あくまで戦前のような国家機関としての権威と権力を回復したい側との対立があって
靖国の組織としての方針が定まっていない面がある?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 09:48:05 ID:nOHYxiP90
>>349
単に、出してはいけない本音が見え隠れしてるだけでしょ。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 19:54:30 ID:rgG2n76b0
そもそも靖国神社に統一された教義とか固有の信者とかいるの?



352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 22:43:47 ID:RRSULmGB0
>>348
何人か、着いて来ているようだな。それは全然構わない。

しかし、昭和60年の政府見解など当てにならない。というのは、「靖国神社合祀事務に関する協力について」
が通達されたのは昭和31年であり、察するに、当時の政府内では「これでなんとか憲法違反にならずOK」
だろうというギリギリの決断があったと思われる。靖国合祀は非常に急がされていたし。

中曽根の公式参拝大失敗の折、左翼の追及で「やっぱりまずかったね」という判断に傾いてこういう政府答弁
が出ても不思議は無い。国として、「合祀事務協力が違憲」という裁判を起こされても面倒だし、昔の担当者の
尻を拭く気にはならないだろう。

左翼がうるさいから、適当にお茶を濁して終わらせたというのが真相のような気がする。




353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 22:53:51 ID:RRSULmGB0
>>349
それで、中核派と革マル派みたいに分裂して内ゲバでも起こしたら面白いかもね。

ただ、靖国神社に政治的主張や国家機関になりたいという願望があるのか?そんな
願望を靖国神社の宮司が表明しているのを聞いたことはないな。

神社は所詮神社。英霊のみたまを祭るのが全ての仕事と見るが。



354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:02:47 ID:qwbWv+go0
“お前がいくら言い張っても誰も後には付いてこない”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
“何人か、着いて来ているようだな。それは全然構わない。”

・・・。


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:09:24 ID:RRSULmGB0
>>344
経済団体からの「靖国参拝をやめてくれ」と言う陳情に対し、小泉が「政治と商売は別」と言ったこと
に関して、

「靖国参拝は心の問題と言い続けてきたが、本音は政治の問題じゃん」と思った単純な馬鹿がいたが、

靖国参拝には心の問題という面と、対中国外交という面、つまり二つの側面があると思う。小泉は老獪
な政治家だから、上手に使い分けているよ。靖国参拝をやめれば対中国交流の中で経済的不利益をこうむる
可能性だって高いのだ。所詮日本は、官民とも叩けば謝る、騙しても居直れば済む、となめられてしまうのだよ。

首脳外交が途絶えて困っているのは中国の方だ、というのも分かっているからゆとりがある。
そこらへんが分からない馬鹿な商売人や政治家、外務官僚は使い物にならないね。



356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:13:09 ID:RRSULmGB0
>>354 この手の連中は、挑発すればウジムシのようにわいて出てくるものさ(笑)



357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:25:04 ID:tOTZ21900
>>355 “小泉は老獪な政治家”

今の日本人のレベルに合わせちゃったバカなオサーンですよ...

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:37:09 ID:1BZafpLb0
>>56
じゃあ「詭弁」と「挑発」の違いを教えてくれないか?  

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:52:49 ID:zdvKWdpO0
>>354
>小泉は老獪な政治家

いや、あの人その場のノリとか気分で、かなりいい加減に発言してると思うよ。

360 :358:2006/05/27(土) 23:56:34 ID:1BZafpLb0
56じゃなくて356だた

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:58:03 ID:RRSULmGB0
>>358
広辞苑で調べなよ、釣られたお馬鹿さん

>>357
今、日本人を馬鹿にするスレッドがいくつか立ち始めている。
時間帯からして、お前も中国人か朝鮮人の国粋主義者か?
ハングル板から逃げてきたのかい?

朝鮮人志願兵も靖国神社の英霊だぜ。しっかりお参りしてきな。


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:02:34 ID:IE7P3hmA0
>>353
>靖国神社に政治的主張や国家機関になりたいという願望があるのか?

遊就館の展示内容が第2次大戦において日本に正当性があったという政治的主張を
含んでいないと見なすのは、欺瞞でなければ単なる理解力の欠乏でしかない。

>そんな願望を靖国神社の宮司が表明しているのを聞いたことはないな。

日本遺族会は結成後長年にわたり靖国神社の「国家護持」を求めて国会に働きかけ、
何度となく法案提出も行われたが果たせず、70年代に首相公式参拝の実現に方針を転換した。
日本遺族会と靖国指導部の間に何の関連も連携も存在しないと見なすのは、
欺瞞でなければ単なる(以下繰り返し)

>>355
>小泉は老獪

支持票欲しさに深く考えずに遺族会の誘いに乗って靖国参拝し、
その結果として日本の東アジア外交の停滞(というよりむしろ孤立)をもたらし、
無能ゆえに何の打開策も見出せないまま任期を終えようとしている小泉が老獪?

363 :358:2006/05/28(日) 00:07:23 ID:Y/8Uk86F0
生憎辞書のもちあわせがないんであなたの言葉で説明してください 

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:08:26 ID:qRFQ4fRh0
>>347
当時がどういう時代だったか、という視点が欠けているんだよね。
靖国神社のHPは、靖国神社の歴史を語るなかで記述しているから、当時の視点なんだと思う。

現代人は現代の視点で見るからHPが間違っているかのような錯覚におちいるけれど、昭和31年
当時の視点からみれば、厚生省、都道府県において靖国神社合祀事務協力の一環として
「祭神の選定」が至極当たり前のことが行われたに過ぎないと思うよ。

歴史を裁きたがる人はいつの時代にもいる。特に中国にね。



365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:14:13 ID:qRFQ4fRh0
>>362
全部お前の妄想乙

なぜなら、
@博物館を見て何を思うかは個人の自由。妄想も可

A日本遺族会の願望であって靖国神社の宮司の願望ではない。双方を勝手に結びつけるのは
妄想だね。

B遺族会の誘いに乗らなくても遺族会が自民党を支持してきたのは知っているのか?
それは置いておいても、特定アジアと今までの関係は異常すぎた。普通の関係に戻す
ためには時間がかかるのだ。歴史を土台にした外交関係など日本の国益にならない

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:15:36 ID:qRFQ4fRh0
>>363 貧乏だと心も歪む、か。 哀れだね。合掌。


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:20:57 ID:nW0brRKG0
要するに「詭弁と「挑発」の違いは言えないの?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:28:25 ID:qRFQ4fRh0
小泉は老獪だよ。次期総裁選がらみでも「立候補したい人がすればよい」発言は
森の安倍封じ込めを無効にし、派閥横断的な安倍支持基盤作りを活発化させている。

勝ち馬に乗りたい連中は、安倍支持に鞍替えせざるをない状況になるだろうよ。
最後の最後まで自民党を壊し続ける・・・素晴らしいね。




369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:30:20 ID:qRFQ4fRh0
>>367
明日、図書館で調べなさい。金もないしどうせヒマなんだろ(笑)


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:37:26 ID:HXQkPvel0
そうだな、君に説明する能力がないとわかったからそうするよ 

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:44:02 ID:aGFReWjR0
>>365 トーゴーさんの妄想判定キターw

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:54:43 ID:IE7P3hmA0
>>365
>博物館を見て何を思うかは個人の自由。妄想も可

おいおい。遊就館の展示内容が「英霊顕彰」の一環として機能しなくても
靖国神社としては何の問題もないとでも言うつもりか。
「英霊」の名誉を護るためには第2次大戦における日本の立場は肯定されなければならない、
というのが一貫した靖国の主張であり、遊就館の展示もその具体的表現であるわけだろうに。
ここまでひどい詭弁で存在意義を否定されてしまっては遊就館の展示運営者も浮かばれないな。
まぁ、それだけ遊就館の存在が逆に靖国のアキレス腱にもなっている事を如実に表わしているわけだが。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 08:05:45 ID:uWfuj4YR0
>>352
何であろうと政府は否定している。それが現実。靖国の資料は平成11年7月
のもので、政府答弁以降のものだ。政府が嘘をついていると言うなら、祭神
を選考したという公式な証拠を示して欲しい。靖国HPは一私的宗教法人の
主張でしかなく、政府は否定しているんだ。

さらに、「どうしても政府が直接合祀に参与することは適当でないと思います」
は昭和30年だが?
こんな答弁がある以上、直接祭神を選定するなんてやるはずがなかろうが。

>「これでなんとか憲法違反にならずOK」だろうというギリギリの決断
つまり、これが、別件で調査してある戦争による公務死者をリストアップ
して渡した、と言う事なんだよ。行政サービスの一環としてね。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 21:42:06 ID:qRFQ4fRh0
>>373 リストアップ=選び出す=選定ないし選考 では?

@それは置いておいて、
国の言っていることが全て正しいとは限らない。薬害エイズ訴訟で国は事実を隠蔽しようと
画策した様子が見られたが、国民の圧力に負けて菅が謝罪し賠償金を払うことで落ち着いた。

つまり、政府見解は公式見解であっても、それが絶対に正しいとは言えない。民間が正しい
ということも往々にしてあるのだよ。そういう意味で「公式な証拠」とは意味不明だよ。

証拠に「公式」も「非公式」もない。あるのは真実のみ。

A”
昭和60年11月06日 発言者:121
○政府委員(水田努君) これは先ほどもお答え申し上げましたように、
さきの大戦で公務死した方の調査依頼でございまして、それを具体的に
依頼された内容を展開したものが今御指摘の一類から十五類までの分類
になる。これはいわゆる公務死をした方の範囲ということで、特段私ども
は厚生省が合祀基準を設定したというふうには考えておりません。”

別に政府は、靖国HPの「厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」という通達を出して、
都道府県が御祭神の選考を行うこととなった。」のがデタラメだとは言っていない。

B
発言者:129
(前略)先ほども申し上げましたように、靖国の調査依頼にこたえるのはここの
「軍人軍属であった者の身上の取扱に関する事務」の一環としてやったもの(後略)

発言者:135
(前略)靖国神社の調査依頼にこたえるのは一般的な軍人軍属に関する身分的
なことに関する調査事務の一環としてやっている(後略)

発言者:147
○国務大臣(増岡博之君) 遺族援護の事務を三十一年の通知で合祀事務と言ったのは
不適切であったと認めざるを得ません。

靖国の調査依頼の内容に対して回答するプロセスこそ「該当者の選考(または選定)」
なのでは?この辺を追求材料として野党を勢いづかせるのは得策でないから政府は
事実をぼかしながら逃れた。当時、戦没者遺族救済に熱心だった社会党も深い追求は
したくないだろうし。このあたりが落としどころになったと見るが。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 21:47:57 ID:qRFQ4fRh0
>>374
374の「A政府は、靖国HPの「厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」という通達を出して、
都道府県が御祭神の選考を行うこととなった。」のがデタラメだとは言っていない。」

のくだりは時系列的におかしかった。政府答弁に挑戦するかのように、靖国神社が真実を述べて挑発したと考えるのが
妥当だろう。どっちが正しいか、市井の第三者には判断できないところだな。


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 22:05:38 ID:qRFQ4fRh0
>>372
個人の感想まで強制することは出来ない。当然だ。

しかし、遊就館が当時を再現し、大東亜戦争を自衛戦争と位置づけているのは博物館として当然
であり、私は当時の日本の正義を伝承する遊就館の存在意義は極めて高いと考えている。

遊就館に行ったあとは、是非「東條英機宣誓供述書」を読むべきだと考える。



377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 22:18:25 ID:qRFQ4fRh0
靖国神社HP
「遊就館」 よりコピペ

明治15年我が国最初で最古の軍事博物館として開館した遊就館は、時にその姿を変えながらも
一貫したものがあります。一つは殉国の英霊を慰霊顕彰することであり、一つは近代史の真実
を明らかにすることです。

近代国家成立のため、我が国の自存自衛のため、更に世界史的に視れば、皮膚の色とは関係の
ない自由で平等な世界を達成するため、避け得なかった多くの戦いがありました。それらの
戦いに尊い命を捧げられたのが英霊であり、その英霊の武勲、御遺徳を顕彰し、英霊が歩ま
れた近代史の真実を明らかにするのが遊就館のもつ使命であります。



378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 22:32:27 ID:IE7P3hmA0
>>376
>大東亜戦争を自衛戦争と位置づけているのは博物館として当然

世界にはその歴史観を「当然」とは思わない人々もいる。
(事の当否、双方の多寡はともあれ、対立の存在そのものは靖国支持者も当然認めうるはずだ)
戦争を含む国際政治状況の解釈が対立している場合、
一方の当事者の正当性を主張するのは当然ながら政治的主張である。
すなわち、遊就館の展示内容は政治的主張であり、
それが「英霊顕彰」という靖国神社の存在意義の根本に関るものである以上、
靖国神社が本質的に政治的性格を有する存在である事も明らかだ。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 23:07:33 ID:bkV1DdGn0
>>378
>戦争を含む国際政治状況の解釈が対立している場合、
>一方の当事者の正当性を主張するのは当然ながら政治的主張である。

思想の自由があるからなんの問題もないよ。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 23:09:57 ID:bkV1DdGn0
>>378
靖国神社には靖国の思想があってもいいの。
それは憲法で保障されているし、日本国の政治や外国が口を出すような
性質のものではないから。


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 23:40:40 ID:uWfuj4YR0
>>374
>リストアップ=選び出す=選定ないし選考 では?
何をリストアップしたかが問題だと言ってるのだが?
リストアップしたのは戦争による公務死者であり、靖国の祭神ではない。
しかもリストアップの目的は遺族年金支給などであり、靖国の要請には
それを転用したに過ぎない。祭神を選考などしていない。

>別に政府は、靖国HPの「厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」という通達を出して、
>都道府県が御祭神の選考を行うこととなった。」のがデタラメだとは言っていない。
都道府県の祭神の選考について質問していないのだから、直接否定する事は無い。
と言うか当時既に靖国がそう言う主張をしていたのかな? 靖国HPの基準は平成
11年のものなのだが。(ついでに関連資料に他者の言説を載せているだけで
靖国自身が主張しているかもそもそも微妙なのだが)
また、祭神の選考を否定している以上、靖国の主張も否定されるのは論理的帰結だ。

>靖国の調査依頼の内容に対して回答するプロセスこそ「該当者の選考
>(または選定)」なのでは?
厚生省が選定基準を定めたわけではないし、回答したのは「大戦で公務死
した人」 それを祭神にすると勝手に決めたのは靖国神社であり、厚生省の
関与するところではなかった。
例えば、交通事故死者を祭神とする神社が出来て、警察などに交通事故死者
を問い合わせてリストを貰ったら、警察が祭神を選考したことになるのか?

>このあたりが落としどころになったと見るが。
裏事情を勝手に推測されても困る。不適切とは「合祀事務と言った」事
であり、表現が悪かったと言うもの。憲法違反に当たるような合祀への
関与はしていないと言うのがその真意と見るべき。
もし、政府や自治体が祭神を選考していたのなら、合祀への直接の関与と
なり憲法違反。その認識は既に昭和30年から政府にはあった。にも
関わらず、「祭神を選考」などするはずが無い。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 00:25:54 ID:JEIknZI90
↑トーゴーさんは今晩も元気てつねw

383 :341:2006/05/29(月) 00:28:26 ID:9DdYWjWq0
>376
他人の茶碗を力ずくで奪って飯を喰おうとする戦争が正義か?
自衛か?オマケにその算段もろくに立てず、決戦と喚き立て自
壊して行ったあの戦争を肯定するなんて冗談じゃない、モノを見
ないにも程がある。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 01:29:10 ID:PxQLVEhi0
>>383
肯定できる戦争なんて一つもないよ

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 02:42:35 ID:wnfE+5Yc0
>>379-380
>思想の自由があるからなんの問題もないよ。
>靖国神社には靖国の思想があってもいいの。

遊就館が、すなわち靖国神社が政治的主張を行なっている事を認めるんだな?

>>353は靖国神社は政治的主張などしていないという事にしたかったようだが、
そうではない事で我々は合意を得たようだな。

ちなみに、ある主張が政治的主張であるという事は、それは単なる思想信条の吐露に止まるものではなく、
その思想を社会的に実現したいという意志を必ず伴っている。「政治的」とはそういう意味だ。
では引き続き、自らの信仰が理想とされる日本社会の実現を目指して
さまざまな政治的活動に励んでいる靖国神社について話を続けようか。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 12:37:43 ID:k5DrB6cC0
>>385
話は終わってるじゃないですか。
憲法で保障されている「思想信条の自由」があるので、靖国神社には靖国の
主張があっていい。政府や他国は介入できない。

これで終わりですよ。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 19:50:40 ID:5vY2irj/0
とっくの昔に「戦犯」を無罪にすることが国会で可決され、
連合国側からもそれが認められた。
つまり靖国には、日本には「戦犯」と呼ぶべき人はいない。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 19:58:07 ID:PxQLVEhi0
>>387
無罪じゃなくて赦免な

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 20:25:42 ID:XQ+j3uh00
>>383
君がレスした人とは別人だが、
断言しよう。それは正義だ、
いや(国を問わず)全ての戦争は肯定できる。

自分が食うために、人の食い扶持を奪って何が悪い。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 21:34:04 ID:cZmPPTfc0
>>387
>つまり靖国には、日本には「戦犯」と呼ぶべき人はいない。
当たり前だ。そもそも靖国神社に祭神として誰かがいるなんてのは、
私的宗教法人の私的な教義に基づく私的な戯言に過ぎないのだから。
オウムが麻原こそ最終解脱者と言ってたのと同じ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:13:33 ID:9citzh4l0
>>390
靖国神社の春秋の例大祭には、天皇陛下から勅使が派遣される。
オウムの祭事(があるかどうか知らんが)に勅使が派遣されたことがあるのか?

まあ、せいぜい頑張れよ!ホロン部!


392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:24:16 ID:9citzh4l0
>>381 あまりやりたくないけど、同じ議事録から抜粋

[003/003] 103 - 参 - 予算委員会 - 4号
昭和60年11月06日

野田哲君  肝心のところが触れられていないので私から指摘いたしますが、まず最初の三十一年の通達で
ありますが、なし得る限り好意的な配慮をもって、靖国神社の合祀事務に協力する、こういうふうに
なっていますね。それから事務要領の大綱としては合祀者名簿、これを所定のカードに記入して、これを
取りまとめて神社に回付する。それから合祀が決定した合祀通知状は都道府県に送付して、そこから遺族
に交付を依頼する。そして最後に、本件事務処理の経費は国費負担とする。これは間違いないですね。




393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:25:04 ID:9citzh4l0
政府委員(水田努君) 記載内容は御指摘のとおりでございます。


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:25:46 ID:9citzh4l0
野田哲君  それから今読み上げた一連の通達の中で何回か出てくる問題ですが、この事務処理
のために合祀予定者の選考基準というのを厚生省でつくって、これを各都道府県に指示して
おりますね。


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:26:51 ID:9citzh4l0
政府委員(水田努君) この調査というのは遺族の大多数の方から要望があり、これにこたえることが
遺族援護の業務上適当であるということから基本的に対処してまいったわけでございますが、作業の
手順内容というものは調査依頼者の依頼の範囲で誤解のないように記述し通知をしたと、こういうこと
でございます。



396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:27:52 ID:9citzh4l0
野田哲君  これは古いことですから、そんなに弁解がましく言ってもらわなくてもいいんです。
事実をありのまま答えてもらえばいいんで、靖国神社からの依頼ではなくて、厚生省の持って
いる戦没者の名簿、これを厚生省が合祀予定者の選考基準という一定の基準をつくって、
そして第一類から第十五類までの基準をつくって、この基準に照らして合祀予定者を
リストアップし、最新名簿をつくって靖国神社に提出する。そういうふうになっているで
しょう、事務手続は。




397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:28:58 ID:9citzh4l0
政府委員(水田努君) これは先ほどもお答え申し上げましたように、さきの大戦で公務死した方の
調査依頼でございまして、それを具体的に依頼された内容を展開したものが今御指摘の一類から十五類
までの分類になる。これはいわゆる公務死をした方の範囲ということで、特段私どもは厚生省が
合祀基準を設定したというふうには考えておりません。


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:29:45 ID:9citzh4l0
野田哲君  選考基準、これはあるでしょう。明確にしてくださいよ。靖国神社合祀予定者選考基準
として第一類から第十五類まで、戦死あるいは病死の種類をずっと十五種類に分けて、これによって
名簿をつくれという指示をしているでしょう。どうですか。間違いないでしょう。


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:30:25 ID:9citzh4l0
政府委員(水田努君) 今日的に見ますと誤解を受けるような記述があったと思いますが、真意は、
今申し上げましたように、靖国から依頼された戦没者の範囲というものを……




400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:31:03 ID:9citzh4l0
野田哲君  当時の真意をあなたがわかるわけないんで、事務的な事実だけ私は確認している。



401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:32:34 ID:9citzh4l0
政府委員(水田努君) 事務的な事実としては、一類から十五類までの都道府県が作業をする範囲
を示してやったということでございます。


402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 22:48:43 ID:9citzh4l0
>>381 このあとにも延々と続くけれど、「昭和四十五年に各都道府県に対してある県がやっている合祀事務の
調査のモデルケースとして資料を流したものがあるわけです。それを見ると、このモデルケースを参考に調査、
名簿の作成をやれ、・・・・(以下略)」
と言う風に、

靖国合祀事務手続きに厚生省および都道府県が深く関与していた(野田哲議員の発言参照)のは間違いない
であろう。政府答弁は、事実を隠しているか、事実を知らないので答えようがないのか、
非常に苦しい答弁が続いている。

そして、401で野田哲の論が通っている。靖国神社HPをあらわしている大原教授と
野田議員の関係など分からないが、大原教授の説は野田議員の398に相当するようである。

そして、野田議員は本丸へと切りかかるのである・・・・・

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 23:25:38 ID:9citzh4l0
>>385
なかなかの分からず屋ですな。遊就館は当時を再現するのが目的だから、当然、「大東亜戦争は自衛戦争」になる。
「大東亜戦争が侵略戦争」は現代の歴史観だから、当時の国内状況を完全に歪めてしまう。
政治的主張云々の問題ではない。歴史を裁くな、ということだ。

先帝陛下の「終戦の詔勅」が大東亜戦争がいかなるものであったか、全てを物語っています。そして、
「終戦の詔勅」には後世の我々日本人へのメッセージも書かれている。現代のネット左翼の諸君には、
虚心坦懐に「終戦の詔勅」を熟読してもらいたい。


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 23:31:21 ID:xa+QUpS80
そういやここ前スレ消費しきってなかったな

405 :341:2006/05/30(火) 00:01:12 ID:qElt/RmG0
>389
スレ違いだがその様に考えられる君に2つの言葉を送ろう

かくて俄かに、亡霊は恐ろしき夢の内に現れ彼等
を大いに悩まし、思いもよらぬ恐れが彼等の上に
来たりぬ。

戦争を野獣的行為として好んで用いる点において
人間にかなう野獣は他にいない。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 00:10:12 ID:y+ozPR7H0
考えさせられる言葉ですが誰のセリフでしょうか?

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 16:41:57 ID:2L9K3LpQ0
>>403
>遊就館は当時を再現するのが目的だから、

>>172
|172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 23:14:39 ID:ZLRP0OiW0
>>169 “戦争博物館は当時を再現していることが大前提”

| そんな事はないよ。博物館の機能は歴史上の事象を示す展示物を多用な角度から分析する事。
| 旧軍の欠片を象徴的に使って、当時のプロパガンダを延長公演する場所は博物館などと呼ばない。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 21:24:57 ID:wf1DaeWn0
>>402
>401で野田哲の論が通っている
>>401では一類から十五類までの戦死、病死者の分類基準を作ったと言う
事実の有無を野田議員が問うているのを認めた。しかしそれは、政府側の、
戦争による公務死者を靖国の要請に応じて回答したと言う主張を否定する
ものではない。

>そして、野田議員は本丸へと切りかかるのである・・・・・
何をして本丸として言いたいのか良く判らんが・・・
靖国合祀事務手続きに厚生省および都道府県が深く関与していたのは
事実だが、政府は御遺族の援護事務の一環であったと言う見解を示し、
合祀事務と言う表現は不適切であったとし、あくまでも祭神の選考を
否定している。

>大原教授の説は野田議員の398に相当するようである。
野田議員は国や自治体が祭神を選考したとすれば不適切と言うスタンス
で質問しており、「合祀事務と言ったのは不適切であったと認めざる
を得ません。」と言う回答を得た後、「結局、私がこの問題を指摘した
のは、靖国問題の懇談会において、国民の間に靖国神社が戦没者追悼の
中心施設であるというふうな認識を持たれているということについて、
その認識を持たれた原因は、今指摘をされたような国の事務によって
そういう遠因があるという、この林修三さんもそう指摘されている、
これを私は指摘したいためにこの問題を取り上げたわけです。」と
して次の問題(これも靖国絡みだが)に移っている。
つまり、その「遠因」引いては「靖国神社が戦没者追悼の中心施設で
ある認識」が不適切であると政府に認めさせる事が目的で、それを
達成したわけだ。
大原教授説を否定しているのが野田質問である。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 23:14:23 ID:FjQVr73U0
>>364激しく同意
>当時がどういう時代だったか、という視点が欠けているんだよね
全くその通り。現在論じられている論法の多くはそれが欠けている。
現代に生きる我々日本人は戦争がどういう物か?侵略がどういう物か?自国の周りがみんな植民地がどういう事か?
身を持っては知るすべが無い。その状況下で、現代の価値観で過去を裁くから歴史認識に大きな誤りを生じさせている。
今、我々が本当に考えなければならない事は、当時の人々の心情に出来るだけ触れた上で、是は是、非は非、を正確に
見極め恥部は恥部として認め、日本人としての精神性(アイデンティティー)を再度見直すべき。
これが、国際社会に真に大きく貢献する背景になって行くと考える。これからマジに難しくなると思うよ。中国とか。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 05:40:42 ID:CdetKkmQ0
>>364
>>409
既に昭和30年から、政府の合祀への直接関与は違憲だと言う
認識は存在してましたが? 

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 20:59:36 ID:3sRrOvvQ0
昭和10年代の価値観を昭和20年代の価値観で否定したのが現代日本の出発点。
それが気に食わないなら集団帰国した朝鮮人のように出てゆけば良い。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 22:59:57 ID:eygxrlbZ0
>>411
409のような考え方はできないのか?
昭和20年代の価値観とは戦勝国の押し付けた価値観だろうが、日本人が日本人たるアイデンティティー
を取り戻すには、自分達の価値観を自分達の歴史や伝統や文化に則って自分達の手で作り上げる作業が
必要だろう。

外国人に押し付けられた価値観を後生大事に抱えて、それが気に入らないなら日本から出て行け、という
神経は、日本人として全く理解できない。敗戦で誇りを失った負け犬の発想としか思えない。

一度、靖国神社に参拝することを勧めるよ。遊就館も見てきな。



413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:07:20 ID:eygxrlbZ0
>>408 本丸とはこれだ。

[003/003] 103 - 参 - 予算委員会 - 4号
昭和60年11月06日
野田哲君 今の説明、そして私が見た資料によって問題として感じるのは、まず一つは、合祀予定者選考基準
というものを厚生省がつくって各都道府県に指示した。これによって合祀名簿がつくられて靖国神社に送付され
ている。これは実質的には靖国神社の合祀事務を厚生省、つまり国がやっている。これはもうはっきりしている
んですよ。

それからもう一つは、合祀名簿をつくるに当たって遺族に確認する手順というものを全くやられていない。
それから、これだけの事務処理をする経費、これを全部国が見るという。明らかにもうこれは憲法二十条八十九条
に違反する行為ではないかと思うんですが、厚生大臣、それから地方公共団体で実務をやったわけですから
自治大臣、それから官房長官、それぞれお答えいただきたいと思うんです。




414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:09:37 ID:eygxrlbZ0
国務大臣(増岡博之君) 厚生省といたしましては、遺族援護業務を担当いたしておるわけでございますので、戦没者の方々
の身上を調査し保存し、必要に応じて照会に応じるということは通常の任務だろうと思います。したがいましてその費用は
当然国が国費として支弁するわけでございまして、今回のことにつきましてはその調査依頼に応じて靖国神社側になした
仕事でございます。したがって、そのことは一般的な調査、保存等に関するものと同じ扱いであるということから国費と
いうことが記載されたものであろうというふうに思うわけであります。また、合祀されることを遺族に照会するかどうかは、
これは本来靖国神社側の任務であろうというふうに考えております。




415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:10:58 ID:eygxrlbZ0
政府委員(大林勝臣君)  御指摘の事務につきましては、先ほど来の御質問にもございますような経緯で
都道府県において厚生省の通達に基づいて処理をしてきたものでございますが、団体等の照会につきましては、
遺族援護行政の観点から妥当なものについて協力するという趣旨のものと私ども聞いております。各都道府県
におきましてもそういう趣旨を踏まえて対処してきたものと存じております。




416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:11:48 ID:eygxrlbZ0
野田哲君  私は、明確に通達に出ている靖国神社に対する合祀事務、このことについて聞いている
んであって、援護事務で聞いているんじゃないんです。
これは委員長、今の答弁は私の聞いていることと全然違いますよ、質問と。


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:12:44 ID:eygxrlbZ0
政府委員(水田努君)  先ほど申し上げましたように、靖国神社の調査依頼にこたえるのは一般的な軍人軍属に関する
身分的なことに関する調査事務の一環としてやっているわけでございまして、支出の根拠は、先ほど申し上げましたように、
地方自治法附則十条の第四項に基づくものでございまして、ここに書いてある最後のくだりはそれを入念的に書いたに
すぎないということで、ここで通達で創設したものではございません。




418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:13:17 ID:eygxrlbZ0
野田哲君  私は援護事務を言っているんじゃない、合祀事務をやっていることが一体どうなのかと、
こう言っている。


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:14:37 ID:eygxrlbZ0
国務大臣(増岡博之君)  先ほど申し上げましたように、その前から一般的に照会には応じる事務
をやっておったわけでございますから、三十一年には、その全般的な調査に応じる事務の一つの例として
靖国神社を掲げ、それに対しても協力するようにという通達を出したものと思います。



420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:16:26 ID:eygxrlbZ0
野田哲君 それではもう一回私から指摘いたしますが、昭和三十年十二月八日の衆議院海外同胞引揚及び遺家族援護に関する
調査特別委員会議録第二号というのがあるわけですが、堀内さんという委員の方が、靖国神社の合祀事務に協力するために予算
を要求して二千八百万円だけ予算に計上したのが憲法違反になる、合祀促進のための費用を二千八百万円予算に計上したのが
憲法違反になるということで、これが予備費の中へ回されてしまった、こういうことで質問されているところがあるわけです。
そうして、これは一体復活させて何とかならないのか、こういうことに対して、山下政府委員、これは山下春江さんだと思うん
ですが、こういうふうに答えておられるんです。「憲法の建前上、ただいまの場合では、どうしても政府が直接合祀に参与する
ことは適当でないと思います。」、こう答えて、二千八百万円合祀事務の事務費を計上したことが、これは憲法違反だという
ことで予備費に回されたことに対して見解を述べているんです。明らかにこの時点で、合祀事務費として予算に計上し、これを
やることは憲法の建前からどうにもならないのだ、こういうふうに答えておられるんです。




421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:19:25 ID:eygxrlbZ0
野田哲君  結局、私がこの問題を指摘したのは、靖国問題の懇談会において、国民の間に靖国神社が戦没者追悼の中心施設
であるというふうな認識を持たれているということについて、その認識を持たれた原因は、今指摘をされたような国の事務に
よってそういう遠因があるという、この林修三さんもそう指摘されている、これを私は指摘したいためにこの問題を取り上
げたわけです。

そこで、次の問題に入りたいと思うんですが、総理は本院の本会議で我が党の久保亘議員の質問に答えて、靖国神社問題に
ついて、そのやり方について、憲法に違反しないような方法はどういうものがあるかということも検討をし、また(以下略)



422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:28:28 ID:eygxrlbZ0
>>421
”国民の間に靖国神社が戦没者追悼の中心施設であるというふうな認識を持たれているということ”

これは、国の合祀事務協力によって生じたものではなく、国民の間に靖国神社が戦没者追悼の
中心施設であるという認識があるからこそ、国が靖国神社の合祀事務に協力したんだよね。これ
は、昭和31年以前の堀内議員の発言からも受け取れる。

それが昭和60年の中曽根公式参拝によって蒸し返された訳であるが、野田哲はいい線をついて
いるが、問題の前提を見違えていると見る。

昭和50年まで続いた天皇陛下御親拝と、途絶えたその後も毎年続いている春秋例大祭への
勅使派遣をどう見るか。これが全てをとく鍵だろう。



423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 00:47:29 ID:ZJS2Cy+F0
政府見解を盾に議論しながら、遊就館の展示を「プロパガンダ」と決め付けるのは
おかしいんじゃないか?

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 07:27:32 ID:y2TAimwB0
このスレはなんだかもう、
熱狂的信者のふりをして靖国を褒め殺そうとしているやつとか、
政教分離を主張するように見せかけて靖国の独善を正当化しているやつとか、
偽装工作が入り乱れて右往左往でワケが判らなくなってるな。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 19:59:40 ID:0sJ3pTvb0
“昭和50年まで続いた天皇陛下御親拝と、途絶えたその後も毎年続いている春秋例大祭への
勅使派遣をどう見るか。これが全てをとく鍵だろう”

そうだな。天皇家は全国の神社の総監督と自称しているが、靖国の松平宮司は昭和天皇が死ぬほど嫌っていた東條を合祀する事で天皇家の靖国への介入を断ち切り宗教法人としての自立性を高めたと言えるだろう。

結局、この事が松平宮司〜現在に至る靖国のカルト化を進めた訳だが、そのカルト化による大東亜聖戦史観の先鋭化が閉塞感から排外国粋主義に傾いた日本社会の底辺層にアピールしたという事だ。

一応、天皇家は監督としての地位まで放棄していない事を主張すべく勅使を送って来る訳だが、靖国側はそれが天皇家によるお墨付きであると偽って主張している(例によって消火器詐欺だ罠w)。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 20:05:41 ID:0sJ3pTvb0
>>412 スレ流し乙w

“外国人に押し付けられた価値観を後生大事に抱えて〜敗戦で誇りを失った負け犬の発想としか思えない”

基地外軍部と無責任政府を排除するのに外国人(軍)の助けは借りたが、軍部とその基盤を破壊して放棄したのは昭和20年代の日本人(含む昭和天皇w)による選択だよ。

なにしろ一般国民は軍が起こした不始末の後始末で迷惑しか蒙ってないんでね。

現在の自衛隊も旧軍との関係を絶って(旧軍の滓が残ってても足を引っ張るだけなので捨てたのが真相だがw)ようやく発足できた。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 02:02:24 ID:P7gmGJUo0
>>426現在の自衛隊も旧軍との関係を絶って(旧軍の滓が残ってても足を引っ張るだけなので捨てたのが真相だがw)ようやく発足できた。
あんた、誰からそんなデタラメ聞いたの?
あんたは知らないだろうが、現在、海上自衛隊が翻している日章旗は、戦前の帝国海軍連合艦隊が使用していた物をそのまま使用していますよ。
また、現に自衛隊の幕僚は旧帝国陸海軍の将校が多く登用されたし、今現在も防衛大に入校出来る人間はその家系(その人間の祖父や祖祖父)が、
中野学校、関東軍、近衛師団等に居た人、つまり赤ではなく身元が確かで、その人間の思想的背景を充分問われているのが実態だよ。
あんたのカキコは、ホント平和ボケした無責任論者のカキコだよね。
ついでに教えてやるが、防衛庁が六本木から市ヶ谷に移転したが、あの移転した場所は旧大本営があった場所。
しかも、地上に防衛機能を伸ばすのではなく、地下に巨大な防衛施設を築いている。
日本の防衛には、その程度の事は今現在も絶対必要なんですよ。
現在、平和ボケした国民が殆ど。それだけ政府の負担が実はかなりの物と言って良いんですよ。
もう少し、勉強して出直して来い。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 02:08:54 ID:nekiEymw0
安倍晋三内閣官房長官 統一協会主催合同結婚式に祝電
http://www.segye.com/Service5/ShellView.asp?TreeID=1052&PCode=0007&DataID=200605141645000294

民間次元の世界平和運動をして来た天主平和連合(UPF)の「祖国郷土還元日本大会」が国際合同結婚行事と
ともに 13日、日本福岡県マリーンメッセ福岡で開かれた。

日本天主平和連合(紐帯行会長) 主催で開かれたこの日の大会は日本全国で民間平和運動を広げる
2000人余りの平和せりふを含めて福岡地域リーダーと UPF 会員など 8000人余りが雲集した中に開かれた.
特に韓日間の民間交流主役になる両国の男女 2500カップルの合同結婚式も同時に開催された.
UPFはこの日福岡を始まりに24日まで日本内12都市を毎日一都市ずつ巡回する

福岡大会には安倍晋三内閣官房長官や元法務大臣を歴任した保岡興治衆院議員など国会議員 7人が祝電を送った.

宮島大典前衆院議員など福岡および熊本地域の有力人士,商工人団体代表 30人余りも参加してUPF平和運動に
支持と参加意思を送ったし地域有力人士 6人も平和せりふに新たに任命されて活動に出た.

文鮮明総裁と一緒に UPF 共同創設者である韓鶴子総裁は「天主平和王国時代宣布のお話」という題目の
特別講演を通じて「世界すべての国々が力量を総掛かりして大宇宙の株のなった神様が願う平和以上
世界王国創建にすべて邁進する時が来た」、「このメッセージは空がこの時代に下る警告です祝福だから
心に刻まなければならないこと」と言った.


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 20:01:40 ID:BEtw/Q1F0
>>427
ソース

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 22:53:54 ID:5Ukgws/t0
>>427 マジ馬鹿だなこいつw 妄想で語りすぎ。
自衛隊も内部にはいろんな人が入ってるんだがねw

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 01:39:08 ID:U2GJ9LSF0
>>430
馬鹿!お前が現実と真実を知らなさ過ぎんだよw
どこが妄想か、具体的に指摘してみろ!

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 02:46:32 ID:iVHooHmV0
>>431
馬鹿。防大は事実上採用試験だから裁量があるのは当然だろ。
寧ろ地方性を考えて採用していると考える方が普通。
思想なんておかしなものは今時あまり考えない。
極端なアホだけだろw

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 08:25:06 ID:lp0N44f00
〉どこが妄想か 
だからソース出せよ。根拠なしに熱くなっても笑われるだけだ

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 19:22:26 ID:QQxzLbNeO
6親等以内に共産党員とかいると偉くなれないんだよな…自衛隊は。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 21:06:43 ID:W4iklpAH0
“6親等”という範囲の区切りがいかにも厨だなw

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 01:04:05 ID:yry6hDW10
>>432&>>433
ぶぁ〜〜〜〜か!!!あんた若いだろ?
この類にソースなんかある訳ねーだろーが。常識も常識。いろはのいだよ。
>防大は事実上採用試験だから裁量がある
では言うが、警察官は3親等以内に前科者がいる場合、採用試験に合格しても入れない。
また、身上調査の為、その者の出身地域の駐在等が調査に行く。この場合身内に左系統、
つまり共産党員がいる場合は、かりに本人が左でなくても絶対に採用はされない。
また、警察官は結婚する場合、結婚相手の身内の3親等以内に前科者または共産党がいる場合、
結婚は認められない。どうしても結婚したければ、警察を辞めるしかない。
これは列記とした現実であり、ソースがあるとか無いとかいうレベルの問題ではない。
同様に、防衛大は自衛官の士官候補生。将来は幕僚を担う人材である。
>434の言うように一般の自衛官は6親等以内に共産党がいる場合は、絶対に上には上がれない。
防衛大に至っては、身内に共産党がいる場合、それだけでアウト。左は絶対に駄目。
あんたは世間知らずの様だから教えてやるが、日本共産党が正式にソ連からコミンテルン
加入を認められたのは大正十一年(1922年)。以後、資金と指令がソ連からあり、その指令
を疑う事無く実行しようという連中これが日本共産党。日本共産党がコミンテルン加入の際
ソ連から出された『二十二年テーゼ草案』には、天皇制の廃止や軍隊、警察の解体。労働者
の武装等がハッキリ謳われている。これは戦後も代わらず共産党の党利党略にハッキリと謳
われて来た。つまり、危険思想。
こういう政治犯を検挙する為の調査機関が、公安調査庁。つまり検事さん達。実行するのは
警察や場合によっては自衛隊が出る。ごく最近あった有名な事件では『オウム真理教』。
あれは、共産党とは違うが日本の転覆を謀りオウム国家を樹立しようとした危険分子。
『地下鉄サリン事件』の本来の狙いは、地下からサリンを撒き、立ち昇るサリンガスによって
警視庁本庁の機能を停止させようとした狙いがあった。こういう事実は今現在も列記とした事
実として存在している。これらを内定調査したのは公安であり、逮捕したのが警察。
要するに、共産党員(共産思想)というのは未だに『お尋ね者』扱いされており、されて仕方
の無い思想的背景が歴然とあるわけ。
>432思想なんておかしなものは今時あまり考えない。
こういう世間知らずな事いってるから平和ボケした無責任論者と言っておるのだよ。
もっと広く世の中を勉強しましょうね〜wwww

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 05:37:38 ID:hSTihpbX0
↑妄想大爆発w
こんなのがやってる消火器詐欺にひっかかったらあかんよww

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 08:28:17 ID:L241zGl40
長く2ちゃんやってるがソース出せないことをここまで自慢げに
言う椰子初めて見たな。
くれぐれも消火器詐欺にry

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 12:36:39 ID:Y884toB20
>>438
前スレにもこのスレにも沢山いたぞ

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 19:42:57 ID:Sn6QO9m+0
まあこの手の連中は少なくないけどさ…
「ソースなんかある訳ねーだろーが」にはひいたよ。一応ここ学術板だし。
奴のことだからこのレスをした漏れにも人格攻撃をするんだろうな… 

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 20:57:10 ID:hSTihpbX0
多分、統一教会系の専従だから放置が一番てつねw

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:41:39 ID:NNY3TLYh0
>>436
あんたの言っていることは多分本当なのだろう。内容からしてソースは提示できないだろうが、

自衛隊に左翼分子が混入すると、防衛機密情報が中国(やソ連)に流れるのは当然となる。
警察に左翼分子が混入すると、左翼暴力集団の取り締まり情報が筒抜けになる。

こんな危険を見過ごすほどのボンクラでは、日本を守れないだろうな。靖国とは無関係だが。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:47:26 ID:NNY3TLYh0
>>425 "一応、天皇家は監督としての地位まで放棄していない事を主張すべく勅使を送って来る"

一宗教法人を天皇家が監督している、という考えが憲法上すでに破綻しているし、
天皇家の主張は天皇(+皇后)陛下にしか分からない。この文章は完全にお前の妄想じゃん。

匿名をいいことにトキトーな書き込みしてるよな。実に感心。




444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:14:19 ID:68TKONhT0
とりあえずソースや根拠が無い以上妄想とレッテルを貼られるのは
仕方がない。2ちゃんとはそんな所だ          

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:39:51 ID:NNY3TLYh0
>>425
「消火器詐欺に気をつけろ!」と言いながら消火器を売りつける、新手の消火器詐欺じゃん。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:54:14 ID:Y884toB20
あの消火器は実はまがい物なんです
こっちの消火器はキチンとした物です

やってることは同じだな

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:59:10 ID:NNY3TLYh0
>>1
”先の戦争で亡くなられた方は、靖国神社に神様として祭られています。
これは、国と亡くなられた方との、永遠の約束です。”

結局、これが全てなんじゃないの?総理大臣の靖国参拝は当然だろうし、
天皇陛下の御親拝が復活すれば申し分ない。中国にとやかく言われる筋合い
はない。

A級戦犯分祀にせよ、国立追悼施設論議にせよ、今議論したら中国の意向に
従って動いているとしか見えない。みっともないからやめろ。国益は金が全て
ではない。国内問題に外国の介入を許すこと自体、国益に反している。

今中国の意向に従えば、今後もニンジンをぶら下げられて次々と踏み絵を迫られる。
日本国外務省の東アジア関連部署は、中国の出先機関に成り下がってないか?


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 01:18:45 ID:xm2IeN7J0
>>447
かつて国が約束していた国営追悼施設としての靖国神社は消滅しました。
現在有るのは、その約束を引き継いでいると自称しているだけの、私的
宗教団体です。
現在は存在しない国営の追悼施設を再設置する事こそが、戦死者との約束
を守る道です。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 01:22:28 ID:xm2IeN7J0
>>445
>あの消火器は実はまがい物なんです
>こっちの消火器はキチンとした物です
それが事実なんですが・・・

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 01:45:15 ID:yREMkzQY0
>>448
天皇陛下は靖国神社の春秋例大祭に勅使を派遣なされている。
戦没者の遺族も靖国神社に参拝している。

「現在有るのは、その約束を引き継いでいると自称しているだけの、私的
宗教団体です。」

自称しているだけなら、勅使派遣も遺族参拝も総理大臣参拝もあるまいよ。
中国など何の文句も言わないはず。

戦前も戦後も靖国神社の教義は変わっていない。靖国神社の歴史を見れば明らかだ。
英霊が今も宗教法人靖国神社の御祭神であることは間違いない。

余程幼稚な左翼でも、ここまで程度の低い意見はなかなか言えないだろうよ。

「国営の追悼施設」
それを言うなら、憲法の政教分離規定を改正して靖国神社国家護持を実現させるべき。








451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 01:47:13 ID:yREMkzQY0
>>448 
せいぜい、頑張れよ!ホロン部!


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 01:53:40 ID:prVRM2w10
>>448-449
その理論で言うと消火器自体存在しないことになる

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 02:33:54 ID:fHhoglAP0
>>436
あんたのいってる事は本当だね。
ソースの提供は無理でしょうね。
>>437 >>438
あんたら知友人や身内に自衛官や警察官はいないのか?
いい機会だから妄想かどうか採用窓口にでも電話して是非確認してみな。
この程度なら解答してくれるんじゃないかなぁ。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 20:24:56 ID:xm2IeN7J0
>>450
>勅使を派遣
天皇個人の私的行為。

>戦没者の遺族も靖国神社に参拝している。
心底信じているのか、騙されてるのか、公的施設が無いから
やむを得ずなのか、色々有るとは思うが、あくまでも個人の
私的行為。

参拝者の層や数がどう有ろうと、現在の靖国神社が公的なもの
でない、一私的宗教団体である事実は動かない。反証としては
論拠になってない。

>自称しているだけなら、勅使派遣も遺族参拝も総理大臣参拝もあるまいよ。
単なる自称でも、それを個人として信じる自由は誰にでもある。
だが単なる自称では公的行為の根拠にはならないのだよ。

教義が同一であれば同一の宗教団体なのかも疑問だが、それ以前に、
これもまた論点がずれている。>>448では国営追悼施設としての
かつての靖国と、私的宗教団体としての現在の靖国は別物だと言って
いる。宗教団体としての同一性、連続性など問うていない。

人の程度を云々する前に、もう少し読解力論理力をつけてもらいたい。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 22:05:59 ID:prVRM2w10
つまり、現在、国営の追悼施設がないのが問題であって、
今ある靖国神社には一切の問題は無いと言う意見なんだな?

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 22:12:19 ID:bno+M+cL0
>>436
もうコミンテルンなんかないよw

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 22:25:19 ID:Q7ACy3t60
>>453 “採用窓口にでも電話して是非確認”

ちょっと世の中が分かった自衛官と話すと、有事に一番頼りになるのは日共と農協w 層化や宗教系は危機に強いが裏切るだろうし自民なんぞ半数は利敵行為に走るだろう、と知っているよ。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 22:52:15 ID:9t8sqqZE0
>>457
層化??⇒創価


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 23:03:47 ID:yREMkzQY0
>>454
”天皇個人の私的行為”

日本国憲法を読んだことないの?天皇は日本国民統合の象徴であって、憲法上明確な公人なんだが。
反論するのがばかばかしくなってくるな。

”心底信じているのか、騙されてるのか、公的施設が無いからやむを得ずなのか”

遺族を馬鹿にする書き込みだな。戦没者の遺族の心情と言うものを考えたことがないのか?
人でなしめ!

”単なる自称でも、それを個人として信じる自由は誰にでもある。だが単なる自称では公的行為
の根拠にはならないのだよ。 ”

>>413から>>421の昭和60年11月6日の参議院予算委員会の議事録をよく読んでみな。あと、それ以前にも、
「靖国神社合祀事務の遅れ」「合祀を急げ」という発言が国会で何度か行われている。民間宗教法人になった
後も、靖国神社への合祀事務に国は最大限協力している。単なる自称なら協力などしない。国民的な合意
あったればこそだろう。国は英霊を靖国神社に祭るという約束を最大限果たした。

勅使派遣は、天皇陛下の約束を守る一環の行為の一環と見られよう。総理大臣と比較できるものではないが、
本来なら、総理大臣の公式参拝は当然。中曽根以前の総理は概ね靖国神社に公式参拝している(後の
政府見解で私的参拝にすりかえられたが)

あと、何か勘違いしているようだが、靖国神社が宗教法人であることは認めている。靖国神社自体は公的な
存在ではない。しかし、そこに英霊が祭られているのは疑いのないことだ、と言っているのだ。そこに
お参りする人々の想いは大切にしなければいけないよ。

読解力が足りないのはお前の方だ!前すれもよく読めよ。






460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 01:07:16 ID:VXKbhv0K0
勅使派遣は天皇陛下の重要な公務だね。大相撲観戦も公務。何をやっても公務。遊びじゃない。


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 05:19:13 ID:uZU/Wmsk0
“人は死ぬ必ず死ぬ、絶対死ぬ。地獄に落ちるぞ” by Ω信者

≒“戦没者の遺族の心情と言うものを考えたことがないのか? 人でなしめ!” by 靖国カルト信者

カルトの教義では戦没者に民間人の戦争犠牲者は含まれないようでw
何しろ聖戦の犠牲になったのだから喜ばないといけないそうです...

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 05:38:03 ID:6nLM228Z0
>>457
それを一番良く知っていたのはマッカーサーだと思う。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 07:28:58 ID:68d6Vq3F0
>>459
天皇にも私事はある。論文も出しているハゼ類の研究などはその例。
靖国勅使派遣は私事だよ。憲法に定められた国事行為に入ってないし、
宮内庁HPでも公務として上げられていない。

>「靖国神社合祀事務の遅れ」「合祀を急げ」
これも靖国支持者の主張でしかない。当然国会で主張する権利もある。

>靖国神社への合祀事務に国は最大限協力している。
多くの国民から要請があれば、法の範囲内で協力するのは行政の務め。
単なる行政サービスであり、靖国の自称を公的に認めたわけではない。

>そこに英霊が祭られているのは疑いのないことだ、と言っているのだ
悪いが、それ自体が私的な宗教心に基づく、私的な主張でしか
ないのだよ。公的追悼施設としての立場を捨て、神道と言う
宗教形式を優先させて守った時点で、そうなってしまった。
ある意味、裏切ったのは靖国神社なんだ。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 07:33:54 ID:68d6Vq3F0
>>455
私的宗教団体としての靖国神社には問題はないよ。
A級戦犯を祀ろうが、麻原を最終解脱者として崇拝しようが、私的な
信仰は自由だから。
中韓と言えど、国と無関係な私的な宗教団体の祭祀にクレームは
付けられない。
その私的宗教団体を公的なものと扱おうとするから問題になる。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 10:44:32 ID:F+nnxLje0
>>464
「公的なものと扱おうとする」のが問題というが、
貴方の意見を総合すると、公的に見えるが全て私的な行為であり、何の問題もないように思えるんだが?

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 22:41:11 ID:68d6Vq3F0
>>465
何が言いたいのか良く解からない。
私的な祭祀、私的な参拝はもちろん問題ないよ。
でも公的参拝は政教分離違反だし、靖国を公的存在で
あるかのように思わせ、公的参拝が当然と思わせるのは
「消防署の法から消火器販売」同様の詐欺的手法だと
言ってるのだがね。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 23:29:31 ID:VXKbhv0K0
>>463
"靖国勅使派遣は私事"
昭和50年9月まで、公務として靖国神社御親拝が行われ、勅使は国家公務員である侍従が務めていた。
つまり、勅使も公務であった。

しかし、社会党の秦豊らの執拗な皇室の伝統的祭祀攻撃(政教分離違反)により、伊勢神宮や靖国神社と
いった宗教法人に対する勅使は国家公務員である侍従から、天皇の私的使用人である賞典に変えられた。

政府の事なかれ主義によって、「昭和50年9月以前は神社への勅使派遣は憲法違反だったかもしれないが、
以降は勅使は公務員じゃないから憲法違反にあらず」という体制に変更された訳だ。こんな状況では、
天皇陛下の御親拝も難しくなる訳で、御親拝が途絶えた原因を「野党による執拗な皇室攻撃」に求める
向きもあるようだ。

しかし、賞典とはいえ給料が皇室から出ている以上、勅使派遣は天皇の公務とみなされよう。天皇の公務
は憲法の国事行為のみならず幅広い範囲にわたっているのだ。生物研究や論文投稿も、天皇陛下の行幸啓が
伴ったり、宮内庁が投稿手続きに関われば当然公務となる。


468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 23:45:33 ID:VXKbhv0K0
>>463
”単なる行政サービス”

靖国神社合祀事務協力の実態が、単なる行政サービスというより、御祭神の選考にまで踏み込むような
密接なものであった、というのが>>413-421で野田哲議員が述べていることだ。今の民主党ほどお粗末では
ないだろうから、それなりの証拠は持っていたのだろう(目的はおかしいが)。

野田議員の発言には、靖国神社HP記載内容を詳述していると思われる部分もあり、合祀事務が
「いわば官民一体の共同作業」であった、という靖国HPの記載はデタラメではあるまい。


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 00:03:40 ID:u20scQMu0
>>463
”靖国の自称”

国家神道の解体により、官幣社は全て民間の宗教法人となった。全国の殆どの神社は、民間組織である神社本庁
が統括しているが、靖国神社は独立した宗教法人として歩んだ。つまり、GHQの政策で全ての神社は宗教法人
になったわけで、靖国神社だけを特別あげつらっても意味がない。神社本庁だけ特別扱いするのはおかしい。

国家神道解体後、全ての神社が自称〜神社になったというなら、少なくとも、お前は神社に初詣に行ったりしないん
だろうな?とにかく、神社の自称問題は宗教版で議論してくれ。

俺の私的な見解では、神社運営の母体が国から宗教法人に変わったとしても、
一 御祭神が変わっていない
二 教義が変わっていない
三 運営母体が変わっても、多くの国民が同一の神社と認めている
の3点から、神社としての継続性は保たれていると判断する。別物と言うのは暴論と思える。別物と言い張っている
のは、2chに出没するお前だけではないか?今時の左翼でも、そんな幼稚なことは言っていない。


470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 00:22:03 ID:u20scQMu0
>>463
”公的追悼施設としての立場を捨て” ”ある意味、裏切ったのは靖国神社なんだ”

これは、全く史実と逆であり、靖国神社が公的追悼施設の立場を自主的に捨てたのではなく、GHQ
が公的な立場を剥奪したのだ。公的立場を剥奪されても、明治天皇の御創建の聖旨に従い、英霊を祭り顕彰し続ける
にはどうしたら良いか、と思案した結果が民間宗教法人靖国神社として歩むことだったのだろうと推察する。

公的追悼施設などは必要ない。靖国神社が英霊のみたまを祭り続ければ十分だし、靖国神社に行けば亡き父、息子に
会える、という遺族の想いが通じるならばそれでよい。公的追悼施設を作ったとして、何の利益があるのだ?中国と
反靖国の左翼連中が喜ぶだけだ。当事者である遺族は蚊帳の外。


471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 00:59:43 ID:u20scQMu0
>>466
憲法改正により政教分離規定を改正し、靖国神社国家護持を実現させるのが最も分かりやすい。
国家護持が実現しないまでも、政治的な存在でない天皇陛下の御親拝が復活すれば素晴らしい。

遺族は喜ぶであろうし、中国は沈黙するであろう。極左暴力集団の無差別テロが一番心配だが。
極左暴力集団はキチガイだから、まともな議論は通用しない。オウムより恐ろしいカルトなのだ。


472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 02:56:53 ID:QZDL4lDG0
>>470
>公的追悼施設などは必要ない。靖国神社が英霊のみたまを祭り続ければ十分だ

>>471
>憲法改正により政教分離規定を改正し、靖国神社国家護持を実現させるのが最も分かりやすい。

「靖国神社が英霊のみたまを祭り続ければ十分」なのだから、
靖国は民間宗教法人としてその信仰を堅持さえすれば良いのであり、
「靖国神社国家護持を実現させる」必要などは存在しない、と繋がるのが普通の論理だと思うんだが、
そうはならないのが靖国カルト信者の興味深い点だねえ。

まぁ、「英霊顕彰」の本質があくまで戦争被害による哀悼を国家への服従へと誘導する詐術である以上、
靖国の存在意義は原理的に国家統治と切り離しえないのであり、
靖国が国家機関への復帰を求めるのは当然であって、
一宗教法人としての活動云々というのがもとより欺瞞でしかないのは明らかなのだが。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 03:08:15 ID:gdrvZOY60
靖国が国家機間への復帰を求めたことってあるの?

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 03:43:59 ID:Y7NhT5N60
>>467
公務と見なされるのが拙いから変更したのだろう? 私事であると
言う認識を示したのは明らか。

行幸中にトイレに行くのも公務かね?w

>>468
国は否定しているのだが。
合祀事務と言ったのは不適切、公務死者の照会に応じたもの、
遺族支援業務の一環、直接合祀に関与するのは違憲、とね。
そして国の否定を引き出したことで野田議員は鉾を収めている。

>>469
神社本庁を特別扱い? そんなことどこにも書いてないが?

靖国神社はその成り立ちからして公的存在である事が前提だった。
前提たる公的追悼施設としての立場と機能が失われている以上、
戦前の靖国と同一と言う事は出来ない。

>>470
GHQは宗教性を捨て公的追悼施設になるか、公的立場を捨て一私的
宗教団体となるか、選択を与えた。公的立場を捨て神道と言う形式を
選択したのは靖国神社。その時点で、公的な祭祀は失われた。
靖国にみたまがいると言うのはあなた方の私的な信仰でしかない。

>公的追悼施設を作ったとして、何の利益があるのだ?
公私の区別を峻別する範にはなるな。公務員の綱紀が乱れている昨今、
襟を正すためにも必要かも知れないw

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 07:49:25 ID:ps6/Zxcg0
↑つか公的追悼施設としての千鳥ヶ淵がある。
戦後、一貫して日本政府は千鳥ヶ淵を追悼式典会場として用いてきている。

靖国には公的性質は全く無い単なる宗教団体なのに、いまだに公的であるかのような誤解を広めるようと信者が虚しい“消火器詐欺”を続けている。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 14:57:12 ID:2hNIFCOu0
★緊急事態発生!!日本に朝鮮人が押し寄せる法案が可決間近!?★

自民党が本来推進していた「北朝鮮人権法案」とは、北への「経済制裁のみの法案」でした。
これに対し民主党も二月に「北朝鮮人権侵害救済法案」として「独自案」を国会提出。
これは「脱北者を難民と認定し、日本の定住資格を与える」という条項を盛り込んだものです。
法案成立を急ぐ自民党は、ここへ来て民主案(脱北者支援)も受け入れる考えに方針を転換…
脱北者支援について「施策を講じるよう努める」の明記で合意しました…

スパイ防止法さえ無い日本が脱北者の移住を支援… orz

そんなことをすれば、どの様な事態に発展するかは火を見るより明らか!
法案は6/13可決予定です!時間が有りませんので今直ぐ抗議行動に結集して下さい!!

【政治】"脱北者の保護・支援に努める" 与野党が「北朝鮮人権法案」で一本化…今国会で成立へ(N速+現行スレ)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149862878/l50
【日本終了】朝鮮人を日本に大量移住 反対 OFF(抗議運動作戦本部)
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1149833514/l50

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 23:10:56 ID:u20scQMu0
>>472 "「英霊顕彰」の本質があくまで戦争被害による哀悼を国家への服従へと誘導する詐術"

これを読んで、正直びっくりした。靖国神社の生い立ちについて何も知らないといっているのだ。
顕彰信仰が何かも知らないようだ。まあ、根拠を示せと言って迫っても何も出てこないだろうから、
これ以上何も言わない。勝手にそう思い込んで満足していればいいよ。ホロン部の君。

”靖国が国家機関への復帰を求めるのは当然”

これも、すごい思い込みだね。捏造でないなら国家機関への復帰を求めた証拠を示せと言いたいが、
何もでるわけないのでこれ以上言わない。靖国神社国家護持運動のことを言っているなら、勘違い
もいいところ。もっと調べないと恥をかくだけだよ、ホロン部の君。


478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 23:45:25 ID:u20scQMu0
>>474
>>467を良く読んで欲しいのだが、問題になったのは「勅使が公務員の場合、政教分離規定に抵触する」ということ
であり、政府は「勅使が公務員でなければ、政教分離規定に抵触しない」という逃げ方をしたのだ。ここからは、最早
人それぞれ解釈が違ってくる微妙な領域なのだろうが(裁判所も判断をさけると思う)、公人である天皇陛下が派遣する
勅使の任務は、それ自体が公務の領域に入ってくる、という見解。

特に靖国神社の勅使は、陛下の御祭文を持参するので、天皇陛下の代理出席(行幸啓の代理)の色合いが濃いと私は
思っている。天皇陛下御親拝はれっきとした公務であり、御親拝の代わりに派遣される勅使が公務でないとは考え
にくいだろう。


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 23:55:37 ID:u20scQMu0
>>474 ”靖国神社はその成り立ちからして公的存在である事が前提”

そう言い切れない。国事殉難者を守護神として祭り、慰霊する儀式は、招魂社ができる以前から
民間で自主的に行われていた。藩や国が民間の祭りをまとめ、引き継ぎ招魂社が設立された。

順番からすると、民間信仰を国が引き継いだというのが正解だろう。



480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 00:06:28 ID:TflZBF140
>>474 ”神社本庁を特別扱い? そんなことどこにも書いてないが?”

要するに、国家神道における神社は全て、GHQの神道指令で民間宗教法人ないし
その傘下に入った訳だから、靖国神社だけを「自称」呼ばわりするのはおかしい、
と言っているのだ。靖国神社は別格官幣社のひとつに過ぎないのだよ。

伊勢神宮も明治神宮も日本の全ての神社が「自称〜神社」だといって別物だと主張する
べき。だが、これは宗教の話なので宗教板でお願いする。


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 00:12:24 ID:TflZBF140
>>475 ”戦前の靖国と同一と言う事は出来ない”

こう言っている言論人を見たことがない。今時の左翼もこんなことは言っていないようだ。
朝日新聞ですら同一視していた。私的意見として聞いておくにとどめましょう。2ch以外の
ところでこんなことを言っても、多分誰も相手にしてくれない。俺って親切かも。



482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 00:23:20 ID:TflZBF140
>>474 ”>公的追悼施設を作ったとして、何の利益があるのだ?
公私の区別を峻別する範にはなるな。公務員の綱紀が乱れている昨今、襟を正すためにも必要かも知れないw ”

公私の区別を峻別する範になる程度だったら、公的追悼施設の意味は殆どないに等しいではないか。

さんざん主張していた「公的追悼施設」への認識がこの程度とは恐れ入った。

お前が、「良く知っているようで実は何も知らないホロン部」に見えてきたぞ。




483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 00:35:35 ID:ppaTVOXB0
↑トーゴーさんは今晩も元気てつねw

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 00:48:36 ID:TflZBF140
>>474 ”GHQは宗教性を捨て公的追悼施設になるか、公的立場を捨て一私的
宗教団体となるか、選択を与えた。”

これは嘘だろ?

米国メリーランド州の史料によれば、GHQの宗教専門家が靖国神社に関する研究報告
を作成し、靖国神社の存続と神社名を「東京招魂社」に戻すよう勧告していたそうだ。

靖国神社廃止論もあった中で、存続を認めたGHQの最終判断に影響を与えたと思われる。


485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 01:16:43 ID:TflZBF140
占領軍の当初の方針は、靖国神社を焼却する意向でマッカーサー元帥はローマ法王使節の
ブルノー・ビッテル神父に諮問したところ、下記の回答を得た。

「自然の法に基づいて考えると、いかなる国家も、その国家のために死んだ人々に対して、敬意を払う
権利と義務がある。

それは戦勝国か敗戦国かを問わず、平等の心理でなければならない。無名戦士の墓
を想起すれば自然に理解できる。

もし、靖国神社を焼き払うことがあればそれは犯罪行為であり、米軍
の歴史に不名誉極まる汚点となって残るであろう。歴史はそのような行為を理解しないに違いない」

マッカーサーの涙 朝日ソノラマ刊より


486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 01:20:38 ID:TflZBF140

最終的に、GHQは靖国神社廃止を断念し存続を認めた。

昭和21年2月2日  宗教法人靖国神社が発足。 
昭和21年3月22日 GHQ ロバート・G・ガード氏 靖国神社参拝。

つまり、GHQの人間も、靖国神社を戦没者のみたまの祭られた施設として認めている。
その後、在日外国人武官も数多く参拝し続け、タイのプミポン国王も参拝している。


487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 02:05:06 ID:TflZBF140
>>474 ”国は否定している”

実態は野田哲氏の言うとおりと思われる。たとえば、以下の政府答弁は極めて苦しい。

野田哲君  選考基準、これはあるでしょう。明確にしてくださいよ。靖国神社合祀予定者選考基準
として第一類から第十五類まで、戦死あるいは病死の種類をずっと十五種類に分けて、これによって
名簿をつくれという指示をしているでしょう。どうですか。間違いないでしょう。
(中略)
政府委員(水田努君) 事務的な事実としては、一類から十五類までの都道府県が作業をする範囲
を示してやったということでございます。








488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 02:11:37 ID:TflZBF140
>>467 ”行幸中にトイレに行くのも公務かね?”

トイレとか食事とか、馬鹿馬鹿しいので敢えて触れなかったのだが、
馬鹿はこういう低レベルなことも平気で書き込むのか。驚くほどの低能だ。


489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 07:48:24 ID:RS1X54v70
>>485
そりゃ朝鮮戦争での旧日本軍の協力や、国内統治のために天皇制を
利用するためにしたことだよ。
特段日本の信仰に敬意を払ったと言うわけでもない。単なる建前だよ。

そもそもカトリックが異教に敬意を払うはずはない。
かならず政治的な意図があって行動する。
中南米見てみろ、土着の信仰破壊しまくりだろ。
これらもまたバチカンの指令や黙認で実行されてきたものだ。
カトリックはかなり中央集権的に動いているからな。

マッカーサーが日本にカトリック布教させようとしていたのは有名な話しだな。
カトリックのやることなんざぁあまり信用しない方がいいぞ。必ず裏がある。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 08:19:45 ID:kCq62XuW0
>>484
>>>474 ”GHQは宗教性を捨て公的追悼施設になるか、公的立場を捨て一私的
>宗教団体となるか、選択を与えた。”
>
>これは嘘だろ?
この話は「靖国神社 宗教色のない GHQ」でググると出てくるよ。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 11:57:10 ID:ppaTVOXB0
↑“連合国軍総司令部(GHQ)による国家神道の廃止命令によって、
「(1)国家との関係を断って宗教施設として存続する(2)宗教色のない戦没者追悼の記念碑的施設にする」、との2つの道の選択を余儀なくされ、靖国神社は(1)を選択、宗教法人令(昭和20年勅令第718号)上の宗教法人となった。”
http://www.valdes.titech.ac.jp/~tanaka/jugyo/sogob01a/suzukihiroyuki.htm

とある。


492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 22:40:00 ID:Pg/wAH8G0
今後とも我が国の総理大臣は靖国神社参拝を継続するべきである。
我々日本人は、自らと自らの国に、もっと自信と誇りを持つべきである。
我が国の歴史に恥じるべきところなんてない。とくに明治維新から現代に
至るまでの現代史は誇りを持ってしかるべきである。欧米列強に屈する
ことなく独立を維持しただけではなく、欧米列強に追い着き追い越した。
こんな国は世界にない。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 08:11:10 ID:Y3O/1hEo0
>>478
そもそも公務ならばなおさら政教分離に抵触する。
政教分離に抵触しないために公務員を勅使からはずしたのであれば、
それはやはり私事だと言う事だろう。

>>479
>国事殉難者を守護神として祭り
明治期以前にそんな風習は無いはずだが。そんな祭神が維新前に
あるなら示して欲しい。

>>480
靖国(及び護国)神社には戦死者の公的追悼慰霊顕彰施設と言う
他の神社とは異なる機能があった。むしろ宗教施設としてより、
公的機関としての方がかつての靖国の本質であったはずだ。
現在の靖国にはその立場と機能が失われているゆえに別物と
言っている。
さらに、元からあった神社が国家神道に組み込まれた場合は元に
戻ったわけだが、靖国には戻る元が存在しない。
ちなみに私は護国神社も戦前のものとは別物と考えているよ。

>>482
正直私は、武道館式典や千鳥が淵で十分と考えている。それでは不足だと
靖国信者が言うから、それに妥協して包括的な戦没者追悼施設に賛成
しているだけだ。
公私の区別は大切だよ。それこそが公を尊重する基本姿勢だ。公私の
区別をいい加減に考える人間が、公に殉じた殉難者を追悼慰霊顕彰しよう
と言う事こそ片腹痛い。

>>487
国が否定し、野田議員はそれを受け入れそれ以上の追及をやめた。
国家、自治体による靖国の祭神の選定は否定されている。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 14:05:38 ID:K0KkLzZK0
まあ、安倍がなろうが誰がなろうが靖国が現状のままなら
次期首相の靖国参拝は行われない(確定)

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 14:59:46 ID:6IYggB2f0
http://www.geocities.jp/mythjp2000/index.html

FLASH板で天皇オタの低脳ぶりを証明したFLASH


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 20:54:24 ID:VRzFsscw0
なに、この右翼スレ

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 01:23:38 ID:/C2RsyHz0
>>495
おいwFLASHじゃなくてFRASHらしいぞwwwwwwwww

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 01:43:11 ID:1WpXvH6y0
>>497
は?

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 08:54:23 ID:WOe3MfWs0
>>496
右翼スレと言うより左翼スレのような気が・・・

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 21:14:42 ID:h3cFc3wo0
ここはバカ右翼をヲチするスレてつねw

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 23:00:56 ID:k/JFZFLQ0
国事殉難者を守護神とする信仰は、いうまでもなく幕末期にはあったんだけど、揚げ足取りはやめると、似たような信仰はそれ以前にもあった。
ある病気で苦しんだ人が死後にその病気を治す神様として祀られたというのは近世には非常によくある話。
同じように、「国家」のために死んだ人は「国家」の守護神となる、という信仰が登場したと解釈できる。

公的な慰霊/追悼などなくてもいいんじゃない?
それぞれがみな自分のしたいようにすればよい

502 :501:2006/06/14(水) 23:03:14 ID:k/JFZFLQ0
>>493


503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 23:26:27 ID:KBX3fXwH0
>501
>ある病気で苦しんだ人が死後にその病気を治す神様として祀られたというのは近世には非常によくある話。

そのアナロジーなら、
「国家」によって殺された人が「国家」の害から人々を守護する神様として祀られなきゃならないんじゃない?w
民間信仰の中から「英霊顕彰」が自然に生まれたとする例証にはならなさそうだなあ。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 00:40:10 ID:e/1k0L7I0
靖国神社を参拝すると言うことは、
殉職者に感謝するということ、すなわち、国難においては
戦うこと、また戦う人を支えることの決意です。
また、分祀(間違った使い方の意味)を認めないということは、
指導者と国民が団結して事にあたった事を否定しないということ、
すなわち、国難においては、国が上下団結して事に当たることの決意です。
これらの決意を固めるために、神道その他の形をとっているだけ。

非難する人々はこのような決意を嫌がっているだけ。
何故に嫌がるか。領土的野心等の下心がなければ嫌がらない
事までは分かる。




505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 00:58:20 ID:9XXrdt8J0
>>504
>何故に嫌がるか。

君は靖国を判ってない
靖国が単なる国難殉職者の慰霊施設なら問題も少ないだろ

・天皇のために銃弾に倒れた者を神として賛美する施設(病死の軍属さえ区別される)
・鳥羽伏見以降の戦を全て天皇側が正しいとする歴史観(併設博物館等による)
とかで抵抗を感じる人がいるんだろ


506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:05:44 ID:e/1k0L7I0
>>505
本当の理由を隠すために言っているだけ。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:16:26 ID:9XXrdt8J0
>>506
国民団結のための靖国って論にも欠点があるね
薩摩・長州兵は神として祀る
会津兵は鎮霊社(それも昭和40年になってから)

両者の溝を埋める努力すらしてないw
普通に見たら天皇側のご都合主義だろ


508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:21:34 ID:e/1k0L7I0
>>505,507
そういう問題ならたいした問題にならなかったろうね。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 03:03:49 ID:zjgLLOSe0
会津は朝敵じゃん。官軍の兵士を殺した側
庶民でも 関西の英雄は楠木正成、東北は義経 
その差は大きいw

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 01:44:47 ID:ndoAJPoW0
>>509
で、禁門の変って聞いたことあるかな?
そう長州が朝廷に刃向けた戦争だ。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:38:14 ID:LKDM08nn0
>>493
勅使派遣が本来天皇の公務であることは疑いがない(宮内庁組織令第12条の7:総務課の業務として「勅旨伝達」を明記している)。
昭和50年までは伝統に則って侍従が勅使として神社に派遣されていたわけだが、社会党のくだらぬ横槍で賞典に変更された。

天皇が賞典を勅使として伊勢神宮や靖国神社に派遣するなら、なんら政教分離規定に違反しないということだ。天皇は祭祀王だから、
公務で神社に勅使を派遣するのは至極当然である。


512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:53:57 ID:LKDM08nn0
>>493
靖国の本質は、戦前も戦後もあくまで神社であり、公的機関云々を議論しても意味がない。
国家神道において、別格官幣社であったことは周知であり、御祭神の性質上陸海軍省が管轄
していただけである。

>>493”元からあった神社が国家神道に組み込まれた場合は元に戻った”
これはとんでもない事実誤認だろう。GHQの神道指令で国家神道が解体された後、元から
あった神社も全て民間宗教法人となるか、またはその傘下に入った。つまり江戸時代のよう
な超俗的かつ素朴は存在に戻ったわけではなく、法律上の宗教法人に更に変化したのだ。

>>493”それでは不足だと靖国信者が言うから、それに妥協して包括的な戦没者追悼施設に
賛成しているだけだ”
これは完全に意味不明だ。靖国神社の存在と包括的な戦没者追悼施設とは相容れないだろう。
遺族会の主張に妥協するなら、国立追悼施設に反対の立場をとるはずだが。意味不明だ。

>>493”公私の区別は大切だよ”
それはもちろんだ。しかし、公私の問題と靖国神社とをからめて論じるのはややこしいから
やめてもらいたい。ここは道徳板ではない、日本近代史板だ。道徳を語りたければ他に適当
な板があるだろ?





513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:57:42 ID:LKDM08nn0
>>493
国は、野田議員の追及に対して、国としての原則論を繰り返しただけあり明確に否定していない。
野田議員の追及をはぐらかして終わっている。特に、>>487は否定ではなく肯定だ。


514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:09:23 ID:LKDM08nn0
>>490-491
491の言っていることが正しい。「GHQは宗教性を捨て公的追悼施設になるか、公的立場を捨て一私的
宗教団体となるか、選択を与えた。」というのは間違いで、正確には、

「国家との関係を断って宗教施設として存続する、または、宗教色のない戦没者追悼の記念碑的施設にする」
の二者択一を迫られた形になったのである。GHQは公的追悼施設とは一言も言っていない。

「神社神道は国家から分離せられ(略)もしその信奉者が望む場合には一宗教法人として認められるであ
ろう」と書いているだけ。

>>493 公私の区別の重要性を強調している割には、肝心の自分がきちんと区別できていないな!


515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:42:46 ID:bvFB4bAO0
…でお舞いのやることはAA荒らしか。見苦しいことこのうえないよ…。
真面目な靖国擁護派まで同類に見なされかねないからもう来なくていいよ


516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:45:20 ID:kZfkdD4P0
政教分離と言っても、そもそも我々は天皇が認めている。
故に、神社になら総理大臣が参拝しても問題ない。

GHQが何を言ったかなんて、今の我々には関係ない。
自ら決めるべし。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:53:21 ID:LKDM08nn0
>>515
何か擁護してみなよ。もし、出来るなら、の話だが。
むろん、攻撃しても構わない。ここでは真面目に対応する。


518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:58:36 ID:bvFB4bAO0
俺は一応靖国擁護派だぞ。ただお前のアホ丸出しの荒らしが見苦し過ぎ。寧ろ同じ
靖国擁護として情けないよ      

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:09:05 ID:7CUzO+Uo0
公安調査庁の認定によると、
・日本革命的共産主義者同盟(JRCL)
・統一共産同盟
といった、いわゆる極左暴力集団が「靖国神社参拝違憲訴訟」に介入している。

極左テロリストがなぜ靖国問題に介入するのか?靖国神社は英霊を祭った神社に過ぎず、
イデオロギーとは無縁の存在である。明らかにおかしい。


520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:22:37 ID:7CUzO+Uo0
極左暴力集団の特徴

@共産主義思想に染まっているが肝心のマルクスの「資本論」は読んだことがない
A自分達をエリート視する一方大衆を豚だと思い見下している
B世間知らずな若者を引き込み組織に組み込まれた者は二度と抜けられない
C金と女が大好きな俗物の集団で上層部ほど腐っている
D目的のためには平気で人を殺し強姦も強盗もやり放題の無法者
E革命とは大衆を支配する特権階級になることだと思いあがっている
F親や世間や先人達の恩に仇で報いている
G天皇家を敵視している


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:36:57 ID:xhQ42s2r0
またAA荒らしか(笑)

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:49:23 ID:xhQ42s2r0
更に言わせて貰えば517も理解しかねる。自分がメインで常駐してる
スレでは真面目だが他のスレは荒らし放題、AA貼り放題だとでも言いたいのかな?
靖国擁護の仮面を被りながら荒らしをして楽しい?頼むからこれ以上靖国の尊厳、英霊の
尊厳を傷付けるのはやめていただきたい。        

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:50:53 ID:I3PeAray0
>>519
JRCLって第四インターで、統一共産同盟って構改派でしょ。
新左翼ではあるけど、極左暴力集団とはちょっと違うような気もするなあ。
それと靖国がイデオロギーと無縁の存在なら、公式参拝とも無縁な気がするんだけど。
それとも公式参拝も明らかにおかしいの?

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 01:06:49 ID:7CUzO+Uo0
>>523
靖国神社が公式参拝を要求している訳でもないし、公式参拝は全然おかしくないと思う。
英霊を靖国神社にお祭りするのは、国との間に交わされた永遠の約束ですから。

そもそも、彼らの違憲訴訟自体言い掛かりに等しい。検索すれば訴状が出てくるけど、
読んでいて馬鹿馬鹿しくなる。


525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 01:15:13 ID:7CUzO+Uo0
>>522
お前もずいぶん馬鹿だな。靖国神社について書き込みなさい

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 01:23:54 ID:yquyJXYA0
靖国擁護を名乗りながら荒らしをするな。俺が言いたいのはそれだけ。(靖国擁護派=荒らしってもろ左翼の望むイメージだろ)
それともやっぱり荒らしは辞められないのかな?                                 

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 01:49:06 ID:7CUzO+Uo0
>>526
ここがどこだか分かってないね(笑)ここで俺を糾弾しても無意味だ。
逆に、お前が靖国擁護派の仮面をかぶった荒らしだと思われるぞ。

今実現させるべきは、天皇陛下の靖国神社御親拝である。そもそも、戦没者を靖国神社にお祭りする
という約束は、天皇陛下の名の下に行われたものであり、戦前は靖国神社の御祭神を決定するには
天皇陛下の勅裁が必要であった。

今年の終戦記念日には小泉総理が公約を果たし、中国の不当な内政干渉を突っぱねるであろうが、
次期総理にも、是非そのような気概をもってアジア外交を推進してもらいたい。

靖国神社は日本固有の文化・習俗であり、それを認めない中国の圧力に屈するのは、長い目で見
ると外交的にも経済的にも文化的にも日本の国益を損ねることになろう。







528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 02:06:13 ID:7CUzO+Uo0
中国は昭和60年の中曽根公式参拝以前には、総理大臣の靖国神社参拝に関して何の文句も言っていない。
A級戦犯とされた人々が合祀された後も、大平首相が3回、鈴木首相が8回、中曽根が9回参拝したが
中国からは一切の苦情がない。騒いだのは国内の左翼だけである。

昭和60年の中曽根公式参拝に合わせて、売国朝日新聞や左翼言論人が展開した反靖国キャンペーンは
歪曲と印象操作の塊で、実にひどいものだった。遂に売国朝日と社会党とは結託して中国共産党を
挑発し、ついに火のないところに煙を立ててしまった。

それが今日まで尾を引いている。中国は引くに引けない国内事情を作り上げてしまった。自業自得
とはいえ、この問題を上手にソフトランディングさせるのは中国側の責任だ。


529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 03:38:41 ID:fn/QzV2G0
>>519
>靖国神社は英霊を祭った神社に過ぎず、イデオロギーとは無縁の存在である。

「戦死者追悼に国家が責任を持たなければならない」という主張が一つの政治的イデオロギーでなくてなんだと言うのだ。
しかし、同じID:7CUzO+Uo0がごく隣接したレスでは、

>>527
>今実現させるべきは、天皇陛下の靖国神社御親拝である。そもそも、戦没者を靖国神社にお祭りする
>という約束は、天皇陛下の名の下に行われたものであり、戦前は靖国神社の御祭神を決定するには
>天皇陛下の勅裁が必要であった。

と靖国の政治的性格をごく当然のように肯定的に語っているのを見ると、
靖国信者にとっての「イデオロギー」とは、一般的な近代社会での常識的内容とは
およそ懸け離れた異様な意味を持った単語であるようだな。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 07:56:25 ID:kMHyUDf40
>>510 靖国流解釈だと禁門の変は監禁状態の孝明天皇救出作戦といったところかw

主な敵には薩摩兵もいたから、官軍vs朝敵で区切るには維新で区切らざるを得なかったんだろう。
大村益次郎先生が考えていた無名戦士墓所構想を公家衆の“イデオロギー”が捻じ曲げて実現した故の構造的欠陥だ罠...

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 21:32:53 ID:DuLbRUTA0
もっとすうはいしろw

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 14:09:25 ID:yiSp/4HP0
遊就館のビデオのBGMがX−JAPANのFOREVER LOVE
って不適切だろ。日本のために戦って命を落とした英霊を弔うなら、日
本語の歌にしろよ。しかも小泉のお気に入りの曲とあっては情けない。


533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 23:40:08 ID:9ruaFu/R0
いちおう日本語の歌だよw 英霊には理解不能だろうけどね...

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 00:20:12 ID:Nks1Nod60
>>529
「戦死者追悼に国家が責任を持たなければならない」という主張が一つの政治的イデオロギーでなくてなんだ

何かに「国家が責任を持たなければならない」と主張すると一つの政治的イデオロギーになりますか?

薬害エイズ、従軍慰安婦、成田空港用地買収、ハンセン病訴訟etc・・・みんな一つの政治的イデオロギーか?


535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 00:33:45 ID:Nks1Nod60
>>529
”靖国の政治的性格”

印象だけで語っているようにも見えますが。天皇陛下が祭祀に関わってはいけませんか?
アーリントン墓地やホワイトホールetc・・・も政治的な慰霊施設ですか?

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 00:50:26 ID:Nks1Nod60
「靖国」には「国の平和を願う」という明治天皇のお気持ちが込められています。
靖国神社を御創建された明治天皇のお気持ちを踏みにじってはいけませんよ。



537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 00:51:09 ID:egeNi3Sm0
アーリントン墓地は、連邦軍(北軍)を脱走して故郷の南軍を指揮して大打撃を与えたリー将軍の私邸を囲むように作られている。

ある意味政治的というより呪術報復的な施設。
どんな国でも戦没者慰霊には怨念がまとわりつくので、どの国でも努めて無宗教な形式を志向している。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 00:57:59 ID:egeNi3Sm0
「靖国」=「国の平和を願う」とは、朝廷による周辺諸族の討伐が続けられて来た日本において、限りなく夷敵(東日本/九州の縄文系諸族)や朝敵(平将門のように迫害された人々の側に立った天皇家の身内)を討ちなびく、という意味でしかなかった。

元々は外来人種として平和な日本を侵略しに来て、未だに偉そうな顔してる連中のやってる事。
きれいな心根から生じた気持ちじゃないよw


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 01:03:26 ID:Nks1Nod60
>>537-538
そう思うのは勝手ですが、何か明確な根拠があっての書き込みですか?


540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 22:28:02 ID:zneOvPZl0
戦死者が死後も英霊として存在し続けると思うのは勝手ですが、
何か明確かつ客観的な根拠があってそう思っているのですか?

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 09:50:57 ID:k8taQdo10
靖国神社が自存自衛のために英霊を人質にとっているのだ。小泉の略式
参拝は気に入らないとか参拝してもらった側が文句たれる道理はない。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 11:00:29 ID:5mD79ZVV0
>>514
>「国家との関係を断って宗教施設として存続する、または、宗教色のない戦没者追悼の
>記念碑的施設にする」
>の二者択一を迫られた形になったのである。GHQは公的追悼施設とは一言も言っていない。
それまでの靖国は公的追悼施設だったのだから、国家との関係を維持するので
あれば公的存在になるでしょ。GHQの言ってる事は公的でいたければ宗教色をなくせ、
宗教でいたいなら国家との関係を断てと言う事。そして靖国は公的立場より私的に
なっても宗教の形式を優先した。(まあ、宗教色の無い施設になっちゃったら神職
さん達の大半は失職するだろうから、気持ちは解らんでもないがw)

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 11:15:06 ID:5mD79ZVV0
>>512
>靖国の本質は、戦前も戦後もあくまで神社であり、公的機関云々を議論しても意味がない。
戦前の靖国神社に公的追悼慰霊施設としての機能がある以上、その性質を避けて通れない。
その機能が問題にならないなら、最初から公式参拝の根拠が失われる。

個々の信仰が国家神道に組み込まれても、国家神道が解体されれば個々の信仰が回復するが、
最初から国家神道に一部として存在する神社は、国家神道の消滅とともに消滅すると言っている。
現在あるのは、戦前の靖国を継承していると自称する私的宗教団体に過ぎない。

>つまり江戸時代のよう な超俗的かつ素朴は存在に戻ったわけではなく、法律上の宗教法人に
>更に変化したのだ。
何か問題でも? 宗教法人になれば元の信仰が変質し失われると言うなら、靖国の信仰も
失われていることになるが?

>靖国神社の存在と包括的な戦没者追悼施設とは相容れないだろう。
何ゆえに? 公的施設と重複して私的施設を設置を禁じる法は無い。公立学校と私立学校は
相容れない存在かね? 公的施設があろうと、一宗教団体として私的に勝手に戦死者を祭神と
認定して崇める事は自由である。

>道徳を語りたければ
道徳ではない。公務員の義務だ。公私の問題は靖国神社の性質や歴史的意義をを語る上で
避けて通れない問題である。公的存在として設立されなければ、戦死者慰霊追悼の中心的
施設として扱われる事はなかったのだから。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 01:22:55 ID:4vgbR3Nv0

おれはよくわからないんだよな。
いるじゃないの。
「日本のために戦って死んでいった英霊に感謝するために靖国神社に参拝する」ての。
そりゃ、日進日露はわかるよ。勝ち戦だもん。
でも大東亜って負け戦でしょ。しかもボロ負け。
日本を守ってくれた???ウソツケ。
無条件降伏だぜ。なんにも守りきれなかったじゃねえか?
列島丸焼け。植民地パー。アメリカの犬。
負けるような戦争をしたアホども、守りきれなかった負け犬、
何を感謝するわけ?

ワールドカップで日本がオーストラリアに負けて、クロアチアに引き分けだ。
シュートを外した柳沢、やる気なし小野、イエロー宮元、貧弱中村、
この日本サッカーを守れなかったバカどもに感謝しなきゃダメなの?
そして指揮官ジーコ、独裁者川渕、こいつらA級戦犯も合祀かw?
ありがとう!日本のために散っていった英霊よ!か???
あほか。

60年前、川渕みたいな長期戦略と、ジーコみたいな指揮のもと、
柳沢のように戦った サムライブルー1945 
エライ迷惑な日本代表だよw



545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 01:29:17 ID:4vgbR3Nv0
日本が、共産中国や狂犬韓国に勝つには、アメリカから自立するには
ちゃんとした歴史観が必要。
「優秀な先祖、手強かった敵を敬い、研究し、
 バカな身内、無能な先祖に過度な同情は禁物。」
失敗した奴は先祖だろうが、味方だろうが、徹底して批判すべき。
そうでなければ、また浪花節路線で、今度は中国に負けることになる。

強くなるために。お涙頂戴はサッカーでも政治でも厳禁だ。


546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 05:51:06 ID:3ggcOPnG0
\(^o^)/ ニッポン!オ・ワ・タ!ニッポン!オ・ワ・タ! \(^o^)/

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 06:38:46 ID:M2jn0H2lO
大東亜戦争で日本兵は、死んだら靖国へ魂がいくと信じて戦った 当然勝ち戦や祖国の平和を祈って死んでいった
そんな気概もない現代の人々に理解しろっつっても難しいのかね 兵士は国の平和を祈って命を散らしてったし、死んだら靖国へいくと信じていた 
いのちをかけて国を、家族を守ろうとした事は事実だろ
死者は靖国に「居る」んだよ
そのことをもっと理解しなきゃ、ばちがあたるよ
たくさんの死の上に現在の日本があることを認め理解し、次に自分達はどうやって国を守ってくか真剣に考えなきゃ、日本はほろびてしまうよ
外交に失敗し、他国に侵略されるなんてあっというまだ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 07:47:50 ID:FBC0AUG5O
俺は朝鮮人だが爺さんが靖国に祀られてるw

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 07:54:23 ID:pDMsrHj80
いやー負けたね。W灰。
大東亜戦争ソックリだったね。日本人の遺伝子かね

オーストラリア戦がミッドウェー。
ブラジル戦は沖縄戦かね。


がんばったねー でも真剣勝負は勝たなきゃクソなのよ。
参加することに意義なんてないのよ。
戦争に努力賞も、参加賞もないの。
一生懸命やりました。だから誉めてください?w 小学校か?

死んだら靖国? 行けばいいだろう。とめないよ、別に
おそらく死人は靖国にいるんだろうね。いると思うよ。

でも、無能な連中を誉める気にはならないね。勝手に祭られてろ。



550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 11:49:57 ID:2QBgxnQL0
>>547
>大東亜戦争で日本兵は、死んだら靖国へ魂がいくと信じて戦った 
彼らが信じていた戦前の靖国と、現在の靖国は厳密には別物なんだよ。
彼らは一私的宗教団体に祭られたがっていたのか? 国家の、公的な
慰霊追悼をやってもらいたがっていたのではないのか?

>死者は靖国に「居る」んだよ
本当に現在の靖国に居るのか?

>たくさんの死の上に現在の日本があることを認め理解し
だからこそ、兵士の命を使い捨て同然に粗末にした旧軍の所業や体制こそを
批判、反省せねばならない。靖国はそのシステムの一環だった。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 16:35:42 ID:/QvNXVJ30
>>550
いいこと言いますな。


552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 17:38:41 ID:nyM/IKb50
で、今の靖国の何がいけないの?
戦前の靖国と戦後の靖国が別物って主張は分かったから、
何が問題なのか明確に答えてくれ。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 17:48:11 ID:2QBgxnQL0
つまりは、スレタイにあるような【永遠の約束】など現靖国には存在
していないと言うことだよ。
そんなものは公式参拝や国立追悼施設反対の根拠にならないと言う事。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 17:57:24 ID:nyM/IKb50
公式参拝→政府は否定している
国立追悼施設→一宗教法人が何を言おうが好きにしたらいい

靖国行きたい奴は靖国に行けばいい
何も問題はないな。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 20:05:26 ID:3ggcOPnG0
>554
当然ながら靖国に行きたくないやつが行かない事にもまったく何の問題もない。
要するに、靖国に賛同しない日本国民を靖国信者が非難する根拠など一切存在しない、という事だ。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 22:20:22 ID:JTjEH4ka0
>>550
国家神道の神社と宗教法人としての神社という違いはある。しかし、別格官幣社のときと民間宗教法人となった
後で

@御祭神は変わっていない
A教義は変わっていない
B戦後の宗教法人靖国神社の合祀事務に国が最大限協力した
C遺族会を始め多くの国民が靖国神社に英霊が祭られていると信じている
D昭和天皇の御親拝が昭和50年まで続きその後も春秋例大祭に勅使が派遣されている

ことから、靖国信仰が戦前、戦後を通じて一貫して続いていることは事実だろう。これは官立私立とは無関係な信仰
の形態である。そして、靖国神社は多くの国民に「神社」として親しまれている。

政治家の中にも、最近、「一宗教法人に英霊の祭祀を任せていいのか」という意見が見え始めた。麻生外相の具体案
は見えてこないが、古賀遺族会会長は靖国神社国家護持をもう一度掲げてはどうかという見解を示した。靖国神社
国家護持には賛成だ。


557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 22:29:44 ID:JTjEH4ka0
>>555
靖国神社に賛同しない日本国民を非難しているのではなく、靖国神社を意図的に貶めようとする
不逞の輩を非難しているのだ。靖国神社は軍国主義の象徴などではない。

あと、無宗教の国立追悼施設なるものを山崎拓が作りたがっているが、神のいない施設で誰に
向かって何を祈るのか?そんな追悼施設が市民の生活に溶け込んだ憩いの場になるはずもない。

国立追悼施設は神社でも墓地でもない、国家の政治的妥協の産物ではないか。「死者を弔う」
という日本人の文化・伝統・習俗に基づかない施設は作っても意味がない。
中国政府を喜ばせるだけだろう。


558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 22:47:55 ID:JTjEH4ka0
>>550 ”兵士の命を使い捨て同然に粗末にした旧軍の所業や体制こそを
批判、反省せねばならない。”

批判しても反省しても何の意味もない。歴史を裁くのは愚の骨頂だ。

陸自はとりあえず人道支援活動に終止符を打ってイラクから帰還するようだが、テロの犠牲者が出ず
戦闘行為に及ばずにすんだのは幸いであった。イラクでの陸自の評価は高く、彼らは日本国の誇りで
ある。今後の国連平和維持活動においても重要かつ危険な任務を無事遂行することを願ってやまない。


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 22:55:40 ID:cDcQMkE30
おいおい、第二第三の富永、牟田口みたいなのになにひとつ批判が
許されないなら奴らのせいで死んだ兵士がうかばんよ

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 22:57:15 ID:3N67Dv+w0
思想房は学問板にくるな

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 22:58:33 ID:cDcQMkE30
訂正
「第二第三」は無視して

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 23:15:47 ID:3ggcOPnG0
>558
>批判しても反省しても何の意味もない。歴史を裁くのは愚の骨頂だ。

つまり靖国信者にとっての歴史を学ぶ意義とは、
ひたすら(実際には欺瞞でしかない)過去の栄光に耽溺するところにのみ存在するのだな。
一切反省せずに同じ失敗を繰り返すのも、その結果による損害を当人のみが享受するのなら
単なる自業自得なので放置すれば良いだけだが、
損害が周囲にも及ぶとなるとそういうわけにもいかない。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 23:27:22 ID:cDcQMkE30
562
禿げどう、つか過去に反省しない奴の理屈なら近代日本の発展は全てちゃらになるんだが

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 00:33:31 ID:Mx1c4UzI0
>>556
>@御祭神は変わっていない

御祭神は誰だっけ? 合祀してる英霊は御祭神とは呼ばない?
合祀英霊が御祭神なら、合祀するたびに数が増えてるんだから
御祭神は変わってるよ。

>B戦後の宗教法人靖国神社の合祀事務に国が最大限協力した

政教分離の原則に反するね。靖国に協力して良いのなら、
政府機関が創価学会に協力しても文句は言えない。

>C遺族会を始め多くの国民が靖国神社に英霊が祭られていると信じている

信じてるか? 
「まあ、いるんじゃないですかね。いたらいいですね」程度だろう>99%の国民

>D昭和天皇の御親拝が昭和50年まで続きその後も春秋例大祭に勅使が派遣されている

おやおやw 昭和50年以降の昭和天皇は? 今上陛下は?
戦前とはダイブ違うね。
 

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 01:58:50 ID:MsmLWGDM0
カトリックとプロテスタントの言い争いみたいだな。
お前はキリスト教徒じゃない、いいや、キリスト教徒だと。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 02:46:44 ID:p/+CXlje0
靖国神社は、戦没者を追悼しているというよりも、戦没者を利用
して、個人や組織としての政治的な利得を獲得しようとする連中
の巣窟であるように見えます。

そのような連中が主張する「国益」とは、日韓関係や日中関係の
政府相互の友好を劣化させ、相互の警察協力を妨害して、八九三
や暴力団や蛇頭団などの暗躍を容易にしているのが、右翼団体や
左翼団体の主義主張の実情でしょう。それが、彼等の「国益」で
あるということです。


そもそも「靖国で会おう」なんていう陳腐な宣伝文句で、死地に
派遣させられて死亡させられた戦没者の人々を生贄にして、金銭
を稼儲している事態こそが、醜悪の極みであると言えるでしょう。

靖国の欺瞞や嘘偽を排除して、そこに露顕するのは、当時の財閥
や官閥や軍閥の関係者の共謀共同による国体(政府としての体面
)護持でしか無かったのです。

「国難に殉じた人々に感謝を捧(ささ)げるのは自然の営みだ」
という文言には、欺瞞や詐術が含有されているのであり、あれは
「国難」では無く、一部の財閥や官閥や軍閥の連中が惹起した、
勝手な戦争であり、それに巻込されて死傷させられた人々に謝罪
をすることが、本当の自然なのである。

靖国神社を国民に信奉させていた旧大日本帝国の軍部関係者は、
その軍隊組織において、稚拙で愚劣な軍政や作戦に反論や反対を
する人々を、「統帥権干犯」などとし、「叛逆」や「謀反」など
として虐待や迫害をして、挙句には虐殺をするような行為までも
していましたが、昨今の短絡的で反射的な殺傷や破壊という犯行
類型は、昨今の靖国神社信仰者の「復権」(復古)の風潮と関連
しているように思われます。


567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 05:16:44 ID:Ix0jlummO
>566
左翼

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 07:46:46 ID:Hyo1CX5M0
左翼の言ってる事でも本当の事なんだから仕方ないw

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 08:59:52 ID:fEQiHEMQ0
小泉は自民党総裁選で公約したんだから公式参拝だ。
私的参拝という私事は公約にはしない。父の命日に墓参りに行きます、
と公約するヤツはいない。


570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 11:53:41 ID:Ap+enF3l0
>>562
前スレを読んでいないな。”兵士の命を使い捨て同然に粗末にした旧軍の所業や体制こそを
批判、反省せねばならない”

云々が書いてあるが、そんなものを批判して反省しても旧軍はすでに存在しないじゃないか。
歴史において出来るのは分析して教訓として後世に生かしていくこと。あくまで理性的かつ
論理的である。

歴史の批判も反省も感情的になってろくなことにならない。そこに左翼のつけいる隙が生ま
れる。従軍慰安婦問題みたいな「問題を捏造して批判・反省するふりをして金を儲ける」構図
はぶち壊さなければならない。


571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 12:08:55 ID:ybS20C8d0
>>556
@御祭神は変わっていない
公的に祀った祭神と、私的に祀った祭神では意味合いが異なる。
同一であったとしても、別々の神社でも祭神が同じ例などいくらでもあるが。

A教義は変わっていない
国家神道が廃止された以上、教義は変化している。国家として公的に
戦没者を慰霊顕彰するものから、私的に戦没者を慰霊顕彰するものへとね。

B戦後の宗教法人靖国神社の合祀事務に国が最大限協力した
遺族援護の観点から戦死者の照会に答えただけだと国は国会で答弁
しているが。

C遺族会を始め多くの国民が靖国神社に英霊が祭られていると信じている
そりゃ信じる人はいるだろうさ。靖国神社もいまだに公的な存在である
かのように思わせるようなそぶりをしているから(消防署の方から来た
消火器商法)、勘違いしたり騙されたりしている人も多いと思うが。

D昭和天皇の御親拝が昭和50年まで続きその後も春秋例大祭に勅使が派遣されている
それらは国事行為として内閣の承認を受けているのかな? そうでなければ
天皇家の私事。天皇家にだって私事はある。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 22:53:24 ID:Ap+enF3l0
>>571
"公的に祀った祭神と、私的に祀った祭神では意味合いが異なる。”

公的に祭ろうが、私的に祭ろうが関係ない。そこに国事殉難者の英霊が祭られている、
という民衆の想いが大事であり、それが信仰なのだ。

”国家神道が廃止された以上、教義は変化している”

水掛け論になるが「英霊顕彰」という教義は全く変化していない。国家神道に妙にこだわるが、
国家神道自体神道としての明確な教義を持っていたわけではない。国家神道の廃止によって
信仰の対象が民間宗教法人に変わったのは、全ての神社が同じ。


573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 23:02:30 ID:Ap+enF3l0
>>571
”遺族援護の観点から戦死者の照会に答えただけだと国は国会で答弁しているが”

「戦後の宗教法人靖国神社の合祀事務に国が最大限協力した」 ことは事実。もちろん
憲法に抵触しない範囲内だろうが。実態は逸脱しているかもしれない。

”勘違いしたり騙されたりしている人も多いと思うが”

572でも言ったが、公的に祭ろうが私的に祭ろうが関係ない。江戸時代の神道は民間では
祖霊信仰、顕彰信仰の形が多いが、招魂社の原型は民間信仰である。それを国家が引き継ぎ
再び民間に戻るという形をとったが、そこに神が祭られているという民衆の想いが
大切なのであり、神社の運営母体などはどうでもよいのだ。

実際、天理教、黒住教といった教義神道は国家神道に組み込まれず、民間信仰の神道として
の道を歩むことを許された。民衆の信仰と言うものが大切にされたのだ。





574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 23:08:51 ID:Ap+enF3l0
>>571
”D昭和天皇の御親拝が昭和50年まで続きその後も春秋例大祭に勅使が派遣されている
それらは国事行為として内閣の承認を受けているのかな? そうでなければ
天皇家の私事。天皇家にだって私事はある。”

天皇陛下の行幸啓は、間違いなく公務であり内閣の承認を受けているはずだ。勅使派遣も
公務であり内閣の承認を受けているはず。残念ながら断定できる証拠はないが。私事だと
断定できる証拠も示せないだろう?


575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 23:26:27 ID:Tys8k+8x0
軽い疑問ですけど、証拠がないのになぜ「間違いなく」といえるのですか?

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 00:19:53 ID:KVPA0JvQ0
人間死んだらおしまいなのよ。
英霊なんてあるわけないじゃないの。
まさかこの現代で英霊なんて信じている人がいるの?
もし本気でいるって思ってるんなら、生物板とかに「英霊はいるんです」とかいうスレでも立てたらどーよ?

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 00:29:27 ID:U7ivJijt0
>>573
>顕彰信仰の形が多いが
実例を希望。維新以前の神社で戦死者を祭神としている所があるの?
個人を祭神とするのは怨霊、祟り神化を恐れての事例がほとんどだと
思うが?

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 00:32:32 ID:UnFPT3+L0
>>565の例えが、かなり正確に的を射てる件について

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 09:58:14 ID:9iDZZl4n0
そもそも混乱の時代をひとつのまとまりとして表現すること自体無理だ
戦争が勝ってた頃は大概の日本人が喜んでたのも事実だ
A級戦犯だけが悪者ってわけじゃない、そういう言い方をするならば、
民間人の中にも戦争を煽ってた『一般人』がいたわけで
厳密にいうならばひとりひとりが戦犯だ、ここに書き込んでいる奴らの先祖の中にも、普通にいるだろう
ただ現実は、国のために命を捨てた先人の中に、靖国目指して死んでいった
人間がいたこと
それからあの時代、一般人の中にも山ほどいた戦争擁護派もそれを信じていたこと
それから図らずも戦争は嫌だが、息子が夫が父が、その遺言のなかで靖国で会いましょうと
綴っている文字を見た、遺された家族の心の拠り所としての場所
それが靖国だろ
ただそれだけの場所だろ、事実は
後世の我々がどうこう言える問題じゃないだろ
誰が何と言おうと靖国を拠り所としている人々が居る以上、
このスレタイ通り、それは国と故人との、永遠の約束でなければならないんじゃないか
勝った負けたじゃなく、実際死んでいるんだから
どうしてアメリカに刷りこみ教育を受けた左翼は、先人をかばわないのか
嘆かわしい



580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 14:15:27 ID:j1Ro6/s80
>>575
宮内庁のHPにアクセスしてください。その中に天皇陛下の公務として行幸啓が書いてあります。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 14:26:37 ID:j1Ro6/s80
>>579
あなたの意見には大いに共感するところがある。運営の母体が官営から民間に変わっても
「靖国神社に会いに来てください」
と書きのこしている以上、戦没者のみたまは靖国神社に祭られており、遺族が会いに行けば
いつでも会うことが出来る。遺族にとって、いつでも亡き父や兄弟に会える場所、それが
靖国神社なのです。

そういう遺族の想いを踏みにじって得意顔になっているクソみたいな輩がこの世にいるのも
事実です。例えば、>>571などが該当します。唾棄すべき人間です。



582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 18:02:44 ID:4oQzYsO80
戦没者は生前に今のような靖国神社になると思っていたのか?
そもそも死ぬ前に靖国神社を見たひとの方が少なかろう。


583 :日本人:2006/06/25(日) 18:39:14 ID:Qg7e+MlO0
親父、叔父、伯父が戦地で戦ったが戦後靖国神社で拝んだ話聞いたことないなー。


584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 19:50:11 ID:gZ6x+ACU0
>>582
今のような靖国神社とは?

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 20:08:43 ID:WkLpf5+H0
内外を問わない政争の具
大陸からのいちゃもん

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 21:56:05 ID:QLJs7Chm0
日本の神道は、祟り神が祟らないように、祀り挙げるのが基本である。
三輪山も天神も神田明神もそうである。
祟り神になるのは、一般には、非業の死を遂げた政治家、将軍である。
A級戦犯は、正当性のない裁判で処刑されたり、冤罪で殺されたりしている。
祟り神になる条件がそろっている。
それを祀るべき人は、その後継者である。つまり、総理大臣である。
分祀論があるが、江戸総鎮守の神田明神で、関東の守護霊である
平将門を分祀していた間に、関東大震災と東京空襲で2回も
東京が壊滅している前例があるために、神道の教義上、
分祀は不可能という結論になる。
祟り神を祀らなければ、祟りが起きる。
靖国とは、国を平和にする意味である以上、靖国神社が祟るとすれば、
日本が戦争をするということである。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 21:59:27 ID:j1Ro6/s80
片山自民党参議院幹事長「靖国神社参拝は総裁選の争点にするべきではない」

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 22:00:23 ID:lQeRd0w80
戦争を美化して、将兵への動員を煽動していた「靖国神社」に、
戦争で死亡した死者を祀祭したり慰霊したりする資格が無い、と
記述した方が正確でしょう。

「AUM真理教」の狂信者が惹起した毒物事件で死亡した人々を、
ALEFにおいて祀祭したり慰霊したりする資格が無いと遺族が
思想するようにです。

「死んだら靖国で会おう」なんていう台詞ほど、「靖国神社」が
標榜した国家神道に洗脳され従軍させられて死亡した人々の遺族
を苦しめている「言葉」は無いでしょう。

家族を奪った張本人の総本山を、慰霊のためとは言え、「参拝」
させられているのですから。

「靖国神社」は、結局、戦争犯罪者である先祖の残虐な犯罪行為
の責任を、そのような犯罪行為とは無関係な無辜の子孫が責任を
痛感させられる状態を演出して、その原罪意識を煽動して、金銭
を獲得しようとする悪質な「新興宗教」と大差が無い状態である
と言えよう。

戦争犯罪者の子孫としては、その相続財産を保持する限度にて、
責任を痛感するべきであり、ましてや、その相続財産を、先祖に
そのような残虐行為を煽動した欺瞞の張本人であり総本山である
「靖国神社」に賽銭や寄付するようなことをしてはいけないので
はないか。

そこに「国家」だとか「大義」だとか、政治要素を「主張」する
場所は無いのである。


589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 22:03:50 ID:j1Ro6/s80
>>582
靖国神社について 首相官邸公式HPより

宗教法人「靖国神社」規則(昭和27年9月30日制定)(抄)

第3条 (目 的)本法人は、明治天皇の宣らせ給うた「安国」の聖旨に基き、国事に殉ぜられた人々を奉斎し、
神道の祭祀を行ひ、その神徳をひろめ、本神社を信奉する祭神の遺族その他の崇敬者(以下「崇敬者」といふ)
を教化育成し、社会の福祉に寄与しその他本神社の目的を達成するための業務及び事業を行ふことを目的とする。

ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/tuitou/dai2/siryo1_1.html


590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 22:10:15 ID:j1Ro6/s80
550=556=571=588?

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 22:13:29 ID:j1Ro6/s80

靖国神社について 首相官邸公式HPより

靖国神社社憲(昭和27年9月30日制定)(抄)

前   文
本神社は明治天皇の思召に基き、嘉永6年以降国事に殉ぜられたる人人を奉斎し、永くその祭祀を斎行して、
その「みたま」を奉慰し、その御名を万代に顕彰するため、明治2年6月29日創立せられた神社である。

いやしくも本神社に職を奉ずる者は、その任の軽重、職域の如何を問はず、深く本神社を信奉し、祭神の
御神徳を体し、清明を以てその任に当り、祭祀を厳修し、祭神の遺族崇敬者を教導し、御社運の隆昌を計り、
以て万世にゆるぎなき太平の基を開き、本神社御創立のよって立つ安国の理想の実現に一意邁進しなければ
ならない。

ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/tuitou/dai2/siryo1_1.html



592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 22:16:14 ID:j1Ro6/s80
>>586 不勉強乙
>>588 私的妄想乙

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 22:38:29 ID:j1Ro6/s80
現在ある靖国神社は、首相官邸HPにもあるように、戦前の靖国神社をそのまま引き継ぐものであり
事実上同一であります。宗教法人法第12条に基づき、宗教法人規則を作成し、東京都の認証を受け
宗教法人となったもの。

従って、宗教法人規則は東京都の認証を得た正式な公文書であります。

靖国神社は、戦前戦後を通じて継続性は保たれており、>>1に記載された永遠の約束は今も果たすべ
きものとして厳然と存在しております。

よって、願わくば、天皇陛下の御親拝が実現することを願ってやまないのであります。



594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 23:21:19 ID:U7ivJijt0
>>893
>戦前戦後を通じて継続性は保たれており
戦前の靖国には、宗教団体としての側面と、公的追悼慰霊顕彰施設として
の側面があった。私的宗教団体になった時点で、公的な慰霊顕彰施設と
しての機能は失われた。

さて、戦死者は、公的な慰霊顕彰を受けたかったのだろうか、私的な
一宗教法人の祭神になりたかったのだろうか。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:22:05 ID:Dwu6tTR80
>>586 その通り。神道の基本は祟り神の封印による現世の人々の心の安寧を図る事。
(祟り神とは生きている人々の心が作り出すもの)

この事を公式に認め、軍関係の祟り神を封じるべく現在の日本政府最高責任者たる総理大臣が参拝しているのだ、と中韓にも説明すべきなのだが、迷信と嗤われる(ひいては民度を嗤われる事でもある)のを恐れて 昔々に民衆を騙すのに使ったお題目を使い続けている。

伝統には恥ずかしい部分もあるのを認められないのは、未成熟な民度故とも言える。

尚、将門公は関東の民衆と共に朝廷の権威を否定してのけた日本の英雄のひとり。

朝廷が死後も将門の怨霊に怯え続けたのは、将門が播いた朝廷権威への挑戦という種が、武装農民が進化して出現した武士団に受け継がれたため。

その相克は最終的に徳川幕府が朝廷を逆封印してしまって決着した。

真の武士ならば朝廷に刃を向けてこそ華。
国体=天皇家のために死んだのなら、飼い犬が犬死したのと変わらない。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:37:49 ID:ACtuvLlS0
>>594
「戦後の靖国神社は靖国を自称しているにすぎない」という主張は取り下げだな?

宗教法人「靖国神社」規則>>589を東京都が認証した時点で、靖国神社の継続性は公的に承認されている。
議論の余地はない。これ以上主張してもホロン部認定しちゃうよ。

あと、最後に問いかけがあるが、これに俺が答えるのは僭越極まりないことだ。お参りする側として
言わせてもらえば、みたまが靖国神社に祭ってあり、天皇陛下が御親拝されれば>>1の約束が果たされ
たと考えたい。

憲法を改正して靖国神社を国家護持にするのは良いと思っていたが、政治家が中国の顔色を窺いながら
靖国神社に手を突っ込んでくることが分かったので、悲しいことだが、靖国神社国家護持には反対だ。
今の日本に靖国神社を国家護持する器量はない。


597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:45:07 ID:ACtuvLlS0
>>595はスルーだな。馬鹿馬鹿しくて相手をする気にならない


598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 01:32:18 ID:OTjLu5120
>>595
586だが、中韓へ説明しない理由としては、迷信と笑われることもあるが、
それ以外に、神道上のタブーがあると思う。
祟り神のことを、「こいつは祟り神だ」と公式に発言するわけにはいかない。

昔読んだ文芸春秋の記事から推測するに、中国はかなり神道を研究しているようである。中国は、このあたりの神道の教義がわかった上で、靖国のことを言っていると思われる。
意図的に理解していない(ふりをしている)相手に、説明、説得は、そもそも無意味であるので、今のような「お題目」を使い続けるのは、正しい判断だと思う。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 06:08:36 ID:aitD9If40
左翼ってなぜ戦前から続くものを毛嫌いするんだ。
そんなこと言ったらJRだって戦時急造車両を造って戦争に賛成してた
わけだし、三菱だって軍用機のエンジンや戦艦武蔵まで作ってた。
生活できなくなるねw

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 10:27:08 ID:ABbcJD8q0
>>596
>「戦後の靖国神社は靖国を自称しているにすぎない」という主張は取り下げだな?
いいや。

>宗教法人「靖国神社」規則>>589を東京都が認証した時点で、靖国神社の継続性は公的に承認されている。
宗教法人法をよく読むように。ttp://www.houko.com/00/01/S26/126.HTM
宗教法人の規則の認証は事実関係を認定するものではない。
1.当該団体が宗教団体であること。
2.当該規則がこの法律その他の法令の規定に適合していること。
3.当該設立の手続が第12条の規定に従つてなされていること。
の要件を備えていれば、認証を拒絶できない。その中でいかに電波な事(例えば麻原は最終解脱者、
大川はエル・カンターレなど)をうたっていようともね。

「本神社は明治天皇の思召に基き、嘉永6年以降国事に殉ぜられたる人人を奉斎し、永くその祭祀を斎行して、
その「みたま」を奉慰し、その御名を万代に顕彰するため、明治2年6月29日創立せられた神社である。 」
も自称に過ぎない。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 17:06:33 ID:JS3kZNTd0
「戦後の日本は日本を自称しているにすぎない」

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 17:14:30 ID:aitD9If40
戦前に同期の桜が大ヒットしたって事は、当時の人は本当に
「靖国に行くんだ」と考えていたんでしょうね。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 19:50:51 ID:bCyENNSI0
昭和50年代にピンクレディーのUFOが大ヒットしたって事は、当時の人は本当に
UFOと宇宙人の実在を信じていたんでしょうね。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 20:09:59 ID:Dwu6tTR80
>>599 何故 三菱?
そりゃいまだに欠陥車売って、チハがブリキ缶だったって事を必死に否定してるクソ会社だけどさw

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 20:24:46 ID:ofqAhmI90
自分の生活の場で天寿をまっとうするという選択肢もなく、戦場へ行くしか
なかったから仕方なく靖国で会おうなんて話になる。無能な指揮官のために
戦死以外で亡くなった兵隊さん多数なり。


606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 21:25:15 ID:Dwu6tTR80
>>598 そういう日本人のエーカッコしーが中国人に付け入られるんだよw
迷信と言われようが、毅然として“そ〜なんです、祟り神が怖くて夜も眠れないんです!”と小泉が言ってのければ良い。

何度も言うけど、祟り神とは人々の心に在るもの。
迷信深く、祟りを恐れる純朴な日本人像をアピールすべきだろう。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 21:27:07 ID:CCabPwHB0
>>606
占星術に頼ったレーガン以上のアフォと思われ、世界の失笑を買うだろw

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 21:50:31 ID:OTjLu5120
>>606
598ですが、「祟り神だ」と言うこと自体が、
祟りを買う行為だから、言うことができないという意味なのですが。

迷信だというなら、
労働者が独裁政治を行えばユートピアが実現し人々が救済されるとか、
処女が子供を生んだり、死者が起き上がって歩き回ったりとかも
迷信なので、お互い様でしょうね。

そもそも、小泉は、祟り神とか関係ないでしょう。
中国共産党の面子を潰すことで橋本派を潰すのが目的でしょうから。

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 05:22:57 ID:DLKqU8tD0
“小泉は、祟り神とか関係ないでしょう”

そりゃ無いよw 権力者として欠かせない儀式のひとつであり、形態はどうあれ参拝を欠かす事は絶対に出来ない性質のものだよ。
無宗教施設の建設というのも某宗教系総理大臣が近々登場する可能性があるからかもしれんな...

祟り神という直接的な表現ではないが、その非業の死から全参拝者が封印を行う出雲大社もある。
将門公や道真公に至っては朝廷認定の祟り神のままなので、祟り神としてその意を汲む者だけが参拝を許されている事になっているので、ある意味で死後顕彰型の祭神と言えるだろう。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 23:59:18 ID:cFiTQZbh0
国のため、愛する家族を守るために戦って斃れた人のみたまが、国や愛する家族達に祟るはずもない。
常識的に判断できないかな?


611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:06:23 ID:jlt4zqSy0
靖国には邪悪な人が祀られているから、
総理大臣が参拝してはいけないなどと、
声高に主張する人には祟るかもね。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:06:50 ID:6fWQGTVl0
基地外神社へのてぽどん着弾まだ〜〜〜〜?

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:07:50 ID:m/4bHHu40
独立国家の総理大臣に、他国の政府が「お前の国の中のこの施設に行ってはならない」と圧力をかけ
ことは明らかに内政干渉だ。相手が圧力に屈すれば「所詮この国は我々の言いなりだ」となめてかかり、
外交交渉のあらゆる場面で見下し馬鹿にするだろうね。

それを見ていた諸外国は「この国には魂がない」と嘲笑するだろう。



614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:08:38 ID:6i/1R/fK0
玉串裁判のことについて詳しいヤシいる?

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:22:17 ID:m/4bHHu40
>>600
「私的宗教法人が靖国を自称しているに過ぎない」
「戦前の公的慰霊施設靖国神社と戦後の私的宗教法人靖国神社は別物」

と言うこと自体、お前さんの私的な解釈に基づいた私的な妄想に過ぎないんだよな。
妄想でないなら、上記のような文言の記された公文書が必要だな。公私は明確にしないとな。

そうでないと、論理に大きな矛盾が生じるのよ。分かるかな?分かんないだろうな(笑)


616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:26:37 ID:6i/1R/fK0
それともうひとつ。靖国参拝の裁判って違憲判決はないんだっけ?

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:32:42 ID:m/4bHHu40
中国共産党は「日本国民は軍国主義の被害者」と言ったそうだが、日本の左翼も似たようなこと
を言っているね。中共と日本左翼はつながってるんだね。

俺に言わせれば「中国国民は共産主義の被害者」なんだが。少なくとも戦前の日本は議会があり、
国民が政治に参加していた。対米戦争は国民の総意であり、昭和天皇の勅裁によって決定したと
言うことになる。当時はそういう時代だったのよ。


618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:15:48 ID:msJ4UUDg0
>>610 常識的な行動を取らないのが祟り神と知れw

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:30:44 ID:msJ4UUDg0
>>615 夕焼け小焼けで陽が暮れて〜 シャバダバヅビ♪

論理矛盾はないと思われるが、矛盾があると思うのは信者だから?w

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:42:14 ID:OJGt5oZ10
>>617
統帥権問題とか軍部大臣現役武官制って知ってる?
軍部の意に沿わない決断をした首相が統帥権干犯とつるし上げられたり
軍部の意に沿わない内閣が成立できなかったり
当時の軍部の行動が、国を危機に貶めた側面はなかった?


621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:44:25 ID:9rxxwB8I0
小泉が詭弁を弄するからオカシクなるんだよ。
靖国問題は自分の次の総裁選の争点にはならないとか言っているが、
自分が総裁選に出馬したときに8月15日に参拝するって大見得切
って、争点にしたんだ。しかも今日にに至るまで実績なし。
行政のトップが一貫性のない阿呆だからどうにもならないね。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:52:28 ID:msJ4UUDg0
イラク派遣も犠牲者こそ出なくて済んだが、元はと言えばマスゾエが人を出せば第一次湾岸戦争の時より安くつくと知ったかぶりしたおかげ。
出費はトントン、アラブ人の親日感情を破壊し、日本犬は役にたつかもしんねぇって対テロ戦訓練までやらされる結果となった...

経済+外交音痴な郵政バカのコネズミのおかげで日本は失われた10年+5年も回り道をしてしまった。
後世の歴史家には“当時の日本の迷走は国民の総意だった”と思われるんだろうなw

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:50:36 ID:msJ4UUDg0
>>621 コネズミの腹の中では安倍タソへの援護射撃のつもりなんだろうが、パチンコ屋&統一教会が丸抱えの安倍タソでは日本の将来が思いやられるなw

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 02:37:07 ID:0cnW+NfR0
【靖国】小泉首相が苦言「(8月15日の靖国参拝)そんなに争点化しようとしなくてもいい」[06/26]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1151332399/46
46 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/06/27(火) 07:36:21 ID:H56xg60P
>>1
         ミミ彡ミミミ彡彡ミミ
       彡ミミミミ))彡彡)))彡)
      彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
      ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
     ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
      ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
       彡|     |       |ミ彡
       彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ  
       ゞ|     、,!     |ソ   
        ヽ  r-─一'冫' / < あまり私を争点化しようとしなくてもいい
        __\'´  ̄´  ' /!__ 
    /´ ̄ ̄ .|\`ニニ´/    `ヽ
   {      .|__  ̄ ̄ヾ      }
   i;;',,,  r---イ     /|,、_,,  ,',;:',i
   .l;';',;,,  }  /;\     / ヽ / ,;,;;',;l
   .|;;',;,   } ./;;;,, \   / ;;;;;;ヽ ,,;;','i
   i;',,   / /;;,',';;  ノ--, ',',;;::',',゙i ,,';';i
   i;,';  /./,',',';;" /   \ ',',',;;,'i ,;',i
  /  / i 、  /    ヽ ',;::'、|  \
 ヽヽヽヾ丿  〈       ヽ''  {////
  ```` ト,   i        | 、 i´´´
      |',',;;  }        ! ',',;;i
      |,','、 /        ヽ',',','|
      !;;', /          !,',;,;'|
       !'' {           }'' !.
     /  i,           〉 ヽ.、
    彡、,,,-‐┘         └ュュュュ

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 10:14:08 ID:TkTr9HgU0
小林よしのり氏の新刊「いわゆるA級戦犯」という本、
この本は靖国の「日本の戦争はアジアの開放及び自存自衛のための戦争だった」という歴史観を全肯定してる。

この本アマゾンでは「ゴーマニズム」でも「小林よしのり」でも検索できないんだよね。
アマゾンでは著者を小林よしのりではなくわざわざ幻冬社としてるから。
一連の朝日叩きの箇所(というか単なる事実なんだがw)があるからだろうけど。
嫌寒流ランキングのときもそうだったがアマゾンはこういう姑息な工作をよくやるよね。

これじゃ、アマゾンでの売り上げランキングも伸び悩むだろうね。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:17:28 ID:1Dd30Vkm0
靖国信仰が祟り神信仰でないことは自明ですな。

だいたい、祟り神信仰なんて、平安時代位までで戦国時代にはすたれてるのよ。
江戸時代には、菅原道真公は「学問の神(顕彰神)」として各地の寺子屋の神棚に祭られていた。


627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:25:10 ID:1Dd30Vkm0
小泉総理は国賓級の待遇でブッシュ大統領の歓待を受けている。
ブッシュが公式晩餐会を開くのは実に珍しいことだそうだ。
エアフォースワンに外国首脳が搭乗するのも史上初。

胡錦濤が訪米しても昼食会で濁された。
靖国神社にも全く触れてもらえなかった。ザマアミロ


628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:34:27 ID:1Dd30Vkm0
売国朝日を筆頭とした左翼マスコミと左翼言論人どもにとって、靖国神社はもはや金づる
ではあるまい。この10年、インターネットの普及で大東亜戦争、東京裁判がどういうものか、
そして、それにつらなるGHQの自虐史観植え付け工作と左翼言論人の暗躍、そして左翼
言論空間の崩壊が全て白日のもととなった。

中国のご機嫌を伺う必要はない。次期首相も堂々と靖国神社に参拝すればよい。


629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:47:49 ID:n5v4Q+8v0
例によって誰も読売を非難しないんだよな… 世間に与えてる影響は明らかに朝日より
大きいだろーがw

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:49:29 ID:1Dd30Vkm0
日中間の過去の出来事については、日中共同宣言および日中平和友好条約によって完全に
清算された。

中国首脳がいまだに「日本の軍国主義」云々を喧伝するのはおかしいし、ましてや外交の場で
歴史について語り日本に謝罪・反省を求めるのは実にみっともない行為である。

日本政府としては、中国に対して謝罪も反省も必要ない。この点をしっかり両国国民に説明して
おくべきだ。靖国問題をあげつらって首脳会談を拒否するなど稚戯に等しい。

「外務省のお嬢さん外交」にはいつもハラハラするが大丈夫か?


631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:55:13 ID:1Dd30Vkm0
>>629
読売は良心的な大衆紙だよ。世論を操作しようと言う政治的野望を感じない。売国朝日新聞と
読み比べると、朝日は得意の印象操作と事実歪曲で安倍総理誕生を阻止しようと躍起だ。この
薄汚いクソ新聞社の社長の息子は薬物ジャンキーだったよな。

左翼思想に基づいて子育てをすると「人間のクズ」が育つといういい例だ。


632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:59:19 ID:yecalBQu0
読売は靖国に対してどんな見解を示しているのかな(笑)  

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:05:53 ID:xmV80Yau0
631
安部総理? まさか反日団体、統一狂塊の結婚式に祝電送ったあの安部晋三じゃないよね?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:12:29 ID:1Dd30Vkm0
>>632
靖国神社を肯定も否定もしていない。国立追悼施設の建設を支持している。

こういう主張は確かにある。俺的には国立追悼施設には反対だが。
なぜなら、こんな神も仏もいない記念碑みたいなところには誰も行かないだろうよ。

しかし、かつて反靖国キャンペーンを大々的に行い中国を巻き込んで中曽根公式参拝
をつぶしにかかり中国の反靖国姿勢を今日まで続かせている売国朝日の罪は重い。


635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:14:50 ID:1Dd30Vkm0
安倍晋三さんが総理大臣になるのは実に素晴らしいことだ。

困る人もいるだろうが。。。


636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:16:12 ID:xmV80Yau0
統一狂塊による被害者が困ってます。。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:19:34 ID:1Dd30Vkm0
靖国神社には戦没者のみたまが神として祭られている。
今年のお盆にも数10万人規模の参拝者があると思われる。



638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:24:17 ID:WeI1/zh90
つまり、敬虔な靖国信者にとって、
統一協会シンパが日本の首相になるのは歓迎すべき事なんですね?

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:38:36 ID:1Dd30Vkm0
>>638
安倍さんと統一教会とがどういう関係であるか全く興味がないしどうでもいいことだ。

安倍総理支持の理由は
@小泉改革路線の継承
A選挙で勝てる国民的人気
B日米同盟の堅持と靖国神社参拝への期待感
C人柄



640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 05:52:33 ID:+zBP0ERI0
統一教会?

アーアーキコエナーイ

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 06:19:23 ID:WeI1/zh90
>>639
統一協会の教典である『原理講論』では、

「第二次世界大戦は、民主主義によって結託した米、英、仏の天の側国家と、
全体主義によって結託した独、日、伊のサタン側国家の対戦であった」

「日本は代々、天照大神を崇拝してきた国として、さらに、全体主義国家として、
再臨期に当たっており、(中略)サタン側の国家なのである」

と、第2次大戦での日本の正当性が全面否定されるばかりか、
天皇が悪魔の化身であると断じられているわけだが。
ttp://homepage.mac.com/biogon_21/iblog/B1604743443/C1534355107/E20060618143950/

これは靖国信者にとっては、自らの信仰ばかりか人格的尊厳まで全面否定されるに等しいはずであるのに、
そういう教義を唱えるカルト宗教と祖父である岸信介の代から親密な関係を持ち続けている
安部晋三の首相就任を期待するとは、靖国信者は何を考えているのだ?

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 07:13:36 ID:xuyJA0Us0
安倍が首相になっても靖国には参拝しないよ

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 09:44:57 ID:keguc7vW0
>>635 困る人=日本人 得する人=特定カルト教団(統一/靖国)
つまり、安倍タソはカルトのために働いているんてつねw


644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 12:40:11 ID:v5b6nCPi0
詳しい人教えて君

靖国神社は「官軍で」「戦死者」のみ祭る神社という理解でok?

まず、会津藩や薩摩西郷軍など賊軍は祭られていないということでok?
例外はないと。

次に、戦場で死んだ戦死者のみ、ということでok?
たとえば、乃木大将は正々堂々官軍だが、戦死じゃなくて自決だから
乃木さんは靖国に祭られてないと聞いた。ほんと?

戦争じゃない微妙なのは?226事件の死刑囚とか。
青年将校は祭られてる?

ABC戦犯は、戦死者じゃないけど祭られてる。
ほかにも戦士じゃないけど祭られてる人もいるの?



645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 16:19:43 ID:keguc7vW0
“戦争じゃない微妙なのは?226事件の死刑囚”

226事件を起こした青年将校は、昭和天皇お墨付きの逆賊認定で刑死者だから、勿論祀られていない。

昭和天皇の認識では、東條も信頼を裏切って国事を大きく誤ったので逆賊。
しかも刑死なので靖国に最初から入れない。

昭和天皇は東條が合祀されてから靖国へ行かなくなったが、この本質はA級戦犯が合祀された事ではなく 東條が合祀されたため。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 16:59:40 ID:keguc7vW0
>>644 日本人の一般的宗教(死者への哀悼)感覚からすると、靖国の合祀基準は極めて異様である。

もともと西欧の国民国家&国民軍=自分達が統治する国は 自分達で護る、という認識が存在しなかった維新後の日本で、国民軍だけは作らなければならなかった事に端を発している。

日本型国民軍の原型は長州の奇兵隊等の諸隊であり、四民平等が原則であり特権者の統治という概念で組織されたものではなかった。

この国民軍には、無数の戦死者を名誉を以って弔う国家経営の協同墓地が付き物。
長州諸隊〜日本型国民軍の結成を中心となって担った大村益次郎には、この協同墓地(無名戦士の墓)の概念が理解出来ていた。

しかし、天皇親政以外に統一国家ビジョンを設定できなかった維新後の日本では、天皇家権威と一体化して1000年に渡って棲息して来た公家衆の政治関与も復活してしまった。

大村益次郎が薩摩閥に暗殺されると 国民軍も無名戦士墓所も、みな天皇親政に向けて捻じ曲げられて行く。

大日本帝國崩壊後は国民軍もどきだった天皇の私軍たる大日本帝國陸海軍は解体されたが、靖国は一宗教法人として野放しとなった。
その後、ちょっとおかしい福井県鯖江出身の宮司が天皇家さえコケにし始め、以降はカルト化して現在に至っているw

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 21:09:22 ID:JBNLg3Mr0
>昭和天皇の認識では、東條も信頼を裏切って国事を大きく誤ったので逆賊。
>しかも刑死なので靖国に最初から入れない。
そんな話はじめてきいたw昭和天皇独白論でも読んでみれば? 

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 21:33:04 ID:keguc7vW0
>>647 昭和天皇独白論なんてはじめて聞いたよw 昭和天皇独白録ならあるけどね。
その中で昭和天皇は東條については弁護する気は無く 真実を法廷で述べるように、と独特の性格の悪そうな2行で片付けてしまっている。

知ってる人も多いが、昭和天皇独白録は終戦直後に東京裁判用にGHQが作成したもの。
昭和天皇の利用価値を維持するために、戦犯としての起訴をかわすのが目的だった。

しかも法廷での東條は、うっかり天皇による判断の絶対性を述べてしまい、後になって撤回させられる羽目になってもいる。

もともと東條が首相になるきっかけを作った近衛は、仲間の東久邇宮らと“昭和19年まで”東條にやらせて後は逮捕して連合国に引き渡せば良いと考えていた。
しかし当の東條が権力へ異常に執着し、無駄な国内政敵狩りを行ったために予定より終戦が遅れてしまった。

サイパン玉砕による東條内閣総辞職で、いったんはフリーハンドになったが国内の陸海軍首脳部の脳内には終戦という概念事態が存在せず、昭和20年8月15日まで無駄な犠牲を出し続ける事となった。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 11:51:26 ID:N/qIPRH40
↑そういえば、1945年2月の近衛上奏文(骨子は 連合国との講和を急ぎ 軍内容共分子による共産革命を阻止 国体を護持すべし)に対して、昭和天皇が“もちっと戦果を挙げてから(でないと不利な条件での講和になる)”と反駁して、更に6ヶ月間戦闘を長引かせた経緯もあった。

昭和天皇は軍内容共分子による共産革命なんてものが、自分を騙すための作り話だと認識していたため怒った訳だが、東條に任せた後始末を自分がやらなければならない事への怒りもあった。

それが昭和天皇独白録での冷淡な東條評となって顕れたのだろう。

もっとも 昭和天皇とて、東條逮捕(東條は天皇配下の軍人であり近衛師団を使えば可能だった)と連合軍司令部への勅使派遣による停戦表明、というイタリア式の前例も知らなかった訳では無い。

一見、無意味な大量殺戮にしか見えない東京大空襲も、イタリアの前例を見れば昭和天皇に宛てた連合国側のサインだった。

昭和天皇とて人の子、失敗した時の東條の反撃(その権力維持手法は既に明らかだった)を恐れたのだろうが、もう少し勇気を持ってほしかったね。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 01:34:58 ID:k+OthojZ0
個人的な想像ばかり・・・靖国スレっていつもこんなん?


651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 21:30:40 ID:BBg9ez3Q0
結局、千鳥が淵の拡充で靖国はアボーンの予定です。
単なる宗教法人ですから、残念w

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 23:47:47 ID:DtDh9UFk0
靖国問題を議論しても票にも金にもならないから左翼が寄ってこないようだ。
左翼は格差社会と共謀罪をよりどころにしようとしているらしいが無駄なあがき。
薬害肝炎問題は以外にあっさり国が敗訴して二匹目のドジョウはいないようだな。

資本論も読んだことないようなエセ左翼が面白がって靖国神社を感情的に攻撃
しているのみ。実にくだらん。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 00:17:05 ID:S6f+F3KB0
大東亜戦争中、戦地で家族を亡くした人にとって靖国神社は特別な想いのある場所です。
靖国神社に行けば、亡き父や兄弟、息子達に会えるのです。

肉親を想う心はいつの時代にも普遍のはずです。割り切れぬ思いを抱きつつも亡き父、
兄弟、息子達に会いに行く遺族の想いは察するべきでしょう。




654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 00:17:58 ID:KdIGsOY60
↑いつもながら特徴的な分かりやすい文体だなぁ

655 :654:2006/07/05(水) 00:21:04 ID:KdIGsOY60
>>652にたいして

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 01:07:43 ID:chsKYC440
おれは共産党が嫌い。シューキョーだから。きもい。
韓国も嫌い。きもい。
中国も嫌い。きもい。
自衛隊好き。軍隊だから。

基本的にウヨなんだが、唯一、靖国神社は受け付けない。
だって、シューキョーじゃんか。
霊魂だの、神様だの、 ウ ソ じゃんw あるわけないだろ。
あるんなら、見せてくれ。
人間は死んだらそれまで。肉が腐って骨になるだけ。
霊魂も神様もキチガイのたわごと。

だからキリスト教のアメリカ人もバカだと思うし。
イスラムなんて狂人でしょう。
統一協会も草加も変態集団。

靖国神社も創価も統一協会もオウムも一切信じられません。笑ってしまいます。

靖国が嫌いな右翼っていないのか?

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 02:44:01 ID:9oV2hrMM0
靖国が嫌いな人は右翼は勿論居るよ。
それより・・
【在日や韓国人の日本強奪計画を阻止せよ!】外国人参政権に反対する主なる理由

以下この法案の主な問題点を挙げます。

・参政権とは国政や地方を問わず「国民固有の権利」であり、この法案は明らかに憲法十五条に違反している。
・日本国民は民主国家日本と運命を共にせざるを得ないが、外国籍の者は日本と運命を共にする義務は無い。彼らが本国に帰る事は自由である。
・参政権は人権問題ではない。外国人は本国の参政権を持っているはず。無いのなら、それは彼らの本国の怠慢でしかない。
・永住外国人とは、特別永住資格を与えられた韓国・朝鮮籍の方々が殆どを占める。彼らが本国からの干渉を全く受けない、とは言えない。これは内政干渉とも考えられる。
・この法案を提出しているのは公明党の議員である。公明党とは、ほぼ創価学会員で構成されており、支持母体は創価学会。公明党がこの法案に熱心なのは、創価学会が韓国での布教を有利にする為であるとも言われている。
 (金大中元韓国大統領と池田大作SGI名誉会長の間の取り決め)
・この法案に賛成してる政党は、票田を獲得する為に「国民固有の権利」を売ろうとしているのは明らか。民主党は韓国民潭との繋がりを強めている。創価学会の信者には在日朝鮮・韓国人も多い。
・この法案に賛成してる議員は、個人的な贖罪意識の為に「国民固有の権利」を売ろうとしているように見える。
・友好を言うのなら、相互主義でなければならない。
・日本は他国とEUのような強力な結び付きのある同盟関係が有るわけではない。外国人の参政権を認めているのは、EUのような一つの国を目指している国々や、経済的繋がりが強力な北米圏のような特殊な国々のみ。
・この法案が成立した場合の将来、永住外国人が人権を盾に、被選挙権と国政参政権を求めた場合はどう対処するのか説明が無い。


658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:16:34 ID:chsKYC440
>>657
うーん。
在日って何人? 600000人くらい?
それの内、6割が成人として400000人。

まー中規模の新興宗教団体程度だ罠>影響。
創価学会の方がよっぽど脅威だわw。

日本人有権者80000000人
在日の有権者  400000人

全員が一地域乗っ取っても、
天理市か八王子市がもう一つできるくらいじゃないの?

韓国人も少子化だし、
在日も少子化でしょう。
ニューカマーは永住権ないし。

日本の政治には、社民党が元気になるくらいの影響じゃないの?



659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:20:26 ID:chsKYC440
そうだ。
在日には徴兵制をひいたらどう?
自衛隊の外人部隊。
2,3年国防に尽くしたら、選挙権付与。これならいいじゃない。



660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:25:40 ID:vn9aC3FfO
靖国問題は日中のガチンコ勝負だから、結局勝つべくしつ勝つのだが中国のメンツを立てつつ勝たなければならない。でなければ収まるものも収まらなくなる。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:37:06 ID:vn9aC3FfO
彼らはメンツを大事にする。第二次上海事変は上海という国際舞台で少数の日本軍に勝利を見せつける為、将介石がナチの訓練、武装させた大規模な国民党軍で攻勢をかけたが日本軍は勝ってしまい、南京への道が始まる。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:45:05 ID:vn9aC3FfO
首都を上海の欧米メディアの面前で奪われ、潰走しなければならなかった国民党。国内も反日気運が充満する中での近衛戦略に乗れば、条件が良くても日本に屈服した事を内外に示す事になり、国民党の統治は困難だった。やはり南京攻略は控えるべきだった。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:55:12 ID:vn9aC3FfO
苦肉の策で国民党宣伝部は南京、渡洋爆撃での無差別虐殺、現地徴発を略奪と誇張し、刺激的な写真とともにロイター、AP通信に 通報。これが全世界を駆け巡る。もはや日本を負かせるのに道義も何もなく、

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 04:00:56 ID:vn9aC3FfO
本当の敵、中国共産党の支配者コミンテルン、散々侵略されてた欧米帝国主義国との野合までして、日本包囲網を築き上げた。おそるべし。中国人のずる賢さよ。やはり5000年磨かれたマキャベリズムはウブな日本人にはかなわない。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 04:03:42 ID:OZjuMJeT0
>>658
創価は教祖が在日な上、幹部も在日で占められてますが何か?
聖教新聞も日韓ではなく韓日友好と書かれてますが何か?

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 04:10:06 ID:OZjuMJeT0
今では、創価学会は在日朝鮮人に乗っ取られてしまいました。副会長等の役員の3分の2は、朝鮮人の系譜です。ですから、ことあるご
とに反日的言動と行動を取るのです。「聖教新聞」「大百蓮華」などで”韓日友好”とか”日本は、いくら韓国に謝罪しても謝罪しきれない”
という反日侮日の言動に満ちているのであり、在日朝鮮人への参政権付与に血眼になっているのです。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 04:33:55 ID:OZjuMJeT0
創価学会政治部門の公明党がとんでもない売国機関となっている

北側国土交通相(公明党)の最近の政策
   ●女性専用車両導入
   ●北朝鮮船18隻に入港証明書を与える →契約保険会社の支払能力に疑問あり
   ●万景峰の入港許可 ←ここ注目
   ●中国 観光ビザ発給地域拡大 ←ここ注目
   ●韓国 観光ビザ免除恒久化 ←ここ注目

公明党の推進している政策
   ●外国人地方参政権付与 ←ここ注目
   ●人権擁護法案 →国籍条項撤廃には強く反対 ←ここ注目

韓国SGI(韓国創価学会)の2005愛国大祝祭での主張
   ●「独島(竹島)はわれらの領土」 →2万人参加の人文字

冬柴幹事長(公明党)の韓国ハンナラ党訪問時の談話
   ●「日本には奈良県があるが、“ハンナラ”からの“ナラ”である。日本の遺跡地には
     韓国の影響力を確認することができる」と親近感を表した →ハンナラ党(「偉大なる国党」「韓の国党」)
     http://www.janjan.jp/world/0505/0505066731/1.php

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 09:09:10 ID:kxaDKbNy0
おーい、ID:vn9aC3FfOさんよぉ。

>>660
>日中のガチンコ勝負だから、結局(日本が)勝つべくして勝つ

>>664
>(中国の)5000年磨かれたマキャベリズムはウブな日本人ではかなわない。

結局どっちなんだよw
中国の脅威と日本の優位を両方とも主張したい、というのは判るけど、
もうちょっと矛盾が目立たない論理的整合性に配慮した主張というものを期待するのは無理なのかね。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 20:48:51 ID:mkDMOQb30
>>656 おー同志よw
漏れは対ソ戦でアフガンまで行ったバリ右翼だが、靖国は大嫌い。
何故なら、親父(満洲引き上げ組)が“靖国なんぞ騙りだ”と言われて育ったから。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 02:13:39 ID:F/vlO6pc0
>>669
あんがと。
とにかく宗教だぜ、宗教。鰯のアタマじゃんw

でさ、靖国好きな奴って、ほんとに宗教が神道なの?
自分や家族の葬式は仏教じゃないの? 
クリスマスパーチーやったりさw
本当は「おれウヨだから、靖国好きっていわないと思想的にまずいかも?」
って思ってるだけじゃない?

宗教にご利益があるのなら信じても良いけどね。
アメリカとやって悪戦苦闘なときに、
靖国のカミサマは日本軍を助けてくれなかったじゃん。

靖国のカミサマってつかえねーw

日本はちゃんと資本主義で強い軍隊持って、
中国や韓国に偉そうにされないだけのやる気を見せればいい。
朝鮮総連なんかスパイ組織なんだから解散させたらどうか?
まあ、在日に帰れとまではいわないけどさ。
社民党とか9条の会とかジェンダーフリーとかいう連中も
テポドンと一緒に日本海に沈めたいw

でも、靖国だけはシューキョーじゃん。
創価学会と靖国神社の違いがわかりません。どっちもインチキでしょ?



671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 09:19:02 ID:REjaEsnh0
>>670
日本の自衛隊は世界でも屈指の軍隊だぞ
特定アジアに舐められてるのは外務省と歴代の首相が馬鹿だったから。
小泉になって少しはマシになったがまだまだ足りない

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 09:59:29 ID:nba96Xn/0

青森、陰る自衛隊人気 イラク派遣で二の足 人集め必死

自衛隊の入隊者が多い青森県で、人気に陰りが見え始めている。民間企業の採用増が影響しているが、
陸自のイラク派遣で敬遠する向きも出ている。地元に大口の就職先が少ない上に、東北で唯一、陸海空
すべての拠点がそろい、身近と映るためか、昨年度の入隊者は東北で最も多かった。自衛隊青森地方連絡部は
「ニートやフリーターの掘り起こしも図りたい」と新隊員確保に懸命だ。自衛隊の入隊者が多い青森県で、
人気に陰りが見え始めている。民間企業の採用増が影響しているが、陸自のイラク派遣で敬遠する向きも出ている。
地元に大口の就職先が少ない上に、東北で唯一、陸海空すべての拠点がそろい、身近と映るためか、昨年度の
入隊者は東北で最も多かった。自衛隊青森地方連絡部は「ニートやフリーターの掘り起こしも図りたい」と
新隊員確保に懸命だ。
ttp://www.kahoku.co.jp/news/2006/07/20060705t23037.htm

2chの国士様、愛国者様の「愛国心」が本物であることを証明する機会が到来しました。。
是非、日本の為、祖国の為、入隊して下さい。

-------------------
>>671さんや靖国万歳の方々いかがでしょう?

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 17:02:24 ID:RxgdDqgW0
>>672
すでに自衛隊入隊が年齢で引っ掛かる俺はどうしたらいいですか?

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 18:26:24 ID:I3rLzLlN0
>>674
「愛国心」を披瀝すればわかってもらえるでしょう。
年齢で断られるなら
「自衛隊の方の採用意欲もその程度なのですか?」
と食い下がればわかってもらえる可能性は高いと思いますよ。
あれこれ悩まずに、まずは問い合わせてみては?

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 21:00:19 ID:/XVr+ie40
>>670 その通り、どっちも宗教w
かつて「靖国で会おう」なんて軽口飛ばして前線に行った将校さん達も、日本の貧弱な国力ゆえに犬死させられた。
そんな彼等は「お母ちゃん」と言って死んで行った。

漏れも、もうダメポと思った時には実家で過ごした日々が走馬灯のごとく脳内を駆け巡ったけど、それだけだった。
戦地で死ぬ時には大層な大義やら愛国心なんぞ沸いて来ない。
やり残した事や、別れた女の事や、家族の事しか残ってない。

多分、粗悪品のT73と心中する羽目になったソ連兵もそうだったろうが、残ってたのは全身が潰れた死体だけで、わからなかったよ...

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 21:34:02 ID:/XVr+ie40
>>674 一本釣り担当者乙w

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 22:57:48 ID:YqpKYY3c0
>>670
神道は多神教なので、仏教の葬式やクリスマスパーチーをやってもOK

>アメリカとやって悪戦苦闘なときに、
> 靖国のカミサマは日本軍を助けてくれなかったじゃん。
>靖国のカミサマってつかえねーw

病気の時に飲む薬も100%効くわけではない。
高血圧や糖尿病の薬を飲んでいても、暴飲暴食すれば悪化する。


678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 01:39:36 ID:9nuOZxht0
>病気の時に飲む薬も100%効くわけではない。

靖国のカミサマは何%くらいの効目があるの?

>高血圧や糖尿病の薬を飲んでいても、暴飲暴食すれば悪化する。

この場合「暴飲暴食」に値する行為をした兵士はカミサマの御利益が無かったってこと?

だとしたら、その行為ってどんな行為?


679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 20:23:17 ID:GDpo29Tu0
要は宗教なんぞ鰯の頭w

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 21:21:30 ID:835eu3Wu0
>>678
100%効くのでなければ「つかえねー」という発想が間違っているだけ。
何%効くのかなんて、調べた人がいないので、わからない。
客観的な評価のための方法論もない。
効かないことを証明するのは、カミサマに限らず一般論として難しい。

>「暴飲暴食」
物量作戦でかなわない上、原爆や無差別空襲を平気で行う相手に、
短期決戦に失敗し、日本にとっての持久戦になったこと。

神道は多神教なので、そもそも全知全能の神ではない。
神道で強力な神になるのは、冤罪で殺された有力な政治家や将軍なので、当時はまだ力が弱かったという理屈付けもできる。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 23:03:49 ID:tIpyDBwO0
神様を何かに利用しよう、という発想はすでに間違っている。
神とは、崇め奉る信仰の対象であって、何かをお願いする筋合いのものでもない。
正直な話、靖国神社の本殿の前に立つと厳粛な気持ちになり何も祈れなくなる。



682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 23:04:13 ID:KdGShXDR0
シューキョーはきもいじゃん。
だって詐欺だろ。
存在しないカミサマを拝めってさw
シロアリがいないのにシロアリがいる、とウソで商売したシロアリ会社とどこが違うのか?

靖国神社と文鮮明の朝鮮壷売りの区別がつきません。

どうせウソならさ。喧嘩好きで粘着質のシューキョーにしようぜ。
日蓮正宗と創価学会って、えんえんと喧嘩してる。
あの2つは強そう。靖国神社を法華の寺にしよう。


683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 23:32:22 ID:tIpyDBwO0
>>682
そう思うなら、それで結構。唯物論的な生き方も当然ある。
因みに、中国共産党も唯物論であり宗教を認めていない。


684 :名無しさん@お腹いっぱい。   :2006/07/07(金) 23:41:51 ID:o99AxFp20
俺はそう祖父が戦死したクチだけど小泉はともかく安部には靖国参拝して欲しくねーな…。
少なくとも統一協会と関わってるうちは。上に既出だけどあのふざけた反日カルト教義はなんなんだよ。 

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:07:30 ID:KfyvM+g70
安倍さんは統一教会の信者じゃないからいいんだよ。
岸信介さんが何かの縁で統一協会とつながりができたから安倍さんが引き継いだ。

安倍さんは大変義理堅く、先祖を大切にする方なのでしょう。
靖国神社にも是非参拝していただきたい。


686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:14:23 ID:Bxnrdnfu0
例えカルトでも反日でも祖父の代から統一協会と関係を持ち続ける、
僕たちはそんな義理がたい彼が大好きです。壺はいりませんか?

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:22:46 ID:KfyvM+g70
小泉総理が安倍さんを気に入るわけが分かるような気がする。
共通点は多分「信念の人」「情の人」そして「政策理念」
安倍さんが靖国神社に参拝しないとは思えない。


688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:34:42 ID:lbjNhkv80
文鮮明も八百万のうちの一柱です。神道の徒は万物を分け隔てなく崇め奉るのです。
カルト宗教に軒先を貸して母屋を取られようとも気にしないのです。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:36:13 ID:1QQOTHFN0
靖国と統一協会、アヴエタソの「信念」とやらが理解できん… 

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:36:28 ID:KfyvM+g70
安倍総理が誕生すれば、日米同盟は更に深化し強固なものになるだろう。

中国は日米の同盟国ではない。日中関係を冷え込ませたまま放置するのは、中国にとって全く
国益にかなわないことの筈だ。中国にとって日本の技術的支援はエネルギー分野、環境分野
等、多岐の公共分野に及ぶ。首脳会談が実現しなくて困るのは中国で、日本は全く困らない。

従って、次期総理にも靖国神社に参拝してもらいたい。

日本に「歴史問題」を持ち出して内政干渉しようとしても無駄だとはっきり分からせるべきだ。
日中間の歴史にまつわる問題は「日中共同宣言」「日中平和友好条約」で全て解決済み。



691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:41:10 ID:jaBrbhwR0
靖国参拝しなくてもいいから、中韓を潰せる人が首相になってほしい

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:42:18 ID:KfyvM+g70
小沢一郎は、胡錦濤との会談で「歴史認識での行き違いがある」発言に対して
「国によって違うのは当たり前」というようなことを言って一蹴した。
小沢は鯛なんだな、と妙に感心した。

惜しむらくは、民主党の危機的な人材難。


693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:46:03 ID:DHQcKPfp0
さらに経済の知識が弱いと指摘があった安部氏だが総理に
690に加え、女性を韓国に大量に輸出し、その一方で壺を大量に
輸入すると言う画期的な貿易も期待することが出来るだろう。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:46:05 ID:KfyvM+g70
本来、総理大臣の靖国神社参拝と日中関係とは全く別次元の問題の筈だ。

この二つをからめた売国朝日新聞こそ国賊であり真っ先に潰すべきだ。


695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:56:40 ID:KfyvM+g70
「中長期的に中国とどう関与しどう抑止していくべきか」との問いに対して

アーミテージ元米国務副長官

「(略)中国こそ、新しい米国と新しい日本について理解しなければならない。第二次大戦
の出来事に不平を言って、日本の対応を見るような時代ではない。世代は代わっている。」

安倍官房長官

「(略)戦後の法的処理が終わった後は、誰が悪かったかを論じるよりも、互いに死者を
弔うことが大切だ。」

読売新聞 2006年7月7日付け 第12面より


696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 05:34:46 ID:Of0d8sQU0
>>692 小沢が動き出したのは小泉後の自民を割らせて政界再編に持ち込むのが目的。
民主はそのための足掛かりに過ぎない。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 06:18:29 ID:Of0d8sQU0
本来、戦死者の慰霊と天皇家への忠誠と囲い込みは全く別次元の問題の筈だ。

この二つをからめた靖国こそ奸宮であり真っ先に潰すべきだ。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 07:57:23 ID:Of0d8sQU0
国連安保理で対北朝鮮制裁案が否決されて、1931年の再来になりそうな日本...

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 09:44:16 ID:IMlJPDm50
>>687
小泉に信念が無いからややこしくなっているのだ。

自身の総裁選出馬の際、どんな批判があろうとも必ず8月15日に靖国神社
に参拝すると言っておきながら、その後1度も実行していない。
次の総裁選では靖国参拝は争点にならないと発言したが、自分が立候補した
ときは自分が争点にしたではないか。そもそも選挙の争点は投票する側が決
めることだ。立候補者が争点にしたこと以外は白紙委任しろってことか。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 16:42:36 ID:Of0d8sQU0
ぼるとんって松岡の生まれ変わりかな?w

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 17:04:19 ID:skUyZhjo0
法務死した東条らと朝鮮人を早く分しして欲しい。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 17:11:29 ID:Of0d8sQU0
朝鮮人/台湾人は勿論、インパールで死んだインド国民軍兵士や満州国防衛に死力を尽くしたコサック兵達を合祀せずに良心が痛まないのだろうか?

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 17:26:39 ID:HGJgm/5m0
合祀してほしいのか?

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 17:40:29 ID:Of0d8sQU0
彼等が合祀してほしいと思っているかどうかは考えるべきだろうが、日本人としては彼等に感謝している事を示す意味での合祀が当然だろう。

東條は違うから即刻外すべきだけどねw

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 17:53:36 ID:HGJgm/5m0
靖国は感謝の気持ちを示す施設なのか?

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 18:32:11 ID:Of0d8sQU0
勿論、現状の靖国は違うな。

しかし、大村益次郎先生が構想していた無名戦士墓所は“国民の所有せる国家”を護るために散った国民軍兵士≒国民へ、国家≒国民が広く感謝と哀悼の意を捧げる場所だった。

現状の日本が国際紛争解決手段として軍事力を行使しない国家であるという矛盾点はあるにせよ、天皇を頂点とする身分制度が存在するいびつさはあったが一応の国民国家だった大日本帝國陸海軍の戦死者を、
名前を一部変えただけの同じ国家が全く無視して良い筈が無いし、それこそ人倫にもとる行為であろう。

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 20:33:59 ID:KmQFgdcB0
大村なんて内戦の経験しかないからな。
あの銅像は邪魔。



708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 21:03:56 ID:Of0d8sQU0
大村益次郎のいた長州で対外戦争の経験があったのは下関砲台の久坂玄端指揮下の藩兵達だけで、実は日本最初の国民軍たる諸隊には経験が無い。

一方の大村益次郎暗殺首謀者だった海江田信義(=俊斎/薩英戦争開戦のきっかけとなった生麦事件を起こした)のいた薩摩藩は、平安/鎌倉以来の薩摩士族の組織による藩兵と準近代兵器で薩英戦争に辛勝した経験があった。

その根幹に絶対的大家族制と首長への団結力に近代技術さえ加えれば国民軍と同じような組織は作れる、という海江田の考えは 実に長州諸隊出身の山縣有朋に引き継がれ、竹橋事件以降の日本陸軍の方向性を決定してしまう。

60年余り後の その結果は、大変不幸なものであったが...

大村益次郎にもテキスト直輸入での西欧化という批判も現代からの視点では容易だろう。

大村が暗殺されずに西南戦争まで現役だったら、実は薩摩藩こそ縄文系日本人が弥生系日本人の朝廷権威に服従せずに作り上げた“国民国家”だった、と理解したかもしれない。

そうなれば日本はUK(連合王国)のような合邦国家としての道を歩んだかもしれない。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 22:56:57 ID:KfyvM+g70
ID:Of0d8sQU0 は、歴史にifを持ち込んで靖国神社を潰すべきだと言っている。

大村益次郎にはやたら詳しいようだが、所詮、頭のいかれたトンチンカン野郎だ。
いるんだよな、こういう奴。


710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 23:10:59 ID:wEsMs//V0
レスに人格攻撃を入れる椰子はスルーすべし

711 :名無し:2006/07/08(土) 23:25:08 ID:sihGjf2+0
戦犯というのは欧米の植民地主義による日本民族攻撃だ。
それを真に受ける人間をマッカーサーは12歳といって馬鹿にした。
自分たちの英雄が分からないからだ。

殺されたのは日本人だけである。すなわち人種差別なのだ。
馬鹿でもわかる。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 23:34:19 ID:V33c/DUl0
日本人だけ?? ドイツ人も裁判で裁かれて死んだのがいただろ
いずれにせよ正当な裁判とは言いがたいが    

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 00:39:33 ID:mBead8xf0
ま、どれだけ上辺だけ恰好つけて見せたところで、
統一協会の反日教義に文句のひとつも言えない靖国信者の言い分に
かけら程度でも説得力なんかあるわけがないわな。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 01:33:51 ID:Coxiu+kv0
靖国神社と統一協会に何か関係があるの?


715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 01:53:45 ID:Coxiu+kv0
ふむふむ。統一協会−安倍晋三−次期総理待望−靖国信者 ね。
だとすると、反日教義に文句を言うべきなのは、靖国信者じゃなくて安部晋三だと思う。


716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 02:42:17 ID:Coxiu+kv0
靖国神社と、統一協会を結びつけて、靖国神社を貶めるのが最近の左翼の流行?


717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 02:58:49 ID:Coxiu+kv0
靖国神社と、オウム真理教を結びつけて、靖国神社を貶めるのも最近の左翼の流行?

接点がないものを強引に結び付けてもねぇ。説得力ないねぇ。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 07:18:15 ID:Vf5+blDn0
↑ヒント: カルト宗教w

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 07:20:21 ID:Vf5+blDn0
↑ヒント: 消火器詐欺

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 08:06:19 ID:vd0G6nMi0
>>717
靖国とオウムがソックリだとはいわないよ。

でもさ、どっちもシューキョーじゃん。

実体のないインチキご神体を拝んで、アタマと心の弱い人をだます詐欺でしょう。

統一協会と創価学会とオウムと靖国神社。あと共産党と朝鮮総連も

こいつらのどこがどう違うのか、教えてよ>>717



721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 08:18:05 ID:aBdtp3K00
紙切れに書いた英霊?と称する人物の名前を崇め奉る宗教
これを邪教と言わずしてなんと言う

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 09:39:13 ID:fTp55zXz0
>>721
神道とはそういうものだが?日本文化を知らないにもほどがある

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 09:40:46 ID:fTp55zXz0
>>720
宗教そのものを否定する奴は人類の敵

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 10:23:32 ID:Vf5+blDn0
宗教は人類を悩ませ、争わせ、苦しめて来ただけ。
さっさと卒業しようw

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 10:38:35 ID:fTp55zXz0
>>724
宗教そのものを否定する奴は人類の敵

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 11:04:48 ID:aBdtp3K00
神道なんぞアフリカ土人の呪術に毛が生えた程度の
とうてい宗教とは呼べないシロモノ。イワシの頭も神様にしてしまう
というからスゴイ

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 13:31:53 ID:3ZJr5Bva0
>>724…おまえは人間やめろ
>>726…おまえなんぞ猿に毛が生えた程度の
    とうてい人間とは呼べないシロモノ
    こいつの頭は悪いというからスゴイ

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 13:52:05 ID:zjAwiN+K0
>>724
『宗教はアヘンだ』といった毛沢東に似てますよ。
現代の日本人には理解できないかもしれないが、その昔に
天変地異、飢餓、戦争で自分達の明日が不確実にさらされていた
時代は人々は神を信じ、信仰によって団結して同じ信念、価値観を
もって生活せねば社会生活が成り立っていかなかったのです。

もちろん信仰の違いが隣国との戦争の原因になったり時の権力者が
宗教を利用して体制をより強固なものとしてきた事も事実ですが。

小生は無宗教ですが仏教、イスラム、キリスト教等の信仰は尊重しています

中国人(漢民族)が非人道的な侵略や犯罪を現代においても犯しているのは
この信仰宗教のなさによる人道的、道徳的な教育を受けず中華思想や
反日教育ばかりを叩き込まれている事も一因にあると思います。

今日でも中国共産党では宗教の弾圧、拷問、処刑、強姦や
チベット民族血統断絶のため男性の断種や女性の強制交配(漢民族と
強制的に交わらせ子を産ませる)を強行しています。


729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 14:25:30 ID:mBead8xf0
>>715
>反日教義に文句を言うべきなのは、靖国信者じゃなくて安部晋三だ

あべしは靖国を信仰してないの?
靖国信者は靖国を信仰しない人物の首相就任を待望してるの?

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 14:53:01 ID:2dpx+qBM0
         _,,..i'"':,     妖怪 箱ティッシュ
         |\`、: i'、 
            \ \`_',..-i   オナニーして逝きそうになると
           \|_,. -┘    ティッシュが手元に無い。
  タタタッ    _ノ )  ノ    それは妖怪箱ティッシュの仕業です。
        ノ ///
       _//  | (_      弱点は水に濡れると死ぬ。
        .. レ´  ー`

奪ったティッシュは、このオイラのスレにあるのさ♪
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1150468063/


731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 18:23:20 ID:aBdtp3K00
オウム、草加、統一教誨、神道、ブードゥー教、これらは淫祀邪教の類
低レベルの人種しか信仰しない

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 20:13:55 ID:u4EMKkBz0
「労働者が独裁政治をすればユートピアが実現し人民が救済される」
などという迷信を「科学的」だと思って信じているイタいバカよりは
ましじゃないかな?

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 00:45:11 ID:SSXUH4tc0
↑どっちも大差ないねw
共産主義、オウム、草加、統一教誨、神道、ブードゥー教、全部同じ。
その信者も同レベルw

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 05:49:11 ID:zlO8KQyi0
あのさ、無条件降伏ってどういう意味なの?
ほら有条件降伏っていうけどさ
例えばポツダム宣言の中には条件がかいてあるけど
それって譲歩の条件が書いてあるの?
違うじゃん、こういう事するけど了承しろ、しないなら壊滅させるよ
って書いてあるんじゃん。
有条件って言う人はそこらへんを勘違いしてるような気がする。

例えばレイプ犯が殴られたくなければやらせろって言う。
このやらせろってのが条件なの?
違うでしょそこで女が、せめてコンドームつけて!
って言うのが条件でしょ?
やらせろの中身が、アナルでとか3回戦とか縛りとか
でもそれは向こうの要求でしょ?
こっちはそれを有無もいわず飲むんなら
それは無条件降伏なんじゃないの?

違いますか?日本は何か条件だしたの?
国体の維持?


735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 21:38:27 ID:DeQXADKO0
共産主義とオウムは、彼らのシューキョーを「科学的」だと思って、
優越感を持ってるから、イタさが他のシューキョーよりも大きい。

草加、統一、神道、ブードゥー、カトリック、プロテスタント、
イスラム、ユダヤ、シンゴン、シンシューは、
シューキョーだと認識してるだけましだ。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 22:43:23 ID:Be/qQdpi0
>>731,733
>日本における宗教の信者数は、文化庁「宗教年鑑」によると、
>神道系が約1億600万人、仏教系が約9600万人、神道系と仏
>教系だけで2億人をこえる。

一億人を超える日本人を敵にするあなたは何人?
だいたい想像はつくけど・・・

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 23:03:49 ID:DeQXADKO0
宗教などという低レベルのものを超越した自分は、
バカな一般大衆とは違う優れた人物だと思うことで、
自らのアイデンティティーを辛うじて維持している
のだから、そっとしてやった方がいいかもしれない。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 05:18:34 ID:7FQEC+nb0
↑などと臆面も無くカルト信者が申しておりますw
宗教心は否定しないが、カルトはただのカネ儲け&政治の道具。
早く目を覚ますと良いねww

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 11:22:42 ID:pYLlxpTI0
靖国神社参拝は日本人として当然の事!
分からない人は大東亜戦争で検索して調べてください。


740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 11:33:07 ID:2K/5Bk+O0
72 :世界@名無史さん :2006/07/06(木) 13:44:15 0
>>70
ウヨのWスタンダードはいつものこと

靖国の時は「日本は死者に鞭を打たない。中国と違う」とか言っておきながら
2chのニュー即板は橋本元首相の死亡のニュースが流れたとき
「ざまあ見ろ」「死んでよかった」「天罰」みたいな書き込みの祭りでしたね
わりとマトモな人もいて「不謹慎だ」と書き込めば逆に「サヨ」のレッテルが貼り付けられる始末
こりゃ、村山の訃報の時は祭りだろうなー
日本の死者にムチを打たない原則は、ウヨにとって都合のいい人物だけなんだね
そういや、中国で洪水が起きて沢山の人が死んだ時も、不謹慎という書き込みが逆に叩かれていたのを思い出す
こりゃ、日本で震災が起きて、それをあざ笑う韓国と大差ないわという結論。
ウヨの文化レベルはウヨが嫌う韓国のそれと同じレベルで同属嫌悪じゃあないの

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 12:47:05 ID:wH1jN6yp0
>>739
信教の自由って知ってるか?
全国民が東京都とその周辺に住んでるわけじゃないんだよ。
その押し付けがましい態度が靖国オタの異常性を物語る。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 15:00:38 ID:20SA2EFS0
>>739
「命令的な人間は、いかに彼等が自分たちの神に仕へてゐると信じてゐるにしても、自分たちの神に対してもまた命令するであらう」 (ニーチェ)


743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 15:41:04 ID:xaRRZXg00
あべし! ひでぶ!

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 22:25:22 ID:+ksnRS4n0
>>738
少し前まで
宗教一般の話をしてたはずなのに、「カルト」と話のすり替えをしている。
「カルト」というのは、他人に自分の信仰を押し付けたり、
他人の宗教を禁止したりする場合に成り立つ。
特定人物が特定の神社に行くことを禁止させようとしている連中は、
定義上「カルト」の条件を満たす。
「カルト」の最も厄介な点は、「カルト」の信者は、
自分の考えは「科学的」なので、宗教より上だと思っていることである。
しかし、科学者から見れば、その「科学的」と称する考えは荒唐無稽な迷信にすぎないことが多い。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 21:06:59 ID:25sHCUOV0
>>「カルト」というのは、他人に自分の信仰を押し付けたり、

国民に参拝を義務つけてましたな、靖国w

>>他人の宗教を禁止したり

基督教徒や仏教系新興宗教を弾圧してましたなww

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 21:39:41 ID:OjIcjwTi0
>>745
>基督教徒や仏教系新興宗教を弾圧してましたなww
仏教だか神道だかわかんないような宗教を作って、
天皇陛下を馬鹿にしとるってことで不敬罪とかになった奴だな
これは靖国関係ないだろ
あえてあげるなら伊勢神宮じゃないか?

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 00:45:30 ID:gVqxFzVu0
>>745
昔のことを持ち出せば、
キリスト教も、仏教も、神道もそういう時代があっただろう。
何十年、何百年もの過去の話を現代の基準で断罪するやり方は
間違いである。
人類は経験を積み、進歩する。

しかし、21世紀のこの現代にあっても、
中国共産党のやっていることは、まさに「カルト」そのものである。
そして、その「カルト」思想に基づいた宗教的ジェノサイドに
、加担する日本人が存在することは、日本の恥である。
中国共産党はチベット、ウイグル、法輪功などさまざまなジェノサイドをしているにも関わらず、日本に対して行っていることは別の話だと考えているとしたら、まさに、極楽トンボである。


748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 20:37:37 ID:+K84KBKP0
あなたも愛する家族や友達と別れて無駄死にして神になりませんか?
が、靖国神社だわな。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 03:15:34 ID:whwCVRIe0
>>742
で、スターリンや毛沢東が生まれてきたわけだw

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 21:02:00 ID:o9J24zTp0
スターリンや毛沢東が生まれてきた土壌には信心深い素朴な人々の存在が大きい。
スターリンは神学校出身(母親は死ぬまで息子が共産主義者だと理解できず、クレムリンから出て聖職者になれと言いつづけたw)だったし、毛沢東は仏教系インテリとして心身一体の鍛錬による悟りへの途を志していた。
彼等が共産主義に転向した理由は、その方が一般受けする思想だった、というだけ。
同じように、共産主義から宗教商売人に転向した香具師も数知れず...

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 07:01:43 ID:mR11mb1B0
>>750
スターリンはレーニン廟を作った張本人だよ。
信仰の力を文字通り利用して独裁政治を敷いたのよ。
ソ連時代にはKGBの家族にも信者はいた。
それは主にロシア正教。

因みにレーニン廟の形は復活際で使われるピラミッド形のケーキと
同じ形。復活を意味するんだよ。
古来ロシアでは聖者の遺体は国家護持の利益があると信仰
されてきた。ピョートルも首都移転の際に英雄ネフスキーの遺体を
移転させた。レーニンは聖人として崇拝されてきたんだよ。
今もそう。国家の守護神と言うところだ。

転向したと言うよりも2足の草鞋を履いていたと言うべきだな。
見えなかった椰子が多かっただけだw

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 07:22:52 ID:GyRa+yX60
↑けだし慧眼也w
20世紀共産主義の多くは国民的宗教を母胎として、自らの権力基盤に換骨奪胎した例が多かった。
これはマルクス共産主義がユダヤ教から派生した“神なき宗教”だった事とも関係がある。

振り返って日本を見れば、天皇教もまた民間信仰の派生物である新興宗教だったといえる。

幕藩体制下の飼い殺しにより既存の宗教が信仰としての魅力を失い、現世における新たな神である天皇教の発生は自然発生的であったにせよ、
宗教勢力(主にカソリック)を政治から排除する形で形成された欧州の国民国家を目標としながら、天皇教のような新興宗教もどきに国家が依存してしまった日本の悲劇はここから始まり、いまだにその残渣が靖国として残っている。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 13:28:42 ID:Y3+H+wrT0
質問第一二号
日本の戦争犯罪についての軍事裁判に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。
  平成三年十月一日
吉 岡 吉 典   
       参議院議長 土 屋 義 彦 殿
   日本の戦争犯罪についての軍事裁判に関する質問主意書
(中略)
二、平和条約第十一条と減刑、赦免について
 サンフランシスコ平和条約第十一条は次のように規定している。
 (中略)
1 東京裁判で有罪となったA級戦犯の第十一条に基づく減刑、赦免の状況及びそれはどのような法的根拠と
手続きによって行われたか。また減刑、赦免の一番早い者についてその時期を明らかにされたい。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/121/syuh/s121012.htm

答弁書第一二号
内閣参質一二一第一二号
  平成三年十月二十九日
内閣総理大臣 海 部 俊 樹   
       参議院議長 長 田 裕 二 殿
参議院議員吉岡吉典君提出日本の戦争犯罪についての軍事裁判に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。
(中略)
二の1について
 A級戦争犯罪人に対する減刑及び赦免は、平和条約第十一条及び平和条約第十一条による刑の執行及び
赦免等に関する法律 (昭和二十七年法律第百三号)を根拠として、中央更生保護審査会の審査に基づく
我が国の勧告及び極東国際軍事裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定に基づいて行うものとされて
いた。
 A級戦争犯罪人として有罪判決を受けた者のうち減刑された者は十名(いずれも終身禁錮の判決を受けた者
である。)であり、いずれも昭和三十三年四月七日付けで、同日までにそれぞれ服役した期間を刑期とする刑
に減刑された。 なお、赦免された者はいない。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/121/touh/t121012.htm

>な お 、 赦 免 さ れ た 者 は い な い 。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 13:30:20 ID:Y3+H+wrT0
平成十七年十月十七日提出
質問第二一号
「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書
提出者  野田佳彦
一 「戦犯」の名誉回復について
(中略)
3 昭和二十七年六月九日、参議院本会議において「戦犯在所者の釈放等に関する決議」、
同年十二月九日、衆議院本会議において「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」がなされ、
昭和二十八年八月三日、衆議院本会議においては「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」が
全会一致で可決され、昭和三十年には「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」がなされた。
(中略)
赦免・釈放をもって「戦犯」の名誉は国際的にも回復されたとみなされるが、政府の見解はどうか。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a163021.htm?OpenDocument

平成十七年十月二十五日受領
答弁第二一号
  内閣衆質一六三第二一号
  平成十七年十月二十五日
内閣総理大臣 小泉純一郎
       衆議院議長 河野洋平 殿
衆議院議員野田佳彦君提出「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問に対し、
別紙答弁書を送付する。
(中略)
一の3から5までについて
(中略)
この法律に基づく仮出所制度については、平和条約第十一条による極東国際軍事裁判所及びその他の
連合国戦争犯罪法廷が科した刑の執行を受けている者を対象として、刑務所の規則を遵守しつつ一定の
期間以上服役した者に実施していたものであり、また、この法律に基づく刑の軽減については、刑の執行
からの解放を意味するものである。
お尋ねの死刑判決を受け絞首刑となった七名、終身禁錮刑及び有期禁錮刑とされ服役中に死亡した五名
並びに判決前に病没した二名については、右のいずれの制度の手続もとられていない。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b163021.htm


755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 13:48:37 ID:vakqR0Vo0
質問なんですが、遊就館の展示の終わりのほうで上映されている、
日中戦争の記録映画みたいなのの題名分かる方いらっしゃいますか?


756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 15:14:59 ID:t292A//H0
展示の終わりの方は遺影とか戦艦のミニチュアとかアンケートじゃないか?
なんにせよ、日本史関係の板にはふさわしくない話題だな。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 22:13:55 ID:4YxEU1RD0
>>748
>>あなたも愛する家族や友達と別れて無駄死にして神になりませんか?

文化大革命の死者は、畑の肥やしとして有効に再利用されました。
現代の中国でも、死刑囚は、臓器の摘出販売によって、刑務所に巨万の富をもたらしている。
「神なき宗教」の共産主義者の考え方からすれば、確かに、
熱帯のジャングルで朽ち果てた日本軍兵士は無駄死にですね。
でも、中国戦線では、役に立った日本軍兵士もいるかもしれませんよ。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 23:17:18 ID:GyRa+yX60
“中国戦線では、役に立った日本軍兵士もいるかもしれませんよ”

具体的には、どんな“役に立った”のかな?w

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 00:01:11 ID:yuRlH6pl0
日本軍にかぎらず死んだ兵士は全員無駄死にですよ?

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 00:29:42 ID:55CBUvtw0
無駄死に教の信者が集うスレはここですか
無駄死に〜 無駄死に〜 無駄死に〜

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 01:04:16 ID:IoP7SX5g0
戦死者や戦没者を「英霊」などと称揚しておいて、遺族が、家族
の戦死や戦没を、無意味で無意義な無駄死と思いたくないという
心情を利用して、当時の指導者や経営者の責任を、追及させない
ようにする卑怯や卑劣な策謀を靖国神社で体現させているような
意識では、そのような奴隷的な発想しかできないのでしょう。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 01:20:51 ID:55CBUvtw0
信者さんが現れたら 無駄死に〜 無駄死に〜 と唱えましょう 喜びます


763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 10:57:09 ID:tmHdwQKQ0
>>762
人間なんて最後はみんな無駄死にさ。
無駄に生きて無駄に死ぬんだよ。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 18:24:53 ID:/zow7Ab80
偶然地球に降ってきた微生物が偶然環境に適応し、
偶然進化し、偶然火を発見し、偶然人間という生き物になった。
偶然に偶然が重なって生まれただけの人間に意味はないんだから、
その死は無駄でも何でもない。ただ死んだだけ。

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 19:45:07 ID:96grBFN+0
人間が無駄死にするのは、指導者や経営者が悪いためである。
無駄死と思いたくない本人や遺族を騙すための卑怯卑劣な詐欺が宗教だ。
無駄死と思いたくない、アタマと心の弱い人が、阿弥陀、イエスにすがったり、靖国で英霊として再開することに期待する。

共産主義(とくに中国式)が実現し、
毛沢東のような優れた指導者の元では、
人の死が無駄にはならない。W
そのため、宗教のような低級なものは不要となる。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 19:48:53 ID:96grBFN+0
再開 ー> 再会


767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 21:24:44 ID:55CBUvtw0
>>765
無駄死に 無駄死に

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:05:42 ID:kFvrwQz00
これは見事なサヨクスレですね。
てか宗教だの何だの言っても、「両者共」に歴史を見る力が無ければ何喋っても水掛け論で終わるよ。
屁理屈で逃げられるからね、押しても押しても。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:19:44 ID:yKCbDfnW0
↑またレッテル厨のおでましだw
ここはカルト宗教の欺瞞を叩くスレですよ。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:22:04 ID:kFvrwQz00
後、自分の先祖が無駄死にしたからって他人の先祖にまで口出すなよ(´ω`)

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:24:24 ID:kFvrwQz00
>>769先生、カルト宗教って意味が分かりません(゜Д゜)∩
懇切丁寧にご教授願います(゜Д゜)∩

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:34:41 ID:XnvMnH550
戦没者を追悼するのは賛成だが

天皇の為に銃弾に倒れたら神として賛美(病死の軍属すら区別)
戦前の皇軍の行動は全て正しい(併設博物館)
疑問の存在する施設だね

靖国が皆に受け入れられたいと思うなら
靖国の方がもっと努力すべきだね


773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:41:22 ID:kFvrwQz00
>>772そんな表記があるん?
全て正しいなんて表現、せいぜいプロパガンダにしか使えないし(例:アメリカの手口)
公的な史料等に載る表現としてはまずあり得ないと思うけど・・・

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:47:48 ID:yKCbDfnW0
公的な史料なら、戦前の日本の行動は全て侵略活動であったと日本政府が認め、天皇家も同じ見解を示している。

なのに犬死した士卒の遺族や犬死させて自分達が生き残った連中が、侵略ではなかったと言い募っている。

みっともないったらありゃしないよw

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:54:29 ID:kFvrwQz00
>>774侵略っていつ頃から使われた言葉なんでしょうか?
ついでに、侵略っていう言葉が使われるようになった経緯をご存知でしょうか?

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:59:11 ID:kFvrwQz00
>>774も一つ聞くと、進出と侵略の違いって何でせうか。

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 00:59:52 ID:4dlg9Yai0
侵略=ある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して、自衛ではなく、一方的にその主権・領土や独立を侵すこと。

当時の認識でも中国は日本とは別の国家であり、別の主権を有する政権が存在し、日本も外交関係を有していた。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 01:09:04 ID:XbDIsyXA0
当時の認識では、国外に持つ権益に攻撃が加えられたときにそれを
守るのも「自衛」に含まれていた。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 01:09:33 ID:ov291fjj0
>>777ゾロ目おめ(*゜∀゜)そして冗談半分で聞いた事に説明サンクス。
しかしまぁ、正直日本が侵略したから悪いんだって言う一方的な意見が多いのよね靖国に関しては。
それを言うなら他の国は一体どうなるんだって話なんだけどなぁ・・・
ダブルスタンダードも程々にして、戦いで散っていった方々全てに敬意を表しましょうよ。

そうそう。いわゆる靖国問題って、
20年ちょっと前まで中国も朝鮮も騒いで無かった、というか認めてたんだよね。
当時のあちらの方々のほとんどは、靖国という言葉すら知らないのが大多数でしたとさ。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 08:16:40 ID:4dlg9Yai0
↑靖国が問題になったのは、日本と中国が国交回復してから数年後だったよw
しかもA級戦犯の東郷が合祀されたのが日中国交回復の年。

福井県鯖江出身の靖国基地外宮司が将来に向けて禍根を残そうと合祀を強行したんだよね。
こういうのを昔はマッチポンプって言ったんだよ。

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 09:37:59 ID:Q40OxXh+0
>>780
>将来に向けて禍根を残そうと   さて、実態はどうだったのか。
山崎拓だっけ「A級戦犯を合祀したから中国が反発した」って言ったの。
合祀の後も、大平正芳が3回、鈴木善幸が8回、中曽根康弘が9回参拝しているが、
全く中国韓国は騒いでない。意味もなく騒いだのは国内のマスコミだけ。
わざわざありもしない「中国が不快感を示している」という見出しを作り、
実際の中国は、日本でその新聞が発行されて数日後に不快感を表明するというちぐはぐさ。
靖国問題が日本発という事がよく分かりますな(´ω`)

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 09:43:55 ID:Q40OxXh+0
中全部読む気がしないけど、↓多分こういう類の発言は既にあったと思う。
「嫌うのは勝手だけど、靖国問題は日本の国益に反する事柄だから
他国に口出しさせるのはおかしい」と。実際おかしいわな(´ω`)
条約で定められた分の賠償はとっくに終わってて、日本にはそれ以上払う義務は無いのよ。
それなのに謝罪名目で日本から持ち出された何兆円もの金、それがあれば国内の不況も少しは収まり
自殺者も多少は軽減されてるだろうに。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 09:49:57 ID:4dlg9Yai0

    / ̄ ̄ ̄ ̄\      
   (  人____)     
    |ミ/ ー{\}-[/}-)    
   (6 /  ( 。。)  ヽ   
  _|.ヽ ∴ノ  3  ノ <ボクが働けないのは中国のせいでちゅ
 (__/\_____ノ      
 / (   ))      ))      
[]__| |         ヽ    
|[] |__| _      __)    
 \_(__)三三三[□]三)   
  /(_)\:::::::::::::::::::::::|     
 |Sofmap|::::::::/:::::::/     
 (_____):::::/::::::/      
     (___フ_フ]


784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 09:56:59 ID:Q40OxXh+0
>>783すまん、それは紛れも無く自分のせいだ・・・

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:05:38 ID:4dlg9Yai0
↑だ罠w

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:06:28 ID:XbDIsyXA0
靖国神社の崇敬者総代会で合祀が決定されたのは1970年
日中国交回復 1972年
A級戦犯合祀 1978年
中国との間で外交問題になったのは、1985年

同じ年というのは、日中平和友好条約?
よその国の宗教内容を外交レベルで問題にするのは、
内政干渉であって、(一部のカルト国家を除いて)
常識あるまともな国は行わないので、
その宮司は外交問題になるとは、予測していなかっただろう。
それとも、予測していたことを示すような証拠でもあるのかな?



787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:17:17 ID:4dlg9Yai0
>>781 靖国問題が日本発なのは自明の理だろう。
先の大戦であれだけ国民に犠牲を強いた張本人である東條が、英霊のおわす社に資格もなしに入っちゃったんだから。

しかも当の靖国には基地外宮司の強行したこの件を、おかしい事として自浄する能力も無く、政府は宗教と関わりたくない一心で最初から逃げ腰。
それなら全世界にこの問題を問うのが正しい方法だろう。
(ご存知の通り、日本は外圧に極めて弱い)

尚、日本が中国に与えた経済援助の大部分は利子付きで戻ってくる円借款。
この資金を元手に中国は5つの現代化を推し進めたが、これを支援すると決めたのは大勲位 中曽根閣下w とボケて(在任中からか?)死んだレーガン米国大統領の二人。
当時はソ連が最大の敵であり、2番目の敵である中国を西側陣営に引き込むのは、彼等にとって自明の戦略でもあった。

この機会を完璧に利用して、大国になった中国が“そういえば”と昔の話を持ち出してくるのも自明の噺。
こうなるのが嫌だったらソ連を支援すれば良かっただけの事だがねww

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:20:41 ID:4dlg9Yai0
よその国の国民感情をいたずらに刺激するような宗教活動を、政教分離を定めた政府の代表が行うのは明白な挑発&逸脱であって、ミサイルと核しか交渉手段のない一部のカルト国家を除いて、常識あるまともな国は行わないw

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:25:01 ID:4dlg9Yai0
まぁ >>783のような不満分子が国内で無限に増殖している状況では、他国を挑発して排外的ナショナリズムの反射を期待するのは、三流政治手法として極めてありきたりだね。

G8やらのメンバーで国連安保理に入ろうと運動してたような国がやる事じゃないし、その後支払わなければならないツケを考えていないのは愚の骨頂だよ。

どうも最近の日本はトラブルメーカーになりつつあるようだなw

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:39:31 ID:Q40OxXh+0
>>787てか政教分離を主張するが、それ言うなら奈良の大仏を保護するのもおかしいし
宗教系の学校を支援するのもおかしい。「神道を崇めよ〜」みたいな事もやっとらんしねそもそも。
そもそも刺激する宗教活動って言うが、
>よその国の国民感情をいたずらに
刺激してるのは「日本のマスコミ」であって、中国は別段騒ぎもしてなかった。
「死者を弔うのは当然の事」と認めてたんだが。
証拠が無い南京大虐殺を堂々と声高に叫んどる国が、いたずらに刺激されるのかねホントに?

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:42:59 ID:Q40OxXh+0
>>789
>どうも最近の日本はトラブルメーカーになりつつあるようだな
その点に関しては非常に同意・・・上があほすぎるし批判に弱過ぎる。
いつまで自分を主張できないんだと('A`)
やり口は気に食わないけど中国朝鮮の外交は真似するべきだな。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:48:14 ID:4dlg9Yai0
>>790 喪前、もうちっと世の中の事知れw

奈良の大仏を保護 → 文化財として保護してるだけ
宗教系の学校を支援 → 学校法人として一律に援助しいてるだけ
「神道を崇めよ〜」みたいな事 → 総理大臣が靖国に行ったらバカでもそう思うがなw

>>刺激してるのは「日本のマスコミ」であって、中国は別段騒ぎもしてなかった

そういう時期もあったよw なにしろ中国としては借金してでも現代化が優先だったからねw
でも、ある程度目処がついて もう借金しなくても済む状態になって来たから、思い出したように“そういえば”となった訳。
そんなの当たり前すぎて笑っちゃうけど、どこまでお人好しなのかね〜

戦争中にあんだけ殺しといて、忘れてもらえると思ってるほうがどうかしてる。
漏れなら孫子の代まで必ず復讐して3倍返しにしろ、って躾けるよw



793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:59:29 ID:Q40OxXh+0
そんなら日本はソ連とアメリカに金返せって言えるんだな。いい事聞いた。
>戦争中にあんだけ殺しといて
ていうが、それこそお互い様だろうに('A`)
ナチのホロコーストやアメリカの原爆、ソ連の日本人60万抑留、内数万人死亡っていう
確たる主張ができる史実があるわけじゃなし。
あと総理大臣が靖国に行ったら、とも言うが、どの道内政干渉だろそれは。
神道を優遇してるわけじゃないし、そもそも靖国が建てられた理由ってのが「戦死者の慰霊」なんだし。
この点についてアメリカが干渉してくるのはまだ分かるんだ。
中国って「これだ」っていう宗教あったっけ?無いなら宗教云々で難癖つけるのはおかしいわな。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 11:11:25 ID:Q40OxXh+0
>>792バカでもそう思うって理由が知りたいのだが。
日本人なら分かるはずだけど、日本の宗教観念というのはかなり独特、てか世界的に見てもずれてる。
一神教じゃなく多神教なんだけど、米粒にまで神様がいるって言うくらいの考え方だ。
靖国神社が神道なのは、一般国民に普及している観念から神道が選ばれただけで、
分かりやすい形で受け入れてもらうために作られただけで、
決して怪しげなカルトでも無いし、慰霊が目的なんだから実際それが仏閣でも良かった。
無宗教の国立墓地を作ろうなんてのは論外。霊魂を信じる考えそのものが宗教観の表れなんだし('A`)

795 :だつお:2006/07/17(月) 11:14:24 ID:DPzQEG0/0
>それなら全世界にこの問題を問うのが正しい方法だろう。

第十四条【賠償、在外財産】
(b) この条約に別段の定がある場合を除き、連合国は、連合国のすべて
の賠償請求権、戦争の遂行中に日本国及びその国民がとつた行動から生じ
た連合国及びその国民の他の請求権並びに占領の直接軍事費に関する
連合国の請求権を放棄する。

第二十四条【批准書の寄託】
 すべての批准書は、アメリカ合衆国政府に寄託しなければならない。同政府は、
この寄託、第二十三条(a)に基くこの条約の効力発生の日及びこの条約の第
二十三条(b)に基いて行われる通告をすべての署名国に通告する。
第二十五条【連合国の定義】
 この条約の適用上、連合国とは、日本国と戦争していた国又は以前に第二
十三条に列記する国の領域の一部をなしていたものをいう。但し、各場合に
当該国がこの条約に署名し且つこれを批准したことを条件とする。第二十一
条の規定を留保して、この条約は、ここに定義された連合国の一国でないい
ずれの国に対しても、いかなる権利、権原又は利益も、この条約のいかなる
規定によつても前記のとおり定義された連合国の一国でない国のために減損
され、又は害されるものとみなしてはならない。

http://list.room.ne.jp/~lawtext/1952T005.html
日本国との平和条約/Treaty of Peace with Japan

#先の戦争の問題についてはこれだけで全てが解決済みと全世界が認めてる。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 11:25:15 ID:4dlg9Yai0
>>793“そんなら日本はソ連とアメリカに金返せって言えるんだな”

残念、それが言えないんだなw

アメリカは日本が攻撃して来て“こうすれば許してやる”ってカイロ宣言を出してたんだが、それでも日本が継戦したから“結果的に”あんだけ殺した、と言える立場にある。
つまり責任は日本にある訳だ。

また、ソ連は停戦交渉でやってきた参謀の瀬島隆三が“日本兵を労働力として提供します”って言っちゃったもんだから、当然の権利として満州の日本軍将兵を根こそぎシベリアに連れて行き、独ソ戦で消耗した自国の労働力の肩代わりをさせた。
しかも日本政府はソ連を省いて講和条約を結んじゃった(=ソ連とは依然として戦闘状態)から、なかなか抑留者は返してもらえなかった。

“確たる主張ができる史実があるわけじゃなし”

って喪前、日本軍が中国の3/4を占領してた事が史実じゃないってのかぃ?
こいつはとんだお笑いだが、とりあえず中国側は日本軍の中国占領中に2,000万人が死んだと言ってる。

“総理大臣が靖国に行ったら、とも言うが、どの道内政干渉だろ”

勿論、内政干渉に近いが、本当はそんなもんじやないw

“旧敵国条項”って知ってるかな? 日本語では国連と訳されてるが、その正体はWW2連合国の世界分割&秩序維持組織(中国語では性格に連合国と訳しているw)。
その国連がWW2で自分達に敵対して降伏した諸国へ安保理の常任メンバー国(米中露英仏)承認なしに攻撃OKという すごいカードなんだけど、その旧敵国には日本も含まれてる。
日本が国連に加盟を許されたのは、米中露英仏の監視付きで、変な動きを示したら何時でも攻撃するって条件付だった訳よ。

つまり、中国がやってるのは内政干渉というより、本当に反省してるかどうかの“監視”であって、日本が再度変な方向に動きつつある、って事の世界向け報告な訳。

とりあえず、みんなに言っとけば何時でも叩けるでしょ、核兵器とかでね。
2,000万人の3倍だから6,000万人。とりあえず人口密集地の都市を全滅させれば目標達成だ罠w

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 11:48:19 ID:4dlg9Yai0
>>794 “靖国神社が神道なのは、一般国民に普及している観念から神道が選ばれただけで、分かりやすい形で受け入れてもらうために作られただけで”

大村益次郎がテキスト直輸入した“無名戦士の墓”はもともと無宗教。
その基本形である長州奇兵隊の墓所があるのは毛利家菩提寺敷地内の軍事教練所跡地。
実際に国民軍という概念を日本に投射した際に、ほとんど宗教観とは無縁の墓所が選択されている。

これが何故靖国(東京招魂社)では神道形式になったかといえば、維新で死んだ官軍兵士を天皇の私兵として扱ってしまった結果。
天皇家は神道総主を自称していたために、この時期には野放しだった各地の神社を再編成し、神仏混在状態(これが日本人宗教観の基本)を無理やり分離するための廃仏稀釈という大宗教弾圧を明治元年にやらかしている。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 11:53:52 ID:Q40OxXh+0
とりあえず中国側は日本軍の中国占領中に2,000万人が死んだと言ってる
南京大虐殺の死人が年を追うごとに増えてるのは何でだらう?信用ならんぜ裏づけの無いあの国の言葉は。
大虐殺館の方はどうやらこれがプロパガンダだと知りながらも管理し続けてるらしいが。
利益の為に歴史を捻じ曲げる国の言葉を鵜呑みにしてたら法なんざ意味無いわな。
>国がやってるのは内政干渉というより、本当に反省してるかどうかの“監視”であって、
日本が再度変な方向に動きつつある、って事の世界向け報告な訳。
要するにアメリカが、フセインが大量破壊兵器を持っていると声高に世界に主張し、
空爆だの民間人殺傷だの好き勝手やるための口実を準備しているのと同じ事なんだな。
・・・内政干渉よりたち悪いな。その理論だとつまり、俺らは確実に中国に皆殺しにされるぜ('A`)

ちなみにカイロ宣言は「理由の後付け」なんだけどな('A`)
世界に文書が存在しないんだぜ('A`)

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 12:02:46 ID:4dlg9Yai0
>>798 “その理論だとつまり、俺らは確実に中国に皆殺しにされるぜ”

その通り、だからといって中国に先制攻撃を仕掛ければ、早く同じ目に遭うだけ。
結局、日本は出家(鎖国)して俗世(国際社会)との縁を断つしかない。

まだ国力に余裕がある内に、国内を再開発してエネルギー源を石油から水素に置換すれば、それほど悲惨な生活にならずに済む。

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 12:08:31 ID:4dlg9Yai0
>>798 “信用ならんぜ裏づけの無いあの国の言葉は”

勿論、信用する必要などないw
重要なのは中国の人間がその犠牲者数を信じていて、それを元に日本への憎悪をたぎらせている、という事。

そして日本にはそれを止めさせるどころか、火に油を注ぐように靖国へ参拝してるアホ首相がいて、国内の不景気と所得格差の拡大から それを欲求不満のはけ口として喜んでるニートがたくさんいるという事実。

状況は絶望的に悪循環だろw

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 12:16:17 ID:Q40OxXh+0
要するにだ。4dlg9Yai0は意味もなく靖国について言ってるわけぢゃないのね。
このスレあまりにもダブルスタンダードが多いから少々勘違い('A`)ゴメンネ。
絶望的に悪循環には納得。何にせよ日本に力が無いのがあかんわな。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 12:30:30 ID:4dlg9Yai0
わかってくれて有難う。

このままだと日本は国力の弱った頃に米国から捨てられて中国にやられるか、その前に迷走&暴発して同じ目に遭うかのどちらかしかない。

今ならまだ間に合うから、自力で生存できる環境を準備しておいた方が良い。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 15:19:01 ID:NWxUIyvM0
4dlg9Yai0君
国家の命令で、日本国を守る為に無くなった方々は「靖国で会おう」といって散っていきました。
日本国は彼らの御霊を靖国に祀るという約束をしていたわけです。
この歴史的経緯を知っていれば、日本国の首相である以上、
靖国神社には参拝しなければならないと言えるでしょう。
首相として国家を背負うということは、過去の歴史をも背負うということです。
過去を否定して、戦没者との約束を守る意思がない人間は、日本国の首相になってはいけないのです。


804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 15:27:38 ID:NWxUIyvM0
小泉首相が靖国参拝を継続し、日中間で首脳会談が行われていない状態でも、
日本と中国の経済は発展していったというのが現実です。
この事実から導き出される結論は、靖国参拝は経済発展を阻害する要因ではないということです。

経済発展する為に、首相は参拝を止めろ!というのは理解不能です。


805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 16:18:48 ID:4dlg9Yai0
>>803 “日本国を守る為に無くなった方々は「靖国で会おう」といって散っていきました”

それは違う。「靖国で会おう」なんて科白は検閲のある軍事郵便で書かれた絵空事。
どんな立派な事を言ってた将校さんも、死ぬ時には“お母ち〜ゃん”と言って犬死して行った。
知りもしない事を妄想で修飾するのは良くないぞw

歴代の首相は義理と人情の両方から靖国に参拝して来た。
しかし、小泉はあえて靖国参拝を自ら“選挙公約”などという下司なものに使い、政治的に利用した。
この一点でも小泉は万死に値するが、本人はまるで理解していないだろう。
何故なら、彼は横須賀選出。日本でも有数の米軍基地依存体質の街の利益代弁者だからねw


806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 16:22:40 ID:BwA2hzfh0
805
北朝鮮行きの刑


807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 16:45:02 ID:yQojHg+V0
なんだこのスレ、だつおがまともに見えるwww

808 :Q40OxXh+0:2006/07/17(月) 17:11:31 ID:koN77TNx0
>>805一応うちの周りには当時を生きた人が何人かいる(しぶとく生きてる)から生の声聞けるんだけど、
全部が全部検閲かけられた絵空事とは言い切れんぜ。それだけは言っときたい。
横槍失礼しやした('A`)
小泉の選挙公約発言は確かにうわぁって思ったな。
お前・・・中国や朝鮮と同じ事やってんじゃねぇと・・・
その癖腰砕けになるんだから大したもんだ('A`)構造改革も('A`)だもんな。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 20:51:45 ID:sq5HNndQ0
戦前の靖国神社は国営です。
現在は独立宗教法人です。
政府は靖国神社に丸投げせず、政府の責任で追悼するべきです。
戦死者だけでなく空襲等による犠牲者も追悼の対象に加えるべきです。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 20:57:51 ID:XbDIsyXA0
>>796
の理屈なら、やはり、小泉さんの言うように
アメリカとの同盟関係が日本にとって最重要ということになる。

中国の宗教弾圧は世界的に有名で、かつ、非難されていることなので、
日本の靖国のことを、世界に報告したところで、ほとんど相手にされないだろう。

国連が靖国のことで日本を非難するような決議や勧告をしているのかどうか、ご存知ですか?


811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 22:00:50 ID:XbDIsyXA0
教科書問題 
「それでは、偉そうなことを言ってる中国の教科書はどうなのかな?」

南京問題
「イラク戦争で、対ゲリラ戦をしているアメリカへの当てつけか?」

従軍慰安婦問題
「終戦直後のアメリカ軍の調査にケチをつけるつもりか?」

靖国問題
「また、例によって中国の宗教弾圧だな。」

というわけで、中国の歴史カードはあまり有効ではなくなりつつある。



812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:34:48 ID:gSfWFvbM0
良識ある意見と、くだらない妄想が入り乱れだしたな。妄想を書き込んで悦に入っている人間は、多分少数の特定人物で、
その妄想の根拠を提示することは不可能であろう。それとも左翼漫画でも出してくるか?

それから、靖国神社の神や遺族を馬鹿にするような書き込みも多いが、靖国神社の歴史を知ろうともしない低俗な人間の
挑発とみなしてよい。日本人として、靖国神社の歴史をきちんと調べれば、祖霊信仰、顕彰信仰に基づいて成り立つ日本
の伝統的神道に連なるものであることは容易に理解できる。

これは、日本に敵意を持つ特定の在日外国人には決して理解できないものだ。


813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:58:49 ID:Of3UCsge0
>>803
>国家の命令で、日本国を守る為に無くなった方々は「靖国で会おう」といって散っていきました。

「靖国で会おう」というのは、
「おれとおまえ、戦友同士、靖国で会おう」という意味で
別に「未来の日本首相と、靖国で会おう」という意味ではない。

英霊同士、もう靖国で会ってるわけで、目的は達成済み。
首相は無関係でしょう。


814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:03:24 ID:gSfWFvbM0
小林よしのりの「靖国論」「いわゆるA級戦犯」は非常に分かりやすくて初心者にはお勧め
である。良く調べられており、裏をとっても殆ど間違いはない。

小林よしのりというと、右翼というレッテルを貼りたがる人間が多いが、これはとんでもない
嘘であり、小林は右翼ではなく、当時の歴史を忠実に調べそれを語っているに過ぎない。小林
が嫌うのは、自分の経済的利益の為に歴史を歪曲する左翼である。

そして、左翼は小林に勝てないことを恨んで、2chで小林とその読者を罵倒してうさを晴らす。


815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:14:02 ID:gSfWFvbM0
靖国神社社憲
「本神社は、明治天皇の思召に基き、嘉永6年以降国事に殉ぜられたる人人を奉斎し、永くその祭祀を斎行して、
その「みたま」を奉慰し、その御名を万代に顕彰するため、明治2年6月29日創立せられた神社である(略)」

国の為に戦い、そして戦場に散った軍人達のみたまを神として祭ったのが靖国神社です。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:19:02 ID:cxKhNYoG0
>>815
>国の為に戦い、そして戦場に散った軍人達のみたまを神として祭ったのが靖国神社です。

薩摩・長州兵は神として祀る
会津兵は鎮霊社(それも昭和40年になってから)

どちらも国の為に戦ったのにな
普通に見たら天皇側のご都合主義だろ


817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:32:36 ID:cxKhNYoG0
>>812
>靖国神社の歴史をきちんと調べれば〜日本の伝統的神道に連なるもの

明治に誕生した国家神道は、古来からの神様を勝手に統廃合なんてやってたが

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:45:59 ID:98s5Ig7D0
>>816
だな。鎮霊社のみすぼらしさと本殿の豪華さは
もはや差別としかいいようがないのは行けばわかるよなw

よくもまー、靖国は珍零社で世界の戦死者の慰霊なんてほざいたもんだw
ありゃ一種の天国のカーストだよ。どこが平等なんだかなーw

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:57:15 ID:e1BUghND0
>>816
幕末の会津なんざ、腐った幕府のもとで権力にしがみつこうとした垢のようなもんだろ
垢は垢なりの扱いをしないと国内に示しがつかんわな


820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 09:34:17 ID:hZe4aH4P0
吉田松蔭は日本国のためには戦っていないし、当然戦死もしていない。
しかし特攻隊員と同じ神になっている。実にいい加減な合祀基準だ。乃
木や東郷も合祀しろよ。恩赦されているんだから西郷もな。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 10:01:51 ID:Zx5Odu0H0
その腐った幕府とやらが必死で交渉したおかげで小笠原も北方4島も
日本領として確定したのだが。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 20:51:53 ID:ktjehbq20
>>821 そう、幕府は上から下まで腐っていたが、まだ最後の一線である鎌倉以来の理想を捨てた訳ではなかった。

徳川慶喜が天皇親政へ回帰する事の危険性を悟り、幕藩体制から諸藩合議制による政体への移行を志したのもそのため。

これには多分に遣米使節団のアメリカンデモクラシーかぶれも影響している。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 20:55:22 ID:ktjehbq20
>>810 理屈ではなく現実だよ...

日本が靖国のようなちんけな問題にかまけて、その後の進路を危うくするだろうというのが中国の読み。
まんまとそれにひっかかってるのが最近の日本人な訳で...

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 21:51:22 ID:ktjehbq20
>>820 関鉄之助も吉田松陰も幕府転覆を目論んでいた訳ではない。

薩摩にしても維新直前までは公武合体による幕府+会津+薩摩による寡頭政体を目指していた。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 23:00:33 ID:h50rfUnr0
>>812
教科書問題は、Newsweekの記事で、アジア諸国の教科書の比較の記事が載った。日本領事館への暴動は、アメリカのお笑い番組で、世界の異常な人たちの一例として、物笑いのネタとして取り上げられた。氷点通信の問題も大きく報道され中国は恥をかいた。
南京問題については、
イラク戦争以降、アメリカのテレビでは、捏造写真の見分け方を繰り返し報道していた。(もちろん、イラク戦争がらみで)
一般向けの歴史書(history for dummiesのシリーズ)ですら、南京の死者については、秦郁彦の説が実際のところであろうとの記載があった。
アイリスチャンは鬱病になって、自殺した。
従軍慰安婦問題では、カリフォルニアで戦争犯罪を裁くことになっても、「政治活動」として門前払いとなった。
靖国問題は、中国、韓国、北朝鮮以外に日本に外交ルートで文句を言った国があるのだろうか?国連がその件で日本を非難したことがあるのだろうか?
中国に異常行動をとらせて、(アメリカの世論に対して)中国に恥をかかせるのが小泉のねらいで、まんまとそれにひっかかってるのが中国。
胡錦涛が、アメリカ訪問時、ワシントンでどんな扱いを受けたかが、その答えである。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 23:40:39 ID:h50rfUnr0
教科書問題は、Economist誌も、「中国は日本を非難しているのに文化大革命のことを教科書できちんと取り扱っていない」として、取り上げているようだ。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 06:25:19 ID:qI5QM5bA0
>>825 カルト信者の視点にはフィルターがかかってますんでw

既に共和党穏健派の知日派からすら、靖国&遊就館の歴史認識の危険性が指摘される事態となっている。

そんなに中国を挑発しても、日本にとって何の利益も無い。
唯一、排外ナショナリズムを政権維持の原動力としてしまった小泉政権にとっての利益のみ。
基地依存体質の横須賀が地元のおかげで、本物の売国奴に5年も首相をやらせてしまった訳だがね...

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:08:39 ID:8yxYzj7F0
>>827
あなたのそれは、例によって、TBSの「誤訳」のようですね。
たとえ、誤訳の部分以外でもそのようなニュアンスがあったとしても、言論、思想の自由のある国では、いろいろな人がいろいろな意見をもっているものなのですよ。

中国が、自国民に対して、日本への憎悪をかきたてることで、
中国が恥をかき、さらには、中国内での政府への批判や反政府運動につながれば、中国政府は、自国民に対して、日本との友好を訴えるようになる。
これは、日本にとっての利益だ。(実際、そうなりつつある)

日本が頭を下げ続ければ、日本への憎悪をかき立てることで、日本を屈服させることができ、中国の利益になるということになる。
したがって、中国政府は、日本への憎悪をさらにかき立てるだろう。
そうなれば、日本がたとえ平身低頭して許しを請うたとしても、日本への憎悪は歯止めが効かなくなる。
日本がいくら謝罪しても、彼らはさらに要求をエスカレートするだけだ。(彼らは、捏造をためらわない)
やがて、中国は、国民感情に流されて、合理的な判断ができなくなり、日本を核攻撃することになるだろう。
ここらへんで、この悪循環を止めるべきだ。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:57:11 ID:qI5QM5bA0
>>828 キミ、どこまでバカなん?w

中国人は大陸だろうが台湾だろうが香港だろうが馬来/新加波だろうが、日本軍がかつて中国を侵略した事を忘れていないし、忘れないよう子弟に教育している。

そこへ不人気な大陸政府(中共)が“日本人は友達です”といった所で、老人からガキまで鼻で嗤ってる。

そんな相手を日本の首相が公然と挑発したんだから、そのツケは日本人全体が払う事になる。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:55:15 ID:+v2SDP4K0
>>829 もしそれが本当なら、

歴史上の出来事を現代の問題にし、現代においても日本人に対する憎悪をかきたてて、何の利益があるのか?
歴史は歴史。絶対に変化することはない。子々孫々、日本人を恨むのが中国人の文化なら日中友好は絶対に
ありえない。

靖国神社参拝は、絶対に譲れない国内問題であり、総理大臣が参拝をやめれば中国の圧力に屈服したようにしか
見えない。靖国問題を冷静に議論したければ、中国が沈黙してから堂々とやるべきだ。中国の内政干渉を許しては
ならない。

>>828は大げさだが、靖国問題で屈服すれば、教科書問題だの尖閣諸島問題だの、次々と難癖をつけられるのは明白だ。
長期的視点に立った国益を考えれば、次期総理も靖国神社参拝を絶対に行うべきである。



831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:57:19 ID:8yxYzj7F0
>>829
いえいえあなたほどではないですよ。

脅しに屈服すれば、脅しが有効であることが証明されるので、
さらに、脅しがエスカレートする。
そのうち、戦争をするか、そのまま殺されるかの2者択一を迫られることになる。
不当な要求は、はねつけて、相手がさらにそれを言えば、国際的に恥をかくように誘導するのが最良の手法だ。
よその国の首脳にその国の宗教施設に行くことを禁止するなどという行為は、国際法に違反する。
したがって、いわゆる特定3国以外のまともな国は、外交レベルで、宗教がらみの干渉に同調することはない。(民間人は好き勝手なことを言う権利がある)
中国が言い過ぎれば、中国国内での宗教弾圧が国際的に注目を浴び、中国は批判され、不人気な政府への、反政府運動が勢いづく。

90年代に謝罪したら、実際に、中国人の反日感情は増大し、日中関係は悪化した。日本が謝罪したから、日中戦争の死者数が増えたのだ。


832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 00:03:26 ID:SwpyVaKQ0
国連安全保障理事会で、北朝鮮非難決議を満場一致での採択に持ち込んだ安倍官房長官と
麻生外務大臣の外交努力は見事であった。日本の外務省は本当に詰めの甘い役立たずだ。



833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 00:18:34 ID:SwpyVaKQ0
今、陸上自衛隊がイラクでの任務を無事終えて帰国しようとしているが、日本の国際平和維持活動
、すなわち日本の国際貢献のために、すなわち日本のために働いた彼らを批判する人はいない。

終戦当時、大日本帝国のために命をかけて戦った日本軍を非難する人は、おそらく一人もいなかった
んじゃないか?

平和な現代に生まれ育った我々が、日本軍の蛮行がどうの、などと騒ぐのは先祖を冒涜する行為と
しか思えない。騒いで金銭を得た連中こそ真の売国奴であり国賊なのだ。


834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 01:07:57 ID:SwpyVaKQ0

国の為に戦い、命を落とした人に尊崇の念を持つのは
万国共通の道徳的観念であろう。

一国の指導者たるもの、靖国神社に参拝出来ないよう
では総理大臣は勤まらない。時代は変わったのだ。

中国の顔色を窺う時代は終わった。これからは、
日本人として自信と誇りを持つ時代だ。






835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 04:16:56 ID:OBbJOazU0
2006年7月8日から今日に到るまで、小沢民主席が中国より来日しておられれます。

        ..--‐-----------..,
       (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::\
       //        ヽ::::::::::|
      // .....    ......... /::::::::::::|
      ||   .)  (     \::::::::|
      .|.-=・‐.  ‐=・=-  |;;/⌒i
      .| 'ー .ノ  'ー-‐'    ).|
      |  ノ(、_,、_)\      ノ <日本の首相が靖国神社に参拝する事は反対アル。
      .|.    ___  \    |   日本はいつまで中国の国民感情を傷つければ気が済むアルカ?
      |   くェェュュゝ     /|___ このままだと日本がアジアから孤立するだけアルヨ。
     _入  ー--‐     //☆☆::入
   /:::::::::|\_____/ /::::::::::::::/::::::\
  /::::::::::::::::\_/i|○::\__/::::::::::::::::|:::::::::::::::|
  /::::::::y::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::| ̄ ̄|:::|:::::::::::::::::|
 .|::::::::::|:[小日本]:||○::::::::::::::::|:::主::|:::|::::::::::::::::::|
 .|::::::::::|:::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::|:::席::|:::|::::::::::::::::::|

     小 沢 民 [Shao Tak-ming]
(1942- 中華人民共和国倭族自治区 初代主席)

「靖国参拝で悪化した日中関係の改善へ、民主党と中国共産党が協力」で一致 [07/04]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1151963521/
胡主席と会談で「靖国」「尖閣」言及せず 「信頼関係がなければ何を話しても無駄」と小沢民主党代表
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152022021/
小泉外交の「失敗」を印象付ける狙い 「反小泉」で蜜月演出…小沢氏と中国主席が会談
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152051013/
胡国家主席、小泉首相靖国参拝を批判 小沢民主党代表との会談で発言
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152158620/
小沢氏、きょう帰国 訪中成果をアピール アジア重視の新ビジョンを来月にも発表 〔07/08〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1152341090/

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 07:55:28 ID:LIYTSJwg0
昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀に強い不快感を示し、「だから私はあれ
以来参拝していない。それが私の心だ」と、当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)に
語っていたことが19日、日経新聞が入手した富田氏のメモで分かった。昭和天皇は
1978年のA級戦犯合祀以降、参拝しなかったが、理由は明らかにしていなかった。昭和
天皇の闘病生活などに関する記述もあり、史料としての価値も高い。

靖国神社に参拝しない理由を昭和天皇が明確に語り、その発言を書き留めた文書が
見つかったのは初めて。「昭和天皇が参拝しなくなったのはA級戦犯合祀が原因では
ないか」との見方が裏付けられた。

富田氏は昭和天皇と交わされた会話を日記や手帳に克明に書き残していた。日記は
同庁次長時代も含む75-86年まで各一冊、手帳は86-97年の二十数冊が残されていた。
靖国神社についての発言メモは88年4月28日付で、手帳に張り付けてあった。昭和天皇
はまず、「私は、或る時に、A級(戦犯)が合祀され、その上、松岡、白取(原文まま)まで
もが。筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが」と語ったと記されている。「松岡」、「白取」
はA級戦犯の中で合祀されている松岡洋右元外相、白鳥敏夫元駐伊大使。「筑波」は
66年に厚生省からA級戦犯の祭神名票を受け取りながら、合祀しなかった筑波藤麿・
靖国神社宮司(故人)を指すとみられる。

さらに「松平の子の今の宮司がどう考えたのか、易々と。松平は平和に強い考えがあっ
たと思うのに、親の心子知らずと思っている。だから、私はあれ以来参拝をしていない。
それが私の心だ」と述べている。「松平」は終戦直後に最後の宮内大臣を務めた松平
慶民氏(故人)と、その長男で78年にA級戦犯合祀に踏み切った当時の松平永芳・靖国
神社宮司(同)を指すとみられる。

天皇が参拝しなくなった理由についてはこれまで、「A級戦犯合祀が原因」「三木首相の
参拝が『公人か私人か』を巡り政治問題化したため自粛した」との二つの見方があった。
現在の天皇陛下も89年の即位以降、一度も参拝していない。(一部略)

   日経新聞06.07.20朝刊トップ記事

三木首相の公的私的参拝発言がどうのこうのとデマが飛んでましたがw、
これでハッキリしました。聖慮に逆らう不忠者は誰でしょうか?

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 09:46:39 ID:uKtU3zdV0
>>834
あんたの物言いは政教分離という視点が完全に欠落してるな。
尊崇の念を表すにあたりその場所が靖国神社である必要はない。
こころの問題なら首相官邸でこっそり合掌してもいいわけだ。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 10:01:30 ID:tOSDhgzV0
北朝鮮のミサイルが靖国着弾なら中国は評価するだろうな、もっとも市谷界隈が廃墟だが。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 11:04:21 ID:EcuUaCkn0
1975年 8月 三木首相「私人として」参拝(以後「私人か公人か?」が論点になる。)
1975年 11月 昭和天皇の靖国参拝(6年ぶり。結果としてこれが最後)
1975年 11月 社会党が天皇陛下の参拝の「公私」について難癖(天皇陛下の参拝が途切れる)
1978年 いわゆるA級戦犯合祀
1985年 中国の靖国非難開始(←中国の非難はここから。合祀から7年も後)
1986年 中曽根参拝中止(首相の参拝が途切れる)
1987年 9月22日 歴代天皇で初めての開腹手術。
1988年 4月28日 「私は、或る時に、A級(戦犯)が合祀され〜私はあれ以来参拝をしていない。それが私の心だ」
      という天皇の発言メモが当時の宮内庁長官、富田氏の『手帳に張り付けられる』(←今回の)
1988年 9月19日 天皇が大量の吐血、以後重体が続く。
1989年 1月7日 昭和天皇崩御

【重大な疑問】
1 「昭和天皇と交わされた会話を日記や手帳に克明に書き残していた。」のになぜかこの部分は手帳に貼り付けてあった。
2 「だから私はあれ以来参拝していない。」
  天皇陛下は75年(三木首相私人参拝)から参拝していないのに、
  「私はあれ(3年も後の78年のA級戦犯合祀)以来参拝していない」では辻褄が合わない。
3 あったとされる「発言」が合祀から十年後の昭和63年(1988年)の4月。崩御の前年。
4 天皇陛下が自分の(個人的な)意思で参拝したり、参拝を取りやめたりすることはそもそもできない。
  それをできると思うのは、外国人か日本の官僚機構を知らない人達。
5 何故、毎年、天皇陛下はABC級戦犯も追悼の対象となっている全国戦没者追悼式に毎年参列して、御言葉も述べているのか。
6 白鳥を白取と誤字。普通間違えるか?
7 論理構成、概念、時系列が中国共産党にあまりに都合が良すぎるステレオタイプのような文章。
  「平和に強い考え」?何それ?中国共産党の影響力の強い旧社会党や社民党がいかにも使いそうな言葉。
8 「松平の子の今の宮司がどう考えたのか、易々と。」
  「筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが」
  合祀された78年ならまだしも、合祀から10年経った崩御の前年の88年に語ったとするとあまりに不自然な発言。



840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 11:48:04 ID:QUUZA3J00
これは「自分が指揮とってたら勝てた戦争だったのに」
って考えを密かに含ませた、陛下なりのジョーク

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 12:36:28 ID:f2kSNHbP0
>>839
クソウヨ必死だなw

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 14:04:27 ID:YnDO1ukD0
昭和の陛下がA級戦犯合祀に不快感を表していたようだね。
ttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/yasukuni/?1153363544
サヨちんの勝手な憶測と思っていたけど、それなりに信憑性がありそうな
話ではある。
正直意外な感じがするけど、昭和の陛下を研究する材料が増えたことは
とりあえず素直に評価したい。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 15:17:23 ID:V2mB3KR/0
昭和天皇が極めて常識的なひとであったことが判明したな。
松岡大嫌いなんだよね。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 18:06:09 ID:shJlrkJf0
>>342
ぜんぜん意外じゃない。昭和天皇がこう考えるのは当然ではないか。
これまでも昭和天皇の断片的な発言や周囲の証言から
昭和天皇が松岡や東條に批判的だったのは周知だし
そもそも軍国主義がお嫌いな方だった。


845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 18:09:29 ID:JzvOOAxz0
「私の心だ」

これは重いなあ。
昭和天皇は松岡なんぞを強引に祀る靖国を見棄てられたってことだもんね。
松平宮司は高松宮日記が発見された時も妃殿下に「焼いておしまいなさい」とか
進言したって言うから歴史について鈍感な所があるんだろうな。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 18:18:53 ID:nBOj3+cVO
陛下の意志に従え!
とかいう糞ウヨが大量発生の予感

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 18:24:46 ID:JzvOOAxz0
近代天皇制と共に始まった靖国が天皇から見棄てられたら
存在価値などないに等しいと思うが。

皇室は靖国なくとも存在し得るが
靖国は皇室なくしては存在できない。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 18:29:29 ID:shJlrkJf0
>>845
見捨てたというのとはちがうと思うよ。
A級戦犯が祀られたことを知った昭和天皇は、
断腸の思いで参拝をしなくなったのではないかと思う。
公人中の公人としては当然の判断だったろう。
昭和天皇の断片的に伝わってる発言からは
戦前からずっと「自分は立憲君主である」という強烈な自己規定を感じる。
だから、立憲君主の立場で、戦犯が祀られた神社に参拝する意味は
当然深くお考えになったと思うよ。

おれは日本美術史専攻で、ウヨでもサヨでもないただの伝統主義者なので
神道の伝統にまったく合致しない靖国そのものを廃止したほうがいいという考えだけど
まあ昭和天皇のお気持ちは重視されてしかるべきではないか。
つか松平こそクソ馬鹿の不忠者だな。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 18:42:22 ID:3RMmulSj0
しかし、天皇の意思だから靖国には参拝するなというのは暴論だな

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 19:11:07 ID:wueoS5LY0
昭和天皇が自分のことを「私」と呼んでいたのかね?
初耳じゃ!

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 19:22:01 ID:JzvOOAxz0
>>850

資料によって色々だよ。
本庄日記では「朕」だけど
「僕」と言っていた証言とか
なんと「俺」と書いている史料もあったと思う。

戦後は公の場でも「私」と言っていたし別に不自然ではない。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 19:45:09 ID:9YfurAVx0

結論
  靖国公式参拝賛成者=天皇陛下の大御心に逆らう、国賊、朝敵、非国民。

「最後に参拝したのは戦犯合祀の3年前じゃん。無関係」などという、
陛下を疑う不敬な反論があるが、それ以前も別に毎年参拝していた訳では
無かったので不自然ではない。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 20:57:32 ID:7C9qHZUz0
>>844
昭和天皇は東條にはむしろ好意的じゃなかったか?

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 21:01:32 ID:OxWDOKDA0
いや、独白録(終戦直後)では完全に切り捨ててる。
参拝中止でわざわざA級と呼び捨てにしてるのは確実に東條を指している。
仮にも大元帥閣下だった人、ムダに兵を犠牲にし(しかも権力維持に悪辣だった)た部下=東條を許す事はないだろう。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 21:05:50 ID:3mRsB7b50
しかし、松岡は右左関係なく、誰からも嫌われてるな。昭和天皇も嫌ってとはね。
岡崎久彦からは人格否定までされちゃうし。
こいつを擁護してるのはコヴァぐらいだろww

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 21:24:43 ID:OxWDOKDA0
松岡... 悲しいかな、こいつにしかハルノートの文脈が読めなかったんだよな。
昭和天皇にとっては東條と並んで大日本帝國を破滅に導いた張本人のひとりだったからね。

東條を首相にした近衛(結果的にだが...)は、昭和19年まで東條にやらせて後は逮捕して連合国へ引き渡して戦争を終わらせられると考えていた。
しかし、当の東條が思いのほか権力の濫用に長けていたばっかりに...

大日本帝國にとっての太平洋戦争は、イタリア型の解決でサイパン島玉砕で終わっていた筈だった...

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 21:32:04 ID:wSB6UYid0
東條は出来る限り天皇陛下の意向に沿える政治をするように心がけていた忠臣。
ただし力量不足で必ずしも天皇陛下の思い通りのことができたわけでない。
松岡は天皇陛下の意向に逆らうことばかりやっていた逆臣だ。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 21:35:15 ID:OxWDOKDA0
やはり救国の女神は罪作りな絹子さんの国分佐智子タソに御願いしよう。
http://www.tumi-tukuri.jp/
http://www.khps.co.jp/lineup/library/making/hadabi_m.html

東條だけ外せばA級といっても雑魚(失礼、板垣タソw)ばかりなので、大した問題にはらない。
佐智子タソ 曾爺さんを連れて帰ってくれ...

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 21:42:53 ID:OxWDOKDA0
>>857 松岡=確信犯 東條=過失犯

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 22:03:17 ID:923esSAD0
東條は、首相になってからはともかく、その前は対米最強硬論者なんだが・・・

総力戦研究の結果なんかも握りつぶしたわけだが・・・
「過失」で済むとは思えんなぁ。

逆に松岡は、性格に難ありで、ドイツマンセーだったが、日本で唯一マトモに軍部を抑えられた人材とも言えるし。
一概には言えんような気はする。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 22:35:07 ID:U6ABpIrv0
>>848
同感だ。今回のことで一番問題があるのは松平だと思う。

あと天皇が本当に信頼してたのは鈴木とか2・26の被害者組だろ。
その時のことで遠慮しちゃって権力を使うのを控えるようになった
→松岡・東條等が増長した。という流れだと思うが。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 22:35:39 ID:JzvOOAxz0
同じA級でも釈放後しばしば拝謁の機会があった木戸とかと
松岡や板垣に対する昭和天皇の心情は全然違うものがあっただろうな。

別スレでも書いんだけど、同じ三国同盟の責任者でも
近衛は出頭当日に自決してその結果「護国の神」にはならなかった。
(近衛は靖国に祀られてないよね?)
でも収監中に病死した松岡は「護国の神」なんだよな。

近衛は自決するより屈辱に耐えて法廷に出るべきだったと思うが
彼なりに責任を取ったのは確かだろう。
それに対して松岡は病死で「護国の神」。

靖国の奉祀基準は余りにも恣意的ではないのか?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 22:37:15 ID:LMHOeykW0 ?#
松岡洋右国連脱退=北朝鮮国連大使朴

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 23:41:18 ID:CQTNp8SI0
>>862
近衛も靖国に祀られている
確か、戦犯容疑者で拘留中に死んだもの自殺したもの処刑された者 みんな昭和殉難者

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 23:56:15 ID:JzvOOAxz0
近衛は拘留前、出頭日当日未明に自決したので
対象からは外れてないか?

というか、近衛が合祀対象だったら
「資格が曖昧なのに祀られた人物の筆頭」にされると思うんだが。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 23:56:58 ID:MWcimedQ0
A級戦犯は、昭和天皇に代わって敗戦の責任を取ったことにより、
昭和天皇に代わって「神」となった。
昭和天皇は、戦前は現人神だったが、戦後は、ただの人間である。
ただの人間に格下げになった昭和天皇が、神となったかつての側近を、神として、崇め奉るのを見ることができなかったのは残念だ。

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:02:20 ID:4uop9PiE0
何か自信がなくなってきたが

終戦後自決した阿南、杉山、大西とかも合祀対象か?
違うような気がする。
「昭和殉難者」は連合軍によって拘束後刑死、病死した人達のことでは?

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:09:32 ID:MZ/doucH0
>>865
近衛は対象外だったはず
逮捕される前に青酸カリで自決したから
それと昭和天皇は、よくよく三国同盟が嫌だったんだな
松岡と白鳥が神として祭られている、靖国神社には行かない
「それが私の心だ」

この発言は重い、A級戦犯を擁護する連中は
陛下の大御心に沿わない逆賊である!

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:10:36 ID:fCZckglU0
>>865
想像でごちゃごちゃ言う前に調べろよ

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:15:08 ID:R9M2c4TW0
昭和天皇、A級戦犯合祀に不快感

・昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示す発言をしていたと
 する当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)が書き残したメモがあることが関係者の話で
 20日、分かった。日本経済新聞が同日付朝刊で報じた。昭和天皇は78年にA級戦犯が
 合祀されて以降、同神社に参拝していない。メモは、明確になっていないその意図を探る
 貴重な資料であるとともに、小泉純一郎首相の靖国参拝にも影響を与えそうだ。

昭和天皇の御遺志に反し、A級戦犯合祀の靖国参拝を強行し、
国家の品位を傷つけたる朝敵・小泉純一郎を直ちに追討すべし。


871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:18:34 ID:MZ/doucH0
ネットウヨクは昭和天皇の大御心に沿わない逆賊だ!
まず靖国神社は、松岡と白鳥を分嗣すべきだ!

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:19:51 ID:MZ/doucH0
小泉は逆賊、平成の足利高氏!

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:26:31 ID:PsjsJjpY0
ぶっちゃけ、どうする?>ネットウヨ
話をややこしくしたい気持ちは分かるけどw、それじゃサヨと同じだろ。
話は単純。どっちか。

「昭和天皇、今上天皇、東京裁判、戦後体制、朝日新聞、リベラル」を取るか?

「靖国神社、A級戦犯、東亜自衛、戦前肯定、産経新聞、保守」を取るか?

どっちなんだ?

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:27:38 ID:pN4Lf9Yi0
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1153401253062.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1153401268728.jpg

    中曽根の靖国参拝もあ●●●
    藤尾(文相)の発言。
   =奥野は藤尾と違うと思うが
    バランス感覚の事と思う
    単純な復古ではないとも。

     私は 或る時に、A級が
   合祀され その上 松岡、白取
   までもが、
     筑波は慎重に対処して
   くれたと聞いたが
・    松平の子の今の宮司がどう考
余そ  えたのか 易々と
り う    松平は平和に強い考えが
関で あったと思うのに 親の心子知
係す  らずと思っている
も が   だから 私あれ以来参拝
知が していない。 それが私の心だ
ら 多
ずい ・ 早速質問 関係者もおり批判になるの意(点?)

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:29:15 ID:PsjsJjpY0
おい、世界市民(失笑)。サヨもどうする?

選挙で選ばれた靖国参拝か?

民衆抑圧システムの頂点である君主の靖国拒否?

低脳大衆のミンシュシュギとやらは、天皇以下なんじゃねえの?



876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:31:13 ID:fCZckglU0
>>871
そのネタじゃウヨもくいつかねーぞw
「松岡と白鳥を分嗣?すればいんじゃね」
で終わるwww

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:34:05 ID:+ViOk+I50
>>873
あれが昭和天皇の本当のお気持ちなら、俺は汲み取るよ。
ただあれが本当の陛下の気持ちなのかどうかは疑問。
あんなメモ一つじゃなんの証拠にもならんよ。

我々大和民族の誇りを世界の国々に示そうじゃないか。
東京裁判なんて私刑はすべて認めない。
我々は自存自衛のために矛をとったのだ。
それが我が日本のプライドである。



878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:36:35 ID:MZ/doucH0
>>876
分嗣は教義上出来ないと言ってきた靖国の論理が崩れる
最終的にA級戦犯は全員分嗣すれば、今上陛下が
ご参拝可能な条件も整う

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:38:21 ID:MZ/doucH0
>>877
それでは違うという明確な証拠でもあるのかい
自分の脳内妄想で、昭和天皇の大御心を解釈するな!

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:40:32 ID:QGWwoPwA0
>>877
>我々は自存自衛のために矛をとったのだ。

東京裁判は私刑と思うが
満州〜停戦後もシナ介入
南部仏印進駐
とか自衛を超え、かえって国を危機に陥らせた


881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:40:38 ID:iXDi90970
天皇が何を言おうと
個々人が考えれば良いだけの話

勘違いをしないことだ

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:44:25 ID:MZ/doucH0
2,26の連中と言い、ネットウヨクと言い
自分勝手に昭和天皇の大御心を妄想してる点では同類だな

靖国神社へは行かない「それが、私の心だ!」

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:47:55 ID:MZ/doucH0
>>881
それなら、A級戦犯分嗣論者に対して、非国民とか
売国奴というレッテルは張るなよ

昭和天皇の大御心に沿っているのは、A級戦犯分嗣論者の方
だからな

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:54:18 ID:fCZckglU0
>>878
靖国は分嗣はできないという
ウヨは松岡や白鳥がどうなろうとしらねという
今までと何もかわらない

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:55:34 ID:+ViOk+I50
>>879
違うという証拠なんてないよ。
だが、あれが本当の陛下の気持ちかどうか証拠としては
弱いということだよ。
ただのメモ一つで陛下の御心を決め付けるほうがとんでもない。
本当の御心はメモ一つではわからないという事だ。

>>880
危機に陥らせたのは確かだ。
だが当時の状況を考えて、シナ介入も南仏進駐も仕方のない
状況だったとおもう。日本の生きるべき道をたどった結果だった。
つまり自衛の範疇だった。
あくまでも日本はその時の世界状況に駆り出された。
もし日本が矛をとらなかったら?
きっとそんな選択肢はあの瞬間にはなかったと思う。
違う選択肢をとる為には日本は1953年まで時を
さかのぼる必要があるだろう。


886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 00:57:26 ID:+ViOk+I50
>>885訂正1953年→1853年

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 01:20:42 ID:p3RPMfkj0
北部仏印進駐はともかく、南部仏印進駐は、あきらかに「自衛」の範疇を越えると思うが。
最初っから、南部地帯の資源が目的だし。

日本の開国のことを言うなら、アメリカはアメリカで「ヨーロッパの脅威に備えるための自衛手段だった」
と言うと思うぞ。

>きっとそんな選択肢はあの瞬間にはなかったと思う

取ろうとした人たちは沢山いたんだが・・・
日本が矛をとらなくても、今と対して状況が変わったとは思えんな。
WW2での死者は、その後に来るであろう、共産圏との戦いで相殺されそうな気もするし。
中華民国次第だが。

シナ介入も、落としどころ(和平のしどころ)を間違ったとしか思えない。
一撃すればシナは屈服するであろう
という楽観論で、いつの間にか泥沼だし。

宇垣外相が陸軍の横槍をはねつけられていれば歴史は変わったのかも知れないが。(宇垣外相の辞任については、諸説あるけど)

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 01:31:43 ID:7kvSO26t0
>>887
まあ、俺は自衛戦争説よりかは
イラクがアメリカと中東の覇権を争ったように
太平洋と大陸の覇権を争った戦争だと思うけどね。

今の北よろしく超大国へのアクションはある意味自衛手段とも言えるが、
失敗した場合勝った国の制裁を甘んじて受けねばならない。
でも、中共や半島には負けてないから言われる筋合いは無いねー。
半島なんて同じ戦犯のはずなのにw

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 01:48:23 ID:+ViOk+I50
>>887
南部地帯の資源が目的は確かにそのとうりだ。
ただそれは英米依存からの脱却のため大東亜共栄圏構想には
必要なことだったと思う。
当時はすでにエネルギー原の有無をアメリカに握られていたし。
日本が独自にエネルギーを確保するための当然の措置だったと思う。

他の選択肢をとろうとした人たちも沢山いたのは確かだ。
日本は最後の最後まで戦争に突入するのを避けようとした。
だいいち、避けるためにはハルノートの内容をすべて受け入れなきゃ
いけない。あれはいただけないだろう。
仮に受け入れてたら完全に日本は亡国と化したと思う。
だいいち満州も朝鮮も共産圏の進出を防ぐためには大切なものだった。
それは朝鮮戦争のときマッカーサーも理解したとこだろ?

確かに日本は戦略としては楽観的な部分は確かにあった
一番重要なシンガポールからのシーレーンの確保。
これは最重要項目だったはずだし。
そういうところでは反省するところは多いにある。
シナ派兵の泥沼化も確かにあった。
しかし私としては、そういう戦略的に落ち度はあったとしても
日本のおかれた立場、共産圏の進出、アメリカの中国市場への進出
の狙いをみても、とてもじゃないがあれを侵略戦争と呼ぶのはむりがある。
アメリカにいいように引きずりこまれたのは確かに考えものだが。
当時の判断をだれも笑う事はできない。






890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 01:48:26 ID:p3RPMfkj0
>>888

そうだね「列強国」の一つなんだし。
アメリカもイギリスもドイツもイタリアも日本も「どっちもどっち」としか思えない。
イタリーは戦争(戦闘にあらず)上手いとおもうけどねw

半島は、当時思いっきり日本人じゃんw
ごちゃごちゃ言われる筋合いはこれっぽっちもない。

中共は日本に感謝してもいいんだがなw(事実、毛沢東は日本のおかげで政権が取れたっつっとったな、皮肉もあったのかも知れんが)

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 01:53:16 ID:p3RPMfkj0
>>889

ハルノートが全てのように思われてるが、日米交渉はそれだけじゃないんだよね。

1.ハル四原則
2.日米了解案
3.仏印中立化案
4.ハルノート

揉めたのは中国からの撤兵問題で、せめて北支からの撤退ができていれば、大分状況は変わっていたかもしれない。
それに強硬に反対したのが、当時陸相である東條。
だから、上で宇垣外相の名前を出したんだよ。(詳しくは宇垣工作で調べてくれI)
返す返すも「対手とせず」は痛かったな。

アメリカ側が出した条件も厳しいが、日本側から出した条件もまた、アメリカには受け入れがたいものだった。(だから戦争になったんだけどね)

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 02:10:50 ID:RVzd7yIY0
>>889
立派なお題目の裏にある本音の是非はともかくとして、自己の目的が何で
それを達成する為に何が必要かという視点が全くとして当時の日本は無か
った言えるだろう。
南方資源の入手に関して言えば資源地帯は占領しても資源の日本向けて還
送手段に対しての計画が無かった。
判りやすく言えば強盗が押し入る為の凶器を用意したが、肝心の盗品を運
ぶ為の鞄を忘れていて、その事を押し入った後になって気がついた。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 02:15:41 ID:+ViOk+I50
もちろん原則的協定案から他にも松岡3原則など、たくさんの日米交渉を
おこなって来たが、結局それらすべての交渉の結果があのハルノート
だったわけだ。散々やってきたのはなんだったのだ?と日本が思うのは
当然だったと思う。

撤兵問題がもちろんキーだったとは思う。
だが当時アメリカに本当に日本と事態解決のための交渉の考えが
あったのか?甚だ疑問を感じる。明らかにアメリカの行ったことは
、特にハルノートなど日本が受け入れる事はないとわかった上での
モノだったと考え得ざるをえない。
ハル長官自身、あれを渡したとこで自分の仕事は終わったと言っており
アメリカは太平洋を窓口に戦争に参加する気が満々だった。

たしかにお互いの国益の衝突といえばそれまでだが。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 02:21:42 ID:+ViOk+I50
>>892
それは大いにいえる。
資源の輸送に対する、敵からの攻撃による輸送船などの損失の
計算がものすごく甘かった。
元にしたデータもよくわからないとこから持ってきたものだし
シーレーンの確保はあの戦争で(もともと石油を止められて
やっていけなくなったことが大きな背景の一つだったにもかかわらず)
最も重要なものだった。
結局計算と大きく狂い、輸送と資源の確保は困難を極め
大きな敗因の一つとなった。


895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 03:13:30 ID:RVzd7yIY0
>>894
そこも大問題だが>>892の論点はそこじゃない、開戦時に民間船舶保有
量600万トンと豪語していたが南方資源の還送に適する船がほとんど
無かった。
なかでも鉱石輸送船、タンカー等の専用船が決定的に不足していた。
数字だけ見て戦争できると錯覚して、その中身はお話にならない実態で
あった。
軍隊を運ぶ客船もこれまた決定的に少なく、貨物船の船倉を無理に居住
スペースに改装したのが殆どで、輸送効率のみを追求した結果、実態は
奴隷船かナチの収容所なみだった。
そんな船が攻撃されたらどうなるかは個々の資料を見れば判るので省く
がようするに、軍以外はとても戦争できる環境に無かった。
仮にこれと同じ事を他の国がやったら、国家元首の首が飛ぶかクーデタ
ーが起きても不思議ではない。

ちなみに、私が靖国神社で哀悼を捧げるのはこういった事を平然とやっ
てのけた連中では決してなく、そんな彼らの犠牲になった戦没者に対し
てのみだ。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 07:21:40 ID:p3RPMfkj0
>>894

>結局それらすべての交渉の結果があのハルノート
だったわけだ。

原則スキーのアメリカにも問題があるが、よりにもよって、交渉中に軍を進めていけば、流石に警戒される。
ハルノートは「ハル四原則」の強化・発展版であって、それ自体は受け入れられないというよりも「それなら、その前に受け入れている」
という条件に過ぎない。

アメリカは既に暗号解読で甲案・乙案の存在を知っていたし、日本が大艦隊で侵攻準備をしているとの誤報があるなどの不運もかさなった。

>だが当時アメリカに本当に日本と事態解決のための交渉の考えが
あったのか?甚だ疑問を感じる。

アメリカは「仏印進駐を行えば、両国間にとって、重要な問題に発展する」と何度か警告しているよ。
だから、その前に仏印中立化案を出している。

これは確かに時間稼ぎの意味合いもあるが、開戦準備の整っていなかったアメリカにとっても妥協案であった。
これについては、チャーチルを説得しているから、思いつきじゃない。

結局、仏印進駐は、日米両方が戦争を決意した行為であり、これこそが引き返せない段階だったといえる。
ハルもルーズベルトも、これ以降、完全に戦争する気だ。
ハル長官の「これで戦争だ」発言は、この積み重ねの結果と言える。

897 :896:2006/07/21(金) 10:13:21 ID:MUlifQyR0
>>895にちょっとだけ補足

第二次大戦中にアメリカが建造した商船:5400隻
日本が建造した数:約1200隻

建造数だけみても1:4.5なんだが、トン数ともなれば
アメリカ5185万トンに対して、日本は330万トンほどで、比率は15対1

なるほど、正面戦力だけはなんと戦えたが、補給・兵站を支える体制は比べ物にならないね。


898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 11:41:45 ID:+ViOk+I50
>>897
しかも戦時中補給のために急いで作った船は
時間と材料の不足のため、すごいしょぼいものも多くあった。
輸送中に襲われたら、ひとたまりもないようなできだった。
つまりそのトン数よりも、実際の輸送能力はさらに開きがあった。
15対1よりさらにひどい差があったことだろう。

自存自衛の為とはいえ当初から
あの戦争で勝利するのは無理があったのは間違いない。






899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 13:58:32 ID:GQTtT9Vk0
靖国のスレなんだけどな、阿呆か?



900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 14:30:42 ID:hBV6wwWtO
靖国問題はA級戦犯問題。
そしてそれは東京裁判の問題。
そしてそれは大東亜戦争の問題。
靖国を語る時、そこは外せないところだろ?
じゃあ貴方は靖国で何を語るというのだ?

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 15:52:00 ID:j42anY4j0
>>900
政教分離問題だと思うが。
私的宗教法人に過ぎない靖国神社が誰を祀ろうが信教の自由。
中韓だろうが日本政府だろうが文句は付けられない。
その代わり、一私的宗教法人である以上、公的に国家を代表する
人間が、公的に参拝することは特定宗教の助長に当たる。
A級戦犯問題など関係ない。評価がどう変遷しようと、一私的宗教
法人の靖国が祀りたければ祀ればいいし、靖国が私的宗教法人で
ある限り、公的参拝は政教分離違反。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 16:03:44 ID:3GO4c/Jc0
ドイツではナチを賛美することを法律で禁止している
これを真似して、どんな宗教かによらず、戦犯を祀ることを法律で
禁止すればいい。従わなければ宗教法人認可取り消し。こうすれば
盛況分離問題にならない。 信教は自由だが宗教法人は自由でない。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 16:09:53 ID:4uop9PiE0
戦前は国家の保護の下日本人の精神上に君臨し
戦後は「信教の自由」を最大限享受してきたのが靖国。
宗教法人としての旨味を捨てずに且つ戦前の栄光も取り戻せないかと
模索してきたのが戦後の靖国。

でも今回の昭和天皇の御発言が明らかになった事で
その路線も限界が見えたな。
ニュー速板とかで「メモは捏造!」といまだに騒いでいるのが
靖国信者のショックの表れだろう。
昭和天皇が松岡を嫌っておられた事なんかとっくの昔に知られていたのに。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 16:09:56 ID:jZItR1Uf0
>>900
だからA級戦犯は分祀しろっての
それは昭和天皇の大御心に沿う道だ
このまま靖国が昭和天皇と大御心に沿わなければ
今上天皇の靖国、ご参拝も絶対に不可能

905 :896:2006/07/21(金) 16:51:37 ID:MUlifQyR0
>>902

今更そんなことできるのか?
というか、アホなネットウヨクはともかく「A級戦犯を賛美」してる奴なんているのか?
・・・あぁ・・遊就館はそんな感じかも知れんが・・・

ただなぁ、んなこと今更だが、天皇陛下だって当事者の一人だろうに。
本気で言ったのなら、ちょっと神経を疑う。
途中まで開戦に反対だったのは知ってるが、途中からは実質開戦容認派だし。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 16:55:26 ID:3GO4c/Jc0
今上陛下は昭和天皇の意思を尊重し 戦犯合祀の靖国神社参拝を主張する
首相の承認を拒否するべき

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 17:01:22 ID:4uop9PiE0
昭和天皇だって人間だ。
「どうしても許せない、存在自体不愉快だ」って臣下もいただろう。
それが松岡だった(らしい)ということ。

悲惨な戦死をした将兵と裁判も殆ど進んでいないうちに病死した松岡を
同等に「英霊」として祀ることへの抵抗感もあったかもしれないし。



908 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/07/21(金) 19:46:21 ID:8S/QEso00
靖国神社が分祀できないと主張するならば あらためて新靖国神社に
衣替えして、戦犯を排除してゼロから名簿を書き直して祀りなおせばいいんだよ

こうしてみると小沢の持論である戦死者だけをまつるというロジックは使えるな

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 20:33:27 ID:L5CFBQPv0
日経に火炎瓶投げたアフォはコヴァ?w

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 20:43:28 ID:p3RPMfkj0
>>909

kwsk

マジでんなアホがいるん?

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 20:52:08 ID:jNK3XWNG0
靖国神社職員の保身なんだよ。246万余柱の英霊を人質にとった保身。
去年の小泉の参拝の後、参拝形式が気に入らないと表明するような高慢
な宗教法人。今回の昭和天皇発言のメモ発見に対してコメントしないの
は逃げにしか見えない。

>>910
テレビないのか?

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 20:57:24 ID:p3RPMfkj0
>>911

悪いが、ちょっと職場でね、ニュース見る暇なかったんだ。
ちと待機中なものでな。

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 21:02:29 ID:4uEXRlNk0
そもそも日本の神道っていうのは、倒した敵を祀ることによって祟らないようにしてきたわけ。
なのに靖国は官軍ばっかり祀ってきた。これはまず神道としてみてヘン。

しかも靖国ってのは、国を守るために「戦死」した天皇直属の人々を祀る場所のはずなのに、
実際はそうなってない。
たとえば乃木希典や東郷平八郎クラスの軍神ですら戦死じゃないからって入れなかったし、
あるいは戦死であっても「国に謀反を起こした」西郷隆盛は入ってない。
そのくせ東條英機みたいに無謀な戦争を主導したあげく自決し損ねて処刑されたような
ダメ政治家を「昭和殉難者」と称して祀っちゃった。
これは完全におかしいわけよ。

実際、A級戦犯の合祀の所為で、天皇陛下も参拝しなくなったわけだし。

日本神道の伝統からいっても靖国神社はおかしいし、A級戦犯の合祀もおかしい。
まして陛下が避ける穢れた場所を国会議員が参拝するなんて問題外。
しかもそれが原因で隣国との政治摩擦を引き起こした上に経済損失が5000億?
日本国家に大変な実害まで与えている訳だ。

今回のメモがニセモノだとわめいてる連中みたいなのが、戦前、
強引に大東亜戦争開戦を迫って、天皇陛下を屈服させたんだろうな。

参拝者及び、参拝支持者の心情田舎右翼は、
朝敵・国賊・非国民と言っても過言では無い。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 21:03:11 ID:L5CFBQPv0
何故か火炎瓶関連は各社規制がかかっている模様。
http://www.sankei.co.jp/news/060721/sha031.htm

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 21:39:23 ID:kygw6n1t0
ソロモン72柱

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 21:39:57 ID:p3RPMfkj0
>>914

サンクス

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 22:24:46 ID:7kvSO26t0
火炎瓶てやり方が右翼っぽくねーなw

威嚇射撃か薬莢郵送だろ、普通。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 22:37:15 ID:7kvSO26t0
>>913
>しかも靖国ってのは、国を守るために「戦死」した天皇直属の人々を祀る場所のはずなのに
昭和殉難者については不公正な裁判下で刑死してくれたから
一般国民や天皇の戦争責任が不問になったとも言える。
その矛盾が現在に尾を引いてるわけだが。

>日本神道の伝統からいっても靖国神社はおかしいし、A級戦犯の合祀もおかしい。
確かにおかしいが、近代以降成立した制度を目の仇にしても建設的ではないわな。
そんなことに執着すれば今の皇室制度もおかしいことになるし。

>しかもそれが原因で隣国との政治摩擦を引き起こした上に経済損失が5000億?
日本国家に大変な実害まで与えている訳だ。
これはソースが欲しいな。中韓に関しては明らかに日本を揺さぶる外交材料のネタにしてるし
A項分祀後はBC項分祀、挙句は靖国廃止まで要求するだろう。
そういう国に屈して譲歩しても益が無いばかりか、有害でもある。
それに中韓に資本を集中させて依存するのは長期的に見て問題になる可能性大だ。
中国は民主化・民族・資源問題等々、韓国はウォン高・南北統一で経済・政情不安になる要素が多すぎる。
逆に進出企業にチャイナリスクを想起させて他地域に資本を分散させたとも評価出来るし。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 22:44:02 ID:7kvSO26t0
 『中国一極集中』を是正しつつ、現地事業の高度化や効率化でコスト
アップを吸収−みずほ総合研究所がまとめた「アジアビジネスに関する
アンケート調査」で、中国で過度に期待していた収益への期待が薄れ、
人件費などのコストアップを事業の付加価値化や効率経営で現実的に
対応している日本企業の中国戦略が浮き彫りになった。
 調査は5月中旬、会員の製造業2483社(有効回答率27・5%)を対象
に実施。このうち、アジアに拠点を設けている273社に収益状況の認識
を聞いたところ「満足」との回答が多かったのが「ASEAN(東南アジア
諸国連合)」(19・0%)、「NIES(新興工業国群)」(13・4%)、「中国
(9・2%)」、「インド(0・0%)」の順だった。
 また、「満足」の割合から「不満」をさし引いた収益認識の判断指数(DI)
は「ASEAN」と「NIES」がプラスだったが、中国は2004年調査の12・8
からマイナス9・7へと大幅に悪化していることが分かった。進出企業は
人件費増加などを背景に、コスト上昇圧力を受けているほか、いままでの
過度な収益期待が薄れたため、とみられる。
 今後「最も力を入れていく地域」では「中国(40・7%)」がトップで、
引き続き中国を重視する姿勢に変わりはない。しかし、04年調査時点の
60%強に比べて中国重視の割合は段階的に落ちており、内堀敬則
上席主任研究員は「中国一極集中を是正する力学が働いている」と
分析している。 
 中国に拠点を設ける185社に優先度が高い経営課題を尋ねたところ
「人材の育成」「生産性向上によるコスト削減」「現地調達向上による
コスト削減」「販売シェア拡大」が大半を占め、人件費の高騰などの
コスト高を生産性の向上や販売強化で改善しようとする戦略が浮き彫り
になった。
(中略)
 また、各社とも今後も地理的には華東地域を中心に沿岸部での事業
展開を検討している。コスト競争力の観点では中国政府が開発を進める
東北や中西部などへの投資よりも、ベトナムなどASEANへの生産シフト
を検討していると考えられる。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/10337/

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 23:32:58 ID:mGxiT4jf0
これは北海道の網走市であった話です。
古塚美枝さん(当時23) は、いわゆる売春婦でしたが夫がいました。
しかしその夫は働こうとせず、酒に溺れる毎日、そして酔うと必ず美枝さんに
暴力を振るいました。83年の夏、美枝さんは体調を崩し病院へ行きました。
原因は妊娠によるつわりなどでした。売春婦であった美枝さんは、
まず誰の子なのか考えましたが夫の子である事を確信し、
早く報告しようと急いで帰りました。しかし夫は自分の子とは信じず、
中絶を命じました。 それから5ケ月。結局美枝さんは中絶を拒み、
生むことを決意しましたが、夫は従わなかった事を不満に思い、
さらに暴力を振っていました。 そしてその日夫は美枝さんの腹部に
膝蹴りをしました。する と、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました。
そして美枝さんは崩れ落ち、声にもならない 様なうめき声で唸りながら
........流産でした。夫は慌てて家を飛び出して行きました。何故?
それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。目はあべこべに付き、
片方の目は眉毛の上に付いていました。鼻はだらしなく直角に曲がり、
口なんぞは縦向きに、しかも耳のつけねから裂け目の 様に付いていました。
動きもせず、ただこちらを眺めていました。 それからどうなったかは分かりません。
ただ、この話を聞いた人は最低3日間気を付けてください。
うしろで何か気を感じても振り向いて いけません。
それはあの子があなたを眺めているから。 10分以内にこれを
掲示板の5箇所に貼らなければそのままあの子は離れて行きません。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:06:23 ID:OTtDZ3n30
「陛下の大御心」に従わないネットウヨを罵倒するネットサヨも実に醜いんだが、
天皇陛下が政治的存在でなくなった以上、靖国神社に参拝するかどうかは個人の心の問題
だろう。


922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:16:18 ID:uuDg7/DC0
そして、先帝陛下の大御心がA級戦犯合祀に対する不快感であったにせよ、A級戦犯分祀とか国立追悼施設
と言った問題を議論するのは、あくまで中国共産党がこの問題に関して沈黙してからだ。でないと、我々は
中国の圧力におびえて右往左往する滑稽な日本人にしか見えなくなる。

古賀誠遺族会会長は、A級戦犯分祀論を中国に評価されて悦にいったばかりか、愚かにも、南京大虐殺記念館
に献花するという大愚行を行った。根拠のない日本軍の蛮行=南京大虐殺=中国のプロパガンダを遺族会会長が
鵜呑みにしては、その見識が疑われる。所詮、古賀も野中と同じ、中国の犬だったのかと。

福田さんは総裁選不出馬で中国の政治介入を未然に防いだ。靖国神社問題はあくまで国内問題だ。中国の介入を
許してはならない。古賀には一生冷や飯を食わせてやれ。



923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:17:15 ID:QvKqMNJ10
陛下の御心がA級戦犯に対するものであったのなら、
我々一般市民が靖国に対しA級戦犯の御霊の分祀をお願いすればよい。

彼らの御霊を靖国から追放してしまうのも酷だから、
境内に別の社を建ててそこへ分祀するとか。

本殿等の施設にはA級戦犯の御霊はないことにして、
今上陛下も政治家も参拝できるようにすればいいのではないか。

なら中国もグダグダ文句は言うまい。
韓国なんか何でも反対なんだから無視すればよい。

924 : :2006/07/22(土) 00:20:46 ID:1VAZcGYg0
…かと思えば天皇至上主義者が多いハズのウヨが先帝に背くし左右ともに節操無さすぎだな…  
俺は暫く静観させてもらうよ     

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:24:35 ID:8XRPYM3K0
>個人の心の問題

確かにその通り。だがその「個人の心」を
およそ省みずクリスチャン遺族の「家族の名を霊璽簿から削除してほしい」などの要請を
「一旦陛下の御裁可を経たものは覆せない」とか言ってきたのも靖国だよ。
その先帝陛下の御心を踏みにじって松岡らを合祀し
「一旦合祀したらもう分祀などできない」と妄言を吐いているのが靖国。
今回分かった陛下の御言葉に何のコメントも出来ず、沈黙を守るだけと言う
醜態を曝しているのが今の靖国だ。

戦前は伊勢神宮と並んで国家神道の頂点として君臨し
「神道は宗教に非ず。崇敬せぬ者は非国民」とし
戦後は新憲法の「信教の自由」を享受して
「誰を祀ろうが勝手だ」

醜いよ。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:31:17 ID:uuDg7/DC0
石原慎太郎は「戦争犯罪者は日本人の手で裁くべきだった」と言っているが、サンフランシスコ講和条約
締結後の国会決議を見ると、

第15回国会 衆議院本会議 第11号
昭和27年12月9日(火曜日)

田子一民君
(略)
さらに一般国民は、戦争の犠牲を戦犯者と称せらるる人々のみに負わすべきでなく、一般国民もともに
その責めに任ずべきものであるとなし、戦犯者の助命、帰還、釈放の嘆願署名運動を街頭に展開いたし
ましたことは、これ国民感情の現われと見るべきものでございます。
(略)

とあり、日本人自身で戦犯を裁こうなどという考えより、敗戦は国民全員の責任だと言う考え方が当時
として支配的だった様子が窺える。そして、戦犯の名誉回復には4000万人の署名が集まった。

当時の世相を考慮すると、戦犯とされた人物に全ての責任を押し付けて裁くという発想はなく、後世の
人間が面白がって裁きたがっているとしか思えない。皆、当時のことを知らなさ過ぎる。







927 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/07/22(土) 00:42:15 ID:OTUa/vDG0
昭和天皇「参拝しない、それが私の心だ」
コイズミ 「心の問題ですから」

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:46:09 ID:8XRPYM3K0
>敗戦は国民全員の責任だと言う考え方が当時
>として支配的だった様子が窺える

私は石原都知事の考えに賛成ではないが
終戦直後の東久邇宮首相の「一億総懺悔」論に
相当批判が寄せられた事を観ても
上記の考えが支配的だったとは到底言えないと思う。

それにここでの「戦犯者」は主にBC級戦犯を
それも「上官の命に従った結果」戦犯になった人々への同情ではないのか?
フィリピンのモンテンルパ刑務所に収監された戦犯たちに同情を寄せる歌が流行ったりしたらしい。

なお、自分が「日本人自身による裁判」に反対なのは
ドイツの非ナチ化裁判を見ても分かるように
同胞を完璧に裁くなどおよそ無理だから。
なあなあに終わるか、或いは個人的怨恨での陰湿な密告合戦が
繰り広げられるかのどちらかだっただろう。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:47:15 ID:r+O1drqY0
おれは伝統主義者だから靖国神社そのものを廃止すべきだと思ってるが
ひとまずそれはおいといて、

松平の独断でA級戦犯合祀という暴挙(暴挙じゃないなんて理屈、通らないぞ)がなされ
それによって天皇が参拝しなくなり、首相も参拝しづらくなり、
中韓には文句をつけるのに格好のネタを与えてしまった。
死者にむち打つのは趣味じゃないが、
松平だけはどれだけ非難しても非難したりない。
非国民といえばこれほどの非国民もあるまい。

自分とこの先代の宮司がしでかしたこの犯罪的行為にたいして
なんで靖国神社はノーコメントで済ませているのか。
靖国神社に祀られてる戦死者とその遺族のために
さっさとやるべきコトがあるだろう。
ただじっとして、非難の嵐が通り過ぎるのを待ってるだけにしかみえないが
それは卑怯というものだ。
英霊(という言葉は大嫌いだが)に対して恥ずかしいと思わないのか。
一宗教法人の分際で国に混乱をもたらすなんて
オウムや創価学会と同じだな。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:52:52 ID:uuDg7/DC0
「A級戦犯の祭られた靖国神社に日本国の指導者(総理大臣、外務大臣および官房長官)が参拝しては
いけない」と言われて、

「はいそうですか、おっしゃるとおりにします」「A級戦犯は分祀しますから靖国参拝を許可してください」

と言う政治家が、本当に日本の国益を考えていると言えるのか?中国は日本に難癖をつけようと思えば
いくらでもつけられる。日本は際限なく譲歩し続けなければならない。これが正常な友好関係と言えるのか?

日中両国の過去の出来事は日中共同声明と日中平和友好条約で全て解決済みであり、日本国内で戦犯は
名誉回復され国内法上の犯罪者ではない。歴史問題と靖国問題をリンクさせ日本を屈服させようとする
中国の外交姿勢には強い反発を覚える。




931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:09:50 ID:uuDg7/DC0
揚げ足取りは好きではないが、>>929A級戦犯合祀後、大平首相が3回、鈴木首相が8回、中曽根首相が9回参拝
した。総理大臣にとって全く参拝しづらい状況になっていないのは明白である。

そして、この間、中国は全く騒いでいない。

中国を炊き付け、挑発し、「総理大臣の靖国神社参拝反対」の意思表明をさせたのは、クソ新聞で有名な
売国朝日である。そして、このとき中心的な役割を果たした朝日新聞の国賊記者はテレ朝で古舘伊知郎の
隣に座っている!

>>928東久邇の総懺悔論など、国民が受け入れるとは思えない。自衛戦争をして懺悔をする理由はどこに
もないと思う。ただ、負けたのはみんなの力が足りなかった、ということだろう。

あと、決議文書を読んでいないようだが、決議文にはBだのCだのといった言葉は出てこない。戦犯のみ。




932 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/07/22(土) 01:10:11 ID:OTUa/vDG0
松平宮司はこのままだと朝敵になるのかな?
「易々と…」「親の心子知らず」「私の心だ」って先帝不快感はいかばかりだったのだろうか…

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:31:59 ID:uuDg7/DC0
>>929
A級戦犯合祀は松平宮司の独断ではない。それ以前に、厚生省から御祭神名票が送られてきていた
訳で、A級戦犯とされた人々に関しても、合祀基準に照らし合わせて合祀事務は行われていた。

合祀基準は杓子定規であり、一定の法律に該当すれば全て合祀対象者となる。これは合祀対象者を
明確にするため仕方のないことだったが、これにより、松岡洋右らも合祀対象者となった。

靖国神社は、合祀基準に従って合祀を進めたがA級戦犯に関しては御祭神名票送付と合祀時期とに
大きな時間的開きがある。この間、靖国神社内部、あるいは靖国神社と厚生省、あるいは靖国神社
と宮内庁との間でどういう議論が行われたか分からない。

ただ、先帝陛下の御心が周りの人間に伝わっていなかったのではないかと思われる。





934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:42:24 ID:uuDg7/DC0
勘違いしている伝統主義者がいるので最後に一言。

伊勢神宮は、国家神道において文字通り頂点に位置し「官幣社」という扱いを受けていない。
一方、靖国神社は別格官幣社の一つにすぎず、伊勢神宮より完全に格下である。

あと、死者に鞭打つのは好き嫌いの次元の問題ではなく、そもそも日本人の伝統文化ではない。
使者に鞭打つのは、中国の伝統文化である。

以上。


935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 02:04:24 ID:IliSaKHl0
917 名無しさん@6周年 New! 2006/07/20(木) 22:08:44 ID:3j8r6XHW0

   純粋に技術的な面から言わせていただくと左側は所謂「ブルーブラック」インキが
   経年劣化でブルーからブラックに変色した状態。右側は書いて日が浅いのでブルー
   のままでまだ何年かしないとブラックに変色出来ない。

   結論→   左頁と右頁の時間は数十年の開きがある!
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060720181150.jpg

※報ステでは、ヤヴァイと思ったのか、片方のページを隠して放送。
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1153401253062.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1153401268728.jpg

参考:左頁を隠していないNEWS23のキャプ画
ttp://dentotsu.jp.land.to/img/chikushi_20060720_4.jpg

インクの変色については↓

インク研究会
http://members.jcom.home.ne.jp/y-mo/fullhalter/ink15.html
インクの王道ブルー・ブラック−光と影− その1
http://members.jcom.home.ne.jp/y-mo/fullhalter/ink18.html
インクの王道ブルー・ブラック−光と影− その2
http://members.jcom.home.ne.jp/y-mo/fullhalter/ink19.html

【ブルー・ブラック 耐光性テスト】
左:検証前
右:『光を当てずに』1ヶ月保存した後のもの
http://members.jcom.home.ne.jp/y-mo/fullhalter/ink/midori27.jpg
http://members.jcom.home.ne.jp/y-mo/fullhalter/ink/midori28.jpg

1ヶ月でこれ。20年であれだけの濃度が維持出来るなんて凄いね!!

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 02:36:45 ID:uuDg7/DC0
>>935
貴重な情報をありがとうございます。

日記に書かれた「先帝陛下の御心」はでたらめで、じつは徳川侍従長の
個人的意見だったのですね。

一体、誰が、何のためにすぐばれるような嘘をついたのか?

少なくとも、A級戦犯合祀が、先帝陛下にとって靖国御親拝をしなくなった理由ではない
ようです。

日記はまたしても捏造ですか。科学とインターネットが発達すると情報伝播が早いですね。


937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 02:42:36 ID:uuDg7/DC0

とりあえず、>>935を読んでから次の議論に進むべきでしょう。

でないと、恥をかきます。


938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 02:48:51 ID:IcmukOjA0
>>933
>厚生省から御祭神名票が送られてきていた
祭神名票は靖国の照会への回答として送られたもの。別に厚生省(国)は
靖国に祀れと命令しているわけではない。

>合祀基準は杓子定規であり、一定の法律に該当すれば全て合祀対象者となる。
もちろんその通りだが、国の法律に従うと言う合祀基準は靖国神社が
私的宗教法人として定めた私的なもの。靖国が私的な資格で定めた私的
な基準でしかない。

合祀はあくまで靖国神社の私的な宗教行為であり、決定権は靖国神社、
その代表である宮司にある。A級戦犯合祀は松平宮司の決定であり、
それに異を差し挟める者がいないのであるから、独断という事になる
だろう。

>この間、靖国神社内部、あるいは靖国神社と厚生省、あるいは靖国神社
>と宮内庁との間でどういう議論が行われたか分からない。
別に議論などないだろう。合祀はあくまで靖国神社が私的に行うもので
あり、厚生省や宮内庁の感知するところではないのだから。

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 02:51:12 ID:uuDg7/DC0
>>938
>>935を読めよ


940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 02:53:55 ID:uuDg7/DC0
>>938
早く、「戦後の靖国神社は、靖国神社を自称しているに過ぎない」
と書かれた公文書を示せ。


941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 03:04:32 ID:IcmukOjA0
>>940
いや、出すのはそっちでしょ。未だに靖国が公的存在である公文書を。
国営靖国神社は公的存在だったのだから。その要素が欠け落ちている
以上、戦前と現在の靖国は同一の存在ではありません。同一だと
言うのなら、靖国が未だに国営であると言う公文書を出してください。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 03:15:47 ID:uuDg7/DC0
靖国神社が国営であるとは言っていない。今あるのは宗教法人靖国神社。
これは、東京都の認証を得た宗教法人であり、公文書として登録され、教義も御祭神も変わっていない。

公私をはっきりしたいなら、「戦後の靖国神社は、靖国神社を自称しているに過ぎない」
と書かれた公文書を示せ。これはお前の主張を裏付けるために必要なのだから、
探すのはお前の仕事だ。示さないならスルーするよ。

まあ、戦後の日本は日本を自称してるに過ぎないかもしれないが(笑)


943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 04:09:23 ID:QvKqMNJ10
俺は>>923の意見を書いたものだが、

A級戦犯が祀られている以上中国が静かになることはあり得ないということは認識すべきだ。
ここにタイミングよく先帝陛下のお言葉といういい大義名分が出来た。
これで日本側も自らのメンツを潰さずに処理できることになったと思う。

だが、A級戦犯を移祀と言っても靖国外に御霊を追放するのは忍びない。
だから彼らの分だけ別に小さくても立派な社殿を作ってそちらに移祀すべきだ。

今上陛下にご参拝いただけるように本殿の方にはA級戦犯の御霊がないということでいいだろう。

首相がA級戦犯に参拝することに不満だった中国は今後この問題でうるさく言ってくることはないだろう。
先帝陛下のお言葉の尊重であることを強調すれば右翼も納得するだろう。
靖国神社としてもこれは神社の内における御霊の移祀にすぎないから問題ないだろう。
韓国はどうせ何でも反対なんだから無視せよ。

これで完全解決だろう。

靖国神社の皆様にはこの点真剣に考慮願いたい。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 04:52:25 ID:E58EHrKL0
悲惨な戦争を回避しえなかっただけでも当時の指導層には責任があるのに、死してもなお幾百万の英霊に迷惑をかけているA級戦犯っていったい。。。。
靖国参拝を肯定する人たちの中に、一体どれほどA級戦犯を参拝したいと願っている人間がいるのか?
それらのことを考えると、A級戦犯の罪はあまりに重い。あの悲惨な戦争の犠牲者たちを表立って参拝できない国がどこにある?首相や天皇陛下だけの問題ではなく、一般の国民ですら参拝の意識がないではないか。
それもこれも、全てA級戦犯のアホどものせいだ。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 05:43:46 ID:fRwO4dmI0
>>936みたいな「ネットで真実を知った」級の酷いレスは久しぶりに見たな。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 05:58:43 ID:8RoeUXZ40
長年功を重ねてきた侍従長の退任日に宮内庁長官同席の元で
昭和天皇が証言したと考えるのが妥当な解釈では。侍従長であるなら
その意思に拘わらず昭和天皇が参拝する際に必ず付き添うはず。
彼の個人的意志の表明など何の関係もない。

インクについては消防厨房時代のノートでも漁ればすぐわかる。
ボールペンと蛍光ペンで確認したが10年程度では全く劣化していない。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 07:17:22 ID:NEFKuUjE0
>>943 “別に小さくても立派な社殿を作ってそちらに移祀”

靖国に残っていれば同じ事。A級戦犯を参拝したい人用に別の神社に祀れば良い。
出来れば都心ではなく、ちょっと離れた所が良い。 靖国は都心に近杉だw

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 07:20:11 ID:E58EHrKL0
私も靖国とは別にすればいいと思う。

ちなみに、遺族会は分祀に反対なのか?

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 09:03:37 ID:NEFKuUjE0
今の遺族会会長は分祀と言ってる。もともと戦犯の遺族は少数派だった。
だが、戦犯も靖国に合祀されるようになってから、軍内の階級的に上であるケースが多いために遺族会内での発言力を増して 事実上乗っ取った形になっている。

典型的なのが板垣征四郎の息子である板垣正で、議員になるのに遺族会の票を利用した(遺族会も政治力強化に期待した)経緯があった。

自民党内の靖国関係議員連盟の中核も彼等だったが、そのあまりにアナクロな思考に若手の議員に離反されて別議連(こちらは“対中外交カード”としての靖国というもっと不謹慎な思考)を結成されてしまっている。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 09:10:11 ID:NEFKuUjE0
ただ、分祀には様々な思惑があって魑魅魍魎状態。

なかでも層化&校名の動きは要注意。
今後は分祀の流れが加速するが、靖国議連による抵抗線として靖国の非宗教法人化→国家護持(運営)が出てくる。
層化&校名は靖国の非宗教化+国家護持を自民に強行させる形で実現させ、将来の目標である校名主導政権下での層化系国家護持の実現を可能にしようと考えている。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 09:19:37 ID:NEFKuUjE0
そんな板垣議員だが、こんな逸話もある。

・・・A級戦犯・板垣征四郎陸軍大将の子息板垣正氏の著書「靖国公式参拝の総括」に優れた逸話がある。「中曽根首相の公式参拝が日中間で深刻な問題になった時、
同じA級戦犯の木村兵太郎陸軍大将未亡人と話し合って”いわゆるA級戦犯を靖国合祀から外してもらおう”と関係者に呼び掛けた」

「国家国民に対する重大な責任を痛感する故人たちにとって、政府を苦境に立たせ、多くの国民や遺族の期待する公式参拝の前途に危惧を招いている事態が、
故人の遺志に全く反することは推察に難くない。よっていわゆるA級戦犯14人の合祀取り下げを申し出る」
感動的な文案だったが、東条英機家の反対でまとまらなかった。板垣氏は「今では東条家の意向は正しいと思っている」と語るが、この分祀論でまとまっていれば今日の靖国騒動はなかった。・・・

“東条英機家の反対で” いかにもデムパなあの一家らしいですなw

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 09:27:03 ID:3T90OTpA0
宗教廃止、靖国廃止、遊園地にでもしちゃいましょう。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 09:27:06 ID:7LFxDzx30
バカバカしい。先帝陛下のご意志に背き奉るなど非国民と言わねばならぬ。
国賊の分際で能書きをたれるな・・・

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 09:32:34 ID:NEFKuUjE0
正確には“先帝&今上帝の意思”なw

955 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/07/22(土) 09:49:18 ID:vFuZgGnt0
中韓の抗議が議論のきっかけになったのは間違いないし今回のメモに疑問もあるだろう
だが先帝が70年代からご意思で参拝をやめたのは事実

終戦直後は戦争中指導者の悪行が国民に知らされてなかったのだから追求の声があがらなかった
やはり東京裁判の結果にとらわれず ある程度時間をおいて日本人の手で歴史を調査し
弾劾裁判をしておくべきだった 今からでも遅くはない 


956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 09:49:49 ID:r+O1drqY0
おれは昭和天皇好きだったし、皇室にたいしても敬慕の念をもってるが
「大御心」とかいうような大仰でアナクロな言葉が飛び交うのは異常だよ。
ネットウヨは、右翼的言動に憧れてるだけの思考停止したやつらなんだな。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 09:55:20 ID:E58EHrKL0
いずれにしても、合祀は少数の人間のために多数が泣かされる典型みたいなものね。
戦中も泣かされ、戦後も遺族は泣かされ、死んでいった人たちは浮かばれないねー。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 13:26:59 ID:4lgJGHwb0
偽造確定とわめいてる連中が

  日 経 に 訴 訟 を 起 こ そ う と し な い の は な ぜ ?

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 14:05:48 ID:qi5urL/H0
>>951
やっぱりA級戦犯の遺族は負い目を持ってる筈なんだよな(デムパなあの一家w)
厚生省に居残った戦犯軍属が図々しくも合祀しろと言ってたんだよな→考えなし
の松平が勝手に松岡・白鳥まで……
黙って嵐をやり過ごしてただけの恥知らずな連中(岸とか)が再びのさばり始めて
昭和天皇・鈴木→吉田のリベラルの系譜が絶えてしまう。やれやれ。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 16:33:52 ID:MDKD+FmY0
象徴天皇制であるから、公人としての天皇の表現は時の国民の意思を反映した
ものであるべきだというのは、争いのないところだろう。
昭和の陛下が件の発言をされた時は、ごく身近な人間に対して私人としての
意見を仰ったわけで、未来を含めてそれが公表される想定は無かったと思う。
陛下は公私の区別や公人としての役割や道理に非常に厳しい方だったと思われるから、
今回発見されたメモが政治利用されたり、時の政権や世論に影響を与えるのを
お喜びにならない事は間違いない。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 17:01:25 ID:UnZJDknc0
>>959
吉田は国体護持すなわち天皇制と靖国の存続に尽力した人物
さらには、日米安保を強力に推し進めたのも吉田
吉田路線でいけば9条改正と強大な軍事力再建し靖国をもとのすがたに戻すということになる
いまで言えばかなりの鷹派だな 右翼といってもさしつかえない


962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 19:01:45 ID:vujrHAmk0
>未来を含めてそれが公表される想定は無かったと思う。

そうかなぁ。
陛下の非公式なお言葉なんて、
存命中もいろいろ漏れてきていたわけで。
それに過去の私的な日記が死後公表されることも
ぜんぜんめずらしいことではないからな。
後年、漏れ伝わることはわかっていただろう。



963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 19:05:55 ID:vujrHAmk0
ついでに、
あえていえば、発言の時期を考えると、
遺言的に、後年、漏れ伝わることを望んでいたということも考えられる。

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 19:13:28 ID:NEFKuUjE0
>>960 天皇であれ権力者は自分のどんな些細な言動も、意味を持つ発言であれば必ず後世に残る事を知っている。

大久保利通なんか自分の日記に江藤新平を始末した次第を詳細に記して、後世にまで江藤がマイナス評価されるよう“気配り”をしていたw

>>961 吉田茂は外交官として最初の在外公館勤務が中朝国境の丹東だった。
ここで吉田は朝鮮人への辛辣な評価を残しているが、これも個人の手記という形だった。

近衛がサイパン玉砕を受けた東條内閣崩壊以降の混迷する中央政界を託そうと考えていたのも吉田だったが、近衛上奏文が吉田の自宅に潜り込んでいた特高のスパイに漏れてしまい、吉田自身は逮捕され政局は更に混迷した。
(近衛上奏文はありもしない陸軍赤化を骨子とし、馬鹿にされたと思った昭和天皇には一蹴されたが、東條の逆鱗に触れてしまった... つくづく東條はタイミングの悪い男だったw)

戦後は敗戦国でありながら“朝鮮半島非武装化”を提唱するなど、朝鮮戦争を予期していたかのような慧眼を示した。

しかし、晩年にはやはりボケてしまい、60年安保(田中清玄が支援)鎮圧に博徒(稲川会系が主/児玉誉士夫や神戸の田岡氏は協力拒否)や消防(当時は笹川良一配下)を動員せよと建議して、岸信介に小バカにされる始末だった。
この考えは終戦直後の“反共抜刀隊”構想(急激に拡張する日共の脅威を右翼/893潰したのは吉田自身)の焼き直しであり、岸から見れば“吉田さん、大丈夫?w”な心境だっただろう。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 19:35:52 ID:JoWjqscx0
合祀基準があまりにもあいまい。
厚生省がどうのこうのというなら政教分離に反する。


966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 19:38:22 ID:xJl+yHGu0
              親天皇(分祀派)
                  ↑        麻生
                  ↑         石原
                  ↑
                  ↑
小沢               ↑
                  ↑
                  ↑      
                  ↑     
反小泉←←←←←←←←←+→→→→→→→→→親小泉
(参拝反対)          ↓            (参拝賛成)
                  ↓
                  ↓
  社民             ↓
                  ↓
                  ↓
                  ↓
                  ↓
                  ↓    ネットウヨ
               朝敵(合祀派)

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 19:39:27 ID:NEFKuUjE0
つーか、筑波宮司の代まではマトモだったが、松平宮司の代からおかしくなった、って事だろ?

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 20:42:21 ID:WdvNKLcB0
民主的な選挙で選ばれた首相の公約と
欧米では、いまだ(本当の)戦争犯罪人といわれているエンペラーヒロヒトの言葉のどちらを優先するかは、日本にとっての正念場。
欧米諸国から、
自由、民主主義などの価値観を共有するパートナーの国とみなされるのか、
ヒロヒトの亡霊に支配された異質で不気味な国とみなされるのかが
決まる。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 20:54:35 ID:3AjY5kYo0
小泉首相の公約は8月15日の参拝であり一度も果たされてませんが。
この程度の公約は守らなくても大したことではないと本人が国会で言い
切りましたが。
ご都合主義はいい加減にしてください。

970 :朝日が日和り始めたようだ:2006/07/22(土) 21:09:17 ID:IliSaKHl0
 「あの戦を境にして、『神と人間』『君主と象徴』という対極の生を生きられた
天皇が、長い戦争と平和とに隈(くま)どられた昭和という時代を引き連れて、
永遠の眠りに就かれた」。89年1月7日、昭和天皇の逝去の報を受けて、
本紙の社会面に、そう書いた。
 その前年の4月の日付で、昭和天皇が、靖国神社にA級戦犯が合祀
(ごうし)されたことに不快感を示した発言のメモが残されていた。当時の
宮内庁長官が記していたというメモには、肉声を聞くかのような臨場感が
ある。
 「今の宮司がどう考えたのか 易々(やすやす)と」「親の心子知らず」
「それが私の心だ」。合祀への不快感については、過去にも側近が証言
している。メモはそれを裏付けるもので、歴史を変えるというほどでは
ないものの、大きな発見だ。
 気をつけたいのは、このメモの扱い方だ。冒頭の社会面の記事にも
記したように、昭和天皇は、あの戦争の前と後とでは対極的な存在と
なった。ひとつながりの生でありながら、歴史はそういう軌跡を描かせた。
 この、昭和の歴史と特別なかかわりをした天皇の全体像というものには、
途方もない幅と奥行きがあるだろう。宮内庁長官を介して間接的に
もたらされた幾つかの言葉から、その像が一気にくっきりと見えてくるもの
ではあるまい。
 メモは一つの史料として冷静に受け止めたい。政治などの場で過大に
扱うのも控えた方がいい。もっと大きく、昭和の歴史と向き合ったり、あの
悲惨な戦争を考えたりする時の手がかりにしたい。戦争で隈どられる時代
が二度と来ることがないように。

ソース(朝日新聞・天声人語) http://www.asahi.com/paper/column20060722.html

971 :ちなみに発見直後の論調:2006/07/22(土) 21:10:35 ID:IliSaKHl0
朝日新聞が皇室に対する二面性を露呈している。
同紙は21日付の社説で「A級戦犯合祀(ごうし) 昭和天皇の重い言葉」として、
昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を示されていたことについて、
「賢明な判断だったと思う。中国などが合祀を問題にする前の主体的な判断だったこと
を重く受け止めたい」などと評価。「だれもがこぞって戦争の犠牲になった人たちを
悼むことができる場所が必要だろう」と訴えた。

ところが、2月2日付の社説では、「寛仁さま 発言はもう控えては」として、
寛仁親王殿下が女性・女系天皇に異議を唱えられたことに対し、
「憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ」
「発言が政治的に利用される恐れがある」「発言を控えては」などと、
言論封殺まがいの苦言を呈しているのだ。

同じ新聞の社説で、これだけ主張に差があるとは驚くしかない。
皇室を政治的に利用しているのは一体誰なのか。

ZAKZAK 2006/07/21
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_07/t2006072126.html

972 :地方の雄東京中日も・・・:2006/07/22(土) 21:11:36 ID:IliSaKHl0
■メモ全体から検証の必要
 
 富田氏がどういう意図で書いたのか、可能な限り生前の本人の意向と関連資料を検討した上で世に
出すべきで、このようなタイミングで出てくると、昭和天皇の発言の趣旨とずれた形で独り歩きする
危険性がある。この日だけのメモの部分だけでなく、富田メモ全体の中で位置づけないと正確性は期せない」
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060722/mng_____tokuho__000.shtml

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 21:12:04 ID:WdvNKLcB0
>>969
>この程度の公約は守らなくても大したことではない
それは、別の公約だろ。
しかも、その公約も、今年度は守ったわけで。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 21:49:49 ID:6MYYpPvX0
>>973
民主党の菅代表が5つの公約を列挙してひとつでも守れたか、と質問。
その中のひとつが靖国参拝。それに対する回答がこの程度発言。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 21:55:29 ID:6MYYpPvX0
訂正:靖国神社への8月15日の参拝、ペイオフ、国債発行30兆円枠の3つ

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:00:49 ID:WdvNKLcB0
確かに、その中の一つではあるが、
残りの2つは、その後、実現している。
残るは一つ。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:02:10 ID:NEFKuUjE0
>>972 印象操作に必死ですな、ネトウヨの皆さんw

“日大講師で現代史家の秦郁彦氏は「昭和天皇が靖国神社に参拝しなくなった理由については、元側近の回想録などから、これまでもA級戦犯合祀への不快感という見方が定説化しつつあったが、今回のメモでそれが裏付けられた」と評価。
今後の波及効果については「学術的な評価とは別に、それを信じたくない人もいるだろう。今後、靖国神社側がどのように対応するか、むしろ、その行方が気がかりだ」と注目する。”

この部分は都合よくカット?w 注目されてますよww

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 23:25:51 ID:NEFKuUjE0
コイズミは自らを信長に重ねるのが好きだったようだが、信長は天皇家に害さんとして潰えた。
そこまで真似しなくても良いのに、という潰え方をしそうなコイズミ...

979 :960:2006/07/22(土) 23:32:03 ID:FDNNcrH30
>>962
おいらはそうは思わないな
>>960で俺が主に言いたいのは後段の「天皇の発言を政治利用される事を喜ばない」
というところであって、昭和天皇の性格から言ってそれは間違い無いと思っている
昭和天皇は戦後象徴天皇制をほぼ完璧に演じきったわけで
こんな生臭い話が政府や国民に伝わると判っていれば雑談としても慎まれただろう
と想像する(あくまで想像だから、あなたを論破しようとは思わん)

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 23:34:33 ID:cNXl4z0D0
【論説】小泉首相は昭和天皇の「心の問題」を無視できるのか 大阪高裁も昨年秋憲法違反の判断を示している 東京新聞・筆洗
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153435109/
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20060721/col_____hissen__000.shtml
> ▼任期切れ目前の小泉首相は、国内外の反対を押し切って、
> 八月十五日の靖国参拝に含みを残したままでいる。
> 「心の問題。行けとか行くなとか言われる問題ではない」と言い切る首相は、
> 具体的な証拠で明らかとなった昭和天皇の「心の問題」を無視できるのか。



↑ 昨日
↓ 今日


http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060722/mng_____tokuho__000.shtml
> ■メモ全体から検証の必要 
> 富田氏がどういう意図で書いたのか、可能な限り生前の本人の意向と
> 関連資料を検討した上で世に出すべきで、このようなタイミングで出てくると、
> 昭和天皇の発言の趣旨とずれた形で独り歩きする危険性がある。
> この日だけのメモの部分だけでなく、富田メモ全体の中で位置づけないと正確性は期せない」

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 23:43:38 ID:NEFKuUjE0
>>979 “昭和天皇は戦後象徴天皇制をほぼ完璧に演じきった”

これには同意。政治家/軍人としての天皇は死んだ訳ではなかっただろうが、戦後はひたすら本性を隠匿して過ごして来た。

だからこそ、側近に漏らした言葉や雑談が重要になってくる。
側近だった人達は使命感もあって、こうした言葉を書き残している訳だが...

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 00:32:09 ID:hfefo0T+0
盛り上がってまいりました。

【永遠の約束】 靖国神社V 【多神教】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1153582183/

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 00:39:53 ID:FBrS9/pz0
>>981
>だからこそ、側近に漏らした言葉や雑談が重要になってくる。

昭和天皇研究の題材としてという意味で全く同意

>側近だった人達は使命感もあって、こうした言葉を書き残している訳だが..

そういうことなんだろうな
ただ個人的には、使命感が象徴天皇制の精神と違う方向に発揮されるのは不忠だと感じるな
その辺を理解出来てない人々におかしな影響を与えることになる
制度上今回のメモが発見されたことには何の問題も無いはずなんだが
現実に新聞の社説あたりまで、天皇の真意の影響というような話をしているのが気になる


984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 00:57:56 ID:zLZebDXX0
>>983 マスコミってのは、ある意味ずっと続く美人コンテストをやってるようなもの。

かなりの数の日本人(約7割)が“首相は靖国に参拝すべきでない”と考えている状況下では、そうした人達の意見を代弁するのは当然。

そのひとりが“実は昭和天皇もA級戦犯がいるのが嫌で参拝しなかったんだよ”との資料を公開したと言う事。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 01:12:10 ID:ii/Uc2Y40
なんか前提をふまえてない「愛国者」さんが多いですな。
ちらほらスレに出てきますが

・東條家が処刑者の遺族たちの持ち出した分祀に反対(これが後をひく)
・松平宮司は、公式参拝した中曽根元総理を礼儀知らずと細かな揚げ足をとりののしる固陋な男。
・メモの信憑性はインクがどうしたこうしたってネットで判断することではない。
・ガイシュツの秦郁彦によれば、松平の宮司就任には高松宮が関与。
・徳川、入江といった侍従長の日記には松平への不満が轟々。皇室の立場を無視。
・宮内庁長官がわざわざ辞める徳川侍従長の話まとめてどうすんの。前後関係をつかんで天皇か否かを判断せねばならない。
・「昭和天皇独白録」を読めば、このメモの内容は目新しいものではない。現代史の常識レベル。

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 01:30:56 ID:zLZebDXX0
↑“細かな揚げ足をとりののしる固陋な男”

松平の生まれ育った福井県鯖江のあたりは日本でも特殊な地域。
もともとは継体天皇の出身地なので、現皇室を軽んじる風潮が根強い。
細かい所作について文句を付けさせたら日本一(おそらく京都より)の土地柄。
また、壮絶な部落差別が現存するが、地元民が凶暴なので解放同盟も近寄らない。

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 01:33:33 ID:ii/Uc2Y40
中曽根 別に尊厳なる社(やしろ)をつくって、十四人のA級戦犯の皆さんの霊をとってそちらでお迎えするということですね。そうすれば天皇も総理大臣もずっと長く参拝ができる。その阻害要因を分祀という形でやろうと。

 いろいろ問題はあるだろうけれど、このままずっと永続的に問題が起こるような状態にしておくのは好ましくない。そう思って四元義隆さんに話して松平宮司を説得してくれと。それと同時に板垣(正)参議院議員に遺族側の説得をお願いしました。

 −−板垣征四郎の息子さんですね。

 中曽根 板垣君に話して、天皇の参拝、総理大臣の公式参拝の道を開いていくために遺族の同意を得てくれと。板垣君は真剣にやってくれました。しかし、東條さんの家族だけが賛成しなかった。

 −−A級戦犯十四家が同意しても靖国神社が受け入れたかどうか……。

 中曽根 松平宮司が猛烈に反対した。四元さんが説得に行ったけれど、説得に応じなかった。金丸(信)幹事長も私の指示で行ってくれたけれども、これも説得に応じなかった。


988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 06:27:22 ID:dchfLnof0
>>987
あの女狐だろ。無視していい女だ。孫だろ。
以前サンプロに出て堂々と死んだ人間は日本の精神風土では許すべき
なんてこいていた大馬鹿女だな。
靖国の朝敵思想を知らないはずがあるまい。死んでも匪賊は許さんと言う
ものだ。

そう言えば明治の軍隊ではその憲法の臣下と言う文言、陛下の命令と言う形式と
同視していい形で公布された軍人勅諭における忠義と言う文言からして
陛下へ忠臣でないものは合祀の資格はないはずだ。

昭和天皇が不快感をしめしたと言うことは即ち分祀はおろかそもそも靖国に
祭られる資格はないだろ。つまり不忠義の輩と同視されていたと理解できるわけだな。
さて陛下が松岡等を不逞の輩とみなしていたにも関わらず、それを知り合祀したとしたらその宮司は
靖国設立の趣旨、即ち陛下への忠臣としての兵士の慰霊、を公然と破壊したと言え即刻排除処罰
すべきだな。
また名前の挙がった人間は当然朝敵として排除すべきだな。

忠臣か否かの基準に陛下の意思は当然含まれるはずだ。
226で処罰された人間がいまでも朝敵なのは陛下の意思による判断からだ。

松岡等は分祀なんぞでは手ぬるいよ。朝敵として排除すべし。
少なくとも忠臣とはみなしていなかったはずだな。


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 06:31:57 ID:IuYuD9hy0
今度のメモ騒ぎで孫娘?はまったく顔見せないね、雲隠れ?
叔父の元三菱自工社長(次男)は新聞に何回かコメント出てたが


990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 06:37:17 ID:zLZebDXX0
今回のメモで一番イタイ思いをしたのは安倍タソw
何しろ松岡と親戚にあたる。系図見たら嫌になるぜ...
http://www.k3.dion.ne.jp/~a-246ra/keizukingendai7.htm

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 06:39:43 ID:dchfLnof0
>>990
安倍も松岡も長州だろ。因みに民主渡辺は会津、で子ネズミが薩摩www

なんだか、進歩ねーなw

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 06:43:30 ID:zLZebDXX0
>>988 これで国分佐智子タソの仕事に影響が出ない事を切に祈る。
ヴァカがヒデキの曾孫とか言ってるが、国分佐智子の叔母さんがヒデキの孫と結婚しただけなので血縁関係はない。
あのデムパ一家と関わりがあるだけで、血は繋がっていないのだよ。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 06:45:19 ID:uk8R75Cu0
自分自身を卑下する人間が朝日新聞を非難する。
奴らは自分の無知を隠したいが為に
何かを攻撃したい。朝日は悪くないのに朝日を攻撃しようとする。
しかも匿名のネットで誹謗を述べる。
本当は朝日のような一流企業に勤めたいと願っているくせに、
匿名で朝日を非難する輩どもは堂々とメディアの前に姿を現すべきだ


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1153574641/l50

自分自身を卑下する人間が朝日新聞を非難する。
奴らは自分の無知を隠したいが為に
何かを攻撃したい。朝日は悪くないのに朝日を攻撃しようとする。
しかも匿名のネットで誹謗を述べる。
本当は朝日のような一流企業に勤めたいと願っているくせに、
匿名で朝日を非難する輩どもは堂々とメディアの前に姿を現すべきだ


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1153574641/l50





994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 07:08:00 ID:zLZebDXX0
こんな男に5年も日本を任せていたのか...
http://www.gameou.com/~rendaico/2003seihendrama/koizumiseikenco.htm

ブッシュ&ブレアがコケたら逮捕されるんじゃないか? こりゃ...

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 08:10:06 ID:uWrSwOD90
              親天皇(分祀派)
                  ↑        麻生
                  ↑         石原
                  ↑
                  ↑
小沢               ↑
                  ↑
                  ↑      
                  ↑     
反小泉←←←←←←←←←+→→→→→→→→→親小泉
(参拝反対)          ↓            (参拝賛成)
                  ↓
                  ↓
  社民             ↓
                  ↓
                  ↓
                  ↓
                  ↓
                  ↓    ネットウヨ
               朝敵(合祀派)


996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 09:09:34 ID:LHx83B5r0
メモが本当だとしたら昭和天皇はとんでもねえ野郎だ。
お前のために英霊はみんな死んだんだぞ。
お前に実権がないなんて言って責任逃れは許されない。

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 09:46:20 ID:zLZebDXX0
↑否定しようがなくなって今度は昭和天皇攻撃かよ、ネトウヨw

昭和天皇からすれば、信頼して国事を託した連中がバカやったおかげで大迷惑。
下手すりゃ自分も死刑だった。
終戦直後にGHQが作成した“昭和天皇独白録”でも、部下の暴走&バカさ加減に呆れていた。

英霊とはいっても、A級戦犯に騙され利用されて犬死した人達。
そんな“犠牲者”と“主犯”格のA級戦犯を一緒に扱っちゃ犠牲者に失礼、というのが子供でもわかる道理。
実際、松平の前の筑波宮司はそう言って、A級戦犯を合祀しなかった。

A級戦犯合祀にこだわる連中は、先の大戦は正しかった、という主張の根幹にA級戦犯がいるんで必死w
自存自衛〜植民地解放と使えそうな名目は片端から並べてて、バッタ屋の叩き売りのように見苦しい様は晒している。

正直に“中国と油と資源が欲しかったんです、盗みに入ってすみませんでした。今は反省してます”と言って謝罪&賠償(あらかた終了)すれば済むものを...

998 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/07/23(日) 10:15:13 ID:YYIJGliW0
以前の独白録で明らかになったように昭和天皇は東條は気に入っていた。
自分に忠実だったから。一方でいうことを聞かない松岡などは毛嫌い。
東條の憲兵政治のことを知らなかったんだろうな。

999 :ゴジンム:2006/07/23(日) 10:52:12 ID:Pfeh+UFK0
神武以来、全世界ハ上御一人ガ統治ノ任ヲ負フ。神州は萬邦無比ヲ誇ルナリ。

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 11:55:45 ID:OjpiCu6fO
1000なら中韓参拝容認

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

457 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)