2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

みんなが自虐史観から解放されたきっかけは?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 09:07:22 ID:eCGP6dtS0
語れ!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 12:02:48 ID:C4hzfm7v0
極東にカエレ(・∀・)!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 12:55:51 ID:x9DoPTio0
厨房時代に読んだ小室直樹

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 14:57:29 ID:Z7QyvG18O
そんな史観持ったことねぇよ。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 15:34:39 ID:8/YNb38l0
>>1
他でもない・・・・・煮ちゃんに繁殖する
ネットウヨに洗脳されているからである。
過去の罪の反省=自虐、極左、売国。
こういった短絡的な思考であるネットウヨはどうしようもない。
産●新聞を読んでいる輩が駅などで目につくが
これは大変危険である。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 15:40:18 ID:5Fj7yLNO0
ワールドカップとよしりんの戦争論

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 16:14:23 ID:YmjlGMuc0
2chのハングル板

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 16:15:01 ID:izgnQSza0
小林よしのりと2chに洗脳されたのを「解放」と勘違いしてるだけ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 16:24:23 ID:3n/3+WTU0
自虐系をいくつも読むうちにそこに矛盾があることに気付いたから。
また、世界史についてやっていくうちに、自虐的に成る価値観が異なっているとわかったから。
海外の留学生などに話を聞いて、今まで思い込まされていた外国人からの日本観が大きく間違っていることがわかったから。
マスコミも政治家も嘘をつき、扇動するというのがわかったから。
ま、両極端なことを言う奴は嘘つきって気づいた時ってのが最大のポイントだったかな

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 16:47:25 ID:3Y0oaZ1b0
>>9
極東板へおいで
ここは君が居るべきところではないよ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 16:58:44 ID:/GalgZw/0
「坂の上の雲」を読んでから

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 17:39:25 ID:I2VB4cyn0
インターネットをはじめてから。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 23:28:36 ID:Cb0JgATY0
深く考えるまでもなくおかしいからな。
気が付かない方がどうかしてる。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 09:58:29 ID:9FFBMc5t0
授業中、普通に世界史を読んでたら自然と。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 14:57:34 ID:WrdDQ5b00
>>13
確かに。というか、自虐史観とかを平気で押し付けるような行為は一つの価値観を
押し付けてるのと同じだからね。自由も尊重も感じられない。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 17:15:58 ID:7grfAUFLO
>>15
それを言ったら、「教育」なんてみんなそう(価値観の押しつけ)だ。
進化論と創造論を等しく教えるべきだというアメリカ人のことも嗤えないし、そもそも自由や個の尊重こそが素晴らしいなんて考え方も、価値観を刷り込まれた結果。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 17:37:49 ID:nrN8QSXJ0
>>16
しかしまあ、自由と個を尊重する社会から抑圧する社会へと
亡命してくる人間はほとんどいないが、
逆に、抑圧社会から自由な社会へ亡命してくる人間はゴマンといる。

利口ぶった相対主義を気取って、現実に足をすくわれない様にね。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 18:29:40 ID:7grfAUFLO
>>17
刷り込みという行為と、刷り込む価値観の善し悪しは別の話。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 19:39:07 ID:rtQ/2Nee0
インターネットで見た

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 21:02:40 ID:Fng3kpDM0
>>17
亡命の方向は抑圧の有無よりは経済の高低で決まるだけの気も。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 21:22:41 ID:5wDpjEgM0
>>1
単にこのスレに対抗したかっただけだろ?

みんなが【自慰史観】に【汚染】されたきっかけは?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1139806874/l50

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 21:47:38 ID:jA7YHKeJ0
性徴の家の集会に出てから

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 22:13:16 ID:S8cidssX0
小林よしのりさんの活動をみていたら、嘘のように洗脳が解けていった。
櫻井よしこさんの活動をみていたら、正しい歴史が見えてきた。
よくみたら、
黄文雄、渡部昇一、西尾幹二、谷沢永一が見えてきた。
今手元にあるのは「東條英機宣誓供述書」
次は「マッカーサー回顧録」を読もう。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 22:45:43 ID:2xhuA6Yz0
負の部分は負として、正しく受け止め、誇るべき部分を正当に評価する。
ただし、一国の歴史として捕らえる限り、バランスのとれた歴史認識は得られない。
一国に閉じた歴史は常に過去を美化してしまう。
これはあの基地外国家やムスリムも同じ。
同じレベルで語らないのが、まともな現代人

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 23:18:02 ID:/VdFYc7N0
>>17
価値観なんざ相対的なもの。時代で変われば場所でも異なる。
だが、一定レベル以上の文明社会で生きていく以上、現実に刷り込みは不可避。
ならば安易な刷り込み批判よりも、刷り込みがあることを踏まえたうえで
「自分で考える」力をつけさせる方がよっぽど建設的だということ。

自分で調べて比較して納得する。「考える」というのはそういうこと。
そういうプロセスを経た結果なら、八紘一宇でも自虐史観でも好きに信じればいいが、
右でも左でも、ちょっと見聞きしたことを鵜呑みにするヤツが多すぎ。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 23:46:11 ID:9OO0rJ3Y0
洗脳が解けたのは大学2年の頃。
それ以前は大日本帝國絶対悪と考えていた。
自分自身で書物・インターネット・様々な資料を調べ、
自力で洗脳を解いた。
しかし、おかげで親と一部の友人には右翼と言われる。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 02:00:54 ID:W8bT2ONn0
NAVERを利用しているうちに、彼らの主張と思考回路に疑問をもったのが始まり。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 02:40:23 ID:cEdO0cABO
小林よしのりとか…って。
戦争論、どんなもんかなぁ、と出た当時手に取ってみたが…。あの頃自分は学生で、独自に戦争を調べていた時期であったが…「戦争論」はとにかく肌に合わん。
日本帝国好きーだけど戦争論は駄目だったな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 02:59:54 ID:N7+9655Q0
本人は洗脳を解いたつもりでも
実は単に別の洗脳で上書きされているだけということに気づいていない

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 03:51:31 ID:S9PRsnih0
>>29
洗脳が完全に解けたらどうなるんだろう?
自我が崩壊するんだろうか?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 10:30:55 ID:W8bT2ONn0
>>29
朝鮮脳と日本人脳の違いがわかっていないようだ。

日本人は”疑問”をもち、自分で情報を調べることができる。

朝鮮脳は、心地よい誰かの意見を求めるだけ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 11:33:00 ID:/ITDseE70
>>31
>>29の書いたことの正しさをこれほど証明するレスもないな。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 12:39:19 ID:sXBr4H3x0
また20年後ぐらいに反動で左寄りになるのかな

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 12:40:21 ID:29nir6zR0
よしりんの戦争論

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 12:42:53 ID:W8bT2ONn0
>>33
また訳の分からない言い返しだな。

それでは、日本にある洗脳とは、何ですか?

日本には、中韓のような反日教育も、反日を推奨する情報統制もありませんが。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 14:07:09 ID:37QY+GcY0
>>25
>右でも左でも、ちょっと見聞きしたことを鵜呑みにするヤツが多すぎ。

みんな忙しいからね。
歴史とか深く考えるのは、趣味として時間のある人間がやればいいこと。

マスコミ、政治家、外交官には、仕事として考えておく義務があるけど。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 11:52:06 ID:Wzx4Udt00
>>36
確かに、現実はそうかもね。

でも、興味がない人は価値観の押しつけを甘んじて受け入れてる(A)わけで、
そこにちょっと疑問を感じた人間が、他の意見を聞いてみる(B)。
そこからさらにさまざまな意見を調べ始め、それらを比較、吟味して(C)
最終的に自分なりの答えを見つける(D)。

いちばんウザイのは、自分に心地いい意見だけ取り入れるBで止まる半可通が多く、
またそういうヤツほど声が大きいことなんだけど。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 12:25:45 ID:Wzx4Udt00
>>37
A→Bに進んだときは本人にとって大きなパラダイムシフトというか、蒙が啓かれた気になるわけだし、
その衝撃を声高に叫びたくなる気持ちは分からないでもない(ウザイのは確かだけどw)。
そこからC、Dに進むのは、>>36の言うとおり一般人には時間の都合から難しいものがあるし、
専門家か彼の挙げたような一部職種の人間、あとは趣味人ぐらいだろう。

むしろタチが悪いのは、C、Dへ進むべき人間の中にBで止まってるヤツがいることじゃないか?




39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 20:16:03 ID:by6XAxON0
こばやしよしのり先生と山野車輪先生の著書を読んで、いわゆる知識人は皆、反日サヨクだということを知った

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 20:23:25 ID:b05WKYiYO
趣味で、でもないとこんな事調べようとは思わない。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 18:33:40 ID:jRnj2WVQ0
小林よしのり先生の「自虐でやんす」を読んでからです。


42 :真神龍 (全宇宙全生命永久永遠の大天国):2006/02/25(土) 00:15:01 ID:6/OfEFC/0

http://video.google.com/videoplay?docid=-4960427717414049428

南京大虐殺はないという動画←有名人がたくさん集まって論争してます
  ↑
 短いですので 是非 観てください
 お願い致します。

http://video.google.com/videoplay?docid=-4960427717414049428

南京大虐殺はないという動画←有名人がたくさん集まって論争してます
  ↑
 短いですので 是非 観てください
 お願い致します。

★マスコミ特にテレビは中国共産党の邪悪さを報道してくれい。
 このままでは日本=悪 中国=善になってしまう。
 そんなことあってはならない。絶対あってはならない。★
 ↑
そんなこと許されていいと思うか?
悔しいとお前らは思わないのか?そう思う方は少しでいいから
コピペしてくれ。頼む。このままでは日本は一方的に悪者にされてしまう。
悔しいよ とても悔しいよ みんなコピペ協力してくれ 頼む。
 

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 17:44:37 ID:ww6/v4lr0
よしりん

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 18:35:17 ID:YRgEY+800
「2ちゃんねる」で2ちゃんねらになってから。

ひろゆき様、ありかとう。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 20:51:29 ID:EqfvLZlx0
金メダルを獲った荒川選手が日の丸を身にまといウィニングスケーティング

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/psports/101000/20060224114075815655848800.jpg
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/psports/101000/20060224114075050171700100.jpg





46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 18:46:51 ID:/XUh4sih0
このスレを見て

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 00:16:18 ID:Ra3rqJ4iO
40万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

意外とおもしれーぞ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 22:40:50 ID:NI/CHU5K0
靖国参拝

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 02:32:53 ID:kfsfzUqA0

た か じ ん の 番 組

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 17:13:13 ID:Ywq2zKRi0
2ちゃんの国士様を見て
つくる会の内ゲバを見て

右翼に未来はないと確信しましたよ
そういう人多いみたいですね

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 20:52:45 ID:SGlM9Vgk0
明治生まれの祖父の説教
櫻井よし子、石原慎太郎の本
つくる会の運動
2ちゃんねる


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 20:58:14 ID:SGlM9Vgk0
中学時代の社会科の先生は従軍慰安婦や南京大虐殺30万人死亡説を「胡散臭い」と言っていた
中国に行ったときのエピソードを話していたが、店での店員の対応や公共の場での子どもたちの態度を批判していた

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 21:29:07 ID:MLcjanz5O
Qなぜ戦争に負けたのですか?   
A チョンのせいだ

Q直接戦費はイタリアの半分ですよね?  
A 左翼必死だな

Qなぜ日本は海洋国家なのにドイツの10分の一の船舶撃沈量?  
A お前日本人じゃないな

Qドイツの10分の一の爆弾投下量ですがなぜ30万人も死んだのですか?  
A お前は精神異常者だ

Q戦没者の大半は餓死者と自殺ですがどう思います?  
A チョンは死ね

Q戦艦大和は費用に対して何らかの戦果をあげましたか?  
A お前は日教組に洗脳されている

Q国民の摂取カロリーは45年に基礎代謝ギリギリですが戦争どころじゃないんでは?
A 万年属国で悲惨だなw

Q与圧室のついた戦闘機はいらなかったんですか?
A 北へ帰れ

Q高射砲がドイツの17分の1で少なすぎませんか?
A お前には愛国心が無いのか?

Qなぜ爆撃機を450機しか落とさなかったのですか?  
A 将軍様へのお布施はすんだのか?

Qやはり日本は弱かったのでは・・・
A 在日のお前は人類の敵だ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 11:34:15 ID:qIwDYPVW0
http://www.d3.dion.ne.jp/~hitman/jiji-shakai.htm
世界的な視点から見れば、日本は自虐史観でいいと思う。
本土が危なくなったら、爆弾を積んだ飛行機で敵艦にぶつ
かっていくようなファナティックな作戦を取るような集団を、
眠らせておくにこしたことはない


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 12:47:33 ID:95MnbFF50
中国韓国の主張とこれまでの日本の姿勢は別の次元の話と思うけどな。

自虐的に見える戦前の日本の批判は侵略の反省ではなく、専制国家への反省なのだ。
戦後の日本の文学作品を見てみろ。
日本の侵略を悪く書く作品なんてほとんどない。
それよりも国家権力の自国民に対する横暴を描くことに終始している。

日本人による過去の日本への反省が自虐史観の押し付けに聞こえるなら、
それは権力の横暴の怖さを知らないからだ。

そういう反省をしているうちに中韓が出てきて何かと言い出して事実が混乱してきただけのこと。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 14:53:58 ID:wIUTQZ7j0
>>1

よしりんの戦争論

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 16:21:49 ID:2EPhLPkH0
戦争論って言う人多いなあ・・・
なんでだ?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 16:50:04 ID:jb6h1YUS0
左翼の宣伝みて、あぁ平和ボケしてるんだな。と思った

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 20:03:11 ID:qAtWCfCa0
>>31
あまり2ちゃんの情報は信じずに、
じゃあと疑問に思うことを書き込んでみるんだけど
>>53のような状態になることがよくあるからなぁ。まいるよ

2ちゃんだけの情報を読んで2ちゃんの状況肯定している人も多く感じる。
大部分はそうなんだろうけど、俺もね。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 20:53:52 ID:8kzxE7530
平和憲法は日本人の誇りです。

この誇りを失ってしまえば、日本は過去の過ちを繰り返し

侵略戦争を企てますよ。 いいのですか? いいわけないですよね!

徴兵に行きたいのですか? いきたくないでよね。 だったら9条を守りなさい!


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 21:10:56 ID:yMkWQK9k0
Qなぜ戦争に負けたのですか?   
A 対米戦の戦略目的がはっきりしていなかったからです。

Q直接戦費はイタリアの半分ですよね?  
A そうなんですか?

Qなぜ日本は海洋国家なのにドイツの10分の一の船舶撃沈量?  
A ドイツの潜水艦は通商破壊として無抵抗の民間輸送船を狙っていたので
  撃沈トン数が多いのです。日本は軍事目標に対する攻撃に拘ったので
  撃沈トン数は少ないのです。
  
Qドイツの10分の一の爆弾投下量ですがなぜ30万人も死んだのですか?  
A 原爆が二発落ちてますから。

Q戦没者の大半は餓死者と自殺ですがどう思います?  
A 海を渡った島で戦争をしていたので補給が難しかったということです。
  制空権の確保が原因と言えます。

Q戦艦大和は費用に対して何らかの戦果をあげましたか?  
A 対費用効果を言う点では失敗でしょうが、当時はアメリカも戦艦を海戦の主力に
  していましたので、建造自体を失敗とは言えないでしょう。建造中だった大和級
  三番艦は空母に改装されています。

Q国民の摂取カロリーは45年に基礎代謝ギリギリですが戦争どころじゃないんでは?
A 本土空襲が終戦間際はそんなもんでしょう。

Q与圧室のついた戦闘機はいらなかったんですか?
A 技術的に作れませんでした。

Q高射砲がドイツの17分の1で少なすぎませんか?
A 日本の周囲は海があるので、空襲は想定されていませんでした。
  海軍に優先的に予算が回っていたのもその為です。

Qなぜ爆撃機を450機しか落とさなかったのですか?  
A B17は要塞とよばれ、B29は超要塞と呼ばれるほど頑丈でした。
  戦闘機の銃撃で落とすのは容易ではありませんでした。

Qやはり日本は弱かったのでは・・・
A 当時、空母を運用しアメリカ艦隊とガチでやれた国は日本くらいです。
  実質的にナンバー2と言えるので、弱いという評価は当たらないと思います。

62 :洪茶丘:2006/04/27(木) 22:08:50 ID:Q2euAXZA0
ボクが考える旧日本軍

まず、規律で縛られた軍隊といえど、人間の集合体であること。
つまり、ここら辺にいる人間と大差ない。
立派な人間はわずかにいるし、クズもいる。

そもそも、証言したり手記を公開したり、経験から反戦講演したりする人は、
理知的であり、人間性豊かな人間である。
これは、ほんの一握りの人たちで、こればかり注目されるので
軍隊や戦争そのものに対して、偏った見解がなされがちになる。

そもそも、タガが外れた軍隊は海賊や山賊になるのはよくある例だし、
飢えや極限の環境になれば人間の本性というものは現れるものだ。

過去を美化するのはみっともない。
いや、いい面ばかり誇張しすぎると思う。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 22:11:58 ID:M55mFEvE0
井沢先生ご執筆の聖典の数々こそ日本人が教科書とすべき

64 :洪茶丘:2006/04/27(木) 22:19:43 ID:Q2euAXZA0
何だそれは?井沢とやらは何者だ?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 22:27:44 ID:h3D3BK3X0
ヨーロッパにおける排外主義的運動が例外なく移民問題と
若年の失業問題とリンクしていることから知れるように、
ナショナリズムの担い手はつねに「下流」である。

金もなく、学歴もなく、コネクションもなく、
総じてプロモーションのチャンスが限りなく少ない人々。
彼らがナショナリズムに飛びつくのは、現在十分な社会的利益を
享受しえていないことの理由として 自 身 の 無 力 や 無 能 で は な く 、
「国民的統合の不十分さ」を第一に数える人間。

「物心両面で支援してくれるような社会集団に帰属していない」がゆえに
「さっぱり受益機会に恵まれない」という個人的事情から、
「ナショナリズムが必要だ。ナショナルな統合が果たされれば、
私にもプロモーションのチャンスがめぐってくるに違いない」
という結論を一足飛びに導出する馬鹿な人間がナショナリストになる。
これは世界中どの国でもいっしょである。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 22:28:49 ID:h3D3BK3X0
少なくとも現代における「強者」たちはほぼ例外なく
「集団に深くコミットしていること」の代償として豊かな受益機会を享受している。
そして「下流」たちはほぼ例外なく集団に属していない。
その結果として、同一集団の仲間たちから受益機会を提供されるという経験をしたことがない。

家庭は果てしのない干渉の場であり、学校は愚者による抑圧の場であり、
職場は無意味な苦役の場であると教えられてきた若者には「互酬的関係で結ばれた共同体」
というのがどのようなものであり、どうすればそこのメンバーに迎えられ、
そこでどのようにふるまうべきかについての知識がない。

久しく「スタンドアローンであること」の有利さだけを教え込まれた育った若者たちが、
そのような生き方がさっぱり受益機会の増大に資さないことに、成人した後に気づいて、いま愕然としている。
愕然として、思わずしがみついた先がナショナリズムなのである。

ナショナリズムを彼らが選ぶのは「スタンドアローンであることの不利」
を共同体に帰属することで解消したいが、共同体に帰属することで発生する個人的責務や
不自由についてはそれを引き受ける気がないからである。
エゴイストとして自己利益を確保しながら、かつ共同体のフルメンバーであることの
「分け前」にもありつきたいと望む人たち。
そういう人々がナショナリストになる。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 22:30:56 ID:eb7VQ5cT0
小学校の歴史教科書

現代の価値観で過去を見るのは、子ども心にも違和感があった。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 22:37:32 ID:sMt7/lE90
>>62
それでも他国の軍隊に比べりゃ相当ましな部類だがな>旧日本軍

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 23:18:25 ID:1RcnCQg/0
ああ、北朝鮮とかアメリカ軍とかな

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 13:56:46 ID:sM2t8dMA0
街で見かけたネットウヨhttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=tinternet&nid=189386&st=writer_id&sw=doutei
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/e3bf8222b83c.mpeg
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/6463868e739a.jpg
http://www6.airnet.ne.jp/gikoneko/42cea035.jpg
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/iup68746.jpg
http://dentotsu.jp.land.to/img/suginami13.jpg
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/ff242861b994.mpeg
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/P1010010.jpg
http://blog15.fc2.com/w/wilosn/file/KIF_0237.jpg
http://blog15.fc2.com/w/wilosn/file/KIF_0236.jpg
http://blog15.fc2.com/w/wilosn/file/KIF_0281.jpg
http://blog15.fc2.com/w/wilosn/file/KIF_0283.jpg

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 15:00:09 ID:2eLlPDWy0
15年位前に読んだ
クイズダービーの篠沢教授の
「日本国家論」です。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 20:31:07 ID:bSgmnz1R0
馬かどものせいで俺ら子孫は大迷惑 死してなおこれだw

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 21:35:10 ID:Q/cUK2IP0
>>72
それはおまいの先祖の白丁の身分の者に文句言ってよ。
朝鮮人の事までは俺達日本人は面倒見切れねえ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 01:26:08 ID:qqZibrSP0
俺は右翼からまた左翼に戻った感じ。

理由は
・2ちゃんねるの集団狂騒的かつ暴力的な連帯感に辟易。
・歓迎される情報や過去は力強く思想材料として残っていくが、都合悪い情報はあまり出してこない。
対立材料を練りこみながら結論を追求している感じがしない。
・インテリ層とのあまりの乖離と右翼より右翼的な思想で妄想疑惑がかかる。

実際は左翼になったというより関わりたくないという気分。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 02:40:54 ID:IEAPvVVk0
小室直樹の「新戦争論」

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 09:15:00 ID:uDIaGcW80
渡部昇一の「日はまた昇る」

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 12:05:58 ID:bzTQdor10
 自虐史観そのものが国民に浸透して無い。
 ネオアジア主義者(とでも名づけておくか)
が、おもてに出たくて、やたら張り出した
レッテルに過ぎない。とりあえず自分の都合の
悪い相手に貼るのが、お得意のようで。
 悪いことをして謝らない、人を平気で傷つける 
 思想を隠れみのにして、己の欲望を追求する
 こうゆう質の人間がはびこり出したら、ここまで
復興した国もまた傾くわな、あるいは傾き出したから
はびこってきたのか?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 13:21:19 ID:ziYNQst70
思想を隠れ蓑にして己の欲望を追求する。
こう言う連中が一番はびこってたのは戦後から連綿と続く現代日本で、
その正体は主にプサヨですね。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 20:28:10 ID:bzTQdor10
<<78
誰にキレてんの?
 自虐史観てなんですかね?
 国連脱退あたりから、現代までの日本史に、
見るべきものが何かあるかと、78、あなたに、
問いたいですね。
 建国からの独立不可侵の地位、明治維新以降
の近代国家としての国際的な地位を築いた我が
国の歴史の唯一にして、最大の、決してぬぐえ
ない汚点がいかにして付けられたか、その責を
未来永劫国民から問われなければならないのは、
いかなる思想の、何者なのか?
>その正体は主にプサヨですね。
 一生に一度でいいから、頭を使ってレスする
ように。よろしくお願いします。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 21:30:56 ID:EhXSGZBE0
北田暁大 2ちゃん情報をそのまま受け取る人すらいますからね。
「2ちゃんを見てはじめて韓国の人間はヒドイ奴らであることが分かった」
と大マジメにいう学生を見たときはビックリしましたね。
そういう学生が、たとえば「メディア批判」の大切さとか言う。
2ちゃんねるを素で受けてる人がそんなこと言うなよって。
まずは2ちゃんを「嗤う」リテラシーを身につけなくてはならない。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 21:33:06 ID:/MnX/FGd0
図書館で見た昔の新聞(マイクロフィルム)

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 05:44:55 ID:fqramSp+0
こう言ってはなんだが、いわゆる自虐史観って 90年頃から顕著になっただけで、元々そんなに
日本に浸透していなかったと思う。今大問題になっている靖国参拝にしても国際問題になった
のは 85年に中曽根首相が「公式参拝」を宣言して行なったからで、それ以前は閣僚引き連れて
堂々と行なわれていたのだし (公式か私的かは明言を避けてはいたが)。
中国が日本軍による被害をやたらと水増しし始めたのも 90年代だし (天安門事件以降)、韓国
や北朝鮮に至っては冷戦終結以前には国連に加盟すらしておらず、そもそも日本のマスコミで
取り上げられることもほとんどなかった。

結局、よくも悪くも冷戦崩壊後の 90年初頭から、つくる会が話題になり始めた2000年前後まで
の 10年間が物凄く様変わりしたってことじゃないの。朝生での田原氏の発言を聞くと、今の
メジャーな教科書では明治以降の人物は、写真すら全く載らないほどの、日本の近代史全否定
史観らしくて、辻元すら沈黙してしまう有り様けど、事実なの、それ ?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 17:38:38 ID:O9CRDmBg0
以下のスレは全てノンフィクションに基づいています。
朝日新聞が反日デモを支持  
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1113731727/l50
朝日新聞「独島を韓国に譲れ」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1111936908/l50
朝日、靖国問題で暴行  被害社員は10日間のけが
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1130066274/l50
【キチガイ】朝日新聞が川柳でハリケーン被害者を冒涜http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1125709502/l50
台湾で朝日新聞抗議デモ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1102258415/l50
朝日は中国のチベット虐殺を絶賛したよね(´・ω・`)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1140880523/l50
【頭が高い】朝日社長、座ったまま謝罪【傲慢】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1126144557/l50
【快挙】 サンゴ事件が教科書に!(@Д@)ヤラセデシタ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1128305054/l50
朝日新聞社長の息子が大麻所持で現行犯逮捕
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1143513533/l50
朝日新聞、武富士から「編集協力費」5000万を受領
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1112177688/l50
自民党 「朝日新聞はもはや報道機関ではない」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1108599131/l50
朝日新聞社 本業不振で純利益85%減
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1134647065/l50
★恐怖!朝日販売員、契約しない家に放火!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1105743122/l50
・・・・・・・
朝日は極左新聞です。

>>82
ネットが浸透して、左翼マスコミの言論の束縛が破綻したんだよ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 18:56:23 ID:+FIanATfO
高校の日本史の授業で。先生は極左だったが

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 20:08:31 ID:jNB7cOAR0
冷戦崩壊により平和を脅かす敵がいなくなり、過去をネタにすることが多くなったなどとといってみる

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 20:43:54 ID:Ignww+hz0
>>85
冷戦の間はアメリカに守ってもらったようなものだから、
あまり批判できなかったこともあるんじゃない?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 21:07:05 ID:eSoDy5Mg0
>>82

80年代の後半までは戦前の歴史を少しでもよく言おうものなら
すぐ周りから軍国主義者と罵倒された。今の左翼や朝日が日本のスタンダードの
意見だった。雰囲気が変わったのは、左翼が信奉していたソ連が崩壊して
社会主義がとんでもなく腐敗していたとわかって、左翼の力が落ちてから。
今、中国、韓国の非難をテレビで平気でできるが当時は絶対できない
雰囲気だった。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 21:35:39 ID:1Ghu7vKH0
>全てノンフィクションに基づいています。
「ノーミスして」を思い出してワロタ

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 00:39:38 ID:PbqNcUbh0
>>87
まあ、徴発された日本一般人兵が勇敢に祖国のために殉じたということしか良いことって無いけどな。
しかし、これほどの悪行を正当化しようなんて無理がありすぎると思うんだけど。

90 :82:2006/05/01(月) 01:20:45 ID:3YrTFUWY0
>>87
論壇誌などの狭い一部の状況と、一般大衆向けのマスコミでの取り扱いはかなり違ったと思う。
先にも書いたけど、85年までは首相の靖国参拝はほぼ問題なく毎年行なわれていたし、慰安婦
問題も90年代になるまでは、論壇誌ですら議論始まってないんだし。ちなみに韓国については
80年代までずっと軍事独裁政権だったから、マスコミではむしろ非難対象だった。任那日本府
も教科書に普通に載ってたしね。

ドラマや映画などもそうで、80年代までの戦争ドラマは空襲で焼き出される家族、
最前線で玉砕する軍人や特攻する若者達、と「日本人の悲劇」を訴えるものが主で、
昨今見られる「中国や東南アジアで虐殺を繰り返す日本兵」が強調されることも
無かった (もちろん例外はあっただろうけど)。ちなみに 80年代前半はかなりの大作
戦争映画ブームの時代(80二百三高地、81連合艦隊、82大日本帝国、83海ゆかば、など)。



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 04:26:00 ID:YBPLTl/iO
ジャパンマネーの恐ろしさを知ったとき(((( ;゚Д゚)))ガクブル

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:09:10 ID:NmMIP/7J0
慰安婦制度作っても、粗野で野蛮な 「 皇 軍 」 は中国でヤリまくりました
おまえら> ま、まさか、天皇の軍隊がそんなことするわけない (今時w)
じじい>ごめんなさい


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:35:33 ID:Xt/XboPI0
そりゃ用意されてたらするでしょ。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:40:26 ID:NmMIP/7J0
いや、ちがうんす。
原住民を強姦ってことです。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:50:19 ID:NmMIP/7J0
女は強姦 男は牛馬として倒れて使い物にならなくなると銃床で撲殺

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 12:30:39 ID:IXtrsEOA0
>>1
日本を糾弾する人間の言っていることが、あまりにもファンタジックで
アニメの“悪の秘密結社”じみていたので、疑問をもった。
調べてみたら、『理由もあるし、言うほどひどくないじゃん』って感じ。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 20:28:11 ID:Z4N0gQWG0
>>92
用意した朝鮮人に言えよな

原住民を強姦ですか?そのわりには混血児の話は聞きませんがねぇ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 20:29:08 ID:+rqkp2e80
やった女は全て殺したからw

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 21:25:47 ID:vASUk6i90
Pieceful scenes of Nanjing after Japanese Occupation

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM

What really happened in Nanjing after Japan's
occupation in December 1937? "Massacre of 300 thousand
Chinese" as the Chinese Government claims?

You can watch some scenes in the following web page;
lives of Chinese people, including children having food,
as well as Japanese soldiers restoring the city.

Can these scenes possible if the "massacre of 300
thousand" actually took place?

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM



100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 02:31:23 ID:MQUhhhcE0
引越し

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 02:33:52 ID:xmC3PR870
【世界の真実】
アメリカ⇒アメリカ大陸、ハワイ、フィリピンを「侵略」
ロシア⇒北朝鮮、ベトナム、チェチェン、周辺地域「侵略」
オランダ⇒インドネシア他を「侵略」
フランス⇒ベトナム、アフリカ諸国他「侵略」
イギリス⇒全世界「侵略」
中国⇒チベット、ウイグル、内モンゴル、朝鮮、他周辺地域「侵略」、台湾「侵略」計画中
韓国⇒竹島「侵略」、元寇の手先として日本「侵略」
……
世界は侵略国だらけ。しかし、『朝日』は日本だけに謝罪土下座外交をを求め続け、平和が重要と嘯く。
アメリカの批判をしても中国の批判は一切しない。まさに偏向新聞。

中共、韓国は、内政(格差貧困、暴動、公害、汚職…)から目を逸らす為、反日を利用してまとまろうとしているだけ。
靖国参拝を止めようが、謝罪が終わろうが、次々に要求を迫るのは自明。内政干渉させない断固とした主権国家の態度を示すべきだ。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 09:56:48 ID:QtrxKrob0
>>90
そうそう。昔はあまり侵略がどうこう言わなかったんだよな。



103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 17:45:46 ID:E4kjLZQx0
http://www3.ocn.ne.jp/~storm/world-war.html#potsdam
この際とはなかなかいいと思いましたけどね。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 03:35:41 ID:NG/IAi3Q0
自虐は武士道の特徴。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 04:50:25 ID:U0zs/gw20
ありがちですがWBCの火病の群れを見ていて素朴に
「えっ!!!基地外???」と思ったから。
それまでは盲目に差別はイカンと思っていたが
福沢諭吉先生の仰った通り関わってはならぬ!と思った。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 12:21:07 ID:aeJWuGYo0
朝鮮人の歴史捏造は昔からの事で、
好太王碑の拓本には、「391年以来、倭が海を渡って、百済や新羅を破り、臣民とした」
とする記述がある事に不満を感じた在日朝鮮人の李進煕・和光大名誉教授が1972年
「近代日本の半島進出を正当化するため、都合のいいように旧陸軍が改変した」と
妄想を言い出したため、長い間歴史的な価値はないがしろにされて来ました。

先日、好太王碑(中国吉林省)の最古の拓本が中国で発見され、倭(日本)との関係を示す
記述に何ら日本の軍は改竄(かいざん)を加えてなかった事が明らかになりました。

これにより、朝鮮半島は日本の支配の時期を通じて文化や習慣として多くの影響を受け、
今でも日本と同様な言語を使っているところから日本からの多くの移住者によって国が
築かれて居ただろうことが推測されます。

日本の評判を落とすために朝鮮人達は、いたる所で中傷を繰り返しており彼らは一片の
良識も持たない人達であることを理解しておかないといけません。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 20:24:54 ID:W0uqQYyf0
武士道の本

108 :えICBM:2006/05/04(木) 20:42:22 ID:w4j2hHd60
日本人の戦争感は80年代までは、被害者というか、戦争による被害が中心であった。
先の大戦で300万近くの同胞を失い、国内設備はガラクタになり、海外利権を無くし、他国の占領下になった。
そしてその原因を、戦中、戦前の軍人専横の軍国主義体制と捉えていた。
その結果、戦争しようとする国家を抑制し、再び被害に合わない事が国民的な最大のテーマであった。
しかし、90年代あたりから、国内で戦争の加害者としての視点が問われ初めるようになる。
その結果、それまで比較的穏便な関係にあった左翼思想と右翼思想が、加害者という問題で決定的に対立することになる。
最近では、若者を中心に右翼的論調が広まり、かつての左翼勢力は縮小に向かい始めている。
といったとこが現状の分析だろう。

最大の問題は、右翼も左翼もきっちりと近代史を知らずに、観念的な歴史観に囚われている点だろう。
出発点が観念的なものだから、話し合いの余地が無いと言うか、お互いの意見を理解不能に陥る。
きっちりと近代史実を知れば、歴史認識の共有は無理でも、議論が成り立つ環境になるだろう。

歴史は過去の事で、サラッと水に流せる日本人には無理なことかも知れないが。
まあ、このサラッと流せる柔軟な思考が、今の繁栄の原動力の一つなのだが。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 04:46:42 ID:t/7PItxl0
だいたい歴史観を持つような近代史の教育なんか受けてないしね

110 :アメリカ:2006/05/05(金) 08:57:00 ID:3L5Km39A0
戦争論

台湾論

日韓併合の真実    チェケイホ    ビジネス社

日韓併合       チェケイホ    祥伝社

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 12:17:54 ID:GEwpKpW+0
自虐史観などない。

1・マスコミが取り上げる。
2.何かあったらしい。
3.外国が抗議しているようだ。
4.まあ抗議されるからには日本が悪いんだろ。

その分野の知識がないために、原告の言っていることに著しく変なところを感じなければ
「抗議されている奴が悪いんだろ」と思い込むことは歴史に限らずなんでもある。

自虐史観なんていうほど絶えず戦争に関して自国ばかりを責めているような気質なんて存在せず、
知識がないから抗議するほうが正解と認識されるだけ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 18:21:32 ID:4RQF+S0j0
>>1
サヨタソの持論を押し通す必死さを見て、
「ここまで必死になるってことは何か後ろめたいことがあるんだな。」
と自らの経験から思った慢性嘘つきの俺。

でもまあ、『新しく洗脳されてる』可能性は否めないけど。

っていうか、消防だったか幼児だかの頃から歴史マニアだったけど、
自虐史観なんて香ばしい匂いの言葉を、偶然ヨスリンの本を手にとるまで知りませんでしたよ。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 18:55:52 ID:OA4rbhcP0
以前見た光景なのだが・・

教科書問題の判決だか何だかで、何やら汗臭そうなデブメガネやら、骨と皮み
たいなガリガリメガネくんが沢山いた。
で「ニッポンバンザーイ!」とか、「左翼だめぽ!」とかわめいてるガリガリ
メガネくんが居た。
かなり興奮しているようで、顔が真っ赤で、飛び跳ねていた。
そこに右翼の街宣車登場。
中からパンチパーマに特攻服の若者が数人降りて来た。
「おお、お前ら本気でやってんのか!」
ガリガリくんとデブの一派は急に石のように固まって黙ってしまった。

と、その時、街宣右翼の若者が「お!なんだお前、中学ん時隣にいたSじゃねえか!」
ガリガリメガネ君は急に顔が青ざめた。
他の右翼が「誰だ?知り合いか?」と聞いたところ、その右翼の若者が「知り合いじゃ
ねえよ。こいつ中学でいじめられてパンツ脱がされて廊下で晒し者にされたことがあっ
てよぉ、それ以来学校来なくなって卒業証書も家に持ってったって先公が言ってたんだ
よ(笑)しかしこいつこんなことしてたとはなあ(笑)」

そう言って右翼の若者はガリガリメガネくんの頭をポンポン叩いて笑っていた。
ガリガリメガネくんはさっきまでの調子をすっかり無くし、下を向いていた。
周りのデブメガネ達も一様に下を向いたまま。

その後街宣右翼は「おい、ガリガリくん、愛国運動、共に頑張ろうぜ(笑)」と、
頭をバシバシ叩いて去っていった。
さっきまで騒いでいたデブメガネもガリガリメガネくんも何も言わず、広げていた
チラシやらポスターをかたしてすごすごと帰っていった。

俺が営業で外回りをしていた平日のことだ。
あのデブメガネとガリガリくん達は普段なにをしているのだろう・・
明らかに30代はいってる顔だったが・・

114 :82>87<90<自虐史観から<29:2006/05/07(日) 19:35:23 ID:Yum9sVGS0
2006年の今こそ如何に困難で厄介であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。個別侵略強盗殺人兵士の放置を時代の所為にする卑劣と怠惰に終止符を打つ時が来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
現在、続発する残虐犯罪は靖国英霊という侵略強盗殺人犯の「戦後社会による放置」が原因である。
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が免罪されると本当に思っているのか。靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の
被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal02.htm
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある。数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!
http://kyoto-getto.hp.infoseek.co.jp/okinawa/war/war2/war2f.html


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 21:03:32 ID:Yum9sVGS0
名前:>小泉軍需利権は :2006/05/

名前:「霊をお慰め」など出来ない!>
>海を渡り侵略強盗・強姦殺人を繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士

靖国の英霊たちは
「侵略強盗・強姦殺人を繰り広げた犯罪兵士でありその共犯兵士であった」という
自覚すらない恥知らずな若者だったのか?
そうではないのなら今からでも遅くは無い、
侵略強盗犯罪に「有罪という真の慰霊」を与えてやるべきではないか。
未決の犯罪者として九段の宙空をこれ以上彷徨わすべきではない。



116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 00:32:38 ID:ZLhZpTc70
北田暁大 2ちゃん情報をそのまま受け取る人すらいますからね。
「2ちゃんを見てはじめて韓国の人間はヒドイ奴らであることが分かった」
と大マジメにいう学生を見たときはビックリしましたね。
そういう学生が、たとえば「メディア批判」の大切さとか言う。
2ちゃんねるを素で受けてる人がそんなこと言うなよって。
まずは2ちゃんを「嗤う」リテラシーを身につけなくてはならない。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 16:47:13 ID:7lBUMgbK0
>>109
なかなか鋭いことを言う

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 17:31:27 ID:TlF+mjIVO
俺は小林よしのり氏の、戦争論に影響を受けますた。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 18:56:42 ID:7lBUMgbK0
渡部昇一氏の本には大変お世話になった。
しかし、こういった本を読むようになったきっかけの本は、
山岡壮八「小説 太平洋戦争」だった。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 07:29:18 ID:VlT5XGkQO
渡部昇一氏の著書全般と世界が裁く東京裁判。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:41:33 ID:cqylHuL/O
>>113
コピペ乙

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 02:55:11 ID:F5Ea9qJh0
・GDP比3%の国防費は無理と言ったら左翼扱い
・日本は核武装するメリットが無いと言ったら朝鮮人扱い
・空母はコストや人員の面から難しいと言ったら売国奴扱い
・日本の非武装中立化は難しいよと言ったら右翼扱い
・旧日本軍に興味があると言ったら軍国主義者扱い


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 05:06:04 ID:nhEoF+eC0
俺は今回の竹島問題で色々調べていくうちに嫌韓になった。
今回の竹島問題は日本にとってはいいきっかけになったのかもしれない。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 07:34:38 ID:ebzBr/+B0
自虐史観って、2ちゃんで散々出てくる言葉だけど、確かに不思議だよね。
自分の感覚だと>>108>>109>>111の言葉が、すんなり納得できる。
ここで自虐史観から解放されたと言ってる人たちは、どこで自虐史観なる物が植えつけられたのだろう?
行き過ぎた思想を持つ教師は確かに存在するが、その教えを疑うことなくすんなり受け入れたのだろうか?
思春期(≒反抗期)の子供が、従順に教師の思想に染められる物なのだろうか?
韓国などの捏造話を、すんなり事実として受け入れられていたのだろうか?
自虐史観から脱したと言うけど、それまで持っていた自虐史観とはいかなる物だったのだろうか?


中韓や左翼と言われる人の発言って、歴史を知らなくても違和感を覚えない?
知識が無くて正しい・間違ってるの判断はできなくても
バランスを著しく欠いた発言って何かを感じ取れるよね?
昔、従軍慰安婦(要は日帝の悪行w)について語ってくれた友達がいたけど
その時ですら「こいつ、なんか変な思想に染まりかけてるなぁ」と感じたよ。
従軍慰安婦を否定する材料なんか、当時はほとんど知られてなかったけどね。
そいつは石坂啓の漫画が好きな奴だった……

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 09:22:54 ID:NRs4sm1r0
長野に住んでる爺さんが、日本共産党の影響からかすっかり自虐史観に染まって
るんだが。
爺さん曰く
「日本は軍部が李氏朝鮮を武力で脅し、日韓併合をし朝鮮半島から搾取を
行った」
とのらしい。ほんとはあちらから頼んできたうえに武力による威嚇など一つも
してないのに。
ちなみに、爺さんは今まで朝鮮半島には行ったことない。

正しいことを教えるべきか?、でも長年自虐史観が正しいと思い込んできた
80才近い人間にそれらを、否定する事実を言ったら凄いショックを受ける
ような気がするんだが。
(爺さんの家には自虐史観的な歴史書籍がたくさんある。)
長野は赤の影響が強いらしいが、他の長野人も自虐史観に毒されてるのか?

126 :アメリカ:2006/05/13(土) 09:50:39 ID:IS6ZTSkk0
韓国堕落の2000年史        チェケイホ         祥伝社

日韓併合の真実          チェケイホ         ビジネス社

日韓併合             チェケイホ         祥伝社

韓国は日本人がつくった      黄文雄           徳間書店
                                ワック出版

127 :アメリカ:2006/05/13(土) 09:54:49 ID:IS6ZTSkk0
朝鮮紀行            イザベラ・バード      講談社




李氏朝鮮末期の惨状!!!!         乞食同然の国だった!!!!

朝鮮紀行を読んでもらったら洗脳がとけるかも。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 11:59:37 ID:cOXeJ1LB0
>126
すまんがチェケイホと黄文雄はどんな学術論文を書いているんだ?
ちゃんと学会で発表しているのか?

129 :82:2006/05/14(日) 03:46:21 ID:IZ13+CIH0
>>124
90年代から、もう 16年もたってるから、今時の 20代前半くらいの人達は自虐史観が
押し付けられた世代かもしれない(ゆとり世代とだぶるのかな)。

たぶん、80年代までに受けた内容とは別物だと思うよ、今の歴史教育は。あの田原総一郎が
今の日本の歴史教科書には明治以降の人物の顔写真が全く載ってないって嘆いてるくらいだから。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 16:09:20 ID:XrXS6IV+0
日本共産党のサイトより
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-06-03/03_01.html
そもそも「朝鮮人が望んだことだ」などというのは、とんでもないでたらめです。
創氏改名の届け出は一九四〇年二月十一日から八月十日までとされましたが、期間
の半分に達した五月になっても届け出はわずか7・6%にとどまりました。それが
八月十日までに80%にもなったのは、日本が強制したからです。麻生氏の発言は、
こうした基本的な事実さえおさえないものです。政権党の最高幹部がこういう発言
をするのは、戦前の日本が行った侵略戦争、植民地支配への根本的反省がないこと
を示しています。

創氏改名を行う際、日本が強制したと言う証拠はあるの?



131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 16:23:05 ID:VVI4rok/0
http://www.gainax.co.jp/anime/daicon/dai.html#story

これがきっかけだって人はいるのかな

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 16:39:48 ID:XrXS6IV+0
>>>131
こいつらって 同時期の仮面ライダーや戦隊シリーズ相手にしたら勝てないだろ?



133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 17:16:27 ID:IZ13+CIH0
>>130
強制の定義を明らかにしないと議論できないと思う。
国家権力による強制、ならば無かったんじゃないの。国家による強制があったというの
であれば、逆に 20% の人達が逆らったことの説明が付かないから。

たとえば日本共産党は現代の日本で在日朝鮮韓国人に「通名」を名乗っている人が多い
という現実について「強制」されているからだ、と思っているのかな ?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 18:21:16 ID:XrXS6IV+0
強制の定義
国家権力(軍隊 警察)による武力を用いた威嚇。

20%の逆らった人たち
武力による威嚇にびびらずに、朝鮮民族の誇りを守った勇敢な
人達。ってことになるんでは?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 21:55:32 ID:cxcPjXyt0
20%の具体的な人数がどのくらいか知ってる?
数百万人が抵抗できたレベルの強制かぁ。
「強制」の内容に、純粋に興味あるわw

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 10:58:21 ID:n/ejLDZy0
「歴史と国家」雑考 第70題 創氏改名の手続き 

「創氏」は無料、「改名」は有料

創氏はすべての朝鮮人に家族名としての「氏」を新たに創ることを強制するものです。
日本風の名前を氏として届けることを「設定創氏」、届けずに戸主の朝鮮名をそのまま
創氏することを「法定創氏」といいます。どちらを選ぶかは任意ですが、どちらかを必ず
選ばねばなりません。強制ですから手数料は不要でした。

もう一方の改名は全くの任意です。改名しようとしたら裁判所に行って許可をもらわねば
ならず、その際に手数料が必要でした。1人50銭ですから、当時としては安くないお金です。
従って多くの朝鮮人は改名をしませんでした(註1)。
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainanajuudai

137 :周恩来こそ公安部の親玉:2006/05/15(月) 14:50:51 ID:k0dgiHlm0

★日本の保守反動政府を幾重にも包囲して、わが国との国交正常化への道へと
追い込んだのは日本のマスコミではない。日本のマスコミを支配下においた我が
党の鉄の意志とたゆまざる不断の工作とが、これを生んだのである。
★日本の保守反動の元凶たちに、彼等自身を埋葬する墓穴を、彼等自らの手で
掘らせたのは、第一期工作組員である。田中内閣成立以降の工作組の組員も
また、この輝かしい成果を継承して、さらにこれを拡大して、日本解放の勝利
を勝ち取らねばならない。
★(文春6月号中西論文によると、周恩来こそ公安部の親玉であった。これを作った
のは周恩来であろう。目を覚ませ、マスゴミ、官僚、政治屋、エセ学者・文化人!)
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/spy_boshi_1.html

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 15:14:05 ID:HkM16tUF0
日本の過去の悪行については教育するなんてなかったと思うな。
ただ蛍の光や小説やなんや読んで、日本国民でさえ虐げられたのに外国にはいいことしたって言われても想像は出来ない。
欧米の支配に比べてましだったと言うのなら分かるけど。
植民地支配も同化政策もされるほうは屈辱だと思うけどね。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 15:34:08 ID:/XZX8OR80
>>134
逆らったとはかぎらんだろ。強制が朝鮮人全土に至らなかっただけということも考えられる

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 02:27:55 ID:PkcAOULx0
昭和34年7月13日の朝日新聞

在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで
「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、今では不要になったため送還するのだ」
との趣旨の中傷を行なっているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人に過ぎないとされている。
主な内容は次の通り。

一、戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。
増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
また国民徴用令は日本内地では昭和14年7月にじっしされたが、朝鮮への適用はさしひかえ昭和19年9月に実施されており
朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の渡航が止まるまでのわずか7ヶ月間であった。

一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち、
75%が帰還している。戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人に過ぎず、
現在、日本に居住している者は犯罪者を除き、自由意志によって在留した者である。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 03:06:34 ID:ZZy8c0LX0
自虐教育なるものがどの程度の影響力を持っていたのかはともかく、
少なくとも軍事を病的にタブー視する風潮というのは強く存在したよ。
戦車や戦闘機のプラモデルを作っているだけで戦争賛美と見なしていじめるような奴ね。
こういう史観とか思想とか以前のとてつもなく幼稚な次元で思考停止していたツケがあちこちに現れてるんだろ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 03:16:26 ID:ZZy8c0LX0
よしりんの戦争論については「勝ってる戦争は格好いい」と堂々と言ってくれたのが嬉しかった。
日本社会ではこんなことは表向きには絶対に言えなかった、ってのは誰もが認めるところだろう。
その辺がまぁ、戦後の日本人に骨の髄まで染み付いていた独特の史観というか戦争観だな。
これが自虐史観なるもののひとつの基底とするなら、確かにそれは存在した>>124とか

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 03:28:57 ID:j2WemxPO0
>>141
>戦車や戦闘機のプラモデルを作っているだけで戦争賛美と見なしていじめるような奴

60年代でもそんなやついねーよw

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 08:27:00 ID:g5nu3UTD0
戦後、1960年代後半から1970年代全般にかけて
日本の代表的なプラモデルメーカーのタミヤは
戦車を筆頭に兵器プラモで飛躍的に会社を大きくしました。
「AFVブーム」とマスコミに取り上げられるほどの勢いがありました。
国内プラモメーカーは、こぞって戦車・戦闘機などの兵器模型を発売していました。
海外のプラモメーカーからも兵器のプラモをたくさん輸入していました。
日本のプラモデルの歴史は、ガンダムが出てくるまでは兵器のプラモが作ってきたのです。
#細かく見ればスーパーカーやF1などの、カーモデルも当然無視できませんが。

子供に戦車のプラモを与える親なんて、いくらでも居ました。
戦車のプラモを欲しがる子供も、数え切れないほど居ました。
大人、子供に関わらず、完成した兵器のプラモを家に飾ってる人がたくさん居ました。
プラモ自体が趣味として下火になるまで、全国的に多くの人が兵器のプラモを作っていたのです。
プラモが下火になった現在でも、湾岸戦争やイラク戦争などで
テレビに兵器が写る機会が増えると、兵器プラモの新製品がリリースされ
売り上げが一時的に伸びます。

昔も今も極一部のキ○○イの人が、兵器のプラモに難癖をつけているのは事実です。
プラモを買った帰りに、電車の中で見ず知らずの人間に
いきなり怒鳴られたりする事例もありますw
しかしそれは、決して一般人には容認されない行為でした。
「玩具相手に何を言ってるの?」と冷ややかな目で見られていました。
まともな思考ができる人間は、戦争と玩具をきちんと切り離して考えられるからです。
戦争を体験し死線を潜り抜けてきた人でさえ、戦争と切り離して考え
当時自分が触れていた兵器のプラモを飾っていたりします。
自分たちを殺そうとした、憎き米英の使っていた兵器をも受け入れてる人が多々います。

玩具を非難する行為が容認されるような地域や集合体が
絶対に存在しなかったとは言いません。
非難しないまでも、戦争の恐ろしい記憶が呼び起こされるので、兵器のプラモはやめてくれと
家族に頼む戦争体験者が居るのも事実です。
だが兵器のプラモが、全国的に幅広い層に支持され売れていた事実を見れば
とても珍しいケース、極一部の人間だけの行為と言わざるを得ないでしょう。

>>141
あなたが経験したことであろう、戦争賛美と言われ虐められた事実は
常識から外れた悲惨なレアケースとして、同情を禁じえません。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 14:10:22 ID:ZXVYWT6z0
大和とかゼロ戦が人気出たのも戦後の漫画の影響だしね

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 15:37:29 ID:ZZy8c0LX0
>>144
そんなの知ってるよ。俺が言ってるのは世間一般の常識ではなく「良識」と言われる部分のことなの。
学校の先生や文壇や論壇が軍事について語ること自体をタブー視してきたのは事実だろ。特に先生。
軍事について勉強したけりゃ自衛隊に入る以外にはほぼ独学しかないだろ。
戦記ものやプラモデルの需要は大きいものであっても、「良識」からすれば日陰の話だったということさ。

「進歩的知識人」とかの類が言論を独占出来なくなった今の時代だからこそ、
「勝ってる戦争は格好いい」とか平然と言えるのであって。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:30:24 ID:ZXVYWT6z0
軍事について冷静に語れるようになるのは良い事だが、
「勝ってる戦争は格好いい」みたいな発言が「良識」になられても困る。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:35:23 ID:ZZy8c0LX0
そういう発言があってもいいじゃないか。
これまで偏りすぎてたんだから、劇薬は必要。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:55:42 ID:0Ca1kXAl0
漫画でも普通にスネ夫やジャイアンが
戦闘機とか戦車のプラモをのび太に見せびらかしてるしな

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:13:06 ID:8QL19IJl0
朝鮮人の反日意識は随分すごいな。

でも、併合前のソウルの写真を見ると少しは意識がかわるのかいな?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:35:53 ID:GvrlLLP00
ちょwww>>149おまwwwそんな事言ったらこち亀どーすんだよ。
両さん平気で兵器を使ってんじゃねーか。
戦闘機にしろ,戦車にしろ,アメリカのものまで出てるぞ。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:37:34 ID:GvrlLLP00
連レスマソ
>>150
むしろそんな写真破り捨てるだろ。ぶちきれて。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:45:39 ID:UmfSZQlt0
当時の「統師権の独立」にケチをつけるのは「自虐史観」になるのかな?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:34:04 ID:iZIRbR670
22 名前: 世界@名無史さん 2005/11/22(火) 12:59:35 0

多分有名なこの写真見て言ってるんでしょ?
http://park6.wakwak.com/~photo/image/0003.jpg


でも角度を変えるとこの通り。
いずれも日本統治前の李朝末期のソウル
http://kr.img.dc.yahoo.com/b7/data/history/200311210315_01.jpg
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_13/41000/40432.jpg
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_13/39000/38888.jpg

嫌韓サイトって意図的に貧しい写真だけを掲載してるからたちが悪い。
そもそも律令的に整備された「碁盤の目状」の大きな路を持つ都市は、どこの都市でも時代が過ぎるごとに
路の上に勝手に小屋などと立てる貧民が居つき、どんどん路が狭くなっていくのがお定まりなんだよ。
このソウルだって(ちょっと遅れちゃいるが)同じこと。
昔の京都や、誤解を恐れず言えば今の北京市の胡同だって同じ。
これはソウルに限らず東アジアにはごくありふれた風景だ。

安易に嫌韓厨の言うこと信じちゃだめだよ。


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 02:54:08 ID:IKqai25V0
なるほど。大通りにあるテントは乞食の人たちなんでしょうな。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 04:01:10 ID:fSebxTX80


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 10:37:51 ID:VbcV4NVV0
>>154
李朝末期のソウルって言うけどさ、証拠は?
きちんと認定されているの?

だってこれだけ歴史や出来事捏造しまくっているのに、はい・・証拠写真って見せられても信じられないよ。
その辺きちんと出所よろしく・・・。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 11:44:32 ID:VbcV4NVV0
>>154
それと李朝末期のソウルかどうかおまえが証明するのは、まあ後でいい。

その前に、(おまえ的にはいい写真選んだつもりだろうが)
その「平屋ばかりの街並み」が問題なんだと気付け。

イザベラバードを含む当時朝鮮を旅行した者が口を揃えて言うのが
『朝鮮は悪臭の国』。(※彼女らは中国や日本を含むアジアを歴訪した上で書いてる)

当時の朝鮮は、間違った儒教のせいで
二階以上の建物も建てられず(←不敬罪にあたるから)、
そのせいで写真の通り道が狭く、まとも牛がすれ違うこともできないだけでなく、
日本が統治するまで上下水道すら無かったから、それぞれの道の溝には
糞尿が溜まって悪臭がたちこめた。(こんなもんじゃないが、知ってるだろうから省略)


北京は知らんが、京都も江戸も上下水道(※誤解されることが多いが
「井戸」ってのは上水だった。「湧き水」ではない」)が完備されていたし、
水陸の交通や、通信も発達。朝鮮にはない「町民文化」が花開いた。

町人文化が発展したってのは、ここでは文化レベルの高さの話じゃなくて、
住人の生活レベルの話。(無論文化レベルでは欧米に影響を与えるほど。北斎とかも江戸の人ね)


「安易に嫌韓厨の言うこと信じちゃだめだよ」だって?

そもそも朝鮮が後進国だったことは嫌韓厨が言ってるんじゃなく、学者が言ってることだろ。
おまえは「嫌韓厨」からしか情報を得ないからそんな馬鹿なことがいえるんだ。

そんなんだから安易に親韓厨(笑)の誘導なんか信じられないんだよ。

159 :最近気付いた事:2006/05/21(日) 12:38:54 ID:O2o4PMca0
その国の民族が事実と判断する材料は、

日本人:論理的に説明が付く、客観的な証拠に基づくもの。

某国:自国民の大勢が信じるもの。
*情報量が少ないので仕方が無い?

では無かろうか?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 13:08:50 ID:oKGLDi+8O
>>159
何が「最近気付いた事」だ、馬鹿が。
日本もじゅうぶん某国の部類だろうが。

90年代まで中韓朝を神のように崇め奉り
少しでも中韓朝のお気に召さない態度をとる
不届き者が現れようものなら
国民総出で吊し上げて私刑に処していたのが、
森・小泉以降は態度を180度豹変させて
中韓朝はカルトなならず者国家だという認識で
日本が一色に染まっているし、
戦時中滅茶苦茶な精神論を振り回して
兵士を大量に犬死にさせた大将中将の類は
現在でこそ愚鈍な暴虐者として吊し上げられてるが
当時は強く頼りがいとあるリーダーとして
国民の尊敬をその一身に浴びていた。

60年安保やバブルに対する国民の態度も似たようなものだし、
百姓を洗脳して鉄砲玉に育成するような
運用のされ方しかしていない武士道なんてカルトを
勝手に美化して精神的支柱に据えてるような馬鹿も
中年世代を中心としてウジャウジャ生息している。

161 :ふ〜む:2006/05/21(日) 13:22:56 ID:O2o4PMca0
>>160さんへ
何か嫌な事でもあったのですか?
人を罵倒しても、何も解決しません。
貴方が日本人であれば、私の書いた事について
論理的に正せば良いではないですか?
最初に罵倒すれば、相手は拒否反応しか示しませんよ。
合掌。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 13:26:55 ID:0aiaBxvL0
最初以外は割りと筋が通っていると思ふが…

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 13:29:03 ID:wFcZ7aRM0
>>158
なんでそんなに必死になれるのか…
キモス…

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 13:46:19 ID:VbcV4NVV0
>>163
自国を叩いてる方がよっぽどキモスだがなw

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 14:09:17 ID:/N+bv8IA0
真実が知りたい。
誰の言っていることが正しいのだ。
何も信じることができなくなりそうだ。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 14:25:23 ID:RX1eCf5M0
>>165
まあ2ちゃんのウヨの言うことなんて、話半分に聞いてればいいんだよ。
ソースの誇張・曲解・捏造は何も朝鮮人だけの専売特許じゃない。

ひろゆきの「嘘を嘘と〜」ってのはそういう意味なんだから。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 14:37:54 ID:HlZy/+eF0
西尾幹二の本から。最近の学生は、とっくに離れてるっぽい。小説の世界は特に。
ttp://nw.ume-labo.com/

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 14:57:14 ID:aUy6UOfa0
俺はまた最近自虐史観へ戻りつつある。
アメリカの子分で呑気にやるのが一番いい。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 17:55:04 ID:7GofoJqN0
ああ、ヒトラーも当時は崇められていたな。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 18:48:27 ID:7qcQBEBBO
インターネットの貢献は大きいよな
ネットが無い頃は731部隊の本を読んで無邪気に信じてたよ

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 21:02:09 ID:+N5rdx/90
マッカーサーが連れてきたニューディーラーの正体

日本の戦後は、アメリカの政界の最も悪質な部分である「ニューディーラー」にたちによってつくられた。
彼らニューディーラーたちは、1930年代のアメリカのリベラル勢力である。彼らの代表がフランクリン・ルーズベルト大統領であった。
この一部が敗戦直後にマッカーサー元師の取り巻きとして日本にも上陸した。
この者たちによって私たち日本人は、敗戦直後から現在までずっと管理・教育されてきた。この事を英文で書くと次のようになる。
The‘New Dealers'(i.e the prototypical globalists)brought int japan with their ideeas that brainwashed the japanese people
duringt the Occupation years.As a result,japan has led a sheltered existence for the past half-century from the rest of
the world in terms of prevailing political thoughts,thus creating a one- domineted ruling class. This ruling class then
intentionally isolated the country from the outside, in order to maintain control over the japanese people.
上の英文の訳
ニューディーラー(すなわち、グローバリストの初期の形態)が、占領時代に日本に彼らの思想を植えつけた。
その後、それらの意図的な思想が、日本国民の思考の中に根づいた。だから日本は、この半世紀の間ずっと、
世界中で通用している本物の政治思想や考え方から壁を作られて遮られてきた。
そして国内に専制的なひとつの支配階級をつくった。この支配層は日本国内の支配を維持するために、
日本を外側世界と意思が通じない状態に置く原因をつくった。
この英文を、自分の友人や知人のアメリカ人やイギリス人その他の英語圏国民に見せてみとよい。
政治問題に関心のある少し知的な英米人であれば、必ずそれなりの興味深い反応を示すだろう。
もし、本当に頭の良い賢明なアメリカ人であったら、「どうして、お前は、このことを知っているのだ?」
と驚かれたあとに、さらに多くの恐るべき真実をあれこれ語ってくれるだろう。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P33〜34


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 13:17:18 ID:uJA1dwlZ0
>>158
へえソウルじゃないんだ。
じゃあどこ?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 14:19:39 ID:cHW3kcLp0
世界史板では確か水原らしいとか言ってた。
まあ俺にとってはどうでもいい話だが。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 17:45:03 ID:wyF81HPR0
そもそも日本の統治下でないと朝鮮が近代化できなかったという考え方が傲慢じゃないかな。
GHQにさえ素直に感謝できない日本人が恩着せがましいことを言っても説得力ないと思う。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 20:29:48 ID:IfKLSDrd0

 / ̄ ̄|「]__           遅いぞバイト!  
|二二二二|  │          早く配置に付け!!
|____|  │                         ハァハァ!
|____|  │                 ≪=@=≧    ∧_∧
|____|  │─────────── <# `Д´>──<`Д´; >
|____|  /                 ( m9  )     ∪ ∪ ) 
|____|/ ∧_∧      カタカタ∧_∧ │ │ │    ( (  (
     カタカタ<`⊂´* >        < `Д´; >(_ )_)     (_(_)
_     _| ̄ ̄||_ )__    ._| ̄ ̄||_ )__     _| ̄ ̄||_ __ 
/|   /旦|――||// /|  /旦|――||// /|  /旦|――||// /|  
  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
/      /´⌒`ヽ _|三|/.. |_____|三|/. .|_____|三|/.. 
 ホルホル リハリルレ〈 )   カタカタ ∧_∧     カタカタ ∧_∧   
     <`∀´*从ト>      < `Д´# >       < `〜´* >  
   _| ̄ ̄||_ )__    ._| ̄ ̄||_ )__     _| ̄ ̄||_ )__  
 /旦|――||// /|  /旦|――||// /|  /旦|――||// /|  
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |  
 |_____|三|/.. |_____|三|/. .|_____|三|/..≦=@=≫
  ∧_∧    カタカタ ∧_∧     カタカタ ∧_∧        <`Д´# >  
 <`Д´# >       < `∀´; >       < `∀´* > ウェハハハ (⊃ ⊂ )
| ̄ ̄||  )       | ̄ ̄||   )        | ̄ ̄||   )       ││ │


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 20:49:45 ID:koNHlqQP0
また巫女画像のうpを待ってて遅れたのか・・・

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 18:54:54 ID:Dx3ornrF0
「自虐史観から開放された」事を自白するのは、
いわゆる”自虐史観”に含まれるところの歴史的な事実を
”自虐史観”であるから否定すると言う、非学問的な態度を表明することに他ならず、
即ち「自分の信ずることは単なるイデオロギーであり、科学的な検証によるものではありません」
であり、なぜこんなことを堂々と言えるのか、その神経は不可解である。

「自分は馬鹿です」といってるだけの話なのに。

178 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/06/07(水) 11:27:22 ID:96mztysO0
正確で真実に基づいた日本近代史を知っている者にとっては、アインシュタイン博
士の講演録は有名なのですが、残念なことに、日本悪邪論を喧伝する反日左翼連中
の洗脳に毒された日本の教育界やマスコミや学会、売国政治家連中にはまったく無
視されています。

ところが日本という国は、明らかに世界の文化文明とは違って、攻めたり攻められた
り負ければ奴隷、勝てば王様の暮らし、など、とは縁遠く、それもコレも全て天然
の城壁日本海のおかげなのですが、「それはともかく博士が来日した当時まで、日
本は外国と一度も戦争をした事が無く、(元寇も一部だった)だから、外国人を差
別するなどという、人種間差別をする必要もなく、お互いが和を尊び平和に暮らす
事が出来ました。生真面目な働き者、勤勉な日本人にとっては、世界一の優秀な頭
脳を持つアインシュタイン博士ですから、それはもう日本人の誰と会っても、日本
人は、博士を刮目し、尊敬の念を持って歓待したはずです。

そういう国民性ですから、おそらく博士は日本滞在中タダの一度も、蔑まれるコト
も、嫌な目に遭うことも無く、尊敬され続け、歓待され続け、過ごし日本を楽しめ
たと思います。徳川の鎖国時代を通じ、明治時代にも欧米から来た外国人が日本を
旅したとき、殆どがアインシュタイン博士と同じ感銘を受けて日本を後にした、と
言います。( 逝きし世の面影 渡辺京二 平凡社 )

今でも外国人が日本の田舎を旅すれば、勤勉で真面目な日本人と静寂で清潔で綺麗
な日本の風景に出会い、同じ感銘を受けて帰るそうです。 私達日本人はもっと!
もっと!日本という国に誇りを持って良いのだ!と思います。

近代史を正確に知ろうとされる方がもっともっと多くなれば、日本の若者も、祖父
の世代に、親の世代に、自分に!未来に!誇りと自信を持てるようになる!と思い
ます。

HP:恋愛マニュアル → f u n w a k a論より。


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 13:39:46 ID:hyiK/7Qt0
>>178
タイムリーだな。
【科学】「日本という尊い国に感謝」 ネットで流行「アインシュタインの予言」、人違い?
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149653998/

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 00:42:29 ID:yREMkzQY0
>>177 ”自虐史観であるから否定する”

真実を知った結果、今まで教えられていた近代史がいわば「自虐史観」ともいうべき
もので歪められていることに気が付いた。

お前の認識は逆なんだよ。馬鹿はお前だ。



181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 01:40:55 ID:lPblcEDK0
177=ホームラン級のバカだなwwwwwwwwwwwwwwwww

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 14:22:46 ID:p5h291cU0
>>1
清水幾太郎『日本よ国家たれ』(1980)を読んで

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 15:24:10 ID:DFwVD63/0
日韓併合前後 朝鮮半島写真館
ttp://koreaphoto.hp.infoseek.co.jp/index.html

韓国はなぜ反日か
ttp://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 15:38:54 ID:OV89zpW+0
http://www.luzinde.com/

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 16:24:55 ID:7kusXAAm0
第一次大戦〜第二次大戦開戦当時の世界情勢を調べた。

アジアの大半を欧米に植民地として支配されている中、
植民地支配されていない日本以外の国は厭戦気分。

欧米に対する防衛は日本がやらねば誰がやるってな感じだ。



186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 19:24:45 ID:FQO51+qA0
うんこを喰ったら目が覚めた。自虐史観から電撃的に解放された。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 01:31:56 ID:nZCcADm90
よし、ボクも食べてみよう。

188 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/06/11(日) 02:21:35 ID:SNHwRYZX0
そこでいまこそウンコ喰って目覚めた日本人に問いたい。
北朝鮮人権法案って賛成or反対?教えてケレ


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 11:36:23 ID:dfa7DGCZO
遅レスだが、
>>35がマジレスしてるのにハゲワロタwwwww

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 11:43:15 ID:7YuEzZYX0
小林よしのり先生の「戦争論1,2,3」を読んでから開放されました。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 12:02:19 ID:k9AcWJWv0
蓑田胸喜先生の愛国的な講演を拝聴してから開放されました。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 05:43:34 ID:wUd6biaF0
>>188
知らん。とりあえず自虐史観から解放されて真っ白になっただけだから。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 12:34:56 ID:3DMLbPRB0
シナ、朝鮮の反日宣伝を聞いていたら、特亜はそれほど正当な国家、民族
なのかという疑問が当然湧いてくるだろう。

 シナの原爆実験、文化大革命、天安門事件でシナの正当性は消えた。

 朝鮮も朝鮮戦争史を読めば、分割支配されて当然の主体性の無い民族
だと分る。



194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 20:04:16 ID:XTKauQAp0
 大増税!!!治安悪化来る!!!!!!!

2006年6月13日、ワールドカップで盛り上がってる隙に、こっそりと、
隠れるように 悪法「北朝鮮人権法案」を衆院を通過させました。

「北朝鮮人権法案」とは、名ばかりの 経済制裁」に過ぎません。
これが可決したら、日本は北朝鮮からの難民を、 ほぼ無条件に朝鮮人受け入れ
日本国民の血税で生活保護費を与えなくてはならなくなります。
彼らへの生活保護費: 1人当り月額約17万 (←日本国民が払う)
難民の数にもよりますが、あなたの月給から2万〜8万と考えればいいでしょう。。

しかし、絶望するだけ、諦めるだけ、愚痴るだけ では何も変わりません!!!!
まだやれる事があります!!今、出来る事(メール・電話での抗議!ネット伝播!口コミ!)をみんなでやりましょう!!
今知っている人は少ないです、ですから国民全員にこの問題を知ってもらわねばいけないのです!!

はじめてここに来た方は↓に目を通してみてください。

まとめ1
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150100330/329
まとめ2
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=sosisurubesi&s=2039
フラッシュ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150100330/658
抗議スレ
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1150130638/l50
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
この事はテレビや新聞等では、報道されておりません。←朝鮮圧力、政府圧力による報道規制
  これは決してデマなどではありません、国会にも出ています!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 10:06:33 ID:geKhdLJ+0
小林よしのり読んで歴史に興味もって色々読むようになった。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 19:05:33 ID:XJfOyi6y0
韓国併合への道             呉善花        文春新書


歴史を偽造する韓国           中川八洋       徳間書店


韓国は日本人がつくった         黄文雄        徳間書店 ワック出版



日本の中学生、高校生の皆さん、日狂組の反日教育に騙されないでください。

これが本当の歴史です。WW


サイト*韓国はなぜ反日か?と一緒に読んでください。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 01:14:57 ID:p4EJJqLn0

日本はむしろ国家権力による個人の被害者史観だと思うがな。俺としては。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 01:32:53 ID:Vo1PknQt0
(^ω^)よう、早速だけどおまえら全員に、全身からしぼりたての精液のニオイがぷんぷんする呪いをかけちまったぜ。
もし解いてほしかったら、
これらのスレッドに、 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1151593066/ http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1152276303/
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1152284751/  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/yume/1151249684/
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1151243689/ http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1142245398/
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1148821216/ http://that4.2ch.net/test/read.cgi/loser/1148899156/
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/loser/1151834248/  http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/toilet/1148709890/ http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1151940523/
「ネコミミ喫茶にゃんだふるわ〜るどは、今月いっぱいをもちましてて閉店したしますにゃん♪」 と書くんだ。
ちなみに、書いた数が多ければ多いほどポイントがたまるよ。
7月21日までに500ポイント集めると、呼吸を止めて1秒あなた。
  γ∞γ~  \
 人w/ 从从) )
  ヽ | |\ /|〃 <グキョキョキョキョーー
  `wハ~ ーノ)
   / \`「


199 :良スレ?:2006/07/08(土) 16:31:03 ID:NBrsleAp0
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151491601/l50

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 22:26:52 ID:gPHP5cv70
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060703-00000000-maip-soci
自虐史観の効果・・・・特になかった。アンケート結果



201 :妖怪・箱ティッシュ :2006/07/09(日) 15:21:47 ID:2dpx+qBM0
         _,,..i'"':,     妖怪 箱ティッシュ
         |\`、: i'、 
            \ \`_',..-i   オナニーして逝きそうになると
           \|_,. -┘    ティッシュが手元に無い。
  タタタッ    _ノ )  ノ    それは妖怪箱ティッシュの仕業です。
        ノ ///
       _//  | (_      弱点は水に濡れると死ぬ。
        .. レ´  ー`

奪ったティッシュは、このオイラのスレにあるのさ♪
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1150468063/

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 16:11:59 ID:XoP5ad+70
ネトウヨが好んで使うキーワードってあるね。
「自虐」「反日」「プロ市民」「特ア」「支那」「チャンコロ」「チョン」「捏造」「洗脳」「論破」
あげていけばもっとあるが。
こういうネトウヨ・キーワードがすぐ出てくるので、書いている奴がみんなロボットみたいに
同じような連中に見える。
言葉遣いが一緒なので、思想だけでなく人格すら一緒に見える。
出来合いのしょうもないヘイト思想をネットでインストールしただけというのがすぐわかる。
左側の考えはもっとバラバラで統一性がない。


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 17:37:55 ID:O+pOPH+s0
>>202
安っすい釣りだ事w

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 18:09:28 ID:dNUSGMxK0
きっかけになったこと
拉致被害者帰国ニュースの時
そりゃそうだよね、いくら長年住んでいて子供までもうけてそこに生活基盤があっても
無理やりつれてこられた国でなんか暮らしたくはないよね
・・・あれ?あれて?在日朝鮮人の主張って矛盾していない?
しかも戦後無料の帰国便までGHQが用意してたって言うじゃない

ここから でした

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 11:33:37 ID:rUVyp7SjO
>>202
大体、右翼と左翼の本質も判らない
御前にあーだこーだと言われる筋合いはない。

206 :朝日歌壇鑑賞会事務局長:2006/07/15(土) 02:07:51 ID:zaXTdWsl0
臨時企画のページを特設しました。

 坂間文子著
 『雪原にひとり囚われて―シベリア抑留10年の記録』
 復刊リクエスト投票にご協力下さい!
 http://f3.aaa.livedoor.jp/~asapy/siberia.htm

シベリア抑留された女性の体験記です。現在絶版なので復刊運動をはじめました。

この方は、かつて朝日歌壇に以下のような短歌を寄せています。

 流刑の我が書読みて 良い気味と手紙一通韓国の女

それに対して朝日新聞は、その基地外朝鮮女を擁護する投稿を掲載しました。

朝鮮人と朝日新聞が嫌いな方は、ぜひ復刊リクエスト投票にご協力下さい。
100票集まれば復刊交渉開始となります。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 17:44:18 ID:JJazTwy+0
神風特攻隊なんかの話を聞いても日本人が戦争に協力するのは当たり前ですなんていうけど
俺は厭だなって思っちゃうね。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 17:52:10 ID:koN77TNx0
左翼じゃないのは確かだけど、じゃあ右翼かと聞かれたら正直微妙・・・
日本が正しかったとのたまう気は欠片も無いけど、他国がどうこう言う筋合いも無いと思ってる。
当時を生きていた人間には平等に敬意を表しています。
自虐史観に関しては、政治に絡んで来なければただの思想の一つなだけで問題は無いんだけどねぇ。
自虐史観から解放されたきっかけ:分かりません、うちは親が右なのd(ry

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:30:47 ID:mXMVa4sr0
俺のじいちゃんもシベリア抑留されてたなぁ。
なんかみんなロッカーみたいなところに押し込められて寝てたらしいね。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 08:59:02 ID:iVH90Vi80
俺のじいちゃんもシベリア抑留されてた。
出した直後の小便が凍るくらい寒かったてさ。そんで何も無い生活の中で
読み物が日本語に翻訳された共産党新聞だけだったらしい。
それでみんな洗脳されていったって。染まらない奴はみんなの前で”謝罪”
させられたんだそーだ。戦時中の行動に難癖つけられて。
染まらないと帰れないんじゃないかという不安もあったんだそうだ。

211 :209:2006/07/21(金) 21:10:07 ID:PbHpVJ0S0
そういえば小さい頃、そのシベリア抑留されてたじいちゃんに連れられて
今話題の靖国神社に行ったことあるが、
鳥居がやたら大きかったことしか覚えてないのが残念。
ちなみにばあちゃんは満州に居た。
俺の親が終戦直前に生まれて、赤ちゃんと一緒に日本まで帰ってきたらしい。
俺のばあちゃんから韓国人はなんでも大げさに言うとか、
韓国には泣き女っていて、葬式のときとかに呼ばれて泣きわめくと聞いていた。
テレビとかでアイゴーとか叫んでるのもその類いだって言ってたので、
韓国が何言ってもどうせ大げさに言ってるんだろうなって思ってた。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 00:58:14 ID:qGUrqF5+0
 中学生のときに2chに出会って初めてわかった。
             
             本当によかった。

あの時2chに出会ってなかったらどんな人間になっていたのかと考えると恐ろしい。


>>202 だってそこに真実が無いのだからバラバラだよね。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 01:15:48 ID:GEt+AYFA0
●締め切りまで、あと23日。外国人参政権に反対メールお願いします●

神奈川県大和市において、外国人参政権(住民投票権・発議権)の付与が
着々と進んでいます。そこでお願いです。反対メールやFAXを山ほど送りつけ
安易な外国人参政権の付与をストップさせましょう。

★(仮称)大和市住民投票条例施行規則案に対する意見公募を実施しています。
http://www.city.yamato.kanagawa.jp/bunken/touhyou/kisokukoubo.html
1 募集期間 平成18年7月18日(月)〜平成18年8月17日(木)
2 意見の提出方法  
  ・持参・郵送等 〒242-8601 大和市下鶴間1−1−1 大和市企画部分権強化推進担当
   ※持参の場合は、土・日を除く午前8時30分〜午後5時15分
  ・ファクシミリ 046(261)4592
  ・電子メール  bunken@city.yamato.lg.jp
   ※いずれの方法でも書式は自由ですが、日本語で提出してください。
3 問い合わせ先    
 大和市企画部分権強化推進担当  電話番号:046(260)5359

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 02:03:09 ID:lFt+2a75O
半島と中国の今の行いで連中の言うこと全てに疑問を持った。
あいつらこそ謝るべきだと思った


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 14:38:38 ID:6y86D+AO0
すみません。こういったことは事実なのですか?http://ameblo.jp/kaigi-kokumin/


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 03:23:19 ID:BkQc39bA0
ここは凄く良スレですな。
俺のは解放とかじゃなくて、頭があまりよくないから歴史とか勉強しなくて
自虐とかもなかったので政治に興味をもって自虐が嫌いになった経緯を書きます。
高校になじめなく友達が少なくて図書館ばっかり行ってた時に、図書館にあった
海外の快楽殺人達の本に興味を覚え始め(孤独なやつによくある犯罪者をかっこいいと思う心理。
犯罪者達も友達や家族関係が複雑な人が多くて共感して、たまに泣いたりしていた)
はまってからは一気にそれ関係を読み始め、面白いものはだいたい読んでしまって海外物は読むのがなくなった。
で、しょうがなく日本国内の犯罪者達の本を読み始める。酒鬼薔薇の本とか。
でいろいろ探してるうちの一冊にオウムの話が載っていた。結構面白かったんでオウムに興味を覚え始める。
それからオウム関係の本を探してる途中で、昔に古本屋で見たゴーマニズム宣言にオウムの話っが載ってる事を思い出した。
前見たときは意味が分からなくパラ読みした程度。でも今買ってみたらオウムの事に詳しくなってたせいか
めちゃくちゃ面白くて集めだした。
で、新ゴー宣を集めだして、ナショナリストになってた感じかな。それから他の保守派も見始めた。
でも今はあまりゴー宣読んでない。
何故かと言うとわしズムに載ってた副島隆彦が書いたアメリカ分析を見て
なんか不思議な文体でしかもアメリカってこうなってたんだって気づいたから。
それから副島の本を読んだんだけど初めて読んだ副島の本で心臓が圧迫されて激しく
不安な気分になったことを覚えてます。それから副島と副島の師匠達の本を買いまくったな。
でも副島も少しさめてきました。左翼っぽさが酷くなりだしたしアポロ問題で
微妙になったからです。でもまだ読んでるけど。
ゴー宣は泣けたり怒ったりするけど、副島のは心臓が圧迫されます。
それがナショナリストだった場合には特に。
ゴー宣からも解放されて副島隆彦からも解放されて、今では結構柔軟な思考になったなー
って感じです。





217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 03:39:39 ID:BkQc39bA0
>>174
日本じゃなければできなかったって言いたいわけじゃなくて、いい事もいろいろしてましたよ
って事を日本の左翼や世界に言いたいだけ。
アメリカの統治と日本の統治は違う。
アメリカと日本はあの時大戦争してたし、原爆を落とすぐらいのことしてるんだよ。
占領政策は反日政策ばっかしてた訳で。共和党は逆に慈悲ある占領をしようとした。
日本は韓国が嫌いだから統治したわけではないし。国民的にも政府的にも反韓じゃなかったし戦争もしてないし


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 22:33:17 ID:vpMiN6I80
これなんて罰ゲーム?  日中関係の冷え込みを危惧する財界ってどこ? 電通? 
つかなんで、「日中、日韓の歴史を選手に勉強させるための講義」までする必要があるんだろう・・・。 ↓


【サッカー】冷え切った中韓との関係改善目的でU―21対抗戦の実施が決定 [07/26]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1153857594/
【サッカー】日中関係を危惧する財界の要請で日中韓のU−21対抗戦が決定(来年は北朝鮮も参加予定) [07/26]
http://p2.chbox.jp/read.php?host=news20.2ch.net&bbs=news&key=1153910742&ls=all
> 対抗戦は、日本協会が日中関係の冷え込みを危惧する財界からサッカーを
> 通じた親善活動ができないか要請されたことがきっかけで実現した。

【蹴球】中・日・韓「五輪リーグ」開催へ ただし、大会費用は日本負担 [04/21]
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1145618040/
http://jp.eastday.com/node2/node3/node18/userobject1ai22163.html
【日韓中】サッカーを通じた交流で相互理解を、五輪代表の交流戦を計画 日中、日韓の歴史を選手に勉強させるための講義も[03/08]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1141796362/
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/p-sc-tp3-060308-0013.html
>   同キャプテンは試合前に両国代表メンバー20人ずつ、さらにボランティアの通訳を20人入れて、
> 両国選手が1対1で交流できるような場を設けることも計画。また、日本五輪代表のキャンプには
> 有識者を招いて、日中、日韓の歴史を選手に勉強させるための講義も実施することにしている。
> 同キャプテンは「交流の場を設けることで、相互理解を深めることにもなる」。
> 日本協会では平田竹男GSをプロジェクトリーダーに、遅くとも5月までに詳細を決定することにしている。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 06:05:10 ID:VAjN0Kua0
「戦後民主主義万歳」みたいなことを長年書いてきた知識人たちは、このことに自覚がない。
欧米では、戦後の日本社会のことを「ニューディーラーが植えつけて育てた日本体制」と呼んでいる。
これを英語では、‘New Dealr ingrained japan system.'(ニューディーラー・イングレインド・ジャパン・システム)と言う。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P296

社会党や日教組、それから戦後日本共産党という「反戦平和・護憲、再軍備反対、海外派兵阻止」を主張する勢力は、
ソビエト・ロシアによって作られた勢力ではない。
これらの勢力は、実はマッカーサーが憲法典と共に予め意図的に日本の戦後体制の中に仕組んだ装置であった。
引用は「日本の秘密」副島隆彦 P22


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 13:36:12 ID:rzEgd8TF0
大空のサムライ   死闘の果てに悔いなし  坂井三郎   講談社

大空のサムライ   帰らざるゼロ戦隊    坂井三郎   講談社

空母ゼロ戦隊               岩井勉     文春文庫
 
紫電改の六機                碇善郎    光人社



熱くなりたい人に!   涙!!  感動の言葉すら忘れてしまう!


嫌韓流1.2と一緒に買いましょう。               

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 13:40:25 ID:rzEgd8TF0
関東軍                島田俊彦       講談社





在満陸軍の独走!

張作霖、満州事変、ノモンハン事件ー

対中国政策の尖兵となった軍隊の歴史と独走の実態!!


嫌韓流1.2と一緒に買いましょう。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 14:37:54 ID:rzEgd8TF0
熱くなりたい人に!!!!!!!


紫電改の六機            碇善郎        光人社



大戦末期、松山の343空の戦いを軸に、本土防衛の尖兵となって散った!!

6人の若者たちの姿を活写し、その心情を赤裸々につずった感動のノンフィクション!


命をかけて日本を守ろうとしたサムライたちがいた。

涙、涙!


嫌韓流1.2と一緒に買いましょう。

223 : ◆jSTtqeh/iQ :2006/08/07(月) 14:49:42 ID:bhUujpIm0


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:55:06 ID:IR6cd/W10
明治天皇の御製

「よきをとり 悪しきをすてて 外つ国に おとらぬ国に なすよしもがな」


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 11:04:10 ID:weQnGify0
宇宙戦艦ヤマトが好きだったから、自虐史観にならずに済んだような気がする・・・
他にはじいちゃん(日本海軍少尉・沖縄で終戦)と見てた、「水戸黄門」と「桃太郎侍」
あとは年末時代劇かな?刷り込みって怖いね。家で左っぽいの新聞だけだった。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 20:41:38 ID:jEo/+0U80
ネットウヨ度診断 以下の質問にお答え下さい。

@ 朝日・毎日・週刊現代の記事は、ほとんどが情報操作か捏造だと思う。
A 2ちゃんの書き込みは平均的な世論だと思う。
B 「売国」「サヨ」「在日」「チョン」「シナ」「特亜」などという言葉をよく使う。
C 民主党が政権を取ったら、日本は中韓の奴隷になると思っている。
D 全ての教育問題の原因は日教組、全ての社会問題の原因はサヨにあると思う。
E DQNや犯罪者を見ると、まず在日韓国(朝鮮)人じゃないかと疑う。
F 街宣右翼や暴力団の構成員は、大半が在日韓国・朝鮮人だと思う。
G 事故や災害で朝鮮人が死んだニュースを聞くと、思わず嬉しくなってしまう。
H 韓国を嫌える情報については、見るとソースを疑いもせず、喜んで飛びついてしまう。
I 朝鮮人は民族として狂ってると思うが、自分は決してレイシストではない。
J 2ちゃんで自分に反論してくる奴は、みな在日かブサヨだと思う。
K 「サヨ・ブサヨ」はレッテル貼りではないが、「ネットウヨ」はレッテル貼りだと思う。
L 北方領土なんか正直どうでもいいが、竹島や尖閣諸島には怒りがこみ上げてくる。
M 戦前の日本を否定する情報は、全てサヨの捏造なので聞き入れるつもりはない。
N 国に対して訴訟を起こす日本国民は、おしなべて売国奴だと思う。
O 首相の靖国参拝を批判する人を全く理解できない。
P 女系天皇の容認は日本の伝統文化の破壊だと思う。
Q 正直に告白すると、ナチスのように在日を民族浄化できる政党の出現を望んでいる。
R 愛国心はあるが、地域ボランティアや消防団などの現実の公共活動は嫌いだ。
S 何か根拠があるわけではないが、自分では中道(左派)だと思っている。


該当項目数が
 0〜3:あなたは正常です。今の状態を保ちましょう。
 4〜7:あなたは少し右寄りです。もう少し頭を柔軟にしましょう。
 8〜11:あなたはかなり右寄りです。考え方の偏りを正しましょう。
 12〜15:あなたは2ちゃんをやり過ぎです。もう少し外に出ましょう。
 16〜19:あなたは危険です。外に出ると危ないので、家で引きこもりましょう。
 20:あなたは犯罪を起こす一歩手前の状態です。即、精神病院に入院しましょう。

227 ::2006/08/15(火) 03:29:37 ID:/rJS7hEI0
「戦後民主主義万歳」みたいなことを長年書いてきた知識人たちは、このことに自覚がない。
欧米では、戦後の日本社会のことを「ニューディーラーが植えつけて育てた日本体制」と呼んでいる。
これを英語では、‘New Dealr ingrained japan system.'(ニューディーラー・イングレインド・ジャパン・システム)と言う。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P296

社会党や日教組、それから戦後日本共産党という「反戦平和・護憲、再軍備反対、海外派兵阻止」を主張する勢力は、
ソビエト・ロシアによって作られた勢力ではない。
これらの勢力は、実はマッカーサーが憲法典と共に予め意図的に日本の戦後体制の中に仕組んだ装置であった。
引用は「日本の秘密」副島隆彦 P22


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 22:50:44 ID:55x536FJ0
マカロニほうれん荘を読んで解放された。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 00:42:31 ID:BF/5I6eJ0

>副島隆彦

コメント不可能だな。ある意味小室直樹がものすごくまともに見える。
まあ、左翼みたいに人が悪くなるのも考えものだが、「信じやすい」というのは
つきに悲劇を生むな。

船井と副島コンビの本が本屋に並んでいたがある意味納得。



230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 02:58:15 ID:bAPbZYPE0
そもそも当初は国民は自虐史観と言われれば?だが、小・中学校の教科書で歴史に無知かあるいは意図的なサヨク思想の持ち主に教師に日本史教わるのが、国民の自虐史観の始まりのほとんどだと思う。
それで、高校でいって日本史専攻しただけだとフツーの人は自虐史観人生が完成するだろう。私の場合は、高校の時湾岸戦争が起き、そこでリンケージ論(イラクを攻撃したらイスラエルを叩くという
イラクの論理)が当初理解できず、その後世界史を専攻して、中東の3000年以上に渡る因縁の歴史を知った時、戦争を始め世界史の中でそれぞれ論理があるんだなと感じた。
国際情勢もそれぞれの裏があり国益があり、またメディアも一方的な論調が多く、疑ってみなければと思うようになった。
そして、世界史から考察した場合、欧米諸国はアホらしい位戦争ばっかやっているなというのと、17世紀以降の欧米諸国に始まる大航海時代以降、徐々に覇権国家による植民地政策の荒波に中で、遂にペリー等の要求
で開国した日本が、その世界史の参画の中で必死に植民地にはならない独立した一等国になろうと努力した結果、おおざっぱに言えば、今度は持てる国、持たざる国同士の戦いに突入せざるを得ないと思うようになった。
そういった史観を補強してくれたのは、『Noと言える日本』だったり、渡部昇一の本だったり、小林よしのりだったりしたけど、
やっぱり、世界史の先生も教科書もサヨクかかっているけど、勉強していると世界各国の歴史の論理や日本史が相対化できていいと思う。これを高校で選択しない限り学ばない高校生が多いから問題なのかも。


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 19:48:46 ID:SXb74pZU0
>>225
軍事とかに興味があると冷静に考察できるよな

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 22:08:09 ID:k5FjqsDo0
ゴー宣

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 00:24:59 ID:VrrZJgnX0
中学の時の担任が「日本は昔悪いことしたんだ」とことある事に言っていたんだが
こいつが最悪な奴だったんで解放されました(w
もし良い先生だったら逆だったかも。
てか、日本中の学校でこんなやつが教鞭を取っていると思うとぞっとするね。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 00:32:09 ID:Xcp3Ufpp0
櫻井よしこ、黄文雄、渡部昇一あたりを読んでから

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 11:33:51 ID:05ZZkdRm0
AがBを殺した場合

Aの側からその結果をどう見るか
悪いことをしてしまったと思うことは自虐的であり非難される事
仕方がない・Bが悪い・その他のものに責任がある  これが望まれるこれからの日本人像
仕方がない理由はいくらでも作れる
オウムは自衛のためだと主張した
ロシア警備艇は自国の領土防衛のため
信長は宗教勢力殲滅が日本のためになるからと
元のフビライは大東亜共栄権の構築のため

いずれもAの加害を正当化しBは被害者面するなとなってしまう
私は今までBはAの事情など関係なく被害者だと考えていた
このスレでそれは恥ずべき考えだと教え込まれました


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:40:05 ID:S+IJnl1v0
>>235
極めて米国的な考え方ですな。
「レンジに猫を入れて加熱したら猫が死んでしまった」として
レンジメーカーだかを訴えた米国人がいたそうですが、貴方も
その類として、自分に都合の悪い事はまず他人を疑うことから
始めるのでしょうか?
日本人の誇りを持つことと、他国/他民族を排斥しようとする考えは
まったくの別物であり、自己の誇りを他者に押し付けてはいけません。
いつからそんな恥を知らない国民になってしまったのか?
すべて占領政策による米国的価値観の押し付けによるものです。
自由や権利を主張する前に、日本人は責任と義務をきちんとまっとう
しなければいけません。古くはそうしていたはずです。
その考えは決して軍の暴走や独裁政治を生む元凶になる訳ではなく、
国民1人1人がしっかりと日本人としての自覚と誇りと恥を持ち、
親を敬い、国を愛し、自己犠牲を払ってでも他者を助ける精神を
持ち続けることができるのなら、今からでもこの国は輝く国になるはず
だと思います。


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 11:34:08 ID:6WBvfPDe0
歴史を習って、明治以降の日本の躍進は凄いなと思っていた。
でも戦争は嫌なもんだなと思った。
自虐史観から解放されましたと言っている奴はどんな教師に教育を受けたかは知らない。
日本は悪とばかり思っていたと告白するが、
近代日本の産業・文化・文学などの飛躍を感じないで生きてきたことの方が不思議だ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 15:29:27 ID:pghBkAXD0
小学校6年くらいだったかなー
親父が突如「南京虐殺はなかった、うそなんだよ」って
小学校の先生に言ってからかなー


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 17:12:25 ID:2JIka43X0
>>237
戦前は最悪だったけど戦後になって日本が発展してきて凄いなあとか思ってたな俺は。
戦前も凄かったんだねorz


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 20:33:37 ID:CsupSp8S0
別に自虐史観なんて教わらなかったし、国語じゃ明治大正の文豪の作品読んでたから戦前に対する偏見なんてなかったな。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 01:13:09 ID:PFZVJ6bQ0
悪かったことは300万人の日本人が死んだこと、良かったことは数日で追い出せるような3軍クラスの欧州軍隊を追い払ったこと。
バランスはつりあわない。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 01:14:56 ID:9KKUSdej0
小学生のころ、兄貴から「国粋主義者」と罵倒されていました。
今はフツーの愛国者ですが

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 14:44:19 ID:AfD+q1SE0
日本が悪いと教える学校なんてあるの?
オレの学校ではなかった
日本人で日本の教育を受けた人のほとんどが
戦争=原爆と空襲で日本は酷い目にあったって話ぐらいしか聞いていないんじゃないの?
日本の学校では生徒が嫌がっても国旗を掲揚し国家を歌わされる
なぜなら文部省が指導しているから
だから教師が国家を歌うなと言えばニュースになるくらい珍しい
日本の学校の実態を知らないで珍しい事例を一般化している人が日本の学校では国旗や国歌を嫌い反日教育してると思うのだろうが
オレ達が受けた教育はオレ達自身が一番知っているから特殊な事例を必死に書き込んでも意図不明
オレ達自身の経験を君は書き換える事はできない

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 15:51:23 ID:m3UVR7L8O
小学校の担任が今思えばバリバリの日教組教師だった
ちょうど教科書の侵略→進出の書き換え騒動の時だったから、先生に教えられ信じてたから二十歳位まで虚報だと知らなかったな
同和部落のある町だったから同和教育も盛んだったしね
子供ながらに憲法九条はおかしいと思ってたけど教師に対して疑問を投げかけれる雰囲気じゃなかったのは覚える
学校では教えない神武天皇って名前を言ったり、原発見学してパンフレットを学校に持って行った時等の先生の反応でタブーだと知った
今では懐かしいね

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 18:39:03 ID:S3KURDwg0
歴史の教科書はそれほどひどくはなかったと思う。淡々と史実を述べてただけ。
まあ日本の教科書なのに日本の立場を主張せずに中立ってあたりがおかしいといえばおかしいかもw

ただ教師には変なヤツがいた。でもあからさまに洗脳しようとするヤツは少数派だったし、俺も聞き流してた。

一番ひどいのは学校よりも新聞やテレビの影響の方だと思う。
ネットの普及のおかげでいろいろ最近わかってきて愕然とする事ばかりだ。
従軍慰安婦、南京大虐殺、重慶爆撃、百人斬り、731部隊etc
日本のマスコミはもはや滅亡したな。
うすうすは誇張されているだろうと思っていたが、とんでもない虚構のオンパレードだったとはorz


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 01:46:24 ID:9bnOUzML0
実際...例えばオリンピックで日本人選手が金メダルに輝き、
その功績を称えて君が代が流れ、日の丸が頂点に達すれば
それを見る日本人の大半は感動すると思う。国の誇りとして。
その感情が愛国心なのではないか?
確かに過去、その歌と旗の下にたくさんの血が流れ、何百万もの
内外の人が亡くなったわけだが、かと言って君が代を廃し日の丸を廃し、
代わりに何を制定するかと言うと、代替がないのが現状ではないか?
「労働者の歌」や「赤地にツルハシ」などは勘弁してほしい。
しかしだからと言って、過去の事実を隠蔽したり、時間の経過のせいにして
何もなかったかのような考えや発言は、個人や国家を問わず許される
ことではないと思う。
一片の情報だけを鵜呑みにし、その情報だけで過去を語るのは恥ずべきことで
あり、自分の力で色々な地に行き、その土地の人達から話を聞き、長い
時間をかけて自力で歴史を紐解く努力をした者だけが、その土地の歴史に
関して判断を下す資格が与えられると思うのだが、どうだろう?
極端な自罰的思考は、その国を前進させる力を衰えさせる。
しかし極端な他罰的思考は、周囲の国々から嫌われる。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 18:06:26 ID:LRYAzlHH0
石原慎太郎が都知事になった時から、彼の人物像に興味を持って

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:56:01 ID:KhQcFQBS0
日本が悪いと教えられた人なんて聞いたことない

匿名で学校名を伏せて書き込んでも信憑性がない

「いつ」「どこで」「誰に」日本が悪いと教え込まれたのか?

教師は公務員であり指導要綱に拘束される

だから本当に反日教育があったなら教師は処分を受ける

反日教育を受けたなら学校名と年代を出せばいい

日本人には反日教育を受けたと経験がないから此処のカキコが嘘にしか思えない

本当なら教育委員会に通報すればいい

捏造だと自分が処罰されるから学校名は出せないだろうな

249 ::2006/09/01(金) 21:46:27 ID:Js0jZA6QO
被爆地広島って事もあってかかなり平和教育あったよ。日の丸をみたら中国人は嫌な気持ちになるとか君が代を歌うのはアジアの人に失礼だとか。あと原爆映画を見てその後で日本批判の感想文を書かされてた。あとは憲法9条を称賛しまくる授業もあった。

250 ::2006/09/01(金) 21:49:25 ID:Js0jZA6QO
ちなみに広島県の沿岸部の町で約10くらい前

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 21:55:27 ID:7xlbkfKL0
>>247
黒いシール事件が彼が一番輝いた時だ。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 22:15:15 ID:4tmHy3zP0
>>248
【広島県立世羅高校】校長の自殺の真相
ttp://www.assahi.com/shakai/shakai0415a.html

【世羅高校】修学旅行にやってきた日本の高校生たちに謝罪を強要する元慰安婦
ttp://blog.so-net.ne.jp/ktulu/2005-07-19

【東京・正則高校】日本の高校生が「西大門刑務所歴史館」を見学 【朝鮮日報】
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/03/06/20010306000027.html

【日本福岡市九州産業大付属高校】高校生を土下座させて勲章をもらおう
ttp://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/k373.html

ほんの5分ほどでこんなん出ましたwww
それとも、「これから反日教育をします」と宣言しないと
反日教育を認めないかね?


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 23:32:19 ID:/TiutPsE0
認めない。
つまり分かるだろう。
ニュースになる。
それはその学校が一般的ではないからだ。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 23:48:59 ID:BG4uHzQS0
ハーバート・ビックス「昭和天皇」より

さらに昭和天皇は毒ガスの使用について直接的な責任がある。
毒ガス兵器は、多くの中国やモンゴルの戦闘員・非戦闘員を
死に至らしめた。 「日華事変」が前面戦争になる前、
すでに天皇は科学兵器の要員と装備を中国に送ることを
裁可していた。 ベルサイユ条約第十七条ならびに、第一次
大戦後、日本が調印した国際的な協定は、催涙ガスを含め
毒ガスの使用を禁止していた。 しかし、軍事技術の面で
劣った敵に対してはこの禁止を守らなくても問題はないと
陸軍は考えていた。 昭和天皇も明らかに同じ考えであった。
(中略)
前線部隊が自己の裁量でこの破壊力ある兵器を使用する
ことはけっしてできず、方面軍司令部ですら毒ガスを使用する
権限を持っていなかった。 毒ガスは指揮命令系統に基づいて
使用許可が求められ、通常、まず最初に天皇の裁可があり、
その後、参謀総長による指示、「大陸指」形式で発令され、
大本営陸軍部から現地軍に送られた。


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 23:54:27 ID:4tmHy3zP0
分らんw
ニュースになる⇒一般的ではない

ここまでは、なんとなく一理あるのを認めよう。しかし、

一般的ではない⇒存在しない

とはならないぞ。

それに一般的ではなくとも反日教育をしている学校が存在するのは証明したぞ。
この時点で、君の主張は完全に崩しているが?

もし日本に反日教育がないと主張するのなら、
今度は君が、報道されたものが捏造である事を立証するべきだ。
出来ればだけどwww


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 00:34:10 ID:HgWsr7UH0
第壱話    南雲、襲来
第弐話    負け知らぬ、戦場
第参話    鳴り止まない、軍艦マーチ
第四話    マッカーサー、逃げ出した後
第伍話    コーラル・海(シー)のむこうに
第六話    決戦、ミッドウェー
第七話    大本営の造りし発表
第八話    ガダルカナル、来寇
第九話    逐次、増援、重ねて
第拾話    ダンピールダイバー
第拾壱話   戦死した神の後で
第拾弐話   奇跡のキスカ
第拾参話   学徒、新入
第拾四話   タラワ、恐怖の島
第拾伍話   トラック島沈黙
第拾六話   死に至るカゼ、そして
第拾七話   三人目の適格者
第拾八話   邀撃帯の選択を
第拾九話   小沢の戦い
第弐拾話   台湾の方たち 戦果のかたち
第弐拾壱話 カミカゼ、誕生
第弐拾弐話 せめて、水上部隊の栄光らしく
第弐拾参話 涙
第弐拾四話 最後のシキ者
第弐拾伍話 終わる帝國
最終話    ビキニの爆心でバンザイを叫んだけもの

257 :隔離板めぐり:2006/09/02(土) 00:35:22 ID:A2W6nkQP0
「反日教育」というけど
議論するそれぞれの間に「日本のありかた」に対する共通したコンセプトがないまま議論しているので

明白に「日本をこの世から消滅させる」とうたってない限り
どんな教育でも「反日」っていえるわな。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:03:37 ID:o+36PYIu0
別に言葉遊びをするつもりもないし、反日教育を定義づけするつもりもないぞ。
法律で規定するわけじゃ無し、そんな明文化の必要も認められんな。

君は違うようだが、このスレの住人のようなごく普通の日本人なら共通する価値観を持っているという事だ。
いちいちすり合わせなぞしなくても、反日の定義について大体のコンセンサスはとれている。

君が認めないのならそれはそれで君の勝手だけどね、それならそれでここに来なければ良いだけ。
わざわざここに来て否定する事もあるまい。もっとも荒らしが目的だというのならもう議論する事もないけどね。


259 :隔離板めぐり :2006/09/02(土) 02:14:05 ID:A2W6nkQP0
>>258
名前の通り、観光デス。荒らしじゃないでーす。

おそらく>>258のニュースに出てくるチョットおかしな先生も
『わたしたちのような「ごく普通の日本人なら共通する価値観を持っている」はずだから、批判的に騒ぐ人たちのほうが普通でない』
と思っていまーす。私はあなたの「反日」でも、チョットおかしな先生の味方でもないでーす。
単に我々日本人は「お互いまあ、わかっているよな当然?」から話を進める人が多くて、議論が平行線になりがちだなーと思っている変人デス。
2ちゃんも「会話」や「討論」は得意でも「対話」が苦手な人が多いな、と、いつも思っていまーす。

さようならー

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 02:20:52 ID:6dFaGty10
>2ちゃんも「会話」や「討論」は得意でも「対話」が苦手な人が多いな、と、いつも思っていまーす。

っぷ(藁
鏡を見れば会えますよ。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 15:32:18 ID:PQDTikL+0
太平洋戦争や大陸侵略政策を全肯定しているような人間がいる。
「時勢等からやむをえなかった部分」「相手にも責任がある部分」などが
あることは当然だし、それを云々することはおかしいことではないが、
戦時中の精神そのままにこれを全肯定してしまう連中の頭はどうなっているのかと思う。
しかし、ごく一部の老人を除いては、そういった全肯定している人達も
直接に戦争行為を行ったわけではない。戦争責任については全くゼロだ。

ところで、北朝鮮による拉致事件という歴史的事実がある。
拉致事件が明らかになるまで、
これを政治的立場から捏造だとして北朝鮮を擁護した政治家や知識人、
拉致の実行犯の釈放を嘆願した政治家や知識人、
拉致事件の被害者を罵倒していた人達がいる。
これらの人達は犯罪行為に荷担した責任のある人達だ。
前者にあてはめれば、実際に戦争責任のある人達。
これらの人達が、何の断罪もされず、何もなかったかのように、
平気な顔をして大手を振るって、他人を批判したりして偉そうな口を利いている。
そういう人達は、なぜ、自分達の主張に国民が耳を傾けないのかを考えなければならない。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 15:36:06 ID:zQlmA7Hq0
ありきたりだけど、コヴァの本を読んだのがきっかけで疑問を感じて、
自虐史観否定の本を読んで。正しいのかどうかは知らんが、中韓の態度
を見る限り、自虐史観は国を滅ぼすと思う。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 18:03:11 ID:bb68Ouu20
ほとんどの日本人が反日教育を受けたことがないってのは正しいってことじゃん

反日教育は一般的じゃない

自分が受けた経験がない反日教育「ホントにあるの?」と思うのが普通
で、答えが「一般的じゃありませんでした」「ニュースになるほどの稀でした」かよ
困ったから「まったくなかったわけじゃない」「お前らまったく無かったって言ったよな?」とまた捏造
嘘をつくことしかできないのか?

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 18:51:03 ID:9FF1h/270

脳内にお花畑が湧いてます。
皆さん優しくスルーしてやって下さいw

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 19:44:52 ID:bSANR+8y0
アホ右翼も売国左翼もちゃんと勉強しましょう。

↓参照
http://www.tamanegiや.com/ura.html(や→yaに変換)

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 19:58:25 ID:BStzLHbc0
ニュースで言われている様な露骨なのはなかったですね。
でも小中高と必ず一人はいたなw
歴史とか、雑談で、そっち系の話になると、
さりげなく、「天皇なんて認めない」とか、「南京で日本はすごい大虐殺をした」
とかwww、
そういえば、話の持って行き方も全員似てたな。あれはなんかマニュアルでもあるのか?


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 21:08:01 ID:L3JZVanX0
>>1
@欧米列強の植民地支配とブロック経済による自国利益を
武力により勝者として正当化していたこと
A国際連盟で人種差別廃止案を米国を中心とする列強が否決した事
Bドイツが行った、ユダヤ人撲滅をねらった大量殺人
Cソ連軍の民間人、略奪強姦殺人が占領時の任務になっていた事

268 :名無し:2006/09/03(日) 08:18:48 ID:w3KuME8f0
戦場にかける橋の真実

軍事裁判犠牲者の遺書

「泰緬鉄道」  http://www17.ocn.ne.jp/~maru/

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 13:11:05 ID:DIMuZGfH0
ニュースで見たがオウムでも麻原否定の自虐的上祐を嫌って麻原回帰のグループがいるらしい。
我々被害者の日本国民はそいつらに事実を見つめろと言いたい。
事実を見つめてやっぱり組織防衛のため仕方なかったと考えるなら何も言えない。
個々の思想は自由だから被害者の気持ちを押し付けることはできない。
でも自虐的という言葉は他者を傷つけ自分を癒す自己中心的価値観ともなる。
一対一の人間関係の構築に『常に悪くない貴方』は苦戦するかもしれない。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 13:28:27 ID:nZigylj10
>>256
うまいねw

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 13:58:00 ID:OxRnWR930
>>269
オウムのような小さな組織を持ち出して
社会全体の「反動」を批判するのは少々無理がありますね。
まぁ、あなたが批判しようとしているのは「反動」のことでしょうが、
そういうのはどこにでも見られる現象ですよ。
近代以降の歴史は反動の連続で成り立っているといっても過言ではありません。
藩閥専制に対する反動としての大正デモクラシー、
大正デモクラシーに対する反動としての軍部の専横、
その反動である戦後の自虐史観、
その反動である現在の右傾化、
そしてその反動としての復古的左翼活動も一部で活動を活発化させています。
最近では鈴木ムネオのような利権屋を案外持ち上げる向きが多いのも御存知でしょう。
自民党橋本派のような利権政治家・官僚も小泉時代に叩かれ尽くした反動をもって復活を狙っています。
平静不況の中でいじめられてきた公務員達も反攻を目論んでいます。
再び北朝鮮を肯定して、拉致事件もやむを得なかった、核ミサイルを保持する権利が
北朝鮮にあると叫んでいる左翼系知識人も頭をもたげています。
あなたはオウムのような小さな組織だけを見て云々すべきではなく、
社会全体の反動の歴史をじっくりと見つめ、考える必要があるでしょう。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 13:59:26 ID:7/syrIVC0
オウム=戦前日本なの?????

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 15:24:57 ID:djJSV/ig0
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 18:29:00 ID:DIMuZGfH0
他人の文章を勝手に「きっと〜について述べている」と仮定して
それを前提に意見を言っても意味がない
事実をもとに論じることができず空想を前提で述べている
「現実を見ないで妄想を語る」
常に他人のせいで自分がこうなってしまったと責任転嫁する人の心理
会話の流れを主題を取り違え自分勝手な妄想しか話せない嫌われるタイプ
相手にしてほしいと勝手に話しかけてきても妄想には付き合えない


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 20:52:15 ID:C0/P/4U80
おまいら、これ読んでどう思う?
ttp://www.tatsuru.com/columns/simple/05.html

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 07:56:00 ID:aCY+lMxq0
>1
きっかけは16世紀のスペイン人や西欧の宣教師の考えを知ってから。
スペインの王立図書館にたくさんの文献が残っているが、それによれば、彼らは
中国の方が日本よりも征服がたやすいと思っていた。
だって、日本は当時世界最大の銀産国だったのに、スペインもオランダも早々と
日本の征服を諦めてただろ?それに対し中国の征服はそれほど難しくはないという
意見は多かった。
(実際、フェリペ2世に対し、征服を促す書簡が多い)
それに当時の西欧人は日本の繁栄ぶりに驚いてたしね。
要するに、日本は16世紀すでに中国を上回っていたのであり、明治維新によって
急激に近代化した訳ではないのだ。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 07:56:57 ID:aCY+lMxq0
>1
きっかけは16世紀のスペイン人や西欧の宣教師の考えを知ってから。
スペインの王立図書館にたくさんの文献が残っているが、それによれば、彼らは
中国の方が日本よりも征服がたやすいと思っていた。
だって、日本は当時世界最大の銀産国だったのに、スペインもオランダも早々と
日本の征服を諦めてただろ?それに対し中国の征服はそれほど難しくはないという
意見は多かった。
(実際、フェリペ2世に対し、征服を促す書簡が多い)
それに当時の西欧人は日本の繁栄ぶりに驚いてたしね。
要するに、日本は16世紀すでに中国を上回っていたのであり、明治維新によって
急激に近代化した訳ではないのだ。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 18:27:38 ID:BOef4krb0
小林よしりん先生の著書を読んで自虐史観から解放されました。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 20:34:37 ID:xVEESQ7m0
司馬史観は自虐史観ですか?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:21:48 ID:JgsmTin20
>>279
鎌倉時代以降日本はアジアじゃないって言ってるから、そうでもないんじゃないか?

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 00:59:26 ID:qiBvl6EE0
櫻井よしこさんの著書を読んでサヨクに怒りを覚えました

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:57:15 ID:NXgpTCue0
自虐にもいろんな種類がある。
そん中でももっとも弊害が強いのが、大東亜戦争当時の日本を悪者と断じている
歴史観。
司馬史観はまさにその典型的な自虐の歴史観。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 11:54:38 ID:XiKzOF1p0
司馬史観が自虐なら俺はまだ解放されてないな。
いやはやすごい時代になったもんだ。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 12:40:09 ID:zIasX4NM0
「この国のかたち」読んで日本人のよさすばらしさがよくわかった。
漫画しか読まない人も比較的読みやすいからお勧めだよ。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:03:23 ID:h/LGIQw70
不自然なくらい単発レスが多いからわかるよ

俺もID変えながら自作自演やるけど2台のパソコンと携帯使うよ

一台がIDかえて書き込むためのマシン

もう一台は通しIDで同じ人物として仕切るため

携帯は短文で同意意見を書く

気をつけたほうがいいのは文章の雰囲気

文章の長さや区切り目に癖が出やすいから見破られる



286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:44:00 ID:RV4ygARg0
思想調整部のホロン君でもいるの?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 21:18:58 ID:h/LGIQw70
ホロン部がやってるから対抗でやってるだけ

普段はまじめな大学生

親も神職で由緒正しい純粋日本人として日本の文化の外圧による破壊は侵略戦争と同じことだ

侵略に対し口だけではなく行動するのは大事

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 21:24:31 ID:AwdYDjWD0
火事現場に水と信じて疑わずガソリンぶちまけるのがホロン部の凄いところ

2ちゃん世論が保守的になったのはぶっちゃげこいつらの貢献が大きい

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 23:05:32 ID:qiBvl6EE0
日本会議という素晴らしい組織があります。
日本人として知っておくべき正論が詰まっています。

日本会議ホームページ
http://www.nipponkaigi.org/


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 23:16:50 ID:un/q8N990
沖縄戦における米軍の残虐行為
tp://blog.goo.ne.jp/323f-2cv/e/726b133140a4e2da98a48ebf7eef25bf
米軍による日本人虐殺
tp://blog.goo.ne.jp/323f-2cv/e/86482963fbca83528d4489eeb0df0ff2
敵に捕虜として捕まれば、このような仕打ちを受けることを日本人は知っていたのである。
これ以上戦うこともできないような状況に陥った時、このようなむごたらしい残酷な仕打ちを
受けることがわかっているとすれば、自決を選ぶ心理は、当然の選択と言えるだろう。
サイパン島における絶壁からの投身自決も、沖縄戦における集団自決もこのような
残虐行為を恐れての選択なのである。


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 01:24:06 ID:s94VHTg40
渡部昇一先生の書物
中川八洋先生の書物
中村粲先生の書物を25年以上前から読んでいたので、昔から自分は自虐的歴史観には全然染まりません。

さらにモルデカイモーゼの「日本人に誤りたい」という書物が非常に良く役に立ちました。
共産主義が生まれた背景、日本国憲法を起草した事実上の起草者が何を意図して日本国憲法を起草したのか、良く分かります。
これを読めば世の中全てが分かるといっても過言ではありません。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 01:30:28 ID:s94VHTg40
「日本人に謝りたい」でした。
今は絶版ですから中々手に入りません。図書館や古本屋にあるかも知れません。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 14:43:31 ID:dwjuf0gn0
新装版 日本人に謝りたい あるユダヤ人の懺悔
モルデカイ・モーゼ著 日新報道 2000円

絶版してません。今でも買えますよ。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 21:47:43 ID:fvBqkRu10
昔、テレビ東京で放送していた「渡部昇一の新世紀歓談」ですね。
「サンプロ」「笑っていいとも」のウラで孤軍奮闘という感じでした。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 21:52:44 ID:pBhvmZMv0
史観に私観が入るから

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 23:18:25 ID:p4f+N+t/0
世界史コンテンツw

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 13:58:26 ID:YQDvhCVE0 ?2BP(0)
中央日報 嘲笑?自戒? 韓国はベトナムに謝れ 中国は文化大革命を反省汁
なんか意味分かんないですね。

大きな流れとしては、ベトナム戦争終結30周年記念式典にて
越南カイ首相が、米国に対する戦後補償要求に言及せず、
未来志向の政策を推し進める考えを示した。なる記事。
ベトナム戦争30周年記念式典、ホーチミン市で始まる 日本経済新聞

戦争なんてお互い不幸なもので、敵も味方もないよ。
ノーサイド精神だよと、紳士的な思考。

ところが全く関係ないのに、何故かベトナム戦争で八面六臂の大活躍を果たした国がありまして、所謂お隣の韓国ですが、ベトナムでは無抵抗な南北の民衆をゲーム感覚で殺戮し続けたそうです。
鬼畜米海兵隊ですら殺害現場見て嘔吐するほど、酷い殺し方だったらしいですね。

「闇に葬られた韓国軍ベトナム殺戮の真実」
>当時、韓国軍にあえば誰であろうと必ず殺された・・・
>・子供をナタや斧で斬首
>・ベトナム女性を見れば必ずレイプし殺す(頭を踏んづけ下腹部を潰す)
>・僧侶を機関銃で虐殺
>・妊婦を殺し、その子供をひきずり出し、踏み潰し投げ捨てる。

また、当時彼の国は唯一の国策事業が売春だった影響か、性倫理なんか皆無な兵士は、ベトナムの無辜の非戦闘員女性を強制拉致して、各キャンプに韓国専用従軍慰安婦を手当てしたのもベトナムでは有名な話。

韓国軍がベトナム戦争でやったこと
>ベトナム戦争で韓国軍がベトナム人女性を強姦して生まれた混血子供が
>3万5千人以上いるそうです。

で、国家としてはまったく謝罪していませんし、韓国の国定教科書でも捏造割愛歪曲で子供達に教育していますので(教科書に一行しか記述がない)根本的に韓国民自身が、贖罪の意識が全くない。
というか、彼らは被害者(?)だそうです。


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 12:30:41 ID:4GYJkYgO0
俺が思うには、みな自虐史観脱出といってはいるが、ほとんどは普通の史観だった奴が自慰史観に飛び込んだだけ。
飛び込んだ理由は中国韓国に責められない理由が欲しいからだろう。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 12:51:28 ID:Av9A2aRA0
もともと自虐史観否定っていうのは「日本はいっさい悪くない」ではなくて
いいことも悪いこともあるけど悪いところばっかり強調するのはやめて
こんなすばらしいこともしたとかこんな立派な日本人もいたとかに目を
向けようという趣旨だったと思う。

それがいつのまにか日本はまったく悪くない、悪いのはルーズベルト、
コミンテルン、中共、朝鮮、宇宙人になってしまった。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 13:03:39 ID:iZX5w0P50
日本人は劣等なのはわかった

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 23:39:05 ID:Bhyvin600
>>300
それでも当時、アジアの中のみならず世界レベルでもなかなかだったがな。
今でも相当いい線いってるが。
で、お前の祖国はどうよ?w

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 11:57:26 ID:cy4MsHlM0
サッカーでいうところのギリシアみたいなポジションだったかな。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 02:44:11 ID:c68rRjhF0
相撲でいう琴錦かな

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 11:23:31 ID:EmTEj/zi0
東南アジアの要人は日本と仲良くしたいから日本がアジアを解放したとお世辞を言ったりもするが
実際現地の教科書ではそんなのが建前でしかないことが分かる
http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid34.html

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:30:44 ID:jzcGWyQc0
★李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:31:38 ID:ofcJkbxs0
東亜三国人と東南アジア諸国民の民度を同じにしてはいけないぜ。
東南アジア諸国民は民度が高いからこそ、
日本にお世辞を言える余裕が存在する。
事実として受け取る人間は単なる馬鹿だよ。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:47:34 ID:sG6UpF7l0
東南アジアはずっと前から植民地で支配者が白人から日本人に変わっただけ
だからね。日本に期待した時点で民度低いと思う。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 21:55:11 ID:TVVP1Gd/0
>>307
民度低い東南アジアからすらも嫌われてる特ア人はかわいそうでつねw

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 22:45:07 ID:RTZVpBop0
俺は多分日本のマスゴミのクズさ加減に気付いた時かな。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 19:49:23 ID:L9lZh0cX0
日本なかりせば、いったい誰が西欧列強の支配に対抗できたのか?
・・・誰もいない。
この常識がわかれば、自虐になどならんだろ、普通。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:39:18 ID:Jbcv66it0
西欧列強の支配に対抗したというより仲間になって侵略しようとしたんだろ。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:34:29 ID:fRnIcrfm0
大東亜戦は日本による東洋西洋の棲み分けの提案である。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:48:59 ID:bgcHhgKs0
>>311
何このあからさまな釣り

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 23:21:48 ID:BjsI4wR10
神戸の在日韓国人老人ホームへの謝罪修学旅行で、疑問を感じていたころに
小林よしのりの本を読んで、自虐史観から解放されました

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 23:25:32 ID:FegNhErf0
自虐史観は東京裁判史観。
思考停止のバカどもは気づかない。


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 02:13:35 ID:ZqC/8aUh0
日本だけが特筆すべき悪辣な侵略国家・・・自虐史観 低脳サヨ
常に平和を模索していた日本が、悪辣な欧米中と崇高な戦を決意・・・自慰史観 低脳ウヨ
国益(資源や経済圏)を求め、自衛の範疇を越えた行動により追いつめられた・・・○ 客観的な歴史判断


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 09:47:19 ID:e0YYDar/0
日本なかりせば、いったい誰が朝鮮半島や台湾に大規模な資本財を投資するのか。
・・・誰もおらんじゃねーか。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 12:14:29 ID:xQEoeboB0
調子に乗ったシナチョンどもを見てね、
彼らは戦略を完全に間違った・・・

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 17:06:10 ID:ED8ik4vU0
DVDが出来たお陰だと思います。(東京裁判)
パール判事のお陰だと思います。
ブレークニーのお陰だと思います。
   

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 17:38:11 ID:nPBQlXp/0
会津戦争のおかげ

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 18:10:06 ID:mmLeQlaS0
蓑田胸喜大先生のおかげ

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 09:23:02 ID:y2hTxV2J0
>>316
おしいなw
そのレベルだとまだリベラル左派どまりかな。
真ん中のつもりでまだ左。自虐じゃないつもりでまだ自虐。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 09:49:21 ID:87mLe94U0
歴史をどう解釈しても個人の自由だが、しっかりした認識を持つまで
歴史上の事実だけでもちゃんと検証すれば自虐的にはならんだろう。
私見が入った書物は、流されやすい人には向いてないから気をつけろ。

しかし、もしアジアにニッポンがなかったらと思うと怖いね〜
今でもアジアは植民地支配の下で、列強国の反映に貢献させられてるんだろうなぁ。

どうあれ今の日本があるのは、先人のお力のお陰だ。みんな感謝と敬意の気持ちを忘れるな!
ってとこかな。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:29:07 ID:VnQchUes0
リットン調査団の報告書を読めば、自虐になどならんだろ。
満州事変は、シナが法律の支配なく、約束も全く守らないから起きた。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:40:03 ID:HPa6799e0
日本が張作霖を爆殺したのも、
日本がきちんと約束を守る国だったからかw

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:01:40 ID:jCX3A0y30
それはリットンに聞け。
ただ、最近の研究ではスターリンが犯人とする説もある。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:14:18 ID:weagJgWs0
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/chousakurin.html
ここでも読め

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:20:19 ID:jY9t1XEL0
>>324
若槻総理が関東軍にコケにされたのも日本が約束を守る国だからか?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:25:39 ID:RUJ3o34e0
もちろん日本が完全無欠という訳じゃない。他の欧米諸国も同じ。
ただ、リットンが日本を好意的に判定したのは、中国のほうが酷すぎると
肌で感じたからだろう。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:32:06 ID:jY9t1XEL0
↑は同意だがスターリン説はひどすぎるって・・・。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:46:34 ID:Qb8tx5jD0
スターリン説は今後の展開しだいだな。もうちょい証拠がほしい。
でも最近のロシアは中国寄りになっているので中国が嫌うような展開にはさせんだろうが。


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:50:09 ID:EiVX9X3SO
リットン調査団って悪い日本やっつけにきた人たちじゃないんだ?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:24:25 ID:cm0ru4xO0
>>331
>>327

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 03:15:05 ID:4UHZ33Bs0
愛国心:どうなる日本−私の視点/11 声高に言う人間は信用しない /鳥取
 ◆衆議院議員・石破茂さん(49)
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/tottori/news/20060923ddlk31040198000c.html

 男女の愛情と同じで、「愛国心」にも良い面も悪い面も正面から見据える理性と勇気が必要だろう。
ただ、内面で密かに思うものなので、声高に言う人間は信用しない。教育基本法に定めても、日本が
検定教科書である限り思想信条の自由を侵す心配は少ないが、かといって定めてどうなるものでもない。

省略

 教育の効果はすごい。防衛を専門にやるようになったのは、北朝鮮の現状を視察したのが
きっかけだった。当時の指導者は金日成で、子どもから高齢者までが「素晴らしい!」と
徹底的に教えられ、信じている。中国や韓国の歴史教育も見てほしい。愛国心を作るのは簡単だ。

 だから、教育目的に愛国心を規定するのは難しい。かの国のようになりたくはないし、今のように
自分の国を何となく嫌いになる教え方もよくない。さまざまな見方を教えて議論できる教育が
望ましいが、国の良い面だけ教えることにつながりかねず、国家主義的な教育をされる危険性がある。

 最近は、自民党内の若い議員を見ても、怖い。過去の戦争を「すべて正しかった」と考えていて、
頭は大丈夫かと疑いたくなる。日中戦争は明らかに侵略戦争だし、韓国併合は植民地化で、
自衛戦争の面がある太平洋戦争でも、インドネシアの人を日本人化しようとしたのは間違っていた。

 なぜ戦争を始め、途中で止められず、負けたのか−−。そこから目をそらし、責任の所在を
不明瞭にするのは愛国心ではない。戦争を語ることがタブーとされてきた反動で、「戦争に負けた」と
教わった昭和40年代前半までとそれ以降の世代の分水嶺が消え、社会が左から右に大きく振れている。

 この2〜3年、大っぴらにナショナリズムが叫ばれ、不快だ。国は戦中、言論統制により新聞など
批判勢力を排除し、従わなければ「非国民」と斬り捨てた。なぜ同じことを繰り返すのか。そんな
やり方では、国を誤っても幸せにすることはあり得ない。愛国心をあおって戦争し、負けたのが日本だ。
【聞き手・松本杏】



335 :ヨハン ◆Oamxnad08k :2006/09/25(月) 11:40:28 ID:Gwg6MAbr0
公務員試験勉強のため、徳川幕府について調べていた時。

小学校・中学校と全開サヨクの自虐史観で「慶安のお触書」で庶民はこんなにも
虐められていたんだ!五公五民だ!みたいな話しを聞かされていた。

ところがどっこい調べてみたら、江戸時代の庶民もそれなりに白米食って、年貢の脱税やら
副業やってそれなりの生活していた事がわかった。

特に「慶安のお触書」で百姓の絹着用禁止、というのが実は絹を着ていたんだ
という逆説的結論を知った時。

これが自分にはコロンブスの卵だったわけですよ。

それから色々と本を読み漁りました。金氏の「親日派のための弁明」、
ジョン・トーランドの「大日本帝国の興亡」等など。

大人に分かった事が一つ、それは「教科書は嘘をつく」ということ。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 12:43:29 ID:VI+n0JoU0
>>335
その通りだが、あなたが調べたという本とかも嘘をつくということを
キモにめいじた方がいいよ。

一方向にザザーと流されないことだね。
2chでは左翼と評判悪いけど網野氏の著作とか読むと江戸時代感が変わるね。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 14:11:33 ID:V2t2Jr7vO
「江戸時代感」はね

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 18:19:41 ID:xnElNWjx0
近代史は授業でやらないというのは永田町との暗黙の了解事項なのだが、
暴走して私見を込めてやっちまう帰化・又は2世3世歴史教師がいる。

これに丸め込まれる方にも問題はあるが、いつまで経っても気付かない方がもっと性質が悪い。


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 20:46:03 ID:Er8NCw7M0
>>335
確か庄屋の嫁まで許すとかいうヤツだろ?けど結局庶民に広まるのを止めれんかった。


340 :名無し:2006/09/25(月) 23:09:18 ID:eNS5Jui50
1928 張作霖が列車事故で死亡。ただし同じ車室の日本軍顧問は無事。
   列車は低速だったが該当車両が丁度爆破されたのか不明。張作霖
   は重傷を負う状況ではなかった。そこで便乗していた刺客が暗殺
   した可能性もある。なお河本大佐はソ連のスパイであった可能性
   がある。
1929 張学良がソ連の東支鉄道を武力回収。ソ連赤軍七万が侵入。張学良
   の三十万と戦い、三万以上を殺したので張学良が退散。
   しかし国際連盟はソ連の満洲侵入に不問。二枚舌。


341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:30:50 ID:8i1r6aar0
>>340
>河本大佐はソ連のスパイであった可能性がある。
根拠は?

>国際連盟はソ連の満洲侵入に不問。二枚舌。
ソ連はまだ国際連盟に未加盟だったし、何より中国側も提訴してない。
当事国の片方すら提訴して無いのに国際連盟が介入できるわけが無い。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 08:10:02 ID:4jpG3NFP0
>332
調査団は中国側にも日本側にも綿密な調査を行っており、報告書は資料価値が高い。
なのに東京裁判では報告書は全く無視された。
報告書を参考にすれば、日本が侵略の野望を持っていたわけではなく、関東軍が暴発したのでもない
ことが、明らかになってしまうからだろう。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 10:38:44 ID:7BX554Ot0
「真央」とかいうトンデモ本におどらせられてるアホどもがいかに多いか。
しかも実際には読んでない。コピペにおどらされてるだけ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 10:53:46 ID:MxVpdX8s0
…若槻が事変を計画していたとでもいいたいのか? 

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:18:50 ID:kA5QH12rO
その可能性は否定できないだろ

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 15:46:52 ID:wQXTqUSA0
宇宙人の可能性も否定できないわなw

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 16:16:30 ID:GkcAL8640
>>342
自衛の域を超えている、満州国は住民が自主的に成立させたとは認められない
などと言った、事実上侵略を認定したリットン報告書の結論は踏まえられているが?

348 :名無し:2006/09/26(火) 23:54:46 ID:Ffozme5b0
>341:ソ連はまだ国際連盟に未加盟だったし、何より中国側も提訴してない。
当事国の片方すら提訴して無いのに国際連盟が介入できるわけが無い。

嘘だろう。それに当時の支那は軍閥が抗争していたので「中国」なんて存在しな
かった。1939年ソ連はヒトラーとポーランドを分割し、バルト三国
フィンランドを侵略した件で国際連盟から除名されている。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:57:14 ID:8QtNmlsE0
安倍政権の暴走を左派は許さないであろうhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1159281964/l50
安倍政権の暴走を左派は許さないであろうhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1159281964/l50



安倍政権の暴走を左派は許さないであろうhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1159281964/l50
安倍政権の暴走を左派は許さないであろうhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1159281964/l50
安倍政権の暴走を左派は許さないであろうhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1159281964/l50


安倍政権の暴走を左派は許さないであろうhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1159281964/l50
安倍政権の暴走を左派は許さないであろうhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1159281964/l50



350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 02:58:20 ID:cpnRRDyv0
小熊英二の本を読んで


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 03:44:31 ID:DHIZyKFO0
>> 348
>嘘だろう。
http://www.c20.jp/1934/09s_kam.html
ソ連の加盟は1934年。1929年には未加盟。「まだ」と書いてあるだろ。

>それに当時の支那は軍閥が抗争していたので「中国」なんて存在しなかった。
内乱中でも中華民国は存在している。でないと中華民国から租借している
日本の大陸権益の根拠が失われる。また、戊辰戦争や西南戦争中は日本と
いう国は存在しなかった事にもなる。
中華民国は国際連盟に議席を持っている。その中華民国が提訴したから
リットン調査団が派遣されたんだ。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 07:26:33 ID:lEFtpSMZ0
>347
調査団は満州国の建国は認めなかった。ここまでは教科書どおり。
だけど、それに至る過程においては日本に同情的で、中国における法治主義の
欠如やルール無視を指摘している。
因みに東京裁判では、パール博士だけが報告書を参考にせよと主張した。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 09:02:55 ID:BbNdoYAS0
★李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 10:42:09 ID:HGHubU4c0
ウヨの心のよりどころ

パール判事

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 12:09:14 ID:H5oXRnsS0

こういうサヨクの人たちの書き込みをあちこちで目にした時かな。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 13:49:17 ID:zE/fPnQ30
>>353
ふざけたサイトだな

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:42:21 ID:pRNsffNE0
リットン調査団は日本の朝鮮支配を絶賛。
「我々は、朝鮮は日本に虐げられていると思っていたが、ここに来て自分の認識を恥じた。
朝鮮は日本の支配によって、かつてない繁栄を手に入れた。」

358 :名無し:2006/09/27(水) 23:56:13 ID:iiaXQzj90
リットン調査団報告を読みたいのですが。出版社を教えてください。


359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 00:17:15 ID:lkmtdwW50
>358
でかい図書館に行ってください。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 06:40:00 ID:gg6eKNGU0
いくらよくても支配は支配。
いい支配なら肯定できるというなら、逆に日本が朝鮮に支配されて
善政をしかれれば文句ないのか。俺はいやだが。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 09:59:38 ID:FdgHPKOI0
その時の日本の状況にもよるだろう。
ぼろぼろになった時、日本の民衆がアメリカの占領軍に対して歓呼したって事実が
あるんだがね。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 12:32:07 ID:fmE2ODJE0
中国に占領されてたらと思うとぞっとするね。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 16:57:47 ID:QBtVMDdE0
そっち系の極端な思想を持つ担任にいじめられてからかな。
親類の戦争体験談をもとにこの担任に質問したら
「戦争好きの〇〇〇君のようにはならないように」と友達の前で言われた
時に完全に不切れた。
・・・もともとこの担任に対抗して歴史関連の本を読みはじめたのがきっかけかも・・・
文章下手でごめんなさい。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 18:55:12 ID:hyOYm1T00
>>316
それが正しい。
日本がアジア解放の貢献は低い。
大東亜戦争によろめく人は多いが、あれはアジアの支持を得るために
欧米とは人種が違う事を利用したに過ぎない。

基本的に戦後のアジア解放はアメリカの自民自決の理念に基づく
冷戦対立構造による民主主義の普及に拠する。
アメリカが共産国に対抗するため、世界秩序の形成を急いだからである。
何もかもアメリカなんだよ。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 19:38:21 ID:fKJsPvOG0
>>364
もうちっと広い視野からものごとを見ようよ・・・

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 19:47:53 ID:7zYgbhMV0
もし日本が打ってでなければ東南アジア諸国は共産主義という道具を使って
独立していったんじゃないかな。キューバみたいな感じ。

367 :愛国者:2006/09/28(木) 20:05:22 ID:1PkDyg3G0

日本の対外戦争が正しいか間違っているかを論じるには以下の点を欠かしてはならない

(1)第一次大戦終了まで『戦争そのものが悪である』という道徳はなかった。

(2)第二次大戦終了まで『植民地を持つことは悪である』という道徳はなかった。

存在しない道徳を基準に善悪を論じることはできない。
もし出来るとしたら近代以前の国王,皇帝は全て悪いことになる

なぜなら民主的ではないからだ
近代以前には民主主義という道徳はなかったのだから当然だ

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 20:32:49 ID:5lvTMbVI0
誰も道徳では論じてないよ。
政策として良かったのか悪かったのかだ。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 21:48:56 ID:coos8c3M0
政策として良かったかどうかも違うでしょ。
論じられてるのは↓でしょう。
@日本の起こした大東亜戦争は、アジア解放に貢献したか否か。
A日本の貢献度は極小で、ほとんどはアメリカのおかげである。


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 23:12:44 ID:9d4SvJsf0
そのわりにアメリカに感謝してる国は少ないな。
(日本に感謝してる国も少ないが)

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:00:19 ID:t9sxoUQC0
過去の価値観を現在の価値観で断罪してどーする?
戦国時代で人権擁護叫んだりするのと変わりないと思うが。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:03:11 ID:Pi13SOHv0
>>364
アメリカが東南アジアの宗主国に独立要求を掲げるだろうか?
>>366
その可能性はあるな。独立しても市場経済がもともと未発達だから、資本主義は
自力で形成できんだろう。


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:09:58 ID:hF3mnjqn0
日本が戦った大東亜戦争はアジアの解放に貢献した。それがアメリカのお陰と言うのは明らかに歴史を知らない人のたわ言でしかない。

オランダ サンティン・アムステルダム市長 (1994年内務大臣)
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。
即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。
日本の功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

タイ ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であるのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意された日である。
更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」

マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れて逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ
青少年の教育をおこなってくれたのです。」

インドネシア モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。」

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 01:35:35 ID:escoCzkm0
↑単なる友好賛美の域を出ない可能性が高い。

http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid34.html
アジアから見た第二次世界大戦と日本

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:21:14 ID:ahmPQYcu0
>>374
肯定すると友好賛美のためで、否定すると真実とでもいいたげなレスだねw
そんなものどんな意見だろうと、いろんな思惑が入るのは当然だろう。どんな物事にもいろんな側面がある。
日本の戦争がアジア解放100%だと思ってる椰子も阿呆だが同様に侵略100%だと思ったる椰子も阿呆。
そんな事当たり前の常識だが、わざわざケチ付けてなんとかして日本の
大東亜の大儀を汚しそうとする人はわけが解らん。
論点は、
@日本の起こした大東亜戦争は、アジア解放に貢献したか否か。
A日本の貢献度は極小で、ほとんどはアメリカのおかげである。

@に関して、
>>374が紹介してるサイトにも書いてある。
>3:日本はアジアに対して残虐行為を行なったが、結果として白人優位の世界は薄れ、
>アジア各国の自治意識を生み出し独立への力となったのは事実である。
つまり、貢献した。ゆえにAのアメリカ云々は妄言もいい所。
実際は日本が敗戦した後、欧米列強はアジアを再侵略して植民地にしようとした。

ちなみに東南アジア各国が、最近中国よりになっているのは事実。
中国から援助されてるしね。もともとは日本のODAだけど。
だから歴史認識も中国に都合が良いように日本を非難する論調が出てきてる。
それどころか、架橋の勢力が台頭してきて、東南アジアの教科書の記述も
日本が悪かった史観に現在進行形で書き換えられようとしている。
そして、外交上の友好賛美をするのは日本が強大国なればこそ。
しかし敗戦直後の日本におべっかを使う必要はなかろう。でも実際は終戦直後から
日本を讃えているのはなぜだろうね?www

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:51:56 ID:ahmPQYcu0
日本が終戦後、敗戦国、後進国に成り下がって、日本におべっかなぞする必要がない時代の各国の反応。

【インドネシア】
●独立宣言文を起草したスカルノ大統領、ハッタ副大統領は
“独立を宣言をしたその日付”を1945年という西暦ではなく、
「日本の協力なしには独立できなかった」という感謝の念を込めて“17805”
(=17日/8月/05年)つまり2605年という皇紀で記した。

●「日本はインドネシア語の公用語を徹底して推進し、インドネシア国民
としての連帯感を人々に植え付け、広域の大衆をインドネシアという
国家の国民として組織した。とくに若者に民族意識を植え付け、革命の
戦闘的情緒と雰囲気を盛り上げた。またPETA(ペタ)の革命における
意義は大きく、これなくしてインドネシア革命はあり得なかった。」
  ジョージ・カナヘレ(ハワイ出身の日本軍政研究家)『日本軍とインドネシア独立』

●終戦後、オランダと独立戦争をした、インドネシア『祖国防衛義勇軍(PETA=ペタ)の行進曲
“アジア、すでに敵に向かい、蜂起せり 己を捨てて全力を尽くす
連合国を粉砕せんと 玉散ることもいとわず
進め 進め 義勇軍 アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ

古きアジア 不幸に苦しむ 烈しき圧制に 幾世紀も忍ぶ
大日本 雄々しく立てり アジアを救い 我らを守る
進め 進め 義勇軍 アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ”

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:52:27 ID:ahmPQYcu0
【ビルマ(ミャンマー)】 
●「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに
貢献した国はない。真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日
ではなく、1943年8月1日に行われたのであって、
真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、
東条大将と大日本帝国政府であった」
            (バーモウ初代首相 著『ビルマの夜明け』より)

●ビルマ独立宣言
「約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、
英国側はアジアに対する掠奪的野望を以って此等の戦争を遂行せり。
愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば死そのものを甘受して突進して来たれり、
これらの英雄はビルマの生存のため苦難を受け遂には斃れたり。

ビルマ人はアジアを統合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが、ついにこれを大日本帝国に発見せり。
ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり。
 (バーモウ初代首相)」

これを全国民に向けてビルマの首相が独立宣言として演説した。
ちなみにビルマでは3月27日の国軍記念日になると、全国のビルマ国軍を首都ヤンゴンに集結して
盛大なパレードを繰り広げるのだが、そのパレードでは日本の“軍艦マーチ”から演奏が始まる。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:53:17 ID:ahmPQYcu0
【インド】 
●ラグ・クリシュナン元大統領
「インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像も
できなかった。それを我々と同じ東洋人である日本人が見事に撃沈した。
驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。」
(昭和44年「日本経済新聞」より)

【イギリス】 
●歴史学者 アーノルド・J・トインビー
「1941年、日本は全ての非西洋国民に対し、西洋は無敵ではないことを
決定的に示した。この啓示がアジア人の志気に及ぼした恒久的な影響は、
1967年のベトナムに明らかである。」(昭和43年3月22日「毎日新聞」)

●「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、むしろ戦争によって
利益を得た国々の為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。その国々とは
日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において
アジアとアフリカを支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような
不敗の半神でないことを明らかに示した点にある」
                  (1956年10月28日/英紙「オブザーバー」)
●歴史学者 H・G・ウェルズ
「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、
 白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」

●マウントバッテン大将(イギリス軍・東南アジア総司令部司令官)
「かつて不敗を誇った日本軍も半年の死闘に衣服や靴もボロボロとなり、
ささえるものは不屈の精神力だけであった。日本軍はインパールにおいて、
ついに敗れたが、そこには何かが残った。それは歴史学の権威トインビーが
いみじくも喝破したとおりである。すなわち『もし、日本について、
神が使命を与えたものだったら、それは強権をわがもの顔の西欧人を、
アジアのその地位から追い落とすことにあったのだ』」
             (ルイス・マウントバッテン『ビルマ戦線の大逆襲』)
【おまけ】●マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
この国に来られた日本のある学校の先生は
「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。その事実を調べに来たのだ」
と言っていました。私は驚きました。
「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」
と私は答えてやりました。日本軍が殺したのは、戦闘で闘った英軍や、
その英軍に協力した中国系の抗日ゲリラだけでした。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 12:29:15 ID:bBon3G810
華僑の勢力がってそれはあんまり根拠がないんだよな

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 13:08:06 ID:bBon3G810
>しかし敗戦直後の日本におべっかを使う必要はなかろう。でも実際は終戦直後から
>日本を讃えているのはなぜだろうね?www

答えてみよう。
スカルノやバーモウは戦時中、日本軍に頼ることで自分の権力の場としてきた人物である。

太平洋戦争が始まり、日本軍がオランダ領東インドを占領すると、
軍政当局は民生の安定のために知名度の高いスカルノやハッタらの民族主義者を利用しようとした。
他方のスカルノらもまた、インドネシアの独立のために日本軍に協力することを選択した。

バーモウはアウンサンに敗れて日本に亡命した人物である。

スカルノ・バーモウにとって日本軍を否定することは、
自分の今までの政治活動まで罰せられることになるのである。
それは権力者の保身の辞であり、教科書が客観的事実を述べていると考えるのが妥当であろう。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 14:31:55 ID:Or/iOAaQ0
別に親日家がいて反日家が両方いて、それが当たり前だと思うけどね。
なんか当然の事をことさら強調して印象操作をしているように見えるんだけど。

で、疑問なんだが・・・
>教科書が客観的事実を述べていると考えるのが妥当
こう考える根拠は?
教科書が嘘をつく事実をもうみんな知っているからそう言われてもねえ。

そして、そもそもの論点である、
>日本の起こした大東亜戦争は、アジア解放に貢献したか?
これに対する考えは?
繰り返すけど、当然の事をことさら強調して論点ずらししてる様に見える、というか
そもそもある一側面を強調してケチ付けてるだけでまともに論点に対して述べようとしてないね。
ひょっとして、日本にケチ付けるのだけが目的なの?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 15:31:40 ID:a1QCp1im0
>>210
遅レスだけど、俺の爺さんもシベリアに監禁されてた。
婆さんの話だと、日本に帰ってきたその足で、
共産党の本部へ行こうとしたらしい。
それを親戚一同で、それこそ縄掛ける勢いで止めたそうだ。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 15:43:31 ID:VOZuJYpc0
>>380
もうちょい彼らのことを学べ。
彼らをそういう前にスカルノの「スカルノ自伝」やバーモウ「ビルマの夜明け」くらいはせめて読もうぜ。
彼らを日本の傀儡に近い存在ととらえたらアウツ

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 15:48:43 ID:VOZuJYpc0
当時、アジア各国の独立運動家と大日本帝国が建前・本音を使い分け
双方共に利用しあったことを忘れちゃいかん。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 17:34:16 ID:4boF9Y500
おとなのつきあい ってやつだね

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 21:01:14 ID:n4DEDd+t0
>>384
いや、忘れるも何も、もともと外交ってそういうもんだし、言わずもがなの常識だろうw
そんな書くまでもない当たり前の事をわざわざ書いたら、
お前はアフォか?って言われるだけじゃない?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 01:19:00 ID:YSTmEzHC0
独立後最初のインド大統領となったネルーも
「日露戦争での日本の勝利は、アジアの民衆に民族独立への大きな希望を与えた」と書いている。
ところが、日韓併合など、日本がその後にとった行動は、ことごとくアジア民衆の希望を裏切るものだった。
日本はヨーロッパ列強諸国と手を結び、アジア支配に加わったのである。まさに「脱亜入欧」である。
これを知ったネルーは、「しかし、気がつくと、それは希望を与えたのではなく、飢えた狼をもう一匹増やしただけであった。」と書き添えている。


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 02:09:49 ID:YW/lmuSO0
結局のとこ第三者の批判的態度でしかないな

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 02:11:07 ID:YW/lmuSO0
>>386
それを分かってない輩がいるからじゃないか?

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 02:13:07 ID:Ghna1kCn0
アジアに新しい帝国主義国が増えただけだった

byネルー

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 02:19:19 ID:YW/lmuSO0
歴史的に見るならば、日本ほど白人支配から離脱させるのに貢献した国はない。
しかしまたその解放を助けたり、あるいは多くの事柄に対して範を示してやったりした
諸国民そのものから日本ほど誤解を受けている国はない。

byバーモウ

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 03:32:19 ID:0W+ixmhx0
私は↓の投稿を見てからかな。
ttp://jpbbs.cri.cn/viewtopic.php?t=1063&highlight=%8B%DF%89q&sid=bb0fff878d77140474910445dfbfb1de
で、行き着いた先は"戦前も戦中も戦後も朝日は同じ"w

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 03:38:44 ID:QqB5UPQ40 ?2BP(0)
もう60年も大昔の事をいつまで、グダグタと言ってるのか
マスコミの異常性が問題だ
平成生まれの俺はつくづくそう思うよ

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 10:44:12 ID:9qocDBDh0
>>393
平成生まれだとまだ18くらいだろ。親も50くらい。
俺の親なんてB29の爆撃を防空壕でうけたことあるらしい。
戦争中は小学校低学年でわけわかってなかったらしいけど、ものすごく
恐ろしかったとよく言ってるよ。地方だったから大空襲みたいなのはなかった
ようだけど。
まだ60年なんだよ。経験者がたくさん生きている。
100年もしないと歴史にはならないよ。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 10:58:14 ID:Ak/uCFYn0
このスレを読むと残酷な話が好きな奴は自虐史観にならないようだ。
欧米の残酷な話も好きだから、日本と公平に観察している

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 11:21:02 ID:hG+5GfGn0
歴史的に見れば、日本は他の国に資本財を投下して市場経済を拡大させた面白い国だ。
それに対して西欧のアホさ加減を見よ!
他国を侵略してはプランテーション経営を行い、搾取しまくった。
いや、過去形ではない。アフリカを見よ。アフリカ諸国は一応独立したことになっているが、
実質的にはいまだに白人農場主によるプランテーション経営が行われている。
ジンバブエは白人農場主を追い出したが、経済封鎖され、西欧の圧力を徹底的に受けている。
これは60年前ではなく、2006年現在の話である。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 11:40:33 ID:L+UEEVFm0
日本は皇民化政策により、他民族のアイデンティティーの破壊を狙ったがな。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 12:30:27 ID:EUl5NZva0
別にいいんじゃない?時間が経てば朝鮮人も日本人らしくなっただろうさ。
そもそも支配される方が悪いんだし。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 12:34:37 ID:jdt+4ILw0
今更皇民化政策なんて使い古された挙句に印象操作されくった物を持ち出しても、
誰も左に転ばないよ。事実が判明しちゃってるんだから。


400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 12:37:09 ID:9qocDBDh0
>>398朝鮮人は日本人化したかどうかだけど世界中の民族紛争見ると無理。
イギリスとアイルランドが一番近いと思う。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 13:02:35 ID:S6E2EJfeO
小学校一年生の遠足で
広島平和公園に行きました。

原爆資料館と慰霊碑の
「安らかにお眠り下さい。過ちは二度と
繰り返しませんから。」を見てから
原爆を落とした国が嫌いです。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 17:57:36 ID:YW/lmuSO0
慰霊碑を訪れたパール判事は
「安らかにお眠り下さい。過ちは二度と 繰り返しませんから。」
という言葉を見て
「東京裁判で日本がなにもかも悪かったとする戦時デマゴーグが
これほどまでに日本人の魂を奪ってしまったとは思わなかった。
東京裁判の影響は原爆の被害より甚大である。」
と語ったて話がありますね。


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 18:31:00 ID:ci//GqHA0
>「安らかにお眠り下さい。過ちは二度と 繰り返しませんから。」

これは、わしも効いたぞ!
戦争=悪、怖い

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 00:06:13 ID:o83b0rWj0
>397
それなら中国を非難せよ。
チベット仏教を禁止し、チベット語を認めず、シナ人の移植を行っている。
サヨの出番だぞ!

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 02:38:26 ID:WKL/YPch0
「日本が悪かった」から
「日本は悪くなかった」にコロっと変わる連中

こういうのを見ると、あほだなぁ、と思う

日本も日本じゃない国も、それぞれろくでもないことをやってるわけだ。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 05:52:56 ID:L+dlP0Dm0
最近マレーシアのテレビ局が初めて「ハリマオ・谷豊」の特別番組を放映した。

その番組は最後をこう締めくくった。

「イギリス軍も日本軍も武器ではマレーシアの心を捉えられなかった。
心を捉えたのは、マレーを愛した一人の日本人だった」


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 09:52:05 ID:wtgNEX+W0
>>405
学校で散々日本軍はあくどかったと教わるから仕方ないだろ

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 19:38:38 ID:yKNs3ksN0
テンコロ大元帥が支配していた大日本帝国がいかにDQNかここに来れば、よく分かるよ。
「アジア解放の戦い」「日本独自の兵器だったゼロ戦は最強」
そんなウヨ基地の妄想を、これでもかと潰していますよ。
http://www.luzinde.com/

ウヨ基地の皆さん、勉強のために見てはいかが?

今の憲法になって天皇を権力から引きづりおろして平和で豊かな国になりました。




409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:34:44 ID:4WPLBz8p0
宣伝乙
他でやってくれ

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:36:48 ID:4WPLBz8p0
てか、まだあったのかこのサイト
もうちょい旧軍についてお勉強しようね。

レス汚しすまん


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 22:45:10 ID:IJnAH0tg0
>>1
子どもの頃、学研の百科事典をよく読んでいた。
歴史の巻が好きだった。
ロシア、中国、アメリカ。この世界の大国と戦った日本を誇りに思った。


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:12:39 ID:eteB3GaJ0
おおう、そういやそうだな。
領土、人口、国力全てにおいて抜きん出ている超大国全てと戦っているんだな、我が国は。
そして、今のところ2勝1敗か。

つーか、よく考えたら大東亜戦争はその超大国3国を同時に相手取って戦ってるじゃないかw
まあナチスが降伏した後はたった一国で全白人勢力を敵に回した様なもんだけど。
そう考えると、ぶっちゃけスゲエな日本ってwww素で感心してしまう。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:33:28 ID:4WPLBz8p0
まぁ実際よくやったよ日本は・・・

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:40:51 ID:99a4MR6u0
よくやったとは思うけど、いくらなんでも無謀だろ。

結局は、大勝する必要は必ずしも無いけど、
負け込んじゃちゃダメだな。
小さくてもいいから勝ち越さないと。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:41:04 ID:wtgNEX+W0
大東亜戦争はタイミングと戦略が悪すぎた。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:42:29 ID:4WPLBz8p0
まぁそうだな・・・
もうちょい巧くやってくれればな。



417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 02:35:22 ID:tTBjl6Bo0
日華和平工作が失敗した時点で引き返せなくなったんでしょうな。
スターリン、チャーチル、ルーズベルト相手で
愚直な東條ではどうにもならないでしょう。
シンガポールを落したときに英国と交渉の余地はあったと思うけど
あそこで政治解決できなかったわけですから。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 11:57:36 ID:yO8U+uY/0
>>412
戦いというより後半は虐殺だったがな。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 14:20:24 ID:uMLbgCjN0
本当だな。棺おけに片足突っ込んでいる日本にアメリカは原爆は落とすわ、ソ連は強姦、虐殺、略奪するわ
やられ放題の日本人ジェノサイド。
うわ、なんかむちゃくちゃムカついてきたな。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 15:06:17 ID:42sOBMPS0
もっと前からだろ。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 19:43:37 ID:eSoymoyP0
なんかいつの間にか雑談モード?まあ良いけどねw

422 :名無し:2006/10/02(月) 20:42:20 ID:yjpkzpiq0
>417さん「シンガポールを落したときに英国と交渉の余地はあったと
思うけど 」

英国はルーズベルトの下僕だった。大英帝国は第一次大戦で終わっていた。
だから英国との交渉はあり得なかった。ルーズベルトは第二次大戦では
無条件降伏を求めたがこれは民族絶滅を意味した。
だからドイツも日本人も必死に戦った。
米軍のウェデマイヤー将軍は無条件降伏を要求しなければ米兵もこれほど
死ななくてすんだとルーズベルトを非難している。

423 :中韓に謝罪の必要なし ◆F/D.OPy2Wo :2006/10/02(月) 21:41:41 ID:qRMETa230
>>1
俺は2ch(wとSAPIOかな。
俺は学生のときは歴史が大の苦手だったので自虐史観に染まらなかった。
20代後半にSAPIOを読み始めて(読み始めたきっかけは純粋に外国に興味
があったからなんだけど、こんなにナショナリズムが強い雑誌だとは・・・)
2chでは中韓の歴史の捏造のリンクがよく貼られてたので、そこを読んで間違いに
気づいた。




424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 00:57:16 ID:o3Q0Ba8n0
>422さん
スターリンはドイツと日本との二正面作戦はしたくない。だからアメリカと
日本を戦わせたい。
チャーチルはドイツ戦にアメリカをひきづり込みたい思惑から対日戦に誘導。
で、ルーズベルトの動機がわからないのです。
ガチの人種差別主義者なら話は早いが親中国のようだし日米和平交渉も一応
しているわけですし何かすっきりこないのです。
そんなんで最近SACRED SECRETS読み始めました。
結局元凶はコミンテルンなのか。orz
>>1
自虐史観からは解放されたが同時に戦争に導いた連中がつい最近まで?
マスコミ、国政の中にいたのを知って情けなくなってきた。orz

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 01:30:47 ID:z6evnjGm0
ここは読みやすい
http://www.jiyuu-shikan.org/frontline/top.html

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 01:44:34 ID:cnSpIFoe0
つくる会

VS

文部科学省、扶桑社以外の出版社、日教組、歴史家

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 10:57:05 ID:32GWo9L60
小林が本業の漫画で日本史の通史を書けばいいのにな。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 15:54:09 ID:eGuoE5h90
それは扇子のあるやつにしか読めないwwww

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 17:27:23 ID:/nrV6tlj0
>>428
団扇ならありますがダメでつか。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 09:12:03 ID:7xjAm7d20
http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4062583674/ref=dp_proddesc_0/503-9919485-3639966?ie=UTF8&n=465392&s=books

この本に戦後日本が自主裁判もしていたこと、
天皇の名で戦争を始め、天皇の名で戦犯を裁くことを政府と天皇が嫌って
日本がアメリカに擦り寄っていって東京裁判が開かれたと書いてあるらしいよ。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 09:37:24 ID:1pRt1hXx0
アメリカに擦り寄ったんじゃなくて、アメラカが利用しただけ

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 14:57:32 ID:9+7adokh0
すりよったよ。陸軍が悪かったことにしようと。
まあ陸軍嫌われていたんだな。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 17:39:20 ID:QGrXbt4P0
ネトウヨが自虐史観批判の中で、欧米は日本より悪いことをしていたが、
日本ばかりが悪者になっていると批判するが、
それならば今の北朝鮮。

アメリカはイラク戦争、湾岸戦争。
日本は北朝鮮の何倍もの防衛費。
中国はチベット。
ロシアはチェチェン。
フランスイギリスは核保有。

どうみても北朝鮮より悪い奴は沢山いるがどうして北朝鮮だけばかり非難されなきゃいけないんだい?

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 17:46:03 ID:bStMOQcn0
433 名無しさん@お腹いっぱい。 New! 2006/10/11(水) 17:39:20 ID:QGrXbt4P0
ネトウヨが自虐史観批判の中で、欧米は日本より悪いことをしていたが、
日本ばかりが悪者になっていると批判するが、
それならば今の北朝鮮。

アメリカはイラク戦争、湾岸戦争。
日本は北朝鮮の何倍もの防衛費。
中国はチベット。
ロシアはチェチェン。
フランスイギリスは核保有。

どうみても北朝鮮より悪い奴は沢山いるがどうして北朝鮮だけばかり非難されなきゃいけないんだい?

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:00:14 ID:bCiV2X6P0
そりゃあれさ。ニダーのやる事に一つも正しい事はないんだよ。
なぜならニダーは存在そのものが野蛮で惨めな極悪民族でしかないからだ。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:15:42 ID:7HTBZ6Iq0
とりあえずサヨクは30歳前までには卒業しないとな。
耳障りがいいから中々難しいだろうけどね。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:55:14 ID:RGftBKeG0
>>433
ネトウヨと同レベルだな
お前は小学生か?

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:55:44 ID:0V2df3Di0
大学生のころはサヨク言論思想にどっぷり・・・
親父は根っからの右翼タカ派だったけどね
あれから16年か・・・親父の言ってたことが正しかったよ

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 19:59:32 ID:GVVQk89z0
北朝鮮が核開発して何が悪い。

にちゃんと反論できる?

440 :名無し:2006/10/11(水) 20:41:20 ID:N2EB1Zkk0
>424さん、「で、ルーズベルトの動機がわからないのです」

ルーズベルトの動機については、英国のCソーン教授は次のように述べている。
「ルーズベルトは支那満洲が欲しかった。しかし本国から一万キロも離れて
いるので直接支配は国民にも外国にも正当化しにくい。そこで蒋介石を傀儡に
して間接支配を狙った。日本は当然邪魔者であり駆逐したかった」
すでに米国は外務大臣にあたる国務長官のジョンヘイが「門戸開放宣言」、
スティムソンが「満州国否認宣言」を出して、露骨にその意欲を示して
います。このため第二次大戦の最後にルーズベルトはソ連に満洲の
代理占領をさせます。スターリンは報酬を先取りした上で、違約して満洲を
共産化して裏をかいたわけです。これにより米国のアジア政策は
「取らぬ狸の皮算用」におわり「トンビに油揚げをさらわれたのです」
米国は1950年中共から追い出さると「支那が失われた」と大騒ぎになり
犯人探しから赤狩りへ発展したのです。ご参考まで。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:23:13 ID:jdXPUjBb0
>>439
悪いことは無いだろう。
もちろん日本が核開発するのだって正当な権利だ。
そして、敵対する国を警戒して、必要なら敵国を攻撃するのも正当な権利だ。

日本にとって何が悪いかを言うなら、北朝鮮が日本を敵国と位置づけているから、
そんな国が核保有する事が日本の国益にそぐわない、日本の安全保障上の危機だからだな。

今だったら北朝鮮に攻撃を仕掛けても、多少ゴタゴタしても日本の立場が世界中に支持されるだろうな。


442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 10:42:48 ID:sUoF/nGn0
支持はされないと思うよ。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 02:21:52 ID:9ssRfvv+0
大丈夫、多少の雑音はそのうちうやむやになる。
北朝鮮をぶっ潰してそのあとぐだぐだ言われても10年もすれば正当化できるwww

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:20:11 ID:02r1XJY/0
自称元自虐史観が多いな。
俺は別にそんなのなかった。
パラオのことは2chの前から知っていたけど、別に面白いと思っただけで
日本軍のイメージが変わったことといったこともなかった

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:50:43 ID:GiRPm3kv0
>424
ルーズベルトはじめアメリカ人は中国を過大評価しすぎてた。
日本がいなくなれば資本主義や民主主義が根付き、アメリカの利益になると勘違い。
だがそれは無理。
中国のような大宗族社会には土地や財産の私有化なく(特に農村部)、資本主義とは基本的に
相容れなかった。
そしてこれは今のイラクやアフガンについても言える。大部族社会に民主主義など定着するハズない。


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 10:35:58 ID:0y9T1M9C0
443がまず突撃してくれ。
俺も後から必ず続くから。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:55:14 ID:u1NQCmAc0
はやく戦争にな〜れ

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:09:19 ID:NQXiMuSj0
アメリカは自国の兵士を人間として扱ったが、
日本は自国の兵士を物として扱った。


449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 18:18:24 ID:UwI9voAe0
具体的にどうぞw

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:38:28 ID:avG5b4mj0
日清戦争において、日本軍は兵士を人間として扱ったが、
李鴻章の軍隊の兵士は物以下だった。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 03:17:08 ID:Vp4++5Ee0
戦時中、アメリカの少女は映画を見てデートを楽しむ中、
日本の少女は軍需工場で働く。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 12:57:43 ID:YR8tPOnV0
自虐史観はなくなって結構だけど、
罪の意識までなくしちゃだめなきがする

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 16:15:18 ID:DR1/d3V10
自虐史観も問題有りだけど
自虐史観から自慰史観に移行する奴は馬鹿の見本だな
どちらにせよ戦争への経緯はあまり褒められたものじゃない

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 17:06:32 ID:hPdGdidy0
そもそも自虐史観なんて存在するのか?
自慰史観論者の脳内仮想敵なんじゃないのか?

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 17:43:36 ID:TFxtOJUz0
そもそもの自虐史観の意味と2chでの自虐史観の意味ってかわってきたんだよね。
どの国にもいいところもあれば悪いところもある。
何ゆえかわが国は悪いところばかり強調してきた。もっといいところを強調しよう
という意味合いで使われてた。
それがわが国はすべて正しい、悪いところがあるといっているのは自虐史観だ
に変わっていった。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 09:55:55 ID:mepYnpHh0
ウソ八百の韓国の教科書に完全に同調してる奴を見てると、誰だって自虐と非難するだろ。
台湾の教科書のようなら、こちらも冷静さを保っていられるんだが。

457 :名無し:2006/10/22(日) 20:04:54 ID:nKC7hMMQ0
遊就館の感想文を詠んでみた。
「六十歳になるが初めて靖国神社に参拝した。英霊の遺書の数々を読んで
いままで共産主義を信奉してきたがお詫びしたい気持ちだ。
これで正しい道に帰った感じがする。長かった云々」
左翼としてずいぶん悪いことをしてきたのだろう。
本当に遅すぎた。それにしても戦後の日本人は本当に馬鹿だった。
コロコロ外国に騙されてきた。もういい。もうやめだ。

458 ::日本@名無史さん :2006/10/22(日) 20:20:23 ID:rM0zmJE60
>>14
そうなんだよね、山川出版とかの世界史やってりゃ普通に世界基準が解るよね。
多分、日本史選択6割に対して世界史2割とかだから、日教組がはびこるんじゃない?

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 03:13:58 ID:eh9vqqYr0
中学校の頃は一方的に日本が悪い事をしたと教えられ
漠然と日本は悪い事をしたと思っていたが
大学受験で日本史を学習していき知識がある程度溜まってきたあたりで
疑問に思い始めたのがきっかけ

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:58:26 ID:qRxjnXR00
どんな学校で学んだか知らないが、昭和くらいから後ってあまり授業でやらんだろ。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 01:12:49 ID:d7bJhSmN0
「大坂の繁栄は、ロンドンを凌ぐ」 byウィリアム・アダムス



462 :志學館大学:2006/10/24(火) 10:35:46 ID:SKz0+p00O
たかじんのそこまで言って委員会で三宅のじいさんや勝谷が変な事を云っていた。俺は田嶋が正しいと思ってた。しかし、どうも成り立たないような気がし、するうち何かが吹っ切れて歴史書買いに行った。
それが渡辺昇一だったからサヨク思想から脱出できた。今は周り誰も日本の戦争を少なくとも否定するやつはいない。
前、高校に遊びに行ったら社会科の教室なぜか新しい教科書を作る会やら西部やら中西輝政やら沢山あった。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 11:00:08 ID:k1uz/PMD0
自虐史観の罠にかかる奴は馬鹿ばっかり

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 11:51:28 ID:ChO7KygL0
自慰史観も馬鹿が多いがな
つーか偏った奴で賢い奴って見たことない

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 12:45:39 ID:3RJgBTlU0
太平洋戦争は西欧からのアジア解放の為に始めたとか
真珠湾はルーズベルトの陰謀とか
そんなんばっかや

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 14:48:51 ID:w8543L000
>>462
君は自虐史観からは解放されたかもしれないが自慰差別大好き史観に新たに
洗脳されたんだよ。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:24:49 ID:YknKDm3G0
自慰史観だろうが何だろうが大きなお世話だボケ

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:02:25 ID:bPTAu0vL0
どんなしかんだろうと終わったことだしな

469 :志學館大学:2006/10/24(火) 20:56:33 ID:SKz0+p00O
466
そうかぁー俺、自虐史観から解放されたのかぁー第三者が認めてくれたんだから間違いないなぁー良かったぁー☆
日本人で良かったぁ☆

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 13:42:24 ID:9WWlv6CG0
自虐史観にかぶれる奴も嫌韓流にかぶれる奴も、
いつも時代の被害者となる層。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 14:55:01 ID:3f7FDzTF0
自学史観にかぶれる奴は加害者側だボケ

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 15:29:42 ID:B5Eql5zG0
「語尾にボケ」厨がいるな

473 :名無しさん@お腹いっぱい。::2006/10/26(木) 22:20:15 ID:Q3t43hrh0
朝日の文革報道が不快だった

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 16:52:52 ID:ZQMOeYNe0
473リアルタイムで新聞よんでたんかい!?

475 :名無し:2006/10/27(金) 19:22:36 ID:XN7+o8W40
靖国神社の遊就館の感想文の中に、共産党を止めた人の文があった。
長い間唯物史観を信じてきたが、英霊の遺書をみて目が覚めたという。
いつまでも共産党でもないだろう。
危ないのは自分なのだ。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:50:20 ID:mXpWgMl00
南京大虐殺記念館の感想文の中に、親日をやめた人の文があったあるよ。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 14:57:05 ID:rapRMrsC0
 まず、学校で近代史を、どの程度習ったのよ、皆さん。昭和初期の戦争に
突入するあたりを、きちんと習った人もいるのかな? 俺の通ってた学校では
高校まで一度も、その辺りには触れず仕舞いだったな。
 過去の日本軍の悪行とやらについては、道徳とかの教科書に記述があったよな。
でも、内容がグロすぎるせいか、これも授業でやったことは無かったな。俺は
勝手に読んだけど。
 正直、日本が全部、悪かったんだって強硬に主張する類の話は大学で初めて
聞いたわな。でも最初から、そういう話は受け付けなかったよん。戦争なんだから
どちらにも善悪は無いって考えてたから。
 だから結局、まあ、そんなに自虐史観の考え方なんて持った経験が無いよん。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 15:42:07 ID:CcbW325m0
★李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 16:37:01 ID:npxdIK9n0
ちゅーか自虐史観って死語。レッテル貼りが好きな人しか使ってないよな。

480 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 20:24:44 ID:X/FNUkIk0
必見です。一人でも多くの人に見ていただきたい感動的な名篇です。

http://kandoflash.com/flashhtml/flashK02.htm


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 06:04:42 ID:9EherMvX0
自虐史観ってそのものズバリでどう考えてもレッテル貼りじゃないと思う。
むしろ自慰史観の方が中傷目的のレッテル貼りだな。
Wikiとか見ると、サヨクの捏造歪曲誹謗中傷のオンパレードだもの。

自慰史観にこれ以上無いほどピッタリ来る民族は隣の半島の人たち。
まさに自慰史観にピッタリくる。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 06:55:04 ID:La5efq750
自虐史観もそのものズバリ
自慰史観もそのものズバリ

当時の世界を見て富国強兵の必要性を認めつつも
アホな戦略や体制の欠陥で危機に陥った事を自省するのがまとも


483 :名無し:2006/10/29(日) 09:01:17 ID:Bht5koQa0
とにかく日本中心主義は止めて欲しい。戦前の日本の軍事力は
Cクラスだった。米国がA,ドイツ、英国、ソ連がBだ。
常備兵力では支那の国民党軍閥は日本の十倍の250万だ。日本はたった30万。
日本が戦争を始めたわけではない。
ワナにはめられたのだ。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 09:17:53 ID:La5efq750
>>483
>ワナにはめられたのだ。

満州停戦後も北支に介入して抗日煽ったり
禁輸措置を予測しながら南部仏印に進駐したり
日本はどうしようもない馬鹿だったと?

要因は双方にあるが、先に武力攻撃を仕掛けたのは日本だね
自衛というなら、せめて満州に徹してろって


485 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 09:58:33 ID:FUC4/uKP0
これが日教組某県作成の教科書採点表だ
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20010714.html


マルクスの言葉
「青年に対し、祖国の前途に対する希望の灯を奪い、
祖国呪詛(じゅそ)の精神を扶植(ふしょく)することが革命の近道だ。」
日教組は忠実にこれを実践してきたのではないか。
http://homepage1.nifty.com/1010/newpagekakiko.htm



486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 12:57:41 ID:Obnmil920
鉄血勤皇隊編成文書が見つかったらしいね

487 :名無し:2006/10/29(日) 23:31:47 ID:h+dbK0h50
支那事変で上海の日本人居留区を五万の大軍で襲ったのは蒋介石だ。
支那事変はスターリンの命令で蒋介石が始めたことは支那人も認めている。


488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:34:06 ID:+rGfnrG/0
だからー支那事変については、トンでも含めて学説ももめてるの!
ちゅーか、スターリンがなんで蒋介石に命令するの!

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:53:34 ID:H02k8A8c0
>>482>>484
サヨクのレッテル貼りに従うと世界中の全ての国がナチュラルに自慰史観だけどね。
いや、むしろ原爆を正当化してるアメリカとか、他国を侵略した事は無いと言い張る中国とかは
なんて表現すればいいんだ?
たかが日本語時に自慰史観なんてレッテル貼りをしちゃったら、韓国なんてもう言い表す言葉が無いなwww

中立なのがまともだと思ってるみたいだけどそういう思考をしている時点で、まともじゃないぞ。
自分の子供と他人の子供が死に掛けている時に平等に扱うのか?
世界中どこだって自分の国をひいきして当たり前。優先して当たり前。
事実を踏まえながらも、それでも弁護する、味方するのが普通。

世界のスタンダードに対して自慰史観とレッテル貼りしている異常さに気が付けないのは自虐に犯されてるからだろう。
自分の国と他国とを完全に同列で考えてるいわゆる「地球市民」は世界から見て異常だよ。


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:56:12 ID:krKWKer10
イラク戦争は国民から責められてるじゃない

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 00:13:44 ID:z1Ss4XH70

左翼の嘘が全部ばれたから。
ちゃんちゃん。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 00:40:34 ID:7RRXCi5X0
>>488
蒋介石の息子である蒋経国は西安事件前までどこにいましたっけ?

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 20:38:14 ID:ogakiG5S0
チャンコロは戦前、宗族社会の寄せ集めにすぎず、近代国家の体をなしてなかった。
自身の一族や門中の利益を何よりも優先的に考えて行動するものだから、ルールや約束を尊重せず、
法治主義など微塵もなし。これが日本を苦しめた。

これは、今のイラクやアフガンに似てるな。イラクもアフガンも、部族の集合体で、とても国家とはいえない。
そして部族が自分達一族のためにバラバラに行動するものだから、アメリカが言う民主主義など
出現しそうにない。


494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 20:46:42 ID:rRg50JiP0
他国はともかく日本だけは戦争の出来ない国であるのが好ましいのです。
9条を改悪すると、日本は再び侵略戦争に投入する可能性が秘めません。
また日本にはアジア諸国への清算が残っています。


議論ならこちらで対応します→ttp://8912.teacup.com/tama9jo/bbs


495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 21:04:49 ID:L62fj/cf0
>>494
可能性が 秘 め ま せ ん 
変な日本語だなぁ。可能性を秘めないなら改憲してもいいじゃないか。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 00:15:57 ID:ESfwzZm10
>494
9条はカスだ。
憲法は、国家権力抑制装置たらねばならんのに、自衛隊は野放しじゃないか。
いかに軍隊をコントロールし、軍隊の民主化を達成するか。それが憲法議論の中心に
来なければならんのに、ただただ平和を唱えりゃいいってもんじゃねーんだよ。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 00:16:48 ID:GuF5gwUh0
>494
9条はカスだ。
憲法は、国家権力抑制装置たらねばならんのに、自衛隊は野放しじゃないか。
いかに軍隊をコントロールし、軍隊の民主化を達成するか。それが憲法議論の中心に
来なければならんのに、ただただ平和を唱えりゃいいってもんじゃねーんだよ。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 19:25:05 ID:wFlUh6/B0
>>493
じゃあ進出しなければ良かったのでは?

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 20:09:09 ID:EsoChKBx0
数々の利権を求めて各列強が押し入ってるのに、日本だけ遠くから指咥えて見てろってか?

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 20:52:52 ID:b9D9a53O0
当時の世界は列強だけで成り立っていた訳ではないよ。
当時の世界に列強しか居ないと思うのならば、
それは極めて狭い視野しか持てていない。

スイスや南米諸国の存在を忘れてはならん。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 21:05:58 ID:EsoChKBx0
当時の世界は列強ばかりで成り立っていたわけではないってのはその通りだね。
でも日本は列強になるべく多大な労力を費やしてきた。
しかも中国なんて近場だし。そこに日本が食い込めそうな所があるなら、
当時の感覚として出向くのは至極当然じゃないか?

それとスイスや南米諸国なんて全く中国利権に関係ないと思うんだが。


502 :名無し:2006/10/31(火) 23:58:42 ID:wcczdMZO0
1936.12西安事件発生
蒋介石はスターリンに捕まり降伏。対日攻撃を約束。代償は自分の生命と
ソ連人質子息蒋経国の帰国、それにソ連の大軍事援助だ。
蒋介石はスターリンに弱みを握られ頭が上がらなかった。
なお西安事件の現地代理人は中共で実行犯は張学良と楊虎城であった。
対日攻撃を約束したのがヤバイので蒋介石は西安事件を隠すので
ある。しかしスターリンと蒋介石の行動が西安事件の内容を説明している。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 10:24:47 ID:FCAuKGe40
>>499
1930年以降は、列強もこれ以上の進出をやめる事にして、
日本もそれに同意したのに、協定破って進出を続けたのだが。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 12:00:53 ID:YlXohQTc0
戦国時代が終わろうとしている時に戦乱広げようとした伊達政宗。
しかし秀吉にはとてもかなわんと屈服し、徳川時代はあえてバカを演じた。
すぐれた指導者とはこいいうものだ。負ける相手とは戦わない。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 12:46:53 ID:GEs74bF10
小泉君もブッシュの前でプレスリー歌ったりでみごとバカを演じた。
たいした宰相である。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 14:52:54 ID:7KDbtISE0
どうも戦前の指導者どもって将軍様よりバカだったみたいだな。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 16:50:57 ID:9oYsmIKK0
海外に行ったことのない国際感覚のない政治家、軍人ばかりが幅をきかせていたね。
植民地主義終焉の時代に、植民地主義に突っ走った政治家、軍人はやはり問題だ。
またそれらのアジにのった臣民も愚劣だ。
石橋湛山みたいな人がごろごろいればね・・・

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 16:58:54 ID:D1DkZ+V30
国力も無いくせに中国と戦っている状態で米英と戦うだなんて、
本物の馬鹿じゃないかとしか思えない。
米国が悪い、米国が日本を追い詰めた、日本は正義だとかじゃなくて、
結局、日本人は何もできなかった馬鹿な訳でしょ?
言い訳ばかり述べて日本を正当化するのは結局、
当時の日本人が間違った事をしたからだ。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:01:10 ID:UrwqioG00
>>508
まぁお前の足りない脳味噌じゃあそんな評価しか出てこないと思うよ。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 22:31:26 ID:D1DkZ+V30
日本海海戦で見せた鮮やかさも大戦末期には特攻隊作戦に移るんだからな。
日本人も惨めなものだ。日本海海戦で有頂天にあり続けたから、
特攻隊作戦と言う惨めで卑劣な作戦を遂行する事になる。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 22:51:59 ID:n6R+RgBW0
自虐史観って、事実を無視した歴史観に憧れ、自虐的なまでに大日本帝国への評価を高めようとすることですか〜?
間違った事をした祖先より、いま間違った歴史認識の同世代がいる事の方が恥ずかしいな〜。
頼むから、国粋坊は平壌に行ってくれ。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 23:06:33 ID:dO1Y/w0c0
今日も元気に工作開始w

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 23:17:40 ID:D1DkZ+V30
日本は近代化してまず始めに何を引き起こしたか?それは日清戦争である。
日清戦争とはつまりアジア人同士の戦争である。
そこにはアジア解放と言う崇高な理念はどこにもないし、
領土の割譲と賠償金要求している時点で帝国主義丸出し。
武力で金と土地をせびる所はまさに右翼の嫌がる強盗中国人と同じだ。
右翼は台湾独立を叫ぶのだけれど、
日本人が台湾を支配していた事実には目をそむける。

日英同盟締結しながら帝政ロシアと戦う日本。
日露戦争を白人に勝利した戦いと位置づけるが、
植民地帝国である英吉利と手を組んでいる時点で矛盾しているのである。
アジアの解放や人種平等は何処に行ったのか?

日本の矛盾と迷走は日清戦争から始まったのだ。

日本は米英蘭仏の植民地支配を非難するのだけれど、
日本が同盟を結んでいたドイツやイタリアの植民地支配は非難しないのだ。
特にイタリアはエチオピアを併合して、
有色人種を支配していたのに、
悪しきムッソリーニと手を組んでいたのだ。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 23:21:26 ID:D1DkZ+V30
日清戦争で領土と賠償金を奪う姿はまさに
戦後に置いて暴れていた朝鮮人と同じだな。
凶器を振りかざして金を要求し、
日本人の土地に居座って勝手に自分のものにする。

土地と金を奪うのは朝鮮人だけでいいよ。
日本人は国家規模で朝鮮人と同じ事をしていたんだな。
ショックだよ。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 23:24:40 ID:dO1Y/w0c0
ID:D1DkZ+V30は最近日本近代史スレにちょくちょく出没するようになった半端者か?
せっかくだから鳥付けろよ

516 : ◆SxYNdMfFFs :2006/11/01(水) 23:37:00 ID:D1DkZ+V30
よろしい。ではとりつけよう。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 13:04:37 ID:7c53UfWOO
>>1
韓流ブームの可笑しさから、ネットで調べて、
日中韓以外の近隣諸国の原書教科書を集めて、
読み理解してからだな…

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 14:17:21 ID:F0F2fSc00
日本って別に戦争しなくてもよかったのにな

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 17:47:30 ID:pDlbLuDO0
>>517
頑張って目覚めろよ。
とりあえず、「自慰史観」「自虐史観」をウィキで調べてみたら?

一ついえるのは、自虐史観も外国教科書も記述が微妙と言う事だ。
歴史書と論文、学会誌とか読めよ

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 20:49:45 ID:b00GUzJB0
戦争をするのならば確実に利益をあげねばね。
先の戦争のような戦争は絶対に駄目だ。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 20:55:09 ID:F0F2fSc00
日本人は戦争をすることに関心を持ちすぎる
そもそも日本人は関心を持つ対象を選ぶということが出来ない
誰かに指示されるまで日本人は何も関心を持たないのだ
これは個人の自由という概念が日本人にないためである
自由の束縛が日本人を不幸にしていることに気付くべきだ

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 20:58:50 ID:F0F2fSc00
日本人は関心の対象を選ぶ自由を持っていない。
これは事実ではないだろうか?

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 21:06:45 ID:F0F2fSc00
すべての過ちは日本人が不細工人種だからである
もしも、日本人の容姿が白人みたいだったら、
人権や人命や個人の自由といった概念が生まれていた。
だがそれは生まれなかった。
日本人が不細工だったため同胞を痛めつけても何も感じなかったからだ。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 21:08:54 ID:F0F2fSc00
常に関心の対象となるのは美形であり不細工には関心が持てない。
これが日本人の人命、人権軽視の理由である。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:43:11 ID:qoqb7LOf0
ID:F0F2fSc00
どこの板もこの位の時間になると君のような面白い電波君が現れる傾向が強いようだな

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 01:46:15 ID:pPVNllVz0
日本人が不細工ということと神風等の人命軽視の作戦は関係があるのではないか

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 01:48:20 ID:pPVNllVz0
世界には2つの人種がいる。
関心を持ちたい人種と関心を持ちたくない人種だ。
前者を優良人種で後者を劣等人種としよう。
日本人は関心を持たれる人種だろうか?

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 01:52:31 ID:pPVNllVz0
原爆の最大の罪は、日本人を関心を持ちたくない人種に近づけたことだと思う。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 02:00:54 ID:pPVNllVz0
関心を持たれるということは非常に重要である
最も関心を持たれる人種が最も優れているといえる

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 02:16:09 ID:pPVNllVz0
関心を持つということが重要だということを学校教育で教えろ
日本人は根本的なとこで頭が悪い

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 02:24:58 ID:n+lKJNOqO
こういうことを言うネウヨが増えてから
日本は成長止まった

532 :177:2006/11/04(土) 22:11:23 ID:tQ62YCYe0
531<逆だろ。成長が止まったから、ネウヨが増えた。


533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 20:38:42 ID:mDmXegrw0
ネウヨは増えたのは執拗に日本叩きをするブサヨや在チョン・工作員・近隣諸国の日本叩きが増えたため。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 21:23:34 ID:K9vGFuQT0
ネウヨが増えたのは>514みたいなアフォがいるからだろう

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 21:41:23 ID:f/Bn7m170
司馬遼太郎の 竜馬がゆく 翔ぶが如く 坂の上の雲 の 明治維新三部作 を読んでからかな。

太平洋戦争みたいな無謀な戦争をして、日本って、ほんっとに馬鹿なんだ。なんて愚かな国なん
だって思ってたのが、かなり変わった。

でも、昭和の戦争だけは、ほんとうに信じられないほど愚かな戦争だと今でも思ってるけどね。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 01:32:07 ID:U4X4pl6K0
それが自虐史観なわけだが・・・

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 14:50:56 ID:8wmS+qjW0
司馬まで自虐史観とは・・いやはやorz

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:00:52 ID:6MPM2WAZ0
>>1
アジア域内での戦争相手国がアメリカであったということに、整合性の有る理由が見出せなかった時から。



539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:26:02 ID:WixCYyGU0
>>537
それ釣り?
司馬史観をしらんのか?自虐史観の母体になった史観なんだが・・・

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:35:30 ID:RHmNoTim0
太平洋戦争が聖戦だったとか言い出すんじゃないだろうな?w

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 21:48:25 ID:WixCYyGU0
>太平洋戦争が聖戦だったとか言い出すんじゃないだろうな?w

どうして左巻きの人たちってレッテル貼りをしたがるんだろう?
自分に後ろめたい所があるから、他人を誹謗したいんだろうか?
不思議なのは、誰も主張していない事を主張した事にして、その架空の論に反論しだす事。

大東亜戦争の意義や日本の立場を擁護する人はいても、日本が100%正義だったとかあほな電波を
流してる人って実際は見た事無いんだけど、
左巻きの人は「大東亜戦争を肯定するヤツはそう主張するに違いない」って決め付けるたがる奴が多いね。
でも取り合えず、

>太平洋戦争

という名称自体がWGIPによって作られた名称なわけで、
その名称を使っている事自体が自分のスタンスを暴露しちゃっているな。


542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 22:40:13 ID:RHmNoTim0
なにゆっての?コイツw 一人で悦に浸ってる坊ちゃんさん。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 23:46:21 ID:JMhz7gfV0
司馬はなぜか太平洋戦争は目の敵みたいにしてるよね。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 00:12:16 ID:U7oAav4n0
なんだ、自虐に犯された哀れなお子様かと思ったら、ただの煽り粘着クンか。
まともに反論できないからって一行煽りレスをするなよ恥ずかしいなw


545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 00:15:38 ID:J9JO5igP0
>>542
日本語でおk

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 00:37:05 ID:zAhkhMIo0
>>544
何に反論するの?w 一人で勝手にだらだらくだらないことを勝手に想像して
勝手に喋ってる奴に。

人と話ができないってのを強く感じただけだよ。ああ、この程度の奴ねって思ってるよ、
今はね。

さあ、普通に会話をしてみて、俺の認識を変えてみよう。歴史を勉強しはじめて俺だけが
真実を知っているんだ!と興奮している若者よ。頑張れよ。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 01:07:31 ID:4CTeR8TM0
司馬史観って普通に自虐史観だと思ってたが、司馬史観に触れて自虐から目覚めたって
考える人間もいるんだな、面白い。

・・・と思って見ていたんだが、なんかファビョってるなw

取り合えず、工作員みたいな人格攻撃オンリーの煽りレスはしないほうがいいと思うんだがな。
もし工作員でなければ、だけど。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 09:30:00 ID:wN7Dz8Ka0
自虐史観度チェック

廃人・・・日本は有史以来の劣等国で日本人は邪悪な劣等民族。
     未来永劫謝罪し続け、犯した罪を永遠に子々孫々に語り継ぐべき。

重度・・・大日本帝国は世界征服をたくらむ悪の帝国。天皇制は打倒しなければならない。

中度・・・明治は良かったが、昭和になって基地外になった。昭和天皇は戦犯でA級戦犯は極悪人だ。
     太平洋戦争は日本が無謀にも勝ち目のない戦争を引き起こした愚かなものだ。

軽度・・・基本的に考え方は自虐に侵されていず正常ではあるが、世間に誤情報が溢れている為に、
     反日プロパガンダの捏造歴史を史実と勘違いしている部分がある。

さあ、あなたの自虐汚染度はどのくらい?

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 09:52:45 ID:wN7Dz8Ka0
まあ、なんちゅうか重度の自虐から中度の自虐に回復しただけでも
褒めてやっていいんジャマイカ?
ブサヨ工作員に比べれば確実に快方に向かっていると言う事でw

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 10:55:11 ID:kLDM/oSY0
司馬史観・・・古臭い言葉だ。

司馬史観は自虐史観・・・古臭い言葉だ

左巻き・・・・まだこんな古代日本語を喋る奴がいたとは

という感動に溢れてるスレですね。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 12:06:30 ID:grv6KO2k0
日本だけが特筆すべき悪辣な侵略国家・・・自虐史観 低脳サヨ
常に平和を模索していた日本が、悪辣な欧米中と崇高な戦を決意・・・自慰史観 低脳ウヨ
国益(資源や経済圏)を求め、自衛の範疇を越えた行動により追いつめられた・・・○ 客観的な歴史判断


552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:29:51 ID:QpfYlVDXO
ん?

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:51:24 ID:R5jwcvtF0
客観的な歴史判断

制御の利かない官僚組織は必ず暴走する。
国鉄、道路公団しかり、帝国陸軍しかり。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 18:22:31 ID:7Wof93sHO
最初から「制御がきかない」っていってるんだから
そりゃ暴走するだろうな。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 20:31:21 ID:Sok/D09z0
書き込み見る限り工作員じゃなくてただの厨だろう。
放置しとけばいいのにかまうから粘着するんだよwww
厨特有の下らん煽りレス連投モードになってるじゃん。
俺はしばらく他に避難しておくぞw

>>551
そのコピペ、ブサヨが作った印象操作のコピペだぞ。
一見中立なようで実は自虐になってる。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 21:04:28 ID:RyGvb1Yp0
>>551はまとも、>>555は馬鹿ウヨ。
満州の後も華北を勢力圏にしようとして泥沼に足を突っ込んだ。
石原完爾の言うように、せめて満州に徹してろよ。



557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 21:19:00 ID:sPnkCIoa0
556は当時の華北の状況を知った上で言ってるんだよな?
おぅ。これはふぃしんぐーですな。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 21:26:18 ID:RyGvb1Yp0
>>557
↓華北を経済圏に加えようと画策してただろうが。
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/works/KAHOKUA.htm

他にも傀儡政府を建てて密貿易やってたり。

ま、ウヨの頭の中には都合の悪いことは入らんよな。
全部正当な自衛行為なんだよな。

551をブサヨなんていう輩は、自分が相当偏ってる事に気付け。


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 21:50:39 ID:sPnkCIoa0
あちゃー・・・末期か

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 21:57:05 ID:RyGvb1Yp0
551に対抗する歴史観も語れず、
ブサヨのレッテル張りや釣りで済ます馬鹿ウヨ。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 22:08:00 ID:sPnkCIoa0
当時の倫理観に戻れない奴に言われとうない
まぁアカにウヨの楽しいレッテル張りはやめね。


562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:12:23 ID:mdPb5wBj0
ここにいる馬鹿ウヨって、なにひとつまともにものを語ってないでレッテル貼りを
自分で繰り返してる滑稽さに気づいてないよな。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:24:07 ID:sPnkCIoa0
アカにくらべりゃましじゃないか

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 00:24:01 ID:1m5R/qF/0
日本は半島の糞尿を綺麗にし、禿山に植林して朝鮮を救った。


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 02:54:42 ID:cx/8Qe7C0
Yahoo!投票
外相による核論議容認発言をどう思いますか?
ttp://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=204&wv=1&typeFlag=1

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 03:05:29 ID:gaHov9ib0
>>565
日本では議論は自由。ただし、外相の発言としては資質を疑われて当然。
空気読めないやつは大臣辞めてよし


567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 03:37:01 ID:cx/8Qe7C0
そうかい?
大臣クラスの政治家がブラフ一つ満足に出来ないヘタレ国家なほうが問題だと思うがね。

さらに言えば、首脳部としての発言が問題視と言うのは後付で出てきた理論じゃん。
中川の時に誰がそんな事を言ったよ。思いっきり言論封殺オンリーだったろうが。
これまではその程度の言論弾圧で通ってきたのが、今の時代は通用しない。
だからもっともらしい理由を後付で出してきただけ。しょせん卑劣なブサヨの論理に過ぎん。

「日本が核武装するかもしれない」という外交カードを自ら放棄するようなアホな外務大臣だったら
それこそ日本の外交終わってると思うがなw

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 06:28:16 ID:uSPWwcJ60
人類を賭けたパワーゲームに参加するなら
まずは真っ先にテメエの首と尊厳のない死を受け入れる覚悟を聞こうか?

兵器はゲームのユニットじゃねーぞ

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 06:59:53 ID:s+WZ6dyF0
日本語でおkwww

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 10:03:17 ID:Fb+D8MfT0
中国の歴史歪曲を非難する人が居るけど、
日本を中傷する中国人の気持ちが解らないわけではないのも確か。
確かに歴史歪曲は許されざる行為だが、
近現代史を考えると中国人が日本を恨むのも仕方なかろう。
小林よしのりと言った人間はアジア解放を強調するが
日本軍によって不利益を被った人も少なく無いからね。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 10:28:06 ID:Y94h8VrF0
>>567
>大臣クラスの政治家がブラフ一つ満足に出来ないヘタレ国家
麻生発言はブラフにすらならない妄言。まさに「ブラフ一つ満足に出来ない」ヘタレ政治家

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 10:39:26 ID:qJbFCbTx0
そうだな。核論議なんて生ぬるい事いってたらブラフにならんな。
核配備するべきだ。実はもう開発は終わっているくらいは言って欲しいもんだw

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 10:42:01 ID:qJbFCbTx0
日本がその気になれば、即日、数千発の核を配備できるby民主党小沢党首

せめてこれくらい言って欲しいよなw

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 11:09:47 ID:RfOB/WWu0
>>564
山は山のものであり、川は川のものであり、大地は大地のものである。
そこに人間がやって来て、木をやたら切っては禿山にして山をけがし、
地に汚物を撒き散らしては、知らん顔をして大地をけがした。
ついにそこに自然を愛し清潔を好む民が来て、山に植林し、
大地を掃除して清め、自然も人々も豊かに暮らせる場所とした。

自虐史観から解放された今は、そんな風に思うな。


575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 11:34:57 ID:qRvChdPR0
>>570
どうかなあ?
15年戦争時の中国大陸は、正にドイツ30年戦争と同じ様相を呈して
国民軍、共産軍、地方軍閥の私兵、流賊匪賊が跳梁跋扈してたから
誰が人民に乱暴狼藉を働いてたかは、もはや定かでない。

それら中国人同士の悲劇、日本軍の罪とされてるのが現状であり
更には文革時代の狂乱までも日本人に転嫁されてるから
いたずらな感傷論に浸るのは大間違いだ。
中国人は、私達日本人の尺度で計れる人間じゃないよ。



576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 12:36:01 ID:Fb+D8MfT0
日本軍によって多くの中国兵が殺されているからな。
日本人の中には兵士を殺す分なら問題ないと考えている奴がいるが、
殺される方や殺される兵士の家族からすればたまったものではない。
それに兵士も一応は自国民だからね。
日本軍は三百万人位の中国兵を殺していたそうだが、
相手が侵略者ならなおさら恨みも強かろう。
自国民が三百万人も殺されたのなら恨みも大きいだろうし。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 12:39:20 ID:Fb+D8MfT0
>575
内戦と対外戦争は同じに語れないよ。
源平合戦が内戦であるのに対し、
元寇は侵略者との戦いであるからね。
国共内戦が兄弟喧嘩みたいなものなら
日本軍との戦いは侵略者との戦いだからね。
同じには語れん

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 19:29:56 ID:JasrQ8je0
576
あの日中は戦争してるんですが・・・

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:23:42 ID:BkF9jEPg0
戦争している場所が問題だな

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 21:37:42 ID:WJiTcMof0
本当の世論はこんなもんだw
ttp://www.yoronchousa.net/webapp/vote/result/?id_research=1440

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 23:23:00 ID:djJ71FRJ0
日中戦争の意義は、中国は自分の領土を取り返すため。
日本は自分の権益を守るため。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 23:47:26 ID:7C5+0/PY0
中国は一度でも占領したことのあるところは
もともと他の民族の住んでいたところでも、
すべて自分の領土だからな。
一度も占領したことのないところでも、
中国人が自分の領土と考えたら、自分の領土だから。


583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 10:27:14 ID:KGMvT50d0
>>580
そういう自主投票を世論調査と思っているの?
中学校くらいからやりなおした方がいいね。

同一人物が何回でも投票できるんだから。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 10:42:15 ID:F2CtLx5Y0
田代砲

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 13:30:07 ID:ReRHiZiN0
>>583
釣り?リアヨロ知らんのか?
ヤフーよりよっぽどしっかり管理されてるぞ。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 14:55:48 ID:YWi3bFFt0
>>585
俺、同じネタのところに50票以上投票したことあるよ。
たいしたパソコンの知識もない俺でも数十票程度ならできる。
パソコンの知識が豊富な人ならかなりできるんじゃないの。




587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 15:54:11 ID:ReRHiZiN0
やろうと思えばどこでも可能だな。
しかし、この場合、ヤフーとリアヨロを比較してどっちが管理体制がシッカリしているか、
どっちの方が信頼性が高いかという事になるんだが・・・
と言う事を議論するまでもなく、ヤフーが逃走wwwww

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 16:34:17 ID:kjY+JucX0
ヤフーとリアヨロw
目くそ鼻く(ry

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 16:57:49 ID:ReRHiZiN0
悔しいのは解るけど現実を見つめようなwww

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 17:07:00 ID:nue2Rcb70
┏━━━━━━━━━━━━━┓ ┌──┐
┃  中川翔子 特設 おっぱい   ┃ │検索│←
┗━━━━━━━━━━━━━┛ └──┘

        _  ∩
      ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
       ⊂彡

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 09:53:37 ID:tOdOVAQl0
>>1

先輩の彼氏がヤクザみたいな人で
お店に来たら
いっつも同期の桜を歌いながら
カラオケの画面を見て
『あんたら、誰のおかげでこんな生活できるかよー考えや』といわれてから。
画面には特攻隊の方々の映像がノモクロで映ってました。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 10:32:09 ID:Cs4Fv9LR0
なんだかブサヨの粘着厨が湧いてるのか?
このスレの主旨から言えばブサヨなんて存在自体がスレ違いなのになwww
なんでわざわざ荒らしに来るのかね?
そういう行為をしてるから存在自体が痛いと言われるんだなw

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 12:43:26 ID:sqZJa/bO0
>>558
まあ、英仏なんかは今更加えようと思わなくても既に世界中に経済圏を広げてるからこの時期に無理無理拡大を画策する必
要はないわなぁ。「金持ち喧嘩せず」だわw
英仏より遅れて、日本より先んじて経済的には帝国主義になったアメリカは日本と中国経済圏を争ってたわなぁ。中南米だけ
じゃアメリカの生産力を支える経済圏としては弱いからね。
そういう意味では、日米は満州事変前から経済的には既に開戦状態、政治的には冷戦状態であったとも言えないことはない。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:39:16 ID:w7PSC63F0
アジア蔑視、どんな民族よりも日本人が第一位、帝国意識、大国意識が
あったからこそ大変なことしちゃった・・・という自虐史観になっていったんだな。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:43:57 ID:bN48wQ1C0
自虐史観というより戦前否定史観だわな。
源氏が平氏を否定する。
徳川が豊臣を否定する。
明治政府が徳川幕府を否定する。
というのと一緒だな。


596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 21:21:59 ID:cz4rHNFT0
その逆は何でも肯定史観

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:42:31 ID:7oANRj/A0
イラク戦争を自虐・自慰で書いてみると

【自虐史観】
アメリカはイラクに侵攻した。イラクが大量破壊兵器を製造していることを
戦争の大儀をしたが、それら兵器は見つからなかった。
この戦争によりフセイン政権は倒れ、アメリカはイラクに傀儡政権を立てるが
反米テロが頻発し、政情は安定しなかった。
また開戦の際、欧米各地でアメリカに対する反戦デモも起きた。

【自慰史観】
アメリカはイラクに侵攻した。イラクが大量破壊兵器を製造していることを
戦争の大儀をしたが、それら兵器は見つからなかった。
しかし、この戦争によりフセイン政権は倒れ、フセイン政権の圧政に苦しんだイラクの
シーア派住民を解放した。


598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 10:29:52 ID:cUPd9is70
結果がすべて。
イラクが10年もしてどういう国になったかで判断できるんじゃないかな。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 10:55:13 ID:9VSfsbGE0
意味が分からん
国民の開放って他国が行うことなのか?
イラク国民がどうなったか以前に
根本の部分でズレてる

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 11:14:59 ID:QNaoypqHO
その家の子供の面倒は親がやるのが一番だしそれが子供のためになると思うよ。
しかし世の中、うまいこといかないわけで、ほかの親が口を出さなきゃ行けないときもある。
どちらが子供のために幸せかわからんがもう、その親のもとにうまれた時点で不幸がきまってるのかもしれんがね

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 12:25:02 ID:G9rOBXzz0
イラクは他民族の人造国家。日本なんかと同列に語られる国家ではない。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 12:38:51 ID:G9rOBXzz0
×他民族
○多民族

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 13:07:02 ID:/pQz1qI00
>>601
他民族は解るが、人造国家って何だ?
人間以外が造った国家があるのか?

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 14:19:25 ID:s41jo4Z+0
小林のようなので理解できないのは歴史は栄光に満ちていないといけないのか?
歴史が仮に栄光に包まれていたとしても、
現在に生きる自分自身に与えている影響なんてこれっぽっちもないと思うが。
アレクサンドロス、カエサル、始皇帝、ハンニバルのような人間が
自国の歴史に居たとしても、それは遠い過去の事だし垢の他人の栄光。
結局、自国の歴史に栄光を求める人は虎の威を借りる狐であって、
自分自身が惨めだから他人の威を借りて自分を誇示しようとしているんでしょ?
一つ述べておくけど信長や秀吉なんて垢の他人だよ。
信長や秀吉が偉くったって現代に生きる人たちなんてこれっぽっちも偉くない。

韓国人の如く他人の威を借りるしかできないのは間抜けだと思うんだが。
大体、自分自身が偉かったり他人に評価されている訳でもないんだし。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 14:22:33 ID:s41jo4Z+0
韓国人の自国起源主張なんて自分が無能な間抜けだからこそ、
他人の威光を借りようとしているんだな。
仮に韓国人の主張が事実でもそれで韓国人が偉くなる訳ではない。
諸葛亮の志を評価する日本人が居たとしても今の中国人が
評価されているかと言うとそれは別問題。

歴史の中の事なんて所詮は垢の他人の出来事なんだから、
何でそんなにムキになって全面的肯定を行いたいのか解らない。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:05:22 ID:qLWqSLRd0
>>603
日本や中国あたりは自然発生的な国家。
アメリカ、イスラエル、中東あたりは一般に人造国家。



607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:56:09 ID:k55j7zQ80
★李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:03:04 ID:qLWqSLRd0
日本の小作人を解放したのはアメリカだった!
(正確に言うと占領軍の威光を使った農水官僚)

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 14:29:11 ID:p8QqvthS0
>>606
ロシア帝国は自然発生国家だが、ソビエト連邦は人造国家。
新羅〜大韓帝国は自然発生国家だが、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国は人造国家。
・・・と解釈しているがおK?

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 02:04:59 ID:he994Vr80
アボーン

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 15:19:50 ID:8eCQ3EoX0
>>609
OKでない。
大韓民国も朝鮮民主主義人民共和国もともに土着の人間が作っている国家
であり、国境線も大国が勝ってにひいたものではないだろう。


612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 15:21:13 ID:8eCQ3EoX0
たとえば、アメリカが命令して九州に朝鮮人を移住させて新国家作れとでも
やれば人造国家。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 16:09:37 ID:BUM4iszE0
>>611
> 国境線も大国が勝ってにひいたものではないだろう。

両国の国境は極めて人為的な国境線だろ。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 16:16:20 ID:yrjqha0+0
中東とかのまっすぐな国境線。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 12:55:39 ID:4kxkH51e0
自由主義史観なんて単に言葉遊びだな

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 14:10:16 ID:nFAEVJ/w0
日本だけが特筆すべき悪辣な侵略国家・・・自虐史観 低脳サヨ
国益(資源や経済圏)を求め、自衛の範疇を越えた行動により追いつめられた・・・客観的に見せ込んだ自虐史観 低脳サヨ
常に平和を模索していた日本国民が、悪辣非道な欧米中と崇高なる聖戦を決意・・・○ 客観的な歴史判断


よし、あとは任せた。↓

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 17:03:24 ID:hFA1bZUK0
↑満州事変以降の行動を、平和を求めた崇高なる聖戦と思ってるアホ。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 18:15:03 ID:b1rGTf/M0
↑日本の行為を全て卑しいものにしないと気が済まないドアホ

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 18:39:19 ID:hFA1bZUK0
616と618はドアホ
どの勢力も利益を求めて行動しただけ

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 19:41:22 ID:vLDjQhfs0
いや、普通に釣りだろ?
釣りのレスにマジレスしてどうする?www


621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:35:10 ID:b1rGTf/M0
              ∩___∩
            /  ノ   \  ヽ 
            | ●    ● |   なにマジになってんの?
          彡   (_●_)    ミ  
           /、   |∪|    ,\   この鮭の切り身やるから帰れよ
          /.|     ヽノ    | ヽ   
       ,,/-―ー-、, --、   .|_,|
    r-、,'''";;:;;:;::;;;;:;;::;:;:;;::;:;`'- /_,l,,__ )
   |,,ノ;;:;r'" ̄ ゙̄^"`Y'-、;;;::;:;::;:;:;:;::;:|
    .ヽ,′       ;   `"";;;;;⌒゙')
     ´`゙'''''''''''‐-‐'"`‐-‐'"゛  `゙´
              |  .‖ /
            ("___|_`つ


622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 11:27:31 ID:u4pZ5E900
ハーバードを出てアメリカで働いていたという他の将校とはちょっと違って日本人捕虜に話しかける
きさくな将校がいた。彼に、「日本が戦争を起こしたのは申し訳のないことであった。これからは
仲良くしたい」」と日本の将校が言った。すると

「君はスレイブだったのか」と居住まいを正していった。「われわれはわれわれの祖国の行動が
正しいと思って戦った。君達も自分の国が正しいと思って戦ったのだろう。負けたらすぐ悪かった
と本当に思うほどその信念は頼りなかったのか。・・・・・負けたらすぐ勝者のご機嫌をとるのか。
そういうひとはスレイブでありサムライではない。われわれは多くの戦友をこのビルマ戦線で失った。
私は彼らがスレイブと戦って死んだとは思いたくない。私たちはサムライと戦って勝ったこと
を誇りとしているのだ。そういう情けないことを言ってくれるな」

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 15:52:50 ID:fZWKtmvT0
ネットウヨってコピペしかできないんだよな。自分の言葉が無い。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 21:55:41 ID:aJmbWgMD0
そういうお前はどんなカキコが出来るの?さぞスレが盛り上がる内容をカキコ出来るんだろうね。
これは楽しみw

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 23:06:56 ID:zbQG8bJ/0
インターネットが、左翼の作り出した言論空間に風穴を開けた。一般人ではなかなか
目に触れないような「歴史の一級資料」が続々とネットで公開され、左翼の嘘が全部
ばれた。「嘘つきは信用されない」。これは日本人が今も受け継いでいる美徳だ。


626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:30:27 ID:+H5Vd1fu0
ネットウヨは大本営発表をそのまま信じちゃってる人多いけど
美しいことだな。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:36:15 ID:spp40hr60
サヨの嘘とか言うがウヨもウヨで信用ならないんだが。
アジアの解放を疑いもせずに訴えている辺り、韓国人並に思考が停止しているとしか思えん。
言った者勝ちとでも思っているのかどうか知らないが、
詳細な検証も加えずに訴えるだけなのであれば韓国人と同じだぞ。

ウヨなんて頭が機能していない。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 18:08:52 ID:YPKFE7Fn0
だから周辺諸国が日本の功績を認めてるだろうが。ことごとく文盲なのかサヨは。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:38:25 ID:kT08zfFk0
間違っても、渡部昇一氏の「国民学校生」程度の認識で書かれた本でないのは確かだ

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 01:03:44 ID:xXSZtSrO0
>628
俺に言わせればウヨの歴史観にとって都合が良い
親日的な人たちの発言を引用しているだけで、
客観性や公平性を重んじたものだとは思えない。
都合のよい発言や都合の良い部分を引用したり強調するのは歴史を考察する上で
止めるべき事だし、朝鮮人を非難しているウヨがそんな事をしてはならない。
大体、太平洋戦争なんて日本 対 華蘭英米濠ソなのだから
アジア解放にはならないし。

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 01:07:43 ID:xXSZtSrO0
それにウヨの強調する人たちってウヨの歴史観にとって都合がいいだけの
少数の人たちだけだし、アジア人が何億と居る事を考えると
ウヨが好む人たちの歴史観がアジア人の総意だと考える事はできない。
日本ですら多様な歴史観と異なる価値観を持っているのに、
何億と居るアジア人が日本を肯定的に見ているとは限らない。
日中戦争に参加した中国兵って日本軍を解放軍と考えているのか?
日中戦争には日中両軍併せて何百万と言う人間が参加したが、
日中両国全ての人間が日本を解放者と見なしていたとは思えないし。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 01:11:06 ID:xXSZtSrO0
太平洋戦争にはフィリピン人は日本軍と戦った事があるらしいな。
何かタイ軍とも日本軍は戦っているようだし・・・。

大東亜会議にはインドネシア・マレーシア・ラオス・カンボジア・ベトナムの代表は呼ばれなかったからな。
日本のウヨの人たちは最近になってチベット・トルキスタン・台湾の独立を応援しているが、
当時の日本人なんて会議にチベット・トルキスタン・台湾の代表は呼ばなかったからな。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 02:22:53 ID:yn/Gf5OZ0
★李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp
歴史を見直そう。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 12:15:40 ID:QRV5MpUh0
加害者の視点が問われだすと平和主義が衰退するのが必然の法則

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 15:35:14 ID:7eaqh97+0
お、フランスがドイツに降伏したらしいで・・・・
よっしゃ!この隙や!わしらいったるでぇ・・・
仏印ゲット!資源いっぱいあるわぁ!
投資ゼロで植民地を獲得・・こんなうまい話あるかなあwwww
よぉし!この調子で他の植民地もさらったるわあ!!

え、原住民の抵抗が激しいって!・・・うーーーん。そうやなあ・・・
あ!それならわしらが進出する代わりに独立させたるっつーことにしよぉ・・・
あ、独立は建前ね。。。アホか、本気で独立させたりしても、わしらになんもメリットないやろ!
そうやって嘘をいっておいてワシ等が支配するんやwwきっとうまくいくで!

ん?そりゃあ原住民を殺して食料奪いましたよ?・・・・でも、それも解放戦争のためやw
ん?確かに原住民の女は犯しまくりましたよ?・・・・でもそれは聖戦のためやw
ん、まぁ抗日の奴らは殺しましたよ?たっぷりね・・・・それもわしらの戦争のためや!
だからいう!わしらは悪くないでぇwww!!!
正義のための戦争をしたんや!

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 15:37:15 ID:7eaqh97+0
イクサの後はなんといってもセックスに限るな。
おい!朝鮮人慰安婦!こっちによれ!
おまえ、今日相手をするのは何人目や?・・・・12人目?
お前もセックスがすきやのぉ・・・わしもすきやで!
ほいほいほい、あ、あ、いくいく・・・・ドピュッ・・・・あーー超きもちい!
嫌がる女に射精すんのは快感やで。。。。

60年後・・・・・・・・
ん、個人補償?てめえ!何言ってまんねん!
個人補償はもう終わってる!契約書見せてやろうか・・ホラ!
40年前に契約交わしとんねん。うらむなら、あんさんとこのボスを恨みなw
ほら、もうさっさと帰れ、このヤリマンばばあが!

まぁ・・・日本でちゃんと誤ろうとしたのは、細川さん、村山さん、海部さん、天皇様くらいやな。
わしら右派は謝りたくないもん。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 16:13:16 ID:qQSQzmgU0
2chに来るようになって、しばらくしてから、思想的な書き込みをたびたび見かけるようになって、
始めは冷めた目で見ていたけど、>>635-636みたいな左巻きの人たちの基地外じみた下劣なレスに
たくさん触れたからかな。
思想とか、主張とか以前の問題で、人間として品がなさ過ぎる。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 18:56:34 ID:xFaaYQEn0
君は2chにむいてないとおもふ

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 19:03:35 ID:UMebrREv0
>>638
いらん事言ってないでチョンは半島に帰れよw

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 19:18:14 ID:xFaaYQEn0
↑絵にかいたようなネットウヨ書き込みキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 19:34:50 ID:9A7cq4sEO
台湾は日本領なので呼ぶ必要はない。
仏印はヴィシー・フランスの植民地
日本は占領したが主権はフランス側


642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:30:29 ID:UMebrREv0
>>640
ほざいてないでいいからはよ帰ればかチョンがw

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:35:18 ID:zP0UzUXc0
あははは
語彙が少ないバカウヨwww

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 11:53:22 ID:HisyBq/80
642は武田鉄也?

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:07:23 ID:dZz8LVcr0
チョンはスルーしような。
しょせん馬鹿の一つ覚えのあおりしか出来ないんだから。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:51:33 ID:RrCbycqX0
ネトウヨもスルーしような。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:54:35 ID:QNO1mn9c0
ネトウヨもスルーしちゃうと2chのこのての板は存在できなくなる。
ネトウヨをからかって暇つぶしするためにある。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:42:24 ID:eyxHgS6B0
うはwwwチョン臭ぇwww
チョンってゲロみたいな臭いがするよねwww

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 08:24:44 ID:nqkSZiQZ0
>>648
お前の鼻腔がゲロでいっぱいなんだよ。それぐらい気づけよ。だから脳内がゲロ
でいっぱいなんだよw

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 15:34:36 ID:Lv5D6Aj60
自分と違う意見の人はすべてちょん。
ゲーム脳だな。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 22:50:54 ID:Ia0uuuaV0
うはwww今日もチョン臭ぇwww
チョンってゲロみたいな臭いがするよねwww


652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:21:49 ID:V0jCWp8t0
www←芝生

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:27:17 ID:wpAQfWNYO
このスレには二種類の人間しかいない。
自分と違う意見はすべてチョン、な奴。もしくは
自分と違う意見はすべてネトウヨ、な奴だ。
さあ、煽ってみようや。釣るためにな。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:59:59 ID:V0JBDDrM0
教育再生特命委員会は1日、地方議員から教育現場の声を聞いた。

日教組や全教が支配する学校では、「人権」「平等」「平和」「国際理解」
の名の下に、公立中学校の卒業式で韓国旗が掲揚された事例や、
反日・反天皇教育のパネル展が校内で開かれたことなどが紹介された。

議員からは「指摘された問題は氷山の一角だ。実態調査をするべき」
などの意見が出された。中山成彬委員長は、「地方議員は学校現場に
入りやすく実態を把握しやすいので地方議員の力を借りて教育再生を
図りたい」と述べたうえで、「今後は党として教育再生を目指す地方議員
の会を全国展開したい」との考えを示した。

ソース:自民党
http://www.jimin.jp/jimin/daily/06_12/01/181201d.shtml


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 10:50:04 ID:K5FdXjMAO
「自虐史観」の論客と、保守陣営が直接対決して論争している本を教えてください

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 11:49:03 ID:zJ5ZRp9M0
俺はアンチネットウヨだからちょんだな。


657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 19:52:46 ID:acspIyQGO
わたくし親韓、且つネットウヨなんですけど…。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 16:15:34 ID:sahEYFfZ0
>>657
朝鮮右翼。
暴力団に多いでつな。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 22:20:20 ID:yGTDtHFa0
世界同時革命を目指す親米民主主義派の俺は何派だろうか

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:33:41 ID:O7diwg0q0
今、マスコミや民主・社民が「タウンミーティングやらせ問題」でやたらとわめいているのって、これがばれたら困るからなんじゃないの??

――――――――
タウンミーティング・・・・世論操作と税金

 政府はひとつ隠しているね。
 この計上予算には、地元マスコミへの対策費がある。地元新聞、
 地元テレビ局、地元業界紙・・・ミニコミ誌対策もはいっているか? 

 あと、市民団体を名乗っている、極左団体対策費。これは、地元警察との
 連携でおこなわれるのだけど、一時、タウンミーテイングで、プロ市民系が、
 わさわさ押しかけて、極左教条主義的な質問をくりかえして、
 タウンミーティングそのものが、乗っ取られそうになった。

 ま、日本的な傾向として、普通の市民は、そんな面倒なところにいって発言したり、
 質問したりしない。政府にいわせると、そんなとこに駆けつけて、わざわざ質問するのは、
 意識ある市民で、ノイズイ・マイノリティーで、これは政府からみると目障り。
 サイレント・メジャリティーこそが、政府の支持層ということなんだろう。
――――――――


661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:47:07 ID:Uvzek+EO0
エレベーターのボタン押し係って何だよwwww



662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 10:56:06 ID:h8xGfNRS0
>>1
俺の場合は
昔は左の新聞やテレビの主張に結構影響受けてたと思う
さすがにサヨクな活動とかはしてなかったが
2ch来るようになったときもスポーツ板ぐらいしか見てなくて
政治系のは敬遠してた
きっかけは中国の反日デモあたりだな
以後政治系の板も見るようになって
テレビが全く報じてないようなのを知ったりだとか
右左の新聞の社説やらレスやら見てたら自然と

まぁ戦前当時の日本即ち悪だっていうのは普通におかしいんだよな
イメージの刷り込みってのは恐いもんだ

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 12:31:11 ID:mvuF0KOO0
やっぱ新聞やらテレビやらのマスコミ情報しか知らなかったからでしょう。
でもって、日本が戦争を仕掛けたから悪いという単純な話で納得してたけど、
アメリカはどうして戦争を受けてたったの?正義と教えられてたアメリカが、
まぁまぁ戦争なんて止めようや、とならないのはどうしてなんだろな、と疑問を持ち
ネットから情報を仕入れられるようになって、なんかおかしいんでないのとなったわけです。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 12:37:52 ID:EVlDtKJa0
>>662
2chのすりこみも恐ろしいよ。
バランスが大切だね。



665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 14:58:58 ID:06J6FiFZ0
馬鹿はTVを見て左に育ち 2chを見て右になる。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:52:22 ID:ptNQnRpV0
そしてそのうち右だの左だの言ってることが馬鹿馬鹿しくなる
しかし浜の真砂は尽きるともの例え通り別の新たな馬鹿が再生産され
以下ループ



667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:11:59 ID:RO6/ClTq0
そしてソレを見て笑ってる馬鹿がいるってか

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 09:32:21 ID:b8hFEhTC0

まさに真理

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 11:43:58 ID:Ffq15Sf70
左右のけんかは2chの鼻

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 04:26:03 ID:y/C2KOHe0
もともと洗脳なんかされていない・・・と思っていてもあるときに
自分が間違った歴史を史実だと思い込んでいた事に気付かされたりする。
自虐の根は結構深い・・・

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 04:51:32 ID:cc/3GmmP0
私は自虐史観へ戻りつつあるw

大東亜戦争の原因においてウヨにはイロイロ意見がある。
代表的なものは、
「大東亜戦争は白人の植民地支配からアジアを解放するアジア解放の戦いだった」
というのと
「大東亜戦争は、支那事変については中国共産党、太平洋戦争についてはアメリカルーズベルト政権、という敵国の陰謀に巻き込まれた。日本は被害者」
というのがあるが、
この2つは絶対に両立しないじゃないか。

たとえば、もしルーズベルトがハルノートという無理難題を吹っかけなかったら、
日本はアジア解放に立ち上がらなかったということか? おかしいだろw
もしアジア解放のためなら、ハルノートがあろうがなかろうが関係なかろう。

しかも保守論客とかいわれる人には、この2つを同時に主張してる人がいたりする。


672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 05:20:46 ID:zyPVD4QB0

これを見れば、いかに世界で日本の社会や文化が高いレヴェルにあり、賞賛されているのか(調和性、平和志向、芸術、文学、サブカルチャー)が分かる。
そして、いかに日本人が学生時代やアカヒ新聞で自虐史観に染め上げられ、自信喪失、自己否定、自虐思考に陥っているのかが良く分かる。
やはり、僕たちは日本に誇りを持ち、良き伝統文化を保ちつつ、発展させていかなければならない。

http://www.youtube.com/watch?v=RbQFVBTBTOc&NR



673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 05:38:02 ID:AiCVYWTzO
何故か厨のころにゴー宣が無性に読みたくなり、戦争論を買ったこと。


674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 13:04:19 ID:qzbrGO8N0
まぁ動画を見てみて。
陰謀が本当かどうか、俺にも分からないがとにかく楽しんでいこう。
真剣にならずに楽しんで予測してれば、失敗しても傷つかない。


関連リンク
リチャードコシミズ氏が、朝鮮人ユダヤ人アメリカ人を痛烈批判!
911自作自演テロとオウム事件の真相を暴く!
http://www.youtube.com/watch?v=JitAbTrGnMg
http://www.youtube.com/watch?v=9U6VIwWgXOU
http://www.youtube.com/watch?v=LMqcXpjitF4
http://www.youtube.com/watch?v=Lnq2Xsk-r2Y
http://www.youtube.com/watch?v=7gDvEUjfSFY
http://www.youtube.com/watch?v=5j9JsBTaY98
http://www.youtube.com/watch?v=nKydmyygm1c

安倍晋三はやることなすこと米国ユダヤ様のご命令通り。犬6匹目。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1166005144/

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 11:58:41 ID:+XYtl5co0
アジアの解放うたうなら朝鮮や台湾をまっ先に独立させろやw

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:15:55 ID:b0q4AP0J0
>>675
朝鮮は独立できなかったし、台湾は中国の一部。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:07:22 ID:A7GScgB90
>>676
で?

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:26:22 ID:b0q4AP0J0
>>677
朝鮮は独立できなかったし、台湾は中国の一部。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:50:59 ID:A7GScgB90
>>678
アメリカは独立させたじゃん。
満州も中国の一部じゃん。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:54:31 ID:b0q4AP0J0
>>679
いつの話?

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:58:56 ID:1wxiM1rc0
1943年のカイロ宣言あたりだろう。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 01:50:56 ID:aEeitsQ20
「大東亜戦争は白人の植民地支配からアジアを解放するアジア解放の戦いだった」

「大東亜戦争は、支那事変については中国共産党、太平洋戦争についてはアメリカルーズベルト政権、という敵国の陰謀に巻き込まれた。日本は被害者」

どっちが正しいの?

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 02:20:13 ID:SsyjTeuK0
かなり古いが、東京サミットが開かれた年に、歴研の集会に行ったら、
「東京サミットの過剰警備はファッショへの回帰を実感させる」
「ヒロヒトが通る沿道の自治体とマンション管理組合が、ベランダに布団を干すなと触れ回った。
今の日本は江戸時代より自由が抑圧されている」

およそリアリティーのない憤り、絶叫、訓詁学的コジツケ、素人臭い政治的発言のオンパレード。
こいつら、全員バカじゃないのかと思った。

あれから20年。われながら、正確にものごとを見ていたと思う。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 08:20:58 ID:3oICn24s0
>>682
どちらも正しい。

アジアの盟主たらんとしていた日本は欧米との戦争は望んではいなかった。
日本中心の大東亜共栄圏は欧米の望むところではなかった。

ゆえに陰謀と経済封鎖により追い詰められた日本は自衛のために戦争に突入した。
↑これが当事の日本の主張であった。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 09:17:24 ID:Hsnj2kjL0
>>682
保守派の言い分を見れば分かるが、どっちをとるかは時と場合により変わる。
ご都合主義でね。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 09:32:03 ID:zLYNonQU0
>>682
前者は余り意識していなかったかと思う
後者のほうが比較的正しい

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 10:09:47 ID:3oICn24s0
時間軸を考慮して国益としてとらえればどちらもなんら矛盾しない考えだ。

アジア(日本)の台頭がアジア主義の思想をはらんでいた為に欧米にとって日本は
目障りな存在に映っていた。両陣営の確執が陰謀や経済封鎖という事態に
立ち至り政府も世論も戦争に傾いていった。同時に戦争回避の努力も続けてはいたが
外交がダメダメで戦争に至ってしまった。

日本の台頭を許したくない欧米が日本を戦争に誘い込んだ理由とは、アジア開放や
アジア主義の実現によってアジアの権益を日本にすべて奪われてしまう恐れがあったから。

これを日本側の論理で話せば、
「大東亜戦争は白人の植民地支配からアジアを解放するアジア解放の戦いだった」
↑上で述べたアジア主義を建前としてあげればこういう表現もありでしょう。
つけくわえればあくまでも日本を中心としたアジア主義です。

「大東亜戦争は、支那事変については中国共産党、太平洋戦争についてはアメリカルーズベルト政権、
という敵国の陰謀に巻き込まれた。日本は被害者」
↑これは蒋介石が中国共産党と手を組み欧米の後方支援に助けられていた事などを指しているのでしょう。

おおまかにはこんな所が当事の日本の主張だと思う。それが正しい事かどうかは人それぞれ。

688 :欧米中が敵に回って当然:2006/12/26(火) 11:00:30 ID:dZXfBIBM0
>>687
>↑これは蒋介石が中国共産党と手を組み欧米の後方支援に助けられていた事などを指しているのでしょう。

日本が自ら調印した九カ国条約を破ったのを完全無視な論法。
条約破って被害者面。
ソ連を批判できなくなるね。


689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 17:22:17 ID:PJS1RpIM0
20世紀前半は戦国時代末期。末期だというのにもう一度戦国にしようとした
日本がぼこぼこにされたということ。

正義は勝つじゃなくて勝ったもんが正義。負けたもんはDQN。
それが世の習い。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 19:04:01 ID:GrF/3A580
「戦争に負けて良かった」

敗戦の惨めさを掻き消そうとするこの考えこそ自慰史観である。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 03:04:52 ID:dhp4UzBN0
>>688
九カ国条約を読んでみたのだが
何処をどう反しているのかちょっとわからなくて
チャンコロに何度も攻撃された上に上海で日本人を虐殺されて激昂した日本軍が宣戦布告して起こした日中戦争が違反ってことかな?

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 05:18:08 ID:/sZh/nuR0
>>691
満州事変の段階から九カ国条約違反が指摘されてる。

日中戦争(シナ事変)は日本軍は宣戦布告を出してない。
北京占領の際に現地司令官が開戦通告は出してるが。
第二次上海事変はその後。


693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 09:16:54 ID:zyyAwwb20
ちょっとぐぐって見た。
満州事変は九カ国条約違反にはあたらないようだ。
国民党と停戦協定を結んでるようだし。しかしその協定が
結ばれること自体、中国がいかにバラバラな状態だったかがわかるな。
国の態をなしてないぞw列強に食い物にされるわけだ。

歴史的には盧溝橋事件が違反と言えば違反か。
日中戦争の発端になったんでしょ?九カ国条約から15年後だな。

知れば知るほど面白いな。日本ってけっこうしっかりと約束を守ってたんだな。
間違ってたら指摘お願いします。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 09:28:08 ID:+kBBNiRf0
>>693
>満州事変は九カ国条約違反にはあたらないようだ。
列強が様々な事情で追求を避けただけで、客観的に見れば明らかに
中国の主権、領土を新たに侵害しており、九ヵ国条約違反。

>国民党と停戦協定を結んでるようだし。
正確には関東軍と国民党軍の司令官による戦闘停止協定であり、
政府間、国家間の講和条約ではない。
停戦=戦闘行為の停止であり、日本の満州占領や満州国を
国民党政府が認めたわけじゃない。

>しかしその協定が 結ばれること自体、中国がいかにバラバラな
>状態だったかがわかるな。
そんな事は無い。侵略国に対しそれを追い出せずに停戦協定を結ぶ事は
良くある事。一次大戦でクリスマス停戦が行われた事があるが、イギリスも
ドイツも分裂していたわけではない。

>日本ってけっこうしっかりと約束を守ってたんだな。
不拡大声明しながら錦州爆撃とかやって拡大を続けたり、
タンクー協定の中国側非武装地域に傀儡政権作ったり、
上海の居留民保護(普通は引き揚げさせる)のための出兵といいながら、
南京まで攻め込んだりしているが。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 09:43:23 ID:zyyAwwb20
訂正、日中戦争って呼称はマスコミの後からの情報操作だったのが今わかった。

当事は支那事変(シナが変換されない)と呼ばれていて日米開戦までは
蒋介石も日本も戦争という形を取るのを避けてたんだね。戦争になってしまうと
日本は国際的な孤立をますます深めるからと、蒋介石は欧米の後方支援をもらえなくなるから
らしい。

>>694
サンキュ
錦州爆撃、タンクー協定ね、これは面白い。もっと調べるよ。
お正月の暇つぶしにはいいかも。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 10:12:20 ID:z3cSnwXE0
おりからの支那の排日運動。ベースに中華思想があったのか、ロシア革命→コミンテルン樹立の影響か、
排日運動には過激な暴力性が加わり、支那居留の日本人への襲撃が相次いだ。
北伐が行われる中、1927年には南京事件で日本人1人を含む6名が、28年の済南事件では12名が虐殺されてる。
満州では、日本人に認められていた居住権や営業権を侵害する政策を違法に一方的に推進され、列車妨害も茶飯事。
済南事件の直後に張作霖を爆殺。継いだ張学良軍の日本への弾圧は筆舌に尽くしがたく、
奉天近辺だけでも暴行や器物破壊等の日本側被害が一年間で30万件を超えている。
さらに日本が権益を持つ満鉄の脇に、並行する鉄道2本を一方的に敷設。日本側が再三抗議を申し入れたにも関わらず、これを無視。
結果、満鉄の売り上げは三分の一に激減している。
柳条湖事件の5ヶ月前には、日支外交折衝の中で関東州と満鉄を回収するという支那の方針が露呈。
柳条湖事件の3ヶ月前には、満州で中村大尉事件が起きている。軍用調査に赴いた中村大尉他3名(日本人は2人)を拘束し、
銃殺後に遺体を焼いている。
外交面では、済南事件以降、幣原が長らく協調外交をとっていたにも関わらず、
支那側は相も変わらず、既存の条約を無視した無軌道な革命外交の一点張り。
こんな支那に対して、満州国建国をなぜもっと上手にできなかったのか…。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 10:23:46 ID:0f97x3Xw0
まぁあよく分からんが、
中国大陸には日本人とは違う民族が住んでいて、
日本軍の進入に抵抗した国民党や共産党こそ
自衛戦争だと思うのは間違い?

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 11:23:42 ID:ulh+bQ430
>>696
>満州国建国をなぜもっと上手にできなかったのか

建国はうまくやったと思うぞ。
問題はそのあと利権目当てのえげつない連中がやってきて
他民族を見下しまくって反感買ったりしたことだと思う。
結果それが抗日運動を引き起こしたり中共につけこまれる元だったりする。
国際社会が文句言えないような国が出来てれば歴史は変わっていた。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 11:49:46 ID:8/LNtOeM0
>>698
中国でもソ連でもいいが北海道にいきなり軍をすすめて榎本武揚あたりの子孫
をかついで傀儡国家を建国してもあなたは文句言わない?

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 11:52:34 ID:SVq/ZkNL0
原爆投下が正しかった事は言うまでもない。
原爆投下は日本人を絶望の淵から救い、善良な国民に買えた正義の鉄槌だった。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 13:48:22 ID:+kBBNiRf0
>>696
>排日運動には過激な暴力性が加わり、
日本側が軍事恫喝で権益の拡大やろうとしたからねえ。

>1927年には南京事件で日本人1人を含む6名が
独立派テロが外国人を殺害するのは良くある話。幕末日本でもあったでしょ。

>28年の済南事件では12名が虐殺されてる。
出兵なんかして緊張を煽るから・・・ 居留民保護を名目に出兵しておきながら
かえって居留民を危険に追いやっちゃうんだものなあ。

>済南事件の直後に張作霖を爆殺。
爆殺したのは日本ね。念のため。

>継いだ張学良軍の日本への弾圧は筆舌に尽くしがたく
そりゃ父親を殺されれば・・・

>満鉄の脇に、並行する鉄道2本
実際には100キロ以上離れていたのだが。山陽本線と山陰本線が競合している
と主張しているようなもの。

>関東州と満鉄を回収するという支那の方針が露呈
権益回収運動ってのはそういうものだが。本来の租借期限は切れているし。

>満州で中村大尉事件
そりゃ外国軍人が自国の要地を自国軍人なりの付き添いも無しに偵察して
いたらスパイと疑われても仕様がなかろう。

>既存の条約を無視した無軌道な革命外交の一点張り。
植民地独立運動ってのは大抵、既存の条約を否定するものだが。

>こんな支那に対して
上記のように別段、異常な真似はしてないが。正当性の有無や上策か否かと
問われれば話は別だが。

>満州国建国をなぜもっと上手にできなかったのか…。
日本の傀儡、属国としてという前提がある以上、最初から無理がある。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 13:53:33 ID:+kBBNiRf0
>>695
日本も軍需物資(石油、鉄)を米から売ってもらえなくなる。

それと英の支援に問題は無い。国際連盟加盟国同士で、同盟関係と言っても良いし。
米の場合は中立法と言う国内法があって、交戦国に武器や軍需物資の輸出が出来ない。
ttp://www.c20.jp/1935/08cyuri.html

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 14:12:31 ID:eAEfCjdE0
>>699
別に榎本武揚には北海道を統治する正統性がないと思うがw

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 14:56:05 ID:8/LNtOeM0
>>703
つ蝦夷共和国

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 16:49:05 ID:sMQA3H580
>>701
つまり日本がやったことはすべて悪、
中国がやったことは、不当かもしれないし悪いかもしれないがそれなりに理由があるんだよ、
ってことでおk?

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 17:34:21 ID:+kBBNiRf0
>>705
>つまり日本がやったことはすべて悪、
悪とは言ってないよ。まあ、正当性や説得力に欠ける行動だらけだったのは
事実だが。満州事変なんか、正当な動機付けが出来るのに、国際連盟も
そこら辺は配慮してくれていたのに、欲張りすぎて台無しにしたりしてるからなあ。

>中国がやったことは、不当かもしれないし悪いかもしれないがそれなりに理由があるんだよ
こちらは概ねその通り。>>696が「こんな支那」と一方的に中国側が悪い
ような書き方をしていたから。
もちろん、日本のやった事にもそれなりの理由がある。米英にもな。
ただそれらを比較検討すると、やはり日本の分が悪いのも事実なんだよなあ。

あの戦争に至る経緯に関しては日本の不手際が多すぎ、下手過ぎたのは
否めないよ。総力戦時代に政府が軍部を制御できないんじゃ、まともな
戦争が出来るはずが無い。それを認める事が自虐とは私は思わない。

707 :705:2006/12/27(水) 18:04:38 ID:/KqJq8nx0
>>705
俺も満州事変については外交が下手すぎだということは認める。
ただ694では法的な話を持ち出しておいて、701では中国人感情に沿った言い訳をしてるから、
自虐っぽい臭いがプンプンするなあと思ったの。
満州国の建国を否定したいなら、その部分だけ否定しておけばいいんじゃないの?
俺は今のところそういう考え。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 18:05:27 ID:/KqJq8nx0

>>705 じゃなくて
>>706 でした。

709 :706:2006/12/27(水) 22:27:06 ID:I7BRdCFK0
>>707
>俺も満州事変については外交が下手すぎだということは認める。
外交以前の問題。中央の統制を無視して勝手に軍を動かした板垣、石原を
処断できなかった時点で近代国家失格。

>ただ694では法的な話を持ち出しておいて、701では中国人感情に沿った言い訳をしてるから
日本の行動には法的に問題があるという話と、中国の行動にも(日本同様)
それなりの理由があるという話は別物だが。中国の行動にも法的な問題は
あるが、比較検討すると日本の方が問題が大きいと言うのが私の意見。

>満州国の建国を否定したいなら、その部分だけ否定しておけばいいんじゃないの?
山東出兵はまだしも、張作霖爆殺はじめ満州事変以降の大陸での
行動は拙すぎ、下手すぎ。満州事変だけが拙かったわけじゃない。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 23:51:54 ID:P4Aegn+S0
左翼の殆どが在日。 ところで在日とは・・・・?
戦前、及び戦後の混乱期、半島に居住していて酷い差別を受けていた白丁という
朝鮮奴隷が日本に(密)入国し混乱期の日本に乗じて駅前や商店街、その他の土地、家屋を占領、占有し、
自分達は敗戦国民ではなく3国人だと屁理屈をコイて、日本国で強盗、強姦など暴虐の限りを尽くした結果、多くの
日本人に3国人は酷い、悪いという印象を与えると 今度は手のひらを返したように
自分達を3国人というのは差別、蔑称であると言い始め、自分達は日本人に酷い差別を
受けたというストーリーを捏造し 無法者の集団の力で在日特権を確保、増大させてきたのが
所謂 在日韓国朝鮮人どもです。
左翼はそういう奴らの代弁者であって まさに日本、日本人の敵であるのが実態です。
即ち、各職場、マスコミ、政治家の一部、公務員、労組、日教組、解放同盟、ヤクザ エセ右翼。。。の中に
彼らが蠢き日本を食いつぶそうとしています。
そういう穢れた生物が左翼です。
日本人のみなさん、奴らに騙されないようにしましょう!


日本は支那・韓国・朝鮮!どもの理不尽な嘘の捏造、恐喝、屁理屈に絶対に
屈してはなりません。

http://www.geocities.com/deepgreenpigment/#006


711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 01:39:08 ID:daEPnTS70
>>709
あんた客観的に見てるんじゃなくて、結局日本が嫌いなんだろ。
朝からはりついて、この年末にお暇ですな。

712 :706:2006/12/28(木) 03:54:18 ID:WpIr8KCb0
>>711
情けなくは思っているよ。日露の時は偉業と言うべきほぼ完璧な対応を
成し遂げたのに比べて、昭和のあの体たらくはね。その残党、同類が
未だに生き残って蠢動している現状にもね。
自虐史観など存在しない。客観的分析の結果に耐えられない自我の
肥大した自己中心的な人間の頭の中以外には。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 04:01:03 ID:ck0n3EJO0
>>712
むしろ、客観的分析の結果に耐えられない自我の肥大した自己中心的な人間の頭の中に、
世界で唯一ともいえる自虐史観が生まれたんじゃないかな。お前みたいに。


714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:55:27 ID:nKlQSAL60
自虐史観というのは、敗戦という言葉を使った洗脳性を帯びてるんだと思うんだが、どうだろうか?
ケンカで負けると、悔しいという気持ちと共に、どうしてやられたのかって自己嫌悪に陥る。
敗戦も同じで、戦争に負けたんだろという言葉は、自己嫌悪に陥らせて洗脳されやすい状態を作り出すんじゃないかと。
そこで客観的な敗戦の反省も必要だったんだが、反日的な意図を持った輩が、
そこにつけこんで必要以上に日本を貶めてきた。今でもいるしな、そういう奴。汚い奴らだよ。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:12:35 ID:EuYdn0MK0
今では絶滅しかかってる。
かわりに、日本はなんでも正しい、間違いはない、悪いのは白人と中国人と
コミンテルンていうやからがわいてでてきているな。

洗脳という点では同じなのに。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:17:54 ID:ZddvNcc70
>>715
いや、まだまだ健在だろ

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:24:17 ID:JWaxR4A50
>>714
>敗戦も同じで、戦争に負けたんだろという言葉は、自己嫌悪に陥らせて洗脳されやすい状態を作り出すんじゃないかと。

洗脳とか考えすぎ。右に揺れすぎた反動。
軍部は強圧的で言論も不自由だが信じてきた。しかし結果は悲劇。
戦前アレルギーになる人が多いのは当然。

客観的に見たら酷い戦略と軍部独走を許す体制で破滅に繋がったのだから、
あまり美化出来ない。

しかし長年にかけて他の列強と渡り合ったり、
日本敗退後のアジア独立の要因を残した事も事実。


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:35:54 ID:nKlQSAL60
>>717
> 軍部は強圧的で言論も不自由だが信じてきた。しかし結果は悲劇。
> 戦前アレルギーになる人が多いのは当然。

悲劇とは何? 敗戦のこと?

> 客観的に見たら酷い戦略と軍部独走を許す体制で破滅に繋がったのだから、
> あまり美化出来ない。

破滅という言い方に洗脳性があるんじゃないかと言ってるんだよ。
実際には破滅なんかしてない。敗戦も通過点だと考えるべき。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:47:47 ID:JWaxR4A50
>>718
大空襲等、市民被害多数の件は特に悲劇だね。君は知らないの?
そもそも軍部独走を絶対に許さない体制だったら満州事変もなく、
あんな形での日中〜大東亜戦争も無かったがな。

>実際には破滅なんかしてない。敗戦も通過点だと考えるべき。

一度破滅しただろ。
アメリカが日本復興に協力したのも防共の役割があったからで、
状況が違えばどうなってたか分からん。
通過点なんてのん気な事も言えなかったかもな。


720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:59:27 ID:nKlQSAL60
>>719
> 大空襲等、市民被害多数の件は特に悲劇だね。君は知らないの?
> そもそも軍部独走を絶対に許さない体制だったら満州事変もなく、
> あんな形での日中〜大東亜戦争も無かったがな。

個人の死という視点から、急に日本の体制の話?
死を連想させるものを見たり聞いたりすると、
冷静な判断はできなくなると、BBCのドキュメンタリーでやってたよ。

> 通過点なんてのん気な事も言えなかったかもな。

歴史が語られるとき、1945年8月15日を極端な悲劇の結末として語られるから、
あえて結末ではなく、通過点だと言ってるんだよ。


721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:11:34 ID:EuYdn0MK0
一歩間違えればチェチェンやチベットみたいになっていた。
お前も俺もこの世にいなかったかもな。

今があるのは運がよかっただけ。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:23:11 ID:nKlQSAL60
>>721
お前は低脳なんだろうが、>715で言ってることには、少しだけ同意してやる。
戦争の話でアメリカへの怒りを誘発することで、洗脳されやすい状態になることは確かだろうな。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:41:51 ID:4LKbGiBn0
>>721
それは敗戦の結果と言う意味?
それともあそこで米英と戦わねば、と言う意味?

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 16:25:25 ID:EuYdn0MK0
>>723
敗戦の結果という意味。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 16:38:43 ID:zvGXxahDO
http://jbbs.livedoor.jp/study/8169/ きたれ

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 16:59:24 ID:4LKbGiBn0
>>724
なら同意。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 17:45:31 ID:oeVk+qWb0
>>722
石原都知事でさえ、単なる通過点とは考えてないよ。
あの人は体験者だから悲劇と考えている。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 17:59:13 ID:Rjr/fTVH0
あれだけの国民を死に追いやっておいて通過点とか言えるやつはそれこそ売国奴だろ。

729 :英霊という侵略強盗殺人犯と戦前の軍拡エロジジイ:2006/12/29(金) 01:36:33 ID:yNKTSy7T0
2000万箱詰めの鍵を握る糸山元自民党議員の元秘書が家族共ども“行方不明状態”06/12/25夕刊フジ
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20061213
糸山・石原連合に手も足も出ない地検特捜部
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
■石原都知事がもらった2000万円(佐藤立志のマスコミ日記)
日時は今年の9月14日、場所は高級料亭の吉兆。金は糸山が1500万円を出している。
石原は糸山に何でそんな高額な金をもらう下賤な奴になり下ったのかと思いきや元々金には汚なかったようだ。
この記事で指摘しているのは三男は2000万円のうち500万円をもらってるのに政治資金収支に記載がない。当然、本人はもらったなんていわないわな。    
公費使ってヨットだの、馬鹿息子に迂回の公費だの、石原は都民の血税を何と思っているのか。東京オリンピックでごまかすなよ。
石原のでたらめぶりは、このサイトがまとめている。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
えらそーに天下国家を論じながら、糸山ごとき怪しげな人物から金を押し戴く、
品性のいやしさ。海外に妻を公費でファーストクラスで連れて行く傲慢さ。
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061223
そして、石原慎太郎は、自分の発言にシーンと静まりかえる会場を見回しながら、得意満面に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、水谷建設元会長と料亭で500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html


730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 02:42:06 ID:iLohZc3P0
ともかく、原理・勝共の青年たちを「反共だから仲間だ」「選挙に応援に来てくれるから同志だ」と安易に考え、
付き合っていたら大変な目にあう。彼らのストイックなまじめさは見とめる。
自民党青年部にも右翼にも、こうした青年は少ない。だからこそ、彼らに感激するのだろうし、
その気持ちは分かる。われわれだって、くやしい。だが、彼らは決して自民党や右翼の使い走りではな
い。彼らの力を見そこなってはいけない。

彼らの力をもってしたら全国で一人や二人の国会議員を身内から出すのは簡単だろう。
それをあえてしないのは、もっと大きな野望があるからだ。元、原理研にいた友人に聞いたが、
それは久保木氏を日本の首相にしようという野望だという。世界の独裁者は文氏で日本の首相は久保木氏というわけだ。
自民党や保守的文化人、右翼に近づき、それらの人々をシンパにしようとしてるのもそのためだし、
大学でのオルグもそれを射程にいれてなされているという。
http://www.asyura.com/sora/bd11/msg/691.html

資料:民族派団体一水会代表、鈴木邦男氏 反統一教会 論文 昭和六十
年、1985年、朝日ジャーナル
****************************************************

↑やばいぞ。21年前の予想が的中してるwwwwwwwwww

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 05:04:50 ID:6DzXPLasO
何かお勧めの本とかない?戦争論が人気みたいだけど。やっぱこれ?

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 03:57:42 ID:ZcPhj1Ka0
あs

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:03:52 ID:y06oU4sp0
小林よしのり『戦争論』の元ネタは、トンデモ本・大井満『仕組まれた“南京大虐殺”』(展転社・95年)だった

http://homepage3.nifty.com/hirorin/nankinb01.htm
とにかく支那軍は何から何までルール無視で 周りを惨禍に巻き込む戦法をとるのだ
便衣兵
同朋への略奪・暴行・殺傷
清野作戦
国際法違反逃亡
督戦隊
で…でたらめ…


 デタラメなのはあんたの方だって!(笑)
 この1ページの中にどれだけデタラメがあるか挙げてみよう。

@ レディバード号は確かに砲撃されたが、沈んではいない。
A レディバード号に中国兵が乗っていた事実はない。
B たとえ乗っていたとしても、当日は朝霧がたちこめていたため(それで英国旗が確認できず、
中国艦と誤認されたのだ)、このマンガのようにはっきりと船上の兵士の姿が見えたはずがない。
C パネー号(「パナイ号」という表記の本も多い)は南京の上流32キロ(資料によっては「40キロ」)
の地点に投錨していたのであり、「いやがらせのように」「戦場を航行」などしていない。
D パネー号が砲撃を受けている絵が描かれているが、実際は海軍航空機による爆撃で沈んだのである。

 いったい小林氏はこんなデタラメな知識をどこから仕入れたのか? これまた元ネタは
『仕組まれた“南京大虐殺”』なのだ。



734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 21:25:44 ID:Aetb2fLO0
自虐史観と言われるものは存在しないと思う。
一部の馬鹿ウヨは狂ったように日本の弱腰外交とやらを土下座外交であると称するが、
日本なんて一度も土下座した事もないし。
謝罪なんてものはつい最近になってやり始めただけで、反省しかしてなかった。
基本的に日本は自国のした事を誤りだとは思ってないし、
昭和天皇が死ぬまで謝罪しなかった事を考えると自虐なんてものは誇大妄想以外のなにものでもないんだな。

中国を侵略して中国人を虐殺しながらアジアの解放を訴えている時点で
日本人の歴史観なんて解るもんだし。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 21:35:56 ID:Aetb2fLO0
中国侵略・中国人虐殺を行っているのに昭和天皇は最初から最後まで詫びなかったんだからな。
曖昧でぼかした言葉を使うばかりで謝罪なんてものはしなかった。

それでいて自虐云々を主張するのは誤りだろ。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:09:01 ID:QMIYD/6u0
かわいそうにw

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:23:52 ID:Aetb2fLO0
日本の行ってきた事を考えると謝罪すれば許されると言うものではないのだが、
土下座を渋っている時点で反省の色なんてないし、謝罪していると考えるのは早計だろ。
日本人というのは謝罪すれば全てを許してくれるほどに寛容な連中ではないしな。
交通事故を起した時にすみませんの一言さえ言えば
弁償を勘弁してくれる日本人なんていないし。
日本の働いた罪を考えると土下座をすれば許されるものではないのだが、
土下座すらしてないのに土下座外交だと訴えアジア解放でもないのにアジアの解放を強調している時点で、
ウヨのキチガイ染みた妄想がよく解る。

俺は日本軍の侵略にあって殺されて人生を踏み躙られた何の罪もない中国の方々を思うと
ウヨの差別的な言動に腸が煮え繰り返り、
日本人である事に失望感すら抱いてしまう。
昭和天皇に土下座するように求めなかった時点で、日本人に反省する意識なんてねーし、
日本の植民地に設置された総督府の総督が全て日本人で
台湾に自治権すら与えなかった時点でウヨがキチガイである事がよく解る。

僕は日本人である事が悲しいです。
日本軍の侵略によって多くの中国人は人生を踏み躙られて
つみなき人々が虐殺されました。
昭和天皇や東条英機に土下座をさせなかった時点で、
日本人の邪悪さが見て取れます。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:31:50 ID:Aetb2fLO0
日本人の謝罪すべき人たちは中国人に限らず欧米人に対しても謝罪しないといけないのです。
真珠湾では何の罪もないアメリカ人が虐殺されて人生を踏み躙られました。
キチガイウヨはアジアの解放を強調するばかりで、
日本軍のせいで多くの人々の人生が踏み躙られた事を無視しています。

侵略者・悪の虐殺者である日本軍のせいで
多くの何の罪もなき善良な人々が人生を踏み躙られたのに、
日本人が謝罪すらできないのは実に嘆かわしい事です。
日本人が始めた侵略戦争の数々で多くの人間が傷ついたのに
心無い暴言を吐き続けて開き直り続けています。
死ねよウヨ。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:20:06 ID:mdqTQgdx0
ウヨが発狂したか・

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:29:45 ID:VTFPX/of0
日本に定住する朝鮮人がこの神州に土足で踏み込んで来た時期は大きく分けて二つある。
一つは日韓併合の後の時期、両班に差別された白丁達が、
両班の搾取に耐えられなくなり、近代的で清潔な日本に移り住んで来た。
もう一つは第二次大戦後、済州島に住んでいた白丁達が
韓国政府と韓国軍の弾圧と虐殺から逃れ日本に密入国してきた。
いずれにしても結論として言えることは
@日本に定住する朝鮮人は白丁の子孫である。
A日本に定住する朝鮮人は自ら日本に来たのであって強制連行などは存在しない。

ついでに通称「従軍慰安婦」と呼ばれた朝鮮人売春婦は自らの意思か、
又は朝鮮人の親が朝鮮人の女衒に売り渡したために売春婦となっただけである。



741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:37:38 ID:Aetb2fLO0
土下座すらしていない時点で自虐云々を言うのは誤りだろうな。
日本人として生きていれば解るが、
日本人は誤れば許すほどのお人好しではない。

謝罪すれば許されるだなんてのは実に甘い考え。
土下座すらしていないのならなおさら。
それだけ日本の侵した罪は重く、許し難いのだ。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 01:34:11 ID:OfGIQs7z0
>>741
よし、じゃあお前が日本を代表して自腹にて謝罪の旅をして来い。
許してもらえるまで帰ってくるな。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:06:23 ID:/71oqUGK0
>>742
日本と違って、あっちは謝っても許さない文化だから
永遠に帰れないよ

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:49:28 ID:rVEMymp20
僕は日本兵が嫌いです。
中国人や欧米人を苦しめるだけに多くの何の罪もない善良な人々を戦争に巻き込み、傷つけてきました。
しかしも中国に対して謝罪も賠償もしていないそうなんです。
日本人つて最低ですよね。
日清戦争の後に清国が賠償金を支払ったのとは対照的に、
日本は中国に対して賠償金を支払わずしかも戦勝国である米国に賠償金を支払う事はありませんでした。

実を言うとぼくは連合軍によって日本が蹂躙された事が誇らしく思う事があります。
たくさんの日本人が死んでよかったです。

結論から言うとジャップ無様だなwwwww

745 :釣りたいのなら美味しい餌つけろ。:2007/01/04(木) 05:33:36 ID:3EFXywsdO
744 小学生でも書かない低脳の文章だな。中共政府もこんなアホなことは書かない。釣りのつもりで書いてるんだろうけど、意味不明事実誤認はなはなだしいもので、食い付くこともできない。もっと歴史と国際法と国語をお勉強しようね。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 10:39:08 ID:RD6unfTa0
>>744
あからさまな燃料投下は逆に萎える

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:20:33 ID:gT46Lt+X0
あげ

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:41:51 ID:2aQNKqbQ0
★★★★★東条英機を、日テレ「ヒーロー」特集で一位に★★★★★★★

『日本人が好きな100人の偉人〜英雄編〜』で東条を一位に!
ttp://www1.ntv.co.jp/ijin/form/hero/index.html

ゴールデンタイムの特番でサヨク史観を大否定しましょう!!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
保守派の中でも解釈が分かれる東条英機だとおもいますが
@同盟国ドイツの反発を恐れず
「俺が腹を切る覚悟で参謀本部を説得する」として
松岡洋右と共に、杉原千畝のサポートをし、
人種差別をしない八紘一宇の精神を貫て、多くのユダヤ人の命をを救った
Aインチキだらけの東京裁判において
戦争回避のために首相に就任したにもかかわらず
国民世論の高まりを抑えきれずに開戦した責任として
あえて逆賊の汚名をかぶることで
天皇を守りきった
などの功績は確かにあり、
サヨクマスコミが絶対に隠しておきたい嫌な事実でもあるわけです
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

1位、2位の人物は必ずVTRが作られます。
ゴールデンで東条が英雄第一位になる光景を是非見たい方

単にヲチしたい方も是非おねがいします!!!
(票の分散を言い訳にさせないために、いちおう、新字体の東「条」で統一してもらえると助かります)

★★★★★東条英機を、日テレ「ヒーロー」特集で一位に★★★★★★

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 12:32:35 ID:VB51ebDR0
そもそもつくる会みたいなイデオロギー性を帯びた歴史観は信用しないな、おれは。

750 :ほりうちさん◇vgS1bMpIM :2007/01/07(日) 21:11:26 ID:UspMiGhd0
戦前、黄色人蔑視と黄禍論に惑わされ、日本を戦争に誘い込むために数々の軍事圧
力と経済圧力をかけ、資源の80%近くの封鎖を行い、日本を干上がらせる政策を
採り、戦争と成るや、住民皆殺しを計り都市を囲む焼夷爆弾を投じた後に中心を爆
撃するとか、原子爆弾を都市住民に投下するなど、ドイツ人以上のジェノサイトを
したアメリカを小林氏が憎むのは解ります。

私もこの事例や、ソビエトの日本軍人シベリア奴隷連行(抑留)、そして中国韓国
が戦前にどれほど日本から、富と技術を投資してもらい(日本の国や民間が両国に
投資した額を現代に換算すると、数百兆円になると言われている。(\(`o'") コ
ラーッ!これほど世話になっておいて、何が侵略だ〜!!(`o´)!)あの当時の
世界の最貧国を、曲がりなりにも、日本と同等にまで引き上げてもらった恩を仇で
返す、歴史改竄に、反日教育をしている事実、これらは正規の歴史事実と照らし合
わせ、日本国として事実をきちんと表明すべき事、断固抗議すべき事!

『嘘で塗り固めた反日教育を止めない限り、今後一切のODA援助は止める!』と
宣告すべきだと、私は思います。私達は21世紀の今を生きています。今この21
世紀に、国益と国民の豊かさと幸せを考えた時、アメリカ以上に、私達に安全と安
心と豊かさをもたらしてくれる国が(同盟国)あるでしょうか?過去は過去、今は
今です。私達は明日に向かって生きなければならないのです。

歴史に学ばなければならないのは当然の事。しかし、現代で、自由主義国、法治国
家、民主選挙で選ばれた者を最高指令者とする、自由民主主義国アメリカを非難し
攻撃する以前に、軍事覇権国家、民意弾圧、ならず者の強盗国家二つが隣国だとい
う事実をしっかりと日本国民に認識させるべきです。今の小林氏は一部保守派知識
人の方達への反目から、日本の真の憂いを見る目を曇らせ暴走しはじめたとしか私
には思えません。アメリカを攻撃するよりも、まず国内の、偏向報道マスコミや、
軍事覇権国家の傀儡化してしまった政治家をあぶり出す事が先であり、そのほうが
今の日本の安全、安定、国定の為に急務だと私は思います。


751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:40:03 ID:AQhnzpg80

護憲派を馬鹿にする愚かな人達の共通点について

注意1、改憲派出入り禁止
注意2、市民を脅さない事
注意3、アジア諸国を批判しない事
注意4、日本の過去の過ちを認める事
注意5、正しい歴史認識を述べる事
注意6、軍国主義者はスルー
注意7、日本の侵略戦争を肯定しない事
注意8、9条を守ろう

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 02:47:54 ID:tE+39zBc0
『諸君!』 2007年2月号

白熱の激論六時間 「冷戦」は終わっていない!
伊藤 隆(東京大学名誉教授)/櫻井よしこ(ジャーナリスト)/
中西輝政(京都大学教授)/古田博司(筑波大学教授)
外に共産主義独裁国家群の反日包囲網。内にメディア、大学、政界トップに浸透する
「見えない左翼」たち。この内憂外患に打ち克たなければ、日本はまた「敗戦の日」を
迎えることになる

5 大学を牛耳る左翼シンパ
http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/


この座談会によると、大学の歴史・社会学系の教授では、左翼が圧倒的優勢で、
彼らは教授会を牛耳り、衰退するどころか、その勢力をますます拡大しているらしい。
学生もそうで、古田氏のゼミでも学生のほとんどが左翼で、「先生、『諸君!』に
掲載するのだけはやめて下さい」と学生に言われたりするほどだって。
大学人事はこうした左翼に牛耳られ、共産系の学長もあちこちにいるそうだ。
東大はまだましな方で、京大は左翼だらけだって。
左翼に敵視されると教授になれないようだ。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 01:42:24 ID:T0+M+nC70
民主党という政党は
 古い自民党の腐敗体質+社会党の独善労組、左翼偏向日教組+韓国民団+在日反日組織+・・・・

即ち、腐った既存利益保護と売国労組と反日教育と左翼文化人と公務員、在日の特権保護と
中韓北朝鮮の利益の代弁、即ち、捏造自虐史観の押しつけと日本国の誹謗、疲弊を目的とした
最悪の売国奴の集団です。 こんな政党が数を増せば、我らの孫子に甚大なる被害が及びます。
こんなどこの国の政党かわからないような政党に 騙されないようにしましょう。
時計が数十年逆回りしますよ。 そしていつのまにか日本の主権はないがしろにされ、領土の一部は
中韓に実質占領、統治される事になります。即ち国益を大きく損ない、二度と元の日本には戻りません。


270 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)