2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本国王は朝鮮国王、琉球国王と同格

1 :辻小姐:2006/09/21(木) 00:59:57
唐から日本にあてた国書としては、唐・開元23年(735)玄宗皇帝の与えたものが、
中国側文献に残っています。
玄宗の側近の張九齢が日本にあてて起草した国書は
「日本国王主明楽美御徳に勅す、(第九次遣唐使の帰国にあたり与えられた) 」
で完全な臣下あての形式をとる勅書です。

張九齢が起草した諸外国の君主宛の国書によると、
諸外国のランク付けは次のようであった。

吐蕃−突厥・突騎施−新羅−奚・契丹−渤海・南詔−護密・識匿・勃律・けい賓・日本

当時外国に対して発せられる皇帝の命令には二種類の書式があったが、「勅」で始まるのは
最下等の書式であった。(東野治之氏)

当時の国書には一般に、「皇帝敬問」「皇帝問」「勅」の三形式があり、「勅」は君臣関係がある
場合に用いられた。(金子修一氏)

2 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 01:04:04
ばあちゃんが言った。
「1番は1番いいけど1番大変だよ。2番目くらいがいいんじゃないかねぇ」
僕は聞いた
「でも2番は2番目に大変なんでしょ」
ばあちゃんは言った。
「そうだね。でもね2番には1番になるって目標があるからね、頑張れるよ」

そんなばあちゃんが病気で倒れたとき僕はばあちゃんに言った。
「ばあちゃん、僕、ばあちゃんのことが世界で1番好きだよ。早く元気になって。
 僕をひとりにしないで」
ばあちゃんは一生懸命笑って言った
「こればっかりはやっぱり1番が1番嬉しいねぇ」

ばあちゃん、覚えてますか?
その1番はばあちゃんがずっと持っていてください。

僕は1番になる目標を持った2番でいいんだ。
ばあちゃんが好きだった2番が大好きなんだ。

ばあちゃんに届け!2ゲット!

3 :辻小姐:2006/09/21(木) 01:07:24
その後、菅原道真により、遣唐使が廃止されましたが、1372年5月、
懐良親王が、洪武帝に再び「日本国王良懐」の称号を授けられまし
た。

4 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 01:54:03
日本国王は金印だから銀印の琉球国王よりは格上だよ。

銅印の朝鮮国王は琉球国王よりも更に下っぱ

その上、日本では天皇の臣下が日本国王を授けられるようになった。

中華皇帝が誰かを日本国王と認めても、日本国王の領地である日本では日本国王当人が天皇を主上として臣従したんだね。

中華皇帝の面目丸潰れ。

5 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 02:46:07
宗主国様は父
ウリナラは兄
日本は弟

6 :辻小姐:2006/09/21(木) 03:13:08
>>4
冊封国であるということには違いありませんね。都知事も府知事も県
知事も、知事であるということには違いありません。沖縄県知事より
東京都知事のほうが偉いということはありません。

7 :辻小姐:2006/09/21(木) 03:24:32
>>4
天皇は将軍によって、しばしば流刑に処されましたが、天皇によって
退位させられた将軍は徳川慶喜だけです。将軍は天皇の家臣ではあり
ません。

8 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 04:01:50
征夷大将軍とは天皇から任命されないと就任できない天皇の臣下だよ。

天皇を流罪にする臣下は逆臣だが、
逆臣だからといって征夷大将軍が天皇の臣下ではないという事にはならない。

実力で凌駕すると臣下ではなくなるのであれば、
琉球国王も朝鮮国王も日本国王である征夷大将軍よりも格下だ。

琉球国王も朝鮮国王も、最終的には日本国王よりも実力を持たない天皇の臣下となったのだからな。

9 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 04:12:50
中華最後の皇帝は中華民国によって廃位された後、
日本の支援で満洲国皇帝となった。
しかし清朝歴代皇帝に伝わる黄色の衣服を公式の場で着用するのは日本によって禁じられていた。

中華皇帝に対して衣服の着用に関する事にまで命令を下す日本の臣民が最強。

10 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 04:21:17
金印、銀印、銅印は役職の格式の差を表す一例だよ。
言うまでもなく金印を与えられる国王の方が銀印や銅印しか貰えない国王よりも格が高い。

11 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 04:25:30
日本国王の領地である当の日本では中華皇帝や日本国王なんてまったく何の権威も無い。
冊封なんて日本には無関係だよ。

貿易の為に日本国王のアカウントを利用して稼いだハッカーが居ただけ。

12 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 04:28:54
ちなみに薩摩藩は琉球国王の肩書きをハッキングして貿易していた。

琉球王国の最高実力者は琉球国王ではなく、薩摩藩だったからね。

13 :辻小姐:2006/09/21(木) 04:39:23
>>8
この板では、主に原始時代、古代、中世の話題を扱っています。明
治・大正・昭和天皇のことであれば、彼らは愛新覚羅溥儀、バオダ
イ、シーサワーンウォン、シハヌーク、プミポンをも実質的な家臣に
しています。

14 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 04:45:17
日本では古代の時点から既に冊封を拒んでるから日本国王は実質的に空位なんだよ。

中華皇帝から日本国王の位を授けられたハッカーが当の領地である日本では天皇の臣下に過ぎない時点で、
日本では中華皇帝の権威が無に等しいと分かる。

15 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 06:21:05
中国において龍は権威者を象徴するが、中国皇帝の龍は5爪、
琉球国王が許された龍は4爪。日本に許された龍は3爪だった。

中国から見て琉球国王は皇帝の孫と対等の待遇だった。

16 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 08:45:53
琉球は軍需物資である馬と硫黄の貿易で稼いだ経済大国だったからね。
現代で言えば戦車とプルトニウムみたいなものと例えたのは井沢元彦だが上手い表現だ。

17 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 09:54:39
薩摩藩は琉球国王の肩書きで中国と正式な貿易が出来るわけない
薩摩藩がやったのは密貿易 つまり、幕府から見れば御法度
琉球の名を借りたのはパリ万博へ独立国として参加した時
これも幕府から見れば敵対行為
幕府側と会場で鉢合わせしてもめたという

18 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 09:59:51
> ハックとか武器輸出とか「死の商人」とか

民度低いね!犯罪県民?

19 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 10:03:13
薩摩が琉球の貿易に口出しできたのは琉球に貿易の元で(資金)になる
銀を貸していたから
銀の取れない琉球は薩摩のふところを当てにしていた

20 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 12:23:42
>>1
はいはい、日本の総理は中国の首領様にはお目通り出来ません。 これから
言うと、中国から見た国の格は 北朝鮮>韓国>>>>>>日本 でしょう。
御満足いただけましたか? 辻小姐さん。笑

21 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 14:00:39
どちゃにしろ、戦争だろもうちょいしたらw

22 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 14:11:56
馬と火薬原料の硫黄は立派な軍需物資だよ。

沖縄の歴史を調べたら琉球国が馬と硫黄で繁盛していた事がハッキリ分かる。
民度の低さとは、史実から目を背けて守礼之邦だのなんのとタワ言をほざくフリムンチューなんだよ。

23 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 14:45:52
日本国王は朝鮮国王、琉球国王と同格
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1158767997/

唐から日本にあてた国書としては、唐・開元23年(735)玄宗皇帝の与えたものが、
中国側文献に残っています。
玄宗の側近の張九齢が日本にあてて起草した国書は
「日本国王主明楽美御徳に勅す、(第九次遣唐使の帰国にあたり与えられた) 」
で完全な臣下あての形式をとる勅書です。

張九齢が起草した諸外国の君主宛の国書によると、
諸外国のランク付けは次のようであった。

吐蕃−突厥・突騎施−新羅−奚・契丹−渤海・南詔−護密・識匿・勃律・けい賓・日本

当時外国に対して発せられる皇帝の命令には二種類の書式があったが、「勅」で始まるのは
最下等の書式であった。(東野治之氏)

当時の国書には一般に、「皇帝敬問」「皇帝問」「勅」の三形式があり、「勅」は君臣関係がある
場合に用いられた。(金子修一氏)


24 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 16:30:05

     r「l l h         /        /
     | 、. !j        _
     ゝ .f       ,r'⌒  ⌒ヽ、 
     ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.    / /
    ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)    /
     |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ !お前ら、そんな暇あるんなら送金しろ!
     \    \.     l、 r==i ,; |' 中共皇帝様には俺が頭撫で撫でしてもらう 
      \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__   /  /| /    / から心配するな!
        \      |_/oヽ__/    \   /  |_
         ヽ__    |         \/  /  ヽ___
             |    |   O へ    \ /   /   /
             /   |       |\/  |   /   /
             |   |       |/| _ |  /__/
             |   |       |  「  \:"::/
             |  コ[□]ニ    |  ⌒ リ川/


25 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 16:35:01
辻小姐によるもう一つのスレ@世界史板 

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1158673838/l50

26 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 18:05:29
日本オタ、必死だな

27 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 18:22:28
日本オタなど見当たらないが

28 ::::||c|´ё`>:2006/09/21(木) 19:09:21
>辻小姐
世界史板は、立て逃げの放置かよww
俺が宿題を置いてあるから、やって来い!怪しい朝鮮族め!

29 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 19:12:24
>>28
ここにいるお

朝鮮は2200年間の歴史のうち、1651年間独立していた
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1158673838/


30 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 19:33:38
品を基準にしてる時点で>>1はチョン決定

31 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 20:04:48
基本的に近代以前の中国では対等外交はないんだから国王同士が同格なのは当たり前だろ
ただ それは中国の主張で日本側では不服だけど正式な国交むすぶのにしょうがないから黙認してただけだろ

32 :辻小姐:2006/09/22(金) 02:13:48
>>31
それはどこの国も同じです。

33 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 02:18:15
違うよ。
朝鮮の君主は朝鮮国王、
琉球の君主は琉球国王

だけど日本国王は1000年も昔から日本の君主ではなくなった

34 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 02:21:08
>>1
天皇=emperor
国王=king

同列視するなヴォケ

35 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 02:46:41
>>34

http://www.google.co.jp/gwt/n?q=%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1&site=search&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&inlang=ja&mrestrict=chtml&ei=Ys8SRaXMLpOusAL175iMCg&sig2=t8IW6CioHRDnVa5t_QlOnw&ct=res&cd=3&inlang=ja&output=imode&rd=1&u=karen.saiin.net/~clytie/person/tsuji.html



亜細亜征圧大使様だ!!!!!!

36 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 03:08:25
朝鮮は2200年間の歴史のうち、1651年間独立していた
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1158673838/


野放し状態か?

それとも乱立糞スレッドか?

37 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 03:41:24





http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html


http://www.eva.hi-ho.ne.jp/iwaemon/



萌え〜大和魂!

38 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 13:31:39
中華から訪れた冊封使に国王が上座を譲って土下座する国を独立していたとは言えない。
日本みたいに冊封された日本国王が日本の元首である天皇とは別な馬の骨である場合は別だが。

39 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 22:20:55
日出る処の「天子」より日没する処の「天子」に・・・・・
是を歴史書に載せたと言う事は日本の「天子」と中華の「天子」は同格である
と認めた事になるの。だいたい日本国王、日王、って朝鮮人的発想だね
日本人には日王なんて誰の事かわからんよ、王は天皇の親族に付ける称号
昔出稼ぎ貿易の為日本国王って言う偽造パスポート作った輩が居たが。

40 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 12:49:18
どこかの意見で
将軍=国王(皇帝)
天皇=法皇
と言うのがあった気がする。確かに天皇=皇帝よりしっくり来る。

41 :辻小姐:2006/09/25(月) 13:11:53
>>40
平安時代初頭までは、天皇は国王でした。ヨーロッパで言えば騎士であると
ころの、藤原氏や平氏、源氏、北条氏が台頭して以降の天皇は、西ヨーロッ
パでいうところの法王や大司教です。

42 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 14:45:32
ヨーロッパには天皇に相応する地位が存在しなかったから無意味な例えだな。

天皇は日本という一個の独立した文明圏を統括する最高権威であり、

同時に日本という文明圏を統一した大帝国の元首として国際的には皇帝の格式を今日まで有している。

日本の隣に位置する別な文明圏の皇帝が任命する日本国王など、

当の日本では何の権威も無い。

日本では遣唐使を廃止した時点で中華皇帝の権威が波及しなくなったからだ。

43 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 17:29:44
>>35のせいでスレが横に伸びてるぞなもしw

44 :辻小姐:2006/09/27(水) 01:26:03
>>4
足利義満に下賜された日本国王之印は木印でした。

45 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 01:52:02
中国(明)皇帝からみれば、琉球国王の方が
日本国王や朝鮮国王より格上だ。

46 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 11:26:57
日本国内に権威が無い日本国王の格式など天皇とその臣下には無関係。
元首が中華皇帝の官吏に上座を譲って土下座する属国とは違い、
日本に中華の権威は波及しないのだ。

47 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 12:39:07
>>46
まったくその通り。
秀吉なんかは明皇帝に、日本国王にしてやるっていう書を貰って激怒したって言うしね。
秀吉は何の権威も無い日本国王の称号よりも、征夷大将軍の位の方が欲しかったし。
それどころか、明を討つために出兵までしている。これが遠因で明が滅亡へと向かったのは周知の事実。

48 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 21:22:38
元代には高麗王は皇帝の娘婿待遇だったそうですね。

娘婿待遇と孫待遇はどっちが格上なんですか?

49 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 07:13:49
高麗国王はモンゴル皇族との結婚を義務づけられていたから実際に娘婿だろ。
確か7〜8代に渡って続いたから、遺伝学的に高麗王は殆ど完全にモンゴル人と化した。

50 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 09:22:46
>>1
日本国王って足利義満のこと?
歴史上国王なんてのは神話時代とコイツしかいなかったハズだが

51 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 14:10:20
天皇の臣下をよそ者が勝手に日本の国王と呼んだからどうしたって話だな。

52 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 14:32:07
中国も朝鮮も、一貫して幕府を外交の相手方としてるわけで
将軍がイコール日本の元首なわけだよな。

天皇権威なんつーものは数ある権威付けの一つにすぎなかったような。
今で言えば、武道の免許皆伝とか其の程度。w

53 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 14:43:02
馬鹿な奴だな。
征夷大将軍とは蛮族を征服して管理する役人だ。

中華や朝鮮みたいな野蛮人との対応を天皇から命じられた天皇の臣下に過ぎない。

54 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 14:52:50
形式的にはね

55 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 15:07:36
実質的にもな。

56 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 15:25:05
宗教右翼の教義的には>>55のようになってんだろう

57 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 16:13:19
現実だよ。
反日史観の狂信者くん。

58 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 16:25:49
宗教右翼の教義的には>>55のようになってんのが現実だな

59 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 18:11:03
そんな現実は無いし

60 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 18:31:17
確かその時代、日本は清に朝献貿易が認められず徳川将軍は冊封の外に居たような気がしる。

61 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 18:40:23

     r「l l h         /        /
     | 、. !j        _
     ゝ .f       ,r'⌒  ⌒ヽ、 
     ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.    / /
    ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)    /
     |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ  !お前ら、天皇の心配する暇あるんなら
     \    \.     l、 r==i ,; |'   おれに送金してくれ本当に困ってるんだ! 
      \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__   /  /| /    /
        \      |_/oヽ__/    \   /  |_
         ヽ__    |         \/  /  ヽ___
             |    |   O へ    \ /   /   /
             /   |       |\/  |   /   /
             |   |       |/| _ |  /__/
             |   |       |  「  \:"::/
             |  コ[□]ニ    |  ⌒ リ川/


62 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 18:41:15

     r「l l h         /        /
     | 、. !j        _
     ゝ .f       ,r'⌒  ⌒ヽ、 
     ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.    / /
    ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)    /
     |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ  !お前ら、天皇の心配する暇あるんなら
     \    \.     l、 r==i ,; |'   おれに送金してくれ本当に困ってるんだ! 
      \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__   /  /| /    /
        \      |_/oヽ__/    \   /  |_
         ヽ__    |         \/  /  ヽ___
             |    |   O へ    \ /   /   /
             /   |       |\/  |   /   /
             |   |       |/| _ |  /__/
             |   |       |  「  \:"::/
             |  コ[□]ニ    |  ⌒ リ川/


63 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 18:42:03

     r「l l h         /        /
     | 、. !j        _
     ゝ .f       ,r'⌒  ⌒ヽ、 
     ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.    / /
    ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)    /
     |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ  !お前ら、天皇の心配する暇あるんなら
     \    \.     l、 r==i ,; |'   おれに送金してくれ本当に困ってるんだ! 
      \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__   /  /| /    /
        \      |_/oヽ__/    \   /  |_
         ヽ__    |         \/  /  ヽ___
             |    |   O へ    \ /   /   /
             /   |       |\/  |   /   /
             |   |       |/| _ |  /__/
             |   |       |  「  \:"::/
             |  コ[□]ニ    |  ⌒ リ川/


64 :辻小姐:2006/09/28(木) 18:47:27
>>49
忠穆王までで5代。忠定王の母親は高麗人。恭愍王までで4代。王禑、王昌、
恭譲王の母親は高麗人。

65 :辻小姐:2006/09/28(木) 19:05:24
>>50
他に、聖武天皇、懐良親王、足利義教、足利義勝、足利義材、大内義興、大
内義隆、大内義長などです。

66 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 22:55:37
征夷大将軍は、海外的に見れば今の総理大臣同様の事実上の国家元首。
当時のアジア社会では天皇は国内のみでしか通用しないローカル権威に過ぎないのも事実。

大内義興、大内義隆、大内義長は・・・一応、周防の国家元首か。

67 :辻小姐:2006/09/29(金) 02:18:58
>>66
直轄領が国土の一部に過ぎないのは織田信長や豊臣秀吉も同じです。大内義
隆、大内義長はともかく、1508年に義稙を奉じて上洛、将軍足利義澄を追放
し足利義稙を将軍職に復し、管領代・山城守護として政務を執った大内義興
は、日本の事実上の国家元首です。

68 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 03:27:07
知能の低い野蛮人が何かを勘違いしたようだが、
征夷大将軍は日本の元首である天皇の任命で野蛮人を管理する役人に過ぎないよ。

69 :辻小姐:2006/09/29(金) 03:54:04
>>68
武門の棟梁に対して将軍位が与えられるのであって、天皇が武門の棟
梁を決めるのではありません。室町幕府は足利尊氏が将軍に任じられ
る前から存在していました。

70 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 05:19:12
天皇から認定されない機関は例外なく私的な存在に過ぎないんだよ。

天皇が野蛮人対策本部として正式な辞令を下した時点で、
始めて政府機関としての幕府となる。

71 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 06:59:39
大内の場合は旨みの大きい朝献貿易をやるために日本国王を自称していたっぽい。
中華にとっては日本元首だろうか日本諸侯だろうが大して変わらない。

72 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 13:35:52
>>68
頼朝以降の将軍は、征夷大将軍の肩書きで、ほぼ日本全土を支配していたが・・・・
倭人=野蛮人であると倭人自ら認めました(激藁

73 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 13:48:15
国王は同格だよね。
中華思想からすれば、
中華以外全部ごみなんだから。
まぁ、だからこそ日本国王なんてずっと使ってないし、
韓国、北朝鮮、沖縄も今では使わないよね。
中国自体、皇帝は滅びたわけで…
いつか復活せんともかぎらんけどね。


74 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 14:49:37
倭人は知性に秀でた文明人だよ。

野蛮な支那人や朝鮮人あたりとは品格が全然違う。

75 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 14:52:13
>>74
倭人に知性があったら文化面を中国、韓国に頼っていなかったであろう。
裏を返せば倭人には知性はない。

76 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 14:58:15
現在の国際儀礼では、既に皇帝の格式を持つ元首によって皇帝と認定されない元首はいくら必死に自称しても皇帝扱いして貰えないらしいよ。
日本を除いた全世界の国々から皇帝が絶えた現状では、天皇が公式に皇帝として認めない限り新たな皇帝は出て来ない訳。

77 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 15:02:36
野蛮人の文化に頼るのは文明的な活動の一環なんだよ。
日本や欧米の製薬会社では今でも南米やアフリカの原始的な民間療法に使われる薬草からヒントを見つけて新薬を開発する。

文明超大国日本は古代からそうやって野蛮な支那や朝鮮の未開文化を利用したのだ。

78 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 15:06:22
支那人や朝鮮人は文明の本質を理解出来ない。

知性が無いからだ。

79 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 17:21:24
>現在の国際儀礼では、既に皇帝の格式を持つ元首によって皇帝と認定されない元首はいくら必死に自称しても皇帝扱いして貰えないらしいよ

妄想乙

80 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 17:22:46
>>77
痛すぎw
じゃあ現代まで残る日本文明の遺物って何よ?

81 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 17:49:19
痛いのはお前だろ。
日本に残る優れた文明の成果をウリナラ起源認定する事ばかりに必死で、
実際には何も生み出していない。

それがお前達野蛮人どもの限界だ。
支那や朝鮮が日本の文明レベルには永久に追い付けない原因なんだよ。

82 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 17:59:54

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

83 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:16:58
中国は、あの大英帝国も属国と記載して臣下扱いしている国だからな


84 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:20:47
支那と朝鮮は夜郎自大なんだよ。
だから進歩が無い。

85 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:21:39
倭は、人偏。
狛は、獣偏。

中華思想の中国が、周辺国の民に、人偏を少なくとも付けたのは、日本人に対してだけです。

86 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:21:44

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

87 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:22:47
倭人・日本人
狛人・朝鮮人

88 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:23:29

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

89 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:24:16

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

90 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:26:01

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

91 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 19:03:22
少なくとも清の中華序列では
越南国王=琉球国王>>朝鮮国王
日本国王(徳川将軍)は冊封外なので中華序列の格を論じる事は出来ないと思う。

92 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 19:34:46
大韓帝国皇室を復活、皇族会が皇位継承式を開催
【ソウル29日聯合】
日本による植民地化のため没落した大韓帝国皇室の子孫が、大韓帝国皇室の復活を宣言した。
「大韓帝国皇族会」が29日、ソウル市内のホテルで大韓帝国皇位継承式を行い、
義親王・李ガン(1877〜1955)の二女、李海ウォン(イ・ヘウォン)さん(88歳)を
30代皇位継承者に推挙するとともに戴冠式を行った。
皇族会はまた「文化大韓帝国」の総理大臣として孝寧大君(1396〜1486)の子孫に当たる
イ・ガンム聖民大学総長を、秘書室長に南延君・李球(イ・グ)の末裔(まつえい)となるイ・ソンジュ氏を任命した。
皇族会は李玖(イ・グ)さん(29代皇位継承者)の他界などを契機に、
大韓帝国の末裔ら10人余りを中心に結成されたもの。

皇族会は「大韓帝国の皇室が日本により侵奪されて100年、祖国の解放から61年となるが、
28代英親王・李垠(イ・ウン)の息子である李玖が昨年7月に東京で他界し、
英親王家の血筋が途絶えたことから、李海ウォン氏を30代皇位継承者に推挙した」と説明した。
李海ウォンさんは女性として大韓帝国皇室を継承し、皇室の代表全権、皇室の維持保存事業権、
31代皇位継承者指名権などを持つことになる。

イ・ソンジュ秘書室長は「今回の皇位継承は大韓民国にも皇室が存在していることを
全世界に知らせるためのもの」と話している。
皇族会によると、李海ウォンさんは生存している義親王の子女のうち最も序列が高いため
皇位を継承することになったとし、女性が皇位を継ぐことも問題はないとしている。

大韓帝国皇室の末裔が、没落した皇室の再建に向け具体的な行動を起こすのはこれが初めて。
皇族会は今回の皇位継承の事実について、政府と海外の皇室関係者に正式に報告するとともに、
海外の皇室との交流も進めていく計画だ。

ソース 聯合ニュース
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=382006092900500

写真・
http://file.yonhapnews.net/foreign/newsJP/2006/20060929163940.jpg

93 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 19:45:49

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

94 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 19:46:46

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

95 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 19:48:29

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

96 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 21:07:41
>>81
日本に残る優れた文明の成果って?
どっかの田舎にあるストーンサークルか?w

97 :辻小姐:2006/09/29(金) 23:14:09
>>91
それは大内義長以降の話ですね。

98 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 00:17:52
>>96
つ正倉院の中身
当時最先端のアラブ、唐の文明の成果が残っている。

99 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 05:22:47
>>98
なるほど。やはり外国のものなのねw

100 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 06:21:52
野蛮な文化の所産を収集するというのも文明人の特徴なんだよ。
文明とは学問と技術の集大成であり、知識と情報を蓄積しなくては発展しないものだ。

当然ながら知識と情報を蓄積する為には保存に努めなくてはならない。

どんなにつまらない物事に見えても可能な限り保存したがるのが文明人ならではの習性なのだ。

権力闘争に敗北した勢力の痕跡を否定する為に新たな権力者が宮殿を放火したり書物を焼いてばかりいた支那や朝鮮では、
日本よりも文明が発達出来ない。

それが文明超大国日本との格差を産んだのだ。

101 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 06:40:06
大韓帝国皇帝の格式も国際的に認めてもらえるのかな?

日本が日清戦争後に清から独立させて皇帝としての格式で扱い始めるまでは皇帝よりも格下の国王でしかなかったんだし。

満州皇帝を承認する国も15カ国ぐらいしかなかったみたいだから大韓皇帝を認めた国がどれくらい実在したのかは疑問だな。
まあ独立国が全世界で50カ国くらいしかなかった時代だから上出来ではあるのだが。

日清戦争で清の属国から日本の属国に替わっただけに過ぎない朝鮮王家を皇帝の格式で扱う国が存在したのだろうか?

形式上の大韓帝国が存在したのも数年間だけだし。

102 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 06:58:25
日本の華族や皇族なら一応は李家を「王家」としては扱うだろうけど、今更大韓皇帝として認定する事は無いだろうね。

103 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 07:42:15
>>100
倭人は文明国の文物を収集してただけで独自のものは造れなかった件

104 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 07:54:11
倭人が創造した文明を片っ端からウリナラ起源だと嘘をつくのに必死な蛮族が居るだけ。

105 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 07:56:52
支那と朝鮮の文化は未開の野蛮人の慣習に過ぎない。
日本は海外の未開文化からヒントを得て真の文明社会を作り上げた。

106 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 08:11:45
中国も南北朝鮮も所詮は後進国。

10世紀頃までは中国も文明国の端くれと言えたが、
最近1000年間は夜郎自大の愚に陥って進歩が止まった。
朝鮮半島の国家は文明国だった事が一度もない。

文明とは外国の野蛮な慣習からさえもヒントを掴む知性を学び、
外国以上の学問と技術を創造する事だ。

中国や朝鮮が作る物は所詮2流の粗悪品。
太陽系最高の品質と性能を備えるメイドインジャパンとは異なり、

中国製品や朝鮮製品は安物の劣化コピーの代名詞。
粗悪品しか作れないのが野蛮の証。

107 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 09:29:49
独自のものもロクにつくれんパクリ国家がパクったさきの文明国を罵倒する・・・
おかしいねw

108 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 12:42:51
文明の本質を理解できない野蛮さを露呈する支那や朝鮮は、
創造性に富む文明国民から軽蔑される。

蛮族からも文明のヒントを発見する知的な日本には文明が存在し、
日本から何も学ばない支那や朝鮮は日本の優れた所産を劣化コピーしたインチキ商品で小銭を稼ぐ無能ぶり。
日本に遠く及ばない今の格差こそ、支那や朝鮮が文明を知らない野蛮な未開国家に過ぎない証だ。

109 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 13:47:07
>>108
倭の1500年程度の歴史を見れば、今のほんのわずかな倭の優位は異常であると言うことがよく分かる。
歴史的に見て倭は中国、韓国の非常に高度な文明を劣化コピーして
ようやく蛮族としての最低限の生活を維持できた。
知性があまりにも乏しくて創造性0のため、パクリ技術だけはいっちょまえにはなれた。
えらいね。

110 :琉球:2006/09/30(土) 14:12:25
琉球

111 :琉球:2006/09/30(土) 14:15:34
琉球photos http://photo.163.com/photos/ryukyu-liuqiu/

112 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 14:31:13
全世界の特許出願数を国別で見ると例年第1位がアメリカで2位が日本。
アメリカは出願数で毎年日本の2倍くらい差をつけてるが、日米2カ国は第3位以下を大いに引き離して独走状態。

人口比で見れば日米は互角だが、日本の10倍も人間が居る筈の中国の出願数は総数でも日本より遥かに劣る。

日本やアメリカは創造性の超大国だが、
支那や朝鮮は日本のパクりしか能が無い未開の野蛮人。
というのが現実。

113 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 14:45:16
>>109
太祖元嘉二年讃又遣司馬曹達奉表獻方物
讃死弟珍立遣使貢獻自稱使持節都督倭百濟新羅任那秦韓慕韓六國諸軍事安東大將軍倭國王


114 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 15:15:48
つまり倭国王というのは、朝鮮半島の南半分に位置する5つの国を支配する安東大将軍を兼ねていたと。

115 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 15:30:27
朝鮮半島の北半分は長いこと高句麗領というのが定番だからな。

116 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 15:39:21
それをいうと東北(満州)は中国人のものではく、
朝鮮人や女真の領土では…
(内モンゴル・チベット・新彊…etc)

117 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 19:13:22
>>114
>讃死弟珍立遣使貢獻自稱

>貢獻
貢ぎ物を送ったんですかw
さすがの傍若無人な倭人も大中華には恭謙だったんですねw
君もこの良識的な先人を見習っては?w

>自稱

ププッ自称ですかw自称ねぇw

118 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 19:43:28
倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低
倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低
倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低
倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低
倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低倭奴最低

野蛮人??未开化?

119 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 19:54:46
>野蛮人??未?化?

主語がありませんね

120 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 20:08:51
漢倭奴国王(かんのウエノムのこくおう)


121 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 23:00:11
>>109
日本のことが嫌いなら日本語を使うなよ。
古代の漢文明を吸収し、明治に欧州を翻訳し、戦後米国を咀嚼し、
日本語は世界最高峰の言語だ。これは紛れもない事実だ。

122 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 23:08:23
博物館、美術館に行って工芸品、書画を見ればその国の程度が知れる。
鎌倉、室町、そして明治の日本作品は神がかりに凄いと思ってる。
次点は1900年前後のフランス、英国作品ぐらいかな。
次次点で1000年ころの中国大陸の書かな。
朝鮮も昔はよい陶器を作っていたんだからその点は認めてやってもよい。

123 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 23:53:46
>>122
その日本作品というのがどういったものを指してるのかよく分からんけど、
まあ、なんだ。
それただの主観じゃん。そんなこと言ったら、インカ好きな俺からすれば、
「インカすげえ!世界一の文明国!」ということになってしまう。


124 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 00:00:39
>>117
>さすがの傍若無人な倭人も大中華には恭謙だったんですねw
君もこの良識的な先人を見習っては?w


………寒www

125 :辻小姐:2006/10/01(日) 00:42:49
>>121
言語に高等と下等との違いはありません。

126 :琉球:2006/10/01(日) 00:58:07
日本@名無史さん 中国人??

127 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 01:32:28
室町以前はシナの方が文明度、技術力、国力共に上だろ。

日本 江戸時代に技術を試行錯誤して向上させ、明治維新の原動力を作った。明治維新後は中原の国力を上回るが最近抜かれそうになっている。
朝鮮 始終劣化コピーのまま、清の瓦解と共に崩壊。現在、南鮮は米国、日本に集る依存経済。人材が産まれても国内文化に才能を殺され才能が芽吹くのは稀、国内より海外の方が人材が育ち易い。

128 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 02:03:00
>>123
そりゃ、インカも優れているだろう。中東のかつての美術品もレベルが高い。
で、ルーブルとか大英博物館とか国内でも国立博物館とか足を運んで丹念に
見比べてみるといい。
日本文化は相当の優れものだ。指折り。偽物に惑わされぬよう目を肥やせ。


129 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 02:22:17
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1159636401/

【祭り】NintendoDSをオークション手数料をケチって560円で手放す事になった出品者

商品情報ページ
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f50060849
連絡掲示板
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/discussion?aID=f50060849
質問欄
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/qanda?aID=f50060849


130 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 02:47:43
中国の同盟国の韓半島の属国が日本

同格じゃない


131 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 03:33:33
最近気になってるんだけど
「言葉が盗られたら属国化だ」とかね。
文字を知らぬ古代日本は、書き言葉では漢字中国に乗っ取られたが
漢文訓読の発明で、読みまでは乗っ取られなかったと。

ただ「漢文訓読」的手法は中国周辺民族(含む朝鮮)が
ふつうに編み出してたわけで、決して日本民族独自の創意工夫じゃ
なかったんだなあ、と。


132 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 04:35:44
>>131
いちいち「中国」を使うなよ、馬鹿。

「中国」と略式で呼べる国ができてからまだ100年経ってねえよwww

133 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 04:44:36
>>132
このスレは
「中国」って使っちゃ怒られちゃうのか。
倭五王時の「中国」は何て書けば怒られないのかな


134 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 05:14:09
アルファベットの発祥地はレバノンと言われているが、
ベトナムがレバノンに乗っとられたなんて本気で発言したら支那人や朝鮮人と同類の馬鹿だと思われるだけなので気をつけるように。

135 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 05:20:07
朝鮮半島の国家は日本と同格だった事は一度も無い。
古代以来常に日本よりも格下の属国。

136 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 05:20:42
そうか…
中国周辺国の漢文訓読文化ってすごいと思ってたが
アルファベット文字受容圏も
すごいのだな

137 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 05:28:28
>>135
格下の「格」の規準がわからない
南宋の冊封体制のもとでは常に高句麗より下だった
別に俺も国家の格をたとえば南宋に求めるわけではないがw

138 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 05:39:42
日本に攻めて来た軍艦がコリアンタイマー作動の為に全て自動的に沈没したのを見ると、
鎌倉時代の時点では既に大陸の技術力が地に落ちてると分かる。

日本よりも優れた文明度と言えるのは唐の時代までの話だな。

宋の時代になると技術的に見るべき進歩がほぼ皆無となり、文明としての発展は現代に到るまで停止した。
それ移降は書画骨董の類だけが商品価値を留めたに過ぎない。
それは文化ではあっても学問や技術の発達である文明とは言えない。

中華とその属国である朝鮮半島が文明圏だった時代は1000年も昔から終わっていたのだ。
今の連中は1000年前に滅びた古代文明の残骸に住み着いた野蛮な未開人に過ぎない。

139 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 05:44:55
…かりにも学問板なのに


140 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 05:56:41
金属製の大仏製造では奈良時代の時点で日本の方が技術的に大陸を凌駕していると分かる。
充分に発達した経済力と高度な鋳造技術が無ければ金属製の仏像を巨大化する事はできないからな。

141 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 06:05:55
大爆笑

142 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 08:44:17
笑いのツボが安上がりだと人生幸せそうで羨ましい事だ。

143 :辻小姐:2006/10/01(日) 09:06:17
>>132
中華の国だから中国です。

144 :辻小姐:2006/10/01(日) 09:13:44
>>137
つまりわたしは、中国周辺諸国の朝貢貿易は、特に珍しいことでもな
く、中国から政治に干渉されていたこともなく、よって、

日清戦争によって日本が心から李氏朝鮮を解放した。

というのも妄言に過ぎない、ということを主張しています。

145 :辻小姐:2006/10/01(日) 09:15:34
>>138
元寇の時、元軍の戦艦は全て沈没してはいません。

146 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 09:51:59
全滅したよ

147 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 09:54:02
つか、当時の倭船は外洋航海に耐えられなかった。
日本まで来れた高麗船の方が遥かに上。

148 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 10:00:24
高麗の船は対馬海峡を片道渡っただけで沈んでるんだが。

日本の遣唐使船や海賊船は遥かに長い航海にも耐えてるよ。

149 :日本男郎:2006/10/01(日) 10:21:25
本当の日本人なら、兄の国である韓国に謝罪しようよ。
今までの韓国に対する行為について日本人は韓国に土下座する必要があると思います。

150 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 10:27:51
兄といっても、いまだ親にぶら下がってるニートみたいなもんだからなぁ。
日本はとっくに独立したけど。

151 :辻小姐:2006/10/01(日) 10:41:17
>>148
暴風雨という要因を故意に無視しないでください。

152 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 10:54:14
古代には倭の植民地と属国だらけだった朝鮮半島のどこが兄だって?

153 :辻小姐:2006/10/01(日) 10:59:31
>>146
忻都、洪茶丘、金方慶、アタハイらは、文永の役、弘安の役に参加
し、帰国していますから、元軍の軍艦が全滅したという憶測は間違
いです。

154 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 11:01:37
日本人は中華秩序に無頓着なので、その中で上だろうが下だろうが学問以上の興味はありません。


グダグダ言っているとまた攻め込むぞ

155 :辻小姐:2006/10/01(日) 11:02:36
>>152
倭の植民地は任那だけです。現在の日本の行政単位で言えば、市町村
並みの狭い領域です。

156 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 11:02:44
2回とも暴風雨に遭遇したなんて神がかった与太話だね。

1回はそんな偶然を認めたとしても2回連続でそんな偶然は有り得ない。

少なくとも一度はベタ凪の静かな海上で小雨が降ってきたのに耐え切れずに全部自壊したんだよ。
昔から韓国製品が使用1か月くらいで故障するなんて当たり前なんだし。

157 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 11:11:32
文永の役では撤退の帰路で大風。
弘安の役では上陸戦で失敗し、一ヶ月以上海で身動きできず疲弊したところへ台風。

どちらも風雨は最後のオマケなんだって。
いつまで神風に頼って日本史やってんだよといいたい。

158 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 11:17:31
船は全滅したけど生存者は一万人くらいいたんだっけ。
敗北を伝える為に3人だけ送還した。
他の生き残りは南宋兵だけ見逃して残虐行為を働いた高麗兵やモンゴル人を全員処刑。

159 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 11:22:13
高麗の粗悪な造船技術では暴風雨だったのかも知れない。
日本製品なら小雨程度の降り方でも

160 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 11:46:44
>>159
そりゃ、今の日韓工業製品の品質と同じではないかw
約900年間かけてもその差が一向に縮められない国が文化的な国だとは思えないんですがどうよ?
つーか、在韓米軍の兵器を整備するのに現地の韓国人に任せられずわざわざ日本に持ってきて日本人に整備や
らせてるってだけでも、「未だに韓国人に精密機械を扱わせるのは危ない」という認識が日韓以外の国でも常識に
なっている証明だが。

161 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 12:42:45
当時倭人は大船を造れなかった。
ショボッ!

162 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 13:48:46
>>161
そのショボイのに勝てなかったのが朝鮮人w

163 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 14:30:35
>>162
倭人は文化はからっきしダメ、パクるだけで、
蛮族だけあって野蛮性だけは日本よりも優れてたって事でOK?

164 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 14:40:53
>>163
文化をパクるのも腕っ節も無くて野蛮性だけがあるのって朝鮮人
まんまじゃんww

165 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 15:07:02
>>164
倭人が文化を腕っ節でパ食ったって??
ご冗談をw
渡来人に教えてもらっただけじゃんっっっw

166 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 15:13:10
技術はあったよ。
遣唐使船とか作ってたからな。

高麗製と違って小雨に当たって分解したりもしない。

167 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 15:20:20
朝鮮半島に技術があったと仮定するなら、
遣唐使が朝鮮半島をスルーして唐まで航海する理由が無い。

168 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 15:49:54
朝鮮半島は不幸な地域。
たまたま中華と日本という巨大な2つの文明のはざ間に存在してしまった。
でも、土人から覚醒できたんだから儲けもんだったじゃないか。

169 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 15:57:40
朝鮮半島は不幸な地域。
たまたまシナ、モンゴル、満州、日本、ロシア、米国という巨大な6つの
強国のはざ間に存在してしまった。

 でも、土人から覚醒できたんだから儲けもんだったじゃないか。




170 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 17:38:14
日本小列島は幸せな地域。
たまたま対岸に韓国があったお蔭で、
知性の劣った倭人には理解不能な中華の高度な文化を、
韓国人に咀嚼してもらった上で伝授してもらえた。
しかも中華の軍事的圧力は、韓国に防いでもらえていた。
これくらい優遇されていれば、カエルでも覚醒できる。

でも下劣な品性だけは覚醒できなかった。


171 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 19:24:06
朝鮮糞半島は幸せな地域。
たまたま隣に日本があったお蔭で、
人類ですらない朝鮮ヒトモドキには理解不能な西洋の高度な文化を、
日本人に咀嚼してもらった上で伝授してもらえた。
しかも清、ロシアの軍事的圧力は、日本に防いでもらえていた。
これくらい優遇されていれば、蛆虫でも覚醒できる。

でも下劣な品性だけは覚醒できなかった。

172 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 19:35:14
朝鮮半島が日本列島より小さな事も知らない野蛮な朝鮮人が何を言っても嘲笑されるだけ。

173 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 19:57:05
小倭の蛮人が大韓を嘲笑する?
天に唾する行為だなw

174 :辻小姐:2006/10/01(日) 20:07:49
>>158
それはどの雑誌に連載していたマンガですか。

175 :辻小姐:2006/10/01(日) 20:10:30
>>166
時代が違うので比較するのもどうかと思いますが、遣唐使船はしばしば沈没
しました。

176 :辻小姐:2006/10/01(日) 20:12:41
>>167
朝鮮には朝鮮の文化しかありませんが、中国には中国の文化と西方の
文化があります。中国と交易した方が、より効率的でしょう。

177 :辻小姐:2006/10/01(日) 20:13:46
>>168
朝鮮文化は中国文化や日本文化に劣るものではありません。

178 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 22:15:40
明らかに劣ってるよ。

179 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 22:38:14
>>170
>しかも中華の軍事的圧力は、韓国に防いでもらえていた。
これくらい優遇されていれば、カエルでも覚醒できる。

大ばか者、百済と軍事同盟を組んでいい事など一つもなかったわい。

180 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 22:41:16
>>175
>時代が違うので比較するのもどうかと思いますが、遣唐使船はしばしば沈没
しました。

遣唐使船がしばしば沈没したのは、危険な東シナ海を、しかも季節風の吹き荒れる
季節に渡航し、中国の皇帝に新年の挨拶をする必要があったからではないのか?

181 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 22:48:03
高麗の軍船は遣唐使よりも遥かに短い対馬海峡を片道渡った時点で全滅だからな。

長い距離を何度も往復してる遣唐使よりは明らかに質が低い。

182 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 23:24:03
昔の船って季節風や台風には弱いもんだよ。

元も高麗船を頼ったのはまずかったね。
手間がかかっても良質な江南船のみにすべきだった。

183 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 08:16:59
倭人文化は中国、韓国の劣化コピーなんだから、船の質ももちろん劣化コピー。
倭人がもし高麗船レベルの大船を造ったとしたら、進水前に崩壊していたであろう。
倭人は船を造らなくて正解だった。

184 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 08:40:54
欠陥だらけの朝鮮土人の船を作るくらいなら作らないほうがましだがねw

185 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 08:58:12
>>184
禿同。
倭土人には木製の船は高級すぎる。
泥船がお似合いだね。

186 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 09:11:08
木製の船でもすぐに沈む船が高級とは大笑いだw
沈む木製船なら沈まない泥船に乗ったほうがいいw

187 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 09:19:08
糞鮮人が乗る船なんて欠陥だらけ、すぐ沈みとても外洋には出れない。
糞鮮人の技術を借りるくらいなら日本で平和に暮らすのが一番。

188 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 10:09:02
弘安の役の時南宋の船はなんとか残ったのに朝鮮欠陥船はほとんど沈んだw
朝鮮ヒトモドキが作る物はどれも欠陥だらけw
でも人類程知能がないからしょうがないなw

189 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 10:30:53
韓国の船は非常に高度で、黄海は韓国人の内海となっていた。
無明の蛮地に光明をもたらそうと中華に法を求めて命がけで渡海した渡来人系僧侶たちも、
帰路は新羅の同胞たちの大船に乗って、安全で快適な船旅を楽しんだ。
倭船?もちろん東中華海の海の底ですがなw
奇跡的に中華にたどり着いた船も即スクラップw

190 :辻小姐:2006/10/02(月) 19:44:25
>>181
忻都、洪茶丘、金方慶、アタハイらは、文永の役、弘安の役に参加し、帰国
していますから、元軍の軍艦が全滅したという憶測は間違いです。

191 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 19:53:19
そいつらは1回目に敗北を知らせる為に送り返されて2回目には死んだ連中だろ。

192 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 19:56:41
軍艦は全滅したよ。
全員溺死した訳ではなかったというだけ。

生存者の存在は船が健在だった事を意味しない。

193 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 20:05:29
古代朝鮮半島は倭の支配下だったので、倭の文化が劣化コピーというのは誤り。

だいたい地域差別感情が病的に激しい朝鮮人というキチガイ民族は、自分達が格下と見下してる土地に移住したがるような連中なんかではない。

朝鮮人がわざわざ移住したがるのは、朝鮮人が憧れる場所。

言い換えると朝鮮よりも格上の国しか有り得ない。

194 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 20:32:13

【韓国】ネットユーザー67.8%「再び韓国人として生まれたくない!」[09/05

ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=79566&servcode=400§code=410


195 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:00:13
韓国の最下層属国な日本の奴隷琉球ちゃんと勉強して恥ずかしいです

196 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:01:31
>>194
最近、中国人も同じような結果が出ていたような・・

197 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:11:29
国民の3分の2が再び朝鮮人としては生まれたくはないというのは嘘だろうね。
北朝鮮でアンケートをとってないからそんな低い数値に留まるだけで、
実際には9割くらいの朝鮮人が他の民族に生まれたがる筈。

198 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:23:13
>>192
船が全滅!?主だった将官は皆帰還したが・・・。
そいつらは泳いで帰ったとでも言う気かw

199 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:59:07
雨や風は身分を差別しないから、主な将官が全員無事なら部下の被害も殆ど皆無だったはず。

それでは何故、日本侵攻を断念して帰還したのかね?

200 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 22:54:33
馬鹿?
将官が優先的に救命ボートに乗って帰れただけだよ
下級兵どもは見殺し

201 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 05:18:51
>>189
それ、何て仮想戦記?

202 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 06:50:46
>>200
大船は沈んだが救命ボートは沈まなかったのか。
救命ボートで荒波を越えて帰還したのか。なるほど。

・・・ってアホか!



203 :辻小姐:2006/10/03(火) 10:36:39
>>191
忻都、洪茶丘、金方慶、アタハイらは弘安の役の後に帰国しています。

204 :辻小姐:2006/10/03(火) 10:47:51
>>199
いえ、司令官は旗艦に乗っていたでしょうし、旗艦は最も頑丈で、漕ぎ手も
熟練者を揃えていたはずです。旗艦と末端兵の輸送艦の運命が同様だったと
は、必ずしも言えないでしょう。
ただし、文永の役に関しては、元はまだ南宋と交戦中であり、本格的な占領
ははじめから考えておらず、一打ちして退却し、鎌倉幕府のほうから交易を
願い出てくることを期待していたのかもしれません。
いずれにしろ、日本側の記録からは、元軍の船が沈没していたかしていな
かったかは判別できません。

205 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 10:59:36
>>13
つまり今は皇帝っていうことでいいんだね。


206 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 11:04:36
降伏勧告に応じない敵兵は見せしめで皆殺しにするのがモンゴルの伝統。
一旦開戦した以上、皆殺しにする予定で作戦を立てていたとしか考えられないね。

207 :辻小姐:2006/10/03(火) 11:33:19
>>205
愛子女王、文仁親王、正仁親王らは王、女王ですから、天皇は皇帝で
いいでしょう。

208 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 12:32:53
ほう、愛子内親王や清子内親王はエリザベス女王と同格なのか

209 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 12:48:59
馬鹿みたい
内親王の訳語はPrincessだっての

210 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 12:58:26
帝国のプリンセスは王国のキングと同格と考えれば問題ない。

211 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 13:04:47
ウヨの脳内的には問題ないんじゃないかwww

212 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 13:10:31
帝国のプリンセスと王国のプリンセスが同格だと考えるのは非合理だからな。

213 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 17:01:05
【決定・沖縄人は九州、本州人、より縄文人遺伝子(YAP+)が多い】

このYAP+遺伝子 中国人、朝鮮人からは出て来ない不思議な遺伝子
らしいな、(チベット人は出る)と言うことは九州、本州人より沖縄人
の方がよりご先祖さんに近いと言う事か。ふ〜〜ん
学校の先生がYAP+は、「始め人間ギャートルズ」遺伝子って言ってたな
マンモス追いかけて、アメリカまで行ったグループと日本列島に下りて
来たグループ、チベット方面に行ったグループが有るって言ってた。
原始モンゴロイド人らしい。日本人種のYAP+はht1。 東南アジア・中国
南部あたりに 微かに残るYAP+はht2。 白人や黒人のYAP+はht3。

◎YAP+マップ
http://www.geocities.com/londonross1/china3.png
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg


214 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 17:09:27
日本の征夷大将軍=正一位=日本国王。
同じく正一位=太閤は大明皇帝と和蕃公主降嫁の事例があり国王扱い。
天皇は正一位の任命権者で、中華皇帝とは独立した皇帝。


215 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 17:32:33
よくわからん

216 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 17:33:13
>>214
アホ乙。
いつから征夷大将軍=太閤=正一位になったんだよ。

217 :辻小姐:2006/10/03(火) 17:35:20
>>209
皇室典範を調べたところ、眞子様と佳子様は女王でしたが、愛子様は内親王
でした。お詫びして訂正します。なお、現在黒田清子さんは皇族ではありま
せん。

218 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 17:41:03
>>216
信長の野望で勉強したつもりになってるんだろう

219 :辻小姐:2006/10/03(火) 18:01:42
>>214
征夷大将軍、関白は令外官であり、位階はありません。しかし、関白
はおおむね太政大臣をかねます。なお、太閤は関白を辞したものの称
号であり、皇太后と同じ、ただの人です。

220 :辻小姐:2006/10/03(火) 18:13:15
>>219
昭和天皇の曽祖父、関白・九条尚忠は従一位だったという情報もあり
ました。どうも官職と位階の関係はわたしにはよくわかりません。

221 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 19:18:26
新羅 多くの血を流したが中華と上としつつも独立を守った。飢饉の時に国家が他所の国(日本)で海賊を働く、外交はともかく内政はイマイチだった。
高麗 中華が分裂状態に陥った一時期、名実共に独立。軍閥政権時に文化・技術が発展。後に落ち着きを取し、拡大を始めた中華に吸収される。中原を窺っていたのか文永弘安を見る限り造船技術は日本より低い。
朝鮮 中華の混乱に乗じて李氏が高麗から王権を簒奪。独立を中華に売り渡し、完全に藩屏に成下る。文化・技術・民族の停滞、低下を招いた。

222 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 20:13:40
生前正一位にまでいたる人は稀。
征夷大将軍で生前従一位までいたった人も稀。

223 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 23:19:51
日本では皇族だけに対して一品〜四品を下賜され、
臣下には一位から九位を下賜される。
正一位が日本国王なんて慣例は無い。

224 :辻小姐:2006/10/04(水) 02:02:38
>>221
李氏朝鮮は明や清の属国ではありません。

225 :琉球:2006/10/04(水) 02:33:01
九条尚忠 孙
九条道一 中国天津居住

226 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 02:39:11
だったら日本と清が戦争までして
下関条約で清が李氏朝鮮を独立させる事に合意したのは何故かな

227 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 02:41:31
国名を朝鮮に決めたのは明の皇帝

228 :辻小姐:2006/10/04(水) 03:29:52
>>226
日本の自己満足です。

229 :辻小姐:2006/10/04(水) 03:30:43
>>227
国名を朝鮮に決めたのは李成桂です。

230 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 03:35:48
自己満足に国家予算を割いたり国債を発行したりする馬鹿な国は存在しない。
朝鮮半島の馬鹿どもを除いては

231 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 03:36:44
決めたのは明だよ

232 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 03:39:12
>>201
鮮獣は捏造しか出来ないから仕方ない。
大目に見てやれ。

233 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 04:49:47
朝鮮、14世紀末に李成桂が半島に建てた王朝。国号については
「和寧」と「朝鮮」二つの候補があった。李は明に使者を派遣して、太祖
(朱元璋)に二つの中から一つの国号を採択することを請う。
明の皇帝は「朝鮮」を裁可し、国号が定まることになった。

234 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 12:38:13
じゃあ朝鮮サイドが考えてんじゃん

235 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 14:29:35
>>234
部下(朝鮮)が起案した書類を上司(中国)が決裁して決まったんだから、決定権は上司(中国)にあると考えるのが
一般的だろ。
まさか「大坂城を作ったのは大工」とかいうヨタ話をしゃれとしてではなく本気で信じてるのか?

236 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 14:30:49
>>235
おどろいた。大坂城を造ったのは大工じゃないと主張する人間がいるとは。

237 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 14:31:15
朝鮮という国名に決めたのは明の皇帝。

238 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 14:37:25
朝鮮人は子どもじみた屁理屈しか書けないようだ。

239 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 15:12:00
と倭土人は強弁した。
笑わないであげてください。

240 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 18:37:21
大阪城建造の号令を掛けたのは秀吉。
大阪城を造ったのは各地から集まってきた人夫。

国号を決定したのは明国皇帝。
国号を幾つか考えたのは李氏政権。

朝鮮は大阪城建造で働いていた人夫と同じ。

241 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 19:25:55
屁理屈ばかり強弁して笑われてるのは朝鮮人だけだ。

242 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 20:22:24

あ、倭人だ(失笑

243 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 20:40:22
倭人がどうかしたのかね?

朝鮮人。

244 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 20:43:28
朝鮮人は頭が悪くていつまで経っても倭人に勝てないのが悔しいのです(苦笑

245 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 21:13:15
>>1-500

246 :辻小姐:2006/10/04(水) 22:20:28
>>230
朝鮮半島を植民地化し、大陸を侵略するために朝鮮に対する冊封をやめさせ
たのです。

247 :辻小姐:2006/10/04(水) 22:50:44
>>240
和寧は李成桂の出身地の名前であり、高麗の国名として10人中10人がふさわ
しくないと思っていました。明が朝鮮という国名を決めた、という形式を作
るために出された当て馬です。最初から勝負の決まっている競馬と同じで
す。

248 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 22:54:50
>>240
朝鮮半島を植民地化し、大陸を侵略するため・・・
独立を守る(西欧列強に食われない)事で精一杯で他国を侵略する余裕など当時の日本には有りません。
朝鮮の独立は対露政策の必要から出た事です。最終的に朝鮮が完全に死物と化していて独立再生が不可能だったので、日本は朝鮮の独立を諦めました。
その後の戦争は増長した軍部が己の存在意義から起こしたモンゴル、アレクサンドロス大王に倣う戦争の為の戦争。

249 :248:2006/10/04(水) 22:55:55
訂正
240→246

250 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 23:09:09
>>248
軍部のせい、と言ってしまえば済む話でもない、と思う。
軍部であれ、政府であれ、韓国併合と満州国建国を経て、日本が海洋国家から
大陸に手を出した両生類国家へと変質してしまった以上、それ以降の日本がとる戦略は
ああなってしまうのではないかと。
事実、大陸への侵攻(対国民党、匪賊)と、対米戦争を同時に平行して行うという根本的な過ちが
起きている。

海洋国家は大陸に領土を持ってはいけない、というのが最大の教訓だと思う。
朝鮮半島がロシアに飲み込まれても(飲み込まれないのが一番いいのだが)、
朝鮮半島の港を即座に叩けるようにしておくことが、防衛ラインだ。
海洋国家の防衛ラインは大陸の軍港の背中、という格言もある。

日本は徹底的に日本海を支配し、敵基地を攻撃可能な爆撃機を徹底的に補充しておくことが
日本列島の安全と平和につながる。

くれぐれも昭和の過ちと同じ誤まちを繰り返さないことを祈るばかりであります

251 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 23:36:49
>>250
ロシア海軍が朝鮮に到着した時点で多勢に無勢、日本の国力ではロシアと勝負になりません。
ロシアと日本の戦力差はロシア陸軍が日本陸軍の10倍、海軍は2倍以上(ロシア第一太平洋艦隊が日本海軍総力と互角)では敵が準備を調える前に叩く以外選択肢は有りません。

252 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 23:58:37
敵の脅威を煽り立てて自分の侵略を正当化する。
昔からよくある屁理屈だね。

253 :辻小姐:2006/10/05(木) 01:47:28
>>248
帝政ロシアが大日本帝国を先制攻撃したことは一度もありません。

254 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 02:40:45
>>253
あっそ、で何時帰るの?
誇らしい祖国に。

255 :辻小姐:2006/10/05(木) 07:15:30
>>254
わたしがいつ祖国に帰るかはわたしが決めます。あなたには関係ありませ
ん。

256 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 07:30:35
なんか、東北工程って、半島北部の「再併合」のためにあるように思えてきた。

北が核実験やったら、米国が攻撃する前に中国が侵攻しそう。

257 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 07:30:44
辻小姐は帝政ロシアが対馬を不法占拠した事件も知らないらしい。
つくづく朝鮮人は無知無学だな。

258 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 07:34:47
>>251
当時、陸軍大国であったロシア陸軍と、大陸で激突する可能性のほうが恐るべき選択であるように
思う。
もちろんそれは今だから言える、結果論であることは承知しております。

韓国併合の際、日本では賛否両論で伯仲していたが、伊藤博文の暗殺で
併合に傾いた。


259 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 07:39:34
ちなみに伊藤博文は併合反対派の筆頭であり、
韓国人がその伊藤を暗殺した愚行で併合反対派は日本が何をしてやっても韓国を独立国として存続させるのは不可能だと失望した。

260 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 09:00:04
明が嫌がった和寧は元のカラコルムの漢字名だから
なんだがねえ。
まあちなみに李成桂は女真人だから、李氏は女真人支配王朝
だよね。ハングルをパスパ文字から引用するように北方民族的な
要素があったんだろうね。

261 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 09:01:48
伊藤は日本反動勢力の首魁で、韓国でやりたい放題、傲慢不遜の限りを尽くした。
韓国植民地化反対といっても、伊藤の専横放縦によって、
韓国はすでに日本の植民地としか言いようのない状態に追い込まれていた。
伊藤は生来の臆病者で、韓国併合に反対したのは、ロシアを刺激することを恐れたため。
そのためには、建前上は韓国を独立国のままにしておきたかった。
ただそれだけのことで、実質は併合派と何ら変わりはなかった。


262 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 09:12:56
>伊藤は生来の臆病者で、韓国併合に反対したのは、ロシアを刺激することを恐れたため。
>そのためには、建前上は韓国を独立国のままにしておきたかった。

やっぱり併合反対派じゃねえか。
臆病?匹夫の有の反語ならそうなんだろ。

263 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 09:45:49
伊藤が朝鮮で行った傲慢不遜、やりたい放題とは具体的に何を指してるんだね?
伊藤が学校を新設したり道路を整備したりと善行を傲慢不遜にやりたい放題だったならば邪魔する朝鮮側の方が悪い。

264 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 16:01:24
>>224
いや、古地図で半島に属国朝鮮と書いてるのがあるよ。


265 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 16:05:56
>>260
なら、李氏朝鮮は清の衛星国家か。


266 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 16:06:42
特定アジア フラッシュ リンク集

http://linkflash.hp.infoseek.co.jp/






267 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 19:21:41
日本の徳川政権時代の外様と同じ意味でなら朝鮮は独立国です。
>>247
結果が決まってようが上司の採決を必要としている時点で独立国と言えるのかい。


268 :辻小姐:2006/10/05(木) 22:32:39
>>257
その時代、大日本帝国は成立していません。対馬は江戸幕府の領地でなく、
独立した政体です。

269 :辻小姐:2006/10/05(木) 22:55:54
>>258
伊藤博文は、1909年4月10日、桂首相と小村外相に対して、韓国併合に対し
て異存なき胸を言明しています。過去の一時期において、伊藤が併合に反対
する立場をとっていたとしても、1909年10月の時点では併合賛成派です。伊
藤は充分に暗殺されるに値する侵略者でした。

270 :辻小姐:2006/10/05(木) 23:27:51
>>260
1822年、ポルトガル皇太子ドン・ペドロは、ブラジル帝国皇帝を称し、ポル
トガル軍を撃退して独立を宣言しました。国王が外国出身であることと、独
立は両立します。ブラジル帝国はポルトガル人支配王朝ではありません。李
氏朝鮮は女真人支配王朝ではありません。

271 :辻小姐:2006/10/05(木) 23:39:56
>>267
言えますよ。明による李氏朝鮮の支配の実態はありませんでしたから。

272 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 23:43:34
>>269
暗殺した本人は日本の態度が硬直し独立が遠退くとは考えなかったのですかね。
暗殺した相手は交渉の余地の有る伊藤博文、大久保を暗殺した暴発士族以下の愚行ですな。

273 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 23:49:34
>>271
それって徳川時代の幕府、外様の関係と一緒では。
幕府=明(領地の安堵を承認)
外様=朝鮮(参勤(朝貢)の義務、代が変わる時は届け出なくてはならない)

274 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 00:37:22
明や清から派遣された木っ端役人に上座を譲って土下座する元首が治める国の支配者は、
木っ端役人の主君だよ。

275 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 00:48:07
木っ端役人に上座を譲って土下座するのは、清朝戦争でボロ負けしてから。
清の使節が来る度に朝鮮国王が九度地面に額を擦り付け迎えた意味は日本の終戦の日と同じだな。

276 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 03:30:23
日王=村長

韓半島天皇=大統領
中華王=首相

世界中の歴史を勉強しろ

277 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 03:55:42
朝鮮人の歴史観はメチャクチャだな。

278 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 03:57:14
朝鮮王は明の小役人にも土下座してるよ

279 :辻小姐:2006/10/06(金) 04:15:03
>>272
朝鮮王や政府高官を恫喝して無理やり第二次日韓条約を締結させた伊
藤博文と、交渉の余地はありません。ヒトラーと民族差別の解消につ
いて交渉するようなものです。

280 :辻小姐:2006/10/06(金) 04:17:48
>>273
繰り返しますが朝貢は回賜を受けるために行う貿易であり、参勤では
ありません。

281 :辻小姐:2006/10/06(金) 04:20:18
>>274
冊封使は皇帝の詔書を伝える最も重要な役人であり、木っ端役人では
ありません。

282 :辻小姐:2006/10/06(金) 04:21:47
>>275
冊封使は国王一代に一度しか来ません。

283 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 05:42:24
朝鮮王、正月元旦と皇帝の誕生日に中国へ遣使がいってるよ。
土下座なら三田渡碑があるじゃん

284 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 07:24:33
ことある毎にワシントンにお伺いを立て、
族長が代わる度にご報告に参上し、
宗主国が事を起こす度に軍役やら諸夫役を担う・・・。

アメリカ合衆国属小倭首長国w

285 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 11:19:58
>>284
朝鮮と清の関係まであざとくは無いが、日本で何かあったら大臣が米国に直接出向かないにしろ、証人喚問されるだろ。
軍役やら諸夫役
つイラク戦争、米軍基地
終戦の日は、米国が日本に逆らう気が無いかどうか確認する日で内容は清が朝鮮に送る冊封使と同じような物だと思う。

286 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 15:49:56
そういえば、最近倭人の酋長が阿部とかいうのに代わったそうだね。
さっそく中国、韓国に就任のご挨拶に参上するそうだよ。
小鼠とかいう前の怠慢な酋長と違って、物事の道理がよく分かっているようだね。
中曽根、村山ら歴代の勤勉な酋長と同じく、大国に忠勤を励むのはいいことだね。

287 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 17:51:25
>>286
蛮族ながら、なかなか殊勝な心がけだね。
阿部殊勝、なんちてw

288 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 20:21:28
>>286
> 大国に忠勤を励むのはいいことだね。

大国ってどこのこと?

289 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 20:57:59
伊藤博文を悪と決めつけてるだけの詭弁だな。
傲慢不遜でもやりたい放題でも施政が悪くなければ良い政治家なんだよ。

290 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 21:10:03
朝鮮人には論理の真偽を明らかにする為の議論を展開する能力が無い。
議論の代替物として朝鮮社会では気に入らない存在を失脚させる事を目的とする声闘が盛んに行われる。

お互いに気に入らない人間を陥れる不毛な権力闘争が果てしなく続く中で社会から有能な人材が枯渇した。

辻小姐や無名の朝鮮人などによる駄レスも議論ではない。

反日宣伝目的で日本人に不毛な声闘を仕掛けているだけ。

291 :辻小姐:2006/10/07(土) 03:38:58
>>283
遣使を遣わすことは遣わす国にとって不利ではありません。朝貢貿易によっ
て利益を得ているのですからそれくらい安いものです

292 :辻小姐:2006/10/07(土) 03:40:55
>>289
日本は朝鮮を不当に侵略し、過酷な植民地支配を行いました。

293 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 05:28:17
何で日本の統治下でヒトモドキの数増えたの?
過酷だったのはその前の大韓自称帝国じゃないの??

294 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 06:07:33
不細工・無能・不人気の役立たず二人のリストラという
長年の念願を叶えられたファンからは大喝采を受け
足手纏いがいなくなったことでパフォーマンスのレベルは飛躍的に向上し
新メンバーオーディションに世間から大きな注目が集まり
世界バレーの仕事で露出が増えることで
新規ファンを大量に獲得することは確実と思われる
そしてこの特典
新曲が売れないわけがない

295 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 06:31:24
日本の歴史スゲー

ソース
http://altair.mydns.jp/~kiken/sekai/nipon/log/20060928013115/img/img3445.jpg


296 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 13:31:48
不当な侵略だの過酷な支配だの言われても何の話だかサッパリ分からん。

昭和19年になるまで朝鮮人には徴兵の義務を免除していたような優遇策が過酷だったと言えるか?
甘えるな。

297 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 14:14:38
義務もなければ権利もないけどね

298 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 14:15:49
>>296
韓国人を徴兵しなかったのは、屈強な韓国人に武器を持たせると、
矮小な倭人が簡単に征服されてしまう事を恐れたから。
倭人=チビ、ザコ

299 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 15:57:20
志願する権利はあったよ。
ただし朝鮮人兵士は危険な状況では銃を投げ捨ててアイゴーと泣き出して足手まといだから徴兵がギリギリまで免除されていたのが真相。

ちなみに日本人兵士とは異なり唐辛子を無制限に使う特権まであった。
甘やかされ過ぎ。

300 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 16:00:56
おーい誰か

歴史に無知なここの朝鮮人に例の有名な「朝鮮司令部」のソースを見せてやれよ。

301 :天照大神:2006/10/08(日) 10:10:39
>>298





その屈強な韓国が何故「弱小」な日本にいともあっさり併合されたのかなww







302 :辻小姐に質問状:2006/10/08(日) 10:24:57
http://en.wikipedia.org/wiki/Civilization

Korean civilization is one of the world's oldest civilizations,
[3] Limited linguistic evidence suggests possible Altaic - Tungusic origins of these people,
[4] whose northern Mongolian Steppe culture later absorbed refugees and cultural influence
from northern China.
Gojoseon (then called Joseon, 2333 BC - 2nd century BC), was founded by the legendary Dangun
in southern Manchuria and northern Korean peninsula.[5] By 2000 BC, a new pottery culture is evidenced,
with painted designs, in Manchuria and northern Korea. Intensive agriculture and complex societies developed
during the Mumun pottery period (c. 1500-300 BC), and the bronze age begins around 1000 BC,
with its distinct Liaoning bronze dagger culture. In the 4th century, the adoption of Buddhism
and the "hanja" had a profound effect on its society.
In several waves of migration, Korean civilization was introduced to the Japanese archipelago
inhabited by the hunter-gatherer Jomon people. [6][7][8] The start of the Yayoi period around 300 BC
marked the influx of new practices such as rice farming, shamanism, and iron and bronze-making
brought by migrants from Korea

         ↑
「韓国文明は世界で最も古い文明の一つである…」って、
このような自慰史観は、はっきり言ってイクナイぞ、韓国・朝鮮!

辻小姐も朝鮮族とは言え一応(自称)「中国籍」なのだからして、こういう捏造には憤りを感じているはず、
だよね。

303 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 10:28:41
現代の政治区分でいうと


古代日王=町長

古代大韓帝=大統領

古代中国=大統領


日本では大統領と町長が同等らしいね


304 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 10:46:14
実体は
中華皇帝=大企業社長
朝鮮国王=大企業の下請け業者
日本国王=独立の中小企業社長
だな。

305 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 10:47:26
>>302
アルタイ・ツングースとか、
モンゴルとかが好きなんだねぇ。

306 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 13:00:06
韓皇帝=ビルケイツ
中華皇帝=ロックヘラー

日王=蛸社長

307 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 14:37:28
>>306
>韓皇帝=ビルケイツ
>中華皇帝=ロックヘラー

这个变态的民族越来越病了!!!!
韩国人们什么都是虚假的多! 先有韩国人国人称第一科学家的黄禹踢.
民众中多是人造美女!!!
在此我再特别提一下这个现在对中华民间武术和危害最大的什么跆拳道!
民间多数武馆以前以传授中华武术为主.而现在在这个经济社会多为生存全教什么跆拳道等三角猫功夫.
跆拳道说来练过之人大多都知是一种无用之功.
花架子多,. 不适合实战!!!! 只具有观赏性.
两个人打来打去半天不能将对方击倒!!! 说此是三角猫功夫一点不为过...
现在中国人有本国武术不练去练这个,实乃有损国民身体素质!!!

  
韓国の捏造行為に世界中が迷惑しているみたいなんだけど。

308 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 15:21:13
>>307
跆拳道の起源も捏造だと見抜かれているようですが、当前でしょう。

空手(唐手)は、中国→琉球→日本→朝鮮へと伝わったんだから。

知らないのは特定の人々と東洋趣味の無知な西洋人だけで、さすがに
当事者を騙す事は不可能だろう。

309 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 17:00:39
レスの初心に戻って中華視線で見れば
清代だと
日本国王=朝貢を許さなかった中華の外の夷国(中華序列での上下の議論は成り立たない)
琉球国王=多くの藩国の一つ
朝鮮国王=一度成敗して温情により許された逆徒の王。他の周辺藩国と比べ中華序列で数段下に置かれた。
明代
日本国王=朝貢に来る藩国の一つ→不在
琉球国王=朝貢に来る藩国の一つ
朝鮮国王=成立時に帰属を申し入れた藩国

310 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 17:30:51
韓国人の歴史観はデタラメ過ぎる。
これだけ頭が悪いといつまで経っても日本に追いつけない訳だな。

311 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 19:50:20
>>310
文化的に後ろを走って生物を抜きようが無い
韓国は日本の遙か前を走ってます
日本人は劣等感を捨てさって歴史を学んでください


312 :辻小姐:2006/10/08(日) 20:04:23
>>296
兵役は課さないことが当たり前です。

313 :天照大神:2006/10/08(日) 20:07:42
>>311
古代から中国文化を劣化コピーするだけで独自の文化を
持たなかった朝鮮が日本より文化が高い?

妄想は頭のなかだけにしてくださいね

まあ日本に対する文化的な劣等感に凝り固まってる朝鮮人には
むりでしょうが

314 :天照大神:2006/10/08(日) 20:08:59
>>311
古代から中国文化を劣化コピーするだけで独自の文化を
持たなかった朝鮮が日本より文化が高い?

妄想は頭のなかだけにしてくださいね

まあ日本に対する文化的な劣等感に凝り固まってる朝鮮人には
むりでしょうが

劣等感を捨て去って正しい歴史を学んでください
・・・・無理かな?

315 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 20:21:50
兵役は憲法が定めた国民の義務だよ。
徴兵検査に合格した以上はいつ兵役を命じてられても当たり前。

終戦直前になるまで戦力として全く期待されていなかった無能な先祖を民族単位で恥じろ。

316 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 20:26:43
天照大神←なんで火病?








プッ

317 :天照大神:2006/10/08(日) 20:29:47




二度書き込みしてやったのに・・・
まだ理解できないのかな?朝鮮人は?www






プw

318 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 21:02:57
朝鮮文化で日本より進んでいる物・・・拷問か?

319 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 22:54:11
歴史偽造の慣習じゃね?

320 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 23:53:54
>>317
火病っての連カキコでも
コピペでもないやい





って言い訳はいいよ朝鮮人

プッ

321 :日本@名無史さん:2006/10/09(月) 01:09:25
>>319
偽造歴史は素人すらも騙せない程度のお粗末な物だから進んだ慣習とは言えないぞ。
パクリ文化も原作を知っていれば一目瞭然(例.冬のソナタ=君の名は・・・)じゃ。

322 :日本@名無史さん:2006/10/09(月) 20:42:17
チョンの歴史ドラマは王族や宮廷モノばかり
水戸黄門や遠山の金さんのような、庶民社会に根ざした歴史モノはつくれない
李朝の一般社会なんてウンコしかなかったからね

323 :辻小姐:2006/10/09(月) 21:38:11
>>315
兵役義務を定めた憲法が民主主義に背くものです。

324 :日本@名無史さん:2006/10/09(月) 21:56:09
民主主義と兵役義務は別に矛盾しない。
むしろ同じ日本国籍でありながら、朝鮮半島の原住民に限って憲法に定められた義務を免除するのは原住民を不当に優遇する事になるから民主主義に反する。

325 :日本@名無史さん:2006/10/09(月) 22:22:08
>>324
おいアホ。
民主主義ってなにか知ってるかー?
半島人にどんな選挙権があったんだー?
選挙権が与えられないのに兵役の義務がある民主主義っていったい何だー?

326 :日本@名無史さん:2006/10/09(月) 22:36:46
>>324
すげえ・・・っw
あまりのアホ発言に食ってたチゲ鍋ふいちまったぜっw

327 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 02:48:00
選挙権は朝鮮人にもあったぞ。
帝国議会の議員になった朝鮮人も居たくらいだ。

被選挙権が認められていながら選挙権が認められないなんて話があるものか。

つくづく思うが反日宣伝を信じる朝鮮人は阿呆だな。

総督府統治下の朝鮮半島では議会が無いので原住民にも大和民族にも選挙の機会は一様になかったがな。

328 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 02:50:37
バーカ
それは内地に住んでいた朝鮮人だけの話だ
嫌韓コピペに踊らされる前に自分で勉強しような

329 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 02:52:39
馬鹿はお前だ。
原住民にも選挙権があった証拠だろうが。

330 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 02:59:38
>>327
それハン板コピペの受け売りでしょ?無知って嫌だな。しかも自分で調べた様子もないし。


331 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:01:58
朝鮮半島で選挙権がないのだから
大部分の朝鮮人には選挙権などなかったことになる
少数の在日に選挙権があった→朝鮮人全員に選挙権があった
などという捏造はやめましょう

332 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:04:27
選挙制度が施行されている地域では内地人と同じ参政権を朝鮮からの移住者にも与えられ、
文明化が不十分な朝鮮では日本人も原住民も同様に総督府の統治下で選挙の無い生活。

ごく当然の話だわな。

朝鮮人の反日宣伝はいつも支離滅裂だよな

333 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:06:18
「原住民が文明的でないから選挙権を与えない」

欧米の植民地でもよく使われた論理

334 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:06:23
衆議院議員の被選挙権には居住要件はなかった。
ちなみに朝鮮人議員のほとんどは貴族院議員。
しかし選挙権は居住要件があるので、外地に住む者は日本人でも朝鮮・台湾人でも投票できなかった。

結論として

>大部分の朝鮮人には選挙権などなかったことになる

でOKだと思う。

>>332
反論としてめちゃくちゃですがな(´д`)

335 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:06:39
民主主義には啓蒙が必須なんだよ。
わずか35年で朝鮮人を文明化するのは無理だっただけ。

336 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:10:00
>>335
はじまりはココですな
とりあえず324は大馬鹿者ということでオケ?(´д`)

324 日本@名無史さん 2006/10/09(月) 21:56:09
民主主義と兵役義務は別に矛盾しない。
むしろ同じ日本国籍でありながら、朝鮮半島の原住民に限って憲法に定められた義務を免除するのは原住民を不当に優遇する事になるから民主主義に反する。


325 日本@名無史さん 2006/10/09(月) 22:22:08
>>324
おいアホ。
民主主義ってなにか知ってるかー?
半島人にどんな選挙権があったんだー?
選挙権が与えられないのに兵役の義務がある民主主義っていったい何だー?


337 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:10:52
結論としては原住民にも選挙権はあった。
朝鮮半島では選挙が無かっただけ。

338 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:12:35
大馬鹿は336でオケ

339 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:13:42
×結論としては原住民にも選挙権はあった。
○結論としては内地に限れば原住民にも選挙権はあった。

340 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:15:13
もういいからハン板に帰りなさい(´д`)

341 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:16:19
総督府統治を実施中の朝鮮では選挙が実施されてないだけで、
原住民に選挙権が無い事にはならない。

342 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:17:51
お前が的外れなレスを自粛すればいいんだよ

343 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:19:41
あ、的外れとは>>340の事ね

344 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:21:42
>>341
いや選挙権は「内地に住む25歳以上の男子」と定められているから。

345 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 03:26:26
25歳以上の男子なら内地に住むだけで与えられるんだから朝鮮原住民にも選挙権はあったんだよ。

346 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 12:18:56
朝鮮人は内地への渡航が禁じられていたはずだが

347 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 22:26:35
併合した頃の日本と朝鮮では経済格差が大き過ぎたからな。

日本はロシアをも叩きのめす堂々たる列強国として世界の最上階に上りつめていたが、
朝鮮は日本が改革に着手するまで過去数百年ずっと毎年数十万人の餓死者を恒常的に出す最貧国だった。

いきなり国内移動を解禁したら食い詰めた朝鮮人が豊かな日本列島に殺到して混乱を招く。

ある程度の段階まで朝鮮人の文明化を完了してからでなければ解禁しようがない。

348 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 22:34:42
それと選挙権になんの関係が?

349 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 22:42:03
選挙とは民主主義体制の基盤を為す制度であり、
有権者を啓蒙する教育と並んで重要な手順となる。

啓蒙が不充分な段階で選挙を強行するのは猿に投票させるのと変わらない。

350 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 22:46:35
今でも南北朝鮮の政治を観察してると猿っぽいもんな。
60年前までは日本だったなんて嘘みたいな野蛮さ

351 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 22:57:23
猿だろうとなんだろうと、朝鮮半島居住者には選挙権がなかったわけだ。
選挙権なしに徴兵するというのは、上のほうでアホが言ってる民主制とはまったく矛盾するよな。

324 日本@名無史さん 2006/10/09(月) 21:56:09
民主主義と兵役義務は別に矛盾しない。
むしろ同じ日本国籍でありながら、朝鮮半島の原住民に限って憲法に定められた義務を免除するのは原住民を不当に優遇する事になるから民主主義に反する。


352 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 00:25:11
内地では内地人も朝鮮人も選挙に参加できる。

未開地域では日本人も原住民も選挙は無し。

何の不思議も無いし朝鮮人に選挙権が無かったなんて話にはならない。
現に朝鮮人の議員も居たのだから選挙権が無いなんて嘘もいいところ。

353 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 00:41:56
内地に住めば政治に参加できるんだから朝鮮人に選挙権が無い訳ではない。

内地に住めない朝鮮人は未成年と同様に知性が未熟だから選挙に参加できないというだけ。
未熟な原住民を文明化する事業に従事する内地出身者も選挙に参加できないんだから朝鮮人が文句をつけるのは無い物ねだりの甘えに過ぎない。

日本人なみに努力して内地に住めるようになれば、朝鮮半島出身者であっても一人前に選挙にも参加できた。

354 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 11:22:30
お前みたいなDQNでも内地に住んでりゃ投票できたんだから
そりゃ平等だろうなwwww

355 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 11:33:40
ふーん、でその際の住居はどうしてたの?
当時の朝鮮人についての警察文書読んでると、鮮人は木賃宿みたいなとこで、
共同生活云々の記載がよく出てくるけど。
今風に言うと住所不定のやつらばっかだったんだが、鮮人は。
で、そういうやつには選挙権がないのは、当然ご存じだよね。

というか、植民地人議員が何人いようが
それは植民地住民の意思を代弁するものではないよね。

本国の有権者に選挙されたり、本国政府に任命された人たちなのだから。
そんなのが何人いたってあまり意味がないような気が。

356 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 12:03:58
>>355
なにこいつ?日本人を馬鹿にしてるのか?
お前は朝鮮人か?本当に朝鮮人なのか?

357 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 12:06:29
治者と被治者の自同性が民主主義の根幹であり、それゆえに徴兵をはじめ各種義務が発生するのが
民主主義社会の根幹ですが、某帝国の議会というものは、それに程遠いものだったといえそうだ。

358 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 15:03:19
>>357
その某帝国議会と大英帝国のそれとでは大雑把に言えばどちらが現代の民主主義に近いんでしょうか?
とかコバ史観で潰されそうだな・・・
いや、それにしてもどこの国でも本音と建前あるだろ?

個人的には”朝鮮・台湾人が大量に志願兵となっていたのは日本政府に権利拡大を期待したから”
というのが妥当だと思うのだが・・・レベル違うけどアメリカの日系人部隊みたいな。

何もしないで権利欲しがるよりはましだよな


359 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 15:19:40
民族自決や民族の権利平等への志向というより、生活からくる必要性だよなぁ。
アメさんの日系志願兵とは、中身が違う。

日本支配に抵抗することで民族の権利を獲得しようという動きもあるわけで、
どちらかといえ「権利拡大を期待」した層はこちらではないかねぇ。

360 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 15:55:07
ここの朝鮮人は結果の平等を保障しなけりゃ民主主義ではないと言いたいだけだな。
前世紀の内に破綻して廃れた思想だ。

361 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 16:19:14
民主と自由・平等は異なる概念だって知ってる?知らないよな、バカウヨだから。プゲラ

362 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 19:47:30
民主党は自由と平等を実現させるための政党だ。
ということは、民主、自由、平等はそれぞれ強い因果関係で結ばれ、
非常に近い概念だということだ。
有権者の決断一つで日本が反動独裁への道を歩むか、
自由民権の道を歩むかが決まるのだ。

一方、松井秀喜外野手(32)はミズノとの契約更新を決断した。

363 :天照大神:2006/10/11(水) 19:57:18
>>320




あんな劣等民族とおなじにすんなよw
なw朝鮮人www






364 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 20:04:35
そういえば、アマテラスは韓国女性だったことが判明したらしいね。
一韓国女性を最高神としてあがめ奉っている倭人は、韓国人の奴隷に等しいと考えてOK?

365 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 20:10:14
韓国女性はキツイというかエキセントリックなイメージがあるから
シャーマンには向いてるかも

366 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 20:24:08
>>364
王、長島が在日と同じ類の韓国人の妄想だと思う。
それとも、その事を感じさせる出土物か史料があるのかい。日本が持ち去った、揉み消したは無しで頼む。

367 :天照大神:2006/10/11(水) 20:37:27
>>364




妄想しまくって物的証拠も根拠も乏しいキチガイ教授の説を
信じてる点で劣等不逞鮮人は日本人より劣等と考えてok?
www
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






368 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 20:41:05
「王さんが韓国人」妄想って、嫌韓厨の手の込んだネタだろ?多分。

中国人だって別に隠してもいなし有名じゃん。

369 :天照大神:2006/10/11(水) 20:42:40
>>368
韓国人じゃないけどな

370 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 21:00:14
>>1
天才は国籍を問わずに生まれてくる。
外国人の優秀な人物を自国の人間ニダと言う某国と同格と見なされるのはちょっと。

371 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 10:30:21
>>368
韓国の新聞ではナゼか「在日台湾人の、ワン・ジョンチ」と紹介されていた。

ワン・ジョンチって誰だ?本名「さだはる」なんだけど。

372 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 10:37:43
韓国読みしただけのこと

373 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 11:31:55
日本と南北朝鮮では、お互いの人名を母国の発音で表記する事を政府間で取り決めた。

毛沢東や江沢民は中国人なのでもうたくとう、こうたくみん、でいいけど、
金正日や金大中はチョンだからキムジョンイル、キムデジュンと呼ばなくてはならない。
当然あっちでは
小泉純一郎をコイジュミジュニチロと朝鮮訛りの日本語発音で呼んでいる。

何故日本と南北朝鮮だけの間にこんな意味不明な取り決めがあるのかというと、
例によってチョンの名前を日本語読みで呼ぶのは差別ニダと馬鹿げたイチャモンをつけてきたからだ。

李舜臣をりしゅんしんと呼ぶのは差別だからイスンシンと呼ばなきゃならないそうだ。

当時の日本政府は馬鹿のイチャモンを黙殺する事もなくお互いの母国語で発音する事で合意して現在にいたる。

ちなみに豊臣秀吉の事だけは例外的に侮辱の意味を込めてプンシンスギルと呼ぶ。

日本の人名を朝鮮語読みする事の何が侮辱なのかよく分からないが、
そんな訳の分からないこだわりで一喜一憂するあたりがいつまで経っても一人前の文明人扱いされない原因だとは気付かないらしい。

王貞治は台湾人なので、件の馬鹿げた規定の対象外になっていると考えられる。

374 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 12:59:33
自分こそ文明人らしくないって気づいたら?

375 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 13:34:11
ウリはもちろん倭人だが、全然文明人らしくない。
そんなはずはないのだがなあ。
ウエーッハッハッハ

376 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 18:02:47
話題を元に戻す
清代だと、
琉球=中華序列は朝鮮より上
朝鮮=中華序列はかなり下
日本=中華序列の外で上下以前

377 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 18:13:44
>>376
日本は中華圏の外=化外の地

つまり文明の光に浴さない蛮族の住む地であり、論外。
つまり下の下の下

378 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 20:19:24
評価以前だから下の下とかは成り立たない。
朝鮮は中華の辺境だから文明の光は・・・どうなんだろう?

379 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 21:49:14
>>376
邦交志。
http://www.hoolulu.com/zh/25shi/25qingshigao/t-158.htm
琉球や朝鮮は属邦だっけ?

>>377
その通り。日本は華夷秩序とは無関係。
まあ明に戦争しかけるくらいだからねw
清には勝利するし。

380 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 23:13:30
>>377
>日本は中華圏の外=化外の地

最後まで漢人政権を信じてモンゴルになびかず、国を傾け政府まで
崩壊させて戦ったのに、中国人て、日本人に感謝した事ないな。

明が清に潰されそうになった時も応援を頼まれたね。
今度は助けなかったけど。

381 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 23:19:53
>>380
なんのこと?

382 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 23:38:11
中華や小中華は日本の文明に追いつけない自覚さえ持たない愚劣な未開人というだけだな。

茶碗とラーメン丼の見分けがつかない蛮族に茶道のワビサビを理解する事は出来ないのと同じで。

383 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 08:16:49
>>381
元寇。

さっさと蒙古と手を組んで、漢族なんか見殺しにすべきだったかも。
昔からのよしみで忠誠を誓ってしまったが、今思えば愚かな選択を
した可能性が大。

384 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 08:49:17
>>383
すげえ歴史認識w
鎌倉幕府は南宋のために元と戦ったのかよw
しかも感謝しろってw

あほすぎっw

385 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 10:40:52
>>384
そういう一面もあるだろう。

実際に元のアプローチを断り続けていたし、モンゴル人の捕虜はことごとく
斬首したが、漢人は可哀想なので命を助けたと高校の日本史の授業で学んだ
が、あれは嘘だったのか?
朝鮮人は、はりきって対馬で虐殺を働いたけどな。

386 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 10:43:29
>>384
>しかも感謝しろってw

日本戦とその後の東南アジア遠征(ベトナム)でボコボコにされたのが
原因で、モンゴルの国力は低下したけど。

387 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 10:58:54
朝鮮通信士は不浄門から入るのが慣わし。つまり、その程度だ。

388 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 11:06:15
日本に攻めて来た艦隊の大部分は高麗兵で、率先して残虐行為に耽っていた。
そこで日本側では指揮官クラスのモンゴル人共々死刑。

漢人兵士には特に非行の罪が無かったので助命した。

389 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 14:29:55
>>388
> そこで日本側では指揮官クラスのモンゴル人共々死刑。

だからと言って、モンゴル人は「日本人は残酷ニダ! 謝罪と補償を(ry」などという寝言は言ったことない。
だけど、実際に残虐行為に耽っていた高麗人の末裔はと言うと・・・(ry

390 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 14:53:31
>>385
ないないw
捕虜の命を助けたら南宋のために戦ったことになるのかよw
しかもその頃既に南宋は滅びてるしw
もうちょっと歴史のお勉強をしようね、ボクちゃんw

391 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 15:13:40

捕虜の南人は、戦利品として、功のあった御家人に分配されたわけだが。

392 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 15:18:16
>>390
南宋を見捨てて、最初から蒙古と手を組むという選択肢が
無いわけではなかっただろうが、結果としては、最後まで
思いとどまったね。

>南宋のために戦ったことになるのかよ

大袈裟に言ってみただけだろう。

393 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 15:22:12
>>392
見捨てるもなにも最初っから南宋に加担してないんですけど。

394 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 15:25:49
>>377
>日本は中華圏の外=化外の地

>つまり文明の光に浴さない蛮族の住む地であり、論外。
>つまり下の下の下
           
   ↑        
なんだ、韓国人か
そう言えばここ、朝鮮国王スレッドだったね。

395 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 15:30:39
中国糞青なら「日本は中華の属国」と言いたがるものな。

396 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 18:04:04
朝鮮人は「高麗は故意に脆弱な船を建造して日本を助けた」とか吹聴していたもんだ。

単なる自滅さえ恩着せがましい話にすり替える朝鮮式の論法に立脚すれば、
漢人を処刑しなかったのは南宋を救う為という解釈でまったく問題なかろう。

397 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 18:18:17
>>396
在日右翼乙

398 :転化の禿頭馬鹿将軍ニート:2006/10/14(土) 18:18:34
新曲キャンペーン中

こんにちは私は
転化の禿頭馬鹿将軍ニートと申します。
ここでもバカレスってますが、
1人で雅子スレ自作しています。
それで新曲作りました。
必死に握っている所をよく聞いてください。


「雅子スレで、シコシコ」


シコシコシコシコ・・・・・♪

俺は本当は雅子がスキなんだ〜♪

皇太子にもったいない〜♪

太い眉毛にパッチリお目目〜♪

そんな雅子の笑顔に今日も握り快調〜♪





399 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 18:19:09
>>396
本当に憎けりゃ殺しても差し支えないし訳だし。

>>388
>漢人兵士には特に非行の罪が無かったので助命した。

あったかも知れないが、温情でそうしたんだと思うね。
助けるためには、もっともらしい「理由」が必要だからな。

400 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 18:23:07
明らかに朝鮮人の歴史歪曲を皮肉ってるレスに在日右翼認定かよ。

ずいぶん読解力の無い奴だ。

401 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 18:23:13
>>397
???

402 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 18:41:13
>>400
君は在日右翼なみの低脳だね。

403 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 18:45:39
>>400
じゃあ日本は国を傾けてまで南宋のために戦ったとかぬかす倭奴の歴史認識はどう評価するんだい?

404 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 21:19:46
日本(鎌倉幕府)が戦ったのは海の向こうの国の為で無く独立国としてのプライドの為だろ。

405 :辻小姐:2006/10/14(土) 22:01:29
>>382
茶道は朝鮮の茶禮が起源です。もちろん喫茶の習慣は仏教の発達の過程に生
まれたもので朝鮮で発生したわけではありません。わび寂びは、確かに千利
休の独創と言ってもよく、それまでの日本の茶道も、けしてわびさびを第一
に重んじるものではありませんでした。

406 :辻小姐:2006/10/14(土) 22:03:10
>>387
そのような慣わしはありません。

407 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 22:19:25
マジで皮肉だという事が分かってないのか

愚か

408 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 22:20:53
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!
ニートのレスは思い込みばかりなのに、証拠付き意見を凌ぐらしい!



409 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 22:21:39
ここは
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場
ニートの遊び場


410 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 22:22:49
何をファビョってんだ?

411 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 22:25:39
>>410
ニート発見!

412 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 22:27:02
>>396が朝鮮人の嘘つき体質を皮肉ったレスだと理解出来ない香具師も朝鮮人なみに痛い。

413 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 22:43:15
>>382
貴方は取調べの時にメガネを取らなかった朝鮮人と同レベルですか?住む地域が違えば食文化も違います食器の理解(区分)が違うのも当然です。
>>405
日本のは禅宗が薬として伝えた茶が後に闘茶(お遊び、恐らく出典は唐)になりそれに精神性と教養を入れ大成させたのが千家茶道です。
朝鮮の茶禮が仏教と伝えられ発展させたものなら、朝鮮の茶禮は日本の茶道とは、どっちが元祖と言う訳でも無い別物と考えた方べきでは。

414 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 23:00:45
金属の箸を使ってる朝鮮人に茶道のわびさびを理解できるとは考えられない。

415 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 23:25:02
相撲と一緒、猿真似は所詮すぐすたれる。

416 :辻小姐:2006/10/15(日) 03:19:35
>>415
素手で互いを投げあう競技に猿真似も何もないでしょう。ギリシアにもロシ
アにも相撲に類似した競技はあります。

417 :天照大神:2006/10/15(日) 07:02:41
>>416
ああ?
相撲が唯の喧嘩だと思ってんのか?
バカが
朝鮮にはシルムとかいう日本のパクリしかねえじゃねえか
お前ら朝鮮人はすぐ起源を捏造したがるなww

418 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 08:12:19
>>417
倭人曰く 「シムルは日本の相撲が起源ニダ!」

419 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 08:42:09
>>405
>茶道は朝鮮の茶禮が起源です

裏千家HP
http://www.urasenke.or.jp/index2.html
>日本に茶が入ってきたのは平安時代です。最澄や空海が中国に渡り、
>日本に戻るときに唐代の茶を持って帰ってきた
>鎌倉時代になって臨済宗を伝えた栄西も宋代の茶を持ち帰っています
>栄西は『喫茶養生記』という本を書いている
>足利義満や銀閣を建てた義政の時代に中国渡来の美術を愛玩する唐物趣味
>の会所の茶が誕生します
>村田珠光(1422-1501)は、唐物道具ばかりでなく、和物といわれる日本製
>の茶道具をも併せて使用する草庵茶の湯を考案し、 四畳半茶室も創り出し
>草庵茶の湯をわび茶道として大成したのが、千利休(1522-1591)

420 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 08:49:25
>>418
「シルム」だろ


421 :380:2006/10/15(日) 10:45:00
>>403
>じゃあ日本は国を傾けてまで南宋のために戦ったとかぬかす倭奴の歴史認識

売り言葉に買い言葉で、半分皮肉を込めて言ったものだが、
倭人でも漢人でもモンゴル人でもない人にここまで脊髄反射
をされるとは思わなかったな。話の流れを嫁。

そういう訳だから、とりあえず、この話終わるから。

422 :補足:2006/10/15(日) 10:50:31
>>421
>倭人でも漢人でもモンゴル人でもない人

最初はバカな漢族が吼えてんのかと思ったが、レスを遡って読むと
どうやら違うという事が判明したので、俺が勘違いしてレスしたと
いう話だ。

423 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 10:59:26
>>421
話の流れを読め?半分皮肉を込めた?
屋上屋を重ねる馬鹿発言だね。バレバレの後付の理由で、
皮肉にもなってないし、話の流れとも全然マッチしていないね。
素直に「歴史を知りませんでした、ごめんなさい」といえばいいのに。

424 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 11:28:05
394 :日本@名無史さん :2006/10/14(土) 15:25:49
>>377
>日本は中華圏の外=化外の地

>つまり文明の光に浴さない蛮族の住む地であり、論外。
>つまり下の下の下
           
   ↑        
なんだ、韓国人か
そう言えばここ、朝鮮国王スレッドだったね。

425 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 11:28:24
朝鮮人が無知な事は既に周知の事実なので、
改めて白状するには及ばない

426 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 11:41:51
380 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2006/10/13(金) 23:13:30
>>377
>日本は中華圏の外=化外の地

最後まで漢人政権を信じてモンゴルになびかず、国を傾け政府まで
崩壊させて戦ったのに、中国人て、日本人に感謝した事ないな。

明が清に潰されそうになった時も応援を頼まれたね。
今度は助けなかったけど

どこの惑星の日本のことなんだろうか。

427 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 13:11:02
元にケツを振ったり、はりきって南人弾圧に加わったりする事はなかったな。
捕虜も助けてるし。お陰で元はガタガタになった。

偉いな、日本男児!

っていう話じゃないの?単純に。

428 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 13:49:43
全然

429 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 14:20:56
元も高麗も2度の惨敗で国家の屋台骨が粉砕された事にはかわりない。

430 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 14:33:16
>>429
どこの国の屋台骨が粉砕されたって?

431 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 14:44:40
元と高麗だよ。

今でも世界有数の列強として繁栄を謳歌している日本の横で、両方とも何百年も前に寿命が尽きてみすぼらしく滅びただろ。

432 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 14:55:12
>>431
キチガイ乙
元や高麗がいつ滅びたのかくらい調べて発言しろや。
ついでに元の軍事活動についてもな。

433 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 15:39:07
まだやってたのか?!

俺(421)が終了宣言したにもかかわらず。

>>432
しかし、随分日中の歴史に高い関心を持っているんだね…
漢族ならともかく。
もしかして、日本がモンゴルを支持せず、漢族捕虜を助命したとの
発言が気に食わないわけ?
モンゴル兵や高句麗兵と一緒に斬首刑にしておけばよかったのかな?


なんかしつこいんだけど。

434 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 15:41:47
>>429
>元も高麗も2度の惨敗で国家の屋台骨が粉砕された事にはかわりない。

ああ、NHKの「その時歴史が動いた」でもやってたね。
元寇とその後とベトナム戦で、モンゴルは疲弊したって。

435 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 15:49:42
日本がその後も繁栄し続けて世界最高の生活水準を謳歌しているのに引き換え、
元と高麗はたちまち滅亡。

せっかく編成した大軍が2度も壊滅して国家の屋台骨を日本に粉砕されたからに他ならない。

2度の侵略が失敗して軍が全滅した時に元と高麗はすでに死んでいたのだ。

その後短い期間生き延びていたように見えるのは、
死後間もない死体が生きてるように見えるのと同様の錯覚に過ぎない。

436 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 16:50:47
>>435
馬鹿の尺度でのたちまちって一体何年?

437 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 16:56:47
>>433

>>423


438 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 16:57:59
馬鹿の尺度など知らんよ。

建国2666年の永きに渡って存続する世界最古の帝国に生きる臣民にとって、
元や高麗ごときは一瞬にして消える泡沫のごとき存在に過ぎなかったからな。

439 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:01:38
中卒ヒッキーさん!悪いがこの自作スレで、君は何したいの?
ニート魂に火を付けて、皆さんから大絶賛でも受けたいのか?
無理だろうけど・・・・・・
これから馬鹿丸出しで何十年も過ごすなら、
3年間中学行きなおしても、遅くないと思うぜ!
まっ忠告だよ・・・・・


440 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:08:44
そうファビョるな。
国家を何度も破綻させ続けたマヌケな朝鮮民族を尻目に、日本人は世界最古の帝国を末永く繁栄させ続けるばかりだ。

441 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:11:46
>>440 ぷぷぷぷぷぷっぷぷぷぷぷっぷぷぷぷぷっぷぷっぷぷうぷっぷっぷっぷぷっぷぷぷっぷぷぷ・・・

442 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:12:53
狂ったか

443 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:17:02
・・・ぷ良プラプラプラプラプラプラプラプラぷらぷらぷらぷぷうぅぅぅぅっぅぅぅ・・・・・・・臭

444 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:17:03
簡単な日本の歴史も知らんのに、
大言壮語を吐いて歴史を語ってる奴らは何者なんだ?
まともな日本の教育を受け、日本人としての美徳を備えていれば、
そんなことはできないはずだが・・・。

ハッ
まさか在日右翼・・・。

445 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:19:50
プラプラムだなお前! よっ久しぶり! いやー待ってた・・・・・・・

446 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:20:08
簡単な日本史というのは日教組が簡素化した反日史観の謂か?

447 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:21:15
なかなか見当たらないから・・・探してたんだよ・・・・・元気そうじゃないか?・・・これから晩酌か?

448 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:23:59
>>447
あいにく失業中で金がない。晩酌どころかメシ抜きだ。

449 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:25:03
久しぶだよこの臭い! いやー忙しくてさ・・・ 本当に臭いから直ぐ解ったよ・・・

450 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:29:01
>>448 お前いつでも失業中だっただろ・・・馬鹿は変ってないなwwwwwwwwww

451 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:29:23
>>449
風呂くらい入れ。

452 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:31:41
>>451 おいおい僕はチンコの先まで毎晩よーく洗ってるよ!忘れたか?

453 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:37:04
しかし何ヶ月ぶりかな?
お前の臭いはツーンとするから、
金玉の裏まで洗ってないだろ!
だけど本当に臭いのは、
その禿頭だぞ!



454 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:48:39
ネットを介して臭気が伝わる筈ないだろ。

端末が臭うならお前自身が臭いからだよ。

455 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 19:47:19
>>454
あれ君には伝わらないのか、
この懐かしい臭い・・・


456 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 20:31:08

精神の異常が嗅覚にも及んでいるらしい。
くわばらくわばら

457 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 20:37:03
なつかしい におい・・・がする

突き動かされる暇人のにおい・・・

罵倒される釣り師のにおい・・・

火病る在日のにおい・・・

同じく火病るウヨのにおい・・・

荒しのにおい・・・

2chのにおい・・・

458 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 20:48:53
おじょうず がんばりましたよ
次は最初から付いてきてくださいね(^^)

459 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 23:39:27
生活水準が向上したのは稲・麦の二毛作が始まってから。それ以前は夏に餓死者が集中、庶民の生活水準は支配層が贅沢しない分、新羅・高麗・朝鮮よりマシ程度のレベルでしかない。
庶民の生活水準が大きく上がるのは徳川以降。中華帝国は富裕層と貧困層に二分しているので生活水準は何処を取るかで変わる。富裕層なら日本(徳川期)以上、貧困層は朝鮮よりマシ程度。

460 :辻小姐:2006/10/16(月) 06:08:41
>>438
神武天皇は中国の三皇五帝やイスラエルのノアの箱舟と同レベルの伝説で
す。

461 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 10:54:23
>>460
そこに朝鮮半島の檀君神話があげられていないことに何か理由はありますか?

462 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 12:08:53
三皇五帝に比すべきは神世の神々でしょ。
明らかに実在が推定される人物と比べるなんて
理解力が随分低いみたいですね。

463 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 12:27:17
だったら神武の実在を証明してください

464 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 14:10:17
天皇が実在の人間である事に疑問の余地がなければ、
その先祖が居なかったと考える理由が無い。

465 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 14:24:02
天皇の先祖が神武である証拠は?

466 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 14:54:28
天皇の先祖の内の一人を神武天皇と呼んでいるのだから、
彼が天皇の先祖である事に疑問の余地はない。

467 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 15:14:45
(゜∀゜)

468 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 19:10:42
460 :辻小姐 :2006/10/16(月) 06:08:41
>>438
神武天皇は中国の三皇五帝やイスラエルのノアの箱舟と同レベルの伝説で
す。


461 :日本@名無史さん :2006/10/16(月) 10:54:23
>>460
そこに朝鮮半島の檀君神話があげられていないことに何か理由はありますか?




469 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 20:02:52
>>468
何で例として朝鮮半島の神話を挙げなきゃいけないんだい?
朝鮮が気になって仕方がない人なんですか?

470 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 00:00:06
>>466
だから何の証拠があるんですかw
神武が実在するという証拠はw

471 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 00:11:11
>>470
オレの脳内。文句あるか?

472 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 01:36:58
おお、辻がこんなとこにも湧いてたか。がんばってるな。

473 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 02:08:21
>>471
モンクアルヨ

474 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 02:31:09
>>472辻ちゃん生きてたの?
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=xhtml&site=search&q=%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1&source=m&hl=ja&ei=CMEzRd-LB8bUJIDdxW4&ct=res&cd=1&rd=1&u=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%25BE%25BB%25E6%2594%25BF%25E4%25BF%25A1

475 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 02:36:51
そして、モー娘。時代の辻ちゃん
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=xhtml&site=search&q=%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1&source=m&hl=ja&ei=jMIzRaeiA4fCJM2YvG8&ct=res&cd=3&rd=1&u=http%3A%2F%2Fkaren.saiin.net%2F%7Eclytie%2Fperson%2Ftsuji.html

476 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 03:18:11
モー娘。時代

ダンスやパーティー等で荒稼ぎしてた時代の辻ちゃん

http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html

477 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 03:33:59
天皇が生物として実在する以上、
先祖である神武天皇が居ない可能性はゼロだよ。

神武天皇とは、今上天皇の先祖を指し示す名前だからだ。

478 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 04:00:05
反日勢力はあらゆる人間に必ず先祖が居る事を認めない阿呆という事だな。

479 :辻小姐:2006/10/17(火) 04:57:39
>>477
手白香皇女(たしらかのひめみこ)はたぶん仁賢天皇の皇女だったとして、
継体天皇が応神天皇5世の孫だったかどうかははっきりしません。男系天皇
の伝統などというものは、そのくらいあやふやです。

480 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 05:24:29
おいら公爵の子孫。

481 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 05:48:40




辻ちゃん辻ちゃん素敵なスレッドみつけたよ(^竸)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1148824438/

482 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 10:35:13
神武天皇
伝説では北九州から瀬戸内海ルートで大和樫原で即位したと言われる。127歳で没した。

樫原と思われる樫の群生跡は発掘された。
個人的には
後世、大王家(後の天皇家)が発言力を増す為に、北九州から畿内まで(瀬戸内海沿い)の豪族連合の首長を繋ぎ合わせて作った。
もしくは現天皇家とは別の当時の豪族連合の首長だった豪族。

483 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 13:13:19
あらゆる人間に先祖はいる
しかし、天皇の先祖が神武(つまり九州から東征して天皇になった)
という人物だなんて証拠はない
証拠あるの?

484 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 17:10:27
物語や伝説は事実ではないが、伝説の中にはしばしば「歴史的事実」が
反映(示唆)されている「場合もある」と聞く。

485 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 17:12:03
そのため、文献や考古学的資料と照らし合わせて、それが「ガセ」か
「事実」かを確かめる必要がある。

486 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 21:48:28
>>426
不用意な発言の前半にばかり噛み付いてますけど、明が徳川幕府に応援を要請したのは認めているんですね?

鄭成功
http://homepage2.nifty.com/murasaki-miyako/terms/a2zhenchenggong.html

蒸し返しすいません

487 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 21:51:00
神武天皇が歴代天皇の先祖である事を疑う理由は無い。
別に矛盾する事実は無いからな。

488 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 21:57:41
日本は聖徳太子の時代から、天皇は皇帝であり、中華皇帝と対等の立場であると分不相応に主張した。
弱小国があまりにも背伸びして虚勢を張っていたので、バカらしくて中華は天皇を放って置いた。

だけど近世になって、中華皇帝が勝手に滅亡して、アジアに残った皇帝は天皇だけとなった。

一方、経済人たちは競って中華皇帝に国王の称号をもらおうと頑張っていた。
実際、日本国王をもらって日中貿易で経済を発展させて金を儲けた。

政治はアンチ中華、経済は土下座中華。
このダブルスタンダードが古来から続く日本の伝統。

489 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:01:01
神武天皇の子孫が実際に天皇として現実世界に存在している以上、
神武天皇が居なかったと考える理由もない。
誰かが最初に天皇にならなければ、彼の子孫が子孫という資格を以て天皇になる事もできまい。

490 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:19:15
>>486
何か引っ張ってきたサイトからしてリア工っぽいやつだな。

援軍を求めたのは明じゃなくて漢族の一地方勢力だが。
つうか、今更そんなもんを蒸し返してきた意図がわからん。
仮に鄭成功=明としても、援軍を求められたからってなんなんだ?
援軍を求められた日本はすごい!ホルホルホルってか?


491 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:21:24
分不相応なのは中華を自称していた蛮族だよ。
始皇帝は商人と踊り子の子供だし、劉邦なんかチンピラの親分じゃん。
蛮族にふさわしく単に殺し合いと足の引っ張り合いで勝ち残ったゴロツキが皇帝を自称したに過ぎない。

弱肉強食のピラミッドの頂点を争奪して皇帝になるしか無い為に権威と権力を分立させた日本とは異なり、
あっという間に新興勢力によって王朝が転覆する。
その都度なけなしの権威が台なしになるばかり。

権力は個人の能力によって持ち主が替わる力だが、
権威とは伝統の蓄積が生み出す力だ。

一人の人間が永久に最強の能力を持ち続ける事ができない以上、
権力はいずれ必ず別人の手に渡る。
権威と権力から分離していない未開国では、
権力の推移の度に伝統が途切れて権威が失われる。

身の程知らずに皇帝を自称したゴロツキどもが全滅してもなお日本に限って皇帝が存続するのは、
神武天皇以来、一度も権威がリセットされなかったからだ。

492 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:22:00
>>489
論理もヘッタクレもないな。
変な薬でもやってるのか?

493 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:23:42
お前がな

494 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:30:14
>>491
出自の怪しい継体天皇をどうする。

495 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:30:27
神武天皇の子孫というのが日本社会において天皇の地位に就ける資格なんだからな。
論理的にも神武天皇が居なかったと考える理由は無いよ。

496 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:31:54
継体天皇が神武天皇の子孫でなければ天皇として認められる事は有り得ない。

497 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:35:26
>>495
ほう。源頼朝や足利尊氏も天皇になれたのか。
そりゃびっくりだ。

498 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:38:01
継体天皇が自分の事を神武天皇とは無縁だと言ったりした事実は無い。
日本では神武天皇の子孫でなければ天皇になれないんだよ。

499 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:43:21
源頼朝や足利尊氏も神武天皇の子孫だよ。
彼らが天皇になれるかどうかは別だがな。

天皇になれるのは神武天皇の子孫だけだが、
神武天皇の子孫であれば誰もが天皇になれるという訳ではない。

頼朝や尊氏は継体天皇が神武天皇の子孫だった事実を否定する根拠とは関係ない連中だな。

500 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:45:08
>>498
>日本では神武天皇の子孫でなければ天皇になれないんだよ。

まずこの主張の基礎である「神武天皇」が実在するという根拠について
つぎに「日本では神武天皇の子孫でなければ天皇になれない」とする根拠について
論理的に論じよ。

501 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:49:34
天皇が実在する事と、天皇が例外なく神武天皇の子孫という資格を備えて天皇の位を継いでいる現実が証拠だよ。

神武天皇の実在を疑う為にはこの現実を覆す証拠が必要だが、
そんな代物は未だ発見されていない。

神武天皇が居ないと考える理由が無い事が実在を示す動かぬ証拠となる。

502 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:51:50
>>496
ある太陽信仰のある部族でのケース

その部族では太陽の子孫しか王になれなかった。
ある男が王位を簒奪した。
その男は民衆から王位を認められた。

・・・その男は本当に太陽の子孫だったのか?

503 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:53:03
反日勢力は日本社会である時いきなり天皇という存在が出現したと思い込んだ阿呆という訳だな。

いきなり馬の骨が天皇として認められたりする訳無いから。

504 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:54:58
>>501
>天皇が実在する

認める

>天皇が例外なく神武天皇の子孫という資格を備えて天皇の位を継いでいる

だからこの根拠は?

505 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:56:08
>>500

神武天皇が実在する根拠+子孫でなければ天皇になれない

>答;そういう信仰だから。

天皇の条件;天皇の男系子孫
理由は他に”天皇”と自称他称し、定着した例がないから。


こんな質問にマジレスするヤツの気が知れない。


506 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:58:50
神武天皇は南九州に出現して東方に勢力を延ばした。
南九州には沖縄あなりから渡って来たのだろうが、
太陽神の子孫だと後世言い伝えられる事になった。

王位の簒奪とは何を指した例えだか不明だが、神武天皇は周辺の勢力から王として認められたのであって、
簒奪する程の地位が従来から日本に土着していた形跡は無い。

507 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 22:59:55
神武天皇の子孫以外で誰が天皇になれたのか指摘しろよ。

508 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:00:19
>>505
神武天皇はただの信仰の産物だそうです。

509 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:01:43
神武天皇以外の馬の骨が天皇になれた事実が証明されていない限り、
単なる信仰ではなく事実なんだよ。

510 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:03:00
継体天皇も神武天皇の子孫として天皇になった訳だが。

511 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:04:14
>>507
綏靖天皇の子孫以外で誰が天皇になれたのか指摘しろよ。
安寧天皇の子孫以外で誰が天皇になれたのか指摘しろよ。
懿徳天皇の子孫以外で誰が天皇になれたのか指摘しろよ。
孝昭天皇の子孫以外で誰が天皇になれたのか指摘しろよ。
孝安天皇の子孫以外で誰が天皇になれたのか指摘しろよ。
・・・

あれ?あれあれ??神武ってたいしたことないジャン。

512 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:07:00
神武天皇がたいした奴かどうかは各自が評価すればよろしい。

実在を疑う理由は依然として無いがな。

513 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:07:16
>>509
問題はその神武自体の存否なわけだが。

514 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:08:19
実在を疑う理由はどこにも無いんだが。

515 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:15:42
500 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2006/10/17(火) 22:45:08
>>498
>日本では神武天皇の子孫でなければ天皇になれないんだよ。

まずこの主張の基礎である「神武天皇」が実在するという根拠について
つぎに「日本では神武天皇の子孫でなければ天皇になれない」とする根拠について
論理的に論じよ。


回答まだ?

516 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:18:31
>>514
え?日向だか大隅だかからえっちらおっちら船こいできて大和征服して660年に即位した人がいるって?
へーーー。

517 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:21:18
歴代天皇は全員例外なく神武天皇の子孫という資格を満たした上で天皇になってるよ。

宮内庁にでも問い合わせて確認すれば分かる事だ。

そして歴代天皇が神武天皇の子孫という資格を条件とする存在として実在する以上、

神武天皇が実在しなかったと考える理由は無い。

518 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:21:44
系図みると天皇はみんな綏靖天皇の子孫ということになってるね。
わかった!綏靖天皇の子孫であることが天皇になれる資格だったんだ!

519 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:23:51
神武天皇はウガヤフキアエズノミコトの子孫だが天皇になった訳だが。

520 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:24:02
歴代天皇は全員例外なく天照大神の子孫という資格を満たした上で天皇になってるよ。

宮内庁にでも問い合わせて確認すれば分かる事だ。

そして歴代天皇が天照大神の子孫という資格を条件とする存在として実在する以上、

天照大神が実在しなかったと考える理由は無い。

では伊弉諾尊も実在?

521 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:25:27
日本神話の神々はどの辺まで実在ということになるんだろうね?


522 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:30:57
天照大神?
天孫降臨より前の世代、つまりウガヤフキアエズノミコト迄の代は神代とされているから実在は疑わしい。

ひょっとしたらフィクションなのかも知れない。
何しろ神の世界だから確認しようがない。

実在が確認できるのは、南九州の地に出現したと公式文献に記録された神武天皇が最初となる。

523 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:36:05
天孫降臨として南九州各地に伝承が残っているのはニニギノミコト。

それ以降は実在と考えればよろしい。

524 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:42:03
>>522
ふーん。南九州に神の息子が突然出現したわけね。そりゃすごい。
で、そいつはそもそも人間なの?
天皇が存在する→神武天皇が実在する
という論法が通用するなら、
神武天皇が実在する→神が実在する
という論法も成立してしまうなあ。

私?一応無神論者ですけど。

525 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:52:47
神武天皇の先祖であるニニギノミコトが南九州に出現する以前は高天原といいう所に居て、
そこから日本に来たとされている。

高天原が現実世界のどこに該当するかのかは不明だが、
ニニギノミコトとその先祖が日本ではない別な場所から来た事を疑う必要は無い。

南九州という場所などを考えれば南西諸島あたりから黒潮に乗って航海してきたと推測できるが、確かな事は分からない。

しかし天皇が実在する以上、その先祖が南九州にたどり着き、その後カムヤマトイワレヒコ、またの名を神武天皇と呼ばれる事になる人物が東方へ勢力を拡大した事は間違いない。

存在を疑う理由が無いのだ。

526 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 23:59:13
>>525
天皇が実在する以上その先祖である神の存在を疑う理由はない。
ってことでOK?

527 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 00:00:41
要するに反日勢力は天皇が存在する事を知りながら、その先祖が居た事を疑う阿呆という事だ。

528 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 00:03:07
神は実在した。
東郷神社に祭られている神は101年前に実在するロシア艦隊を攻め滅ぼした。

529 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 00:12:12
日本には神が実在した。
インドにも神が実在した。
ギリシャにも神が実在した。
エジプトにも神が実在した。
どうやら地球には、人類の登場以前に、超生物の時代が
あったらしい。

530 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 00:16:22
神として祭られている事実は祭られた対象が超生物だった事を意味しない。
東郷平八郎は神であり超人的な活躍で実在を証明する証拠にも事欠かないが、
生物学的にはホモ・サピエンスに過ぎない。

531 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 09:08:57
まずこの主張の基礎である「神武天皇」が実在するという根拠について
つぎに「日本では神武天皇の子孫でなければ天皇になれない」とする根拠について
論理的に論じよ。

532 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 11:01:38
484 :日本@名無史さん :2006/10/17(火) 17:10:27
物語や伝説は事実ではないが、伝説の中にはしばしば「歴史的事実」が
反映(示唆)されている「場合もある」と聞く。


485 :日本@名無史さん :2006/10/17(火) 17:12:03
そのため、文献や考古学的資料と照らし合わせて、それが「ガセ」か
「事実」かを確かめる必要がある。


533 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 11:49:32
>>532
古代史の解明ってずいぶん難しいんだね。

534 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 12:24:49
神武天皇の実在を疑う理由が無い。

535 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 16:31:15
>>533
難しいよ。
遺跡の調査は何ヶ月も何年も、場合によっては何十年もかかる。
また、一度定説化して事を覆すのは、至難の業。

536 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 17:41:06
荒唐無稽な神武東征伝説を信じる理由はない。

537 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 18:54:25
神武伝説
元ネタになった事件は在っただろうけど、さすがにそのまま信じるのはちょっと。

538 :辻小姐:2006/10/18(水) 20:20:42
まあ今に、伊吹文部科学相が、イザナギ・イザナミの国生みとか、湊川の戦
とかをクローズアップして教えるようにしてくれますよ。そうすればこうい
うことを言う人は増えるでしょう。

539 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 20:49:34
楠正成は始終南朝のために戦った忠臣。
朝鮮に当て嵌めるなら、故国のために手段を選ばず戦った李舜臣(それだけしても故国に恩を仇で返された)。
楠正成は絶対不利と解っていたが命令に従い後醍醐天皇に殉じた。
李舜臣は講和を破り、撤退中の日本軍を不意打ちしたが返り討ち(戦いは明・朝鮮の完敗)にあった。
・・・李舜臣は朝鮮人だから仕方が無いか。

540 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 21:41:12
>>537
読解力が無いのかみんなorz

>>532
>伝説の中にはしばしば「歴史的事実」が
反映(示唆)されている「場合もある」と聞く。

つーことだろう?

541 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 01:43:53
神武天皇が実在したかどうかという問題と、
神武天皇にまつわる伝説の真偽は全くの別問題だよ。
論理的にはね。

542 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 01:53:08
大岡裁きの物語には少なからずフィクションが含まれているが、
大岡越前守忠相という人物が実在した事を疑う理由にはならない。

フィクションの存在を理由に神武天皇の実在を疑うのは、
同じ理由で大岡越前の実在を疑うのと同様。

論理のなんたるかを理解できない愚か者って事。

543 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 02:47:30
大岡忠相は実在が証明されている人物だが、
神武は伝説以外に実在の根拠がない。
この両者を同列に扱うとは信じがたい愚か者だな。

544 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 05:01:06
愚かなのはお前。
実在する人間が「我が家の先祖」と認めている以上、実在を疑うのは先祖が居ない人間が居ると言っているのと変わらない。
天皇が実在する以上、天皇の先祖も実在したに決まってるんだよボケ

545 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 05:09:18
反日勢力は子孫の実在が先祖の実在を証明している事を理解できない阿呆だから。

546 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 05:36:36
>>544
>>543が言いたいのは、天皇は人間だから先祖は確実に存在するけど、
神武天皇という人物が天皇の先祖で且つ存在したかどうかって事を言いたいんじゃまいか?
普通の人にしか繋がらないのに、どこかの代で先祖を勝手に作り上げたり、
関係無い英雄を自分の先祖だと自称したりって考えてるとオモ。

547 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 05:43:02
実在する天皇が126代前の先祖の事を神武天皇と呼ぶ以上、
神武天皇が実在する事と天皇が神武天皇の子孫である事に疑問の余地は生じない。

神武天皇なる実在の人物にどんな伝説が付随しているのかは全く関係無い。

548 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 05:57:26
大岡裁きは嘘だから大岡越前は実在しないという理屈は成り立たない。
神武伝説の内容と実在する神武天皇の有無は関係ないんだよね。

549 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 05:57:45
神武になんかアレルギー起こしそうな伝説でもあるの?
先生方。

550 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 06:01:04
神武天皇が実在した事に疑問の余地は無いが、
神武天皇にどんな伝説があるのかは全然知りません。

551 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 06:17:13
水戸黄門は諸国を漫遊していないが、その事は実在を疑う理由にならない。

552 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 08:31:51
484 :日本@名無史さん :2006/10/17(火) 17:10:27
物語や伝説は事実ではないが、伝説の中にはしばしば「歴史的事実」が
反映(示唆)されている「場合もある」と聞く。


553 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 08:38:40
>>547
じゃあ主に江戸時代に作られた偽の系図が伝わってる家も、総て偽ではなくて正当な子孫って事だね?

554 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 10:09:50
>>547
すごい馬鹿発見。
じゃあお前が「ウリの15代前の先祖は徳川家康ニダ!」と宣言すれば、
本当のお前の先祖である白丁の朴某も、「徳川家康」ということになってしまうんだねw
いくらお前のような低脳でも、15代前の先祖は実在するんだろうから。

555 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 11:23:07
実在の意味が違う場合がある。

例えば、水戸黄門は実在したが複数の人間が異なる時期に実在している。
聖徳太子やシェークスピアは実在したが、複数人のグループの名称っぽい。

神武天皇が1人であり、その1人だけがずっと神武天皇を名乗っていたというのを実在と定義するなら、
神武天皇の実在ほど怪しいモノはない。


556 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 17:40:30
中華序列(時代によるけど)では
大内(中国地方の有力諸侯)と朝鮮国王が同格。

557 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 17:57:48
大内は日本国王にあらず。ただ将軍の日本国王印を手に入れただけ。

558 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 18:09:58
冊封
日本国王=不在
日本国王印=足利将軍家が保持→戦国諸侯の奪い合い
>>557言い方を変えて、中華序列だと
日本国王印保持勢力と朝鮮国王が同格。

559 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 18:43:18
>>558
ダウト

冊封
日本国王=将軍
日本国王印=将軍→大内その他

国王印持ってたって国王じゃない。

将軍=朝鮮国王
天皇は日本領有権を認められず=中華序列だと存在しないも同然


560 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 18:58:43
へぇ〜
んで、清の時代は?

561 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 00:06:37
チョーセンは日本に朝貢してたんだから、対等なわけないだろう。
そんな事もわかんないの?

562 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 00:53:46
中国に評価されていたかどうかにこだわる当たり
いかにも事大主義マンセーの朝鮮人って感じだね。
そしてこだわるにしても曰く日本の王とやらが一大名だったりするわけで…

563 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 01:04:24
倭王武の上表文を最後に
(高句麗びいきな)中国王朝とは
一線を画した、というのが
ふつうの歴史理解だな。

564 :辻小姐:2006/10/20(金) 02:12:23
>>562
織田信長は、必ずしも日本全国を支配していたけではありませんが、
将軍を報じて上洛し、天下に号令したため、天下人であったと評価す
る人もいます。全く同じことが、大内義興に言うことができます。北
条泰時が、単なる鎌倉幕府の一御家人でないように、大内義興は単な
る一大名ではありません。

565 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 02:43:23
その日本の王とされた諸侯と朝鮮や琉球の王が同格だと中国様が思ってたとして
それがどうしたよ?だから日本はウリナラと同格ニダーってか?アホ過ぎだろw

566 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 04:11:47
ってか、南北朝鮮=日本の一地方と同格の証明になってるなww
県知事=将軍様=大統領www

567 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 07:44:14
>>566
池沼乙
大内は日本国王印を持っていただけで日本国王に冊封などされていないんだがw

568 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 10:16:05
天皇が実在する人間である以上、実在する人間であった神武天皇の子孫である事は間違いない。

それとも、DNA鑑定か何かの検証によって神武天皇との血縁が否定されるような証拠でも見つかったのかね?

569 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 10:23:51
物凄い馬鹿というのは、徳川家康の子孫を自称する白丁が居ても徳川家康が実在した事を疑う理由にはならない事を理解できないお前だよ。

徳川家康や神武天皇は居たに決まってる。

570 :辻小姐:2006/10/20(金) 10:48:59
いろいろ調べたんですが、継体天皇はが応神天皇の5世または6世の孫であっ
たというのは、非常に根拠が薄いと思います。彼の祖先とされる稚渟毛二派
皇子、意富富杼王、乎非王は、現在には存在しない上宮記に、

「書かれていたんだよ」

と言われているだけで、上宮記が実在していたかも、実在していたとして、
本当にそういう内容が書かれていたかも不明です。継体天皇が応神天皇の子
孫というのは、自称に過ぎなかったのではないかと思います。

571 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 10:53:12
>>570
それがどうかしたか?

日本の天皇は古代を除いて朝貢してないんだが?

572 :辻小姐:2006/10/20(金) 10:53:19
>>567
「冊封とは何であるか」
という議論もあるでしょうが、大内義興は明皇帝から、日本国王臣源
義興宛ての国書を送られています。

573 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 11:08:07
継体天皇が神武天皇と無縁の馬の骨なら、天皇になる事が出来ない筈。
馬の骨が天皇になれる位なら、わざわざ神武天皇の子孫を自称する必要も無い。

574 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 12:04:15
>>573
江戸幕府の初代は馬の骨だったが、源氏の末裔を自称して
おのれの正当化にまんまと成功しますた。

575 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 12:11:59
それが何か?

徳川家康がどこの馬の骨であれ、
清和天皇が実在しなかったと考える理由にはならない。

576 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:06:16
そもそも神武は伝説の人物に過ぎず、実在の根拠はない。

577 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:10:18
子孫が実在する以上、単なる伝説なんかではないよ。日本では馬の骨がいきなり天皇になれる国ではないのだ。

578 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:14:38
実在する天皇が実在した先祖の一人を神武天皇と呼んでいるのだから実在したに決まってるじゃん。

579 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:15:12
>>577
自称子孫が実在したところで神武がいた根拠には全くならない。
始祖伝説などはいくらでも捏造できる。


580 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:18:34
実在を疑う理由が無い以上、実在したと考えるのが論理的に正しい。

ある日いきなり天皇が日本社会に君臨したと考えるのは非合理だ。

581 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:22:28
神武天皇にまつわる伝説の真偽は無関係だよ。

フィクションである大岡裁きも諸国漫遊伝説も、主人公本人の実在を疑う理由にはならない。

582 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:28:20
紀元前数百年に南九州から何年もかけて大和を征服したなどという伝説を信じる理由がない。
大岡裁きの大岡越前守が実在の人物だからといって、桃太郎が実在の人物であるという説の補強にはならない。

583 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:33:08
実在する人間の先祖は実在する。

天皇が実在する以上、その先祖の一人である神武天は実在したのだ。

実在した神武天皇にまつわる伝説にどんなフィクションが混じっているかは無関係なんだよ。

584 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:35:51
実在する人間の先祖は実在する。
しかしその「先祖」と呼ばれる人物が実在するかというと、そうでもない。
伝承なんかいくらでも造れるのだから。

585 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:36:36
桃太郎と大岡越前に何の関係が?

天皇は神武天皇の子孫として生物学的に関係あるけど。

586 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:37:46
天皇は実在した先祖の一人を神武天皇と呼んでいるのだから居ない筈ないだろ。

587 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 13:41:51
天皇は伝説上の人物を先祖と呼んでいるだけ。

588 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 14:12:39
天皇が実在する人間である以上、最近400万年ほどの期間には生物学的には先祖の人間が実在する。
(それ以前の先祖は人間以前の段階として実在する。)

実在していた筈の先祖を神武天皇と呼んでいるのだから、「実在した神武天皇」と「実在した生物学的な先祖」が一致しない事を証明しなければ、
今の天皇が神武天皇の子孫である事実を疑う事は出来ないよ。

反日勢力はそこんとこを理解してない。

589 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 14:19:16
「唯の伝説であるが故に天皇の先祖ではない」と言ってる阿呆には難しい過ぎるかな?

590 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 14:27:30
今この世界に実在する天皇と神武天皇が無縁である事を証明するには、
神武天皇が今の天皇とは無縁の存在として実在していた事を証明しなくてはならない訳だな。

591 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 16:40:03
>>588
>実在していた筈の先祖を神武天皇と呼んでいるのだから

人間誰にでも先祖は存在するが、伝説上の人物が先祖として
実在していたという根拠はない。

592 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 18:48:19
初期天皇=母方の名前を世襲(嫁を取ると名前が変わる)or有力豪族の持ち回り。
継体天皇=越の国の有力豪族、大勢力だったので大王家の婿養子に。

593 :辻小姐:2006/10/20(金) 18:49:31
>>573
馬の骨だったので応神天皇の子孫を自称したのです。なお、当時まだ、応神
天皇以前の天皇は、創作されていなかったと考えられます。

594 :辻小姐:2006/10/20(金) 18:53:28
そもそも、人間と鰐が結婚しても、子供は生まれない。

595 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 19:07:23
鰐(鮫)=漁猟・水運に長けた豪族
と考えたら。そのままズバリの鰐(鮫)と人間が混血できる訳が無い。
海彦、山彦の争い ワニ氏(仮)と結んだ山彦が海彦を降し族長に(山彦はワニ氏(仮)の禁忌を破ったため後に破局)。後に記録する際に破局の訳をワニ氏(仮)と鰐(鮫)を掛けたとか。

596 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 19:24:22
だったらさいしょっからワニ氏の娘と結婚しましたってことにしときゃあいいじゃん。

597 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 19:56:52
破局の際、童話的にしなければならない後暗い事でもやったんだろ。

598 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 20:44:08
太国さんが得意の古神道の事教えて欲しいってレス入ってるよ!
885のレス答えてやって
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1043927485/l50



599 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 21:59:35
なぜ韓国人女性は日本男性に憧れるのだろうか。
まず日本人男性は紳士的な振る舞いをします。
そして女性を大切に扱います そして情熱的です。
このような日本人男性の振る舞いに韓国人女性はコロリと落ちるのです。
韓国人のような幼児的な男性にあきあきしてる裏返しの行動でしょう。
日本人男性に憧れる韓国女性は週末になると東京を訪れるそうです。
東京で運命的な出会いを期待しての訪日です
東京では毎週末にお見合いパーテーが開かれています
韓国女性と日本男性のお見合いパーテーですが男性が集まりません
韓国女性の参加者が圧倒的に多く日本男性を集めるのに苦労するそうです。
韓国女性は婚前交渉に積極的だと聞きました。 日本では婚前交渉はタブーです。
お見合いパーテーで知り合い、その日のうちに関係を持つカップルが多いと聞きます。
「韓国人女性は優秀な遺伝子を求めて日本で股を開く」と日本のWEBサイト
で話題になっていました。 日本では不道徳なものは、韓国から来ると言われています。
日本は韓国から多くの不道徳を持ち込まれています。 すべて事実だ。
韓国の女は淫乱で男はまったく魅力がないインポ。

600 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 22:26:17
天皇の伝説をしのごの言うのは無意味。実際天皇は今も存在し、もちろん
その先祖も存在した。その先祖についての話が現実を超越してるのは
誰もが知るところで、そんなの作り話だー!なんて主張に意味は無い。
キリストの復活話みたいな性質のものなんだよ。


あと”中国様が周りの国をこういう風に評価してたから格が…”って
そんな事言ったら、中国は世界一格が高いってことになる。残念だけど
それは有り得ないw

601 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 22:35:16
バカだな
神武天皇は伝説上の人物ではない。
実在した人間なんだよ。

602 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 22:39:58
>>601
実在した一人なのか、役職名なのか、グループ名なのか定かじゃない。

603 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 22:48:51
ある個人の存在は、その子孫の存在が証明している。
子孫は先祖なくして生まれ得ないからだ。

今の天皇が神武天皇の子孫だという事実を覆す材料が無い限り、
天皇が実在した神武天皇の子孫である事を疑う理由は無い。

神武天皇にまつわる伝説にどんなフィクションが入りこんだかは神武天皇が実在したかどうかとはまったく関係ない。

604 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 22:54:58
神武天皇は実在した個人を指し示す名前だよ。

宮内庁に聞いたらそう言ってたお(^ω^)v

605 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 23:03:50
>>603
子孫が先祖なくして生まれ得ないことが確認されたのはせいぜい500年前だよ。

それより前は動物は自然発生してたかもしれない。

606 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 23:12:11
オレの祖父は戦災で家族が全滅して天涯孤独となり、戸籍も焼けたから正確な生年月日も不明。
しかもオレの父は祖母が再婚した時の連れ子だから生物学上の子孫は居ない。

でもだからと言ってオレに祖父が実在しなかった事にはならんわな。

607 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 23:15:23
500年以上前の天皇が先祖なくして出現できたと考える理由が無い

608 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 23:46:58
>>603
ある個人の存在は、その子孫の存在が証明している。
子孫は先祖なくして生まれ得ないからだ。

今の天皇が神武天皇の子孫でないという事実を覆す材料が無い限り、
天皇が実在した神武天皇の子孫でない事を疑う理由は無い。
神武天皇にまつわる伝説にどんなフィクションが入りこんだかは神武天皇が皇室の先祖かどうかとはまったく関係ない。

609 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 23:54:35
神武天皇は歴代天皇の先祖の名前だよ。
関係ない訳ないだろ

610 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 23:56:36
>>609
証明は?

611 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 23:58:16
神武天皇が歴代天皇と無縁の存在として実在した証拠が出て来ない限り、
神武天皇は実在した天皇の先祖だよ。

612 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 00:30:17
神武が個人名だと寿命から考えて何人かが世襲していた?
集団名ならその時代のヤマトの盟主氏族名、どのみち他の氏族との広範囲の血縁関係はあっただろう。

継体天皇頃の天皇家は女系なら婿養子に過ぎない継体天皇の出自を問う必要は無い。

613 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 00:41:18
神武天皇と以降の天皇の繋がりを証明しろとかそんなの不可能だし意味も無い。
天皇の先祖が伝説化して神武天皇となったんだよ。まず伝説ありきでそれと
以降の天皇の繋がりを証明しろなんて発想は相当の阿呆。

614 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 00:59:44
神武天皇には子孫が実在しているよ。
実在している子孫と無縁だという証拠が新たに出ない限り、
神武天皇は実在したんだよ

615 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 01:04:23
スレタイ無視の低次元ループは言い返せなくなった1が自作自演でもしてるのか?

616 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 01:17:23
>>615 自演ネタ尽きはてた。

617 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 01:35:36
中華文明において日本の天皇に近いのは孔家
歴代の皇帝から尊敬されてた

618 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 01:47:11
神武狂信者が必死に自演しているスレはこちらでしょうか?

619 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:05:35
重要なのは血縁ではなく、天皇というシステムが存在してたことですよ。

奇跡的にミイラとかが出てきたとき、現在の天皇とDNA比較したらほぼ100%赤の他人だよ。

620 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:26:31
狂信者というのは、生身の人間には必ず実在する先祖の事を伝説と混同する愚劣な反日勢力の事だよ。

621 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:28:28
神武天皇なんて日本書記の中にしかいないじゃん。

622 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:32:48
伝説かなんか知らんが、南九州に向かうからいかんのだろ。

北九州、半島に修正すれば良い。これで丸く収まる。

623 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:37:34
意味が分からん。
南九州だからこそ日本神話とミクロネシアに分布する説話との類似が整合する。

624 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:38:46
子孫が天皇として現実世界に生きている以上、
その先祖も実在したんだよ

625 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:43:18
>>624
現代の天皇の先祖は神武天皇じゃないよ。
百済の難民でしょ。
天皇は下々の者達と言葉が通じなかったんだから、少なくとも奈良時代における外国人。

626 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:43:44
なんか在日が涌いてるなw

627 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:46:30
ここで同じ寝言ばかり繰り返してる馬鹿は、
もしかすると実在した先祖が生前から神武天皇と呼ばれていなくては実在する神武天皇として認めない
…なんて考え方をしてるのかもよ?

まあそれは天皇の命名について決定的に無知な訳だが。

628 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:48:40
>>624
現実世界にいる天皇の先祖は実在したはずだが、その先祖は乞食だったかもしれない。

629 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:49:59
>>628
教科書の歴史が正しいとしても、現代の天皇の先祖は藤原家あたりだから、寄生虫であることは確か。

630 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:53:00
ミクロネシアに広く語り継がれる説話と日本神話がそっくりなので、
南九州に出現した天皇の先祖はミクロネシア方面から黒潮に乗って日本列島に着いた南洋系の民族と推定される。

百済の難民が海流に逆行して南太平洋に散ったと考えるのは無理だからな。

631 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:56:29
日本では乞食が天皇の先祖となった形跡は無いよ。

632 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:58:13
>>630
ミクロネシアのみならず、中国の土着神話と日本の神話もそっくりなんですよ。

中国では、儒教や仏教がその土着神話を駆逐していったが、ミクロネシアではそのまま残ったってただけの話。

633 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 02:59:33
>>631
ということは、現代の日本の天皇は正当な天皇ではないですね。

634 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 03:09:03
百済から来た乞食の8代後の女から生まれたというだけの理由で一時は立太子されなかった天皇が居たよ。

母親の8代前が百済人というだけで天皇に相応しくないと思われる事から推して知るべし

635 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 03:15:20
ミクロネシアからシナにも説話が伝わったんだな。

既にミクロネシアでは天体の位置を測量して遠洋を渡る天文航法を編み出して太平洋を小さなカヌーで飛び回っていたが、

シナでは海岸伝いで移動しないと遭難する原始的な沿岸航法しか知らなかった。

636 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 03:16:42
乞食では天皇になれない。
昔からな

637 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 03:22:33
http://www.google.co.jp/xhtml/search?ie=Shift_JIS&mrestrict=xhtml&q=%92%D2%8F%AC&btnG=%8C%9F%8D%F5&site=search

ハンドルネーム なんか意味があるの?

638 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 03:26:19
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=xhtml&site=search&q=%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1&source=m&hl=ja&ei=IBQ5Rb-3KKeKJOyOtpkC&ct=res&cd=1&rd=1&u=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%25BE%25BB%25E6%2594%25BF%25E4%25BF%25A1

帝国陸軍 辻政信 少佐 屈折してミドルネーム考えたの?

639 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 03:29:16
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=xhtml&site=search&q=%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1&source=m&hl=ja&ei=GRU5RdnKM5yIJavfh5gC&ct=res&cd=3&rd=1&u=http%3A%2F%2Fkaren.saiin.net%2F%7Eclytie%2Fperson%2Ftsuji.html

辻政信写真

640 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 03:35:04
古代ミクロネシアはシナを超えるハイテク集団だったんだね
さすが高天原。

641 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 03:38:11
>>637-638-639 浮かぶのは日本人が使う古来の苗なのか地域なのか

>>1が考えたミドルネーム謎をお教えてください。


明らかに、中国や朝鮮半島には無き苗ではありますが

>>1が教える気持ちがあれば教えて下さい。


増してや、琉球王朝(沖縄)にもない苗ですから益々なぞが気になります。

642 :辻小姐:2006/10/21(土) 03:48:13
>>641
中国にはたくさんいますよ。日本人の苗字に弦念というのがあるのと同じで
しょう。

643 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 04:00:00
>>642 具体的に抜本的ソースみせないと


正直信じないほうなんだけどね!


あるなら、ソースなどわかりやすく見せていただきたい。


私も中国行きましたでそのような苗はなかったのですけど


断言できるなら、ソースをみせて下さい。


ソースが無ければ、スルーしても構いません!


相手して欲しいだけの嘘であれば、スルーしスレを抜けます。

644 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 04:04:54
>>643 単なる嘘や創作ネタには付き合わないほうがいいよ^^


俺も日本以外聞いたことないし 辻小 中国や韓国また沖縄にも無かったよ


とある公式サイトでみただけだけど

645 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 04:16:18
>>644

http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html

これを見る限り 琉球にも中国にも朝鮮半島にも 存在していない苗です。


心配せずに、あなたは日本人です。

646 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 10:01:35
>>634
そこまで百済人を嫌うってことは、天皇は百済を滅亡させた新羅人ですね。

647 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 10:34:15
>>642
帰化人のツルネン・マルティ(弦念丸呈)氏の事ですね。弦念って、ごく最近の新苗字・・・辻小も最近出来たのですね。
>>646
問題は「百済人」より「乞食の子孫」の方に有ると思う。

648 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 11:24:23
深夜にすごいのが湧いていたようだ。

649 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 22:26:47
ローマ・コロセウム
http://www.artchive.com/artchive/r/roman/roman_colosseum.jpg
http://www.uoregon.edu/~arthist/arthist_204/monumentimages/colosseum.gif

秦・兵馬俑
http://www.downtheroad.org/Asia/images/Winky2/DSC01406.JPG
http://greatcommission.com/china/2002063.jpg

倭国・仁徳天皇陵
http://inoues.net/tenno/nintoku_newphoto2.jpg

大朝鮮帝国は何を作ったんだい?

650 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 22:31:30
>>649
いろいろ作ったけど、朝鮮の中国化を阻む悪として、新羅が全部壊した。
ハングルでさえ闇に葬った。

651 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 22:42:02
>>647
沢山ね 琉球苗でもないし 中国漢字でもないし

ハイ嘘終わり〜

早くPC買いなさい。

652 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 23:31:13
神武は実在しません。

653 :辻小姐:2006/10/21(土) 23:52:30
>>643
働という字も、国という字も、日本の文字ですが、中国で使われています。
辻という字も、日本の文字ですが、中国で使われています。

654 :辻小姐:2006/10/21(土) 23:55:58
>>649
契丹から領土を守るため、長城を築きました。

655 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 23:56:09
最近、中国は文化革命というもので漢字を改造しました。

656 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 23:56:18
神武が実在してたとかほざいてる奴、今夜も来るかなあ?
ワクワクテカテカ

657 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 23:58:13
神武天皇の実在は、織田信長の実在と同じくらい怪しい。

658 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 23:58:59
>>654
長城なんてたいしたことはない。
それよりも漢江の奇跡の方が偉大。


659 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 00:04:20
働くという漢字は辞書には載ってるけどほぼ使わないとトリビアで言ってたぞ

660 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 00:06:14
朝鮮に独創的な歴史遺産が何も残っていないのは、大国中華と新興国日本の緩衝地帯であったことの悲劇。

つまり、日本のせい。

661 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 00:06:45
>>659
画数が多いからね。

662 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 00:49:27
神武天皇の存在を確認した所で現天皇家との繋がりは状況証拠以外で証明するのは不可能。
正直な所、現天皇が消える訳でも無いし、神武天皇は居ようが居まいがどうでも良い。
>>660
政権が変わる毎に前政権の物を徹底破壊しているのだから基本的に残らない。
つまり朝鮮が自ら播いた種。

663 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 00:57:40
>>653


日本の皇族や公家側室の名だそうです。

664 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 01:36:19
>>663
検索してみたが


日本にしかない漢字だったとは本当だった。

665 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 01:39:47
>>570
たしかに上宮記は現存していません。
しかし問題の応神天皇から継体天皇への系譜の記述に使われている文字や文体の特徴からはこの記述が記紀より古いものであることがわかっています。
また埼玉県の稲荷山古墳より出土の鉄剣の銘文からはこの鉄剣をつくらせた豪族の七代前の系譜がしるされています。
このことからもすでに五世紀後半には地方豪族といえども五世前くらいの先祖がはっきりしていたといえます。
以上のような理由から継体天皇が応神天皇五世の孫であることはかなり確実であるとおもわれます。
ちなみに日本書紀にその記述がないのは本来系図一巻が存在していたのが失われたためとかんがえられています。

666 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 01:40:08
ちゃんと慶州などに遺産が残っているが…

667 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 01:52:59
>>4
>日本国王は金印だから銀印の琉球国王よりは格上だよ。

それは違うよ。
金印をもらったのは、日本国ではなく
「当時日本列島に存在していたたくさんの国の一つ」

日本国というのは、はるか昔
(伝説では2666年前、歴史学の推測では1900年くらい前)
くらい前に建国された国だが、日本全体を統一したのは1500年くらい前で
それまでは、日本列島にたくさんの国が存在していた。
金印をもらったのは、そういうたくさんの国の一つで、その国は遠の昔に消滅した。
日本国は中国から印などもらったことはない。


668 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 02:55:39
>>667
日本全体が統一されたのは明治時代ですよ。
江戸時代ですら300の国が存在してた。

669 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 13:58:31
なに馬鹿なこといってんだ

670 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 21:50:49

ちいさな○んこがムクムクと膨らんで、
1人で暫く湯ゆーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっくり楽しんだ事が良く解る、
大変ジメジメしたスレですね。
正直気持ち悪いです。(〜〜)


671 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 22:03:20
>>668
あんのさ〜
ヤマト朝廷や鎌倉幕府知らんの?wwww
無知なやつが書き込むなよ

672 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 01:10:31
>>671>>668が言いたいのは、連邦としての統一(例.米国、周王朝前の中華)じゃなくて、たぶん中央集権としての統一だろ。

673 :日本のななし:2006/10/23(月) 08:33:07
>>672
「統一」ということをどう解釈するかによるが
中央集権化という観点から見れば、天皇と朝廷が強大な権力を
持っていた律令国家体制や平氏政権などがあったが

こいつは古代のヤマト朝廷も知らないと思うぜ

674 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 13:20:31
古代のヤマトは完全な中央集権とは言えない。
律令時代、北はエミシ、南は隼人と反勢力が有って完全な統一とは言い難い。
平家政権は源氏、北条氏、河野氏、村上氏等の軍閥が各地にあった。
鎌倉時代 基本は鎌倉恩顧の武士による統治、朝廷勢力、鎌倉前の土豪が根を張っている土地もあって完全な統一では無い。

675 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 13:27:03
しかし江戸時代が分裂時代なわきゃない

676 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 13:50:28
>>674
古代ヤマトとハヤトの関係は反勢力にしては、なんか子供ポイ。

677 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 17:45:33
>>674
俺は律令制が成立した奈良以降のことを言ってるんだが?
隼人は奈良では征服されて体制に編入されてるし蝦夷だって東北北部を
除けばかくのごとし。
平氏勢力は朝廷の高官に次々おさまりほとんど全国を思いのままにしていた
鎌倉幕府の威令も全国に渡ってるんだから「国内統一」って意味なら
いいだろ。
ってか反政府勢力があったから統一されてないって言うなら
中国史でも中央集権化された時期なんてないぞ?



678 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 17:48:21
シナを基準にしてる時点で笑える

679 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 17:58:49
日本というのは、歴史的に中央集権になったり、連合国に近い地方分権になったりを
繰り返している。
大和が最初に全国を統一したとき、古文書によれば、征服した他の国に
「大和に従う」と誓わせただけで、元の国の支配者はそのまま残していた。
で、大和の傘下になった元の支配者が国造になった。
その後で、中央集権にするために、国造を廃止して国司を派遣した。

戦国時代になるとこの支配体制が崩れて、武家支配になり
武家支配の「小国」と呼ぶべきものが林立し、その中ですべての「小国」を
支配する地位に立ったのが徳川将軍である。
ここで、また地方分権時代になる。

明治時代になって、大政奉還によって幕府から明治政府に権力が移り
また中央集権になった。

大雑把に言ってこんな歴史か。
だが、日本全体が一つの国ないし帝国であるという認識は
最初に大和朝廷によって統一されてから変わっていないと思う。

680 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 18:00:04
>>678
じゃあ近代絶対主義国家やオリエント専制国家を基準にするか?


681 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 18:33:13
>>679
何か頭悪そうなカキコだね。
言ってることは低レベルだし、大和政権からいきなり戦国にとんでるし、
しかも戦国まで中央−地方に派遣された国司の支配体制が生きていたことになってるし、
しかも古文書によれば、って何よw
書名も出せんのかw

682 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 18:59:33
>>681
自分が何も中身のあることを言わず、ただ人への非難をするのが
一番頭が悪そうに見えるぞ。

683 :日本@名無史さん:2006/10/23(月) 19:12:40
神武天皇は実在した先祖を示す固有名詞だから本人が実在しない筈が無い。

神武天皇にまつわる伝説の存在を理由に神武天皇が実在しないと勘違いする奴は、

大岡裁きの物語が存在する事を理由に大岡越前が実在しないとほざくが如き愚に陥っているだけ。

684 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 00:15:52
大和朝廷の時代でも、支配地域は大きく見ても北九州から関東まで。

徳川の時代は300の国があった。
徳川時代は今のアメリカのような合衆国。日本全体は国じゃない。
法律も通貨も違ってた。

どう贔屓目に見ても、沖縄、東北、北海道までを含む日本全体が統一されたと言ってよいのは明治になってから。

685 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 00:29:00
江戸時代初期の地図みると蝦夷(北海道)は全く無かった。

686 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 00:35:48
>>684 源平合戦 檀之浦 福岡と山口の間だけど?


平家落ち武者は極いちぶは九州や四国に流れついた。

あと檀之浦は宮本武蔵 佐々木小次郎 の決戦の場所

ヤマトタケル(大和武士)の九州征圧


歴史上、九州は欠かせないぐらい戦が多い地域だったとされ


また毛利は猛虎とも戦している。

687 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 00:41:53
>>686
支配地域じゃないから戦が多いわけで…。

688 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 01:11:52
>>683
>神武天皇は実在した先祖を示す固有名詞だから

この前提自体があんたのただの思い込み。
「実在した」、ではなく、「実在した、と後世の人間が主張する」が正解。
前提自体が間違っているからあんたの論は論をなさない。

689 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 01:43:38
スレ題から外れるからそろそろ神武ネタから離れようよみんな。

690 :辻小姐:2006/10/24(火) 05:56:13
>>689
いや、2ちゃんらしくてよい。

691 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:01:16
実在する人間の先祖は実在する

伝説と事実を区別できない馬鹿が何かを勘違いしてるだけで、
神武天皇は当然ながら実在した。

692 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:12:54
「神武天皇」も「天智天皇」も「昭和天皇」も別に本人が生前から名乗ったり呼ばれたりした名前ではないんだよ。

本人の死後、「この人の事を神武天皇と呼ぶ事にしましょう」と公式な手続きで決める訳だ。


「実在した人間に対して死後つけられる呼び名」


なんだから実在しないと考える時点で間違い。

693 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:22:12
>>692
意味不明。謚号廟号の存在と、贈られた人の存在は全く別の問題。

694 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:26:58
実在しない人間にわざわざそんなマネする訳ないだろ。

695 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:31:26
紛れもなく神武天皇とは今この世界に実在する人間の126代前の先祖として実在した人物につけられた名前だよ。
宮内庁に確認すれば分かる。

696 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:38:00
>>695
宮内庁に確認したが、そんな人間はいないって言われた。

697 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:46:10
みっともない嘘をつくなよ。
実在してない筈ないだろ。

今の天皇が神武天皇の子孫である事実を否定する官庁が日本に存在する訳ない。

698 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:49:58
本人に付随する伝説と事実を区別出来てないから、
実在した人間の事を実在しなかったかのように誤認識してしまうのだ。

699 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 07:59:25
神武天皇というのは実在した故人に対し皇室が本人の死後になって公式に贈った名前。

皇室が自分たちの先祖として認識して神武天皇と呼ぶ人物を宮内庁が否定する理由は無い。
つーか実務としては神武天皇と呼ぶ事を決定したのが宮内庁な訳で。

700 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 08:15:27
神武電波ktkr

701 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 08:27:55
>>699
神武天皇なるものができたときには宮内庁はまだなかったはずだが?

702 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 09:33:02
何度言われたら理解できるんだろうね

神武天皇と呼ばれたのは、本人の死後だよ。

703 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 09:58:01
飯豊天皇が実在したのかどこかという議論なら分かるが、
神武天皇が居なかったというのは伝説と事実を混同した電波だわな。

704 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 10:19:52
神武天皇が実在だとか言うのは伝説と事実を混同した電波だ罠。

705 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 10:41:51
物分かりの悪い事だな。

神武天皇とは実在した人間に対して死後贈られた名前なんだが。

実在した人間を実在しないという馬鹿の方が伝説と現実を区別できてないだけ。

706 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 10:47:12
物分かりの悪い事だな。

神武天皇とは伝説上の人間に対して死後贈られた名前なんだが。

伝説上の人間を実在したという馬鹿の方が伝説と現実を区別できてないだけ。

707 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 11:08:18
天皇の126代前の先祖は実在する。
皇室や宮内庁は実在した彼を神武天皇と呼んだ。

だから神武天皇にどんな伝説が付随しようと神武天皇が実在した事に疑問の余地は無い。

708 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 11:10:02
反日勢力は基本的に頭が悪いから分かってません。

709 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 11:27:25
神武天皇というのは、東征して初代天皇となった神日本磐余彦尊という特定の個人のこと。
ただの天皇の126代前?の先祖を指す名称ではない。

710 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 12:00:32
実在した人間にどんなフィクションが付随したかは関係ないっつーに。

711 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 12:04:02
神武天皇は実在する天皇の実在する先祖の名前だよ。

712 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 12:36:17
このスレって
連続カキコしなきゃ気が済まない人が住み着いてるみたいだね。

713 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 12:41:19
飯豊天皇は公式には存在していない事になっているが、何故だか伝説だけは語り継がれた。
だから実在したのかどうかが議論の的になる。

飯豊天皇が実在したなら公式に認められていない理由が何かある筈だし、
実在してなかったなら伝説が生まれて語り継がれた経緯が謎となるからだ。

しかし神武天皇に関しては公式に実在した天皇の先祖の一人として公認されている。

天皇に先祖が実在した事について疑問がなければ、神武天皇が実在した事を疑う理由が無い。

従って神武天皇にまつわる伝説の真偽とは関係なく、神武天皇は実在する。

714 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 12:56:34
論理的に滅茶苦茶。

>天皇に先祖が実在した事について疑問がなければ、神武天皇が実在した事を疑う理由が無い。

天皇に先祖がいることが、
その先祖の中に「神武天皇」がいることの
根拠になどなろうはずがない。

715 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 13:25:47
だから宮内庁に聞いて確かめれば済む事だろ。

神武天皇が実在した人間の名前なのかどうかをよ。

お前が何を勘違いしようが、天皇の実在する先祖の一人を神武天皇と名付けた実務担当官庁である宮内庁に聞けば神武天皇は実在した人間の名前だと教えてくれるからさ。

論理的に無茶苦茶なのは、伝説を理由に実在した人間が居ないと喚くお前の方なんだよ。

716 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 13:34:01
歴代天皇は人間なので必ず先祖が居ます。
今の天皇の126代前の先祖を神武天皇と呼びます。

当然、神武天皇は実在しました。

717 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 13:49:03
今の天皇って125代じゃねえの?

718 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 14:06:20
時としてな

719 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 14:14:08
まあ、諡号自体が後から付けただけだから、遡ってそこの世代にいる人間が「神武」。
そいつの実態が何者だろうが関係ない。

720 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 14:15:58
>>715
宮内庁に電凸してみたw

Q神武天皇は実在したのですか?

宮内庁としては第一代天皇として扱っているが、実在したかというと・・・(ゴニョゴニョ
伝説では〜となっていますが・・・
何分古い時代ですから・・・(ゴニョゴニョ

Q神武天皇の父親は神ですか?人ですか?

宮内庁ホームページによると○○○という方ですが、
この方が神か人かと言うことになりますと・・・
私の方からこのことについてお答えすると宮内庁の見解がこうだ、
ということになってしまいかねませんから・・・

Qつまり伝説の時代のことで事実は定かではないが、
宮内庁では神武天皇を初代天皇として扱っている、ということですね?

ええ、そうです。

宮内庁広報の方、変なことをお聞きして申し訳ありませんでした。

ちなみにココ
※ご意見・ご感想をお寄せください。 E-mail:information@kunaicho.go.jp

住所 : 〒100−8111 東京都千代田区千代田1−1
電話 : 03−3213−1111(代表)

721 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 14:26:45
えらく不勉強な担当が出たもんだな。
実在しない人間を初代として扱う訳が無いっつーに。

722 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 14:42:24
今オレも電凸した。
宮内庁の広報部が初代として認定する神武天皇について実在するかしないかを明言しないのは問題であると教えておいたよ。
もし仮に実在しないという事であれば、今の天皇との繋がりを否定する事を意味するのだから宮内庁としては実在したと明言するしか無いんだよと言ったら
「おっしゃる通りです」と認めた。

723 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 14:54:08
>>720-722
宮内庁がそんなこと分かるわけないじゃん。
天皇陵の調査もできないんだから。

宮内庁は天皇についてはド素人だよ。

724 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 14:58:02
書陵部は資料を取り扱う所だから専門だよ。

今の宮内庁は公式コメントも練ってないトーシロだらけっつーのは当たってるけど。

725 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 18:44:36
>>723
それは>>715の馬鹿に言うセリフw

726 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 20:27:19
神武狂信者は宮内庁にも見捨てられたわけか。
まあ宮内庁の返答は常識的だね。

727 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 21:24:24
・・・引用場辛子・・・
>釈迦はキノコを食べて死んで有名な坊さんからも「知恵がないやつだ。」と言われた。が太国さんはもっと知恵があるよ。


728 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 21:31:23
何を勘違いしてんだか。

宮内庁は神武天皇が実在したって言ったのさ。

729 :辻小姐:2006/10/24(火) 21:44:14
宮内庁にとって、神武天皇が実在したか、しないかは、自分たちとは
全く関係ないことです。宮内庁にとって重要なのは、天皇明仁が、現
皇室典範が定められたときの天皇である昭和天皇の子孫であるか、な
いか、あるいはせいぜい、旧皇室典範が定められたときの天皇である
明治天皇の子孫であるか、ないかだけです。後醍醐天皇と光厳天皇
(上皇)のどちらが正統か、などはどうでもよく、まして神武天皇が実
在したか、しないかなど、何の関心もありません。

730 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 21:57:34
なんつうか、宮内庁頼りの神武狂信者が哀れすぎw
彼らの唯一の根拠が見事に崩れ去ったわけだw

731 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 22:01:27
宮内庁広報部としては神武天皇が実在したとハッキリ言うとファビョるキチガイを警戒して最初からは言質を取らせないんでしょ。

宮内庁が「神武天皇は初代ですが実在しません」なんて言ってしまえば宮内庁自身が国営の詐欺グループだと非難されかねない事はハナから承知してるって。

だから宮内庁に質問する時には、実在する人間に先祖が居ないだなんて思い込む狂人なんかではない事を最初に伝えて安心させなきゃ。

732 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 22:02:52
神武天皇は実在したと宮内庁は明言したんだがね。

733 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 22:08:19
さすがに現代人の宮内庁職員は現実が見えてるね。
伝説を史実だと主張してしまえば皇室は元より国の恥になるしな。

734 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 22:36:57
アホか

キチガイじゃあるまいし宮内庁も伝説と事実の区別くらいできてるよ。
だから神武天皇は実在したと明言した訳。

735 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 22:49:02
伝説を根拠に人間の実在を否定する馬鹿こそ国の恥。

736 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 23:05:51
ちなみにアメリカ合衆国政府機関が運営するHPでは日本の建国を紀元前660年、
エンペラージンムにより建国

と解説してます。

737 :辻小姐:2006/10/24(火) 23:23:37
>>736
政府機関運営という表現があいまいですが、それはアメリカ外務省の
ことですか。

738 :辻小姐:2006/10/24(火) 23:25:41
あるいは駐日アメリカ大使館の場合も、アメリカ政府の意見であると
認めましょう。どちらですか。

739 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 23:42:39
CIA

740 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 23:46:24
流石にプラグマティズムを生み出しただけあってアメリカは伝説と史実の区別という事をきちんと理解出来てるんだね。

741 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 23:53:59
中華の歴史は夏王朝をもって始まったとされるけど存在はおろか現在の主流民族(漢)と繋がりがある民族かどうかすら怪しい。
漢民族成立をもって中華とするなら劉邦の統一(漢王朝成立)以後の約2200年。

742 :辻小姐:2006/10/24(火) 23:59:50
>>741
面白い見解ですね。ちなみに日本民族の成立はいつのことですか。

743 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:00:12

http://www.google.co.jp/xhtml/search?ie=Shift_JIS&mrestrict=xhtml&q=%92%D2%90%AD%90M&btnG=%8C%9F%8D%F5&site=search

744 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:12:11
なんつうか、宮内庁に常識的な対応をされての
神武狂信者の動揺っぷりが面白いね。
頼みの綱の宮内庁にも見捨てられて神武狂信者はどこへ行くのか?w
次にどんなデンパを発信してくれるのか期待w

745 :辻小姐:2006/10/25(水) 00:14:26
>>744
アメリカ合衆国政府機関らしいですよ。

746 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:21:26
>>745 流石、石川県出身

辻 参謀!

747 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:22:38
ク、宮内庁は売国奴ニダ・・・!!
でもウリにはアメリカ政府のお墨付きがあるニダ!!
やっぱり神武天皇は実在ニダ!!

こんな恥ずかしい主張をするのは朝鮮右翼くらいだろうね。

748 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:27:30
>>743馬鹿テンパッてんじゃねぇぞ!

>>747 辻は参議院だ!

749 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:31:10
神武天皇が実在したと明言する宮内庁は売国奴でもなんでもない。
アメリカ政府同様に常識を弁えてるだけだ。

750 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:34:32
あと狂信者というのは、
実在した神武天皇と伝説を区別出来ない反日電波君の方だね。

751 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:39:14
頭に血が上って宮内庁が神武実在を明言したこと思い込んでいるようだw
もう妄想の世界にどっぷりだねw

752 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:42:35
結局日本政府と米国政府は公式に神武天皇を実在した人間として認めているって事でFA?

753 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:43:17
日本の成立は日本の国号を使い始めた時に設定すれば701年ごろからだから約1300年。
神武天皇即位の伝説から求めるなら約2660年。


754 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:43:29
宮内庁は神武天皇が実在したと明言したんだが。

755 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:45:48
はいはい

756 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:45:57
頭に血が上ってるのはどう見ても実在した人間を伝説と混同し続ける馬鹿の方だね。

757 :辻小姐:2006/10/25(水) 00:47:07
たぶん、宮内庁の職員は全員国粋主義者だと思い込んでいるんでしょ
う。きっと、小中高等学校教師は全員共産主義者だと思っているに違
いありません。

758 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:48:27
伝説の有無や内容は本人の実在を覆す根拠にはなりえないからなぁ

759 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:49:54
実在した人間を否定しなきゃ国粋主義かね。
ますます支離滅裂だな。

760 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:50:27
宮内庁は南九州の古墳押さえ込んで、蓋してなかったけ?

761 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:51:05
それにしても、神武狂信者は何でそんなに宮内庁に期待してたんだろう?
いちおう宮内庁も政府機関なんだから、トンデモなことなんか言うわけないのに。
病んでるねえ。

762 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:53:14
宮内庁はトンデモ

763 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:57:33
狂信者の矛先が宮内庁に向かいましたw

764 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 00:59:19
マトモな人にはきちんと神武天皇が実在したと明言したなら極めて常識的な機関だよ。

実在する天皇に先祖が居ないとか喚くキチガイに対してはお茶を濁して遇うのも宮内庁の職務。

765 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:01:20
宮内庁が神武天皇を否定する訳ないじゃん。
初代として実在したというのが公式設定なんだし

766 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:04:24
>>765
実在したなどという公式設定はありませんでしたとさ。
残念。

767 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:06:10
意味不明

実在したんだってさ。

768 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:07:04
宮内庁では実在したと明言したよ。

769 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:09:43
宮内庁が神武天皇の事を「初代だが実在しません」
などと狂ったコメントを出すとは思えないが。

770 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:11:15
宮内庁にそんなに執着するとはw
見捨てられたのがそんなに残念だったのかw

771 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:13:15
見捨てられた?
これも意味不明だな

宮内庁は実在したと明言した訳だが。

772 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:14:23
実在する人間に先祖が居ないと喚くキチガイなら見捨てられてるようだが。

773 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:17:08
素朴な疑問なんだけど、一度に複数レスつけてるの?
火病でレスつける手が止まらないの?

774 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:18:05
訂正
なんで一度に複数レスつけてるの?

775 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 01:42:09
馬鹿右翼ワロスwwwww

776 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 02:01:37
馬鹿というのは伝説と実在した神武天皇を区別出来ないキチガイの事だよ。
右翼というより単なる反日馬鹿。

777 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 02:07:49
ここで火病になってるのは、宮内庁やアメリカ政府が公式に実在を認めている人間を何故だか実在していないと言い張ってる意味不明なキチガイだけだよ。

778 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 02:52:40
いいぞ、もっと電波を!

779 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 02:58:16
意味不明な事ばかり喚いていた電波くんはもう寝たようだよ。

780 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 03:18:28
闇に抹消

781 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 03:20:14
闇に抹消

782 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 03:38:58
宮内庁には「神武天皇とは今の天皇の先祖の名前ですか?」とだけ聞けば解決するだろ。
実在する人間の先祖が何故か実在しないと口走る馬鹿が湧くから宮内庁としても頭のおかしそうな相手にはそれ位しか答えられないんだよ。

783 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 04:02:31
いらないしスモウー潰す

784 :辻小姐:2006/10/25(水) 04:51:51
韓国でも檀君は伝説だよ、とか言ったら、同じような反応があるのかな。
ウェールズの人はかなりアーサー王の存在を信じてるような気がするけど。
しかし、テッサリアにはまさか、イアソンがグルジアまで遠征したとか言う
バカはおらんだろう。

785 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 10:40:29
神武右翼は深夜までお仕事大変だね。

786 :日本のななし:2006/10/25(水) 12:20:43




なんか話が脱線してるけど
結局国力、文化の差を反映して
天皇>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>朝鮮王
だな






787 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 12:28:51
なんでもシナを基準に考えてる時点で>>1はチョン決定
しかも、それなら卑弥呼の時代の倭とインドのクシャーナ朝がどちらもシナから金印を送られてることから同列になるが
それはどうするw

788 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 13:02:39
実在する人間に先祖が居ないと喚く馬鹿が余りにも必死なんで笑いを誘うだけ。

右翼とかは無関係。

789 :test:2006/10/25(水) 13:10:04
test

790 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 13:49:59
>>323
じゃあ、徴兵制のある今の韓国は言わずもがなだね。


791 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 13:51:04
>>325
朝鮮人の国会議員がいたろ。
被選挙権まであったわけだ。


792 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 13:52:47
>>328
そりゃそうだろ。
半島から移動できないことになってたからな。

おまえらが半島を過疎らせるのを防いでいたわけだ。
今の在日を見れば想像に難くないだろ。


793 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 13:57:08
>>368
王さんは中華民国籍だな。


794 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 13:59:16
>>393
普通、そう解釈するよな。


795 :琉球:2006/10/25(水) 16:02:31
who is 王さん

796 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 16:11:57
突然亀レスを始める神武電波w

797 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 17:26:03
中華の同盟的冊封を便宜上したのが韓半島で
韓半島に完全冊封をし支配層を独占されたのが日本劣等

韓半島と日本に冊封したのが沖縄

同等じゃないですね(^-^;)

中華には韓系官僚や韓系皇帝も存在するから
中華と韓半島は実質的には同等

日本現地人は日本支配層には皆無の農奴のみ

798 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 18:32:57
頼みの綱であった宮内庁から見捨てられた神武右翼様、
昨日は深夜までご苦労様でした。
今夜も頑張ってくださいね。

799 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 21:38:05
史実では成立時点から服属政策を採った朝鮮。朝鮮の独立の妨げになった物はなんだろう?

800 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 21:56:38
服従政策に反発した百済を絶滅させて、自らの苗字まで中国風にして服従した新羅。

その新羅の子孫が今の朝鮮。

801 :辻小姐:2006/10/26(木) 07:24:22
>>790
韓国の徴兵制は今すぐにでも廃止されるべきです。

802 :辻小姐:2006/10/26(木) 07:27:11
>>800
朝鮮人の苗字のほとんどは中国風ではありません。

803 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 07:50:46
>>797
中華帝国の属国に進んで成り下がり事大主義をもって
献身的に使えた完全な属国が朝鮮。
中国と同等だということを古代の時点で「天皇」という称号
を使って表し、面従腹背だった日本

確かに同等じゃないですね。独立国日本と完全属国朝鮮はw

日本には独自の支配者しかいなかったし
独自の文化も持ったけど
朝鮮は日本や中華の人間を王とし役人も中国人が大半だった

日本と中国は実質的に同等
朝鮮土人の支配者は実質中国人

これが正しい歴史です
妄想は楽しいでしょうがやめたほうがいいですよw

804 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 08:03:05
>>803
>独自の文化も持ったけど

独特の文化と言うべき


805 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 08:04:27
>>804
すんません
そういう風に解釈しといて{汗}

806 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 08:04:35
日本書紀に見られるように、当時は漢字4文字だったのが、今では3文字
4文字名前の人たちはどこへ消えたんでしょうね。


807 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 08:07:14
>>801
されるべきとは言っても今はあるわけで。
これがどういうことか、あなたならよくおわかりですね。


808 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 09:21:08
>>806
今の名前は普通4文字じゃね?5文字や3文字も少なからずいるが。
安倍晋三 松井秀喜 鈴木一朗 小泉純一郎 三浦淳


809 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 10:38:08
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=xhtml&site=search&q=%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E8%8B%97%E5%AD%97&source=m&hl=ja&ei=WxBARY6jKKyCJfOQgv0D&ct=res&cd=3&rd=1&u=http%3A%2F%2Fwww.tufs.ac.jp%2Fts%2Fpersonal%2Fchoes%2Fetc%2Fkanyocho%2Fseimei.html

810 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 10:44:27
>>802-809
ご覧の通り あんた使っているハンドルネームは日本

にしかない日本苗になるわけだが


中国や韓国朝鮮に全くない漢字です。

811 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 12:17:27
神武天皇を否定したがってるくせに壇君は無条件で肯定していると言う矛盾に気付け、チョソ。

812 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 16:08:34
このスレのどこにそんな奴がいるんだ?

813 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 16:12:34
民衆の名前まで中華風にさせたのは李朝だが・・・

814 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 16:54:05
日本人・倭人←人偏
朝鮮人・狛人←獣偏

日本だけに、中国は、人偏を付けていた。

815 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 18:22:51
神武天皇の存在したとされる時期に居た天皇家の祖先は存在する

816 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 18:58:39
だがそれが何者かは誰も知らない。
ただの生口かもしれん。

817 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 19:24:23
まあ神武右翼によると、天皇の126代前の先祖が神武らしいから、
その生口が神武ということになるんだろうw

818 :辻小姐:2006/10/26(木) 19:48:12
>>803
朝鮮王や任那の王が中国や日本の家臣だったと言う理屈は分からなくはない
ですが、中国人の朝鮮の役人というのは誰のことですか。金忠善は日本人で
すが。

819 :辻小姐:2006/10/26(木) 19:50:09
>>807
日本も徴兵制を廃止できましたから、韓国も廃止できます。

820 :辻小姐:2006/10/26(木) 19:52:47
>>810
韓国や中国は辻という字を使っています。漢字が中国以外の国で生まれるこ
とは、よくあります。

821 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 19:56:16
流石に生口は無いだろう。
2660年前なら、どっかの村のドンか天候不順が命に関わる古代司祭。
天皇家成立(仮)を弥生に見れば「国」のちょい前段階に当る「クニ」の酋長。

檀家神話って清の影響を受けた朝鮮が作ったんだっけ(成立は太平洋戦争後かもしれないけど)?

822 :辻小姐:2006/10/26(木) 19:57:11
>>813
李氏朝鮮の民衆の名前は中華風ではありません。

823 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 19:57:49
ttp://www.youtube.com/watch?v=cKffUMix-Zs
終戦の詔勅・昭和20年戦闘停止(1/2)
http://www.youtube.com/watch?v=PZb6xGI8vMc
高村光太郎「一億の号泣」・昭和20年戦闘停止(2/2)
http://www.youtube.com/watch?v=mQLXcXgbp_U
日付の意味?S200815-S200902-S210503-S220503-S260908-S270428.井尻千男
http://www.youtube.com/watch?v=xTt8byzQBJU
http://www.youtube.com/watch?v=43pHyb7Vjrc
http://www.youtube.com/watch?v=qb08HBs8kxA
改憲派は「保守」派ではない!小山常実 1〜3
http://www.youtube.com/watch?v=KgLzW2aWKWg
(提言)憲法無効宣言の後、明治皇室典範の改正を!渡部昇一

824 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 19:58:53
>>819
解って(釣り餌で)書いているのだろうけど日本の軍は志願制、徴兵制じゃ無いから。

825 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 20:02:40
>>824
釣りか?

826 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 20:05:41
どう見ても釣り。

827 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 20:20:16
>>825
こいつアホそうだから、素で言ってるんだと思われ。

828 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:20:03
朝鮮には、画描部とかいう苗字があったはずなんだけどね。
他にも漢字3文字とか4文字くらいの苗字がたくさん出てくるんだけど、今はない。

朝鮮人自身が中国風に漢字1字に創氏改名した。

朝鮮本来の苗字はいまや朝鮮の文献にすらない。

829 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:21:07
日本の自衛隊は軍隊じゃありません。

軍隊じゃないのに軍事兵器をもっているので、テロリストと呼ぶべきです。

ゆえに、「日本の軍」というのは明らかに釣りです。

830 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:27:49
>>819

よく「辻」という性のハンドルネーム出没してるけど

「辻」という漢字は和製漢字(日本製《国字》)であ

るため 朝鮮には元々ない文字であり、厳密にいうと

朝鮮語では読みようがない。


また、沖縄や中国などとも「辻」性名存在はいない。

>>819馬鹿は黙って勉強しなさい!

831 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:38:44
辻小姐って、辻の姉ちゃん、ぐらいの意味じゃネーの?
朝鮮に辻の字があろうがなかろうがだからどうなるというのか?
まあ辻小姐とやらが朝鮮人で、自分の姓が「辻」だというのならば話は別だが。

832 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:45:02
邦人釣り師のハンドルにツッコミなよ。チャンネラーなら気付かない振りして釣られるのが粋ってもんだろ。

833 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:50:50
何がどう釣りなのかサッパリわからんなあ。

834 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:56:04
>>831


辻政信大佐
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1148824438/


彼の怨念か?本名辻さんにとっては侵害だろうが。


普通ハンドルネーム使わないけど、在日って辻に怨みあるのか?


災害救助創りては参議院だった 辻だけど・・・・・・・・


大日本帝国軍に士官学校首席で卒業したからか?

835 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 22:59:00
生口の子孫が古代日本の最高権威となるというのは普通に考えて困難かつ珍しい現象なので、
神話という形であれ特筆されていないとおかしい。

そういう不自然な蓋然性を採用するのは愚かな事だ。

836 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:04:57
>>835
日本という世界でも特殊な国の、ろくな文字文明もなかった特殊な時代のことを普通に考えるのはよそうよ。

837 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:06:33
新羅が唐に媚びて唐風の習慣を大々的に取り入れたのは有名な話だろ。
唐の年号、唐の服装、唐式の創氏改名、

だいたい朝鮮人は自分たちを支配する親分が交代すると親分の姓名を真似したがる。

高麗時代にはみんながモンゴル風の名前を持っていた。

838 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:15:05
馬の生き目を抜く過酷な大陸社会で生きて行く為の知恵だろ。
相手の糞を舐めてでも生き抜く生き汚さが有ったから新羅以来滅びる事無く生残れた。

839 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:18:11
>>838
自国の文化と文字と姓は滅びました。

840 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:18:26
文字文化が確立していないから何か?

841 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:23:11
古代から日本には語り部といって文字を使う必要すらない情報ストレージ体制が確立していた。
だから神話の継承程度なら特別に支障はない。

842 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:25:01
>>840
日本は、文字や暦が必要もないほど豊かな社会だった。

つまり、世界でも極めて特殊な土地だったということ。

こんな特殊な土地のことを普通に考えるな。

843 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:29:31
神武天皇?

何の根拠もなく生口だったと妄想するよりは、今もなお世界最古にして世界最長の伝統を築く事になる皇帝の中の皇帝たる天皇家の始祖に相応しい功績を後世に神話として語り継がれる英雄だった可能性の方が圧倒的に大きいだろうね。

844 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:32:01
古代なら文字や暦が確立してないくらい別に特殊でも何でもない。

845 :辻小姐:2006/10/26(木) 23:42:20
>>830
辻という字は朝鮮ではシプと読みます。中国ではそのままツジと読まれま
す。

846 :辻小姐:2006/10/26(木) 23:51:00
>>837
堀秀治が日本風で、李舜臣が唐風という根拠を教えてください。何が違うの
ですか。

847 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 23:55:06
837
ソースは?

848 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 00:01:43
>>846-847
ハイソース
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=xhtml&site=search&q=%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E8%8B%97%E5%AD%97&source=m&hl=ja&ei=K81ARa30HKeKJIDb3iU&ct=res&cd=3&rd=1&u=http%3A%2F%2Fwww.tufs.ac.jp%2Fts%2Fpersonal%2Fchoes%2Fetc%2Fkanyocho%2Fseimei.html

849 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 00:33:02
いや、だからそれが新羅時代からのもので
高麗人が皆モンゴル名だというソースは?

850 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 02:10:54
足利義満が明から日本国王と認識されているんだからやはり
天皇は天皇でしょ。

851 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 03:16:21
釣り竿

852 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 03:43:32
>>845-850
いいのみつけたお
よかったらおいでよ^^


辻政信大佐
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1148824438/


アニメ【ジパング】に登場していた旧日本陸軍

辻だけど現実イメージと違う人だヨ^^


意外と有名な日本人

853 :辻小姐:2006/10/27(金) 05:34:47
>>848
キムという姓の中国人はほとんどいない。ハヤシという姓の中国人がほとん
どいないように。朝鮮人の姓名は全く中国風ではない。

854 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 06:00:12
辻は音読みと訓読みの区別もちゃんと理解していないのかよ。
馬鹿は馬鹿である事を知らないんだな。

855 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 06:51:43
>>853
中華風朝鮮名で中華風日本料理の「冷やし中華」と同じ事ですね。

856 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 09:15:34
>>808
日本書紀に出てくる半島人の名前の話だろ。


857 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 09:41:47
>>856
日本人の名前はどうなのよ?

858 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 11:27:45
天皇>>>足利義満

足利義満が明から日本国王と認識されていた。

∴天皇>>>日本国王



859 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 11:36:37
天皇=ニート
将軍=国際社会公認の日本国王

将軍(日本国王)>>>>天皇(ニート)

860 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 13:40:42
昔から日本人の名前は大和言葉と呼ばれる日本古来のボキャブラリーを組み合わせたものが基本。

日本人名に使われる漢字は、その基本となる言葉に意味や発音が類似したものが選択されて表記に用いられているに過ぎない。

竹という漢字をタケと読むのは日本古来から伝わる言葉に同じ植物を指し示す漢字を表記用に借りている訳だ。

豊をユタカと読むのも日本古来の表現に意味が似た漢字を借りているだけ。
従って竹豊をタケユタカと読む限り、日本古来の言葉を組み合わせた人名であると分かる。
つまり支那風の創氏改名をした事にはならない。

音読みとは、日本に伝わった漢字本来の発音が原形だ。
戦乱と支配民族の交替が頻繁に繰り返す中で支那語の漢字発音は頻繁に変化してきた。

竹をチクと読み、豊をホウと読むのはそれぞれの文字が日本に伝わった時期に主流だった発音が日本で受け継がれた訳だ。

例えば唐、宋の時代の中原方言の発音を色濃く受け継ぐと言われる客家語の漢字発音には日本語の音読みに近い例が少なくない。
客家人は五をゴーと読み、六をロックと読む。

五をウーと読み、六をリューと読む現代支那語の発音よりは明らかに日本語の音読みに近い。

861 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 13:45:03
>>857
そんなもんはどうでもいいだろ
自分で調べろよ


862 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 13:53:07
>>860
タケユタカは武豊なんだがww

863 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:01:06
新羅が唐人名の真似をした創氏改名は、新羅土着の言葉を組み合わせた人名の表記に漢字を借用したという事ではない。

姓を漢字一文字、そして名を漢字一文字もしくは二文字で表すという支那のスタイル自体をコピーし、
新羅語を組み合わせた昔ながらの民族名を捨てて漢字発音を真似た支那式の名前を付けるという創氏改名そのものだ。

金をキムと読むのはコピーの誤差程度の事であり、
日本語の音読み訓読みとは全然意味が違う。

864 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:03:42
>>860
無知だね。源融なんてのは「みなもとのとおる」と読むが、
これが中国風の創氏であることを否定するやつはまずいないだろう。

865 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:04:05
競馬は詳しくないから素で間違えた。
だが説明した内容は正しい。

866 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:08:31
源融をミナモトノトオルと読むのは日本古来の言葉を組み合わせた日本オリジナルの命名そのものだよ。

表記に漢字を借りただけだ。

ゲンユウと読めば唐人名の真似だがね。

無知なのは音読みと訓読みの区別ができないお前だよ。

867 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:13:56
朝鮮人は歴史を捏造する事しか能が無いのだ。
朝鮮人は卑怯で惨めで醜くザコで無能で永遠の馬鹿民族。

868 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:14:45
心太をシンタと読めば支那語
トコロテンと読めば日本語。

869 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:33:45
>源融をミナモトノトオルと読むのは日本古来の言葉を組み合わせた日本オリジナルの命名そのものだよ。
>表記に漢字を借りただけだ。

やっぱりただの無知だったか。語るに落ちるとはこのことだな。

870 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:51:17
無知なのはあくまでもお前の方だよ。
源という漢字をミナモトと読むのは日本だけだ。

日本古来の言葉に無いゲンという支那風の創氏が実施された形跡は無い。
便宜上、もしくは文学的表現としてミナモトをゲンと読む場合はあるが、
源の正しい読みはあくまでもミナモトだ。

871 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 14:57:58
源頼朝をゲン・ライチョウ、平清盛をヘイ・セイセイと読むなら明らかに日本古来の言葉の組み合わせによる命名を捨てて支那風の真似に走った創氏改名だけどね。

872 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 15:04:58
「ゲンライチョウとヘイセイセイの争い」
なんて言われても日本史の話だと気付く奴はほぼ皆無だろうな。

873 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 15:41:26
源って姓は中華由来なんだけど

874 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 15:53:09
>>873
は?アホ?

875 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 16:13:20
漢字は支那の文字だが、ミナモトという日本古来の言葉を用いる姓に源という文字を当てて表記するのは日本オリジナルだよ。
大陸での源という文字の読み方には全くカスりもしない。

876 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 16:17:47
日本における源姓は嵯峨天皇、清和天皇などの子孫に下賜された姓で、
中華からは全く関係ない。

神武天皇が中華から日本に来た事実が証明されたりすれば話は別だが。

877 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 16:23:31
>>876
いやいや、神武天皇が中華でも源が中華由来にはならんだろ。
それが成立するなら、全部アフリカ由来になっちまう。

878 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 16:24:20
チョンがまた新羅三郎の事で何か勘違いしてるんじゃねーの?

879 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 16:30:20
>>878
なる。
源氏の中華由来説を主張する奴は昔からいるが、
理由なんてどうせ一文字だからなんだろうなwww

880 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 16:54:01
>>848 ソース貼りつけた。

881 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 17:17:24
源が中華由来の姓だと言うことを知らないのかw

882 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 17:19:18
>>881
ソースキボンヌ

883 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 17:45:15
>>881 源義経!源平武家まで戻すな!バーか

884 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 18:04:30
>>883
にほんごでおk

885 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 18:20:22
ところで檀家神話って古代楽浪の何処の国で出来た神話?
成立はいつ頃(確認出来た最古例で)

886 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 19:18:47
源氏が支那由来とは一体何の話だ?
また韓国の国定教科書がそんな電波を飛ばしてんのか?

実在の人間に先祖が居ないだの源氏が支那由来だのとアホな事しか言えないのか?

887 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 19:30:08
Wikiにも載ってる常識だが・・・

888 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 19:56:49
>>886
お前さあ、自分が吠える度に恥を曝していることに、いい加減気づけ。

889 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 20:37:45
足利将軍義満も日本国王という権威付けをしてもらっている。
その前の南北朝時代は南朝が日本国王。
朝貢冊封というのは、属国になるというものではないのです。
皇帝から王として認められ権威づけする。貢物をしていますが、
それ以上に中国からもらって帰るということでもあり貿易関係という意味もあった。

890 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 21:25:58
朝貢貿易は営利利益が極めて高く(投入資金の数倍以上の利益)が見込めるので周辺国は自国を中華の下にしてでも国益のため冊封を受けていた。
冊封は権威より利益で行われていた。冊封下の独立国は独自の元号を持ち皇帝級の権威を国内に持っているのが普通。国のトップが中華(外国)の下なのは中世になると国内統治で何かと不都合。

891 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 22:10:33
>>861
馬鹿か?質問されてるんじゃない。
突っ込み入れられてんだよ!

892 :辻小姐:2006/10/28(土) 04:42:40
>>863
音読みの名前は中国風で、訓読みの名前は日本風なら、佐藤榮作は中国風の
名前なのですか。中国には二字姓の人物も一字名の人物もたくさんいます。
最も代表的なのは諸葛亮と司馬懿です。

893 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 04:58:16
>>892 わかった!オマエ日本人にしいない日本漢字の

日本人苗のハンドルネーム使うわけが!

894 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 05:58:41
佐藤栄作は確かに全て音読みだな。
支那でも姓名の合計が4文字という例はイラン系や旧高句麗領からの移民が頭角を表した唐の時代になると沢山記録に出てくる。
たいていは漢族ではない例だから支那の伝統的な命名とは言えないが。

支那古来の2字姓である司馬や諸葛などの場合では下の名前を1文字にして合計3文字に留めた例しか見当たらない。

4文字にすると流石に支那風ではなくなり過ぎて忌避した可能性があるな。

895 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 06:01:50
>>888
オマエガナー

896 :辻小姐:2006/10/28(土) 06:49:41
>>894
司馬相如、司馬穰苴、長孫無忌、令狐コ棻、闘穀於菟など、漢民族に
は四字姓名のものはたくさんいます。まあ、楚人の闘穀於菟が、漢民
族といえるかは微妙ですが。

897 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 06:55:39
>>886 なんだ【巧名が辻】 からの引用か?

898 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 07:35:58
>>844
2000年前に文字と暦がないのは特殊。

899 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 07:39:38
その辺は漢族の文化には完全に染まっていないという事だな。
司馬は古代の官職名だから支那オリジナルだが諸葛となると外国からの移民という説もある。

900 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 07:40:08
>>896
ちょっとまて。
長孫無忌、令狐コ以外は知らんけど、他の3人は中華の人間だが漢民族じゃないぞ。

901 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 08:01:33
前漢末期には6000万弱の人口を数えた漢族も三国時代には戦乱と貧困で激減して事実上の絶滅状態に陥っている。
司馬氏が皇帝に成り上がった晋代には北方から独自の文化を携えた移民が大量に流入しているので4文字の人名も出てくるようになった。

異民族によって従来の例から逸脱した例外が増えた事を持ち出しても支那式の命名法が姓1文字、名1〜2文字という原則を持つ事実に対する反論にはならない。
特に前漢と後漢を隔てて成立した新の時代には名を1文字にする事を皇帝自らが命じた位だ。
前漢に流行し始めた2文字の名は古い伝統に反するという理由だ。

その影響で後漢や三国時代には殆ど1字名しかいなくなった。

姓名それぞれ1文字ずつというのが支那本来の伝統である事を支那人自身が認識している証拠だといえる。

902 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 08:22:46
唐になると長孫だの上官だのという姓が出て来るが、あくまで原則は姓名各1文字
名は2文字も可というのが基本。

姓が少ない支那や朝鮮で下まで1文字だと流石に同姓同名が増え過ぎてバリエーションが足りなかったのだろう。

歴史上では同じ王匡という名前の人間同士が交戦して一方が相手を殺した例が見える。

流石にこれじゃマズイだろって感じだわな

903 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 08:23:31
>>900
おっしゃる趣旨がわからんが・・・。

>長孫無忌、令狐コ以外は知らんけど、
=司馬相如、司馬穰苴、闘穀於菟のことを知らない。

>他の3人は中華の人間だが漢民族じゃないぞ。
=他の3人(知らないはずの司馬相如、司馬穰苴、闘穀於菟)は漢民族ではない。

え?知らないはずなのに漢民族じゃないって?
どういう事だろう??>>900は漢民族の名前すべてを記憶しているすごい人なのか?
そうなのか?

904 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 09:04:33
生粋の漢人だかどうだかは知らんてな話でわ?

905 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 09:32:12
佐藤栄作は支那における例外的な命名例と表面上は共通するが、別に支那式の創氏改名を施した訳ではない。
佐藤の本姓はあくまでもフジワラだからな。

佐藤とは日常的に使われた便宜上の表記が戸籍名と化したのであって、
支那の習慣を真似して日本古来の言葉による名前を捨てたとは到底言い難い。

ただし栄作をエイサクと読むのは支那風の名前の真似と言える。

906 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 10:05:02
そもそも姓も氏も日本にはなかったわけだが。
藤原氏、中臣氏の始祖の名前知ってるかね?

それに、佐藤栄作の本姓が
本当に藤原だったかどうか知らんけど、
佐藤栄作やその子孫がいまだに藤原を称してると?

907 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 11:06:32
佐藤の先祖は藤原氏だよ。

養子や詐称の可能性もあるから血統上では赤の他人が紛れ込む可能性はあるが、
日本の伝統としては佐藤と名乗る時点でフジワラを本姓とする一族の一員であると自称する事を意味するんだよ。

単に音読みだからと佐藤を名乗る事を支那を真似たとは言い難い。
中臣とは藤原氏の先祖の姓だな。

中臣鎌足が藤原姓を下賜されて以来、中臣姓だった者の本姓は藤原に変更された。

現実問題として藤原姓のグループは平安時代に支配層を寡占してしまい、
いたる所に蔓延したので便宜上の区別をつける為に領地や職掌に因んで佐藤、伊藤、加藤、工藤などのバリエーションで呼ばれ、名乗るようになった。
加えて鎌足直系の本家が絶滅したので奥州藤原氏の末裔などといった例外を除いて藤原姓をダイレクトに用いる者が居なくなった。

明治以降藤原と名乗り始めた人間が増えたのは、適当に創氏した平民や在日朝鮮人が主。
だから血統上は鎌足の子孫でも何でもない。
だが事実真偽とは関係なく藤原を自称する以上は鎌足の子孫を自称する事にはなるのだ。
伊藤博文も養子だからか本姓は菅原となっているが、理屈の上では伊藤家を継ぐ以上は藤原でなければおかしい。

908 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 11:18:06
>>907
お前が頭悪いということはよくわかった。
知ったかぶりはいい加減やめて半年ロムってろ。

909 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 11:20:18
粘着して負け惜しみばかり言ってるお前が馬鹿なだけだ。

反論があるなら理詰めで具体的に書けばよかろう。

910 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 11:24:48
理詰めで意見できるくらいなら、さっさと創始改名して朝鮮の先祖とはとっくの昔に絶縁してまつ。

911 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 11:50:57
唐を建国した李世民は漢族ではなかったと指摘されているが、李を名乗る以上は老子の末裔を自称した事になる。

事実関係は別として李氏は老子の子孫だという伝説に立脚したグループだからだ。

老子が実在したかどうかはむろん関係ないw

初代朝鮮王となった李成桂が女真族である事も関係ない。

912 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:31:55
912

913 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:32:36
913

914 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:33:16
914

915 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:33:57
915

916 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:35:25
916

917 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:37:33
917

918 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:38:10
918

919 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:39:01
919

920 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 15:40:38
920 あと誰かたのむ。

921 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 16:03:20
>>911
出鱈目。唐宗室は老子の子孫を称したし、老子は李氏だが、
別に李氏が老子の子孫であるわけではない。
ただ単に、老子が李氏グループの一員であっただけだ。

物を知らないのか、論理的な思考ができない人なのか。

922 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 17:25:21
朝鮮

923 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 17:27:48
スレ

924 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 17:28:59
もう

925 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 17:29:55
あきた

926 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 17:31:46
ほどほどに仕手ホシイナ

927 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 18:44:45
>>904
漢民族ではないと言い切ってますが・・・。

928 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 20:25:32
>>903
まちがえた。

×長孫無忌、令狐コ以外は知らんけど、他の3人は中華の人間だが漢民族じゃないぞ。

○長孫無忌、令狐コは知らんけど、他の3人は中華の人間だが漢民族じゃないぞ。


司馬相如、司馬穰苴、闘穀於菟 は漢民族じゃない。
長孫無忌、令狐コは知らない。この2人が漢民族っていうソースある?

929 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 20:55:30
欧陽菲菲

930 :辻小姐:2006/10/28(土) 21:25:03
>>928
司馬相如、司馬穰苴、闘穀於菟はそれぞれ何民族なんですか。

931 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 21:31:09
>>930
その3人は中原の出身じゃない。

932 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 21:31:56
>>930
日本人じゃないな。韓国人かもしれない。

933 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 21:34:16
上官庭芝、上官婉児

934 :辻小姐:2006/10/28(土) 21:37:40
>>928
長孫無忌と令狐コ棻は鮮卑族でした。お詫びして訂正いたします。

935 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 21:39:37
>>934
訂正するのは分かるが、なぜお詫びするのかが分からん。

936 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 21:42:37
>>934
アホにわびる必要なんかないよ。
っていうか、そんなことしたら余計つけあがるから止めてください。

937 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 00:22:03
>>935
>>934 がやっているのは歴史の議論じゃなくて、イデオロギー論争だから。

938 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 00:35:42
源氏は源の姓を持つ氏族であるが、その起源は中国の王朝、
北魏の禿髪破羌が太武帝から与えられた姓による。
禿髪破羌は源賀と称した。北魏の皇室と禿髪破羌の家系は祖を同じくしており、
北魏の皇室が「元」に姓を改める前の「拓跋」と「禿髪」は同じ音に
別の漢字を与えたものであった。そのことの由来して、
太武帝は「元」に音も意味も似ている「源」の字を選び与えた。
そのことを支那の歴史に詳しかった嵯峨天皇が生まれた子らにその姓を与え、
皇室と祖を同じくするという名誉の意味をこめて与えた。
そのため、嵯峨天皇の子で源姓を与えられた子らは、名も支那風の一字にしている。

939 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 00:47:36
>>938
もともとは、「みなもとの」じゃなくて、「げん」って読んでたってこと?

940 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 02:13:07
嵯峨天皇がどんな情報にインスパイアされたかに関係ない。
あくまでも正式にはミナモトと読ませる以上、
日本古来の言葉を組み合わせて名付ける日本古来の命名を捨てて支那式の命名に変更した創氏改名だとは到底言えないな。

アイルトン・セナ・ダ・シルヴァという名前のブラジル人F1レーサーが活躍していた頃には日本でも子供に瀬那だの瀬奈だのと名付ける馬鹿親が大量発生したもんだが、

それは別にブラジル式の命名に変更する創氏改名を意味する訳ではない。

941 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 02:48:11
神武天皇はもういいのか?

942 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 03:03:53
神武天皇が実在しないとか喚く馬鹿が大人しくしてれば別に誰も迷惑しないしな。

943 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 03:04:03
>>941
荒れるからそのネタは触れない。

944 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 04:45:23





NHKチャングムの誓い。聖母チャングムの誓い。(T-T)名場面集




http://kjm.kir.jp/pc/img/24126.jpg



http://kjm.kir.jp/pc/img/24127.jpg

945 :辻小姐:2006/10/29(日) 06:43:26
>>931
中原の出身じゃないと漢民族じゃないなら、劉邦も漢民族じゃないですね。

946 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 08:18:45
あれ?神武右翼は宮内庁に見捨てられて意気消沈、退散したと思ってたんだが。
まだ居たのw

947 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 09:35:25
日本国王って将軍の事だろ

948 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 09:44:43
>>97
その通り。よって日本には国王はいない。天皇はいるがね。

949 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 10:21:56
>>940
中華の姓を字もそのままパクって日本語の読みをつけただけですが。
その瀬名とやらで例えるならば、子供に創氏して文字もそのままSenna Ayrtonと名付け、
それに適当な日本語読みを付けるようなものですが。
どう見てもパクリです。どうもありがとうございました。

950 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 11:43:13
まず、日本の名前付け事情を理解していいない。
日本ほど名前の付け方が精神的に自由な国はない。

例えば、欧米だと Johan(ヨハン、ジョン)とか、Mickel(ミカエル、マイケル)という聖書に登場するような2000年以上の名前がいまだに使われている。
一方、日本では、麻呂という1000年以上昔の名前をつけないどころか、ヨネというたった50年昔の名前すら嫌がる。

日本の名前の付け方のルールは、「その時代時代で、付き合いのある国や流行になった文芸や宗教の名前を付ける」。

法令が改正されて、例え子供にSenna と名づけても、それは日本古来の日本独自のルールに乗っ取った名前に過ぎない。

そもそも中華の創氏改名というは、中華風の改名と族外婚と族譜をセットで行うもの。
日本には族譜や族外婚なんかないので、日本に創氏改名はなかった。
(朝鮮にはある)


951 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 11:49:30
>>950
>日本の名前の付け方のルールは、「その時代時代で、付き合いのある国や流行になった文芸や宗教の名前を付ける」。

こんなルールはない。一部の物好きな連中がよそから珍妙な名前を持ってくることがあるが、
このようなものは日本人一般に当てはまるものではない。

952 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 11:56:40
>>951
文芸(テレビ・漫画・小説)や宗教(みんなと同じことをする)の名前を付けるっていうルールを認めないと、ヨネを忌諱する理由が説明できない。

953 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 12:01:00
ていうか日本の命名にルールなんざねーだろ

954 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 12:05:00
>>953
流行おくれの名前はつけない、というルールがある。これは1500年前から存在が確認されている。

955 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 12:47:11
そんなのルールじゃないだろ。
てかマイケルとかジョンは古くても流行おくれではないと思うが。
(そもそも流行に関係ない)

956 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 13:08:15
>>952
日本語でおk

957 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 13:12:58
>>949
その後日本人は独自の姓を名乗っていったけどねW



いつまでも中国人の姓を使いたがる朝鮮人と違ってWWWW






958 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 13:16:50
明治時代からね

959 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 13:24:19
え?
島津とか武田とかも?
楠も平姓も?
藤原も?

960 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 13:27:57
そもそも日本人には姓はなかった。
日本書紀や古事記を読めばわかることだよ。

961 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 13:31:56
姓と苗字の違いとか分かってないんだろう

962 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 13:51:35
>>960
記紀には嘘も沢山書いてあるのに・・・どうしてそれが信じられるの・・・他の資料から探したらwwwwwww


963 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 13:55:47
>>962
禿同。記紀は出鱈目。
神武東征妄想なんかはその際たるものだ。

964 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:02:29
>>962
他の史料探してみた。


・・・やっぱり倭人には姓がなかったwwwww

965 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:05:02
>>964
中国も朝鮮も姓があって、
あっちの渡来人もわんさと来た・・・それでもなかったのか?

・・・やっぱりニートは馬鹿だったwwwww

966 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:09:26
>>965
ない。ないないない!!!
倭人には姓はない!!!
中国人や韓国人とは大違いぃぃぃぃぃぃ!!
倭人は白丁以下ぁぁぁぁぁぁ!!


967 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:11:32
ニート君
それじゃ
お情けで
証拠を
聞いてあげるよ

968 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:12:15
文化の未発達な倭では姓という概念がなかった。
先進国の民はそれを憐れんで・・・www

969 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:12:38
天皇には姓がない。おわり

970 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:15:00
倭酋長の家来たちにも姓はなかったwwww

971 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:19:35

天皇と酋長だけが日本に住んでいたのかな?
渡来人には姓があったよね。

ほらニート頑張れ!!!!

972 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:24:07
文化の劣る倭人には姓は必要ないぃぃぃぃぃぃぃ!!!
倭人には姓はもったいないぃぃぃぃぃぃぃ!!!
倭人に姓を与えたのは文明国最大の失策ぅぅぅぅぅぅぅぅ!!

973 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:24:36
>>965 >>971
>>964を百回読み返せ。

974 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:26:30
高尚な文明の使者、渡来人とぉぉぉぉぉ!!
劣等な原人の倭人をぉぉぉぉぉ!!

   
   
   い っ し ょ に す る な ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ! !

975 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:43:54

歴史学博士らがあらゆる質問に即答するスレ18
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1143148404/


976 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:45:14
 

977 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:51:46
 

978 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:53:27
 

979 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 14:54:48
 

980 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 15:19:04
980

981 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 15:20:26
981

982 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 17:03:28
 

983 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 17:54:19
埋め

984 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 17:58:57
埋め

985 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 18:43:51
985

986 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 18:49:30
 

987 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 18:50:32
埋め

988 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 18:55:24
 

989 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 18:56:37
 

990 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:19:28
埋め

991 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:20:19
宇目

992 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:21:11
991

993 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:22:22
993

994 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:23:02
994

995 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:36:45
さんざ既出とは思うけど、国際外交プロトコルでは

日本国天皇>ローマ法皇>各国世襲王>大統領など国家元首>首相等

らしい。
なんで日本の天皇が世界最高位なのか、いまいち判らんけど、ありがたい。

996 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:41:49
>>995
肩書きがエンペラーだから。
インド皇帝とかエチオピア皇帝が現存してればそいつらも最上位。

ちなみにエンペラーは全部同格だから天皇=ローマ法王。


997 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:44:52
だね

998 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:48:21
オスマンのスルタンや大韓の皇帝もエンペラー。

999 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:49:57
満州国も確か・・・

1000 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:50:40
大韓帝国皇帝陛下万歳!

日王滅亡!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

233 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)