2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一行リレー日本史小説6作目

1 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 01:45:39
前スレ(日本史小説5作目)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1145184229/

本スレッドは、あくまでも1行小説というわけで、次のことは守ってもらう。
1 2行以上書いた香具師は、当日レス禁止。
2 2行以上の文章はスルー汁。
3 連投は禁止。連投した香具師も当日レス禁止。
4 重複した場合は、1つの文章として扱うべし。
5 sage書きOK
6 なるべく歴史関連の文章にすること。
7 AAは全て禁止する。
以上のことを守って、面白く楽しいスレッドにしましょう。

過去スレ
4巻目
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1138696749/
3巻目
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1134556497/
2巻目
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1131180224/
初代スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1129424122/



2 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 01:52:39
                                   : __,,,,,,,,,,yww,,,,、    .l゚“''''z     l゚゚゚゚゚゚》
      :     .,r''',ラx,    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、   .l“゚” ̄:       `゚'i、  .,xネ  .タ--r,#━″ .゙''''=,,
    .,r''”゙”ヘ、 ,l`l ̄'ョ゙ト   |              l    .l:       _、   .]  .l      ll゜  ,,,,,,,,,,,  'l:
   ,r″   .゙'l,,《.゙v,,r゙,ナ   .』     : _,,,,,,,,,,,,,レ    l,yxrr━'''“゚,√   ,ト  .レi、  ,l丶 .l'l|  l━=l″ :l
  .,l°  .,,   .゚!Z=r〃    “''"““゚“゙ ̄″             ,,f°  ,f°   .レ  .ll:  .l`l  ,,,,,,,,,,,,   l
 .,i″  ,l~゚li、   .゙'L                         ,r″  .,l″    .l′ .ll" .,l 】  .'サ''''″  ]
.,,l°  .,√  ゙!i,、  .゚┐                         ,r″   ,こ     レ  .ll" .,l ,l    ,,,,,,,,、.,,l
ぐ  .,√    ゙!i,、  ゙'l=@         : : : : : :      .,r″    .゚'r,,    ┃  ,ll  ..l: 】    `'=″ ゙y
: `'、..,l°     ゚h,   ,ト .l'''''"'““゙゚゚゚“゙゙゙”””””””””l    ,r″  .,,i,,   `'┐  《  `  .゙=l   li、   ,,r″ .,,v-x,
  .″          ゚!i、 ,r° .l             : ┃  ,,/゜   .,r°゚''=@  .゙'┐ `'=x,    ]  ヤ°  .゚'i、 ,,i´,m, ゙K
            ゙″  .l,,yvrr━・''''''““゙゚゚゚“゙゙゙”””`  .゚'v、 ,r"    ゙'┐ .,/   .l′ .セ'!l    .,,ri、  ,ト.l, .《,,,ド┃
                                  `゚V″      `='′    il,,,,_ l′'h,_._,,r''″ ゚!i,,,/゜ ゙=,,,,,,,r″
                                                   ゙”゜  `″    .″  


3 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 09:44:39
夏草や〜兵どもが…

4 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 18:33:23
…ペニス娘。

5 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 18:54:07
と意気込んでいた太閤であったが、

6 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 22:17:24
神武天皇ワカタケルのウチテシヤマヌ東征に遭い、長野まで追走された。

7 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 22:21:51
「死ねぇー!死ねぇー!」と、島左近がかすれた声で追いかける

8 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 22:29:41
「朝敵会津の賊軍は、一兵も生かしもさん!!ちぇすとぉぉぉぉぉ!!!!」と西郷隆盛率いる官軍。アームストロング砲とガトリング砲の乱れ撃ち。撃ちてし止まぬ

9 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 22:53:15
>>8は2行でも泣かない。」と菅原道真が京都で挙兵。

10 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 01:36:37
しかし、悲しいかな武官ならぬ文官の道真はあっという間に制圧され、西郷のように逆賊となったのであった。

11 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 01:49:49
宮さん宮さん♪お馬の前にひらひらするのは何じゃいな♪トコトン殺レトン殺レトン殺レナ♪

12 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 05:30:19
しかし宮さまは、お馬の下でぶらぶらするものから目が離せなかった。

13 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 10:54:45
ぶーらりん 一家に遊女もねたり萩と月 潮騒ルート13♪

14 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 11:11:48
ベニスの商人(ユダヤ人)肉を切っても良いが血を流しては悪い?何やソレ。

15 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 11:35:48
逆賊とは失敬な、戦後はガラット評価が変わって鎌倉幕府、じゃない室町幕府を創った私は大した者だ 足利尊氏

16 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 13:52:08
信玄「俺は標準語だよ」でもダメなのさ皆に言われるのさ、謙信。

17 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 15:02:52
笑顔で切れてる大谷吉継を見上げる三成。

18 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 15:16:26
あのー、もうダメポ。島左近

19 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 15:27:48
西軍 それは いつか見た光 いつか見た希望♪ 金吾秀秋、石見ー(泣

20 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 15:57:57
平岡石見 TILL DAWN2号、発射!

21 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 16:13:17
稲葉のmukousagi 誰もそんな簡単に核兵器なんて落としませんよw

22 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 16:35:23
マジレスすると卑弥呼の甲冑着姿を見たならイヨなど気絶するだろうな

23 :日本@名無史さん :2006/07/08(土) 16:49:33
目標は憎っくき秀吉と清正だな あと佐渡島


24 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 17:25:07
八畳の宇喜多秀家です 心配で半周タライ舟でやっとこさ来ました

25 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 18:17:18
この不安定な怪しい影に気付いたのは戦上手で知られた明石全登

26 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 18:22:31
少し私を押した位でイイ気になるな!福島正則。

27 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 19:23:07
明石は東国の大反抗に備え擁立したのは、征夷代将軍、坂上田村麻呂である。ウチテシヤマヌ。

28 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 05:08:53
                                   : __,,,,,,,,,,yww,,,,、    .l゚“''''z     l゚゚゚゚゚゚》
      :     .,r''',ラx,    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、   .l“゚” ̄:       `゚'i、  .,xネ  .タ--r,#━″ .゙''''=,,
    .,r''”゙”ヘ、 ,l`l ̄'ョ゙ト   |              l    .l:       _、   .]  .l      ll゜  ,,,,,,,,,,,  'l:
   ,r″   .゙'l,,《.゙v,,r゙,ナ   .』     : _,,,,,,,,,,,,,レ    l,yxrr━'''“゚,√   ,ト  .レi、  ,l丶 .l'l|  l━=l″ :l
  .,l°  .,,   .゚!Z=r〃    “''"““゚“゙ ̄″             ,,f°  ,f°   .レ  .ll:  .l`l  ,,,,,,,,,,,,   l
 .,i″  ,l~゚li、   .゙'L                         ,r″  .,l″    .l′ .ll" .,l 】  .'サ''''″  ]
.,,l°  .,√  ゙!i,、  .゚┐                         ,r″   ,こ     レ  .ll" .,l ,l    ,,,,,,,,、.,,l
ぐ  .,√    ゙!i,、  ゙'l=@         : : : : : :      .,r″    .゚'r,,    ┃  ,ll  ..l: 】    `'=″ ゙y
: `'、..,l°     ゚h,   ,ト .l'''''"'““゙゚゚゚“゙゙゙”””””””””l    ,r″  .,,i,,   `'┐  《  `  .゙=l   li、   ,,r″ .,,v-x,
  .″          ゚!i、 ,r° .l             : ┃  ,,/゜   .,r°゚''=@  .゙'┐ `'=x,    ]  ヤ°  .゚'i、 ,,i´,m, ゙K
            ゙″  .l,,yvrr━・''''''““゙゚゚゚“゙゙゙”””`  .゚'v、 ,r"    ゙'┐ .,/   .l′ .セ'!l    .,,ri、  ,ト.l, .《,,,ド┃
                                  `゚V″      `='′    il,,,,_ l′'h,_._,,r''″ ゚!i,,,/゜ ゙=,,,,,,,r″
                                                   ゙”゜  `″    .″  


29 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 11:45:20
満たされず、ついオイタする、オナニ麻呂。

30 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 16:55:45
そのため、絶えて久しく執行されなかった死刑が復活したのであった。

31 :日本@名無史さん :2006/07/09(日) 16:57:14
藤原秀衡「夏草や?あれは勝てたのさ、あの形のままに」。

32 : 日本@名無史さん :2006/07/09(日) 17:09:54
天国なんて無い 頭上丹羽13の階段があるだけ 山内一豊の妻 信長が逝っても井伊セリフだ

33 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 18:54:31
”さあ共に逝こう、パライソへ”と後醍醐帝が尊氏を煽った

34 : 日本@名無史さん:2006/07/09(日) 19:14:04
信長「髪結いの研修なら光秀にも務まると思いませんか?蘭丸さん
森「ウソみたい・・・
信長「美しい人に斬られるのは良いものです

35 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 19:46:28
伊達政宗「食いねー悔いねー江戸っ子だってな
平将門「そうよ、神田の生まれよ

36 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 19:55:11
まだ当時は「韓田」だろが・・・

37 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:36:08
伊達生きて、神田の香具も、しらぬほど

38 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 21:32:09
そこにテポドンが着弾。大阪城壊滅。

39 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 22:53:06
神奈川は韓川だった。メリケンも蛇頭もまだいない白丁の天国だった。

40 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 21:09:01
まさに「金」太郎の天国だったのである。

41 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 21:13:18
家康様、このスレ当初から荒らすのPUでございます。そしてアホな香具もPUでございます。何卒お裁きを!

42 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 23:04:41
直ちに覆面捜査官として、遠山の「金」さんが送り込まれた・・・

43 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 23:18:28
近頃香具師の意味が解らん輩が多するが、家康様にどうお取次ぎするつもりじゃ、内々ではご立腹との事・・・

44 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 06:26:42
「んじゃ、うちの朝日を貰ってよって伝えといて。朝日の一目惚れなんだがや」と秀吉

45 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 21:13:04
「金」太郎がどうしたアル。この神奈川横浜川崎は我々、「桃」太郎の縄張りアルよ。余所者は出て行くアル!

46 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 21:29:31
家康様、しかし不具でございます。日本史リレーの意味すら解ってません。血迷う基地外どう致しましょう?

47 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 21:40:28
改易してしまえ!彦左衛門

48 :PU:2006/07/12(水) 21:43:40
家康様、香具の習いにに欠如がみられます。この者にはお咎めを・・・

49 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 22:14:17
グラヴァー「オテツダイ、シマショーカ?」

50 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 23:30:10
家康さん質問です。綱吉が目つきの悪いプードルを飼っていたのは本当ですか?柳沢がムシャクシャした時、影でそいつを蹴っぽっていたと言うのは本当なのですか?

51 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 23:47:24
家康さん質問です。占いをしてもらったら、財布をスラれひき逃げされ家は放火されるそうです。この時「うーん ほうか。」と逝っても良いのですか?

52 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 23:57:05
ぷとぷ以外が鮮明に区別できるのはなぜでこざいますか?   結構結構アホは必死で、耄碌しとるからじゃ・・・はっはっはっ・・・・・

53 :日本@名無史さん:2006/07/13(木) 00:09:38
しかし最近領民の逃亡が目立つとの、内偵を聞いたが、どうしてなのじゃ。  はい・・・ぷが住民を偽り、只管私利私欲に走る余りに、耐え切れなくなった者が・・・何卒・・・

54 :日本@名無史さん:2006/07/13(木) 00:52:32
徳川家康「これは、失敗作だなw」

55 :日本@名無史さん:2006/07/13(木) 00:58:23
はい家康様、不出来なぷが、wって言ったり、金っと言ったり、露見覚悟で、乱れた書き込みを繰り返しておりますので・・・

56 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 06:52:27
「キャラの立った者がおらぬのが全ての原因じゃ。わしを見よ!」全裸の信長の股間には、豪華絢爛なチンコケースが装着されていた。

57 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 08:53:35
その立派な姿に道三は平伏した。「是非うちの娘を貰ってくだされ!」

58 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 09:09:49
信長は道三の娘を娶り、将来の美濃攻めの足掛かりを得た。チンコケースは茶道とともに戦国武士の間で大流行した。

59 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 11:09:29
しかし初夜の夜、信長の前に敵は敢然と向かってきた。濃姫の股間にはバテレン仕込みの西洋鉄製の貞操帯が・・・鍵を握るはマムシの道三!!

60 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 11:28:00
道三は「男の世界」に逃げ込み、震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!と言い、信長に波紋攻撃!

61 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 18:08:17
「舅殿は自らにこれを望まれるか。ならば望み通り受けられよ!」と信長は自慢のチ(以下略)を陽光に輝かせながら宙を舞った。

62 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 18:22:40
濃姫は怒って頭突きをした「でも、手は使っていません〜」理由はどうであれこの行為は(以下略

63 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 18:42:23
そのまま階段から落ちた二人は、中身が入れ替わってしまった

64 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 18:50:05
そんなゴタゴタがイヤになり光秀は引退を表明し天海と名乗り逝った イチローに負けた?

65 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 18:58:48
しかし影響力はすっかり徳川に影ひいてるし・・・柳生一族の反抗がはじまった

66 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 19:05:16
ゴダイゴ天皇「はっきりしろ!」足利尊氏「まあ そんなに怒るなよ それよりさぁ 暑いから内緒で

67 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 20:04:57
このスレバックレて倒幕しま専科」

68 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 23:41:08
宮さん宮さん♪お馬の前にひらひらするのは何じゃいな♪トコトン殺レトン殺レトン殺レナ♪


69 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 01:34:31
えーじゃないか えーじゃないか(見たな)

70 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 02:33:48
よちよち パパとママですか? 夜泣きします クレヨンでイタズラ書き どうだ俺は悪い子だろ

71 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 08:12:24
一方、濃姫と中身が入れ替わった信長は、排便がしにくいから貞操帯の鍵をくれと道三に尾張弁の男言葉でせがんだ。

72 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 09:20:13
しかし道三は「漆黒の意志があれば排便も容易じゃ」と取り合わない。

73 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 10:30:26
義龍が濃姫(信長)に「桶狭間にいる今川も鍵を持ってるらしいぞ」と耳打ちした

74 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 10:37:54
その頃、桶狭間では今川が丁寧にオリーブオイルを体に塗っていた

75 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 11:41:04
そこに西郷の薩摩軍と、高杉の奇兵隊が到着。錦の御旗の下、激烈な砲撃戦がはじまった。

76 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 12:23:16
「きゃっ 助けて、見ないで〜」と今川は小田原城へ逃げ込んだ

77 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 12:55:48
小田原城では、今川氏の対応について、北条一門上げて、徹底的に議論を尽くすまで26時間テレビ討論会を開催した。

78 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 13:54:52
氏政は ニコニコして今日のお昼ご飯何かなと逝ったら 隣の氏康にお汁を飲んではいけないYO と言われたので我慢していたが やっぱり喉につっかえて氏ぬかと思いました。

79 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 14:33:57
豊臣秀吉 籠城は大変だな 例えば(大坂城の寝苦しい夏の夜の夢)浴衣姿の淀が寝言で「私が秀吉をダメにした」秀頼はビックリ。

80 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 17:22:04
そして26時間後。討論疲れで皆寝てしまったので、義元は北条家の秘宝の提灯を盗み出し逃亡した

81 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 18:41:34
今川領に亡命中の武田信虎がその提灯を奪って織田方に寄越した。信虎は仲間になりたそうにこっちを見ている。

82 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 18:57:54
家宝の提灯なくなるの報を聞いて、御家人達は「すわ鎌倉!!」とばかり出動した。

83 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 21:01:45
頼朝は御家人の忠誠心を試す○×ゲーム大会を腰越で用意して待っていた。

84 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 21:33:20
このゲームに優勝した熊谷直実は賞品のアメリカ旅行を貰い厚木からB29で旅立ちその地で出家した。


85 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 22:23:10
なお、優勝決定戦の問題は「御家人の合言葉は『いざキャバクラ』、○か×か」。直実以外は全員○を選んで泥に突っ込んだのだ。

86 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 00:50:37
なお、その問題を考える為だけに北条家では「御家人忠誠心○×ゲーム大会」準備委員会プロジェクトチームが設立され、15億円の経費がかけられていた。

87 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 01:26:53
ゲームの企画運営は電通と日テレ、司会は福留功男この縁で北条政子が波乱万丈に出演が決まる。

88 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 08:37:19
NHKでは「その時、歴史が動いた」と「プロジェクト×」の製作スタッフも動いた

89 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 11:27:43
終ったな 義元は御中元を持って来た信長に囁いた

90 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 11:46:53
綱吉「倍返しでボーナスを出すぞ、ありがたく土下座でもして受け取れ!ワン」

91 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 12:23:43
温泉とビールが好きな謙信「清く正しく貧しく氏んで逝った信玄にも言い分がある」

92 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 14:13:53
と、横取りした信玄の隠し湯で直江兼継を侍らせながら、暫しの酒色に時を忘れた。

93 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 15:05:44
そこへ島左近がきて「直江殿、囲碁も良いが温泉じゃやっぱ卓球でござろう。」とピンポン外交を始めた。

94 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 19:22:32
しかし信長が持ってきたお中元の中身はチンコケースだった!貞操帯の鍵だせやと叫ぶ信長。

95 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 19:35:30
苛立った信長は辺り構わずピンポンダッシュを始めた。

96 :日本@名無史さん:2006/07/18(火) 22:20:44
お中元のチンコケースがニューギニア産の特注製と知った義元は貞操帯の鍵を信長に渡した。しかし今川館にトイレは無かったのだ。




97 :日本@名無史さん:2006/07/18(火) 22:22:41
                                   : __,,,,,,,,,,yww,,,,、    .l゚“''''z     l゚゚゚゚゚゚》
      :     .,r''',ラx,    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、   .l“゚” ̄:       `゚'i、  .,xネ  .タ--r,#━″ .゙''''=,,
    .,r''”゙”ヘ、 ,l`l ̄'ョ゙ト   |              l    .l:       _、   .]  .l      ll゜  ,,,,,,,,,,,  'l:
   ,r″   .゙'l,,《.゙v,,r゙,ナ   .』     : _,,,,,,,,,,,,,レ    l,yxrr━'''“゚,√   ,ト  .レi、  ,l丶 .l'l|  l━=l″ :l
  .,l°  .,,   .゚!Z=r〃    “''"““゚“゙ ̄″             ,,f°  ,f°   .レ  .ll:  .l`l  ,,,,,,,,,,,,   l
 .,i″  ,l~゚li、   .゙'L                         ,r″  .,l″    .l′ .ll" .,l 】  .'サ''''″  ]
.,,l°  .,√  ゙!i,、  .゚┐                         ,r″   ,こ     レ  .ll" .,l ,l    ,,,,,,,,、.,,l
ぐ  .,√    ゙!i,、  ゙'l=@         : : : : : :      .,r″    .゚'r,,    ┃  ,ll  ..l: 】    `'=″ ゙y
: `'、..,l°     ゚h,   ,ト .l'''''"'““゙゚゚゚“゙゙゙”””””””””l    ,r″  .,,i,,   `'┐  《  `  .゙=l   li、   ,,r″ .,,v-x,
  .″          ゚!i、 ,r° .l             : ┃  ,,/゜   .,r°゚''=@  .゙'┐ `'=x,    ]  ヤ°  .゚'i、 ,,i´,m, ゙K
            ゙″  .l,,yvrr━・''''''““゙゚゚゚“゙゙゙”””`  .゚'v、 ,r"    ゙'┐ .,/   .l′ .セ'!l    .,,ri、  ,ト.l, .《,,,ド┃
                                  `゚V″      `='′    il,,,,_ l′'h,_._,,r''″ ゚!i,,,/゜ ゙=,,,,,,,r″
                                                   ゙”゜  `″    .″  



98 :日本@名無史さん:2006/07/18(火) 22:26:24
左近「幼女!幼女!」とさけぶ左近を尻目に、吉継は三成、清正、行長、正則を睨みつけた。

99 :日本@名無史さん:2006/07/18(火) 22:45:21
しかし吉継はもう目が・・・「氏ねや氏ねっ!清正、正則、逝ってよし」としか言えなかった。

100 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 00:13:32
大谷刑部が手にした百式機関短銃を乱射したところ、徳川本陣の家康の眉間に命中した。

101 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 00:19:27
しかし、実は、影武者だった。

102 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 00:30:49
さてその頃松尾山の小早川秀秋はというと・・・

103 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 01:09:03
買ったばかりの液晶テレビで戦国自衛隊を見ていた。

104 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 22:00:45
「たーはっはっは!」武田四名臣+山本勘助&真田幸隆は大声で笑った。

105 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 22:26:53
勘助に上杉方から「にらめっこ一騎打ち」の申し出があったので特訓中だった

106 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 23:07:44
しかし今日の大雨で千曲川が増水して上杉勢はみな流されてしまうのであった。

107 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 23:31:40
なお、この時、川を割ってキリシタンだけを助けたのはモーゼだった。竹内文書に神代文字でそう書かれている。

108 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 23:56:35
この上杉勢の川流れが後年手取川の大勝利にツナガルのであった。

109 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 00:19:01
青森県新郷村戸来のキリストの墓は実はモーゼの墓だった。竹内巨麿は正しかったのだ。

110 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 00:47:48
日猶同祖論は此処に帰結した。秀吉は約束の地カナンを目指して海を渡るのであった。

111 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 06:07:32
カナンとは華南のことである。

112 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 08:14:49
と、思ったらカンナだった。勘助は大工に転職した

113 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 21:24:04
内藤昌豊と馬場信房もなぜか一緒に大工になった。

114 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 21:47:16
下手な香具師が必死ハムニダ

115 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 22:07:59
そうなのだ、やはりナザレのイエスは大工の家系なのだ。

116 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 22:18:15
徳川家康は禁教令を出し、毛唐と切支丹を徹底意的に弾圧した。

117 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 22:18:42
その後武田弐拾四将の半分がイエスの弟子となり十二使徒と呼ばれるようになる。
                         (山本勘助の福音書より)


118 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 23:22:20
残りの半分は十二神将となった。

119 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 23:46:09
さらにその半分は六本木ヒルズの祖と云われるのは、450年後

120 :日本@名無史さん:2006/07/21(金) 22:56:51
竹内巨麿の竹内文書に、これらはすべて神代文字でかかれている。

121 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 06:39:18
竹内文書には貞操帯の鍵の在処が記されていると聞いた信長は、

122 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 06:51:23
既に吉乃にぞっこんで、濃姫に飽きていたので放置した。

123 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 11:25:47
その頃、毛利・吉川・大友の西国連合軍8万が播磨に上陸、上洛に向けて東征を開始した。

124 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 18:32:24
主力は高杉の奇兵隊と、薩摩の西郷軍である。

125 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 19:45:54
高杉以下奇兵隊員たちはその名に恥じない身なりをしていた。それぞれ股間から伸びた白鳥の首を自慢げにゆすって播州人の度肝を抜いたのである。

126 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 20:04:14
迎撃にはせ参じた会津藩預かり市中見回り新撰組は、隊の法度にのっとり、全員チンコケース着用して参陣した。

127 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 20:36:02
お国訛りのせいで合言葉が通じなかった奇兵隊と西郷軍は同士討ちをはじめた。

128 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 22:24:30
新撰組の面々は敵の内紛を横目に、チンコケースを外して同性愛を(以下略)。

129 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 22:56:45
芹沢鴨に掘られる沖田総司、容保公に掘られる沖田。

130 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 23:43:26
沖田が「止めてください」と泣き叫ぶのに嗜虐心をそそられた二人は、組織のトップ自ら汗水垂らして塹壕を掘り続けた。

131 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 01:53:08
信長「そんな事どーでもいいけど プログラムの一部で迷惑をかけた人に謝れだとさ 光秀、欄干に頭を押し付けてごめんよ〜」

132 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:10:52
光秀「貴方は心から逝っていませんね、ハレルヤを言いなさい!」

133 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:15:10
「はァっ! ほっ、掘れるヤァッ!」

134 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:19:39
ガラシャ「お前は誰だ?」

135 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:35:52
明智光秀「ぬしは、いまでもわしとぉ、ヤレルヤァッ?!」

136 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:42:12
ガラシャ#2「いけませぬ、父上・・・」

137 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:52:21
明石掃部「本能寺はエチィ 早く関ヶ原や大坂の陣カモン」

138 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 03:01:18
木村重成「呼んだ?」

139 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 03:28:56
小早川秀秋 よ、夜、余を呼んだ 関白になっても秀次みたいに キャーお化け

140 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 04:37:08
大谷吉継「布を取るぜ
メドウサ「プ
大谷「君には関係無い
お岩「あら裏飯屋

141 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 08:59:44
明石掃部「幸村さん、そよ風の誘惑とカモン・アイリーンをリクエストします」聴いてる?

142 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 09:10:13
西郷どん「朝敵退散!! 薩摩隼人ん心意気、今こそ示しもさん!!チェストォォォォォ!!!」

143 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 09:50:14
東条どん 爆弾かと思ったら大雨かw

144 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 09:53:53
東郷どん「方位転進1-8-0!!目標戦艦オスラーヴィア!! トーゴーターンでごわす!!」

145 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 13:00:14
西郷どん「同じ西郷でも頼母だべ。白河の関は捨てて、会津のお城で篭城だべ」

146 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 15:00:25
薩摩と長州の内紛は、いつしか奇兵隊の素敵な白鳥の衣装の奪い合いの様相を呈していた。

147 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 19:08:23
芹沢と容保公に責められる沖田の姿は、いつしか新撰組拷問部屋と化していた。

148 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 21:06:41
いかに香具師の質を上げるべきでございましょう?見るも無残で、耐えかねまする。

149 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 21:15:21
宇佐八幡宮の託宣は以下の通りであった。「夏厨を飼い馴らすは鴨川の水を思い通りにするが如きものなり。諦めよ」

150 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 22:14:08
宇佐八幡宮の御宣託を受け政府与党は中高の冬休みは今年度から夏休みは来年度からの廃止を決定。

151 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 22:15:51
曽良「それにつけても金の欲しさよ」

152 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 22:18:29
その頃、ダツオは一気呵成に、シナ大陸をチハタンで打通し続けていた。打倒国民党軍!打倒八路軍!!打倒共産党軍!!

153 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 20:03:51
「チハたん、どの時代で話が展開していくのかな」「うーん。みんなの書き込みで決まるんじゃないかな、お兄さん」

154 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 21:17:13
曽良「それにつけても金の欲しさよ」

155 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 22:10:44
佐久間象山「しりのおおきなおみなほしさよ」

156 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 06:11:26
芭蕉が詠む「とき過ぎて 手折られもせず 女郎花(おみなへし)」曾良が継ぐ「さく間(咲く間/佐久間)もあらぬ 嫗(おみな)なりけり」

157 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 22:24:01
曾良の絶妙の返歌に対して、領民栄誉大賞を授与するかどうかで、小田原城では北条一門あげて、真剣な討議が1ケ月に渡り、議論が戦わされた。

158 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 22:49:13
一行落語か、一行物知り自慢で、別スレ立てたら。

159 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 22:53:25
信長「・・・で、あるか・・・」

160 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 00:01:24
志の低い厨に詠む「手向くるやむしりたがしり赤い花」「秋風やむしりたがりし赤いはな」一茶



161 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 00:35:39
信長「《あさぼらけ安土の城の初いくさ一番槍ぞ森の奥沼》 どうじゃ蘭丸?」

162 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 06:11:30
「《夜もすがら 事に励むは つきづきし おわりの朱槍 めどもたたずに》拙者のメドから出血し、これ以上は公事に差し支えまする」

163 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 13:10:10
芭蕉「夏草や 厨房どもが 夢の跡」 曾良「栗花に 厨房みゆる 陰毛かな」

164 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 13:11:14
芭蕉「夏草や 厨房どもが 夢の跡」 曾良「栗花に 厨房みゆる 陰毛かな」

165 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 19:38:13
蘭丸は愚痴った。「上様ときたら、一晩中突いて後は高いびき。こっちは痛みで眠れなかったというのに、朝からお相手などでき申さぬよ」

166 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 21:15:14
聖将牟田口中将は叫んだ「手がなくなったら足で蹴れ!足がなくなったら口で奉仕してこい!」

167 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 21:23:14
山田が練炭に火付けながら言った「みんな死ね みんなで死ねばいい」

168 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 21:29:03
蘭丸は牟田口の手足を切り落とし、火の点いた練炭で切り口を焼いて止血した後、盛りのついた雄犬を太刀で指し示した。

169 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 22:14:36
「牟田口をだせぇぇぇ!!!叩き斬ってやる!!」佐藤中将は幽鬼の如きガリガリの兵卒を引き連れて抜刀した。

170 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 22:34:05
日本の歌姫が歌う「カルキ 精液 栗ノ花」兵卒たちは東スポの記者の如く昇天して行った

171 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 22:49:57
牟田口曰く「死に場所を与えたんだよ君たちに」「俺はラオスには行かんよ」

172 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 22:53:14
幽鬼の如き神兵達は、歌姫を見て「女だ!!女だ!!女の肉だ!!」と言うとみんなで捌いて美味しく頂いた。

173 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 22:56:49
辻と牟田口と東条の前に生コンたっぷりのドラム缶風呂が用意された。辻「私が先に入ります。」牟田口「いいや私が」

174 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 22:59:58
二人が譲り合う間にもアメーバ赤痢やコレラや栄養失調でバタバタと倒れていく皇軍兵士。白骨街道にはハエが舞った。

175 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 23:00:59
この様では、他所らの板の、リレーと間違いまする、日本史リレーとはなんと?

176 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 23:04:02
今、老人ホームに住まう人達が墓穴まで隠し通そうとしている真の日本史がある。忘れならない真実がある。

177 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 23:17:42
インパールとガダルカナルで散った御霊の怨念がこのスレに書かせているのです。


178 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 23:21:44
まあ今回は終戦特集特別企画編8月号ふろく。

179 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 20:20:22
そして今年も、たった一杯の真水を夢見つつ死んでいった戦友たちのため、硫黄島にお碗一杯の水を供えに硫黄島に出向くのである。

180 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 22:45:15
青島・・・一緒に帰ろう!!

181 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 22:54:27
青島・・・獲補だ!!


182 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 23:05:59
栗林忠道大将「南海の 孤島で果てし 信濃人 血潮は還れ 千曲の河へ」

183 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 23:26:03
第9師団第5旅団第7連隊第3大隊第4中隊第2小隊第1分隊前へー

184 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 00:00:31
極楽・山本の第二の人生はAV男優!?
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/goods/1154012132/

185 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 00:02:48
そこは、桜花隊の宿営地…

186 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 00:08:49
そこに琴の音を奏でる女がいた

187 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 00:17:08
額田女王に違いない…あ、う、歌いそうだ

188 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 01:03:04
なんだ松本零士かよ。姉さん被りの女は額田女王では無いだまされるな女スパイだ。

189 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 16:54:52
どうせやるなら「2ちゃん」全てを潰すつもりでやらなければな 手っ取り早く経済的に乗っ取るとか 法的拘束をするとか


190 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 22:22:27
真田幸村「やあ やあ やあ 遠からん者は音にも聞け!」

191 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 22:28:41
そこにビートルズがやって来て「やあ、やあ、やあ」と挨拶しました。

192 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:01:32
甲斐姫「忍に押入る真田が若侍、わらわが矢の的に果てるがよい」

193 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:01:39
ストーンズは幸村をシカトしてRZで走り去った

194 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:06:40
ロッド・スチュワートはサッカーと女の子に夢中でした。

195 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:11:00
ブライアン・ウィルソンは泳げないので笑えない夏を過ごしていました

196 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:11:27
クィーンは叫んだ「WE WILL!! WE WILL!! ROCK YOU!!!」

197 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:15:48
と白氏文集に書かれていたのでそれらを参考にして紫式部は源氏物語を

198 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:17:15
エンジンの音轟々と隼は行く雲の果て♪・・・かんか交ゆる幾星霜七度重なる感状のいさおの蔭に涙ありあゝ今は亡き武士の笑って散ったその心

199 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:17:36
こりゃだめだ9月までオヤスミ。

200 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:18:12
直立不動で書いた。

201 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:20:51
宮さん宮さん♪お馬の前にひらひらするのは何じゃいな♪トコトン殺レトン殺レトン殺レナ♪

202 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:24:29
というわけで、称徳天皇は道鏡に天皇の位を譲りました。

203 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:31:04
平将門はその位を100ギルで購入した。

204 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:34:33
プリンスのあのマーク(紋)失敗だねw ま、終った話さ マーク・ボラン

205 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 23:53:12
「新皇」なんて名乗って違う事を始ようとしても体質的には古いのさw 藤原純友

206 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 00:06:48
信長「そーいうめぃよ。わしなんか第六天魔王だぎゃ。」

207 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 00:11:08
一行リレー歴史小説は2ヶ月遅れで歴史上の人物になって前の人に一言を完全コピーしている 聖徳太子

208 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 01:24:50
紅三四郎の奥義金粉日輪 そんな事言わないでお菓子くれない?くれない三四朗ー走れバイクよーくれない号よ

209 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 02:14:14
エルビス 牛肉 冷たくしないで♪

210 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 02:28:37
夏目漱石 氏ぬまで愛して 骨まで愛して?

211 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 02:49:40
アインシュタインの予言 富士山大好き 人力車嫌い

212 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 08:50:11
さて話は遡るが、長屋住まいの松平某は、ウンコしたとき大事な着物にウンコを付けてしまった。

213 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 08:55:24
暫く見ないうちに荒れましたね・・・香るは小便、寺子屋がよいの鼻垂ればかり。

214 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 10:28:58
明智光秀「信長は仕えにくい人でしたが心がオープンなんだよね」

215 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 12:11:28
徳川家康「撃て」オノ・ヨーコ「オー・ノー」

216 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 12:55:47
ただちにチハ車は蹂躙を開始した。殺しつくせ、焼き尽くせ、奪いつくせ、これ三光なり

217 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 14:11:01
一橋派を謹慎せろと井伊大老が言うが

218 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 16:24:21
住人のレベルがかなり落ちましたね・・・香るは小便、寺子屋がよいの鼻垂ればかり。


219 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 16:28:29
そりゃあそうさ。夏は蝉と厨の季節だもの。

220 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 16:34:46
と芭蕉が言い、曾良「それにつけても金の欲しさよ」

221 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 16:53:55
安心しなさい曾良、行く末はこの蝉のような物とて金となる、廚の臭いなど一時の我慢じゃ

222 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 17:50:30
芭蕉「曾良みたか 厨が屁をする 尿をする」 曾良「そらそうだ」





223 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 17:54:00
「あんたたちゃまだ田舎ん俳句好きん金持ちばだまくらかして、まだそぎゃことばっかつしょつとね!」ばってん荒川が怒った


224 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 18:16:31
荒川(誰?)の襲撃に、例のごとく芭蕉は疾風の如く逃げ、曾良は一人取り残された。

225 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 19:44:58
伊達政宗 俺のオナペットT.Rex


226 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 19:52:51
曾良は一人で詠んだ。「閑かさや 岩に染み入る 厨の声」

227 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 19:55:39
守るも攻めるも黒鉄の浮かべる城ぞ頼みなる 浮かべるその城日の本の皇国の四方を守るべし


228 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 20:11:47
芭蕉は日光まで逃げた。「暫らくは スレに籠るや 夏の厨」

229 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 21:46:40
盛んな虫も季節しらず。 芭蕉に泣いてもならずもの。さみしーのー。

230 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 22:46:54
石炭の煙はわたつみのたつかとばかり靡くなり弾丸撃つ響きは雷の声かとばかりどよむなり万里の波涛を乗り越えて皇国の光り輝かせ


231 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 22:55:00
昔、セミが鳴いている所に大砲を撃ったがセミは相変ず鳴いていたそうな

232 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 23:22:02
自分が蝉と言う螻蛄

233 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 23:38:19
芭蕉「むざんやな かぶとのしたの なつのちゅう」


234 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 00:03:30
夏の厨、行く先見えず、爺痴虫、雨の行方に、一喜一憂

235 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 01:04:54
我と来て 遊べや 親の ない舌切り雀

236 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 02:28:54
「引用で、ごまかす雀、空知らず」だれか雀の世話をたのみますよ。

237 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 07:47:16
「やれ打つな 厨が手をすり 足をする」。発句や歌はストーリーの味付け程度が良いのでは。

238 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 10:11:02
勝って来るぞと勇ましく 誓って故郷を出たからは 手柄たてずに死なりょうか 進軍ラッパ聴くたびに瞼に浮かぶ旗の波

239 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 10:12:15
土も草木も火と燃える 果てなき広野踏みわけて 進む日の丸鉄兜 馬のたてがみなでながら 明日の命を誰が知る

240 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 10:13:42
弾丸もタンクも銃剣も しばし露営の草枕 夢に出てきた父上に 死んで還れと励まされ さめて睨むは敵の空

241 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 15:31:56
マッカーサー「アーイシャールリターン!」

242 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 16:45:13
高級娼婦の最高の接待を受けたマクアアサ将軍は、至福の笑みを浮かべながらそう言った。

243 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 17:24:42
アーサー王は背中におんぶしている赤ちゃんに「重いかい?」と聞かれたので「そんな事ないよ」と逝ったら「今に重くなるよ」と云われビックリ。

244 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 17:58:47
一方、ヴィクトリア女王はサンドイッチを食しながら腕をまくりスペードの女王とサシで3.7.1のカードで対決していた。

245 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 18:03:25
日本史にまったく関係しない人物たちはさすがに粛清の対象となった。

246 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 18:05:06
あの世からこの世を見てた信長は落涙(泣)

247 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 18:12:50
泣くな、男は背中だぜよ と上杉は信長を励ました。

248 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 18:21:08
ケツ毛が多いので,ウンコをすると,毛にからみます・・・

249 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 18:27:16
毛深そうな戦国大名ナンバーワンの武田信玄は、ケツ毛の多さに悩んでいた。

250 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 18:58:47
ヒゲを生やしている人も鼻をかむとヒゲにはなが乾いて見苦しい場合がある

251 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 19:07:20
信玄は糞をひると尻毛に糞が乾いてかぐわしいことさえあったのである。

252 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 20:31:28
「剃毛しよう!」と信玄は決意した

253 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 20:45:48
信玄は恋人の高坂昌信を呼んでお互いの毛を剃りあった。ここに二人の偉大な剃毛思想家が誕生したのである。

254 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:15:12
しかし坂本様、この暑さに一段と熱風吹き込む、壮絶な過去レスでございます。南蛮人はCOOLを好むそうですが、また日本人とも違う人種かもしれませぬ。

255 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:20:53
直江兼続ですが、ここに来たのは衆道とか、陰間茶屋で検索して引っ掛かったからではありません。

256 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:39:55
グラヴァー「オテツダイ、シマショウカ?」

257 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:49:34
ここは御国を何百里 はなれて遠き満州の赤い夕日に照らされて 友は野末の石のした



258 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:50:21
思えば悲し昨日まで まっさき駈けて突進し敵をさんざん懲らしたる 勇士はここに眠るれるか



259 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:52:29
ああ戦いの最中に 隣にいたこの友の俄にはたと倒れしを 我は思わず駈け寄って軍律厳しき中なれどこれが見捨て置かりょうか


260 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 22:55:26
ここのじじぃくさいやつ つまんねぇな 馬鹿は死ななきゃ直らない 

261 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 23:53:21
でも、細川ガラシャと清原マリアは自殺はダメと、じじぃ臭い奴に説教して洗礼までしてあげてキリシタンにしてあげたそうな。

262 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 02:29:38
割礼もお願い♪ここサービスいいねえ

263 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 06:19:36
割礼するつもりが勢い余って去勢してしまった。どう見ても>>257-259は連投のため、処置者が怒りに震えていたことが最大の原因であろう。

264 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 12:32:19
そしてオカマという道を選んだ

265 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 18:58:03
しかし、男色好きの信玄でさえ歯牙にもかけなかった。

266 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 22:09:22
震源は(*)または(\♂)の近辺とみられ、歯牙にはかかってなかったもようです。

267 :日本@名無史さん:2006/08/01(火) 22:39:22
信玄が相手をしないため、困ってしまった謙信は直江で用を足した。

268 :日本@名無史さん:2006/08/01(火) 22:57:50
その横を、都を追われて落ち延びる義経主従

269 :日本@名無史さん:2006/08/02(水) 22:39:34
その横を、諸国漫遊にそぞろ歩きの水戸のご老公一行


270 :日本@名無史さん:2006/08/02(水) 22:43:03
関所を通過しよう猿芝居を続ける義経主従に、謙信は優しく冥途への通行手形を渡そうとしたところ、

271 :日本@名無史さん:2006/08/02(水) 22:52:08
ベスビアスの招待券を渡してしまった

272 :日本@名無史さん:2006/08/02(水) 23:05:42
「浴衣で来たら、ここ 蚊に刺されちゃった」と義経にうなじを見せる弁慶

273 :日本@名無史さん:2006/08/02(水) 23:25:09
「そんなのツバつけておけば治るよ」隣の桟敷席でスイカを食べていた信長がタネをペッと飛ばしながら教えてくれた。

274 :日本@名無史さん:2006/08/02(水) 23:44:21
今晩は、由美かおるです(諸国漫遊にそぞろ歩きの水戸のご老公一行もよろしくね)。

275 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 01:58:13
徳子さんからのメッセージ花火です「来年は一緒に行こうねと言ったのに約束を守れなくてゴメンね、お空の特等席で見ていてね。安徳ちゃん、生まれて来てくれてありがとう!」ドッカーン

276 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 02:18:32
義経「次は大曲のの花火か…別に頼朝から逃げているのではないぞ」。

277 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 02:33:40
北条政子 騙るに落ちたのね 氏ね源氏。

278 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 02:46:02
私の源氏名は、橘薫子。文句あっかー

279 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 03:26:53
花火や夏忘れが終った後に感じるあの雰囲気・・・少し好き

280 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 03:48:30
期待したヨーロッパ式の花火は無かったのでみんなで赤いロウソクをいつまでもながめていました

281 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 04:33:11
インドですがターメリック風ガンジス川水中花火映画いかが?

282 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 07:29:06
マハラジャ「ラジャー!!」ラジャラジャマハラジャ♪

283 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 07:45:10
項羽:ラーメンとカレーどっちが美味しいのか・・・悩む
劉邦:俺は冷やし中華と桃太郎だな

284 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 09:16:27
チャンの来襲に、遂に北条時宗は立ち上がった。博多湾岸署に緊張が走る・・・

285 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 10:42:33
立ち上がった時宗はそのまま厠へ向かって歩いていった。博多湾岸署に失望の声が上がる・・・

286 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 10:56:33
しかし厠には、小西行長、島津義弘、加藤清正等の精鋭達が半島逆上陸Dディーの為、控えていた。

287 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 13:26:38
後醍醐天皇「教育を受けた高氏がどのように教養ある国民にこんなバカげた時代を続けさせるが出来たのか?正成、原稿用紙一行以内で的確に述べよ」。

288 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 13:31:05
楠正成「し、知らんがな・・(この連中と付き合うとロクな事ねーな)」。

289 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 13:52:41
佐々木道誉「猿者は追わず、来たる者は日々に親しむ?そーせい」

290 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 14:14:36
豊臣秀吉:きりのない戦は頭がイタイ証拠、まるでイスラエやめろ!以下りy

291 :石田治部:2006/08/05(土) 14:37:30
とりあえず、忍城みたいに水攻めにしちゃいましょう。

292 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 14:38:16
石田治部:とりあえず、忍城みたいに水攻めにしちゃいましょう。私にお任せください!

293 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 15:33:24
史実どおり、石田光成は自軍を水攻めにすることに成功した。

294 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 15:52:38
小田原城では石田勢の自爆についてどう対処するか、北条一門上げて激しい議論がたたかわされた。

295 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 16:24:55
光成は失敗をバネに画期的な戦術を提案した。利根川などの水で関東一帯を水攻めにすれば北条方は全滅するというのだ。

296 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 16:30:28
田所博士は言った「関東は一気呵成に沈んでいくんだぁぁぁぁ!!!」

297 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 16:46:50
困ったことに、関東以外の人間たちは狂喜乱舞した。その原因は永遠の謎である。

298 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 18:47:22
小田原城ではその姿をみて、「愛される郷土関東づくり」「哀は東京を救う24時間企画」について、北条一門上げて激しい議論がたたかわされた。


299 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 19:31:39
氏直が厠に立った時、後ろからついてくるものがいた

300 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 19:43:01
風魔小太郎「お尻拭きましょうか?」

301 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 23:04:52
北条氏政「オレ、温泉に入るとオシッコするんだよね。あと海でも」

302 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 23:13:23
武田信玄:無礼者!ワシはあの隠し湯を毎日楽しみに飲んでいたのだぞ!どうりで余はしょっぱいぞ!

303 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 23:26:50
高坂昌信「アーーーーーッ!アーーッ!アーーーーッ!何か今日の親方様は不機嫌。何で?でも快感!もっと・・・」

304 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 00:20:52
実は、蘭丸に飽きた信長だった・・・

305 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 00:31:42
安田作兵衛「アーーーーーッ!蘭丸めッ!そこを狙うか?俺の俺の大事なモノが・・・・」

306 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 00:39:27
本当に大切なものは、目にみえないものなんだ・・・わかるか?

307 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 00:44:22
「やめいっ!衆道は余の専売じゃ!」そこには将軍・家光の姿が…

308 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 00:57:49
御簾の向こうで、ほくそえむ上皇。

309 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 01:17:50
「この世をば、遊びをせむとや生まれけむ、戯れせむとや生まれけむ」と人間将棋をする法皇さま。

310 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 02:36:32
実朝も殺されたみたいだし、暇なので鎌倉の義時追討の宣旨を下してみた。まぁ、軽いジョークだけど。本気にする奴いないだろ。

311 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 06:20:43
北条義時は単純なので、泡を吹いて怒り狂い、京を水攻めにせよとわめいた。

312 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 10:03:35
小田原城ではその命令を受けて、「愛される郷土関東づくり」「第17次上洛軍」の両立に向け、北条一門上げて激しいパネルディスカッションが行われた。


313 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 10:38:07
と執権北条氏と、後北条氏の区別もできず高等小学校で落第原級留置を何年も繰り返していた田吾作は

314 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 10:59:20
淀川の水を利用すれば琵琶湖を南西方向の山城国中央にまで拡張できるという画期的な提案を示した。

315 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 11:13:17
田吾作は大阪湾の海水が淀川を経て宇治川に至り琵琶湖に注ぎ湖を形成していると思い込んでの提案であった。多分今年も落第。

316 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 12:31:44
田吾作は落第の腹いせに御真影奉置所の天皇・皇后の写真の額に肉という字を書いたらしい、その意味は不明。

317 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 13:01:19
田吾作提案はその後日本海・琵琶湖・瀬戸内横断運河プロジェクトとして再評価されている。

318 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 15:07:32
小田原城ではその提案を受けて、25億円の資金を計上し、プロジェクト顧問として12人の天下りを選定する事で北条一門全会一致で即決した。

319 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 15:27:07
田吾作は畿内の治水に口を出す小田原のバカさ加減に呆れ、学門に専念し誰もが知っている著名な政治家へと

320 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 15:35:05
なお、田吾作がこの作戦を立案したのは、京でぶぶ漬けを勧められたため家に上がりこもうとすると、嫌味を言われて追い返された経験があったためとされる。

321 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 15:47:26
田吾作は、徴兵検査は丁種不合格。お茶付けよりもおにぎりを好み、傍目には版画家と見せ掛けながら裏で隠密活動を

322 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 15:50:33
「変態さんの位で言うと、ろろろ露出狂くらいなんだな」

323 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 15:59:46
今日人類が始めて木星に着いた(着いたぁ!)とドラムを叩いていたのは別人らしい。

324 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 16:26:43
東広島一行リレー つまんね

325 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 17:44:36
これから>>324が面白くしてくれるらしいぞ。

326 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 19:24:51
京都でさかさほうきされてぶぶ漬けを食い損ねた>324は琵琶湖に向かってこう叫んだ「二度と来ないぞ」



327 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 19:28:26
そのころ、丹波山中で牛の乳から醍醐を作り修行に励む男がいた。

328 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 19:37:50
聖将、牟田口廉也中将その人である。インド人は今も彼を神と崇拝している。

329 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 19:41:27
その男こそ京を追われた>324であった。苦節30年中国の古書を参考に醍醐が完成した。



330 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 20:18:22
>>324=牟田口廉也
この方程式を発見したアインシュタインはその夜、禿しく近所を行進する。

331 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 20:40:12
「えー牟田口?」「牟田口が許されるのは終戦までだよねー」「キャハハ」

332 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 21:00:46
>324は完成した醍醐を皇室に献上したが陛下は即座に「これを直ちにインパールにの兵達に送れ」と言われた。


333 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 23:00:55
ガ島では一木支隊が、ジャングルの泥水とトカゲを食しながら援軍を待っていた。

334 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 23:25:50
三川中将は、重巡鳥海、青葉、衣笠、加古、古鷹、軽巡天龍、夕張、駆逐艦夕凪からなる第一次ソロモン突入艦隊に>>324を乗せ出撃した。サボ島沖海戦の始まりである。


335 :彼都:2006/08/07(月) 02:20:00
ここは日本史の一行リレーかな?

336 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 05:39:11
三川中将は夕凪の魚雷発射管に>>324を装填し、発射した。>>324はそのまま敵艦に辿り着き、放屁による気泡で敵艦を包んで浮力を奪い、沈没させた。

337 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 09:54:55
こうしてガ島に遊弋していたアメリカ艦隊は日本帝国軍の毒ガス攻撃で被害甚大になり、国際法違反だと非難されることに・・・

338 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 19:37:02
「アメリカさんよ〜!藻前の方が国際法違反だらけぢゃん!」と開き直る聖将・牟田口

339 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 19:44:03
以上は、尋常小学校3年生を4回落第している斧衛門の独り言であった。小学4年は遠きにけり。

340 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 20:14:35
聖将・牟田口は>>339を久我山陣地の試製15センチ高射砲に込めて発射した。>>339の放屁によるエンジン過燃焼により、4機のB29が撃墜された。

341 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 20:28:27
ドゥーリットルは「こりゃ、ドゥーナットルんじゃ。」と叫けび、急激な寒冷前線を呼んだ罪で更迭された。運命のアルデンヌの森には雪が降り出した。

342 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 20:43:33
学校にも通えず仮名しか読めない与助ですら、オラみたいな百姓の方が、まだ学があるんべなと上の奴らを見て思った

343 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 20:51:30
上から棒立ちの百姓をみつけたアベンジャーが帰りがけの駄賃に機銃掃射をかけていった。

344 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 20:59:45
しかしそこに魔界転生した土方歳三が現れ、アベンジャーを一刀両断

345 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 21:09:24
虎徹ではなかったので、刀が折れた。おそるべし南蛮鉄!!

346 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 21:14:10
百姓達が続々と鍬鎌片手に八幡神社に与助どんの敵討ちじゃ!!!総勢68名もの村集が集った。

347 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 21:17:24
20名の一向宗もそれに加勢した。

348 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 21:17:46
4機のB-29を撃墜した牟田口は「流石、聖将天晴れ」と家康から500石も知行を加増されてた。

349 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 21:24:56
墜落した米兵達を虐殺解剖したジュネーブ条約違反の罪で、68名の村民は並べて絞首刑にされた。

350 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 21:30:29
ニートの都井睦雄は敵討ちに参加しなかった。しかし、翌年伝説の牟田口&米兵30人殺しをやるとはこのとき誰も

351 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 21:31:01
と思われたが、土方はまだ諦めていなかった

352 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 21:40:01
土方と近藤に借金返済を求められた金嬉老は、その場で射殺し寸又峡温泉に立てこもり剤に在日差別反対と騒いだ

353 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 22:37:22
金嬉老のシンパたちはキンキキッズと呼ばれた。

354 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 22:52:43
しかし土方は次の策を練るため

355 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 22:57:49
只今!東広島プラム臭が発生!臭気占拠率90%、常人は近寄らないように。

356 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 00:43:24
>>355を部下にして策を練っていた。

357 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 06:59:27
スキヤキ

358 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 13:20:36
何じゃこりゃ どんなもんじゃい と 亀田八百長守がさけんだ。

359 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 18:21:16
具志堅もガッツ石松も、ボクシングチャンピオンの名は地に墜ちたと嘆いた。

360 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 20:49:59
家斉は、小野川と谷風の相撲を上覧した後に、亀田の試合を見てボクシング界を改革する事を決意。寛政の改革に加えた。

361 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 21:03:35
改革後のボクシングは「拳で殴るのは禁止、すべて突っ張りで行う」というものであった。

362 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 21:10:38
のどわの禁止は、陣幕に立ち合い一気ののどわ攻めで敗れた雷電とスポンサーの電通の企みであった。

363 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 21:21:08
その報を聞き、市中引き回しの最中であった重信房子は両手の親指を立てて群集に歓喜のアピールした。

364 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 22:41:43
いいんだよ。視聴率さえ取れれば、何してもいいんだよ。貧乏ボクサーを買って来い!お茶の間の無能な客はヒーローが好きなのさ。わかる?

365 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 22:55:30
と韓国の金龍飛から朝鮮戦争時に父親を殺して食糧を奪った過去を聞き、矢吹丈は戦闘意欲を無くしたのであった。

366 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 22:57:58
「立つんだ!ジョー。」と>>64の信長は思わず叫んだ

367 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 23:17:36
矢吹丈はつっぱりが下手だったのだ。

368 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 23:17:51
力石は自ら地獄へ入り、妙な友情を守り通して死んでいったんだ。金のように地獄をひけらかすまねはしなかった。それを悟ったジョーは金をリングの外にパンチで叩き落とすとともに、情と武士道のわからぬ浅はかすぎる信長に失望した。

369 :松平定知:2006/08/08(火) 23:33:40
その時…
歴史は…
かわった…

370 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 23:35:04
東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭

371 :雲助:2006/08/08(火) 23:50:34
お願いですだぁ、殴らないでくだせぇ。雲助の願いは虚しくも天に届かなかった。

372 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 00:06:09
平敦盛は熊谷直実に討たれたあと、神の気まぐれで「あの頃へ忘れ物を取りに行こうってことで新撰組に参戦して運命を変えろ!」と言われて幕末へ飛ばされて来た。
「ここはどこ?」と混乱してると沖田総司が通り掛かった

373 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 00:06:37
東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭

374 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 00:28:18
此処まで来た人はふりだしに戻る。>1を良く読み再挑戦。以下同文。


375 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 00:40:45
ウィンドウサイズを小さくして文字を大きくしたら>>374は2行になった。>>1をよく読めとわけわからないこと言う後朱雀天皇。

376 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 01:24:09
だから?

377 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 17:26:46
1600年に関ヶ原にて東西選抜甲子園をします

378 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 18:14:18
田吾作は関が原を夢見て必死に練習をしていたが、侍仲間がキセル煙草を吸っているのが大番頭に見つかり泣く泣く

379 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 20:01:17
主将は西は元豊臣のエース的存在であるピッチャー石田三成で対する東は苦労を背負っての頑丈な狸キャッチャーの徳川家康だった。

380 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 20:06:35
秀吉から命じられたキリシタン弾圧を手を抜いたり朝鮮撤兵した茶人かつ知識人と、田舎荒くれ武者との戦いか。

381 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 20:11:50
その頃、家康は選手を増やすために各地域に賄賂を送っていた

382 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 20:47:32
薬の調合マニアである家康から贈られてきた賄賂は、家康自らブレンドした長寿のための薬であった。

383 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 21:38:22
家康の頭から刀が飛び出しカブトムシになった

384 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 21:46:52
ウェスタンは1番ピッチャー三成、2番キャッチャー西郷どん、3番ファースト坂本竜馬、4番セカンド毛利元就、5番サード平清盛、6番ショート加藤清正・・・監督は「神」こと神武天皇。

385 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 21:58:28
ウェスタンの7番レフトは桂小五郎こと木戸たかよしで8番ライトは真田幸村

386 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 21:59:49
残念なことに雨天中止になり

387 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 22:12:59
>>385センター服部半蔵代走、沖田総司

>>386雨の中東西全員(代走)でバットなどの何でもありの喧嘩大会が始まった

388 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 22:51:18
この一番くだらないシリーズ止めを刺すべくある組織が結成された

389 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 23:04:14
イースタンは1番ピッチャー家康、2番キャッチャー北条政子、3番ファースト松平容保、4番セカンド伊達政宗、5番サード土方歳三、6番ショート本田忠勝・・・監督は「新皇」こと平将門。


390 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 23:09:42
ウェスタンの9番センター秀吉、DHで楠正成かなぁ・・・

391 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 23:22:23
ウェスタンの7番レフトはアテルイで、8番ライトは足利尊氏、9番センター榎本武明。

392 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 23:30:57
その組織とは中日セントラルである。1番ピッチャー蘭丸、2番キャッチャー信長、3番ファースト謙信、4番セカンド光秀、5番サード信玄、6番ショート勝家・・・監督は倭武命。


393 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 06:42:23
おわる?

394 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 13:41:06
しかし戦いは始まってしまった

395 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 21:03:16
石田光成が素晴らしい奇策を提示した。「関が原を水攻めにすればコールドゲームで手っ取り早くケリがつきますよ」

396 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 22:28:29
そこに土忍と火忍が「僕達失業なんでか?」と泣きながら訴えてきた。

397 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 22:31:52
しかし朝廷が「脳内試合制」を宣言したおかけでコールドゲームは幻に終った。

398 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 22:39:20
ことごとく策が失敗する三成

399 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 22:49:07
夏草どもが夢の跡。野球も廃れ。時代の興味は雷電と小野川の相撲に移っていった。

400 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 09:25:21
相撲こそ、既にモンゴル・ウクライナ・ロシアの国技である。2008年には世界相撲協会によるWSC(ワールドスモウクラシック)第一回大会の北京開催が決まった。

401 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 09:40:07
千代の富士の九重が委員長で板井と逆鉾が運営委員と聞き、琴欧州は勝ち越しぐらいは出来る事を確信した。

402 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 11:55:08
しかし世界の壁は厚かった。九重ジャパンが大敗北を喫するこの場所を人々は「北京の悲劇」と呼んだ。


403 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 12:50:12
一方、亡きフビライの意思を継いだモンゴル力士軍団は着実に日本侵攻を遂行していた…

404 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 13:05:00
その一方で、相撲でなら最強をアピールできると曙が大喜びしていたのは特筆に価する。

405 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 14:57:10
雪の曙さまぁ〜カコイイと、14歳で後深草院の子を身篭った二条はガキを捨て、雪の曙との関係もそのまま続けた。

406 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 19:06:09
肉の曙こと曙太郎は自分が褒められた気がしてニヤケている。

407 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 19:24:53
しかしそこに「三顧のダウン」を喫したチェ・ホンマンが通りかかった・・・

408 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 20:15:12
金龍飛はジョーに言ったのと同じく、朝鮮戦争時に親父を殺して食糧を奪った不幸自慢話を亀田に話したが

409 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 20:34:00
お互いの名前が金玉と亀頭にちなんでいることに気づき、無二の親友となった。

410 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 20:58:17
亀田の初防衛の相手は運慶作の奈良東大寺の金剛力士立像に決まった。相手は棒立ち、亀田は勝てるだろう。

411 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:29:31
石井館長も参戦を表明し 対、立像策として推す方が良いか敲く方が良いか困っていた。

412 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:32:34
しかし亀田は金剛力士像の形相の恐ろしさに戦意を喪失していたため、「国宝殴ったらあかんやろ」などと言って逃げようとした。

413 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:39:19
金剛力士立像は倒れることなく12ラウンド耐え抜いた。亀田は最初のラウンドで力を入れすぎてダウンした。判定はいかに。

414 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:45:03
判定:大仏(金剛力士像) 鹿(亀田) 正岡子規の碑(亀田) 2対1で分かれたが亀田は防衛に成功した

415 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:45:18
しかし突如、金剛力士像は動き出した。あばれんぼう星人・おこりんぼう星人だったのだ!! (特徴:つよい・おおきい)

416 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:53:55
次の対戦相手はランキング的には鬼が島の鬼のはずであったが、なぜか桃太郎の家来のキジと戦うことになった。

417 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:57:22
スリキリギリス星人
特徴:シクシク泣くので見つけ難いが、おとなしいので捕獲は容易。

418 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 22:03:10
その桃太郎は、まだ爺さんと婆さんが桃を食べ若返ってセクースしてないので生まれてなかった。

419 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 22:09:53
そこで辰吉の登場ですよ

420 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 22:14:33
辰吉は山城の国一揆の先頭に立って畠山氏と戦っていたのでそれどころではない。代わりに、やくみつるが

421 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 22:20:06
郡司さんの採点では真空跳びヒザ蹴りの勝ち

422 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 22:27:58
亀田の親父は、やくみつるを挑発しようとヘロインやコカインなどのヤクを持ち出し、豚箱に放り込まれた。

423 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 22:38:02
激しい拷問の末、池田屋で密議が行われる事を吐いてしまった

424 :ボンクラ:2006/08/11(金) 22:47:04
そして    http://hp26.0zero.jp/603/BONKURA/


425 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 22:55:58
池田屋では志士たちが、新撰組の派手な格好について揶揄する高札の文面を密かに議論していた。

426 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 23:06:03
話が難しいのでついていけず、こっそり抜け出して宮川町の陰間茶屋に遊びに行こうとしている斎藤一を

427 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 23:44:08
新撰組屯所の土蔵へ押し込めて、同好雑誌「さぶ」への投稿写真を撮影した。

428 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 02:44:42
ここ鍾乳洞)淀、ぬるぬるして気持ち悪。大野治長、千をよこせ ヒヒヒ 伏せ姫曰く

429 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 03:50:51
「琉球人どもよ、悪徳 基地不動産賃貸業でボロ儲けするな! そのうち天罰が下る (ヘリが墜落する) ぞ」と。

430 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 04:14:57
ココで終了

431 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 07:18:54
こうして厨たちの夏は終わったのである。

432 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 07:46:08
静かなるドン (終りの歌) 情けない男でゴメンよ・・・終らない祭り♪

433 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 07:51:58
信長「また、逢おうぜ!であるか」

434 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 08:18:31
光秀「チェストー!!!みたいな」

435 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 08:25:26
>>434光秀はダ薩摩の田舎者だったらしい事が判明した。

436 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 08:31:00
真田幸村 言うたろか たった1・2度勝った位でイイ気になったらあきまへん

437 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 08:42:57
徳川宗春 吉宗の時代 早よ尾張れや 長いパイプを吸いながら言いました。

438 :田吾作:2006/08/12(土) 08:52:20
>>436の太郎衛門どん、>>437長助どん、そんな大層な方の名前を騙っているとお上に目をつけられますぞよ。ほら、畑に行くぞ

439 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 10:37:03
信長:下の畑に青春18切符が落ちていたので銀河鉄道に乗ります 光秀、いつまでも一緒に逝こうな お市:雨雪とてきてけんじゃ

440 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 10:49:18
上杉:いいから休め!とか言われて何か閉じ込められるのはイヤだな。俺、体動かすの好きだし

441 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 12:19:39
俺、武田信玄。肖像画は俺じゃなく俺が画いたんだよ上手いだろ
       こんな才能もあったのに体弱いんだよね
       三方ヶ原で一回勝っても意味が無いのは自分がよくわかっている
       だから結核になっちまった
       でもこれは遺伝さ 仕方ないね 運が悪いこの僕
       そう思わなければ親を恨む事になるからな

442 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 12:27:50
昭和天皇「お盆でおじゃりまする」天下泰平・市民平等

443 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 12:49:49
哀子「あたしが天皇になれないのは、おじいちゃんのせい?」

444 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 13:06:02
後醍醐天皇「足利尊氏のせいじゃ 全部アイツが悪い このアホアホアホ 恨みます」

445 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 14:45:06
こうして厨の夏はまだまだ続くのである。

446 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 15:15:40
目が覚めると、ゼロ戦に乗って真珠湾奇襲に参加していた

447 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 16:33:29
敵はしかしホーネットとイーグルである。現有機に勝てないよ。

448 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 18:48:49
しかし諸葛亮の策により

449 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 20:11:01
レミ・シュライネンSS上等兵を投入。彼は牽引していた88mmFlaK41L/74高射砲で神業的超高空精密照準射撃を行い、瞬く間に10機のFA-18を食っていた。

450 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 23:15:24
ブルーな日本海を前にシーボルトが日本地図を

451 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 23:45:06
燃やしながらうすら笑いをうかべていた

452 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 00:07:17
「何をする!せっかく作ったのに!」と怒る伊能忠敬

453 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 01:38:13
「我が苦労
存じぬ者に
炎なり」

と松尾はじょうが一句よんだ

454 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 08:20:16
レミ・シュライネンSS上等兵は、88mmPaK18高射砲を水平射撃でシーボルトを撃った。国家社会主義労働の勝利である。

455 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 09:11:50
こうして、民衆の疫病予防に尽力したシーボルトを撃つ様な無知な社会主義者を取り締まるため治安維持法が制定された

456 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 09:15:45
壬生浪士組である

457 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 09:34:32
北里柴三郎も先頭に立って治安維持法制定に尽力したのだ。

458 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 09:52:11
その頃、森林太郎は脚気菌を生物兵器として利用する研究に没頭していた。

459 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 11:21:14
731部隊では水虫菌爆弾・梅毒ガスの製造開発に成功していた。

460 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 11:52:22
のもつかの間、終戦を迎え

461 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 14:32:26
信長「こうしてバカ騒ぎをしても無事に酒が飲めるのも結局アメリカのおかげだな」
光秀「日本が負けて良かったなんて言いぐさはねーだろ!」
ほろ酔いの信長「えっ?いやいや・・・」

462 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 19:32:02
目が覚めるとイラクにいた

463 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 20:12:11
中継リポーターの>>462さーん?

464 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 20:41:17
今、首狩りの最中なので、でれません。だれか助けて!おかーさーん!

465 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 21:48:44
ぐぉ、ぼっ、べぎゃ.....

466 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 21:54:52
政治家の「遺憾」とドキュンの「♪」は同類なのだ。

467 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 22:04:05
「スレが迷走していることは誠に♪なことと認識しております」

468 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 22:17:25
「スレ荒れでも良い哉良い哉」とのたまう聖将・牟田口であった

469 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 23:13:32
聖帝サウザーはニセ十字を大くるす南十字を小くるすと名付けた

470 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 23:21:28
宮本武蔵は日本史とは関係のないキャラを十文字に切り裂き、その技を「ブチころす」と名付けた。

471 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 23:29:13
その頃、桜島でコンサートしていた長渕は自分が喧嘩売られたと思い武蔵とリングの上での決闘を申し出た

472 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 23:34:44
佐々木小次郎はツバメ返しで突っ込んだ(武蔵、そんなに勝ちたいか?藁)

473 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 00:27:24
上杉は大カブらの車がかりでホット・ケーキになりました 甘粕は法螺貝を吹いて無事帰りました

474 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 00:38:15
山県昌景 気違いほど怖い者は無い

475 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 00:46:28
石川五右衛門「小せい、ちいせい」武田「こら!」柿崎「わー逃げろ」

476 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 00:56:22
ちびっこの山県「川中島と長篠の先手ですが何か?」


477 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 14:26:08
日本史厨はどうも背が低いらしい。

478 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 14:42:19
小日本♪

479 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 18:34:00
るせいチャンコロ!

480 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 00:03:29
>479はお椀の舟に箸の櫂で旅に出た。さて打ち出の小槌を手にいれることが出来るのでしょうか?


481 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 10:17:44
と、思ったらうちでの小槌をいきなり手にいれ

482 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 14:37:03
ますます小さくなりましたとさ、めでたしめでたし。アッチョンブリケ。

483 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 15:12:10
小さくなった>>479は憧れの女子高のプールの更衣室へと向かったが、

484 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 17:41:34
そこでイジメを目撃してしまった、と言うよりあれはリンチだね。

485 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 19:39:49
忍城攻めで自軍を水攻めにして大戦果を挙げた石田光成に、秀吉が褒美の折檻を与えていたのだ。

486 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 20:00:23
大谷行部「この男と共に天下分け目の大戦さを戦うことになろうとは、この時、わしは思いもしなかった・・・」

487 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 21:07:18
石田光成「この男に膿汁入り茶で汚物プレイを堪能させてもらえることになろうとは、この時、わしは思いもしなかった・・・」

488 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 22:12:35
秀吉(ヒデキチ)は光成(ぴかなり)・行部(いくべ)の誤りを修正しなければと焦った。

489 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 22:12:55
石田・大谷の言行録について疑義ありという甲斐姫の提案により、小田原城では北条一門あげて議論が戦わされた。

490 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 22:24:29
小田原に向けて、キングジョージV世を初めとして、アメリカ戦艦隊は40分にわたって威力艦砲射撃を行った。

491 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 22:38:22
が、武田騎馬軍団の活躍により

492 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 00:03:45
馬が40サンチの艦砲に勝てるわけなく敢え無く全滅ついでい後北条も全滅。


493 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 00:16:29
北条氏の残党は甲斐武田を頼って松代大本営へ「転進」した。

494 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 05:50:25
三河の古狸こと家康は、自分の領地の信濃松代に武田の残党が潜んでいると聞き、召抱えも視野に入れて調査を命じた。

495 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 07:34:49
だが見つかったのは老いぼれた小野田少尉や横井さんだけだった

496 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 08:20:45
それを見ていた平賀源内が自家発電を始め

497 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 09:21:44
わずか少しの重油でゼロ戦を飛ばしていた。

498 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 09:39:06
「国防は軍人の専有物にあらず、金が無くては戦争はできないことなり」

499 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 11:50:29
真田幸村が「あるよ六問銭、はいお釣り」と言って家康に手のひらを見せたが5つしか無かった

500 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 11:54:11
家康「ベロの下に隠しているんじゃねーぞ!」と激怒し幸村の口の中に手を入れた

501 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 12:31:58
ニ人とも止めなさい!上田分営長の乃木が仲裁に入った

502 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 12:36:18
少佐…ハイカラな信長が安曇野からレンタサイクルでやって来た

503 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 12:55:57
その頃、帝国陸軍では、糧秣庫から純金3tを堀に捨てていた。

504 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 13:01:06
海津大本営危うしの報を受け上杉も兵八千を率連れてやって来たが六文銭を見て「これは三次空間の方からお持ちになったのですか?」と真田に訊ねた。

505 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 13:22:31
この人じゃない、違う・・少尉のふりなんてするなー!!信長は竹刀を振り回し駄々をこねたが流石に暑いのでアイスを食べて頭を冷やしてから夕方日傘を差して京都へ戻ろうと思いました。

506 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 13:47:09
そして宿の本能寺に着くとまたアイスを食べました。

507 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 15:12:04
冷たいスイカと腰の折れたウナギいかが?よだれタラタラ(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

508 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 15:27:15
と食べ物を持ってきたのは魔界転生して蘇った天草四郎時貞だった

509 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 16:21:37
天草四郎時貞はレオナルド・ダ・ヴィンチの子孫であるらしいとの情報が三浦按針を通じて

510 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 17:58:20
新撰組の知るところとなり

511 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 18:02:44
沖田も近藤もアイスを食べました。

512 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 18:29:14
アイスをわけて貰えなかった伊東甲子太郎は、新撰組から離脱してやると叫ぶと

513 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 19:39:56
光GENJIに勧誘された。でも、ローラースケートを持っていなかったのでソロバンで

514 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 19:55:22
近藤と沖田のアイスに唾を吐いてスタコラサッサと逃げた。

515 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 20:24:55
しかし逃げ切れず、拿捕された。

516 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 21:37:02
いやらしい拷問をたくさん受けた伊東は

517 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 21:51:37
バードマンにパーマン6号に任命された

518 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 22:05:00
最初の仕事は、寸又峡に人質を盾に立てこもっている金嬉老事件の解決であった。

519 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 22:21:07
補佐官としてスーパーマンとバットマンとスパイダーマンが付けられた。

520 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 03:07:29
現場の靖国では月光仮面が老人と共に軍歌を演奏していた。

521 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 06:09:02
石田光成は相変わらず水攻めによる解決を主張した。

522 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 07:13:52
しかし、水道局から突きつけられた請求書を見て攻撃続行を断念した。

523 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 10:07:45
次は戦国一夜城攻撃である。ただちに荒川で筏下りが行われた。

524 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 11:52:06
震洋とまるレ艇に分乗したパーマン6号達は筏を蹴散らし荒川を下った

525 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 16:50:08
光成はユニット城パーツがパーマンに荒らされたせいで、戦国一週間城となってしまった。

526 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 19:43:48
城が未完成のまま敵の襲撃を受ける光成。しかし彼には秘策があった。「自軍に対する水攻め」である。

527 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 20:53:36
石田三成は、3人(もしかしら同一人物の3レス)にも名前を間違えられる知名度の無さを嘆き天下人には遠い事を悟った。

528 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 22:20:22
三成よ後二週間の辛抱じゃ、厨の夏も程無く終わる。そしたらゆっくり語ろうて。

529 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 00:44:55
しかしそうはいかなかった。東條英機、石原莞爾等の関東軍の末裔たる軍オタ達が後釜を虎視眈々と狙っていたからだ。

530 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 06:27:17
三成は日本近代史板からの攻勢に備えて諸将を叱咤激励し、各人の対応を減点法で秀吉に報告した。

531 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 14:11:45
当然、三成のこの行動は武断派諸将の反感を買った。

532 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 17:33:51
こうして毛利(長州)、島津(薩摩)、長曾加部(土佐)は日本近代史派に近づいてゆくのだった。チェストォォォ!!!

533 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 18:10:00
「オイオイ!武断派っちゃ俺達ダゼ!外様は引っ込んでな!」そこには加藤清正や福島正則達が立っていた!

534 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 18:15:28
そして、毛利は大軍を率いてこいつらを殲滅した。

535 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 19:00:02
西軍が内紛を起こしていた頃、東軍にも異変があった。上杉と和睦した伊達が、両軍そのまま江戸を急襲したのである。

536 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 19:12:28
家康の砲撃により、伊達軍は五里壊走した。

537 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 19:47:47
しかし江戸湾にはイスパニアの戦列艦隊が。支倉提督が海から艦砲射撃を開始し形成逆転。徳川勢は水戸に撤退した。

538 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 22:32:05
内戦に外患を招き入れた伊達家は、日本史上最大の汚点として記録されることとなる。

539 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 22:47:08
しかも伊達家お得意の内紛と裏切りに呆れたエスパニアはマニラに帰ってしまった。

540 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 22:49:42
目が覚めると、島原にいた。

541 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 23:02:40
(家康の砲撃に無傷な上杉は佐竹と一緒に越後と水戸と小田原と島原を虎視眈々と狙っていた)直江と車丹波「いかがいたしましょう」景勝と義宣「まだ早かろう」。

542 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 01:55:23
そこに島原へ鬼島津がチェストー突撃で壊滅させたでごわす。

543 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 02:08:06
そして天草四郎は、チェストー突撃に掘られて昇天してしまった。

544 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 03:56:45
それを目撃したザビエルは「

545 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 05:38:30
悪魔の所業である。しかしこの悪魔は、なんと魅惑的なことであろう」と書き記した。

546 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 09:06:37
上皇をそれを聞いて御簾の向こうでほくそえんだ。「南蛮もまた同じよのぅ」

547 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 10:10:38
近頃、鵺や、物の怪が東京の街に蔓延っているというそれを聞いた東京市長の尾崎行雄は暴れん坊市長として街へ征討へ

548 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 10:14:01
都知事の青島も世を忍び意地悪ばあさんの姿に身を変えて、ひっそりと東京の街に悪の征伐へと向かった

549 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 10:42:18
東京の治安悪化に愛想をつかした昭和天皇は京都へ帰ることをほのめかしたが、

550 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 11:54:43
風俗営業の中国人妻や偽装結婚のフィリピン人妻や爆弾を作るパキスターナはどーでもよかった。

551 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 13:54:46
一説には、遷都のご意志は侍従たちが京の舞妓に憧れて陛下をそそのかしたためであるとも言われている。

552 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 14:09:59
http://id26.fm-p.jp/15/8229/

553 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 23:48:27
奸臣を撃つべしと、2月26日、青年将校は皇居に突入した。

554 :日本@名無史さん :2006/08/20(日) 00:45:36
水で人の国を滅ぼせるとは、これでわかったぞ!清水宗治


555 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 07:37:44
金毘羅 船ふね 追い手に追われて 修羅しゅしゅ 石田「ぐるっと回れば」

556 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 07:41:49
帆かけて?金吾秀秋。

557 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 07:57:10
治世の能臣・乱世の肝油、白は南に逝き・黒は北に走る。平岡石見

558 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 08:27:37
氏規「水攻めまだー?一万石は割りに合わないな ま、武田より良いけどw

559 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 08:52:14
佐竹「わしなら足尾から毒鉱石を川上に敷くがな。」

560 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 09:08:05
銀座レッドレッド・ウイウイ♪ディープ。

561 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 11:42:45
里見「わしなら八犬士、総出演!!黒いピーナッツ作戦で調略じゃ」

562 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 13:54:48
房総半島は、いまだ歴史の舞台に登場してない雛の僻地という事を自覚してない里見氏であった。

563 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 14:06:08
新田「俺にまかせろ!尊氏ばかり目立たせる訳にはいかん!!」

564 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 15:02:21
音読み全盛下だったこともあり、尊師ことアサハラショーコーが自分を除け者にされたと思い、ポアを指示した。

565 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 15:50:46
新田軍に襲い掛かるタントラバジャラヤーナ!!

566 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 15:52:39
しかし関東武士の層の薄さには涙がでさふ・・・北条・佐竹・里見・新田・・・脇役のさらに脇役ばかり(涙

567 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 16:52:02
「そこで足利ですよ」とばかりに五千石で大名格の意地にかけて喜連川国朝がしゃしゃり出てきた。

568 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 18:18:19
「藻前はお呼びじゃない!」と茶々を入れる足利茶々丸ではあったが

569 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 18:43:15
おお、そうじゃ。こういう時は一休さんじゃ。新右衛門!呼んでまいれ!!

570 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 21:06:20
アーーーーーーーーーッ!!!   何で僕ってこれ専門キャラなの?と喜びつつも嘆く一休。

571 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 22:18:03
土方「うほっ いい坊主!や ら な い か ?」

572 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 22:32:13
その時、土方を一発の銃弾が貫いた。

573 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 00:12:31
おや、虎に当たらず人に当たった。まあよい一休さん。この屏風の絵に書いてある橋の向こうにいる虎を捕らえてほしいのじゃ・・・橋にはこの橋渡るべからずの看板が・・・

574 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 12:05:34
一休はやおら筆を取り、時価ウン千万円の屏風に檻の絵を重ね書きした。

575 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 21:24:18
気がつくとなんでも鑑定団に出ていた。

576 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 21:38:36
「一休宗純の剥製と骨格標本のセットをお持ちいただいたのは、なんとご本人です」

577 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 22:12:10
「どれくらいの値段がつくと思いますか?」

578 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 23:18:56
「本人評価額は・・けっこう使い古しなんでアイス2個!」

579 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 06:09:53
本阿弥光悦の鑑定結果は、剥製の方は単なる日焼けで剥けた皮、骨格標本の方はどこかの馬の骨、評価額は肥やし1桶という結果であった。 

580 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 07:28:18
「正月は冥途の旅の一里塚、命短し恋せよ乙女」合掌

581 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 05:42:09
しかし一休さんに恋する将軍足利義満は、冥途服(白いフリフリ付き仏衣)を着せようといろいろと難題を吹っかけるのであった。

582 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 08:46:18
土方歳三「おい、足利。一休なんて坊主は放っておいて俺とヤろうぜ。うほっ!」

583 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 11:41:48
そう言うやいなや土方は義満に襲いかかったのである。

584 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 12:56:26
その時土方を一発の精子が貫いた。

585 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 13:20:59
「おめでとう。3ヶ月です。」荻野医師はそう言って土方の両手を握った。

586 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 14:04:05
「やだぁ、母子手帳に丸高って・・・」

587 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 14:20:35
それにまったをかけたのが、後の征夷大将軍、忍者ハッタリくんである。

588 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 20:08:05
竹輪なんていらないし、親に鉄アレイを投げられるなんてと、面をクリアするごとに嘆くハッタリ君であった。

589 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 21:19:36
しかし日本忍道連盟(JNC)はじめ日本忍者界における忍者の最高権威は「征夷大忍者」であった。

590 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 22:51:58
源頼朝「お気の毒 などと座敷を おつたてる」

591 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 23:11:05
北条政子 バチがあたるぞ!ニンニキニキニキ 毒饅頭ちょちょっと細い波が立ち?

592 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 23:21:15
足利尊氏「おい釈迦、仏教って今インドで流行ってんのか?慈悲の仏がバチを当てるなんてお前も心が狭めーな」。

593 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 23:31:51
上杉清子「早く寝なさい」高氏・直義「はーい(すやすや)」

594 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 23:47:57
徳川秀忠「早くねろ、ボケども!」奥さんに向かって「あの二人、どっちが可愛い?」家光と忠長「テメーそんなに将軍になりたいんかー・やめて下さい兄上〜・ま、いいか・・・俺は次期将軍なんてがらじゃねーよな」忠長「プ・」家光、振り返って「・・はぁ?」

595 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 22:10:40
秀忠「遅くまで子供が起きて騒いでいると、怖い狸ジジイが化けて出るぞ〜ぉ!!」

596 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 22:11:02
その頃、「征夷大足軽」藤吉郎は・・・

597 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 05:18:30
今日も信長の草履を懐で生暖かくしていた。一度褒めてしまった以上キモいとも言えず、困惑気味の信長である。

598 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 05:53:32
目が覚めると本能寺にいた。

599 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 21:43:17
さすがに信長、本能に活きる漢は、本能寺に宿る。

600 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 23:24:47
本能寺会館は風呂掃除をさせて金を取る。さすが経済通の信長であった。

601 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 23:24:50
信長『(天下も目前だ・・思えば良くここまで走ってきたものよ・・。)』

602 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 02:03:02
ジュマンジ信玄「それはどうかな?イカサマをした信長は振り出しに戻る」

603 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 02:32:41
信長 困ったな・・そうだ、上杉に残暑見舞いを贈って何とかしてもらおう。

604 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 03:15:58
(袖の下が入るそうですよ)伊達政宗「あの野郎、許さん」(直江と鷹山が来ました)「ちぇっ まずいな」

605 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 03:49:17
信長「自分の力で何とかしなさい」光秀「でも、出来ねーんだよ!」本能寺・放火

606 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 04:15:07
秀吉 夏草や 兵 どもが 夢のまた夢

607 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 04:20:39
秀吉「(光秀奴・・・わしとの策謀通り上手くやりおったな・・・たわけが・・ヒッヒッヒッ)」

608 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 07:18:19
家康「ぽんぽこぽん。キンカンも猿も、私の予想の範囲内ですんで・・・」

609 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 07:53:16
しかしさすがの家康も、自軍水攻めを成功させた三成には驚愕を禁じえなかった。

610 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 08:33:59
家康「ぽんぽこぽん。だが大吉野郎が西軍大将になるよう仕向けたのも、私の予想の範囲内ですんで・・・」


611 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 08:40:33
しかしさすがの家康も、関が原全体を水攻めにして両軍を壊滅させようと試みた三成には驚愕を禁じえなかった。

612 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 14:48:59
ちょうど関ヶ原の沼沢地、タケゾウとマタハチが泥水を啜っていた。近くで物音がした。

613 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 16:02:24
抜刀した状態の小次郎がたっていた。

614 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 20:49:58
その横には、柳生但馬守と服部半蔵、神子上典膳と岩本虎眼が立っていた。

615 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 21:04:44
突然、閃光が周囲を襲うと、伊庭三佐とロメオ先遣隊の部隊が現れた。歩兵と戦車とヘリという自衛隊編成上考えられない珍妙な部隊である。

616 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 21:58:44
後の戦国自衛隊である

617 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 22:04:20
藪の向こうに何かが見える。あれは若しかして家康の本陣か?

618 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 22:13:26
623 :がいやまん :2006/08/26(土) 10:01:08
漏れには歌心もある。

夏過ぎて 秋来にけらし 越の海
舵にまつわる 大くらげかな

いつからか 海にはびこる 大くらげ
やがて消え行く 海のくさぐさ

平成の ネットを あらす大くらげ
今日も朝から 休むことなし
                 がいやまん






○すばらしいがいやまんの歌なので皆さん参考にしてください、なかなか真似できませんね○




619 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 01:03:00
突然、閃光が周囲を襲うと、琵琶湖に巨大な戦略原子力空母ニミッツが出現した。ハワイ沖で演習中だった乗組員はおったまげた。

620 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 01:59:41
水から大量の泡が立ち込め、半分に割れ、海底があらわになった。
すると、えたい知れぬ物体がわきだし
我こそはワタツミなり。
と言った。

621 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 03:24:01
の術。

622 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 09:11:23
目が覚めると大奥にいた。

623 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 09:35:28
伊庭三佐は90式戦車とコブラだけで、無謀にもニミッツに先制的海上警備行動にでた。ニミッツの艦橋は戦車砲で大破!!

624 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 12:06:24
そんな午後の夢。

625 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 12:40:19
はじめなき夢を夢とも知らずして

626 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 16:45:15
人類はマトリックスの擬似世界でのみ、生活する事が許されていた。

627 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 16:51:20
いい話や。感涙ものや!!!と堺市北区金岡町の氏名不詳の縄文人(24)は叫んだ!

628 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 17:00:56
忠長「擬似世界なら飛べるんだろ?自分の名前も上手くしゃべれねーヤツがどこで遊ぶのか?w」
家光「そのうちな!」

629 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 17:15:33
金吾秀秋「氏ね、逝ってよし!」
平岡石見「どっちが?」
大谷・藤堂「むろん、お味方でござる」


630 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 17:20:20
一行で書けよ、文盲DQNめが。と石川女郎は通りすがりに独り言を呟いた。

631 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 18:04:42
これはマトリックスの擬似世界のもたらした歪曲法則の現象なのだろう。救世主が現れるのを待つんだ

632 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 19:30:06
「メシアはあなたのすぐ傍に。」 ウチの隣は一膳メシヤだ。先ほどおつうとお杉婆が入っていった。

633 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 20:04:12
しかし、笛を吹いていたのは、平敦盛だった。愛用していた小枝の笛である。

634 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 20:22:00
後白河は敦盛を床に呼んだ。アーーーーーーーーッ!敦盛の声が院にこだまする。

635 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 20:33:20
テセウス「真夏の夜の夢、逝きます」ヘルメスは涙を浮かべ「牧神の午後への前奏曲」を流し敬礼した

636 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 22:07:42
それをかき消すように流れるのは「ええじゃないか」の大合唱である。

637 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 23:47:59
「笛といえば官軍でごわす。朝敵、会津殲滅するとでごわす。、チェストォォォ!!!」ピーヒャーラピッピッピッ!!!ピーヒャーラピッピッピッ!!!

638 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 07:39:32
一の谷のいく〜さ敗れ〜♪笛といえばやっぱワテの青葉の笛ですがな

639 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 14:41:49
敦盛はムラマツのプラチナフルートで「逝ける王女のためのパバーヌ」を吹いた。


640 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 21:56:46
それを聴きながら右府様は「敦盛」を舞った。「人間50年・・・」

641 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 22:34:22
人生まだまだこれから、と

642 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 23:30:57
しかし、そこに熊谷直実がやってきて

643 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 03:17:05
信長と布団の中での一騎打ちが始まった。

644 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 22:05:08
それを外で凝視している森蘭丸。

645 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 22:10:14
いけないと思いつつ蘭丸は目をそむけることができなかった。そして右手は怒張した自分のマラを‥‥

646 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 22:13:34
ちょうちょ結びしていた。

647 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 14:10:35
蘭丸の亡骸を見た秀吉は、これは珍な珍古じゃわい切り取って塩漬けにしとこ

648 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 21:45:10
漱石はその標本を一目みて、ひらめいた!!

649 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 22:49:32
ぷりぷりぷー
ぷりぷりぷー










      _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
      |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
       r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
      〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
      ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ

        ____                ____                ____
      /⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\
    o゚((●)) ((●))゚o        o゚((●)) ((●))゚o       o゚((●)) ((●))゚o 
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   /::::::⌒(__人__)⌒:::: \   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_).    |r┬-|     |
l_j_j_j と)   | |  |     / l_j_j_j と)    | |  |     / l_j_j_j と)   | |  |     /



650 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 21:05:06
漱石は鼻毛を抜いては件の標本の周囲に立てて飾り付けをした。

651 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 21:11:33
そこへ現れたのは杉田玄白

652 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 21:42:40
連れてきた西行法師に早速頼み、解体した女囚を返魂法で復活させて、マジックショー

653 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 05:50:27
「この見目麗しきオンナノコを腑分けで元の死体に変えて見せます」女囚は必死の形相で逃げた。

654 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 22:37:50
森鴎外「どうせなら、このちょうちょ結び朕古も移植だ」

655 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 10:46:30
後に731部隊へと連なる人体実験に心ときめかすのであった。

656 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 15:08:47
華岡青洲「是非ともこの麻酔阿片を使って、実験を!!」

657 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 15:59:22
喜平「金のハンコを田んぼで見つけたんだけど、どうしよ?オラでも読めるぞ漢倭奴国王と書いてある、何だこれ」

658 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 16:06:04
江戸幕府は急遽、喜平を国王に任命した。

659 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 17:03:52
しかし、后はチョーブサイク。

660 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 20:11:45
漢倭奴国王喜平、朝貢し、清から倭・日本・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓の七国諸軍事安東大将軍に任命さる。

661 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 20:55:16
志賀島を首都と定めた喜平はワタツミの加護を受け、農民15名を引き連れて朝鮮に出兵し李氏朝鮮を打ち破った

662 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 00:40:30
加護ちゃんは歌った ミニモニ〜ひな祭り♪

663 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 01:08:34
清帝国は喜平の奏上を受け、八路軍を派遣した。奉字軍、毅字軍等の満州軍もぞくぞくと鴨緑江を渡河。

664 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 01:24:48
裏方のお菊さん 慌ててしまい平蜘蛛の茶釜をガッチャン
松永久秀「一枚足りないよ」信長「いずれは割れるもんや、焼き物は」

665 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 03:41:36
安達ヶ原の鬼婆「三枚の御札知っとるけ?」松尾芭蕉「四枚目は知りません、ただ包丁を研ぐだけ」

666 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 08:24:49
曾良「それにつけても金のほしさよ」

667 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 10:16:34
曾良の元には去勢した牛の金玉1年分が贈られた。

668 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 10:33:40
さっそく それをリサイクルショップで現金に代え 貯金箱に入れる曾良

669 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 10:53:06
その貯金箱の金を抜き取って(100円だけ残して)缶ビールを買う芭蕉

670 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 10:57:12
すぐに見つかり怒られて泣きながら謝る芭蕉「ごめんなさい」

671 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 10:58:58
其角「だっせぇ、お前。芭蕉の夜のお供として旅に付き合ってきたのかよ。キモッ。ちょっくら吉原行ってくるぜ。」

672 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 11:10:35
其角「あれ等が忍者・隠密同心か?氏して屍 拾う者無し…恐い、悲惨だ!」

673 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 11:15:33
去来「先生たちは衆道の道を究める旅をしていただけです。隠密なんて大それた事はしていません。」

674 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 11:23:32
伊達政宗「我が領内を変なヤツ(ちりめん問屋の隠居みたいなの)が急いで歩いていたら斬れ、俺は本当のお父さんを殺した人間だぞ」

675 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 11:54:59
黒脛木組棟梁「では巌流佐々木小次郎を遣わしましょう。師匠を斬った人間ですぞ」

676 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 11:58:20
姉歯建築「青葉城を無敵の要塞に改築します。もちろん建築費・鉄筋の量・耐震性は1/3で」

677 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 12:02:34
三代伊達陸奥守綱宗「爺や、花魁の高尾太夫をメッタ刺ししちゃった。後始末しとくれよ」

678 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 12:29:37
酒井忠清「何かややこしくて、よくわからないからお取潰しね。今までご苦労様。」

679 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 13:27:03
伊達家取り潰しの理由は、幕府に無断で城を大幅に改築したことであった。

680 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 13:47:43
酒井忠清「陸奥の僻地は誰も貰い手が無いので、仕方が無く、わしが貰っておく。」仙台は酒井家のものとなりました

681 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 13:59:21
家康「酒井、お前も子供は可愛いのか?」

682 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 14:03:47
伊達の残党がお得意の一揆煽動を行ったため、その責任を問われて酒井雅楽頭家まで取り潰しの危機に瀕した。

683 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 14:15:43
阿部忠秋「仕方が無いので、わしが仙台を貰ってやる。それはともかく明暦の大火の火元の本妙寺は罰しないと。」

684 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 14:24:31
腎臓が悪い蒲生氏郷は缶コーヒーを飲んでホットして直江に会津は渡すと言いました
出羽と佐渡を手に入れた上杉景勝は不満でした

685 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 14:24:57
阿部忠秋も仙台の一揆のため職務を全うするのが難しくなった。幕領として武威を以って伊達の残党を始末するほかなかった。

686 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 14:32:25
仙台は誰も統治するものがいなくなり、無法者が巣食う無政府状態になった。このごろから罪人の流刑地ともなった。

687 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 14:35:28
大事件がおきるたびに「また仙台か」と言われる様になったのもこの頃からである。

688 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 15:00:58
伊達秀宗「何の!本家が無くなっても我が宇和島伊達家がある!」

689 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 15:18:29
高砂の日本町の長であった田吾作は高砂族を引き連れて宇和島へと進軍して、見事、宇和島伊達家を破った。

690 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 15:44:02
仕方なく、伊達政宗は外様、上杉を頼り、会津に入った。

691 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 15:59:07
保科正之「ここは会津松平家だっちゅうに。捕らえて江戸へ突き出すか。このオッサン衆道狂いでキモイし。」

692 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 16:25:06
衆道狂いといえば、正宗は同じく大藩の藩主に「ウホッ!井伊直政」とばかりにいきなり相撲と称して抱きついた前科があるとかないとか。

693 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 16:34:38
政宗「前科とは何ぞや。衆道は文化。未来の価値観で語るな。作十郎こっちに来い。今宵は激しいぞ」いきり立つ政宗。

694 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 17:34:56
義姫:貴方の片目は私が飲み込みました ゴックン 噛んじゃった 苦げー

695 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 18:54:41
その頃、姉歯建設は焼失した江戸城の天守と大奥を普請し、通常の1/3の経費で仕上げ、老中の本多にお褒めの言葉を頂いていた。

696 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 19:04:00
岐阜では右府さまのいない事を良いことに、公金裏金に火をつけて喜ぶゲームが流行っていた・・・

697 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 19:10:18
設計士である姉歯が、なぜか建設会社を運営していると聞いてすぐにこれは嘘と見抜いた和気清麻呂であった。

698 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 21:40:19
右府様は公金裏金を燃やした輩をすべて絡め捕り、県庁山門に押し込めて火炙りにした。

699 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 23:29:45
しかし江戸城は建っちゃった・・・

700 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 00:56:21
今後の江戸を語る勝安房守と西郷南州…

701 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 22:04:53
・・・ということで現在、皇居江戸城には天守閣がないのでございマースとハトバスのバスガイドは語った・・・

702 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 23:11:57
実際には石田三成の水攻めが成功し天守が浸かったからである。

703 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 05:36:14
敵味方すべての水攻めに成功した三成に、秀吉は水責めの褒美を与えた。

704 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 08:09:21
関が原の戦いで勝利した三成は秀吉の遺児秀頼を亡き者にせんと・・・

705 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 12:01:33
まずは母親の淀君を口説こうとあれこれ策を考えた。

706 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 20:27:45
考えるよりまずは行動だとばかりに淀君に水攻めを試みたが、

707 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 22:06:50
送り込まれたお水系ホスト達は返り討ちにあい撃沈していく・・・『わらわのテーブルにリシャールを10万本じゃ!!』

708 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 23:42:59
その醜態を見ていた家康は淀に時限発火装置を仕込んだスピルタス10万本を送りつけ、焚殺を目論んだ。

709 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 10:51:07
しかし、発火装置は不発に終わり大坂城では連夜、狂宴が開かれるはめになる…

710 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 19:20:30
大坂城には全国から綺麗どころの若い男女が続々と集められた。

711 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 21:28:30
アルコール度数の高いスピルタスを浴びるように飲んだため、豊臣政権中枢は皆アル中になってしまった。

712 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 21:50:04
しかし土方はあきらめていなかった。

713 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 22:44:09
1本80万はするリシャールが飛ぶように空けられていった。いつのまにかお相伴にあずかる狸家康

714 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 04:08:34
豊臣と徳川が和睦し天下泰平の世となり日本は長い安定期を迎えたのだった。

715 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 19:40:57
だが、好事魔多し、両者の和睦を快く思わぬさる西国の大名がおった

716 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 20:15:56
対馬の宗氏であった。文禄・慶長の役で捕らえた朝鮮の捕虜数千人を奴婢とし兵士に仕立て挙兵した。

717 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 20:22:47
しかし困ったことに、兵士を運ぶための船がなかった。

718 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 20:32:44
宗氏は船は多数所有していたが、朝鮮奴婢を運ぶような船は無いとのことなので泳がせて上陸させることとした

719 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 20:39:52
無茶言うなとばかりに反乱が起きた。

720 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 20:43:07
宗氏は豊臣・徳川共和政府に対して支援要請した。明はいいから、朝鮮だけ倒してと。これなら簡単でしょと。

721 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 20:46:29
李氏朝鮮は倒したものの、引き取り手がいない。明も琉球も女真族もいらないって返答。何とか高砂族に引き取ってもらった

722 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 22:24:39
高砂族は山岳部に逃げる朝鮮人を片っ端から、「トロフィー」にした。日本軍は鼻と耳を削いだが、彼らは首狩のプロだった。

723 :日本@名無史さん:2006/09/07(木) 23:43:21
時を同じく、そのころ津軽では・・・

724 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 05:02:58
相も変わらず飢饉となり、子ども食べて飢えを凌いでいた。

725 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 10:31:24
津軽藩は飢饉の目を反らすため高砂族からチョン共を引き取り新たに農民の下の階級に組み込んだ。

726 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 11:36:50
彼らが持ち込んだチョンカラ節が津軽じょんがら節として今に残るとは・・・

727 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 11:41:11
それを知った竹山は見えぬ目を白黒させながら叫んだ、おのれっ、家康め!

728 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 14:02:07
家臣から聞いた狸親父は怒った、津軽三味線引き風情が小癪な車引きにして首晒せい

729 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 16:44:04
だが、竹山とてむざむざと狸に殺されるようなタマではなかった、密かに力道山にに弟子入りして・・・

730 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 17:33:15
竹山を訪れ、ワシに空手チョップを伝授してくだされと懇願する小次郎

731 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 18:14:21
松五郎が小次郎を、この軟弱者が〜、男なら腕一本で勝負せんかい!とどついた

732 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 19:45:43
そうやそうや、とばかり吉岡未亡人を手篭めにする松っあんだった

733 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 22:09:28
琉球って奴隷貿易の中継点として儲けていたり、猫の皮で弦楽器を作ったり野蛮だなと思う島津であった。

734 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 22:48:01
秀吉が死に体の明を降伏させるどころか、通過点の朝鮮如きで苦戦しているんだって。日本って実は弱くね?

735 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 00:32:12
秀吉「先生は、猿の政治に御不満なのでしょうか?」

736 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 00:47:11
北条氏政「早雲公の言葉に、自らを低くすればこそ尊敬を受けるとある、私に聞くよりもこの言葉に従ったらどうよ」

737 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 00:53:27
氏政の提案を受け、小田原城では北条一門あげて、一週間にわたり激しい討議が繰り広げられた。

738 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 01:02:02
武田勝頼「自分の弟も助けられない汁かけ鱗がw」

739 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 01:12:50
上杉景勝「皆も気付いていると思うが最近の武田菱、やせたな。英雄の跡継ぎはつらいな、信忠・秀頼・・・みんなバカばっかw」

740 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 01:16:11
男色の養子の分際が生意気を

741 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 01:55:22
伊達政宗「何だ?喧嘩か祭りか」
本庄繁長「ケンタウルス、露を降らせ!」
上杉謙信「ああ、そうだ今日は片貝の花火だね」

742 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 08:08:11
殿、信長の攻撃です 朝倉義景「越後の謙信公が・・・」 部下、ダメだこりゃ 待ってらんね

743 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 08:20:54
殿、信長の攻撃です 朝倉義景「イスパニアのゴンザレス公が・・・」 部下、ダメだこりゃ 待ってらんね

744 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 08:28:25
氏康 内は文を修め外は武を行う


745 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 08:40:59
氏政 違うね。太守氏康は、表は文・裏は武の人です。

746 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 09:02:56
秀吉「どーでもいいけど五大老になる気ある?」

747 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 09:07:19
小早川隆景・上杉景勝・佐竹義宣「反対〜!」

748 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 09:13:51
氏政 じゃ仁義で五大老は辞退いたします、さる閣下w

749 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 13:29:09
猿とは何じゃ、猿とは!関白に向かってその言いよう、各々方!小田原征伐じゃ!参陣に遅れた者は同罪と看做す故心得よ。

750 :後陽成:2006/09/09(土) 13:45:29
猿ほど、天皇家のために尽くし、朝廷の威信回復に尽力してくれるものは無きぞ。皆、エテ公に従え。

751 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 14:09:23
そんな感じで秀吉は明を圧倒して、満州族と中国全土の支配をかけて最後の戦争へと挑むのであった。

752 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 14:58:59
伊達政宗「遅れて来ましたハァハァ」

753 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 15:02:39
>>752
秀吉「遅すぎ、とりあえず南朝鮮の釜山の警護でもしとけ。守りも大事じゃ。当然に恩賞は与えぬが。」

754 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 15:47:06
恩賞欲しいな、よこせウラー!昼間は寝て夜になると騒ぐ伊達政宗、哀れ。

755 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 16:09:56
加藤清正がカシミールでムガル帝国の反撃に遭い苦戦しているという。政宗出番じゃ。オスマン帝国戦まで温存したかったが

756 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 16:29:40
黒田がビルマ相手に苦戦しているってさ。戦線広げすぎ。日本負けるんじゃないの?

757 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 17:59:31
島津が琉球を制圧し、高砂に向かっているって。

758 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 22:06:22
秀吉配下の有力大名たちの外征による国内の軍事的空白を好機と捉えた者たちがいた。黒田如水および江戸のタヌキである。

759 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 22:21:13
広大なる国土を手に入れようと戦っている秀吉にとって、何てスケールの小さい人間なんだと思われた狸たちであった。

760 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 23:04:12
信長より地球儀を受継ぎ世界を視野に行動している秀吉と、地は平面で天動説信者の狸、日本の岐路である

761 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 00:34:47
直ちに関白より黒田家と徳川家に出撃の下知が出た。目標はガダルカナル島、運命のソロモン、餓島作戦のはじまりだった。

762 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 03:51:41
秀忠殿の軍勢がまたもや寄り道でござる!
釜山からソウルに向かい北上中
敵方の挑発にのった模様

763 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 07:39:59
ろくな民政官もいない状況では武力による外征が成功するはずがないと判っていた如水と狸は、外征組の本拠地を落とし始めた。

764 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 07:47:55
如水と家康の謀反を知った秀吉は、直ちに七族まですべてを三条川原で処刑し、お家断絶・所領召上げ直轄領とした、そして前田・九鬼・村上の大艦隊を追討軍に派遣したのだ。

765 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 08:02:58
加藤清正がオスマン帝国とイスタンブールで攻防戦をしている時に、ちっぽけな日本国内を狙って反乱起こした狸哀れ

766 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 08:18:40
信長に地球儀を与えた事を悔やむフロイスであった。こいつ等の野心高すぎ。

767 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 08:19:29
中東まで外征してるならサルがタヌキ屠る兵力なんてあるわけないだろとばかりにタヌキは大坂城を急襲した。

768 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 08:57:56
しかし信長でさえ手に焼いた天下の要衝。外堀・内堀完全状態の大阪城は狸の急造部隊では落とすべくもなく。逆に上陸船団を南蛮艦隊に焼かれて、逆包囲。

769 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 09:13:19
日本支配化の朝鮮から李舜臣と軍兵を多数呼び寄せ、狸は戦火の中で自害した。その兵達は大坂に居付いたという

770 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 09:27:24
大坂城に満足な守備兵はおらず、朝鮮からの援軍は間に合わず、艦砲は内陸まで届くわけないから大坂城陥落。あとは秀吉本拠の名護屋城対黒田如水。

771 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 09:42:02
落ちたと見えたのは実は茶臼山の”戦国一夜城”偽大阪城だったことに、翌日家康勢は気付くことになる。山内一豊はこの奇策で後に関八州に封じられる事になる。

772 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 09:46:52
大坂城にろくに兵がいないことを確認した家康は放置を決め、如水支援のため名護屋に向かった。実質的に日本国内の豊臣方勢力はここだけだ。

773 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 09:49:37
如水は豊後水道で実子黒田長政の軍船を前衛とする前田・九鬼の艦隊と激突。背後から村上水軍に包囲され壊滅、実の子に如水は斬られた。

774 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 09:51:48
ローマ教皇がジョルダーノ・ブルーノを異端で処分したって。こいつらまだ天動説を信じている蛮族だぜ。十分勝てるな。

775 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 09:58:54
陸路で名護屋城に向かう如水が水軍に足止めされるわけがない。家康の到着を待って名護屋包囲が完成した。

776 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 10:00:45
秀吉得意の大返しで名護屋から姫路に入っていた秀吉勢主力は、半島へ出撃準備中だった毛利・吉川・蜂須賀・長曽加部を編成し東進。全国に反乱軍鎮圧の下知を出し、三成が天皇から朝敵追討の院宣も拝領し伊達・上杉も派兵した。

777 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 10:07:10
明を打倒し更に世界へ目を向けている秀吉は、半島へ出撃など小さな野望扱いする朝鮮民族の本質を改めて知った。

778 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 10:12:38
既に京を押えていた家康は「朝敵は豊臣方」との帝の宣旨を得た。天皇が院宣を出すわけがなく、三成の偽院宣によって諸大名は家康側に正義があることを認めざるを得なくなった。

779 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 10:42:24
だが、諸大名は家康が朝廷工作の時点で嘘と見抜いていたというか気でも狂ったかと逆に心配された。

780 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 10:51:27
文章が成り立っていないため、諸大名の混乱の大きさが推し量られた。

781 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 17:04:29
一方、伊達・上杉・佐竹連合軍は山内一豊の篭る皇居を取り囲んだ。城中は「子を易えて食らう」という極限状態が出現していた。

782 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 17:26:27
ところでこの開戦前に珍事件が起きている、城主の山内一豊がたった一人で投降したのである。

783 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 17:35:47
殺すにはあまりに哀れなので土佐へ流す事にしました(千代も一緒に逝っていいよ)

784 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 17:42:56
しかし、秀吉が姫路から京にくると、並居る諸将は手のひらを返したように、恩顧を理由に徳川から去っていった。関東は既に佐竹・真田の切取り放題も皆、知っていた。笑顔で皆を迎える太閤殿下。

785 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 18:10:49
特に真田昌幸は秀吉が好きだった。毎日、太閤の肖像画にヒゲや口紅を書いて遊んでいた

786 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 19:23:27
それがおサルの逆鱗に触れた。新たな関東の覇者真田昌幸と中央との対立は平将門以来続いた伝統に則ったものと言えた。

787 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 19:52:21
関東では、後深草院を秀吉に置き換えたエロ鬼畜浄瑠璃仮名手本とはずがたりが人気となっていた。

788 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 21:10:42
>>756
その頃、ビルマで弧軍奮闘する黒田長政の元に聖将の誉れ高い牟田口が援軍として到着する。

789 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 21:23:08
「ここはジンギスカン戦法で」「まずはご自分の部隊でお手本を」「では象を使って」「まずはご自分の部隊で」「それでは・・・」

790 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 21:33:27
そこへ竪琴を手にした虚無僧が現われ、空しい・・・

791 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 21:56:38
この虚無僧こそ城山を脱出した西郷隆盛のなれの果てであった

792 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 05:03:46
虚無僧実は西郷に牟田口は怒鳴った、こらお主ニセ西郷やろが、ツンが居らんのはなんでや?

793 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 05:57:28
食べちゃった。

794 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 06:09:10
牟田口はひらめいた。羊や山羊が駄目なら犬にすればいい。ちゃんと食料になる。

795 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 11:44:17
だが、インパール攻略は失敗、頭きた牟田口はパーシバル将軍をノコギリ挽きの刑に処すべきと進言

796 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 14:16:23
鈴が森に引き出された将軍は哀れ東京市民の罵りを受けながら刑場の露と消えた

797 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 23:45:22
やがて東京大空襲で自分達がバーベキューにされるとは、まだ露ほども考えてはいなかった。

798 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 23:54:46
東京大空襲? そんなもんアラヘンデ たしかにB29
なるものはみたけどパッタパッタと我が海軍機に
撃墜された

799 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:07:25
・・・と言う夢を見たと側近に語る昭和帝であった

800 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:23:34
その側近から広島に新型爆弾が投下されたと報告をうける昭和帝、

801 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 05:41:19
よほどショックが大きかったらしく、貴婦人のように卒倒してしまわれた。

802 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 18:53:30
チャンスと思った文麿は何気に昭和帝になりすました。

803 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 22:06:38
という夢を見た小泉総理大臣

804 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 22:12:48
その3日後、今度は長崎に新型爆弾が投下されたと報告を受ける昭和帝、

805 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 22:28:59
とうとう、815文字からなる無条件降伏受諾をラジオ放送することになりましたとさ

806 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 23:37:19
しかし、ハルゼー提督は許さなかった。
「サル肉を作り足りない!!」と怒り心頭!

807 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 00:11:00
幣原は仕方なく、米軍に戦艦大和を沈めてもらう事にした。

808 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 03:26:27
長崎に新型爆弾が投下されてから間もなく、ソ連が日ソ中立条約を破って満州に侵攻してきたと報告を受ける昭和帝、

809 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 06:39:38
8人の江田島平八を急遽満州に送り込み、露助を壊滅状態に追い込んだ。

810 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 21:47:45
今までの書き込み全て俺(http://www.tnm.jp/gallery/search/images/500/C0043544.jpg)の自演だからな。

811 :日本@名無史さん:2006/09/14(木) 10:07:39
ところで俺の左足がどこにいったか知らないか?

812 :日本@名無史さん:2006/09/14(木) 15:43:43
「坂本さんよ、戦をやってたもっせ」

813 :日本@名無史さん:2006/09/14(木) 18:12:44
「やってもいいが条件がある。今夜一晩限り、我が妻になれ」

814 :日本@名無史さん:2006/09/14(木) 21:56:23
「それは無理。朕は万民の頂きに君臨してるからな」と答える昭和帝

815 :日本@名無史さん:2006/09/14(木) 22:38:11
目が覚めると妻になっていた。

816 :日本@名無史さん:2006/09/14(木) 22:47:53
東京日々新聞では、帝国海軍の秘密新造艦大和が波動砲で亜米利加大陸を粉砕したと大本営陸海軍指導部発表の戦勝記事が踊っている。

817 :昭和帝:2006/09/15(金) 02:54:16
東京日日新聞の戦勝記事は誠か?東條を呼べ。

818 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 06:42:43
東絛首相は更迭されたため代わりに幣原が答えた。

819 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 20:04:53
「海軍軍令部総長の言によれば『教えてやってもいいが条件がある。今夜一晩限り、我が妻になれ』とのことでございます」

820 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 20:35:39
おらは宦官だけどさぁ、いい加減、好色趣味なんか飽きろよ。国を憂い政治家を志すのなら性別を捨てろ。

821 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 20:48:35
「ウホッ!いい宦官」

822 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:26:50
>>821 つ義経、世阿弥、一休、蘭丸、昌信、兼続・・・あんたにはコイツラで十分。俺ら宦官に色好み趣味はない

823 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:32:08
東京日々新聞は、帝国陸軍の秘密兵器「ふ」号による気球爆弾によりハルゼィ提督の米機動艦隊に甚大な被害を与えたと大本営陸海軍指導部発表を伝えていた。




824 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:33:02
私は如何?とシースルーの和泉式部が現れた!

825 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:34:13
軍幹部、政治家、高級官僚には、男なら切断、女なら摘出を義務付け完全に世襲を廃した実力本意の宦官国家へと転換した

826 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:44:39
和泉式部は彰子のサロンでも赤染衛門や伊勢大輔と仲良く、相模や清少納言とも仲が良いので必死に悪口を書く紫式部

827 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:51:03
目が覚めると大和が米軍の猛攻を受けていた。

828 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 23:47:36
ふと、隣を見ると美しい女性が寝ていた。シーツを捲ってみると・・・!

829 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 00:38:48
ドロップが好きなせつこでした

830 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 00:52:51
あー良く寝た、目が覚めると小田原城が猛攻を受けていた。

831 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 01:00:18
蒙古を受けているのは大坂城でおまと通りすがりの氏政がつぶやきました

832 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 01:08:41
島原に逝かなくちゃ(もうどうにも止まらない)明石掃部リンダ

833 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 01:37:16
**クラブも歌っていたね、常連の東条さんリクエストありがとう!じゃ次はナイトフライからの6曲目「邪馬台国はどこだ?」です。(俺も知りたい)

834 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 02:07:27
秀吉 征韓論じゃ
淀  それより国内の開発・邪馬台国を攻めろ
家康 見事な縄張りじゃ
猿  でも堀を埋められたら尾張さウッキ―

835 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 02:23:32
島原で、謀反しないといけない俺は急いで質屋の天満屋までダッシュ!

836 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 03:50:12
家康 箱根の山は天下の険♪ 秀忠 中山道もありますが何か?

837 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 11:48:04
箱根の峠で振り返ると江戸城上空にまばゆい閃光が起き、城も町も人も熱線と衝撃波と放射能で灰燼に帰していた。テポドンVの威力に家康は立ったまま塩の柱になった。

838 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 12:09:10
このテポドンこそ米原潜から密かに奪ったトライデントミサイルであった

839 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 15:26:33
金吾秀秋「俺の決断で街は燃えているというのに西軍の落ち武者は映画館の前で列をなしていました、異国情緒たっぷりの面白おかしい冒険物に現実を忘れようとしていたのです」

840 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 15:27:03
江戸は灰塵と化したが昭和帝と首都機能は松代の地下大本営に移設しており無事だった。

841 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 15:30:50
しかし密かに撮影されたフイルムを観ると松代も廃墟となしていました

842 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 15:41:36
海津城が好きな上杉はタバコを吸ったり肩を回したり急に落ち着かなくなりました「信玄、絶対許さん。川中島はワイのもんや!!」

843 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 15:53:09
お汁を二杯飲んだ後 しがない焼き餅を食べた氏政は言った「塩が欲しいね。」

844 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 16:05:29
こんにちわぁ信玄です、今日は勘助を殺しに来ました。

845 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 16:37:35
松永久秀だけど、家康が足利義輝を殺したとか、大仏を焼いたとか嘘の記述を書き残してると聞き恨み参上しました

846 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 16:55:13
松永久秀?w信長ですが天皇制いらね、あと比例区。

847 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 16:55:46
狸です。同時代の人間は全て極悪人か変態に書き変えました。今日の豆知識、北条早雲はお歯黒大名なり。

848 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 17:00:59
信長を殺した安田作兵衛です。俺が簡単に仕留めたのに、何故か蘭丸しか殺してないことにされてるし。まぁ、雑魚だった。

849 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 17:38:25
なお、狸が書き換えた秀吉像は「秀吉は美少年の裸体にも反応しないインポ野郎で、女に接吻すれば子が授かると思っていた。淀君が孕めたのは、主筋の権威で秀吉の上に乗ったため」であった。

850 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 17:47:35
長政の娘が仇敵の猿の子を生むわけ無いだろ。結局、誰の子なんだ?

851 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 17:53:59
全てが甘いから硬派が受けた、その精神に一致したのさ Voice of信長

852 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 18:15:10
豊臣秀頼 音楽や芸術家、若いボランテアの方々の力を合せれば革命は可能姉妹ぜよ
金吾秀秋 マジレスすると芸術で革命は起こせないと思う

853 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 18:44:26
松永久秀 芸術は爆発だ!

854 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 18:54:08
平蜘蛛の茶釜が割れると、労働者の味方、ブリガサリが現れ家康軍に襲い掛かった。

855 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 19:52:05
それに立ち向かうWASPの守護神、スーパーマン!!

856 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 20:00:26
時速は91キロだぁいっ〜♪パーマン2号も遅れるな♪(ウキィ) パーマン二号の正体は実は関ぱk・・・・

857 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 22:01:07
「動くな!特高警察だお!関白殿下の悪口を言ったヤツは逮捕します!」

858 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 22:28:04
目が覚めるとキリスト教を布教していた。

859 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 22:54:59
仏が、じぃざすの権化であると考える神本仏迹説を唱え、仏は人々を救う為にじぃざすが仮に姿を変えて現れた(権化)と説いた。

860 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 00:22:03
イエスは もう目が覚めない なぜだか そんな気がした

861 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 00:35:36
「気がした」だけで、やっぱり目は覚めた。

862 :日本@名無史さん :2006/09/17(日) 00:36:45
武田信玄:神の子 早く復活しろよ 今までダメなのなら これからも無いねw


863 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 00:56:14
織田信長 大先生(藁) この隠し湯、加熱ですか?それとも加水ですか? 

864 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 01:14:08
信玄「源泉かけ流し・自ら風流」

865 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 01:33:12
上杉謙信 ここで逢ったが百年目 ま、たまには裸の付き合いも悪くないよね
ぎゃーはっこい!テメー俺を油断させて心臓発作をさせる気だな?いや言い訳なんか聞きたくない、これはお前が持ち出した問題だろ。潔く俺に謝れ!!

866 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 01:46:57
朝倉義景「ごめんなさい」

867 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 01:57:16
今川義元 こいつ等 バカ 見苦しい 京に来るな と言う事で 私が修学旅行を兼ね 上洛します

868 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 08:25:33
東海道の今川勢の修学旅行一向を追い抜く行列があった。黄金の磔柱を先頭に進む奥州独眼竜伊達正宗勢である。

869 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 08:30:37
上洛した奥州独眼竜は一目散に陰間茶屋に向かっていった。やはり、彼の目的これだったらしい。

870 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 08:36:24
たが、日曜定休だった。

871 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 09:52:34
しかし予約を入れていたので店は開いていた。

872 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 10:04:28
アッーーアッーーーー!!陰間の野郎どもの熱い淫らな声が響きわたる。陸奥武者の武勇獰猛の極みがここにある。

873 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 11:12:14
関白エテ吉「日の本のおなごは全て儂のもん!」
猿廻北政所「何か言った?御前さま!」

874 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 12:45:16
金吾秀秋「正宗はここへ来てはいけない じきに夜になる その前にすぐ戻れ そなたの内なる風と水の名において 解き放て」

875 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 12:52:36
呼び捨てにしたかどで、小早川秀秋は叩っ斬られ、影武者世良田二郎三郎と入れ替わった

876 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 13:22:06
真相は、政宗「ウホッ!」秀秋「俺は猿の寵童としてヤラレまくって、もう飽きた、その趣味は無い。」政宗「ならば、斬る」

877 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 14:05:22
金吾「親にも叩かれたことないのになまくら刀に斬りつけられミミズ腫れになったよー。秀吉おじさん、隆景パパ 笹蒲を殺して!と言いたいところだが 余は心が広いので哀れな正宗をお許し下さい てへっ。」

878 :日本@名無史さん :2006/09/17(日) 15:45:51
最上義光「秀秋殿、マザコン野郎をポアします?俺からも秀次公に頼んでおきますよ。独眼竜は奥羽で一番の大物さ、何しろバカだからなw」

879 :日本@名無史さん :2006/09/17(日) 15:56:23
しかし皮肉な事に秀吉によって秀次は謀反のかどで切腹 細川忠興にまで疑いの目が向けられた「ギロ」。

880 :日本@名無史さん :2006/09/17(日) 16:01:47
忠興「ガラシャ おまえ猿の妾になれ そうすれば細川は安泰じゃ それしかない 連休明けがいいな 善は急げと言うからな」

881 :日本@名無史さん :2006/09/17(日) 16:34:06
(ちょっと休憩・トイレタイム)
妖怪人間ベロ 早く人間になりたいな あっ財布が落ちてる 拾って交番に届けよう
人間     あっ、それ俺の・・テメーは泥棒か!親の顔が見たいゼ(殴る蹴る・・・)

882 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 18:17:52
ガラシャ「ならばここでいますぐ殺してくださいませ」

883 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 19:02:27
忠興はガラシャに挑んで何度も昇天させるうち、猿の妾に送ることなどどうでもよくなった。

884 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 19:16:04
牟田口ぃぃぃぃ!!!牟田口をだせぇぇ!!!叩き斬ってやる!!!

885 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 20:54:10
気が付くと、牟田口に昇天させられていた。

886 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 22:02:40
「またホモネタか!」と三島由紀夫が狂喜乱舞した。

887 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 23:30:44
それを御簾の向こうでみていた法皇さまはほくそえんだ。

888 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 01:18:57
「ホモジンギスカン屋のオーナーですが何か?」と、のたまう牟田口

889 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 07:16:36
は、「無駄口たたいてる場合ではないな…」と反省し歴史から去った。

890 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 08:08:59
しかしインパールで幾万の皇軍英霊の白骨を道々に晒したことには、一切の反省もなく大往生した。

891 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 10:32:58
しかし、牟田口閣下は地獄で閻魔から門前払いを喰ったため、米海兵隊ハートマン軍曹指揮下に配属された

892 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 13:12:09
ここから牟田口の大活躍がはじまる。手始めに彼は自分の属する米海兵隊を壊滅の憂き目に遭わした。ハートマン軍曹も靖国入りである。

893 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 13:55:29
これが鳩幡大明神の成り立ちであることは、意外に知られていない。

894 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 14:21:13
そんなことよりも、長嶋は今シーズン限りで引退しそうだな。川上の後を継いで監督になるのかな。

895 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 15:29:19
牟田口を見たハートマン軍曹はあだ名をすぐに閃いた。それは…

896 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 16:40:53
「牟田口廉也だからレンちゃんにしよう」

897 :日本@名無史さん :2006/09/18(月) 17:09:49
レンちゃんは敗戦を予期し「バンザイ・クリフ」と叫びシュノーケルをつけて泳ぎ出し逃げ去りました。その姿に彼の部下は絶望し海峡に身を投じました。海に散った男達は平家蟹に、女官は桜鯛になりました。

898 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 17:59:07
これを見たレンちゃんは、寿司屋を開業。キャッチフレーズは「ネタは新鮮、蟹に鯛」

899 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 18:05:13
レンちゃんは源氏名レンちゃんと名乗り2丁目で華ばなしく鮮烈デビューした。

900 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 18:37:53
「またホモネタか!」と三島由紀夫が狂喜乱舞した。

901 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 19:01:45
勝鬨を挙げる美輪の陰で、悔し涙にくれる東郷健の姿があった

902 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 20:05:17
・・・よくみたら、東郷健ではなく前田健だった

903 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 20:11:02
「よもや、余の顔を見忘れたか!」
そこには松平健扮する八代将軍吉宗が…

904 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 20:18:16
寅さん それを言っちゃおしまいよ 前田吟 さくらをよろしく 奮闘・努力のかいもなく今日も〜明日も♪

905 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 20:20:41
鼻毛伸ばした前田を見た伊賀者たちは、これで徳川も安泰と喜びあった

906 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 20:23:34
前からやけど、何や支離滅裂やのうと睦仁は嘆いた

907 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 21:03:18
連休ゆえ仕方ありませぬ。『奥山に紅葉ふみわく厨房の声聞くときぞ秋はかなしき』でございましょう」

908 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 00:05:22
「いや。金が成るなり法隆寺であろう」

909 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 01:51:46
「いや、それにつけても金の欲しさよだろ!」

910 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 14:11:00
「わたしゃも少し背がほしい、てのもあるが」

911 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 16:45:02
根岸の里の侘び住まい、も忘れんといてや

912 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 19:55:32
連休が明けてもあんまり状況が変わらんのうとサーヤは嘆いた。

913 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 21:04:21
土方「さぁ、今から男漁りにでも出掛けるか。どんなイイ男に出会えるかなぁ!」

914 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 22:30:55
ウホッ!井伊直弼!!

915 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 01:18:30
「待たれい、土方殿。井伊の殿様は貴殿には渡さぬぞ!」と長野主膳が立ちはだかった。

916 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 02:28:07
このテポドンこそ米原潜から密かに奪ったトライデントミサイルであった

917 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 07:45:26
「土方とやら、余も一緒に行ってよいか?」衆道将軍家光が目を輝かせ立っていた。

918 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 08:08:15
家光と井伊と長野主膳と土方の激しい4Pが路上で始まった。土方「もっと男が欲しい!!」

919 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 08:52:25
そこへ現れた里谷タエは怒った、おんどりゃ〜それでも男か〜ッ!

920 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 09:07:26
土方「男だからこそだ!女には理解できない男だけのロマンなんだよ!」

921 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 09:26:55
「ホモ中華レストランオーナーですが何か?」牟田口が混ざりたそうにモジモジしている。

922 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 14:11:22
お前のウンコ超臭いからダメね、とやんわり断る土方であった

923 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 14:39:42
勝海舟が出てきよって、いやいや臭い雲古こそ野菜も立派なものが育つ、見てみい、この大根

924 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 15:16:46
そしてホモセックスに嬉々として加わる勝。土方「うほっ勝のちんぽWうまそう!」

925 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 15:48:31
玉子「パパ、あの人たち変ですわ。」
光秀「コラッ!見るんじゃない!」

926 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 15:56:22
土方「光秀、お前も俺達と一緒にや ら な い か ?」

927 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 20:38:19
ついその気になったのが運の尽き、馬の様な一物をぶち込まれた光秀は泡を吹いて失神

928 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 21:01:43
植物人間化した光秀に代って佐和山城の実権を握ったのは島左近だった

929 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 21:22:37
牟田口ぃぃぃぃ!!!牟田口をだせぇぇ!!!叩き斬ってやる!!!


930 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 21:25:23
島に逃げられた三成は新たなホモダチを探して諸国行脚の旅に・・・

931 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 00:47:06
その頃、佐久間象山は、自分のイチモツに似せた大砲の製作に余念がなかった。

932 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 05:52:01
妻に呆れられるほどの速射を再現するため、砲種はガトリング砲を選択した。発射回数は無論見栄である。

933 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 07:19:18
男は回数や太さではないわい、と浅原教祖は獄舎で糞まみれになりながら自慢した

934 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 08:58:08
植草教授はつぶやいた、羨ましい

935 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 09:28:22
女帝は吠えた、フン、魔羅自慢かよ、オナゴの場合、締まりよっか腰使いじゃな

936 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 18:57:46
あんたんのはガバガバ、象のハリボテ作ってやるさかい、と平賀源内は長屋に篭った

937 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 19:10:07
一人で部屋籠もる源内はここぞとばかりに土方達に犯された

938 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 19:36:05
いと、そっと願っていたが、儚い望みだった。

939 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 19:37:21
秋深し隣はなにを・・・とカベの穴から源内宅を覗いていた芭蕉は驚いて・・・

940 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 19:52:20
南町奉行所に駆け込んだ

941 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 20:25:26
奉行所では奥州王政宗が大岡忠相を掘ってる最中だった…

942 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 20:28:07
三成の水攻めが成功しホモ達は繋ったまま江戸湾へと流された…

943 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 21:11:40
が、ホモ達は三成の尻を堀り攻略、新たなホモを増やした。三成「ホモ行為だ〜いしゅき!」

944 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 21:15:28
「江戸時代は男色が日常とはいえ、困ったことでありんす」高尾大夫は一口吸った煙管を煙草盆で叩いた。

945 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 21:28:49
阿部定は大喜びできのこ狩りに励んだ。京都に彼女が刈った数万の"きのこ"を埋めた"きのこ塚"が耳塚・鼻塚の横に作られた

946 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 22:12:15
「前スレ末ではメイド旋風が吹き荒れ、このスレ末ではホモの嵐が吹き荒れる。末世じゃ」と法皇様は嘆いた。

947 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 22:20:50
その法皇様も土方達に掘られた途端、ホモに開眼したのだ。

948 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 23:15:34
かの有名な今様「この世をば、釜堀りせむとや生まれけむ」ができたのは、このような史実があったからである。

949 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 23:19:59
土方「今度は誰を掘ろうかな!」

950 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 00:18:49
土方のギラついた眼差しに気付いた世の男達は一斉にケツを突きだした…

951 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 09:43:35
オラもかててけれ、とクレヨンしんチャンまでケツを剥き出しにしてねだる

952 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 13:52:24
う〜むガキンチョまで徳川の残党になびくとは、土方を討てぃ、有栖川宮は号令した

953 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 14:05:38
函館でひとり寂しがっていたのは、榎本釜次郎だった。

954 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 16:58:24
訪れた光圀公、カマさんやお互いに賊は苦労しますな〜浮世の苦労は忘れて楽しみますか

955 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 18:06:36
ここに新しいホモカップル、榎本カマ次郎×徳川光圀が誕生した。しかし榎本は土方ともデキていたのだ

956 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 18:55:43
白河院だけど、俺がそっちの趣味を持っていなかったら、古代みたいに王権を武力で争う時代にはならなかっただろうに。

957 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 00:30:30
後醍醐だって、尻のこじれから吉野に篭っちゃったんだからね。

958 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 07:37:14
そのまま、隠岐に隠棲していればいいものを・・・この両刀使いが!

959 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 07:49:23
佐々木小次郎「痛っ」宮本武蔵「小次郎、敗れたり」小次郎「お前は二刀流ではないのか?これはアン・フェアーだ」

960 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 07:59:29
今川義元「太ったからダメなんだよ」

961 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 08:14:43
お歯黒大名北条早雲参上。今川だけにお歯黒大名の名を奪わせやしない。

962 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 08:33:06
信長「ブタは氏ね!」

963 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 08:39:00
義元が首級で蹴鞠をしてくれるわ。サルゥゥゥゥ!!!馬ひけぇぇぇ!!!

964 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 08:43:20
平敦盛 私綺麗?口を精一杯広げ(血の赤とお歯黒の黒と熊谷と夕日が反射して)

965 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 08:51:30
しかし熊谷直実は、敦盛よりも敦盛の乗馬の引き締まった肉体に視線が釘付けであった。

966 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 10:14:52
熊谷直実の挙動不審について小田原城では北条一門をあげて徹夜で会議が行われた。

967 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 10:51:54
「俺は熊谷真実のファンだから」

968 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 11:08:52
「やらないか?」

969 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 13:12:15
近藤さんにフェラをしながら土方たんが言った

970 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 15:58:27
近藤む負けるな一茶是にあり    温かい目でじっと見守っている一茶の姿がそこにはあった。

971 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 19:08:13
牟田口ぃぃぃぃ!!!牟田口をだせぇぇ!!!叩き斬ってやる!!!


972 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 19:40:07
しかし牟田口は土方のふぇらで昇天し

973 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 20:11:13
すでにこの世には存在しなかった。

974 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 20:23:30
辻ぃぃぃぃ!!!辻をだせぇぇ!!!叩き斬ってやる!!!

975 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 20:55:43
辻は土方に掘られている真っ最中

976 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 22:52:08
よく知らんけど刀伊とかいうのが攻めて来て、対馬全滅だってさ。なんか北九州に上陸しているらしいぜ。まぁ、いいか。

977 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 23:09:05
いいよ別に。

978 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 23:29:01
よくないよ、と、かゆをすする北条泰時

979 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 10:07:16
いいぢゃん別に。めんどくせーし。

980 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 10:28:22
腰の重い鎌倉に逆切れした竹崎季長が幕府めがけて「てつはう」を発射した。

981 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 11:15:58
そこで駿河湾に陣取っている戦艦「三笠」のデューク東郷をスナイパーとして交渉した。

982 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 13:58:51
デューク更家がやって来た。

983 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 14:18:43
デューク更家は芭蕉を見習い得意のモンロー・ウォークでみちのくへと旅立った
彼の目的は表向きには藤原秀衡に援軍を乞う事であるが実は夏油温泉に入ろうと企んでいたのだ

984 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 14:24:05
「おれが先に入るのだー!!」武田信玄は騎馬隊を率い奥州攻めを開始した

985 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 14:39:19
迷惑した秀衡は義経を人質に取り後生掛のオンドル城で1週間位過ごす事にしました(ここなら佐竹の援軍も近いからな)

986 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 14:50:14
しかしその佐竹は庄内勢に雄物川南岸まで侵され椿台まで射程距離にされていた

987 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 14:55:10
人質の義経が伝書鳩に文を書いて援軍要請するとボルギジンの陣幕からただちに息子のジュチ軍10万とバトゥ軍12万5千が鴨緑江を渡河して進撃を開始した。

988 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 15:08:10
義経の活躍で敵は去ったが渋江政光は戦死した、この事で逆恨みした金輪五郎は大村益次郎を襲った。

989 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 15:53:32
幕末や戦国・太平洋戦争は非情よ・・と思う信玄は労咳を隠し馬に揺られていた「漢は背中ぜよ、ゴホッ」クローズアップ
謙信「信子カムバーック!」
信長「ダーリンうちのお湯バスクリーンだっちゃ!」

990 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 16:30:35
源頼朝 電車に轢かれ腕を怪我したので肘折温泉に入っても良いですか?

991 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 16:40:09
西郷隆盛「おいどんは閻魔大王でごわす、寒の地獄はチョーキビシィー・チェストー!!」

992 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 16:46:06
そのどさくさに紛れデューク更家は、油虫温泉に浸かっていた。「極楽極楽♪頼朝もこっちに来りゃいいんだよ。馬鹿なヤシ。ぬほほほほほほ♪」

993 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 16:55:17
頼朝と再会出来た義経はお兄ちゃんを信じていました。「秀爺と泰衡さんに助けてもらったんだよ。」泰衡は自分の名が出された事に不愉快でしたが、そこは長者の貫禄 笑って毛通寺を進呈しました。

994 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 16:56:02
土方「温泉とは自ら無防備になってから…」家光「どれ、余らの仲間に加えてやろう…」

995 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 17:20:29
坂本竜馬「だから新鮮組だけが目立つなっちゅうの。じゃ俺に何が出来るの?何が出来るだと?そんなの俺にもわからん。」

996 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 17:39:30
鍋島漱石「吾輩はネコである、道後はいいぞ。赤いリボンが良く似合うね」

997 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 17:56:42
加藤清正
有馬や草津はわかるが下郎?はあ?別府・湯布院・黒川・雲仙もあるよ

998 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 18:22:23
家光「次スレでも掘りまくるから!」

999 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 18:50:52
掘るんやったら芋掘らんかい!と諫言する青木昆陽だった

1000 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 19:45:35
次スレ立て禁止。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

135 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)