2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

京都弁はなぜ三重弁とそっくりなのか?

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/29(土) 14:50:29
特に女の喋り方が「○○しはる」以外はすごく似てる。

結構離れてて交流も少ないのになぜ?

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/29(土) 15:23:18
三重弁が京都言葉の訛りであるというのが正しい。

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/30(日) 02:52:04
三重では、
あした>あさって>ささって>しあさって
だけど、京都もそうなの?

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/30(日) 02:53:01
ごあさって、ろくあさって、ななあさって、はちあさって、と続く。

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/30(日) 03:52:42
京都とは近いけど、かなり離れている徳島と言葉が似ているのは意外だ

車がつんどる
あばばい
えらい
はしかい
しない!(しなさい)
なー(語尾)

6 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/30(日) 03:56:22
三重には京都文化が昔流れてたらしいよ

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/30(日) 06:47:48
三重は近畿地方だからあたりまえ


糸冬

8 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/30(日) 06:52:39
>>3-4
京都は
あした>あさって>>しあさって


ごくまれにしあさっての次の日を「ごあさって」という人はマジで存在する
東国の方で言う「やのあさって」は絶対に使わない

9 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/30(日) 15:35:55
全ての日本語は京都より出づ。

10 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/31(月) 19:04:05
伊勢の出えの人知ってますけど京都に何十年居はっても訛りが抜けまへんなあ。
もともとぜんぜん似てへんさかい。
京都は「猫」を低高で発音したりしまへんさかい。
誰やなこんなん立てたん。

11 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/31(月) 19:12:24
京都と三重はアクセントが違うんだ?

12 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/31(月) 19:57:38
「できへん」のアクセントが微妙に違う
三重では平板だが京都では へん を強く発音している気がする
三重では「できやん」もわりと使うけど

あと語尾に「な」が多いのは三重と関西では共通

13 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/31(月) 20:09:37
「〜へん」のアクセントは連用形のアクセント+HL(町、川、皆、来た、などと同じ)ですか?
例えば
「できへん」高高高低,HLHL(=「はよせい」と同じアクセント)
「書かへん」低低高低,LLHL(=「まだせん」と同じアクセント)
ですか?

14 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/07/31(月) 20:30:47
三重の俚言について語るスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1012173916/

いくら何でもそろそろまとめてくれ

15 :できへんのアクセント:2006/08/03(木) 00:06:46
三重では高高高低
京都を含む関西では高低高低

自分にはこう聞こえる。

16 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/05(土) 23:49:50
三重弁といっても伊賀弁と伊勢弁に分かれますが。この2つでもかなり違う。

17 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/05(土) 23:59:15
伊賀弁…何してんの?

伊勢弁…何しとんの?

18 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/06(日) 00:08:50
>>18
「そーなん?」の発音も違う。伊賀は大阪とかと同じで、伊勢は「遭難」と同じ発音になる。他に、
伊賀→「いーひん、おらへん、いやへん」
伊勢→「おらん」


19 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/06(日) 02:30:26
伊賀では、伊賀忍者のことをどういいますか?
伊勢では、伊勢海老のことをどういいますか?

20 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/08(火) 10:20:08
オランダには誰も【おらん】だ

 ↑
これは三重県人しか言わないダジャレ?

21 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/10(木) 16:31:26
>>18
津は「そうなん?」のアクセントが遭難と同じだが
北勢地方では関西圏と同じアクセント

22 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/10(木) 21:16:39
>>21
伊勢でも同じく関西圏のアクセント。

23 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/12(土) 01:39:08
>>1
そっくりというほどは似てない。

24 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/12(土) 12:47:04
アクセントが違うだろ

25 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/15(火) 11:28:31
似てるのは三重弁ではなく伊賀弁。

26 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/15(火) 23:38:49
泉州(大阪の)人ですが、泉州弁と京都弁はなんか似てると思う。
京都・三重・徳島・泉州・・・大阪が言語的中心ということでしょうか。

27 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/16(水) 00:23:27
>>26
大阪弁は京都言葉の訛りですよ。

28 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/16(水) 09:04:20
>>24
アクセントの違いは近畿圏の住人にしかわからん

29 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/16(水) 15:49:28
そうなん?を遭難と同じアクセントで言われると
なんか温かみがない

30 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/16(水) 18:10:23
>>27
ちがいますよ。あほんだら。

31 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/16(水) 21:57:52
あほんだらって三重弁?

32 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/17(木) 00:30:19
「だら」は、東北・関東・中部地方・熊本県で人糞肥料を意味する言葉だと
広辞苑にあるが、それとは全く無関係に、「あほんだら」は「阿呆の
陀羅尼助」→「阿呆の陀羅助」→「あほんだら」と変化したもの。
「陀羅尼助」とは、僧侶がダーラニー(音写で陀羅尼。呪文のこと)を
唱える時の睡魔を防ぐ「助(助け)」となるために作られた薬のことだが、
これが「陀羅助」とつづまった時に、その音から「だらしない男」の意味に
改変されてしまい、これが「阿呆(あほう→あほ)」とくっつけられて
罵倒語となった。近世に京都を中心とした上方で成立した言葉であり、
この「あほんだら」から東国でよく使われる「あんぽんたん」が派生した。

33 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/17(木) 01:52:15
「阿呆太郎」やと思てた。

34 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/17(木) 02:49:59
>>33
「太郎」は長男という意味で、やがては男を表す語として普及したので、
「陀羅助」の「助」が男を表す語として使われるようになったのと同じ
に考えていい。
「助」といえば、「助平(すけべい→すけべ)」も近世上方言葉で、
「好き兵衛」が変化したもの。「兵衛(べい、べえ)」は元来兵衛府の兵士
のことだが、後にこれも男を意味する言葉として普及した。

35 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/17(木) 06:07:18
京都府北部に大江山口内宮という駅があるけど
伊勢神宮と関係あるの?

36 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/17(木) 15:18:48
>>35
元伊勢がある。伊勢神宮は元々ここにあった。
http://www5.ocn.ne.jp/~miyosino/kamigami_001.htm

37 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/17(木) 20:11:10
なぜ京都弁はなぜ三重弁とそっくりなのか?て言うたらナ、
昔は鈴鹿山脈を越えて伊勢と近江は交流が頻繁やったでナ、
近江経由で京文化が伊勢にドンドン入って来てたんや。

名古屋にしろ大阪にしろ街の歴史は戦国時代末からやんか。
そやけど京都は平安時代以来、雅な文化を栄えさせて
伊勢人(特に北勢人)は毎日鈴鹿山脈を仰ぎ見てナ、
山の向こうの京の都に思いを馳せてたんや。(by津市民)

38 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/18(金) 13:46:55
京都府南部で女子高生が「できやん」とか「とれやん」を
使ってるのを初めて聞いたが否定のやんってかなり頻度は少ないが
三重以外でも使う地域があることに驚いたよ

39 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/18(金) 14:06:05
>>38
京都府南部というと誤解が生じる。京都市は南部にあるから。
「〜やん」(「しやんといて」など)は、奈良に近い山城南部地域で
よく使われる。

40 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/19(土) 17:11:13
関西は女のほうが「〜ねん」を使う頻度多くね?

41 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/20(日) 16:58:24
三重の女の顔立ちや話し方は
京女にそっくりやな。

42 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/20(日) 17:14:32
おれが>>7 で終了させてるのにまだ蒸し返す馬鹿がいるのか
1.三重は東海地方ではあるが近畿地方でもある
2.三重県伊賀地方は京都府の隣県である
3.三重県伊賀上野から京都府の南の玄関の木津までは車でも列車でも30分で行ける
4.三重県伊賀から毎日京都(草津経由)・大阪(近鉄)に通勤している人もいる
このような事実から、京都弁と三重言葉に大きな違いがあるわけがない
もっとも似てるのは厳密には南山城と伊賀だけど

43 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/20(日) 20:11:21
>38,39
へえ〜そうなんや・・。「〜やん」使うのは三重と和歌山だけやと思っとったけど。

>40
そうやな。三重県では「〜ねん」って絶対言わんなあ。関西のお笑い芸人のマネ以外では・・。
例)
・何やねん!→何や!
・何言うてんねん!→何言うとるんやー!
・何も考えてないねん→何も考えてないんやわ
・後悔してんねん→後悔しとるんさー!

44 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/20(日) 20:16:53
>21,22,29
久居の香具師が「そうなん?」を「遭難」と同じ調子で言うとったの思い出したわ。
「何か変やな」と軽く思ったけど、突っ込まへんだわ。そう大した話っちゃうで。

45 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/22(火) 04:32:18
>>43

>>38-39
へえ〜



>>44

>>21-22 >>29
久居の

46 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/22(火) 20:11:28
大津の女の言葉も三重弁みたいだよ

47 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/22(火) 22:20:19
>>46
三重弁ていうより伊賀弁に近い。

48 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/23(水) 20:06:38
>46
ようするに
三重弁に一番近いのは滋賀弁であり
滋賀弁が最も影響を受けているのが京都弁ということや

49 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/27(日) 14:03:12
滋賀県南部でも疲れたをえらいって言う?

50 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/27(日) 18:57:14
ねこ・オス・メス 
この辺のイントネーションは
三重弁は逆だな。



51 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/27(日) 19:38:57
滋賀でも 〜やんを使うのかいなあ?
滋賀の人教えてんな。

52 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/27(日) 19:55:45
滋賀に住んどる三重県民やけど
ツッコミ入れる時に使う「やん」は頻繁に使う
(例・ちゃうやん、あかんやん)

否定のやんは聞いたことがないのでたぶん使わんと思う


53 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/29(火) 05:53:17
滋賀では
できやん は使うのかな?
(例・ちゃうやん、あかんやん)も否定と思うけど

54 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/29(火) 10:11:37
滋賀ではできやんはたまに使う人がいる程度であまり聞かない。

55 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/30(水) 09:26:07
あじない(LLHL)って三重弁?

味が無いという意味ではなくおいしくないという意味で使う
年寄りしか使わないけど

56 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/30(水) 21:22:51
■京都言葉と大阪言葉の違い■
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/keihan.html

これを見ると三重のアクセントは大阪式ではなく
京都式であることがわかる

57 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/30(水) 21:26:38
■京言葉・語彙集■
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/goishuu/
ここに あじない が出てるで
やっぱし京都弁やな

58 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/30(水) 21:48:26
「あじない」大阪南部でも使います。なんか、単純に美味しくないというより、
食欲がわかなくてまずい、て感じで。

59 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/30(水) 21:55:35
いい加減三重弁でひとくくりにするのはやめてほしい。

60 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/08/31(木) 23:46:31
だんない、だんない。

61 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/01(金) 10:04:42
京都の人はキレてる時や自分の子供を叱る時は典型的な怖い関西弁を使うが
三重の人は関西弁の怖さを感じさせない言い方をする

62 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/02(土) 08:25:44
おいない、おいない、伊勢へおいない

63 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/02(土) 09:42:19
伊勢弁では否定に「ひん・へん」を使わず、語尾に「〜やねん」を使わない。また「居る」を「おる」と発音する
一方伊賀弁は否定に「やん」をあまり使わず、語尾に「〜やに」を使わない。また「居る」を「いる」と発音する。
厳密に言うと、似てるのは京都山城の言葉と伊賀弁。

64 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/03(日) 03:00:19
だんないってなんて意味?

65 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/03(日) 09:34:16
京都弁のあれこれ
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/esv389gt/kyotoben.html

だんないも京都弁や。

66 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/03(日) 09:37:54
>62
■京言葉・語彙集■
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/goishuu/
おいないも 京都弁やで


67 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/03(日) 12:23:26
ごめんな、遅れてしもて。

だんない、だんない。(かめへん、かめへん)

今着たとこや。

68 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/03(日) 14:19:28
京都弁と三重弁は紙一重

69 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/03(日) 20:14:08
『うっとこ おいない』は
ポピュラーな京都弁であるが、
桑名でも高齢者が使っているようやな。

70 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/04(月) 04:27:06
ワームホールでつながっているから

71 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/04(月) 20:16:00
「あそこ」を「あっこ」って言うのは方言?

72 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/04(月) 20:26:42
京言葉で、あそこのこと

「あこ」「あっこ」とも言う 「あこにある好きなもん持っていき」
http://homepage2.nifty.com/misakibas/iroha.htm


73 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/04(月) 21:50:03
信州諏訪だけど「あっこ」はうちでも言うよ

74 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/04(月) 23:30:52
あっこは珍しく若者も無意識のうちに使ってる@三重

【例】あっこ 行こに(あそこへ行こうよ)

75 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/04(月) 23:42:00
「あそこ」は東京訛りだと「あすこ」だね。

76 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/04(月) 23:48:37
京都では一昨日を「おとつい」という。他にもいうとこありますか?

77 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/04(月) 23:58:55
>>76
三重県伊賀で使ってる。

78 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/05(火) 00:09:32
>>76
頻度は少ないが伊勢地方でも使う
おとついより普通に「二日前」と言うことの方が多いかも

79 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/05(火) 00:14:40
>>76
普通に名古屋でも使ってる。
というより神奈川の辺りでも使われてるところがある。
東北地方では使われないだけで、西日本ではほとんどおとついでしょ。

80 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/05(火) 00:35:30
次の京都言葉もよそで使われていますか?

いちびる(ふざける)・いらち(落ち着きのない人)・おちょくる(からかう)・
きばる(がんばる)・ぎょうさん(たくさん)・しんどい(疲れた)・せわしない(忙しい)・
とろい(のろい)・どんつき(突き当たり)・にぬき(固ゆで卵)・ぶっちゃける(うちあける)・
まったり(まろやか)・もっさい(野暮ったい、古い)

81 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/05(火) 00:50:29
正直大学で京都来てるから合ってるか自信ないけど
名古屋ではおちょくる、ぎょうさん(お年寄りだけ)、しんどい、せわしない
とろい、ぶっちゃける、まったり、もっさい辺りは使われている気がする。

三重ではよく分かりません、ごめんなさい。

82 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/05(火) 10:12:11
>>80
三重(伊賀)ではおちょくる・きばる(年寄り)・ぎょうさん(年寄り)・しんどい・せわしない(年寄り)・とろい・ぶっちゃける・まったりを使ってるような気がします。

83 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/05(火) 22:25:19
だんない、あっこ は南大阪でもつかうなあ
「〜やん」も言う人は多い。

>>80は、「きばる」と「もっさい」以外は大阪全域で使う気がします。。。
南大阪では「みぬき」かな。でも「にぬき」も言うし、どっちでもいいや。

「きばる」は鹿児島でも言うし、沖縄の「チバリヨー」は「きばれよー」
と思う。

84 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/07(木) 19:15:01
>80
四日市 富田(とみだ)弁辞書
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/yako6118/htdocs/tomidabenn.html
この中に以下の言葉が記載されてまっさ。

いちびる(ふざける)・いらち(落ち着きのない人)・
きばる(がんばる)・ぎょうさん(たくさん)・しんどい(疲れた)
とろい(のろい)・どんつき(突き当たり)・ぶっちゃける(うちあける)・
もっさい(野暮ったい、古い)


85 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/07(木) 19:22:17
>81
名古屋ではぶっちゃけるではなくて
ほーかる だろ?

86 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/07(木) 23:40:31
>>85
名古屋ではぶっちゃけるは主に若い人中心に使われているよ。
そもそもこれは京都言葉ではないし。
あと、ほかる(ほーかる)は捨てるという意味だから、全然違うよ。

87 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/07(木) 23:58:05
「ほかる」は京都言葉「ほかす」の訛り。
「ほかす」は京都古語「放下す」に由来している。

88 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/08(金) 00:09:04
もともと捨てるという意味の単語は、関西では「すつ」もしくはそれに類する言葉が
使われていて標準語の「捨てる」に近い言葉が使われてきた。

「ほかす」も「ほかる」も投げるという意味のほーるからきたもの。
「ほかす」は「ほかる」が変化したものと考えられている。

89 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/08(金) 05:38:29
そもそも名古屋弁は
単語では京都の影響を受け類似するものもあるのだが
三重や京都とはアクセントが異なっているからね。


90 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/09(土) 00:34:57
>>88
三重では「ほる」が一般的かな。

91 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/09(土) 21:00:03
「ゴミほり(ゴミ捨て)当番」なんつうもんがあるくらいやでな。

92 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/09(土) 23:32:57
滋賀県西部と津の女の言葉も区別がつかない程似てる




93 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/10(日) 00:32:58
大津の女の子と津の女の子と知り合いにいるけど全然気がつかなかった
津の人は方言出してないからかな
今度なんとか方言でしゃべってもらってみよう

94 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/10(日) 00:33:42
>>90
伊賀では「ほかす」の方が多いです。

95 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/10(日) 07:38:18
>>93
津は年代的には女子高生の喋り方がうちの会社(京滋地区)の
20〜30歳ぐらいの女性の喋り方に近い


96 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/10(日) 14:13:37
>津は年代的には女子高生の喋り方がうちの会社(京滋地区)の
>20〜30歳ぐらいの女性の喋り方に近い

津の女子高生と京滋地区の女子高生の喋り方とは違うの?



97 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/10(日) 14:51:01
三重人は関西系(京都系)やでナ、
京都・滋賀方面へ出て行けば、言葉の面でも
さほど違和感無く馴染めるということやナ。 (by津市民)


98 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/11(月) 18:19:34
京都市に遊びに行った時、学生くらいの年齢の女性が「〜できやん」と喋ってるのが聞こえてきました。

99 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/11(月) 23:00:58
そんなん上出来やん

100 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/13(水) 00:27:56
100

101 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/13(水) 08:16:03
桑名・四日市・鈴鹿・亀山と京都は昔は東海道を通じて
交流があったから言葉が似ているのも不思議ではないな。

JR東海道線が三重県を通らなかったことも影響しているだろうけど
今では三重県に東海道が通っていたという気はあまりしない。

102 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/13(水) 09:05:43
最近は名古屋に通勤する人も増えているから、名古屋弁の影響も
そのうち出てくるかもね。

103 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/14(木) 20:34:34
名古屋弁を口真似するような者は
三重には絶対にいないよ。w)

どんな馬鹿でも、まずありえない話だ。


104 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/14(木) 23:09:56
実際北勢のほうは少しずつ変わってきていると思うけどな。
少なくとも語彙のレベルではすでに入っているでしょ。

105 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/15(金) 01:27:43
というか名古屋弁を聞く機会が現在の名古屋では全くない。

名古屋人ですら標準語を真似て喋っているし

106 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/15(金) 04:12:39
>>105
うそつき、
言語板でようそんなこと言うわ。
大須にでも行ってみぃ。

107 :105だが:2006/09/15(金) 21:31:25
名駅、栄はたまに行くが大須は8年ぐらい行ってないな

108 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/16(土) 07:45:03
名古屋弁などという非常にみっともない言葉を
絶対に真似るものではないよ。
自分で自分を、おとしめる行為なのだから。

109 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/16(土) 07:56:59
お国自慢に帰ったら?

110 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/16(土) 08:27:00
「四季のおばんざいの店」があるが(三重)
これって京都弁(関西弁)?

111 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/16(土) 08:42:33
京都の言葉だね。
ただおばんざいと言うのは日常のおかずという意味だから
四季のおばんざいってちょっとおかしい気もする。
まあでも普通に使われているし、いいかな。

112 :四日市:2006/09/16(土) 11:43:07
>>108
高校時代、桑名の人は名古屋弁を話してイジられてた・・・

113 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/16(土) 12:47:14
桑名市長島町、桑名郡木曾岬町は
元来名古屋弁なんですよ。
つまり揖斐川を境にして言葉が変わるんです。
長島は戦国時代に一向宗徒が立て籠もり
信長軍に全員が虐殺されて無人になりましたから
その後、弥富方面から尾張人が移住してきたのでしょう。

114 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/17(日) 11:17:28
木曽岬町はかつて愛知県に編入する計画があったらしいな。
でも伊勢湾台風でかなりの数の町民が死んで
編入どころではない状況になり結局は編入されなかった。

115 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/17(日) 19:46:38
今から15年程前だけど
桑名へ行って、昔の城跡のあたりを歩いていたら道に迷って
地元のおじいさん二人に道を聞いたら、
京阪式アクセントで『そこを右に曲がって行きナハレ』と言われた時
桑名は名古屋に近いのに、つくづく関西人だなと実感したよ。

116 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

117 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/17(日) 22:52:52
今日鈴鹿市内で女子高生が「ほんまにー? あっ、ほんまやー」
って言ってるのを聞いたがやっぱり京都の言葉と似てるね。

118 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/18(月) 09:25:29
鈴鹿インターチェンジから鈴鹿山脈は目の前に見える。
わずか8km程で山頂となり、峠を越すと滋賀である。

今でこそ三重と滋賀の交流は少ないが、
昔は鈴鹿山脈には、いくつもの峠道があり交流が盛んだったのだ。

鈴鹿峠以外にも八風街道、千草街道をはじめ、水沢峠、石ぐれ峠、鞍掛峠など
近江と北勢の往来は盛んだったのだ。


119 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/18(月) 09:36:55
>>1それは三重が関西依存が多い県だから。つまりマネ。

120 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/20(水) 02:50:35
>>119
マジレスするのもアレだが元々三重県は関西だったのが
名古屋中京圏の拡大で伊勢北中部までをあっちにぶん捕られただけなの。
で、東京の決めた行政区域とあいまって変に納得してるだけなの。

一番浮かばれないのはぶん捕られてないのに見捨てられた形の伊賀の民。

121 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/22(金) 09:21:13
三重では「マクドナルド」をどう発音しますか?

122 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/22(金) 09:22:48
発音というか、マックかマクドのどちらですか?

123 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/22(金) 11:01:17
上野・名張は「マクド」

124 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 00:44:44
松阪は大方マック
マクド言うやつもいる

125 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 03:05:42
>>121
上野はマクダーナォ(最後舌を上の歯の後ろにつける感じで”ォ”)

126 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 09:14:35
京都でよく使われる【○○してる】を【○○しとる】に置き換えると
三重弁(伊勢弁)っぽくなる

127 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 13:09:03
伊勢弁では
【○○してはる】【○○しはる】【○○しやはる】は使いますか?


128 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 13:24:43
ただ見栄県が関西依存してるだけ。


129 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 15:16:28
>>127
どれも使わないよ
京都弁の影響だろうが「エ言葉」なら年寄りがたまに使う

行ったんかえ−?(行ったの?)
待っとんなえー(待っててね)

130 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 16:59:50
[125]
アメリカ発音だろ
それ

131 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 20:56:06
「マック」息子
「ドナルド」人名・ドナルド

∴「『マック』食べ行こ〜」=「『息子』食べ行こ〜」
 もう、全国一致で「マクド」にしとけよ。

132 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/23(土) 23:09:07
>>127
北勢地方では、

【○○してみえる】【○○しなさる】【○○してござる】

と言う(右は相当年寄り言葉・・)。
たぶん伊勢地方の大部分で同じはず。

漏の母親(桑名出身)は「〜しやんす」というかなり古い城下町言葉を使うことがあるけど。

133 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/24(日) 08:20:33
「〜しやんす」は滋賀県長浜あたりで使うよね。
http://www.biwa.ne.jp/~bravo/hougen.htm

134 :132:2006/09/24(日) 10:13:50
上に関連して、【やらんす】という表現もある。
命令形は「やらんせ」

135 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/24(日) 20:49:16
回転寿司で食い終わった時に客が店員に「おあいそお願いします」
て、言う場合があるけどこれは伊勢弁? それとも全国共通?

136 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/25(月) 00:53:14
>>135
共通とオモ。

137 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/26(火) 00:55:36
堀井令以知『京都語を学ぶ人のために』読んだ人居る?

138 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/28(木) 18:55:59
京都や滋賀では「えらい」(=疲れた)って意味通じる?

139 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/28(木) 20:12:08
三重で使う『づつない』は京都や滋賀では使うかな?

140 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/28(木) 21:12:42
>>139
どういう意味ですか? 「つらい」という意味ですか?

141 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/28(木) 23:16:28
>>135
「おあいそ」は京都言葉。

142 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/29(金) 00:46:28
>>139
年寄りが使うかどうかは知らないが京都・滋賀の若者は使わない。
三重でもづつないは若者はあまり使わないよ。
年寄りはわりと使うけど、

143 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/29(金) 00:47:42
>>140
食い過ぎて苦しい、という意味

144 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/29(金) 20:18:14
京都・滋賀の年寄りの人に
づつないを知っているか、聞いてみていただければ
ありがたいのですが。

145 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/09/29(金) 20:25:52
三重県四日市出身の作家 丹羽文雄氏の小説の中で
戦前の四日市の言葉が頻繁に登場します。

1)小説 青麦の一文
『よくならへんさかい...養生したらどうだすやろうな』
『水沢村なら、まだこれから十町も先だすが』
『家は一軒だけだすで、ずくにわかりますさ』
『やりきれん さかい』

146 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/01(日) 12:39:08
ttp://www.library.pref.gifu.jp/map/bunpuzu/htm/gifu/7nendo/g160305_.htm

づつないは岐阜でも使うみたい

147 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/01(日) 19:30:38
>>145
当方、四日市出身。
戦前は「〜さかい」使ってたって聞いてビビッた。今は「〜で、やで」専用だから。

沢村栄治のコメント見ると、昔はかなり京都寄りのしゃべり方してたみたいね。

148 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/06(金) 12:44:22
〜さかい は現在の関西でもオッサンしか使わないでしょ

149 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/06(金) 14:18:55
伊勢弁の「できやん」って
関西弁の「できやへん」から二通りの省略系ができて
関西では「できへん」に、
三重では「できやん」に省略化されたのが由来?



150 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/06(金) 18:17:59
三重県四日市出身の作家 丹羽文雄氏の小説の中で
戦前の四日市の言葉が頻繁に登場します。

2)小説 青麦の一文
『いそがしければ、たまにおいなはれ』
『よう知っといなさる』
『安心して、おいなはるのやろうか』
『部屋にかよって、おいなさったのや』


151 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/07(土) 01:09:04
>>147
沢村栄治は高校が京都商業じゃなかったっけ?

152 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/07(土) 09:46:13
>>151
1917年2月1日、三重県宇治山田市(現・伊勢市)生まれ。
京都商業の投手
1933年春、1934年春・夏の高校野球全国大会出場
1934年の夏の大会終了後に京都商業を中退
現在の読売ジャイアンツの基礎となる全日本チームに参戦


153 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/07(土) 13:48:29
高校じゃなくて中学野球かな、とつっこんでみる

154 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/07(土) 15:12:32
『伊勢の方言』
この中に 〜さかい があるで。
http://www.isesyoyu.co.jp/hougen/index.htm

155 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/07(土) 16:37:52
>>149
大半の関西は「できひん」

156 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/07(土) 21:39:52
語尾に「〜だ」をつけるのは伊賀弁だけ?
例:「しーひんだ」「行かへんだ」「できひんだ」

157 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/07(土) 22:25:03
伊勢弁でも同じ。
「しやんだ」「行かへんだ」「できやんだ」

ただし若い人では「〜んかった」に置き換えられつつある・・。

158 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/08(日) 07:19:41
京都弁で きいひん
大阪弁で こーへん

北勢では 京都風に きいひんだが
南勢や伊賀では、どうですか?

159 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/08(日) 11:18:14
大阪は けーへん じゃないの?
中勢は こやん こーへん きやへん こやへん

160 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/08(日) 13:02:26
北勢で きいひん はあまり聞かないぞ
こやん が主流かと

161 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/08(日) 16:05:12
こやん【なんで関西弁は色々な言い方があるの?】きーひん


これでスレができそうw

162 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/09(月) 07:43:33
三重県四日市出身の作家 丹羽文雄氏の小説の中で
戦前の四日市の言葉が頻繁に登場します。

3)小説 青麦の一文
『屋根から落ちなしてから』
『お茶をどうしとるな』
『何もでけません』



163 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/23(月) 21:12:23
京都市内や大津でもたまに否定のやん聞くことがある
嫁に行けやん等

「〜へん」(ひん)と「否定のやん」を40:1ぐらいの頻度で使ってる感じ
四国東部の人がなぜか否定のやん使ってるの聞いたこともある
頻度はかなり少ないけど

164 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/10/28(土) 11:09:03
考えられるのは、昔は京都では、〜やんを通常使っていて
三重でも普及した。しかし途中で京都が 〜へんに変化してしまったが
三重では、〜やんが温存されたということ。

四国東部も同じ理由。

165 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/11/05(日) 01:13:03
福井県北部の無アクセント地帯や能登半島の付け根部分でも
「しやん」「できやん」は聞いたことあるけど
頻繁に使ってる感じではなかったな

それよりも能登半島の付け根部分で「〜しとる」が
わりと使われてたことが意外だった。


166 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/11/05(日) 09:27:17
〜やん は京都弁の古語かいな。

167 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/11/06(月) 07:48:50
もしかして否定のやんって佐渡でも使う?
と聞いても佐渡でこのスレ見てる人はいないだろうな

168 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/11/07(火) 00:39:38
>>158
来はらへん、とか

169 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/11/07(火) 01:09:46
〜やんは和歌山の言葉やと思う。
和歌山出身の人がやんやん言ってるのよく聞くよ。
例:できやんやん、来やんやん。食べやんやん

170 :名無し象は鼻がウナギだ!:2007/01/09(火) 11:27:13
>>158
本来の伊賀弁だと「きやへん」だが、若者の大半は「こーへん」を使ってる。

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)