2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

これをあと40分で訳さないと20点引き(T_T)

1 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 12:35:17
死にそうです。マジすみません。
誰も訳のお助けもらえません。
どなたかお願いします。
あと40分で全訳しないと単位落とします・・・。
留年危機なんです・・。

1._It was Thursday,_May 1,_2003,_the fifth day Aron Ralston had spent in Canyonlands
National Park in Utah,_U.S.A._He'd only planned on being there for one day to hike
the 21-kilometer-long Bluejohn Canyon,_but something had gone very wrong._Ralston
was eight kilometers into the canyon when he came to a very narrow section with a
series of boulders,_or chockstones,_wedged between the walls._He was climbing over
one when the perfectly balanced 363-kilogram rock shifted and rotated on its pivot
points._Ralston tried to jump clear,_but his right hand and forearm were pinned to the
wall._He couldn't move his arm,_nor could he roll the enormous boulder away.
2._Ralston was a very experienced outdoorsman._He had arrived at the park in a truck
loaded with outdoor gear,_camping gear and a mountain bike._But despite his
considerable experience,_he broke his own first rule:_always tell someone exactly
where you are going._"I thought it was a low-risk piece of canyoneering,"_said Aron.
"I badly underestimated the possible dangers."
3._After the initial shock,_pain and disbelief,_Ralston calculated his options._He could
wait for someone to rescue him,_but that was extremely unlikely,_as no one knew
where he was._His next option was to hack at the boulder with a cheap multitool._In
10 hours of chipping,_he produced only a handful of dust._He then tried to set up a
simple pulley system using his climbing equipment_-_but the rock was too big and too
heavey._Finally,_Aron considered his last resort:_cutting off his own arm._But he
quickly gave up when he realized that the blades on his multitool were too blunt to
cut the bones.


2 ::2006/11/15(水) 12:36:50
COver the next few days,Ralston became weaker and weaker.The desert nights were
freezing cold.He couldn't sit down,and he couldn't sleep.By day two,he'd eaten all
his food.By day four,he was out of water,and his hand had turned black and was
starting to rot.It was then that he came up with a new plan.On Thursday,day five,he
slammed his body against the boulder,snapping the two bones in his arm:the ulna
and the radius.The pain was unbelievable,but somehow he stayed clearheaded.
“With the bones broken,it was only a matter of stabbing through the skin and
carefully removing the flesh.By prodding the tissue I could distinguish between the
hard tendons and the soft,rubbery feel of the arteries.I knew I should avoid cutting
the arteries until the end―I still had a long walk back to my truck and I wanted to
avoid blood loss until the last moment,”explains Aron in an article in National
Geographic.“I tied some cord around the arm to make sure that I didn't bleed to
death,and then I made the final cuts.When I was finally separated from my hand,I
was just so elated to be free.”
DHolding the bloody stump of his arm,Aron set off down the canyon.Four hours
later,weak and in pain,he was lucky to come across a family of tourists in the
canyon.As they helped him out of the canyon,a rescue helicopter spotted them.
Having been alerted by Aron's worried parents,the rescue services had just begun a
full-scale search.If Aron had walked out 30 minutes later,he would have missed the
helicopter and would probably have bled to death.It's easy to understand why Aron
considers his survival a miracle.

3 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 13:05:43
自分で訳せよ。簡単じゃん。

4 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 13:21:44
マジでもう減点されるまで時間ないです(T_T)
助けて・・・(T_T)

5 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 13:29:57
無理無理諦めな。部分的な訳ならしても良いが、全訳は量が多すぎ。こんな文章読めないなら進級するな。

6 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 13:48:09
部分的とか言ってる奴はカエレ
全部訳してくれる神タマ〜いませんか〜?
マジなきそう(T_T)

7 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 13:50:44
OK 俺いまもうすぐ訳し終わるから
ちょっと待っててね

8 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 13:51:40
馬鹿のくせに偉そうに…俺が他のスレにもここ貼ってやったのに恩を仇で返されたぜ。

留年しちまえ。

9 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 13:53:05
とっくに時間が過ぎている件

10 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 13:55:45
この話ニュースになったよな
懐かしい
腕切断とか絶対むりwww

11 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:01:33
∽∽∽∽終了∽∽∽∽

12 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:04:00
全部一人ではたいへんだけど、分担してやったらいいじゃん
最後だけとか、最初だけとか
間違ってても知らないけどとりあえず最初の方だけやってみた

1._It was Thursday,_May 1,_2003,_the fifth day Aron Ralston had spent in Canyonlands National Park in Utah,_U.S.A.
2003年5月1日木曜日、アローン・ラルソンがアメリカのユタ州、渓谷国立公園にてすごした5日目だった

He'd only planned on being there for one day to hike the 21-kilometer-long Bluejohn Canyon,_but something had gone very wrong.
彼は、21キロあるブルージョンキャニオンのハイキングに一日すごすだけのつもりだったが、とんでもないことになった

Ralston was eight kilometers into the canyon when he came to a very narrow section with a
series of boulders,_or chockstones,_wedged between the walls.
8キロ渓谷に入ったとこで、両側の壁に支えられてるだけの巨石群が連なる狭い道になった

He was climbing over one
when the perfectly balanced 363-kilogram rock shifted and rotated on its pivot points.
彼はある岩を登ったが、それはうまくバランスをとっていた363kgの岩石であり、それはずれて軸を中心に転がった

Ralston tried to jump clear,_but his right hand and forearm were pinned to the wall.
He couldn't move his arm,_nor could he roll the enormous boulder away.
とっさに避けようとしたが、右手と右腕が壁にはさまってしまった
彼は右腕を動かすことができず、また岩は巨大すぎて動かすこともできなかった



13 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:12:25
続きが気になる

14 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:17:38
時間切れ

15 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:25:15
役立たず共死ね。………(泣)

16 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:27:05
2.Ralston was a very experienced outdoorsman.
ラルソンはアウトドアには経験豊富であった

He had arrived at the park in a truck loaded with outdoor gear, camping gear and a mountain bike.
アウトドア用品、キャンピング用品、マウンテンバイクをつんだトラックで公園についていた

But despite his considerable experience, he broke his own first rule:
always tell someone exactly where you are going.
経験があるにもかかわらず、彼は守るべき最初のルールを破っていた
「必ず自分の行く正確な場所を誰がに伝えておくこと」

"I thought it was a low-risk piece of canyoneering,"_said Aron.
"I badly underestimated the possible dangers."
「リスクはほとんどない、ちょっとした渓谷歩きと思っていました」とアロンは言ってます
「ありえる危険を過小評価してました」

3.After the initial shock,_pain and disbelief, Ralston calculated his options.
初めのショックと痛み、信じられないという思いのあと、ラルソンはどうすることができるのかか考え始めた

He could wait for someone to rescue him, but that was extremely unlikely,
レスキューを待つこともできたが、それはありそうもない
as no one knew where he was.
なぜなら、誰も自分がどこにいるかわからないから

His next option was to hack at the boulder with a cheap multitool.
次の案は、なにか道具を使って岩を砕くこと

In 10 hours of chipping, he produced only a handful of dust.
10時間もやってみたが、一握りの岩がくだけただけ


17 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:28:12
            _ 、 -──¬‐-、
           /           \
          /             ヽ
         /   ,----、   __    ヽ
         !   /     `'''''''´  `ヽ   i
          |  /              }  |
        _⊥< ,,,,,,,,__           |  !
        /r\f‐┴─-<_  ≦二ヽ__レ'!
       !ノ!. ヽ 厂二二┐ ̄r─‐-、 /⌒!
       l ヽ   !ヽ__//^ヽ!  ̄` ノ/iヽ /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       \__! `ー--/!  \ヽ--'/├'/    < スカっとせんヴォケどもがオナっとるの〜。
         |   / L _ __)ヽ ̄  /‐'      \_______________
         ,┤ i〈 、_____, 〉 /
        /  !  ヽ\+┼┼+/  /  
      __/   ヽ    `ー‐‐'´ /  
  , -‐''" i    \       人   
-''~     |    \`ー----‐'´! iヽ、
       ヽ      \     /  i  `ヽ、
        \     丶_/   |    \
         ヽ     /O \   |      \


18 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:31:08
He then tried to set up a simple pulley system using his climbing equipment
_-_but the rock was too big and too heavey.
その後、簡単な引率装置を作ってみた、しかし岩が大きすぎるし重すぎた

Finally,_Aron considered his last resort: cutting off his own arm.
But he quickly gave up when he realized that the blades on his multitool were too blunt to cut the bones.
最後に、アロンは最後の手段として腕を切断することを考えた
しかし、彼の持ってる刃物では鈍すぎて骨は切れないことに思いついて、すぐにあきらめた

Over the next few days,Ralston became weaker and weaker.
さらに2、3日後にはラルソンはどんどん弱っていった
The desert nights were freezing cold.
砂漠の夜は凍えるように寒い
He couldn't sit down,and he couldn't sleep.
座ることもできず、眠ることもできない
By day two,he'd eaten all his food.
2日目には食べ物がなくなった
By day four,he was out of water,and his hand had turned black and was starting to rot.
4日目には水がなくなった、腕は黒くなり、腐り始めた
It was then that he came up with a new plan.
そこまでたって、あることを思いついた
On Thursday, day five, he slammed his body against the boulder, snapping the two bones in his arm: the ulna and the radius.
木曜日、5日目、彼は体を巨石にぶつけ、腕の二つの骨(尺骨と橈骨)を折らせるようにねじった
The pain was unbelievable,but somehow he stayed clearheaded.
痛みは信じられないくらいひどかったが、なんとか意識は失わなかった


19 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:39:58
アーロンじゃね?

20 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:41:42
“With the bones broken,it was only a matter of stabbing through the skin and carefully removing the flesh.
「腕が折れて皮膚を破らないように注意して、慎重に肉の部分を動かしました」

By prodding the tissue I could distinguish between the hard tendons and the soft, rubbery feel of the arteries.
I knew I should avoid cutting the arteries until the end―I still had a long walk back to my truck
and I wanted to avoid blood loss until the last moment,”
「組織を突つきまわしてると、硬い腱と柔らかいゴムのような感じの血管があるのがわかりました。
最後まで血管は破らないように気をつけました、なぜならトラックまでは歩きに長い距離があるし、
血液を失うことは最後まで避けたかったのです。」
explains Aron in an article in National Geographic.
ナショナルジオグラフィクでアロンはそう語りました

“I tied some cord around the arm to make sure that I didn't bleed to death,
腕にコードを巻きつけてきつくしばり、出血多量で死なないようにしました
and then I made the final cuts.
それから、腕を切ったのです
When I was finally separated from my hand,I was just so elated to be free.”
とうとう腕を切ってみて、やっと自由になりました」

>>19
細かいところは修正してくださいよ
訳すので精一杯で細かいとこまで気がつきません



21 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 14:49:22
“I tied some cord around the arm to make sure that I didn't bleed to death,
腕にコードを巻きつけてきつくしばり、出血多量で死なないようにしました
and then I made the final cuts.
それから、腕を切ったのです
When I was finally separated from my hand,I was just so elated to be free.”
とうとう腕を切ってみて、やっと自由になりました」

DHolding the bloody stump of his arm,Aron set off down the canyon.
血が吹き出る腕を抱えて、アローンは渓谷を後にしました

Four hours later, weak and in pain, he was lucky to come across a family of tourists in the canyon.
4日後、痛みで弱っていたものの、幸運にもキャニオンツアーに同行してた家族に会うことができました
As they helped him out of the canyon, a rescue helicopter spotted them.
自力で渓谷を脱出しようとしてる最中に、実はレスキューチームがヘリで彼を探してました
Having been alerted by Aron's worried parents, the rescue services had just begun a full-scale search.
アローンを心配する両親によって、レスキューサービスはフルスケール探索を開始していたのです

If Aron had walked out 30 minutes later,
he would have missed the helicopter and would probably have bled to death.
もしアローンが30分遅く、岩から這い出ていなければ、彼は出血多量で死んでいたでしょう
It's easy to understand why Aron considers his survival a miracle.
なぜ彼がそれは奇跡だった、というのかはそれでよくわかります


22 :12-21の訳者:2006/11/15(水) 14:52:52
完全意訳、いいかげんな訳ですまん
しかも時間切れワロス
でも、これができず単位落としたとしても自業自得ですよ

23 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 15:00:41
>>1毒吐くなり、釣り宣言するなり、お礼を言うなり駄スレのスレ主として締めてくれ。

それから削除依頼出して当分スレを立てないこと。

24 :12-21の訳者:2006/11/15(水) 15:05:10
見直したら、これ大幅にまちがったorz

As they helped him out of the canyon,a rescue helicopter spotted them.
家族が彼を渓谷から助け出そうとしてると、レスキューのヘリが下りてきて助けてくれた

他にもいっぱいありそうだけど、もう知らない...

25 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 15:22:34
もう時間切れ?
一応訳したので
1、2003年5月1日の水曜日、アーロン・ラルストンがアメリカ合衆国
ユタ州のグランドキャニオン国立公園で過ごし始めてから5日目のことだった。
彼は、行程21キロのブルージョン渓谷をハイキングするため、1日をそこで
過ごす計画を立てていたが、それは大変な間違いだった。
ラルストンは、渓谷の中を8キロほど進んだところで、巨石が散在し、石が
敷き詰められた渓谷の岩壁の間に挟まれた非常に狭い場所にさしかかった。
彼が、その一つを乗り越えようとした時、完璧なバランスを保っていた重さ
363キロの岩が動きはじめ、その場で回転した。ラルストンはそれを飛び
越えようとしたが、彼は右腕全体を岩壁に押しつけられてしまった。
彼は腕を動かすことも、巨大な岩を押し退けることもできなかった。
2、ラルストンは、屋外スポーツの愛好家で経験も豊富だった。
彼は、屋外用装備、キャンプ道具やマウンテンバイクを満載したトラックで
公園を訪れていた。しかし、その豊富な経験にもかかわらず、彼は自分自身に
課した第一のルール、「誰かに、自分が居場所を常に正確に伝えておく」
ということを忘れていたのである。ラルストンは「渓谷探検としては、
危険の少ないものだと思っていた」「危険な状況に遭遇する可能性を過小評価していた」
と述べた。


26 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 15:23:10
職人さん乙
これで亡くなった1も報われるよ

27 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 15:25:05
3、痛みと絶望という最初のショック状態から脱した後、ラルストンは
彼に残された選択肢を考えてみた。誰かが救助にやって来るまで待つことを
考えてみたが、誰も彼の居場所を知らないことを考えると、それはとても期待
できる事ではなかった。次の選択肢として浮かんだのは、ツールナイフで岩
を削ることだった。しかし、10時間に渡って岩を削り続けた成果は、
たった一握りの削りカスを出したことだけだった。彼は、それから、
彼が山登りに使用する道具を用いた、簡単な吊り上げ装置を作ろうとしたが、
岩はあまりにも大きく、重かった。とうとう彼は最終手段、すなわち、
自分の腕を切り落とすこと、を考えた。しかし、ツールナイフの丸く鈍い刃で
骨を切るのは、あまり無理があると気が付き、すぐにあきらめた。
4、その後数日間で、ラルストンはどんどん衰弱していった。砂漠の夜は凍える
ほどの寒さであった。彼は座ることも眠ることもできなかった。
2日目に彼はすべての食料を食べ尽くしてしまった。4日目に水が底をつき、
彼の腕は黒く変色し腐敗しはじめた。その時、新しい計画が彼の頭に思い浮かんだ。
5日目の水曜日、彼は自分の体を岩に向かって叩きつけ、尺骨と橈骨という腕の
骨2本を折った。その痛みは想像を絶するものだったが、彼は、どうにか冷静さ
を保つことができた。アーロンはナショナル・ジオグラッフィック誌の記事で
「骨を折った時、皮膚を裂いて飛び出た骨と肉を慎重に取り除くことだけが問題でした。
組織をつつくことによって、硬い腱と柔らかくゴムの様な感触の動脈とを区別
することができました。自分のトラックまでの長い道のりを歩かなければならない
ので、動脈を切断するのは最後まで避け、最終段階まで出血を避けたいと思っていました。」
と説明した。「失血死を防ぐため、腕を紐で縛ってから、最後の切断をしました。とうとう腕が切り離された時、私は自由になったことにただ興奮していました。」


28 :名無しさん@英語勉強中:2006/11/15(水) 15:28:42
ラスト

5、腕の傷口を押さえながら、ロンは麓を目指し峡谷を出発した。4時間後、
衰弱し痛みに苦しみながらも、幸運にも彼は、峡谷を訪れていた家族連れの
旅行客に出会った。彼らに助け出されたところで、救助ヘリコプターが彼ら
を発見した。アーロンのことを心配していた彼の両親によって待機していた
救助チームが、全面的な捜索を開始した時だった。もし、アーロンが
歩き始めるのが30分遅かったら、彼はヘリコプターに乗ることはできず、
おそらくは、出血多量により命を落としていたことだろう。彼自身が、
自分が生き延びたことを奇跡と考えていることを理解するのは、容易なことである


29 :英語に関する情報交換と学問的な議論の場所です:2006/11/15(水) 17:08:46
□ English板は、英語に関する情報交換と学問的な議論の場所です。
□ 投稿する前によく読みましょう-「2ちゃんねる初心者のためのページ」も参考にしてください。
 ▽新規スレッドを立てる前に、重複スレッドがないか、「スレッド一覧」でご確認しましょう。
  ・検索方法は、ブラウザの「Ctrl + F」(Windows)・「コマンド゙ + F」(Mac)。
  ・「みみずん検索」などの検索エンジンも活用しましょう。
 ▽推奨スレッド
  ・ENGLISH板で迷ったら→英語板総合案内Map
  ・英訳依頼(日本語→英語)→英訳スレッド
  ・和訳依頼(英語→日本語)→和訳スレッド
  ・英語に関する単発の質問→スレッド立てるまでもない質問スレッド
□ お約束 (ローカルルール)
 ▽書き込む前に「2ちゃんねるガイド」を読み、2ちゃんねるのルールを確認しましょう。
 ▽「単発的な質問」や「既存のスレッドと似た内容」で新規スレッドを立てるのはやめよう。
  ・検索や過去ログを活用してね。

■2ch英語→日本語 スレッド Part 152■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/english/1162648010/l50


30 :名無しさん@英語勉強中:2006/12/02(土) 11:36:14
アゲ

31 :1:2006/12/02(土) 18:01:56
ネタでした。メンゴメンゴ

(´ー`)y─┛~~

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)