2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

経済学の研究職をお勧めできない100の理由

1 :学部4年:2006/09/18(月) 21:31:46 ID:Hpohf7Mg
今大学4年です

某金融機関(銀行とか証券じゃないですよ)に就職が決まっていますが
最近自分の進む道について悩んでいます
元々研究職につきたかったのですが
頭のいい諸先輩方(極々一部みたいですが)を見ていると
自分には無理だと思い 普通に就職を決めてしまいました.
ですが卒業論文を書くために英語の論文を読んだり
データを集めて加工したりするのが楽しいです
データいじりは大変ですが統計ソフトの分析ボタンを押す瞬間が
ドキドキしてたまりません
やっぱり研究職を志すべきだったかと悶々しています

こんな僕に経済学の研究職を志すべきでない理由をたくさん教えてください

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 21:59:02 ID:iZ3Q1koq
今年度の院試は終わってしまった。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:00:58 ID:iVz6SVxA
>>2 で終了だな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:14:00 ID:F1G6fnJd
>>2
冬季入試や経済学者のいる経営学の院はどうよ
企業金融なら経営学の院でも大丈夫じゃね

5 :学部4年:2006/09/18(月) 22:28:16 ID:rQyI+n9h
>>2
僕の先生はもう一年面倒見てくださいって言ったら間違いなくみてくれるので
卒業単位とって留年なんてことも当然可能です
ちなみに,業績ちゃんと持ってる先生です

というか進路相談的なスレは他にもありましたね
でも何とか自分に理由をつけたいので
お勧めできない理由を教えて欲しいです・・・

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:30:30 ID:iVz6SVxA
一年留年してもいいと思うんだったら進学すればいい。
若いうちに好きなことを出来るチャンスは少ない

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:31:56 ID:BQhXNPo+
1.就職できない。
2.たとえ就職できても生涯所得が低い。

これで十分だろ?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:36:37 ID:iZ3Q1koq
>>1
「生活全般」
博士号・修士号持ちなのにその日暮らしVol.2
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/okiraku/1143551011/l100
TA●大学院博士課程単位取得●土木作業員
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1155606061/l100
■大学院生や博士号持ち【無職・だめ】8
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1155606931/l100
【脱オタ博士】喪服スレ104【完全に発狂www】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1156856992/l100

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:37:18 ID:iZ3Q1koq
「理系」
理系全般板
博士課程逝ったら将来どうにもなりませんよ。
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1128775360/l50
博士号ゲットしたけど4月からの職ない人集合
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1079661125/l50
博士の悲惨な末路 自殺5人目
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1119096125/l50
博士とっても就職できなかった人の数
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1143350583/l50
壊れた博士課程の学生
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1037801261/l50
最近うつになってそうな博士が多くない?
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1115464255/l50

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:38:07 ID:iZ3Q1koq
「文系」
経済学板
定職に就けない「ポストドクター」
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/economics/1119083029/
大学教授になりたい
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/economics/1156949224/
心理学板
【心理学】教員公募part1【院生・PD大集合!】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1135177414/
【心理学者】将来大学で心理学を教えたい人【教授】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1139200532/
日本史板
【就職】アカデミズム人事スレ【したい】 
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1158485519/
考古学板
考古学者になるにはどうしたらよいか?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1053880775/l50
哲学板
■     哲学者の収入源     ■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1152149117/

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:38:38 ID:iZ3Q1koq
物理板
博士号ゲットしたけど4月からの職ない人集合
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1079661248/l50
素粒子理論博士課程修了後の就職先
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1139676823/l50
素粒子実験博士課程終了後の就職先
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1125745320/l50
生物板
博士とってアカポス無理だったら
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1113921416/l50
博士卒の就職
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1108425615/l50
【人生終了】絶対に逝くな博士課程【ニート確定】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1150482971/l50
【おいおい】やめとけ、博士進学◆2【まじかよ】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1147186292/
博士号=ただの努力賞
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1146379839/

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:42:23 ID:iZ3Q1koq
>>8-11まで全部読めば、今の若手研究者の客観的な状況ぐらいわかるだろう。
自分の指導教員とかを見て、こいつになれると思うなよ。時代が違う。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:47:59 ID:iVz6SVxA
修士行って大学院の現実に直面して就職するのもありだと思う
就職してからあきらめきれずに大学院に戻ってくるよりはましだから

14 :学部4年:2006/09/18(月) 22:50:05 ID:rQyI+n9h
iZ3Q1koqさん
どういう職業の方か知りませんが
研究職の方って皆さん親切ですよね
iZ3Q1koqさんも研究職でしょうか?
人格破綻してるような人もいますけど

ちょっと見てみます
ありがとうございます

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:51:12 ID:BHJ8HKW7
一度、就職してみてはどうでしょうか。
新卒時に職歴があることは、今後転職するうえでも、
採用企業に対するいいシグナルになると思います。

また、社会人経験を経ると、問題意識も養われるし、
院試も社会人向けの入試で対応できる可能性もでてきます。

2〜3年働いたうえで、もう一度判断してみてはいかがでしょうか。
入学後の厳しさに、学卒も社会人もありません・・・。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:56:25 ID:BHJ8HKW7
>>15
すみません。ここは「志すべきでない理由」を書くスレッドでしたね。
どこまでの生活水準を覚悟するか、そのBottom Lineを決めることです。
僕の意見は13の方とは正反対でしたね。いろいろな意見があるものです。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 23:02:50 ID:F1G6fnJd
>>15に賛成
私大は実学が大好きだから学位無しの社会人教員がさらに増えるだろう
4、5年働いてみてそれでも院に行きたければ行けばいいよ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 23:58:31 ID:koUO91AT
>>1
ちなみに大学は?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 14:56:35 ID:s0JH6YBx
研究職になれなかったら塾講師にでもなって
女子高生にセクハラしながらテキスト書いて儲けるぜ!
とか思って気楽にやればいいんじゃないの
一回しかない人生なんだから一番やりたいこと挑戦しないでどーすんの

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 12:57:32 ID:sDilHIBG
>>19がいま、いいこと言った!
おそらく>>1 は、東大一橋阪大あたりのいいゼミに入っているんでしょ?
ゼミの中で「自分は1番か2番だ」と思うなら、院で勝負する価値あるよ。
大学業界が長期衰退産業であることを考えてもね。

理論で論文書くなら、来年すぐに院試を受けるべきだな。
(実証でも、たぶんすぐに進学した方がいいと思う)
来年度は大学院のコースワークに出て、再来年から修士論文の準備を
すれば、学部で1年ダブったロスは殆ど無くなるよ。
ちなみに、「どこかで2, 3年ダブった」というのは、大学に就職する
には全く障害となりません。要は、年相応の業績があれば良いので。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 13:00:17 ID:4b4UW8wc
ここは1を励ますスレじゃなくて、諦めさせるスレなんじゃないの?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 14:06:05 ID:eog9kwM0
理論の修論なんてただのサーベイ。学部のレポートと何ら変わらない。
それをわきまえずに博士にあがって、論文はおろか学内研究会の段階でモノにならなくて、そのまま行方しれずってのが多いのが理論専攻。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 14:28:09 ID:aKMB5q8B
AERとか眺めていると
理論だけ、実証だけってのはもう流行らなくなってきているね
理論やるなら実証論文を読む、
実証やるなら理論論文を読むのが近道だったりする。
>>1は実証志望だろうから理論の論文を読むことだね
それが出来ないなら進学はあきらめな

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 18:23:07 ID:uQA7U5Yn
>来年度は大学院のコースワークに出て、再来年から修士論文の準備を
>すれば、学部で1年ダブったロスは殆ど無くなるよ。
>ちなみに、「どこかで2, 3年ダブった」というのは、大学に就職する
>には全く障害となりません。要は、年相応の業績があれば良いので。

ダブる理由によるな。
最近は優秀な学部生は飛び級すら可能だし。
普通は年相応の業績を残せず消えていく・・・。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 21:36:04 ID:p7XYv+mn
>>22 理論の修論なんてただのサーベイ。学部のレポートと何ら変わらない。

藁。どこの大学?ばらしちまえ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 10:35:40 ID:l9xpoln6
>>1よ、悪いことはいわないから就職しておけ。
>>8-11 で書かれてることをよく読んでごらん。

大学院に行ったからといって研究職に就職できるとは限らない。
もし、博士課程まで進学して研究職に就職できなかったらどうなるか。
博士課程が修了する時には、もう30歳近くになってる。
もはやまともな民間企業での就職はできない。
そのときに就職できるのは、塾講師、警備員、タクシー運転手といった業種だけだ。
決して誇張して脅しているのではない。
キミが進学しようと思っている大学院のここ数年間の修了生の就職状況を調べてごらん。
「進路不明」になってる人がいっぱいいるから。

もうそういうことになった場合、「学部卒業のときに就職しておけばよかった・・・」と激しく後悔するだろう。
30歳ぐらいになって、大学のときの同級生は係長ぐらいになって部下が何人もいてそろそろ年収1000万というような人も出てくるというのに、自分は塾講師をやって年収200万行くかどうかの社会の最下層生活。
さらに、そこに奨学金の返済がのしかかってくる。
もう、いくらがんばっても一生、取り返すことはできない。死ぬまで激しく後悔しながら生きることになる。

自分の人生がそんなもんになってしまってもいいかどうか、よく考えろよ。
自分の人生はその程度の価値しかないのか。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 10:43:24 ID:l9xpoln6
もし運良く大学に就職できたとしても、君が考えてるのと全然違うだろう。

いまや東大、京大、一橋、阪大ぐらいを別にして、それ以外の大学では教員は研究職ではなくて教育職だ。
頭の悪い学生相手に苦労しながら経済学を教えるのが仕事だ。
研究なんかしていると露骨に嫌な顔をされる大学がほとんどだ。
そんな暇があったら教育にもっと力を入れろといわれる。
一生、そんな仕事でいいのか?

とにかく、
大学院在学中にすごい研究成果を出して
卒業後すぐに東大京大一橋阪大の助教授になって
35歳ぐらいで教授になって華々しく活躍する
なんていう、能力と幸運の塊のような人生を歩めるのは、数百万人に1人の奇跡だと思え。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 10:47:15 ID:l9xpoln6
逆に考えて、もしキミが次のような人だったら大学院進学を勧める。

・家が裕福で、一生働かなくても困らない。
・親戚に大学経営者がおり、いざとなったらその大学で雇ってもらえる。
・学部生時代に一流国際ジャーナルに掲載されたことがある経済学の天才である。
・とにかく働くのが嫌い。働いたら負けだと思ってる。働くくらいなら乞食する方がマシ。

これ以外の人は学部卒か、最悪でも修士卒で就職しておけ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 10:48:25 ID:kXwxRTep
>>27
それでもリーマンより楽

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 10:54:02 ID:l9xpoln6
大学では部下を持つということが原則としてない。学生は部下じゃないからな。
だから、いったん実社会に出ないと、部下を持つという経験はできない。
また、就職すると、書類の書き方、あいさつの仕方、仕事の段取りのつけ方、いろいろな物事の「相場」といった細かな現実的なスキルをトレーニングするチャンスが得られる。
これは大学では身につけるチャンスがない。
こういうスキルを身に着けていると意外に大学でも役に立つので、将来大学院に進学するとしても、いったんは就職するのがいいと思う。
いったん就職してから、やっぱり自分は実社会ではやっていけない、どうしても大学院に行くしかないということが分かったら、後の人生がめちゃくちゃになってもあきらめがつくだろうし。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 10:58:44 ID:l9xpoln6
>>29
確かに大学教員は、就職してしまえばリーマンより楽だが、
仕事が楽だということは、その分「やりがい」がないということでもある。
やはり、困難な仕事を完成することが、男のやりがいってもんだろう。

大学のときの同級生が、年に何億円という金を動かすビジネスやってるのに
(中には数百億円規模のプロジェクトの中核にいる人もいる)
自分は100万円の研究費が当たったといって大喜びしているのをみると、
やはり文字通りで人生の「スケールの違い」を痛感する。

せっかく名門大学の経済学部を卒業したんだったら、大学で頭の悪い学生相手に経済学を教えるようなショボイ仕事じゃなくて、世界を相手にグローバルなビジネスをした方がいいんじゃないか?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 11:00:50 ID:WjhD4I54
>>31
経済学をちゃんと勉強すれば、経済学徒実際のビジネスには何ら関係がないことがわかる
経済学を勉強するのには研究職しかない

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 11:10:40 ID:l9xpoln6
「経済」を勉強したいのか、
それとも「経済学」を勉強したいのか、
っていうことだな。

大学院レベルになると、「経済学」と「経済」はほとんど無関係と考えてよい。
(まあ、旧マル経系の、経済評論のようなことをやってるゼミもないわけではないけど・・・)
「経済」を勉強するつもりで間違って大学院へ行ってしまうと、「なんじゃこりゃ時間の無駄!」ということになる。
ま、そういう人は修士課程までに気がついて就職するだろうけど。

自分が「経済」に関心があるのか「経済学」に関心があるのか、よく見極めとけよ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 11:33:17 ID:WjhD4I54
そそ、経済学が実学だなってのは妄想もいいところ
いまや経済学が生成した頃の理念を喪失した、ただの数理遊び

その証拠に、経済に関心がない経済学部教員の多いこと
理系学部崩れの教員にその傾向が強い

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 11:50:52 ID:16bytKtt
>>1
いい研究職につくには、これからは海外Ph.Dが最低条件。
良い海外大学院にアプライするためには、英語力の向上と研究テーマの選定が必要だが、
これは何も国内大学院に通わないとできないことではなく、企業に就職してからでもできる。

つまり、2,3年働きながらTOEFL、GREの点数を上げて、留学してみてはどうですか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:54:34 ID:hFqxGXPF
留学もお勧めしない。留学してアメリカ帰りでございますで通用する時代は終わりつつある。

すでに理系では終わってるし。アメリカに片道切符で行って行方不明になる
人が続出している。行方不明にならずとも、異国の地で惨めな生活を強いられる
ケースが多数。

博士号を取得しにいくなんてのは経済学に特殊な事情だと思うが、行くなら、
現地で就職して(アカポスでも企業でも何でもいいから)戻ってこないことを覚悟
して行った方がいいと思う。博士の就職事情は、日本より選択肢が多いはずだし。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 14:23:57 ID:Ef/4lIZw
>>26
>「学部卒業のときに就職しておけばよかった・・・」と激しく後悔するだろう。
就職したら就職したで、「学問の道に踏み出してたらどうなってたかな?」
なんてくすぶった感情を引きずり続けることになるだろう。
だったら思い切って挑戦してみよう、と思える人が進学すればいい。

>頭の悪い学生相手に
学生を頭から馬鹿にしてるから楽しくないんだろう。
そういう感情って相手(学生)にも伝わると思う。
結果、
  学生から好かれない → ますます学生が気に喰わない
  → 教育が楽しくない、やりがいがない →・・・
という悪循環。
こんな程度の悪循環さえ打破できないような無能が、競争的な他産業で
やっていけるわけがない。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 17:54:56 ID:wTKnwqPf
経済学部なら修士からシンクタンクとかコンサルに行く人も多いから、
修士に行ってみてそれから博士に行くか決めてもいいんじゃないか?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 20:54:32 ID:kXwxRTep
プライドが高い人多いね
頭が悪い学生を相手にしたくないっていう考えはおかしいと思うよ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 21:07:18 ID:kBzwZw8S
シンクタンクのリサーチは倍率高いし理系有利だから難しいけど
東大一橋慶應あたりの院はコンサルなら難なく入れると思うよ
もちろんマッキンゼーとかボストンは無理だけどね
IBMコンサルティングとか最悪でもアビームには行ける
悲観しすぎることは無いと思うよ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 21:27:02 ID:WjhD4I54
シンクタンクなんか行って何するの?
日本での需要は、既に決定内定の無駄な公共事業の推進に太鼓判押すため
のお手盛り皮算用出す役割しか果たしていませんが

42 :かつて○だった男:2006/09/21(木) 23:13:01 ID:+Bp9eMlB
>>37
頭の悪い学生相手に 学生を頭から馬鹿にしてるから楽しくないんだろう。
そういう感情って相手(学生)にも伝わると思う。
結果、
  学生から好かれない → ますます学生が気に喰わない
  → 教育が楽しくない、やりがいがない →・・・
という悪循環。

これは事実としてあるな。
俺の同僚にもこの悪循環にはまってしまってる人が多数いる。
俺の見立てではなあ。原因は二つだ。
@本人の精神性の問題:学生を鼻から馬鹿にしている。エリートコースをつっきってきた秀才に多い。
A本人の実力の問題:という割には本人には実力がない。大した論文も研究もしていない。
自分がわかってないのだから当然それをわかりやすく学生に教えることなどできはしない。

この二つが揃うと間違いなく悪循環に陥る。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 23:28:54 ID:kXwxRTep
>>42
そういう人間ってゼミ募集して志望人数少なかったらキレるよね

44 :かつて○だった男:2006/09/21(木) 23:38:40 ID:+Bp9eMlB
>>43
実際切れてた場面を見たことがあるがw.
「類は類をもって集まる」って格言は先生とゼミ生にも言えるな。
ゼミ生みていると先生の人なりがわかるな。
真面目な先生には真面目な学生が集まる。
講義がいい加減で単位も甘い先生にはお遊び学生が集まる。
え?俺はどうかって?それは勘弁してくれよw.


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 01:12:36 ID:ko6wqFqB
東大院卒で民間の金融系の研究職に内定ゲットの俺が来ましたよ。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 03:57:15 ID:72VfaWZO
たまに勘違いしている人がいるけど
大学レベルの教育ってのは教科書を教えることじゃない
そんなのは専門学校の方が得意だし、第一経済学の教科書暗記したって社会では使えない
本当の高等教育とは知識の最先端を学生に触れさせて
学生の感性を磨くことだ

だから研究できない奴は大学で教育をする資格はない

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 07:45:01 ID:LwHUB3QP
>>46
逆ギレかよ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 10:12:10 ID:w+N1+ECV
>>46
確かに、論文書く能力がある奴だけ合格させるべきなんだが・・・。
まあその辺りは面接で見抜いているのだろうけど。
なんか甘いお勉強を期待するできないのが増え過ぎなんじゃないかな。
本人にとっても大学にとっても、不幸な結果になる。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 11:47:28 ID:2AzQG49b
ま、「分数の計算もできない頭の悪い学生に経済学を教える」そんな仕事がどうしてもやりたいという人は、大学院に進学すればいいんじゃない。
そんな空疎な仕事で一生満足できるなら。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:00:41 ID:L7eI+FR+
最先端といっても、学会の最新の流行である必要は必ずしもなく、その教員の
研究テーマでいいんじゃないか?

まあ基本的に、人をうまく扱えないのは、人の性質に関する理解不足が原因だろう。
『人は、他者の才能や能力・実績ではなく、意気に感じて動くものだ。』と聞いたが、
その意味で、実績よりもむしろ、経済学の研究およびそれを伝えること(=教育)
に対して熱意を持っていることが何より大事だと思う。

口には出さなくても、
「一流大学を出て博士号を持ってる自分をちゃんと尊敬すべきだ。
学生のくせに(俺の出身大学よりも劣る大学しかいけてないくせに)
俺の価値がわからん奴は馬鹿だ!」
と思ってる教員は結構いるような気がするが、その意味でかなりイタイ勘違いだと思う。
どんなに優秀でも、学生に学問の成果をなんとかして伝えようという意気がなければ
見向きもされないのが当たり前。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 14:50:34 ID:2AzQG49b
ほとんどの大学では、「経済学の研究成果を学生に伝えよう」なんて意気込めば意気込むほど、
ますます空回りして学生から浮いていく。
学生が喜ぶのは、エクセルの使い方の類の実用知識。まあ、そりゃ当たり前って言えば当たり前だけどな。
経済学なんか勉強したって、卒業後、学者になるのでなければ何の役にも立たないわけだし。

ほとんどの経済学部は、実態としては「大学卒の肩書きが取れる専門学校」か「大学卒の肩書きが取れる4年間のお遊び期間」にすぎないよ。
そんなところに就職しても、名目上は大学教師であっても、中身は専門学校教師、レジャーランド職員だ。
一生、そんな仕事であなたは満足できますか? っていうことを大学院進学前によく考えるといいと思うよ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 15:02:16 ID:2AzQG49b
超順調に行ったケースも考えてみよう

大学院在学中に論文が一流ジャーナルに掲載

大学院終了後、直ちに旧帝+αレベルに助教授として就職(27歳)

35〜40歳ぐらいで教授に昇進

そのあと何するの???
シコシコ経済学勉強し続けるの? 何のために???
それともI藤M重みたいに評論家になってテレビに出まくるの???

自分がどういう人生を生きたいのか、超順調コース、凡庸大学教師コース、塾講師・警備員・タクシー運転手コース、樹海コース等々いろいろシミュレーションしてみるといいと思うよ。
そうすれば、絶対に大学院に進学しようという解は出てこないだろう。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 15:03:28 ID:LwHUB3QP
>>51
じゃあアナタが辞めればいいよ
プライド高すぎ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 19:47:18 ID:L7eI+FR+
>>51 自身はどれなんだろ?

1.超順調コース、
2.凡庸大学教師コース、
3.塾講師・警備員・タクシー運転手コース、
4.樹海コース

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:15:51 ID:JoAvnLhq
オレは経済学者としての能力は低いが、考えたいテーマはいろいろ
あるなあ。程度の低い学生とつき合うのは楽しくはないが、なんかの
税金みたいなものと割り切ればどうにか。
能力が低くて体力もないから、テーマがいつまでも消化できないのかもしれない。
優秀で関心の近い人と共同研究をしてみたい。
銀行や商社や官庁で働くことにはあまり興味がないからこれでいいのだろう。
とはいえ経済学だから、経済社会と関係ない仙人でいるわけにもいかないけども。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:38:18 ID:LwHUB3QP
>>55
さっさと辞めてポストを若手に譲りなさい

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:39:23 ID:JoAvnLhq
いえてる・・・・・

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:48:06 ID:ko6wqFqB
東大院修士卒⇒民間研究所研究員⇒社費でドクター取得⇒たんまり給料もらった後に大学の教授職に転職

これ最強。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:50:06 ID:JoAvnLhq
お金は妻の実家にお願いする。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:57:52 ID:9jXj+HtB
理系は知らないが、経済で社費でドクター行かせてくれるところなんてない。
転出されることが目に見えているのに、わざわざ金出して従業員に学位を付けてやる理由なんてどこにも無い。

今はMBAでも会社辞めていくのが普通。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 22:29:15 ID:ko6wqFqB
>>60
普通の企業はそうかもしれないが、
シンクタンクや民間の経済系の研究所はそうでもないよ。




62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 01:53:15 ID:MNb/NgaY
>>61
例えば誰?

シンクタンクや研究所なら、研究員の履歴晒しているところも多いから、何人か挙げられるでしょ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 02:52:34 ID:sFjUOnma
>>1
スレちゃんと読んでないんだけど、
就職して何年か働いてから大学院に入るっていう道もあるから、
いまできることに邁進すればいいと思うよ。
すまん、あなたにとっては「勝手な意見」かもしれない。

でも、データの加工や英語の論文読むのが好きだったり、ってかなり
研究者向きな感じがするなぁ。

頭のいい人は確かにたくさん居るけど、そういう人たちって
概して理論系に進んで、撃沈するってのがよくあるパターンだと思う。

あなたのように現実のデータと格闘できる(格闘じゃないか…ええと、楽しんで勉強できる)
人材は、大切な存在だと思う。

でも、さすがに「院に行くべし」とは俺には断言できん。あなたの人生だから。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 07:32:55 ID:Vm0Ym6cn
ここはタイトルからしてネタすれだよな?

>頭のいい諸先輩方(極々一部みたいですが)を見ていると
>自分には無理だと思い 普通に就職を決めてしまいました.

こういう気の弱さは研究に向いていないかもしれない。
他の仕事に向いているかどうかもわからないが。
と偉そうに言ってみた。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 15:14:20 ID:2JHKQxKC
>>64
> ここはタイトルからしてネタすれだよな?

そう思いたいようだね。ところが、ほとんどは事実なんだな。

66 :かつて○だった男:2006/09/23(土) 21:08:45 ID:7ye051Vd
>>63
確かに実証系にいい人材がもっと行くべきだな。
理論に流れすぎだ。
日本経済に対する重要なfact findingへの貢献。
この分野は日本人学者にとって比較優位があるように思うがね。
データも入手しやすいし。
これから院に行って何でもいいから業績上げたい!
こう野心を燃やす若者は実証に進むべきだ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:09:39 ID:VbeCKg+V
fact findingだけならやってる人は今でもいっぱいいるだろう
本当に必要なのはデータを使って理論を取捨選択できる人材が必要
日本は理論は理論だけ、実証は実証だけになりすぎ

68 :かつて○だった男:2006/09/23(土) 22:15:22 ID:7ye051Vd
それは一杯いるだろうけどね。
>>本当に必要なのはデータを使って理論を取捨選択できる人材が必要
それはどこの国の学会でも同じこと。
俺が言ってるのは日本人研究者にとって比較優位な分野は何か、ということだ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:23:56 ID:VbeCKg+V
日本は理論の研究者はいっぱいいるから理論を学びやすいし
一方で日本は統計データがそろっている
しかし理論と実証両方できる人材は日本には殆どいない
日本の学界で成功する確率を上げるには
理論に基づいた実証をやるのが一番限界生産性が高いでしょ

70 :かつて○だった男:2006/09/23(土) 22:40:23 ID:7ye051Vd
しつこい奴だなお前もw.
一番限界生産性が高いといってもなあ。
俺は他の国と比較しての比較優位を言ってるのだ。
あんたの言い分はそれとは全然関係ないだろう?
世界第2位の経済大国日本のことを知りたがってる人は多い。
戦後60年もたっている。
ここでいい実証研究(経済史も含む)をすれば世界の研究者も注目する、といってるんだよ。
第一、理論の研究者が日本より一杯いて経済データも日本より揃ってる国は一杯あるだろうが。
そんな国と比較優位をどう出すのよ。




71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:43:12 ID:VbeCKg+V
>第一、理論の研究者が日本より一杯いて経済データも日本より揃ってる国は一杯あるだろうが。
>そんな国と比較優位をどう出すのよ。

比較優位勉強してから書けよ ワロタ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:49:18 ID:VbeCKg+V
日本人の実証研究が世界で相手にされてないのは、はっきり言ってつまらないからなんだよ
外国の手法もってきてデータを変えただけで、日本でも同じ結果が出ました、で終わり。
違う結果が出たとしてもそれを説明するような理論を考えようとしない。

73 :かつて○だった男:2006/09/23(土) 23:07:44 ID:7ye051Vd
>>71 おお、俺としたことがw。絶対優位と比較優位を混同してしまったわい。
>>72
どうも、勘違いしてるみたいだが・・・。
確かに実証系はデータ替えただけ、ってのは多いなあ。
でもね、優秀な競争者が大勢いる分野(理論がそうだとあったな)では業績だしにくい。
で何かうまい分野はあるか、というのが俺の議論。
今その分野の現状がどうなっているか(>>72) とか経済学で何が一番重要か(>>67)
なんて議論は、それはそれでまっとうな言い分ではある。
が、俺の議論とは関係ない。
だからそんなことで絡んでくれるな、といってるだけだ。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 23:28:24 ID:CMGxmjZh
院では保険でいろんな分野の講義に出とくべき

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 23:39:05 ID:Ymcz4RaL
>>62
例えば企業からの派遣だとこれとか。
http://www.ics.hit-u.ac.jp/jp/fs/voice001.html

ICSの博士課程なんて社会人ばっかでしょ。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 23:39:59 ID:Ymcz4RaL
東大院修士卒⇒民間研究所研究員⇒社費でドクター取得⇒たんまり給料もらった後に大学の教授職に転職

これ最強。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 00:15:00 ID:ZSkRHXN1
>>62

http://www.ics.hit-u.ac.jp/jp/fs/voice008.html
>私は自費でしたが、現在は会社が学費負担と時間を提供しています。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 02:12:25 ID:cbZrMpp8
>>75
ドクターってのは、ph.dのことだと思っていたんだが。

まあ、国内博士なら旅費も滞在費も掛からないし、勤務しながら通えるから、企業も行かせてくれるだろうね。
国内博士にたいした価値は無いから、そうそう逃げ出されることも無いだろうし。

>>76
国内博士じゃ、たいした大学には転職できないよ。
三流大で、夏休みは高校回りが関の山。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 07:52:23 ID:Do/UN+FS
>>78
相変わらず誰か分かりやすいレスですね

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 12:40:53 ID:ZSkRHXN1
>>78
国内博士持ちで企業出身の一橋・早稲田の教授を何人も知ってるんだけどな。




81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 15:14:47 ID:6oIikHaD
アメリカだと、政権交代のときに役所の幹部も入れ替えになる。
役所を辞めさせられた人が大学教授になり、逆に大学教授が役所の幹部になる。
こうして、経済学の研究成果が直接政策に反映される。

日本では基本的にそうなっていない。
行政府と大学の間での人事交流はアメリカよりはるかに少なく、ほとんどの大学教員は政策決定に関わることができない。
だから、ほとんどの大学教員にとっては、自分の研究成果が政策決定に反映させることができない。

いくら研究しても、その成果が社会に還元されないとしたら、その研究には一体何の価値があるのだろうか。
経済学の研究をやっていて一番精神的に辛いのはここだろう。
ほとんどの大学経済学教師にとって、自分がやっている研究がどういう価値があるのか、説明することは難しい。
自分が何のために研究をやっているのか、ほとんどの経済学教師は分からないし説明できないだろう。

大学院生にとっては、研究の目的ははっきりしている。就職するためだ。
だが、就職した時点ではたと気がつく。「これから一体何のために研究をするのだろうか?」
東大教授や京大教授を目指すという人は良い。
あるいは経済財政諮問会議の議員を目指すというのも良い。さらにノーベル賞を目指すというのも良いだろう。
だが、ほとんどの経済学教師にとって、そのような目的は現実的とは思えないだろう。
あるいは研究の目的なんか必要ない、ただ研究をやっていられれば幸せだという人も良い。
しかし普通の人にとっては、目的無しに経済学の研究をやるというのは精神的に耐えがたい苦痛だ。

自分の貴重な人生なのだから、ふさわしい価値のある時間の使い方をしたいではないか。
経済学の研究が自分の人生を捧げるほど価値があるものか、よく考えてみよう。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 15:40:01 ID:pxja1tcb
>>81
またお前か

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:44:28 ID:cbZrMpp8
>>80
そいつらってほぼ全員、専門職大学院だろ。学部に採用されたのはどれくらいいる?
専門職大学院は、実務家を入れなくちゃいけないから、必然的にサラリーマン博士の方が有利。
特に数年前は専門職大学院の設立ブームだったから、そのルートでかなり採用された。

でも、もうポストは埋まっちゃったし、しかも経済系の専門職大学院は早稲田ですら学生集めに苦労しているから、
今後、新たに専門職を作ろうとする大学なんて無いだろう。むしろ、整理統合の対象になる。
だから、そのルートでの採用はもう無い。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:32:15 ID:0xpRiqgF
実は、年取ってから大学教授になるのに最も有利なのはメガバンク。
メインバンクになっている大学に教授としてもぐりこむ例を相当知っている。
ひどいケースでは、入行以来、ずっと市場・調査部門だったのに、某大学に
コンプライアンス(法令遵守)という全く畑違いの教授として迎えられた。
大学側も、やむなく受け入れている、という感じだとは思うがね。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:33:45 ID:ZSkRHXN1
>でも、もうポストは埋まっちゃったし、しかも経済系の専門職大学院は早稲田ですら学生集めに苦労しているから、
>今後、新たに専門職を作ろうとする大学なんて無いだろう。むしろ、整理統合の対象になる。
>だから、そのルートでの採用はもう無い。

・今現在のポストが埋まってる
・早稲田でさえ学生集めに苦労、よって今後は整理統合の対象

この2点から、今後の専門職大学院への採用ルートが無いって主張はちょっと弱いのでは?


>今後、新たに専門職を作ろうとする大学なんて無いだろう。

慶応が数年後に専門職大学院を作るってのは有名。
2流以下の大学でも、学部で学生が集まらないから社会人大学院に経営をシフトしてるとこは多数ある。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:38:17 ID:ZSkRHXN1
とはいえ、民間出身の大学教授なんて早期リタイア後の遊びみたいなものだから
このスレで本流の経済学部の教授を目指してる人たちとは趣旨が違いすぎるけどね。



87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:40:51 ID:0xpRiqgF
>>86

とはいえ、そういう民間出身の教授見てると本来のルートで教授になってる人は
面白くないだろうな。学歴板で推薦入試で入った連中を叩いてる連中と同じ気分
だったりして。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:46:42 ID:ZSkRHXN1
しかも本来のルートで教授になる人たちが、超薄給の助手・講師といった下積み時代を送ってる間に、
企業にいる人たちはガッポリ金を稼いでるわけだしな。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:47:28 ID:96swomD+
というか、実務家出身の教員って水源の枯れた水溜りみたいなもんなんだよね。
大学にいても実務系の知識や経験が増えるわけでなし。貯金取り崩してる老人
と一緒って意味では早期リタイア後の遊びだね。その上、その貯金の額が少ない
から数年で尽きることがほとんど。ほんとに優秀な人材なら企業が手放すわけないし。

その点ではアカデミックにいて研究しか知らない研究者あがりの教員は、研究から
リタイアしない限り、枯れることはない。実務家あがりは研究はじめても、真似事
しかできなくて痛々しいのが多いし。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:50:41 ID:ZSkRHXN1
>>89
主観入りすぎw

民間出身といえば植草はどうなの?
彼のやってることはアカデミックに見て評価は高いの?



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:54:11 ID:96swomD+
>>90
植草ってなんか研究したの?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:54:35 ID:cbZrMpp8
>>85
絶対に無いってことは無いだろうが、ルートとしては相当に薄い。
慶應の話は聞いたことが無いが、何を作るんだ?
早稲田については統合する噂を聞いている(あくまでも噂だが)。
いずれにしても、ジョブマーケットとしては相当に小さい。

>2流以下の大学でも、学部で学生が集まらないから社会人大学院に経営をシフトしてるとこは多数ある。
そんなところあんの?
マーチレベルは勢い余って作ったいるけど、定員割れの赤字続きのところばかり。
で、そういうところの惨状を知っているから、それ以下の大学でいまさら作ろうとする無謀な大学はまず無い。

ちなみに、鳴り物入りで作った早稲田ファイナンス研究科の志願者数(定員は150名)
04年度(開校) 342人
05年度     274人
06年度     179人

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:55:46 ID:ZSkRHXN1
>>91
知らない。
何かしらはやってるんじゃないの?


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:03:08 ID:ZSkRHXN1
>>92
そもそも大学院なんて既存の研究科でさえ、もともと定員割れのところばかりでは?
大学経営の専門家ではないので、社会人大学院の今後の需要についてはなんとも言えないけど。

慶應の話はこれ
http://www.worldtimes.co.jp/j/tokyo/mn020804.html

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:05:12 ID:ZSkRHXN1
http://www.keio.ac.jp/information/021218_02.htm

慶應のは延期が決まったのか。
企画倒れになるのかな。



96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:14:27 ID:cbZrMpp8
>>94
既存の研究科は、学部併設なんでコストはほとんどかからない。

http://www.keio.ac.jp/information/021218_02.htm

経営大学院は、現在の経営管理研究科というビジネススクールを再編するだけ(再編したい理由もわからんが)。
戦略構想とやらは03年3月の時点で3年間延期とか言っているから、企画倒れだな。

まあ、企画したころはまさに専門職大学院設立ブームだったんだろ。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:31:21 ID:cbZrMpp8
ちなみに、経済系の大学院は一部を除いて入試が学生を選抜する機能をはたしていないから、
そういう意味では三流大の教員と大して変わらないかも。

学生は基礎学力なんてとっくに失っているくせに、性質の悪いことにプライドと要求だけは
1人前どころか学部生の2人前以上もざら。

中の人に聞くと、専門職はものすごいストレスが溜まるそうだ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 09:53:23 ID:GUSwg6/h
フランスは、大企業の売り上げの数パーセントを社員教育に
充てる決まりがあるんだけど。

修士の職業系のやつ(旧DESSっての)が1学科20人だとすれば6〜8人くらいは
現場からやってくる。 学費は普通は300ユーロ/年何だけど、このフォルマシオン
コンティニュっていう社会人がやってくるのは高くて2000ユーロ〜6000ユーロ
くらいなのかな。 もちろん会社が払うわけだけど。

制度を流用すれば、少子化でアップアップの大学救済になるような。
人材取られて、カネ取られてと奥田さんは、絶対に嫌う制度だろけどさ。



99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:45:34 ID:BMhnKfcR
  /  ̄/〃__〃   /  ̄/       /
    ―/  __ _/   ./ ―― / /
    _/   /   /   _/    _/ /_/
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 12:48:00 ID:stfWHDCy
うしろの100太郎

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 10:29:41 ID:PtEx62tq

打倒!希望格差拡大社会。キャリアチェンジ/再チャレンジ。ワーキングプアからの脱出!!

一押しばかりですな。今は、読書の秋です。転職活動/契約・派遣登録/バイト面接の合間に。 


■ 城繁幸 (元・富士通人事部)
『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』光文社新書、2006年9月20日、700円

  ・若者はなぜ3年で辞めるのか? ・やる気を失った30代社員たち ・若者にツケを回す国
  ・年功序列の光と影 ・日本人はなぜ年功序列を好むのか? ・働く理由を取り戻す

■ 橘木俊詔 (京都大学大学院教授)
『格差社会 何が問題なのか』岩波新書、2006年9月20日、700円

  ・格差の現状を検証する ・平等神話崩壊の要因を探る ・格差が進行する中で
  ・格差社会のゆくえを考える ・格差社会への処方箋

■ 山田昌弘(東京学芸大教授)
『新平等社会 「希望格差」を超えて』文藝春秋、2006年9月15日、1429円

  ・格差の現代的特徴  ・新たな平等社会を目指して
  ・仕事格差  フリーター社会のゆくえ
  ・結婚格差  結婚難に至る男の事情、女の本音
  ・家族格差  家族の形が変わり、新しい格差を生む
  ・教育格差  希望格差社会とやる気の喪失


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 23:57:04 ID:w/OxV/1s
マルクスやるのってオケ?就職できる?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 08:34:31 ID:IPhtapfU
>>102
前後数年の先輩後輩より優秀ならば、就職できる。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 14:40:20 ID:Xw4SNHd2
関係ないけど大前研一って全然大した事ないと俺は思うんだが。
言ってる事も経済知ってる香具師ならフツーだし画期的な
発言も無し。何であんな人間がメディアに出て良いポストについてるんだ?
誰か教えてくれ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 22:23:06 ID:cxWzXslm
大前研一のいってることは、80年代には斬新だったんだよ。
なにせ80年代はまだソ連があった時代。
80年代に大前ほどグローバル化を予見した人はいない。
今じゃグローバル化なんて一般常識のレベルの話になったから、
大前のウリドコロもなくなっちまったけど。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 10:27:45 ID:mj9e30kH
@凡_凡
 |   |
 |   |  ←コンビニ袋を平らにのばす
  |___.|

A凡_凡
 |   |
 |   |  
  \___/   ←両端を切る

B(・∀・)ワーイ
\凡_凡/ 
 |   |     スクール水着完成。
 |   |  
  \___/ 
http://ehoba.mydns.jp/phpuploader/img/pup996.jpg

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 14:04:49 ID:DOoWj/QG
>>91
手鏡使って実証研究

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)