2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

量的緩和ってなんなの?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 04:07:23 ID:I4fUMPq/
詳しく分かりやすく教えて

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 04:10:23 ID:3Bv8Gpv7
何を今更

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 05:11:47 ID:l0DTPCAM
病的な緩和のこと

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 06:36:24 ID:uJDgQSeT
スレ違い。他行け。

5 :石の地蔵さん:2006/03/06(月) 09:40:34 ID:oD0hm1xn
誰も書かないようなので、僭越ながら私が、
量的緩和とは日銀における市中銀行の当座の口座に現金残高を積み増すことにより
流動性を増やしデフレを脱却し景気を良くしようとする日銀の政策の事。
世の中に出回る金が多くなれば必然的に景気が良くなる。
日銀が量的緩和を解除しようとしているのはインフレになるのを警戒してのこと。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 20:41:45 ID:RIrWkI4H
量さん的な緩和のこと

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 22:10:36 ID:DrDYrsvU
このへんでは、まったくインフレなんてかんじませんが。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 22:27:24 ID:VMsZKr2S
掲示板でも各局のニュースでも学会と一般の人々の考えが乖離しすぎているのはどうにかならんのかなあ・・・

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 22:29:39 ID:09s6sSRs
普通は物価上昇率で1%以下はデフレというからな。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 23:25:57 ID:lrPQFbzt


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 05:08:09 ID:5ekTSnKr
357 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2006/02/20(月) 18:57:36 ID:uUc0Nc+b
アナウンサー 「在日について、社民党へのインタビューです。在日の存在に
ついてどうお考えですか?」
福島代表 「日本人はその存在を認める必要があるでしょう。共存するべきです」
アナウンサー 「たくさんの日本国民の税金が支払われている問題については?」
福島代表 「日本国内に存在するのだから、日本人が支払うのは当然です」
アナウンサー 「本来日本人の土地を使用している問題については?」
福島代表 「今更、出ていけとは言えないでしょう。現実を受け入れるべきです」
アナウンサー 「政党の一部には、国外追放を主張するなど過激な意見もありま
すが?」
福島代表 「嘆かわしいことです。自分たちが気に入らないからといって、そう
いう荒唐無稽な公約を掲げるような政党は国民の信頼を失うでしょう」
アナウンサー 「しかし、犯罪なども多発しており、住民や国民の不満が鬱積し
ています」
福島代表 「日本人にも犯罪者はいます。犯罪多発を理由に外国人に出て行けと
いう主張は人種差別であり人権侵害です」

アナウンサー「以上、在日米軍に対する社民党のコメントでした」

福島代表「ええっ、ちょっと待て!!!!!!!!!!!!!」

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 06:00:05 ID:20u8MTIN
>>5

警戒しすぎだろ。またすぐデフレになる。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 11:14:15 ID:0+wFpcrj
[sage]
>5
5さんの説明だとわかりづらいですね。
当座預金を増やす目的の1つは、企業等にインフレ期待を形成させるためです。
企業の価格設定の先行性や物価安定を目的とする金融政策を前提とすれば、
量的緩和政策はその論理的整合性を保つためにインフレ期待が上昇するというのが学者の考えていることです。
もちろんこれは一般人が金融政策などを理解していることが前提で、そうでない現実の経済ではうまく行きませんでした。
加えて日銀への不審もありましたね。

2つめは国債の購入による直接的な長期金利低下をねらったもので、ポートフォリオバランス効果と呼ばれているものですが、その効果は疑問視されています。

3つめはマスコミ等でおなじみの富の分配効果によるものです。ゼロ金利政策もそうですが、
緩和的な金融政策は銀行を潤します。それが銀行貸出につながるかもしれません。ただ貸し渋りというかクレジットクランチは不況の原因ではないので、マスコミ等は量的緩和をミスリーディングしています。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 11:30:16 ID:GNMkzNqD
>>13
「日銀への不信もありましたね」って、軽く言ってるけど
それを実証的に示せたらいい業績になるぞ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 11:39:08 ID:0+wFpcrj
[sage]
わすれてましたが、量的緩和は株等の資産需要にも2や3の経路から効き目があると考えることもできます。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 11:51:02 ID:0+wFpcrj
>14
とりあえず今のところは
「不信があったかもしれません」でお願いします(笑)

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 12:17:46 ID:jWn+deaE
ポートフォリオ・リバランス効果のことか?
ちょっと意味が違うような気がする。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 12:18:40 ID:5+V5IP5W
「都市銀行や地方銀行(市中銀行)の持っている国債や手形を
日銀が買い取って、市中銀行が日銀に持っている当座預金にその代金を
置いて当座預金残高を増やすことです」という説明を某サイトで読んだ。
新聞でも同様の趣旨で説明されておる。
「市中銀行の持っている国債や手形」と「その代金」は等価と思うが、
なぜ当座預金残高を大幅に増やしたり減らしたりできるのか、よく理解
できない。
「市中銀行の持っている国債や手形」の価額は100兆円単位であって、
その買取量を数兆円にしたり数十兆円にしたりするということか?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 12:52:11 ID:jWn+deaE
2001年3月の量的緩和前までの長期国債買い入れ額は4,000億円/月程度。
それを1.2兆円/月程度に上げて、当座預金に積んだ。本来日銀当座預金
は無利子なので、銀行は準備率に相当するぎりぎりを積んでおくようにして、
増加した準備に見合うだけ個人企業に信用供与するであろう、という
目論見もあったんだろうが、この効果があったとは言い難い。信用不安
対策にはなったと思うが。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 13:31:33 ID:/didjgDN
19さんへ。回答ありがとう。
量的緩和以後、日銀は市中銀行の保有する長期国債の買い入れを大幅増額
したということなんですね。そうして、当座預金に無利子で置いておくよりは
信用供与するはずだと。
ただ、貸出先がないのが問題なので、当座預金積み上げがどうして有効なのか。
まだよくわかりません。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 13:34:19 ID:/didjgDN
20です。少し言葉足らずなので補記します。
10しか資金需要が無い状態で、15供給する場合と、
100供給する場合とで何が違ってくるのかがわからないのです。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 13:59:10 ID:dj43NAmw
だから効果ないんじゃないのって、色んな人が言ってるでしょ
日銀自身も含めて

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 14:11:15 ID:YoP4TmrN
>>20
色々意見はあるだろうけど、量的緩和政策は取り付け騒ぎを発端とする
短期金融市場の混乱回避および短期金利をゼロに貼り付ける以外の意味
はないとわたしは思う。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 15:09:20 ID:hKrAemZx
22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 13:59:10 ID:dj43NAmw
だから効果ないんじゃないのって、色んな人が言ってるでしょ
日銀自身も含めて

→にも関わらず、その是非が社会的関心を集めている理由がよく
 わからないからこのスレがあるわけです。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 16:21:00 ID:ui11S27R


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 17:53:35 ID:sIqzDOn+
【経済コラム】大きなリスクを背負った日本銀行―W・ペセック (ブルームバーグ)3月10日(金)14時26分
ttp://money.www.infoseek.co.jp/MnJbn/jbntext.html?id=10bloomberg11a1dW4R_1qF7M
結果は予想通りだった。         だが、歴史に残る誤りを犯した可能性もある。

会合出席者のメディア対応でさえ疑問府が付く。日銀が金融政策の変更を発表する45分前、NHKは福井
俊彦総裁が量的緩和政策の解除を提案したと報じた。長年にわたり中央銀行を観察している者であれば、
こうした情報のリークは欧米では考えられないと誰もが思うだろう。

日銀はなぜ急ぐのか?あと数カ月間待つことはできなかったのだろうか?

重要なのは、日本経済がデフレからインフレに転じたことについて、政府
の統計や具体的な経済事例の裏付けが必要だということだ。日銀声明は「消費
者物価指数の前年比は、先行きプラス基調が定着していくとみられる」として
いるが、これは裏付けではない。リスクはインフレだとする日銀の認識が間違
っていることが証明される事態になれば、すでにほとんど信頼されていない中
銀の信用はさらに失墜するだろう。

日銀の歴史を見れば警戒が必要だ。1980年代、日銀は政府の要請を受けて
長過ぎる金融緩和を実施し、バブルの引き金を引いた。その後は行き過ぎた引
き締め策を取り、再度、金融緩和に転じたが、日本経済を浮上させることはできなかった。

2000年8月のゼロ金利政策解除も早過ぎた。考えていたほど景気も物価も
上向かなかったことが明確になると、日銀は政策転換を余儀なくされた

しつこいデフレが続いた後で、今度はすぐにでも抑制できないほどの物価
上昇に直面すると日銀は考えているようだが、それは間違った考えだ。中国と
インドからの安価な輸入が引き起こすデフレ圧力は、日本の物価を抑える可能
性がある。国民が将来に期待を持てるような公的年金制度の改革に政府が失敗
していることも、物価抑制の要因となるかもしれない。

日本の金利を従来の状態に戻すことに専念している。
日銀のこうした姿勢は、日本経済に対する失望につながることになるのかもしれない。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 04:41:54 ID:P2/Bz6IC
社会的関心は量的緩和の解除よりもむしろゼロ金利政策に転換はあるのかに向けられてるような気が‥。

ところで量的緩和の解除による地方銀行へのインパクトは今現在どの程度なのでしょう?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 00:22:56 ID:7IN3lote
>>23

それだけでも十分な効果だろ。前に0金利解除した後はひどかった。
利上げするよりはるかにいいし、何も市内よりマシだ。

>>21

資金需要がないから金融緩和は無意味という意見がよくあるけど、これは一面的。
金融緩和すれば需要増えると予想されるから、資金需要も出てくる。
逆に引き締めれば、デフレが長引くと思われて、さらに資金重要も減る。
多く供給するほど、0金利政策も長引くし、国債買えば、その金利も低下していく。
日銀当座預金増やすだけでマネーサプライものびてた。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 20:40:10 ID:QrJAT3NY
日本は人口減ってデフレだから、ずーーーーーーーーーっと量的緩和してないとだめ。

江戸時代の後半もやってたことなんだから!

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 01:00:52 ID:kPYrG4fT
株式市場では、夏まで0金利解除の実施はないというコメントから、安心感が広がっている
金利の上げタイミング次第で株式はひやひやものだったからな
そういう意味で、福井総裁はなかなかお上手

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 01:46:55 ID:l6JC+X1U
量的緩和政策を内生的貨幣供給論で批判したらどうなるか教えてください。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 21:05:37 ID:1/V6vN+P
量的緩和とは、買いオペ額の増額と当座借越額の増加です。
以上

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 18:30:48 ID:bw/j2/wW
英国民、過半数が「インフレ目標」支持
 【ロンドン=共同】英中央銀行のイングランド銀行が20日発表した世論調査で、同国が導入しているインフレターゲット(目標)を56%が「(現行の目標は)おおむね正しい」と支持していることが分かった。(略)【日経】
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060320AT2M2000D20032006.html



34 :石の地蔵さん:2006/03/23(木) 08:57:29 ID:NwHOgJ/l
日銀の今回の量的緩和解除は名を与えて実をとったように思う。
国債の買い入れは引き続き実施されるという事だから経済に与える影響は
それほどないと思う。 国債の発行残高がこれからも増大する以上市況を維持
するには日銀による買い入れ額は増やさざるを得ない。
私はこれからもインフレ傾向は続くと見る。



35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 20:53:44 ID:BTjO0GdD
むしろ、名をとるために、実を捨てたようにしか見えないんだが。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 20:57:43 ID:G/IoHV8s
http://2style.in/super00/prof/kimoni-to.html

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 22:17:39 ID:UCypYHKu
>>35
そうかもね。

ようは金は天下の周り物なわけで、それで市場における通貨の総量を増やそうとなった。
でも市中に流れ出さなければ意味が無いということだわな。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 23:33:24 ID:Ija36DHy
>>37

日銀当座増やしたらマネーサプライはのびてたから意味はあったということだわ名。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)