2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

借入金の無い企業は良い企業か?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 13:10:15 ID:ZTGae4u1
皆さんの考えをお聞かせください

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 13:48:54 ID:mD1JT77B
いいえ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 14:16:38 ID:fpr42dcU
金利よりも長期の収益率が低い場合---Yes
金利よりも長期の収益率が高い場合---No

金利の上昇予測がある場合---Yes
金利の下降予測がある場合---No


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 20:31:55 ID:JKe4iV6R
http://www2.bigcosmic.com/board/f/board.cgi?id=135
オドロキ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 02:11:01 ID:4ugWji9y
一概には言えないが無能な企業だろ。

@借入できるほど信用がない
A借入したら返せないほど収益力がない

と判断しうるから。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 06:47:27 ID:AV2xhm4Q
借り入れ金もないかわりに、売り上げもない企業じゃ、
なんのための企業か、ワケわからん罠w

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 07:55:51 ID:4ugWji9y
だからこそ、なんでこのスレタイにしたのかが気になる。超保守的企業を想定したんだろうか。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 09:20:22 ID:Sc91tpnK
 この疑問は「モジリアーニ=ミラーの等価命題」という、昔からいろいろな人が研究している深いテーマだ。
 企業経営は、”取引先とのしがらみ”とか、”従業員の雇用と社会保険制度”とか、”法人・事業税制”とか、
 いろいろな制度的要因で自己資本比率が高い場合と低い場合で、有利不利に差がある。
 あるいは、金融市場の成熟度によって、資金調達金利と返済速度に差があるので、単純に金利と株式配当を比較できないのではないか、と多くの学者・実務家が疑問を投げかけている。
 日本は株主数の少ない「とうちゃんかあちゃんの会社」が多いが、こういう会社は大企業と比べると他人資本調達のリスクが高いのではないか。
 
 単純だが、非常にいい質問。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 10:10:04 ID:AV2xhm4Q
なるほろ。勉強になりますた。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 11:57:49 ID:4ugWji9y
なるほどw詳細な説明で分かりやすいな。

閉鎖会社だからこそ、人に信用があれば借入は容易…じゃないか。そんな金持ちと信用関係にある香具師は実在しないな。少なくとも一般的じゃない。

掘れば深い問題だな、面白い。
でもスレタイの【借入金の無い企業】なんて実在するのか?

11 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 13:55:14 ID:UwHG/ouA
借金する部門がだんだん企業や政府から個人というか、家計に移ってるのって
駄目だろ

根拠はないが、リスクを個人で持たせすぎるのってなんか不安

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 14:01:52 ID:q4hH8uMJ
トヨタ


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 14:23:39 ID:4ugWji9y
>>11わけわかんない

14 :雷おこし:2005/07/08(金) 14:40:06 ID:hoSUmWkD
>11
コレはいいポイントだよ。
企業と個人の破産の扱いは今の制度では大きく違うからね。
まず株式会社なら,会社が倒産しても経営者は借金を支払わなくてもいいけど,
個人の破産の場合は個人資産を根こそぎ持ってかれる。
それに借り入れも企業よりも個人の方が高い金利を払わなければならないから,
同じリスクに直面したとき,個人の方が破産する可能性と倒産することの費用は高い。

要するに,企業・銀行よりも個人はリスクを取りづらいわけだ。(ここでいう個人は平均値ね)
だとすると企業・銀行から個人へのリスク資産のシフトは,投資の減少を伴うかもね。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 16:11:37 ID:vkqaiBDd
回転率の問題
統計的に判断されるべき
この手の政府統計はたくさんある。
実証研究してみたら。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 17:06:41 ID:GaXnjs88
実証的に分析していくと、「その企業のおかれた環境によって異なる」という
当たり障りのない結論しかでないのではないかなと。

>>10
銀行と取引開始するときに当座預金の貸し越し枠を強制的に設定されて金利を
徴収されちゃうから、短期借入の無い企業は0だと思う。

長期借入が無くて、準備金を山ほど積んでいる企業はあるけど、それはそれで
自ら低成長で胡坐をかく選択をしているといえるわけで。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 17:07:49 ID:GaXnjs88
>>11の視点って、企業の借入行動がマクロ経済変数に与える影響の事を
言っているんでね?ケインズ流にいえば、アニマルスピリットが内需を決める
みたいな。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 17:16:14 ID:hoSUmWkD
まあ>>11は実際のところ何を言ってるか不明だなw
>>14はスティグリッツの新しい金融論にあったキガス

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 17:20:30 ID:g0fmalzc
神大経営学部、会計学基礎論か?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 20:41:04 ID:BSmyMd4f
もうギャツビーのコロンをつけるほどガキじゃないんだけど
グランマリンはマジでオススメ。
10年前の真っ赤なボトルのアレフのにおいがする。
藤井ふみやが宣伝してた、俺たちの世代の初めての化粧品。

このにおいを嗅ぐだけで、
かっこつけたいと思い始めた思春期の頃の思い出がよみがえってくる。
嬉しくなっちゃって部屋中に撒いたり、得意科目の教科書にも吹いたり、
欲しくてたまらないミニコンポのパンフレットにもつけたりしていた、
あの頃の未熟な自分を思い出す。
ムラムラして好みでもない女子に発情したあの頃に思いを馳せると、ほんのり和む。
クラスにもアレフをつけてるやつがいて気まずくなったりした。

あの頃のことを思い出すことが、今の自分を見つめなおすきっかけにもなるだろう。
ギャツビーのコロン(グランマリン)、マジでオススメ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 17:34:15 ID:DllH2sqa
ageて

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 20:10:42 ID:MK9w346j
会社は良いけどお前はどうよ(笑)って言われちゃうよ。自分の腕を磨け!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 02:26:18 ID:fz8qJz/m
>>1
何か新規製品の立上や商品開発には投資資金が必要ですよ。ですから金利負担が
できて、借入金の返済源泉が明瞭で、かつ純利が出せることが重要でしょうか。

今まで日本企業は労働時間の長さに反比例して生産効率が悪かったし、企業組織
の構造的なコスト高の問題があったと思います。不必要に細分化した部署、波及効果
が不明瞭にも関わらず肥大化した連結子会社数など。部署の役割と目標を明確にし、
連結子会社もグループ内での存在意義や役割や効果を明確にして集約してくことが
真に利益体質への転換かもしれないですね。利益を出さず連結内の存在意義や役割が
曖昧であればそのような子会社群を合併し存在意義を洗い出すことも大切かと思います。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 03:34:36 ID:tkr6wo2I
>>23にどうツッコミをいれたらいいもんかな?

マジレスっぽいから奈落には落としたくないんだけど、イタイんだよな。
やっぱりマジレスじゃないんだろうか。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 13:38:29 ID:azUKa/t2
いや、正論だとおもう。単に表現がベタだからイタく感じるだけだろう。

常に新鮮な言葉でかたりかけないと人は動かない、という
本質の部分では痛いかもしれぬ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 19:56:01 ID:Ud9ktcka
>>23
「役所にとっても、大企業にとっても、天下りはやっぱりおいしい。無駄だと分かっていてもやめられない」まで読んだ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 16:22:42 ID:nRlvRMyL
チンパンジーが書いた適当な文字の羅列に
意味があると思ってマジレスしているおまいらに泣いた

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 21:55:36 ID:21DlSG1B
まあ、そんなところだ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/02(金) 11:55:47 ID:SnAuqoNA
古谷哲夫は良い男か?
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/couple/1096075072/28-


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 10:34:17 ID:DkCWU3fG
超お馬鹿な質問をしても許していただけますか?
会社では、必ず前年同期比とかいって,必ずそれを上回ることが期待されますが
なぜですか?利益が出ていれば良いと思うのですが・・・?儲かるときばかりではないと思う。
株主に配当するためですか?ライブドアは配当してないようですが・・・。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 13:50:06 ID:m26z5Lqq
>>30
そりゃ利益が多ければ多いほど株価も上がるし、
配当の支払いも出来るのだから、それに越したことはないだろう。
無配でも投資にまわすならさらなる利益が期待できるしな。
長期的に儲けるのか短期的に儲けるのかどちらがいいかは
株主によって変わってくると思う。
たぶん利益処分についての理解が足りないと思う。
会計学とかやってる?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 14:36:14 ID:DkCWU3fG
>>31
あけましておめでとうございます。元旦早々お馬鹿な質問をいたしまして失礼しました。
会計学とかやってません。。
ただ、原理的に金利以上の儲けを出さないと、投資として意味をなさないから
それが、資本主義の原理みたいなもんかなと思ったりするわけです。
資本を増やしていくのが資本主義の原点で(?)、その道具のひとつが会社ってことでいいんでしょうかね?


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 16:45:38 ID:gweOC6i9
>>30
前年同期比を見るのは、その企業の成長性が見たいから。
前年同期比マイナスだと、今は利益が出ていても、この先ジリ貧の可能性あるし。

いくつもの指標があって、それぞれが矛盾した答えを出すときに、どれを取捨選択
して投資の意思決定に利用するのかは、投資家の裁量だな。

前年同期比は、まあ、一番単純でわかりやすいし、実業を行っている企業はどの
企業も当たり前のように用意できる数字で、横断的比較の時に便利といえば便利。
それを重視するかしないかはあなたの仕事。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 21:14:09 ID:8vHIs+/m
>>32
企業はなぜ利益を上げるのか。経営学の領域になってくるな。
1.株主の分け前のため
2.経営者の分け前のため
3.規模を限りなく拡大して社会貢献のため
いろいろある。
日本には3の企業が少なくない。
こういうところはむしろ生協みたいで大きな利益には拘らない。
日本には2の企業が一番多いかなぁ。将来分からんが。
株式持ち合いとかやってたから経営者が株主より強いんだ。
親戚に平取がいるがまさにそんな感じだな。経営陣が儲かればいいのだから
これも資産に対する利回りとか大きな問題ではない。
経済学では確かに利回りが重視されるけど、
実際そういう行動を取るとは限らない。特に日本の場合。
結局、株主、経営者、誰が権力を握ってようと人だしな。
人それぞれにイデオロギーがあるのだから、それに沿った行動をするのだろう。

この辺は根深い。「お馬鹿な質問」では片付けられんだろうw
経営学だが、企業文化とかで調べてみたら面白いかも。
去年の買収騒動に対する良いテーマだ。
M&Aが必ずしもうまく行かない理由も分かると思う。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 22:34:31 ID:k54zxZas
多重キンタマ男

ジエンコテ犯=【苦悩するドナ ◆oyDevpsyVg =ロボ ◆SOOOOROBOM】

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046868314/458-464

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1116159415/53-68

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1011054931/607-610

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 22:16:35 ID:blOX0yue
常々思ってるんだが、企業の利益追求って、単純に現代社会におけるオトコ
の戦争ごっこじゃない?オトコっていくつになっても勝負とか競争が好き
だからなあ。オンナは良し悪しは別としてそれが理解できないから世俗で
出世できないんだよなあ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 05:17:31 ID:PiMOyjg4
>>30
超お馬鹿な解説をしても許していただけますか?
本当に意味のある比較は、ある過去を基点として起こりうる最善の未来と現実の未来、即ち現在
ところが、未来は一つしか選べないからこのような比較はやりたくてもできない。
次善としてある過去(前年同月)と現在を比較しているにすぎない

例えば、ある企業が前年同月比で業績を下回ったからといって経営者に対して悪い評価を下す合理的理由はない
何故なら、その経営者は可能性のある全ての未来の中で最善の未来を選ばなかったと言い切れないから

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 03:18:50 ID:tzNhqTl0
銀行は預金という借入金がなければなりたたない。
日本の銀行の台頭をBIS規制というアメリカルールをおしつけてつぶしていった。
出る杭は打つというアングロサクソンマナーはスポーツにかぎらず
あらゆるルールを自分の都合で変える

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 23:36:36 ID:c3BfzZXF
>借入金のない企業は良い企業か?

営業利益=支払利息
となるまで借り入れを行っているとき、企業の価値は最大化される。


40 :1発回答の人:2006/09/20(水) 17:09:55 ID:L2/nRxdN
大企業=金を借りても「債務免除」という徳政令の元踏み倒しが可能=借金有利
中企業=金を借りても「債務免除」とはならず、かといって取引関係が連鎖倒産を
    避けるため支払延期をしてくれるため=借金有利
小企業=金を借りたら最後。金利上昇や突然返済求められても従うしかない。三井住友の
    事件を見れば明らか=事業そのものをしてはならない。
    それに今の若者は起業しない。起業しても詐欺案件でありそれは会社でなく犯罪組織。
    (2010年ごろには中小零細の80%が無くなると推測。税制を見れば明らか
     小泉の最大の目的は米国の完全属国化と中小企業技術のアメリカ奪取)

大企業=1部上場
中企業=2部、非上場で売上げ数十億規模
小企業1=売上げ10億以下
小企業2=売上げ2億以下
小企業3=売上げ1億以下

41 :1発回答の人:2006/09/20(水) 17:11:53 ID:L2/nRxdN
参考

三井住友が融資先に行った「非道」

http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/0000024597.shtml


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 17:17:08 ID:sbXBiXN2
経済まったく知らない厨房でも いいえ

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)