2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■これでいいのか 中央銀行■■

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 03:36:12 ID:pnN6AMQJ
欧州中央銀行、FRB、日本銀行、etc・・・・・

どの中央銀行も政府から独立して自主的に金融政策を行っている。

政府は任期中の中央銀行総裁を辞めさせることは出来ない。

民主的な機構のチェックを受けずに経済の最高権力を支配している中央銀行。

これでは中央銀行による官僚独裁、テクノクラート全体主義だ!!


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 04:27:10 ID:RETh9RFm
終了かな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 10:31:35 ID:3PEOZvVS
>>1
これでいいのか 中央大学

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 11:48:51 ID:6Yxk1C/M
うちの市には中央小学校もあるが。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 13:16:42 ID:MJQcIWTg
では、終了で。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 14:51:06 ID:gW1DERhY
バブルとその後処理をめぐる日銀の責任は
経済学的にはどうなったんですか?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 17:26:49 ID:Ag4ZBlQp
>>6
経済学的には重罪ですが、問題は政治的なものなので。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 23:56:50 ID:zZJZISsO
中央銀行の独立性が担保されているのは、経済学的に見て有効と判断しているからだろう。
経済と政治は切っても切れない関係にある。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 00:21:40 ID:gBw0siZF
中央銀行の独立性ですか。
国によって独立性の度合いが違うようです。

日本
全く独立。日銀の金融調節の目標すら、自分たちで立てれる。
総理は任命のみできるが、解任はできず。
政策決定会合で全て決まるが、政策決定会合の参加者は誰が選んでいるのかよくわからん。

アメリカ
よくわからんけど、大統領権限で解任できそうな気がする。
こちらもよくわからんけど、FRBの理事会とかの参加者はどれくらいまで責任を負うのか
知りたい。知ってる人がいたら補足お願い。

その他(インフレターゲット採用国)
政府が目標を中央銀行に与える。
目標未達の場合総裁をクビにできるパターンもあえれば、善意に頼りきちっと報告したら
許してくれるところもある。日本の政策決定会合みたいな会議も、目標が与えられた上で
手法を検討する会議。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 01:00:49 ID:7ipLhFvb
欧州中央銀行は完全に政治権力から独立している。
日銀よりも独立性が強いかもしれない。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 05:42:31 ID:lBI5CfB5
日本の場合独立というより不透明?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 08:13:15 ID:UlpyMkaP
欧米は思想的には神に対して厳粛で絶対的な責任を負っているからね

日本の場合はデタラメであっても良心の呵責すらない。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 11:15:58 ID:e9PqXQlQ
この論文でも読んでから議論しろ。

"Rules rather than discretion" Kidland and Prescott (1977, JPE)

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 12:44:01 ID:p4zDQ4EY
日本は八百長大国だからな。
大蔵省の子会社みたいなもんだろ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 20:01:00 ID:gBw0siZF
日銀に限らず、役所が「何とか会議」「何とか会合」とかってのを作ったら、
それは、「議論を尽くした」という建前を構築しつつ、「責任の分散を謀る」
のが目的なんだよね。

で、日銀が「政策決定会合」で判断ミスしても、その責任は誰もとらない。
総裁はあくまで司会者だし、理事は合議の1票を投じるに過ぎず、事務局
はただの事務方。仮に事務局案がそのまま通過しても、理事の合議の
結果採択されたんで、事務方にはなんら責任はない。

「理事の選任」にしても、政府サイドと日銀サイドの駆け引きで理事が決まる
わけで、日銀が全員選んでいるのなら政府は日銀に責任を問えるのに、
なまじ数名の政府側の人間を送り込んでいるものだから、任命の責任は
誰もとらない。

組織論としては完全に失格点の組織。もっとも役人にとっては満点だけどね。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 20:10:40 ID:hr8CyRlK
>>1
思いつきでスレ立てるのやめてくれないかな

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 20:20:25 ID:gBw0siZF
日銀の方が、このスレを気にしだしたようです

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 00:14:40 ID:awdSCN60
>>16
アホか?思いつきでないスレなんてあるか!!

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 03:46:20 ID:CSf0h9iN


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 09:43:11 ID:UF7wafrt
>>16
たしかにクソスレは多いけど、このスレは板違いでも、単発でもなくないか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 17:44:44 ID:tqKGytI3
 野口旭の『経済学を知らないエコノミストたち』には、日銀総裁や審議委員の
選任が直接選挙に依らない理由は、日銀の政策目標(=物価の安定)自体には、価値判断
の相違が生じないから、と書かれていたけど。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 17:55:28 ID:Q2cabCh0
稲葉振一郎の経済学という教養を踏まえれば、国民投票による
日銀総裁リコール権を国民に付与してもいいと思わないか。
こうすれば、金利を上げるといった時に、速水前総裁を解任できる。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 23:53:46 ID:L4U5T1xy
日銀法が無くて銀行の寄り合いだけで公定歩合と債権付け替えをしろって?
あほか。
しかし政府が決めるのももっとあほでしょうけど。
俺としてはついでに国債の発行数も日銀に決めさせた方がいいと思うのだけど。
そんで失業率も課題として課す。失業率ターゲット金融政策。
いいでしょ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 12:49:10 ID:grwCqiYB
日銀の権限・独立性は他国と比べて低いんじゃなかったか?
財務省という圧力がある。
本来日銀がやるべきことも財務省が権限握ってるとか。
ある本で元日銀の人がそのこと嘆いていたけど

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 13:58:28 ID:pmtT12Ri
>>24
そりゃあんた、日銀の人からすれば、権限クレクレだろうし。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 20:46:33 ID:CUrdhjLh
>>24
財務省が日銀の予算を拒否する権限があるってところだろ。
ただしそんなことは事実上不可能なんだ。

何故かというと
日本銀行は財務大臣が予算の認可を認めないという通知があったときは、財務大臣に対し、意見を述べ、または必要に応じ当該意見を公表することが出来る。
いいかえれば認可しろ、さもないと、と脅せることになる。
この脅しはこけおどしではない。
日本銀行の予算を拒否するためには、財務大臣は、日本銀行と公然と戦火を交える覚悟をしなければならない。
信頼性の喪失や日本のみならず世界の債券や通貨、証券市場に及ぼす影響というリスクを考えれば、とても踏み切れるものではない。
したがって日銀の予算が拒否されることはまずありえない。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 00:41:03 ID:e81eiIPP
ほれ、アメリカの中央銀行FRBの実情はこんなものだ。
国際金融資本と多くの中央銀行は強い結びつきがある。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2070/172bank.htm


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 01:30:03 ID:ctLesKLV
>>24
橋本行革以前の日銀…財務省の傘下
橋本行革以後の日銀…財務省から完全独立


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 15:04:26 ID:/Wle666k
ドイツ銀行なんかと比べてかなり独立性低いんじゃなかったか?
先進国でも下の方とか…

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 15:55:53 ID:e81eiIPP
ドイツ銀行ってブンデスバンクのこと?
マルクを発行していたときのブンデスバンクは、日銀よりも独立性は弱かった。
まず、法的にブンデスバンクが求められる活動目的が物価安定だけではなかった。
1967年に安定成長法が成立したが「物価の安定、高レベルの雇用、国際収支の均衡、着実で適切な経済成長」をその政策目的とすると定めていた。
つまりブンデスバンクは低インフレと安定成長を生み出すことを法律で義務づけられていた。

またブンデスバンクの独立性は憲法に謳われたものではなく、したがって取り消すことが可能だった。
さらに、ブンデスバンクは「政府の指示からの独立」を与えられていただけだった。
政府の直接的な指示からは独立しているものの、ブンデスバンクは議会から独立していたわけではなく、議会はその気になれば法律を制定することも指示を与えることも出来た。
しかもブンデスバンクは連邦会計検査院に対する説明責任があり、ドイツの裁判所の決定に服さなければならなかった。
さらに政府からの独立も限られたものだった。ブンデスバンク法には「ブンデスバンクは任務の遂行にあたって連邦政府の一般的な経済政策を支えることを責務とする」と記されていた。
ブンデスバンクに直接指示することは出来なくても、政府の代表はブンデスバンクの政策委員会に参加できたし、完全雇用に近い雇用を実現するという政策目標を支持すると期待できた。
政府が経済成長と雇用の伸びの追求を重視したとすれば、物価安定がないがしろにされない範囲内で、政府の政策に従う義務があった。
安定成長法の目標を無視すれば違法行為になるためだ。





31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 16:06:01 ID:e81eiIPP
またブンデスバンクは分散型の構造を持ち、上院が任命する政策決定機関にはドイツの各州の代表が参加していた。
その上、各地域の代表には労働組合を含めたさまざまな職種の代表の助言を受けていた。
この結果、ブンデスバンクの意志決定プロセスはよくバランスがとれ、社会の各分野、各地域の見解を反映していたし、
政府の政策への配慮もしなければならず、法律のチェックアンドバランスの対象でもあった。

ブンデスバンクは法的な構造によって高い説明責任を課せられていたのであり、その政策は低インフレ率のみならず、
安定した経済成長という目標も反映しなければならないことがつねに明確にされていた。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 00:42:09 ID:PmRFnuf9
あけましておめでとう

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 10:04:51 ID:LYcK6GxO
>>30-31
あなた、日銀関係者でしょう。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 21:36:33 ID:mdOgS4Ag
インフレやってくれ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 21:42:20 ID:cGUC3kDw
日銀幹部の給与は名目成長率で決定するのが良いな。
勿論財政支出の増減は補正の上で。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 19:34:50 ID:qrh8jVSU
>>15
FRBはいいのか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 19:52:39 ID:OsrM4biT
アメリカの官僚制度は大統領制の下での政治的任命があるから日本のとは別でしょ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/05(火) 00:17:07 ID:P6kIvy+K
欧州中央銀行ってどこが監視しているの?


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/05(火) 01:08:31 ID:9QdVMPSq
>>38
インフレターゲットやってるから、なんだって各国首脳が集まってやる会議みたい
なのでねーかな?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 12:13:09 ID:YyPlRZf2
速水と福井に損害賠償請求しようぜ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 01:42:58 ID:hpVEMp07
ベネズエラやロシアは中央銀行は政府から独立しているの?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/06(火) 12:50:06 ID:2LaFFx2G
今の先進国の状況は中央銀行とその周辺の金融勢力による全体主義
金融ファシズムに支配されていると言ってもいい。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 15:48:38 ID:4TI29zHO
今日の日銀短観が控えめだったのは
原油懸念で正解?

日銀は、今月末に1万4千円代にするつもりはないのかな。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/04(火) 11:40:31 ID:3iZ+ys2r
今週ぐらいには14000円行きそうな気配だけどね。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/09(日) 14:35:32 ID:wem2QGoe
14000円はまだのようだな。

46 :石の地蔵さん:2005/10/25(火) 05:51:10 ID:/Oi7QhgQ
24日の朝日新聞の朝刊に日銀が量的緩和を解除することを検討していると、
載っていたが日銀は懲りないところだな。 2000年に早すぎる解除をして
景気を悪化させた反省はないのだろうか? 少しインフレ気味になってからでも
遅くはないぞ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 05:58:40 ID:Ytm+4pF8
次期FRB議長にバーナンケキター!
これで日銀の反インタゲ派も青くなっているだろうね。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 12:41:48 ID:Q/0XkejR
じゃあ、インタゲして一気に景気回復かな。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 13:42:52 ID:N1pCs+pA
そのタイミングで消費税アップが来る罠

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 05:55:15 ID:L7/3MdVX
『マネーを生みだす怪物』連邦準備制度という壮大な詐欺システム
ttp://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200510240000

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 13:47:46 ID:unxNICFT
中央銀行=日本銀行というのを、この前はじめて知ったのですが、
中央銀行やこれに似た名称の地方銀行は無いのでしょうか?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 15:07:14 ID:LZG4vBPf
山梨中央銀行

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 22:07:05 ID:Qu1RVnpW
>>51
中央銀行というのは、銀行の中の銀行、通貨発行権を持つ銀行という意味の
普通名詞だよ。日本銀行は、日本の中央銀行を表す固有名詞だ。

ヨーロッパには欧州中央銀行という中央銀行があり、アメリカには連邦準備銀行
という中央銀行がある。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 22:24:43 ID:BRvgkBtE
正確に言えば、連銀は各地にあり、総裁もそれぞれ居る。
で、その総裁達と、日本の政策審議員みたいな人たちが、連邦準備制度
理事会の理事(メンバー)であり、その議長がグリンスパン(今度は
バーナンキ)

そこが、マネーセンターバンクの集中するニューヨーク連銀に公開市場
操作を指令して、金融政策が実行されている。

連銀は1913年にボストン・ニューヨーク・フィラデルフィア・
クリーヴランド・リッチモンド・アトランタ・シカゴ・セントルイス・
ミネアポリス・カンザスシティ・ダラス・サンフランシスコの12行が
設立されたが、連銀理事会は1935年に設立された。それ以前は、
連邦準備局。

連邦制で地方分権が原則のアメリカだけに、中央銀行という呼び名は
嫌われるといっても過言ではないですな。

実際、今でもワシントンDCは、法律的には厳密に言えば、「首都」ではないくらい。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 23:55:29 ID:LZG4vBPf
中央銀行物の新刊が出ました。
著者はワシントンポストのライターだった人みたいです。

マネーを生みだす怪物 ―連邦準備制度という壮大な詐欺システム
エドワード・グリフィン (著), 吉田 利子 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=ur2&camp=247&tag=omotinokanris-22&creative=1211&path=ASIN/4794214545/qid%3D1131200134

ヴェルナーとおんなじくらいおもしろいほんです


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 00:21:54 ID:v5ailjMs
>>55
タイトルの印象だと、ヴェルナーと違って、本質的に資本主義が嫌いな著者の
ように見受けられますが・・・

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 00:29:58 ID:6KfLblO+
>>56
著者は資本主義に対する反対は一切述べていませんよ。
FRBの持つ権力と金融資本家の民主主義への干渉に反対しているんですよ。
ご一読を。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 00:35:00 ID:v5ailjMs
>>57
IC。日本語版の出版社のネーミングセンスが悪いのね。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 00:47:26 ID:lPxvG0W2
日本の個人資産は1800兆円
日本の貨幣総流通量は80兆円

紙幣硬貨の現物の流通量は約7兆円程度


 こ れ で は イ ン フ レ は 

 起 こ ら な い

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/19(日) 09:20:33 ID:uu3pEMTo
バブルまでの銀行どもの利益の
利子への還元率と
今の還元率をどうしてみんな調べないの?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 08:25:53 ID:dNRkNqLC
英中銀金庫から約52億円強奪・複数犯が管理責任者脅す
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060223STXKE004223022006.html

Police arrest two but cash may already be overseas and far away
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2-2056274,00.html



62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 11:28:03 ID:xGpWrb2U
>>61
中銀から盗んだ現ナマなんて使った瞬間番号でバレるんだから意味ないのにね

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 12:22:20 ID:+l3YS3Us
>>61
逮捕されたのは30前後の男女だったよなぁ?
まだ、次元と五右衛門がいるかもしれないぞw

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 14:56:47 ID:3R89hXBP
>>62 預けたらバレるけど,使ったらばれないだろ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 00:06:01 ID:Z7osmS65
>>64
トラック一杯の現金を使えと?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 00:34:58 ID:8irk3aEX
>>64
店が売り上げを銀行に入金してばれる

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 12:47:56 ID:mTdthodc
相互リンク

■■■この不況は全て日本銀行のせいだ!2■■■
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1130747758/

★★リチャード・ヴェルナーは正しかった★★
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1072543203/

【円の支配者】リチャードヴェルナー【虚構の終演】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/economics/1099232698/

【政金】中央銀行の独立性について【分離】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1117475116/

■■これでいいのか 中央銀行■■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/economics/1103308572/

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 18:21:10 ID:Xz0O3Btu
ヴェルナーはトンデモ?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 21:05:11 ID:ewLev4+m
日銀の独立って社民党が推進したんだよね?


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:03:14 ID:IcQasvpj
>>69
yes


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 01:01:02 ID:kEKXxMm/
集団ストーカーというのがよく話題になりますが、これを実施しているのは警察です。
部落民・朝鮮人というのは秘密の連絡網を持ち、秘密結社を形成していますが、
公安警察がこれを利用しています。
公安警察というのは部落民と朝鮮人によって成り立っていますが、彼らのネットワークを利用して、
一般人に嫌がらせをするというのが、集団ストーカーの正体です。
つまり、実行部隊として動いているのは、部落民と朝鮮人であり、命令は警察から出ています。
部落解放同盟と警察はベッタリの関係ですからね。
また警察と朝鮮人は「警察=パチンコ=北朝鮮」というラインで繋がっています。
標的がどのようにして選ばれるのか、そういったことは不明です。
よって、集団ストーカーの被害を警察に訴えても、全く無意味です。
北朝鮮問題の解決とは、警察を北朝鮮の影響下からいかに脱却させるか、ということでもあります。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 18:13:51 ID:IeFcoLoK
[ A ]は、村上氏と宮内氏の関係について示唆しているサイト
A-1. 村上ファンドの研究(2)見えぬ実態 増す影響力 M&Aと企業防衛 特集 2005年11月9日 読売新聞
 村上氏は通産官僚時代の90年代後半…企業統治)ルール作りに取り組む中、…宮内義彦会長と知り合ったhttp://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/85/murakami002.htm
A-2. ZAKZAK 2006/06/02村上“灰色の錬金術”…38億を10年で5千億に
シードマネー38億円のうち30億円を出資したのがオリックスhttp://www.zakzak.co.jp/top/2006_06/t2006060229.html
A-3. 主張/村上ファンド捜査/はがれた「株主主権」の仮面2006年6月5日(月)「しんぶん赤旗」
 村上ファンドのような私募ファンドを可能にしたのは一九九八年の投資信託の規制緩和で…
…提言した規制緩和委員会の委員長は財界を代表して規制緩和を推進する宮内義彦オリックス会長http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-05/2006060502_01_0.html

[ B ]は、「経済財政諮問会議」「規制改革・民間開放推進会議」 への小泉氏の影響力の強さを示唆するサイト。
B-1.月刊テーミスWEBサイト 2006年3月の立ち読み記事「財政危機→大増税」キャンペーンのウソ
 学者も「おかしい」といわないhttp://www.e-themis.net/new/feature/read_0603.php
B-2. Web東奥/ニュース百科 規制改革・民間開放推進会議2005年12月21日(水)
 小泉純一郎首相が掲げる構造改革を進めるため…発足http://www.toonippo.co.jp/news_hyakka/hyakka2005/1221_14.html
B-3. 内閣府 規制改革・民間開放推進会議 会議について 規制改革・民間開放推進会議令
…委員及び専門委員の任命等…第二条 委員は…総理大臣が任命する。 2.専門委員は…総理大臣が任命するhttp://www.kisei-kaikaku.go.jp/about/rules/commission.html
B-4. 内閣府 経済財政諮問会議 経済財政諮問会議とは 会議について
1.性格 …内閣総理大臣のリーダーシップを十全に発揮することを目的http://www.keizai-shimon.go.jp/about/about.html
B-5. 第3部・格差の源流に迫る/6 命の値段も自由化-縦並び社会・格差の現場から 毎日新聞 2006年4月12日 東京朝刊http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/tatenarabi/news/20060412ddm002040015000c.html


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 00:38:41 ID:ZRTCLvRa
1000万円は村上の金

福井は、元本の1000万円を出していない。 宮内が福井に村上を紹介したのだが、その挨拶料代わりに村上が元本を出した。 
村上は、福井にアドバイザリーを頼み、その際に、 「このお金を貴方名義で運用します」 と元本1000万円を提供した。

よって福井は、当然ながら数字を把握できていなかった (確定申告しているならすぐにわかる。 してなかったらわからないが)。 
また提出されたリターンは、異常に少な過ぎるが、いずれにしろ、元本は、 「村上の志」 などとは全く無縁の金。

刷り合わせにより、後から 「福井が退職金の金を出した」 ことにした。 証拠書類も完成している。 
宮内がこそこそと逃げ回って何も発言しないのはそのため。 
宮内がシナリオを考えたという噂もある。 宮内に天下国家を語る資格なし。

http://www.rondan.co.jp/html/mail/0606/060623-8.html

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 00:53:01 ID:ZRTCLvRa
日銀は誰のものか 中原伸介(著)から抜粋

「重要なポイントとしては、政府に、総裁に対する罷免権を与えるべきです。
金融政策の運営で失敗をしても、責任を全くとらないケースが何度か起きています。
具体的に言えば、バブルの形成を許し、そのバブルを過度に崩壊させて、日本経済をデフレ状態に追い込んだのは、
三重野康さんが総裁の時に実施した金融政策だったと思います。
また、我々の時代では、2000年8月のゼロ金利解除は、明らかに速水さんの失敗です。」

「日銀をこよなく愛し、その一層の発展を願うものとして、いささか気になっていることは、
新日銀法施行以来、日銀の人々が『日銀の独立性』を意識し過ぎるように見える点です。
日銀の独立性は天賦のものではなく、それが尊重されるかどうかは、金融政策のパフォーマンス如何によると思います

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 19:01:35 ID:oAa8upgt
日銀にはそれ相応の独立性が認められているんだから、その分強い、いや強すぎる
ぐらいの責任感を持ってほしいよね。高いのはプライドと給料、年金の額だけじゃあなー。
というわけで福井、腹切れ。死んでわびろ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 20:09:31 ID:9Z+yv/gk
>>75

強い責任感なら日々実感してないか?
デフレの最中に利上げした速水を見れば、
インフレ阻止のためなら日本を滅ぼしてもやりぬく強い責任感が実感できるぞw

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)