2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「弥生人、古墳時代人=朝鮮」を論破する!!

1 :出土地不明:B.P. -55/04/02(土) 00:54:29 ID:iRA6bB+D
http://www.mars.dti.ne.jp/~takiura/Jyoumon_Magatama1.jpg
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/k-jda1/k-jcq1/k-jsq1/k-jqa9.jpg
4500年以上前の勾玉、ペンダント(三内丸山遺跡)

http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/k-jda1/k-jcp1/k-jsp1/k-jpa5.jpg
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/k-jda1/k-jcp1/k-jsp1/k-jpa6.jpg
4500年以上前の漆器(三内丸山遺跡)

なんでも9000年以上前の漆器の出土例もあるそうで…。
こういった勾玉や漆器といった縄文文化は弥生文化にも継承されていますよね、
今私たちが使っているような漆器というのは、縄文時代の物と直接繋がっていると考えて
良いんですか?
なんだか、弥生時代は朝鮮の影響が強いように言いたがる人が多いようですが、こういった
勾玉や漆塗りなどの文化は朝鮮には無かった(盛んでなかった)ものですよね?
日本人=朝鮮、みたいに言いたがる人に対するカウンターパンチになるかと。
卑弥呼の時代の話とか読むと、刺青してたり水中に潜って銛で魚突いたり、朝鮮とはかなり
異質ですよね。無論倭人は半島の南端にも住んでいたから、伽耶などにはそういう人は小規模に
いたらしいけど。まあ、これらは普通に考えて中国南部から朝鮮半島と日本に同時に渡ってきた
人たちと考えられるでしょう。
なんですぐ、渡来人=朝鮮、とか渡来人が在来人を駆逐したみたいに言いたがるんでしょうか?
明らかに、弥生文化と朝鮮文化は異質だと思うんですが。朝鮮にある勾玉だって日本から
伝わったものですよね?稲作だって中国南部から伝わったものだと思うよ。
日本固有の宗教、神道も縄文時代からのアニミズムが原型になっていると思います。
私たちは、私たちが考えているほど朝鮮ではないというのが私の主張です。

2 :出土地不明:B.P. -55/04/02(土) 01:17:16 ID:Y2FFlU4e

◎ B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人 5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm

3 :出土地不明:B.P. -55/04/02(土) 01:19:12 ID:Y2FFlU4e

中 国 は B 5 2 - D R 1 5 が カ ラ ッ ポ !

例えば、日本人には10パーセントと高率に見られるハプロタイプは、
朝鮮半島に行くと二、三パーセント、中国大陸の北のほうでは1パーセント
程度しかないんですが、モンゴル共和国に行くと5パーセントに跳ね上がる
んです。そうすると日本人に最も多いハプロタイプはモンゴルから来た
らしいと分かるわけですよ。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm

中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠華北人≠西日本人
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠華北人≠西日本人

4 :出土地不明:B.P. -55/04/02(土) 01:23:27 ID:Y2FFlU4e
>>1
朝鮮でも中国でもありませんから。

中国誘致という変態行為はやめようね。

弥生人はモンゴル以北から朝鮮半島を素通りして九州北部に上陸して、
西日本に広がっていっただけ。

そこんとこヨロシク!

5 :出土地不明:B.P. -55/04/02(土) 01:32:36 ID:4mN+cwVF
えーっと、行き先は

http://academy3.2ch.net/geo/

かな?それとも〜

http://hobby7.2ch.net/occult/

こっちかな?

6 :◆Kr61cmWkkQ :B.P. -55/04/02(土) 01:48:50 ID:uRQLBkAV
>>5
いや、上のリンク先からこっちに来させました。

7 :◆Kr61cmWkkQ :B.P. -55/04/02(土) 01:53:36 ID:uRQLBkAV
>>1
あっちの板に立てたスレは削除依頼しといてください。
そうしないとマルチポストで共倒れに「し」ますので(「なり」ますので、にあらず)。

8 :出土地不明:B.P. -55/04/02(土) 01:55:42 ID:Y2FFlU4e
>これらは普通に考えて中国南部から朝鮮半島と日本に同時に渡ってきた
>人たちと考えられるでしょう。
>稲作だって中国南部から伝わったものだと思うよ。


さりげに華南誘致をしているね。

稲作は縄文漁労民が持ち込んだだけ。中国とも朝鮮とも関係ないの。


9 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/02(土) 17:04:22 ID:Y2FFlU4e
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実は全然 流れていない。
7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まった5C、続く6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

10 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/02(土) 17:11:58 ID:4mN+cwVF
>>9
あっちこっち、絨毯爆撃的に貼られてるコピペです。
相手にしないように。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:B.P. -55年,2005/04/02(土) 23:19:05 ID:F3MvcO00
>9

嘘を付くな。
現代日本人は
父系DNAで30%は弥生時代の朝鮮からの渡来人だ。

12 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 22:51:35 ID:VAcf1NIi
朝鮮に定着せず素通りしたな。

13 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 22:54:51 ID:VAcf1NIi

◎ B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

14 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 23:38:17 ID:ksDkDIHX
百済が日本列島からの傭兵を大量に使っていたという説についてはどうだ?


15 :◆53cmjHPmWw :B.P. -55年,2005/04/04(月) 00:11:20 ID:CExPS/kc
人類学板から誘導した当事者が言うのも何だけど
>>1はあっちでも三内丸山の出土品を挙げて、原始時代の日朝文化の違いを問おうとしてました。
だからこっちに誘導したんですけど…
つまり、遺伝子なんか知ったこっちゃないわけで、遺物の話しないことには
日本ルーツスレの重複としての価値しかなくなるんじゃなかろうか…と。


16 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/04(月) 00:43:10 ID:7DywNQ7I
遺物と人の定着とは必ずしも関係があるとは限らないんだな。

稲作は縄文漁労民が渡航して持ち帰った説のほうが有力。
勾玉、漆器は縄文文化なだけ。

しかし>>1のタイトルは弥生人、古墳時代人と明らかに「人」についてを語ろうと
しており、しかも中国南部から来た事にしようとしている。

ゆえに遺伝子が出てくるのは当たり前。

17 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/04(月) 03:29:09 ID:BnzPiopH
何千年も前の話を今の国家の枠組みで必死に語ろうとしているのが
どこか滑稽に見えるのは俺だけだろうか・・・


18 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/04(月) 07:30:59 ID:EcyNqaQy
>稲作は縄文漁労民が渡航して持ち帰った説のほうが有力。

詳しく教えてくれ。主な論文・研究書を。

>漆器は縄文文化

中国や東南アジアの漆器文化との関係を教えてくれ。
主な論文・研究書を。

19 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/04(月) 19:08:36 ID:DPObYRk8
佐藤 そうなんですよ。確かに見掛けは水田ですが、やっていたことは
焼畑などの雑駁農耕だったんです。これは曲金北遺跡だけでなく、全国の
弥生遺跡に共通する特徴です。そうしたことから私は、ひょっとすると
縄文晩期から作られたごく初期の水田は、縄文人が朝鮮半島を訪れ、そこで
目にした水田を見よう見真似で作ったものではないかと思っているんです。
縄文人というのは、もともと流浪の民ですから、フットワークはかなり軽くて、
朝鮮半島まで行くのなんて朝飯前だったんじゃないかと(笑)。だからこの
曲金北遺跡のように、水稲も陸稲もごちゃ混ぜの農耕を行なっていた可能性
があると思うわけです。

―― なるほど、縄文人も外国の流行を取り入れたというわけですね(笑)。
確かに、朝鮮半島から渡来した人達が水稲を伝えたのではなくて、縄文人が
朝鮮半島から持ち帰ったという推測もあり得ます。それにしてもDNA分析と
いうのは、本当にいろいろなことが分りますね。

http://www2.athome.co.jp/academy/botany/bot06.html

20 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/04(月) 19:56:34 ID:coMlXABi
これのどこが「有力」なんだ?

一つの説としては勿論傾聴に値するけども。他にこの説を支持している
研究者はどれくらいいるんだ? 

21 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/04(月) 20:51:56 ID:DPObYRk8
稲作自体は6000年以上前からあるからな。

琉球に7000年前に船で渡っている事が知られている。

当時、東シナ海を海路活動していたのは縄文人である事は確かなのだが。

22 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/04(月) 22:21:12 ID:OORmiPM0
ソースとなる学術論文あるいは研究書を示していただきたい。

しかし、縄文人も半島に渡っていただろうが、向こうから一切来なかったということは
考えづらいのではないだろうか?

23 :大ちゃん:B.P. -55年,2005/04/05(火) 02:59:11 ID:ngYPaQ6n
縄文人の末裔ってアイヌじゃないのですか?
もし我々現代日本人が縄文人の末裔だとしたら

  み ー ん な 毛 む く じ ゃ ら !!

でなければならないよ。

24 :大ちゃん:B.P. -55年,2005/04/05(火) 03:11:52 ID:ngYPaQ6n
>縄文人が朝鮮半島を訪れ、そこで目にした水田を
>見よう見真似で作ったものではないかと思っているんです。

絶対無理。
育苗から脱穀まで見よう見真似で出来るかね?
水田だって貯水池や排水路などの利水・土木技術も必要です。
農機具や穀物倉庫、米の調理に関わる竈や調理器も必要です。
更に天体観測による暦の概念も必要です。
さらにそれらの作業を行う大勢の民衆を指示統括する高度な集権的支配組織概念も必要。
あと土地・水源地所有権の概念も必要です。



25 :出土地不明:2005/04/05(火) 16:47:02 ID:iBstAOUK
23,24≫同意。
朝鮮人=朝鮮民族を連想させるから抵抗があるのでは?
現在見られるような朝鮮民族の性格,特徴は現在に至る迄の
歴史によって形成されたものであるから,'古代朝鮮人'と一応表されている朝鮮半島南部人が
現在の日本で使われる゜朝鮮人゜とは
全く別個のものであることを理解すべき。伽羅人,百済人と表せばいいのでは?

26 :出土地不明:2005/04/05(火) 18:07:46 ID:WMyG6biO
そこまで拘る意味が理解できん。
現在の半島人の祖先にだって列島人はいただろうに・・・・

27 :出土地不明:2005/04/05(火) 18:22:05 ID:bxN9zlng
>>22
縄文時代前期(約8000〜5000年前)の遺跡からは九州で生産された土器が
出土することから、九州縄文人が船で琉球列島に渡ってきたと考えられる。

http://inoues.net/ruins/nakamagawa.html


縄文人は朝鮮半島よりも遥か遠洋の琉球に8000年くらい前に渡っている。
縄文人にとって、朝鮮半島に行く事など朝めし前。

28 :出土地不明:2005/04/05(火) 18:23:45 ID:bxN9zlng
>>23
縄文人とアイヌは遺伝子的に別種。
アイヌはmtDNAだと新モンゴロイドと出るそうだ。
おそらく古モンゴロイドの縄文人から新モンゴロイドになる過渡期の人種、
その中間の人種と考えられる。

縄文人は25000年ほど前に樺太から入ってきたが、アイヌはそれより
相当後で樺太から入ってきたと思われる。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

29 :出土地不明:2005/04/05(火) 18:28:46 ID:bxN9zlng
江南と海路で交流していたと見られる縄文遺跡が北陸の方で見つかっている。

縄文人は朝鮮半島で水田を学んだのではなく、
直接、江南で水田稲作の技術をマスターしたと考えられる。


30 :大ちゃん:2005/04/05(火) 18:39:10 ID:jOL4reex
>>27
>縄文人は朝鮮半島よりも遥か遠洋の琉球に8000年くらい前に渡っている。
>縄文人にとって、朝鮮半島に行く事など朝めし前。

その土器が交易によって人の手から手に渡った可能性もあるのでは?
仮に縄文人や半島人がそんなに頻繁に列島と半島と行き来していたとすれば
当然ながら混血児も多数生まれていたでしょうね。

>>28
>縄文人とアイヌは遺伝子的に別種。
>アイヌはmtDNAだと新モンゴロイドと出るそうだ。

じゃあ、アイヌでなく「蝦夷・熊襲」が縄文人の末裔ということですね。
それで外来種族(半島系)の大和朝廷と必死に交戦した理由も納得いきますよね。


31 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

32 :大ちゃん:2005/04/05(火) 18:47:20 ID:jOL4reex
>>29
>縄文人は朝鮮半島で水田を学んだのではなく、
>直接、江南で水田稲作の技術をマスターしたと考えられる。

縄文人は後の時代に遣唐使が安全な半島伝いルートを止め、
命がけで渡海した東シナ直接ルートを丸木舟で渡っていたのでしょうか?


33 :出土地不明:2005/04/05(火) 19:40:49 ID:bxN9zlng
俺は、縄文人は琉球伝いで台湾に渡り、そこから華南北部に上陸して
河姆渡遺跡まで行ってたと思うね。

実際、土着の台湾人には縄文人のmtDNAが1割以上出てくるし。

http://inoues.net/museum/mikata_museum.html
http://inoues.net/museum/mikata_museum_kaboso.html?

34 :出土地不明:2005/04/05(火) 22:02:26 ID:Bp0LYY+0
>>27
それ学術論文でも研究書でもないよ。
出来れば査読誌に掲載された論文を紹介していただきたい。

35 :出土地不明:2005/04/05(火) 22:05:24 ID:Bp0LYY+0
> 江南と海路で交流していたと見られる縄文遺跡が北陸の方で見つかっている。

なんという遺跡ですか?
江南地域と海路で交流と判断出来る根拠は?
縄文時代には丸木舟しか無かったはずですが、どういったルートで江南地域まで
行っていたと考えられているのですか?


>縄文人は朝鮮半島で水田を学んだのではなく、
>直接、江南で水田稲作の技術をマスターしたと考えられる。

前段からこの結論を導くのは論理的に飛躍していると思いますが。

36 :出土地不明:2005/04/05(火) 22:11:35 ID:Bp0LYY+0
>>31
その大和政権=モンゴル説というのは、例の騎馬民族説のことですか?

>>32
俺もそれ気になった。たしか江南直行ルートにして渡航成功率は激減したはず。
それにこれまでに出土した縄文時代の丸木舟は全て手漕ぎだった(帆柱を
立てた形跡が無い)のだが、手漕ぎで九州から江南まで丸木舟で渡るのは
無理なんじゃないか? 手漕ぎではせいぜい時速3kmから4kmが限度で、
しかも天候が安定して波も立っていない間に渡ってしまわなければならない。
三角帆付きの大型アウトリガーカヌーなら可能だろうが、そういったものは
出土していないからなあ。

37 :出土地不明:2005/04/05(火) 22:14:38 ID:Bp0LYY+0
>>33
しかし土器の様式上は先島以南には縄文式は存在していない。
むしろ現在の学説だと河姆渡遺跡を残した集団の中から台湾に渡り、
そこから南北に移動していった奴らがいたと考えられているのでは。
いわゆるブラスト・ベルウッド仮説。

38 :出土地不明:2005/04/05(火) 22:41:34 ID:c5VJhXYj
>>1
継承されているのは征服者が戦利品として得たから、
という見方も出来ないか?

39 :出土地不明:2005/04/05(火) 23:50:59 ID:Dr9eNlAI
縄文人の抜歯の習慣が、そのまま縄文人と渡来系が一緒にすむような
弥生初期集落でみられていて、しかも骨相からして渡来系とされる
人の抜歯も、縄文時代の伝統にそっているっていうのがあるから、
渡来人が日本にやってきたのは、征服ではあり得ないわけだな。
むしろ、呼び込んだというのが正しいようだ。
抜歯の習慣からは、中国の江南など南方系の抜歯習慣も弥生初期には
はいってきているから、DNAやら形質からいうこと以外にも、確実に、
中国南方系が日本に来たことは間違いないだろう。
それから、弥生時代草創期の住居の遺跡からすると、朝鮮半島南部の
系統のものが九州からでているわけで。
ま、早いはなしが、いろいろ来たし、いろいろ呼んだし、いろいろって
ことで、それなりに平和的で、住居内でも共存共栄しているんだから、
戦争とかになったのは、後のほうのことだろう。
じゃなきゃ、縄文人と渡来系がこんだけ見事に混ざるはずないし。

40 :出土地不明:2005/04/06(水) 00:13:14 ID:zLGvLC7l
そもそも大規模な稲作農耕が始まった時には居住圏が分かれていたのではないか?
弥生人は低湿地で米作りをしたいし、縄文人はもう少し山手で狩猟採集
生活だろう。

41 :1:2005/04/06(水) 03:14:18 ID:boYDX/EX
刺青はどうなんですか?縄文時代から刺青はありますよね。卑弥呼の時代の倭人も刺青をしている。
刺青の文化は南方系で朝鮮半島でそういう文化はほとんど無く、明らかに異質だ。
しかし、私たちの現在の容貌を見て、全てが縄文人の末裔とは到底考えられない。
当然、朝鮮半島出身者、中国出身者との大規模な混血があっただろう。しかし、そこで言いたいのは
そういった大規模な流入があった際に、一体どの文化が多く継承されたのかということだ。
自分は、そういった流入があった際に縄文文化が消滅したとは思いたくないのだ。
もしそういうことになると、日本の歴史の長さは弥生時代から、つまり2300年ほどしかない事になってしまう。
そういった際に「漆器」や「勾玉」や「入れ墨(現在でもやくざの刺青などに継承されている)」などに現在と
縄文時代の繋がりを見出してしまうのだ。
南アメリカにスペイン人が侵入したときは、スペインはインディオの文化や言語をほとんど消滅させてしまい、
現在のメキシコやチリなどの文化は殆どがスペインから持ち込まれたものという事になってしまっているのだ。
南アメリカの場合は、スペイン本国との人的・物的やり取りが継続されたままで入植が行われたから、
彼らの文化を継続したまま入植をすることは容易かっただろう。
しかし、縄文〜弥生の場合は別だ。本国と切り離されて漂流してきた民は、地元の原住民と融和的に溶け合い
双方が文化を吸収しあい、現地人は自分たちの好きなままに渡来人の先進的な文化を吸収していったのでは
ないかと、そういった楽園的な古代観を夢想したいのだ。

42 :出土地不明:2005/04/06(水) 07:52:11 ID:wj9pQBaK
>もしそういうことになると、日本の歴史の長さは弥生時代から、つまり2300年ほどしかない事になってしまう。

バカですか?
日本の国史は日本という国号を使い出した大化改新から現在まで。
つまり645年から2005年までの1360年間。

日本列島史は列島の歴史全てを含むので当然ながら縄文時代も含む。

43 :出土地不明:2005/04/06(水) 07:56:57 ID:wj9pQBaK
>「漆器」や「勾玉」や「入れ墨(現在でもやくざの刺青などに継承されている)」などに現在と縄文時代の繋がりを見出してしまうのだ。

漆器は最古の出土例が列島であること、英語名がJAPANであることはともかく
日本で発明されたと考える根拠は薄い(というかどこでというのははっきりしない)。
それに漆器文化は東アジア・東南アジア諸地域に広がっている。
輪島にある漆器博物館に行ってみなさい。

>南アメリカにスペイン人が侵入したときは、スペインはインディオの文化や言語をほとんど消滅させてしまい、
>現在のメキシコやチリなどの文化は殆どがスペインから持ち込まれたものという事になってしまっているのだ。

バカですか?
文化は移植された先の風土に強く影響されるんですよ。
風土が生活文化を形作ると言っても良い。

44 :1:2005/04/06(水) 09:16:04 ID:boYDX/EX
>>42-43
んあ〜いや、まあ俺が反論しなくても、他の人が反論してくれそうだけど…。
変なところで「歴史の長さ」という言葉を使ってしまったのは確かだけど、
国号云々で国の歴史の長さが決まるわけではない。
自分が言いたかったのは、弥生時代あたりから日本の民族構成が固まってそれが
日本の原型になったのかもしれない、ということ。「歴史」というより、他民族などに
駆逐されるなどぜずに、どれだけ文化を途絶えさせずに継承し続けられたのかという話。
>>「日本で発明されたと考える根拠は薄い」
発明された云々の話は全く関係ありません。縄文時代の文化がその後にも継承されているか、
の話です。そこで、発明云々の話が出てくるとは相当読解力が低いのでは?
>>「文化は移植された先の風土に強く影響されるんですよ」
もちろん、その土地の気象条件や陸地条件、周りの民族との関係等が民族性に影響を与える
とは思います。しかし、文化はそれ以前の時代との連続性もとても重要だと言っているのです。
風土が生活文化を形作るというのなら、アメリカ人はネイティブアメリカ人的な文化を持っていますか?
そうとはとても思えない。当たり前ながら、それ以前のヨーロッパ的な文化の大部分を継承している、と
考えるのが普通だ。人は高度な文明を持っていればいるほど、別の地に行ってもその文化を維持したかがる。
ところで、あなたは日本の原型が形作られたのはどの時点だと思いますか?

45 :大ちゃん:2005/04/06(水) 09:26:52 ID:jlP9OTdW
バカですか?って表現は止めた方が良いと思います。

46 :出土地不明:2005/04/06(水) 09:52:52 ID:Cxwoo1xV
>国号云々で国の歴史の長さが決まるわけではない。

じゃあ国って何だ。定義してみなよ。沖縄が日本になったのは琉球処分からだぞ。
沖縄県民にとっての日本史は他国史かもしれないぞ。

>他民族などに駆逐されるなどぜずに、どれだけ文化を途絶えさせずに継承

文化が途絶えるとか途絶えないという考え方そのものが異常に古くないか?
文化が途絶えるってどういう事態だ?
今日本の伝統文化と思われているものの大半が19世紀以降に新たに再構築されたものだという
事例研究は掃いて捨てるほどあるぞw

>縄文時代の文化がその後にも継承されているか

漆器製作の技法が縄文期から現代まで連続的に継承されていれば満足するのか?
それが「文化が途絶えない」という意味なのか?

47 :出土地不明:2005/04/06(水) 09:57:08 ID:Cxwoo1xV
>文化はそれ以前の時代との連続性もとても重要

何故そう思うのだ? 君が重要と思うのは勝手だが、他の人はそう思わないかも
しれないぞ?

>風土が生活文化を形作るというのなら、アメリカ人はネイティブアメリカ人的な文化を持っていますか?
>そうとはとても思えない。当たり前ながら、それ以前のヨーロッパ的な文化の大部分を継承している

バカですか? アメリカ文化がヨーロッパ文化と同じなわけがない。
ヨーロッパから移植された文化がアメリカの風土に影響を受けて変化して
現在のあのアメリカ文化になっているんだぞ。
あのハリウッド文化やディープサウス文化や中西部文化の大部分がヨーロッパ文化
だなんて、感受性が低くないか?

>あなたは日本の原型が形作られたのはどの時点

日本列島が出来た頃に決まってるだろ

48 :出土地不明:2005/04/06(水) 10:22:32 ID:boYDX/EX
>>46
46=42,43なの?
国の定義の話はここでは別だからスルー気味にするが、沖縄も本土からの縄文人
の末裔という考え方もあるので、沖縄の人でも日本史を自分たちの関連史として
捉えるかもしれない。小林よしのりも沖縄こそが純日本なのだ、と言っていたみたいだしね。

>文化が途絶えるとか途絶えないという考え方そのものが異常に古くないか?
まあ、そこら辺の考え方が自分の中の理論構築でも障害になってる訳だけど。
ここでいう文化は、君が描いているような具体的な文化の表象としての、「衣服」だの
「民芸品」だの「祭り」だののレベルではなくて、もっと精神レベルのものだ。
例えばそれは単純に言えば「言語」であるとか「死生観」であるとか「共同体に対する認識」
だとか「家族観」とか「他人に対する信頼感」や「礼儀とはどんなものなのか」とかそういった
レベルのものだ。そういったものは割りと長く染み付いて継承されるだろう。
じゃあ、なんでそこで「漆器」や「勾玉」や「入れ墨」が出てきたかというと、
必ずそこには縄文的精神が染み入っているのではないかという読みからだ。
例えば、日本人がなぜ漆器を好むのかというと、やはりそれはツルツルしているからだ、
ツルツルしているということは、汚れの落ちやすさや清潔感につながる。つまり
「日本人の漆器好き」は、日本人の清潔好きを象徴しているのかもしれないということになる。
では勾玉は、というとこれは胎児の形を模した物であるとか、獣の牙であるとかが言われているが
いまでは、日本人はその感覚が分からなくなってしまったが(江戸時代の人は勾玉の存在は殆ど
知らなかったらしいが一部の知識人の間では愛好されていたらしい)それも、自然に対する精神
や、宗教観を表していた可能性がある。
刺青はもう、言うまでも無いかもしれないが「肉体改造」である。縄文時代にあった「抜歯」も
似たようなものであったかもしれない。肉体改造することによって、自分の体がまさに自分の体で
あることの自覚を持つことができたりする。それが、成人のイニシエーションもしくはヤクザの
世界に入るためのイニシエーションになったりもする。

49 :1:2005/04/06(水) 10:37:43 ID:boYDX/EX
>アメリカ文化がヨーロッパ文化と同じなわけがない。
>ヨーロッパから移植された文化がアメリカの風土に影響を受けて変化して
>現在のあのアメリカ文化になっているんだぞ。
だ・か・ら。まったく同じだなんていって無いじゃん。その前に気候や陸地条件に
影響を受けるって書いてあるでしょう。人の書いたものを極端に解釈して虚像を作って
勝手に論破しないでくれます?その部分ではあなたと私が考えていることは同じ。
アメリカの文化はあの気候風土ならではのものだと思う。
しかし、ネイティブアメリカンとの共通性よりはヨーロッパとの共通性のほうが遥かに多い。
そうですよね?あなたもそう思いますよね?
それとも、文化は風土によって決まるのでアメリカ人の文化はネイティブアメリカンと同じだ、
とでも言うのですか?あなたの理論だとそうなってしまいます。
そこで文化の継承の話が出てくるのですよ。
ところで42,43と比べてやけにちゃんとしてますけど、別人物ですか?
42,43は馬鹿過ぎたので、やはり別人物のようですね。

50 :大ちゃん:2005/04/06(水) 10:39:05 ID:xTVjFOeu
バカですか?という表現は非常に嫌悪感を感じます。

51 :1:2005/04/06(水) 11:01:48 ID:boYDX/EX
「古くないか?」という批判は、批判しているようで結局何も言っていないのと同じだ。
具体的には反論できない奴が、とりあえず批判するときに使う言葉がそれだ。「その考え方は古い!」
「日本列島」の話はアホらしいので、言及するにも及ばん。

52 :出土地不明:2005/04/06(水) 11:26:26 ID:G1zAYwyU
要するに西尾幹二の『国民の歴史』に萌えたと。そういうことだな。

53 :出土地不明:2005/04/06(水) 11:30:08 ID:G1zAYwyU
>それとも、文化は風土によって決まるのでアメリカ人の文化はネイティブアメリカンと同じだ、
>とでも言うのですか?あなたの理論だとそうなってしまいます。

バカですか? 移植された文化は移植先の風土の影響を受けて変化するという指摘が
何で風土が文化の全てを決定するというように読めるの?
ネイティブアメリカンの文化だってその原境である東アジアの文化とは
相当に異なっているだろう?
文化というものは風土とそこに至る経緯の両方の相互作用によって性格が決まるもんだ。
その一時期にすぎない縄文を特別視する時点で、縄文を根拠無く特権化してるよw



54 :出土地不明:2005/04/06(水) 11:32:17 ID:G1zAYwyU
>「古くないか?」という批判は、批判しているようで結局何も言っていないのと同じだ。

じゃあわかりやすく言ってやろう。
文化の同一性を無邪気に信じるような考え方は80年代以降のポストコロニアル
文化人類学で徹底的に批判されて、いまどきそんな考え方で通用するのは
扶桑社の出す本くらいのもんだ。

55 :出土地不明:2005/04/06(水) 11:36:10 ID:G1zAYwyU
> ツルツルしているということは、汚れの落ちやすさや清潔感につながる。つまり
>「日本人の漆器好き」は、日本人の清潔好きを象徴しているのかもしれないということになる。

バカですか?
備前や信楽、唐津、萩など茶陶の中にはツルツルどころかザラザラの質感のものが多いぞ。
むしろ青磁や白磁の異常な完成度、ツルツル感に拘った中国や朝鮮のほうが
よほどツルツルマニアだわな。
それに縄文期の漆器を見た事があるのか? 漆器の表面が全てツルツルだと
思ってないか?
ツルツルが好きなら何でわざわざ縄目をつけた縄文土器を作る?

56 :1:2005/04/06(水) 12:16:49 ID:boYDX/EX
全ては言い方の不備だ。それにつっかかってきて、この人とは話にならない。
長文を残してくれた彼には悪いが、スレのためにもここで終了しよう。
「風土が生活文化を形作るといってもいい」といっておきながら、今度は
「文化というものは風土とそこに至る経緯の両方の相互作用によって性格が決まる」と言い出している。
こんな奴とは話にならない。
「文化は風土に強く影響される、風土が生活文化を形作る」だけのあなたの理論で言ったら、アメリカ文化と
ネイティブアメリカン文化は一緒になってしまいますよ、それ以外に本当に無いのですか?付け加えることは
ありませんか?と言ったのだ。
それを指摘したら、今度は初めて披露する「そこに至る経緯」だのを持ち出して、新たな論理展開だ。
付いていけない。結局、私が言った「連続性」に「経緯」という言葉で微妙に擦り寄ってるだけじゃん。
ついでに言っておけば、漆器の歴史は陶器の歴史より遥かに古いです。
自然釉のかかった素朴な、土器ですら最大3500年ほどの歴史しかありません。
単に防水やツルツルを求めるのなら、土器の上にツルツルの葉っぱでも乗せていれば良い。実際に
そうしていたかもしれない。しかしそれなのにあのような手間暇かけて、漆塗りの技術体系を作り上げたのか
青銅器もできていない素朴な時代に、なぜそれを求めたのか。そこに精神的な物が潜んでいるかもしれない
という単なる仮定の話です。
とにかく終了。もうちょっとましな人とスレを消費したいです。これから書き込みしないでいいです。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 16:02:39 ID:WB4zVZdQ


畿内説の特徴だよ。
いちいち目くじらを立てるな。

所詮馬鹿なんから。

それよりネイティブインデアンとか言ってるが
Calutivated Indian か civilaized Indian
を定義しろ。

逃げるなよ。

58 :出土地不明:2005/04/06(水) 17:47:29 ID:Q96hVQnG
東夷伝に倭は江南の文化が濃く
朝鮮から鉄を輸入してたって書いてなかった?

59 :出土地不明:2005/04/06(水) 18:43:12 ID:KyNFMBML
>>36
>その大和政権=モンゴル説というのは、例の騎馬民族説のことですか?


慌てるなって。
大和はモンゴルと同祖を持っているというだけで、俺は大和はモンゴルから
来たとは見ていない。モンゴルは大和の頻度にはまだ足りんのだ。

gm遺伝子と複合的に見て、もっと北部、シベリア南部あたりから来たと
考えている。

60 :大ちゃん:2005/04/06(水) 20:26:05 ID:XjVntU33
馬鹿という表現はやめろ!何度言わせる気だ!

61 :出土地不明:2005/04/06(水) 20:32:17 ID:FhAiZ2j4
--ローカルルール--

「名無しさん@お腹いっぱい。」のカキコ・自作自演には決してレスしないように。
  (ハンドルは必ずしも「名無しさん@お腹いっぱい。」ではないので注意。)

「間抜けだな」「馬鹿じゃないか」「ほれ、●●に答えてみろ」「・・というわけだ」
「プププ」「 ↑ 」「畿内説は逃亡か?」「岩山亜流式が恥ずかしげも無くまた出てきたな」、
1行開け、などの特徴を持つのは、ほぼ確実に「名無しさん@お腹いっぱい。」です。

レスをつければ粘着的にからんできます。
叩いても反応します。叩きも完全スルーでお願いします。


62 :出土地不明:2005/04/06(水) 21:09:17 ID:hUthmrU8
>>56
バカですか?

63 :出土地不明:2005/04/06(水) 22:06:50 ID:sOZRKp5t
【教科書検定】 目立つ韓国迎合 [04/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1112753502/1

中学教科書検定

 五日発表された中学教科書検定結果は、歴史・公民では神話時代の「古朝鮮」
から朝鮮出兵、先の大戦など近現代史、外国人参政権に至るまで一貫して韓国に
迎合した記述が目立つ。また、教科書の内容の基準である学習指導要領の指示を
満たしていない記述や史実に反した記述、明らかなミスも次々パスするなど検定
制度の欠陥を浮き彫りにしており、採択の段階で日本人の教科書として適切な
ものを選ぶことが求められる。

・日本神話はなおざりで「古朝鮮」記述

・朝鮮出兵は「侵略」で元寇は「遠征」

・抗日の英雄紹介



四月六日産経新聞朝刊より抜粋

関連スレ
【教科書検定】「従軍慰安婦」写真で復活[04/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1112747931/
【教科書検定】拉致、「強制連行」で相殺?[04/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1112748477/

64 :出土地不明:2005/04/07(木) 02:44:19 ID:GicueZXU
HLA的にいえば、日本に頻度の高い遺伝子があるなら、日本から、
頻度の低いところにでていったと見るべきだな。
ってことは、モンゴルに大量の日本人の祖先がでていったという
結論になるだろう。

65 :出土地不明:2005/04/07(木) 07:35:26 ID:u1/z3an1
また、世界最古の漆器は、中国長江河口に近い遺跡で発見された七千年も以前に作られた朱漆塗りの椀である。漆はアジアを地理的に歴史的に特徴づける文化要素といえる。

http://shofu.pref.ishikawa.jp/shofu/wajima/museum/kaigai.html

66 :出土地不明:2005/04/07(木) 18:48:28 ID:SwIEN5IZ
>>64
まるで幼稚園児のような短絡的な発想だな。

モンゴルは倭人の故地にかなり近いというキーポイントになるだけで
モンゴルではない。
その近隣の更に高頻度の場所をこれから見つけ出す段階だよ。

67 :tociguri:2005/04/07(木) 20:18:24 ID:KEravE23
言語から見れば日本語と朝鮮語の関係は薄い。朝鮮から征服者が渡来した
とすると支配者と被支配者の言語が異なっていたはずだが、天皇の名前は
初代から大和言葉である。異民族が渡来したという痕跡は日本語の中には
カケラもない。

 ゆえに異民族は来なかったか、渡来しても支配層になることはなかった
ものと思われる。

 イギリスの原住民ケルト人とゲルマン民族との抗争のような戦争が古代
日本に発生したという記録も伝承もない。英語とドイツ語のような類似性は
日本語と朝鮮語の間には無い。つまり、日本と朝鮮は古代から大した交流は
なかったものと考えられる。




68 :出土地不明:2005/04/07(木) 21:32:02 ID:Xbldn5QM
>>67
『言語から見れば日本語と朝鮮語の関係は薄い。』

これって確定?学説が複数あると思うけど。

『イギリスの原住民ケルト人とゲルマン民族との抗争のような戦争が古代
日本に発生したという記録も伝承もない。』

そもそも弥生時代の記録や伝承なんかほとんど残ってないんじゃ・・・

69 :出土地不明:2005/04/07(木) 21:44:42 ID:ztlILdSB
朝鮮人が宣伝している朝鮮起源って、巧妙に朝鮮優位の歴史観に
なってるんだよね。日本人の潜在意識にある朝鮮人に対する嫌悪感が
いかに自然の本性に根ざす本能的なものであっても、なんとかそれを
覆し、自分たちを優位におこうとする意図が感じられる。

70 :出土地不明:2005/04/07(木) 21:46:06 ID:u1/z3an1
>>66
10%とか5%という数字で故地もなにも無いもんだ。
クレオールという概念は君の脳内には居場所が無いのか?

71 :出土地不明:2005/04/07(木) 21:50:42 ID:u1/z3an1
>>68
日本語の祖語については言語学板ではるかにまともな議論が読める。
少なくとも>>67のような話にはなっていなかったと思う。
たしか文法は朝鮮語に極めて近く、語彙はオーストロネシア語系のものが
多いというような。タミル語が日本語の祖語という説は大野晋以外
誰も真面目に研究していないので真贋わかりかねるが、比較言語学者
からは否定的な見方が多かったそうだ。

72 :出土地不明:2005/04/07(木) 21:52:04 ID:u1/z3an1
>そもそも弥生時代の記録や伝承なんかほとんど残ってない

ガリア戦記みたいのが残っている方がレアなんだよなw

73 :出土地不明:2005/04/07(木) 21:54:15 ID:J3NYEWek
半島と倭の交流は2世紀までは遡れるがそれ以前となると不明点が多い

74 :大ちゃん:2005/04/07(木) 22:28:15 ID:lNBJBnRR
1は自分の祖先が半島人の血筋だと何か都合が悪い事があるの?

75 :出土地不明:2005/04/07(木) 22:45:10 ID:P5erHv/z
>>74
自己嫌悪に陥るだろ? 

76 :大ちゃん:2005/04/08(金) 02:57:48 ID:oF8aHyVw
なぜ?
そういう人の祖先に限って帰化人だったりして…

77 :出土地不明:2005/04/08(金) 03:30:28 ID:atD5660E
>>1
論破するもなにも、もともとそういう説ないから。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 08:54:23 ID:ITiKyO1K

無知だな。同祖論や分国論の時代から存在する。

まあ、
文化は上から下に流れるから当時の中国文化が朝鮮の渡来人によって
列島にもたらされたのは常識だ。

AD300年以降の日本列島は帰化人の立てた国家だな。

79 :出土地不明:2005/04/08(金) 09:03:29 ID:FmhsdaM5
わざと厨を釣ってるでしょ↑

80 :出土地不明:2005/04/08(金) 11:15:44 ID:avUHGogq

縄文文化の担い手はノンマルトだよ。

M78星雲じゃ、これ常識(゚Д゚)y─┛~~

81 :出土地不明:2005/04/08(金) 11:55:35 ID:SfWz6qdz
縄文人がアフリカ東岸とイベリア半島とスカンジナビアと南北アメリカと
オセアニアに進出していた件について

82 :出土地不明:2005/04/08(金) 16:28:59 ID:939cAQsQ
朝鮮民族って顔に独特の特徴があるように見えるけどあいつらはどこから来たの?

83 :出土地不明:2005/04/08(金) 16:54:42 ID:SfWz6qdz
半島に渡った縄文人の子孫だよ

84 :大ちゃん:2005/04/08(金) 17:02:08 ID:riPzEvka
ていうか、現代朝鮮には嫌悪感あるけど別に古代朝鮮には嫌悪感ないし。

85 :出土地不明:2005/04/08(金) 17:42:39 ID:SfWz6qdz
嫌悪感の話だったのか結局w

86 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

87 :出土地不明:2005/04/08(金) 18:30:16 ID:0YEc551O
日本から渡った縄文人をベースにして、中国や満州にいた色々な
系統の新モンゴロイドと混ざっていったのが朝鮮人。

縄文人やアイヌをベースにして、モンゴル以北にいた単一の系統の
新モンゴロイドが人口爆発して混ざっていったのが日本人。

HLAからはそう出されてくる。

しかしmtDNAから見ると、本州日本人と韓国人の縄文人やアイヌの
遺伝子の占める割合はそんなに変らないと出されてくる。

つまり、朝鮮人の顔が日本人の顔と違うのは新モンゴロイドの
部分が全然違っているから。

事実、朝鮮人はHLAが日本人と6割以上も違っている異人種なのだよ。

88 :出土地不明:2005/04/08(金) 19:18:15 ID:SKmtTtfc
朝鮮人って古朝鮮、新羅、伽耶(加羅)、百済、高句麗、統一新羅、高麗、李氏朝鮮、大韓帝国
それぞれにどんなイメージ持ってるんだろ?

89 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

90 :出土地不明:2005/04/08(金) 19:58:12 ID:939cAQsQ
エラと頬骨の張った顔、一重の釣り上がった細い目、
何をどう組み合わせるとあの独特な顔になるんだろう?
海から上がってきたとしか思えん顔だ

91 :59男:2005/04/08(金) 20:53:19 ID:8fWe4qzD
戦後のドサクサに紛れて、駅前の一等地を乗っ取って、パチンコ屋をやって、
莫大なカネを稼いで、脱税しているようなチョンは、自分の国に帰って下さい。
って言うか、一家揃って、氏んで下さい。

92 :大ちゃん:2005/04/08(金) 20:57:28 ID:awog6Jkp
だとするとユンソナやヨン様は朝鮮人では無いのだろうか?

93 :出土地不明:2005/04/08(金) 21:07:07 ID:939cAQsQ
整形

94 :大ちゃん:2005/04/08(金) 21:20:50 ID:/arHicgL
だとすると我々日本人の血の0.2%は朝鮮人の血なのだろうか?    

95 :出土地不明:2005/04/08(金) 22:15:38 ID:0YEc551O
百済人0.1%、高句麗人0.05%、新羅人0.05%
の血であって、朝鮮人の血ではないわな。
朝鮮人はまだ居らんのだし。

朝鮮人に直接関係した血であることは確かだろうけど。

96 :出土地不明:2005/04/08(金) 22:22:25 ID:939cAQsQ
もしかして今の朝鮮民族の容貌が出来たのって13世紀以降じゃない?

97 :出土地不明:2005/04/08(金) 22:37:08 ID:0YEc551O
いや、BC2C末頃からだよ。

最初に朝鮮半島に入った新モンゴロイドは弥生人だっただろうが、
これは朝鮮半島に定着せず、九州に渡海。

朝鮮半島に最初に定着した新モンゴロイドは華北人だよ。
漢の武帝の軍が朝鮮半島を侵略して楽浪郡を置いたのがBC108年。
以後、400年間、華北人の支配が続く。

その後、満州東部にいたツングース系が半島に入り始め、
やがて、高句麗に楽浪は打たれて、ツングース系が半島に
雪崩れ込んだ。

98 :出土地不明:2005/04/08(金) 23:22:44 ID:OIXdXr3N
女真と混血してからだから14世紀からだろ。

99 :大ちゃん:2005/04/09(土) 00:29:28 ID:yIdVOlp4
しかし、16世紀の文禄・慶長の役で多くの朝鮮人陶工が日本に強制帰化しました。


100 :出土地不明:2005/04/09(土) 01:33:11 ID:OI1R0AKc
どっかでエラ骨の異常に発達した原人の化石が見つかれば面白いのにな

101 :出土地不明:2005/04/09(土) 06:16:41 ID:G5UbH5RJ
>>99
ただ「多くの」と言われてモナー。具体的に何人くらいよ?

102 :?:2005/04/09(土) 08:57:11 ID:gybyKk9n
500万人程度かと。

103 :出土地不明:2005/04/09(土) 13:48:15 ID:kdziiF7K
>>97
ソースとなる論文は?

104 :出土地不明:2005/04/09(土) 16:49:58 ID:WEhn0MHa
>>103
全部史実だよ。

教科書にも出てくるレヴェル。


105 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

106 :出土地不明:2005/04/09(土) 17:37:30 ID:rHnTASlZ
文化的側面から考察すると関西以西は韓半島文化圏だと司馬先生が書いてたね

107 :出土地不明:2005/04/09(土) 18:47:58 ID:WEhn0MHa
縄文期まで朝鮮半島がもと西日本文化圏だったと思われ。

108 :出土地不明:2005/04/09(土) 21:06:28 ID:ghh+4d+h
http://www.dongly.jp/sugai_3.html

朝鮮人じゃなくて黒人だ

109 :出土地不明:2005/04/09(土) 23:34:24 ID:TkcwHGV7
>>101
ttp://members.jcom.home.ne.jp/goloh/pkpre.htm

>まず人数の問題である。これは残念ながら厳密にはまだ正確なところがつかめていないということだ。
>内藤雋輔氏は、被?人の総数をはじめ五・六万人としていたのを後に二・三万人に訂正している。
>鶴園裕氏の共同研究者であった片倉穣・笠井純一両氏は、
>「男女合わせて無慮数万人を超える人数であったと見倣してよかろう」とぼかしている。

110 :出土地不明:2005/04/10(日) 03:50:06 ID:4N28gBhs
>>99
たかが500人で民族系統もくそったれもないと思うが?

111 :出土地不明:2005/04/10(日) 11:44:28 ID:ltAVkEx9
学術論文としてまともな学会誌に掲載されない限り、論破もくそったれもないと思うが?

112 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

113 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

114 :出土地不明:2005/04/10(日) 18:52:39 ID:VQicBv5I
とりあえず、1さんのDNAの組成が知りたい、話はそれからだ。  

115 :出土地不明:2005/04/10(日) 19:06:33 ID:8cgNrMV/
>>41
>「入れ墨(現在でもやくざの刺青などに継承されている)」などに現在と
>縄文時代の繋がりを見出してしまうのだ。

ヤクザにだけ継承されて一般人には途絶えてるところが気になる。

116 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

117 :出土地不明:2005/04/10(日) 19:55:42 ID:ucFR1Pr3
倭人=中国南部から来た、が定説なんじゃないの?

118 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

119 :出土地不明:2005/04/11(月) 01:47:59 ID:gub+aKSf
>>99
それ以上の比率で、秀吉軍のいわゆる投降倭が半島に住みついてるよ( ^Д^)

120 :出土地不明:2005/04/11(月) 01:55:15 ID:gub+aKSf
よく引用される
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
宝来のmtDNAだけど、
こいつの論理だと、半島人の20%が縄文人の子孫になっちゃうよな(w
しかも中国人と書いてるけど、実は台湾の高砂族。
高砂族は雲南省あたりと遺伝的に近い。
こいつらを倭人と仮定すると、韓国人の40%は倭人の末裔。
任那日本府も間違ってないかもなあ。

121 :M1:2005/04/11(月) 02:15:12 ID:cxCDV9Vh
常識だとは思いますが、弥生時代には朝鮮からの移民は少なからずいたでしょう。
根拠には、遺物や骨格を挙げます。ただ、弥生時代早期の土器ですら、縄紋時代
の土器の面影を殘しますし、当然縄紋人との混血文化であり、朝鮮一色の文化ではありません。
また、骨角から朝鮮人そのもの、もしくはその子孫と判断できる遺存体は畿内までですよね。
それ以北は純血であった可能性があります。
ただ、歯の大きさを見ると、縄紋人の歯は我々現代人よりも小さく、遺伝学的にはありえないそうです。
なので、我々が直接縄紋人の血を引いていない可能性もあります。ただ、縄紋時代からの文化は確実に弥生
時代以降も残りますので、文化的な要素は縄紋時代まで遡る事が出來ると思います。
上記で確実と書いたのは、土器で1例を挙げますと、縄紋時代晩期末葉の型式と、弥生時代前期の砂沢式とでは
ほとんど見分けがつかない程似ている事から言えます。現在専門の方で見分けがつかない人はいないと思いますが、
昔は研究者によって意見が違った程似ています。その確たる証拠としては籾痕がついているか否かで判定した程です。

以上、この時期専門では無いので拙いですが、我々の今日に至る文化が、確かに縄紋時代から続いているであろうと
考える上で、縄紋〜弥生への転換期における自分の考えです。修士1年からお伝えしました〜

122 :出土地不明:2005/04/11(月) 02:48:24 ID:gub+aKSf
例えば百済は、倭人・韓人・漢人の雑居地だったと中国の正史に書いてある。
韓国じゃ、我が国は世界でも珍しい単一民族であるなんて学校で教えてるから
おかしな事になるんだろうな。実際は雑種なんだけどね。

例えて言うなら、半島と日本の差は、ロスアンゼルスとサンフランシスコの人種構成の
違いのようなものだろう。

日本の家屋や、半島南部の遺跡なんかは明らかな南方系の特徴を持っているし
大陸北方の影響もある。半島からも縄文土器や日本の黒曜石、翡翠が見つかっている。
これを単一民族で理解するのは無理があるんだけど、ナショナリズムに凝り固まった
韓国人や在日には理解できないだろうな・・・・(´・ω・‘)

123 :出土地不明:2005/04/11(月) 02:51:25 ID:SC5T/S6D
まあ知恵と勇気をもった優秀な人達だけが日本に渡って来られたってことだな
それが俺たちの祖先

124 :出土地不明:2005/04/11(月) 02:54:48 ID:SC5T/S6D
但し戦後迫害から逃れてやってきて、強制連行されたとか言ってるのは
永久に俺たち日本人とは関係なし

125 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 20:48:43 ID:ZyehTtIj
◎B44-DR13の頻度

東海地方10%超<韓国人5.1%<本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%<中国北部漢族2.0% 
東海地方150万人超
韓国人240万人
本土日本人576万人
中国朝鮮族10万人
中国北部漢族60万人
なるほど、
中国北部から渡来した朝鮮人=扶余族だな。
東海地方に朝鮮人が多いのもそのせいか。
大陸から渡来したアメリカが25000万人にまで増えたのと同じだな。



127 :出土地不明:2005/04/11(月) 21:04:55 ID:cmmiKujR
人口なんて後から幾らでも増減するから起源には全く参考に
ならんのだよ。
問題は頻度であり、密度であり、それが占める割合なんだよ。


◎B44-DR13の頻度


東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 



128 :?:2005/04/11(月) 22:06:37 ID:pb+TrHDB
朝鮮出兵の時に500万人も朝鮮人が来たの?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 22:14:40 ID:ZyehTtIj
人口は参考になるな。
1人2人いても誤差範囲だ。

これだけ中国起源の朝鮮人がいると
相当の渡来人が朝鮮半島から来たのが良く分かるな。

奈良時代600万人中100〜150万人が渡来人という
人口研究があったが正解だったんだな。



130 :ガリさん:2005/04/11(月) 22:34:34 ID:FZVD3ZOL
そろそろ朝鮮半島が日本人の故郷だと認めたくなってきたでしょ。

131 :出土地不明:2005/04/11(月) 22:42:40 ID:SC5T/S6D
一度、民族学校の教科書、見てみたい
スゲーことが書いてあるんだろうなw

132 :出土地不明:2005/04/11(月) 22:53:27 ID:MSPfSqOa
目くそ鼻くそを嗤う

133 :出土地不明:2005/04/11(月) 23:05:54 ID:szMlke4k
>>131
民族学校の教科書は永遠に公開されません。
そんなことは誰より朝鮮人がいちばん許しませんってw

134 :出土地不明:2005/04/11(月) 23:14:39 ID:cmmiKujR
縄文人が日本から朝鮮に渡り、弥生人とは異なる系統の新モンゴロイド
と混ざったことがよく分かる画像。

右の男みたいな縄文系日本人は居るが、左の女みたいな寄り目の
弥生系日本人は居ない。

http://www.pairgo.or.jp/amateur/15th/players/img/ph_korea.jpg

135 :出土地不明:2005/04/11(月) 23:20:00 ID:SC5T/S6D
>>134しいてあげれば吉本ばななぐらいだろう

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 23:33:29 ID:ZyehTtIj

こいつら馬鹿か?

縄文時代は海流で丸木舟では半島には行けないんだよ。
沿海州や半島からは来れるわけだ。

基本が分かってないな。

137 :出土地不明:2005/04/11(月) 23:35:56 ID:szMlke4k
んなこたぁない

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 23:46:34 ID:ZyehTtIj

悔しそうだが無駄だ。
野生号ですら対馬海流で駄目だったろうが。

逆に韓国からビンを流せば山陰〜秋田に付くのは
朝鮮総督府の水産部が実験済みだ。

139 :出土地不明:2005/04/12(火) 02:17:07 ID:LMV0qJXr
ところで、韓国人の女優俳優だろうが、歌手だろうが、あるいは
一般人だろうが、いろいろみて思うのは、鼻に段があるタイプは
ほとんど見かけないね。日本人の女性で女優やタレントでも鼻の
高い人のかなりが、鼻に段があるのだが、韓国人にはそういう人
はほとんどみかけない。ということは、この鼻に段があるタイプ
っていうのがどういう事情で日本に多いのかわからないが、とに
かく、韓国系とはあまり共通性のない民族の系統が日本にいると
いうことだ。
旧石器時代3万年前ごろは、日本、韓国共通の東南アジア系の
人々がいたことはわかっているし、また、その後北方から入った
系統(後にアメリカ大陸に移住した一派)についても、そのかなり
の部分は、大陸でかなり広い分布を示している。中国北部にも
多いし、韓国にも多い。とすると、どういう系統がワシっ鼻の系統
なんだろう?

140 :出土地不明:2005/04/12(火) 02:29:59 ID:cd6Y0QPb
おれは見事な鷲鼻だ

141 :出土地不明:2005/04/12(火) 04:26:38 ID:nsoRi5yl
>>128
朝鮮出兵の時に日本に来たのは2-3万
戦後、祖国に帰ったからね。

朝鮮刷還使の記録だと、帰国を拒否したのは。
主に女と陶工等の技術者。

逆に、日本からは朝鮮に数万人が半島に残った。
当時の人口比を考えると、日本人の半島での影響の方が大きいだろうね


142 :出土地不明:2005/04/12(火) 04:28:15 ID:nsoRi5yl
>>138
残念ながら半島から縄文起源の遺跡は大量に見つかっている

143 :出土地不明:2005/04/12(火) 04:46:30 ID:nsoRi5yl
縄文人が日本人の祖先で、弥生人が朝鮮人の祖先だとか言う馬鹿な妄想なんて
韓国の専門家ですら相手にしない。

半島人だって、今の北朝鮮のあたりは、ワイとかハクといった女真系の土地だったし、
中国の植民地だった時期が長い。さらに倭人の瓠公のように新羅の建国にかかわった人物もいるのを
見ても、半島が倭の影響下にあったのも間違い無い。
百済の高官に、倭人がいたという記録もある。王仁は漢人だし、くらつくりのとりは南梁人。
つまり、半島は、倭、漢、梁、女真、韓の雑居地だった訳だ。

更に、モンゴルに150年侵略されて、国王は代々モンゴルから王妃を迎えたほぼ純粋なモンゴル人。
モンゴル人に女を提供するために処女の結婚を禁じた時期もある。
わざわざ、南宋人やモンゴル人に女を提供する役所まで作ってたぐらいだから、
韓国人が、モンゴル人とそっくりなのは無理もない。

じゃあ、なんで半島人が混血を否定したいのかというと、16世紀にできた族譜のせいなんだよな。
実際には、ほとんどが19―20世紀にできた物なんだけど、半島人は、これを信じて自分の血統を信じている。
これが、半島人が正しい人類学的視点を持てない理由。信仰なんだよね。


そもそも、大陸→半島→列島としか人の流れがないなら、列島が1番混血が少ない事になるじゃないか( ^Д^)

144 :出土地不明:2005/04/12(火) 04:52:00 ID:nsoRi5yl
あと、モンゴルは人間牧場計画も実行した。モンゴルの犯罪者から屈強な人間を選んで
韓国人の女に種付けをした。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 11:15:48 ID:pkPgf2pt
なんか更に頭がオカシイのもいるな。

>>>
そもそも、大陸→半島→列島としか人の流れがないなら、列島が1番混血が少ない事になるじゃないか( ^Д^)
>>>

馬鹿ではないか?
吹き溜まり・というのを辞書で引くんだな。

縄文人が日本人の祖先?
ばーか、縄文人は半島にもいるんだよ、両方の祖先だ。
縄文時代の前は陸続きだから当たり前だ。
馬鹿ではないか。



146 :大ちゃん:2005/04/12(火) 15:25:18 ID:H4/iXMji
馬鹿という表現はやめようよ

147 :出土地不明:2005/04/12(火) 16:52:38 ID:0OvX/M2h
秦から漢にかけて朝鮮に移った中国人はどのくらい?

148 :出土地不明:2005/04/12(火) 17:17:28 ID:iRa3f8XW
>>145

半島は、モンゴルに民族浄化されちゃったからね( ^Д^)

149 :出土地不明:2005/04/12(火) 17:20:00 ID:iRa3f8XW
>>145
縄文人というのは、特定の遺伝集団を表している訳ではないので間違えないように。

それから、縄文の遺跡は半島南部でしか見つかっていない。


150 :出土地不明:2005/04/12(火) 17:23:35 ID:iRa3f8XW
さらにいえば、糸魚川産の翡翠の勾玉や、黒曜石が半島で見つかっている事から
縄文時代に既に日本から半島に人の移動があった事は明らかなんだよ。

151 :出土地不明:2005/04/12(火) 17:40:39 ID:m8zW9I3c
曽畑式土器と櫛描文土器の関係もな

152 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

153 :出土地不明:2005/04/12(火) 19:49:56 ID:iRa3f8XW
>吹き溜まり・というのを辞書で引くんだな。

君は、良く理解していないようだね( ^Д^)

154 :出土地不明:2005/04/12(火) 20:04:12 ID:UnIZbxVB
    ∧_∧
    (*^ヮ^*) タスコ カエボケー
  oノ∧つ⊂)
  ( (*^ヮ^*) ブォンブォン ブルルルルー
  oノ∧つ⊂)
  ( (*^ヮ^*) フォッフォッフォッ
  ∪( ∪ ∪
    と__)__)

155 :出土地不明:2005/04/12(火) 20:15:20 ID:L8j/9W2L
>旧石器時代3万年前ごろは、日本、韓国共通の東南アジア系の
>人々がいたことはわかっているし、

Mはもう滅んでしまった東〜東南アジア共通の原始人種であって、
今の東南アジア系ではないんだがな。

誤解を招くような発言はやめなさい。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 22:13:08 ID:pkPgf2pt

いや吹き溜まりを説明できない
ばーかも居るんだよ。

157 :大ちゃん?:2005/04/12(火) 22:19:05 ID:gWEBlRIL
ばーかという表現はやめようよ

158 :出土地不明:2005/04/12(火) 23:53:22 ID:v8iGvuKx
一応、昨年までの集計によるマップがある。一番下がmtDNAの
ハプログループの全世界分布だ。上はY染色体のものだから
混同しないように。

http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf

タイやマレーシア、インドネシアあたりの1/4をしめるな。
中国人の1/3もそうだ。日本人には、1/6程度しかいないが、
しかし、縄文系に近いとされる、琉球、アイヌには多い。これは
以下のページ参照。

http://egweb.bcgsc.ca/journal_club/2004_2005/pdf/journal_club_050107.pdf

159 :出土地不明:2005/04/13(水) 00:05:23 ID:9ud0ptjg
Mというアジアの東半分に共通した人種が栄えた時代が最初にあったのだろう。
その後、方々で発生した人種に乗っ取られながら、それぞれ変わっていった
のだろう。

15%の部分は実際は何%なのだろうか?
下手をすると1%も無かったりする。


160 :出土地不明:2005/04/13(水) 00:30:04 ID:ZQgsMjLI
>>159
正しい解釈だな。しかし、重要なことは、「入れ替えがなかった」
ということだ。日本でM系統がいまでも15%程度いるというのは
驚異的だ。しかも日本に多いM7a は、日本および韓国固有だ。
アメリカの人種構成をみれば、白人系が75%をしめ、インディアンなんて
そもそも非常に少ない。しかし15%も残っているとしたら、もともと
主要な系統であって、しかも、民族入れ替えがなかったということは
意味するだろう。

161 :出土地不明:2005/04/13(水) 06:06:11 ID:Ni9fOqB2
吹き溜まりと風が吹いている場所の違いは、民族浄化があったかどうかの違いだね。

つまり風が吹くゆえに、「新鮮な民族にとってかわられた」のだから、
半島は、「純血」だと主張したいのかな?
つまり、半島は、この2000年で、何度か民族が入れ替わったと?


162 :出土地不明:2005/04/13(水) 18:40:18 ID:7WcKyYq9
>>160
ただ、15%も残っていると言っても、あくまでmtDNAにおいてだからな。
実際の割合ではない。そこが寂しいところなんだよな。

何と言ったらいいか、ほんの少しの証拠金で、実はその何倍、何十倍もの
資金を動かしている商品先物や株の信用取引みたいな感覚だな。

163 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

164 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

165 :出土地不明:2005/04/13(水) 23:10:16 ID:AvWQIV8r
>>161
ただ、韓国においても、M7aは、ある程度残っているわけだ。
また、山東半島には、紀元前500年ごろにはM型がかなり多かった。
ようするに、M型は、東アジア全体に分布し、しかも、日本では、
けっして、あとから来た、A,B,C,Dなどの集団(縄文文化をもたらした
集団と思われる)によって、入れ替えが起こらなかった、ということ
だ。それは朝鮮半島でもそうだった。そして、山東半島でも、歴史時代
になるまで、そういうことがなかったということのようだ。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 00:19:27 ID:womiA7FW

ほれ、書いてあるだろうが。
M7では後期旧石器時代だトピずれだ。

In contrast to M7,
the sharing of haplogroups A5, B5, C, F1a, N9a, and Z
between Koreans and Japanese and their virtual absence in Ryukyuans and Ainu
indicate later migrations and contacts between Korea and Japan.
This is probably mainly due to the influx of Yayoi people (2,300 years ago)
who brought agriculture and the Japanic language (Janhunen 1996 ) to Japan.
It is then remarkable in view of those events
that the variation seen in M7 is not shuffled between Koreans and Japanese,
quite in contrast to B4.


167 :出土地不明:2005/04/14(木) 01:50:54 ID:8T3Bxi11
B35-DR15:喜界爆発前渡来半島縄文人
B52-DR15:馬韓系倭人・新羅系弥生人
B44-DR13:扶余系百済人=大和朝廷

↑↑↑
この三つは電波だけどねwwwwwwww

そもそも百済は、支配者と被支配者の言語すら違っていた

168 :出土地不明:2005/04/14(木) 02:00:06 ID:8T3Bxi11
喜界島爆発で、日本から半島に縄文人が渡った事は、
九州の黒曜石が半島で発見されているのを見れば明らか。
っていうか、爆発があったから、遠くに逃げた訳だしなwww

江南から山東省経由で稲作を持ってきた倭人が、
列島及び半島に渡来した。いわゆる弥生文化

新羅を列島の倭人が建国したかどうかは議論の分かれるところだけど
新羅の建国に倭人が深く関与していたのは事実だな。
新羅は倭人・日本から来た縄文人と北方系住民の連立?政権だろう

三国志で韓人と呼ばれる連中は倭人の一部族だね。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 12:33:17 ID:womiA7FW

大筋は合ってるがいまいちだな。

百済ではない、
馬韓は天神を祭る天君が支配層で鬼神を祭る蘇塗が被支配者だということだ。
百済はその天神を祭る系統だと言うことだ。

鬼界爆発では半島には行けない、
既に海があり対馬海流で大部分は北陸・新潟に流されるからだ。

三韓で倭人と呼ばれるのは南部の種族だ
漢人ではない。
漢人とは楽浪郡・帯方郡の生き残りだ、
日本書紀のβ群を書いた人種だ。

小野漢人妹子、犬上漢人御田鋤、高向漢人玄理
とか明白だ。


170 :出土地不明:2005/04/14(木) 19:23:09 ID:a9LlnAE1
>江南から山東省経由で稲作を持ってきた倭人が、
>列島及び半島に渡来した。いわゆる弥生文化


稲作は弥生人が来た何百年も前から既にあった。
しかもHLAを見れば、華北から持ち込まれたハプロタイプがほとんど無い。
また華中から来たと思われていたHLAもいまや否定されている。
西日本人で圧倒的なハプロタイプと釣合うのはモンゴルだけ。

弥生人はモンゴルあたりから朝鮮半島を通り過ぎてやって来たが正解。

171 :出土地不明:2005/04/14(木) 20:34:47 ID:a9LlnAE1
mtDNAは、あくまでも母系になった人種系統の割合を単に映し出している
だけであって、現時点の実際に構成されている個々の人種系統の割合を
そのまま忠実に映し出している訳ではない。

古ければ古い人種系統ほど、先に入れば先に入った人種系統ほど、
母系としてmtDNAに残りやすいというカラクリで、実際の人種系統の割合ではない。

もっと簡単に言えば、mtDNAは古ければ古い人種系統の割合ほど
「ウソ倍率」による割合なのである。

172 :出土地不明:2005/04/14(木) 23:11:04 ID:pjIR4t7b
>>171
この議論は全く根拠がない。
さらにいえば、Y染色体の調査を同時に行うことで、詳細がわかる
ようになっている。もし、この>>171の主張が正しいならば、この
主張を裏付ける学術論文をソースとして示せ。

173 :出土地不明:2005/04/14(木) 23:33:47 ID:a9LlnAE1
Y染色体の系統の割合のカラクリもmtDNAと同じだろ。
今度は母系が父系になっただけで。

古ければ古いほど残りやすく、ウソ倍率によって水増しされて出てくる。
実際の割合ではない。要は数学的なトリック。

174 :出土地不明:2005/04/15(金) 00:33:07 ID:6HRAC4Yv
>>173
だから、そのからくりというやつを遺伝学的に示した学術論文を
さらせ!

175 :出土地不明:2005/04/15(金) 05:12:48 ID:ChVzQgYc
稲作っていったって、色々あるだろ。
縄文時代から米の痕跡は見つかっている。

問題は水田と水田に関わる文化。
これらが弥生人の特徴じゃないかな?

これは勿論、北方の文化じゃない。
満州や北朝鮮には水田は無い。

つまり弥生文化は南方文化だという事だろう。

176 :出土地不明:2005/04/15(金) 05:16:49 ID:ChVzQgYc
>鬼界爆発では半島には行けない、

縄文土器が半島で発見されているし、
土器が突然発生している。つまり独自に発展した痕跡が無い。
さらに、黒曜石・翡翠等の産地が日本の物と特定されている。

そもそも陸続きだった時代を言うなら、
同様に当時の海流が今と同じだった証明も必要。

177 :出土地不明:2005/04/15(金) 09:54:03 ID:Xolwa0ND
こんなん見つけた キタ━━━━ヽ(・∀・)ノ━━━━!!!!

http://www.geocities.jp/news2chnet/

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 12:38:43 ID:JUJWZWJC
縄文土器が突然発生と言っても無駄なんだよ。
突然かどうかは今後のは発掘による。

後期旧石器時代の大陸と半島は同じ人種。石器だ。
日本原人でも発見されない限り無駄な議論だ。

当時の海流は今と同じだよ。
BC5000年が縄文海進の最高潮点だからな。
水深140mの朝鮮海峡も今と同じだ。


179 :出土地不明:2005/04/15(金) 17:53:16 ID:ChVzQgYc
>>178
縄文期に発掘される糸魚川産の翡翠

180 :出土地不明:2005/04/15(金) 23:49:52 ID:F7Xl4gtK
>縄文土器が突然発生と言っても無駄なんだよ。

>後期旧石器時代の大陸と半島は同じ人種。石器だ。


それは苦しいね。
日本列島から発掘される縄文土器は膨大でかつ連続している。
一方、半島から発掘される縄文土器は、量も少ないし特定時期の物。

同じ人種であっても、交流がなければ全く同じ意匠の土器の物を作り出す事はあり得ない。

181 :出土地不明:2005/04/15(金) 23:53:23 ID:y7W6xGQm
>>176
土器は、日本の土器はかなり古く、かりに1万6千年前ってことなら、
その当時は、当然、ヴュルムマキシマムの直後で、まだ温暖化ははじ
まっていないから、もちろん、半島と列島は陸続き。
その後、温暖化がだいたい1万5千年前ごろにおこったんだっけ?
で、そのときは、対馬海峡はできてしまっただろうな。海。
で、それから、1万3千年かそこらから1万1千年前ごろ(紀元前
9千年だっけ?)が、ヤンガードリアスで、また氷河時代に近い寒さ
で、列島と半島はつながる。それから温暖化で、一応、現在まで
続く。土器が出てきたからといって、縄文時代が1万6千年前から
あったわけではなく、縄文草創期はもうすこし後で、やっぱり、
ヤンガードリアスの後の温暖化ごろから、本格的というべきだろう
な。まあ、海流はどうであれ、切れたりつながったりという時期なら
相互に交流はあっただろう。

182 :出土地不明:2005/04/15(金) 23:53:34 ID:F7Xl4gtK
>BC5000年が縄文海進の最高潮点だからな。
>水深140mの朝鮮海峡も今と同じだ。

???????
海流というのは、対馬海峡の地形だけで決まると思ってるのか?????
気温、他地域の地形、いくらでも要素はある。


183 :出土地不明:2005/04/15(金) 23:55:47 ID:F7Xl4gtK
ちなみに、半島で発見される縄文土器はそんなに古い物じゃない

184 :出土地不明:2005/04/16(土) 00:09:47 ID:AZ/2hdkT
>>174






◎ミトコンドリアDNAの可能性と限界

http://www.dai3gen.net/mt00.htm







185 :出土地不明:2005/04/16(土) 00:10:30 ID:AZ/2hdkT
MtDNAは母親からしか遺伝しない。父親が持つMtDNAは子に一切伝わらないのだ。
これは卵子の受精時に父親のMtDNAが消失することが確かめられているそうだ。
これは一つの利点でもあり、また良く認知されるべき弱点だ。
すなわち、利点としては、ヒトの系統を考えるに際して父母の両系統を考慮
せねばならないことが物事を甚だ複雑にしているから、母系だけでも明確に
筋道を立ててくれる手法として現在では恐らく最強のものであろう。
一方、そのこと自体が弱点でもある。云うまでもない「母系しか判らない」(注)
ということだ。これはどういうことを意味するか、というと、先住民女性(1F)
と渡来人男性(1M)が娘(2F)を設けた。その娘(2F)はMtDNAでは母親のもの
だけを継承するが形態(歯、骨、身長、などなど)は平均して言えば父母から
半々に受継ぐ。その娘(2F)が成長して、渡来人男性(2M)と結婚してまた娘
(3F)が出来たとしよう。この娘3FのMtDNAは母(2F)のもの=祖母(1F)の
ものと一緒だ。しかし、3Fの形態は(2Fの形態が既に先住民形態と渡来系形態
が半々になっているので)先住民形態:渡来人形態=1:3となる。
これを繰り返して行くと、n代目の娘(nF)は、MtDNAでは先住民だが、形態は
殆ど渡来系、ということになる。

186 :出土地不明:2005/04/16(土) 00:53:12 ID:nB40FE68
>>185
その議論は大変正しい。
よって、民族の系統を考える場合に、たとえば、現地女性と
よそ者男性との子供がどうであったか、などをかなりしっかりと
考える必要もありそうだ。たとえば、アメリカの原住民では、
mtDNAでは、原住民の系統であることが明白でも、Y染色体で
みると、白人系、なんていうことが結構多いのだ。とすると、
mtDNAでは、原住民系を表していても、ほとんどの人は、混血で、
半分白人ということを意味したりする。

ってことで、mtDNAとY染色体を双方しらべて、両方から考える
べきだ。
では、実際にどうなのか、というと、たとえば、イギリスに
おいては、姓が一致する人の場合の60%で、Y染色体が一致
する。ということは、イギリスで姓が一般人に普及した13世紀
から考えると、「不倫率(つまり、女性が夫以外の子供を産んだ
という率)」は、世代あたり1%前後という非常に低い率になる。
これらのことは、社会的な状況もあるし文化的なものもあろうが、
面白いことではある。13世紀以降のイギリスではそれほど他
から多くの移民がいたわけでもないので、そういう安定した場所
では、こういう安定した結果が得られることにもなる。
まあ、こういうことも考慮した上で、mtDNAや、Y染色体について
議論していく必要があるということだ。

最近、こういうことが次々わかっているので、mtDNAやY染色体に
ついて、その結果の解釈がさらに一段と精密化している。

187 :出土地不明:2005/04/16(土) 01:37:30 ID:AZ/2hdkT
mtDNAやY染色体は出されてくるデータをそのまま現時点の系統の
割合だと鵜呑みにするのではなくて、ちょっとひねってデータが
出されてくる非常に特殊な遺伝学と見ていかないともうダメなんだろう。

ホント頭が疲れる迷惑な遺伝学なこった。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 02:07:05 ID:IKV7+yRG
海流は朝鮮海峡・対馬海峡の海底地形だけで決まる。
黒潮は北上するしかないからな。
常陸の海でスイジ貝が生きてたわけだから沖縄並だな。
朝鮮海峡が開けばどんどん流れ込むな
140m級の津軽海峡も開通しているからな。

縄文式土器は16000年前だから列島独自というのは
噴飯ものだ。
列島には土器の必要もなければ粘土も意識的に探さないと無い。

土器の必要があるのは雑穀が多い内陸部だ。
粘土があるのも内陸部だ。
縄文土器は縄文海進の前に半島から列島に伝わった
としか解釈不能だ。




189 :M1:2005/04/16(土) 02:31:44 ID:RxeNVzEF
縄紋土器が16000年前ってのは、青森県の大平山本(1)遺跡の事言ってるのかな?
その時期に朝鮮半島の文化なり人なりが青森県まで北上したっていうほうが眉唾だよ。
あと、土器が最も使われたのは煮炊き用にだよ?草創期になんて深鉢しか無いし。
土器が雑穀に最も必要と考えるのはおかしい。粘土にしても、日本全国どこにでもあるよ。
粘土が無いって川が無い国?

〜としか考えられない・・とか〜としか解釈不能・・ってのは、もう少し
考えたり論文読んでからの段階の話では?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 02:45:40 ID:IKV7+yRG
土器が最も必要なのは雑穀だ、採集自体が出来ないからだ。
初期は深鉢で移動・携帯重視なのはそういう理由だ。

BC2万年の温暖化開始から4000年も有れば
半島から東北でもゆっくり行けるので問題無い。

確率からいうと列島に粘土は無い。列島の粘土は新しいからな。
粘土が地表に出ているのは
満州:ファエオゼム広域、カルシソル点在
沿海州:グライソル内陸広域、フルビソル点在
だけだ。

もう少し基礎をやらんと理解できんだろ?



191 :出土地不明:2005/04/16(土) 04:30:52 ID:R7sGkJWm
言語学的には、日本語は南方の言葉+北方の文法になってると聞いたけど
文法は北方と南方でどう違うの?

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 12:02:05 ID:IKV7+yRG
文法はな南に行くほど格変化の少ない膠着語になり
たとえば形容詞は名詞の前に付けないと何を修飾するか不明になる
いうことだ。
また動詞の後置や係り結びのように単語の位置で用法を決めるようになると言うことだ。

南方の言葉+北方の言語ではなく、
南方の発音・文法+北方の単語(借用)だ。

ほれ、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E7%B3%BB%E7%B5%B1




193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 12:09:07 ID:IKV7+yRG
つまり、
日本語は北方から南下し周辺の南方にしか残らない
古い発音、文法を元にしていると言うことだ。

北方では更にその後に進歩し複雑な格変化を導入したと言うことだ。
それを弥生時代以降の渡来人から借用したわけだ。

アイヌが北方系の発音を残し単語は日本語と類似が無いのは
アイヌが2〜1万年前くらいの新しい時期に南下し
弥生系との接触をあまりおこなわずに再度北上した傍証だ。

194 :出土地不明:2005/04/16(土) 12:19:45 ID:sOXZeE8Z
携帯からどうぞ
http://pksp.jp/hutomomo/


195 :出土地不明:2005/04/16(土) 18:10:41 ID:E7V3obaB
>縄文土器は縄文海進の前に半島から列島に伝わった
>としか解釈不能だ。

半島の縄文土器
               ------       

日本の縄文土器
 ------------------------------

情報が途絶していながら、意匠が同じになると思うかい?
それと半島から発見されている物の組成から日本産である事が決定されているのだから
人が日本から渡った事を否定するのは無理。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 19:47:08 ID:IKV7+yRG
無駄なことだ。

組成を言ってみな。
元素じゃみんな同じだから駄目だぞ。

土器は半島のカオリン系だよ。

197 :M1:2005/04/16(土) 22:46:07 ID:RxeNVzEF
>190
@土器が作成される以前は採集が行われなかったとでも?それ以前から皮等で袋が用いられていたと
 考えられています。狩猟採集民の食物の7割は植物質の物に頼っていたそうです。よって、土器が
 無ければ採集が出來ないなんてありえない。
A4000年かけて日本を北上するのであれば、その間にどこで粘土を補給するのですか?日本には粘土が無い
 という理由で、16000年前の土器を朝鮮由来のものと言っていますよね?
Bその確率とやらが本当に信用できる方法で得られたものであれば、現在縄紋時代の期限が何年前までしか
 遡れないという事が学会で一般的に言われているはず。そんな話は聞いた事がありませんね。
 あと、基礎が〜と書いてありますね。確かに俺が基礎がガッチリかと言うと、必ずしもそうでは無いかもしれないが、
 その粘土が〜っていうのは単に研究分野の違いであって、基礎云云では無いね。
 考古学を学んだ事あります?単に理系寄りのマニアですか??

198 :出土地不明:2005/04/17(日) 02:51:21 ID:Wu4qPmb0
韓国が「国民国家」になったのはいつですか?
近代国家として法律を制定し外交を行い産業を発展させ、近代化するには「国民国家」への変革が、
欠かせないといわれています。

かつて、日本でも外国の圧力に晒され、西洋の国に支配されるのではないかという危機感を募らせている
時代がありました。
日本では、明治維新の際に当時の支配者であった武家政治を、強制的に終わらせ、当時の階級制度であった
「士農工商」を終わらせました。そして、政治の中心を、日本の誕生より存在しているもっとも正統性のある、
そして日本の象徴である天皇家を据えることによって国民の求心力を集め、「国民国家」を成立させることに
成功しました。
これが、日本で始めて「国民」が誕生した瞬間です。
一体このようなことが朝鮮で可能だったんでしょうか?

今でこそ閔妃などが、韓国人の人気を集めていますが、当時は民衆の支持は大院君や日本政府などに
分裂しており、人気が高いとはいえませんでした。
つまり、一箇所に支持を集める機能が存在していなかったのです。
また、閔妃や大院君なども時には自己保身に走り、国家のために行動すると言う視点が欠けていました。
これが、国民国家の成立を阻んだ原因です。

近代には、本当に国家のことを考え国民の支持を集める集団が必要だと考えられます。本当に国家のことを
考えることができずに、国内の勢力争いなどに腐心してしまったことが、朝鮮が衰退した原因だと思います。

199 :出土地不明:2005/04/17(日) 04:07:17 ID:WFfQAJ/U
ここには縄文土器すら半島で作られたと言ってる人がいるな。

韓国の学者ですら、日本から来た事を認めているのに、

ここまで意固地なのは総連系の教育を受けたのかな?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 09:55:25 ID:Ejy6oFhY
無知どもだな。

>190
@土器が作成される以前は採集が行われなかったとでも?それ以前から皮等で袋が用いられていたと
 考えられています。狩猟採集民の食物の7割は植物質の物に頼っていたそうです。よって、土器が
 無ければ採集が出來ないなんてありえない。

>>土器が無ければ雑穀は採集できない。
  革袋?どうやってそんな膨大な革を入手する?
  妄想はやめて具体的に考えるんだな。 

A4000年かけて日本を北上するのであれば、その間にどこで粘土を補給するのですか?日本には粘土が無い
 という理由で、16000年前の土器を朝鮮由来のものと言っていますよね?

>>粘土を見つけながら北上すれば良いだろうが。
  事実、縄文遺跡はピンポイントで粘土の出る地域を見つけて出来ている。

Bその確率とやらが本当に信用できる方法で得られたものであれば、現在縄紋時代の期限が何年前までしか
 遡れないという事が学会で一般的に言われているはず。そんな話は聞いた事がありませんね。
 あと、基礎が〜と書いてありますね。確かに俺が基礎がガッチリかと言うと、必ずしもそうでは無いかもしれないが、
 その粘土が〜っていうのは単に研究分野の違いであって、基礎云云では無いね。
 考古学を学んだ事あります

>>信用?
  国連のFAOと言う組織の調査資料だ。
  日本考古学より信用は上だな
  真理に分野の違いは無い。
  他の系統の資料と矛盾するのはエセ学問ということだ。  

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 10:00:04 ID:Ejy6oFhY
無知どもだな。

>190
@土器が作成される以前は採集が行われなかったとでも?それ以前から皮等で袋が用いられていたと
 考えられています。狩猟採集民の食物の7割は植物質の物に頼っていたそうです。よって、土器が
 無ければ採集が出來ないなんてありえない。

>>土器が無ければ雑穀は採集できない。
  革袋?どうやってそんな膨大な革を入手する?
  妄想はやめて具体的に考えるんだな。 

A4000年かけて日本を北上するのであれば、その間にどこで粘土を補給するのですか?日本には粘土が無い
 という理由で、16000年前の土器を朝鮮由来のものと言っていますよね?

>>粘土を見つけながら北上すれば良いだろうが。
  事実、縄文遺跡はピンポイントで粘土の出る地域を見つけて出来ている。

Bその確率とやらが本当に信用できる方法で得られたものであれば、現在縄紋時代の期限が何年前までしか
 遡れないという事が学会で一般的に言われているはず。そんな話は聞いた事がありませんね。
 あと、基礎が〜と書いてありますね。確かに俺が基礎がガッチリかと言うと、必ずしもそうでは無いかもしれないが、
 その粘土が〜っていうのは単に研究分野の違いであって、基礎云云では無いね。
 考古学を学んだ事あります

>>信用?
  国連のFAOと言う組織の調査資料だ。
  日本考古学より信用は上だな
  真理に分野の違いは無い。
  他の系統の資料と矛盾するのはエセ学問ということだ。  
  確率的には粘土が無い列島で縄文土器が発明されたというのは
  殆ど痴呆の論理だな。
  火を燃やしていて下の土が固くなるのに気づいたのが
  土器の第1歩というのが常識だ。
  その第1歩の確率は大陸で無いと不可能だ。
 
  朝鮮の学者が認め様がなんだろうが合理的でない説は無駄だ。
  捏造を見ぬけないで教科書にまで載せた日本考古学など信用は無い。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 10:01:27 ID:Ejy6oFhY
確率的には粘土が無い列島で縄文土器が発明されたというのは
  殆ど痴呆の論理だな。
  火を燃やしていて下の土が固くなるのに気づいたのが
  土器の第1歩というのが常識だ。
  その第1歩の確率は大陸で無いと不可能だ。
 
  朝鮮の学者が認め様がなんだろうが合理的でない説は無駄だ。
  捏造を見ぬけないで教科書にまで載せた日本考古学など信用は無い。


85

203 :M1:2005/04/17(日) 17:28:06 ID:sR+S9sKe
なんか討論する気も失せる文章だな・・・ここまでレベル低いとは思わなかったわ。
皮は動物から採取するに決まってるでしょうが。食生活の7割が採集による植物質のものという事は、
残りの3割は狩猟ですよ。そこから皮を取り、なめして使うに決まってるでしょうが。
狩猟採集社会が一体何年あったと思ってるんですか?たかが16000年前まで採集は無しですか?
妄想だのなんだの言って無いで、論文の前に概説書でも読んだ方いいのでは?妙なプライドがあって
概説書が嫌なら小林達雄の「タイポロジー」でも読みなさい。

粘土が当時日本に無いという理由から、朝鮮経由だって言ってるんじゃないんですか?
それを、日本で見つけながら北上って、矛盾に気づいてます?

真理とか言っちゃってますが、学部生レベルまでしか体験した事無いんでしょうね。
修士以上になると、研究分野は狭く、深くなるのが常識ですよ。そもそも縄紋専門でも無い俺
よりも知識が無く、なおかつ大陸の粘土層に関しての事で基礎って・・・
他の系統の学問と矛盾云云は、日本考古学と相対的にその粘土の研究も矛盾してるでしょ。
どちらが正しいなんて、まだ客観的に判断でき無い。

模造がどうして見抜けなかったかそもそも知ってるのかな?
岩宿以前の石器にはまだ形式が無いんですよ。そこから、打痕、使用痕の分析を
試みて、自然遺物との違いを考えるわけです。つまり、模造されたものも、相当
古い石器であった事に間違いは無い。それが、どこの層から出たかで判断するわけだけど、
一体どうやって偽物って見抜くわけ?その発掘現場を見てすらいない人はどうやってそれを偽物って判断すればいいんですか??
レベルの高い海外の人ならどうやって見抜けたんですかね?
因みに日本の考古学は世界でも最高の水準ですよ



204 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

205 :出土地不明:2005/04/17(日) 19:06:56 ID:nSeKo6aa
穀類は葦などを編んだカゴで採集した。布を張った場合もある。。
土器が発達しない頃は炒って食べた。
煮ることができるにようなって穀類の採集が発達する。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:26:21 ID:Ejy6oFhY

どうやって炒るんだ?布の材料は何だ?

思い付きでは駄目だ。


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:35:40 ID:Ejy6oFhY
いや
思いつき以下も居たか。

>>>
ここまでレベル低いとは思わなかったわ。
皮は動物から採取するに決まってるでしょうが。食生活の7割が採集による植物質のものという事は、
残りの3割は狩猟ですよ。そこから皮を取り、なめして使うに決まってるでしょうが。
狩猟採集社会が一体何年あったと思ってるんですか?
>>>

で、
大量の動物の革をどうやって調達したんだ?
大量の。


>>>
たかが16000年前まで採集は無しですか?
妄想だのなんだの言って無いで、論文の前に概説書でも読んだ方いいのでは?妙なプライドがあって
>>>

チミは概説書のレベルだから笑われるのだ。

>>>
粘土が当時日本に無いという理由から、朝鮮経由だって言ってるんじゃないんですか?
それを、日本で見つけながら北上って、矛盾に気づいてます?
>>>

大陸で土器を作っていえば列島では意識的に探せば問題無い。
大陸より列島で土器が発明されたという馬鹿さかげんにまだ気が付かないようだな。


>>>
真理とか言っちゃってますが、学部生レベルまでしか体験した事無いんでしょうね。
修士以上になると、研究分野は狭く、深くなるのが常識ですよ。そもそも縄紋専門でも無い俺
よりも知識が無く、なおかつ大陸の粘土層に関しての事で基礎って・・・
他の系統の学問と矛盾云云は、日本考古学と相対的にその粘土の研究も矛盾してるでしょ。
どちらが正しいなんて、まだ客観的に判断でき無い。
>>>

なら、浅学馬鹿は黙っていろ。


>>>
模造がどうして見抜けなかったかそもそも知ってるのかな?
岩宿以前の石器にはまだ形式が無いんですよ。そこから、打痕、使用痕の分析を
試みて、自然遺物との違いを考えるわけです。つまり、模造されたものも、相当
古い石器であった事に間違いは無い。それが、どこの層から出たかで判断するわけだけど、
一体どうやって偽物って見抜くわけ?その発掘現場を見てすらいない人はどうやってそれを偽物って判断すればいいんですか??
レベルの高い海外の人ならどうやって見抜けたんですかね?
因みに日本の考古学は世界でも最高の水準ですよ
>>>


馬鹿だな。
確率・統計的手法を使えば明白だし、
カメラ仕掛ければ素人でもわかったんだろうが。
このレベルの知恵で考古学など止めろよ。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:36:52 ID:Ejy6oFhY
大陸で土器を作っていえば列島では意識的に探せば問題無い。
大陸より列島で土器が発明されたという馬鹿さかげんにまだ気が付かないようだな。


>>>
真理とか言っちゃってますが、学部生レベルまでしか体験した事無いんでしょうね。
修士以上になると、研究分野は狭く、深くなるのが常識ですよ。そもそも縄紋専門でも無い俺
よりも知識が無く、なおかつ大陸の粘土層に関しての事で基礎って・・・
他の系統の学問と矛盾云云は、日本考古学と相対的にその粘土の研究も矛盾してるでしょ。
どちらが正しいなんて、まだ客観的に判断でき無い。
>>>

なら、浅学馬鹿は黙っていろ。


>>>
模造がどうして見抜けなかったかそもそも知ってるのかな?
岩宿以前の石器にはまだ形式が無いんですよ。そこから、打痕、使用痕の分析を
試みて、自然遺物との違いを考えるわけです。つまり、模造されたものも、相当
古い石器であった事に間違いは無い。それが、どこの層から出たかで判断するわけだけど、
一体どうやって偽物って見抜くわけ?その発掘現場を見てすらいない人はどうやってそれを偽物って判断すればいいんですか??
レベルの高い海外の人ならどうやって見抜けたんですかね?
因みに日本の考古学は世界でも最高の水準ですよ
>>>


馬鹿だな。
確率・統計的手法を使えば明白だし、
カメラ仕掛ければ素人でもわかったんだろうが。
このレベルの知恵で考古学など止めろよ。



209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:39:56 ID:Ejy6oFhY
粘土の研究ではない。

世界の土壌の分布表とその分布頻度と深さごとの各組成だ。
日本考古学のようなあいまいなものではない。
さては、
FAOって何だか知らないんだな。

210 :出土地不明:2005/04/17(日) 21:02:31 ID:Wu4qPmb0
縄文土器で煮てたのは、魚介類じゃないの?
釣り針みたいなのも多数出土している。
貝は特によく煮ないと、硬くて食べれなかっただろう。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 21:13:21 ID:Ejy6oFhY
べつに煮ようが貯蔵だろうがかまわんが、
まずは採集しなければ駄目だろうがという事だ。


212 :出土地不明:2005/04/17(日) 23:42:30 ID:0oQmuTWo
原始人の生活の雰囲気については、エイラでも読んでくれ。

213 :出土地不明:2005/04/18(月) 02:55:12 ID:84t9QbcI
>>205
編みカゴは新石器時代の無土器期からあるが麻布は土器より後。
布ではなく葉っぱを敷く。
炒るのも土器を使う。
土器があっても初期の土器で煮るのは無理。

214 :M1:2005/04/18(月) 05:45:14 ID:C2Q2JcaE
一日一回、このスレ見るのが楽しみになってきましたよ。ホント、馬鹿なレスつけてくれるんで楽しいですね〜w

大量の皮って、一体どれだけの量を想像して言ってるのか知らないけど、大型の動物を狩れば皮の袋なんてアッと言う間に出來るでしょ。
しかも何故そんな大量にいるんですかね〜?「大量」って言葉に固執してるけど、食生活の3割を狩猟に頼る程狩りをして、
木製品とかもあるのに、どんな理由で皮が足りないって妄想してるんですかね?

俺が概説書のレベルしか読んでないのではなくて、あんたの知識が概説書にすら至って無いから進めてるんでしょうが。
もう少し日本語の訓練も必要かもね・・。

「最初は日本に粘土が当時無いと言っておきながら、今度は日本人には無理だけど朝鮮人は粘土を見つけれる」ですか?
これにはもう閉口しますね。

俺を浅学と言ってますが、日本語読めますか?俺は旧石器〜古代までは少なくとも主要な論文は読んでますよ。
そこを更に自分の分野のみ深い研究するのが研究者への第一歩ですよ。

確率、統計とか言ってますが、あんたの脳みそからは旧石器の遺跡の知識、もしくは統計の知識のどちらか、もしくは
両方の知識がまるっきり抜けてるんじゃないですか?両方知ってたらそんな馬鹿な発言できませんよ。
一体どうやってやるのか教えて欲しいものですね〜。カメラを使うまで模造を見抜けなかったから、パッシングされたの分かってますか?
カメラなんて使わなくても優秀な海外の研究者ならわかるんですよね?日本の考古学者なんかと違ってw
で、どうするんですか?

土器が地焼炉から思いついたのは常識と言ってますけどね、それはあくまで仮説ってわかってますか?
それに反するから絶對に〜っていうのは論文を書いた事が無いとしか思えないんですが・・w




215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 10:26:11 ID:zcAc9B+C
うふふ。
哀れなレベルだな、遊んでやるか。

3割しか狩猟に頼ってない?のに
7割の採集物はどうやって採集する、貯蔵する、料理する?
革だけでは不安で木製品も追加か?どんな木製品だ?

確率というのが分かってないようだな。
大陸では表面に粘土があるから確率的に可能だ。無い列島では不可能だ。
大陸から列島にくれば経験があるから可能だ。
大陸渡来人にとっては確率ではないんだ。

2万人いたうちの一人の研究者が石器時代の遺物を発見できる確率を出せ。
それが10年続く確立を出せ。
10の27乗を越えるだろう、壁に手が入る確率より低い。
インチキは歴然ではないか。馬鹿では無いか。

216 :M1:2005/04/18(月) 18:21:29 ID:C2Q2JcaE
うわ〜。またまた愉快なレスありがとうございますw
だけど流石にこの不毛な会話も最後にしますかね。あんた頭悪くて俺の言う事理解できないみたいだし。
最後にこの俺が、せいぜい馬鹿大学の学部生レベルの知識しか無いあんたの考えを是正してあげましょう。

あのねぇ、皮っていうのは使っていたらすぐに劣化するものでは無いんだよ?
たとえ一番最初に皮製品を作った人がいたら、最初は3:7の割合に少し困るかもね。
しかし、数ヶ月もしたら皮の需要は無くなるでしょ。前に袋に入れてた食料が無くなればまたその袋が使える、
また親がいればもともとある程度の皮袋はあるって事もわからないの?ホント、脳みそに豆腐でも入ってる?
あんたの理論だと、土器が出來るまで採集無しだよ?どうやって生活すんの?

確率、統計が全く分かってないのはあんたでしょ・・。なにこの文章・・。
最低でもネットで調べて点取りによるクラスター分析はするかと思ったら数列ですかw
しかもこれ、高校1年の数学なのに間違ってますよ。その計算じゃゴットハンド君は1度も掘り当てなかった事
は無い事になりますってばwしかも何を根拠に10の27乗とか言っちゃってるんですか?
マジ、授業中思いだし笑いしたらどうしてくれるんだよwあのさ、その計算式持って、芹沢長介のトコ行って、
模造してんだろ、証拠はこの計算式ですって言ってみなよw馬鹿もいい加減にしろよ。腹いてーwあの人だと壁の中に頭突っ込んでるってか?w

あのなー、真面目な話、模造発覚後、旧石器時代の遺物は総ざらい調べたんだよ。
それは統計学だの確率だの素人が考えつく陳腐なものでは無く、より客観性をより追求した考古学によってなのだよ。
考古学で確かに間違いが起こったけど、それを修正したのもまた考古学なのです。
はい、勉強になりましたか〜?中身の無い馬鹿な事を偉そうに書く前に、もっと勉強しなさいねw

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 20:21:49 ID:zcAc9B+C
うふふ。
で、
その大量の革の袋は出土したのか?
駄目だぞ妄想では。
土器が出来るまで採集無し?
蔓の籠も編カバンもアイヌ民具にあるではないか。
石器人並みの馬鹿なんだね。

雑穀の採集は土器が無いと不可能なんだよ。


なんだ確率・統計もわからないのか。
総ざらいで調べた?
調べれるわけ無いだろう。
破壊後になにが調べられるんだ?

そんなレベルだから確率・統計で処理する知恵が無いんだ。



218 :M1:2005/04/18(月) 21:12:51 ID:C2Q2JcaE
もう書き込む気無かったけど、勉強熱心なようなので、最後にもう一度だけ授業してあげましょう。
皮による袋はね、土器による形式に現れているんだよ。何も反論しなくてもいいからまずタイポロジー読めってばw

網代痕とか見た事ある?当時の籠にも隙間なんてほとんど無いってのw
雑穀も採集出來るでしょw5月に国士舘大行って、隣の人に土器の出現で起きた最も重要な発展は雑穀の採集ですよねって聞いてみろ。
まじ失笑を買うってのw

確率・統計がわかって無いのはあんたでしょw高校1年の数列すらわかんないのにさーw
あとね、俺が上記してるのは遺物だよ。あんたが破戒とか言ってるのは遺構っていうの。勉強になったかな〜?w
旧石器時代の遺物を本物かどうか客観的に鑑定したっていう事実を言ってるだけだってーの。
その統計に自信あるんだったら早く芹沢長介のトコ行けってのw

いや〜、反例の話教えてあげてもまだ朝鮮人なら確率がどうたら言ってるし、ホント困ったちゃんだねw
その前提が仮定の段階なのに、確率もクソも無いっての。あと、縦穴式の住居に住んだ場合や、土の堆積を考えたりしないと、
当時の表土には粘土が無いから土器が作れないなんて言えないっての。

ちょっとはお勉強になりましたか〜?w

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 22:28:26 ID:zcAc9B+C
必死だねー。

ほれ、で革袋の遺物は出たのか?
考古学とはでないものを元にやるのか?

なに?
土器による形式に現れる?
だからなんだ?言語障害か?

当時の籠にも隙間は無い?
なにを聞かれたのか分かってないなー。
縄文も籠も見ていないようだし、馬鹿ではないか。

土の堆積?
粘土とはなにか自体がわかってないんだねー。

もうすこしマシな解答は出来ないのか?
ま、修士中退レベルの半可通の良い例だな。


220 :出土地不明:2005/04/18(月) 22:42:25 ID:mHl1sSEx
先生、お久しぶりです。こんなとこでお会いするとは思ってもみませんでした。

221 :出土地不明:2005/04/18(月) 23:23:38 ID:VyOrRFgD
IDがSEX>>220

222 :出土地不明:2005/04/18(月) 23:26:10 ID:VyOrRFgD
>>1
縄文人の歯型がスンダドントで弥生人とチョーセンジンと現代本土日本人の歯型がシノドントな件について

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 00:52:55 ID:Lv/TfrTp
歯列はだめだなー。
一方向しか使えない。

稲作を始めれば皆シノドントになるんだよ。
使えば進化し使わなければ退化する。
すりつぶす臼歯は大型化し使わない前歯はシャベル化する。
単なる後天的対応だ。

224 :出土地不明:2005/04/19(火) 04:38:55 ID:8T/b1XQK
水を沸かしても崩れないようなちゃんと焼けた土器が現れたのはどの時代なんでしょう?

225 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

226 :出土地不明:2005/04/19(火) 20:30:02 ID:PplMJzs1
>>223
依拠する論文を示してね

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 20:48:55 ID:Lv/TfrTp

依拠する常識を書いてね。

228 :出土地不明:2005/04/19(火) 22:44:42 ID:wqo/d0If
テスト


229 :出土地不明:2005/04/19(火) 22:55:56 ID:wqo/d0If
「縄文土器の出現は日本の石器時代における最初の技術革新として評価することができる。
この技術的革新によって獲得された土器の機能は、液体を入れることができる、火にかけることができる、
可逆的な粘土の性質によって自由な造形が可能であるなど、皮革・籠などの他の容器にはない
優れた性質をもっているのである。」[横山]
「最初に製作された縄文土器は、深鉢形態1種のみで、もっぱら煮炊きに供せられたものと考えられる。
それらの器内外面には、煮こぼれや残滓物が炭化して付着していたり、底部付近が火熱で二次的に
変色している例が少なくない。煮炊き用以外の器種は早期後半には出現するが、普及しない。」[小林達雄]

M1と論争してる奴は小林達雄も読んでないただの素人。数学Tもできないから馬鹿文系。
2chで偉そうにホラ吹いてないで現実に目を向けろ

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 01:40:31 ID:eK0e77VG

受売り君じゃ駄目だな。
そもそも引用文自体が論理的な思考になっていない。

それ受売りしてどうする?
恥ずかしいだろ。

革袋で雑穀を集めるとか
深鉢が煮炊き専用だとか
馬鹿しか居ないのか?

何故、早期深鉢は尖底なのかすらわからんのか?


231 :出土地不明:2005/04/20(水) 03:28:26 ID:pk1/IhWK
馬鹿はお前だ。論文に対する批判といちゃもんの区別すらついてない。
縄文時代は現在、早期ではなく草創期まで遡って考えられている。草創期の土器の中でも層位的に最古とされる
無文土器中、形を確認出来る破片は壬遺跡から出土している。その土器は平底だ。現在最古の土器は尖底では無い。

因みにお前は無知で知らないのだろうから教えてやる。その文章を書いた小林達雄は現在日本の縄文土器研究のトップだ。
国宝の選定委員だったり、肩書きなんて腐る程あるだろ。その人が書いた文章を、お前の様などこぞの犬の糞が批判するなんて
10の27乗年早いんだよ。お前みたいなまともに文章も書けない馬鹿が論理的とか口にすんな。



232 :出土地不明:2005/04/20(水) 03:46:47 ID:pk1/IhWK
もう一つ付け加えると、お前の縄文時代に関する知識は高校の教科書の域を出ていない。
他の専門の人間にしろ、縄文時代を語りたいならそれなりに勉強してから書き込め。
今時早期が縄文の始めなんて勘違いする馬鹿は研究者予備軍の中にはいない。
M1ってのがしきりに皮と言っていたのは、出土遺物から考えるのではない。常識的に考えて
皮が出土するか馬鹿。では何故皮革品が用いられていられたと考えられるかというと、
文化人類学的な検証によるものだ。現在、土器を持たない民族はいても、皮革品を持たない部族はいないからだ。
これはお前の大好きな外国考古学のミドルレンジセオリー(ルイス・ビンフォード)の3分野のうち1つだ。
因みにミドルレンジは外国で考古学を学ぶならば最も基本的な思考方法だ。現在はポスト、認知に変化してるがな。
上記の文でもそうだったが、お前が理解できない文章だから、日本語的におかしいのではないからな。
お前の考古学的知識が足りないから理解できないだけだ。
わかるか?お前はちょっと本格的な人間が出てきただけで化けの皮が剥がれ、2ch用語で逃げるだけのカスだ。
リアルでは必死になれない奴の方が恥ずかしいんだよ。いい加減引きこもってないで外に出るんだな!

233 :出土地不明:2005/04/20(水) 06:15:28 ID:mS5ez3ZI
土器に貯めるならともかく持ち運んだら重くねえの?

234 :出土地不明:2005/04/20(水) 08:35:54 ID:X3lop5dT
>>223
稲作は縄文期からあったわけだが

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 10:05:40 ID:eK0e77VG
さらに馬脚を現したな。

早期は尖底なのは何故だ?
インチキ編年の土器でnの少ない平底など意味は無い。
小林達夫というのは馬鹿ではないか?

革は残らない?
大量にあるんだろうが?
なぜ遺跡に動物の革の脂肪酸が大量に残らない?

満足に答えられないと逃げ、
思いつきを学説だとー?
まったく日本考古学とはこのレベルか?

なにも進歩していないんだな。


236 :出土地不明:2005/04/20(水) 10:29:28 ID:o8xjyagM

革があったら遺跡に脂肪酸が残るんだって〜。

プププププ。バカではないか。
悔しかったら自分で土壌分析やってみろ。

なにもできない素人は自分のお部屋に引きこもってるんだな。
わかったか? この妄想君。

237 :出土地不明:2005/04/20(水) 10:37:40 ID:x05rQ1KW
みんなマジレスしすぎ。>>61 を読んでからにしてね。



238 :61:2005/04/20(水) 12:11:47 ID:dotPUb1R
ご指名により、改めて

--ローカルルール--

「名無しさん@お腹いっぱい。」のカキコ・自作自演には決してレスしないように。
  (ハンドルは必ずしも「名無しさん@お腹いっぱい。」ではないので注意。)

「間抜けだな」「馬鹿じゃないか」「ほれ、●●に答えてみろ」「・・というわけだ」
「プププ」「 ↑ 」「畿内説は逃亡か?」「岩山亜流式が恥ずかしげも無くまた出てきたな」、
1行開け、などの特徴を持つのは、ほぼ確実に「名無しさん@お腹いっぱい。」です。

レスをつければ粘着的にからんできます。
叩いても反応します。叩きも完全スルーでお願いします。



239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 13:59:23 ID:eK0e77VG
あーあ、すこしは化学も勉強しろ。
まったくチミ達は馬鹿のあつまりなんだな。

早期は尖底なのは何故だ?
インチキ編年の土器でnの少ない平底など意味は無い。
小林達夫というのは馬鹿ではないか?

革は残らない?
大量にあるんだろうが?
なぜ遺跡に動物の革の脂肪酸が大量に残らない?

満足に答えられないと逃げ、
思いつきを学説だとー?
まったく日本考古学とはこのレベルか?

なにも進歩していないんだな。





240 :出土地不明:2005/04/20(水) 16:58:52 ID:iI0ZBXEh
>革は残らない?
>なぜ遺跡に動物の革の脂肪酸が大量に残らない?
微生物。犬のウンコが消える理由。
>まったく日本考古学とはこのレベルか?
日本では110年前から始まった学問。いわゆる、乳出しチョゴリあたり。
>思いつきを学説だとー?
思いつきは大事。思い込みは危険。
>なにも進歩していないんだな。
金のかかる学問で、見返りも少ない。しかし、捏造すると興味が無くなる。
真実にたどり着いた時の快感がたまらん。ぬか喜びの時も在るが。

241 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

242 :出土地不明:2005/04/20(水) 20:03:43 ID:MdTCUmr0

古代、横浜市にあたる地域(武蔵国久良岐郡・橘樹郡・都筑郡)に新羅郡が置かれ、朝鮮系渡来人の入植がおこなわれたという歴史があるため、その所縁の地名が多く残っている。
「かながわ」の名は、昔、神奈河、神名川、上無川などとも書かれてきたが、これらはみな古代の「韓川」が語源とされる。「寒川」なども語源を辿ればそうなる。
このように地名が変化したのは「韓」という文字を忌避するために様々な当て字がされたためと考えられている。これらが変化して神奈川になったのである。

243 :出土地不明:2005/04/20(水) 20:21:29 ID:UhYxELtK
>>242
おらおら、電波が弱いぞ。

もっと強烈なのを持って来いよ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/04/21(木) 17:16:37 ID:yz9ysFXA
苦しそうだねー、また誤魔化しか。
革バッグが大量にあるはずという馬鹿に一つも残らない理由を聞いたんだがな?
蛋白質より残るはずの脂肪酸が。

ま、チミらじゃ無理か。


245 :出土地不明:2005/04/21(木) 19:22:07 ID:tNdaKIRf
有名な電波丸出し素人だったようだな。
小林達雄すら知らないし、製塩土器が尖底→平底→尖底と変遷するのも知らなそうだし、もうどうでもいいや。
とりあえずもう知ったかはやめとけよ

246 :出土地不明:2005/04/21(木) 20:59:14 ID:Rsu2ID3p
> 蛋白質より残るはずの脂肪酸が。

敢えて間違ったこと言って挑発してるな。
だから諸君……。

247 :出土地不明:2005/04/21(木) 22:25:23 ID:gYh/aMhA
土に埋めても革が残るようにするにはどういう処理をすればいいんでしょうか?

248 :出土地不明:2005/04/21(木) 23:00:00 ID:97AVGehG
>>246

だから、先生なんだって!

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 14:59:30 ID:+8nYzYMz
なんだ、無知な専門家か。

非力で悔しいんだろうな。
うくく。

250 :ドキッんちゃん:2005/04/23(土) 06:39:08 ID:pph9bZrf
>>247
具体的な証拠が必要なのが考古学の世界らしいけど、
皮袋がモデルになったらしい縄文土器のデザインがあるから、
皮袋があった事は推理できる。編籠のデザインのもある。
そんな感じで超古代の残影が現代に残されていて.ah..romantic
でも、西洋では子羊の胃袋の中のミルクが固まってチーズに、
皮袋に入れておいた葡萄の実がワインに変わるなどの発見があった。
日本だと藁苞に入れておいた煮大豆が納豆になったあ。
弾丸型の草創期の土器なんて皮袋の形を整える型に使えそう、
何の為に口縁に穴がならべて開けてあるのかの謎が
なめした皮を貼ってとめる為だったりして(笑)

251 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

252 :出土地不明:2005/04/24(日) 01:06:54 ID:BdI0KdSR
在日が言うように弥生人は朝鮮人だという事で、
弥生人を求めて韓国に何度も足を運ぶ。

ソウルやプサンの色んなところを数日間ブラブラする。

そこには弥生系らしき顔の人の中に、なぜか縄文系らしき顔の人が
2〜3割いた。

意外だったのは、弥生系らしき顔の人の方は日本の弥生系の顔と
あまり似ていなくて、むしろ縄文系らしき顔の人の方が日本の
縄文系の顔と似ていた事だった。

253 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

254 :韋駄天はふと考えた:2005/04/24(日) 21:03:57 ID:wuRP/w3X
歴史を楽しむ者へ

人権擁護法案とやらが可決されれば、人権委員会によって
朝鮮人の心証を悪くするような歴史の考察ができなくなるのを知っていますか?
たとえそれが歴史上の事実であっても、人権委員会は差別とみなして
規制をかけてくるでしょう

邪馬台国の謎を考察推理して楽しむ者たちにも、人権委員会の規制の網からは
逃れることはできませんよ
日本の歴史に関係する朝鮮半島がらみの考察はすべて、朝鮮人の都合のよいような
考察へと書き込みさせられてしまいますよ

人権擁護法案はあなたのささやかな趣味すら奪ってしまう恐ろしい法案です
したがって断固とした決意で反対して廃案にさせなければいけません

255 :出土地不明:2005/04/25(月) 11:39:24 ID:8uXvZ69B
ま、
間抜けな考古学者や
本を読んだのが自慢のなりそこねのレベルでは
縄文時代すら日本独自とわめきかねないということだ。

日本独自などアフリカ起源でない日本原人が発見されない限り不可能
よいう自明の理もわからない哀れな人たちだ。

256 :出土地不明:2005/04/25(月) 16:20:59 ID:JpyWtvLo
古代から朝鮮は日本の支配下にあった。朝鮮文化のルーツは日本。


257 :出土地不明:2005/04/25(月) 20:40:24 ID:1qr11u+1
そういう事。

その上に楽浪華北人とツングース高句麗や満州族によって上書きされた。

日本は日本で遥かモンゴル以北から来た謎の民族によって上書きされた。

258 :出土地不明:2005/04/26(火) 01:12:51 ID:OQ+QAG3p
古代日本で「天下」という場合、朝鮮も含んでいた。だからこそ「天皇」という称号になった。日本だけなら「日本国王」でよかったわけだ。

259 :出土地不明:2005/04/26(火) 01:31:29 ID:VIqSJoMf
日本国王というか倭王

260 :出土地不明:2005/04/26(火) 02:53:00 ID:Hytf8u+N
>>257
ツングース≠高句麗

261 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 03:49:34 ID:btC4HRjy
人権擁護法案反対デモを5月1日に行います 詳しくはここ↓
http://blog.goo.ne.jp/jinken110/e/e220f9cae2cfa5d4c9828129c66e6f0c

メーデーに参加するなら人権擁護法案反対デモへ参加を

参加するのに決まりはありませんが、注目されるために
自由な服装でも色だけは統一しましょう。
男性はブルーの色を女性はピンクの色での参加をお願いします
全身同じ色づくめでなくても結構です。
靴から帽子までの身だしなみの中の一部分がブルー色かピンク色であればよいです。


政治に無関心でいることが平和だと思っていた♪
政治に参加しないことが自由だと思っていた♪
政治を無視することが文化だと思っていた♪

それが俺たちの生活を苦しめることだとは思わなかった♪
それが自由と平和が奪われることだと気づかなかった♪
しかしそれが大きな間違いだと俺たちは気が付いた♪

262 :出土地不明:2005/04/26(火) 15:54:35 ID:OQ+QAG3p
日本が古代朝鮮を支配したことは中国の歴史書にも明記されている。

だから第二次世界大戦の時に日本が朝鮮を併合したのも、もともと日本固有の領土であった朝鮮を日本が取り戻しただけであり、道義的にも法的にも何の問題もない。

朝鮮民族は日本人に支配されて当然なのだ。

263 :出土地不明:2005/04/26(火) 18:32:49 ID:Vl6PshoN
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_16&nid=1347097&work=list&st=&sw=&cp=1
 韓 : 日本人皆さんおめでとうございます.."'もうちょっとたくさん死ねば良いのに w""
 韓 : キムチを食べながら NHK SHOWを見物中です w
 韓 : 猿はもっと死ななければならない
 韓 : ない兵庫 のり巻きわき腹裂けたパーティー
 韓 : 世の中に正義が存在するという明確な証拠
 韓 : 日本人たちはもっと死ななければならない
 韓 : よく死んだ プヒヒヒヒヒヒ
 韓 : 列車事故で涙が出る T,.T とても嬉しくて wwwwwww
 韓 : 今日の大当りだ...日本 200名死傷...
 韓 : kita! 兵庫県オコノ−ミヤキパーティーwwwwwwwwww

264 :出土地不明:2005/04/26(火) 19:25:01 ID:cL1N8gus
>>260
ツングース=高句麗

265 :出土地不明:2005/04/26(火) 21:48:21 ID:domAPYWJ
チョンは明らかに別民族。というか別の生物だな

266 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

267 :出土地不明:2005/04/28(木) 00:41:47 ID:qhJdsyGz
>>485
dクス やっと解凍できました!
横浜シリーズは初めてだけどサイコーっすねw
ボクも土曜に秋葉で小学生モノ漁って来ますので
出物あったらまたうpします ノシ

268 :267:2005/04/28(木) 00:42:25 ID:qhJdsyGz
すみません誤爆です!
忘れて下さい!(><)

269 :出土地不明:2005/04/28(木) 01:11:33 ID:mXL5Nle3
なかなか味わい深い誤爆だ

ageとこう。

270 :出土地不明:2005/04/28(木) 01:41:00 ID:7/9L4VBC
高度な文明を持っていた日本の縄文人の一部が朝鮮や中国へ渡った。

そうした日本人が文字や稲作を発明し、現地の土人へ伝えた。

これがアジア文明発祥の真相である。


271 :出土地不明:2005/04/28(木) 06:52:43 ID:VzBh2mpY
ツングース≠高句麗

272 :出土地不明:2005/04/28(木) 14:28:44 ID:7/9L4VBC
紀元前1万5000年頃に日本列島に住んでいたグループの一部が大陸へ渡った。

彼らが中国や朝鮮に住んでいた土人どもを平定し、文字や稲作を発明し、そして初代の王朝を開いた。

やがて彼らの中に「もう中国や朝鮮の土人を平らげたのだから、そろそろ偉大なる祖国日本へ帰国しようではないか」といいはじめた一団があった。

そして紀元前600年頃に彼らは稲作技術を携えて帰国を果たした。そのリーダーが後に神武天皇となる人物である。

このように稲作は純粋な日本人によってもたらされたのである。あとは日本書紀や古事記に書かれている通りだ。


273 :出土地不明:2005/04/29(金) 01:46:58 ID:zYU/ITxR
また馬鹿の創作か。

274 :出土地不明:2005/04/29(金) 03:02:30 ID:FrCWZHgE
また電波の素人か

275 :出土地不明:2005/04/29(金) 08:34:42 ID:KhBFQR14
>>272
稲作は6000年前からあるよ

276 :出土地不明:2005/04/29(金) 15:09:55 ID:hz7+geJt
日本が古代朝鮮を支配したのは明白だな。

日本側の資料だけでなく中国や朝鮮側の資料でもそれは裏付けられており、動かしがたい事実だ。

それぞれ異なった人物によって書かれた歴史資料に同じ捏造や誤記があるとは考えられない。

やはり日本が朝鮮を支配していたと考えるのが自然だ。

要するに古来から朝鮮は日本固有の領土であった。

したがって渡来人というのは日本から朝鮮に渡って朝鮮を支配した人のことであろう。もちろん、逆に朝鮮から日本に出稼ぎにきた人も若干はいるだろうが、たいした役割は果たしていない。

具体的な歴史資料を見るとまず中国では「宋書倭国伝」で倭国王を「使持節都督、倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓・六国諸軍事・安東大将軍・倭国王」としており、明確に日本が朝鮮を支配していることを認めている。

朝鮮側の資料でも「好太王の碑文」で「倭が百済や新羅を破り支配した」と明記している。

日本側の資料でも「古事記」や「日本書紀」で神功皇后が百済、新羅、高句麗を破ったことが記されている。

この神功皇后の記載についてはこれを捏造とする見方もあるようだが、根拠はない。

もし、これを捏造とするなら「好太王の碑文」に「高句麗が倭を破った」とあるのも捏造と考えるべきではないか。

高句麗としては「自分は負けけてない」といいたいだろうから、本当は負けていても「勝った」と書いた可能性がある。

同じく「宋書倭国伝」でも中国としては朝鮮は自分のものという意識があるから日本が百済や高句麗を支配していても意図的にそれを記載しなかった可能性がある。



277 :出土地不明:2005/04/29(金) 21:15:25 ID:zYU/ITxR
B44-DR13は日韓に共通した約5%ほどの同等の頻度で見られる遺伝子で、
特に中部地方が世界最高頻度の10%超と極端に飛びぬけていて、この周辺に
居た土着の縄文人の遺伝子であったと考えられる。

しかし日本人は弥生人の遺伝子と見られるB52-DR15(B52-DR2)が最多で、
とくに西日本では10%超と極端に飛び抜けている。しかし韓国人には、
このB52-DR15がたったの1.4%しかなく、逆にモンゴル人は約6%ほどに
跳ね上がり、西日本人とモンゴル人は共通した祖先を高頻度で持っている
事が確実となる。

しかし、韓国人は日本の縄文人の遺伝子と見られるB44-DR13が最多なのである。

これはなぜか?

278 :出土地不明:2005/04/29(金) 21:15:53 ID:zYU/ITxR
それは、韓国人が大陸の様々な系統の新モンゴロイドを祖先に持つ
雑多な民族だからである。

本土日本人は単一系統の新モンゴロイドが人口爆発を起こしたとしか
考えられない10%を超える極端に高頻度なB52-DR15を西日本を中心に
持っているが、韓国人は土着系のB44-DR13の5%が最高。

つまり、日本人は土着系(B44-DR13)を基礎に単一系統の新モンゴロイド
(B52-DR15)が人口爆発して土着系の頻度を上回って大和民族が形成されて
いったと考えられるが、韓国人は土着系(B44-DR13)を基礎に多数の系統の
モンゴロイドが寄せ集まって朝鮮民族が形成されていったからであり、
その一つ一つの系統が土着系の頻度を上回らなかったためと考えられる。
朝鮮半島は大陸につながっているから当然と言えば当然である。

なお、日本人と韓国人のHLA遺伝子は6割も違っている。

279 :出土地不明:2005/04/30(土) 18:15:15 ID:fCB1inZH
今 Cavalli-Sforza っていう、その道で有名なイタリア人研究者の本
読んでるんだけど、それによれば、コリアンとgenetic distanceが一番
近い日本人は、意外なことに、九州人でなく北海道の人(非アイヌ)だ。

戦時中の強制連行で炭鉱掘らせたからか??(゚_。)?(。_゚)?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 18:33:00 ID:NiYeNqGD
>>>
(B52-DR15)が人口爆発して土着系の頻度を上回って大和民族が形成されて
いったと考えられるが
>>>

馬鹿ではないか。
B52DR12とは日本人の何%だ?

281 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

282 :出土地不明:2005/05/01(日) 17:32:11 ID:ua+uzPwK

ドンドン日本に帰化させて、日本人種、日本民族を滅ぼすのが半島人の狙い。


■■ 韓国・朝鮮からの帰化者、既に30万人も ■■

・数字は1952年からの帰化者累計(それ以前は不明)
・現在の在日韓国・朝鮮人の人口は約63万人(うち特別永住者が約53万人)
・1995年以降、毎年約1万人のペースで帰化している
・帰化者が増える中、なぜか在日人口がほとんど減っていない
・帰化者の85%は日本人との国際結婚
・ダブル(ハーフ)も既に20万人近くいる
・韓国人の不法滞在者は今年1月で5万6千人
・ニューカマー、帰化者、ダブル、クォータ、まで合わせると約130〜200万人



283 :名無しさん@おなかいっぱい:2005/05/01(日) 18:54:45 ID:2jUVbpFa
ばーか、
2、300万人帰化してもいっしょだ。

山口県は1700年前の帰化人だら
韓国人の虐め方もよーく知っている。

そうだ阿部はDNA的に最強の朝鮮人虐めのプロだ。
今から首相になるのが待ち遠しい。
多分、在日が帰化など望んでも不可能にして送還にする方法を考え出すだろう。

次の年金改革とセットなら可能だな。

284 :出土地不明:2005/05/01(日) 20:39:08 ID:7YwsB0n6
朝鮮民族は大陸の残りカスでわかっています

285 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/02(月) 18:11:58 ID:HVWqWvIe

関西人は誤魔化しすぎる。
天皇はその見本だな。

関東人は真相を知っている
韓国人と運命を共にするか関西人?




286 :出土地不明:2005/05/03(火) 00:41:34 ID:75SDnYkP
真・ミサイル祭りで発狂したホロン部が大量発生!ネラー軍団と大激突中!!
いよいよ“開戦前夜”の様相を催してきた“至上最大の祭り会場”はこちらw


【北朝鮮】ミサイル発射 米メディア異例の報道〜対北朝鮮の世論硬化★3[05/02]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1115039094/l50

287 : :2005/05/04(水) 23:13:44 ID:I8rFeLg7
シベリア人は東部のチュクチ、エスキモ、エヴェンキにYAP+がほんの
わずか残るだけで、ブリアート、ヤクート、ユカギール、コリアーク、
オロチョン、S・エヴェンキなど、シベリア人のほとんどがYAP-である。

http://recon.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040907115249.jpg

弥生人は東南アジア発祥で朝鮮経由で日本に漂着した。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_03.jpg

というのは単なる決め付け。

288 :雄々しい口調で(笑):2005/05/07(土) 17:46:25 ID:u3fEyQtS
朝鮮人ヌン 世界一ヌン 劣等民族ヌン・・・

289 :出土地不明:2005/05/07(土) 20:35:30 ID:OyPX6QOf
弥生人の末裔、皇族を含む西日本人は、

gm遺伝子で見ると、ブリアート、エヴェンキ、ヤクートと酷似。
HLAで見ると、飛びぬけて高頻度のハプロタイプがモンゴルと一致。
Y染色体で見ると、先住民を除いた朱と紫がブリアートとエヴェンキに近い。

遺伝学で見ると、ブリアートとエヴェンキが最有力。

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf

290 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/07(土) 21:16:22 ID:zfVGQ0xc
ま、日本人は父系DNAでは
旧石器時代人が31%
縄文人が29%
弥生時代の渡来人が30%
だな。

西日本人とは主に弥生時代の渡来人なわけだ。
関西弁が変なのはそのせいだ。



291 :出土地不明:2005/05/07(土) 21:42:59 ID:Kruwh+Fz
http://www.onekoreanews.net/20030702/bunka20030702001.htm

これは本当でしょうか!

292 :出土地不明:2005/05/07(土) 22:05:33 ID:OyPX6QOf
HLAを見ると、本土日本人には8.6%、特に西日本人には10%超と超高頻度に見られる日本人最多の
ハプロタイプは、韓国に行くと1.4%、中国華北の北部では約1%ほどしか無いが、モンゴルに行くと
5.9%に跳ね上がる。そうすると日本人最多のハプロタイプはモンゴルあたりから来た北方新モンゴ
ロイドと分かり、韓国人や中国人とはあまり関係が無い人類集団である事も同時に分かる。北方新
モンゴロイドは、まず中国系とアルタイ系に南北に分かれ、更にアルタイ系はトルコ系、モンゴル系、
ツングース系に分かれた事が知られているが、本土日本人はこの中のモンゴル系に近い事が分かる。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
しかし、宝来のmtDNAで日本人のmtDNAを見てみると、それは韓国人によく見られるタイプと中国人に
よく見られるタイプの複合体でしか表されておらず、それが肝心のモンゴル系である事が一切出てこ
ない。つまり、mtDNAは北方新モンゴロイドは全て韓国人によく見られるタイプと中国人によく見られ
るタイプの複合体としか識別できず、それ以上の種類までは識別できない非常に性能と精度の低い
遺伝学材料であるようなのだ。
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
何も知らない人間がこんな性能と精度の疑わしい材料で日本人の人種系統を見たらどうなるだろう。
日本人は土着系と韓国人と中国人の混合体と簡単に錯誤してしまうではないか。
そういった意味でも宝来のmtDNAは危険極まりない粗悪な遺伝学材料と言わねばならないだろう。

293 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 01:41:21 ID:cx/lnO/B

嘘はいかんな。
本土日本人に8.6%のハロタイプが
日本人最多?

日本語勉強しなおせ。

日本人最多はDRB1:0901の15.3%だ。
本土日本人ではDRB1は8.6%だが
日本人では7.7%しかないんだよ。



294 :出土地不明:2005/05/08(日) 01:48:56 ID:r/+hLJlp
>>293
で、ソースは?

295 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 02:10:24 ID:cx/lnO/B
『列島の人類学的多様性』の田島和雄氏の論文の表だ。

つまり、
15.3%の0901は中国にも韓国にも無く
南米の古モンゴロイドにあるので
縄文以前の種族で日本人最多である。

これに対し、
モンゴル起源の1501は弥生時代の渡来人だが
それは7.7%に過ぎないということだ。

296 :出土地不明:2005/05/08(日) 02:17:43 ID:r/+hLJlp
日本のB52-DR15には0901と1501があるという事か??

297 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 02:37:14 ID:cx/lnO/B
それは不明だ。

(8.6%は1502だったな。)

つまり
A:24−B:52−DRB1:1502が本土日本人では8.6%(徳永氏)
DRB1:1502−DQB1:0601が日本人全体では7.7%(田島氏)
ということで、
DRB1を持つハプロタイプについては
日本人全体で7.7%とするしかないということだ。

同様に
DRB1:0901−DQB1:0303が日本人全体では15.3%(田島氏)
ということは
DRB1:0901が日本人最多のハロタイプということだ。

298 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 02:45:17 ID:cx/lnO/B
ちなみに

日本人2番目は
DRB1:0405−DQB1:0401が日本人全体では11.2%(田島氏)

これは
A:24−B:54−DRB1:0405が本土日本人では3.1%、沖縄人6.1%(徳永氏)
A:24−B:59−DRB1:0405が本土日本人では0.8%、沖縄人4.1%(徳永氏)
なので
これはまた別の縄文以前のハプロタイプだろうということだ。

このDRB1:0901と0405で日本人全体の26.5%になるので
これが恐らく旧石器時代〜縄文時代の日本人の主流ということだ。

299 :出土地不明:2005/05/08(日) 02:45:59 ID:r/+hLJlp
亜種となると、縄文人も弥生人も同祖という可能性があるな。
時代は全然違うが。

300 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 02:58:56 ID:cx/lnO/B
それは突き詰めれば古モンゴロイドで同祖だろうが、
経路・時代を考えれば
日本と台湾の一部や南米にしかいないのは古いだろうし
列島では渡来人というよりは時代的に地続きの頃の土着だろう。

それが現代人ベースの頻度で26.5%の頻度なら
現代人でも渡来人よりは土着の子孫が主流ということだろう。

恐らく、
土蜘蛛とか八束脛、俘囚、蝦夷と呼ばれた種族だろう。

301 :出土地不明:2005/05/08(日) 18:59:40 ID:r/+hLJlp
その田島とかいう人が徳永よりも凄い事は分かったが、
元々ややこしく紛らわしいものなんだから、
もっと一般向けに親切に情報提供して欲しいよね。

今後の彼の活躍を楽しみにしておこう。


302 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 20:00:51 ID:cx/lnO/B
まったく、そうだな。

なぜか一般的にはどうなるかまで
ちゃんと書いたものは少ない。
昔の学者のほうがよっぽどましだ。

本当は必要なのはデータと読み方解説だけで、
学者は不要になったのかもしれない。

303 :出土地不明:2005/05/09(月) 10:55:49 ID:oDuECQVH
研究者と一般への祖述者=教育者と一般人で
明確にすれば良いんだな。

20年前から進歩していない。
大学院教授などというインチキをやった
後遺症だな。

304 :出土地不明:2005/05/09(月) 19:27:58 ID:2Twsap7d
最近は一般人の方がまともな事を言ってる気がする。
徳永の年代推定見てそう思った。

305 :出土地不明:2005/05/10(火) 09:44:31 ID:1QooNmFJ
ま、結論は変わらず。

現代日本人の30%は弥生時代以来の
韓国渡来の人種ということだ。

関西人というのがそれだ。

306 :出土地不明:2005/05/10(火) 18:50:05 ID:pofnbpRk
ウソ言っちゃだめでしょ。

モンゴルあたりから渡来した人種という事だ。
韓国はただ単に素通りされただけ。

チョンは弥生遺伝子がカラッポ!


307 :出土地不明:2005/05/10(火) 20:49:53 ID:1QooNmFJ
素通り?

どうやって?飛行機か?

うぷぷぷぷ。

308 :出土地不明:2005/05/11(水) 19:49:11 ID:b5SD6h8p
江戸時代の飛脚は最速で一日200kmも移動していたんだよ。

つまり江戸から大阪までの600kmをおよそ3日間で着いていた。
朝鮮半島なら、同じくらいの距離の、釜山から新義州まで
およそ3日間という事。

時速4kmで一日10時間歩いたとしても40kmも移動できる。
新義州から釜山まで半月くらいだよ。

もっとゆっくりまったり行ったとしても、モンゴルから釜山まで
数ヶ月もあれば移動できてしまう。

309 :出土地不明:2005/05/13(金) 01:26:20 ID:JNtaps4J

【韓国】韓電機工、日本原子炉整備市場に進出★2[05/09]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1115882322/l50

    /\___/ヽ    ヽ
   /・  ・ :::::::::・:::::::\ つ
  . | ・ ,,-‐‐ ・ ‐‐-、.:・::| わ
  | ・ 、_(゜)_,:・ _(゜)_,・ :::|ぁぁ
.   |・  ・ ::< ・  ・   .::|あぁ
   \・ /( [三] )ヽ・ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

310 :出土地不明:2005/05/13(金) 19:38:30 ID:k19OjbnM

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm

311 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/16(月) 16:18:37 ID:+IOOFhSZ
朝鮮人はみな飛脚なのか?

まだB52-DR15貼り付ける
馬鹿もいるな。

312 :出土地不明:2005/05/21(土) 19:13:02 ID:H8NTFc3Y
:::★::::: ::::::::☆::::: ::: ::
:::: : :::::。:::::::: ::::::.。
............. ☆ ......o ....
..☆... ........ .......*..
  。  ........ 。..... ...

   。o ○  オウチニカエリタイネ
  .∧∧ヘヘ     
  (  ノ  ) 。o○  ソーダネ
  ./  |  \   
 (___ノ(___ノ:::::::.:::::::
:::::::::::::: ::::::::::::::

313 :出土地不明:2005/05/21(土) 22:05:54 ID:E5f+x5Gh
弥生人の大移動にそっくりなのが、ヴァンダル族の大移動だ。

ゲルマン民族の大移動時、ヴァンダル族はポーランドあたりから
ヨーロッパ中を駆け巡った後、イベリア半島を素通りして
北アフリカに渡海し、今のチュニスがある場所にヴァンダル王国を
築いた。

それでも飽き足らず、その一部は再び海を越え、シチリア、
サルディニア、バレアレス諸島、イタリア半島南部まで渡っていった。

最初から彼らはイベリア半島の向こうにアフリカがある事が
分かっていただろうか?

行く方々で見聞して知ったまでの事である。

ヴァンダル族に素通りされたイベリア半島には同じ頃に
イベリア半島に入ってきた西ゴート族が定着し王国を築いた。

314 :出土地不明:2005/05/22(日) 23:39:34 ID:+RpFo9as
天皇は渡来時の王の名残なのかね?

315 :出土地不明:2005/05/26(木) 01:04:26 ID:NiCdR0np
別に半島起源でもいいから、宮内庁が古墳の発掘調査
認めてくれりゃあ良いのに。

316 :出土地不明:2005/05/27(金) 23:21:57 ID:cE+He/1c
ルーツ精度の低いmtDNAで、皇族のDNA、韓国人と一致と
報道される事間違いなし。

本当はブリアートなのに。

317 :出土地不明:2005/05/28(土) 18:04:31 ID:hMvduGG4
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実は全然 流れていない。
7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百名。
7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まった5C、続く6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

318 :出土地不明:2005/05/29(日) 11:47:13 ID:vcTYNkot
>>1
勾玉は、加速器を使った質量分析で、日本でいう弥生期以前の物は、
全て(全アジアという意味ね)で、日本の糸魚川産だって事が明らかに
なってるよ。中国でも翡翠とれるけど、弥生期以降、日本の糸魚川で
産出されなくなってから、中国の翡翠が取られるようになったみたい。

出雲の馬鹿が売国奴だったから、わけわからんようになってるだけ。

319 :名無しさんお腹いっぱい:2005/05/29(日) 17:12:36 ID:veSfi+KA
、日本人は父系DNAでは
旧石器時代人が31%
縄文人が29%
弥生時代の渡来人が30%
だな。

西日本人とは主に弥生時代の渡来人なわけだ。
関西弁が変なのはそのせいだ。



320 :出土地不明:2005/05/29(日) 18:59:22 ID:g0DDVqUp
西日本人=ブリアート

321 :出土地不明:2005/05/29(日) 21:43:21 ID:g0DDVqUp
翡翠にはジェダイトとネフライトの2種類がある。

中国ではネフライト(軟玉)しか産出されない。
日本ではジェダイト(硬玉)しか産出されない。

勾玉の化学組成がどちらなのか調べれば全てが分かる。

322 :出土地不明:2005/05/30(月) 00:12:19 ID:wyuZrSln
>>321
日本で翡翠がとれるってのは、昭和になって再発見されて、
それが一般化し認められたのは、戦後。

でも、戦前からの、文化は大陸から来たって言う考え方は
修正されてないんだから、考古学者が如何に馬鹿よく分かる。

>中国ではネフライト(軟玉)しか産出されない。
>日本ではジェダイト(硬玉)しか産出されない。

その程度の認識だと、色々言い訳が立つと思って、その程度の認識
に終始したがってるが愚か。
今は、そのレベルじゃなくて、微量元素1%以下合有元素すら分析出来て
これは鉱脈に強く依存するから。勾玉は日本発の文化だと言う事を否定する
証拠が無く、初期の勾玉は全て日本製って言う事実が有る。
それだけのこと、これを解釈するのが考古学なのに、証拠を認めないってんだから
酷い話だ。


323 :出土地不明:2005/05/30(月) 02:04:42 ID:Y9HIal2h
鉱脈まで分かる時代になったという事か。

324 :出土地不明:2005/05/30(月) 22:05:36 ID:Y9HIal2h
朝鮮人は形質的に日本人と最もよく似た民族である。同じく黄色人種(モンゴロ
イド)に属し、皮膚は黄色、毛および瞳(ひとみ)は暗色で、特有な偏平な顔と、
ひいでた頬(ほお)骨と、あまり高くない鼻の持主で、蒙古皺襞(しゅうへき)
のために、つり上がったような目を有するものが多い。身長は大部分が世界諸
民族のうちでの中の下を示し、小部分が中に入る。そこで大部分が中の下、
小部分が小の身長の日本人よりも、大きいことになる。頭部は大部分が短頭、
小部分が超短頭に属する。日本人は大部分が短頭、小部分が中頭であるから、
朝鮮人のほうが短頭の程度が強いということになる。頭高は、世界中で最も高頭
の部に入る。頭が前後に短くて高いために、後頭部の円味をかき、横から見れば
偏平なのが多く、また他の周辺民族よりも頭の左右にゆがみのあるものの出現率
が高い。頭髪はモンゴロイド共通の性質として、かたく真直である。朝鮮人の
頭髪以外の体の発毛状態ことにあごひげと口ひげや陰毛は、日本人と比較すれば
一般にうすく、アポクリン腺の発達が不良なので、腋臭(わきが)は日本人より
も少ないとされる。

325 :出土地不明:2005/06/01(水) 00:19:01 ID:pcs1ywF+

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

326 :出土地不明:2005/06/01(水) 00:19:52 ID:pcs1ywF+
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、西日本一帯に広がって
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったと考えられる。

朝鮮半島は当初は縄文系とほぼ同種の土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったその数百年後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったと考えられる。

327 :出土地不明:2005/06/02(木) 20:35:03 ID:lCV03LZP



5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html




328 :出土地不明:2005/06/03(金) 00:52:25 ID:crYIh6Sd
>>322
翡翠が、日本でしか取れないことは分かりました。
しかし、「勾玉」という物の形や文化自体は何処で発祥したのでしょうか?
縄文時代の勾玉を見ると、弥生時代の物とは少し形が違って、少し平べったいようです。
また形も一定していません。「勾玉」は縄文時代では、弥生や古墳時代ほどよりは特別な存在ではなかった
ような印象を受けるのです。
なぜここまで、自分が勾玉に拘るかというと、知っている方はご存知の「新羅の金冠」です。
新羅の金の王冠には多数の、勾玉が装飾品としてぶら下がっています。新羅が、このような形で勾玉を
ありがたがっていたという事は、日本から朝鮮半島へ文化が伝わったことの証拠になるのではないかと思うのです。
「勾玉」は朝鮮半島で発祥したという主張をする人も少なからずいるようです。実際に、伽耶などの地域では
かなり古い時代の勾玉が出土しています。
自分は、縄文時代の勾玉と弥生時代の勾玉には断絶が感じられるような気もするし、しかし玉を磨いて
穴を開けて首に吊るすという文化はそのままといえるし、日本にのみ存在しているようにも見えます。
どうなんだ?弥生や古墳時代の勾玉は、縄文時代の勾玉がそのまま洗練されて辿り着いた物なのか?
それとも外部からもたらされた物なのか?そこが問題だ、勾玉の材質が硬玉であるとか軟玉であるとかを
超えて、勾玉の概念や文化自体が何処から来たのかが知りたい。
http://www.wombat.zaq.ne.jp/zenchokyo/t6.jpg

329 :出土地不明:2005/06/07(火) 22:52:02 ID:eOofD61/
弥生人の源郷が中国ならば、遺伝子的に朝鮮人とこんなにも差は付かないはず。

5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

330 :出土地不明:2005/06/08(水) 09:47:11 ID:TLtWwDVB
銅鐸のいがたが石でできてる、おまけに高性能。1万年まえにいまの歴史以外の
文化があったと見る方がいいのでは

331 :出土地不明:2005/06/09(木) 00:02:02 ID:/6gYAPIw
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、ブリアートあたりから
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に 共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、中国人に多く見られるハプロタイプが朝鮮人には見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国人に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

332 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 15:45:04 ID:/G/D1bBd
倭奴は百済と縄文のハイブリッ、これ常識。


333 :出土地不明:2005/06/09(木) 19:59:54 ID:/6gYAPIw
ぜーんぜん常識でない。

古墳期の帰化百済人は全部合わせても5000人くらい。
日本人口が400万人くらいのときな。

334 :出土地不明:2005/06/09(木) 20:17:51 ID:/6gYAPIw
高句麗人が満州東部から朝鮮半島北部を侵略する前、
華北人が華北から朝鮮半島を侵略する前、
弥生人が北方から朝鮮半島を素通りして日本へと消え去る前、
朝鮮半島にはこんな土着人が住んでいました↓


こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された

335 :出土地不明:2005/06/09(木) 22:45:36 ID:lUaf2neh
>>331
弥生人がブリアートまで出かけたとも考えられる。


336 :出土地不明:2005/06/09(木) 23:03:55 ID:/6gYAPIw



弥生人の末裔、皇族を含む西日本人は、

gm遺伝子で見ると、ブリアート、エヴェンキ、ヤクートと酷似。
HLAで見ると、飛びぬけて高頻度のハプロタイプがモンゴルと一致。
Y染色体で見ると、先住民を除いた朱と紫がブリアートとエヴェンキに近い。

遺伝学で見ると、ブリアートとエヴェンキが最有力。

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg
http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf




337 :出土地不明:2005/06/11(土) 08:03:32 ID:PdG2lv4f
age

338 :出土地不明:2005/06/11(土) 18:57:07 ID:Y1MaecP0
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、人口爆発して西日本一帯に広がり、
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったのである。

朝鮮半島は当初は縄文系とほぼ同種の土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったその数百年後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったのである。

339 :出土地不明:2005/06/11(土) 21:26:28 ID:Y1MaecP0

弥生人を考える上で非常に参考になるヴァンダル族とその王ガイセリック

ヴァンダル族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB%E7%8E%8B%E5%9B%BD

ガイセリック
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF

340 :出土地不明:2005/06/18(土) 19:01:33 ID:3NeJshUr
>いわゆる弥生人というのは山東半島近辺の新モンゴロイドという説が有力だね
>当時の山東半島は漢の支配が及んでいなかったのだろう、丁度漢の侵攻から
>逃れるような形で日本列島に移住してきたのだろう。


華北人、つまり中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は、
長身、中頭、面長、狭鼻、「二重まぶた」などの外見的特徴を持ち、
南方モンゴロイドと同系統の先住人種に、約6000年前に南下した
北方新モンゴロイドが混血して誕生した人種。

漢が山東半島に侵攻しようがしまいが、中央モンゴロイドは
もともと南方モンゴロイドと同系統の先住人種の方がはるかに古く、
この人種がベースな訳だよ。

ところが、多くの遺伝学で華北から入ってきたと思われる南方モンゴロイド
の遺伝子が朝鮮人には多く見られるが、日本人にはほとんど出てこない。

つまり弥生人の故郷は中国ではありえない。

341 :出土地不明:2005/06/19(日) 01:51:28 ID:CTxhEoC5
弥生人とは朝鮮人。

縄文人とはYAP+。

旧石器時代人がハプログループT.

なにか
文句があるのか?

342 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

343 :出土地不明:2005/06/25(土) 22:56:14 ID:VLM6DWv9
華北人、つまり中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は、
長身、中頭、面長、狭鼻、「二重まぶた」などの外見的特徴を持ち、
南方モンゴロイドと同系統の先住人種に、約6000年前に南下した
北方新モンゴロイドが混血して誕生した人種である。

つまり中央モンゴロイドはもともと南方モンゴロイドと同系統の人種の
方がはるかに古く、この人種がベースである。

ところが、HLA遺伝学で南方モンゴロイドや中国人に多いハプロタイプ
が朝鮮人には見られるが、日本人にはほとんど見られない。

つまり弥生人の故郷は中国ではありえない。

344 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/06/25(土) 23:40:11 ID:wgOrn6Lp
半島人の特徴である、一重、平面な顔、低い鼻などの特徴は民族としての特徴でもある。
だが、日本に渡来してきた半島人の影響もあって、日本はまさにアジア人種の宝庫となってしまった。

345 :出土地不明:2005/06/26(日) 00:28:12 ID:1DUAx3He
なってねーよ。氏ねやこのうんこチョンが。

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

346 :出土地不明:2005/06/26(日) 21:09:07 ID:1DUAx3He
×Tは中国人と共通のDNA。日本人サンプルの39%。
○Tは世界共通で見られるハプロタイプ。

△Uα及びβが縄文系のDNA。東アジアでは日本特有。ただしアメリカや欧州では珍しくない。日本人サンプルの31%。
○Uα及びβが縄文系のハプロタイプ。東アジアでは日本とチベット特有。アフリカや欧州やインディオにも
わずかだが見られる。

×V及びWは一種の変異型で朝鮮人と日本人(渡来した弥生人)にしかみられないタイプ。日本人サンプルの30%。
○V及びWは朝鮮人と日本人に見られるが、北方モンゴロイドから入ってきたと考えられる。

君はY染色体のハプロタイプの事をDNAと誤用しているところから遺伝学に精通した人ではなさそうだね。
DNAと言うと通常はゲノムの核DNAを指すから、普通は遺伝子とかハプロタイプと書かないとね。

http://medical.med.tokushima-u.ac.jp/jmi/vol49/pdf/v49_n1-2_p044.pdf

347 :出土地不明:2005/06/29(水) 20:28:47 ID:vDnENkhR
アジア各地のHLA遺伝子の頻度から、弥生人は北方から朝鮮半島に定着せず
九州北部まで渡来した事さえも分かるし、
その単一種族の渡来集団が西日本で人口爆発を起した事までも読み取れる。


弥生人は朝鮮半島に遺伝子をほとんど残していないのだ。


これは何らかの非常に強力なリーダーシップのもと、数ヶ月から数年くらいの、
非常にごく短期間で朝鮮半島をすり抜けてきた事を意味している。

348 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/06/30(木) 10:50:58 ID:a+xzY8LX
1はアホだよ。
弥生人=半島人なはずがないだろ。


349 :出土地不明:2005/06/30(木) 21:48:12 ID:klQlS37V
日本人で過短頭、絶壁頭というのは少ないんだろ

350 :出土地不明:2005/06/30(木) 23:44:27 ID:HcsBOoxi
弥生人は中頭、長身で胴長短足、一重まぶたの新モンゴロイド。

朝鮮半島は温帯〜亜寒帯で新モンゴロイドが発生するには気候が
良過ぎ。

土着の朝鮮半島人は一重まぶたにはなれない。

華北人も二重まぶたの人種。

じゃあ、弥生人はどこから来たのか?

はるか北方しかない。

351 :出土地不明:2005/07/01(金) 20:30:29 ID:N5RN6NNF
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実は全然 流れていない。
7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まった5C、続く6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

352 :出土地不明:2005/07/01(金) 22:31:16 ID:hUW2jtpQ
中学生で整形した人!!!!!
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1119150332/-100
【切開法】 二重まぶた 【体験談】 part14
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1116544634/-100
平行型で二重にした人(埋没)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1059226062/l50
エラの骨を削った人のスレ 3
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1105520048/-100

353 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/07/02(土) 10:29:00 ID:mQA3RBgW
>>351
そうなると近代の植民地政策でやって来た者が圧倒的に多いことになるわけかな?
でも、当時は大陸文化を伝えた云々で今よりはよほど大切に扱われたそうだが。

354 :出土地不明:2005/07/02(土) 17:07:05 ID:7C15Gb/j

恐怖!全員整形!
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1078160776/-100

355 :出土地不明:2005/07/02(土) 21:15:58 ID:dofGBe8g
ん?植民地政策って日韓併合の事?

日韓併合が植民地政策とは思わないが、

在日コリアンは帰化した者まで含めると100万人くらい居るそうだね。

人口比率から今の在日の方が古墳期の帰化人の5倍近くも多いだろうね。

両方とも勝手に日本に押しかけて来ただけだがな。

356 :出土地不明:2005/07/03(日) 00:38:20 ID:Lc3MXD7Y
このスレはあほが多いな。

357 :出土地不明:2005/07/03(日) 00:40:59 ID:Lc3MXD7Y
>>355
日韓併合が植民地政策でない?

  ボランティアか?

358 :出土地不明:2005/07/03(日) 00:41:45 ID:Lc3MXD7Y
押しかけた理由を考えろ。

 矛盾したことを書くな。

359 :出土地不明:2005/07/03(日) 03:34:02 ID:cw7GTeln
押しかけられた方の迷惑を考えろ。

嫌なら日本から出てけ!

ただそれだけだ。

360 :出土地不明:2005/07/03(日) 20:36:15 ID:cw7GTeln
●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

361 :出土地不明:2005/07/03(日) 20:36:41 ID:cw7GTeln
日本人からはほとんど南方系が出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

362 :出土地不明:2005/07/03(日) 20:37:26 ID:cw7GTeln
華北人、つまり中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は、
長身、中頭、面長、狭鼻、「二重まぶた」などの外見的特徴を持ち、
南方モンゴロイドと同系統の先住人種に、約6000年前に南下した
北方新モンゴロイドが混血して誕生した人種である。

つまり中央モンゴロイドはもともと南方モンゴロイドと同系統の人種の
方がはるかに古く、この人種がベースである。

ところが、HLA遺伝学で南方モンゴロイドや中国人に多いハプロタイプ
が朝鮮人には見られるが、日本人にはほとんど見られない。

つまり弥生人の故郷は中国ではありえない。

363 :出土地不明:2005/07/03(日) 20:37:45 ID:cw7GTeln

江南どころか華北とも極めて関係が薄い。


例えば、日本人には10パーセントと高率に見られるハプロタイプは、
朝鮮半島に行くと二、三パーセント、中国大陸の北のほうでは1パーセント
程度しかないんですが、モンゴル共和国に行くと5パーセントに跳ね上がる
んです。そうすると日本人に最も多いハプロタイプはモンゴルから来た
らしいと分かるわけですよ。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm

中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが

364 :出土地不明:2005/07/03(日) 20:38:06 ID:cw7GTeln
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、ブリアートあたりから
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、中国人に多く見られるハプロタイプが朝鮮人には見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国人に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

365 :出土地不明:2005/07/03(日) 20:38:54 ID:cw7GTeln
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、人口爆発して西日本一帯に広がり、
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったのである。

朝鮮半島は当初は縄文系とほぼ同種の土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったその数百年後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったのである。

366 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/07/03(日) 21:22:27 ID:tDqj4z5I
朝鮮人てもしかして漢人の奴隷だったのかな?
ロシア人みたいに・・。

367 :出土地不明:2005/07/04(月) 08:32:55 ID:lTLf9bTK
そのとうり、
日本でも朝鮮人は奴隷だった

朝鮮通信使・朴瑞生の帰国報告。
日本に行ってみたら、倭寇にさらわれ奴隷にされた朝鮮人がたくさんいて驚いているのです。
通信使をみて、助けを求めているんだけれど、みんな鎖につながれて逃げることもできない
(『世宗実録11、12乙亥』より)


368 :出土地不明:2005/07/06(水) 23:03:01 ID:6WIiuZXz
http://momochan.tv/s/sr3_bbss/sr3_bbss.cgi?cat=17651357
必見

369 :出土地不明:2005/07/06(水) 23:19:04 ID:RoDt1wxR
関西人はモンゴル東部からシベリア南部系。中国とは全く関係が無い。

下戸遺伝子は一部の北方モンゴロイドが起源で、
もともとは中国には無かった遺伝子。

ゆえに中国人は華北人に下戸が多く、南下するにつれて著しく減っていき、
華南人を祖先に持つタイ人には下戸はほんのわずかしかいなくなる。

日本人からは中国人や南方人に多い遺伝子なりハプロタイプがほとんど出てこない。

逆に中国人からは日本人に多い遺伝子なりハプロタイプがわずかしか出てこない。

しかし朝鮮人には中国人に多い遺伝子なりハプロタイプがたっぷりと出てくる。

それは弥生人が中国とは全く関係が無い種族という事を意味する
のと同時に、朝鮮人は民族形成時に中国人に侵略されている事を意味する。

370 :出土地不明:2005/07/07(木) 00:42:55 ID:llXzb0Q7
761 名前:日本@名無史さん :2005/07/07(木) 00:33:10
もうひつこいな。

日本人には中国に多い遺伝子が出てこんの。
中国人にも日本に多い遺伝子がわずかしかないの。
しかし、弥生期に中国に侵略された朝鮮人には中国に多い遺伝子が出るの。

だから弥生人は中国ではありえんの。

371 :出土地不明:2005/07/07(木) 19:20:00 ID:+qq0bT54
このポスターはひどいと思わないか?

国立科学博物館 特別展 「縄文VS弥生」
http://www.kahaku.go.jp/jomonvsyayoi/index.html


372 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/07/08(金) 00:29:17 ID:I2FXS20O
今は弥生時代自体が実在したかもめているね。
確かに、弥生は縄文から日本神話へのスケープゴートだったらしいが、弥生時代を時代と呼べるか?
焦点はそこらしい。

373 :出土地不明:2005/07/08(金) 06:36:50 ID:kln9mto5
縄文、弥生なんてメリケンとしぇしぇに、利用されておしまい。

374 :出土地不明:2005/07/09(土) 14:31:47 ID:gc3ybzc/
>>371
縄文人かわいい vs 弥生人こわい

375 :出土地不明:2005/07/09(土) 16:42:04 ID:gJzUHUQv
昨日のWeekend Japanology観てないなお前ら。
国立科学博物館の責任者が出てきて縄文顔、弥生顔の説明をしていた。
このスレの議論に対する決定打だったのだが。

376 :出土地不明:2005/07/10(日) 00:11:28 ID:tjmSeKYA
5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

377 :出土地不明:2005/07/10(日) 00:11:52 ID:tjmSeKYA
日本人からはほとんど南方系のハプロタイプが出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

378 :出土地不明:2005/07/10(日) 19:26:18 ID:NCGEQkDI

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

379 :出土地不明:2005/07/12(火) 11:57:56 ID:LwyXrb29
衛氏朝鮮・・・・・

朝鮮ってルーツからして被征服国家・・・

380 :出土地不明:2005/07/12(火) 12:39:56 ID:amTMkzOW
こいつらが弥生人と同じだってよw

http://photo2.jijisama.org/

381 :出土地不明:2005/07/12(火) 20:37:42 ID:fGMA5W1F
>渡来人は中国大陸の農耕民族が渡ってきた奴らです
>渡来人が朝鮮人なんて思ってる奴らは
>728のおっぱいポロリチマチョゴリ画像でオナニーでもしてろよ


×渡来人は中国大陸の農耕民族が渡ってきた奴らです
○渡来人はモンゴル以北の北方モンゴロイド。
これと縄文人が混ざったのが大和民族。
中国大陸の農耕民族(中央モンゴロイド)と混ざったのは
朝鮮人の方で、このあと満州東部から日本の渡来人とは別種の
北方モンゴロイドと混ざって朝鮮民族が形成されていく。

382 :出土地不明:2005/07/12(火) 23:13:02 ID:up+oxTqh
>>255
黒い山葡萄源人、でしたっけ?ルーツが解る民族は良いですね。
羨ましいです(^-^)

383 :出土地不明:2005/07/14(木) 06:42:53 ID:Vdr2wWYJ
おち○ちん国際比較サイズPART2 韓国は最下位
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1120960354/

▽ソース :ttp://choxets.blog8.fc2.com/blog-entry-219.html
▽ソースのソース:http://www.altpenis.com/penis_news/global_penis_size_survey.shtml
|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiliiiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|
0   1   2   3   4   5  6   7   8   9  10  11  12  13  14  15   16  17
                           ↑.         ↑   ↑      ↑
                           韓          日   独      仏


これだけ違ってて弥生人、古墳時代人=朝鮮系渡来人なわけないだろう。


384 :出土地不明:2005/07/14(木) 15:19:58 ID:hIAyBuZO
どう考えても「縄文=アイヌ=劣等、弥生=朝鮮=優等」だろ
イギリスにおけるアングロサクソン・ケルトの関係、ドイツにおけるゲルマン・スラブの関係と同じ
縄文が弥生より優等だという主張は、ケルトやスラブの方がアングロサクソンやゲルマンより優等というのと同じ
優れた文化・技術を持ち込んだのは弥生=朝鮮=ゲルマン=北方人種
日本語が弥生化(朝鮮語化=ゲルマン語化)したのもそのため
ニニギノミコトは朝鮮=ゲルマニアから渡来して高千穂に定住した
となりの霧島の主峰は韓国岳だからこの事実は揺るがない
スサノオやオオクニヌシノミコトつまり出雲はニニギノミコトの集団とは別に朝鮮=ゲルマニアから渡来した鉄器を作る部族
全国に散らばる駒ケ岳(高麗が岳)という山は、そのふもとに朝鮮系=ゲルマン系が渡来した証拠
ただし当時の朝鮮はバイカル湖近辺のモンゴル系=ゲルマン系集団が南下したものであり、
現在の朝鮮人は遺伝的にも文化的にもそれに加えてツングース系(高句麗)の南下の影響が強い
そこのところが現在の日本人と違うところ
弥生=日本人の遺伝子の70%以上=古朝鮮=ゲルマン=北方優等人種、現在の朝鮮=朝鮮人の遺伝子の大半=ツングース

385 :出土地不明:2005/07/14(木) 20:19:29 ID:Y9r3PCfj
神武弥生人は北方から朝鮮半島を略奪しながら素通りしただけ。
数ヶ月から数年のごく短期間で日本に上陸したの。

386 :出土地不明:2005/07/14(木) 23:11:47 ID:Y9r3PCfj



朝鮮人は弥生系ではない。

あなた方は中国人から南方遺伝子を入れられた南方人。
満州人から超短頭の遺伝子を入れられた絶壁人種。

よりめ絶壁南方人種。

ビビンバロイド。




387 :出土地不明:2005/07/15(金) 08:19:32 ID:ht/zGYlm
>>384
ものすごいこじつけ、いい加減にあきらめろ

388 :出土地不明:2005/07/16(土) 13:07:23 ID:znwlPzam
>大和民族

大和民族はあまり残っていません、現在の主流は
天孫民族です。

389 :出土地不明:2005/07/16(土) 14:46:52 ID:kpj0ZLs5

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

390 :出土地不明:2005/07/16(土) 14:47:39 ID:kpj0ZLs5
5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる

391 :出土地不明:2005/07/16(土) 14:48:11 ID:kpj0ZLs5
日本人からはほとんど南方系のハプロタイプが出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

392 :出土地不明:2005/07/16(土) 14:48:36 ID:kpj0ZLs5
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、モンゴル以北から
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、中国人に多く見られるハプロタイプが朝鮮人には見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国人に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

393 :出土地不明:2005/07/16(土) 14:48:59 ID:kpj0ZLs5
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、人口爆発して西日本一帯に広がり、
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったのである。

朝鮮半島は当初は縄文系とほぼ同種の土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったしばらく後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったのである。

394 :出土地不明:2005/07/16(土) 15:30:26 ID:znwlPzam
>>393
呪ってやる

395 :出土地不明:2005/07/16(土) 15:49:43 ID:Ku7ywSgK
祝ってやる

396 :出土地不明:2005/07/16(土) 19:22:00 ID:MpaUrg4J
希望と挫折を繰り返して
http://blogs.yahoo.co.jp/peace12hope


397 :出土地不明:2005/07/17(日) 11:49:50 ID:V2P7FthW
挑戦と日本の区別はなかったずるずるべったんの時代があったわけであり、ヨーロッパから
見れば同じ人種であり

398 :出土地不明:2005/07/17(日) 12:05:14 ID:cFGXN8Rj
そういうこと。
それが日本人の生き残る道。アメリカを甘く見ちゃいかん。

399 :出土地不明:2005/07/17(日) 16:37:11 ID:jYQyw3JL
朝鮮半島素通り説は間違い。

朝鮮は満州と同じツングース系の遺伝集団だろ。
モンゴル−古代朝鮮−弥生日本のつながり。
ここの古代朝鮮にツングース系が入り込んで古代朝鮮人種を駆逐した。
高句麗・新羅の南下による任那・百済・加羅諸国滅亡がそうだ。
難民は日本に渡来した。
現朝鮮人はツングース系の遺伝集団。
朝鮮語は言語的にも弥生との共通性はあるが、ツングース系の影響も受けている。
これでモンゴルと弥生日本(現日本人)との共通性が単純明快に説明できた。

400 :出土地不明:2005/07/17(日) 16:37:57 ID:jYQyw3JL
どう考えても「縄文=アイヌ=劣等、弥生=朝鮮=優等」だろ
イギリスにおけるアングロサクソン・ケルトの関係、ドイツにおけるゲルマン・スラブの関係と同じ
縄文が弥生より優等だという主張は、ケルトやスラブの方がアングロサクソンやゲルマンより優等というのと同じ
優れた文化・技術を持ち込んだのは弥生=朝鮮=ゲルマン=北方人種
日本語が弥生化(朝鮮語化=ゲルマン語化)したのもそのため
ニニギノミコトは朝鮮=ゲルマニアから渡来して高千穂に定住した
となりの霧島の主峰は韓国岳だからこの事実は揺るがない
スサノオやオオクニヌシノミコトつまり出雲はニニギノミコトの集団とは別に朝鮮=ゲルマニアから渡来した鉄器を作る部族
全国に散らばる駒ケ岳(高麗が岳)という山は、そのふもとに朝鮮系=ゲルマン系が渡来した証拠
ただし当時の朝鮮はバイカル湖近辺のモンゴル系=ゲルマン系集団が南下したものであり、
現在の朝鮮人は遺伝的にも文化的にもそれに加えてツングース系(高句麗)の南下の影響が強い
そこのところが現在の日本人と違うところ
弥生=日本人の遺伝子の70%以上=古朝鮮=ゲルマン=北方優等人種、現在の朝鮮=朝鮮人の遺伝子の大半=ツングース


401 :出土地不明:2005/07/17(日) 16:39:44 ID:jYQyw3JL
縄文が文化的な劣等集団であったことは客観的にみても当然。
国立科学博物館の人類学者によると、沖縄人は完全な弥生人だそうだ。

402 :出土地不明:2005/07/19(火) 15:48:58 ID:zuGx+R48
>>1
弥生文化と古代朝鮮の文化は同質じゃん。
米作、勾玉はいうに及ばず、土俗宗教、古墳、服装、音楽など、全部同じ。

403 :出土地不明:2005/07/19(火) 16:54:58 ID:rDsu4aal
http://erewhon.ticonuno.it/arch/rivi/popoli/fig4.jpg
それは極東環太平洋共通の文化なのよー
現朝鮮のツングース文化とは違うもの、
事実骨格が違うことも遺跡調査から立証済み、
半島は金、白で血が濃くなってみんなあんな顔になっちたの。
日本も源氏の血が濃いからいずれあーなるね

404 :出土地不明:2005/07/19(火) 17:00:15 ID:rDsu4aal
だいたい、出雲系のアマテラス信仰が広がり始めたころから
日本は本格的にツングース文化圏となる。
それまではほぼ生産力を増強した続縄文、環太平洋文化圏ですな。
だから入れ墨掘った奴国の大使の頃は太平洋縄文人。

405 :出土地不明:2005/07/19(火) 18:47:24 ID:F6HkbMO1
心おきなく電波とばせて楽しそうですな。

406 :出土地不明:2005/07/19(火) 21:43:00 ID:IhK2ec9d
>>399おまいのは間違い
モンゴル人に近い民族がツングースに
半島南部、列島に押し込んだ説
もあるがそれはあたらない。山東から半島素通りした民族は居た。
DNAがそれを物語る

407 :出土地不明:2005/07/19(火) 22:19:26 ID:wzefk94w
秦人はのちの漢人、前の燕人。華北人。中央モンゴロイド。
夫余はのちの高句麗人。満州東部人。北方モンゴロイド。
韓人は6000年以上前に日本から渡った先住民。北方古モンゴロイド。

モンゴル方面から北方モンゴロイドの倭人が朝鮮半島西岸を通過して
渡海して日本へと消えていった後から、燕人に始まる中央モンゴロイドの
華北人が徐々に朝鮮半島に入植し始め、続く秦人、続く漢人でついに
半島全土は侵略され、楽浪を通して歴代の華北王朝の支配下に置かれたが、
ようやく満州東部から倭人とは別種の北方モンゴロイドの高句麗が侵入して
楽浪を滅ぼし、ここでようやく中央モンゴロイドこと華北人による400年
以上にも及ぶ朝鮮支配は終焉を迎えた。

408 :出土地不明:2005/07/19(火) 22:20:59 ID:wzefk94w
中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は華北に広がる人種で、
南方モンゴロイドと同系統の先住民に6000年前に北方新モンゴロイド
が侵入して交配した混血人種である。

中央モンゴロイドは北方新モンゴロイドや南方モンゴロイドのように
自然に進化して誕生した人種ではなく、両者の交雑によって生じた。

朝鮮人は2〜3割の土着の北方古モンゴロイドと3〜4割の中央モンゴロイド
と3〜5割の北方新モンゴロイドと交雑した人種と考えられる。

朝鮮人の血の半分以上は新モンゴロイド由来であろうが、遺伝学から
日本の北方新モンゴロイドとは別系統という事も分かっている。

重要な事は、朝鮮人は中央モンゴロイド(南方モンゴロイドと北方新モンゴロイド
の混血人種)を通して間接的に入ってきた北方新モンゴロイドの血も
あるという事で、これが日本人とは大きく異なる特徴の一つでもある。

409 :出土地不明:2005/07/23(土) 15:19:48 ID:AYIjsfna
朝鮮人は南方人

410 :出土地不明:2005/07/24(日) 18:45:51 ID:nEHPyHN+
gm遺伝子の赤は、矛盾するが薄顔なのよw
日本も増えるな。

411 :出土地不明:2005/07/24(日) 19:33:08 ID:1jmp1iqP
↑うそつきビビンバ。

赤は南方モンゴロイド。
薄顔は赤がごく微量な北方新モンゴロイド。

華北人(中央モンゴロイド)は二重まぶたの人種。
南方モンゴロイドと同系統の人種が本当の土着人である。
6000年前に北方新モンゴロイドと混ざって、顔が薄くなった。

北方古モンゴロイドがベースになって北方新モンゴロイドが
重なった日本人種と南方モンゴロイドがベースになって
北方新モンゴロイドが重なった中央モンゴロイドはベースの人種が
全く違う。

朝鮮人は中央モンゴロイドから注入された南方モンゴロイドと
同系統の赤の遺伝子がたーっぷりと入った南方人である。

412 :出土地不明:2005/07/25(月) 15:29:07 ID:5ZqvmbRq
朝鮮半島素通り説は間違い。

朝鮮は満州と同じツングース系の遺伝集団だろ。
モンゴル−古代朝鮮−弥生日本のつながり。
ここの古代朝鮮にツングース系が入り込んで古代朝鮮人種を駆逐した。
高句麗・新羅の南下による任那・百済・加羅諸国滅亡がそうだ。
難民は日本に渡来した。
現朝鮮人はツングース系の遺伝集団。
朝鮮語は言語的にも弥生との共通性はあるが、ツングース系の影響も受けている。
これでモンゴルと弥生日本(現日本人)との共通性が単純明快に説明できた。


413 :出土地不明:2005/07/25(月) 22:12:53 ID:tCovKHtl
↑あなた方は中国人から南方遺伝子を注入された南方人!馬鹿よりめwwww

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

414 :出土地不明:2005/07/27(水) 21:58:40 ID:3nzRkn9i
http://www.geocities.jp/rain_t_o/flash/8-15_content.html
http://gazoubbs.com/publicity/img/1122394400/1.gif

暇をもてあましてらっしゃる方、
最近中国に疑問を感じる方、
なんだかムシャクシャする方、是非、ご一読お願いいたします。
★拠点
【夏休み】中国バカーvs日本ビパーpart110【シナ開き】
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1122036891/

民間の反日系中国ウエッブサイトへの抗議をしてくださる、お持ちの知識・技術を活用してくださる 等

・  ・  ・  ・
日 中 友 好  目的 での、ご参加をお待ちしております。

-------------------

心得、五箇条の御誓文
1。国内には撃たない(違法)
2。ウィルス戦には不参加(ウィルス戦に勝者なし)
3。台湾・香港(旧字サイト)はやらない(独立支援)
4。中共政府・公共機関は撃たない(外交支持)
5。転んでも泣かないw


415 :出土地不明:2005/07/28(木) 22:20:32 ID:H3v9BNe7
腕を曲げると下腕部内側に横線が現れる人は中国(漢民族)遺伝 (両腕または左右どちらかに現れる)
これは西日本の人達に圧倒的に多いタイプ
よって、弥生人は中国系(漢民族)である

416 :出土地不明:2005/07/28(木) 22:23:53 ID:PyCLAQP3
中国漢民族(華北人)は中央モンゴロイド。

中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は華北に広がる人種で、
南方モンゴロイドと同系統の先住民に6000年前に北方新モンゴロイド
が侵入して交配して生じた混血人種。

中央モンゴロイドは北方新モンゴロイドや南方モンゴロイドの
ように自然に進化して誕生した独立した人種ではなく、両者の
交雑によって生じた。

腕を曲げると下腕部内側に横線が現れるのが中国漢民族遺伝となると、
自動的にそれはつまり、南方モンゴロイド由来か北方新モンゴロイド由来の
いずれかという事になる。

417 :出土地不明:2005/07/29(金) 16:32:56 ID:VRYnwYDu
■ハングル板基本用語解説■其の14

(理由2) <<白丁(ペクチョン)>> 日韓併合されるまで朝鮮に存在していた被差別階級。在日=白丁とされる韓国では
現在でも在日は差別される。実際は全ての在日が白丁な訳ではないがその多くは朝鮮社会での被差別階級だった。朝鮮の身
分階級は大別して「良人(両班、中人等)」「賤人=奴隷」とあり、「賤人」のうち個人所有=民婢、公有=官婢と称した。
国家的奴隷制、贈り物・相続・売買され、殺生しても罪に問われなかった(←部落との違い)「白丁」は、これの更に下層
に奴隷以下の被差別民として位置づけられた。李朝時代に身分として固定され、柳細工の製造販売や屠畜などに従事、衣服
も指定され、居住地も制限され、目印として平壌笠と呼ばれる笠をかぶらねばならなかった。(コピペ)
(理由3) <<済州島出身者>> 白丁よりも済州島が多い。ソウル>地方>全羅道>白丁>済州島 済州島に対する差別
は酷く、完全な野蛮人扱い。済州島出身者との結婚となると、在日の間でさえ「血が汚れる」と一族が猛反対。
1948年、南朝鮮の単独選挙に反対する南朝鮮労働党が組織した済州島四・三蜂起が発生し、朝鮮戦争後の1950年代
半ばまで、弾圧とテロ、山岳ゲリラ活動が続き、のべ8万人の島民が殺されたとされている。今日でも、済州島は反中央の
気風と結びつけて語られることが多く、半島には済州島出身者への差別意識が残っていると論じられることも多い。
済州島は、民族的に陸(半島)と著しく異なり、倭人に近い。昔は独立国だったが、いつの頃か朝鮮に侵略されて現在に至
る。ただ、完全な支配となると意外と新しく、三別抄の乱後、元寇以後になるんじゃないかな。日本では、神功皇后が済州
島を征伐し、その時百済に与えたと伝えられてる。 (コピペ)

――戦後の補償と謝罪―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦後の補償と謝罪に関するデータ http://tenpura_c.tripod.co.jp/


360 :日本@名無史さん :2005/07/29(金) 15:41:29
早い話満州人が倭人(縄文)をB扱いして差別・排除してきただけだね。
半島も日本も構造は同じじゃん。

418 :出土地不明:2005/07/29(金) 21:45:53 ID:o3mLGT15
つまり、朝鮮人は中国人の奴隷だったという事ね

419 :出土地不明:2005/08/03(水) 19:32:00 ID:LlvbjZdM
秦人はのちの漢人、前の燕人。華北人。中央モンゴロイド。
夫余はのちの高句麗人。満州東部人。北方モンゴロイド。
韓人は6000年以上前に日本から渡った先住民。北方古モンゴロイド。

モンゴル方面から北方モンゴロイドの倭人が朝鮮半島西岸を通過して
渡海して日本へと消えていった後から、燕人に始まる中央モンゴロイドの
華北人が徐々に朝鮮半島に入植し始め、続く秦人、続く漢人でついに
半島全土は侵略され、楽浪を通して歴代の華北王朝の支配下に置かれたが、
ようやく満州東部から倭人とは別種の北方モンゴロイドの高句麗が侵入して
楽浪を滅ぼし、ここでようやく中央モンゴロイドこと華北人による400年
以上にも及ぶ朝鮮支配は終焉を迎えた。

420 :出土地不明:2005/08/03(水) 19:33:39 ID:LlvbjZdM
中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は華北に広がる人種で、
南方モンゴロイドと同系統の先住民に6000年前に北方新モンゴロイド
が侵入して交配した混血人種である。

中央モンゴロイドは北方新モンゴロイドや南方モンゴロイドのように
自然に進化して誕生した人種ではなく、両者の交雑によって生じたという事。

朝鮮人は2〜3割の土着の北方古モンゴロイドと3〜4割の中央モンゴロイド
と3〜5割の北方新モンゴロイドと交雑した人種と考えられる。

朝鮮人の血の半分以上は新モンゴロイド由来であろうが、遺伝学から
日本の北方新モンゴロイドとは別系統という事も分かっている。

重要な事は、朝鮮人は中央モンゴロイド(南方モンゴロイドと北方新モンゴロイド
の混血人種)を通して間接的に入ってきた北方新モンゴロイドの血も
あるという事で、これが日本人とは大きく異なる特徴の一つでもある。

421 :出土地不明:2005/08/04(木) 15:59:24 ID:jkX1gUVO
朝鮮半島素通り説は間違い。

朝鮮は満州と同じツングース系の遺伝集団だろ。
モンゴル−古代朝鮮−弥生日本のつながり。
ここの古代朝鮮にツングース系が入り込んで古代朝鮮人種を駆逐した。
高句麗・新羅の南下による任那・百済・加羅諸国滅亡がそうだ。
難民は日本に渡来した。
現朝鮮人はツングース系の遺伝集団。
朝鮮語は言語的にも弥生との共通性はあるが、ツングース系の影響も受けている。
これでモンゴルと弥生日本(現日本人)との共通性が単純明快に説明できた。



422 :出土地不明:2005/08/06(土) 13:42:10 ID:laQ5hOLV

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

423 :出土地不明:2005/08/06(土) 13:42:46 ID:laQ5hOLV
5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる

424 :出土地不明:2005/08/06(土) 13:43:26 ID:laQ5hOLV
HLA遺伝子で日本人からはほとんど南方系のハプロタイプが出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

425 :出土地不明:2005/08/06(土) 13:43:57 ID:laQ5hOLV
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、モンゴル以北から
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、朝鮮人には中国人に多く見られるハプロタイプが見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

426 :出土地不明:2005/08/06(土) 13:44:35 ID:laQ5hOLV
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、人口爆発して西日本一帯に広がり、
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったのである。

朝鮮半島は当初は日本の縄文人に近い土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったしばらくした後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったのである。

427 :出土地不明:2005/08/08(月) 16:37:14 ID:nK7YlJWU

やっとまともなのが出て来たではないか。

で、
銅鐸族は半島残留組とどう違う?

428 :出土地不明:2005/08/08(月) 22:32:25 ID:Opz48jw3
人種系の話って、数学好きの俺から見るとバカバカしく聞こえる。
だって俺らの親って2人居るだろ?そのまた親が4人・・・
って考えていくと、たった10代でも1024人の交配の結果が俺らなんだよね。
その先になるともう数が多すぎて分からない。

ようするに混ざってるのが日本人って事だよ。
○○系なんてショウジョウバエの実験じゃないんだからさ、
単純に分けられる訳無いじゃん。

429 :出土地不明:2005/08/09(火) 08:49:18 ID:nEjdSTs2

DNAで分けられるのに
数学系は馬鹿で駄目だな。

生物系でてこい。

430 :出土地不明:2005/08/09(火) 10:25:10 ID:S4ZFaER/
だから人間はショウジョウバエじゃないって書いたばっかりじゃん。
遺伝系の話したいならしてもいいけど、>>428に書いた単純な例でも理解できないなら絶対わかんねーよ。

簡単に言えば、体の各パーツがそれぞれ影響しあったり、独立したりして遺伝してるんだから、
耳は○○系、目は○○系って言う感じに混ざってる。単純に○○系って分けられる訳ないでしょ。
黒人と白人の子供はどう言う子供か考えれば分かるだろ。両方の特徴を受け継がないか?

431 :出土地不明:2005/08/11(木) 22:41:15 ID:9o4+r1bM
縄文人を駆逐したのは弥生人だ!弥生人は半島から来た! という人へ
それはウソです。


「北東北人は日本人と別ってマジ?」より
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1087575148/348

縄文人が古モンゴロイド
弥生人が新モンゴロイド という分類は、間違っている。

縄文と弥生はただの時代区分であって
縄文人と弥生人が別人種 ということではない。

九州の弥生初期の遺跡には、多くの人骨に混じって
明らかに渡来系と思われる骨格の人骨が、仲良く埋葬されていたりする。

しかし全体的に見ると、縄文時代の人骨と弥生時代の人骨には、別人種といえるような差異は認められない。


つまり、大勢の「弥生人種」に「縄文人種」が駆逐されたというのは、既に古い考え方。
少数の渡来人によってもたらされた新しい文化を、縄文人が吸収し発展させたのが、弥生文化。

一口に縄文時代といっても、1万年以上もあるし、今後の発掘調査次第では、さらに遡る可能性もある。
陸続きだった時代に流入し定着した人々をベースにして、
その後も海流に乗って船でやってきた人々がいたはずだ。

そして、縄文時代にも、人の動きがあったとはいえ、
北のほうと南のほうでは、住んでいた人の体つきや顔つきにも違いがあったはずだ


つまり、今ここで語られているような
日本列島内での顔つきの違いは
弥生時代以降に生まれたのではなく、
すでに縄文時代にはあったのではないか?


骨格や顔つき(あごのほねなど)は、食習慣によっても変わるしね。


432 :出土地不明:2005/08/12(金) 14:11:40 ID:/vYZEMG8
秦人はのちの漢人、前の燕人。華北人。中央モンゴロイド。
夫余はのちの高句麗人。満州東部人。北方モンゴロイド。
韓人は6000年以上前に日本から渡った先住民。北方古モンゴロイド。

モンゴル方面から北方モンゴロイドの倭人が朝鮮半島西岸を通過して
渡海して日本へと消えていった後から、燕人に始まる中央モンゴロイドの
華北人が徐々に朝鮮半島に入植し始め、続く秦人、続く漢人でついに
半島全土は侵略され、楽浪を通して歴代の華北王朝の支配下に置かれたが、
ようやく満州東部から倭人とは別種の北方モンゴロイドの高句麗が侵入して
楽浪を滅ぼし、ここでようやく中央モンゴロイドこと華北人による400年
以上にも及ぶ朝鮮支配は終焉を迎えた。

433 :出土地不明:2005/08/12(金) 14:12:33 ID:/vYZEMG8
中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は華北に広がる人種で、
南方モンゴロイドと同系統の先住民に6000年前に北方新モンゴロイド
が侵入して交配した混血人種である。

中央モンゴロイドは北方新モンゴロイドや南方モンゴロイドのように
自然に進化して誕生した人種ではなく、両者の交雑によって生じた。

朝鮮人は2〜3割の土着の北方古モンゴロイドと3〜4割の中央モンゴロイド
と3〜5割の北方新モンゴロイドと交雑した人種と考えられる。

朝鮮人の血の半分以上は新モンゴロイド由来であろうが、遺伝学から
日本の北方新モンゴロイドとは別系統という事も分かっている。

重要な事は、朝鮮人は中央モンゴロイド(南方モンゴロイドと北方新モンゴロイド
の混血人種)を通して間接的に入ってきた北方新モンゴロイドの血も
あるという事で、これが日本人とは大きく異なる特徴の一つでもある。

434 :石川謙司:2005/08/12(金) 19:34:22 ID:ts7ETJUk
拝啓 小田静夫様

http://spaces.msn.com/members/ny1990in/

435 :オイルふえち:2005/08/14(日) 08:23:23 ID:9VP2BWMG
陸続きの時代は今みたいに、朝鮮と日本が分離してなくて、同じ人種だった
が、大陸からところてん方式に人の移動があり、神社の長い参道で馬の走る練習をしたのは
騎馬族が定着したにすぎず、たいした事ではない。

436 :出土地不明:2005/08/14(日) 19:18:02 ID:LPjcFkqH
遺伝学からはその様には読み取れない。

モンゴル方面から、或る一つのハプロタイプを高頻度に持つ単一種が
朝鮮半島にはあまりそのハプロタイプを残さずに日本に流れ込み、
人口爆発したと読み取れる。

ただし、日本と朝鮮の遺伝的共通性は主に土着系にある事には同意。

日本列島が大陸と切り離されたのが11000年前。

当時の朝鮮半島と日本列島の間は日本湖に注ぐ黄河下流域と河口
だったので、朝鮮半島と日本列島が完全につながる事は無かったが、
まだ川幅も狭く、カヌーや筏などで簡単に人の往来ができたとは思う。

やがて河は徐々に海峡となり、人の往来も以前の様にはいかなくなる。

日本と朝鮮の土着系の時間差は10000年前後だと思われる。

437 :出土地不明:2005/08/14(日) 21:09:26 ID:v8RxupLI
弥生文化をもたらした渡来人は、江南からやってきた

弥生時代初期の遺跡から出土した人骨の中に
周りと異なる体格の人骨が少数混じっていた

この人骨は中国江南で出土したものと遺伝的に一致した
奇しくも弥生初期の稲のDNAもこの地方のものと一致した

列島が大陸から切り離された後、海流が生まれた
半島から対馬経由で海を渡るよりも
江南から海流に乗って来る方が楽らしい

半島から漕ぎ出すと、海流に流されて、着いても出雲あたりだそうな
江南からだと損失率5%くらい、5日で九州にたどりつくと聞いた

438 :出土地不明:2005/08/14(日) 21:46:28 ID:LPjcFkqH
あ゛〜眠い眠い。

>弥生時代初期の遺跡から出土した人骨の中に
>周りと異なる体格の人骨が少数混じっていた

俺の近所にも周りと異なる体格の人が少数混じっているよ。
あれは江南人なんだねwwww

>この人骨は中国江南で出土したものと遺伝的に一致した

へえ〜すごいね。
ところでどんな遺伝学で一致したんだい?w

>奇しくも弥生初期の稲のDNAもこの地方のものと一致した

文化交流と人の定着は別だという事をそろそろ分かろうね。

>江南からだと損失率5%くらい、5日で九州にたどりつくと聞いた

ぼくも江南からだと古代船で損失率95%くらい、ほとんどは
水没してしまうと聞いた。

439 :出土地不明:2005/08/15(月) 18:15:47 ID:5QkTpkUq

江南どころか華北さえ極めて関係が薄い。


例えば、日本人には10パーセントと高率に見られるハプロタイプは、
朝鮮半島に行くと二、三パーセント、中国大陸の北のほうでは1パーセント
程度しかないんですが、モンゴル共和国に行くと5パーセントに跳ね上がる
んです。そうすると日本人に最も多いハプロタイプはモンゴルから来た
らしいと分かるわけですよ。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm

中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが

440 :出土地不明:2005/08/17(水) 01:00:42 ID:cDMw0NmF
上からざっと読んだけど、行開けてる人はマジモンの電波っぽいな・・。
早く現実に帰れよー

441 :出土地不明:2005/08/17(水) 04:09:46 ID:y4k72Eti
http://www.e-obs.com/heo/heodata/n379.htm
縄文人の形質で既に差異が生じている件。
近視婚の結果。

442 :出土地不明:2005/08/17(水) 04:17:22 ID:y4k72Eti
 縄文人の骨が数多く発見された遺跡は後期人で、
岡山県津雲貝塚や愛知県吉胡貝塚などである。この後期人
と九州の後期人の比較をしてみると、明らかに特徴がでている。
まず頭であるが、本州の縄文人は大頭で頭長幅指数(頭の長さと
幅の関係)から中頭形、これに対して西北九州は長頭形、
東九州は短頭形となる。つまり、西北九州の縄文人の頭は長く、
東九州では円い。そして本州の縄文人の頭はその中間となるのである。
〈縄文人の顔と体〉

本州の縄文人は大頭で
本州の縄文人は大頭で
本州の縄文人は大頭で
本州の縄文人は大頭で

443 :出土地不明:2005/08/17(水) 04:23:38 ID:y4k72Eti
結局、縄文時代から近親婚により形質の差異があったということだよ。
わかった?

444 :出土地不明:2005/08/18(木) 19:34:27 ID:Fl9bHKHo
縄文は移動していく中で変化して何種類かに分かれたが、
渡来系は単一種が西日本で人口爆発して拡散したもの。

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

445 :出土地不明:2005/08/20(土) 12:46:26 ID:UB4b48fr

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

446 :出土地不明:2005/08/20(土) 12:47:01 ID:UB4b48fr

5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる

447 :出土地不明:2005/08/20(土) 12:47:33 ID:UB4b48fr
HLA遺伝子で日本人からはほとんど南方系のハプロタイプが出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

448 :出土地不明:2005/08/20(土) 12:48:11 ID:UB4b48fr
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、モンゴル以北から
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、朝鮮人には中国人に多く見られるハプロタイプが見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

449 :出土地不明:2005/08/20(土) 12:49:15 ID:UB4b48fr
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、人口爆発して西日本一帯に広がり、
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったのである。

朝鮮半島は当初は日本の縄文人に近い土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていってからしばらくした後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったのである。

450 :出土地不明:2005/08/24(水) 21:32:41 ID:3xiiE/bb
show up!

451 :出土地不明:2005/08/27(土) 11:27:04 ID:IUIee4Dh

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm

452 :出土地不明:2005/08/27(土) 12:06:11 ID:C07RcE9S
朝鮮人の本場は関東・東北

453 :出土地不明:2005/08/27(土) 20:07:28 ID:iSiqWtoc
>>1
いくらなんでも古墳時代人を朝鮮人は無いだろ。

454 :出土地不明:2005/08/28(日) 00:20:39 ID:6wchsLTq
それにしても、このスレでの遺伝子データの扱い、すくなくとも10
年か20年は遅れているよな。最新のデータをゲットして議論しよう。

455 :出土地不明:2005/08/28(日) 18:51:17 ID:j3D0Fq4l
日本の縄文人と朝鮮の縄文人が完全に分かれたのが、
日本列島が大陸から切り離された11000年前頃だろう。

しかし朝鮮の土着人はこの10000年ほどの間に変化して
YAP+を失っている。

日韓で共通する4割のHLAの大部分はその時までのもの。

残りの小部分が弥生人が北方から朝鮮半島を素通りして日本に入った
ときにわずかに半島に残された残滓。

日本の土着系はモンゴル方面から流れてきた弥生人と、
朝鮮半島の土着系は華北人と満州東部人と混ざり、
双方、HLA遺伝子が6割も異なり、異人種と呼べるほどになった。

456 :出土地不明:2005/08/29(月) 23:30:29 ID:WpABbhDy
このスレおもしろいな
旧説と新説と珍説が入り乱れているな
縄文人と弥生人については、今のところまだまだ資料が少ないために
はっきりしたことは言えないというのがFA
日本の土壌は酸性で、骨が残りにくいんだよ・・・
んで、研究者によって持論がかなり違っているんだ
でも、弥生系の遺跡から、江南地方との関連を示唆するDNA(人・稲)が出たのは事実
どういうルートで列島に至ったかは不明だけどね
列島よりも古い証拠が半島から出ていない以上、海流ルートも否定できないんだ
中国の文献には、紀元前の周の時代から倭人が訪れていたという記録もあるので
もしこれが列島の倭人なら、縄文時代の航海術も馬鹿にならないレベルを有していたことになるしな
また、弥生初期に民族の大流入があったという証拠も実は無いんだよ

457 :出土地不明:2005/09/01(木) 20:38:46 ID:VaALHeUf
>弥生系の遺跡から、江南地方との関連を示唆するDNA(人)が出たのは事実




はーい、で、そのソースは?






458 :出土地不明:2005/09/01(木) 20:41:26 ID:VaALHeUf






弥生人は水田稲作なんか持ってきていない

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1119965238/








459 :出土地不明:2005/09/02(金) 00:30:07 ID:N8/1wddt
>>456
完全なる誤解。
日本の土壌は酸性で、骨が残りにくいのは事実だが、しかし、日本は、
平地にはほとんど人が住んでいて、そのためのほっくりかえしが、さんざん
行われているので、日本では、縄文時代のそうとう古い段階、さらには、
後期旧石器時代の段階から現代にいたるまでの、人骨がしっかり、1万年
分以上、地域ごとに残っている。それらで、日本人の人骨からみた変化や
系統はかなり正確においかけられる。

問題なのは、大陸側(半島もふくめて)の事情だ。いつごろ、どの地域に
どういう人たちが住んでいたのか、というのが、日本にくらべてはるかに
わかっていない。だから、日本での古人骨で、「渡来系が入ってきた」
とかいっても、その渡来系の起源が大陸のどこに求められるか、というの
が全くわからんのだ。ただそれだけのことだ。

460 :出土地不明:2005/09/02(金) 01:43:03 ID:CsDq6d1Y
最重要年代。

北方古モンゴロイドが列島に侵入した25000年前。
列島が大陸と切り離された11000年前。

長崎の福井洞穴は12000〜13000年前の大陸から列島が切り離される
前の縄文遺跡だから、明らかに縄文人は大陸にも半島にも
侵入しているはず。

461 :出土地不明:2005/09/02(金) 02:05:55 ID:puUX5xGN
>>460
北方古モンゴロイドの年代は、25000年前にはさかのぼらないだろう。
列島における最古のホモ・サピエンスは、たぶん、3万年以上前の、後期
旧石器人で、彼らは、あきらかに南方系だ。この南方系は、中国南部から
朝鮮半島、日本列島にかけて、広く分布していた。もちろん、当時は、
日本は陸続きだった。
アイヌや、日本人は、アメリカインディアンと同様のmtDNAのはハプログループ
が存在するが、いまのところ、配列完全一致の例はなく、最低一カ所の置換
がある。だから、この年代は、2万年前から以降と考えられる。
15000年前ごろから、アジアのモンスーン地帯では、氷河時代が、終わり
つつあり、かなり温暖化が進んできた。よって、北方モンゴロイドは、
この前の段階で、日本列島近辺までやってきたことになろうかと思う。
氷河時代末期についての考古学的な成果からすれば、日本列島と中国
南部、朝鮮半島は同様のものとして考えるべきだ。

462 :出土地不明:2005/09/02(金) 03:27:27 ID:LXy1BpIK
>>457
・DNAで探る稲の考古学
学説としては、中国大陸からの「温帯日本型(ジャポニカ)」とよばれる品種が日本のイネの起源であるという説が有力だが、
南方海上からの「熱帯日本型」(ジャワニカ)伝来を唱える人もいる。
http://inoues.net/science/wan.html

・歴史の常識を今なお覆し続ける吉野ヶ里遺跡
そして、最近、日中の「江南人骨日中共同調査団」の調査結果(1999年3月)が、その直接ルート説をさらに補強した。
これは、江南地方の紀元前5〜8世紀の人骨と、福岡県筑紫野市出土の人骨(紀元前後)について、
「ミトコンドリアDNA分析」という方法で、塩基配列を比較したところ完全に一致したというものである。
http://www.pref.saga.lg.jp/at-contents/kenseijoho/koho/sagamaga/22/power2.html

>>459
・弥生初期に「渡来人」が大勢やってきた証拠など存在しない。飽くまで仮説の一つに過ぎない。
・そもそも、研究に耐えるような弥生人の骨は数少ない。埋葬方法の関係で骨が残りにくいから。
・最近発見された弥生時代の人骨は、いずれも縄文時代と同じ形質を持っていた。
縄文人と「弥生人」―古人骨の事件簿
ISBN:4812200016 257p 19cm(B6) (京都)昭和堂 (2000-01-31出版)
・片山 一道【著】 [B6 判] NDC分類:210.2 販売価:\2,415(税込) (本体価:\2,300)

463 :出土地不明:2005/09/03(土) 13:00:45 ID:vWVM1Qxo
ふっ、mtDNAの塩基配列が福岡と江南で一致するのは当たり前だろ。

東アジア全体でmtDNAのコンテンツも割合も極めて酷似している
んだから。

モンゴルだろうが、台湾だろうが、華北だろうが東アジア内なら
どこも福岡と一致するだろうよ。

むしろそのほとんどは土着系のものと見るべき。

東アジア内の移動では、mtDNAは渡来系も土着系も識別できない。

つまりmtDNAは東アジア内の移動には全く使えないシロモノ。

464 :出土地不明:2005/09/03(土) 15:59:19 ID:vWVM1Qxo
だいたいmtDNAしか語らない事自体が偏狭で頭が弱い。

他の遺伝学との間で大きな矛盾が発生しているのに、
それが間違っているのではないかという疑問さえ持たない。

遺伝学はmtDNAだけじゃない。

普通のDNA、Y染色体、gm遺伝子、HLA、その他色々ある訳だ。

全ての遺伝学を見て総合的に判断するべきだ。

465 :出土地不明:2005/09/03(土) 17:24:30 ID:zakB2/PR
http://mobile.dream-prize.com/member_reg_form.php?REF=0340889
こんなん見っけた
やってみる気あったらケータイでお気に入り登録しとくといいよ

466 :出土地不明:2005/09/03(土) 20:26:39 ID:/hKYRXJf
>>463>>464は遺伝学方面に詳しいの?
mtDNAの特長とかも踏まえた上でmtDNAが役立たずと言っているなら
教えてほしいことがあるんだ

何百年何千年も前の骨からもmtDNA以外の塩基配列って取れるものなの?
最高の保存状態で発見された「アイスマン」も、mtDNAしか取れなかったんじゃないんだっけか

467 :出土地不明:2005/09/03(土) 22:20:10 ID:NF30y0SC
>>466
一応、専門家のようなものとしてお答えする。>>461だが。
ミトコンドリアのDNAは、一般のDNAとはちがって、核外の細胞質にある。
しかも、一つの細胞に、数百、数千とある。だから、量が圧倒的に多い
ので、かなり古いものでも、断片つなぎ合わせれば復元できたりする。
いまんところ、5万年前前後が、残る目安になっている。それよりも古い
ものは、見つかることもあるが、研究者によっては、「ウソだろ」と
いうこともある。たとえば、レークマンゴ(オーストラリア)の場合
は、6万年以上前のもので、しかも、現代人とはかなり違うパターン
だったことで、多地域進化説を裏付ける?とされるが、それにしては
現代人に近いので、なんともいえない。で、これが本当にmtDNAの配列
なのか、というあたりも議論されている。
もちろん、mtDNAについても、当初は、氷漬けのものでないとだめでは
ということだったが、ネアンデルタール人のものが発見され(3万年
から4万年前)しかも、複数のネアンデルタール人骨(発見された地域
もあっちこっちヨーロッパ全体)で発見されたものが、それぞれ似ていた
ので、現在では、正しく解析できたと考えられている。
他のDNAは、なかなか残らないだろう。やはり数百倍からときに数千倍
も含まれているから残るのだろう。

468 :出土地不明:2005/09/03(土) 23:28:23 ID:2jEf/bsf
>>467
ID変わってるけど>466です
疑問をさくっと解決してくれてありがとうございます。
やっぱ専門家はちげーな!

オレだってmtDNAが万能なんて思ってるわけじゃないんです。
それに>462の記事を読んだ限りじゃ、どんだけの配列を取り出せたのかわかんねーし。
記事の書き方もなんかずるいよな。

だけど「完全に一致」って自信満々に書いてあるのが、ちょっと気になるオレガイル・・・
明らかに近い血統だと断言できるほどの一致を確認できたんだろうか・・・?

この辺り、>>467氏的には何らかの見解をお持ちでいらっしゃいますか?
お聞かせいただければ幸いです。

469 :出土地不明:2005/09/03(土) 23:47:15 ID:oLloGJiR
>>468
ミトコンドリアのDNAは短くて、人間だけでなく多くの動物で、全配列が
分かっている。ただし、進化系統、分岐などにおいて、非常に頻繁にかわ
る部分はDループと呼ばれる場所で、以前は、Dループだけで比較するの
が多かったが、最近の論文とか見ると、すくなくとも現代人の中での
ハプログループの決定などには、全配列比較をするのが基本みたいだね。
だから、ちょっと前の文献での「完全一致」は、Dループだけの一致
かもしれない。ちょっと忘れたけど、かなり短い領域なので、調べるの
は楽だろう。PCRでどばっと増やすのも断片にわけてやるわけだから、
短い領域の配列比較はえらいかんたん。全配列比較になると、いくら、
mtDNAでも、数千BPくらいの断片で読みとらないといけないから、
すぐにできるってもんでもなかろう。読んでからつなぐのも大変だ。
Y染色体の場合は、全体が大きいので、そもそも、どの領域がハプログループ
決定に有効か、というのについてコンセンサスがえられるまで時間が
かかって、最近では、そのあたりのコンセンサスができたみたい。

470 :出土地不明:2005/09/03(土) 23:53:56 ID:oLloGJiR
>>468
えっと、ちょっと追加するけど、縄文人と渡来人といったときに、
DNAで比較すると、これは簡単じゃないだろうと思うわけだ。
縄文人にも、3万年以上前から日本列島(もちろん、陸続きだった
朝鮮半島や中国山東半島などもふくめて日本海沿岸地域の南部だが)
にいた人々と、その後、2万年から1万年前ごろに北方から入って
きた人たちがいることは前にも話した通り。で、北方ということから
して、たとえば、1万年前に入ってきた縄文人と、その後3千年から
2千年前に入ってきた渡来系弥生人というのが、遺伝子的にそれほど
大きな違いがあったとは思えないわけだ。mtDNAのハプログループは
当然共通で、1万年程度だと一塩基置換があるかないかという程度。
もともとのグループにも多様性があって、そこから、1万年以上前と
2千年前後前に分かれて入ってきたからといって、その違いが、mtDNA
できちんと推定できるか、っていうとそうはいかんだろう。
形質的に寒冷地適応しているかしていないか、というほうが、この場合
区別する目安になる。

471 :出土地不明:2005/09/04(日) 00:27:43 ID:jgVf8NO+
>>469>>470
うおー超分かりやすいぜ〜
重ね重ねありがとうございます!
なるほど〜D-ループ内だけの比較はもう時代遅れなわけだね!

遺伝子関係の話題は荒れやすくて今まで質問できなかったんで
すっきりできて良かったです。
他にもいろいろと疑問があるんだけど、さすがに教えてクレクレばかりだと恐縮なので
自分でも勉強してみることにします。
解決できなかった時はまた教えて下さい!

ありがとう〜!



472 :出土地不明:2005/09/04(日) 01:19:48 ID:K5SevUP2
>>471
いえいえ、どうもどうも。専門っていっても、DNA考古学じゃないから
本当の専門家じゃないけど、DNA配列解析とかは研究分野としてはご近所
なので。

えっと、ついでに、470に追加しておくと、縄文人は、北方系も、南方
系もいるわけで、北方系の縄文人は、アメリカにいった人々と、非常に
近いmtDNAのパターンを示す、ってことは、2万年ぐらい前に、シベリア
とかかなり北方にいて、そのままアメリカにいったうちの一派が、日本
にやってきた、ってことになろうかと思う。ただし、この人たち、そう
とう北に、しかも氷河時代のかなり寒い時期に1万年くらいは住んでいた
可能性がある(ハプログループXなどは2万5千年から3万年前にでき
たタイプで、ヨーロッパからアルタイあたりまで分布し、アメリカ大陸
にも分布する)。でも、ネイティブアメリカンも、日本のアイヌも、
みれば分かるように、古モンゴロイドで、寒冷地適応ののっぺり顔では
ない。アメリカ大陸ののっぺり系は、寒冷地適応型で、現在でも北部の
イヌイットとかがそうなのだが、こういのっぺり顔は、あきらかに、
せいぜいここ1万5千年かそこらで形成されたように思うわけ。むしろ
氷河時代の後ってことになろうか。氷河時代は偉い寒かったが、雪は
降らないし、北方も草原ばっかりで、あとは氷河があるだけ。マンモス
が雪の上を歩くなんてことはなくて、からからに乾いた草原を歩いて
いたわけだ。もちろん、地面は凍っているけどね。だとすれば、のっぺり
顔は、雪が降り、草原が雪原に変化した氷河時代以降に北方に住む人々
の特徴ではないかな、と思う。だったら、ここ1万5千年の間に形成
された、と考えるべきだろう。

473 :出土地不明:2005/09/04(日) 11:10:13 ID:jgVf8NO+
>472
眠っちゃった後にさらに詳しい説明キテター
重ね重ねありがとうございます。

氷河期終了後にのっぺり顔が登場したというのは
ちょっと目から鱗です。
今まで単純に寒いからだと思っていました。
となると、スレの趣旨に戻って考えてみると、
やはり日本海ができた後に、半島経由で列島にやってきた
可能性が高いということになりますか?

以下独り言。
よく「縄文人と弥生人には人種的断絶がある」って言い切る人がいて
曰く、「弥生人は体毛は薄く、彫りは浅く、体型がすっきりしていて、顔は細長く、眼は一重瞼」
まるで会ってきたかのように語るけど、それって「弥生人」というよりは「渡来人」なんじゃ・・・?
弥生中期の北九州あたりの人骨が縄文人と似通っていたという例もあるらしいし、
そもそも弥生人の骨なんて、面相を語れるほど幾つも残ってないっていう人もいるし。
海を隔てて人種が入れ替わるほどの大流入があったのかについては
ちょっぴり懐疑的なオレガイルんですが・・・。

オレ的疑問。
のっぺりーズは、いつ頃来たのか。船か徒歩か。
水稲技術や製鉄技術の伝来と関係あるのか。
どれくらいの規模でやってきたのか。
これらの疑問は将来解決する可能性があるのか。

474 :出土地不明:2005/09/04(日) 12:22:19 ID:LJ9Uam1K
>>473
弥生人の骨は結構あっちこっちで出ているし、とくに九州のカメ棺墓とか
からは残りのよいものがある。吉野ヶ里のもそうだね。で、弥生時代の
集落ごとの状況をみると、あきらかに縄文系ばっかりと思われる集落も
あれば、あきらかに渡来系とされる系統もあるし、混ざって暮らしている
ところもある。また、抜歯の習慣などは、混ざって暮らしているところで
は、縄文時代以来の抜歯の仕方を守っているところもあるし、また、
渡来系とされる人々の村でも抜歯が行われているが、その場合、もともと
抜歯の習慣のあるところから来た可能性もあって、中国の江南などがその
候補になっている。
で、のっぺり顔の渡来の時期は、縄文時代末っていうか弥生草創期以降
だから、当然、紀元前1千年以降だろう。もちろん、船でくるよりしか
たがない。さらに、縄文人側が彼らを受け入れているわけだから、もと
もとの関係もあった人々が、大陸側での事情によって入ってきたという
可能性が高い。以前は、紀元前500年とか400年ごろから、という
ことだったので、中国の戦国時代を考えていればよかったが、最近のよう
に弥生時代の始まりが、さらに500年程度早まるとなると、殷代、周代
を考慮する必要も出てくる。戦国時代に戦国時代的な方法できちんと、
日本にやってきた人々なら、日本を軍事的に征服するようなことができ
たはずだが、そうでないとすると、江南から来たのは、半島経由であれ、
かなり原始的な新石器時代の農耕民であって、長い時間をかけてとろとろ
とやってきたのではないかな。で、列島側でも、縄文人は暮らし続け、
そこにとけこむようにして、入ってきたと。まざった集落もあり、そし
て別別の集落もあり、ということだと思う。
一説には、縄文人自身が呼び入れたのだ、という話もあるからな。

475 :出土地不明:2005/09/04(日) 17:59:46 ID:Xb08hi8x
ネイティヴアメリカンがアメリカ大陸に侵入したのが24000年前。
ゆえに縄文人の列島侵入はもっと前の25000年前。

20000年くらい前に新モンゴロイドが出現。

渡来人はあまり女性を連れてこない傾向が強く、母系しか分からない
mtDNAは渡来人の故郷捜しには全く適していない。
そういった意味では逆に父系しか分からないY染色体の方がはるかに
適しているだろう。

しかし、mtDNAもY染色体もハプロタイプの数が30種類程度しかない。

遺伝学指標におけるハプロタイプの数は、その遺伝学指標で最高限で
識別できる人類の系統の数であり、つまり識別能力であり、簡単に言えば精度である。

そういった意味ではY染色体は渡来人の故郷捜しにおいて精度が低い。

では渡来人の故郷捜しにおいて一番精度が高い遺伝学は何か?

ズバリHLAである。

HLAのハプロタイプの数は全人類でなんと1000万種類ほどもあり、
これはmtDNAやY染色体の識別能力のはるか数十万倍に匹敵する。

476 :出土地不明:2005/09/04(日) 21:40:40 ID:3ivwGh0f
>>475
ネイティブアメリカンのアメリカ大陸到達の時期は、諸説あるが、いま
のところ、確実性がある遺跡からいえるのは、氷河時代が終わるころのも
ので、2万年以上前にさかのぼるとする根拠は非常に少ない。さきばしった
研究者はそのようにいうけれど。
それから、mtDNA のハプログループ(ハプロタイプではない)は、大枠
で30種類に分けられているが、塩基置換の数からすれば、もっと膨大で
かなり無限に近い種類がある。だからこそ、アイヌとネイティブアメリカン
(これはどちらも同じハプログループに属する場合がある)の分岐年代が
1万年以上前ということが言えるのだ。
>>475は、全く遺伝学の基礎も、mtDNAのことも分かっていないから、たん
なる、HLA厨である。

477 :出土地不明:2005/09/04(日) 22:59:28 ID:uT90pnrl
>>472
>長い時間をかけてとろとろとやってきたのではないかな。
>で、列島側でも、縄文人は暮らし続け、そこにとけこむようにして、入ってきたと。
超同意。入ってきたとしても、征服者としてではなく、ちょこっとずつだと思うんだよな。
戦乱を逃れてやってきたという線が、一番納得がいくような気がする。
中国の古い文献なんか見ると、昔の大陸人は
東の海上にドリームアイランドが浮かんでるって考えていたらしいし、
徐福みたいなパターンでやってきた奴らも実際にいた、かもね。

ところで、いっこひっかるのは、古代の中国だと江南地方は
異人種と考えていた節があるっぽいことなんだよなあ。
ベトナムのほうに近い、東南アジア系の人間。
稲は南からやってきただろうけど、のっぺり顔は南からなのかな?
一度南下してから、水稲と一緒に渡ってきたのか?
のっぺり顔と稲は別ルートの可能性もあるんじゃないかな?
稲は縄文人が出向いていって持ち帰ったと言う人もいるよね。

478 :出土地不明:2005/09/04(日) 23:30:08 ID:lEfGh9GV
>>477
要するに、日本の弥生時代において、中国文化の影がなさすぎるわけ。
そりゃ、刀銭とかも出ているから、戦国時代の中国との交流が縄文時代
なのか弥生草創期なのかべつにして中国(文化としての)と交流があった
ところもあるんだろうけれど、もし、まともな指導者のもとで、征服が
行われたなら、当然、上層部の多少くらいは漢字もつかっていて(戦国
時代なら)、たしょうその手の文物も出そうなのだが、ほとんどないと
いってよい。わずかに、土器片に「漢字のようによめなくもない」という
ものがかかれている程度。ようするに、中国文明の中枢や江南における
都市国家文明のようなものの中枢ではなく、周辺の連中がとろとろと
ときに、10人、ときに20人という程度で日本にわたってきた、あるい
は、縄文人との交易をやっていた中国辺境の農耕民がときどき、日本に
移住するようになったとか、そういう具合ではないかと思う。

中国の江南の人々については、稲作民族であって、でこの稲作自体は、
氷河時代の終わった直後にさかのぼるし(紀元前8000年以上前)、
その意味からも、この人々がその後どういう人々になったのかは難しい
ね。ただ、基本的には、のっぺり系の寒冷地適応型だったというのが、
どうやら最近の結論みたいだ。漢代にはそういう人が多かったことは、
当時の漢墓からの出土人骨でわかっている。ただ、昨今の斎藤成也氏
の研究や、その後の中国人の研究などから、紀元前500年から紀元
前後にかけて、山東半島あたりの人々は入れ替えがあったようだ。
日本や朝鮮半島に多かったmtDNAハプログループM型の人々が次第に
減って、Fとかの北方系が増えてきたりしている。漢代にもなると、
半々くらいにまでなる。だから、そうなると、ますます弥生時代に
どこからだれがきたのかがわからんようになったという感じ。
まあ、今後、しばらく、中国での先秦代の墓の発掘報告とその人骨の
mtDNAタイプの研究に期待しましょう。まだわからんことばかり。

479 :出土地不明:2005/09/05(月) 09:42:36 ID:aVL0Hklp
>>478
なるほど、日本の弥生期に中国で人種的シャッフルがあったというのが
事実なら、まさに時代は春秋・戦国、文献なんかとも整合性がありますね。
支配者層と被支配者層の人種的相違も考えないといけないかもだけど。
半島で言うなら、箕子朝鮮の時代。だけど考古学的には実証されていない。
実在したとしても、隣国を征服できるくらいのでかい力はなかったと思う。
海を隔ててなんて、ぜったい無理っぽい。隣には戦国七雄に数えられる
燕、そして斉。もし、それに対抗できるくらいの強国だったなら、何かしら
それっぽい記録が残りそうなものだけど、ほとんどないし。
それに、やっぱり漢字が伝わってきてなかったというのは、決定的だよなあ。
箕子朝鮮って、仮にも殷王朝末期の賢人が建国したってことになってるわけだし。
やっぱり、来たとしても漁民とか農民とか、あとは製鉄技術者とかかな。
古代の日本人は、文字は必要じゃなかったみたいな感じだ。

480 :出土地不明:2005/09/07(水) 00:04:51 ID:yavab5if
>>479
そういういこと。少なくとも日本列島では、氷河時代以降は、分断され
ているから、人の流入があれば、かなり明確にわかるが、大陸ではそう
はいかないってことだね。古代の中原の中国人、つまり先秦代の中国人
がどういう人たちだったのかは、はっきりしない。秦はもしかしたら、
ペルシア人だったかもしれない(インド・ヨーロッパ語族だった可能性
だってあるんだし)。それに、戦国時代は、いろいろな国家が乱立し、
かつ、その中での人の移動もあり、それに、南方にむけて、北方の人々
の移住や植民もあった。そして、言語系統からすれば、中国語は、現在
の東南アジア系と関係が深いから、黄河進出した彼らの系統っていう
のもよくわからない。現代の北方中国人は、北方遊牧民の系統をひく
から、その意味では、北方アジア人なのだが、そもそも北方アジア人も
いろいろな混成型だしね。氷河時代が終わったあと、いろいろな民族
移動もあり、いろいろなことがあったと思う。シャッフルもあっただ
ろうし、移動もあったし。
ただ、弥生時代っていうのが、もし本当に紀元前1000年ごろから
始まるというなら、それはやっぱり、中国での殷、周の成立とそれに
ともなう統合や分断などと関係して、日本に移住してきた辺境農民と
いうふうに考えるけど。
あと、製鉄については、まだ日本では6世紀以前にさかのぼる例がない
はず。文字は確実に使われ始めたのは、7世紀で、聖徳太子の時代から
ってことになる(推古朝から)。それ以前のものは、中国鏡の銘文くら
いしかない。

481 :出土地不明:2005/09/07(水) 21:07:10 ID:miPyHHRA
渡来人は女性をあまり伴わない傾向が強く、母系しか分からない
mtDNAは渡来人の故郷捜しにはあまり適していない。

頭蓋の形質は時代とともにかなり変化するから渡来人の故郷探し
にはあまり参考にはならない。

しかし、一重まぶたの出現率や蒙古斑などの肉体的特徴は骨格の様には
簡単に変化しないので非常に重要な手がかりとなる。

本土日本人の40%前後は一重まぶたであるが、中国人は、
華北人の人種的特徴から二重まぶたと明記されていて、一重まぶたは
少なく、華中人や華南人に至ってはほとんどが二重まぶたである。

しかも、蒙古斑に至っては肉眼で観察できる中国人はわずかで、
ほとんどの中国人は蒙古斑を観察できない。

482 :出土地不明:2005/09/07(水) 21:09:28 ID:miPyHHRA
日本人のYAP+因子の所有率から、渡来人が女性を伴った場合から
全く伴わなかった場合まで計算に織り込んで、日本人は最低で45%、
最高で72.5%までが土着系で、残りの27.5〜55%の部分が渡来系で
あると簡単に分かるが、

土着人の末裔とされるアイヌと琉球人が二重まぶたであるところから、
その中ほどに存在していた本土土着人が二重まぶたであった事などは
当然として、

その日本人の27.5〜55%を占める渡来系が華中(江南)や華南から
やって来たとするならば、華中(江南)や華南から日本に上陸後、
突然、二重まぶたから一重まぶたに進化して、本土日本人の40%を占める
一重まぶたの人たちになり、華中(江南)や華南ではほとんど観察できない
蒙古斑を本土日本人全体にバリバリにもたらしたという人類学史上でも
まれに見る奇々怪々な怪奇現象があったという事になる。

483 :出土地不明:2005/09/08(木) 00:30:09 ID:jYVOCi7h
>>480
>製鉄については、まだ日本では6世紀以前にさかのぼる例がないはず。
うああ、今まで弥生初期に小規模な鉄生産が始まったという説を信じてました。
証拠は見つかっていないんですね。勉強になりました。

あと、言語学的なところだと、例えば現在の福建省の発音は、春秋戦国時代には
洛陽あたりで使われていた、ある意味当時の標準語的なものだったと読んだことが
あります。語族=民族ではないけど、移動の傍証にはなりそうな。
今は北京語が中国の標準語になっているけど、北京語にはアルタイ系の言語の
影響が見られるといわれています(語彙とか、発音とか)。これは歴史を振り返れば
納得のいくところ。

ところが日本語となると、確かに文法的にはアルタイ系の特徴を持つんだけど、
語彙的にはどう見ても近いとは言えない・・・。
じゃあ朝鮮語とは近いのかというと、確かに文法的にはものすごく似ているんだけど、
意外なことに、同系統であると言えるほどの語彙の近縁性を示すことは難しい・・・。
高句麗語と日本語は近いって言う人もいるけど、そもそも拾い出された高句麗語が
ほんとにその発音だったのかは実はよく分からない・・・。
じゃあ新羅とか百済とかは、となると、そもそもどんな言葉だったかも分かってない。
ハングル以前に半島でどんな言葉が話されていたか、実は資料が少なすぎて
お話にならない状況。(万葉集は百済語なんていうのはただのデムパ。)
今の朝鮮語と日本語を見る限り、同系統と仮定してもだいぶ前に分かれたとしか
言えない。こんなに似ているようでも、はっきり同系統と言えないくらい遠い。
ちなみに、両方ともアルタイ系に分類しようという人も中にはいるけど、そもそも
アルタイ語族という言語グループでひとくくりにするのは無理なんじゃないのって
ことになってきているので、前提からして怪しくなっている状況。

かくして、日本語はアイヌ語や朝鮮語と共に、系統不明の「孤立した言語」として
区分されているのでした。

日本語は、語彙や音韻体系で見るとオーストロネシア語族、文法体系で見ると
アルタイ諸語と近い、と言える。縄文時代に、北からアルタイ系、南から
オーストロネシア系が入って混ざったのでは、というのが、言語学的な立場から見て
有力なようです。

朝鮮語の語彙は、漢語の影響がものすごく強いから、アルタイ系と漢語の混交語と
言ってもいいような気がするんだけど、その辺どうでしょう。教えてエライ人!

484 :出土地不明:2005/09/08(木) 01:05:48 ID:jYVOCi7h
>>481-482
>中国人は華北人の人種的特徴から二重まぶたと明記されていて
これ本当?
気になったのでちょっとググってみた

>新モンゴロイドとは、モンゴロイドの一派であり、旧モンゴロイドから進化したものと考えられる。
>目に蒙古襞が発達し、鼻筋が通り、体毛の薄さなどを特徴とし、モンゴル・シベリア・朝鮮半島・華北・ヒマラヤ地方に居住する。
(wikiより転載)

華北は目に蒙古襞があるって書いてあった。

あと、ヒマラヤにも蒙古襞人がいるって、どういうことだろう・・・北から移動したのか?
もしかして、モンゴロイドって雪国に住むと蒙古襞が発達する人種なのか!?
旧モンゴロイドから進化したとか書いてあるし、雪に反応して一重瞼にモデルチェンジするのか!?
教えてエライ人!!


485 :出土地不明:2005/09/09(金) 00:25:39 ID:E9kO/vj5
>>484
まず、蒙古襞だけど、アフリカ人でもかなり多い。鼻が低くなると、
発生するようだな。とこにアフリカの子供ではかなりいる。
人類に普遍的なんじゃないか?たぶん、雪国(これが大事。寒いところ
ではない)に住むと、そうなるんだろう。まあ、数千年はかかると思うが。

ヒマラヤってことは、チベット系で、あそこは、mtDNAでは、Mで、日本人
にもちかいが、はっきしいって、寒冷地適応した、北方系ではない。
でも、かれこれ1万年以上、ヒマラヤに住んでいたことも事実で、
高地適応の度合いは世界一で、5000メートル級のところで、普通に
出産ができる民族なんて、ヒマラヤの人々くらい。アンデスの人も
そこまで対応していない。ってことで、蒙古襞はごく普通にいつでも
発生する可能性があると思う。ロシア系は蒙古襞あるぞ白人でも。

486 :出土地不明:2005/09/09(金) 00:35:02 ID:RcP1pr/i
>>485
エライ人アリガトウ!

なーんだ、じゃー蒙古襞があるから蒙古と関係あるわけじゃないんだな。
すげえ賢くなった。
んじゃ一重瞼の出現頻度で混血の度合いを調べるっていうのは
けっこう眉唾っぽいと思ってていいよね。

487 :出土地不明:2005/09/09(金) 00:35:54 ID:b9eVT2li
>>483
日本は、弥生時代とともに、青銅器時代と鉄器時代が同時に始まるけど、
鉄鉱石や砂鉄からの製鉄はかなり後の時代になるまではっきりした証拠はなく、
延べ板を半島から輸入してきたようだ。青銅についても、半島からのスクラップ
を運び込んでいた。対馬の弥生人はそれで生計をたてていたようだ。魏志倭人伝
でいう、「南北市擢」し、ってやつだろう。

言語の話だけど、実は、現在の厳密な定義を当てはめると、言語の語族なんて
ものは、ほとんど消滅して、アルタイ諸語も語族とはみとめられていない。
その意味では、トルコ語は「孤立した言語で、多少の語彙の共通性や文法の
共通性は、モンゴル語などと関連するが、、」ということになってしまう。

語族の形成には、農業革命と定住化が重要っていう話がある。そもそも、定住
せず、かつ農業もしてない狩猟採集民は、普通部族ごとに「全く違う言語」を
話すのが普通で、それは、アマゾンの奥地の原住民などはいまでもそういう
状態だし、農業が始まっていても、分散しているパプア・ニューギニアなど
では、隣村ではまるっきり違う言語みたいなことが多い。アマゾンでは家族
ごとに語族が違うともいう。

だいたいにおいて、狩猟採集生活で、移動しながらの生活では、人口はほとん
ど増えないので、だいたい多くて30人くらいの部族が、離合集散しながら
生活するわけだ。夏のキャンプとかで一緒になる程度の間柄の集団では同じ
か似た言語が話されるが、それも必ずしも同じである必要はなく、そのとき
は互いの共通語を話すとか、相手の言葉を話すとかすればいい。
ところが、農業で定住化すると、人口が爆発するので、あらたな開拓地を
もとめて、民族の爆発が起こる。これが、同じ言語を話す人々というのを
拡散させる理由になったという。

この点で考えると、日本においては、縄文中期から末期ごろまでにそういう
状態が作られたと考えられるので、そのときに列島で話されていた言語が、
日本語のベースになったのだろう。当然、半島との交易もしていたから、
半島の言語との関係もふかい。ただ、列島であっても北方では違う言語で
だいじょうぶだった(たぶん、アイヌ語の祖語)。
だから、むしろ、日本語が発達してどんどん拡散したのは、弥生時代以降で
そのときに、言語ができたと思えば、むしろ、それが孤立していて当然だと
思うのだが。

488 :出土地不明:2005/09/09(金) 00:53:19 ID:b9eVT2li
前にも書いたけれど、弥生時代後期から、古墳時代の人々の多くが、
仮に半島系の人々主体で、その文化によって、日本が古墳時代に入った
というのなら、それはそれでいいと思う。そこになにも日本の独自が
どうのこうのという必要はないだろう。

イギリス人が、アメリカ大陸にわたって、で、でかい大地で気分がで
かくなった結果が、アポロ計画で、月までいっちまった、みたいな
ところがあって、半島で、せせこましいところにいた半島人が、
面積的に三倍はある日本にやってきて、半島よりは温暖で、豊かで、
ってことになれば、当然、気分もでっかくなるだろう。
だから、半島では作らないようなどでかい古墳を作ったりしたんだろ
うと思う。半島最大級の古墳より大きな古墳が日本にはうじゃうじゃ
ある。そして、つねに、半島にくらべて、日本の人口はだいたい3倍
だった。文化的にどっちが高いとかそういうのはおいといて、それだ
けで、ものすごいパワーになる。だから、日本がずっと日本海を支配
してきたわけで、半島は、斉州島以外に、領土と呼べる島はなかった。
これは、古代からずっとそうだ。斉州島が韓国の領土になったという
のも微妙で、もとは独立国(タムラ国)だった。対馬や壱岐が日本なの
は縄文時代から考えても、その水軍力からして当然のことだ。

489 :出土地不明:2005/09/10(土) 13:17:51 ID:BKlkGNwP
モンゴロイドとニグロイドの蒙古ひだは雪ではなくて、堀の深さ
と鼻骨の高さに原因があるんじゃないかな?

そうでないと、豪雪の北欧の北方人種、東欧の東ヨーロッパ人種、
アルプス人種などは蒙古ひだが無いので矛盾する。

ただし、一重まぶたの直接の原因は極寒乾燥に対する目の保護対応
だろう。

それと華北人(シニーデ=中央モンゴロイド)は二重まぶた。
人種的的特徴は、長身、中頭、狭鼻、蒙古ひだ、「二重まぶた」など。
つまり中国人は二重まぶたの人種。

ネットじゃなくて図書館の百科事典などで自分で調べな。

しかし本土日本人の40%前後は一重まぶた。

日本人のYAP+から計算して、本土日本人の血の半分弱前後が渡来系だが、
そうすると渡来系の8割以上が一重まぶたという事であり、
二重まぶたの中国人に渡来系を求める事は全く不可能である。

華中人(江南人)や華南人が本当に渡来系であったのなら、
本土日本人に一重まぶたの人などほとんど存在していないであろう。

490 :出土地不明:2005/09/10(土) 14:09:11 ID:cdkXBWzu
>>489
だから、乾燥していたら、蒙古襞はできないんだよ。
極寒で、湿潤だとできるの。
氷河時代にできたのではない。


491 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 08:57:20 ID:BX49p7zn
>>486-487
さらに詳しくアリガトウ!
っていうかいつも分かりやすく解説してくれてうれしいよ!

日本海を取り囲むような形で、緩やかな繋がりの言語圏が
形成されてたのかも知れないですね。オレ学説だけど。
日本で取れる黒曜石が海の向こうのあちこちで発見されてたりするし。
人や物の交流が生まれ、言語もそれに伴って伝播する、みたいな。
北陸から東北にかけて、近畿風の言葉やイントネーションが
見られたりするそうだけど、北前舟なんかの航路に関係あるんじゃ
ないかっていう話を聞いたことがあるので。

半島からの人や物の流れは、確かにあったと思う。
倭人が半島で勝手に鉄鉱を掘ってたなんて記録もあるし、
倭人が大陸や半島に住んでいたっていう説も根強いみたいだ。
かなりの規模の交流があったのは確実なんだ。

今日気になっているのは、建国神話について。
こんなに関わりが深いんだから、百済や新羅、高句麗の建国神話と
日本の建国神話に、共通点がもっとあっていいんじゃまいか?
騎馬民族征服説とか、今でも言う人がいるけど、夫余とか高句麗とか鮮卑なんかに
共通して見られるパターンが、大和じゃ少ないような気がしてるんだ。
もちろん、すごく似た話もある。ただ、そういうのは東南アジアにも共通してたりする。

記紀なんかの日本の神話で、王が卵から生まれたり箱から生まれたりしたのって
あったっけ?
昔話のかぐや姫とか桃太郎なんかはその類だと思うけど・・・。
もうちょっと、あちこちの建国神話を調べてみる。

492 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 09:26:54 ID:BX49p7zn
>>489
ちょっと思ったんだけどさ、
中国人と一言でいっても、いろんな人種がいるわけだよね?
漢民族っていう概念って、すごく新しいものらしいしさ。
今現在の華北人が二重瞼だからって、弥生時代の華北人が二重だっていう
証拠にはならないんじゃまいか?

あと、よく現代人のYAP+遺伝子の割合で縄文人:弥生人の割合を
論じる人がいるけど、それっておかしいんじゃまいか?

YAP+は、アイヌと沖縄人に多くて、本州じゃ25%くらいなんだよね?
だから、もともと日本に住んでいた縄文人に由来する遺伝子と考えられてるんだよね?
んで、日本人以外だとチベットあたりにしか見られない特殊な遺伝子なんだよね?

オレが不思議なのは、なんで他の地域で発見されないかってことなんだよ。
だって、アイヌと遺伝的に近いといわれているアメリカ先住民にもないんでそ?

考えられるのは、YAP+が、淘汰されやすい性質をもってるってこと。
つまり、時と共に失われていく運命の遺伝子だから、むしろ残る方が不思議なんじゃまいか?
この遺伝子を持ってると、精子が少なくなったり無精子症になる確立が数倍になったりする。
だから、YAP+保持者の割合が少ないってことよりも、
むしろ 「25% も 残っている」 と考えるべきなんじゃないの?

島国の日本と、陸の孤島のチベット、この遠くはなれた2箇所のYAP+が同じ先祖から
生まれたものだとすれば、むしろ外からの大規模な人の流入が少なかったところに
YAP+が残った、と考えるのが自然なんじゃないのかな?

たとえば1000年前の日本人のYAP+を調べることがもし可能なら、今よりもっと
高い割合を示すと思うんだけど、どうなの?
だけどオレみたいな素人が何言ってても妄想だから、教えてキートン先生!光臨プリーズ!

493 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:05:42 ID:lzZ/Sq9t

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

494 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:58:49 ID:HxX2ubjz
チベットと北米インディアンにもいるだろうYAP+は。
北方のベリンジアで生じ、
北米に渡ったのと
南下して列島に閉じ込められたのと、
ヒマラヤまで行き着いたのと
いるわけだ。

アイヌは混血を嫌って北上したYAP+で
本州の3割は混血した土ぐもやナガスネヒコの末裔だろうな。



495 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:59:32 ID:lzZ/Sq9t
日本人全体のYAP+遺伝子の平均頻度は約「45%」ほど。

都市部で3割、山間部で5割くらい。

華北人(シニーデ=中央モンゴロイド)は南方モンゴロイドと
同系列の人種に、6000年前に南下した北方新モンゴロイドが重なって
誕生した交配人種だから、二重まぶたの方が先にあった形質になる。
そうすると華北の住民の二重まぶたの出現率は時代が古くなればなる
ほど更に一層高かった事だろう。

25000年前の東アジア一帯の古モンゴロイドたちはほとんどYAP+を
持っていたと思われる。

その後の環境の変化で、20000年くらい前にモンゴルあたりで
北方新モンゴロイドが進化分岐し、15000年くらい前に華北あたりで
南方モンゴロイドが進化分岐していく。

人種的変化が大きかった種族ほどYAP+を消失した事だろう。

496 :出土地不明:2005/09/12(月) 00:07:20 ID:pRjYmrvI
朝鮮が嫌いなのは分かるが 普通大陸から流れてくるだろ
器用に半島を除いてなんてあるか

497 :出土地不明:2005/09/12(月) 00:23:45 ID:JqyP46us
8割が一重まぶたという高頻度な一重まぶたから考えて、
もとはシベリアのいずこから流れてきた集団だろう。

モンゴル東部に永らく留まって、再び移動を開始。

半島は弥生人に素通りされただけで定着されなかった。

当時の半島人はまだ華北人に侵されていない土着系。

縄文人と11000年前に別れたYAPの無い縄文人の亜種。

498 :出土地不明:2005/09/13(火) 00:37:34 ID:3uANt1w9
>>495
>日本人全体のYAP+遺伝子の平均頻度は約「45%」ほど。
>25000年前の東アジア一帯の古モンゴロイドたちはほとんどYAP+を持っていたと思われる。

>現在日本では、不妊症の割合が20%近くなっていると言われています。
>不妊症の割合は,10組に1組(約10%),最近では,倍近くいるといわれています。
http://www.okiu.ac.jp/Language/contest/02/09/group5/group5.htm

>それぞれの精子濃度を調べてみると、縄文系は弥生系に比べて20%ほど少なく、
>縄文系の三人に一人は、受精しにくいとされる一cc当たり四千万個以下だった。
http://www.topics.or.jp/rensai/inochi/genomu/p6.html
>縄文人の系統とされる「タイプ2」の男性の精子数は、弥生人系より2割以上も少なく、
>2〜4倍も無精子症になりやすいという。
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm

不妊症の半数は、男性側に原因があるそうです。http://www.u-m-e.com/qanda02.html
つまり単純に考えると5%の男性が不妊(というか生殖能力に問題がある)ということになります。
YAP+保持者が非保持者の3倍も無精子症になりやすく、しかも精子数が少ないことから、
YAP+保持者は非保持者との遺伝的競争にとても弱いということが言えると考えられます。
多くの地域でYAP+が失われていることも、その表れであると思われます。


そこで、次のような試算をしてみました。

YAP+保持者100人が、次世代に残すYAP+保持者を103人
非保持者100人が次世代に残す非保持者を108人と仮定します。
1世代を20年と仮定します。
2000年現在のYAP+保持者を22500000人、非保持者を27500000人と仮定します。
(50000000人を45:55に)
単純にこの割合で過去に遡って計算してみました。

           YAP+保持者   非保持者
    1000年   5132409     586333
     500年   2451267      85615
     300年   1823973      39656
     100年   1357207      18368
紀元前100年   1009889       8508
     300年    751452       3940
     500年    559131       1825
    1000年    267053        266

500年前に2000人弱の非保持者の流入があれば、現在の人口比になることになります。

499 :出土地不明:2005/09/13(火) 09:18:24 ID:zRBwaeAN
日本人は混血に混血を重ねた人種 これ学問的に常識 あきらめれ

500 :出土地不明:2005/09/13(火) 20:06:51 ID:wUQJNeJB
朝鮮半島から渡ってきたとしても
今の朝鮮人とは全く違うから安心しろ
民族的に滅んでるからな、あそこ

501 :出土地不明:2005/09/13(火) 23:45:50 ID:agTsYc96
>>500
ところがだな、朝鮮半島もmtDNAで調べると、ハプログループMがかなり
多いんだよね。東南アジアから、渤海湾沿岸(山東半島と朝鮮半島)
そして、日本っていう具合に、M7などがかなり多い。これはアイヌにも
沖縄の人にも多い。ってことは、明らかに氷河時代ごろからの旧石器人
の系統が、いまでも朝鮮半島に大量に残っているということにはなる。
もちろん、これは日本人の祖先とも共通するし、中国の南方から中原
にかけての祖先とも一致するだろう。極東旧石器人とでもよぶべき
3万年以上前のホモ・サピエンスだよ。
こんなに古い系統が、いまでも朝鮮半島、日本、中国東部に残って
いるっていうのは本当に驚きだよ。

502 :出土地不明:2005/09/14(水) 20:12:12 ID:4iZ6xy0h
>>498
将来日本のYAP+も消えてゆく運命なんだな・・・
でも、その計算でいくと、弥生人=渡来人という図式は崩壊するな
現代の比率を古代に適応できないということが、なんとなく分かった
3人に一人は受精しにくいって、ちょっと衝撃的だった
縄文男がんがれ・・・
あと、500年前じゃなくて紀元前500年な

503 :出土地不明:2005/09/14(水) 20:41:18 ID:Jw7ZD+CW
受精しにくいというだけで受精しない訳ではないだろが。
それに1回しかやらない訳じゃないだろw

真に受けるなよ。

個人的なただのサイエンスフィクションなんだし。

504 :出土地不明:2005/09/21(水) 23:04:19 ID:oabROwZl

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

505 :出土地不明:2005/09/21(水) 23:31:54 ID:AUJKUO3n
>>499,500
どうせ大昔の話だし、それは別にかまわないんだけど、
あっちの国は民族的優越感の材料にするからなー。
そこだけが気になる

506 :出土地不明:2005/09/22(木) 00:29:16 ID:7ypjdhQg
だから、朝鮮半島は素通りされただけだっつーの。
騙されるのは頭の弱い奴ばかりなり。

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

507 :出土地不明:2005/09/23(金) 10:09:48 ID:BiQZlJUU
鮮卑とかが半島経由で渡ってきてるんでしょうかね

508 :出土地不明:2005/09/23(金) 10:43:14 ID:ayjafSTw
>>507
アイヌと沖縄の間に割って入った遺伝子があったのと同じように、
日本とモンゴルの間に割って入った遺伝子があったということなんじゃないかな。
アイヌと沖縄が似てるからって、どちらかが祖であるとは考えないっしょ?
それと同じように、モンゴルが日本の祖であると考えるのは早いかと思います。
日本とモンゴルに共通する部分がいつやってきたのか、分からないし。
地続きのときまで遡って考えないと。

509 :出土地不明:2005/09/23(金) 13:07:24 ID:909w76EA
>>508
アイヌと沖縄は、似てはいるが、共通mtDNAハプロタイプはないんだよ。
アイヌと沖縄は、実は昆布貿易などでかなり昔からつきあっているはず
なのに。
ってことは、縄文時代から彼らは別だったということだ。北方縄文人と
南方縄文人が基本的に日本列島の内部で誕生したとしても、南北に分裂
して1万年以上はたっているということだろう。北方縄文人の一部は、
ネイティブアメリカンとも関係するから、これはネイティブアメリカンの
先祖がアメリカ大陸に渡るときに、南下したものと思われるが、彼らは
沖縄までは至らなかった。ただし、本州の人の中には、アイヌと共通
するハプロタイプをもつ場合もあるし、沖縄の人と共通の場合もある。
南北の縄文人は本州では互いに交流していた、ということだろう。たぶん
関西から関東にかけてだと思うが。

で、日本とモンゴルの間にわってはいった?っていうか、そもそも
北アジアは遊牧民もふくめて、移動性の高い人々がずっと存在していた
ので、そういうことはしょっちゅうあったと思われる。ローランの美女
も含めて、たぶん、ヨーロッパ系もかなりいたと思うし。

510 :出土地不明:2005/09/23(金) 14:06:20 ID:S8hILY9u
アイヌと沖縄は共通したmtDNAをちゃんと持ってるよ。


http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm





511 :出土地不明:2005/09/23(金) 14:13:10 ID:S8hILY9u

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

512 :出土地不明:2005/09/23(金) 14:13:46 ID:S8hILY9u



◎華中人(上海)の蒙古斑の出現率は94.6%で日本人は99.5%


中國已故的人類學家?定良教授,曾觀察調?了上海市9 5 3例出生三小時?的
新生兒蒙古斑的材料,其出現率多達94.6%,兩性差異甚微,多數嬰兒只有
一塊(?66%);2-3塊,?31%;也有少數,多至10餘塊。
http://health.big5.enorth.com.cn/system/2003/01/16/000492187.shtml


日本人における発生率はきわめて高くて、生後1年以内の乳児では99.5%にも認められます。
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/PRsurgery/pamphlet/pamph35.html




513 :出土地不明:2005/09/23(金) 14:16:05 ID:S8hILY9u


◎日本人の一重まぶたの出現率は約半数

60%が一重まぶたという日本人。パッチリとした目へのあこがれは、意外に強いようですね。
http://www.ajoc.or.jp/lummy/et/seminar/column_index_3_nf.html
おおよそ一重ならびに奥二重の人口と二重の人口の割合は日本では半々と考えられています。
http://www.jsaps.com/top10/04.html
日本人の約半数は生来一重瞼ですが、優しく明るい印象の二重瞼に人気があります。
http://www.futaba-biyou.com/med01.html
日本人ではいろいろな説があるにしろ、おおよそ半分の方は一重で半分の方は二重であるとされています。
http://www.clinica-ichigaya.com/06-2-mabuta.html
日本人の眼瞼はおおよそ半々の割合で一重まぶたと二重まぶたが存在しています。
http://www.mencli.com/guide/b_futae/
さて一重だ二重だといいますが、実は日本人の約半数が一重マブタなんです。
http://momo33.mo-blog.jp/momo/cat1729897/

514 :出土地不明:2005/09/23(金) 14:16:51 ID:S8hILY9u
日本人全体のYAP+遺伝子の所有率が約45%であるところから、
日本人男性の約45%までが土着系(縄文系)だと分かるが、一般的に
渡来人は女性をあまり伴わない傾向が強いため、渡来系が女性を男性と
同率で連れてきた場合と全く連れてこなかった場合までを想定し計算すると、
日本人全体の約45〜72.5%までが土着系だと簡単に分かる。

その逆数になる約27.5〜55%が渡来系という事になり、実は渡来系は
日本人全体の半分以下の可能性の方が強いという事も分かる。

遺伝学については、特にmtDNAなどはモンゴルから華南まで、東アジアは
どこもほとんど一緒と出てくるゆえ、渡来人の故郷を探るという目的に
おいての識別精度は形質人類学より劣っていると言わざるを得ない。
形質でも頭蓋の頭示数や扁平具合などは時代差が大きくあまり参考にならない。

問題なのはズバリ 「 一 重 ま ぶ た 」 の出現率である。

華北人、つまり中央モンゴロイド(シナ人種、シニーデ)は二重まぶたの
人種で、蒙古ひだが無い人も少なくない。一重まぶたの人も居るが少数派で、
それより南方人の華中人、華南人に至ってはほとんどが二重まぶたである。
つまり中国人はほとんど二重まぶたの人種なのである。しかし、

本 土 日 本 人 の 4 0 % 前 後 は 一 重 ま ぶ た 。

本土日本人の血の半分「弱」前後が渡来系だとYAP+で分かったが、
そうすると渡来系の原種は一重まぶた率が8割以上の人種であった事
も同時に分かり、二重まぶたがほとんどの中国人に渡来系を求める
事自体、全くもって愚の骨頂と言えよう。

515 :出土地不明:2005/09/24(土) 00:33:08 ID:ZS85PXgv
一重瞼っていうけど、具体的にどの遺伝子が一重瞼の遺伝子なん?
X上にあるん? それともYなん?
YAP+だと必ず二重になるん?

516 :出土地不明:2005/09/24(土) 01:46:51 ID:cCWiPVdG
>>510
>> アイヌと沖縄は共通したmtDNAをちゃんと持ってるよ。
ハプログループレベルでは共通なのだが、配列で最低でも一塩基置換ある
はず。完全共通なのが見つかった例はないはずだ。
同じことは、ネイティブアメリカンとアイヌや日本人の間でもいえる。
これもまた、最低一塩基置換ある。
ってことは、分岐してから、1万年以上はたっているってことだ。


517 :出土地不明:2005/09/24(土) 14:39:04 ID:Cxm5aOrJ
ありゃ?
アイヌと琉球の共通塩基が見つかった話どっかで見たんだがな。

俺の勘違いかな?

だったらスマソ

518 :出土地不明:2005/09/24(土) 18:38:54 ID:2f3vu2yw
渡来人は女性をあまり伴わない傾向が強く、母系しか分からない
mtDNAは渡来人の故郷捜しにはあまり適していない。
むしろmtDNAは土着系の遺伝子を見る方が適した遺伝学指標。

頭蓋の形質は時代とともにかなり変化するから渡来人の故郷探し
にはあまり参考にはならない。

しかし、一重まぶたの出現率や蒙古斑などの肉体的特徴は骨格の様には
簡単に変化しないので非常に重要な手がかりとなる。
本土日本人の40%前後が一重まぶたであるが、中国人は華北人から
人種的特徴に二重まぶたと明記されていて、一重まぶたは
少なく、華中人や華南人に至ってはほとんどが二重まぶたである。

しかも、蒙古斑に至っては、日本人の出現率が99.5%であるところから、
土着系も渡来系も蒙古斑の出現率は99%以上である事になるが、
上海の華中人の蒙古斑の出現率は94.6%と日本人より5%も低い。

519 :出土地不明:2005/09/24(土) 18:43:13 ID:2f3vu2yw
日本人全体でのYAP+遺伝子の所有率は約45%であるが、渡来人は女性を
あまり伴わない傾向が強いため、渡来系が女性を男性と同率で連れてきた
場合と全く連れてこなかった場合まで織り込んで計算すると、日本人は
45〜72.5%までが土着系で、その逆数の27.5〜55%が渡来系と簡単に分かる。

土着系の末裔とされるアイヌと琉球人が二重まぶたであるところから、
その間に存在していた本土の土着系が二重まぶたであった事などは
当然として、

その日本人の27.5〜55%を占める渡来系が本当に華中(江南)や華南から
やって来たとするならば、渡来人は華中(江南)や華南から日本に上陸後、
突如、二重まぶたから一重まぶたに変化して、その本土日本人の40%を
占める一重まぶたの人たちになり、華中(江南)では94.6%だった蒙古斑の
出現率を99.5%と日本人全体から全く減らす事が無かったという人類学史上
まれに見る奇々怪々な怪奇現象があったという事になる。

520 :出土地不明:2005/09/28(水) 20:29:38 ID:KsSO9F8Q
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実はほとんど流れていない。
7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まった5C、続く6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

521 :出土地不明:2005/09/29(木) 22:21:10 ID:hb75Vv6h
朝鮮半島の南の端が倭の範囲だったので、往来が激しく白木人も久太良人も
行くったり、来たりして楽しくやってました。

522 :出土地不明:2005/09/30(金) 01:23:56 ID:ZZ07e28U
>>517
そりゃ、共通塩基がほとんどだわな。
そもそも、塩基には4種類しかない。すこしは、高校の生物学の教科書
を開いてみようとかおもわんのかな。

523 :出土地不明:2005/09/30(金) 21:20:44 ID:/i1kqQ3Z


第21回 新宿セミナー @ Kinokuniya

『へこたれへん。』(角川書店)刊行記念対談
辻元清美×姜尚中 「日本の行方」

■日時 10月2日(日) 18:30 開演 (18:00 開場)
■料金 1,000円(全席指定・税込)
■会場 紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4階)


ttp://www.kinokuniya.co.jp/01f/event/shinjukuseminar.htm#seminar_21




524 :出土地不明:2005/10/03(月) 04:06:05 ID:cArHzihu
中国大陸、朝鮮半島→日本列島。] アトランティス大陸→日本列島!

525 :出土地不明:2005/10/23(日) 17:11:33 ID:PcPSUdrL ?
千葉や茨城では朝鮮製の鉄器が発掘されてるし、鉄器を使用した渡来人が
青銅器を使用していた土民を征服するのは子供でもわかる事だよね。
日本人の土民を征服して混血化したのはさらに子供でもわかるね。
中央では秦氏、蘇我氏、大伴氏、物部氏、中臣氏が朝鮮系の帰化人が勢力を
持っており天皇家ですら朝鮮から流れて来たのは古代史学会では常識。
越前国三国から連れてこられた継体天皇も朝鮮系。


526 :出土地不明:2005/10/23(日) 18:05:33 ID:vXSRwAYn
それにしては、寄り目ビビンバは日本の渡来系の血がカラッポじゃないのww

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm

527 :出土地不明:2005/10/23(日) 18:25:48 ID:vXSRwAYn
ほーれwwww


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人



528 :出土地不明:2005/10/24(月) 00:20:58 ID:kRFNwsXS
鉄製の武器の方が青銅製よりも強力と言いたいのだろうかw

529 :出土地不明:2005/10/26(水) 21:37:22 ID:/IyuE/c7
日本に入ってきた渡来人はのっぺりした頭蓋を持つ北方新モンゴロイド。

しかし朝鮮半島〜満州南部は温暖な地域で新モンゴロイドになれるような
気候環境じゃないのだ。

実際、半島から出土する人骨からも朝鮮半島のもともとの土着系の種族は
古モンゴロイド系統。縄文人に近い人類集団。

そこに2500年前頃から満州方々から何種類もの北方新モンゴロイドの部族や
中央モンゴロイドの華北人などが流入してきた。

その中で初期の頃に朝鮮半島に流入した北方新モンゴロイドの部族の一つが
朝鮮半島を突き抜けてしまい、日本にまで渡ってきただけの事。

これが弥生人トリックの総て。

半島人ではないのだ。

530 :出土地不明:2005/10/29(土) 13:29:41 ID:HN1rPH2h

で、シナチクはいつまで弥生人のふりをしているつもりなのかな?


例えば、日本人には10パーセントと高率に見られるハプロタイプは、
朝鮮半島に行くと二、三パーセント、中国大陸の北のほうでは1パーセント
程度しかないんですが、モンゴル共和国に行くと5パーセントに跳ね上がる
んです。そうすると日本人に最も多いハプロタイプはモンゴルから来た
らしいと分かるわけですよ。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm

中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが

531 :出土地不明:2005/10/30(日) 06:23:52 ID:Mojyl1tV
しかし、顔がにてなさすぎるな、モンゴル人と西日本人は

532 :出土地不明:2005/10/30(日) 06:54:13 ID:Mojyl1tV
今、アイヌの顔を見たけど、ありゃぜんぜん南方系の顔ちゃうな。
南方系のほうが目がギョロっとしてるし肌もテカテカしてる。

533 :出土地不明:2005/10/30(日) 06:56:13 ID:Mojyl1tV
アイヌと北米先住民とならアイヌのほうが日本人に多い顔立ちだな。

534 :出土地不明:2005/10/30(日) 18:45:21 ID:D9AJAbfb
南方系に見えて実際には南方系に居ないのが縄文顔。

あれはユーロポイドと同じで、寒いんだが、新モンゴロイドに
なるほどまでは寒くはない温帯〜亜寒帯に住む北方人種だよ。

535 :出土地不明:2005/10/30(日) 22:05:35 ID:rOqbzIWk
>>531 朝青龍、旭鷲山、白鳳、朝赤龍、時天空などは日本人と変わらず、
朝鮮顔でもない。



536 :出土地不明:2005/10/30(日) 22:25:17 ID:D9AJAbfb
中国人は、

華北人の属する中央モンゴロイド(中央蒙古人種、シナ人種、シニーデ)が、
長身、中頭、面長、狭鼻、二重まぶた、頬骨が出ず彫りのあまり浅くない顔面

華南人の属する南方モンゴロイド(南蒙古人種、南シナ人種)
低身長、短頭、丸顔、広鼻、二重まぶた、頬骨が出ず彫りの浅くない顔面。

日本の渡来系は、長身、中頭、面長、狭鼻、一重まぶたで細目、
頬骨が出ずに彫りの浅い顔面。

華北よりも更に北方から来た事を意味している。

537 :出土地不明:2005/10/30(日) 22:41:47 ID:D9AJAbfb
典型的な弥生系の顔を思い浮かべて朝鮮半島に行ってごらん。

見事に裏切られるから。

平均朝鮮人の顔は典型的な弥生系よりも新モンゴロイドさ加減が
まだまだ全然足りないのだ。

平均朝鮮人の顔は一重まぶたは平均日本人より多いが、
弥生系ののっぺりした顔とまではいかない。

平均朝鮮人の顔は平均日本人より偏平な顔なのだが、弥生系ほど
偏平ではなく、頬骨が出ていて、つり目であるところも弥生系と
顔のニュアンスが異なっている。

弥生系の故郷は朝鮮半島よりももっともっと遥か北方にあり。

538 :出土地不明:2005/11/02(水) 21:14:14 ID:7k+iCe3s
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実はほとんど流れていない。
続日本紀によると、7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
帰化人のピーク時の7Cでも全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まる5C、続く6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

539 :出土地不明:2005/11/12(土) 13:05:56 ID:+raua+1v
朝鮮半島は温帯〜冷帯の温暖な地理的環境で新モンゴロイドが
生まれてくる気候環境ではない。

実際、朝鮮半島でも日本と同じで、縄文人に近い人骨と弥生人に近い人骨の
2種類が出土する。

確かに現代朝鮮人は中央モンゴロイドと北方新モンゴロイドの中間的な
様相を帯びた人種である。

しかし、九州北部や中国地方から出てくる弥生人骨はのっぺりとした
北方新モンゴロイドの特徴を持つ頭蓋で、九州北部に近いほど扁平。

実際は朝鮮人こそ様々な北方新モンゴロイドの部族による洗礼を受けたのである。

その中の一部族が勢い余って朝鮮半島を突き抜けてしまい、日本にまで
飛び火したまでの事で、半島人が来た訳ではないのである。

540 :出土地不明:2005/11/12(土) 22:45:59 ID:ppIs2Wcw
>>539
めっちゃ古い話しているな。いや内容がではなくて、研究内容が、って
ことだが。こんなのは、50年前の説ではないか?

541 :出土地不明:2005/11/13(日) 16:47:28 ID:BBzArcjj
>>540
その50年前の説なりソースなりを見せてくれないか?

542 :出土地不明:2005/11/13(日) 22:30:46 ID:Pnl1juCM
>>541
古典的な埴原氏の書籍でも読めば出てくるはずだが。講談社現代新書にも
池田なにがしの本が出ている。日本では古典的な研究だよ。

543 :出土地不明:2005/11/19(土) 21:08:34 ID:YkKsWOYo
紆余曲折の末、結局、原点に戻ってきた訳だ。

544 :出土地不明:2005/11/20(日) 13:02:29 ID:MCi6tGxB
>>543
戻ってない戻っていない。

545 :出土地不明:2005/11/20(日) 18:05:30 ID:3bqV8cdm
>「韓国人のルーツは中国中北部の農耕民族」
>ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/05/11/20040511000078.html
>また、韓国人と日本人が遺伝的に近いということは、2300年余前、日本列島に定着した弥生民族が
>韓半島に移住したことを示す遺伝的証拠と見ることができると説明した。



本当の事を教えてやろう。

日本人と朝鮮人が遺伝的に近いのは弥生人の渡来のせいではなく、
約8000〜10000年前まで日本列島と朝鮮半島がつながっていて、
そこに共通の古モンゴロイドの祖先が住んでいたから。

弥生人はモンゴル東部あたりの北方新モンゴロイドであり、
満州を南下し朝鮮半島を短期間のうちに突き抜けて日本に渡来した種族で、
この種族は朝鮮半島には定着しなかった。

546 :出土地不明:2005/11/26(土) 22:37:43 ID:U8V9BTV7
日本列島と朝鮮半島が切り離された後、日本列島では古モンゴロイドが
維持されたが、朝鮮半島の古モンゴロイドは中央モンゴロイドへと変化していった。

弥生人がモンゴル東部あたりから流れてきて朝鮮半島から日本列島へと
消え去った後、華北から別種の中央モンゴロイドが、
満州東部あたりから弥生人とは異なる何種類もの北方新モンゴロイドの種族が、
断続的に朝鮮半島に侵入して定着し、朝鮮半島の土着の中央モンゴロイドの
系統は大幅に縮小していった。

547 :出土地不明:2005/11/27(日) 04:04:21 ID:HJkvPx+d
土着系朝鮮人の悲しい悲しい物語。

548 :出土地不明:2005/12/03(土) 20:25:38 ID:rAqBCMHe
B44-DR13が日韓のみで高頻度なのは、約8000〜10000年前まで日本列島と
朝鮮半島がつながっていて、そこに共通の古モンゴロイドの祖先が
住んでいたから。

中国と共通したハプロタイプが多少あるのも12000〜15000年前まで
日本列島が大陸の一部だったから。

いずれにせよ、共通の土着系の遺伝子であって渡来系のものではない。

549 :出土地不明:2005/12/05(月) 20:00:41 ID:qrT/XfVI

↓満州やモンゴルなど北方アジア抜きで、中国山東省と朝鮮半島、たった2つの古代人骨の
↓だけで、弥生人のルーツを中国と断定してしまった形質人類学の低脳ぶり。



「土井が浜の弥生人骨は、160センチメートルを遙かに超えた長身、華奢な四肢骨、
細面の顔に低い鼻、のっぺりとした、それでいて端正な顔立ちで、いわゆる北方系
「新モンゴロイド」の特徴がありました。
彼らのルーツを求めて朝鮮半島南部の慶尚南道金海と南部の勅島(ヌクド)の人骨、
中国は山東省の漢代の人骨を対象に調査されました。ところが、朝鮮半島2ヶ所の
人骨には土井ヶ浜の人たちと同じ形質は認められず、中国山東省の人骨は、極め
てよく似た形質を持っていることが確認されました。弥生人のルーツはやはり中国
だったのです。」

http://sakezo.com/shumi/rekisi/keta1.html

550 :出土地不明:2005/12/05(月) 20:01:36 ID:qrT/XfVI

↓満州やモンゴルなど北方アジア抜きで、アイヌ、琉球人、韓国人、中国人、本土日本人、
↓たった5つのサンプルだけで中国固有、韓国固有だと抜かすmtDNAの低脳ぶり。



『 本州日本人 ミトコンドリアDNAのタイプ 』

(綜合研究大学院大学 宝来博士 分析)

 日本人固有のタイプ        4.8%
 韓国に多いタイプ        24.2%
 中国(台湾本省人)に多いタイプ 25.8%
 アイヌに多いタイプ        8.1%
 沖縄に多いタイプ        16.1%
 それ以外            21.0%

韓国人
韓国人固有のタイプ      40.6%、
沖縄に近いタイプ       17.4%

中国人
中国人固有のタイプ      60.6%

551 :出土地不明:2005/12/05(月) 20:02:23 ID:qrT/XfVI
日韓のみに高頻度なハプロタイプがあるのは、約8000〜10000年前まで
日本列島と朝鮮半島がつながっていて、そこに共通の古モンゴロイド
の祖先が住んでいたから。

中国と共通したハプロタイプが多少あるのも、17000〜18000年前まで
日本列島が大陸ともつながっていて、そこに共通の古モンゴロイドの
祖先が住んでいたから。

いずれにせよ、それらのハプロタイプは共通の古モンゴロイドである
土着系のハプロタイプであって、渡来系のものではない。

日本において渡来系は1種類だけ。

B52-DR15系の北方モンゴロイドだけである。

552 :出土地不明:2005/12/12(月) 19:29:28 ID:HCm9LF1z
△弥生人は朝鮮半島からやって来た。
○弥生人は北方から日本にやって来た。
◎弥生人は北方から朝鮮半島を突き抜けて日本にやって来た。

553 :出土地不明:2005/12/16(金) 23:25:10 ID:MDFvAZZl
弥生人は北方のどこかから朝鮮半島を短期間で突き抜けて定着せずに
日本までやって来た北方モンゴロイド。

554 :出土地不明:2005/12/17(土) 00:40:10 ID:fqLl45YH
>>553
時代を考えると、1)中国南部の北方系(寒冷地適応型)と、モンゴル、
トルコ、ツングース系の漢化した人々(騎馬民族)ってことだろう。
朝鮮半島に入ったのは、漢化していないツングース系が多かったと思われる。
もちろん、半島に入ったのちに、漢化されたわけだが。

555 :出土地不明:2005/12/17(土) 15:46:43 ID:H4AJfEJI
弥生人が本当に中国から来たのなら、何で当時の中国の主流だった灰釉陶
や印文硬陶、竜山文化や良渚文化の主流であった黒陶が伝わってないのか?
何で土とん墓が全く普及してないのか?

何で紅陶文化と支石墓文化なのか?

これらは当時の朝鮮から満州にかけての文化ですよ。

556 :出土地不明:2005/12/18(日) 00:43:21 ID:PVGrgVBC
>>555
時代が違うだろ。紀元前後の話と新石器時代の話をごっちゃにするな。
日本の古墳における埋葬施設については、中国江南あたりの方式と一致
するものがある。

557 :出土地不明:2005/12/18(日) 14:44:01 ID:BCmBer7L
はあ?

灰釉陶も印文硬陶も土とん墓も全部、弥生人が渡来した
BC4〜3C頃の江南や華北、当時の中国の主流の文化ですが何か?

土とん墓に似た盛り土の墳墓は世界中どこにでもあるが、
弥生期の日本は支石墓と甕棺墓が主流でそのような墳墓が
普及した余地が全くない。

無紋紅陶と支石墓は当時の朝鮮から満州にかけての文化。

558 :出土地不明:2005/12/18(日) 19:17:56 ID:vqZpt9TD


弥生人の韓半島起源が証明されました!!!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1134883140/



559 :出土地不明:2005/12/18(日) 19:30:42 ID:BCmBer7L
あほかおまえ。

弥生人は北方モンゴロイド。

当時の朝鮮半島の人種は中央モンゴロイド。

560 :出土地不明:2005/12/18(日) 20:24:07 ID:BCmBer7L
で、当時の華北人が北方モンゴロイドが混ざって、
既に北方モンゴロイドの形質を獲得していた中央モンゴロイド。

だから、形質人類学の馬鹿が弥生人中国説に引っかかるのだ。

561 :出土地不明:2005/12/18(日) 22:07:33 ID:SHaLUELj
つ関東弁の起源は朝鮮語か?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1108850455/

562 :出土地不明:2005/12/19(月) 00:59:20 ID:gxOqoJq4
>>560
華北も江南も一緒くたにしてる馬鹿はお前
だいたい華北でも沿海部は中原からは明らかに異民族視されてたろうに
人種的にどう違ったか(それとも同じだったか)説明できるかい?

563 :出土地不明:2005/12/19(月) 02:15:45 ID:D4xD5226
朝青龍は義経の末裔


564 :出土地不明:2005/12/19(月) 14:04:25 ID:JpaNIdT2
>>562
まずは言い出しのおまえの説を聞こうじゃないかw

565 :出土地不明:2005/12/20(火) 19:33:10 ID:xqyepajI
>>562
早く聞かせろよ。

566 :出土地不明:2005/12/20(火) 23:02:47 ID:xqyepajI
江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、
何で当時の中国の主流だった灰釉陶や印文硬陶、
最低でも古代江南の良渚文化や古代華北は山東の竜山文化の
主流であった黒陶くらい伝わっていないのか?

何で当時の中国で主流だった土とん墓が伝わって普及していないのか?
何で青銅貨などの金属貨幣や漢字の前身である金石文も伝わっていないのか?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのか?

これらは当時の朝鮮から満州にかけての文化ですよ。

567 :出土地不明:2005/12/22(木) 14:27:43 ID:SGo3IcOa
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


               衝      撃

NHKニュース内で「公明党の支持母体の創価学会が・・」と滝島雅子アナがニュースを読み始めた途端…
http://hokkech.com/modules/mymovie/movieview.php?cid=1&lid=1
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



568 :出土地不明:2005/12/24(土) 04:19:47 ID:PxMyLSew
文化伝播と人種は別だろうに。

569 :出土地不明:2005/12/24(土) 10:06:14 ID:1xXE6BjI
サヨクはナオンにモテるのである。 ナオンを紹介してやるぞ!!

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1133957197/l50

570 :出土地不明:2005/12/24(土) 15:41:28 ID:LTUvto0e
中国人は少数民族を除いた漢民族で、中原の華北の中央モンゴロイド
(中央蒙古人種、シナ人種、シニーデ)と南部の南方モンゴロイド
(南方蒙古人種、南シナ人種、バレンモンゴリーデ)に大別される。

華北人の属する中央モンゴロイド(中央蒙古人種、シナ人種、シニーデ)が、
長身、中頭、面長、狭鼻、二重まぶた、張ったえら、頬骨が出ず彫りのあまり浅くない顔面。

華南人の属する南方モンゴロイド(南蒙古人種、南シナ人種、バレンモンゴリーデ)
低身長、短頭、丸顔、広鼻、二重まぶた、張ったえら、頬骨が出ず彫りの浅くない顔面。

華中(江南)はそれらの中間くらい。

シナ人種は長身、中頭、面長、狭鼻、二重まぶたで蒙古ひだが無い人も
珍しくなく、頬骨が出ず彫りのあまり浅くない顔面を持つため、
その容姿から一時はコーカソイド起源説が唱えられたが、
今は否定されているとの事。

571 :出土地不明:2005/12/25(日) 18:06:43 ID:OaDUPyYy
生粋の日本人は私だけである。

572 :出土地不明:2005/12/26(月) 18:07:28 ID:oSa+plgd
せめて、これくらいのフォローはして欲しいね。
青少年が勘違いするから。


「弥生期の渡来人は朝鮮半島から渡ってきたと見られるが、
渡来人骨の形質は朝鮮半島で出土する古代人骨とは著しく
異なっているところから、別の場所から朝鮮半島を経由して
日本まで渡ってきたと考えられる。」

573 :出土地不明:2005/12/26(月) 22:06:11 ID:oSa+plgd



■疑惑の弥生人中国説について語れ■

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1134883140/



574 :出土地不明:2005/12/27(火) 03:17:37 ID:m6m9Z08O
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・w・)< willです。よろしく。
 ( つ旦O  \____________
 と_)__)
http://web-will.jp/
月刊「will」2006年2月号(12月26日発売)総力特集「許すな! 中国と朝日」
■山際澄夫
「鉄面皮、王毅の嘘とデタラメ」
■石平
「朝日新聞は『人民日報』東京支局か」
■李登輝
「中国は地球を蝕むがん細胞だ」
■渡部昇一
「毒ガス処理に一兆円の愚」
■古森義久
「日中軍事衝突の危機」
■西法太郎
「恐怖の中国輸入食品」
 特別対談 
■金美齢・J・タシク
「『中国はひとつ』の幻想 台湾よ、自信を取り戻せ」」
■諏訪澄
「欠陥商品を売って 侘び証文で稼ぐ朝日新聞」
 新春対談 
■小野田寛郎・中條高徳
「靖国神社と日本人の品格」
 刺客参上 
■兵本達吉 『私の戦後六〇年』を嗤う 第4回
「丸腰憲法を絶賛 冗談ではないよ、不破哲三」
 OPINION 
■谷沢永一
「皇室伝統こそ我が国の国益である」

575 :出土地不明:2005/12/31(土) 00:08:10 ID:wfInlP7f
一番重要な事は、

弥生文化はほとんど半島南部の文化の伝来であるのに、
それを九州北部に持ち込んだ人種は当時の朝鮮半島南部の
人種ではないという事なんだな。

当時の朝鮮半島の人種は縄文人の形質を残した中央モンゴロイド。

その半島南部の文化を九州北部に持ち込んだ人種は北方モンゴロイド
の形質を持った別の人種。

そこが面白いところなんだよ。

ははーん、まるで南蛮人がアメリカ原住民の文化だったタバコを
日本に初めて持ち込んだのとよく似てるね。

576 :出土地不明:2006/01/09(月) 17:19:38 ID:s8uITUpJ
b.トゥンギーデ(北蒙古人種)

最も特殊化した典型的黄色人種。黄色の皮膚、剛直毛、著しい短頭、
扁平な顔、それに蒙古皺襞をもつ。東部シベリアから蒙古を経て
トルキスタンにいたる高原地方に分布。

c.シニ−デ(中央蒙古人種)

いわゆるシナ人種。やや高身、中頭で、頬骨突出や蒙古皺襞が弱く、
鼻が突出している。中国本土の大部分を占める。

d.パレモンゴリーデ(南蒙古人種)

茶黄色、低身短頭で、顔は丸くやや広鼻。中国南部から東南アジアに
広く分布。 (世界大百科事典/平凡社)

577 :出土地不明:2006/01/09(月) 17:20:28 ID:s8uITUpJ
弥生顔と華北人の顔の一番の違い。


c.シニ−デ(中央蒙古人種)

いわゆるシナ人種。やや高身、中頭で、頬骨突出や蒙古皺襞が弱く、
鼻が突出している。中国本土の大部分を占める。

蒙古皺襞が弱く、鼻が突出
蒙古皺襞が弱く、鼻が突出
蒙古皺襞が弱く、鼻が突出
蒙古皺襞が弱く、鼻が突出

578 :出土地不明:2006/01/13(金) 05:21:15 ID:kmz25MvI
南朝鮮の国定歴史教科書にはこのように記述されているそうで・・・

BC7000年頃 パミール高原(現在のタジキスタン)で世界最古の文明である朝鮮文明誕生。
          9000年歴史が始まる
BC4000年頃 一部の朝鮮民族が世界各地に移住を始める
BC3500年頃 朝鮮文明がパミール高原から西へ伝わりメソポタミア文明が誕生
BC3000年頃 メソポタミア文明の影響でエジプト文明が誕生。
          同時に朝鮮民族の大部分がパミール高原から東方へ移動を始める。
          5000年の歴史はここから始まるが実際には9000年とするべきである。
BC2500年頃 パミール高原から朝鮮文明が南下してインダス文明が誕生
BC1700年頃 朝鮮民族の一部が黄河流域に住み着き黄河文明が生まれる。
         こうして全ての文明は朝鮮民族によって作られた。
BC1500年頃 中国に殷王朝成立。もちろん朝鮮民族の王朝である。
BC1000年頃 中国に周王朝成立。殷王朝の一部の朝鮮民族が満州に移住して古朝鮮を成立する。
BC500年頃 朝鮮民族は古朝鮮に集結し、世界の中心として繁栄する。



579 :出土地不明:2006/01/14(土) 14:19:42 ID:a0Vbl5KR
こりゃまた大胆不敵な歴史で。

580 :出土地不明:2006/01/15(日) 20:58:55 ID:NAWknU0D
マジっすか
ほんとなら東アジア板にスレ作ってほしいな

581 :出土地不明:2006/01/18(水) 17:16:50 ID:eqk7SFcL
★古代カラ半島国家の歴史★

【志良岐】
国号の読みはシラギ。正しくはシラキ。4世紀以前の東アジア半島(現在の朝鮮半島)の
南東部にあった国である。神武天皇の兄・稲飯命によって建国される。
シラキとは「治らす木」の意味である。治らす(シラス)は日本語古語で治めるの意味であり、
木とは神木、すなわち天孫たる日本皇族のことである。したがって、治ら木(シラキ)とは、
「国を治める皇孫」の意味であり、稲飯命の別名なのである。
この事実から考えるならば、シラキの国号をその意味と音に合わせて漢字表記する場合、
『治良木』と書くのが適切である。しかし、わが国では昔から志良岐と表記したり、
また、新羅と表記するのが一般的ある。
神武天皇の兄=稲飯命によって建国され、その子孫が代々の王(キミ・国の主)となった
志良岐は、古代東アジア半島の南部諸国の中で、日本国(ヤマト)ともっとも友好関係に
あった国である。
その政治制度は、王(キミ)の下に国吉士(クニキシ。コニキシとも呼ばれる)という長官
が置かれ、王の統治を補佐するという独特のシステムであった。しかし、この制度が原因で、
志良岐王(シラキのキミ)は、臣下である第十七代・国吉士(クニキシ)=金奈勿に王権を
奪われることになった。
奈勿は、高句麗と手を組んで謀反を起こし、稲飯命の血を引く志良岐王族を皆殺しにした。
そして、志良岐の国号を『新羅』に改め、自分が新しい王となったのである。
金奈勿は金氏新羅の初代王であるが、志良岐人(倭人)ではなく、朝鮮人である。
金氏は謎の一族である。彼らが、いつ、どこから来たのか、どのような方法で志良岐に
移住したのか、それを記した資料はなく、すべてが謎に包まれている。
韓国に伝わる新羅の建国神話によれば、稲飯命が森の中で拾ってきたという逸話があるが、
もちろん作り話である。新羅建国(奪国)者=金氏に関する歴史的資料は皆無なのだ。


これコピーして、近所にバラまけぇ〜〜〜っっ!!


582 :出土地不明:2006/01/18(水) 17:32:30 ID:8Oa0KdUz
新羅国は倭人が創った
三国史記「新羅本紀」によると、瓢公という倭人が、瓢箪を腰に沢山つけて海を渡って
来たと記されています。新羅本紀では「瓢公」は新羅の重臣として描かれていますが、
これは、後世に新羅と日本が仲たがいした為の創作であり、本来は新羅の王だったと
考えられます。

三国史記は 1145年に書かれた朝鮮最古の史書ですが、新羅が半島で最も新しい国家で
あるにも係らず、最も古い国家であるように捏造されており、「瓢公」を新羅の重臣と
すり替えたのも、半島統一に伴う自負心から出たウソと考えれば、辻褄が合います。

これで、日本は兄、韓国は弟であることがはっきりしました。韓国は兄に対して行って
来た数々の無礼な振舞いに対し土下座して謝罪し、賠償をしなければなりません。 <(_ _)>

583 :出土地不明:2006/01/18(水) 17:45:57 ID:8Oa0KdUz
>>582
新羅国は倭人が創った(2)
実は「瓢公」が新羅の王になったことは、三国史記からは明確ではありません。その代り
4代目の脱解王が日本出身であったことは、明確に書かれています。この王は倭の都から
東北千里にある多婆那(丹波?)国で生まれたが、生まれた時大きな卵だったので、海に
流され、新羅で拾われたそうです。また、「瓢公」の家で育ったそうです。

これで新羅国は倭人が創ったことがよりはっきりしました。日本は兄、韓国は弟なのです。
韓国は兄に対して行って来た数々の無礼な振舞いに対し土下座して謝罪し、賠償をしなけ
ればなりません。 <(_ _)>


584 :出土地不明:2006/01/18(水) 19:06:56 ID:fQQe9ics
チョンども,頭が高い!!

585 :出土地不明:2006/01/18(水) 20:01:25 ID:eqk7SFcL
★古代カラ半島国家の歴史 2★

【任那】
地名の読みは、ミマナである。
日本国の第十代大王(オオキミ)である崇神天皇=孫木入彦命(ミマキイリヒコ)の御名を
記念して命名された。地名の意味は「皇孫の名」である。
志良岐の西側にあった日本国領土である。
任那は、正確に言えば「国」ではない。ヤマト朝廷が直接統治する天皇家の「領地」であった。
神武天皇が日本国を建国する以前から、任那には多くの倭人が住んでいた。隣接する志良岐や
久多良とともに、任那は日本文明圏を構成する地域の一つだったのである。
崇神天皇の時代に日本国の正式領土となった任那には、ヤマト朝廷が管理する鉱山と製鉄所が
置かれ、日本列島および志良岐、久多良へ鉄材が輸出されていた。
これらの鉄は、鍋などの生活用品を製造するための原材料として使われると同時に、剣や槍など
の武器の製造にも利用された。
そのため、日本にとっての任那は、経済面だけでなく、軍事面でも重要な意味を持つ地域で
あった。任那にはヤマトから派遣された軍が常駐していた。任那の軍は、任那の独立を守る
ための組織であると同時に、志良岐および久多良に対する軍事支援を行う任務も持っていた。
また、カラ半島北部の騎馬民族勢力に対する監視活動・情報収集活動等も行っていた。
朝鮮人国家の金氏新羅に征服されるまでは、多くの倭人が居住し、日本文化が花開く美しい
土地であった。

これコピーして、近所にバラまけぇ〜〜〜っっ!!


586 :出土地不明:2006/01/19(木) 22:28:27 ID:K2tojWsK
ふーん。

しかし外様の倭人を王にするとは随分懐が深いもんだな。

587 :出土地不明:2006/01/20(金) 16:27:37 ID:8tIJ3wp9
違うよ。
朝鮮民族の歴史は500万年だよ。

朝鮮民族は500万年前、東アフリカで生まれたんだよ。
人々はこれをラミダス猿人と呼ぶが、紛れも無く朝鮮民族である。

588 :出土地不明:2006/01/20(金) 16:41:33 ID:PqKD7feO
するって〜と、チョンはその500万年前のラミダス猿人から
全く進化してないのか?

589 :出土地不明:2006/01/20(金) 23:24:44 ID:/E5MJtIr
>>586
半島最南端部は日本固有の領土だった。だから、新羅にも多数の倭人が
住んでいた。新羅の倭人は今の在日よりもその国の国民に近い存在だな。
強姦もしなかったし、生活保護も受けず勤勉だったし、真面目に働いたし。

590 :出土地不明:2006/01/20(金) 23:30:24 ID:spSCCaKh
でも朝鮮人にはYAP+が無いぜ。


 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

591 :出土地不明:2006/01/22(日) 00:05:54 ID:0nImz3DI
>>590
新羅が半島を統一した時点で、全員を抹殺した可能性がある。ガクブル

592 :出土地不明:2006/01/22(日) 09:36:26 ID:UQhKt/za
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1137884195/l50
3 :日本@名無史さん :2006/01/22(日) 09:04:15
この少しあとに苗字制度が始まるのだが当時の人はまだ苗字がない。
http://www.loops.jp/~asukaclub/syoki.html
http://www.dai3gen.net/ems.htm
当時の日本人の名前の変化面白いよ。
名前は身分、生活様式、渡来か否かを顕す
九州の土蜘蛛の方々(足、手、耳垂、鼻垂)等体の名前がついてる。
倭人伝によると投馬国は彌彌那利、彌彌とおそらくミミ=耳で
土蜘蛛系だろう
初期の大王にも足がついてるのでやはり元は九州の土民の血が濃いのかも

筑紫国熊県の方は名前に熊がつく、熊襲国の人は鹿
動物の名前が好きみたいだ、狩猟民族の名残か
当時の大和政権の上層部は
彦(日子)、日、五十、鈴などを名前につけている。
特に出雲系に近い人は鈴、五十を好む。銅鐸、五十猛(スサノオの末裔だから)
ニギハヤヒも日だね。
九州の上層部の人は田という言葉が好きなようである。水田稲作
この少し後に近畿に白というトーテムが入る。

渡来アイテムは五十、鈴、日から白へと変わる。
東北に白という地名が多いのは新しい渡来人が入ったか、
新しい畿内文化が入ったかいずれか。

593 :出土地不明:2006/01/22(日) 12:56:24 ID:UQhKt/za
ttp://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/01.htm
東日本は元々、国津神、島津神に変わる形で天孫系の氏族が
支配層に収まってるんだが、東にいた国津神、島津神も
ニニギの系統で高句麗系なんだよ。
一方、西日本は土蜘蛛や熊襲の非高句麗系の土着の一族が
支配していたんだ。
だから物部などの天孫氏姓は西では圧倒的に少ないの。

そして中世、宇都宮などの東人が西の支配層に収まるけど、
これは西に天孫系の支配者が殆どいなかったせいなんだ。

驚いただろ、東朝鮮人

594 :出土地不明:2006/01/22(日) 12:57:34 ID:UQhKt/za
朝鮮人がYAP空っぽになったのは一文字姓と
天孫信仰があったからだろう。
金の子孫ばかりが増えてしまったのでYAP空っぽに
なってしまったのよ。
日本も藤原さんの遺伝子ばっかり濃くなると
朝鮮の人みたいになってしまいます。
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/tennouichiran.html

595 :出土地不明:2006/01/22(日) 20:58:32 ID:Fq0bSn9z



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




596 :出土地不明:2006/01/22(日) 21:00:04 ID:Fq0bSn9z

●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に近い土着の種族がいた。



597 :出土地不明:2006/01/24(火) 14:23:25 ID:xFx285Jj
133 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 13:35:53
新羅は出雲人の国
http://makimo.to/2ch/mentai_whis/980/980828553.html

134 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 14:00:44
新羅人は出雲・丹波・但馬人(銅鐸=鈴、五十猛)かもしれないが。
出雲系が純粋な倭系とは思えない。

彼らは少なからずその前に高句麗の影響を受けている。
だから出雲系(出雲人、初期近畿人、関東東北人)は
当初は高句麗との混血であり、更に新羅からの渡来人と
混血したと考えられる。
だからあそこまで高句麗、新羅文化に拘りがあるのです。

598 :日本@名無史さん:2006/01/24(火) 21:45:02 ID:RW0RsUB6

半島帰化人のほとんどは、日本から以前に渡った兵士の子孫。
科野や関東からの防人。

渡来人は里帰りがほとんどだ。

難民も混じっていたが・・・。

599 :出土地不明:2006/01/25(水) 03:40:16 ID:YYd1cPY3
邪馬台国は北部九州(宇佐八幡を中心か?)とした本州政権に対する
クーデター政権かもしれない。
元々伊都国、奴国、など筑前、豊前は本州政権の支配下にあったが
その臣民は南の狗奴国的な人達が多く、本州政権に対する
不満が高かった。そんな中、邪馬台国(宇佐?あるいは近畿の一部)
が主導的な立場に立ちこの地域を中心としたクーデター政権を
たてた、それが女王国邪馬台国ではないか?
そうすると、女王連合国家の首都は小城であっても、近畿であっても
小城の土蜘蛛征伐等の関係で否定材料とまでは言えないかもしれない。
(ちょっとわかりにくい文書いてしまった〜)

狗奴国とはその女王国とも本州政権とも連合を組まない
熊襲、熊民、隈民、蘇民、土民だったのである。
狗奴国の人達は頑なに火、水信仰(玉垂命)をもっていた。

600 :出土地不明:2006/01/25(水) 04:02:40 ID:YYd1cPY3
>>598
根拠を示して下さい。
元々その前から出雲丹波ラインは高麗人が渡来してた地域です。

もれは、ブーメラン型(高句麗→出雲→新羅)の出戻りを想定してる。
更に新羅から東北関東に一直線だ。

601 :出土地不明:2006/01/25(水) 20:37:35 ID:RI5/XSd1
>>600
>元々その前から出雲丹波ラインは高麗人が渡来してた地域です。




で、そのソースは?




602 :出土地不明:2006/01/26(木) 05:28:32 ID:wsFpt0qv
>>601
日鉾は但馬に移住、脱解は但馬から辰韓に移住、
その後、昔氏になり新羅を建国。
新良貴氏のルーツでもある。
それぞれ、ぐぐってくれれればソースはいくらでもでます。
記紀も読んで下さい。

603 :出土地不明:2006/01/26(木) 05:33:00 ID:wsFpt0qv
高皇産霊尊、高麗人はまず
少彦名を出雲に降臨させています。
少彦名は常世信仰とともに茨城(茨とは土蜘蛛征伐の際い
茨を使って征伐したという由来)に移住

その後
高皇産霊尊一族は出雲に移住します。
記紀、風土記どうりです。


604 :出土地不明:2006/01/26(木) 20:09:34 ID:A9DOsJX+
馬鹿馬鹿しいw

高句麗が単に使者数名を送ってきただけじゃないのw

何が降臨じゃww

605 :出土地不明:2006/01/27(金) 17:16:52 ID:jxqlhR4j
新羅国は倭人が創った
三国史記「新羅本紀」によると、瓢公という倭人が、瓢箪を腰に沢山つけて海を渡って
来たと記されています。新羅本紀では「瓢公」は新羅の重臣として描かれていますが、
これは、後世に新羅と日本が仲たがいした為の創作であり、本来は新羅の王だった
と考えられます。

三国史記は 1145年に書かれた朝鮮最古の史書ですが、新羅が半島で最も新しい国家
であるにも係らず、最も古い国家であるように捏造されており、「瓢公」を新羅の重臣と
すり替えたのも、半島統一に伴う自負心から出たウソと考えれば、辻褄が合います。

瓢=朴ですが、初代の新羅王「赫居西」の姓は「朴」でした。「瓢公」は「赫居西」
と同一人物である可能性が高いのですが、断言するのにはイマイチ材料が不足して
います。建国は330年頃と思われますが、BC 57年だなんて捏造しています。

606 :605:2006/01/27(金) 17:21:08 ID:jxqlhR4j
新羅国は倭人が創った(2)
実は「瓢公」が新羅の王になったことは、三国史記からは明確ではありません。その代り
4代目の脱解王が日本出身であったことは、明確に書かれています。この王は倭の都から
東北千里にある多婆那(丹波?)国で生まれたが、生まれた時大きな卵だったので、海に
流され、新羅で拾われたそうです。そして、「瓢公」の家で育ったそうです。
これで新羅国は倭人が創ったことがよりはっきりしました。

607 :出土地不明:2006/01/27(金) 17:37:57 ID:HY9t0SW9
新羅国は倭人が創った(2)
実は「瓢公」が新羅の王になったことは、三国史記からは明確ではありません。その代り
4代目の脱解王が日本出身であったことは、明確に書かれています。この王は倭の都から
東北千里にある多婆那(丹波?)国で生まれたが、生まれた時大きな卵だったので、海に
流され、新羅で拾われたそうです。そして、「瓢公」の家で育ったそうです。
これで新羅国は倭人が創ったことがよりはっきりしました。

しかも韓国の壇君伝説は卵から生まれた天孫が
熊と虎を人間にしようとしますが、熊だけが人間の女性になります。
そして壇君と熊女は結婚し子孫を儲けます。

新良貴の天日鉾(五十猛、五十鈴木、伊達、館の祖先)
が移住したのも但馬です。
高天原は近江・丹波・但馬ラインで確定です。

おめでとう、おめでとう



608 :出土地不明:2006/01/27(金) 23:45:15 ID:bWPKY8eM
あほかおまえw

高天原は単に宮中の意。

馬鹿は氏ねよw

609 :出土地不明:2006/01/28(土) 16:45:19 ID:HrPtOxdy
仏教そのものが先住民の宗教になっていた可能性が高い。
神道は物部(五十鈴(銅鐸))が牛耳ってから
朝鮮的な色彩が強く先住民の間で抵抗があったのである。

610 :出土地不明:2006/01/29(日) 13:52:20 ID:E4kMlrPD
>>602
教えてあげる!!

★★ 古代朝鮮人は、日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
朝鮮人は、古代日本に一人も移住していないのである。志良岐・任那・久多良は 倭人の国だった。
また、この三国と古代日本の文明レベルは同程度であり、半島に『輝かしい先進文化』なるものは
存在しなかった。高句麗の文化も日本と同じレベルだったのだ。 先進文化ウンヌンという話は、
日本人に対し優越感を持ちたい朝鮮人の妄想が生んだ フィクションである。
そもそも、日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人)
が移住しており、日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していたのだ。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準の
レベルに差があった、などということはありえない。ふつうに考えれば分かることである。
たしかに、古代ヤマトもカラ半島南部も、大陸文化の影響を受けてはいる。
しかし、ヤマトとカラに文化的影響を与えたのは、越地方の越人(倭人)と帯方郡の漢人であって、
朝鮮人ではないのだ。古代朝鮮人は『先進文化』を持っていなかったのだから、ヤマトやカラに
文化的影響を与えるわけがないのだ。無いものは与えようがないではないか。


611 :出土地不明:2006/01/29(日) 17:40:52 ID:WDvxeQpU
>>610
>日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から
>多くの越人(倭人)が移住しており


ほーう、では何で当時の江南の主流であった灰釉陶や印文硬陶
や金文くらい伝わってないのかね?

贅沢は言わん。

何でせめて粗悪な灰陶くらい伝わってないのか?

何でその代わりに江南とはさーっぱり関係の無い当時の満州から
朝鮮にかけての主流だった紅陶や支石墓文化が伝わっているのかね?

612 :出土地不明:2006/01/29(日) 17:42:41 ID:kG29Wz2B
伝えてないからじゃん。

613 :出土地不明:2006/01/29(日) 18:12:26 ID:WDvxeQpU
じゃあ、来ていないということじゃん。

614 :出土地不明:2006/01/29(日) 18:14:35 ID:kG29Wz2B
来たけど伝えてない、と。






615 :出土地不明:2006/01/29(日) 19:14:08 ID:WDvxeQpU
では、生命的存在を伝える確かな証拠になる物的文化は
その越人からは一体何が伝わってるのかね?

616 :出土地不明:2006/01/30(月) 17:19:57 ID:EDj879xK
稲作だろ。


617 :出土地不明:2006/01/31(火) 19:39:29 ID:C3I/Pv/S
稲作は6500年以上前から日本にあるが。

生命的存在を伝える確かな証拠になる物的文化はなーんにも江南から
伝わってないようですね。

618 :出土地不明:2006/02/02(木) 20:10:18 ID:2MW55aj0
6500年以上前から、越人は日本に移住してたんですね!
さすが、越人!
やっぱり、セクシー!




619 :出土地不明:2006/02/02(木) 21:35:26 ID:2MW55aj0
済州島の古名=耽羅(タンラ)は、元はタムラと発音した。

タムラの語源は、日本語古語の屯(タムロ)だ。
タムロとは、大勢の人間が集まる場所の意味。
タムラ島は、古代中国と筑紫(日本・九州)・百済の中継地だった。
人が集まる島だったので、日本人(大和人と百済人)が
そう名づけたのだ。


620 :出土地不明:2006/02/03(金) 11:51:16 ID:nHG+l4E8
半島→日本と言う感じより、
日本→半島だったみたいね。

621 :出土地不明:2006/02/03(金) 16:36:20 ID:8X3WAnum
>>620
そうなんだよ、稲作も日本→半島が定説になりつつある。
古代のヒスイは日本の姫川付近でしか取れないから、全部日本製。
前方後円墳は日本が発祥の地で、韓国に渡ってるし。

622 :出土地不明:2006/02/04(土) 15:26:55 ID:tLPOErt2



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




623 :出土地不明:2006/02/04(土) 15:28:30 ID:tLPOErt2


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



624 :出土地不明:2006/02/04(土) 22:02:58 ID:tLPOErt2
水田技術は半島→日本だよ。

625 :出土地不明:2006/02/06(月) 21:30:17 ID:oLMBRxeo
スサノウのオロチ退治は、川沿いに作っていた稲田が川の氾濫のたびに
飲み込まれていたのが、水路や水門、ため池を作って川から離れた場所
に稲田を移した話と考えられる。つまり、新たな農耕技術・土木技術が
亡命者によって持ち込まれたとゆう事だろう。

626 :出土地不明:2006/02/07(火) 10:34:10 ID:PflDldIr
中国から伝わった稲作は陸稲だったの?

627 :出土地不明:2006/02/07(火) 12:13:36 ID:O3bwFEz+
>>624
>水田技術は半島→日本だよ。 根拠になるソース出せよ。

水田技術は日本→半島だよ。
半島の品種は皆日本にあるが、日本の品種で半島に無いものがある。

628 :出土地不明:2006/02/08(水) 23:05:51 ID:G9Da7VEv
日本で水田稲作が初めて始まる九州北部の弥生遺跡に朝鮮半島南部と
そっくりの農工具が同時期に突如出現するからである。

それらの農工具が北部九州でごく短期間のうちに開発されたとは
とても考えられないから、水田技術の伝播が日本→半島とは考え
られないのである。

むろん、朝鮮半島の無文土器の影響を受けている弥生土器の出現も
同時期であり、その九州北部の弥生遺跡から出土する。

それに当時の中国で主流だった物的な文化が当時の九州北部に
何も伝わっていないため、水田技術の伝播が中国→日本とも考えられず、
水田技術の伝播はやはり半島→日本としか考えられないのである。

629 :出土地不明:2006/02/09(木) 11:01:30 ID:8MN1iGEm
弥生人は中国からの亡命者。焼き物技術者は亡命する必要なんて無い。
水田技術の伝播は中国→日本だよ。

630 :出土地不明:2006/02/09(木) 16:52:50 ID:819/3NBT
漢に滅ぼされた、箕氏朝鮮の人々が亡命して来た?

631 :出土地不明:2006/02/09(木) 20:09:45 ID:Q9uPvoJa
では、なぜ弥生時代の幕開けの頃の九州北部の弥生遺跡に
水田技術と朝鮮半島南部とそっくりの農工具と半島南部の無文土器の
影響を受けた最古級の弥生土器が同時に出土するのかね?

中国から亡命者が来て弥生時代が幕開けしたなら、弥生時代の幕開け
から鉄器やら灰陶やら金文やらがもう出まくりw

でも現実はなーんにも当時の中国の主流の物的文化は伝わっておらず、
中国人の生命的存在はゼロ。

それはただ単に中国から人など全く来ていないという事に過ぎない。

>>630
漢に滅ぼされたのは衛氏朝鮮。
創始者の衛満は燕人で、やはり衛氏朝鮮から亡命者が来て
弥生時代が幕開けしたなら、弥生時代の幕開けから鉄器やら
灰陶やら金文やらがもう出まくっちゃいますw

632 :出土地不明:2006/02/09(木) 21:14:43 ID:Q9uPvoJa
弥生文化は確かに朝鮮半島南部の文化が九州北部に伝わったものだが、
なぜか弥生人は出土人骨から朝鮮半島南部の土着の種族ではなく、
北方アジアから朝鮮半島を短期のうちに突き抜けてきた北方系の種族。

そして弥生文化の伝播と弥生人の関係は、
朝鮮半島南部の文化が朝鮮半島南部の土着民と九州北部の土着民との間で
単に伝わっただけで、それとは関係なく北方系の種族が朝鮮半島を突き抜けて
九州北部に渡ってきたか、北方系の種族が朝鮮半島を突き抜けて九州北部に
渡ってくる時に朝鮮半島南部の文化が運び込まれたかのいずれかだろう。

633 :出土地不明:2006/02/10(金) 13:55:18 ID:7zoZxCXm
突き抜けて来たって、一年や二年ていどの時間で来た訳じゃないよね。

634 :出土地不明:2006/02/10(金) 17:49:19 ID:nm8e4fMQ
中国との通交
中国との通交は渡来系弥生人に遡ることができる。近年、DNAの研究が進み、渡来系弥生人の多く
は中国大陸の長江流域、山東省付近から来たと言われている。更に遡ると現在の中国の青海省付近
にまで遡ることができるという調査結果まででている。また、稲のDNAもほぼ同様の結果を呈して
いる。 近年、渡来系弥生人のDNAと下戸遺伝子(お酒に弱い人の遺伝子)の関連性が調査されてい
る。

 一九九四年一月二六日。山口県豊北町の土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアムの松下孝幸館長(形質
人類学)らが、山東省文物考古研究所を訪問。同省の遺跡から出土した前漢時代の古人骨約七十体
について、顔の長さ、幅などを計測し、北部九州や山口県で発掘された渡来系弥生人骨と比較した
ところ、八割以上で顔の長さ、ほお骨の厚さなど主要な値が一致。骨から推定した平均身長も渡来
系弥生人(男性一六三センチ、女性一五〇センチ)とほぼ一致した。

 一九九六年一〇月一九日、日本人類学会・日本民族学会連合大会発表。東大理学部の植田信太郎
助教授(人類学)らは、約二千年前の中国・山東省臨錙の遺跡から出土した人骨と、同時期の詫田
西分遺跡から出土した人骨のDNAを分析し、遺伝子の配列が特定の部分で同じ人がいることを確
認した。

 一九九九年三月一九日。江南人骨日中共同調査団(山口敏・東京国立科学博物館名誉研究員が団
長)は、江蘇省の墓から出土した六十体(二十八体が新石器時代、十七体が春秋戦国時代、十五体
が前漢時代)の頭や太ももの骨、歯を調査。特に、歯からDNAを抽出して調査し、福岡、山口両
県で出土した渡来系弥生人と縄文人の人骨と比較。結果、春秋戦国時代人と前漢時代人は弥生人と
酷似。DNA分析では、江蘇省徐州近郊の梁王城遺跡(春秋時代末)の人骨の歯から抽出したミト
コンドリアDNAの持つ塩基配列の一部が、福岡県の隈西小田遺跡の人骨のDNAと一致した。

635 :出土地不明:2006/02/10(金) 23:02:26 ID:l6OPYMOW


↓中国山東省と朝鮮半島、たった2つの古代人骨のサンプルだけで弥生人の
↓ルーツを中国と断定してしまった形質人類学の低脳ぶり。正直ただのアホww


「土井が浜の弥生人骨は、160センチメートルを遙かに超えた長身、華奢な四肢骨、
細面の顔に低い鼻、のっぺりとした、それでいて端正な顔立ちで、いわゆる北方系
「新モンゴロイド」の特徴がありました。
彼らのルーツを求めて朝鮮半島南部の慶尚南道金海と南部の勅島(ヌクド)の人骨、
中国は山東省の漢代の人骨を対象に調査されました。ところが、朝鮮半島2ヶ所の
人骨には土井ヶ浜の人たちと同じ形質は認められず、中国山東省の人骨は、極め
てよく似た形質を持っていることが確認されました。弥生人のルーツはやはり中国
だったのです。」

http://sakezo.com/shumi/rekisi/keta1.html


636 :出土地不明:2006/02/10(金) 23:04:33 ID:l6OPYMOW

↓満州やモンゴルなど北方アジア抜きで、アイヌ、琉球人、韓国人、中国人、
↓本土日本人、たった5つのサンプルだけで中国固有、韓国固有と抜かすmtDNAの低脳ぶりww



『 本州日本人 ミトコンドリアDNAのタイプ 』

(綜合研究大学院大学 宝来博士 分析)

 日本人固有のタイプ        4.8%
 韓国に多いタイプ        24.2%
 中国(台湾本省人)に多いタイプ 25.8%
 アイヌに多いタイプ        8.1%
 沖縄に多いタイプ        16.1%
 それ以外            21.0%

韓国人
韓国人固有のタイプ      40.6%、
沖縄に近いタイプ       17.4%

中国人
中国人固有のタイプ      60.6%

637 :出土地不明:2006/02/11(土) 13:15:53 ID:OLYKrDIR
>>611
>>621
★ 三国史記に記された百済の建国神話 ★

【百済の建国 (三国史記より)】
高句麗の始祖である朱蒙(しゅもう)には3人の子があり、長男の類利(るいり)が高句麗を継いだ。
後継者争いで身の危険を感じた弟の温祚(おんそ)は、高句麗から逃げ出し、自分の国を建てるために
南方へ向かった。10人の臣下と大勢の百姓がこれに伴った。10人の臣下にちなんで、当初は国の名を
「十済」とした。しかし、百姓たちが自分にしたがったことを喜び、百姓たちにちなんで国号を「百済」
に改めた。

【呉の建国 (史記より)】
『史記』によると、呉を建国した太(たい)伯(はく)は、周の古公亶父(たんぽ)の長男であったが、
後継者問題で身の危険を感じ、南方の江南の地にのがれて文身(いれずみ)・断髪し、後継者となる
意志のないことを表明して句呉と称したという。こうした事情を知って、この地の人々、千余家が
彼にしたがった。太伯は彼らを臣民として呉を建国した。

12世紀に成立した三国史記の『百済建国神話』が、史記のパクリであることは
間違いない。



638 :出土地不明:2006/02/11(土) 13:28:40 ID:odmbixx2
>>627
半島が失っても日本に存在し続けるものなんて、沢山あるよね。
日本の方が温暖なことを考えれば、特定の稲の種が半島で絶滅して、
日本で残るってのは合理的だから、半島に無いことで、
日本に先に水稲がと言われてもねえ。。。

639 :出土地不明:2006/02/11(土) 13:35:15 ID:oJkMRXM3
守口大根が、守口で作られていないようなものか。

640 :出土地不明:2006/02/11(土) 13:40:30 ID:odmbixx2
あのさ、
弥生人は江南人とか越人とか言う人と、
    山東人とかツングース人とか言う人に分かれるようだけど、
いったいどっちが正しそうなの?

641 :出土地不明:2006/02/11(土) 15:20:56 ID:SpOFMrVf
>>638
炭化米 DNA
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E7%82%AD%E5%8C%96%E7%B1%B3%E3%80%80DNA&lr=lang_ja


642 :出土地不明:2006/02/11(土) 15:26:36 ID:v6qfnAtN
>>640
この顔が中国人に見えるか?


http://hp1.cyberstation.ne.jp/fuji/esi/yamatoe/kaigaB.jpg
http://www.asahi.co.jp/rekishi/04-12-03/img/01.jpg
http://www.kochi-wu.ac.jp/~health/images/fujiharamitinaga_large.jpg

643 :出土地不明:2006/02/11(土) 18:38:26 ID:odmbixx2
>>642
そんなこと言われてもね。

644 :出土地不明:2006/02/11(土) 18:43:29 ID:v6qfnAtN
>>643
では、下に当てはまると思うかね?


c.シニ−デ(中央蒙古人種)

いわゆるシナ人種。やや高身、中頭で、頬骨突出や蒙古皺襞が弱く、
鼻が突出している。中国本土の大部分を占める。

d.パレモンゴリーデ(南蒙古人種)

茶黄色、低身短頭で、顔は丸くやや広鼻。中国南部から東南アジアに
広く分布。 (世界大百科事典/平凡社)


645 :出土地不明:2006/02/11(土) 22:18:15 ID:iUHDTD16
>>638
在日必死だな。でも、下の分布から見ると、中国→半島→日本は無理だね。
中国→日本→半島で決まり。 かわいそうだが、在日に勝ち目は無い。
B.C.2000以前の中国の穀物遺跡分布
http://www.tcn-catv.ne.jp/~woodsorrel/kodai/kk08.html


646 :出土地不明:2006/02/11(土) 22:47:42 ID:v6qfnAtN
稲作自体は6500年以上前から日本にはあり、日本の方が早いに決まっている。

日本にも大昔に絶滅した野生稲があった可能性があるし、
或いは8000年ほど前に縄文人が琉球進出した時に華南から稲が
九州に持ち込まれた可能性もあるな。

だが、水田技術は間違いなく朝鮮半島南部から。

647 :出土地不明:2006/02/11(土) 23:03:03 ID:v6qfnAtN
確かに弥生文化は朝鮮半島南部から伝わったが、弥生期の渡来人
は朝鮮半島南部の種族じゃなくて北方モンゴロイド(ツンギーデ)だな。

北方アジアから満州、朝鮮半島を駆け抜けて九州北部に渡ってきた集団。

ただ弥生文化はこの北方系の単一集団が朝鮮半島から日本に渡る際に
持ち込んできたのか、ただ単に九州北部の土着民と朝鮮半島南部の
土着民との間の交流で伝わったのか。その辺が分からないな。

前者だとするとBC10Cにはもう弥生人は来ていた事になる。

648 :出土地不明:2006/02/12(日) 03:00:28 ID:wdyaMuD/
北方モンゴロイドの南下運動が半島におよんだなら、
同時に中原にも南下運動がおよばないとヘンじゃない。
戦国期以前に、北方民族が精力的に中原を犯した時期ってあるの?

649 :出土地不明:2006/02/12(日) 11:12:35 ID:6Kg/VDAf
ところで大阪府立弥生文化研究所の所長が金関恕ってひとらしいけど、何で日本人が所長じゃないんだろう?

650 :出土地不明:2006/02/12(日) 13:57:42 ID:93tXvs+0
金関は日本人じゃヴォケw

金関は親父さんが著名な考古学者で人類学者だったんだよ。

>>648
6000年前から華北は北方アジア人に侵入されている。
それまでに居たプレ中央モンゴロイドと混成して今の
中央モンゴロイド(シニーデ)が誕生した。

シニーデはやや長身の中頭で面長であるが、蒙古皺襞が無い人が
珍しくなく、鼻が突出しているなどの点で弥生系とは異なる。

つまり日本人の方が人種的にツンギーデの影響を受けている。

651 :出土地不明:2006/02/12(日) 14:16:49 ID:aIxKwwqh
>>647
>確かに弥生文化は朝鮮半島南部から伝わったが

半島南部からは伝わってないんだが(笑

★★ 古代朝鮮人は、日本に移住していない ★★
朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
朝鮮人は、古代日本に一人も移住していないのである。志良岐・任那・久多良は 倭人の国だった。
また、この三国と古代日本の文明レベルは同程度であり、半島に『輝かしい先進文化』なるものは
存在しなかった。高句麗の文化も日本と同じレベルだったのだ。 先進文化ウンヌンという話は、
日本人に対し優越感を持ちたい朝鮮人の妄想が生んだフィクションである。
そもそも、日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人)
が移住しており、日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していたのだ。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準の
レベルに差があった、などということはありえない。ふつうに考えれば分かることである。
たしかに、古代ヤマトもカラ半島南部も、大陸文化の影響を受けてはいる。
しかし、ヤマトとカラに文化的影響を与えたのは、越地方の越人(倭人)と帯方郡の漢人であって、
朝鮮人ではないのだ。古代朝鮮人は『先進文化』を持っていなかったのだから、ヤマトやカラに
文化的影響を与えるわけがないのだ。無いものは与えようがないではないか。







652 :出土地不明:2006/02/12(日) 14:22:11 ID:aIxKwwqh
朝鮮人が古代日本史について語るときの基本パターンは、 古代日本と呉・越との深い関係を
故意に無視し、満州地方を本拠地としたフヨ族と 日本民族を結びつけて語ろうとする事だ。
フヨの神話と日本神話には共通点がないにも関わらず、である。
日本神話は、むしろ中国の越地方(長江以南)の神話との共通点が多いのだ。

★ 日本王権神話と中国南方神話  諏訪 春雄著(角川選書)★
【紀伊国屋書店ブックウェブ】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/bwtsea.cgi?STRCT=1&FLG=&REV-COD=OB22%2FO11

古代においては、日本列島とカラ半島南部の間を、倭人がふつうに往来していた。
そして、この倭人の先祖は、長江以南の越地方から渡ってきたのだ。
長江下流域(今の上海あたり)から、筑紫(九州)や百済(カラ南西部)までは、
距離はほぼ同じくらい。稲作文化にしろ何にしろ、まずカラ半島のほうへ
優先的に伝えなければならないという理由はない。
むしろ、政治・社会の安定度の高さについて言えば、日本列島のほうが上だ。
日本列島に住んだほうが、平和な生活ができる。 北方の蛮族=フヨ族が
いつ南下してくるか分からないカラ半島よりも、 先進文化が栄えている日本の
ほうが、越人たちにとっては、 居住地として魅力があるのだ。
実際は、越人は、日本列島とカラ半島の両方に移住していた。
そして、対馬海峡の両岸には倭人文化圏が成立していたのだ。
これが古代東アジアの真実。
「半島側のほうが文化が進んでいた」という説は、
朝鮮人の妄想の産物にすぎない(笑




653 :出土地不明:2006/02/12(日) 14:33:52 ID:FJgtwB0+
>>650
そういう意味じゃなく、
6000年前となると、日本の弥生期が始まるはるか昔になるね。
6000年前に中原に南下したなら、同時期か少々時間を置いて、
半島に進出しててもおかしくないかと思ったんだが。。。

BC10世紀?に特別半島から日本に向けた移動が起こった理由がよく分からん。

逆に弥生期に特別に精力的に半島から列島への南下があったなら、
中原にもその期間著しい南下が確認されないと嘘っぽい、てか、
裏の取れてない状態かな、と。



654 :出土地不明:2006/02/12(日) 14:38:23 ID:FJgtwB0+
越人って
d.パレモンゴリーデ(南蒙古人種)
茶黄色、低身短頭で、顔は丸くやや広鼻。中国南部から東南アジアに
広く分布。 (世界大百科事典/平凡社)
、これでしょ。

縄文人に越人が混ざって日本人が誕生するかねえ。

655 :出土地不明:2006/02/12(日) 15:16:24 ID:93tXvs+0
>>653
いい所に気がついている。

6000年前に北方アジア人が華北に侵入したと言われている訳だが
実際は内蒙古南部あたりの中央モンゴロイドだったのかもしれんと
俺も思ってるんだな。

檀君神話の外来種侵入のエピソードは明らかに農耕民族で、
同じく内蒙古南部あたりの中央モンゴロイドの侵入ではないか
とも思ってるんだな。

華北人が明確に朝鮮半島に侵入した事が分かるのはBC2C末の
漢の武帝の朝鮮侵攻と漢四郡による朝鮮支配。

それと日本に来た種族は朝鮮半島から来たわけじゃないよ。

いい加減、この表現はやめにしてもらいたいと思っている。

北方から朝鮮半島を短期で突き抜けて九州北部に渡ってきただけで
朝鮮半島には定着してないんだよ。

656 :出土地不明:2006/02/12(日) 15:23:47 ID:93tXvs+0
>逆に弥生期に特別に精力的に半島から列島への南下があったなら、
>中原にもその期間著しい南下が確認されないと嘘っぽい、てか、
>裏の取れてない状態かな、と。


数十〜数千人規模の少数集団で流れてくるんだよ。
そんな滅多やたら頻繁に、北方民族が南下する必要もないでしょう。

657 :出土地不明:2006/02/12(日) 17:50:15 ID:FJgtwB0+
>>655
答えてくれているようで、肝心な所の答えがないな。。。
例えば、華北人を弥生期の渡来人という人の中には、
ちょうど、その時期が大陸の春秋戦国に相当するから、
戦争難民と経済難民が日本に押し寄せた、と言っている。
まあ、そもそもなんで戦国になったのか?というのが疑問だが、
一応、人間が移動するだけの理由にはなっているんだな。

それに対して、北方新モンゴロイドの移動というのは、
その背景となる大陸の歴史関係がまるで解明されていないのでは?という疑問。

まあ、春秋戦国が、地球規模の気候変動に依存したなら、
当然、北方新モンゴロイドも精力的な略奪を行う必要があったかもしれないけど。。。

一方で、弥生期渡来系を北方新モンゴロイドとした場合、
似たような歴史事象としては、イトニュウコウってやつだと思うけど、
イトの場合は、入植ではなく、略奪なんだよね。
ツングースは農耕系の弥生というのがまず疑問だし、
突き抜ける移動というのは、商売/略奪を目的とする野にも関わらず、
日本に留まり、水稲の耕作者として植民している。
これは少々以上の説明が必要な事項ではなかろうか?
まあ、いいけど。。。

658 :出土地不明:2006/02/12(日) 17:55:48 ID:FJgtwB0+
>>656
6000年前からあった南下にも関わらず、
3000年前からしかその影響が見られないのは変だということ。
規模の問題じゃなく、時期の問題との整合性が取れていない。

659 :出土地不明:2006/02/12(日) 18:36:17 ID:93tXvs+0
>華北人を弥生期の渡来人という人の中には、ちょうど、その時期が
>大陸の春秋戦国に相当するから、戦争難民と経済難民が日本に押し
>寄せた、

原因しか考えられない知恵の浅い人間が囚われる落とし穴だよ。
それに伴う結果の事まで深く考えられないんだな。

華北説はBC3C頃の華北の主流文化がほとんど何も日本に伝わって
いない事に全然気が付いていない。

>日本に留まり、水稲の耕作者として植民している。

北方から異なる自然環境への移動に際し、放牧や狩猟ばかりする訳
にも行かないだろう。
生きるために略奪もしただろうし、食生活も米食に変えるしかなかった
事だろうね。

さて、かつて中国を征服したモンゴル人たちはどうだったであろうか?

660 :出土地不明:2006/02/12(日) 18:46:59 ID:93tXvs+0
>>658
それは華北には6000年前に侵入したのに、半島と列島には3000年前
くらいから侵入した事が変だということかな?

それは地形に関係があったと思うな。

モンゴルから華北平原へはほとんどバリアフリーで侵入できるが、
朝鮮半島の北部は山岳地帯だから侵入も容易でなくしばらくは
敬遠された事だろうね。



661 :出土地不明:2006/02/12(日) 20:04:41 ID:FJgtwB0+
>>659
あのさ、ダメだよ。
質問に答えられない時は、まず、分かりません、て言わないと。
次に、君が勉強不足で分からないのか、立証されてないのか。

華北説では、
水稲、言語音などについての深い影響があるし、
時期としての、戦国による難民というのは、理由にはなっている。
人種の形態あるいは遺伝子的特徴に着いても、著しい齟齬があるとも言えない。

一方で、
ツングース説、
水稲ではあり得ないよね。
麦、陸稲、狩猟、放牧、通商、略奪のいずれかを生業にしてても、
水稲の可能性は非常に低いね。まず、この説明が出来てない。
時期の問題も説明無しだし。
海を渡る必要性も分からん。
しかも、海を渡って水稲をして植民する。
これほど大きなライフスタイルの転換をするのに生きてくため、って
説得力無さ過ぎw
形態的あるいは遺伝的特徴からは北方新モンゴロイドが有力というのはいいんだけどね。
北から、突き抜けて北、ってだけでは、馬鹿な子みたいだから、
納得出来ない人の方が多いんじゃない。

>>660
地形ねえ。
きみは、3000年前に地形が変わって、半島に侵入しやすくなった、
と言っているのか?

多分、違うんだよね。
寧ろ、敬遠してたけどやっぱ行ってみよ、と心変わりをした、といいたいのかな?
心変わりがあったかどうかは人智の及ばぬ所であって、
人を心変わりさせた理由は無いのかな、って質問なんだよね。

華北人→戦国→難民、みたいな絵はないんだね?

662 :出土地不明:2006/02/12(日) 20:24:50 ID:93tXvs+0
>>661
かなり頭が弱そうだな。

ツンギーデが水田技術なんか持ってこれる訳ないだろ。

ツンギーデが朝鮮半島南部を通過する際に既に水田技術がそこに
あっただけの話じゃないの。

ただ水田稲作を始めたのは日本に入ってからかもしれんがな。

663 :出土地不明:2006/02/12(日) 20:34:51 ID:93tXvs+0
>>661
では、今度はこちらから質問しよう。

君の言うように、戦国時代末の華北から戦争難民と経済難民が大量に日本に
押し寄せたのなら、何で当時の華北の主流だった灰釉陶や印文硬陶が
伝わってないのか?

最低でも粗悪な灰陶くらい何で伝わっていないのか?

何で漢字の前身である金文、青銅貨などの金属貨幣くらい
伝わっていないのかね?

何で当時の華北で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?

664 :出土地不明:2006/02/12(日) 20:45:07 ID:93tXvs+0
華北には殷代から木製車輪があったが、何でそんな便利なもの
伝わってないのかね?


665 :出土地不明:2006/02/12(日) 21:13:15 ID:FJgtwB0+
>>662
半島南部で、人攫いして、渡海するんだ。
益々、胡散臭いな。
奴隷を連れて来たなら、それって益々華北人の可能性が高くなるんじゃないのかな。

>>663
では、も何も全然、質問に答えれてないじゃん。
それに、しらんがな、そんなことは。
俺は、あんたが北方新モンゴロイドが弥生期の渡来人だ、っていうから、
北から突っ切って北、って馬鹿の一つ覚え以外に何かあるのかと聞いてやってんだぞ。
華北人が渡来人でないことで、ツングースが渡来人であることを証明してようなんてのは、
馬鹿のやる事。
ツングースにこだわるならツングースである理由を示せ、と言われても何にも示してないよね。

華北→水稲→弥生
ツン→??→弥生、
結局??となるギャップを埋める事はアンタには出来ないわけですね。。。


666 :出土地不明:2006/02/12(日) 21:23:35 ID:93tXvs+0
>>665
もうさんざん俺は君の質問に答えてやったんだから、
当然、今度は君が俺の質問に答える番だろ。

君が言うように、戦国時代末の華北から戦争難民と経済難民が大量に日本に
押し寄せたのなら、何で当時の華北の主流だった灰釉陶や印文硬陶が
伝わってないのかね?

何で最低でも粗悪な灰陶くらい伝わっていないのかね?

何で漢字の前身である金文や石文、青銅貨などの金属貨幣くらい
伝わっていないのかね?

華北には殷代から木製車輪があったが、何でそんな便利な良いものが
伝わってないのかね?

何で当時の華北で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?

667 :出土地不明:2006/02/12(日) 21:40:29 ID:93tXvs+0
>ツングースにこだわるならツングースである理由を示せ

「土井が浜の弥生人骨は、160センチメートルを遙かに超えた長身、華奢な四肢骨、
細面の顔に低い鼻、のっぺりとした、それでいて端正な顔立ちで、いわゆる北方系
「新モンゴロイド」の特徴がありました。

http://sakezo.com/shumi/rekisi/keta1.html


君の質問の俺からの最後の答えだ。
ありがたーく拝見したまえ。

拝見したら今度こそ>>666の質問に君が答える番だぞ。

668 :出土地不明:2006/02/12(日) 21:44:53 ID:FJgtwB0+
華北→水稲→弥生
ツン→??→弥生、
結局
北から突っ切って北ツングーすとした時
??となるギャップを埋める事はアンタには出来ないわけですね。。。



669 :出土地不明:2006/02/12(日) 21:48:20 ID:93tXvs+0
>>668
おらおら、早く答えてみなよ。

君が言うように、戦国時代末の華北から戦争難民と経済難民が大量に日本に
押し寄せたのなら、何で当時の華北の主流だった灰釉陶や印文硬陶が
伝わってないのかね?

何で最低でも粗悪な灰陶くらい伝わっていないのかね?

何で漢字の前身である金文や石文、青銅貨などの金属貨幣くらい
伝わっていないのかね?

華北には殷代から木製車輪があったが、何でそんな便利な良いものが
伝わってないのかね?

何で当時の華北で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?

670 :出土地不明:2006/02/12(日) 21:50:37 ID:93tXvs+0
>>668
できるよ。

ただし、>>667の質問に君がちゃんと答えてからな。

671 :出土地不明:2006/02/12(日) 21:53:14 ID:93tXvs+0
× >>667の質問
○ >>669の質問

672 :出土地不明:2006/02/12(日) 22:08:04 ID:93tXvs+0
>>668
おらおら、早く答えてみなよ。

君が言うように、戦国時代末の華北から戦争難民と経済難民が大量に日本に
押し寄せたのなら、何で当時の華北の主流だった灰釉陶や印文硬陶が
伝わってないのかね?

何で最低でも粗悪な灰陶くらい伝わっていないのかね?

何で漢字の前身である金文や石文、青銅貨などの金属貨幣くらい
伝わっていないのかね?

華北には殷代から木製車輪があったが、何でそんな便利な良いものが
伝わってないのかね?

何で当時の華北で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?

673 :出土地不明:2006/02/12(日) 22:08:27 ID:6Rhmq9C1
まあまあトンデモ素人をいじめてもw
スルーしとけやw

674 :出土地不明:2006/02/12(日) 22:13:32 ID:93tXvs+0
じゃあ、もう寝るとするか。
ふて寝だ。プンプン

675 :出土地不明:2006/02/12(日) 22:44:09 ID:hNPhqM3y
>>667
ってか、それがそのまま、漢代の江南の稲作農耕民の特徴そのものなんだが。

676 :出土地不明:2006/02/13(月) 00:05:46 ID:Aqdcw3cX
>>672
>>668ではないんだけど、べつに伝わってなくても問題ないわけで。
理由としては突き抜けたんではなくて玉突きが起こったと考えればいいから。
避難民が朝鮮半島に流入して、半島の一部にいた人間が列島に流入。
今現在の朝鮮人と古代の朝鮮半島人が同一だと考えるから難しくなる。

677 :出土地不明:2006/02/13(月) 01:06:21 ID:gsZc88D4
実行されて3時間以内に3万円以上儲からなければ即返金致します
http://infostore.jp/dp.do?af=moneyclick&ip=takashi&pd=005

678 :出土地不明:2006/02/13(月) 03:09:22 ID:UnHPb+Uu
>>673
うん、分かった。

>>675
そんな報告もあったね。
でも、それを否定する粘着もみた。
否定のための否定はもう十分だから。

ツングース説に関しては、ヤツの回答を見れば分かると思うけど、
ほとんど考証出来てないのが分かる。

考証してるのは、他説の否定でしかないんだな。
他説の否定を始めると、結局ツングース説につて考証する必要が無くなり、
安易な逃げになるので、敢えてそれには与しないことにしたんだが、
結局、ヤツはツングースに関して考証しなかった。

>>676
いや、668はツングースが来た、と言っているので、
676の言うのとは全く別の説。


679 :出土地不明:2006/02/13(月) 08:02:05 ID:G1mBFs9k
>>669
焼き物屋が何で亡命する必要があるのかい? 技術さえ持ってりゃ
地元で食っていけるだろう。WWw
だいたい、紅陶、灰陶って何時の時代の話だ。時代が違うだろう。
669はバカの1つ憶えの焼き物屋か?

680 :出土地不明:2006/02/13(月) 14:17:00 ID:rlk4AwWP
>>679
エサを与えないように!!!

そういう事をいうと、
ツングース説の考証せずに華北説についての考証をして、
ツングース説の証明とすり変えようとする輩だから。

焼き物屋というより、カルトの壷を得る詐欺師に近いね。

681 :出土地不明:2006/02/14(火) 21:12:32 ID:LvASMJa7
★★ 和漢同盟と百済建国 ★★

4世紀(西暦300年)以前に成立した
日本と楽浪郡=帯方郡の同盟、いわゆる和漢同盟について、皆さんの意見を書き込んでください。
和漢同盟があってこその、百済建国ですね。
反高句麗で連帯していた、大和と楽浪=帯方郡。
和漢同盟が基礎となって百済が建国されたという事実から推測するならば、百済はやはり倭人国家か。

百済が、最初は、日本領・任那の北部地域に建国されたという事実に注目しましょう。
任那とは、日本国の第十代大君=崇神天皇が建国した、あの任那です。任那は、志良岐の西側に、
広大な領土を持っていました。
中国の自治領である楽浪=帯方郡の南方にあった倭人の二つの国、それが志良岐と任那です。
任那から分離して誕生したのが百済。最初は駒国(狛国。コマ)と呼ばれていました。
楽浪=帯方郡が古代日本人から「コマ」と呼ばれていた点に注目してください。
百済が任那領内に設置されたコマ(楽浪=帯方郡)の亡命政府であった事実が見えてきます。
西暦313年、高句麗の攻撃によって、楽浪=帯方郡が滅ぼされました。その時、コマ(帯方郡)の役人や武将、
民間人が、難民となって任那に流入したことは容易に想像できますね。


682 :出土地不明:2006/02/15(水) 21:47:11 ID:4yf2YEck



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




683 :出土地不明:2006/02/15(水) 21:48:58 ID:4yf2YEck


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



684 :出土地不明:2006/02/16(木) 21:14:05 ID:4srEe8Gc
朝鮮人の主張
「高句麗滅亡で、日本に移住した高句麗人が1800人くらいだ」

実は、高句麗人は一人も来てない。旧帯方郡出身の倭人だけが日本に来た。
いわゆる狛人(コマ人)と呼ばれた倭人たち。
高句麗人は日本民族の敵だったので、大和朝廷は、高句麗人の日本移住を
認めなかった。だから一人も来ていない。
これが正しい歴史。
  ↓↓

★★ 和漢同盟と百済建国 ★★

4世紀(西暦300年)以前に成立した
日本と楽浪郡=帯方郡の同盟、いわゆる和漢同盟について、皆さんの意見を書き込んでください。
和漢同盟があってこその、百済建国ですね。
反高句麗で連帯していた、大和と楽浪=帯方郡。
和漢同盟が基礎となって百済が建国されたという事実から推測するならば、百済はやはり倭人国家か。

百済が、最初は、日本領・任那の北部地域に建国されたという事実に注目しましょう。
任那とは、日本国の第十代大君=崇神天皇が建国した、あの任那です。任那は、志良岐の西側に、
広大な領土を持っていました。
中国の自治領である楽浪=帯方郡の南方にあった倭人の二つの国、それが志良岐と任那です。
任那から分離して誕生したのが百済。最初は駒国(狛国。コマ)と呼ばれていました。
楽浪=帯方郡が古代日本人から「コマ」と呼ばれていた点に注目してください。
百済が任那領内に設置されたコマ(楽浪=帯方郡)の亡命政府であった事実が見えてきます。
西暦313年、高句麗の攻撃によって、楽浪=帯方郡が滅ぼされました。その時、コマ(帯方郡)の役人や武将、
民間人が、難民となって任那に流入したことは容易に想像できますね。


685 :出土地不明:2006/02/18(土) 14:23:22 ID:3nXzqvv7
【『嫌日流』まとめサイト】
http://homepage3.nifty.com/hakch/

マンガで描かれている日本人の顔と朝鮮人の顔がおもしろい(W
目が細く、目尻が吊り上った、一重マブタの、着物を着ている女二人組が
日本人だという。

1)目が細い
2)目尻が吊り上っている
3)一重マブタ

これらの特徴は、朝鮮人の顔に見られるものなんだが(W
逆に、マンガに登場する韓国人の女たちは、二重マブタ(笑)で、
目が大きい日本人顔で描かれているよ。

よく、
「韓国人が、日本人について語っていることは、すべて韓国人自身に
 当てはまることだ」
と、言われるが、ニセ嫌日流は、まさに日本人と韓国人の容姿を逆転させて
描いているんだよな(笑
韓国人は、いつも、事実を真逆に語る(描く)よな。
嫌日流が日本で出版されたら面白くなるね(笑


686 :出土地不明:2006/02/18(土) 16:07:09 ID:zTrK3mol
平均的な朝鮮人の容貌は平均的な日本人の容貌よりやや扁平で、
目がやや小さく、必ず頬骨が出ていて輪郭がゴツゴツしている。

しかし、平均的な朝鮮人の容貌は日本の弥生顔ほど扁平ではなく、
弥生顔の目が吊り上がらない平行で切れ長の一重まぶたの細目である
のに対し、平均的な朝鮮人の目は吊り上っていてやや小さな事が多く、
弥生顔の頬骨は突出が弱くて輪郭が滑らかである事に対し、平均的な
朝鮮人の頬骨は突出していて輪郭がゴツゴツしてる。

総合的に見ると、平均的な朝鮮人の容貌は平均的な日本人よりも北方モンゴロイド
的ではあるが、日本の弥生顔よりは北方モンゴロイド的ではない。

その原因は朝鮮人が中央モンゴロイドと多分に混成して誕生した人種群で
あるためと考えられるが、それは朝鮮半島の土着集団が中央モンゴロイド
の方である事の裏付けとも言えよう。

687 :出土地不明:2006/02/18(土) 18:29:54 ID:3nXzqvv7

★★ 朝鮮民族の先祖はワイ族だった!! ★★

最近、韓国人が宣伝している歴史観は、韓国人=フヨ人説に基づいた『騎馬民族征服論』である。
満州地方に住んでいたフヨ(扶余)民族が、朝鮮半島に侵入し、半島南部に新羅や百済を建国し、
さらに対馬海峡を渡って日本列島の先住民(日本人)を征服して、古代ヤマトを建国したという説。
『2ちゃんねる』の日本史板や考古学板を中心に、この説を宣伝している。
もちろん、すべてデタラメであるが。
朝鮮人はフヨ人ではない。フヨ人の子孫でもない。フヨ人に征服された民族が、朝鮮人である。
高句麗およびその後継国=渤海国はフヨ人の国である。また918年に建国された高麗もフヨ人の国である。
そして、フヨ人とは満州民族であって、朝鮮民族ではないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)でもない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、現在の韓国の江原道地方(ソウルの東方地域)に住んでいた少数部族であるが、
高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に南下して、日本領=シラキに移住した。
後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、王権を簒奪して志良岐を
乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
おもしろいのは、韓国の歴史学者や政治家たちは、朝鮮民族の先祖について語るとき、フヨ人や韓人に
ついては積極的に語るが、このワイ族については語ろうとしないことである。
おそらく、韓国朝鮮人は、自分たちの先祖がワイ族であることに、うすうす気づいているのだろう。
ワイ族のワイ(穢)には、「汚い」「ケガレている」という意味がある。
このような名前の部族が朝鮮民族の先祖だとは、認めたくないのだろう。

彼らは、楽浪=帯方郡を支配していた中国人から、そのように名付けられた部族なのである。
朝鮮民族は、けしてフヨ人ではないのである。
もちろん、倭人=日本人でもない。

ウィキぺディアなどで、朝鮮人の工作員が、
「ワイ族は扶余族だ。ワイ族が改名して扶余族になった。高句麗人も百済人も、
 みんなワイ族だ!日本人もワイ族だ!」
と、宣伝しているが、大ウソなので、騙されないように。


688 :出土地不明:2006/02/18(土) 19:17:36 ID:zTrK3mol
倭人は夫余や?が半島に流入するその何百年も前に、
北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜け定着せずに九州北部まで
やって来ている。

689 :出土地不明:2006/02/18(土) 19:20:22 ID:zTrK3mol
?はシ(さんずい)に歳のワイ。

690 :出土地不明:2006/02/20(月) 20:22:57 ID:BEeqnd4N
>>688
倭人は縄文人+越人や。

>朝鮮半島を短期間で突き抜け定着せずに九州北部までやって来ている。
そんな事実はないや。朝鮮半島いう土地もないや。

扶余がカラ半島南部に来たのは、高麗が半島を支配した時代や。
百済も任那も志良岐も、倭人の国や。捏造やめろや。

百済は、大和朝廷が高句麗の侵略から日本領=任那を防衛するために
建てた「人工国家」や。
もともと王族はおらんかったんや。日本から王族が渡ったんや。
余氏(おおし)や。




691 :出土地不明:2006/02/20(月) 21:18:21 ID:us7O6htL
倭人(弥生人)は夫余が朝鮮半島に侵入する300〜1000年以上も前に
北方アジアから朝鮮半島に定着せずに短期間で突き抜けてきた夫余とは
別種のツンギーデだから、もう安心して今夜は枕を高くして眠りなさい。


692 :出土地不明:2006/02/20(月) 21:23:48 ID:m7LL5g8Z
3世紀の倭人に限っていえばむしろ南方的な風俗をもってるわけで
多少、ツングース系がきてたとしても、メジャーな存在に
は成得なかったと考えるべきではないかな?

鳥、白、天、日のようなツングース的風俗は
東夷伝をみるかぎり高句麗など北のほうからあまり南下していない。

鳥をもって死者を送る北方系の儀式は
遺跡をみるかぎり一部にしか入ってない。
特に倭人伝の伊都国ではみられない。



693 :出土地不明:2006/02/20(月) 21:26:00 ID:m7LL5g8Z
そもそも、現代佐賀、福岡県の地元民をみても
そう北方系が強いとも思えないのに倭人伝当時の古代で
それほとツングースが混じってるとはとても思えない。

694 :出土地不明:2006/02/20(月) 21:39:32 ID:us7O6htL
ツンギーデと一言に言っても、日本列島の何十倍もある広大な北方アジア
には細かく分類するともう何十種類ものツンギーデの種族がいる訳で。

朝鮮半島をあっという間に突っ切って日本に入った足の速いツンギーデが
そのウン百年後に朝鮮半島に侵入した夫余と同種な訳が無い訳で。

ただ本土日本人の半分近くが一重まぶたという事実から、彼らは日本に
侵入した後に増殖したようである。

695 :出土地不明:2006/02/21(火) 19:17:51 ID:dJyP96/w
「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。
そうすると、『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』
と言ってやる。(笑)。だけど、アイツ働かないからな(笑)」
【「正論」2003年号1月号81ページ 憲法集会での辛淑玉の発言】
                               ↑
                       救いようのないバカ(嘲笑

★★ 朝鮮人は、古代日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
朝鮮人は、古代日本に一人も移住していないのである。志良岐・任那・久多良は 倭人の国だった。
また、この三国と古代日本の文明レベルは同程度であり、半島に『輝かしい先進文化』なるものは
存在しなかった。高句麗の文化も日本と同じレベルだったのだ。 先進文化ウンヌンという話は、
日本人に対し優越感を持ちたい朝鮮人の妄想が生んだ フィクションである。
そもそも、日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人)
が移住しており、日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していたのだ。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準の
レベルに差があった、などということはありえない。ふつうに考えれば分かることである。
たしかに、古代ヤマトもカラ半島南部も、大陸文化の影響を受けてはいる。
しかし、ヤマトとカラに文化的影響を与えたのは、越地方の越人(倭人)と帯方郡の漢人であって、
朝鮮人ではないのだ。古代朝鮮人は『先進文化』を持っていなかったのだから、ヤマトやカラに
文化的影響を与えるわけがないのだ。無いものは与えようがないではないか。


696 :出土地不明:2006/02/21(火) 20:01:03 ID:XGizvA/b
↑電波ビビンバに噛み付く電波チャンコロw



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




697 :出土地不明:2006/02/21(火) 20:01:45 ID:XGizvA/b


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に近い土着の種族がいた。



698 :出土地不明:2006/02/21(火) 20:07:00 ID:XGizvA/b
>長江以南の越地方から多くの越人(倭人)が移住しており、
>日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。


越人が来たなら来た証拠に何らかの物的文化が伝わるよなw
で、その越人から一体どんな物的文化が伝わってるんだい?w





699 :出土地不明:2006/02/21(火) 20:58:07 ID:dJyP96/w
帯方郡の西部地方に住んでいた漢人と倭人が難民となって南下し、ヤマトの支援の下で
百済を建国したのに対し、同じく帯方郡の東部に住んでいたワイ人たちは、
難民となってシラギに流入した後、数十年後にシラギを乗っ取ったと、そういう事だね。


700 :出土地不明:2006/02/25(土) 19:41:21 ID:hLmmXsaL
「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。
そうすると、『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』
と言ってやる。(笑)。だけど、アイツ働かないからな(笑)」
【「正論」2003年号1月号81ページ 憲法集会での辛淑玉の発言】
                               ↑
                       救いようのないバカ(嘲笑

★★ 朝鮮人は、古代日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人) が移住しており、
日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していた。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準のレベルに差があった、
などということはありえない。古代においては、日本列島もカラ半島南部も『倭人の世界』だったのであり、
同じ倭人どうしが交流していたのだ。朝鮮人は、古代日本とは何の関係もないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)ではない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、古代カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郷(現在のソウルの東方地域)に
住んでいた少数部族であるが、高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に難民となって南下し、
日本領=シラキに移住したのである。後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、
王権を簒奪して志良岐を乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
朝鮮民族は、けして韓人(カラビト)ではない。 もちろん、倭人=日本人でもない。
辛淑玉は、日本人と朝鮮人を同族だと思いたいようだが、残念でした、何の関係もありません(笑




701 :出土地不明:2006/02/26(日) 12:36:53 ID:jrZ/kPYh
腕を曲げると前腕部内側、関節の部分から3、4センチのところにの所に横シワが現れる
又は足の小指に第2の爪、子爪がある人
あなたには漢民族(中国)の血が流れている

これが南九州を除く西日本の大多数です


702 :出土地不明:2006/02/27(月) 18:54:35 ID:CiGBVnKW
「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。
そうすると、『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』
と言ってやる。(笑)。だけど、アイツ働かないからな(笑)」
【「正論」2003年号1月号81ページ 憲法集会での辛淑玉の発言】
                               ↑
                       救いようのないバカ(嘲笑

★★ 朝鮮人は、古代日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの倭人(越人)が移住しており、
日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していた。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準のレベルに差があった、
などということはありえない。古代においては、日本列島もカラ半島南部も『倭人の世界』だったのであり、
同じ倭人どうしが交流していたのだ。朝鮮人は、古代日本とは何の関係もないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)ではない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、古代カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郷(現在のソウルの東方地域)に
住んでいた少数部族であるが、高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に難民となって南下し、
日本領=シラキに移住したのである。後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、
王権を簒奪して志良岐を乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
朝鮮民族は、けして韓人(カラビト)ではない。 もちろん、倭人=日本人でもない。
辛淑玉は、日本人と朝鮮人を同族だと思いたいようだが、残念でした、何の関係もありません(笑


703 :出土地不明:2006/02/27(月) 21:29:48 ID:+an+v8lF



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




704 :出土地不明:2006/02/27(月) 21:31:08 ID:+an+v8lF


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に近い土着の種族がいた。




705 :出土地不明:2006/02/28(火) 18:14:06 ID:hHnjvbTG
【志良岐】
国号の読みはシラギ。正しくはシラキ。4世紀以前の東アジア半島(現在の朝鮮半島)の
南東部にあった国である。神武天皇の兄・稲飯命によって建国される。
シラキとは「治らす木」の意味である。治らす(シラス)は日本語古語で治めるの意味であり、
木とは神木、すなわち天孫たる日本皇族のことである。したがって、治ら木(シラキ)とは、
「国を治める皇孫」の意味であり、稲飯命の別名なのである。
この事実から考えるならば、シラキの国号をその意味と音に合わせて漢字表記する場合、
『治良木』と書くのが適切である。しかし、わが国では昔から志良岐と表記したり、
また、新羅と表記するのが一般的ある。
神武天皇の兄=稲飯命によって建国され、その子孫が代々の王(キミ・国の主)となった
志良岐は、古代東アジア半島の南部諸国の中で、日本国(ヤマト)ともっとも友好関係に
あった国である。
その政治制度は、王(キミ)の下に国吉士(コニキシと読む)という長官が置かれ、
王の統治を補佐するという独特のシステムであった。しかし、この制度が原因で、志良岐王
(シラキのキミ)は、臣下である第十七代・国吉士(コニキシ)=金奈勿に王権を奪われること
になった。
金奈勿(キン・ナブツ)は、高句麗と手を組んで謀反を起こし、稲飯命の子孫である志良岐王族を
虐殺した。そして、志良岐の国号を『新羅』に改め、自分が新しい王となったのである。
金奈勿は金氏新羅の初代王であるが、志良岐人(シラキ人=倭人)ではなく、ワイ人(朝鮮人)で
あった。ワイ人は、カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郡(穢郡)に
住んでいた少数部族であるが、313年〜314年頃に、フヨ人国家=高句麗が楽浪・帯方郡を
攻撃して滅ぼした時、難民となって南下し、日本領=志良岐に流入して住み着いたのである。
金氏は謎の一族である。ワイ人の出身であることは間違いないが、どのような方法で志良岐の
役人になったのか、それを記した資料はなく、すべてが謎に包まれている。
韓国に伝わる新羅(シンラ)の建国神話によれば、稲飯命が森の中で拾ってきたという逸話が
あるが、もちろん作り話である。新羅建国初代王=金氏に関する歴史的資料は皆無なのだ。


706 :出土地不明:2006/03/17(金) 08:40:05 ID:KtMy5Od8
>>669
焼物一筋のオタがまだ喚いてますね。焼物屋は技術者だから亡命する必要はないの。
技術者が来ていなきゃ、技術は伝わらんよ。

青銅貨などの金属貨幣は役にたたんから、銅鐸や銅剣・銅矛の祭器に作り直したのさ。
ちなみに、これら青銅は皆中国産を鋳直したものだよ。

漢に朝貢した時、上奏文は持っていったと思う。つまり、漢字を知っていた人間はいた
が、一般に必要とする程の社会の発展ではなかった。

殷代から木製車輪があったが、日本に馬はいなかったので、忘れられたのさ。

支石墓文化は表面だけの半島からの影響だし、長続きしてない。墓の本質は甕棺。
これは半島の影響ではなく、むしろ半島に影響を与えた。

707 :出土地不明:2006/03/17(金) 12:37:32 ID:kePkla8Y
江南から人々が来て弥生文化をもたらしたのは何時だと思うわけ?

708 :出土地不明:2006/03/17(金) 14:47:19 ID:tHmJV+HZ
>>706
うっすいなーオマエw

709 :出土地不明:2006/03/17(金) 17:40:38 ID:kePkla8Y
>>706
まず、仮に優れた陶器製作技術者が来なかったとしても、多量に渡来したなら持ち込み品は多少はあるはずだ。しかしそれはない。
また自分の文化を多少は保持しようとするはずだ。だから例えば中国の灰陶を模倣した弥生土器が出ていいはずだ。しかしそれすらない。
また貨幣が入ったが鋳直したってか?
それは一見もっともらしいが、日本で青銅器が出てくるのは弥生前期末からだが。
しかも初期の青銅器は鉛が朝鮮半島産が多いがな。また青銅器自体の型式もほとんど朝鮮半島系だが。全くつじつまが合わないなw
それと難民だから技術者が来なかったってか?青銅器は技術者いるだろw論理が自己矛盾だなw
まあその場限りの言い訳だから馬鹿なこと言うわけだろうがw
ここは考古学板だ。舐めんなよ。


次は、お前朝鮮人だろとかキムチくさいとかビビンバの国へ帰れとか言うしかないんだろw
斬新な罵詈雑言を期待してるわ、嫌韓厨クンww

710 :出土地不明:2006/03/17(金) 17:53:02 ID:kePkla8Y
支石墓が表面的模倣なら、朝鮮半島のカメ棺も仮に倭の影響としても表面的模倣だろ。
金海で昔若干出た金海式カメ棺以外は日本と形式が全く異なっているが。一方、木棺なんかは朝鮮半島の影響の可能性があるし、弥生中期後半から出てくる木カクは、朝鮮半島からなのは明らか。
日本から朝鮮半島に影響したり、前方後円墳なんか確実に倭からだが、倭から行った遺物ももちろんあるが、
弥生から古墳時代は朝鮮半島から影響を受けたり、来た遺物が相対的に多いのは事実だが。
それを無視したら歴史は見えない。



711 :出土地不明:2006/03/18(土) 07:52:55 ID:vnlhWoDj
>>709
陶器製作と青銅器の鋳直しと同等レベルの難しさと思っているチョン。
良質の陶器製作は専門技術者じゃなければ出来ないが、鋳直しは誰でも
出来るわい。そんなことも判らんのかい? 程度低いな。W

>>710
支石は地表面に出ているから、見りゃ直ぐ真似出来る。カメ棺は土の中
だから、表面だけじゃ判らん。金海は日本固有の領土だった証拠さ。


712 :出土地不明:2006/03/18(土) 08:20:44 ID:DujyxX5Z
青銅器鋳造が誰でもできるってお前大馬鹿かw鋳造のための温度知ってるのか?自分で言ってて恥ずかしくないかw
ふつう青銅器鋳造はある程度の専業工人がしたとされているがな。
それに弥生前期は前期末を除きまだ青銅器が無いって知ってる?
しかも弥生前期末から中期初めに出てくる青銅器は形式は全て朝鮮半島系だがな。
支石墓が上に出ているから真似できるって言うが、下部構造も似ているが。だいたいなぜ真似するんかな。
カメ棺だが、日本と同じものは金海に少しあるだけ。しかも一時期のみ。他は倭と異なる墓だ。金海のカメ棺だけで倭の領域だとかナンセンスw
金海のカメだは確かな倭人の可能性があるが、同様に、日本の木かく墓や初期の支石墓は朝鮮半島系渡来人も含まれるとみるべき。

713 :出土地不明:2006/03/18(土) 08:34:47 ID:DujyxX5Z
水田も青銅器も見よう見まねでできるらしいw
次は製鉄も見よう見まねでできると言うかもな。
さらには陶器製作は専門技術者がいるという言葉を忘れて須恵器も見よう見まねと言うのかなw

日本への渡来が朝鮮半島起源の技術や文化は、全てなかったことにしたいだけの嫌韓厨にすぎないわけだこいつはw

まあ、今度は反論できずに悔し紛れにチョン呼ばわりするんかなw
漏れは縄文顔の日本人だからそんなのは受け流すが。またアホがアホなこと言ってるわって思うだけのことだw

714 :出土地不明:2006/03/18(土) 14:15:31 ID:vnlhWoDj
>>712
青銅の融解点が1000℃程度って知ってなんか役に立つのか?W それより、
この温度の時、湯はどうゆう光り方をしているかだろう。どんな光り方だい?
温度だけ知ってても、色は知らなかったりして。W
鋳直しは、数回試行錯誤すれば、素人でもかなり出来るようになるだろうや。

>>713
俺日本人だけど、って言ってる奴に限って、成りすまし日本人だぜ。
墓穴を掘ったな。水田は見よう見まねじゃ出来ない。華北や北朝鮮
では水稲は出来ない。だから、朝鮮経由は成り立たん。


715 :出土地不明:2006/03/18(土) 15:13:28 ID:eFeoA8Cn
まーたビビンバが我田引水しているのかw

弥生初期の文化はただ単に縄文人が持ち込んだだけ。

弥生時代が始まった九州北部は朝鮮産無文土器がしばしば出土するが、
当初作られていたのはなぜか無文土器ではなく、縄文土器の面影を
色濃く残した無文土器の影響を受けた突帯文土器。

何で弥生人は渡来後、無文土器を作らないのか?
何で縄文土器に近いものをわざわざ作る必要があるのか?

その後も無文土器は作られず、遠賀川式土器が数百年ほど続き、
その後ようやく普通の弥生土器に移っていく。

結局、弥生人は無文土器など作っていないのである。

716 :出土地不明:2006/03/18(土) 15:26:53 ID:eFeoA8Cn
水田も同じで、弥生時代の水田は形ばかりで、そのほとんどが
まともに機能していなかった事が分かっている。

しかも、その形だけの水田で作っていたのは、なぜか縄文時代から
引き継いだ熱帯ジャポニカという事も分かっている。

何で弥生人は温帯ジャポニカを作っていないのか?

また新町遺跡や大友遺跡など、なぜか支石墓で発見されている
弥生人骨は縄文系の形質を示している。

とどのつまり、弥生時代は半島南部と交流していた縄文人の見よう
見まねで始まっただけなのである。

717 :出土地不明:2006/03/18(土) 16:47:38 ID:eFeoA8Cn

土井が浜の弥生人骨は、160センチメートルを遙かに超えた長身、華奢な四肢骨、
細面の顔に低い鼻、のっぺりとした、それでいて端正な顔立ちで、いわゆる北方系
「新モンゴロイド」の特徴がありました。
彼らのルーツを求めて朝鮮半島南部の慶尚南道金海と南部の勅島(ヌクド)の人骨、
中国は山東省の漢代の人骨を対象に調査されました。ところが、朝鮮半島2ヶ所の
人骨には土井ヶ浜の人たちと同じ形質は認められず

http://sakezo.com/shumi/rekisi/keta1.html

こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。

http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

718 :出土地不明:2006/03/18(土) 16:50:08 ID:6AsSJ7Tv
★ 百済は日本人が建国した ★

『百済の歴史』は、前期と後期に分かれる。前期の国を「第一次百済」、後期の国を「第二次百済」と
呼んで区別して考えるべきである。第一次百済は、西暦315年に、帯方郡の漢人・倭人が大和朝廷の
支援を受けて、日本領=任那の北部地域に建てた国である。前年の314年に、高句麗の侵攻によって
帯方郡を滅ぼされた、帯方郡出身の漢人・倭人たちによる「亡命政権」が第一次百済である。
これに対して、第二次百済は、西暦345年に第一次百済が高句麗に滅ぼされた後、倭人の近肖古王が
大和朝廷の支援の下で西暦346年に建国した国であり、完全な倭人国家である。
また、第一次百済が、大和朝廷の支援を受けているとはいえ、役人の中核が旧帯方郡出身の漢人・倭人たち
であったのに対し、第二次百済は、役人も武将も全て倭人であり、本国=大和から派遣された役人・武将も
多かった。
第二次百済は、大和国家の一部と呼んでも間違いではない。

第一次百済は、乾馬国(コマ)と呼ばれていた。
これは、帯方郡が、古代日本人から駒国(コマのクニ)と呼ばれていたためである。

百済を建国したのは日本人であり、そこに住んでいた民族も日本人=倭人であった。
朝鮮人は、半島北部に住んでいたワイ人であり、百済人ではないのだ。
朝鮮人=ワイ人と、百済人を混同してはならない。


719 :出土地不明:2006/03/18(土) 16:50:59 ID:eFeoA8Cn
最も重要な事は朝鮮半島の土着種族は縄文人によく似た種族であるという事。

ゆえに北方モンゴロイドの形質を持つ渡来人骨の持ち主ではありえないのである。

むろん中国でもないがな。

720 :出土地不明:2006/03/18(土) 18:16:38 ID:P1Gkfzak
>>714
>>鋳直しは、数回試行錯誤すれば、素人でもかなり出来るようになるだろうや。

阿呆ですか?それこそ火傷ではすまないぞw
時期と青銅器の系統はどうした?

>華北や北朝鮮では水稲は出来ない。だから、朝鮮経由は成り立たん。

朝鮮南部経由と言ってますが。スリカエですかw

>>716
>水田も同じで、弥生時代の水田は形ばかりで、そのほとんどが
>まともに機能していなかった事が分かっている。

はぁ?そりゃ初耳だわ

>>715
>弥生時代が始まった九州北部は朝鮮産無文土器がしばしば出土するが、
>当初作られていたのはなぜか無文土器ではなく、縄文土器の面影を
>色濃く残した無文土器の影響を受けた突帯文土器。

>何で弥生人は渡来後、無文土器を作らないのか?
>何で縄文土器に近いものをわざわざ作る必要があるのか?

菜畑遺跡や曲り田遺跡で無文土器系が一定割合あり、板付式成立の前提になってますが何か?


721 :出土地不明:2006/03/18(土) 18:20:12 ID:P1Gkfzak
朝鮮の稲作の起源はどこかということになるが、
おそらくそれは全く海を渡らず遼東を大きく北回りしたものと思われる。
(朝鮮西岸と中国との直接の結びつきが遺物の上であまりにも希薄すぎる)
温暖湿潤な紀元前二千年紀のうちに渤海北岸を回りきった水田稲作農法が
紀元前一千年紀の急激な寒冷化に追い立てられて足早に南下し、
朝鮮南部に達したのが最速でBC13C、北部九州に達したのがBC10C。
ただ、北側を回る段階でいくら温暖期とは言え遼東の気候に耐え得る品種が淘汰され
>>478の品種Aだけしか携えていなかったのだろう。
それ以前から粗放的な稲作は日本列島で行われていたので、
弥生時代以降の水田にも在来種は植えつけられることとなった。

http://www.coara.or.jp/~sasakiak/SiteList.html
<朝鮮半島における農耕関連遺跡>

○智塔里遺跡   櫛目文土器前期   (炭化アワ)
○南京遺跡    櫛目文土器末期   (炭化アワ)
○蔚山玉山見遺跡            (水田状遺構)小区画乾田
○諭山麻田里遺跡           (水田状遺構)
○晋陽大坪玉房遺跡          (はたけ状遺構)
○晋陽大坪漁隠遺跡          (はたけ状遺構・等高線に直交する畝)
○一山1地区(遺跡名未定)      (イネ籾)4070±80年BP
○農所里遺跡  櫛目文土器      (土器PO分析)
○ウ島の貝塚(遺跡名未詳)櫛目文後期後半籾混土器
○欣岩里遺跡23号住居趾       (炭化米・麦・高粱)
○欣岩里遺跡14号住居趾       (炭化米)
○松菊里遺跡54−1号住居趾     (多量の炭化米)
○松菊里遺跡無文土器   前期    (土器籾圧痕)
○大坪里遺跡無文土器   前期    (土器籾圧痕)
○南京遺跡36号住居趾        (炭化米・粟・高粱・大豆・黍)

玉山見遺跡は無文土器前期後半、北部九州の縄文晩期前期後半に平行
北部九州の突帯文期=弥生早期の前だ。
その他、ウル山の也音洞遺跡も無文土器前期水田あり






722 :出土地不明:2006/03/18(土) 18:22:15 ID:P1Gkfzak
弥生土器が朝鮮半島南部の無文土器の影響を受けているのは学会の常識。

弥生土器も無文土器も紅陶だが、無文土器の前の朝鮮半島の主流だった櫛目文土器
は縄文土器の影響を受けた土器。

その頃、南蒙古や遼東には赤嶺紅陶文化が広がっていたので、朝鮮半島の無文土器は
明らかにその影響を受けた文化という事になる。

ゆえに弥生土器は朝鮮半島南部から九州北部へ伝わった事が明らかな技術文化
という事が証明できる。

その弥生時代早期初めの日本最古の水田跡で名高い菜畑遺跡から出た縄文土器の
名残を残す日本最古級の弥生土器に炭化物は付いていたのですよ。

日本最古の水田跡で名高い菜畑遺跡から日本最古級の弥生土器が出てくるんですよ。

つまり九州北部に水田技術を伝えた場所は弥生土器の技術を伝えた場所に他ならない。

 紀元前1000年紀には、無文土器が主流となった。この時代は、朝鮮半島における青銅器時代とほぼ一致する。
文様がないか、あるいはあってもごく少ない赤褐色の平底の土器である。成形にはまだ轆轤の使用は見られず、
手捏ねか輪積みによるものがほとんどである。分布は、中国の東北地方、西は遼河から東は黒龍江・松花江に
またがる地方と深いつながりを持ち、櫛目文土器文化とは違った文化圏が形成されていたことがわかる。そして
この無文土器は、さらに東に伝わり、わが国の弥生土器の母胎ともなった。

http://www.moco.or.jp/jp/intro/intro_3/intro_3b.html

縄文晩期土器から遠賀川式土器への移行期の状態が典型的に現れ、これは本来広く
環瀬戸内で生起した現象と考えられ、当該地域の縄文文化が朝鮮無文土器文化と接触し
弥生文化を生成する過程として理解することができる。 
北部九州では突帯文系統の土器の中に朝鮮半島無文土器の影響による異系統の土器が
出現し、それが板付T式段階には遠賀川系土器の基本形の壷と甕となる。
遠賀川系の甕の形は北部九州において突帯文期の無文土器系深鉢から板付祖形甕をへて
完成するが、半島の無文土器の容量組成は遠賀川系がもっとも類似する。
その結果、畿内第T様式新段階〜第U様式の時期にも、朝鮮半島南部の無文土器文化の
影響が間接的にせよおよんでいる蓋然性が指摘できた。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~thropus/yoshida.htm


北部九州では突帯文系統の土器の中に朝鮮半島無文土器の影響による異系統の土器が
出現し、それが板付T式段階には遠賀川系土器の基本形の壷と甕となる。
遠賀川系の甕の形は北部九州において突帯文期の無文土器系深鉢から板付祖形甕をへて
完成するが、半島の無文土器の容量組成は遠賀川系がもっとも類似する。
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/suitonoko/noko.html


723 :出土地不明:2006/03/18(土) 18:53:50 ID:eFeoA8Cn
実はそれは私が以前書いたものだよ。

ただし、渡来人は朝鮮半島の種族ではなくツンギーデだ。

当時は色んなツンギーデの種族の南下で、その拡散が朝鮮半島はもちろん
日本まで行われたんだよ。

弥生人もその中の一つで、朝鮮半島に定着する間もなく九州北部まで
流れてきてしまったツンギーデの一種族の一行。

724 :出土地不明:2006/03/18(土) 19:13:44 ID:P1Gkfzak
ていうかあまりに考古学に暗いデタラメなレスばかりだが
スレ自体議論が平行するばかり
不思議なのは、北アジア説も、華北説も、江南説も、
直接的渡来のみ強調し、隣の朝鮮半島からの人や渡来の影響は無視するか、過小評価するかで一致している。
江南や華北や北アジアにしても、間接影響ばかりで直接的な証拠はほとんどない。
そういうわずかな証拠や影響を評価するなら朝鮮半島からの文化伝播はより強調し評価すべきなのになぜか評価しない。弥生から古墳時代の朝鮮半島からの文物渡来も確実に多いのに関わらずだ。
朝鮮半島からの文化伝播を否定するばかりに例えば水田は知らないものでも見よう見まねですぐできるなどと言い強弁するう椰子も出る始末。
つまり上記の3説は嫌韓厨で一致している。
また3説お互いに矛盾する、人骨形質や遺伝子要素の都合いい情報だけを持ち出して論証と称すのも一致するかと。
現代人の各地遺伝子が、古来不変とする前提の矛盾に気づいてないし。


725 :出土地不明:2006/03/18(土) 19:35:19 ID:eFeoA8Cn
人のコピペをしてるような低級な人間が叩く口ではないと思うがね。

残念ながら、形質から考えても、遺伝学から考えても、
渡来人は朝鮮半島の種族ではない。

弥生文化は主流の中国文化が全く見られず、朝鮮半島や
北方アジアから影響を受けた文化である事は確かであるが、
弥生時代開始の主体は縄文人自身によるものである。

なぜなら弥生前期の渡来人骨の出土例が無いからだ。

今のところ渡来人がやって来たのは弥生前期末以降と見られている。

726 :出土地不明:2006/03/18(土) 20:12:20 ID:82WCGVg2
>なぜなら弥生前期の渡来人骨の出土例が無いからだ。
>今のところ渡来人がやって来たのは弥生前期末以降と見られている。

弥生前期の人骨資料少ないですね。
大量の渡来人は考え難いが、少数でも不断に早期から前期も来て文化伝播、文化変容したとする方が合理的
田中良之や中橋孝博らの考えが妥当。考古学的にも整合する。

727 :出土地不明:2006/03/18(土) 20:49:27 ID:vnlhWoDj
>>724
朝鮮人必死。笑

728 :出土地不明:2006/03/18(土) 21:01:55 ID:bjgQYnFR
都合悪いと朝鮮人呼ばわりして誤魔化す嫌韓ネット右翼発見 w藁w

729 :出土地不明:2006/03/18(土) 22:30:42 ID:vnlhWoDj
まあ気化してるんだろうな。哀

730 :出土地不明:2006/03/18(土) 23:08:16 ID:DujyxX5Z
私の先祖は5世紀に幾何しましたが何か?

731 :出土地不明:2006/03/19(日) 10:57:20 ID:cxqSZkMy
先祖が朝鮮人なら、5世紀の幾何の証明はできんだろう。Www

732 :出土地不明:2006/03/19(日) 11:32:51 ID:gmX/CLFt
「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。
そうすると、『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』
と言ってやる。(笑)。だけど、アイツ働かないからな(笑)」
【「正論」2003年号1月号81ページ 憲法集会での辛淑玉の発言】
                               ↑
                       救いようのないバカ(嘲笑

★★ 朝鮮人は、古代日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人) が移住しており、
日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していた。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準のレベルに差があった、
などということはありえない。古代においては、日本列島もカラ半島南部も『倭人の世界』だったのであり、
同じ倭人どうしが交流していたのだ。朝鮮人は、古代日本とは何の関係もないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)ではない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、古代カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郷(現在のソウルの東方地域)に
住んでいた少数部族であるが、高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に難民となって南下し、
日本領=シラキに移住したのである。後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、
王権を簒奪して志良岐を乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
朝鮮民族は、けして韓人(カラビト)ではない。 もちろん、倭人=日本人でもない。
辛淑玉は、日本人と朝鮮人を同族だと思いたいようだが、残念でした、何の関係もありません(笑


733 :出土地不明:2006/03/19(日) 15:40:07 ID:3TJsYQ8v
↑救いようのない阿呆のネット右翼の典型コピペですw

734 :出土地不明:2006/03/19(日) 17:30:42 ID:utvBuzA8
>>726
いや、来ていないな。

最初から渡来人が来て弥生時代が開始したなら、弥生時代の最初から
完璧な無文土器を作る事ができただろう。

しかし実際は、輸入された朝鮮産の無文土器の影響を受けて縄文土器の
延長みたいな遠賀川土器を500年近くも作っていたのである。

その後、独自の弥生土器に移り変わり、結局、弥生人たちは無文土器
など作らなかった。

水田だってそうだ。

弥生期の水田は見かけは水田だが、大半は休耕田で、実際に
やっていた事は焼畑などの雑駁農耕。

これが全国の弥生遺跡の水田に共通する特徴なのである。

渡来人は弥生中期頃に青銅器・鉄器を持ってきた北方アジア系の人たちだろう。

むろん中国で最盛を誇った篆書の金文などさらさら見られない青銅器文化。

735 :出土地不明:2006/03/19(日) 17:58:36 ID:3TJsYQ8v
無文土器の細かい作り方も伝わってるがな。マンツーマンじゃないと伝わらないな。無知すぎ。
水田遺跡とか弥生時代通じて拡大するし、灌漑水路や井堰も発達するが。
弥生初期の板付の水田や井堰とか分かってる?
だいたい人口が増大するが、水田農耕の発展によるものだろ。
全部休耕田だとか無理すぎ。水田のプラントオパール分析や花粉分析からの植生復元からも水田は水田として機能していたことが分かる。また畑と同じとか言うが、灌漑施設はなんなのかな。根拠が全くない話だな。
遺跡の内容知らないだろ。

736 :出土地不明:2006/03/19(日) 18:02:48 ID:dRngQ95S
日ユ同祖説の方がよっぽど説得力あるな

737 :出土地不明:2006/03/19(日) 18:04:15 ID:3TJsYQ8v
あと弥生前期末から中期初めに渡来の波があるのはいいが、
この時期こそ北部九州に朝鮮西・南部系無文土器ばかり出土する遺跡がいくつも出現するが、知ってるか?
またこの時期に出現する青銅器は北アジア系ではなく、朝鮮西・南部系そのものだが。ちゃんと分かってるのかな?

738 :出土地不明:2006/03/19(日) 18:14:52 ID:utvBuzA8
>無文土器の細かい作り方も伝わってるがな。


ほほう。

だったらなおさら、何で弥生人たちは先端技術の優れた無文土器を作らずに、
わざわざ縄文土器の延長みたいな遠賀川土器を何百年も作っていたのかね?



739 :出土地不明:2006/03/19(日) 18:30:20 ID:utvBuzA8
>>737
私の書き込みやソースから少しは学んでもらえたようですなw

残念ながら、無文土器も青銅器も元々は北方アジアの文化です。

朝鮮半島独自の文化など何にも無いのですよ。

君の母国から植え付けられたウリナラ起源妄想など早く捨てる事だな。

740 :出土地不明:2006/03/19(日) 18:35:03 ID:utvBuzA8

佐藤 1995年に、私の勤務する静岡大学近くの曲金北(まがりがねきた)遺跡で、
約5万・もの広さを持つ水田跡が発見されました。この水田跡は、古墳時代のもので、
3〜4畳半程の小区画が連続しているという形状をしています。

―― 5万・とは、また随分広いですね。

佐藤 収穫量を計算してみたら、少なく見積っても15tくらい。100人以上が米だけで
暮らすことのできる量ですが、当時のその地域の人口はそんなに多くなかったのです。

そこでその一角の土を調べてみたところ、水田ではなく休耕田が含まれていたと判明
しました。結局、100の小区画のうち、水田はたった22区画だけだったんです。さらに
DNA分析をしてみると、近在栽培されていた稲は、2割が水稲、4割が陸稲でした。

―― せっかくの水田で陸稲を栽培していた!?

佐藤 そうなんですよ。確かに見掛けは水田ですが、やっていたことは焼畑などの
雑駁農耕だったんです。これは曲金北遺跡だけでなく、全国の弥生遺跡に共通する
特徴です。

http://www.athome.co.jp/academy/botany/bot06.html

741 :出土地不明:2006/03/19(日) 19:10:04 ID:3TJsYQ8v
>>740↑一遺跡のことで普遍化するイタイ椰子なだけと思うがw他のまともな植物学者はそんなこと言ってないがな。

>>738-739
北アジア系の要素はあっても朝鮮南部で定着・変容して独自の文化になっているがな。土器も青銅器も朝鮮でオリジナルな変容をしている。
だいたい君の書き方は勝手に朝鮮人よばわりしたり、ただの嫌韓厨だな。

夜臼期には無文土器系としか考えられない器形や技法のカメや鉢、壺が出てくるが。もちろん在地の縄文系土器と混じりながらだが。
しかし在地の縄文系からは板付式=遠賀川式のカメや壺は直接出て来ず、例えば無文土器系の影響が強い板付祖型カメから出てくるのは常識だ。渡来した土器の影響があって在地と融合して新しくなったわけだ。
その際に、単に外見を真似すりだけではできない要素があるということだ。
誤解しているようだが、朝鮮南部から大量ね人々が来て弥生人になったとは言ってない。
以前からの不断の交流があり、この時期になると少しずつながら継続的な渡来があり、
結果として朝鮮南部の影響を受けつつ水田農耕文化=弥生文化が成立したということだ。
朝鮮半島文化の影響や伝播を無理に否定することは実態と異なるのだが。


742 :出土地不明:2006/03/19(日) 19:22:41 ID:utvBuzA8
>この時期になると少しずつながら継続的な渡来があり


ほほう。

だったらなおさら、何で朝鮮の渡来人たちは先端技術の優れた無文土器そのものを
作らずに、わざわざ退化して縄文土器の延長みたいな遠賀川土器を何百年も
作っていたのかね?

何で弥生人たちは最後まで無文土器を作らなかったのかね?



743 :出土地不明:2006/03/19(日) 19:23:40 ID:kqE2SoC4
【WBC】FUCK THE 韓封!! 兵役免除を目標にした韓国選手たち. また軍隊で!? 【結果王ライ】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/editorial/1140611981/


744 :出土地不明:2006/03/19(日) 19:42:48 ID:3TJsYQ8v
だからさ、遠賀川式土器自体が作り方や形が無文土器の強い影響があるの。
在地の縄文系の延長だけではあれは成立しないの。両者が融合したものなの。
また夜臼期に無文土器系そのものもあるって言ってるじゃん。日本語分かる?
歴博のHPからたどると藤尾慎一郎という方の論文が見られるから、いい加減勉強してくれや。

745 :出土地不明:2006/03/19(日) 19:43:30 ID:3TJsYQ8v
だからさ、遠賀川式土器自体が作り方や形が無文土器の強い影響があるの。
在地の縄文系の延長だけではあれは成立しないの。両者が融合したものなの。
また夜臼期に無文土器系そのものもあるって言ってるじゃん。日本語分かる?
歴博のHPからたどると藤尾慎一郎という方の論文が見られるから、いい加減勉強してくれや。

746 :出土地不明:2006/03/19(日) 20:08:05 ID:utvBuzA8
>>744
私の書き込みで学習した分際でその私に勉強しろと。

口答えだけは一人前なところが朝鮮人らしいなw

朝鮮産無文土器の影響で遠賀川土器が生まれた事など
私自身が最初に2chに持ち込んだのだから百も承知である。

私が聞きたいのはそんなくだらない事ではなくて、何でその朝鮮の
渡来人たちは優れた無文土器の先端技術を持ちながら、無文土器そのもの
を作らずに、わざわざ退化までして縄文土器の延長みたいな遠賀川土器
を何百年も作っていたのかという事だ。

そして何で最後まで無文土器を作らなかったのかという事だ。

747 :出土地不明:2006/03/19(日) 20:35:13 ID:RZBIiT3G
だからさ、遠賀川式土器自体が作り方や形が在地の縄文系の単純な延長じゃないんだろ
また夜臼期に無文土器系そのものもあるって言ってるじゃん。無文土器も作ってたが、在地に融合したの、分かる?

別に2ch見なくても知ってたがなw

>>口答えだけは一人前なところが朝鮮人らしいなw
そういうことしか言えないの?w
はぁ?だな



748 :出土地不明:2006/03/19(日) 21:10:00 ID:utvBuzA8
何か勘違いしていないか?

無文土器系の土器というのは無文土器そのものの事ではないし、
朝鮮無文土器の成形技法でつくられた土器、或いは朝鮮無文土器の
製作技法土器で作られた土器というのも無文土器そのものの事ではない。

無文土器の製作技法で作られた外見や文様がもはや無文土器とは
似て非なる土器の事だが。

西九州だけは無文土器そのものがあるが、これらは輸入された物で
あろう。

それ以外は無文土器そのものが無いところが、弥生土器の特徴でもある。

749 :出土地不明:2006/03/20(月) 01:39:22 ID:/z6YAA1J
まともな意見で感謝。
在地の胎土で、無文土器の技法で作られ形も無文土器的なものは、表面的模倣とは異なるから、その意味で無文土器製作者が来ていたと言えるだろ?これは西北九州では言えるわな。
もちろん、それは全体から見れば低い率だけど、まあ亡くなった家根氏は3割とか言うがそれは模倣土器も含まれそうだから大杉だが、少数でもあるのは重要だろう。
また当時の土器が高度な専業とは思えないから、土器製作者だけでない一定の集団渡来を考えるべきだろう。
また在地側でも模倣対象となる自体、異系統の文化が身近にあったということだし、
ある程度の渡来者いて社会に融合していればこそ他の文化要素も早く伝播したと考えられる。
ただ、渡来者たちは多数を占めたわけじゃないから、
外来文化に交代したのではなく、定着融合して新しい文化が形成されたがと。
板付式=遠賀川式土器の成立はその象徴なわけだ。


750 :出土地不明:2006/03/20(月) 01:54:58 ID:/z6YAA1J
あとね、誤解があるようだが、南部朝鮮からの渡来集団は一気にたくさん来たのではなく、徐々少しずつに来たのだろうこと。しかも在地集団に比べられば、基本的に少数派だったということだ。
このあたり前のレスであげた田中良之氏あたりの論文探して読んでくれ。
あとこちらは2chやwネット上だけで勉強したわけじゃないから勘違いしないでくれ。
またそうした集団は西北九州に限られ、その地域で渡来集団の文化の影響のもとに在地と融合して形成された弥生文化がさらに広く広まることになる。
少数の渡来集団も否定するのはちょっと無理じゃないだろうか?
これは土器だけじゃなく石器や木器も含めて、無文土器中期のものと同じものが出現することからも言える。で、朝鮮半島側はその前の無文土器前期からそれらがあるわけだ。水田も含めてだ。

751 :出土地不明:2006/03/20(月) 19:43:41 ID:xie2Kq+h
いや、来てないな。

全然来ていない。

残念ながら、弥生時代開始時に渡来人など、



さーっぱりさらさら来ていない。



なぜなら、弥生開始時から早期まで、渡来系の形質を持つ人骨の
出土例が全く無いからである。

いまだに渡来人がやって来て持ち込んだとか、渡来人がやって来たから弥生時代が
始まったとか、そんな一方通行的な発想だけしかできない人間は、
もはやカビ臭い渡来人妄想にとりつかれた古い人間か、頭の弱い人間だけである。

九州北部の半漁半農の縄文人自身が朝鮮半島南岸に赴いて、土器も水田技術も
輸入しながら弥生時代は始まったという、そんな簡単な発想すらできないような
人間がいまだに考古学にいる事自体が最大の害悪なのである。

752 :出土地不明:2006/03/20(月) 23:44:30 ID:/z6YAA1J
弥生早期の人骨資料数は?
無文土器前期から中期の人骨資料数は?

両者ともかなり少ないと思うが。
したがって十分な比較ができないが。
だからそこまで断言できないはずだし、人骨資料が少ないうちは考古学から総合判断すべきだろう。また人骨資料が増えても、少数の渡来集団の存在を否定するのは難しいと思うが。

753 :出土地不明:2006/03/20(月) 23:57:21 ID:xie2Kq+h
そういう無責任な発言は、弥生開始時から早期までの渡来系の形質を
持つ人骨が出てきてから言いましょうね。

むしろ無責任な断言をして、作為的な誘導をしているのはそちらの方。

私は現段階で確実な事を言っているだけである。

754 :出土地不明:2006/03/21(火) 17:59:45 ID:+XD9MIu7
中国に『山海経』という古文書がある。
山海経は、中国でもっとも古いとされる地理・博物書であるが、この書物の中に
義和国という国が登場する。

【山海経・義和国の話】
東海の外側に義和国という国がある。その国には女が住んでおり、名を義和(ぎか)という。
義和は今、太陽に水浴びをさせているところである。

古代日本の呼称である「倭国」が「和国」に改号される時、山海経に登場する義和国から、
『和』の字を借りて、和国にしたのかもしれない。
義和国を支配する義和という女神は、日本神話の天照大神にそっくりである。
義和も、天照大神と同じように太陽の女神なのだ。
山海経によると、義和国には扶桑という巨大な神木があり、扶桑の枝には十個の太陽がとまって
いるという。
そして、義和が十個の太陽を支配しているとされているのだ。
日本神話の天照大神の原型は、この義和なのかもしれない。

■『山海経』について■
http://www.hmt.toyama-u.ac.jp/chubun/ohno/sengai.htm




755 :出土地不明:2006/03/21(火) 19:57:03 ID:+XD9MIu7
なんで、日本人が、大和朝廷が作った人工国家=百済の文化を羨むんだ?(笑
_____________________________________
韓国人がアホな歴史教育をしているようだ。

【歴史教育、幼稚園から実施】『日本が羨んだ百済文化』 ←無知にもほどがあるよ(苦笑

教育人的資源部(訳注:日本の文部科学省に相当)は、幼児の時から正しい歴史意識を
身に付けさせるために、多様でおもしろい活動を素材とした『幼児のための歴史教育活動
資料』を発刊し、全国8300余りの国・公・私立幼稚園に無料配布するほか、保育施設など
で出力して活用するようにホームページ( www.moe.go.kr )にも掲載することにしたと、16日
発表した。
この資料は、幼児期発達に相応しくておもしろい10編の時代的歴史エピソードと、33種類
の多様な活動で構成されており、歴史に対する幼児たちの関心と好奇心を引くことが期待
される。
「苦難の中の希望、日帝強占期」編では、日帝時代に民族に希望を与えた孫基禎翁(下記
関連サイトご参照の話が紹介されており、「韓国の文化の誇り、百済」編には、日本が羨ん
だ百済文化が紹介されている。
また、「我が国の領土、独島」編は、幼児たちが独島に対する親近感と我が国の領土を大
切にする心を持つように構成されており、朝鮮戦争と平和、申師任堂(訳注:李氏朝鮮時代
の女性文人。下記関連スレご参照)、権慄将軍(訳注:文禄・慶長の役の時の将軍)、慶州、
古朝鮮(訳注:檀君の建国した国のこと)などのテーマも入っている。
教育人的資源部では、この資料が幼児教育現場で有効に活用されるようにするため、2月
に全国16道・直轄市の教育庁幼児教育担当講師要員400人余りを対象に研修を実施する予定だ。

▽ソース:Yahoo!Koreaニュース(韓国語)(2006.01.16 20:21)
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&newssetid=746&articleid=2006011620210117447

756 :出土地不明:2006/03/22(水) 14:57:11 ID:1TeFrvM3
>>750
朝鮮半島からも九州の突帯文土器は出てるんですけどね。
というか、縄文前期から弥生後期にいたるまで
断続的に朝鮮半島では九州の土器が少数ながら出てる。
なんでこっちは無視するのかな?
人や物の移動は朝鮮半島→西北九州という一方向だけじゃなかったんだけどね。
渡来説を過剰評価する人は、なぜか九州→朝鮮半島の人や物の移動は
見なかったことにするか、無視するかのどっちかなんだよね・・・

757 :出土地不明:2006/03/22(水) 17:47:31 ID:/x2xoP6g
なんで、大和朝廷が作った人工国家=百済の文化を、日本人が羨むんだ?(笑
_____________________________________
韓国人がアホな歴史教育をしているようだ。

【歴史教育、幼稚園から実施】

教育人的資源部(訳注:日本の文部科学省に相当)は、幼児の時から正しい歴史意識を
身に付けさせるために、多様でおもしろい活動を素材とした『幼児のための歴史教育活動
資料』を発刊し、全国8300余りの国・公・私立幼稚園に無料配布するほか、保育施設など
で出力して活用するようにホームページ( www.moe.go.kr )にも掲載することにしたと、16日
発表した。
この資料は、幼児期発達に相応しくておもしろい10編の時代的歴史エピソードと、33種類
の多様な活動で構成されており、歴史に対する幼児たちの関心と好奇心を引くことが期待
される。
(省略・・・)
★『韓国の文化の誇り、百済』編には、「日本が羨んだ百済文化」が紹介されている。←(苦笑)
(省略・・・)
古朝鮮(訳注:檀君の建国した国のこと)などのテーマも入っている。
教育人的資源部では、この資料が幼児教育現場で有効に活用されるようにするため、2月
に全国16道・直轄市の教育庁幼児教育担当講師要員400人余りを対象に研修を実施する予定だ。

▽ソース:Yahoo!Koreaニュース(韓国語)(2006.01.16 20:21)
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&newssetid=746&articleid=2006011620210117447

>>756
ねえ。困ったもんだ(苦笑

758 :出土地不明:2006/03/23(木) 10:28:23 ID:jjvySnJu
韓国は百済無いね

759 :出土地不明:2006/03/25(土) 17:36:21 ID:/G2kMui3
おまえら、對馬の民を忘れていないか?

對馬國。其大官曰卑狗、副曰卑奴母離。所居絶島、方可四百餘里。
土地山險、多深林、道路如禽鹿徑。有千餘戸、無良田、食海物自活、
乘船南北市糴。

對馬の民は、乘船南北市糴。船に乗って南北に市糴す。

つまり船に乗って朝鮮半島や九州北部と交易していた。

縄文人や半島人が海を渡らなくても、對馬の民によって
双方の文化は勝手に入ってきてしまう訳だ。

渡来系の形質を持つ人骨の出土年代から見て、
渡来人はBC6〜BC7C頃に来ている。

もちろん半島人なんかではない。

朝鮮半島に縁もゆかりもない北方から流れてきたツンギーデである。

北方から朝鮮半島を短期間で定着せずに突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方アジアの一種族である。

760 :出土地不明:2006/03/26(日) 15:17:00 ID:aqShzeKS
>>759
また捏造か(W


北方アジア人は日本に来てねえっての。





761 :出土地不明:2006/03/26(日) 15:44:05 ID:8b6QQ0Zc
来てますよ。


例えば、日本人には10パーセントと高率に見られるハプロタイプは、
朝鮮半島に行くと二、三パーセント、中国大陸の北のほうでは1パーセント
程度しかないんですが、モンゴル共和国に行くと5パーセントに跳ね上がる
んです。そうすると日本人に最も多いハプロタイプはモンゴルから来た
らしいと分かるわけですよ。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm

中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが

762 :出土地不明:2006/03/28(火) 14:16:05 ID:QpoKvIaB
>>761
じゃあなんでその痕跡が物質文化の中に残ってないんだよ。
合理的に説明してみろ。

763 :出土地不明:2006/03/28(火) 14:44:22 ID:uGfULltw
北方アジア人は北海道に来てるんじゃねえのか?

遺伝子でいけば、本土日本人は大陸との近縁性が高いというのは
既にわかってる話だろうに。
縄文人の血も入っているが、大方は弥生人からの血を多く受け継ぐのが
現日本人だよ。
それが朝鮮から来たかといえば、長江下流域あたりから、朝鮮と九州に
ほぼ同時に来たんじゃないか。

764 :出土地不明:2006/03/28(火) 15:27:10 ID:rqioNLin
土器も墓も当時の北方アジアと共通してるが何か?

>>763
アイヌが消滅するだろが。

765 :出土地不明:2006/03/29(水) 09:34:56 ID:yQSgEi+O
金文の無い青銅器もなw

766 :出土地不明:2006/03/29(水) 13:25:56 ID:Qvp0GMhA
>>764

>土器も墓も当時の北方アジアと共通してるが何か?

具体的な例で頼む。
どの遺跡のどの土器や墓のことを指してるんだ?

767 :出土地不明:2006/03/29(水) 14:03:04 ID:yQSgEi+O
常識レヴェルだぜ?w

768 :出土地不明:2006/03/29(水) 14:24:35 ID:Qvp0GMhA
>>767
だから具体例をあげてみろってw
そうじゃなきゃ単なる煽りか妄想だ。
まさかとは思うが無文土器系の土器とか支石墓のことを言ってるんじゃねーだろうな。

769 :出土地不明:2006/03/29(水) 14:57:12 ID:yQSgEi+O
まーた我田引水のビビンバ鮮人かw

770 :出土地不明:2006/03/29(水) 20:37:02 ID:rd2gb7fw
土器は北アジアと共通する部分もないわけではないのだが。
実際、似ているものとしては、中国江南あたりの墓制が、古墳時代の日本
に近いものがあるってことだな。竪穴式合掌作りってあたりは古墳時代の
前期のものと似ている。

771 :出土地不明:2006/03/29(水) 21:12:52 ID:I85cDnVp
朝鮮半島の縄文土器の影響を受けた櫛目文土器文化は、BC13C頃、満州(中国東北部)や
アムールなど、北方アジアの無文土器文化圏へと急激に飲み込まれていく。


 紀元前1000年紀には、無文土器が主流となった。この時代は、朝鮮半島における青銅器時代とほぼ一致する。
文様がないか、あるいはあってもごく少ない赤褐色の平底の土器である。成形にはまだ轆轤の使用は見られず、
手捏ねか輪積みによるものがほとんどである。分布は、中国の東北地方、西は遼河から東は黒龍江・松花江に
またがる地方と深いつながりを持ち、櫛目文土器文化とは違った文化圏が形成されていたことがわかる。そして
この無文土器は、さらに東に伝わり、わが国の弥生土器の母胎ともなった。

http://www.moco.or.jp/jp/intro/intro_3/intro_3b.html

注目に値するのは,アムールの早期鉄器時代の土器が,日本の弥生文化の土器
と類似していることである。学者たちは,大陸と日本列島の間に交流が存在した
と見なしている。

http://www.geocities.jp/putniki/amur/zatsugaku/archeology.htm

772 :出土地不明:2006/03/29(水) 21:13:17 ID:uMEIj+KC
本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50
本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

773 :出土地不明:2006/03/29(水) 21:44:20 ID:I85cDnVp
国立大邱博物館も青銅器も無文土器も北方文化の影響と言っている。


韓国の青銅器時代はおおよそ紀元前10世紀ごろに中国東北、シベリア地方などから
北方文化の影響によって始まり、本格的な農耕と牧畜による生産力の増加は階層の
分化をもたらし、しだいに身分的な差として発展するようになる。

彼らがのこした遺跡としては住居跡・貝塚および墳墓などがあり、遺物としては
さまざまな種類の磨製石器と無文土器、そして各種の青銅器がある。

http://daegu.museum.go.kr/museum/japanese/body_02/body2_1_03.html

774 :出土地不明:2006/03/29(水) 22:15:45 ID:I85cDnVp
支石墓は遼東から満州南部あたりで発生して北方や朝鮮半島に広がっていった。


東北アジアでの最初の支石墓は、中国東北地方の遼東半島(現在の遼寧省)
から吉林省の南部で建築されたと考えられています。

遼東半島付近から現在の吉林省南部にかけての地域でテーブル形が発生し、
朝鮮半島へと伝播していきます。

http://www.nara.accu.or.jp/about/symposium/symposium.pdf#search='謾ッ遏ウ蠅・驕シ譚ア蜊雁ウカ'

775 :出土地不明:2006/03/29(水) 23:38:43 ID:I85cDnVp
まあ、つまりだ、朝鮮半島独自の文化など、

なーんにも無いって事だ。

古代からな。


776 :出土地不明:2006/03/29(水) 23:56:38 ID:I9ZD38qw
>>775
そりゃそうだろ。朝鮮半島の人々自体が、がんがんに変わりまくっている
のだから、文化も出入りしまくり。今の朝鮮半島人のアイデンティティが
できたのは、高麗から、李氏朝鮮の時代だ。それまでは、そういうものは
なかったわけだ。

777 :出土地不明:2006/03/30(木) 00:11:43 ID:WY3CCivu
ただ朝鮮半島の人々自体が、がんがんに変わりまくっていると
いうのは幾らなんでもオーバー。

土着系の上に数々のツンギーデの種族と華北のシニーデが
蓄積されて形成された人種が朝鮮人。

朝鮮半島に数々侵入したそのツンギーデの種族の中で、
定着せず短期間で突き抜けて九州北部まで渡ってきてしまった
単種のツンギーデが弥生人。

たったそれだけのカラクリ。

778 :出土地不明:2006/03/30(木) 00:13:00 ID:ps7/52/4
>>777
だから、日本に来たいわゆるのっぺり顔は、江南方面だってば。
そういう連中は朝鮮南部経由である可能性は高いが、ツングース系とは
関係ないってば。

779 :出土地不明:2006/03/30(木) 00:25:34 ID:WY3CCivu
弥生人がやって来た頃の江南は世界一の灰釉陶の産地なんだがなw

中国独自の青銅器、青銅器に刻まれる篆書の金文、土トン墓、
車輪、瓦文化、最先端の建築土木文化、稲作関連の言葉etc・・・

伝わるべき江南の主流文化がなーんにも伝わってないよ。

なーんにもね。

780 :出土地不明:2006/03/30(木) 00:34:12 ID:WY3CCivu
>>778
ところで、おまえ中狂のチャンコロ工作員だろ?w

風説流布もいい加減にしとけよw

781 :出土地不明:2006/03/30(木) 00:52:29 ID:ps7/52/4
>>779
もちろん、いわゆる中華民族(華人)じゃないことはたしかだね。
たぶん、今の苗族とかと近い系統なんじゃないかな。納豆もってきたのも
彼らだろ。ただ、経由してきたのは、朝鮮半島南部だろうと思う。
いずれにせよ、かなり辺境民だったことはたしかだろう。ただ、いまんところ
江南の漢代の墓の人骨と渡来系弥生人がもっとも近い系統なのは事実だ。
土器作りなんていう技術が伝わらないこともあるだろう。縄文土器があった
わけだし。実際、初期稲作農耕は末期縄文土器をつかって行われている。
それに、抜歯の習慣も、江南と日本の縄文のは似ているが、いずれにせよ、
弥生初期の渡来系の人々の抜歯の方式は、縄文式そのものなんだよ。
文化抜き、人だけつれてこられた、というのが実際のところじゃないかな。

782 :出土地不明:2006/03/30(木) 03:07:51 ID:VHbdVZeK
文化抜きってことはないんじゃないか?
水田稲作やるには治水土木技術が必要だろうし。
抜歯も、縄文人のやりかたとは異なる方式だったはず。
一部、弥生遺跡から縄文式の抜歯が出てたかとも思うが、
それだけで、全てを代表するわけでもないだろう。
揚子江下流域から来たと主張したからって、中国工作員ってのはおかしいだろ。
あそこはいろんな民族の坩堝だからな。

783 :藤村:2006/03/30(木) 11:03:38 ID:1vWdWww3
そういえば九州の有明海は古代、揚子江の河口か下流域であった
なんて聞いたなあ。最近の水中考古学進歩で日本列島の太平洋岸
の大陸棚には高度な文明があった可能性が高いといわれているが、
その頃は現大陸とは地続きであったわけだから最古の文明はやはり
日本から内陸つまり朝鮮、中国へと渡っていったと考えられます。

784 :出土地不明:2006/03/31(金) 12:02:34 ID:vd6v/oLS
日本と大陸がつながっていたのは何十万年前の話です。
文明とかいえる以前です。一体何を根拠にしているのでしょうか?
最近の水中考古学の発展といいますと?日本の水中考古学ではないのは確かですね。
韓国か中国の水中考古学の調査でしょうか?
沈没船の発掘は幾つも例がありますが、埋没した遺跡の例はあまり聞きません。
どの遺跡のことでしょうか?詳しく教えてください。


785 :出土地不明:2006/03/31(金) 12:23:17 ID:SqF9W1AG
あほばっかw

786 :出土地不明:2006/03/31(金) 15:46:14 ID:NeMfKsSy
おいおい。水中遺跡は地中海でも発見されてるし、
沖縄でもあるだろが。
四大文明以前に文明が発祥したのは、今は水中に没してる
河口の低地と見られるから、水中考古学がこれから重要になるのは
当然のことなんだがな。

787 :出土地不明:2006/03/31(金) 18:23:59 ID:6pdW8wg8
◆◆ 和漢共栄時代から三民戦争時代へ。カラ半島の古代史 ◆◆

3世紀以前のカラ半島は、半島北部地方は、漢民族が楽浪郡を置いて支配し、半島南部地方は、
倭人(日本民族)が、志良岐と任那を建国して支配していた。この時代が、『和漢共栄時代』である。
しかし、313年から314年にかけて、満州地方のフヨ人(高句麗人)が、漢人が支配する楽浪郡を
攻撃して滅ぼしたため、これ以降、『三民戦争時代』に突入する。
三民戦争時代とは、カラ半島北部の高句麗を支配するフヨ人、任那・百済を支配する倭人、そして、旧帯方郡の
東部地方に住んでいたが、356年に倭人国家=志良岐(シラキ)を乗っ取り、新羅を建てたワイ人(穢人。朝鮮民族の先祖)
が、カラ半島の支配権をめぐって戦争を繰り返した時代である。
当初、ワイ人国家=新羅は高句麗に朝貢し、倭人勢力と戦争していたが、433年に高句麗に対して反乱を起こした。
そして、倭人国家=百済・任那と同盟を結び、今度は高句麗と戦争した。
だが、550年代になると、ふたたび倭人勢力とワイ人勢力の関係が悪化し、新羅と百済の間で戦争が再開された。
643年には、敵対関係にあった倭人とフヨ人が反新羅で同盟を結び、ワイ人国家=新羅を攻撃した。
倭人とフヨ人は協力してワイ人国家=新羅と戦ったが、660年、唐と手を組んだワイ人勢力=新羅によって、
百済は滅ぼされた。
668年には、フヨ人国家=高句麗も、ワイ人勢力=新羅と唐の連合軍の攻撃により都を落とされ滅びた。
最終的に、カラ半島はワイ人によって統一された。このワイ人が、後の朝鮮民族である。
倭人=日本人勢力は、663年の白村江戦争で敗北した後、カラ半島の領土を手放した。
しかし、白村江戦争以降も、ワイ人=朝鮮人勢力は、海賊活動を中心に何度も日本侵略を繰り返した。
これが、古代カラ半島の真実の歴史である。7世紀以前のカラ半島は、三つの民族が領土戦争を展開して
いた地域だったのである。


788 :出土地不明:2006/03/31(金) 22:40:11 ID:vd6v/oLS
いや、水中考古学は1960年以降世界各地で成果を挙げているのはもちろん承知。
ここ10年でイラン、ケニア、パナマなどでも独自の研究がすすんでいるらしい。
聞いているのは“日本列島の太平洋岸”での成果は聞いたことが無いぞということです。
ウッズ・ホールがギリシャで行ったような自立型水中ロボットを使った遺跡の確認調査などは日本近海では有効なのだが


789 :出土地不明:2006/03/31(金) 22:53:26 ID:2w6mkeRs
>>784
あのなぁ、日本列島が大陸とくっついていたのは、1万5千年前まで。
そのころには、縄文時代の初期段階に達している。

790 :出土地不明:2006/03/31(金) 22:58:55 ID:kFnHoINf
>>788
水中考古学ってのは、大変らしいぞ。別スレで書いたが(氷河時代スレ)。
アメリカ大陸への人類の移動の問題で、遺伝学的な検証により、アジア
東北部からベーリング海峡を渡って、というのは間違いないのだが、
一方で、氷河時代の間、たぶん、1万3千年前ごろまで北アメリカ全土は
あつい氷床に覆われていて、たとえベーリング陸橋を渡ったところで、
内陸ルートでは、南アメリカに至ることはできないってことなんだが、
ところが、考古学的には、南アメリカの遺跡のほうがはるかに古く、
1万3千年前ごろの遺跡もあったりする。そこで、考えられているのが
ベーリング海から大陸西海岸にかけて、沿岸航路で船で移住したという
説だ。飛び地的には、沿岸に人の住める地域があったことは事実。
ところが、この話になると、その沿岸部ってのは今ではすべて海底に
なってしまっている。そこで、水中考古学ってことになるが、ロボット
使おうが、ダイバー潜らせようが、むちゃくちゃ金がかかるし、地形その
ものの把握ですら、かなりの高度な技術が必要とかで、なかなかわからん
ということらしい。

791 :出土地不明:2006/03/32(土) 06:37:51 ID:6GSP89wW
考古学だけで調査をするとお金がかかれけど、ソナーとか磁気探査などのデータは他の海洋学の調査にも使える
海洋・地質・考古調査をまとめて行えば高いわけでもない。
JAMSTECの新しい船、「地球」などマントルまで掘るそうだ。これに比べれば桁違いにかなり安いぞ。


792 :出土地不明:2006/03/32(土) 11:43:16 ID:EZSxficm
>>781
>江南の漢代の墓の人骨と渡来系弥生人がもっとも近い系統なのは事実だ。


北方アジア抜きのインチキ調査でなw


>土器作りなんていう技術が伝わらないこともあるだろう。


新しい土器技術はしっかりと伝わってますがね。
なぜか中国とは別の地域のw


>実際、初期稲作農耕は末期縄文土器をつかって行われている。


初期稲作農耕は早期縄文土器を使っているはずですがねw

793 :出土地不明:2006/03/32(土) 12:34:39 ID:UxFfW8N7
実は、たったの24時間で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたの今後のネット収益を倍増するスキルがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それを知りたい方は、他にいませんか?

アフィリエイトを使わずにホームページとEメールだけで3,000万以上稼いだ
インターネット・マーケッターの宮川さんが、

巨大な現金の山を作り出す門外不出の一生涯使えるノウハウを
下記のサイトで公開しています。

その内容をお知りになりたい方は、下記をクリックしてください。

【たったの24時間で あなたの今後のネット収益を倍増するスキルとは? 】
http://infostore.jp/dp.do?af=moneyclick&ip=successpreneur&pd=01


794 :出土地不明:2006/04/03(月) 18:04:16 ID:J0COCbHG
◆◆ 和漢共栄時代から三民戦争時代へ。カラ半島の古代史 ◆◆

3世紀以前のカラ半島は、半島北部地方は、漢民族が楽浪郡を置いて支配し、半島南部地方は、
倭人(日本民族)が、志良岐と任那を建国して支配していた。この時代が、『和漢共栄時代』である。
しかし、313年から314年にかけて、満州地方のフヨ人(高句麗人)が、漢人が支配する楽浪郡を
攻撃して滅ぼしたため、これ以降、『三民戦争時代』に突入する。
三民戦争時代とは、カラ半島北部の高句麗を支配するフヨ人、任那・百済を支配する倭人、そして、旧帯方郡の
東部地方に住んでいたが、356年に倭人国家=志良岐(シラキ)を乗っ取り、新羅を建てたワイ人(穢人。朝鮮民族の先祖)
が、カラ半島の支配権をめぐって戦争を繰り返した時代である。
当初、ワイ人国家=新羅は高句麗に朝貢し、倭人勢力と戦争していたが、433年に高句麗に対して反乱を起こした。
そして、倭人国家=百済・任那と同盟を結び、今度は高句麗と戦争した。
だが、550年代になると、ふたたび倭人勢力とワイ人勢力の関係が悪化し、新羅と百済の間で戦争が再開された。
643年には、敵対関係にあった倭人とフヨ人が反新羅で同盟を結び、ワイ人国家=新羅を攻撃した。
倭人とフヨ人は協力してワイ人国家=新羅と戦ったが、660年、唐と手を組んだワイ人勢力=新羅によって、
百済は滅ぼされた。
668年には、フヨ人国家=高句麗も、ワイ人勢力=新羅と唐の連合軍の攻撃により都を落とされ滅びた。
最終的に、カラ半島はワイ人によって統一された。このワイ人が、後の朝鮮民族である。
倭人=日本人勢力は、663年の白村江戦争で敗北した後、カラ半島の領土を手放した。
しかし、白村江戦争以降も、ワイ人=朝鮮人勢力は、海賊活動を中心に何度も日本侵略を繰り返した。
これが、古代カラ半島の真実の歴史である。7世紀以前のカラ半島は、三つの民族が領土戦争を展開して
いた地域だったのである。




795 :出土地不明:2006/04/03(月) 19:16:58 ID:GjeklBiF
>何で当時の中国の主流だった灰釉陶や印文硬陶が伝わってないのかね?
>最低でも何で粗悪な灰陶くらい伝わっていないのかね?
・技術者が渡来していない、もしくは渡来したが材料を得られなかった。

>何で漢字の前身である金石文も伝わっていないのかね?
>何で木製車輪のような便利な良いものが伝わっていないのかね?
・江南説なので、中国と入っても文化圏が違う。

>何で青銅貨などの金属貨幣くらい伝わっていないのかね?
・後年、和銅開寶が流通しなかったように、
 貨幣を必要とする段階にない。

>何で当時の中国で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?
・吉野ヶ里は土とん墓

>何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?
・支石墓文化については、これは調査の必要がある。

一方、山東省の人骨と北九州弥生人の人骨の類似、
現代日本人と中国少数民族の類似、
米の品種の類似、
古代中国人が、倭国を呉の末裔と考えていたこと、
以上を考えても倭族が渡来して倭国を建設したと考えるのが
妥当だと思う。

796 :出土地不明:2006/04/04(火) 00:24:49 ID:ebDm1bsp
>・技術者が渡来していない、もしくは渡来したが材料を得られなかった。


渡来人はたった一人の漂流民なのかね?激笑

渡来人は最低でも数百人以上は来ているのだから、粗悪な灰陶くらい
伝わっていない方がおかしい。

それに印文硬陶が幾何印文土器とも言われるように、
印文硬陶の器全体に施された20種以上の独特の幾何学文様さえ
全く伝わっていない。

しかも、鬲、鼎などの三足土器や爵、尊、觚などの酒器など、
中国独特の器形さえ全く伝わっていない。

これらは灰陶を伝える以前の問題である。

797 :出土地不明:2006/04/04(火) 00:25:37 ID:ebDm1bsp
>・江南説なので、中国と入っても文化圏が違う。


江南にはBC6C以前から戦車があるようだがw


景公 〜B600〜B581
 諱は拠。成公の子。当時ようやく六卿の勢力が強くなり、B597年に
六卿の一人の先穀の独走によって[必β]で楚に大敗し、B589年にも半ば
郤克の私怨に報ずる形で鞍で斉と対陣した。はじめて六軍を編成し、
楚から巫臣を迎えて呉に戦車戦を教授させるなどし、また卿族に
対抗させる為に側近を重用したが、B583年に趙氏の族滅を招いた。

呉に戦車戦を教授させる
呉に戦車戦を教授させる
呉に戦車戦を教授させる
呉に戦車戦を教授させる

http://www.h5.dion.ne.jp/~liyca/page012.html

798 :出土地不明:2006/04/04(火) 00:26:11 ID:ebDm1bsp
>貨幣を必要とする段階にない。


弥生人は琉球まで渡って宝貝を土器や金属器と交換に買い付けていた。
貝が貨幣の代わりにもなったからね。


>・吉野ヶ里は土とん墓


はぁ????

学会認定のソースを出しなさい。

なお、チャン・ミンとかタン・ショウウとかいうチャンコロに
ほだされて、吉野ヶ里墳丘墓を土トン墓だとか言っている鬼塚克忠
とかいう佐賀大学のキチガイ学者の仮説論など要りません。

799 :出土地不明:2006/04/04(火) 00:26:51 ID:ebDm1bsp
>・支石墓文化については、これは調査の必要がある。


今さら、何を調査するのか?
支石墓が遼東から満州南部が起源なのは学会認定。


>一方、山東省の人骨と北九州弥生人の人骨の類似、


北方アジア抜きのインチキ調査でなw


>現代日本人と中国少数民族の類似、


人間である以上、何かは類似するわなw
ただし物的文化がさっぱり違うがな。


800 :出土地不明:2006/04/04(火) 00:27:31 ID:ebDm1bsp
>米の品種の類似、


中世以降に入ってきた稲ではないという証拠は?w


>古代中国人が、倭国を呉の末裔と考えていたこと、


ところで、当時の華北人のどれくらいの人が呉に行った事がある訳?w
邪馬台国を訪れた華北人は呉にも行ってる訳?w


>以上を考えても倭族が渡来して倭国を建設したと考えるのが
>妥当だと思う。


北方アジアから倭族が朝鮮半島を定着せずに短期で突き抜けて
九州北部まで渡来して倭国を建設したのには同意w



801 :出土地不明:2006/04/04(火) 15:26:15 ID:8LdAO/UB
北方アジアに水田稲作なんかねえじゃん。
水田稲作技術を携えたあるていどの集団が渡来したと見るのが自然。
遺伝子的研究が進めば江南との関連も見えてくるだろう。

802 :出土地不明:2006/04/04(火) 15:55:14 ID:8SOGVoO+
もう100回くらいその経緯を書いて、もう書き飽き秋田。

故意でないなら重症の記憶障害か脳障害。

すっとぼけ糞チャンコロは早く市ねや。

803 :出土地不明:2006/04/04(火) 18:54:36 ID:8LdAO/UB
縄文漁労民が持ち込んだだけだとか言うのか?w
あんなもんみようみまねでできるもんじゃねえだろ。
遺伝してきに、縄文人がそのまま弥生人になったというのも無理。

804 :出土地不明:2006/04/04(火) 20:36:25 ID:+hlL4sS/
ビルシャナ仏
 華厳経: 新羅から(奈良南都六宗の縁起にあり)

ビルシャナ仏
 大日経: 真言宗の空海が唐は長安留学で恵果アジャリから伝授。
釈迦仏
 法華経: 唐の江南の天台山から(断片はともかく、法華三部は天台宗の最澄の遣唐使の結果)

釈迦仏
 禅宗(南宗禅・広東人禅宗六祖慧能): 天台宗葉上派(臨済宗)による
                    唐の江南の天台山から
                    緑茶栽培喫茶養生・味噌醤油豆腐の菜食主義


805 :出土地不明:2006/04/04(火) 20:41:56 ID:+hlL4sS/
北朝鮮の米食は、日本の支配、朝鮮総督府から。
北朝鮮での水稲の栽培の為の本格的な品種改良は、昭和初期から。
北朝鮮では北海道より米作は出来ないとの事。

満州: 高粱
河北: 粟・小麦(饅頭・ペーパーブレッド[紙状パン])
華中: 小麦(焼餅・饅頭)・米
江南: 米・緑茶喫茶・味噌
華南: 米・小麦(餃子)・緑茶喫茶・味噌


806 :出土地不明:2006/04/04(火) 21:06:34 ID:+hlL4sS/
日本は、紙があり・石文が少ない。
朝鮮は、書物を焼き・首の無い石の像が多い。

李氏朝鮮は、盗賊が貴族の屋敷を襲撃すると
書類は焼く性質がある。李朝実録は秀吉の出兵の際に
春秋館(歴史館)の歴史書を平気で焼いている。
5箇所の歴史館中、全州一箇所だけ残るという。

捏造が多いので、石文しか残らない。しかも
「貨幣」は「金」も「銀」も「モンゴル紙幣」も使用を禁止され
「中国鋳造」の「銅銭しか」使えない
日本は「中国銅銭」でしか朝鮮で商売できなかった。
イギリス・フランスの攻撃とアメリカの通商修好の条約以降で無いと。

807 :出土地不明:2006/04/05(水) 05:06:14 ID:SD7382M5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1140010231/177-178

【 監司(観察使) 】
府使 → 府史・府尹(倭寇の長興府史の戦死・虜乱の義州府尹の林慶業[イムぎょんオプ])
牧使 → 牧史・牧尹(倭乱の晋州牧史の戦死)
郡守 → 太守
県令 → 県監(尹令?→尹士)

高麗(高句麗)→新羅国→泰封国(弓裔)→摩震国(王建)
→高麗藩(王弟)→斉国(忠烈王)
→高麗国
 初代の高麗王・李朝太祖・李成桂(いソンげ)
 2代目高麗王・李朝定宗(太宗の兄)
 3代目高麗王・李朝太宗(王弟)・明国より朝鮮国王に封じられる。
 朝鮮国王・4代目の世宗・倭寇は和服を着た本国人(朝鮮人)だと実録に記載。
 朝鮮国王・10代目の燕山君(よんサンぐん)が、倭寇弾圧で倭服と倭文字と倭楽器を焚書坑儒。

高麗十二州(現在の黄海道以北なし)
 黄州 海州
 楊州       ※北漢山(京城[きょんソン]・ソウル漢江以北)
 広州       ※南漢山(漢陽[はにやん]・漢城[ハンそん]・ソウル漢江以南)
 忠州 清州 公州 ※公州は昔の百済の熊津(熊川・くまなり)で今の大田[てジョン]
 尚州 晋州 昇州 ※昇州は半島南岸多島海地方で今の順天[すんテン]〜麗水[ヨす]あたり
 全州 羅州    ※全州[ちょんジュ]は鄭氏[ちょんシ]の晋州官奴[チンじゅカンの]の所領

高麗4都(契丹族の東丹国と摩震国・女真族金国の高麗藩と斉国・蒙古王朝の東真国と斉国)
 西京(平壌:東丹国=東契丹=遼東・高麗西界→高麗北界が咸鏡道)
 開京(開城:高麗藩・斉国)
 南京(楊州・漢陽:摩震国・渤海族の大量移住、一部族に女真族を含む)
 東京(慶州:遼西奚族慶州・東真国=東女真・女真族の刀伊・高麗東界→高麗北界が平安道)


808 :出土地不明:2006/04/05(水) 05:15:03 ID:SD7382M5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1112370869/804-805

新羅九州(現在の京畿道以北なし)
 軟良州(金城=慶州_華厳経と仏国寺)慶尚道東部

高麗十二州(現在の黄海道以北なし)
 全州 羅州    ※全州[ちょんジュ]は鄭氏[ちょんシ]の晋州官奴[チンじゅカンの]の所領

高麗4都(契丹族の東丹国と摩震国・女真族金国の高麗藩と斉国・蒙古王朝の東真国と斉国)
 西京(平壌:東丹国=東契丹=遼東・高麗西界→高麗北界が咸鏡道)
 東京(慶州:遼西奚族慶州・東真国=東女真・女真族の刀伊・高麗東界→高麗北界が平安道)


809 :出土地不明:2006/04/05(水) 07:03:50 ID:3UehTyRW
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1140010231/183-187

勘合貿易  明国は日本とは
 寧波(明州)で『市舶司』を置き朝貢貿易(10年に一貢、船隻3、人300人)の制限
 日本国王は源道義(室町幕府・征夷大将軍の足利義満)の許可印
 幕府将軍一族(足利・細川など)と
 豪族寺院(安国寺・相国寺など)が明国と儲け
地方豪族(松浦など)と大名商人(大友など)は私貿易で倭寇(南倭)を働いた。
1548年 私貿易弾圧・中国貿易業者と日本西国大名が報復反抗した。
1553年以降に江蘇・浙江の沿岸は倭寇の大規模な被害を受けた。
1560年ごろになると福建・広東に私貿易が移動し、中国人倭寇が横行した。
萬暦帝の時にマカオを経由してポルトガルの軍事力下に私貿易が横行し倭寇が減った。

朱印状貿易  朝鮮出兵後に講和で勘合貿易に変え
 秀吉の死後に豊臣の家臣たち(徳川など?)と結んだ貿易。
 満洲の中国侵略と支配(清朝[満洲王朝]に王朝の姓易革命)により
 「中国人豪族の私貿易」と「日本の幕府の公貿易」の形に変容した。


810 :出土地不明:2006/04/05(水) 07:37:28 ID:3UehTyRW
>竹島が韓国領である根拠は
>「第二次大戦及びその後のゴタゴタによる国境は これを現状で承認する」という
>国際的常識にすぎません。ドイツ・ポーランド国境とかね。

>最後の戦争が領土を決定する・・・

朝鮮戦争(1950年〜休戦現在、終戦・終結まだ)の前に
高麗の王都であったケソン[開城(開京・松岳)]が 『韓国領』だったが、いま現在は 『朝鮮領』になっている。

つまり韓国の喪失領土は、朝鮮民主主義 人民『共和国の領土』で良いという事になる。

日本の独立(サン・フランシスコ平和を求める会議の承認国)では
現状を既成事実を認める解釈なら、韓国領という事になる。
しかし 2国間条約を抜きにすると、平和を求める会議では批准しなかった
人民中国とロシアやチェコなど東欧諸国は 日本は独立国でなく、アメリカの軍隊の支配する領土(アメリカ植民地)で
アメリカの決めた領土や国境線は認めない事になる。すると
樺太・千島(サガリン・クリール)の国境線と コレアン半島(楽浪半島)の周辺の島嶼の国境線は 問題となる。

平和を求める会議で スターリンのソ連はルモイ−ネムロ間に国境線を引く案を引っ込めなかった。

今現在はサハリン・クリールを一旦に日本領とし、ロシア人が日本に分散後に
ロシア人の居住地をロシア領に編入させろ。という方針が ロシア連邦内にあるとか無いとか。

稚内の3万強の日本人口が 住民票や戸籍の無い白人系統のロシア人の不法残留が4万人を超え
赤提灯の日本食の店を商売にアパートで風呂に入る
自称日本人というロシア人をサハリンに帰国せなくしている ムネオ的な勢力が 現在の北海道の政治だという。


811 :出土地不明:2006/04/06(木) 21:18:44 ID:sSMykC8C
●灘崎町の貝塚から縄文前期稲作示すイネ化石 [2005年02月19日(土)]

児島郡灘崎町の彦崎貝塚で、約6千年前の縄文時代前期の土壌から、イネの
痕跡である細胞化石「プラント・オパール」が大量に発見されました。
灘崎町教委が18日に発表したもので、これまでの定説よりずっと早い時代から
稲作が行われていた可能性を示すものとして注目されています。
プラント・オパールはイネ科植物の葉や茎などの細胞に含まれる特有の
ガラス質が微化石化したもので、同時代のプラント・オパールの検出は
岡山市の朝寝鼻貝塚に次いで国内2例目ですが、彦崎貝塚は1c当たりの
含有量が2千〜3千個で、朝寝鼻遺跡より格段に多いということです。
また、同じイネ科植物のコムギ、キビ、ヒエなどのプラント・オパールも
見つかっており、灘崎町教委では、検出量や連続した葉片のプラント・
オパールが見つかっていることなどから、イネが大量に栽培されていた
可能性があるものとみています。

http://www.okanichi.co.jp/contents/past/2005y/02/FM050219B.htm

812 :出土地不明:2006/04/06(木) 22:55:17 ID:sSMykC8C
日本には6000年前の縄文前期から陸稲の稲作があったのはもう常識だが、
弥生時代に朝鮮半島南部から伝わったのは水田稲作なのではなくて、
単に「水田技術」と農工具であって、日本稲作は華中とは直接的な
関係など無い。


◆日本最古の稲作

岡山県にある縄文時代前期 (6千年前頃) の遺跡の地層から
稲作の痕跡が見つかっています。

http://www.gohan.gr.jp/kurashi/02.html

弥生時代を開いた最初の渡来技術は水田稲作農耕でした。水田稲作を
はじめて受け入れた北部九州のムラからは、朝鮮半島南部とそっくり
の農工具が出土します。

http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/data5.html

813 :出土地不明:2006/04/07(金) 18:17:45 ID:ouvnDaiu
1918−1920年 アメリカ・イギリス・フランス・日本のシベリア出兵(チタまで)
1918−1922年 沿海州に日本軍が単独進駐(浦塩[ウラジオストク]・ウラジミール[東を]ボストーク[征服])
1918−1925年 北樺太に日本軍が進駐(7年間)
     共産主義の暴力革命やデモクラシーによる下克上に恐怖
1925年 治安維持法、共産主義労働運動家と英米キリスト教徒教師を投獄
1926年、大正天皇崩御、皇太子が執政(大正関東大震災時の実質天皇)から親政へ、昭和時代

四島のみならず全島&南樺太もかえして欲しいけどね 北千島は柏原(セベロクリリスク)以外は
無人らしいけど 樺太は大きな都市もあるしロシア人の生活が根付いてるし無理だろうねえ

1943年7月、サイパン陥落後に 在日本−朝鮮人総連合会(??)
××任の命令で アメリカの日本地区××司令官××が 大阪に出張し
アメリカに対して次のような3つの提案を示している。
<世界の日本人処理の方法>
【1】 日本海沖に廃船が数千隻ある。それに拉致日本人を乗せ
    日本海に引きだし 放置し 全員餓死したところで
    戦後に独立して出来る朝鮮海軍が撃沈する。
【2】 戦後に復興した場合 金持ちになった日本人観光客を
    旅行先の収容所に拉致して使役し 疲労死させる。
【3】 お勧めは 朝鮮山間地に収容所(完全統制区域)を作り、
    全員を放り込み 種々の生体医学実験や殺人映画セットなどに使う。
●この反日本的な提案は アメリカ軍と交流のあった
 戦前の三井や三菱の朝鮮人役員経由で アメリカの金持ち倶楽部
 フリーメーソンに伝えられ この提案は実現した。

   週刊新潮4月13日号より
ナチスの迫害を逃れたユダヤ人2万人がシベリア鉄道経由で満州に流れてきた時
これを受け入れたのは当時のハルピン特務機関長・樋口季一郎だが
樋口は上官である東條の許可を得ていたと考えられる。後にドイツ外務省がこの件に
関して抗議したが東條は「人道的見地に基づいて受け入れた」と一蹴したそうな。
  上海と満州のユダヤ難民 〜 ユダヤ難民を保護した日本 〜
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/a6fhb100.html


814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 20:45:05 ID:RPTNH63G
「あなたは韓国をどう思いますか?」
http://www.yoronchousa.net/webapp/vote/result/?id_research=53
「武装すりに対する今後の対策は?」
http://www.yoronchousa.net/webapp/vote/result/?id_research=279
「「日本と断交だ」と叫ぶ韓国人」
http://www.yoronchousa.net/webapp/vote/result/?id_research=264

815 :出土地不明:2006/04/13(木) 20:28:33 ID:tRhPF6/K
>>812
おまえ、ウソつくなよ。

半島南部から水田技術や農具が伝わった事実はない。
日本の水田稲作技術は、古代日本人が、稲作文化の伝統の中で
独自に生み出したのだ。

半島南部は日本領だった。


816 :出土地不明:2006/04/13(木) 20:31:25 ID:hn7mPs6q
なんかね、朝鮮人や中国人が嫌いだから、
古代においても彼らと一切の血縁関係はなかったと
思い込みたい奴がいるようだね。
おいらも現在の中国や朝鮮は嫌いだが、そんなことは
真実の前には無意味だ。
それに異なる社会においては近縁関係であっても
まったくことなる民族性が醸成されるものであって、
嫌いだからとかの理由で学問を左右しようとするのはやめたほうがいい。
日本人は列島における歴史が形成したものだから、中国や朝鮮とたとえ近縁関係にあっても
彼らとは異なっているのさ。

817 :出土地不明:2006/04/13(木) 21:03:08 ID:gQnkCRo4
>>815
全くの事実である。

なぜなら日本最古級の水田遺跡でそれまで無かった農工具と
無文土器の影響を受けた弥生土器が同時に出土するのだから。

それは農工具と無文土器の技術を九州北部に伝えた場所
から水田技術が同時に伝わったという事を意味する。

農工具は朝鮮半島南部と系譜が同じであり、弥生土器は当時の
北方アジアから朝鮮半島に広がっていた紅陶の無文土器の影響を
受けている。

そしてそこには当時の中国の主流の物的文化が何も伝わっていない。

それとも水田、無文土器、農工具という高度な技術が、九州北部で
同時期に緊急開発されたとも言うんですかね?w

ただし、渡来系の形質の人骨はそれから300年ほど後の弥生前期中ごろ
でないと出てこないゆえ、それらを持ち込んだのは縄文人自身である。

818 :出土地不明:2006/04/14(金) 10:01:47 ID:LAV3LYoJ
やはり稲は長江流域から来たみたいね。

ttp://www.asahi.com/science/news/TKY200604130374.html
コメを稲穂にとどめる変異を特定、農業生物資源研

日本で栽培されている稲は、約1万年前に中国の長江中流域で
栽培化され、約3000年前に日本に伝えられたと考えられている。
今回見つかった変異の分布を調べた結果、中国での栽培化開始から
日本伝来までの間に突然変異が起き、その特長のある稲を栽培向きと
考えて代々選んだため、現在日本で栽培されているジャポニカ米全体の
特長となったらしいという

819 :出土地不明:2006/04/15(土) 13:35:42 ID:xna01pKR
ただし長江流域から直接は来ていない。

日本には約6500年以上前から熱帯ジャポニカの稲作はあるので、
約3000年前の弥生時代開始時に朝鮮半島南部から水田技術、
長江流域とは系譜の異なる農耕具、そして北方アジア系の
紅陶無文土器の技術と同時に日本に伝わった稲というのは
温帯ジャポニカであろう。

820 :出土地不明:2006/04/16(日) 09:26:58 ID:6QfSXP0C
自然生息と品種改良品の違いのポイントと
時代測定(器具と一緒に出土の物が同時代とか)・年代測定(炭素分析とか)の方法が知りたい。

朝鮮半島南部から水田技術: 朝鮮−総督府−時代
             (米の品種改良[温帯は近年の品種改良なのだろうか?])
               新羅は粟飯・朝鮮は麦飯が主流
 古代
農具は楽浪郡の農機具を畑で使い 水田は別の可能性か検討。
遣隋使時代の江南の農機具なら、卑弥呼時代に伝来でそんなに過去でない。
 中世(日本は古代)
六朝宋時代の江南の農機具なら、倭王武の任那時代に伝来だから新しい。
遣隋使時代の江南の農機具なら、聖徳太子以降に伝来でかなり新しい。
 近世(日本は中世)
禅僧留学時代の江南の農機具なら、鎌倉・室町時代に伝来。
水田や米飯の文化、日本の伝統食文化(米食・味噌・豆腐など)は
鎌倉仏教・禅宗の流行から。
 近世(日本も近世)
明朝清時代の揚子江以南の農機具なら、江戸時代に伝来で機械文明以前で最近の物。
 近代機械文明
明治時代以降・大正昭和は品種改良の米。農機具が機械化。

弥生時代の赤い素焼き(紅スエ器)は 中国の焼物と関係なく独自。というのが
いろいろなHPの定説のようですが・・・。温度が高いと紅色になるそうです。

温度の低い
素焼き(黄土色・茶色)=縄文土器・ハジき[土師器]?
 ↓          いわゆる土器?(ロクロ未使用・ロクロ使用)
 ↓
温度の高い
素焼き(黒緑・紅色)=弥生土器・古墳埴輪・スエき(素え器・須恵器=陶器・
 ↓          ウワグスリなしの厚手の焼物・ロクロを使っている)
 ↓
ウワグスリの焼物(ウワグスリの素材:
 ↓             ソーダ[唐←アラビア]・鉛[秦漢]・灰[春秋])
 ↓
ウワグスリの上に色彩のある焼物(絵柄の入っている
 ↓             唐物の焼物?[伊万里焼き?]=陶器)
 ↓
磁器(軽くて薄い肉質[厚さ]の器で堅い焼物・
               指で弾き叩くと金属音のように鳴り響く)


821 :出土地不明:2006/04/16(日) 09:30:27 ID:6QfSXP0C
素焼き(黒色・茶色)=縄文土器・ハジき[土師器]?
 ↓          いわゆる土器?(ロクロ未使用・ロクロ使用)
 ↓
温度の高い
素焼き(黄緑・紅色)=弥生土器・古墳埴輪・スエき(素え器・須恵器=陶器・


822 :出土地不明:2006/04/16(日) 09:41:09 ID:6QfSXP0C
韓国は、麦食・粟食だから、日本人の米食を捨てて
 すぐアメリカ兵のパン食の馴染んだが

日本人のパン食は3世代かかるよね。爺さん婆さんは食べない。
 父母はパンやスパゲティー食べだと「飯食ってない」
「精神が異常になるのは米を食べないから」「米を食べないから体力も気力もない」と
JA(農協)のポスターみたいな事を言っているね。トラック運送会社社長も。
ワインを飲むと気違いになり肉を食いだすから野蛮になるとも言ってたね。

じゃあ肉を食わない和食のヤクザは野蛮でないのか社長。とか言い返しそうになった。
浅草だか駒形だか用心棒とかタニマチとか威張ってなかったか?
由緒が浅草だと自慢に聞こえると言うのが千葉の田舎らしいんだが。

江戸時代の昔に麦飯が一般的であったは
日本と朝鮮の違いも判らない、在日朝鮮人の歴史捏造と流布だと思う。
日本は麦はウドンや団子でしか食べてなかったから。
あと、南蛮渡来のカステラ(パンで炉・パンデロ)。


823 :出土地不明:2006/04/16(日) 09:49:53 ID:6QfSXP0C
江戸時代だって幕末に、東北の百姓だって水稲・米飯を食べていたのにね。

朝鮮人が、麦飯だったからといって、日本の歴史教科書に
共産党や社会党系の教科書編集部がウソ入れて流布して
2世代(終戦後に小学校高学年の父母とバブル前に高校生)になった
精神的ウソの流布による害毒じゃないのか。

敗戦ボケ・平和ボケのダブルボケはイタイね。
子々孫々、マゴ・コに悪影響だね。

まだ飛鳥田委員長と美濃部東京都知事と朝鮮人は
、ジジーのなかでは一番偉い人と偉い人と偉い民族だからね。
ギブミー・ア・ガム世代(親指立てる。。。+ジャパニーズ・スマイル。
は、困る。


824 :出土地不明:2006/04/16(日) 10:05:53 ID:6QfSXP0C
黒水マッカツ→室韋→女真: 粟『金史』
高句麗→高麗→鉄嶺朝鮮人: 粟・軍馬・青銅器『三国志−魏書(魏志)』
新羅「朝鮮南部」_→李朝: 粟(ノビ(奴婢)やハイン(下人)なる庶民)
              麦(ヤンバン(両班)なる貴族・しかも麦粥)

粟・馬・高句麗(いりかすみ=淵蓋蘇文[えんがいそぶん=泉蓋蘇文])
粟・駒・帯方郡(帯方郡王:扶余隆[百済王族の分家(唐の熊津都督の劉仁顔が新羅に約束させる)])
粟・馬・新羅(楽浪郡公:新羅王)→李氏朝鮮まで、粟や「麦飯」「麦粥」。
↓                李朝末期に生まれ育った韓国人がアメリカ兵のパンが平気で食える。
↓                少年のころと晩年が同じ世代で麦食べが違和感ない。
米・騎馬(駒・狛[伯済・くだら])が日本に渡来。
米:熱帯ジャポニカ・日本が品種改良・温帯ジャポニカ → 米:韓国が温帯ジャポニカ

米:熱帯ジャポニカ(江南)
麦飯や麦粥は一般的でない。毎日がパン食である事に馴染めない。


825 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:03:39 ID:6QfSXP0C
勿吉(北魏)→
→黒水部マッカツ[女真]・渤海部マッカツ[渤海]・白山部マッカツ[高句麗](唐)
→室韋(遼・契丹)
→完顔部女真[金国太祖アグダ]・海西部女真[扶余](金・女真)
→海西女直[エホナラ西太后]・建州女直[アイシンギョロ満州皇帝](明・後金)
___↓_・_↓
→黒龍江省・吉林省(勿吉)と沿海州(山タン)(後金[太祖ヌルハチ]
                       →満洲[太宗ホンタイジ])
★漢人の半島制服
前漢武帝が半島全土に楽浪郡と北部山間に玄菟郡を置き、郡県支配。遼東郡。
西晋時代の記録、遼東半島の公孫度が楽浪郡を分割し帯方郡を分設、国郡支配。遼東国。
楽浪郡太守劉茂が韓王準を滅ぼす。
        帯方郡太守弓遵(じゅん)が韓王準(じゅん)討伐で戦死。
高句麗とワイを三国志−魏将の毋丘倹が遠征でワイ侯フジ(不而)を服属させる。

★高麗部マッカツ(仮称)★扶余部マッカツ(仮称・帯方郡に扶余族)
高句麗が遼東半島や
 遼河の両岸流域の後燕国(宇文部鮮卑族)を滅ぼし旧楽浪郡の背後の憂いを断つ
高句麗が任那(朝鮮南部)を侵略し 倭人と倭に従う馬韓・弁辰・辰韓を滅ぼす。
高句麗と百済の支配階級が扶余姓名の者と親しくなる。新羅城を倭から解放する。
高句麗が中国歴史書に高麗国という国名で記されるようになる。

★漢人化鮮卑族(北魏の門閥貴族・八柱国?)王朝の半島征服。
隋が高句麗遠征に失敗
 聖徳太子の使いの小野妹子が隋の煬帝に謁見。隋の水軍により琉球が討たれ滅ぶ。
唐が高句麗・百済・新羅に遠征し、新羅討伐に失敗。
 扶余隆(百済王族)を帯方郡王となし、新羅王は楽浪郡公を僭称する。


826 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:05:32 ID:6QfSXP0C
★渤海部マッカツの民族大移動
新羅の王族で漢山州泰村王の弓裔が泰封国を名乗り分国すも
 渤海人が大量に南下して来て民族大移動し朝鮮南部に定住。
泰封国(後高句麗)が、松岳(開城)の豪族の
 王建により下克上され摩震国(高麗)となる。

★黒水部マッカツ(黒龍江から松花江の女真族)の民族大移動
女真族刀伊が、渤海人の後に、朝鮮南部(半島東海岸・新羅)に侵攻し定住。
 江原道内陸・漢江流域_:渤海人・王建(東丹国・東契丹・摩震国を滅ぼす。高麗藩)
 江原道海岸・洛東江流域:女真族・刀伊(東真国・東女真)

★蒙古族による半島住民大虐殺
斉国(高麗藩国を滅ぼす、斉国大長公主を王妃に傀儡政権)・東真国を設置。
斉国の南部地元有力土豪の崔・鄭・林・李が
 金国(女真国)高麗藩の藩王を巨済島に流刑にし監禁したり三別抄の乱を起こす。

★朝鮮南部の李成桂が、蒙古王妃と婚姻する藩侯の
      辛昌から禅譲させ、高麗王となる。後世に名づける李朝の太祖。
 蒙古(元国)に近い崔・鄭の一族を滅ぼし、林の一族を家臣とする。
 満州が攻めて来て降伏の際、漢人(明国)に近い林の一族を滅ぼす。
秀吉の朝鮮出兵の頃まで高麗(コレアン)と呼び
南蛮人もコレアン(かうらい)と呼ぶ。

満州が「衛満朝鮮(真蕃朝鮮胡国・高句麗の末裔)」で
高麗が「箕子朝鮮(朝鮮国也・明国のような漢人の末裔)」と同じ朝鮮だとして
満州皇帝へ中国人に反発するよう、北魏王朝鮮卑族時代の漢化政策の反動を説き
歴史改ざん「正史の文字の獄」をすすめ昔話を正史に仕込ませ広める。

前漢時代:遼東郡 → 西晋時代:遼東国(正史の本文)
前漢時代:朝鮮県 → 隋唐時代:【朝鮮国也】(注釈の文)
 隋唐に国郡制があったと推定し あるいは「馬韓朝鮮国」を推定で設定
渤海郡王→大祚栄(渤海王)
帯方郡王→扶余姓(百済王)

楽浪郡公→新羅王(一族に弓裔)
親王→朝鮮国王(太宗=王弟)

郡王→琉球国王(豊尚王)


827 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:20:44 ID:6QfSXP0C
楽浪郡と遼東国(遼東郡の地元有力者・公孫度)が勝手に新設した帯方郡と東夷

高麗(高句麗は、歴史記録で国名が高麗国)・任那(新羅城を含む)

唐>渤海郡王の渤海王・唐>帯方郡王の扶余王・唐>楽浪郡公の新羅王

遼(契丹主)>東丹国(渤海郡+帯方郡(泰封国→摩震国))
金(女真族)>高麗藩国(北扶余・新羅)・金(女真族)>斉国(南扶余[南百済])

元(蒙古族)>斉国(西高句麗+扶余)・元(蒙古族)>東真国(東高句麗+新羅)
明>高麗王(前期李氏朝鮮・辛昌から王位を禅譲させ
        李成桂が自ら「高麗王」と名乗る。
       「かうらいビト」と南蛮人も日本人も呼ぶ)
清>朝鮮国王(後期李氏朝鮮・
         三田渡受降壇にて清国ホンタイジ[太宗]に降伏・
         満州が任命する「朝鮮国王」を拝受
         満州が編集する「明史」に記録。)


828 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:35:04 ID:h/Z/6lYW
おまえは時代が違いすぎるんだよ。

渡来人が来たのは弥生前期中頃。BC7C頃である。

日本に青銅器が入ってきた頃と同時期に渡来系の人骨が
突然出土し始めるんだ。

ゆえに青銅器の器形や文様などの形態は、渡来人の故郷や系統を
知る上で他の何よりも最も重要な手がかりになるんだ。

829 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:50:17 ID:6QfSXP0C
前漢時代:遼東郡 → 西晋時代:遼東国(正史の本文)
前漢時代:朝鮮県 → 隋唐時代:【朝鮮国也】(注釈の文)

渤海郡王 大祚栄(渤海王)
帯方郡王 扶余隆(百済王)

楽浪郡公 新羅王
 泰封国  弓裔(泰村王)。韓国教科書や早稲田大学の鄭教授の紹介。
 摩震国  知られていない。韓国教科書や早稲田大学の鄭教授の紹介。
 斉国   モンゴル名の王(中国史に書かれている)・李朝や韓国には載ってない。
 高麗藩王 辛昌
高麗国王 李成桂(李朝太祖)
朝鮮国王 王弟(李朝太宗)

新羅王が、弓氏(弓裔・泰村王)・金氏(金春秋?)
高麗王が、辛氏(辛昌・・・・)・李氏(李成桂)
一つの国が、一つの王家として連続していたと、捉えていない。

昔氏(新羅王家)
亡氏・今氏・奴氏(高麗の地元土豪[大田で百済の熊津・安東で新羅・忠州で帯方郡])
など、歴史の後知恵で後世に創ったとしか思えない。

忠州は林慶業という将軍が出たところ。奴氏から奴隷階級だの奴婢階級の出身で
李という奥さん(夫人)を貰って
朝鮮の漢字文化と中国文化の為に明国とともに満州に逆らって死んだという話。

金春秋という人名など
「春秋」戦国時代や「春秋」左伝というように「歴史=春秋」と言う意味。


830 :出土地不明:2006/04/16(日) 12:17:44 ID:7NYrx4io
★★任那の真実★★

任那問題・・。これは重要な問題である。
下記のサイトの文をよく読んで、考えよう。
日本古代史について研究するとき、カラ半島南部諸国=志良岐・任那・百済との関係を
考えるのは当然であるが、それに加えて、半島中部の駒国(コマ。すなわち楽浪郡)と
古代日本の関係がどうであったかも研究する必要がある。
また、日本-駒国の関係に、中国北朝=魏が与えた影響、その魏の政治情況が、
古代日本と任那の関係にどのような影響を及ぼしたのかも研究しなければならない。
魏が、公孫度領=楽浪郡を攻め滅ぼしたことがきっかけで、任那は古代日本(崇神天皇)に
助けを求め、日本領となった事実。日本がその任那を通じて魏と交流した事実、
これらの事実をふまえた上で、日本列島とカラ半島の古代史を研究することで、
古代における日本とカラ諸国の関係が、どういう形であったかが見えてくるはずである。

■任那問題と古代日朝関係■
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/0415b.html
■好太王碑 最古の拓本発見■
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1145111903/l50


831 :出土地不明:2006/04/17(月) 09:57:58 ID:j8nI7YbX
>渡来人が来たのは弥生前期中頃。BC7C頃である。

ようは、ワイ・バク・山戎(燕地の北方=北京の北の異民族)の
系統の渡来人では?これは春秋戦国(BC5世紀)の以前ですよね。
尭舜ウの時代(太古あるいはサンセイタイ遺跡?・夏・殷=商)か、それ以前。

現在の朝鮮人ではない。百済から来た楽浪郡の漢人の王仁博士でもない。
現在の朝鮮人は、扶余(吉林南部)・渤海(沿海州)・女真(吉林北部・黒龍江)。

百済は扶余王だというし・高麗前期は渤海人・後期は女真族刀伊の移住だという。
高麗の王が蒙古人(名前だけでなく王妃が7代続けて蒙古女性と言う。途中1代は違うらしい)


南方 ◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度
マリアナ_ ?,?%、フィリピン ?,?%、カンボジア ?,?%
本土日本人 8,6%、中国朝鮮族 2,2%、モンゴル人 5,9%
沖縄人__ 1,5%、韓国人__ 1,4%、アイヌ人_ 1,0%
山東省以南 ほとんど見られない、 ?,?%、山東省以北 1,0%くらい


832 :出土地不明:2006/04/17(月) 10:20:45 ID:j8nI7YbX
中国朝鮮族とはいうけど『女真族(オランケ[韓国語]・野蛮人)』の系統が強い。

吉林の山岳は沿海州に近い側が『建州女直族』(満州族アイシンギョロ氏)で
吉林の山岳で黄海方向に鴨緑江流域が『高句麗』

高句麗と建州女直族の間の山岳地帯・白長山≒白頭山あたりが『白山部マッカツ』
吉林の平野部の真ん中が『扶余(ウリャンハイ)・海西部女真族』のようで
長春あたり、作り話臭いんだけど。

吉林の西部から北へ黒龍江省あたり黒龍江の両岸から沿海州に
「への字」に『宋代に完顔部女真族=契丹代に室韋=唐代に黒水部マッカツ』
沿海州から咸鏡道や江原道方面に『渤海人=粟末部マッカツ』が住んでいた。

遼東半島から遼河下流両岸平野は『慕容部鮮卑族』後燕国というのがあった。
遼河本流が西に折れ曲がる上流で『契丹族』更に
その上流の山岳が『奚族』契丹国=遼国の慶州という町があった。

『拓跋部鮮卑族』は内蒙古のフフホトに『代国』をかまえ南下し山西省に入り
『北魏』王朝をたて、ココで『漢人化した鮮卑族』貴族が『北朝の門閥貴族』で
この晋の地(山西省)から、隋公の楊氏・唐公の李氏の王朝が発生する。


833 :出土地不明:2006/04/17(月) 10:27:05 ID:9C7MsqQq
夫余とは別種。朝鮮半島を突き抜けて定着していない。


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

834 :出土地不明:2006/04/17(月) 10:31:27 ID:j8nI7YbX
匈奴・柔然・突厥・蒙古・モンゴル
漠北・内蒙古
← ← ←
『完顔部女真族 = 室韋 = 黒水部マッカツ』
『扶余(ウリャンハイ)・海西部女真族 = 海西女直族(満州族エホナラ氏→西太后)』
『建州女直族』(満州族アイシンギョロ氏→満州皇帝 = 清国皇帝)
『渤海人 = 粟末部マッカツ(渤海部マッカツ)』
『白山部マッカツ』
『女真族(オランケ[韓国語]・オランカイ[加藤清正が聞く]・野蛮人)』
『高句麗』
『慕容部鮮卑族』後燕国
『契丹族』
『奚族』契丹国 = 遼国の慶州
『拓跋部鮮卑族』代国
『北魏』晋の地(山西省)から 隋公の楊氏・唐公の李氏の王朝が発生
『宇文部鮮卑族』
 ↓ ↓ ↓
中国本土(河北省・山西省・河南省・山東省ほか)


835 :出土地不明:2006/04/21(金) 09:56:31 ID:3nxG9bG0
朝鮮系の末裔は関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!愛知県は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。名古屋〜大阪(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。名古屋〜大阪(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

836 :出土地不明:2006/04/21(金) 09:58:31 ID:3nxG9bG0
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、朝鮮半島から
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、瀬戸内海を渡り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる


現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりで朝鮮人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

837 :出土地不明:2006/04/21(金) 09:59:05 ID:3nxG9bG0
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13が、縄文人のHLAの1つなら、
朝鮮人は、沖縄人やアイヌ人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に、1人か2人しかいなく、非常にマイナーな存在。

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


日本人と朝鮮人は、同一の血を持つ民族である。

838 :出土地不明:2006/04/21(金) 10:36:21 ID:B4sq9sKa
まぁ大和朝廷が渡来人の溜り場所で征服朝廷だったしな。それから〜将軍なんて時代がズーットと続く(内戦時代)。天皇は道教からだから中華思想なわけだ。明治からは朝鮮とかからトンネル掘らしとかに大勢労働者を連れてきてるしな。和だなw

839 :出土地不明:2006/04/21(金) 11:21:51 ID:Bo6aPZjj



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




840 :出土地不明:2006/04/21(金) 11:22:48 ID:Bo6aPZjj


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



841 :出土地不明:2006/04/21(金) 11:23:59 ID:Bo6aPZjj
朝鮮半島は突き抜けて定着していない。


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm

842 :出土地不明:2006/04/21(金) 11:24:50 ID:Bo6aPZjj
朝鮮半島は突き抜けて定着していない。


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

843 :出土地不明:2006/04/21(金) 11:30:22 ID:Bo6aPZjj
>「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
>韓国は7,0%


うそつきダマシビビンバ(嘲笑

韓国は5.1%だろが。

844 :出土地不明:2006/04/21(金) 22:51:44 ID:B4sq9sKa
>>839 海人族の親方大豪族、安曇氏が信州まで来たみたいだ。穂高神社には船に関わるものも祭ってある。

845 :出土地不明:2006/04/22(土) 09:28:08 ID:MgLaeUEp
>>817
やっぱり、渡来系って奴隷だったんだね。
ボストンー南部ーアフリカの関係が、
北九州ー関西と中部ー半島南部となる訳か。。。

846 :↑馬鹿だなぁw:2006/04/22(土) 11:59:01 ID:dmkeWokb
船に乗った渡来系の、〜系白人がインディアンを征圧してる。それから南北戦争だ…合衆国憲法は、元からあったインディアン族の秩序をとり入れてる。アルイミニホントオナジダ。

847 :出土地不明:2006/04/22(土) 13:24:36 ID:nsxfn2Jj
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、朝鮮半島から
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、瀬戸内海を渡り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる


現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりで朝鮮人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

848 :出土地不明:2006/04/22(土) 13:25:33 ID:nsxfn2Jj
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13が、縄文人のHLAの1つなら、
朝鮮人は、沖縄人やアイヌ人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に、1人か2人しかいなく、非常にマイナーな存在。

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


日本人と朝鮮人は、同一の血を持つ民族である。

849 :出土地不明:2006/04/22(土) 13:50:12 ID:nsxfn2Jj
>>846
縄文人も、渡来系弥生人も、弥生時代は土器をつくって生活していたんだから、
当時は、どっちも原住民レベル・土人レベルだろ、
おまえ、バカじゃねーか。W

850 :出土地不明:2006/04/22(土) 13:54:00 ID:nsxfn2Jj
>古墳時代から鎌倉時代に、日本人が長頭になったんじゃなくて、
>長頭の縄文系日本人が、渡来式の埋葬をするようになっただけ。

>つまり、縄文時代や弥生時代には、長頭の縄文人の埋葬方法が粗雑で、
>遺骨が、後の時代に残りにくい為、貝塚などのCaに富んだ土壌でのみ発見される。

>しかし、古墳時代・奈良時代・平安時代・鎌倉時代・室町時代ともなると埋葬方法も、ちゃんと墓穴を掘って遺体を埋めるようになってきたため、
>後の時代に遺骨が発見される数が飛躍的に増えた。

>それと、弥生時代の骨の調査で、渡来人が居住した地帯からの骨ばかりカウントすりゃ、
>あたかも、その時代の日本人が中頭だったかのような誤解を招く。

>弥生時代だって、日本列島に居住してる人の大部分は、縄文系日本人なのであって、
>埋葬が粗雑だったがために遺骨が残ってないだけのこと。

>それと考古学的関心が持たれる遺跡(集落とかクニとか鏡・剣・勾玉なんかが出る)ばかり掘るので、
>そこから出る骨は渡来系が多いのは当たり前。


>鎌倉時代には、まだ縄文人の系統が、鎌倉周辺ではマジョリティーだったんだよ。
>関東の武士団は、土着の地方豪族たちで、
>土着の地方豪族たちは、土着の農民らを兵としていたから、関東武士の骨が、縄文人の骨と区別が、つきがたいほど似ていた、
>ということは彼らが居住していたであろう鎌倉周辺は、14世紀になっても縄文人系が多かった。


>しかし、北部九州や畿内や山陰の古墳に埋葬されてる骨の多くは、短頭から中頭。それは何故か解るだろ?
>朝鮮半島や中国からの渡来人だからさ。

851 :出土地不明:2006/04/22(土) 13:56:42 ID:nsxfn2Jj
>78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/27 23:20:26 ID:Uf/Cayc+
>>77
>え?基本的には縄文人は長頭だと思うが。
>短頭に近づくのは、弥生期初期ではないか。
>ただし、鹿児島人は、最初っから「著しい短頭」なのだ。
>たんなる「短頭」ではない。
>これはもう、絶壁とかいうレベルでもなく、えぐれている
>のではないかと思うほどなのだ。

>ソースは、
>池田なにがしの古人骨の本(講談社新書か、中公新書か、岩波新書)
>だったと思うが。

852 :出土地不明:2006/04/22(土) 14:13:17 ID:dmkeWokb
>>849 キチガイかおまえは?wあのなアメリカの奴隷のことに対して言ってるんだよ。ちなみに渡来系は、青銅技術を持って渡来してるんだよ、古墳にも埋葬されてるだろ。なんだ土人て?縄文人も稲作の技術があった。おまえは哀れな馬鹿だな。

853 :出土地不明:2006/04/22(土) 14:21:38 ID:nsxfn2Jj
朝鮮系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!愛知県は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。名古屋〜大阪(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。名古屋〜大阪(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

854 :出土地不明:2006/04/22(土) 15:11:14 ID:KpMIOzpA
日本に来た渡来系は1種類である。

縄文人が日本を占拠していた時期に、北方アジアから朝鮮半島に
定着せずに短期間で突き抜けて渡来したもの。B52−DR2、
弥生人である。特徴として、扁平な頭蓋で北方モンゴロイドの特徴を持つ。

約15000年前、まだ朝鮮半島と陸続きであった頃に東海〜近畿地方辺りから
西日本一帯はもちろん、今の朝鮮半島まで広がっていた古モンゴロイドがいた。
B44−DR13である。顔の特徴は縄文人の頭蓋そのものである。
東海〜近畿地方あたりから発生し、東日本一帯や西日本一帯はもちろん、
朝鮮半島まで広がっていった。

現代朝鮮人は中央モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相を
帯びており、西日本人は古モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相
を帯びるが、関西周辺人だけ、ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
モンゴル人を構成した同一の血を持つ集団が、弥生時代前期中頃に
九州北部に侵入し、のちに近畿付近に東遷した証拠である。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0
満州族 0
ブリアート 0
ツングース 0
オロチョン 0
ダフール 0
エヴェンキ 0
ヤクート 0
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は5,1%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海は10,7%で世界一頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

855 :出土地不明:2006/04/22(土) 15:13:23 ID:KpMIOzpA
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
本州縄文人のHLAの1つである。

朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、もともとは
本州縄文人のHLAで、約15000年以前に陸伝いで朝鮮半島まで
広がっており、沖縄人やアイヌ人とは別系統の縄文人である。
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に、1人か2人しかいなく、非常に
マイナーな存在であるのは、日本列島と切り離された後、
古モンゴロイドから中央モンゴロイドに変化し、その上に
北方モンゴロイドや華北シニーデと濃厚に混成したからである。

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は5,1%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海は10,7%と世界一頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


日本人と朝鮮人は、本州にいた同一の古モンゴロイドから分かれている。

856 :出土地不明:2006/04/22(土) 15:14:08 ID:KpMIOzpA
モンゴル系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0
満州族 0
ブリアート 0
ツングース 0
オロチョン 0
ダフール 0
エヴェンキ 0
ヤクート 0
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんまモンゴル。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!愛知県はモンゴル。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。名古屋〜大阪(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。名古屋〜大阪(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

857 :出土地不明:2006/04/23(日) 07:36:03 ID:70p14N0O
>>852
青銅器技術を持った偉〜い人達がなんでわざわざ渡来する訳?
その偉〜い人達の言葉より寧ろ琉球語によく似た日本語が使われ続けたんだろうね?
偉〜い人達はなんで北九州を通り抜けて、関西に根をはったんだろうね?

純粋に渡来系が支配者としてのみやって来たのなら、北九州を中心に遺伝的な特徴の
グラディエーションが見られていいのに、関西が中心となっているのは不思議だね。
北九州王権が、半島からやって来たならず者を素通りさせたってこと?変だよねえ。

北九州と関西と半島とでの奴隷貿易を考えるのが一番合理的だよね。

858 :出土地不明:2006/04/23(日) 12:22:51 ID:u+J9xqcE
渡来系人骨の出土し始める弥生前期中頃であるBC7C頃から
青銅器も出土し始めるのは事実。

青銅器は渡来系が持ってきている。

その青銅器には同時期の中国青銅器に見られる篆書の金文が
見られないだけではなく、同時期の中国青銅器の代表的な器形である
三足器も見られず、同時期の中国青銅器の代表的な文様である雷文や
鳳凰文や龍文すら見られない。

つまり北方アジア系の青銅器文化である。

859 :出土地不明:2006/04/24(月) 07:50:12 ID:hJDdI4ci
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、朝鮮半島から
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、瀬戸内海を渡り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる


現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりで朝鮮人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

860 :出土地不明:2006/04/24(月) 07:53:54 ID:hJDdI4ci
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、朝鮮半島から
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、瀬戸内海を渡り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる


現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりで朝鮮人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

861 :出土地不明:2006/04/24(月) 07:55:30 ID:hJDdI4ci
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13が、縄文人のHLAの1つなら、
朝鮮人は、沖縄人やアイヌ人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に、1人か2人しかいなく、非常にマイナーな存在。

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


日本人と朝鮮人は、同一の血を持つ民族である。

862 :出土地不明:2006/04/24(月) 08:01:30 ID:hJDdI4ci
北九州地域の異なる2つのタイプの渡来系弥生人 / 中国東北部起源と長江流域起源
--------------------------------------------------------------------------------

最近では、北部九州の渡来系弥生人と、中国大陸の同時代人骨との比較研究も進んでいる。

ミトコンドリアのDNA分析などから、
山東半島や江南地域の出土人骨とは高い親縁性のある事が指摘されて始めている。

渡来系弥生人は同じ北部九州でも長身で顔が細く華奢な「北九州」タイプと、
やや横幅が張った彫りの深い「西北九州」タイプに分かれる。

前者は山東、朝鮮半島から中国東北部起源、
後者は山東、朝鮮半島から長江流域起源
の可能性か高いという。


和佐野喜久生氏(佐賀大学農学部)は、
日中韓の炭化米を調査した結果、同じ短粒米でも、
玄界灘沿岸地域のものが丸く小さいのに対して、
有明海沿岸地域のそれは、やや長めで大きい事を突き止めた。

前者は同時代の半島のモノに近く、
後者は中国の長江や淮河流域のモノに近いという。


この結果は期せずして、人骨の二つのタイプと一致している。

--------------------------------------------------------------------------------

日本の歴史02 王権の誕生 寺沢 薫著 講談社より

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/roots2.html

日本人のルーツ

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/index.html

863 :出土地不明:2006/04/24(月) 08:11:52 ID:hJDdI4ci
ぼくらも天皇も、韓国や北朝鮮の人とはみんな混血なんだ、
素晴らしいことじゃないか。

初めて渡来人がやって来たのは紀元前300年ごろのことだ。
日本人の3分の1から半分が、朝鮮人と血縁関係にあると指摘する学者もいる。
朝鮮人が建てた神社は、今も日本全国に数多くある。

日本の明仁天皇が昨年12月の68歳の誕生日に、半島との混血をカミングアウト。
「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに、
韓国とのゆかりを感じています、皇太子の顔をよく見てください。」という驚くべき発言をしたのだ、しかも突然に。
 皇室が韓国とのゆかりを公に認めたことは明治以降なかった。

だが、W杯を控えたこの時期に天皇が発言したことは偶然ではない。
過激な右翼的言動や、たとえば『新しい歴史教科書』を編纂したような考えをもつ人たちに
自制を促すための発言だった、と皇室事情に詳しい人物は言う。
 明仁天皇は、音楽、儒教、仏教という韓国が日本にもたらした三つの影響にも言及した。
その背景には、日本の植民地支配で韓国が受けた苦々しい記憶を和らげようという意図が感じられる。
 「会見でのご発言は、天皇ご自身のお考えをきちんと述べたものだと思う。

864 :出土地不明:2006/04/24(月) 08:58:10 ID:epCiZjD7
↑馬鹿ビビンバ(嘲笑

865 :出土地不明:2006/04/24(月) 09:01:04 ID:hJDdI4ci
亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、本土日本人全般の準最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、本土日本人全般の準最多ハプロタイプ・B44−DR13が、
縄文人のHLAの1つなら、

朝鮮人・本土日本人全般は、沖縄人・アイヌ人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2人位、
本土日本人全般に縄文顔の人は、10人に3人位しかいなく、マイナーな存在。


朝鮮人・本土日本人全般が縄文系に見える、思えるというならば、
あんた、精神病院に行ったほうがいいよ。


「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


朝鮮系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!関西のとなりの濃尾平野は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。名古屋〜大阪(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。名古屋〜大阪(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

866 :出土地不明:2006/04/24(月) 09:12:14 ID:hJDdI4ci
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、本土日本人全般の準最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、本土日本人全般の準最多ハプロタイプ・B44−DR13が、
縄文人のHLAの1つなら、

朝鮮人・本土日本人全般は、沖縄人・アイヌ人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2人位、
本土日本人全般に縄文顔の人は、10人に3人位しかいなく、マイナーな存在。


朝鮮人・本土日本人全般が縄文系に見える、思えるというならば、
あんた、精神病院に行ったほうがいいよ。


「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


日本人と朝鮮人は、同一の血を持つ民族である。

867 :出土地不明:2006/04/24(月) 09:21:21 ID:epCiZjD7



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




868 :出土地不明:2006/04/24(月) 09:23:22 ID:epCiZjD7


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。




869 :出土地不明:2006/04/24(月) 10:59:57 ID:hJDdI4ci
B52−DR2は、韓国で最低3%、華北でも最低3%は検出される。


それに、<関西周辺+中国地方+北九州>と、
朝鮮半島・華北では、人口が全く違う。

朝鮮半島・華北の人口は、<関西周辺+中国地方+北九州>と比べて、かなり多い。

従って、%が低くても、
B52−DR2の人は、朝鮮半島・華北に、かなりいる。

さらに華北で、弥生時代の、渡来系弥生人の骨が見つかっている。

しかし、朝鮮半島で、満州人による高句麗=高麗の建国などがあった為、
朝鮮半島・華北などでは満州人との混血が起こり、
現在の朝鮮半島・華北などでは、B52−DR2の人は全盛時よりは減ってしまった。


弥生系日本人=弥生系朝鮮人=弥生系華北人


関西周辺・中国地方・北九州や、
朝鮮半島・華北で、
%ではなく数が多い遺伝子は、B52−DR2。

つまり、弥生系日本人・弥生系朝鮮人・弥生系華北人は、同一の血を持つ民族である。


まゆ毛から、あご下までが長い瓜実形の顔・
短頭か中頭・せまいひたい・目と離れたまゆ毛・一重まぶた・細く小さい目・浅い彫り・低い鼻・
蒙古ひだ・大きい歯・薄い体毛・短い手足などの特徴が完全に一致する。

870 :出土地不明:2006/04/24(月) 12:54:39 ID:epCiZjD7



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




871 :出土地不明:2006/04/24(月) 12:57:30 ID:epCiZjD7


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



872 :悩み人:2006/04/24(月) 21:28:07 ID:ia8AXPMK
私は大学では外国語をやりたいのですが、大学院で考古学を始めることは可能でしょうか?


873 :出土地不明:2006/04/24(月) 22:12:45 ID:4OMCuWHL
日本に来た渡来系は1種類だけである。

縄文人が日本を占拠していた時期に、北方アジアから朝鮮半島に
定着せずに短期間で突き抜けて渡来したもの。B52−DR2、
弥生人である。特徴として、扁平な頭蓋で北方モンゴロイドの特徴を持つ。

約15000年前、まだ朝鮮半島と陸続きであった頃に東海〜近畿地方辺りから
西日本一帯はもちろん、今の朝鮮半島まで広がっていた古モンゴロイドがいた。
B44−DR13である。顔の特徴は縄文人の頭蓋そのものである。
東海〜近畿地方あたりから発生し、東日本一帯や西日本一帯はもちろん、
朝鮮半島まで広がっていった。

現代朝鮮人は中央モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相を
帯びており、西日本人は古モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相
を帯びるが、関西周辺人だけ、ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
モンゴル人を構成した複数の集団の中の一集団が、弥生時代前期中頃に朝鮮半島に
定着せずに九州北部に侵入し、のちに近畿付近に東遷した証拠である。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0以下
満州族 0以下
ブリアート 0以下
ツングース 0以下
オロチョン 0以下
ダフール 0以下
エヴェンキ 0以下
ヤクート 0以下
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は5,1%で、北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海は10,7%で世界一頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

874 :出土地不明:2006/04/24(月) 22:13:55 ID:4OMCuWHL
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
本州縄文人のHLAの1つである。

朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、もともとは
本州縄文人のHLAで、約15000年以前に陸伝いで朝鮮半島まで
広がっており、本州縄文人は沖縄人やアイヌ人とは別系統である。
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2〜3人しかいなく、非常にマイナー
な存在であるのは、朝鮮半島が日本列島と切り離された後、朝鮮半島の
古モンゴロイドが中央モンゴロイドに変化し、その上に数々の
北方モンゴロイドの種族や華北シニーデと濃厚に混成したからである。

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は5,1%で、北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海は10,7%と世界一頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


日本人と朝鮮人は、本州にいた同一の古モンゴロイドから分かれている。

875 :出土地不明:2006/04/24(月) 22:14:51 ID:4OMCuWHL
モンゴル系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0以下
満州族 0以下
ブリアート 0以下
ツングース 0以下
オロチョン 0以下
ダフール 0以下
エヴェンキ 0以下
ヤクート 0以下
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんまモンゴル。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!愛知県はモンゴル。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。名古屋〜大阪とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。名古屋〜大阪とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

876 :出土地不明:2006/04/24(月) 22:15:34 ID:4OMCuWHL
B52−DR2は、韓国で1.4%、華北でも1〜2%ほど検出される。


<関西周辺+中国地方+北九州> は朝鮮半島よりやや少ない人口だが、
華北とは人口が全く違う。

華北の人口は<関西周辺+中国地方+北九州>と比べてかなり多い。

従って、B52−DR2の人口は華北にはかなりいるが、やはり%が優先される。

華北で漢代の渡来系弥生人骨に似た骨が見つかっているがやはり別種であろう。

また、朝鮮半島で満州人による高句麗=高麗の建国などがあって、朝鮮半島・華北
などでは満州人との混血が起こっているが、西日本人の14%という頻度から
考えても、もとの朝鮮半島・華北人が9割も入れ替わったとは到底考えられない。


弥生系日本人≠朝鮮人≠華北人


関西周辺・中国地方・北九州や、
朝鮮半島・華北での
B52−DR2の%がやはり全てである。

つまり、弥生系日本人・朝鮮人・華北人は、わずかながら同じ血も持つが別の民族である。


弥生系日本人の顔面は扁平で頬骨が出ず、つり上がらない切れ長の一重瞼の目を持つ。
朝鮮人は弥生系よりも扁平さが弱いが頬骨が出ていて、目がやや小さくつり上がり気味。
華北人は弥生系よりも扁平さが弱いが頬骨が出ず、エラが張り、目が二重瞼でつり上がっている。

877 :出土地不明:2006/04/25(火) 00:00:08 ID:QJfdqpGK
>>876
日本の縄文時代において抜歯の風習があったことは周知の事実なのだが、
この抜歯、日本国内では地域によって、いろいろ違いがある。大きく
わけると、だいたいフォッサマグナでわかれるとか言われている。
もちろん縄文時代の話だ。で、縄文時代の抜歯の風習は弥生時代の初期
でももちろん維持されていて、とくに縄文系を色濃くひく系統の人々の
抜歯は当然なのだが、一方、渡来系とされる人骨にも抜歯がかなりある。
で、その場合の抜歯のしかたは、もともとの縄文時代の伝統にそった
地域的なものだというわけだったのだが、、が、が、
抜歯の風習は、中国の南方でもかなりあって、その中には、日本の弥生
初期の抜歯と非常ににた抜歯をしている地域も同じような時代にあった
らしいわけだ。

ってことで、以前、縄文人が大陸やら半島から人をつれてきて、農耕を
はじめたので、やってきた渡来系の人々は、農耕以外の部分ではほとんど
縄文文化を踏襲したんだ、という説があったが、それにたいして、もと
もと風習の似たものが多かった地域から来た人々が、日本にやってきて、
顔かたちは違うけれど、文化が近いので、なごなごした、というのも
ありそうだ、と言う話がある。だとしたら、抜歯に習慣があったのは、
中国南部ってことになろうかと思う。江南の漢代の墓から渡来系と非常に
近い人骨があるが、この地域の墳墓の作り方と古墳時代の竪穴式の石室
の作り方などはかなり共通する。土器とかがこなかったとはいえ、納豆
とお墓と、抜歯が共通するなら、なんだかんだいって中国南方の非漢民族
が日本にやってきた可能性は高いと思うんだが。

878 :出土地不明:2006/04/25(火) 06:04:51 ID:cyHVlJF0
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、本土日本人全般の準最多ハプロタイプで、
関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、
亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、本土日本人全般の準最多ハプロタイプで、
関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13が、
縄文人のHLAの1つなら、

朝鮮人・本土日本人全般・関西人は、アイヌ人・沖縄人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2人位、
本土日本人全般に縄文顔の人は、10人に3人位しかいなく、
関西人に縄文顔の人は、10人に1人位しかいなく、
マイナーな存在。


朝鮮人・本土日本人全般・近畿人が縄文系に見える、思えるというならば、
精神病院に行ったほうがいいよ。


「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、関西6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

縄文人のmtDNAは、琉球人=沖縄人によく見られるタイプのmtDNAとして現れるが、
意外な事に、韓国人の方が縄文人のmtDNAが本州日本人より僅かに多い。
その分、本州日本人(伊東市)にはアイヌのmtDNAが入ってくる。
アイヌは東日本までは確実に南下したようだ。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

東京大学名誉教授の埴原さんの分析では、縄文人と渡来系朝鮮人の混血率は、
近畿地方は渡来系朝鮮人9に対し縄文人1の割合だった。
全国の大学に保管してある現代人の頭骨を調査して統計処理してみると、
日本人全体からみれば近畿人の骨が異質な形態をしていた。
渡来系朝鮮人の影響が近畿では濃厚なのである。


日本人と朝鮮人は、同一の血を持つ民族である。

879 :出土地不明:2006/04/25(火) 06:10:17 ID:cyHVlJF0
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、朝鮮半島から
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、瀬戸内海を渡り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる


現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりで朝鮮人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、関西6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

880 :出土地不明:2006/04/25(火) 06:12:36 ID:cyHVlJF0
モンゴルも朝鮮も中国も同じだし、どれも、キモイし、おぞましい。

関西人が、他の日本地域と異なる人種集団である以上は、
日本人とは別の人種であることは明らかなわけで。

関西人=渡来人ではない、
日本土着であり、モンゴルや朝鮮や中国は関西人の支流であるという考え方もできますが、
発掘結果はそうではない。

日本人とは別の人種=ビビンバ・ニダー

それと関西人が現実問題、
縄文系の強い東国・九州・アイヌ・沖縄や、
白人・コーカソイドなどより人種的にかっこよければ無問題ですが、
細くて一重の目、頬が突き出て平べったい顔、絶壁頭などなど、はっきりいって醜い。
日本社会には不要な民族なのですよ。

必死になってモンゴルだと主張しても、日本には関西人=ブサイク・ビビンバ・ニダーは不要。

祖国モンゴルなり、朝鮮なり、中国なりに帰っていただきたい。

881 :出土地不明:2006/04/25(火) 06:19:16 ID:cyHVlJF0
B52−DR2は、韓国で最低3%、華北でも最低3%は検出される。


それに、<関西周辺+中国地方+北九州>と、
朝鮮半島・華北では、人口が全く違う。

朝鮮半島・華北の人口は、<関西周辺+中国地方+北九州>と比べて、かなり多い。

従って、%が低くても、
B52−DR2の人は、朝鮮半島・華北に、かなりいる。

さらに華北で、弥生時代の、渡来系弥生人の骨が見つかっている。

しかし、朝鮮半島で、満州人による高句麗=高麗の建国などがあった為、
朝鮮半島・華北などでは満州人との混血が起こり、
現在の朝鮮半島・華北などでは、B52−DR2の人は全盛時よりは減ってしまった。


弥生系日本人=弥生系朝鮮人=弥生系華北人


関西周辺・中国地方・北九州や、
朝鮮半島・華北で、
%ではなく数が多い遺伝子は、B52−DR2。

つまり、弥生系日本人・弥生系朝鮮人・弥生系華北人は、同一の血を持つ民族である。


まゆ毛から、あご下までが長い瓜実形の顔・
短頭か中頭・せまいひたい・目と離れたまゆ毛・一重まぶた・細く小さい目・浅い彫り・低い鼻・
蒙古ひだ・大きい歯・薄い体毛・短い手足などの特徴が完全に一致する。

882 :出土地不明:2006/04/25(火) 09:20:11 ID:KECvfaOW


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



883 :出土地不明:2006/04/25(火) 09:21:03 ID:KECvfaOW



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




884 :出土地不明:2006/04/25(火) 09:22:25 ID:KECvfaOW
日本に来た渡来系は1種類だけである。

縄文人が日本を占拠していた時期に、北方アジアから朝鮮半島に
定着せずに短期間で突き抜けて渡来したもの。B52−DR2、
弥生人である。特徴として、扁平な頭蓋で北方モンゴロイドの特徴を持つ。

約15000年前、まだ朝鮮半島と陸続きであった頃に東海〜近畿地方辺りから
西日本一帯はもちろん、今の朝鮮半島まで広がっていた古モンゴロイドがいた。
B44−DR13である。顔の特徴は縄文人の頭蓋そのものである。
東海〜近畿地方あたりから発生し、東日本一帯や西日本一帯はもちろん、
朝鮮半島まで広がっていった。

現代朝鮮人は中央モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相を
帯びており、西日本人は古モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相
を帯びるが、関西周辺人だけ、ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
モンゴル人を構成した複数の集団の中の一集団が、弥生時代前期中頃に朝鮮半島に
定着せずに九州北部に侵入し、のちに近畿付近に東遷した証拠である。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0以下
満州族 0以下
ブリアート 0以下
ツングース 0以下
オロチョン 0以下
ダフール 0以下
エヴェンキ 0以下
ヤクート 0以下
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は5,1%で、北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海は10,7%で世界一頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

885 :出土地不明:2006/04/25(火) 10:48:15 ID:KECvfaOW
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
本州縄文人のHLAの1つである。

朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、もともとは
本州縄文人のHLAで、約15000年以前に陸伝いで朝鮮半島まで
広がっており、本州縄文人は沖縄人やアイヌ人とは別系統である。
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2〜3人しかいなく、非常にマイナー
な存在であるのは、朝鮮半島が日本列島と切り離された後、朝鮮半島の
古モンゴロイドが中央モンゴロイドに変化し、その上に数々の
北方モンゴロイドの種族や華北シニーデと濃厚に混成したからである。

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は5,1%で、北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海は10,7%と世界一頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


日本人と朝鮮人は、本州にいた同一の古モンゴロイドから分かれている。

886 :出土地不明:2006/04/25(火) 10:49:27 ID:KECvfaOW
モンゴル系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0以下
満州族 0以下
ブリアート 0以下
ツングース 0以下
オロチョン 0以下
ダフール 0以下
エヴェンキ 0以下
ヤクート 0以下
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんまモンゴル。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!愛知県はモンゴル。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。名古屋〜大阪とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。名古屋〜大阪とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

887 :出土地不明:2006/04/25(火) 10:50:09 ID:KECvfaOW
B52−DR2は、韓国で1.4%、華北でも1〜2%ほど検出される。


<関西周辺+中国地方+北九州> は朝鮮半島よりやや少ない人口だが、
華北とは人口が全く違う。

華北の人口は<関西周辺+中国地方+北九州>と比べてかなり多い。

従って、B52−DR2の人口は華北にはかなりいるが、やはり%が優先される。

華北で漢代の渡来系弥生人骨に似た骨が見つかっているがやはり別種であろう。

また、朝鮮半島で満州人による高句麗=高麗の建国などがあって、朝鮮半島・華北
などでは満州人との混血が起こっているが、西日本人の14%という頻度から
考えても、もとの朝鮮半島・華北人が9割も入れ替わったとは到底考えられない。


弥生系日本人≠朝鮮人≠華北人


関西周辺・中国地方・北九州や、
朝鮮半島・華北での
B52−DR2の%がやはり全てである。

つまり、弥生系日本人・朝鮮人・華北人は、わずかながら同じ血も持つが別の民族である。


弥生系日本人の顔面は扁平で頬骨が出ず、つり上がらない切れ長の一重瞼の目を持つ。
朝鮮人は弥生系よりも扁平さが弱いが頬骨が出ていて、目がやや小さくつり上がり気味。
華北人は弥生系よりも扁平さが弱いが頬骨が出ず、エラが張り、目が二重瞼でつり上がっている。

888 :出土地不明:2006/04/25(火) 17:16:48 ID:o9fTEzx9
>>876
日本の縄文時代において抜歯の風習があったことは周知の事実なのだが、
この抜歯、日本国内では地域によって、いろいろ違いがある。大きく
わけると、だいたいフォッサマグナでわかれるとか言われている。
もちろん縄文時代の話だ。で、縄文時代の抜歯の風習は弥生時代の初期
でももちろん維持されていて、とくに縄文系を色濃くひく系統の人々の
抜歯は当然なのだが、一方、渡来系とされる人骨にも抜歯がかなりある。
で、その場合の抜歯のしかたは、もともとの縄文時代の伝統にそった
地域的なものだというわけだったのだが、、が、が、
抜歯の風習は、中国の南方でもかなりあって、その中には、日本の弥生
初期の抜歯と非常ににた抜歯をしている地域も同じような時代にあった
らしいわけだ。

ってことで、以前、縄文人が大陸やら半島から人をつれてきて、農耕を
はじめたので、やってきた渡来系の人々は、農耕以外の部分ではほとんど
縄文文化を踏襲したんだ、という説があったが、それにたいして、もと
もと風習の似たものが多かった地域から来た人々が、日本にやってきて、
顔かたちは違うけれど、文化が近いので、なごなごした、というのも
ありそうだ、と言う話がある。だとしたら、抜歯に習慣があったのは、
中国南部ってことになろうかと思う。江南の漢代の墓から渡来系と非常に
近い人骨があるが、この地域の墳墓の作り方と古墳時代の竪穴式の石室
の作り方などはかなり共通する。土器とかがこなかったとはいえ、納豆
とお墓と、抜歯が共通するなら、なんだかんだいって中国南方の非漢民族
が日本にやってきた可能性は高いと思うんだが。


889 :出土地不明:2006/04/25(火) 20:34:46 ID:WEaAM1rx
抜歯を伝える前に三足器形や印文の一つくらい伝えたらどうだね?wwww




抜歯は縄文時代前期に於いても稀に見られますが、中期の終わり頃、
東北地方に出現し、後期前葉までには関東地方にも広がります。
後期中葉頃になると、九州以外の西日本でも普遍的になり、
晩期には北海道、九州へも広がっていきます。

http://www.mars.dti.ne.jp/~takiura/Jyoumon_Fukusyoku.html





890 :出土地不明:2006/04/26(水) 00:50:26 ID:NzOvZCcr
>>889
もちろん、抜歯は伝わったものではない、という可能性が高い。
なんせ、縄文伝統の抜歯をそのままやっているのが渡来系弥生人なのだ
からね。しかも、地域的にみても、そのままの抜歯だ。かりに、抜歯
の風習のある中国南部の地域から、日本に渡来人がやってきたとすると、
かれらは、自分の故郷と同じ抜歯習慣のある地域を選んで、縄文人と
なごなごしたということになるんではないかな。これもまた面白い
とは思うけどな。

891 :出土地不明:2006/04/26(水) 18:00:15 ID:Se4BFjUI
おまえだけがなw

892 :出土地不明:2006/04/27(木) 22:28:51 ID:vfPpkvVS
もう竹島やっべ〜〜、日本が韓国に出し抜かれてる?
こりゃ今度は、ガチンコ勝負で第2ラウンドが勃発する事になるぞ!!

地方ローカル 関西テレビ スーパーニュース「アンカー」 平成18年4月26日
日本の弱腰外交を青山繁晴がズバリ斬る!
其の1 http://www.shinetworks.net/cgi-bin/snup/src/up22510.zip.html
其の2 http://www.shinetworks.net/cgi-bin/snup/src/up22512.zip.html
     DLKeyはtakesima

(ミラー 1と2同梱
  http://up.arelink.net/up50/src/are0662.zip.html )
(ミラー 1と2同梱
  http://ryuuichi.jp/up2/index.cgi?mode=dl&file=382 )
  DLKey takesima

893 :出土地不明:2006/04/28(金) 13:01:49 ID:hk95OMlO
縄文人のmtDNAは、琉球人=沖縄人=琉球系縄文人によく見られるタイプのmtDNAとして現れるが、
意外な事に、韓国人の方が、琉球人=沖縄人=琉球系縄文人のmtDNAが本州日本人より僅かに多い。
その分、本州日本人(伊東市)には、アイヌ人=アイヌ系縄文人のmtDNAが入ってくる。
アイヌ人=アイヌ系縄文人は東日本までは確実に南下した。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm


亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、
亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13が、
縄文人のHLAの1つなら、

朝鮮人・関西人は、アイヌ人・沖縄人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2人位、
関西人に縄文顔の人は、10人に1人位しかいなく、
非常にマイナーな存在。

朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプが縄文人のものなら、
朝鮮人・関西人の大半は、朝鮮顔にはならず、アイヌ人・沖縄人みたいな縄文顔になる。


朝鮮人・関西人が縄文系に見える、思えるというならば、 精神病院に行ったほうがいいぜ。


東京大学名誉教授の埴原さんの分析では、縄文人と渡来系朝鮮人の混血率は、
近畿地方は渡来系朝鮮人9に対し縄文人1の割合だった。
全国の大学に保管してある現代人の頭骨を調査して統計処理してみると、
日本人全体からみれば近畿人の骨が異質な形態をしていた。
渡来系朝鮮人の影響が近畿では濃厚なのである。


「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、関西6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。濃尾平野以西に多いタイプ。

894 :出土地不明:2006/04/29(土) 00:33:36 ID:xbQ6KlOG
>>893
琉球人とアイヌ人、および、日本人に多い非常に起源の古いmtDNAの
ハプログループは、M7a だ。これは、韓国人にもかなり多い型だ。
しかも、M7a の配列の多様性からこの起源がおよそ3万年前のものである
ことが、だいたいわかっている。朝鮮半島と日本列島がほとんど陸続き
であった氷河時代ごろの話で、そのころ朝鮮半島から日本列島にいた
旧石器人がM7aのタイプとなったわけだ。
ちなみに、M7aに対して、M7bとM7cがある。これらの共通祖先は、おそら
くさらにさかのぼり4万年以上前になろうかと思うが、M7bは、中国人に
多く、また、M7cは、東南アジア人に多い。さらにさかのぼってM型という
のは、ホモ・サピエンスのアフリカを出た直後にわかれた、M,N型の一つ
である。M型の元祖に近いものは、南インドの人々だから、おそらく、
肌の色がかなり黒く、髪がウェーブしていて黒い髪で、というタイプ
だ。東南アジアでも一部通じるところがあろうかと思う。
N型のほうは、オーストラリアアボリジニとヨーロッパ人の祖先のタイプ
で、現在に残る共通の形質としては、金髪だろう。オーストラリアの
アボリジニは、肌の色は黒いが、髪は金髪がかなり多い。メラネシアなど
でも一部共通する。ヨーロッパには、M型は入ってないが、アジアでは、
北方系も南方系も、M型をベースとしたハプログループはかなりあり、
また、とくに北方系では、N型に近い系統も多い。いわば、アジア人は、
インド人とヨーロッパ人の混血というべきものだ。これはアメリカ大陸
でも同じ話。

895 :出土地不明:2006/04/29(土) 01:10:35 ID:p7Qt3TCw
>>894
何でそこまで頭悪いんだか。

896 :出土地不明:2006/04/29(土) 14:29:19 ID:Xzf8ngTP
頭が極めて悪いのは893だろうな。

琉球人は約8000年前に本土から渡ってきた縄文人、
つまり北方系古モンゴロイドの末裔なんだよ。

つまり韓国人が琉球人のmtDNAと一致するという事は15000年前までの
陸続きの頃に今のサハリンから本州経由で今の朝鮮半島まで
古モンゴロイドが拡散したという事の証明なんだよ。

朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2〜3人位、
関西人に縄文顔の人は、10人に4〜5人は必ずいるしな。

関西人は縄文系に見えるので、俺は喜んで精神病院に行ってやるぜw

埴原はのちに幾度となく自説を完全否定してるしな。

縄文人は渡来系朝鮮人なんかとは混血はしてませんよ。

朝鮮半島を定着せずに突き抜けきた北方モンゴロイドとは混血してるがねw


◎HLA遺伝子 B44-DR13の頻度


東海地方10%超>>>>>>>>西日本6,6%>>関東5,7%>
韓国人5,1%>>>>中国朝鮮族3,5%


残念だな。日本人が朝鮮人ではなくてw

897 :出土地不明:2006/04/29(土) 23:24:48 ID:SX1Mhxtl
私が>>894で言いたかったのはだ、mtDNAのパターンから、渡来系弥生人と
縄文系を区別するのは難しいだろうってことだ。
mtDNAの塩基置換はだいたい1万年から2万年に一度くらい起こっている
ようだ。フルレングスだともうすこし頻繁かもしれないが。
東アジアから東北アジア、中国南部などもふくめて、そのあたりに住んでいる
人々(現代人)のmtDNAのハプログループは、A,B,C,D,E,F,G,M,Nなどが
ほとんどだが、これは、現在のアイヌ人や沖縄の人々にも当てはまるのみ
ならず、アメリカ大陸の人々にも当てはまる。このハプログループから、
縄文系だ渡来系だというのは間違っている。いまんところ無理だ。
ただ、フルレングスのmtDNA解析が本格的になると、いくらか新しい情報
が出てくるかもしれないので、いまは待ち状態だな。

898 :出土地不明:2006/05/03(水) 11:41:19 ID:hxHFe51P
時代計算ができるところと化石からも大まかな系統が割り出せる
という事がmtDNAの利点だが、渡来人のルーツ捜査には適していない。

モンゴルから華南までほとんど同じ系統で表され、
北方モンゴロイドなのかも中央モンゴロイドなのかも南方モンゴロイド
なのかも古モンゴロイドなのかも区別できない。

899 :出土地不明:2006/05/03(水) 17:02:39 ID:WYC2ftNs
>>898
ってかさ、南方モンゴロイドとか北方モンゴロイドとかってなんか系統で
分離されるべきものでもないんだよな。グレーなのばっかりだし。
ただ、mtDNAのM系統のハプログループは一般に南方的だし、北方にいくと、
Dとかにかわってしまう。ただ、DもMから派生しているはずだ。

900 :出土地不明:2006/05/04(木) 17:18:12 ID:DO1G0J+e
あほな語論だ。

少なくとも古墳時代人は明確に
朝鮮人に決まっているだろうが。

古墳から出る金銅の靴とか馬具とか見て来い。
ついでに蒙古型の頭の鉄片に飾り付ける冑もな。

ごたくはそれからでいい。


901 :出土地不明:2006/05/04(木) 22:15:47 ID:uG/VxXMm
日本起源の前方後円墳が日本より遅れて朝鮮で作られたのは無視かい

902 :出土地不明:2006/05/05(金) 00:30:30 ID:xoDn3Hwq
>少なくとも古墳時代人は明確に朝鮮人に決まっているだろうが。


古墳時代人全体のわずか0.25%なw

それに、その半分くらいは元楽浪帯方の中国系だぜw

903 :出土地不明:2006/05/05(金) 00:59:16 ID:sRdYddN4
>>902
たとえば、有名な百済の武寧王の墓。これ、考古学的にみた場合には完全
に、中国式の墓なんだよな。非常に詳しく考えても、これが朝鮮半島のもの
とは思えないということだ。つまり、百済人は中国人だったのだ。
そのことは、中国の歴史書にも記述されていて、百済で話されている言語は
中国語だとはっきり書いてある。百済が新羅と唐の連合軍に滅ぼされて、
日本に難民が来たわけだが、それはみな中国人だったということだ。

904 :出土地不明:2006/05/05(金) 01:38:43 ID:xoDn3Hwq
それはないわw

確かに5C前後に来たのは元楽浪帯方の中国系だろうな。

でも半分くらいは別系統だったかもしれない。

7Cに逃げて来たのは混血してしまって今の朝鮮人にかなり近い
集団だろうね。

しかし古墳期の朝鮮半島帰化人をぜーんぶ合わせても1万人くらい
だと思われ。

当時の日本人口400万人のうちの1万人だ。

905 :出土地不明:2006/05/05(金) 01:51:53 ID:xoDn3Hwq
しかも、新羅紀とか読んでると、倭は野蛮な国だったそうで
数年で逃げ帰ってしまった人がいっぱい居たんだよ。

残った人も食えずに死んでいった人や定着できなかった人が
いっぱい出ただろうね。

いずれにせよ、日本人の血の一部になれた帰化人は
ほんの0.02%くらいだったというのが真相だろうね。

906 :出土地不明:2006/05/05(金) 11:06:03 ID:PpFkX/Sz
>>905
ただ、関東や長野あたりに大量に移住して、馬飼などの仕事をあてがわれて
いるわけだし、都に近いところにも、日本で7世紀になるとオンドル式の
家がどっと増える。史料からしても、考古学的にみても、「大量移住」を
思わせる証拠は枚挙にいとまがない。で、それぐらい多くの人々が来た状況
だから、桓武天皇の母が亡命百済人の子孫である、ということも重要になる
わけだ。貴族の多くが、領民もつれてやってきたということだからな。

907 :出土地不明:2006/05/05(金) 13:59:35 ID:xoDn3Hwq
文化伝播なんか一人来て伝達後に帰ってしまえば十分なんだよ。

在日を正当化せんがための見え透いた心理の働いた論理誘致は
腐りかけた獣の死骸を見た後のような気分になるので
今後は一切やめろ。

908 :出土地不明:2006/05/07(日) 17:15:05 ID:a28r5tFi
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実はほとんど流れていない。
続日本紀によると、7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
帰化人のピーク時の7Cでも全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まる4C中頃、続く5Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

909 :出土地不明:2006/05/09(火) 01:15:40 ID:aVEV6X5v
中国の歴史からわかるように、少数派が多数派を支配して、そのうち支配者が被支配者に同化するということはありうる。
日本人の多数派は間違いなく北方モンゴロイドだが、支配者がそうだったとは限らない。
もしも多数派の北方系モンゴロイド系民族が支配者だったならば、日本語はもっと朝鮮語やあるいはモンゴル語に近い言語でなければならないはずだ。
しかし現実にはマレー系を思わせる母音の強い発音体系や中国語を思わせる京阪式アクセントがある。
日本人の起源として縄文人と弥生人が上げられるが、明らかに間違い。
そもそも縄文人も弥生人も存在しない。
少なくともアイヌ系・北方モンゴロイド系・百済系・マレー系の四つの異民族に分けられなければならない。
北方モンゴロイド系以外は人種的特長が似通っていることと、主流派ではなく言語が失われていることから、
ひとくくりにされて、縄文系とされてしまっている。
大和に遷都する以前の九州が中心だったころの日本は百済系が支配層だったようだ。
で、彼らは秦朝時代に山東省からやってきた除福の一団が起源であると。

910 :出土地不明:2006/05/09(火) 09:04:42 ID:fQ0RHvIO
(V)∧_∧(V)
         ヽ(・ω・)ノ  フォッフォッフォッ
          /  /
         ノ ̄ゝ

911 :出土地不明:2006/05/10(水) 20:42:23 ID:LXnCYn9r
>>909
ホロン部くん、誰か釣れましたか?w

912 :出土地不明:2006/05/16(火) 20:36:43 ID:XfYZbsZH
★★ 朝鮮民族の先祖はワイ族だった!! ★★

最近、韓国人が宣伝している歴史観は、韓国人=フヨ人説に基づいた『騎馬民族征服論』である。
満州地方に住んでいたフヨ(扶余)民族が、朝鮮半島に侵入し、半島南部に新羅や百済を建国し、
さらに対馬海峡を渡って日本列島の先住民(日本人)を征服して、古代ヤマトを建国したという説。
『2ちゃんねる』の日本史板や考古学板を中心に、この説を宣伝している。
もちろん、すべてデタラメであるが。
朝鮮人はフヨ人ではない。フヨ人の子孫でもない。フヨ人に征服された民族が、朝鮮人である。
高句麗およびその後継国=渤海国はフヨ人の国である。また918年に建国された高麗もフヨ人の国である。
そして、フヨ人とは満州民族であって、朝鮮民族ではないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)でもない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、現在の韓国の江原道地方(ソウルの東方地域)に住んでいた少数部族であるが、
高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に南下して、日本領=シラキに移住した。
後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、王権を簒奪して志良岐を
乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
おもしろいのは、韓国の歴史学者や政治家たちは、朝鮮民族の先祖について語るとき、フヨ人や韓人に
ついては積極的に語るが、このワイ族については語ろうとしないことである。
おそらく、韓国朝鮮人は、自分たちの先祖がワイ族であることに、うすうす気づいているのだろう。
ワイ族のワイ(穢)には、「汚い」「ケガレている」という意味がある。
このような名前の部族が朝鮮民族の先祖だとは、認めたくないのだろう。
彼らは、楽浪=帯方郡を支配していた中国人から、そのように名付けられた部族なのである。
朝鮮民族は、けしてフヨ人ではないのである。
もちろん、倭人=日本人でもない。

ウィキぺディアなどで、朝鮮人の工作員が、
「ワイ族は扶余族だ。ワイ族が改名して扶余族になった。高句麗人も百済人も、
 みんなワイ族だ!日本人もワイ族だ!」
と、宣伝しているが、大ウソなので、騙されないように。


913 :出土地不明:2006/05/18(木) 11:54:08 ID:E1HOGCsB
「史書」編纂当時の名称・時代:李氏の立場__(異説__)→韓国の歴史改ざん捏造版
元代「金史」・斉国の時代__:武臣の李氏__(摩震国_)→高麗朝の武臣 王妃・斉国大長公主
明代「元史」・高麗王の時代_:李氏の王朝__(前期李朝)→前期李氏朝鮮国 3年1朝貢
清代「明史」・朝鮮国王の時代:李氏朝鮮国の王(後期李朝)→後期李氏朝鮮国 1年4朝貢

唐→→高句麗←渤海マッカツ(唐の別働隊・渤海兵)
____↑_唐の別働隊・新羅兵・唐に兵隊を供出。
___百済(唐の手先、渤海マッカツ兵の占領下)→新羅(唐に人質で裏切れない)
____↑_唐の命令。新羅が高句麗に寝返ったら人質の新羅王子をマッカツ兵が殺す。
___倭国(水軍の敗戦直後で、すぐに高句麗の救援に船の大群を作っては動けない)

『舊唐書』東夷傳−新羅条 鴻臚寺奏:新羅國告哀、質子及年滿合 歸國學生等 共一百五人、並放還。
 お寺から天子様へお願い: 新羅が哀願して告げてきまするに 人質の王子および年期が満了の
放還藩、賜物遣之
 藩に還えらしめんと放つ・・・

貊弓を使う句麗=クリ=華麗=高麗=高句麗=下句麗

貊夷→東に→ヨクソ=沃沮(ヨクソの燕亡人衞滿王で朝鮮)
↓南に↓東に→ワイ=穢(ワイ侯フジ・箕子の四十餘世が朝鮮侯の準)
馬韓→東界=弁辰
南に接す↓
−−−−倭が半島にいる。韓やワイと一緒に討伐されて
海の南の向こう_____帯方郡役所に服属させられてしまった。
____↓
____倭人の島。

B項「通例の戦争犯罪」C項「人道に対する罪」日本軍の場合、C項に関しては、起訴された人はいない。
C項は、もともとナチスが自国民を殺したことを罰するために作られた犯罪。


914 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:03:06 ID:E1HOGCsB
弁楽奴国(・楽浪郡楽都県・貊・弁[大柄]の羅の奴国[現在−羅州?])
倭奴国(淮奴国・倭伊都国・淮・辰[小柄]で倭の奴国[現在は遷都先の−奈良?])
   淮=[シ歳]=穢=読みワイ 準=准=ジュン
倭王武・六国諸軍事安東将軍・海北95国(任那)支配[中国史書の宋書]
加羅国王荷知[中国史書の南斉書] → 加羅国の荷知王(韓国の日王)
楽浪郡公新羅王金眞平[史書解説・通典?]
倭より小徳阿輩台(小D阿仁・聖徳太子)[中国史書の隋書]倭の名が雅でないのを憎み日本と改名

新羅の王族・弓裔(泰村王(泰封国の王)・摩震国の王・後高句麗王)を
 下克上した松岳(開城)の豪族・王建が高麗王に。血が繋がってない。都邑も別。
  金城(慶州)→松岳(開城・開京)。契丹(遼)に慶州の地名。

高麗王に迫って
 禅譲させた高麗の将軍”李成桂”が高麗王(李氏王)に。血が繋がってない。都邑も別。
  開城→漢陽[初期]・漢城[後期]→京城[日帝]→ソウル[現在]。
李成桂の治める国?名を「和寧」「朝鮮」の2案を?明教紅巾党?選んで貰ったのか?

明国から高麗地域の「王」の名を「冊封」されたのは”王弟(太宗)に対してで”
李朝3代目「朝鮮王太宗」から16代目李氏王朝の仁祖王まで。
(仁祖王は、清太宗(ホンタイジ)に三田渡の受降壇で三跪九叩頭礼にて降伏し
 明から清に朝貢を切り替えた時に「朝鮮国王」の名を頂き冊封される。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★通典の新羅+α
前漢____: 樂浪郡の東浜で大海を望む【いにしえの「辰国」】
三国志魏明帝: 楽浪郡太守劉茂が韓族と酋長(臣智)を滅ぼす。
______: 魏将の毋丘儉が高句麗やワイなどの東夷を討ちワイ侯フジ(不而)を
______:   従わせる。高句麗の百済王が新羅に逃げ韓王準に。
魏〜南朝の宋: 辰韓−斯盧国【馬韓−月支国が「辰王」で「弁辰」が従う】
北朝前秦符堅: 樓寒王・加羅任那−新羅城【「前秦」に対し「辰韓」が「秦韓・慕韓」】
南朝梁の武帝: 普通二年・慕秦王・健牟羅城・6喙評(6面−郡)52邑勒(52洞−県)
隋の文帝__: 楽浪郡公−新羅王・金眞平王 加羅任那諸國を滅ぼす【三韓の地】


915 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:32:59 ID:E1HOGCsB
殷(胡喜媚・蘇妲己・王貴人の三姉妹と紂王の時に八条の教えの箕子・史記の記事)
西周(太公望=呂尚・封神演義:昏君(フンチュン)暗君とかバカ殿の事)
東周春秋(孔子の教え[論語・大学・中庸・孝経]・書経・詩経・易経・春秋)
東周戦国(孔子の教え[孟子・荀子]・春秋左氏伝・呂伝春秋)
秦の始皇帝・・・・燕人衞滿(孫の右渠)・準(ワイ・箕子40餘世)
前漢の武帝・・・右渠(ヨクソ・燕人衞滿の孫)を滅ぼす
(礼記[大学・中庸]・戦国策[百家]・史記[司馬遷の伝説史・春秋戦国史・秦漢史])
三国志魏の明帝・・韓(辰韓を含む)を滅ぼす。ワイ侯にフジ(不而)
統一王朝西晋・・・楽浪郡(朝鮮縣城=平壌城)が滅ぶ。
北朝前秦・・・・・新羅が、先祖は、帯方の弓遵→バク弓の高麗≒辰韓
         辰韓=ワイ(準←箕子)=中国人(箕子)だと言い出す。

朝鮮儒教:孝経・小学「陰陽が真髄」だと思っている。性理説(譜学・礼学)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
準(ワイ族・中国人40世?)を衛満(ヨクソ族)が滅ぼしたのは 辻褄は合う。
箕子(中国人)を衛満(胡族・ヨクソ族)は、40世代前に死んだ人なんで、滅ぼせないです。
 右渠(衛満の孫)から準(箕子40世?)が辰韓(新羅)に逃げて来たは辻褄は合う。
 衛満(ヨクソ)から準(ワイ)が古辰国(辰韓)に逃げて来た?民族と世代と爵位と地名が滅茶苦茶。
朝鮮侯(衛満)から韓王(準)が海を渡って(百済[百家が海を渡る=済る]の説で)逃げて来た。
ヨクソ(衛満)からワイ(準)・・・? だとすると
 ワイ侯(東海・日本海)は不而(フジ)・ワイ侯(朝鮮侯)は準が使えない。で準は韓王とした。
 ヨクソ(元山・日本海)は衛満王・朝鮮侯って誰?準。でも衛満を朝鮮侯とした。
なぜって? 当時の朝鮮県は楽浪郡で中国人の県令がいたから。
朝鮮は国(王朝中央の役人の指示から離脱の数十の集落)でないし侯(酋長)がいない。
 ヨクソの衛満王(胡族)=朝鮮国(平壌城)の朝鮮侯(平壌侯)=楽浪郡役所の朝鮮県令(中国人)には ならない。
 ワイ侯(朝鮮侯)の準(准[じゅん]か淮[わい]と足に十)が箕子の子孫(中国人)であったにせよ。
ワイ侯フジ(胡族)の中国発生の由緒にしか ならない。


916 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:38:59 ID:E1HOGCsB
北朝の前「秦」符堅の時に朝貢(辰韓 → 後でわかって秦韓と言い出す。)

南朝の東「晋」は、三国志魏明帝の楽浪太守劉茂が滅ぼした東夷「韓」の後に存在する。

北朝の後魏(北魏)の孝文帝の半島侵略時の防衛戦成功の百済は馬「韓」ではない。

ちなみに当時の半島人は、三国志「魏」と北朝「魏」を勘違いしている。

さらに
後魏(拓跋部鮮卑族)と兄弟で高句麗に滅ぼされ遼東に進出を赦した
後燕(宇文部鮮卑族)の「燕」と戦国の「燕」を勘違いしている。

917 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:40:24 ID:E1HOGCsB
『通典』邊防 東夷上百濟新羅倭國 唐杜佑撰
百濟
_夫餘王 尉仇台
___始祖 仇台之廟
 → 王の姓名「尉(i)→余(io→yo)→李(i)氏の朝鮮」

王號「於羅瑕(おらか)」
王妻「於陸(おりく)」
百姓呼爲「[革健]吉支(けんきつし)」【[革健]音乾】夏言並王也。
 大姓有八族:
  沙氏 燕氏 〔力〕氏 解氏 真氏 國氏 木氏 〔白〕氏。
其舊地没 於新羅靺鞨夫餘氏 〔百濟の尉王と大姓八族〕君長遂絶。

※ 晶の〔日〕を〔力〕とする文字の姓名。
※ 轟の〔車〕を〔力〕とする文字の姓名。
 同じ字が三つの字形。読みがキョウ。kyau【[冠力脚力力]音侠】
※ 苗の〔田〕を〔白〕とする文字の姓名。
※ 草の〔早〕を〔白〕とする文字の姓名。
 草かんむりの字形。読みがハク。hak【[艸冠脚白]音白】

顯慶五年 文度濟海而卒→遣使往倭國迎故王子夫餘豊立王
余豊璋? 百済王豊と別人の
威徳四年 其王扶餘璋(『隋書』餘宣→餘璋=?文度濟海→餘豊31代)
貞觀十五年 璋(武王30代)卒 其子義慈(31代 系図が終わり)
顯慶五年 虜義慈及太子隆(32代)其孫敬(34代)
『舊唐書』東夷傳 何故か「夫餘豊璋」って書き残し方をしていない。
北朝前秦時「慕韓・秦韓」→六朝梁時「慕秦王」とか、やらかす。
「明史」で小西行長の省略は「小西」か「行長」
平秀吉(豊臣秀吉)の省略は「秀吉」だねぇ。するとだ
姓名の憶測は危険だねぇ。下の名前は結構”正確”。

僕は、こう思うね。(既存の学説を見ての事ではない。私的仮説。)
隋(唐代に編集)から唐(五代に編集・遼勃興)になった王朝交代時に
『隋書』餘宣→餘璋(百濟人)を扶餘璋(靺鞨人)と姓名を摩り替えた
『隋書』餘璋≠『舊唐書』扶餘璋→虜義慈(31代)→太子隆→其孫敬
靺鞨=東丹→西隣に契丹の遼=虜=遼に属す渤海靺鞨=靺鞨扶餘氏
文度濟海(30代)→扶餘豊=百濟王豊(31代)→君長遂絶『通典』
__________________=百濟之種遂絶『舊唐書』

918 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:41:04 ID:E1HOGCsB
資治通鑑巻第二百一 唐紀十七 高宗天皇大聖大弘孝皇帝中之上
龍朔三年(癸亥、六六三)九月,戊午

孫仁師(還 熊津道行軍總管 右威衞將軍)
劉仁願(還 兄 熊津都督 右威衛將軍 魯城懸公)
劉仁軌(百済を鎮守 弟 六階を加え帯方州刺史)
蘇定方(水軍)
夫餘隆(水軍及び糧船 熊津都尉
 虜義慈太子隆)熊津→白江→周留城。
倭兵と 白江口(白村江)にて遭遇した。
四戦して全勝し、その舟四百艘を焼く。
貞觀二十二年、其王 金春秋 來朝、
拜爲特進、請改章服以從華制。『通典』邊防東夷上
永徽二年 新羅使 金法敏 奏書。(新羅王法敏)
「高麗(福信)百濟(沙相如)唇齒(黒齒常之)相依
 競舉兵戈『舊唐書 東夷傳』
永徽六年 百濟(沙相如)與高麗(福信)靺鞨(虜義慈)率兵
侵其北界 攻陷三十餘城 春秋(新羅)遣使 上(唐)表求救。

百濟王豊は体一つで脱出し
高麗へ逃げた。王子忠勝 忠志等は衆を率いて降伏する。
遅受信(任存城)
黒歯常之(百済西部 倭國→南有→侏儒國→又南→
黒歯國『梁書』諸夷傳
(隼人(薩摩兵)か 琉球人(沖縄兵)を出兵させた可能性がある。)
沙?相如((百済大姓八族 
沙氏 燕氏 〔kyau力〕氏 解氏 真氏 國氏 木氏 〔白〕氏
『通典』邊防東夷上)
沙氏 燕氏 〔rai刀〕氏 解氏 貞氏 國氏 木氏 〔白〕氏
『隋書』東夷傳
沙氏 〔san〕賛氏 解氏 木氏『南齊書』列傳第三十九蠻東南夷))
福信(高麗太子(=高句麗王子) 
福男『資治通鑑』巻第二百一唐紀十七)


919 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:45:03 ID:E1HOGCsB
>百濟 之先、出自高麗國。初以百家濟海、因號百濟。『隋書』
晉太元中、王須『梁書』
義熙中、王餘映
>義熙中 夫餘腆『通典』
宋元嘉中、王餘毘(扁田旁比)、並遣獻生口。
宋代 餘毘(扁田旁比)シ、立子慶。
>餘紀 餘昆 餘暈 餘都 餘乂 餘爵 餘流 餘婁『宋書』列傳夷蠻
慶シ、子牟都立。
都シ、立子牟太
後魏孝文(時)王牟大
>(餘古 餘歴 餘固)牟大【元龜,通史作『太』】
>魏虜(後魏)又發騎數十萬 攻百濟入其界 牟大遣將 
>沙法名 賛首流 解禮昆 木干那(沙氏 賛氏 解氏 木氏)
>率衆 襲撃虜軍(魏虜)大破之。
>『南齊書列傳第三十九蠻東南夷』百濟表題部分原本欠落
牟太、齋永明中
普通二年、王餘隆 隆シ詔復以其子明『梁書』諸夷傳
隋文開皇初夫餘昌『通典』邊防東夷上
開皇初、其王餘昌 昌シ子餘宣立、シ子餘璋立『隋書』東夷傳
其地自此爲新羅(金興光)
及渤海靺鞨(夫餘敬)所分百濟之種遂絶。『舊唐書』東夷傳


920 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:46:59 ID:E1HOGCsB
箕子の40餘世の朝鮮侯「準」→朝鮮王「準」(王を僭称する記事・BC108年)
燕人衞滿は王だが「箕子」を倒せるハズがない。40餘世も前に生きていたから。
         前漢「三国志魏書の記事」(前漢の前の秦の始皇帝の時代に事件を設定)
燕人「衞滿」の孫「右渠」を「前漢武帝」が滅ぼす。(滅ぼす記事・BC108年)
「韓」「臣智」を「楽浪」郡と「帯方」郡の2郡が滅ぼす。(滅ぼす記事・AD200年代)
         西晋「三国志魏書を編集・晋書の記事」(韓は西晋の当時に存在しない。)
「楽浪」郡が滅亡。(滅ぼされた記事・AD313年)
「高麗国」と「任那」の時代。(恵帝の頃は蛙が鳴いていた。米を買えないが人肉が食える。)
        六朝宋「晋書を編集」(統一王朝時代に滅んでいる楽浪郡は現時点でない。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「新羅城」は滅んでいるはずの「辰韓」だと言い出す。辰韓の王は「準」だと言い出し
朝鮮侯「準」(新羅は韓王と捏造)は
「衛満」王(新羅は朝鮮侯と捏造)から逃げて「辰国」を作り それが「辰韓」だ言い出す。
ワイの「準」は「新羅」なんで 自分を辰韓と言ったのを忘れ実は「ワイ」だと言い出す。
ワイだから「箕子」の子孫で「衛満」に倒されて逃げてきたんだ。と言い出す。

新羅は「辰韓」だったと「ワイ」と いうより先に自分の由緒を説明し
自己紹介を先の中国史書へしたのを忘れている。(人を食った話・人肉食い。恵まれている。)
中国史書: ワイの南に辰韓がある。ワイ=辰韓ではない。
ワイ族[東海]≠朝鮮侯[平壌]≠辰国[慶州]の準という名の人物=新羅=辰韓=ワイにはならない。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あきらかに、相手から聞き出した地名や人名から調子遭わせた
歴史の後智恵による作り話。 任那を抹殺し辻褄あわせ  由緒の捏造だろう。。。


921 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:52:35 ID:E1HOGCsB
夫餘  夫餘は長城の北にあり、玄菟を去ること千里、
南は高句麗と、東は[手邑]婁と、西は鮮卑と接し、北に弱水(黒龍江か?)あり、
道を行くに昼夜無く老幼皆歌し、日を通じて声絶えず。
その死すや、夏月は皆冰(氷の異字体)を用いる。
人を殺して殉葬し、多きは百数。厚く葬り、槨あり棺なし。
夫餘は もと玄菟に属す。
漢末、公孫度 海東に雄を張り、外夷威服し、夫餘王 尉仇台さらに遼東に属す。
句麗・鮮卑強なる時、夫餘二慮の間にあるを以って、度、宗女を以って妻となす。
その印文[シ歳]王の印と言う。国に名を[シ歳]城という故城あり。蓋し
本(もと)[シ歳]貊の地なり。しかして
夫餘王その中にあり、自ら亡人(亡命人)という、そもそも以って有るなり(?)。

高句麗  高句麗は遼東の東千里にあり、
南は朝鮮・[シ歳]貊と、東は沃沮と、北は夫餘と接す。
その俗、食をひかえ、好んで宮室を治め、居所の左右に大屋を立て、
鬼神を祭り、また霊星・社稷を祀る。その人性凶急にして、喜びて寇鈔す。
その国に王あり、その官に、
相加・對盧・沛者・古雛加・主簿・優台丞・使者・[白/十]衣先人あり、
尊卑各等級あり。
東夷の旧語は以って夫餘の別種となし、
言語・諸事、多く夫餘と同じなれど、その性気・衣服に異あり。
本五族あり。涓奴部・絶奴部・順奴部・灌奴部・桂婁部あり。
本(もと)、涓奴部を王となすも、稍(しだいに)微弱と
なり、今 桂婁部これに代る。

922 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:53:19 ID:JrM4TQg9
フン族じゃないの?

923 :出土地不明:2006/05/18(木) 12:54:15 ID:E1HOGCsB
樂浪郡 朝鮮縣
玄菟郡 高句驪縣

玄菟郡、武帝元封四年開。
高句驪、莽曰下句驪。屬幽州。【應劭曰:「故眞番、朝鮮胡國。」】
縣三:
高句驪。【應劭曰:「故句驪胡。」】
上殷台、
西蓋馬。

樂浪郡、武帝元封三年開。莽曰樂鮮。屬幽州。【應劭曰:「故朝鮮國也。」師古曰:
「樂音洛。浪音狼。」】
縣二十五:
朝鮮【應劭曰:「武王封箕子於朝鮮。」】nan[言○]邯。[シ貝]水、含資。黏[虫單]、
遂成,増地 帶方,駟望,海冥、列口,長岑,屯有,昭明 鏤方,
提奚,渾彌,呑列、東[目施] 不而、蠶台,華麗,邪頭昧,前莫,夫租。

高句驪、在遼東之東千里。
南與朝鮮、wai[扁水旁歳]貊、東與沃沮、北與夫餘接。
句驪一名貊(耳)。
有別種、依小水爲居、因名曰
小水貊。出好弓、所謂
「貊弓」是也。
【魏氏春秋曰:「遼東郡西安平縣北、有小水南流入海。句驪
別種因名之
小水貊。】
王莽初、發
句驪兵以伐匈奴、其人不欲行、彊迫遣之、皆亡出塞爲寇盜。遼西大尹
田譚追撃、戰死。莽令其將嚴尤撃之。誘
句驪侯siu[扁馬旁芻]入塞、斬之。傳首長安。莽大説、更名高
句驪王爲下句驪侯、於是
貊人寇邊愈甚。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)