2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

        蝦夷とアイヌ          

1 :出土地不明:04/02/12 13:45 ID:vzJKnymu
時々蝦夷とアイヌが同じ民族だと言われるけど実際どうだったの?

2 :出土地不明:04/02/12 15:06 ID:wtIp+nEK
3?


3 : ◆juVbb8VyCw :04/02/12 21:59 ID:J8fprid+
縄文人はアイヌなんだよ!

4 :出土地不明:04/02/13 00:37 ID:Uu5WZBgo
>>3
意味不明


5 :出土地不明:04/02/13 18:33 ID:zlnAWq8y
社会の教科書に蝦夷は縄文時代からずっと同じ生活をしていたと書いてある。

6 :出土地不明:04/02/14 02:09 ID:3hokWmi2
>>5
東北地方の和人も明治時代までは似たようなもんだった。

7 :出土地不明:04/02/14 17:07 ID:ri9N+iun
えっ和人ってなに?

8 : ◆juVbb8VyCw :04/02/14 18:13 ID:NpYw93uj
ひょっとして7さん4と同じ人?
次元、時限、字源、示現、痔源???

9 :1:04/02/14 21:01 ID:4mdPlTK0
もうレスをすることに疲れました。
これ以上自分がレスをつける意味というか目的がわかりません。
正直言ってROMしてたほうが楽です。でもいつでも出来ることなので
今は一生懸命レスしようと考えていました。今日までは。
しかし誰からもろくなレスをつけられず、自分が誰にも
必要とされてないことが、わかったとたん前向きに考えることが
出来なくなりました。
もう自分という醜くてどこにいるのかわからないような存在を
2chから消すことだけが最後のレスをつける目的かもしれません。
そしてこの「書き込む」ボタンをクリックすることによりその目的が
遂行されるわけです。
さようなら。これからはROMに徹します。


10 : ◆juVbb8VyCw :04/02/14 21:58 ID:NpYw93uj
旧石器時代なのか?樺太ルートから与那国とアラスカから南米まで。モンゴロイドが移動した過程
で、土器はいつ頃からどこで作られたのか、考えさせらるテーマーとして面白いのではないだろうか?

11 :出土地不明:04/02/15 03:16 ID:fv5d4lSK
俺は、蝦夷=アイヌだったと思うよ。これを主張すると必死になって
否定しにかかる学者とか>>6みたいなことを言う変なヤツが続出する
んだけどね。また、アイヌ人を民族とだけみなし、近代の「民族」の
定義を持ち出し、所属意識が存在しない限りアイヌ人は存在しないな
んて言うヤツもいるな。

やはり、北東北に異様に多いアイヌ語由来地名と、マタギが使った
言葉がアイヌ語だってのが、証拠としてかなり大きいと思う。マタギ
は単なる職業集団で、その集団に入るのも出るのも自由。戦後は在日
朝鮮人のマタギもいた。アイヌ人の生活様式が職業集団のマタギとし
て残ったのだろう。

12 :出土地不明:04/02/15 03:24 ID:fv5d4lSK
アイヌ人はモンゴル(正確にはギリヤークだろうけど)には「クイ」
と呼ばれ、ロシアには「クリル」と呼ばれた。

「蝦夷」を日本人は「えみし」や「えびす」と読むが、それは「毛人」
から転じたもので、「蝦夷」を「カゥイ」と読んだなら…


13 :出土地不明:04/02/15 03:30 ID:fv5d4lSK
また、中国の文献には、蝦夷の風俗習慣と、クイの風俗習慣がほとん
ど同じように描かれているのが興味深い。そんな広範囲な交流は当時
考えられないと言う学者もいるが、多賀城碑には、きちんと黒水靺鞨
までの距離が書かれているではないか。当時、靺鞨(ギリヤーク)は
オホーツク沿岸から奥尻島・留萌・天売島まで進出していて(オホー
ツク文化)、アイヌ人との衝突もかなりあったらしい。

14 :出土地不明:04/02/15 08:40 ID:Wc0+HtDc
靺鞨っぽい北海道人を見たことがある。

15 : ◆juVbb8VyCw :04/02/15 16:08 ID:ukVR3WDQ
北東北にアイヌ語の地名が多いという本があったらご紹介下さい。
鹿児島県の主立った町の地名をことごとくアイヌ語として出版した
人がいた。東大にまだ医学部のないころの人で当時の医専を卒業した人。
アイヌ語を勉強している人に分析して貰えば良いと思っている。


16 :出土地不明:04/02/15 18:39 ID:SkqYjzCZ
>>9
偽者師ね。

>>8
違うぴょん。

17 :出土地不明:04/02/16 20:21 ID:tLGKZJ3I
>>15
アイヌ語語源の地名で主なものを挙げてみよう。ちなみにアイヌ語は日本語と違い、子音で終わる発音
が多い事に注意。書物になっているのは、「アイヌ語地名の研究」1982、「東北アイヌ語地名の研究」
1993草風館山田秀三氏の著作があるが、2万5千分の1の地形図をながめていると、この本の分布図
よりもはるかに多くのアイヌ語由来が考えられる地名が
あることに気づかされる。2万5千分の1の地形図は国土地理院のサイトから見ることができる。

pet : 登別(nupuru濁った-pet大きな川),壮瞥(so滝-pet大きな川), 茂辺地(mo静かな-pet大きな川)
など大きな川の意味で使われる。「別、辺、部、米、淵、壁、首」などの漢字が当てられている。
今別、宇樽別、仁別、袰別など東北北部での使用例が多い。
pe: 〜するの意味で使う。達曾別(tatカバの木の皮-sos剥ぐ-peする)など。乙部、内真部。
nay: 稚内(wakka水-nay小さな川) 沢や小さな川の意味で使う。生保内、釈迦内、毛馬内、似内など東北北部
    での使用例が極めて多い。「内」の漢字が当てられる。
o-nay:長内(o尻-sat乾いた-nay川)などは川尻の地形に使われている。奥内は岩手・青森とも川尻にある。
usi :沢山あるという意味で使われる。漢字は「牛、石、臼、伏、節」が当てられることが多い。
    猿石(sar芦原-usi多い)野牛,牛滝など。
oma :馬子舞(mak奥の-omaにある-iところ) 見前、尻前、軽米
poro :袰月(poro大きな-tuki杯)地形が食器の形をしている。保呂内(poro大きな-nay沢) 保呂羽山など。
tannne:谷内(tannne長い-nay沢) 種差(tannne長い-esasi岬)
ane :姉沼(ane細い-沼)
mena :目名(mena)、目屋 上流にある細い枝川
nitat :似内(nitat湿地-nay沢) 仁田沼(nitat湿地の-沼)
ray :来内(ray死んでいる-nay沢) 水が停留して流れていない沢
toy :食用土の事をさす。地名としては、豊間内、豊間根、登米、豊間など。
tapkop,takko:たんこぶ山。平野の中にある独立峰。田子、達子森、立子森などは皆そのような地形。
ut :枝分かれした川。宇内、打内など。
shri :山や断崖の意味で使われる。尻矢、尻屋崎、尻労
pi :比内(pi石の-nay沢)差比内(sat乾いた-pi石の-nay沢)
tay :森がある台地を指し「岱、平、体、帯」の漢字を当てる。このような地形は無数にある。


18 : ◆juVbb8VyCw :04/02/16 21:04 ID:9RuFPP9c
すごい!

19 :7colors:04/02/17 00:02 ID:ti1cMgp8
ふーん。勉強になるなあ。
北海道にバイクで行った時に、アイヌの人に会ったなあ・・・

20 :出土地不明:04/02/17 20:22 ID:8Dm4wIsc
山田氏は1945年退職してから、92才で死ぬまでアイヌ語地名の研究に
後半生を捧げた人。アイヌ語地名はチェンバレン氏の恣意的な発言が
あってか、学会は無視する傾向にあった。というか俺からすれば、意
図的に最近まで無視していたと思う。

地元の人でも蝦夷とアイヌを結びつける事を考える事すら嫌…みたい
な文書を書いているのだから。戦前の皇国史観が影響しているのだろ
うなぁ。
「縄文人=アイヌ人」説を打破した清野氏も調べてみると、結構な人
だしねぇ。

21 :出土地不明:04/02/17 22:19 ID:LgpOGvbq
「驚異の小宇宙・人体V・遺伝子」(NHK1999年放送)で
DNAを調べた結果、アイヌと蝦夷は日本列島に到達した時点で
既に別々の集団だったと断定してました。
(日本列島に到達後に枝分かれしたのでは無い、と断定してました。)

22 :出土地不明:04/02/17 23:57 ID:8Dm4wIsc
>>21
どっかにソースある?蝦夷のDNAってどこから入手したんだ(w

23 :“俳苦?”:04/02/19 20:19 ID:WWZV+RN5
21>蝦夷のDNA誰からとったの?今、蝦夷の子孫て居るの?(とんちんかんの質問だったらゴメンなさい)

24 :出土地不明:04/02/26 09:55 ID:ZrO8qEJj
蝦夷って西の方に強制移住させられたから、
九州か中国地方辺りに血の濃い人が多いんじゃない?

25 :出土地不明:04/02/26 17:25 ID:KDCIzx1s
>縄文人はアイヌなんだよ!

縄文人とアイヌは別といっているが
血統としてはたぶん同じだろ。

時とともに文化が変質することは良くあるが
人種が変質するのは殺戮や混血以外にはありえない。

少なくとも人類が歴史を記したわずか数千年の
間に人類が生物学的に進化したとは到底思えない。




26 :出土地不明:04/02/26 17:29 ID:KDCIzx1s
甲斐の国とかアイヌ語っぽくないか。

それに江戸とか会津とかもアイヌ語っぽい。
伊豆とかも。

東日本の地名って北海道と同じでほとんど当て字
実際意味が分からない地名が多すぎる。
ただその独特の響きがどうも和人の言葉とは
違う気がする。



27 :出土地不明:04/02/26 17:31 ID:KDCIzx1s
>(日本列島に到達後に枝分かれしたのでは無い、と断定してました。)
NHKやテレビ局が信用できるの?wwww

28 :KAY:04/02/26 18:50 ID:ZgDfJfxy
気になっていたんだわ。>>26
甲斐から富士山を見て山の上にさらに山が負ぶさった感じに
見えないかということです。

29 :出土地不明:04/02/26 19:10 ID:2BSyIv9j
日本史板にアップしたのだが、こちらにもアップしておく。
「縄文人=アイヌ人」論を初めて打破した清野謙二という学者の
コトを調べた文書だが…彼は結構とんでもない人物だ。
京大大学教授を窃盗で首になるは、大東亜共栄圏に学者の立場から
参画するは、731部隊には自ら積極的にかかわるは…。

彼は「元々ここにはアイヌ人がいた」あるいは「日本人がアイヌ人を
追いやった」という考えがとにかくいやで、それを打破したかったん
だろうな。成否はともかく…

30 :出土地不明:04/02/26 19:11 ID:2BSyIv9j
20世紀初頭、日本旧石器時代人の論争は小金井良精のアイヌ説にまとまりつつ
あった。そこへ、突如1926年医学者の清野謙次は「津雲石器時代人はアイヌ人
なりや」という論説を発表する。
清野謙次は、1919年から翌年にかけて岡山県津雲遺跡で発掘・収集された縄文
人骨46体をはじめ、収集した日本各地の古人骨を使って、モリソン・マルチン
氏変差図やポニアトウスキー氏型差公式(いずれも人間の骨格の各部分の大き
さから人種を特定しようとするもの)をあてはめ、現代日本人とアイヌ人・津
雲人の人骨の形質の差を測定する。その結果、「日本人とアイヌ人は、アイヌ
人と津雲人よりもずっと似ている。つまり、津雲人は現代の両人種よりもずっ
と異なっている」という結果を発表する。その理由として「現代アイヌ人も現
代日本人も元々日本原人なるものがあり、それが進化して、南北における隣接
人種との混血によって成ったものだ」と言うのだ。


31 :出土地不明:04/02/26 19:12 ID:2BSyIv9j
彼の説は学者らに歓迎される。「説は一々の科学的考察の元に到達され
たもので、少しの予断も許さない以上、当然の帰結である。清野博士の
獲得されたものは学説ではなく事実である」とまで東大人類学教室の中
谷内宇二郎は極言した。実際、清野の説は多くの研究者に歓迎された。
それは彼らがその後、考古学資料を根拠とする人種に関する論議を「し
なくなった」ことに現れている。また、その時すでに70代の小金井は
「北方において、いかなる種族と混血して、現今のごときアイヌができ
たのか、全く不明」であるとの批判を持っていたが、それを公にするこ
ともなかった。


32 :出土地不明:04/02/26 19:13 ID:2BSyIv9j
ここで、清野の生い立ちを見てみよう。彼は、1885年岡山県立医学校長
兼病院長・清野勇の長男として生まれる。京都帝国大学医学大学を卒業
後、ドイツに留学し生体染色を研究し、京都大学に帰りその分野での世
界的第一人者となる。また、幼少の頃から考古学を趣味にしていた彼は
、仕事のかたわら古人骨などの収集に情熱を傾ける。
ところが、1938年自分の研究総括をドイツ語論文として発行し評価を得
た直後、「誠に奇妙なる精神状態」のうえに収集癖がこうじて、教典・
古文書窃盗事件を起こしてしまう。それが発覚し、彼は在籍する京都大
学を辞職させられてしまう。
1941年上京した彼は、太平洋協会の嘱託となり、大東亜共栄圏建設に人
類学者として参加する。また、満州731部隊の病理解剖の最高顧問を務
める。


33 :出土地不明:04/02/26 19:14 ID:2BSyIv9j
満州事変事後、清野の言論は次第に変化していく。1938年の学位論文に
は「この意味において日本島は人類生息以来日本人の故郷である…断じ
てアイヌの母地を占領して居住したものではない」「我らの先祖は気宇
広大でよく他人種をいれて自己の種族に同化したのであった」などの扇
情的な文章が織り込まれている。同じ時期に自分自身は盗みをしながら
このような広大な事を発言するのだ。また、大阪で発見されたわずか2
体の長身人骨(160cm台後半)を日本書紀や古事記の記述にある、神武東
征における長髄彦(ながすねひこ)と結びつけて考え、その考証に3ペー
ジを費やし、自らの論文の支柱とした。「日本石器時代人」説構築の際
には、そのような行為はアイヌ伝承や記紀を利用するなど他の人はやっ
ているが、自らは非科学的であるとして批判し採用しなかったのにであ
る。このようなダブルスタンダードをやって恥じないのは、それが彼の
「信念」に基づいているからだろう。

34 :出土地不明:04/02/26 19:15 ID:2BSyIv9j
清野は太平洋協会では大東亜共栄圏建設における国民のイデオロギー的
統一を積極的に企てた。また731部隊に対しては人材確保・指導などに
「異常なまでにてこ入れした」(石井四郎発言)戦後彼はアメリカとの
密約に基づき戦犯追及を逃れ、依然として医学と考古学の分野で影響力
を残していく。

35 :出土地不明:04/02/27 04:54 ID:AMA00O3r
アイヌと琉球人の遺伝子は同系統だということは証明されている。
しかも驚くべきことに、それはアメリカインディアンそして東洋系ユダヤ人と同系統なのだ。
実際、純粋種がほとんどいなくなった現在でも見た目でかなりわかるぐらいだから、大陸系モンゴロイドと別系統なのは明らか。
おそらく縄文人は九州から関東にかけて生息していたと思われる。
それから大陸文化を吸収した弥生文化が生まれ、半島経由でやってきた北方騎馬民族によって大和朝廷がつくられた。
アイヌ文化は縄文文化をから派生したもので、関東平野で誕生し北に移動していく中で発展していったものと思われる。

36 :出土地不明:04/02/27 10:32 ID:Uyg1zvfU
アイヌと琉球人は遺伝子は近いが、形質が大きく異なる。

アイヌは長頭で、琉球人は短頭(港川人は長頭)
アイヌと琉球人の中間に弥生人が位置する。

37 :出土地不明:04/02/27 10:52 ID:QaxHgnLv
>>36
世界的に短頭・長頭の形質って変化しているように思えるのですが…
結局食べ物の変化とかで結構形質が変わるんじゃないの?子供の
ころの育て方で頭蓋骨が結構変化するように

38 :出土地不明:04/02/27 11:05 ID:Uyg1zvfU
>>37
確かに時間的な変化もあるが、にしても南九州・南西諸島だけ
縄文人骨と(古モンゴロイド系の)弥生人骨の違いが大きいんだよな。
西北九州とか東北など、縄文系の強いエリアの大部分は
さほど変わっていないにも関わらずだ。


39 :出土地不明:04/02/27 13:04 ID:idWaRLK1
表現型で「ここが違う」とか言っても意味無いような気がする。
食べ物とか生活様式にかなり左右される獲得形質を比較してもなぁ・・・
遺伝子型で議論しないと駄目なんじゃないの?
古人骨からDNAを抽出するのは難しいから仕方がないのかもしれんが。


40 :出土地不明:04/02/28 22:03 ID:Qnl/RwWQ
遺伝子は幾らでも解釈ができてしまうし、捏造も幾らでもできる。
形質以上の材料にはなれないし、ならない。

41 :出土地不明:04/02/29 00:47 ID:8cJc4oWr
民俗学もな。

42 :出土地不明:04/02/29 00:57 ID:ikLHZAPF
>>40
まあそうなんだけどね。
ただ骨の形ってかなり後天的な要素が絡むじゃない。
それを一生懸命比較しても意味あるのかな?と思うわけさ。
形質人類学の人からは怒られるかもしれんがね。

43 :出土地不明:04/02/29 09:47 ID:rmaINVMG
形質にやたらこだわっているのって、731部隊の清野と同類?

44 :出土地不明:04/02/29 17:15 ID:NB4USpmh
昔はDNA分析とか無かったから、形質の差異でやるしかなかっただけ。
形質はもう補助的な意味しかないでしょ

45 :出土地不明:04/03/02 22:40 ID:SjKHNM9h
形質は生活環境などで変わるからね

46 :出土地不明:04/03/03 18:40 ID:OZdy0lmD
>>29
行動からして論破できるような立場じゃないわな。w

47 :出土地不明:04/03/03 21:11 ID:WnWmKKUE
東北中部ですが、家の隣の千田さんのお父さんは、アイヌで国会議員になった
菅野さんにそっくりです。

その隣のおじいちゃんは知里マシホさんにそっくりです。
そこの娘はフカキョンにそっくりでつ。 はァはァ。


48 :出土地不明:04/03/07 09:15 ID:2QT9qxjc
俺も蝦夷の一部はアイヌ語を話していたと思う。
ただ「蝦夷」は南日本に住んでた連中が呼んでただけで、
同一言語集団とは限らない。一部は日本語を話していた
かもしれない。それと1000年も前の前だからな、
近世アイヌ文化とはかなり違うだろう。俺は平安時代の
人間と自分が同じ民族とは思えん。その程度の差はある
はずだ。

49 :出土地不明:04/03/08 10:11 ID:hxGVt3gk
千年前なら日本文化だって今とはかなり違った「異質」な
ものだろ。

50 :出土地不明:04/03/08 14:40 ID:U2/1vo4Q
アイヌ語の前には縄文語があるわけだが。。。

51 :48:04/03/09 16:20 ID:cCkvDgbW
「縄文語」なんてものは作業仮説にすぎません。
後世この地域で確認できているのは日本語とアイヌ語だけ。
両言語は系統関係がないと思われるので、両言語の「祖語」
として「縄文語」を立てるのは言語学上はナンセンスです。

52 :出土地不明:04/03/14 07:51 ID:DdPHmFRP
アイヌ語って、文字はないんだよね?

53 :出土地不明:04/03/21 06:52 ID:kb2TNIWA
コロポックル

54 :出土地不明:04/03/21 13:51 ID:bMGW17mQ
日本語もアイヌ語も孤立しているってのは面白いよね。

55 :出土地不明:04/03/21 20:20 ID:vwKY9xWC
>29
アイヌを追いやったのではなく
朝鮮半島からの侵入者と地元アイヌが
混血して日本人が誕生したんです。

56 :出土地不明:04/03/21 20:23 ID:vwKY9xWC
>アイヌ語の前には縄文語があるわけだが。。。

アイヌ語は存在してもすが縄文人の言葉は現在ではわかりません。

たぶん縄文人も自分らのことを「アイヌ」と自称してたでしょうから...

57 :出土地不明:04/03/21 20:24 ID:vwKY9xWC
>54
ウラルアルタイ語だろ。
語順は朝鮮とかモンゴルとかトルコ系と一緒
日本人の祖先が中国人よりは朝鮮人に
酷似してたのは間違いないでしょう。

58 :出土地不明:04/03/22 06:44 ID:kMKNcLt4
>>51
ナンセンスと断定するのもナンセンス。
現存していない、存在を確認するのが困難だからと言って全否定するのは
キチガイとしかいいようが無い。

59 :出土地不明:04/03/22 06:45 ID:kMKNcLt4
>>57
そういう短絡的な決め付けは、無知を露呈しているに過ぎない。

60 :出土地不明:04/03/24 19:10 ID:Z215Z/Nz
>57
SOV語順なら世界各地の言語にありますがw

61 :出土地不明:04/03/24 21:15 ID:9M5DIl6b
>>57
>>57
縄文語やアイヌ語がSOVだったらどう判断するんだ?
明らかに朝鮮的じゃないぞ。

62 :出土地不明:04/03/25 20:34 ID:r2c/WASL
アイヌ語はSOVだよ。 動詞の造り方や所有関係を表す型が、
日本語とは違うけど、殆んど同じような構文になる。
このSOVというのは、意外かもしれないが変化し易いという
ことが最近の言語学会での定説。 言語の類縁関係を示すもの
ではない。古代ギリシア語ではSOVが標準だったが、現代
ギリシア語ではSVOとなっている。語彙は共通、Hをエー
と発音したのがイと発音するようになったとかのマイナーな
変遷はあるけど。

63 :出土地不明:04/03/25 20:48 ID:r2c/WASL
Ainu itak newa Sisam itak anak
uneno shinrit kor ne an, kani yaykoshiramse.


64 :出土地不明:04/03/26 13:55 ID:mmWp0/Qx
>>24
文献によると、全員が移住させられたわけでもないし、
移住後に許されて「俘囚」という身分で地元に帰った
一族も多かったようです。

65 :出土地不明:04/03/27 04:14 ID:/9VBcK/c
さて、お尋ねの縄文語の件ですが、縄文語そのものは文献資料に記載
された用例が一切存在しないため、縄文語を再構するにはひたすら理論
的推定に依るしか方法がありません。よって、再構する研究者がどういう
理論に基づいてそれを行なうかによって、再構される縄文語は異なって
来ます。崎山氏の場合は、

縄文の言葉
http://www.capa.ne.jp/a-bank/maruyama/language/

を見る限り、語彙の多くは上代日本語をもとに、日本語を始めとする
世界の諸言語において一般的に認められる音韻変化の傾向に基づき、
発音だけを一時代前の語形に戻すという、最もスタンダードな手法を
用いておられるようです。

 例えば、日本語には「唇音退化」と言って、発音をする際に唇が次第
に使われなくなるという傾向が認められます。代表的なものとしては
ハ行子音がそうです。ハ行子音は現在ハ・ヘ・ホがh(声門摩擦音)、
ヒが¢(硬口蓋摩擦音)、フがΦ(両唇摩擦音)ですが、江戸時代の
極初期まではハヒフヘホともΦであったことがわかっています。印欧
語族の比較研究によって、f(唇歯摩擦音)は古くはp(両唇破裂音)で
あったことが知られていますから、それを日本語にあてはめれば、
上代乃至それ以前においては、日本語のハ行子音はpであったと推定
されるわけです。崎山氏の再構においてパ行音となっているものは、
それをハ行音に戻してやれば、大体現代語に近いものになるはずです。
 ハ行子音以外では、上代語のヤ行('j)がdに、ワ行('w)がb(v?)に、
サ行(s)がtsに、それぞれ再構されているようですね。ここまではまぁ
それなりに理解出来るのですが、不審なのがボツィ(星)です。なぜp
でなくbに再構されているのか、不思議でなりません。単なる誤記で
あれば問題ないのですが。それと、ドリ(鳥)も不審です。私だったら、
ここはtori乃至to:と再構するところです。既にヤ行子音をdに再構して
いるのに、わざわざタ行子音までもdにしてしまう意味が理解出来ない
んですよね。それじゃあ縄文語d→上代語'j,tということになってしまい
ますから、dがヤ行とタ行に分岐した理由を別に考えなくてはならなく
なってしまいます。まぁ他に何か理由(縄文語の系統をある特定の言語
と結び付けるために必要である等)があるのかも知れませんが。
親族語彙に関しては、イェ(兄・姉)とオト(弟・妹)は上代語そのままです
から理解出来るとして、アヤ(父)、イネ(母)、ノノ(祖父・祖母)あたりは、
何をもとに再構しているのかわかりません。上代語では父親はtiti(ちち)
またはkazo(カゾ)、母親はΦaΦa(はは)または'omo(おも)ですから、
上記の縄文語が上代語をもとにしているとはちょっと考えにくいんですよね。
私だったら父はti:、母はpa:、祖父は'odi、祖母はopaとするけどなぁ。

 あと、動詞部分についてはよくわかりません。bu-i-bu-muが「居ます」
という意味であることからすると、bu-iが上代語「ゐる」の連用形'wiの
祖形というのは当たっていそうですが、bu-muが何に相当するのか、
ちょっと思い付きません。上代語にはまだ丁寧語は存在しませんでしたしね。

66 :出土地不明:04/03/27 04:15 ID:/9VBcK/c
縄文語
縄文人が使っていた言葉は、古典文学や各地の方言、言語学から推理して考えられています。

体の部位
現代語  縄文語
 髪     カミ
 顔    トゥラ
 耳     ミミ
 鼻    パナ
くちびる  ピル
 手    タア
 胸    ムナ

親族
現代語     縄文語
 私       アー
あなた      ナー
 父       アヤ
 母       イネ
弟・妹・いとこ  オト
兄・姉・いとこ  イエ
伯父・伯父   アヤ
伯母・叔母   イネ
祖父・祖母   ノノ

動物
現代語   縄文語
 犬      イナ
イノシシ   ブイ
クマ     クマ
ヘビ     ムイ
トリ      ドリ
サカナ   イワ
カイ     カピ

自然
現代語   縄文語
 空     アマ
 海     ワタ
 山     ダマ
 星     ボツィ
 雪     ドキ
 雷     グル

67 :出土地不明:04/04/01 17:40 ID:iDqemXGJ
たしかインディアンもSOVじゃなかったけ。
ついでに古代ギリシャ語の文字は
日本の仮名のように1音節で一字だったので
母音と子音を表すようなアルファベットタイプでは
なかったらしい。

西洋人は日本の文字とギリシャ的な多神教であるため
古いタイプの封建型文明だとおもってますね。
中国の場合は文字に関してはあまりにも独自な道を走りすぎてたので
結構なぞらしい。ついでに中国も古代においてはSOVだったらしい。

68 :出土地不明:04/04/01 17:44 ID:iDqemXGJ
普通に考えてアイヌ語を元に考えた方が普通じゃないか。
後から進入した弥生人の言葉が66みたいな言葉なんじゃないの?

69 :出土地不明:04/04/02 22:44 ID:HR7hO9GH
中国があまりにも独自って、、もともと文字は甲骨文字と楔形文字の2種類だろ?

70 :出土地不明:04/04/04 16:33 ID:reFxcSix
>>64
というか、そもそも東北人と九州人の特徴は全部
一致しているわけではないんだから、あんなの
ヨタ話にすぎんよ。
確かに両者とも、畿内中心の大陸系の影響は弱いが。

71 :出土地不明:04/04/21 01:24 ID:8Snbw/rr
どうも文献を読めば読むほど【蝦夷=アイヌ】と思えて仕方ない。

えらい先生には「蝦夷とアイヌは別民族」という人もいるし、蝦夷と
アイヌを同一視するのは古い考えなのかもしれないケド・・。

蝦夷は夏の家を持っていたというし、実際に北東北を旅してみて
なんとな〜く思いを深めました。

でも藤原三代は日本人だっていうしなあ。「蝦夷」は政治的な単語
なだけなのかもしれない。うーん・・・。


まあ、たとえ人種が違ったとしても、文化圏はほぼ同じだと思ったです。

72 :出土地不明:04/04/21 10:45 ID:UvalKyni
>>71
【蝦夷>アイヌ】ではないかと。
古代ローマ人と現代イタリア人が同じでないように、
モンゴルウルスの人々と今のモンゴル人が同じでないように。


73 :出土地不明:04/04/23 23:55 ID:TAHlbi86
>>72
現代イタリア人のようには混血してないでしょ。民族大移動もないしね。


74 :出土地不明:04/04/24 11:54 ID:5apYXuzO
>71
藤原三代は
1代ごとにだんだん倭人化してる。

結局、頼朝に滅ぼされるわけだけどね。

アイヌかアイヌでないかは脛骨をみればいい
扁平な脛骨を持ってる場合、アイヌ。

ヨーロッパでは石器時代人の骨にしかこの形質は現れない。
日本の場合アイヌと縄文人に現れる。

75 :出土地不明:04/04/25 00:00 ID:i6ZTOg1I



さて、日本人種の未来についてだが、

現在の日本の国際結婚率が約5%だから、
新生児の約5%が異種との混血児と推測できる。
平均的に約30才で子供を出産したとすると、
30年で5%ずつ日本人の血が異種の血に占められていく訳だから、
このペースで行くと、約300年後には、日本人の血の半分は
異種の血で占められてしまい、現在の日本人とは

全 く 違 っ た 人 種 に な っ て し ま う 。




76 :出土地不明:04/04/25 21:27 ID:NMXAm20E
>>74
それは生身の人間でも判断付くの??
扁平な脛とはいったい・・

77 :出土地不明:04/04/27 21:42 ID:aRNj1yqf




日韓結婚が年間 約1万組。
それに伴なう朝鮮人化した混血児。
毎年、日本の新生児 約100万人のうち、
約1〜2万人の新生児に
容赦無く 朝鮮人の血が流し込まれている。

また、韓国朝鮮人の帰化は年間 約1万人も。





78 :出土地不明:04/04/29 23:47 ID:8Af/G317
蝦夷。エゾ・エミシって言う場合があるが、時代によって読み方が違うようだ。
縄文=アイヌではない。何故ならば、縄文人って現代の人間が定義づけた集団のことでしょ。
縄文人ってやつは全くの一集団で括れるか。縄文人ってのは縄文土器とかいうもの
から仮定した人々なんだろうけど。縄文土器ってやつもいろんなタイプがあるしなぁ。
んで、アイヌってどういう集団かね。一集団で括れるのかねぇ。
アイヌってやつはいつから成立したよ?
なんにしても縄文時代って一万年近く続いてことになってるから、おかしいんじゃ?

79 :出土地不明:04/04/30 18:17 ID:uzfukGC8
>>78の指摘どおり、別な基準でくくったカテゴリー同士を
比較するのは難しい。
近代以前にアイヌ語をしゃべってたのが「アイヌ」だろうね。
縄文人は大昔に縄文土器を使ってた連中。
基準が違うもんな。

80 :出土地不明:04/05/01 03:25 ID:R3f9WWWS
言語的には、アイヌ語は縄文語を受け継いでいるだろうと見られている。

81 :出土地不明:04/05/02 18:15 ID:eu64wadg
だからアイヌが成立したもなにも

アイヌは自分らのことをアイヌ(人間)と
呼んでいたのだから
いつ成立なんてことは倭人がかってに
決めたことにならない?

82 :出土地不明:04/05/04 02:53 ID:YKtT62P3
>>81
意味不明。

83 :79:04/05/04 19:09 ID:xS769vd5
>>80
「縄文語」っていってもねえ…。
北海道においては過去に大規模な人間の移動の痕跡がみられない。
だから「アイヌ語を話す集団が外部から移住してきたのではない
だろう」と推測されている。さらに「アイヌ語においても他の言語と
同様に通時的変化があったはず」と考え、今のアイヌ語と大きな
違いがある段階までさかのぼって「プレ・アイヌ語」という作業仮説
をたてることは可能だ。それの段階を土器における縄文時代と同じ
時代に推定するのが「縄文語がアイヌ語になった」説。言語学的には
何も言っていないに等しい。


84 :出土地不明:04/05/06 02:52 ID:SEtMq1Y2
【歴史】「蝦夷の地」に争乱の世紀 鉄やじり、縛られた人骨出土
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083765350/

こんなん出ましたけど。

85 :出土地不明:04/05/06 12:21 ID:F32J0UYY
そりゃ、平和が続いたと考える方が非現実的だ罠。
部族間の衝突があると考える方が自然。現代だって同じでしょ。
古代のような部族間の衝突など考えられない現代ですら、平和な時代が続く世の中
なんて考えられんしな。

86 :出土地不明:04/05/06 20:55 ID:U1xp2FVP
>>30
秩父原人から現代日本人とアイヌ人が枝分かれし、秩父原人とは別ルートから日本に入った高森原人が蝦夷に進化したわけですね。

87 :出土地不明:04/05/08 22:28 ID:E5dSZ462
372 名前:日本@名無史さん :04/04/18 13:57
何年か前に縄文犬を保存するって会をTVで見たが、
縄文犬以外の血が少しでも入ると縄文犬の特徴が全部消えてしまうそうだ。
縄文犬の特徴を保存するには純血を守るしかないワケだ。

88 :出土地不明:04/05/09 21:24 ID:+YE56mWM
>>74
その逆で、さかのぼるほど倭人化(京都人化)している。
つまり、京都から来た官僚が地元の人間と婚姻を繰り返した、というのが一番ありえるシナリオ。


89 :出土地不明 :04/05/12 23:06 ID:hm3BN80O
>oma :馬子舞(mak奥の-omaにある-iところ) 見前、尻前、軽米

これを並べかえると、oma−にある、mak−奥の、でomakになる。
女の股の奥にあるオマ○コは、アイヌ語のomakから来ているのではないか?
(関西では若干変化し、omekになった)
仮に、mak−奥の、oma−にある、の順(makoma)だったとしても、直裁な表現を嫌って、
読み順を逆にするというのは、日本語では今でも頻繁に見られる表現だ。
過去においても、それが陰部を表す単語なら、なおさらだったかもしれない。
陰部のようなエッチな部分を表す単語は、公には口にしづらいが故に、
上代から変わらず語り継がれたいるかもしれない。

アイヌ語こそ日本語の母語だという思いを一段と強くしました。
でなければ、日本全国の意味不明な地名の説明がつかないので。

90 :出土地不明:04/05/12 23:38 ID:hm3BN80O
すいません、>>88>>17に則ったものです。

>>17によると、この他にも、
>usi :沢山あるという意味で使われる。漢字は「牛、石、臼、伏、節」が当てられることが多い。
なるほど石はそこらじゅうにあるものの代表格ですね。
>shri :山や断崖の意味で使われる。
人間の体の「お尻」の部分も、後ろに出っ張っていて山のようですもんね。
また、
>tay :森がある台地を指し
とありますが、日本語でも台地上の地名は「○○台」と呼ばれていることがありますね。

やはり、弥生人が侵入し、大和朝廷ができて蝦夷であり縄文人であるアイヌを敵視するまでの間は、
日本各地で倭人との混血が進んだんでしょう。
アイヌ語が混血倭人にも引き継がれたのは、倭人の側に、まだ倭人としての所属意識が薄かったのと、
何よりも、その土地で暮らす上で周辺の地名を頭に入れておく必要があったからでしょうね。
来て間もない倭人間では、統一した地名がありません。一つに統一しようものなら、
各人の主張がぶつかりあって、なかなか上手く集約されないでしょう。
第一、地名などは、その土地に非常に長く暮らさないと、付けられるものではありません。
その点、縄文であるアイヌは、狩猟採集を主体としていたでしょうから、土地の隅々に地名をつけていたのでしょう。
混血した倭人は、父親や母親のアイヌ人から、自然とその言葉の意味を習得していったことでしょう。
混血していない倭人でも、やはり地名はアイヌに聞くのが手っ取り早いでしょうから、
地名を教えてもらいながら、アイヌ語を習得し、地名の存在と相俟って、自らの言語となっていった。
こういうことでしょうね。
アメリカでも、ヨーロッパの故郷の地名だけでは手に負えずに、インディアンの地名を踏襲していますね。
メイフラワー号以降、ヨーロッパから大々的に移民が来るまでは、白人とインディアンとは
適度に融和していたといいますから、この段階でインディアンの地名が白人のものにもなったのかもしれません。
そのアメリカで口語までがインディアンの言語と混ざらなかったのは、融和の期間が短かったことや
日本よりも時代がずっと下って、白人も文明化していたので、白人優越意識などがあったからでしょうね。
日本では、大和朝廷ができて以降も、しばらくは、中央の威令が最前線までは届かなかったでしょうから、
この間も、アイヌ語と倭人の言語が混ざる状況は続いたのでしょうね。

91 :出土地不明:04/05/12 23:40 ID:hm3BN80O
またまたすいません。
>>90での>>88>>89のことでした。再度お詫びいたします。

92 :出土地不明:04/05/12 23:48 ID:O+Hv7oC9
>>74
奥州藤原氏の一般的な系図は、頼遠―経清―清衡―基衡―秀衡―泰衡。
頼遠以前は下級官人だから、両親ともに非俘囚(蝦夷)でしょう、経清の母は「陸奥和記」によれば、散位平国妙の妹。出羽に土着しているが、国妙も恐らく中央出身で非俘囚。
清衡の母が安倍頼良女、ここで初めて俘囚安部氏の血が入る。基衡の母は恐らく平氏出身(清衡の北の方-正室-は平氏)、秀衡の母は安倍宗任女、ここで再び俘囚安部氏の血が入る。泰衡の母は大蔵卿藤原基成女、貴族の出。

実は2回(直接は)しか俘囚の血が入っていない。奥州藤原氏の骨を調べて、蝦夷とアイヌの骨格を論じるのは(毛人だけど)不毛ではないか。

93 :出土地不明:04/05/12 23:55 ID:hm3BN80O
>>89-91です。
でしゃばってすいません。
>>92
中央の人間の血を入れようとするのは、そうすることで敵視から免れるという、
防衛策の意味があったのではないでしょうかね?

94 :出土地不明:04/05/16 19:30 ID:nWpmDa6F
>>86
それは間違い。
秩父原人は西に移動して山陰山陽以西に住んだ。
上高森原人のうち、東北に残った者がアイヌ人の祖先となり
西征して秩父原人を滅ぼした者が大和朝廷を開き和人になった。
だから>>30のように、中国地方で発掘された人骨のほうが
和人とアイヌ人の間の骨格差よりも大きくなる。
神話上の東征は本当は西征の誤りで、大和朝廷を渡来人が作ったというのも誤り。

95 :出土地不明:04/05/16 22:49 ID:pU7pdmn4

実況スレ

NHKアーカイブス ◆ 森と老人 チロンヌップの詩
http://live10.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1084692109/

96 :出土地不明:04/05/17 20:39 ID:P6OS89JL
>90
>アメリカでも、ヨーロッパの故郷の地名だけでは手に負えずに、インディアンの地名を踏襲していますね。

日本でもそう。そこらじゅうに高麗というちめいがあるしね。特に関東には高麗計の地名が多いよ。
たぶん関西は百済系がおおくないですか。

旧国名なんかは無理やりこじつけて天皇がどうのこうのとでてくるが
東国はほとんどアイヌ由来の地名だとおもう。
アメリカは逆に西の州にいけばいくほどインディアンぽい地名になる。
英国は北方にいけばいくほどケルト系の地名が増える。

海洋国家には似た経緯をたどった国が多いってことだ。

97 :出土地不明:04/05/18 00:10 ID:bp/c/Hmd
ま〜ち〜が〜え〜た〜。「陸奥和記」→「陸奥話記」、「大蔵卿藤原基成」→「民部少輔藤原基成」です。

98 :出土地不明:04/05/18 21:14 ID:VqWy3P2Z
縄文人が弥生人と混血した場合の顔の変化では、まず最初に、


目 を や ら れ る 。


縄文人は四角い眼窩に高い鼻骨、弥生人は丸い眼窩に低い鼻骨。
近年、東北地方で縄文人と弥生人が混血したばかりの頃のものと思われる
約2000年前の男児の骨が発見された。
その混血と見られる男児の頭蓋の鼻骨は縄文人と同様に高いのだが、
眼窩は無残にも弥生人のように完全に丸くなってしまっていたのである。

縄文人が弥生人と混血した場合の顔の変化では、まず最初に、


目 を や ら れ る 。

99 :出土地不明:04/05/19 18:58 ID:aLhmqnCH
>>96
亡命、帰化系渡来人達が朝廷から開拓を命じられた土地なんかは高麗系の地名が点在するね。
埼玉や群馬何かも新羅系の新井とかいう地名も町や村の一地域の名称として残ってる。

100 :出土地不明:04/05/19 19:00 ID:aLhmqnCH
高麗系とか言ったが、高句麗系の方が正しいか・・・・

101 :出土地不明:04/05/22 15:54 ID:tGsjdO7U
>>100 高麗にしたければ高氏高麗にしたほうがよいな。
新井には新羅人がいた文献とか遺跡は出るのか?


102 :出土地不明:04/05/31 17:37 ID:RTq2dwzU
>>101
さあ、、、幡羅郡(入植地)には多くの小型円墳がある事だけは分かってるけど。

103 :出土地不明:04/06/03 17:55 ID:+BzBS11s
蝦夷は「えみし」と読むけど、これは「毛人」の読み方の転用なんだよね。「蝦夷」を素直に訓読みすると「カイ」だろ。

モンゴル人は(本当はギリヤーク人だろうが)アイヌ人を「クイ」と呼んだ。ロシア人はアイヌ人を「クリル」と呼んだ。
(クリル諸島とは、文字通り「アイヌ人の島」だ)

東北北部の方言では「カ」は「クヮ」に変化する。「かじ」は「くゎじ」だ。この法則で「カイ」を変化させると「クヮイ」
になるよね。モンゴル人がアイヌ人を呼んだ「クイ」と極めてちかい。

この点から、蝦夷とアイヌのつながりを主張する人もいる。

104 :出土地不明:04/06/04 17:39 ID:4pDm0P67
それとなぜアイヌと和人の神の発音がほぼ一緒だったり。
朝鮮人の神話の最初の段階に熊が登場したり、
朝鮮語とアイヌ語の発音が微妙に似ていたり。

日本各地の地名は当て字が多く日本語で
意味を探るのが困難な地名が多いことを考えると
アイヌと日本の創世には何か特別な関係があるようだな。

105 :出土地不明:04/06/07 21:53 ID:95ZB5Zuv
アイヌ民族は、遺伝子的に日本人や朝鮮人の先輩に当たる。
当然、日本人は何らかの基礎を受け継いでいるはず。

106 :出土地不明:04/06/08 07:01 ID:xVorzfcU
アイヌは熊祭、熊霊送りの舞を行ない、熊猟には熊の命を敬う文化があった。


107 :出土地不明:04/06/14 18:11 ID:ekODEPlS
アイヌは、欧米では白色人種扱い。
特にちょいと昔前までは。

108 :とてた ◆0Ot7ihccMU :04/06/14 23:19 ID:4gG2N9lK
今でも「アイヌ=コーカソイド説」を信じてる人はいるような。

109 :出土地不明:04/06/14 23:22 ID:5kHu7MpZ
>107
アイヌ白人説の資料として文豪トルストイの顔写真とアイヌ男性が並べて比較されている
ヨーロッパの論文があったのにはワラタヨ

110 :出土地不明:04/06/17 11:51 ID:6C29IdZQ
実際トルストイは
白人というかモンゴルと白人の半々だからな。
彼は貴族だからモンゴル系と血縁関係を作ることによって
勢力を伸ばしたロシア人の一種だな。


111 :出土地不明:04/06/17 13:25 ID:Wh9L6/wj
>>57
今時ウラルアルタイ語とか逝ってる香具師はヴァカ。

112 :出土地不明:04/06/18 20:58 ID:dQURENZh
>>103
kwaiのほうがkaiよりもkui/kuγiに近い、
という判断は円唇性があるからでしょうか?
変化の方向はkwa→kaだし論旨がよくわかりませんが。
>104
どっちかっていうと朝鮮語にはアイヌ語よりも
ギリヤク語の方が音は似てますよね。この地域では
アイヌ語はむしろ異質だと思います。

113 :出土地不明:04/06/19 13:16 ID:n5QwrkbO
アイヌ=スラブ、黄色人種ではなくて白人です、最新のDNA解析により証明
されますた、文系学者はもう必要無しです、キトラ古墳の主人も誰なのかもうすぐ
判明します、妄想学者御用済み

114 :出土地不明:04/06/23 12:25 ID:Ump5isCu
>>113

その文献教えて。
宝来さん新しい論文出したの?

モンゴロイドの地球とかイブの7人の子供たち、NHK本のあと、なんか出てないのかな。
それだと白人っていうか古モンゴロイド系だよね。


115 :出土地不明:04/06/23 14:07 ID:Gvv2l5aD
アイヌ人は確かにロシアとかあっち系の白人ぽい顔してるけど、それはないと思うぞ。


116 :出土地不明:04/06/23 20:41 ID:Y1pFMJ1E
日本人は劣等民族チョソだけでなく白人の血も混ざってたから優秀なんだよ。
チョソは純粋モンゴリアン、低知能で炎病になる劣等民族。

117 :出土地不明:04/06/23 20:41 ID:Ump5isCu
アイヌだって遺伝的に均質な集団じゃないし、その一部がスラブ系の一部や
アメリンドの一部と遺伝的に近いのは確か。それが古モンゴロイド系。

っつーか、遺伝的にはコーカソイドは多様なモンゴロイドの一クラスターにすぎないからさー。
モンゴロイドじゃなくてコーカソイドに近いって言うのは間違い。


118 :出土地不明:04/06/24 00:31 ID:U2MxG5ux
どこかに分化する前のままの人種って残っていないものだろうか。

119 :出土地不明:04/06/24 02:54 ID:EWRJP5h6
アイヌは昔はコーカソイドと考えられていた。
現在では古モンゴロイドとされている。
この古モンゴロイドというのは、
コーカソイドと新モンゴロイドの中間的な段階にある人種。
モンゴロイドではあるがその中ではコーカソイドにやや近い。
現在のアイヌは混血して一見わからないが、
昔の純血に近いアイヌの写真をみると
コーカソイド説があったのもむりないなと思うよ。

縄文人も古モンゴロイドとみられているが、
コーカソイドだったのではという説も出てる。

120 :出土地不明:04/06/24 08:33 ID:GHWZZZ3i
白人コンプレックスだな(呆

121 :出土地不明:04/06/24 12:25 ID:bbXImunv
ヘタな釣りは詰まんない。

122 :出土地不明:04/06/24 18:03 ID:YPIFxaKl
>>119
うーん、まあデータ待ちかな。
でももうちょっとサンプル数増えれば、結論出るでしょ。
そろそろ論文出ててもいい頃なんだけどなあ。誰か知らない?

>>120
>114読んで勉強しなよ。

それで表題に戻ると、蝦夷の発掘された遺体ってどれくらいあるんだろう?
計測形質の比較とかDNA分析ってされてるのかな。


123 :霹靂:04/06/24 19:53 ID:8/WS6C/I
とにかく人の本見て書くだけなんだから あんま偉そうにしてんなよ アイヌは居るんだから 直接聞いてこいよ 転写君たち

124 :出土地不明:04/06/24 21:27 ID:YPIFxaKl
あらー傷ついた〜? ごめんねぇ〜(ww

それはそうと、なんか知ってたら教えて下さいよ。


125 :出土地不明:04/06/24 23:26 ID:wew3QoY9
>アイヌは居るんだから 直接聞いてこいよ

ぷっ そのアイヌたちはさぞ物知りなんだろうなw

126 :出土地不明:04/06/25 08:43 ID:Gw/+PF5S
>転写君たち



127 :出土地不明:04/06/25 11:41 ID:3bUuxkFa
現在のところ、「蝦夷」は

人種的には日本人と同じだけど、文化や言葉は
アイヌと同一の北方人・・ということでFAなのでしょうか。

128 :霹靂:04/06/25 18:58 ID:XluHGYo8
一概には そう言えないかなあ その前に
プ とか書いた人へ オナニーは一人でやりなさい おまえみたいな2ちゃんの恥みたいのは額に汗して念仏でも唱えてなさい 名無しいくぢなし君 何才?ママによろしくね

129 :霹靂:04/06/25 19:05 ID:XluHGYo8
君はまだ皮がついてるのか?でコンプレックスなんだね かわいそうに 切りなさい プッ みたいなことは やめろ このクソガキが さらうぞタコ!

130 :出土地不明:04/06/25 20:41 ID:aQcPV0IM
かなり症状が重そうだね

131 :霹靂:04/06/25 20:54 ID:XluHGYo8
んだと130番名無し てめえも文句あんのか 名無しは名無しらしく ひ弱でいろ!人影に隠れて ささやくばかり ああ暗い青春よ ポクは一人では弱いのでふ

132 :出土地不明:04/06/25 22:46 ID:4nnEWjzK
酔っぱらい?

133 :出土地不明:04/06/26 19:45 ID:nBD+ICGJ
偉大なるアイヌ民族>>>小学生>>>>霹靂

ご苦労様。

134 :出土地不明:04/07/02 07:38 ID:O3LmRUXY
まあ基地外がコテハンなのは便利だよな
ローカルあぼーんできるし

135 :霹靂:04/07/02 08:12 ID:Cru7bBS7
↑オタク語で読めましぇーん!

あほあほあほ君

136 :出土地不明:04/07/02 19:07 ID:W5Di/6E2
やれやれ、マジで既知外か…。俺もあぼーんにしとくわ。

137 :霹靂:04/07/03 23:02 ID:IvD8qs+O
死ね弱虫 寝クラックスGOGO=おまえら

138 :出土地不明:04/07/04 04:34 ID:oVIT5LoK
意味わからんし。外人か白痴かだな

139 :霹靂:04/07/04 06:39 ID:YE6rwusc
やはり日高見国と九州との関連も楽しい研究であります。高天原は略されている古事記じたい暗号のようなものだ。ひびたかみむすびあまのはらが正しいのでは?と考える。あーあ 寝ようっ

140 :出土地不明:04/07/04 09:35 ID:obEONlFD
真性基地外だな

やっぱ、暑さにやられたか

141 :出土地不明:04/07/04 17:10 ID:csK2723S
民明書房よりたち悪いなw

142 :霹靂:04/07/04 18:44 ID:YE6rwusc
わかったわかった 人を基地外よばわりするだけで かなり質が悪いねえ君たち!本当に歴史やりたいなら電波だろうが異論にも耳を傾ける余裕がないとね…現場では暑いなか発掘してますよ 事件は図書館で起きてるんじゃないぞガキども 日当で掘ってんだぞ

143 :出土地不明:04/07/05 02:38 ID:hSZ1SKL5
知ってるよ。学生時代ずっと低賃金で奉仕してたからw

144 :出土地不明:04/07/05 03:28 ID:s3pLCsrj
>>142
くれぐれもゴッドハンド2世にはならないでねw

145 :出土地不明:04/07/05 11:08 ID:GOs4SH6Q
いっかい表出て、普通の郷土史家とでも会話したほー良いよ…>霹靂たん

146 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :04/07/05 12:07 ID:yxoo3Lpz
>>145
>普通の郷土史家
最近、なかなか居ないんだ、リアルでも。
反応が「普通」の人が(泣

147 :霹靂:04/07/08 19:42 ID:ADmOUy7K
そんじゃあよ 阿弖流為は蝦夷かよ?やつらがやられたのは そんな昔じゃあねえ なのに なぜ記述が少ないんだ?今の偽の墓など怪しいが…あの辺りの歴史がおかしいなあ 説明しろや 偉い人たちよ なぜ公名を持つんだ?

148 :出土地不明:04/07/09 00:25 ID:dRgak1bA
それはあれですな。
いずれそれを「普通の郷土史家。ていうか郷土史家として普通そう」と呼び習わすことに…。
霹靂氏も普通認定ですよおめでとう。

149 :出土地不明:04/07/09 03:13 ID:X0sjugDX
霹靂は千年も10年も同じ感覚みたいだなw

150 :出土地不明:04/07/09 15:08 ID:zNxT++h6
>阿弖流為は蝦夷かよ?
「蝦夷」と呼ばれてたみたいですね。

>なぜ記述が少ないんだ?
1.情報機関の無い古代に遠方のゲリラの首領のことを詳しく記述するのは困難。
2.蝦夷は文字を持たなかったから。
3.記述するほどのネタが無かった。
4.後世に伝えるほどおもしろい歴史ではなかった。

>なぜ公名を持つんだ?
1.彼のご先祖が天皇から公姓を賜った
2.日本の法律で裁かれたことによって「人」として認められた


昔の人に聞かなきゃ、ほんとの事なんて分かんないけど…。

151 :出土地不明:04/07/11 04:04 ID:4u+RxBpZ
とはいっても数百年苦しめられたので、史書で愚痴も溢したくなるだろうw。
関東周辺の人達が東征でかなり死んでるからな。

152 :出土地不明:04/07/11 04:05 ID:4u+RxBpZ
そういや昔の人はアイヌが文字を持っていたはずはない。とかいってんだよなw

153 :尾行価格で:04/07/14 03:15 ID:puIVlIjQ
トヨタ尾行自動車ですか トヨタ交尾自動車ですか
トヨタ社員によると三菱車は放火だろうと 
トヨタ社員でなければいいが。

154 :出土地不明:04/07/15 04:24 ID:H9Jg0/ud
公(キミ)のカバネは、基本的に先祖が皇室から分かれたということだろ。
1、実際にそうだった
2、勝手にそう自称していたら朝廷が真に受けた
3、朝廷の方から「藻前らは皇室の子孫なんだYO」と押し付けられ
本人たちも「そうだったのか」と真に受けた


155 :出土地不明:04/07/15 12:46 ID:PTfEGC2R
北東北の山の民や海の民は、明治頃までアイヌの
着物を着てたらしい。

156 :出土地不明:04/07/15 15:10 ID:qsJSmVvO
アイヌが履いていた靴と言うのを一度みて見たいが・・・・


157 :霹靂:04/07/15 18:28 ID:fBh7LlWC
霹靂って呼び捨てにすな!
阿弖流夷を絞めて集結のほぼ国家をあげての戦争だぞー記述が少ないのは浮蝦夷が溶け込む中、仲間を裏切った謀反者が後世に消したんだろ。チンボ故野郎

158 :霹靂:04/07/15 18:34 ID:fBh7LlWC
文字が本当に無かったと思ってる人は歴史は無理甘い!ハーゲンダッツでアイスでも食ってな!俺のおごりで。
○○の公は地域だろ
全国にいたんだよ
全国にアイヌ語の名残があることを反証できるか?

159 :霹靂:04/07/15 18:39 ID:fBh7LlWC
地図でも山奥や人の居ないあたりはカタカナで書いてある漢字が入ってないから
学者や発掘の先生や郷土やってる奴ら何度も会うが自分の研究は言わないよ流れがあんだから
字もあったんだよ


160 :霹靂:04/07/15 19:28 ID:fBh7LlWC
もう頭にきたぞ!おまえら全員チンボ故だしてそこへ並べ小さい順に絞める!おんな乃故は縦社会をだせ!いいか良く聞け霹靂と呼び捨てにするな!霹さん又は霹の旦那と呼べ!霹凹でもいいが

161 :霹靂:04/07/15 20:31 ID:fBh7LlWC
あちこちの地名は変わりいや消された漢字伝来より馴れた訓読みと音でひろう音読みを混ぜ 最低2種の民族が同居した そんな国は他にはない 漢字は母国語では無い 母国とはなんだ天皇! 国民に史実を説明せよ!はぁはぁはぁ
平仮名カタカナ漢字神代どれじゃあ?

162 :出土地不明:04/07/15 23:15 ID:qsJSmVvO
>>161
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/matsuzawa/sinryou/inpatient.html

163 :霹靂:04/07/16 00:57 ID:JzghL15U
なあんだあ ガキじゃねえなあ おまえ縦社会か?それとも皮つきか まあいい 見ろワシとガンダルフを…

164 :出土地不明:04/07/16 13:20 ID:ISUrgKjP
あら、霹靂たん。お久しぶりだなす。

デムパ風の掛け合いがしたいなら、
考古学板より民俗学板のほうが釣れると思うよ。

蝦夷とはなに?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/987989033/

165 :霹靂:04/07/16 18:41 ID:JzghL15U
(―◆‐)了解!
♪ツッタカター
♪ツッタカター

166 :出土地不明:04/07/18 16:45 ID:k8vEbTmA
音読み・訓読みに相当する用法は世界各地にあって
わりとありふれた現象なのだが・・・
メソポタミア、中国、西アフリカ、中央アメリカ・・・

167 :霹靂:04/07/18 18:11 ID:+5AXdnaH
え?あんの?

168 :出土地不明:04/07/19 10:33 ID:QtXdGbfL
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1089362800/66

169 :霹靂:04/07/19 12:42 ID:WANi5zpV
(―◇―)
ツッタカター
ツッタカター
ちなんちなん

170 :出土地不明:04/07/20 01:58 ID:lQXA9oPF
霹靂は物知らねぇなぁ
知識で頭がいっぱいになれば電波が入ってくる余地も減ってくるだろう。
寝る前には勉強しろよw

171 :出土地不明:04/07/20 03:47 ID:psApzyIW
★アイヌ語の数表現「400万」まであった 「最大1000」通説覆す−旭川・魚井さん

 【旭川】アイヌ語には千前後より大きな数を示す言葉はこれまで確認されていなかったが、
19世紀に、北海道のアイヌ民族とほぼ同じ言語が使われていた樺太(サハリン)のアイヌ語の
辞典に400万までの数を示す言葉が記載されているのを旭川市博物館嘱託職員の
魚井一由さん(57)が見つけた。400万などの大きな数の表現法にも規則性があることを確認し、
数式化した。魚井さんは「北海道のアイヌ民族も交易などで、相当大きい数を使っていたの
ではないか」とみている。

 アイヌ語には、それぞれ1から5までを示す独立した数詞や、2倍を意味する接頭語などがあり、
「10」「20」などを示す複合語と組み合わせ、これらの足し算やかけ算などの形で、数を表す。
これまで文献では1000前後までの数を示す言葉しか確認されていなかった。
 30年ほど前からアイヌ文化の研究を続けている魚井さんは、ロシアのアイヌ語研究者
ドブロトゥボルスキー(1836−1874年)が樺太のアイヌ民族に取材し編さんした辞典の
翻訳作業中、「2000」「20万」「40万」「200万」などを示す語を見つけた。最も大きな数は
「400万」だった。
 さらに、「20万」などの大きな数は、「2000」を示す語を核に、ほかの数をかけたり、
足したりする形で表されていた。
 魚井さんは、これらの大きな数の表現法にも一定の規則性があることに気付き、数式化した。
この方法だと、いくら大きな数でも表すことができるという。これらの研究結果は同博物館の
報告書にまとめられた。
 魚井さんは「アイヌ民族は『交易の民』でもあり、体系化された数の表現が必要だった。
400万という数は、実際に使われていた可能性が高い」としている。

北海道新聞 http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20040512&j=0031&k=200405127646

172 :霹靂:04/07/20 06:03 ID:90cY8lRr
あ?名無しは 弱虫ばかしか ピンポンダッシュっぽいのが多いな オメエは物知りだねえバイバイ

173 :出土地不明:04/07/22 12:51 ID:9AYeEobc
日本の地名や河川の名前は大和言葉では分からないものばかり。

174 :出土地不明:04/07/22 12:57 ID:9AYeEobc
実は象形文字と表音文字をたしか古代のギリシャ人は
組み合わせて使っていたはず。

日本人は表音文字と表意文字の組み合わせを
特別のものに感じているかもしれないが。
古代ではそれが普通だった。

175 :出土地不明:04/07/23 01:57 ID:/PmZNbe8
神聖文字も楔形文字も、マヤ文字もそうじゃなかったっけ。

176 :霹靂:04/07/24 07:08 ID:6NKW2zGt
つまらん

177 :出土地不明:04/08/09 23:31 ID:k9CK2m2r
霹靂ってクズだね。

178 : 地球通行人 ( 星籍 : オリオン人) オリオン星人:04/08/23 22:08 ID:Ga2kXgM8
moji?   文字?
 内地人との違いは?  とりあえず、たかが十五世紀ほど・・・・・・・・。
 内地人も文字がなかった。
 内地人と言っても、私が過去二十年以上のプロファイルした結果、現実にはさまざまな人種がいる。(冷戦に備えて内戦時の敵味方の見極めに必要であった・・・・・・。  忍。)
     大陸渡来系
     朝鮮系
     琉球系
     西日本原住民系
     東日本原住民系
     日本海系
     その他、多種。
それと、南方から混血をしながら米を日本に伝承した古代水軍系など。

 彼らは、文字がない代わりに勾玉を使用していたと思われる。
勾玉は、いわゆる メモリー・ペンダント=@過去の例(霊)。
度忘れ防止グッズ=@であった。
権力者たちには必須アイテムであった。

蝦夷地からも、勾玉の出土することを願っています・・・・・。

■現代のアイヌ民族は、その後混血したものと思われます( 酒が強い → スラブ系 )。

■琉球人は貴族階級になると薩摩隼人と混血。  日本原住民系もまだ琉球で見られます。

ここで現代の日本の勾玉の一部を紹介しよう。

これが現代の勾玉・・・・・・・・・勾玉_NCAC:回収・無償修理より抜粋。
        【http://www.kokusen.go.jp/recall/index.html
      



179 :出土地不明:04/08/24 01:02 ID:grITgvpH
>>178
>蝦夷地からも、勾玉の出土することを願っています・・・・・。

バカか?

180 :出土地不明:04/08/24 08:49 ID:oOMWpkMo
おーデムパだ。

181 :出土地不明:04/08/25 17:18 ID:q9s6fjmz
>>178
勾玉は朝鮮にもあるが・・・

182 :出土地不明:04/08/27 00:57 ID:JeYsj1Ug
朝鮮の勾玉は大和朝廷や東国との交流により日本から渡ったみたいだ。
日本から渡った勾玉を大陸装飾技術で加工したものが弥生玉らしい。
日本にはそれより古い縄文玉がある。


183 : オリオン星人:04/08/30 18:13 ID:n7KYCKaQ
>>182
 勉強になりました。 チェソン・ハムニダ ありがとございました。

古ー墳を荒らす。 
   >>【20: 天皇陵の発掘調査を宮内庁に認めさせるスレ 】

恥丘神(地球人)=@共め・・・・・・・。
毛深い ●宮 の内部の 勾玉=@が目的か?
泥の付いた手で触って、明日香村のように性病になったらどうする気だ・・・・・・・。
 何を考えているのかわからん・・・・・・恥丘神°、め・・・・・・・。
●宮の内部で、無念から復活させようとする民衆と権力者達の、
 再生に対する=@念が 例となる。 霊となる。
  新しい勾玉 発見 ↓。
       http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm
       http://www.npa.go.jp/hakusyo/index.htm
  掘るな! 子宮内庁管理の勾玉を これで我慢してください。
■技術の進歩を待った方がいいと思う・・・・・・・・・・。(スレ違い御免)

アイヌ民族の文字ナシに関して。
皇紀  紀元2,6??年だったかなー。
内地人(本州人)とサホドかわらん・・・・・・。  気にすることナシ。
水軍が味方に付く・・・・・・・。
文字が広がるのに、平安時代ごろまで架かったんじゃないかなぁー。

 

184 :出土地不明:04/09/01 18:32 ID:KvptfYO9
アイヌ人は美しい人が多い。明治初期アイヌの生活を見て共感したイザベラ・バードもそういっている。
容姿はほとんど白人そのもので、背も日本人より5センチばかり高い。
その彼らは渡来人のイエローモンキーに東に、北においやられ
紀元前は東北にも住んでいたのが、迫害され北海道まで追いやられた。
オリンピック見ても、アジア人の顔の汚さが目立つ。
もし渡来人が縄文人を迫害せず、完全に調和していたなら、こんな恥はなかったのに


185 :出土地不明:04/09/01 19:36 ID:97vD1RGA
>>184
>渡来人が東に、北に

そんな史実は無い。
渡来人は中部から東には行ってない。

186 :出土地不明:04/09/02 12:39 ID:R6E7J0wb
>紀元前は東北にも住んでいたのが、
今でも普通に居ます。。。
また、紀元前に「アイヌ人」は存在しないのではないかと思います。

どこからツッコんで良いものやら分からないけど、
良い燃料ありがとうございます。

187 :出土地不明:04/09/02 13:57 ID:Bu1cxnxu
縄文人=アイヌである。
渡来人とはつまり倭人である
東北にはアイヌはほとんどきえてしまった

188 :出土地不明:04/09/02 17:37 ID:R6E7J0wb
民族の大移動か大虐殺の証拠が無いので何とも胃炎。

189 :出土地不明:04/09/02 20:31 ID:Bu1cxnxu
何十万といたアイヌが明治には2万人まで減った。
誰の責任だ?

190 :出土地不明:04/09/03 14:27 ID:Z20Cc+3W
同化政策が正しい道だと思った当時の日本政府と、
同化の道を選んだアイヌ自身の責任だと思います。

191 :出土地不明:04/09/03 15:24 ID:Eq610Ze8
同化政策を採ったのは明治時代で、そのときにはアイヌは減少はとまってて、
すこしづつ増えていったんだわ。それ以前のことをいってる。

192 :出土地不明:04/09/03 19:27 ID:Z20Cc+3W
正解は?

193 :出土地不明:04/09/03 22:09 ID:l4O4oLAG
松前藩の政策が駄目だったんで、仕方なく同化政策を採ったんだろう。

194 :出土地不明:04/09/04 23:23 ID:EEtr6cCN
お前ら良く考えてみ
中国人、韓国人、日本人の中で
胸毛が生えている奴が一番多い

人民はどいつらだ。
一番毛深いのはどいつらだ。

195 : オリオン星人:04/09/04 23:53 ID:isjcNHwK
>>184 レス 仮説
日高山脈ポロシリ岳、 
ポロシリ → パ・ラシーリ【ロシアの・・・・・・】。

     似非アイヌ道案内?
     帝政ロシア極東ロシア軍工作員?

  ハイカラな “バクリッコ用” 外国語 → アイヌ語のロシア語化。

 屯田兵とろいゾ! 
 混血化促進(酒が強くなった) → 南下政策 → 特に、無条件降伏 終戦後 外国思想教育派による左翼化(沖縄の本土復帰後同様)?
 → 反天皇 (左翼%の多い生粋の日本人)。

196 : オリオン星人:04/09/04 23:57 ID:isjcNHwK
 当時(現在も・・・・・・。)仮想敵国による、民族紛争などの工作活動か?

 敵人が、軍事介入のチャンスを作る・・・・・・・・・。 

197 : オリオン星人:04/09/05 00:03 ID:sN/ZMDDt
 アイヌの民(タミ)の、生活のパートナーである “アイヌ犬(北海道犬)” は、誰が見ても飼っても・・・・・。
日本犬であるが・・・・・・・犬は外国人と海の上で “バクリッコ” しない・・・・できない。

198 :出土地不明:04/09/05 01:37 ID:/ubKKhWe
韓国人はトルコを兄弟国とか言ってるけど、
トルコ人は毛深いし、日本のアイヌ民族のほうが似ていると思うんだが・・・w

199 : オリオン星人 (生粋の・・・・・・):04/09/05 03:05 ID:34arPij4
>>198 様レス。参考:2ch.BBS【地理・人類学】 ⇒ 【アイヌは白人。間違いない。】
http://academy3.2ch.net/geo/
オリオン星人(日本歴史の水軍的な見解。)
  番号:395  397。  
              ※注意→ 396 はAV。?荒らし?
_______________________________
 397 名前: オリオン星人 (日本歴史の水軍的な見解。) :04/09/05 02:23 ID:5Q4EM6LX
>>http://academy3.2ch.net/geo/  の 395 つづき
1.
 それとも、 ジンギスカン遠征隊の 退却・・・・・・ 
散開逃亡時の迷い込み(インド北西部系・アラブ系)?
2. “バクリッコ混血”
3. 終戦後または、日露戦争ごろの スラブ系 + 上記1. の引き上げ避難者。
4. それらの人たちとの和睦(わぼく)親戚関係混血?
5. 他のパターン。

古代水軍曰く、 生粋の混血 “江戸っ子” ならぬ(ではないが・・・・・)、
        生粋の “左翼の多い日本人(にっぽんじん)”
        
在日朝鮮の人たちは、在日籍のため、 日本人(ニホンじん)です。

  半島系左翼・ネット工作員による、自分達への差別回避術か? 
  半島系差別による軍事介入目的の工作活動差別?
アイヌ民族は、“ 生粋の江戸っ子(混血度 高。) ”ではないが・・・・・・。
アイヌ民族は、“ 左翼%の高い、生粋の日本人です ”。



200 :出土地不明:04/09/05 04:19 ID:Xut+yDv2
>>104
広範囲の 水軍 ではないでしょうか?


>:出土地不明 :04/06/04 17:39 ID:4pDm0P67
>それとなぜアイヌと和人の神の発音がほぼ一緒だったり。
>朝鮮人の神話の最初の段階に熊が登場したり、
>朝鮮語とアイヌ語の発音が微妙に似ていたり。
>
>日本各地の地名は当て字が多く日本語で
>意味を探るのが困難な地名が多いことを考えると
>アイヌと日本の創世には何か特別な関係があるようだな。

チベ(朝鮮)。   チセ(左翼の多い生粋の日本人)。
熊野水軍 のような、広範囲の 水軍 ではないでしょうか?



201 :彦星は、大和の國の、原住民:04/09/06 11:44 ID:uLLqYtRV
 水軍曰く、 天皇は・・・・・・・・ 古代権力者家系_元日本原住民_現混血。

お題 【七夕の日】。

七夕に、つるす短冊、注文書・・・・・・・・・。
七夕に、つるす短冊、煩悩だ・・・・・・・・・。
降り姫は、かしらの娘、水軍の・・・・・・・・。
彦星は、大和の國の、原住民・・・・・・・・・。
水軍が、運ぶ昆布と、黒砂糖・・・・・・・・・。

 【http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1043561550/133

202 : オリオン星人:04/09/06 12:13 ID:uLLqYtRV
>>199  (日本歴史の水軍的な見解。)
 
■日本の古代水軍の功績。   煩悩による 越文化派。

文明 前進時に関する、 簡単 日本歴史。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1084260499/395
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1084260499/397

※悪口ですが、一般アイヌの方々も知っているほうがいい、蝦夷地の戦争準備。

暗黒寺の、  一休ゅーさぁーん ! =@ソフトタッチ版。
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1086174899/658
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1086174899/659


203 :出土地不明:04/09/06 12:27 ID:AZULgkpj
また気持ち悪いのが電波飛ばしてる。

204 :出土地不明:04/09/06 12:44 ID:uLLqYtRV
 しばらく来ない。  ・・・・・・・未来のアイヌに平和を。
     われらの生活環境であり、大切な負の遺産、 未来も続く≠ヘ御免です。

北(朝ソ)の影の現実です。

否定は危険です。
 学術的受け入れと愛國心が大切だと思います。


205 :出土地不明:04/09/07 12:03 ID:ML385EQq
「しばらく」と言わず、永遠に来なくて良いからね?


206 : オリオン星人:04/09/08 23:23 ID:9iTVefCQ
 呼んだかい?
来たぞー。  たまたま、検索がここに引っかかったもので、  
                   ただいまーーー。 
             ソフトタッチ版だって言ったでしょう。
 水軍はアイヌの味方したのだよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。 
誤解があるようだ。

 敗戦で、ソ連・中国(主に中共)のマジックハンドの朝鮮人に、 やりたい放題 左翼化され、 その上、
敗戦国だあるがために、以前の教育を廃止され代わりに、アイヌ革命思想などと、うその歴史を敵国に教育され。

 組織工作に一生をささげる民族に、 本当の歴史を伝え、
 オリオン星人水軍は革命の必要のない 安心感 を与えただけです。
・・・・・・メンドクサイだろ?  革命は、 革命同志の欲望ではなく、 革命指導者の欲望だ ・ ・ ・ ・ ・ 。
偶然に熊野灘で地震が起きた ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ML385EQq さんのせいだ。(← 冗談。)

 全国の熊野神社関係と水軍とアイヌの関係を調べてみるのも良いかもしれない。
     出雲國 と 日本海 と 伊勢の國 に着眼すると楽です。

207 : オリオン星人:04/09/09 01:14 ID:XocpSIhg
とりあえず、思い出した分だけ列記。

■体毛共通(まつげ、まゆ毛以外、似ているがチョット違う)。 渡来系の濃い人も混住。
琉球_薩摩_
北九州_石見(出雲)〜新潟西部(佐渡を含む)_長野(上杉勢)_秋田〜津軽・むつ_伊達_福島_
(日本海 → → → → → →三陸へ海流回りこみ )。
伊勢湾西南部_愛知〜浜松。

■まゆ毛・まつ毛(上記 & 茨城)

■目
アイヌの場合、主として黒い瞳( 越境南下 ・ 引き上げ日本軍 ・ バクリッコ混血 ・ その他混血 
    ・ 似非アイヌ?(アラビアン_チンギスハン混血?  琉球&東北GHQ混血? )
     ・ソ連から亡命?  KGB?  元ソ連移動民族逃亡定住系?  ナチスから逃亡? )。
 日本人同様 茶色もいる。

■毛髪
真っ黒系

■■ゆえに、アイヌは 混血度 が高い人たち。

九州西部は、中華混血系水軍。
九州北部は、百済系混血水軍。
山陰中部は、百済まざり水軍。
日本海 富山・新潟・秋田あたりの渡来顔は、新羅系水軍。
日本海 弘前〜三陸北部までの渡来顔は、新羅・高句麗系水軍。

  ぽい 顔をしている。
  独断 と 先入観 と 体験 と 狭い教育で判断・・・・・・。

208 : オリオン星人:04/09/09 01:23 ID:XocpSIhg
『赤コーナーー。
百済系代表・・・・・、 長州ーーーーー  リーーキーーーー。』

『青コーナーー。 
玄界灘〜出雲隠岐 まで 西勾玉人代表ーー。  ノ・ムーーヒョーーーン。 』


209 :出土地不明:04/09/09 03:15 ID:iXvrRSkB
アイヌと蝦夷(エミシ)は同じではない。

210 : オリオン星人:04/09/09 14:31 ID:6fuhTpdL
>>208
■西日本人 (瀬戸内海・中国山地沿岸部・九州北部)は、
  頻繁な人の往来の結果 >>208 の 混血度 が高い。
 ※ アイヌは、その北方版である。

■西日本人 (瀬戸内水軍系)は、
 ※ 在来種の東日本系日本原住民との混血度が高い。 

    水軍強 → オセロ中島(南方水軍のウルトラマン目)、ダウンタウン浜田、
          間かんぺい(原住民強)、ぼんちおさむ(原住民強)、など。
    渡来系強水軍 → 中村たまお(南方水軍のウルトラマン目)、西村慎吾(南方水軍のウルトラマン目)、
             満田久子、坂口力(たらこ唇)、和田アキコ、
             ユン・ソナ(韓国 東日本人に近い)など。

■東日本人 (東日本原住民系 base 水軍系(日本海顔を含む))。  
      伊東美咲、新山千春、飯島なおこ、田中真紀子、中村雅俊(原住民濃い)、
      碇屋長すけ、新沼けんじ、吉幾三、など。
 ※ 百済系が薄い分、高句麗が残り、現れる。


■■■アイヌとの比較。■■■ インスピレーションを磨け ! ! 

1.アゴの骨格、肉付き、骨格による発音の質。
2.鼻の形状。
3.髪質。
4.目の形。
5.眼窩を構成する骨格。
  (ハンマー投げの室伏こうじ選手は、静岡だが、ご先祖は、四国香川県&岡山県系の水軍ながれである。)
6.その他、イロイロある。

■琉球系南方原住民
■台湾原住民
■西日本原住民
■東日本原住民
■ロシア系各種。
■朝鮮半島系各種。
■近年混血各種。



211 :出土地不明:04/09/09 14:56 ID:iXvrRSkB
蝦夷系は関東甲信越はほぼ全ての地域へ移配されている。
大阪、和歌山、奈良、京都は移配されていない。

212 :出土地不明:04/09/09 15:07 ID:iXvrRSkB
間かんぺいは高知なので、幡多郡の渡来系の色が濃くは無いか?
在日だったとしても同じだけど。

ダウンタウンの浜田は相変わらず朝鮮系の噂が絶えない。

213 : オリオン星人:04/09/09 19:34 ID:tx76sC3+
岩崎水軍 姉妹
     御頭_ヒロミ 瀬戸内系  画素検索 ↓ iwasaki hiromi
           http://images.search.yahoo.co.jp/bin/search?p=iwasaki+hiromi%A1%A1-%C6%F3%BF%CD%A4%C3%A4%B3&dim=
   
     御頭_ヨシミ 西伊豆系・駿府系・徳島系 (南方黒潮系)=コニシキ
画素検索 ↓ iwasaki yoshimi
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/search?p=iwasaki+yoshimi

城島茂、  → 西日本原住民系base_南方水軍。
パンチ佐藤、東ミキヒサ、中井貴一、 → 誰が見ても水軍系。
松井ヒデキ、 → 弥生系縄文人顔

214 :出土地不明:04/09/09 19:51 ID:iXvrRSkB
何でもかんでも水軍にする理由が分からんが、芸能人ばかり挙げても無意味じゃないか?
在日が多いしね。

215 :出土地不明:04/09/09 20:39 ID:U1FM4qAP
オリオン星からの電波ゆんゆんなんでしょうな。

216 : オリオン星人:04/09/09 21:39 ID:Zni5hFPZ
>>214
    1.誰もが画像検索で確認できる。
    2.一般人だと、社会的問題も生じる & 何処の誰かわからない。

    在日コリアン系との違い、↓             。
   中世(朝鮮通信使)や水軍の貿易や抜荷(ぬけに(違法なので証拠隠滅→記録ナシ))交流など、混血完了。
   ワンちゃん の様に時々 ブチ も現れる。 陰性優性を終えている。

 ※ 少々、横道に入ります。
  社会的思想トラブル問題者も在日には多いですが、在日といっても、
 大日本帝国時代の仲間であり、彼らは戦火を避け大日本帝国を頼りに、
 在住を続けてきた。  祖國ヱ帰還セズ。 
※ とりあえず、日本 ならぬ 弐本(帰化セズニ権利ダケ、ヨコセ ・ ・ ・ ?)。
 と、想うんじゃがのー ・ ・ ・ ・ ・ 。(水軍風)

  今や、在日籍は親が決定し、教育を親や身内の環境が限定しただけです。
           ( → 学生運動  反日  反天皇 )。
※ これらを、悪用する仮想敵国が問題ですよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。

          一般的に、世界中で左翼は、↓。
           ソ連 → シベリア強制労働。
           中国 → 強制労働。
           朝鮮民主主義人民共和国。 → 強制労働。
           大日本帝国 → 鉱山 ・ 炭鉱 など。
                  ( 兵隊に不向き )。
 
>>214 さま。 今は、在日も。
   西日本人、
   関西民族、 → 上方族。
          (神戸中華焼肉族 & 大阪キムチ族)。
           (水不足瀬戸内 粉モン族)。 
※ 横路終了。

217 : オリオン星人:04/09/09 22:19 ID:NoAO0PKk
水軍系は、南方系が主であり。 
        北にはバクリッコ以外あまり来ない。
        寒さが苦手 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・さむいっ!!

縄文系は、少々の寒さにも耐える。  
        アイヌは、他人種と混血 & 帝政ロシアの東へ進出・南下。
■混血度 高の 生粋の日本人。

218 :出土地不明:04/09/10 06:25 ID:n1TGrpNC
縄文は北方系だよ。

>水軍系は、南方系が主であり
ソースキボン
ちなみに水軍で有名な愛媛は南方系が少ない土地なんだが。
サッカー日本代表で言えば、福西。
芸能界で言えば、草薙剛(親が愛媛)

219 :出土地不明:04/09/10 06:27 ID:n1TGrpNC
和歌山もどちらかといえば、大陸系の顔が多い。
在日の可能性もあるが、明石家サンマも和歌山生まれ。

220 :出土地不明:04/09/10 11:05 ID:Mtlbc0pc
デムパをあぼーんしたら殆どのレスが消えたw

221 :出土地不明:04/09/10 12:58 ID:jGgJ7c0n
オリオン星からの電波をキャッチした。

南方水軍系ハヤトには、かかわるな。あんたらのためだ。

222 :出土地不明:04/09/10 14:45:13 ID:A80d7ohT
hydeも和歌山

223 : オリオン星人:04/09/13 22:46:51 ID:aVALd564
アイヌの友達との比べっこ

  純血アイヌと、 和人のチンポ比べ → 同じ。
  おっぱい比べ           → 同じ。
  身長               →先祖の食糧事情の関係でやや差(水軍が農業・氏・文字・教育・権利・差別は他の差別系のアイヌへの差別転送!!!!!)
                      → ほぼ同じ。

  純血アイヌ & 混血アイヌ & 和人 = 先祖倭人→同じ ⇔ 熊野水軍系

 熊野水軍系↓。 
(混血熊野90% 野村忠宏 江角マキコ(隠岐に行けば ウヨウヨいる・・・・・・・。 南朝鮮?))
(村上水軍は主として海賊。 友達の村上水軍の純血は、熊野水軍と同じ顔をしている=アイヌに近いところが多くある。)


224 : オリオン星人:04/09/13 22:54:29 ID:aVALd564
 水軍が農業・氏・文字・教育・権利意識を普及させ、明治以降、大陸アイヌ、樺太アイヌに貢献。
ソ連から守るが、 朝鮮経由派の思想家が敵の味方をする・・・・・・・・・。

  差別は、和人ではなく、他の差別されてきた人たちが、差別転送(体験上) ← 見た目の違いを逆手に取られた。 やがて、国内いがみ合い内戦。 外人、喜ぶ!!!!!!


225 :( ’ ⊇’)裸眼ちゃん:04/09/14 15:36:37 ID:8A+vLdWN
。。

226 :出土地不明:04/09/14 22:49:32 ID:E2+DwbKT
安室ちゃん貶したらぼこりオールw。

227 : オリオン星人:04/09/14 23:30:58 ID:mUh592nh
アイヌ人は、
        ソ連 → 北方領土(共産系過激派、共産系自然保護団体(共産)など)。
           と
        韓国 → 竹島 (旧日本社会党、創○学会など)。

ソ韓共通の敵を、アイヌをだまして内戦に・・・・・・・・日本攻撃。


228 :出土地不明:04/09/15 07:38:36 ID:EQ9BUH8V
く だ ら ん

229 :出土地不明:04/09/19 12:47:02 ID:FUm5W2tP
くゎいってアイヌ語でどういう意味?

230 :出土地不明:04/09/20 12:16:50 ID:eqEu4TNP
オレがいつも行ってるアイヌの母娘でやってる居酒屋でその親子は
日本語アイヌ語混合言語で会話している。何を話してるかわからんw


231 :出土地不明:04/09/20 16:44:33 ID:i+0akAHX
>>230
それもなかなか乙な事じゃないか

232 :出土地不明:04/09/21 16:39:26 ID:ncD9p72d
>>230
その店、うまい?

233 :出土地不明:04/10/05 13:59:12 ID:LeKUDbwO
蝦夷関連で、古代の城柵あたりで卒論書こうとおもっとるんですが、いい文献とかアドバイスあったらご教示願いませんか。
目下研究史まとめるのに苦労してます。

234 :233:04/10/05 14:10:28 ID:LeKUDbwO
ちなみにまだ3年で、始めたばっかりもいいとこなので、初期に読むのに適したものをお願いします。

235 :出土地不明:04/10/05 14:45:40 ID:5lPPyyeL
アイヌは縄文人の直系。歴史の教科書の中に出てくる縄文人が実は今も生きて
生活している。アイヌは縄文人が北海道に暮らしていた何とかっていう集団(別人種)を
同化吸収して成立しているから少し違うがまああんなものだったと考えればわかりやすいと思う。
日本書紀の中にも「毛人」って表されてる。見たまんま。

236 :出土地不明:04/10/05 15:45:09 ID:z2tHLoWY
おばっっおばばばばっっ!
 あばばばばぱばぱぱばっ!

237 :出土地不明:04/10/05 15:46:33 ID:z2tHLoWY
あわわっわわわわわわわわわわわわわわっっっ!!!!!!!!!!!!!!

238 :出土地不明:04/10/05 17:54:27 ID:QxudBhw3
>>233
蝦夷の城跡は近所に沢山あるけど…本か…何が良いんだろうな。

239 :出土地不明:04/10/05 18:03:34 ID:jbho5O5T
>>235
蘇我毛人、小野毛人なんてのもいたがな。


240 :出土地不明:04/10/05 18:06:33 ID:jbho5O5T
東北の蝦夷は朝廷と交流していた事は、奈良の遺跡からも明らか。
別に断絶していたわけではない。

241 :出土地不明:04/10/06 22:41:20 ID:QZFuVRHF
「又云う、其の国界は、東西南北各数千里、西界、南界は威な大海に至り、東界
、北界は大山有りて限りを為す。山外は即ち毛人の国なりと」『旧唐書』日本伝より抜粋。
西界=九州。西界が至る「大海」=東シナ海。南界=紀伊半島。南界が至る「大海」=太平洋。
東北の境界である「大山」=奥羽山脈南部・越後山脈北部。と考えられます。
(続日本紀の700年代前半の様子から)だから700年頃の毛人の国は日本海側→山形県以北。太平洋側
→宮城県以北。である。1000年位かけて入植を繰り返し混血,同化が進んだ結果が今の東北の人達。
同県でも森久美子と大友愛じゃ人種が違う。ほとんどが東北以外から入植した人間の子孫だから岩手人は
アテルイらを壊滅させて侵略した人間の子孫。自分らの祖先と思うのは間違い。


242 :出土地不明:04/10/17 03:08:05 ID:Zv6j0I84
初めて読んだけど、専門的な話をしてる人は皆無だね。。
うーむ。。

243 :出土地不明:04/10/17 19:08:05 ID:/iEU4LVM
>>241
残念。蝦夷の多くは後に奥羽に返されている。

244 :出土地不明:04/10/27 14:15:30 ID:Q6E17YAK
で 
アイヌと蝦夷はどっちが立場が上だったんですか?

245 :出土地不明:04/10/27 19:06:28 ID:GWRWcj6g
>>244
上下関係でしか物事を判断できない、某国人かお前は。

246 :出土地不明:04/10/27 22:18:25 ID:odyrVOec
>>244
つうか時代が違いすぎる。

247 :出土地:04/11/02 01:46:12 ID:M24lSa7B
全体的に電波だらけなスレだな、、、、、
蝦夷とアイヌの関連性はよく指摘されるけど
100%=なわけないじゃん。
1000年近く開きがあるわけだし

やまんとちゅー
と琉球人ぐらいの差はあるのでわ。

>198
>トルコ人は毛深いし、日本のアイヌ民族のほうが似ていると思うんだが・・
・w
私も個人的にそう思うんです。
誰か、研究してませんかね?
もともとトルコ系民族はもっと中国北部にうじゃうじゃいた
のが漢民族たちにおっぱらわれてるうちに
ウイグル人や現在のトルコにまでいっちゃったわけでしょ。

248 :出土地不明:04/11/03 01:36:46 ID:spEq9ox2
>>247
100%=だなんて誰がこのスレで言っているんだ????


249 :出土地不明:04/11/03 01:39:40 ID:spEq9ox2
アイヌを「民族」だけで定義し、近年のアイヌ文化との繋がりがないとアイヌではないと
みなすのはちょっとねー。だったら、「日本人」も過去にさかのぼるとなくなるわけか?


250 :出土地不明:04/11/04 00:53:36 ID:CeeQSUHt
あれだろ。
金太郎とか桃太郎は
鬼退治してるけど

あれアイヌだよね。

251 :出土地不明:04/11/04 00:55:09 ID:CeeQSUHt
>235

たしかにチョソからみると縄文人との混血の
日本人も毛人だろうからね。

252 :出土地不明:04/11/04 00:57:09 ID:CeeQSUHt
アイヌと蝦夷の関連性が100%
のわけがない。

それは、古代の倭人と現代の和人が
100%関連性がないといっているようなもの。

253 :出土地不明:04/11/04 01:02:50 ID:CeeQSUHt
そもそもアイヌの成立が
何年であると決めたのが
日本人であり第三者でないので
なんともいえない。
中国人がチベット人の成立は
何年であると勝手に決めるようなもの。

蝦夷とアイヌは1000年以上の開きがある?
そういう考え方もできるが
その1000年以上というのは果たしてどういう根拠
に基づいているの文化の面で言えば
1000年前の和人の服装、言語、などは
現代の和人とどれだけの共通性が有るというの?
だからといってもし他人である中国人などに
日本人の成立はつまり統一政府ができあがった
明治からであり抗日戦争を経て日本は滅亡した
等といわれたら我々はどう思う?

それと同じことを和人はアイヌや蝦夷のことに
ついてもおこなっている。

254 :出土地不明:04/11/04 05:32:03 ID:QRfHoR0L
>>253
アイヌに「歴史意識」があるのか?
「なんとなく昔から住んでいる」という以上の歴史意識が。

「考古学的には擦文文化からアイヌ文化に変容するのは12世紀からですね」
と言われた場合、なにか返答のしようがあるのか?

255 :出土地不明:04/11/04 22:00:51 ID:pDbGol+z
>>254
単に文化の名称だろそれ。その名前の付け方って何か作為を感じるんですけど(w

256 :出土地不明:04/11/04 22:02:10 ID:pDbGol+z
縄文人はアイヌ人でないと主張した、731部隊のエライセンセ並に作為を感じる…。

257 :出土地不明:04/11/05 21:43:27 ID:phT5Lswz
縄文人はアイヌより沖縄人の方がDNAが近いよ。
アイヌ型が本州を南下して進んでいく間に沖縄型に進化していった。

258 :出土地不明:04/11/05 22:36:41 ID:KNtGCE1w
…で、誰もアイヌとトルコ人の関連については
無視なわけで???
誰も研究してないのかな。

259 :出土地不明:04/11/06 00:37:55 ID:kA2jtE0l
関連なんてないからじゃない?

260 :出土地不明:04/11/06 02:00:31 ID:jzHSzima
>>253
時代背景が違うし、文化面も異なる。

>それと同じことを和人はアイヌや蝦夷のことについてもおこなっている。

これも厳密に言えば、違うな。

261 :出土地不明:04/11/06 02:01:32 ID:jzHSzima
>>257
>縄文人はアイヌより沖縄人の方がDNAが近いよ。

これも微妙だな。沖縄の母系は華南など大陸系に繋がりがあるとされているし。

262 :出土地不明:04/11/06 02:03:00 ID:jzHSzima
>>258
トルコ語を勉強してみると面白いよ。

263 :出土地不明:04/11/06 08:01:29 ID:K9Ma4EG1
>>260
そんなの当たり前。アナロジーを一切受け付けない硬直思考かよw


264 :出土地不明:04/11/06 08:01:54 ID:K9Ma4EG1
>>262
じゃ、勉強した成果を披露して欲しいんだけど…

265 :出土地不明:04/11/06 15:37:27 ID:TV/p0L9P
>261
始皇帝なんぞ赤の他人。今の中国と一緒にされちゃ困る。

266 :出土地不明:04/11/06 17:39:53 ID:K9Ma4EG1
そうやって政治色が入るのが一番駄目駄目なんじゃないかと…

267 :出土地不明:04/11/07 08:11:20 ID:LAMdvlzi
>>255
文献もなにもないのに、文化的特徴以外に判別のしようがないだろ。
つまりアイヌの実体とはアイヌ文化じゃないか。それがある時代から文化的特徴が変わってしまう。
(=擦文文化)。政治的集団としての自意識もなにもないのに、「単に文化の名前だろ」は
反論になってないよ。文化じゃなければ何をもって「アイヌ」と呼ぶんだ?

268 :出土地不明:04/11/07 09:21:34 ID:gn3MroZw
>>267
発掘された人骨などを使い、DNAでもって人間の連続性を確かめる。

269 :出土地不明:04/11/07 09:28:02 ID:gn3MroZw
それから、アイヌ文化ってのは結構東北の「またぎ」に受け継がれている。言語とか
狩りの際の作法とか共通しているものがあるようだしね。またぎってのはまあ閉鎖的
だけど、結局は単なる職業集団。在日朝鮮人のマタギさえいた。
>>267の考えだと、これは北方の日本文化の内部に「アイヌ」があるって事なのか?

270 :出土地不明:04/11/07 10:51:42 ID:tPEvLQIJ

◎縄文人の由来は多様?歯の特徴、東海と関東で大違い

 均質一様な集団とみられがちな縄文人にも、固有な特徴を持つ集団が地域ごとに
群居していた可能性が高いことが、京都大大学院の橋本裕子・研究員(自然人類学)
の調査で浮かび上がった。

 縄文時代の9つの遺跡から発掘された482人分の歯の特徴を分析した結果、
東海地方と関東地方では大きな違いがあったことが判明した。

 長崎市内で開かれている日本人類学会で6日発表された。

 橋本研究員が調査したのは、縄文晩期(紀元前1000年以降)の愛知県内の
5遺跡と岡山県内の1遺跡、縄文後期(紀元前2000―1000年)の千葉県内
の2遺跡と茨城県内の1遺跡の計9遺跡で見つかった人骨のうちの歯の部分。

271 : :04/11/07 10:52:27 ID:tPEvLQIJ
比較したのは、前歯の裏のくぼみの有無、奥歯の形など計15項目で、遺跡が
異なっても同じ地域で出土した歯の形状は酷似していたが、地域が異なると、
特徴の違いが大きくなる傾向が顕著だった。

 橋本研究員によると、調査対象の遺跡は摂取食物が異ならない、いずれも沿岸
部地域で、歯の形状の違いは、食べ物の違いに由来するものではなく、遺伝的な
違いを反映していると考えられるという。

 縄文時代の人骨を巡っては、これまでも頭骨の特徴から地域差の存在が指摘
されてきたとはいえ、「縄文人骨」とひとくくりにされる傾向が強かった。

 橋本研究員は「各地の縄文人は、多様な由来を持つ可能性がある」と話し
ている。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20041107i501.htm

272 :出土地不明:04/11/07 18:09:18 ID:UBQixg0s
前からさんざん出てた事だよ
いったいどこのアホが縄文というステレオタイプの像広めたんだろうね
埴原だよw
憶測と主観が大好きな東大の先生。東大という名に弱かった時代だから
増すゴミも有難がったけど、後に権威が落ちるに従って異論反論がやたら
出たよね。埴原の同僚(同じ東大)でさえ異論反論してたよ
埴原は調査の仕方が悪いよ
九州内でも実際は異なるデーターが出るのに全部一緒にしてしまう
そこまで調べないから。憶測と主観でまとめる。



273 :出土地不明:04/11/07 20:32:21 ID:o0bsdRUz
iT'S CRAZY!!

274 :出土地不明:04/11/08 06:29:16 ID:mVMPgKzT
>>268
それは「アイヌ人種」

>>269
どうしてそれが「アイヌ文化から受け継がれた」とわかるんだ?

275 :出土地不明:04/11/08 12:52:33 ID:7jX5rlhM
別に「アイヌ人種」でいいじゃないか。近代的な「民族」の概念を持ち出す必要あるのか?

またぎが使う独特の言葉がアイヌ語が一致する例とかね。

276 :出土地不明:04/11/08 14:05:25 ID:J7ttKcKV
縄文人の由来は多様?歯の特徴、東海と関東で大違い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041107-00000501-yom-soci
アイヌと蝦夷が同じって説も怪しいな。

277 :出土地不明:04/11/08 17:29:53 ID:2tUaUglD
>>276
食べ物の影響だろ。拡大解釈しすぎ。

278 :出土地不明:04/11/08 19:34:40 ID:IGPimGr7
アイヌが毛深いというのは誤解だろ。


279 :出土地不明:04/11/08 19:37:07 ID:2tUaUglD
>>278
根拠が一切書かれていないのは何故?

280 :出土地不明:04/11/08 20:21:24 ID:CpfyoSU8
北海道と沖縄のDNAを見ると、
沖縄にはアイヌ型のDNAは僅かだか、
北海道には琉球人型のDNAはアイヌ型よりやや少ないが、同じくらい多い。

ということは、まず最初に樺太に入ったのは沖縄型の縄文人で、
これがまず北海道から琉球まで最初に広がっていき、
その何千年か後に、アイヌ型の縄文人が樺太に入り、沖縄型の後を
追っかけていったが全国に広がり切れなかったと考える事ができる。

とにかく、北海道から沖縄まで、日本全国を制した主流の縄文人は
琉球人型のDNAを持つ縄文人。
しかし琉球に多いタイプのDNAというだけで琉球で生まれた訳ではなく、
25000年以上前のシベリアのどこかで生まれたのだろう。
やはりアイヌは主流の縄文人ではなかったのだ。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

281 :出土地不明:04/11/09 02:35:37 ID:qkHlUDYF
>>275
1行目と2行目は、なんの関連性もないな。

>>275-276
人種的には、同じ縄文人から枝分かれしたんだろう。

>>278
ソースは?

>>280
よくわからんが、今のアイヌ人は純血が少ないから、調べるのに信頼できる精度が得られるのかどうか。
あるいは、擦文文化人(縄文系)にオホーツク文化人(ツングース系)が若干混血して
アイヌ人ができた可能性とかは考えられないの?

282 :出土地不明:04/11/09 03:29:14 ID:JD2b5+0T
意見は違えどここはレベル高い方ですね
他の板のスレ行くと未だにステレオタイプの縄文語ってるよ
あいつらいったいなんなんだろうか・・・

283 :出土地不明:04/11/09 17:36:50 ID:KztYpPRZ
>>281
関連性はないよ。単に元レスに答えただけだから。

284 :出土地不明:04/11/09 17:39:38 ID:KztYpPRZ
http://www.dai3gen.net/ainujomo.htm
アイヌ語が縄文語を色濃く遺している…

285 :出土地不明:04/11/09 22:02:12 ID:BmrLl+2x
>>281
280のリンクのDNAは北海道全部のDNAであって、
アイヌのみのDNAではないよ。

286 :出土地不明:04/11/09 22:30:53 ID:KztYpPRZ
そんなこと書いているか?

287 :出土地不明:04/11/09 22:32:04 ID:KztYpPRZ
>>

288 :出土地不明:04/11/09 22:47:54 ID:6tCCDo9J
>>277
> >>276
> 食べ物の影響だろ。拡大解釈しすぎ。

アホ発見w

289 :出土地不明:04/11/10 00:41:32 ID:8rNCW53g
反論するなら、少しは「根拠」を書け。

290 :281:04/11/10 06:55:14 ID:c1UJOmr8
>>285-286
おいおい、それどっちかによって全然話がちがっちゃうじゃんよw


291 :出土地不明:04/11/10 09:16:24 ID:OqVdK5EQ
フリー百科事典Wikipediaの蝦夷の記述が妥当な線だろうな。

蝦夷の性格については、後のアイヌとの関係を中心に江戸時代から学説が分かれている。蝦夷をアイヌ人と
する蝦夷アイヌ説と、蝦夷を日本人の一部とする蝦夷辺民説である。現在では、考古学からする文化圏の
検討と、東北北部に分布するアイヌ語地名から、7世紀以降の蝦夷についてアイヌとの連続性を認める説が
有力である。この場合、北海道の蝦夷はアイヌ人に継承され、東北地方の蝦夷と国内に移配された俘囚は
日本人に合流したとされるが、まだ完全に定説とみなされてはいない。『書紀』が語る東日本全域の蝦夷や、
遡って縄文人・弥生人等との関係についての議論では、確定的な説はない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%A6%E5%A4%B7

292 :出土地不明:04/11/10 17:45:40 ID:8rNCW53g
>>290
引用番号間違っただけ(w スマソ


293 :出土地不明:04/11/10 23:06:26 ID:Z5ksJOk8
>>291みれない、どうやったらみれるの?

294 :出土地不明:04/11/10 23:52:34 ID:8rNCW53g
IEで普通にクリックしたら、見れたが…

295 :出土地不明:04/11/14 23:06:57 ID:7Iliw/uf
日本全国にまんべんなく広がった縄文人は琉球に多いタイプのDNAを持つ縄文人。
つまり縄文人と言えば、琉球に多いタイプのDNAを持つ縄文人の事。

おそらく25000年前にシベリアから樺太に入り、日本全国に広がっていったのだろう。

先発の琉球に多いタイプのDNAを持つ縄文人に遅れること5000年から10000年後、
ようやくアイヌに多いタイプのDNAを持つ縄文人が樺太に入ったが、日本全国に
あまり広がり切れなかったと考えられる。

関東と中部の縄文人骨の形質が違うそうだが、やはりアイヌに多いタイプのDNAを
持つ縄文人が関東に流入してきたからではないだろうか?

また、リンクの表から朝鮮や台湾にも、琉球に多いタイプのDNAを持つ縄文人が
日本から渡っている事も同時に分かる。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

296 :出土地不明:04/11/26 22:19:12 ID:yGjP3khx
みなさん、DNAとかからかたられてますけど
東北、(関東ははいるのかな?)、甲信越の地方の地名を
「アイヌ語」で解釈できるものがたたある、みたいな説ってありませんでしたー?
ねー
きんだいちせんせー

297 :出土地不明:04/11/26 22:57:17 ID:vNDTbtwe
>>296
地理・人類学板 「アイヌ語地名の北限は?」スレッド
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1036024044

※スレタイの「北限」は、同スレ>>1氏の誤記。実際の内容は「南限」だったようで。

298 :出土地不明:04/11/27 23:33:49 ID:P6amGje8
「房の沢古墳群」埋蔵文化財展 刀剣や馬具など紹介−−山田町 /岩手

 山田町の「房(ぼう)の沢古墳群」(7世紀末〜8世紀)から見つかった出土品を紹介する埋蔵文化財展が、
同町中央公民館で開かれている=写真。蕨手刀(わらびてとう)など大小20振りの刀剣類や馬具、農具などの
豊富な鉄製品が目を引き、遠い古代にこの地を支配した蝦夷(えみし)と鉄との深いつながりがうかがわれる。
28日まで。
 古墳時代末期から奈良時代にかけて造られた同古墳群は山田湾を望む標高60〜35メートルの丘陵にあり、
39基が確認。96年の三陸縦貫自動車道山田道路工事に伴う発掘調査で分かった。沿岸部の末期古墳として
は宮古市の長根古墳群に次いで2例目。
 未盗掘だったことが大量の出土品をもたらした。刀剣を包んだと思われる絹布の繊維も残っていた。武器や農
具などの豊かな鉄製品は鉄の生産を、馬の墓や副葬品の馬具からは戦闘での騎馬を、黒曜石などは北方との
交流を思わせる。集落跡は見つかっていない。
 見学者の一人は「山田にも昔、素晴らしい先人が暮らしていたと分かって歴史が身近になった」と熱心に見入っ
ていた。【鬼山親芳】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041124-00000041-mailo-l03

299 :出土地不明:04/11/29 04:22:39 ID:DOgFF9BD
>298
大発見ですな。
しかし、蝦夷と関係あるんでしか?
倭人(大和政権側の古墳じゃないの?)
う〜ん、ゆずって蝦夷だけど、大和政権側の「古墳」という墓制を受け入れた
蝦夷。


300 :出土地不明:04/11/29 22:01:18 ID:sW8+5Lx1
俺の地元でも、明らかに蝦夷時代の鉄製品を作った集落が出土している。
東北地方北部は、あまり開発されていないので、今後道路網などが発達すれば
どんどんそういうのは出土すると思われ…

301 :出土地不明:04/12/04 05:05:36 ID:H5UZV9mG
>>296
こじつけこじつけでやれば、韓国語でも、ラテン語でも、英語でも、
本の全ての地名の語源は珍説を捏っちあげられる。

302 :出土地不明:04/12/06 22:27:19 ID:i/OQ4pl5
>>301
 北東北の地名は、こじつけのレベルを遙かに超えていると思うのだが?
このスレにも地名のリストとかあったよね。

303 : オリオン星人:04/12/08 04:44:05 ID:q89BR0Ap
仮説 
 古代のデブが・・・・南洋から徐々に・・・・、バナナ ・ ボートで漂着?
http://news16.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1101956239/983
    
 バナナ ・ ボート の、唇の厚い ・ 色黒の水軍系はいかがですか?
私も、黒いほうです・・・・・・・・。

古代のデブが、バナナ ・ ボートで・・・・・・・、バナナと雨水のみで、黒潮に乗って日本にたどり着いた。
 その頃には、20Kg も痩せていたとか(My 仮説。)
  
 アイヌは親潮。
 南洋水軍系の顔の人たちは、黒潮。  まん丸目、たらこ唇、色黒、天然パーマ系など。
   両者は共に日本原住民系と、混血。
    
    
   MIDIを拾ってきましたW98では歌詞のみかも知れません
太平洋行進曲
  http://www.biwa.ne.jp/~kebuta/MIDI/MIDI-htm/TaiheiyouKoshinkyoku.htm
酋長の娘
  http://www.biwa.ne.jp/~kebuta/MIDI/MIDI-htm/Shucho_no_Musume.htm




304 :出土地不明:04/12/08 10:30:46 ID:7AyOsT5P
あわれよの、その史観はアメリカと中国にとっては、ありがたい。

305 :出土地不明:04/12/08 21:56:54 ID:oaSkqFyd
縄文人もアイヌも前の間氷期のシベリアンだよ。
前の間氷期のシベリアンとは、つまり古モンゴロイドの事。

縄文人はアイヌとはDNAから異人種だが、
両者とも前の間氷期のシベリアのどこかにいた。
gm遺伝子から見てもアイヌと縄文人の血の濃い琉球などは
完全にシベリア系。
その後、氷期になり、シベリアに残った集団は新モンゴロイド
に進化し、列島に逃げたものは古モンゴロイドを維持した。

そして現在、我々は次の間氷期にいます。

今も氷河期である事を知らない輩が多いが、実は今も氷河期の
真っ只中なのだよ。
ただ間氷期だから温暖なだけで、今も立派な氷河期なのだよ。
氷河期は200万年前から始まり今も続いている。

306 :出土地不明:04/12/12 01:31:28 ID:OxWzvEyl
>>304
史観も、誰にとってありがたいも何も、事実に近そうな仮説だったら正否を検討して、
最も事実に近そうな仮説なら定説にし、ほぼ確実だったら教科書に載せるだけ。

307 :出土地不明:04/12/12 02:26:44 ID:1VJTUGN9
みんなすごいね。


308 :出土地不明:04/12/17 16:29:16 ID:v9znIFWV
北米の先住民になんとなく雰囲気がアイヌに似ている一族をテレビで見ました。
関連性はありますか?服の模様と顔つきがよく似ていた。アイヌよりもカラフルな服装だった。

309 :邪馬台国はどこだ:04/12/17 21:52:20 ID:BE8/MZXo
大筋それで良いだろ。

後期旧石器時代人の後
まずアイヌが南下して、
琉球には沖縄人が残って、
縄文海進・姶良爆発の後、
黒潮沿岸に縄文人が北上してアイヌになれば
YAP+もGm遺伝子も南方形質もJCVも矛盾しないはずだ。

310 :出土地不明:04/12/18 00:06:08 ID:8GKZ5KLM
明確なアイヌ語地名は北東北までありますね。関東のは眉唾ですが。

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1076561137/17

↑考古学板にあるアイヌ語地名の例です。

311 :出土地不明:04/12/18 00:06:58 ID:8GKZ5KLM
誤爆…

312 :邪馬台国はどこだ:04/12/18 00:25:52 ID:ni6I/KGE
↑ ご苦労。

313 :出土地不明:04/12/18 00:26:23 ID:XYBMJkxz
>>305
なんか大間違いをしているので、指摘。
現在のシベリア在住の原住民の方々と、現在のアイヌの方々、
あるいは、紀元前にお亡くなりになって遺骨だけ残る縄文人の
方々の遺伝子の型がにているからといって、アイヌの方々の祖先
あるいは、縄文人の祖先がシベリアからきたとするのは大間違い。
シベリアにいる人々が数千年前、あるいは数万年前にシベリアに
いた証拠はどこにもないのだから。
もっと南方から入った可能性もある。実際にアイヌだろうが、
縄文系だろうが、出アフリカ南回り系(ようするにオセアニア
や東南アジア系にいるタイプ、あるいはインド南部)が途中で
合流しているわけだから、で、そのままアメリカにいったやつらも
いる。その意味では、遺伝子からは、現状の分布はいえても、先史
の分布は、その時代の墓をほっくり返さないとなにもいえない。

314 :出土地不明:04/12/18 01:55:17 ID:8GKZ5KLM
日本列島は火山灰質の土が多いから、墓の中には骨も残らない…

315 :邪馬台国はどこだ:04/12/18 16:12:02 ID:ni6I/KGE
先史時代は不明というのは、
基本的に間違いだな。

DNAの分布は現状であるには違いないが
複数のDNAの分岐年代と組み合わせで移動跡は
追跡できるんだよ。

後期旧石器時代なら石器の分布も加わるしな。



316 :出土地不明:04/12/18 19:19:09 ID:BR4QugGW
オセアニアの先住民族は、コーカソイドかモンゴロイドかという
問題があったが現代では、その中間であるという説が定着した。
モンゴロイドは、コーカソイドから派生した人種だが
派生した直後のコーカソイドの特徴を多く持った人種ということなのだ。
縄文人もアイヌもコーカソイドから派生した直後の古モンゴロイドである。

317 :出土地不明:04/12/18 20:35:06 ID:PnOJWBEe
オーストラロイドだね。
オーストラリアから随分離れているが、
インドの先住民のドラヴィダ人もオーストラロイド。
今ではコーカソイドのアーリア人との混血が激しいが、
南インドの奥地にはまだまだ純血種が多い。

DNAでも良いが、HLAパブロタイプの地図が近未来に完成するだろうから、
人類の移動や拡散の道筋が全て分かる時代がもうそこまでやって来ている。

318 :出土地不明:04/12/19 00:32:37 ID:H5xw4Azx
各地に散在するネグリトの分類は?
アンダマン島・ルソン島・ニューギニア島・・・
いずれもモンゴロイドの一派なのでしょうか。

319 :出土地不明:04/12/19 01:02:53 ID:O4x1qgB/
蝦夷とアイヌと縄文人は、ほぼ同じ民族とみて間違いないでしょう。
日本は、弥生時代に、新モンゴロイドが進入してきて
古モンゴロイドを淘汰してきた歴史がある。
蝦夷という民族が、ずいぶん長い間日本の東半分に
いたのは、征夷大将軍という役職があったことでもわかるように
平安、鎌倉時代まで蝦夷という異民族と内戦状態にあったわけだ。
弥生時代の大きな遺跡には、必ず強固な環濠が残されていることでも
わかるように、戦争状態であったことがわかる。
それは、新モンゴロイドの征服者と先住民族である蝦夷との戦いであったのである。
時代を経るほどに、東に北に追い詰められた蝦夷の最後の地が
北海道である。
長々と書いてきたが、最後の決定的な証拠をあげる。
北海道は、江戸時代までそのものずばり蝦夷地と言われてきた。

320 :出土地不明:04/12/19 01:18:15 ID:3F+L8Ny0
>>316
モンゴロイドっていうか、東アジア地域集団は、
コーカソイドっていうかヨーロッパ地域集団から分かれた
っていうか、逆に、東アジア地域集団のほうがずっと大きな
多様性をもったまま、アジア全土に広がったとみるべき。
で、ヨーロッパ地域集団は、アフリカ、アジアのそれぞれの
地域集団から、なんどもなんどもの波のようにヨーロッパに
やってきた人々であって、逆に非常に特殊化している。
オーストラロイドは、アジア集団との関連が深い。
アジア集団には、アフリカからの北回り系と南回り系が
あって、アラビア半島、インド南部、東南アジアは、
南回り系が多く、オーストラロイドはほとんど南回り系。
しかし、ほかのアジアの集団は、両者がまざっているし、
そのまざったままアメリカ大陸にも向かっている。
ようするに人種なんて分類できないくらいまざっていて、
単に、分布に過ぎないし、分布はそこらじゅうに重なりが
あるので、どこで線をひくかっていうのもほとんど無理。
民族と人種と言語はそれぞれ相関はあるが別もの。
たとえば、人種的特徴のあるピグミーの場合、言語は、
近隣民族の言語を使うのがふつうで、ピグミー固有の言語
はない。また、民族的にはピグミーもいくつもの民族に
分かれている。
混ざり具合とかいろいろ考えれば、どこの人々もそれぞれ
歴史や交流ををふまえて、特殊だといえる。
縄文人はたしかに北方アイヌ人と関係があると思われる。
ただし、アイヌ人も、歴史時代に入るころから、なんども
より北方のシベリア系民族と交流があるので、縄文時代から
孤立していたわけではない。孤立している民族は非常に
少ない。最近の遺伝子調査ではいかにも孤立し、いかにも
独自の文化風習をもつ未開部族でも近隣と非常に交流して
いたことがわかっている。

321 :出土地不明:04/12/19 02:35:15 ID:2zqvreEY
×アイヌと縄文人は、ほぼ同じ民族とみて間違いないでしょう。


アイヌと縄文人はDNAから違う。
gm遺伝子から共に北方系の古モンゴロイドである事は確かなようだが、
北海道から琉球まで全国に拡散した縄文人と比べ、アイヌのDNAは
南下するに従い少なくなり、琉球ではほんの僅かしか見られない。
アイヌは縄文人より随分遅れて日本列島に入ってきたために全国に
広がり切れなかったと考えられる。
アイヌは縄文人よりも1万年近く遅れてやって来た可能性がある。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

322 :出土地不明:04/12/19 02:42:13 ID:K5grRFtD
あのさぁ、アイヌと琉球系は違うの。
その理由は簡単で、縄文時代において、すでに北方系と
南方系で大きく違うっていうのがあるんだよね。
おそらく全然別の民族だったのだろう。ただし、文化的
交流はあったようだ。縄文時代をしっかりしらべれば、
その文化が列島の東西で大きく異なるのがよくわかる。
おそらく言語も大きく異なっていたのだろう。
もっとも、言語についていえば、定住型の狩猟採集生活
と農業を部分的に行っていた縄文人という描像が正しい
なら、パプア・ニューギニアのようにそれこそ日本の
中に、山のように大量の言語が存在し、それらは互いに
全く違うものだったと思われる。
ただし、琉球諸語が基本的に日本語と同系統であり、
かつ、アイヌ全体で、一つの系統の言語になっている事実
がある以上、縄文時代の末期には、かなり広範囲な文化
がいくつか存在し、その中では言語が共通化されていたと
みるべきだ。西南日本においても、おそらく九州において
は多数の文化圏と言語があり、現在は日本語系に同化され
たが、それは歴史時代に入ってからのことのようだ。

323 :出土地不明:04/12/19 03:19:35 ID:2zqvreEY
でも縄文人もアイヌも北方系ですよ。
縄文人が九州から琉球に入ったのは8000年前。
本州から九州に入ったのが12000年前。

琉球によく見られるDNAは、もとは九州や本州に居た縄文人のもので
南方系ではない。

その後、本州にはアイヌや渡来系が流入し、元祖縄文人のDNAは
縮小していった。

324 :出土地不明:04/12/19 03:28:45 ID:WJO9Uk9G
>>323
縄文人の中には、確実に南方系がいた。
実際に、縄文人のミトコンドリアDNAからは、東南アジアと
同系統のものが発見されている(つくばあたりで発見された
縄文人だと思う)。

あのですね。氷河時代は日本はたんなるでかめの半島だった
わけ。で、東にやってきた人種のるつぼだったわけ。
だから、まず、そのままさらに東にむかってアメリカいった
人たちとの共通性が非常に高い。縄文人はその系統。
南方系要素と北方系要素が両方入っている。
しかも、これらの人類の東への移動っていうのは、それこそ
数万年にわたって何度も行われているから、縄文系といえども
何種類もいたわけ。で、それがいろいろ数千年の間にまざったり
している。たぶん、最終的には、弥生時代の始まりごろに、たぶん、
言語的な統一があって、それは世界のどこでも農業の本格化ととも
に始まる。縄文時代の農業があったとしても、そういう言語的
統一が始まるようなものとは多少違うようだし。
ってことで、縄文人にもいろいろいたと。

325 :出土地不明:04/12/19 09:48:18 ID:5NzRMPZs
南方系も微少に居たというだけの話で所詮マイナーな存在でしょう。

326 :邪馬台国はどこだ:04/12/19 10:44:38 ID:uWzhXB5s
YAP+という遺伝子は如何する?

アイヌにも沖縄にも残る遺伝子は?
アイヌが沖縄まで南下して再度北上するしかないんだよ。

アイヌが黒潮沿岸から北上した伊勢にもあいの山が残ってるだろう。
南下から数えれば1万年の差があって普通だ。



327 :出土地不明:04/12/19 11:04:42 ID:c/xKi/GH
YAP+はユーラシアでは南方にはほとんど見られない。
最南で日本とチベットである。
YAP+はネイティヴアメリカンに高頻度に見られ、
アラスカ寄りのシベリア東部の民族にもYAP+が僅かに残っている
ところから、もともとは間氷期のシベリアの古モンゴロイドに
高頻度にあったものと考えられる。

縄文人もアイヌもその間氷期のシベリアに居た古モンゴロイドの末裔と
考えられる。

328 :邪馬台国はどこだ:04/12/19 11:14:50 ID:uWzhXB5s
沖縄にYAP+が出るのはどうする?
3G型というやつだが。

そこから3A,4A,5Aがアメリカやアフリカに分岐するんだが?


329 :出土地不明:04/12/19 11:25:52 ID:c/xKi/GH
あたりまえでしょう。
縄文人が琉球に渡ったのが8000年前。
日本で最も縄文人の血を引くのは今や琉球人である。
「琉球によく見られるDNA」と呼ばれているものは、
もともとは九州や本土にいた縄文人のもの。

その後、本土や九州はアイヌや渡来系に凌駕され、
元の縄文人の血は薄められ、縮小していった。

330 :邪馬台国はどこだ:04/12/19 12:59:07 ID:uWzhXB5s
そのアイヌと沖縄にYAP+がある理由は・

331 :出土地不明:04/12/19 13:14:43 ID:pjrevPxR
間氷期から氷期初期までに樺太伝いで日本列島に入って避寒した事で
新モンゴロイド化が回避され、当時のままの人種が保存されたからだろう。

今のシベリアに居る新モンゴロイドも、もとはYAP+の古モンゴロイド
だったのだろう。

332 :邪馬台国はどこだ:04/12/19 14:00:27 ID:uWzhXB5s
そうだ、

で、
アイヌと沖縄の古モンゴロイドからの分岐はどっちが古い?

333 :出土地不明:04/12/19 15:46:11 ID:hf4k3len
それはもちろん琉球人でしょう。
彼らの正体は縄文人なのだから。

縄文人の方が先にシベリアから列島に入ったから
琉球にまで広がっている。
片やアイヌは南下するほどに先細り。

縄文人の方が当時のシベリアの古モンゴロイドに近いのではないだろうか。
氷期が始まり、新モンゴロイド化とまではいかなかったが、
縄文人より多少進化して遅れて列島に入ったのがアイヌだと見ている。

334 :邪馬台国はどこだ:04/12/19 18:53:35 ID:uWzhXB5s
アイヌより古いのは縄文人ではなく
後期旧石器時代人だな。

BC20000年頃の
石器の種類・分布が示すように北と南ですでに
シベリア経由と半島経由で種族が違うがな。

すると、
半島にもシベリアにも残らないYAP+とは
アイヌが持ちこみ沖縄まで南下したとしか解釈できない。
その琉球人とアイヌが後に分岐するんだから。

分岐はアイヌが北上した後だな。
でないと、沖縄にアイヌ人が残ってるはずだからな。







335 :出土地不明:04/12/19 19:09:08 ID:YOFc0Xa7
ぉき

336 :出土地不明:04/12/19 21:01:34 ID:2zqvreEY
朝鮮半島のYAP+がないというソースは?
シベリアには東部に多少残っているよ。

縄文人とアイヌはシベリアで分岐したんだよ。
でなければ、北海道人に、琉球によく見られるタイプと
アイヌによく見られるタイプ、その2つのDNAは存在しないだろうに。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

337 :邪馬台国はどこだ:04/12/19 21:09:32 ID:uWzhXB5s
宝来とHmmarの1995年の資料だ。

シベリアで分岐すれば琉球にもアイヌが居なくてはオカシイだろうが?
カジキを小船で取るアイヌの漁法はどこで覚えたんだ?

北海道人で見られる琉球人タイプとは
DNAで言うなんだね?



338 :出土地不明:04/12/19 21:22:07 ID:2zqvreEY
琉球にアイヌが居ないのは、アイヌが縄文人よりかなり遅れて
日本列島に入ったから。

もとは縄文人が北海道にいたところにアイヌが後から入ってきた。

琉球人によく見られるDNAとは、もとは北海道によく見られるDNAであり、
日本全国によく見られるDNAだったのだよ。

339 :邪馬台国はどこだ:04/12/19 21:48:14 ID:uWzhXB5s
で、
北海道人で見られる琉球人タイプとは
DNAのハプロタイプで言うなんだね?







340 :邪馬台国はどこだ:04/12/19 21:50:24 ID:uWzhXB5s
それと

YAP+がアイヌにもあり、
YAP+が沖縄にもあるのは何故だね?

341 :出土地不明:04/12/19 23:45:40 ID:H8KkTV9i
それは、



ヒ、ミ、ツ、

342 :出土地不明:04/12/19 23:45:49 ID:KmoI6DkP
ようするに、過去2万年、日本にはいろいろな民族がきたし、
日本の内部でもそれなりに交流があったと。
で、アイヌでも琉球でも本土の人たちでも、アメリカ系との
関連の深い遺伝子が発見されるのは、たんに、日本が氷河時代
から縄文時代初期までの間、ユーラシア大陸の東の果てだった
ということだ。アメリカはもっと果てだったと。
で、その意味では、弥生人が日本にやってきたのも、基本的には
人類の東へ東へという流れの一貫だろう。

あと、シベリアやモンゴルと日本人との関係が深いという点につい
ても、中国の放散を考慮すると話はだいぶちがってくる。
ようするに、もともと中国全体からモンゴル、シベリアなどなど
で頻繁に存在した遺伝子が、新石器時代以降、主として中国の南方
で始まった農業の影響で拡散した人々によって一掃されて、辺境
でのみ残った遺伝子というのがたくさんありそうだ。
ヨーロッパでは、たとえば、バスク人の遺伝子とかアルプス山岳民の
遺伝子などは特殊なものであるが、これらも、新石器時代以降の
民族交流の中で、比較的隔離された地域で残った系統ということになる。
それで考えると、日本人のっていうか縄文人の、っていうか、日本に
きた後期旧石器時代人の祖先がいたところは、主としてユーラシア大陸
の東部、という程度でしかいえないだろう。

343 :邪馬台国はどこだ:04/12/20 20:44:06 ID:Z566iTWh
そういうみそくそ理論は駄目だな。

北方で分岐発生したYAP+が沖縄になるなら、
沖縄まで南下したんだよ。

簡単なことだ。

344 :出土地不明:04/12/20 22:21:40 ID:VCizQ1uk


細石器文化は旧石器時代の終末期に北方ユーラシア大陸を中心に普遍的に
展開した特異な文化である。

長崎県福井洞穴では細隆起線文や爪形文土器に細石器が共伴し、放射性炭
の測定で約一万二〇〇〇年前後に比定されている。

http://www.coara.or.jp/~fuminori/3banme.html


縄文時代前期(約8000〜5000年前)の遺跡からは九州で生産された土器が
出土することから、九州縄文人が船で琉球列島に渡ってきたと考えられる。

http://inoues.net/ruins/nakamagawa.html

345 :出土地不明:04/12/20 22:58:41 ID:QGKkr6KR
>>343
へー。遺伝子からこういった研究ができるようになっているんだね。
科学雑誌では時々見ているけど…感心した。

346 :出土地不明:04/12/20 23:15:14 ID:x5G803yN
>>343
なぜ、遺伝子の変異した直後かその前後段階の古人骨遺伝子を
しらべることなしに、変異の起こった地理的な場所がわかるのかな?

Aという民族がXという遺伝子をもつ。
Bという民族がXという遺伝子をもつ。

だから、Aがすんでいるところに遺伝子の起源がある。
これはどうやったら正当化されるのかを知りたい。

事実は、Aが、どっかぜんぜん別のところにいて、Bは
Aが現在すんでいるところに移動している間に分岐した
のかもしれない。A のいるところが遺伝子の起源と
なった場所とはかぎらない。

347 :出土地不明:04/12/20 23:15:35 ID:7YZ8rOT8
gm遺伝子、DNA、YAP、HLA

4つの遺伝学の材料を駆使し、日本人種の全ての謎が解ける
時代になりました。

348 :出土地不明:04/12/21 00:04:43 ID:nhUaUK4C
>>74
遅レスだが、その逆。奥州藤原氏は代をさかのぼるほど和人に近い。
つまり奥州に来た和人が徐々に現地人と混血したのが奥州藤原氏。

349 :出土地不明:04/12/21 00:06:16 ID:nhUaUK4C
>>74の間違いは、なんで今まで訂正されなかったのだろう。考古学板なのに。
これを間違えたら、歴史認識が無茶苦茶に変わってしまうのに。


350 :出土地不明:04/12/21 07:59:05 ID:PBjBSivI
>>349
間違いを訂正する場所じゃないから。

351 :邪馬台国はどこだ:04/12/21 13:06:42 ID:sH0fRGYd
結局、

YAP+の分布がアイヌ沖縄ということは
チミらの馬鹿議論は不要なのだよ。

無駄レスは
遠慮しろ。

352 :出土地不明:04/12/21 17:08:51 ID:0oUEdmjG
どこだったかなぁ、どっかで聞いたんだけど
弥生と縄文って同時存在してたらしい

おいらアタマ悪いんでよくわからんちん

353 :出土地不明:04/12/22 01:39:39 ID:ExH54bRN
>>352
別のところでも書いたような話だが、
弥生時代の始まったときに、日本中の人々が、「今日から弥生時代だ」
と叫んで、それまで作っていた縄文土器を全部粉砕して、日々弥生土器
しか作らなくなったということはあり得ないのであって、だとすれば、
そこに1世代、2世代、数世代にわたる、つまり、20年から100年
にわたる「両者の断続的な変化の時代」があったとみるべきだろう。


354 :出土地不明:04/12/22 07:00:16 ID:/d9gp3wv
だから、政治的な嘘があるのよ。

355 :邪馬台国はどこだ:04/12/23 00:47:51 ID:aKgdBpYs
ありうるんだよ。

つまり、
縄文式土器を作っていようが
方形周溝墓や前方後方周溝墓をつくっていようが
畿内に箸墓ができたら古墳時代
という世の中には馬鹿が居るんだからな。




356 :出土地不明:04/12/23 01:15:54 ID:7ClrI67c
いねーよ。

357 :出土地不明:04/12/23 17:01:52 ID:gUZBWGvN



5C、7C、古墳時代以降、属国民や難民として日本にやって来て
帰化した朝鮮半島人は全部合せても7〜8000人程度。

仮に多く見て、朝鮮半島人が1万人来たとしても、
古墳時代の日本人口が400万人ほどであったから、
単純に計算すると、1万÷400万=0.0025となり、
どんなに多く見ても、

朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.25% 未満に過ぎない事が分かる。





358 :出土地不明:04/12/23 17:11:30 ID:cQPtgxBV
>>357
これは、小さすぎる見積もりだろう。
毎年1000人の移住が1000年続いたとして、百万人説がある。
弥生時代の始まりがさらに500年近く古くなった現状を考慮すると、
半島系、および中国南方系(といっても寒冷地適応の新モンゴロイド)
がやってきた数はものすごい数におよぶだろう。
百済の崩壊後は、百済人が都市単位で移住している。貴族と、その
一族郎党みなそろってという形だ。だから、7世紀とか8世紀には、
日本で、大量の韓国式住居(オンドルを備えたもの)がみつかって
いる。こういうのが可能なのは、貴族が亡命した程度ではなく、
その家をつくる職人階級や、農民、などなどが一斉に移住してきた
ことを示唆する。

359 :出土地不明:04/12/23 20:06:24 ID:S0uiJ+8z
半島系なんて古墳期の7〜8000人以外、ほとんど来ていない。
来たのはモンゴル辺りから朝鮮半島を素通りして日本に渡った弥生人。
日本に入ってから増えていったと100万人説の張本人の故・埴原和郎も
言及している。

日本人のHLAを見ても中国南方のHLAなど、ごく僅かしか検出されない。

中国南方人が寒冷地適応の新モンゴロイドと言うのは
あまりにも 馬鹿げた発言なのであえて追求を止めておく。


360 :出土地不明:04/12/23 20:15:04 ID:S0uiJ+8z
もう一つ来た集団を忘れていた。

弥生人はモンゴル辺りから朝鮮半島を素通りして九州北部に上陸した
日本人最多のモンゴル系の渡来集団だが、

もう一つ、満州東南部あたりから海路で北陸あたりに上陸して、
日本海沿岸に沿って秋田辺りまで広がったツングース系の渡来集団がある。

日本人のHLAから主な渡来集団は大きく分けてこの2つ。

361 :邪馬台国はどこだ:04/12/23 20:38:26 ID:aKgdBpYs
馬鹿だな。

血液型Gm因子で北部九州・山陽・畿内と朝鮮系の形質が残ってるだろうが。
少なくとも5〜8%だとさ。
つまり、400万x8=32万人は来ているんだよ。
その他に同等のGm因子が渡来しているわけだ。

したがって、
奈良時代600万人時点で、累計100万人が渡来人というのは
おそらく正しい数字だな。

日本と韓国しかないY遺伝子のDNAハロタイプですら
日本人男性の30%あるんだからな。

362 :出土地不明:04/12/23 20:54:50 ID:11raFHMt
江南の漢墓から出た人骨と弥生人骨がほとんど同じって話だ。

363 :邪馬台国はどこだ:04/12/23 22:03:25 ID:aKgdBpYs
そうだろ、
弥生人といっても韓国系だけではないからな。

JCVというウィルスの遺伝子のCYというのが
中国・南方系だな。

364 :出土地不明:04/12/23 23:23:34 ID:JU5EAPrf
>>361
で、それらのソースは?

365 :出土地不明:04/12/23 23:52:20 ID:5NKJSufQ
百済が滅亡したあと、百済系移民が「牛のよだれのように」入ってきたと日本書紀にある。
百済人といえば、中国の史書に、「風紀がなく、盗賊になるのを好む」といわれたような奴ら、

366 :邪馬台国はどこだ:04/12/24 23:51:17 ID:vHLW99L+
百済はもともと氏素性が確かではない。

魏志倭人伝では
高句麗の部族か扶余の末裔だろうが、
漢半島土着の馬韓で無いのは確かだから

両者の混血の可能性が高い。

367 :出土地不明:04/12/25 00:00:10 ID:f38HVMCu
>>366 こいつはスルーすべきなのだが、
日本に漢字が入ってきたのは百済経由だ。
ってことは、百済は漢字文化がかなり定着していたわけだ。
で、ほかの中国の歴史書をみるかぎりにおいても、百済人の
日常語が、ほとんど中国語だったことがわかる。
まあ、半島方言の中国語ってところだ。
文化的な点では、さらに日本で育ったという百済の武寧王の
場合(日本では嶋という名前だった)、武寧王陵は、発掘して
みると、ここに、墓標として「シマ王の墓」というのがなければ
間違いなく、半島の中国人貴族の墓と思われるほどほとんど中国化
していたらしい。王族などは民族語のようなもので名前をもって
いた可能性はあるが、基本的には、現在の中国の満州人のように、
完全に中国化した人々だったと考えるべきだろう。


368 :出土地不明:04/12/25 00:29:48 ID:NuZi0+mB
となると、百済人は高句麗に滅ぼされた楽浪漢人の末裔という事だな。
やはり倭は当時の朝鮮半島で一番の先進国は漢人の末裔である
百済だという事を知っていたから百済に近づいたのだろう。

369 :出土地不明:04/12/25 00:39:23 ID:vIYwXdUh
>>368
楽浪郡とかができたときに、中国から役人が来ると、
その役人に、地元の人々が娘を差し出して、まあ、役人
の現地妻になる。で、その際に、役人から、その娘の
一族が漢の籍をもらう。で、中国式の姓を名乗ったりでき
るようになる。もちろん、その娘から生まれた子供は、
ハーフの中国人と現地人なのだが、意識の上では、ほぼ
完全な中国人で、ただし、母親がそれほど中国語など
しゃべれないから、若干はなまっている。そういうのが何世代
かつらなると、たしょうなまった中国語を話し、意識の上では
十分中国人な現地の人々という階級が形成されるわけね。
思うに、百済の領域にはそういうクレオール的な中国人が
かなりいて、もちろん、そうなりきれない人々もいて、それら
を夫余とかの系統の支配者がきて、支配するようになったという
ことではないかな。人口のかなりが、そういうクレオール中国人
という状況。そうでないと、あれほど日本に中国の文物を伝える
ことはできないだろう。
これとは対照的なのが、新羅の領域ってことになる。こちらは、
6世紀ごろまで本気で非中国的なのだ。まあ、ローマがどうの
こうのというのは電波としても。

370 :出土地不明:04/12/25 00:55:46 ID:NuZi0+mB
倭は新羅を非常に恐れていた。
おそらく新羅は縄文時代から日本から渡っていた土着の半島人
だからだろうね。
新羅は日本の土着系と血縁であり、渡来系の倭とは血縁ではなかった。
だから、倭は恐れていた。

371 :出土地不明:04/12/25 00:59:50 ID:nX8d9UWa
華僑の習性みたいなものだろうが、たぶん、
華僑的に、中国の本来の地域以外のところに出向いていった
中国人ってのは、中国との交流が十分あれば、「現地在住中国人」
ということでやっていけるが、その交流が途絶える(たとえば、
中国本国が戦乱で荒廃するとか、異民族によって交流が絶たれる
とか)と、現地人とうまいことやって、なんとか中国的文化水準
を維持しようとする。そこで、よくやることは、現地の民族の
酋長みたいなのにすりよって、さしあたりそいつを王とかいう
ことにして、自分たちは側近になる。それで、中国本土から独立
するわけだ。公孫氏が自立して燕なんて国を作ったのはそういう
理屈だと思うしね。で、こういう場として半島はもっともよく
しられた場所だと思う。そこそこ中国本土に近く、かといって、
半島としてでっぱっているので根本を押さえられると交流が
途絶える。しかたないので自立する。で、地元の民族の王を
たてて、一応、体裁の上ではその王の属する民族が支配している
ようにみせかける、っていうことね。タイ王朝なんかもそういう
ところがかなりある。百済はそのような状況だったと思う。

372 :出土地不明:04/12/25 01:05:33 ID:xakMgfMX
>>370
新羅もだけど、いわゆる任那とよばれた加羅(伽耶)など
の地も、3世紀かそこらになると、突然その民族が変わった
様子がある。間違いなく北方の遊牧民が多数入ってきて、
墓などの形式が大きく変わり、かつ、よくある新羅風の
金ぴかの冠とかが出てくるようになる。これは北方遊牧民の
特徴的な文化で、それこそスキタイ文化などとも通じるもの。
まあ、日本書紀や古事記などでも新羅といえば、金銀ぴかぴか
と表現されているのだから、倭がつきあい始めたころの新羅は
まさに、そういう遊牧民系の民族の時代だったのだろう。
で、伽耶の地でも金官伽耶(釜山のあたりね)だと、やっぱり
金ぴか系だったらしい。倭人はどうやら、倭人居留区のような
ところに押し込められていたふしがある。
ところが、百済はまるで違うね。多数の日本人が百済王室に
はいりこみ、官位をもらい、しかも、大量に前方後円墳まで
作ったりしている。百済はそういう意味では、国際的で、
いろいろな文化がまざりあっていたところだったのだろう。

373 :出土地不明:04/12/25 01:11:50 ID:NuZi0+mB
朝鮮には中国系の姓の集団と日本系の姓の集団と満州系の姓の集団と
ベトナム系の姓の集団があると聞いた。

中国系の姓の集団が多い地域は百済のあった辺りで間違いないだろうが、
日本系の姓の多い集団はやはり新羅かな?

374 :邪馬台国はどこだ:04/12/25 12:45:35 ID:RBsegW+7
新羅系列島土着人を倭=新羅系九州北部・出雲の初期弥生人、
倭を畿内の3世紀渡来の後期弥生人
とすれば
金印以来の平原の九州の遺跡や同時期の銅鐸や
突如大型化する畿内の箸墓とも整合するな。

375 :出土地不明:04/12/25 14:34:00 ID:HOQq2APi
>>374
新羅や伽耶が、3世紀ごろに北方遊牧民によって征服されたときの
難民の一部が出雲へ、とかいう話はありそうだ。
海流の流れからすると、日本列島から半島へ向かうには、たぶん、
北部九州からのルートがよく、半島から列島へは、半島南端から、
出雲方面に流されるケースがあるので、半島→出雲の経路はかなり
きちんと存在する。ただ、九州へという場合は、対馬を経由すれば、
博多あたりにつくというのもあっただろう。
北部九州も出雲も栄えたのは、2世紀ごろまでで、3世紀になると
状況は変わる。とすると、ここにきた新羅系とかいうのがいるなら、
それは、北方遊牧民系ではない、ということになろうか。
九州に漂着しやすいのは、案外、中国南方、たとえば、上海あたり
から船出すると、1両日くらいで佐世保あたりに到着可能だから、
この半島を介さない経路も重要。
ってことは、九州をざくっと全般的にみると、中国が統一されていた
漢代までは、中国から九州へというルートが安定していたが、これが、
三国時代になると、このルートが不安定で、かつ魏としては、もう少し
列島東方との関係を重視した可能性がある。
吉野ヶ里遺跡なんかが崩壊した2世紀末か3世紀初頭っていうのは
そういう時代ではないかな。

376 :邪馬台国はどこだ:04/12/25 15:26:24 ID:RBsegW+7
対馬海流を勉強しろ。

満ち潮では日本海に流れる。
ところが
干潮では南に流れるんだ。

つまり、
半島側はいつでも九州北部も出雲も来られたんだよ。

これは現代でも変わらない。
東方なんて
2郡崩壊の4世紀、
高句麗戦争敗北の5世紀、
任那崩壊の6世紀、
百済崩壊の7世紀、
の各期の難民の渡来まで無理だよ。




377 :出土地不明:04/12/25 15:39:04 ID:6VDSkbTg
みんな勝手に船のルート作ってるけど、実際はもっと航海ルートっていうのは、厳選され、固定化されていたとおもう。
例えば北九州から、韓国へのルートがあり、人々がその情報を知ったとする。
しかし人間の心理っていうのは、「船にのれば大陸につく」とはあまり考えないで、
むしろ「北九州からは大陸に行ける(それ以外はない)」ように考えてしまう。
だから畿内勢力は、3世紀以前、本州地方から大陸にはほとんどいっていない。
鉄を輸入したのも、北九州が殆ど独占していた。

378 :出土地不明:04/12/25 15:53:20 ID:RBsegW+7
知ってはいても
現代のように統制できない。

明治時代でも
韓国からの密航者を留置した刑務所があったんだよ。

379 :出土地不明:04/12/25 15:54:18 ID:RBsegW+7
長崎、山口にな。

もうすこし多面的に考えてはどうか?

380 :出土地不明:04/12/26 01:59:17 ID:uM1J/Uwk
>満ち潮では日本海に流れる。
>ところが
>干潮では南に流れるんだ。

馬鹿か?
離岸流の反作用はあるが、対馬海流は北東向きで一定だ。
大体、満潮と干潮って、一日のうちの数時間で何するんだよ。
魔法でも使うのか?
潮流の話をするなら、季節的な海流の変化だろ。

381 :出土地不明:04/12/26 02:16:28 ID:ClxVv/41
>>377
そうだけど、でも、日本の制海権は縄文時代以来だから、
そうとういろいろなルートがあって、しかもそれらが、
ちゃんと把握されていたと思う。季節ごとに、とか、
いろいろね。

382 :出土地不明:04/12/26 13:45:38 ID:mShby3IV
馬鹿は引っ込んでおれ。

対馬海流は北東向きで一定?
ばか
それでは日本海は世界中の水を集めてしまうわ。

地元の意見だ。
馬鹿はだまっとれ。

383 :出土地不明:04/12/26 17:12:01 ID:uM1J/Uwk
はあ?
自分の言ってることわかってるか(w
海流の意味もわからないとは・・・。

ところで、満干潮問題はどうなった(w
半島から列島沿岸まで数時間で来れるのか?
呪術でも使うか?

地元かどうかは関係ないだろ。
ってか、地元ならもっと悪い。
地元が赤面してるぞ。恥知らず。

384 :出土地不明:04/12/26 17:17:14 ID:mShby3IV
で、
世界中の水が集まらない理由は?



385 :出土地不明:04/12/26 17:33:58 ID:qiJBf2ev
海流は対馬だけじゃないのよね。

386 :出土地不明:04/12/26 17:42:57 ID:uM1J/Uwk
384さん
海流の方向と海水が集まるか集まらないかは全然関係ないのでは・・・。
黒潮があるからって赤道付近の水がなくなるわけじゃないでしょ。
当然、還流があるよね。
って、小学生のナゼナニコーナーみたいですね。

387 :出土地不明:04/12/26 20:34:57 ID:HFajxJ6C
うん。北に抜けるっていう発想がどうしてないんだろう。
この海流もまた、赤道付近で暖められた海水が北へいって
沈み込み、深海流となって南に抜けるっていう海洋の原理
原則にしたがっただけのものなんだけどね。

388 :出土地不明:04/12/26 22:39:58 ID:mShby3IV
無知だな。

対馬海流如きの浅さで深海流があるか
馬鹿もん。

深海流が何故発生するか自体も知らないんだな。

389 :出土地不明:04/12/26 23:01:27 ID:mShby3IV
いいか満潮では北向き。
干潮では南向きだ。

対馬の奴に聞いてみろ、無知。


390 :出土地不明:04/12/27 00:31:00 ID:eW0R3+hQ
やれやれ
他の香具師には失礼だが。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B3%A4%CE%AE&kind=jn&from=webtu
海流ってのは、一定方向のものを指すんだよ、馬鹿。
大体、潮の干満と海流を同じと思ってる時点で、厨房以下だな。
義務教育もまともに受けてないのか?
対馬海峡の深さもご存知ないようだな。
どんどん馬鹿の上書きしていってるのがわからないとは、悲しいね。
薬でもやってるか(w

391 :出土地不明:04/12/27 10:11:23 ID:P5ml4Uxw
海流は一定?

それがどうした?

対馬海流なんて弱い支流は
干潮の潮汐に負けてしまうんだよ。

常識だ、ばかもん。


392 :出土地不明:04/12/27 17:28:49 ID:RGUwYqxI
だから、額田の女王が潮を待ったわけだ。

393 :出土地不明:04/12/27 23:22:06 ID:P5ml4Uxw
まあ、その方がまだましだな。

日本海も瀬戸内海も本質的に
湖が海になっただけだからな。

深海流などという馬鹿よりはましだ。

394 :出土地不明:04/12/29 23:37:33 ID:6F99+Ffp
海水の基本的な循環構造も知らないとは・・・。
呆れて物も胃炎。

395 :出土地不明:04/12/29 23:44:07 ID:iim/8BuN
ハン板のさんちゃんを、もっと高飛車にしたようなのがわいてるな。

396 :出土地不明:05/01/04 22:48:50 ID:2HICtSFy
民明書房刊行の本のようなスレだ。。
どこまでネタか分らん、というよりむしろほとんどネタ?

397 :出土地不明:05/01/05 00:40:22 ID:JhzwZF3p
エミシとアイヌの話しはどーなった?



398 :出土地不明:05/01/05 12:29:55 ID:JhzwZF3p
最近いろんなとこあらしまくっていた「@@@@はどこだ」じゃねー?
書き方そっくり。
もう、弥生時代(特に@@@@関連)のスレは荒さレまくりよ。

こんなのに高説たれてもしょーがないんでスルー、スルー。

399 :出土地不明:05/01/05 16:42:12 ID:9edh+/fA
海水の循環構造?

対馬海流の下にどんな深海流があるんだ?

馬鹿ではないか。

400 :出土地不明:05/01/05 23:54:09 ID:JhzwZF3p
>399
本当にこの人、何にも知らないんだ。

考古学というより、新聞、TVとかみてないな。

401 :出土地不明:05/01/06 01:03:08 ID:1LGFmFRA
いや、それ以前だろう。
深海流の意味も全く分かっていないらしいし。
とりあえず、デイアフタトゥモローのDVDでも借りてみる
だけで、この人の知識水準が、1000倍くらいになる。

402 :出土地不明:05/01/06 18:11:01 ID:3p62FHIQ
無知はひっこんどれ。

知った風な口を利くな。

403 :出土地不明:05/01/08 00:44:21 ID:pSCWQTOz
>401
デイアフタートゥモローですか…
ハリウッドは何でもやりますな。
あり得ない所に火山を想定した、そういう被害等をかいた「ボルケーノ」
隕石衝突を題材にしただけの映画(タイトルすら忘れた)
竜巻きか何かを題材にした映画もあるそーな。

ストーリーにどんな矛盾があるか、考えもしないから
みててこっちが恥ずかしくなる。

まあ全部みてないんだけど。

404 :出土地不明:05/01/08 02:13:46 ID:T4Iz6Ic/
いや、海洋大循環について、この映画では結構詳細に
語っている部分があるんで、ってことです。
対馬海流の下に深海流がなければならない理由なんて
ぜんぜんないわけで、深海流はたんにふかーいとこを
を北から南に流れているから、あっちこっちで、浅い
ところは、基本的に南から北に流れるわけで、それは、
表層の水が、熱せられて、北にむかっていって、北で
冷やされて、海底に沈み込み、それが、南に流れると。
その大循環では、一周するのにだいたい1000年かかる
とかいうのもあって、結構大規模な話です。
ってなわけで、対馬海流が簡単に北から南になんて流れたら
それこそ、大変なわけです。それだけ。

405 :出土地不明:05/01/08 08:36:46 ID:bR96coqL
「無知」と「馬鹿」の単語の繰り返し。
対馬ってそんなところなんだね。

406 :出土地不明:05/01/08 19:23:36 ID:6+GWzmSs
>>>
その大循環では、一周するのにだいたい1000年かかる
とかいうのもあって、結構大規模な話です。
ってなわけで、対馬海流が簡単に北から南になんて流れたら
それこそ、大変なわけです。それだけ。
>>>


その程度だろ。

深海流は北大西洋からもぐり
北太平洋に出てくるのが2000年後だ。
水深は4000mだ。

水深100m程度の対馬海流で
深海流がどうのこうのは
基本的に馬鹿なんだよ。


407 :出土地不明:05/01/08 20:07:01 ID:OZNKpV0P
>>406
すこし勉強したみたいだね。ほめてつかわす。
で、対馬海流が100メートルだというのは、とりあえず
文脈上よいとして、で、そこに深海流がない?
あたりまえじゃん。べつに対馬で深海流が流れている必要は
どこにもない。

408 :出土地不明:05/01/08 21:18:58 ID:6+GWzmSs
ほれ、
今更誤魔化すな馬鹿。387 :出土地不明 :04/12/26 20:34:57 ID:HFajxJ6C
うん。北に抜けるっていう発想がどうしてないんだろう。
この海流もまた、赤道付近で暖められた海水が北へいって
沈み込み、深海流となって南に抜けるっていう海洋の原理
原則にしたがっただけのものなんだけどね。


388 :出土地不明 :04/12/26 22:39:58 ID:mShby3IV
無知だな。

対馬海流如きの浅さで深海流があるか
馬鹿もん。

深海流が何故発生するか自体も知らないんだな。




409 :出土地不明:05/01/08 21:23:42 ID:6+GWzmSs
読むほどに笑えるな。

>>>
この海流もまた、赤道付近で暖められた海水が北へいって
沈み込み、深海流となって南に抜けるっていう
>>>


どうして対馬海流が北へ行って沈み込むんかな?
わずか100mの水深で。
で、
冷たく重いリマン海流は日本海に入ってからどうなるんだ?

馬鹿ではないか。


410 :出土地不明:05/01/08 23:29:54 ID:nunKv3D3
別の所でやれ馬鹿ども

411 :出土地不明:05/01/08 23:40:40 ID:nTSiSGre

細石器文化は旧石器時代の終末期に北方ユーラシア大陸を中心に普遍的に
展開した特異な文化である。

長崎県福井洞穴では細隆起線文や爪形文土器に細石器が共伴し、放射性炭
の測定で約一万二〇〇〇年前後に比定されている。

http://www.coara.or.jp/~fuminori/3banme.html


縄文時代前期(約8000〜5000年前)の遺跡からは九州で生産された土器が
出土することから、九州縄文人が船で琉球列島に渡ってきたと考えられる。

http://inoues.net/ruins/nakamagawa.html

412 :出土地不明:05/01/09 01:24:23 ID:emfMtEHZ
日本語の祖語は縄文語で、琉球語と同じである。
しかし蝦夷、アイヌ語はそれとはかけ離れている。
これはどういうこと?

413 :出土地不明:05/01/09 01:33:30 ID:tLMrZ/NL
縄文語がたくさんあったってことさ。
考古学的には、北方系と南方系で、抜歯の歯の抜き方が違うとか、
もちろん、土器も違いがあって、その意味では、縄文文化も
日本列島全土が一つの文化であったわけではないのだよね。
だから、当然、そこには、うじゃうじゃと、大量に言語もあった。
たぶん、互いに通じないようなのが、千ぐらいあったかもしれない。
ただし、縄文晩期になると、栽培農耕みたいなのが始まるし、
途中から弥生人の受け入れとかもあったので、かなり言語が統一
されてきたと思う。で、そのときに、西日本系は日本語祖語に
統一された。北方系は、アイヌ語祖語に統一された、ってことだけど、
アイヌ語は、実際に、もっと北方の文化が入り込んでいるので、その
影響もあるだろう。ただし、アイヌ語の姉妹言語はみつかってない
けどね。

414 :出土地不明:05/01/09 03:36:36 ID:jXZpS/fe
ほんの150年前まで
日本はいくつもの邦国に分かれていたが

異民族同士の国ではなかった。
その証拠は日本の城はあくまで砦+宮殿で有り。
ヨーロッパや中国のような城塞都市ではなかった。
つまり権力者を追放すれば戦争は終わりであった。

しかし弥生時代はどうだろう?
村自体が掘に囲まれていた。
これは異民族との戦闘が頻繁にあったことをしめす。

415 :出土地不明:05/01/09 10:00:17 ID:GVmdYmvz
倭国大乱とあるから駄目だな。

異民族かどうかなんて当時は関係無いだろうな。
戦争があれば備える。

それだけのことだ。

416 :出土地不明:05/01/09 10:32:01 ID:QNrsmsYx
「民族」という観念は近代以降の産物だから、
それでもって先史時代を推し量るのは無理。
したがって、「日本人」もいない。
部族間同士の戦闘は相当あったんだろう。

417 :出土地不明:05/01/09 13:29:49 ID:86U54kMw
農耕が始まると、人口爆発が起こる。
縄文人の人口も、末期は半農半猟なので、ある程度
増えていたと思うが、それでも、本格的な水耕農業
が始まると、人口が爆発する。そのときくいっぱぐれ
の連中は、どんどん開墾して、新しい土地ででていく。
これが言語の拡散を促すとされる。
弥生時代になって、水争いもふくめ、多数の戦争が
あった可能性が考古学的に指摘されている。
まあ、縄文語もいろいろあったし、弥生語もいろいろ
あったのかもしれないが、これらの戦いで、いくつかの
系統になった。歴史時代まで言語が違っていたのは、たぶん、
南九州や関東以北くらいのところかもしれないが。

418 :出土地不明:05/01/09 22:01:18 ID:yKs5S/aW
日本語自体がどの(世界上の)言語の系統にはいるのかまだ
わからない、と聞いたんだが。

419 :出土地不明:05/01/09 22:16:05 ID:ooOpNxj8
>>418
はいりっこないじゃんか。それよっか、今の比較言語学では、
これまで、「共通語彙がある」とか「文法が似ている」とかで
同じ系統とされてきた、多くの言語の「語族」を見直している
最中だ。アルタイ語族もそれで消えた。アルタイ諸語という
言い方は残っているが。あと、それまでは、アルタイ語族と
フィン・ウゴリック語族が同系とされてきたのも、解消された。
そういう意味では、たとえば、トルコ語も、モンゴル語も、
日本語と同様に系統不明の言語になったということだ。

言語の系統が確実にいえるのは、インド・ヨーロッパ語、
オーストロネシアン、セム語、あとアフリカや一部のアメリカ
の先住民の言語など非常に限られている。
それよっか、近隣言語との語彙交換や、文法交換による言語
系統を越えた交流のほうが、二つの言語の類似性を説明するには
ずっともっともらしい。アルタイ諸語にはあきらかにこの関係
を示している。
日本語と確実に同じ系統になるのは、琉球諸語だけだ。

420 :出土地不明:05/01/10 23:40:04 ID:IxDG8y26
アイヌの単語の一部はエスキモー(イヌイット)にちかいものがある。

また習慣などもね。
むかしは北方からイヌイットが南下して、アイヌと交流することもあったろう。
極北のイヌイットの行動距離はきわめてひろく、交易などのため平気で数千キロを横断する。
生活は原始的だが文明の知識は交流によりもっていたため、けっしてエスキモーは
未開人ではない。古来から文明に近しい存在だった。

モンゴル帝国と戦争した頃のアイヌ民族は、北海道だけでなく樺太から大陸までひろがってた。
衝突したのは、シベリアにちかいようなところだ。
アイヌの軍勢は万に達したという。
まあ、これで敗北したアイヌは、モンゴルの侵攻こそまぬがれたが本拠の国力を消耗してしまった。
影の日本史だな。

つまりイヌイットなど極北民族=アイヌなど北方民族=蝦夷=縄文人は密接にリンクしてる。

421 :出土地不明:05/01/15 00:26:09 ID:N7qfloTj
つまり九州縄文人が琉球行ったり、東征したことはほぼ確実になるの?
邪馬台国が遷都したとかじゃなくても。結局何かしらの侵略があった?

422 :出土地不明:05/01/15 13:14:16 ID:X3JvdYn/
九州人は大和朝廷の奴隷だろ。
すくなくとも天武天皇のころは、まだまだ敵対的な異民族とみなされていた。
ちなみに天武は東国人の武力支援で帝位についた初の人物。

ずっと後世になっても本州から派遣されてきた支配者に根強く抵抗する気風が
あったのをみても、長いあいだ痛めつけられた劣等感があるのが分かる。
四国などとは対照的。
本州に抵抗するレジスタンスの気風があるんだな。
これは九州人が侵略されるばかりで、いちども他を侵略したことがない弱い民族で
あることをしめしてる。

本州がイングランドとすると九州はアイルランドという関係が適切。
そして東国はスコットランド。

423 :出土地不明:05/01/16 04:54:02 ID:SOygCMM5
紀元前は九州以外の地方は田舎だtった。九州は大陸文明とつながりがあるところで
最も都会だった。集落もかなり人口が多かったし。紀元後は九州が殆ど鉄を独占してた状態。


424 :出土地不明:05/01/16 12:45:07 ID:/eq8AaVC
キモイ九州人の妄想がはじまりました。
なんか朝鮮人に似てるなw
歴史をみるかぎり九州は本州の植民地で蹂躙され搾取されるだけの存在だが。
さいしょは大和、あとは東国武士に

戦国時代も弱い大名ばかりで秀吉軍にコテンパンにやられて奴隷になった。
どう考えても九州の国力は低い。

425 :出土地不明:05/01/16 22:33:52 ID:19PMYj4F
【絶滅に瀕する人種】
  アンリ・V・ヴァロアの著述時点で、絶滅あるいは絶滅に瀕していた人種

   タスマニア人 ・・・・・ 絶滅した
   オーストラリア人 ・・・ 絶滅途上
   ネグリト ・・・・・・・ 絶滅途上
   ブッシュマン ・・・・・ 絶滅途上
   アイヌ ・・・・・・・・ 絶滅途上
   ヴェダ ・・・・・・・・ 数百人(純粋なもの)
   ニューギニア人 ・・・・ 減少中
   メラネシア人 ・・・・・ 減少中
   ポリネシア人 ・・・・・ 減少中
   アメリンディアン ・・・ 純粋なものは消えつつある

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-7.htm

426 :出土地不明:05/01/16 23:00:44 ID:Kn005u3B
人種の近代の定義だと、自分の意識によるアイディンティティによるから、別に
血統的にどうこうってことはない。江戸時代のアイヌ人は推定3万人程度いた。
現在アイヌにアイディンティティを持っているのもそれくらいだ。

減ってないし増えてもいないぞ。

427 :出土地不明:05/01/16 23:12:31 ID:19PMYj4F
アイヌ人種はもう滅んだのか?

428 :出土地不明:05/01/16 23:21:09 ID:Kn005u3B
>>427 は字を読めないのか?

429 :出土地不明:05/01/16 23:53:36 ID:BXyT4C20
>>425
タスマニア人ってば、混血はかなりのこっていないかい?
最後の純血男女は、剥製にされて、それを、オーストラリアアボリジニが
やめさせたとかいう話は残っているし、その男女二人が遺言で、遺骨は
海にまけとかいったとかいう話だけど、混血はいたように思うが。

430 :出土地不明:05/01/17 00:25:02 ID:FtTANSpw
http://www.lib.hokudai.ac.jp/collection/hoppo/image/m_h_39.jpg
上の北海道大学の昔の絵を見ると…
アイヌ女性やたら色が白いな。しかも、例の口の周りのいれずみしていないし。他の絵でもそうだ。

口の周りのいれずみって、シャモに手をつけられないようにわざと嫌われるようにやったという
話があるのだが…

431 :出土地不明:05/01/17 02:08:15 ID:UDyceEfj
>>430
>アイヌ女性やたら色が白いな。
トロツキーの不倫相手、絵描きのフリーダに似てる。

432 :出土地不明:05/01/23 02:32:38 ID:9Z7luQEj
>422

そうすると朝廷はゲルマン民族の一派のアングル、サクソン族

こと百済族ですか?

433 :出土地不明:05/01/23 13:49:48 ID:AtGZixKe
魏志倭人伝では邪馬台国にそれより北のすべての国がしたがっているとかいてあるから、
6世紀まで従わなかった九州がやはり邪馬台国なのだろう。
九州が邪馬台国なのであっても、やはり近畿と九州は同じ祖語をもつ言語圏でなければならない。
九州人と大和人のあいだに通訳はなかったし、その大和語はやはり琉球語と同じ祖語をもっている。
魏志倭人伝においても対馬、壱岐、マツロ国には同じ「ひなもり」という官がいた。明らかに日本語の語感だろう。
つまり結局九州語、九州人が東征しなければなりたたないのではないか?

434 :出土地不明:05/01/24 00:54:42 ID:94Hq6l8d
九州人は大和朝廷の奴隷

435 :p1233-ipbf10niho.hiroshima.ocn.ne.jp:05/01/30 09:49:46 ID:keEx1Rac
te

436 :出土地不明:05/02/02 03:08:02 ID:+515fjgp
蝦夷って何食べてたの?
米食ってたの?
稲作してたの?

437 :出土地不明:05/02/02 03:13:29 ID:lQ5A3zQN
狩猟していた。畑でやさいを栽培もしていた。

438 :出土地不明:05/02/02 03:52:52 ID:/bUntzZP
>>436
>稲作してたの?
関東のアイヌはしてたんじゃないかな?

439 :出土地不明:05/02/02 11:44:01 ID:T7WXRPWK
>>33
>満州事変事後、清野の言論は次第に変化していく。1938年の学位論文に
>は「この意味において日本島は人類生息以来日本人の故郷である…断じ
>てアイヌの母地を占領して居住したものではない」「我らの先祖は気宇
>広大でよく他人種をいれて自己の種族に同化したのであった」など

日本版「黒い山葡萄原人」だな。愛国者の発想は万国共通と言うことかw

440 :出土地不明:05/02/04 16:58:48 ID:HURF7qro
>>438
していたと思うよ。


441 :出土地不明:05/02/04 17:00:18 ID:HURF7qro
>>436
ちなみにアイヌの人たちの主食はシャケ。

442 :出土地不明:05/02/04 17:03:05 ID:HURF7qro
>>436
さらに言うと、日本人は米食が主食だったと勘違いしている人も多いが、
大昔、白米を食べられたのは一部の貴族階級だけ。

443 :出土地不明:05/02/04 23:37:02 ID:IQsnIb2i
農家もくってたぞ

444 :出土地不明:05/02/08 00:04:13 ID:WCplJeem
>>439
医学者で考古学者の清野氏は、あの石井四郎の「恩師」みたいですね。
彼は石井四郎に何を教えたんだか…

445 :出土地不明:05/02/14 03:07:59 ID:x99KvswM
>>441
無責任な事を 言うでない。
屁が臭くてしょうがないだろ?
寒くて、 「米」 が収穫できなかったが
 「キビ?  あわ?」 などの別の作物を収穫していたらしい。 
それに、 昆布などと 「バクリッコ(物々交換)」 はしたでしょう(海岸)。
   
じゃ アイヌは、近年まで 「鉄」 を使用していなかったとでも言うのですか?
「流通を否定」 する事になるし。
      
アイヌの人は 「水軍茶」 に 「薄い黒」 の薄いフィルターをかけたような 「地黒」 タイプと、
 「熊野地黒」 や 「沖縄系よりも黒混ざり」 とかで 「色白」 は 「大日本帝國人」 系か、 「ぬけに貿易」 系。
昔のアイヌを、 知らない人が多いのかもしれない。 このスレ 

446 :出土地不明:05/02/14 03:17:16 ID:x99KvswM
>>445 +α
  
体毛(うぶげ)は、 黒色が目立つ。  
毛の見立ては、日本海沿岸・東日本(東北人の濃い系)のえみしに近い。

447 :出土地不明:05/02/14 03:24:58 ID:x99KvswM
アイヌの体毛は、 沖縄琉球も似ているが、
 私の友人サンプル達に限定すれば、 薩摩・支那に近いように思える。
 沖縄は細い毛。 「琉球(縄文) + (薩摩・支那・高句麗・新羅)」混血 ?
        

448 :出土地不明:05/02/14 03:28:59 ID:x99KvswM
>>447 + α
アイヌタイプもいるし・・・・・・、
南方原住民水軍タイプもいるし・・・・・、
シーサーそっくり人相も、数人いるよ。
   
参考になったかな?    1/レス だけど。
            

449 :出土地不明:05/02/14 03:35:20 ID:x99KvswM
>>448
沖縄県人 のこと

450 :出土地不明:05/02/15 10:24:35 ID:qHncWKLt
アイヌも、沖縄も、mtDNAでは、ハプログループ M7a が多い。
朝鮮半島にもこの系統が多いが、日本人にも多い。M7bあたりは、
中国にもかなりいる。M7系統の祖先が6万年前にさかのぼるのが、
M7a系統も3万年以上前にさかのぼる。ってことは、最初に
日本列島にやってきたホモ・サピエンスは、東南アジアから
北上したM系統の人々で、日本列島に入ったのは、3万年以上前。
で、その人々は、朝鮮半島とも普通に交流していた(陸続きだった
からだろう)。その後、A,B,C,Dなどの北方アジア系(ただし、
A,B,C,Dも、M,Nなどから分離した系統ではあるが)が入ってきた
が、これは、北からってことだろう。土器の系統は、江南あたりの
系統が2万年前ごろに入ってきたが、それが日本を経由して、北方
に伝わったようだ。これもたぶん、M系統だろう。
ってことで、アイヌ、沖縄、および日本人のルーツとなるのは、
東南アジア系のM系統で、北方系が入ってきたのはかなりあとの
時代ってことになりそうだ。

451 :出土地不明:05/02/15 22:33:41 ID:OCU0JvO8
mtDNAの精度などHLAに遥か及ばない。
mtDNAはHLAの婢なり。


◎人類は1人の女性から生まれた?


細胞の呼吸をつかさどるミトコンドリアという小器官があります。
ミトコンドリアは核にある遺伝子とは違って、細胞質遺伝をしますから
(精子には細胞質がありません)母系遺伝をします。この遺伝子を解析
して人類の起源を探ると、人類はアフリカにかつていた一人の女性に
帰着するといいます。ところが現人類が持つHLAの多様性は人類が
進化した数百万年でできたとは到底考えられません。人類発祥のときに
でに「もとになる」HLA多様性は存在したに違いありません。
人類は「多発的」に発祥したとしか考えられない、・・・これがHLA
多様性の進化から考えられる唯一の結論です。

452 :出土地不明:05/02/15 22:41:13 ID:OCU0JvO8
>>450
ソースを持ってきてみ。
日本人の学者のねw

453 :出土地不明:05/02/15 22:45:35 ID:OCU0JvO8
以下については、沖縄人及びアイヌ人に多いハプロタイプについての「文献(c)」の記載です。

JHLAーA2−B35−DRB1*1501(DR15)
本土日本人 0,4%、 沖縄人 4,9%、 アイヌ人 1,0%、 北部漢族 1,0%
KHLAーA24−B59−DRB1*0405(DR4)
本土日本人 0,8%、沖縄人 4,1%、 中国朝鮮族 0,7%、 中国満族 0,6%
LHLAーA2−B62−DRB1*1401(DR14)
アイヌ人 12,8%
MHLAーA31−B39−DRB1*1406(DR14) 
アイヌ人 8,0%
NHLA−A2−B62−DRB1*0802(DR8)
アイヌ人  8,0%

L〜Nは、アイヌ人の主要ハプロタイプで、本土日本人や沖縄人とは、かなりの相違が認められます。

454 :出土地不明:05/02/15 22:57:26 ID:OCU0JvO8
HLAのハプロタイプは、いったん形成されると何十万年かそれ以上も
維持されて、そう変化しない。地球上の別の場所で、同時多発的に
形成されることは考えられないから、ハプロタイプをたどっていくと、
人類の移動や拡散の道筋が分かるのである。

mtDNAごときで分かる、たかが数万年前の遺伝記録が、
HLAに残ってないとでもお思いか?

アイヌも沖縄も本土日本人も、東南アジア系のHLAが高い割合で
見られるとか、検出されるとか、といった報告など聞いた事も
見た事も無い。

455 :出土地不明:05/02/16 00:33:08 ID:55VX7rsA
>>452
日本人ばっかりじゃないが、一応、日本人が筆頭の論文だが、
これでいいか?
http://egweb.bcgsc.ca/journal_club/2004_2005/pdf/journal_club_050107.pdf

456 :出土地不明:05/02/16 20:04:40 ID:zZlpHWGX
>>455
日本語のソースを出してくれ。
本物なら日本語のソースもあるだろ。
それと、


>土器の系統は、江南あたりの系統が2万年前ごろに入ってきたが、
>それが日本を経由して、北方に伝わったようだ。


↑これのソースもな。

457 :出土地不明:05/02/16 23:59:50 ID:Jzr6oA9r
>>456
最新の学術データに、日本語のものがあるわけないだろうが。
最新のデータを知るには、英語ができないとだめだ。
まずは、英語から勉強してくれ。
土器の話は、以下のページを参照。こっちは日本語だ。
ただ、内容がちと怪しい。
http://www.jiid.or.jp/j/ARDEC/ardec29/key_note3.htm

458 :出土地不明:05/02/17 00:47:50 ID:Pyf8wnqd
永遠に最新の学術データじゃないかw
その土器のページなんかあからさまに胡散臭すぎて、もう見てらんないよw

459 :出土地不明:05/02/17 00:53:38 ID:eFMbSKJr
最新データは、普通、3年か4年たつと、一般向けの書籍に書かれる
ことになる。で、その書籍の内容を一般人が読んで、それを結構
デタラメにWEBに書き込んだりする。mtDNAの大量の人のデータなんて
いうのは、まだまだ最近になって本格的になったものだから、基本的には、
私は、
http://scholar.google.com/
あたりで、検索している。

460 :出土地不明:05/02/17 20:09:21 ID:xaUgpJjZ
それほどの発見なら、普通は3ヶ月〜半年ぐらいで何らかの科学雑誌に
出てくるんだが。

ちーっとも出てこないねえw

まっ、いつか出るのを楽しみにしとくわ。
すぐにデムパ扱いされるとは思うけどw

461 :出土地不明:05/02/17 23:35:47 ID:crSOiYNq
>>460
英語読めないからって、ひがんで、人を電波扱いするとは、とほほ。

462 :出土地不明:05/02/18 00:29:30 ID:bUTj2n6P
そこそこ読めるよ。
ただ、英語で書いたって、デムパはどこまで行ってもデムパw

463 :出土地不明:05/02/18 00:40:57 ID:p6o3Ems6
>>462
Genome Research 誌(分子生物学関連の学術誌)でアクセプト
されたレターだが。

464 :出土地不明:05/02/18 00:48:00 ID:RQ0KIHAn
そんな重要な事を何で東大が言っていないんだ?
だいたいその辺りからおかしいだろ。

465 :出土地不明:05/02/18 00:56:18 ID:p6o3Ems6
>>464
なに、慶応大学の医学部じゃ不足か?名古屋大学や、東京医科歯科大
とか、そのあたりの人が関わっている研究は、偽物で、東大だけが
正しいということだな。

466 :出土地不明:05/02/18 01:01:28 ID:RQ0KIHAn
海外で売名のためにデタラメに賛同する3流学者なんか掃いて腐るほど
居るからね。

日本の出版物で東大絡みだったら信じてやるが。

467 :出土地不明:05/02/18 01:14:03 ID:p6o3Ems6
ゲノム研究で、とくに、民族系統を遺伝子から求めるような研究は
大量のサンプルを必要とするので、プロジェクト的にやらないと
うまくいかない。そういう意味で、論文なども、非常に多数の人
が関わる論文になる。ま、東大のゲノム研究が日本内部においても、
あるいは、国際的に考えても、トップとは思えないがなあ。
まあ、私の専門分野とは多少異なるので、このあたりでやめておこう。

468 :出土地不明:05/02/18 10:52:54 ID:Z3BO/KZ3

次スレ立てますた!!


アイヌ人は黒人、間違いなし!
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1108142916/




469 :出土地不明:05/02/19 01:09:41 ID:Z5Qtrchu
>>468
人のたてたスレをあっちこっちに自分がたてたかのように
吹聴して回るな。
このたてたスレで言いたかったことは、たんに、アイヌ
っていうか、沖縄の人もふくめて、日本列島の最古層には、
アジア最古層のmtDNA ハプログループMがかなりの割合で
残っているってことだ。たぶん、列島には、3万年以上
前に入ったと思う。

470 :出土地不明:05/02/19 16:22:22 ID:Yh/rfxk/
北はルソン島までいたネグリトとの関係を説く説なかったっけ?

471 :出土地不明:05/02/19 19:33:12 ID:zJWxWe49





◎HLAから見た日本人のルーツ

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm







472 :出土地不明:05/02/21 00:48:49 ID:cZsphGSa


◎人類は1人の女性から生まれた?

細胞の呼吸をつかさどるミトコンドリアという小器官があります。
ミトコンドリアは核にある遺伝子とは違って、細胞質遺伝をしますから
(精子には細胞質がありません)母系遺伝をします。この遺伝子を解析
して人類の起源を探ると、人類はアフリカにかつていた一人の女性に帰着
するといいます。ところが現人類が持つHLAの多様性は人類が進化した
数百万年でできたとは到底考えられません。人類発祥のときにすでに
「もとになる」HLA多様性は存在したに違いありません。
人類は「多発的」に発祥したとしか考えられない、・・・
これがHLA多様性の進化から考えられる唯一の結論です。

http://www.marrow.or.jp/NWJ97/bank-hla.html


473 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

474 :オリオン星人:05/03/08 16:16:09 ID:cY+7b/rv
>>430
東北との混血?
ロシアとの 「抜け荷」混血 だと思いますよ・・・・・。
     
 台湾原住民 や フィリピン原住民 とも違う・・・・・。
スリランカ や バングラディシュ人 など南インド方面の顔とも違うが、 似てる部分のある。
   
 アラブに近い顔に 熊野顔を かけて(×) 似非アイヌ顔が・・・・・。
    
ロシア系の西洋混血アイヌ系 と 古代日本系に近いタイプ と 近年のMIX やら
   
>>430 の図は おそらく 露MIX の顔です。 
    日本海側に多いタイプと思います。
それと、 似たような人もいますが黒人ではないです。
   碇屋長介 や 安岡力 や 竹内力 や 九重親方(旧千代の富士) の顔を黒くしたようなもので・・・・・黒人ではない。
  
  黒人の混血が東洋系の原住民に似ている。 + 大昔の人はアフリカから散った先頭移動。
  = ど田舎に残った顔 説。  古い黒潮混ざり の 北方マンモス人 以前の顔かも?
      
  それか?  チンギスハーン時代の傭兵などが 逃げる際に 蝦夷に住み着いたあとに ロシアの当方進出に、 尻から追われて 蝦夷に来て混血。
      
Base は、 内地人 も 天皇陛下 も アイヌ も 薩摩隼人 も 熊野系の古い顔 も、
 先祖は・・・・・ 「 超古代の 日本原住民 」 の混血の成れの果て・・・・・ で、
 みんな、 どこかで混血している。
       
      
  
    
         

475 :オリオン星人:05/03/08 16:26:17 ID:cY+7b/rv
菅原文太 に 安岡力也 と 碇屋長介の顔 と 石原裕次郎 を MIX して 少し 黒いフィルターをかけて、 口元を 薩摩人程度にとんがらせて(スラブでない程度)やれば、 日本系アイヌの特殊メイクの完成だ・・・・・・。
  
そんな小細工しないで、アイヌの俳優に頼んだ方が本物だ・・・・・・。
      

476 :オリオン星人:05/03/08 16:33:23 ID:cY+7b/rv
(注意)本件は、 出っ歯じゃない!
   
ロシア人。    
アイヌ人。
薩摩隼人。
長崎・博多。
琉球人
台湾原住民系。
フィリピン系。
   
の、 口元 = 口ばし  の、 出っ張り加減を 比較研究。
   
でっぱりが違うよ・・・・・・・・・人類学 の先生達よ
    



477 :オリオン星人:05/03/08 16:38:28 ID:cY+7b/rv
肉食歴史の 『「口裂け女」 度数 』。   
   
 女性の差別ではないので堪忍してください。
 専門用語がわからん・・・・・・・・。
        

478 :オリオン星人:05/03/08 16:43:18 ID:cY+7b/rv
   
 「たらこ唇」度 を、 水軍系の唇と、
  
 「コリアン系たらこ」&「コリアン上唇富士」 との 比較研究。
                 

479 :出土地不明:05/03/08 19:51:46 ID:ckXCN/E2

◎ B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 頻度8,6%、沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル 5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm

480 :出土地不明:05/03/12 06:43:43 ID:U0dLJ3e8
蝦夷征伐の足ががりとして、関東に多くの人を移住させ、開拓に当たらせた。
その移住民とは、主に奴婢、浮浪人、蝦夷征伐軍に従軍した兵士、百済など朝鮮半島からの移住民、
朝廷軍に降った蝦夷「俘囚」などである。

この後の戦いでも同じですが、将軍などの幹部は別として、蝦夷と直接鉾を交わす下級
兵士たちは板東(関東地方)から動員されていきます。
都からくるのは罪人・賤民・などでした。

http://www17.cds.ne.jp/~stray/yokohama/yurai.html
胸刺の刺は朝鮮語の で矢が胸をさすことをいい、朝廷の先兵として入植した朝鮮人の開発するさまをあらわした。

http://www5.tok2.com/home2/okunouso/0111.htm
武蔵・相模の地は、高麗・高句麗・百済・新羅など朝鮮半鳥系の帰化人によって開拓され、
武蔵の区域は二分裂し、互に本系を表示する「宗国」「主国」の意を古朝鮮語の訓で称え「ムネサシ」と云い、
一は「胸刺」の字をあて、一は「ネ」が略された「牟邪志」の字をあてて表わしたもので、
これに対して相模の地域の方は、本系を表わすのに「真」を用いて「真城(マネサシ)」(真倉)といい、
これが後に相模の枕言葉になったものである。

481 :出土地不明:05/03/12 07:57:33 ID:1w8nMiK6
>>480
関西人・西日本人といっても95%以上は、商人・農民・部○民・朝鮮部○民・足軽などの子孫です。w

つまり、朝廷・幕府・大名に、こき使われていた奴隷。ww

貴族=公家の子孫なんて1%以下。
上級武士が数%。

上級武士・天皇・公家の子孫なら、本家に系図があるし、先祖の官位・爵位もわかる。

>>480
身体的特徴による人種間距離測定

縄文人と現代人の頭蓋計測に基づくマハラノビス距離では
朝鮮15.8 畿内10.2 九州9.7 関東7.6 東北6.1 沖縄3.7 アイヌ2.8 縄文人0

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮民族との距離は
朝鮮0 近畿0.007 中部0.012 中国地方0.035 九州0.035 四国0.038
東京0.048 東北0.068 南西諸島0.092 アイヌ0.118

分離型耳垂(いわゆる福耳)の出現率は
朝鮮32.6% 山口36.9 山陰地方37.4 四国41.7 九州44.1 近畿50.1
青森63.3 山形70.5 新潟72.8 奄美諸島77.2 アイヌ96.2

HB抗原の北方型の分布は
朝鮮100% 対馬100 福岡92 鹿児島90 鳥取86 岐阜86 岡山85 大阪79
高知75 新潟68 北海道(非アイヌ)68 東京67 茨城64 栃木61 秋田45

朝鮮民族との人種距離は東日本より西日本のほうが近いようです。
あと外見的特長は同じ日本人でも微妙に違うということがわかります。
頭蓋のマハラノビス距離の計測から、
畿内人、ついで九州人が朝鮮民族から最も近い人種ということもわかりました。
鹿児島は明らかに縄文人に近い気がしますが。

482 :出土地不明:05/03/12 08:52:53 ID:QvL3por/
薩摩と言えども一種類のタイプが主体(しゅたい≠チュチェ)ではないため、
それらが、世間一般に言われる 『 土地(とち)の顔 』 となる・・・・・。
    
日本人は既製品ではないので、 「ISO」 や 「JIS」 のようにはならない。
      
薩摩を中心に・・・・交易のあったところと言えば、
          奄美・琉球・大分・長崎・肥後(鹿児島県川内?)・長崎・愛媛の
     
          美人の 「「口ばし」 出っ張り 」 を、 アイヌ系の 「出っ張り」 や、
          台湾美人との比較共通 ワンクリック・リンク を準備します。
   
          単一民族内 の 部族・混血 ごとの違いを、
  アイヌは、単一民族拒絶教育をアカからされましたが、 日本人の先祖は、アイヌも内地も・・・・・・・、
    
       『 超古代の 「日本原住民の末裔(さまざまに混血)」』
        
・・・・・と、 思うのはアイヌも同じだと思うのですが。   (独り言)
             

483 :出土地不明:05/03/13 15:11:02 ID:sW6ZUDIA

◎ B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%

日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

484 :忍法  御国透かし:05/03/17 18:20:04 ID:B66Cg9Jt
朝鮮系を実生活で プロファイリング する際の特徴の1つに、 
唇の形の特徴を数種類あることを 知っておくと良い。
  
 入門編 の はじめに今回は 朝鮮型の 「 富士上唇 」 を取り上げてみよう。
字のごとく、 富士山の形状に似ているが、 日本人の富士唇 と違い 外輪山を有しているような形である。
   
 下唇は、口をあけない限り 朝鮮人の 「 朝鮮型 富士上唇 」 は形状を変化しない。
「 アヒル口 」 との違いは 外輪山 である。
     
アイヌも和人ではなく、 朝鮮系の工作員 ・ 活動家 による、 洗脳攻撃 を受けたと思われる。
         
 指紋押捺が廃止され、 「 朝鮮人天国 」 のきょう今日。
犯罪は増加する・・・・・・・。
   
アイヌよ、 日本古来の忍術 「忍法御国透かし」 を授けよう。
今度は、 だまされるな! 
富士上唇 の、 朝鮮系 おだて活動に注意!   
                        和人でない・・・・・・・ コリアン系 です。
         

485 :忍法  御国透かし:05/03/17 18:26:16 ID:B66Cg9Jt
強靭な ハの字の 前肢・・・・
巻き尾・・・・
三角の鋭い 優しい目・・・・
ストップの 深さ・・・・・
色素(メラニン)
耳毛
小耳。
                         簡単です。
         

486 :熊野水軍たらこ と コリアン:05/03/18 01:21:14 ID:XZxwfH/c
竹島問題で、冷戦時代並みの韓国人の活動が予想されます。
指紋押捺廃止で、犯罪が増加傾向にあり・・・・・・・、
 外国の不法就労者 や 悪意の左翼 など、在日の人たちの風当たりも大変そうです。
     
社会で注意して 朝鮮人を見守り 目撃者として 保護してやりましょう。
犯罪は、 日本住民にとって 共通の防犯利益です。
       
祖国よりも 日本を選んだ 古き良き 平和な日本 を復活させましょう。
       
朝鮮型 富士やま外輪山 上唇 は、 半島系 の人たち !
朝鮮型 薄型オバケのQ太郎 上下唇 は、 半島系 の人たち! 
  

487 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 02:59:10 ID:bGwNk9g3
●忍法 お国すかしの術
                 
朝鮮巻き  外輪山つき  富士 上唇

               mmmmmmm                 mmmmmmm
              mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm
              mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm
            mmmm                              mmmm
           mmmm                                mmmm
          mmmm                                  mmmm
          mmm                                   mmmm
          mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm
             mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

           
                 
        
関所 忍び役人 :   そこの旅人!   しばし待たれ・・・・・・・・・・・・・
               に さん たずね申す・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               通行手形 を見せられい・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         
                 

488 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 03:10:28 ID:bGwNk9g3
蝦夷(えみし) と アイヌ(メノコ) と 帰化・在日朝鮮人 も 天皇陛下の先祖 も
琉球南方人 も
先祖は、
          
      超古代  の  日本原住民 !!
  
「台湾原住民」 や
「フィリッピン原住民」 や
「アイヌ」 や 「朝鮮人」 が、  「共通の直接の代表的な先祖」 ではありません。
 「アイヌ」 の先祖も 蝦夷の先祖も  超古代の 「日本原住民」 です。 
     
■「天皇陛下の先祖」 も、 
 日本人との「混血在日朝鮮人」 の先祖も 「古代の日本原住民」 です。

おそらく、間違いないでしょう・・・・・。   
    
   


489 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 03:28:11 ID:bGwNk9g3
私が思う蝦夷は、 
   新沼けんじ さん  
   美川憲一 さん?(化粧濃い、蝦夷というよりは日本海蝦夷・新羅?)
   布施明 さん(日本海熊野?)
   小比類巻 かおる さん
   新山千春 さん
   伊東美咲 さん
   飯島ナオコ さん
が、蝦夷の面影を感じさせてくれる。
  
   「三輪アキヒロ(長崎)」 さん と 「新沼けんじ」 さん
の比較・・・・・・・・ 似ているが違う 琉球地方混血 と 日本海東日本人。
   
ご本人様方 : 勝手に引用させてもらって申し訳ありません。
         

490 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 03:36:40 ID:bGwNk9g3
大地康夫 さん
竜 雷太 さん
堀江アナ(NHK)
などは、 「関東ジャガイモ顔」 勝手に分類しています。
       
西日暮里?駅の 「ぶん殴り逃亡者」(逮捕済み) も、
 「関東ジャガイモ顔」 勝手に分類。
    
いざ鎌倉の、「 足利 勢(あしかがゼイ) 」?   水戸藩士の武家顔?
北条勢ではない・・・・・・・、  似ているが違う!
           

491 :「関東ジャガイモ顔」:B.P. -55年,2005/04/03(日) 06:08:20 ID:bGwNk9g3
※「関東ジャガイモ顔」 は、 ポテトサラダなどに使う、
 「男爵いも」 を、 連想してください。

492 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 06:15:47 ID:bGwNk9g3
>>490
堀江アナ(NHK) は、 箱根山中(御殿場・山北)の北条勢(ほうじょうゼイ)の風魔(ふうま)の可能性もあり。

493 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 06:22:08 ID:bGwNk9g3
「関東ジャガイモ顔」の顎(アゴ)は、アイヌに近し。(蝦夷巻(エミシマキ)か?)
                         ( 東日本人 ≠ 百済 ≒ 湊川人)

494 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 06:48:47 ID:bGwNk9g3
>>489
新沼けんじ さんは、岩手県ですが・・・・・、
 太平洋の黒潮臭くないので、 日本海に分類。
     
中村雅俊 さんは、 太平洋の黒潮臭い 水軍系(東北、松島のの菊水族か?)。
 縄文人とエスキモーに、 「くちばし」が、三陸・薩摩系の出っ張り・・・・
     
アイヌの 「くちばし」 は、台湾原住民に近いが・・・・・、
「口裂け女」 度数が、 東北(蝦夷)・琉球に近いが、 「ロシア オバQ」 は、 あまり見られず、 
唇は、日本の 「黒潮たらこ」 に近し。 
「ハンセン病」患者の唇ほど酷くはない。
          

495 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/03(日) 17:30:49 ID:zYRIxcvr
■荒らし依頼■

http://music4.2ch.net/test/read.cgi/legend/1109310599/
ここで佐野元春最高と言ったらガキに叩かれた。
誰か荒らしてくれ。もう我慢ならん。

496 :訂正:B.P. -55年,2005/04/03(日) 21:12:38 ID:bGwNk9g3
>>490 >>492
           × 堀江アナ(NHK)
           ○ 堀尾 まさあき アナ (NHK)
訂正のお詫び。
     
蝦夷(えみし)の代表的な人たちに、 私の知り合いにもいますが、
東北の 「小比類巻」さん 達に、 蝦夷の顔を色濃く残す面影があります。
■その 「小比類巻」 さん達の顔は、古い日本人(現在東日本に多いグループ)の面立ちで、
  東北 > 日本海沿岸(一帯) > 北九州 > 琉球。 方面へと つながり、 
渡来人、の混血以前の、日本人の顔をしています。(濃い系タイプ)
   
■「巻」とは、 になるのですが、 いわば血族の基準点ではないかとも思われます。
 ちょうど、 「アイヌ」 と 「和人」 の中間の顔をしています。
  アイヌだと言われれば、 アイヌにもなるが、少し違う。
  和人だと言われても、 かなり違う。
  
日本の各新(唇)民族の 「ルーツの地図」 でもあります。
   
全国の「小比類巻」さん あなた方は、 日本の国益です。
        

497 :古代より続く 「鉄」 の流通 :B.P. -55年,2005/04/03(日) 21:54:55 ID:bGwNk9g3
青森八戸と云えば、 アイヌ民族とは、切れない縁に在る。
八戸の 「菊水族」 が 古くから 「海産物」 や 「毛皮」 などと 「バクリッコ」 した。
「海産物」 にいたっては、 日本海を経て、 関西(京の都 ・ 上方 ・ 瀬戸内)へ、 さらに、 「出雲の國」 を経て、 遠いかなたの 「琉球」 にまで運ばれていきました。
もちろん、 伊勢にも奉納されるように、 「伊勢の國」 にも渡っているのです。
    
また、東北の 「菊水族」 により、 古くから「アイヌ刀」などの金属(鉄製品)が流通した歴史もあります。
  
■アイヌの「(仮称)クチバシ」 の、 「(仮称)出っ張り」 に、
 『 たらこ タイプ 』 と、 
 『 とんがり タイプ 』 があるように、 
     (「台湾原住民」や「フィリッピン原住民」や「大陸アイヌ系」に見られるような 「クチバシ」。)
      
アイヌも、 『 菊水族 』 との つながりは、 歴史的にも深いものがあります。
     

498 :海岸地方には、 「熊野系アイヌ」:B.P. -55年,2005/04/03(日) 22:13:09 ID:bGwNk9g3
北海道の海岸地帯には、 熊野系の顔をした アイヌ も多数見られます。
「 反日 南下 アカ 」 が布教した思想に翻弄されないようにして下さい。
    
「北海道を旅行」 するときには、 「チラッ」 という具合に、 失礼にならないように、 気づかれないように、 「ウオッチング」 してみては?
      

499 :出土地不明:B.P. -55年,2005/04/04(月) 05:39:37 ID:+XKsXba5
律令時代、防人は東国から徴発して任期を過ぎた者を九州から故地に戻さなかったし、
衛士は九州から徴発して関東・東北に投入し任期あけには任地で放置。
百済滅亡・任那失地の際には、亡命民を関東・東北の開拓に駆り出すと同時に、
磐井の乱の政治犯を投入。
渡島への入植は室町時代から始まってる。
江戸時代には、島原の乱で農民の不足したところに、瀬戸内と東北とから入植を
させている。
航路は、太平洋岸では未発達で津軽海峡と江戸を結ぶ行く航路は、日本海を
回って、関門海峡、瀬戸内海、紀伊半島を南に迂回して、江戸に至る。
西瀬戸内の村上水軍や、北部西部九州の松浦水軍の延長で商船航路が開発されて
きたんだから、九州と津軽海峡との関係は濃密だ。
人が行き交って通婚の無いはずないんだから、血筋は近いわな。




500 :出土地不明:2005/04/05(火) 12:31:03 ID:6n6dpxEQ
>>499
>律令時代、防人は東国から徴発して任期を過ぎた者を九州から故地に戻さなかったし、
>衛士は九州から徴発して関東・東北に投入し任期あけには任地で放置。
現代の自衛隊もそうだよ。
第七師団がある北海道千歳市のスーパーマーケットとかでは
九州弁が盛んに飛び交っているよ。博多や熊本、当たり前。
千歳神社の秋祭りにペイロン披露したこともあったし。

501 :出土地不明:2005/04/05(火) 12:38:27 ID:6n6dpxEQ
千歳市にもアイヌ系住民が集まって暮らす地域がある。
苗字だけでアイヌ系だと分かる名前がある。
差別につながる危惧があるから書かないけど。
もちろん、九州出身の自衛官と地元のアイヌ系女性の
成婚例はたくさんあるよ。臑毛すら生えていない
あっさり醤油顔男(北九州)と、モロに欧州ルックな
こってりソース顔娘のカップルからは、ちょうどいい
バランスの日本人顔の子供が生まれることも多いよ。

502 :出土地不明:2005/04/07(木) 02:52:53 ID:GicueZXU
安藤氏などは、縄文人の子孫のようなことをいっているが、これとアイヌ
は関係するのか?

503 :出土地不明:2005/04/07(木) 04:01:14 ID:zMs9ooyg
>>502
そんなアホなこといってる安藤氏はいません。

504 :出土地不明:2005/04/07(木) 23:14:20 ID:TIccYBSt
一応、蝦夷の頭領の出であることを自ら言ってはいるな。
なにしろ、安部貞任の子高星丸を先祖にしているのだから、朝廷への反乱者をわざわざ
先祖にしているという反皇国史観…。中には朝廷に反抗したナガスネヒコの縁者を先祖に
する系図もあるのだから。

505 :出土地不明:2005/04/08(金) 00:11:47 ID:NaRdVYFa
>>504
そうそう、502 だが、ナガスネヒコは、どうやら、縄文人ということ
らしい。だから、安藤氏は、縄文人の子孫と名乗っている、ということ
なのだが。

506 :出土地不明:2005/04/08(金) 03:38:54 ID:atD5660E
>>504
安藤氏が蝦夷の頭領なのは当たり前でべつになんでもない。実際、蝦夷管領として蝦夷を
指揮してたのだからな。朝廷への反逆者を先祖にしてるのなら平将門を先祖にしてる相馬氏
もいるが、べつにこんなのは皇国史観でもなければ反皇国史観でもない。武力を崇める武士
として、それだけ凄い先祖がいるって自慢話だ。ちなみに安藤氏の系図といってもいろいろ。
長腿彦を先祖とするのは近世の捏造系譜。安藤氏というのはもとは信濃の豪族で、津軽に
入ったのは北条氏が執権になった後のことだ。

>>505
長腿彦は縄文人なら、同じ時代にいたはずの神武天皇も縄文時代人だな。

507 :出土地不明:2005/04/08(金) 19:02:19 ID:H1MfG5LP
>>506
うん?捏造家系ってのは分かるが、なんで信濃の豪族で…ってのを確定的に言うんだ?
わけがわからん。蝦夷の統領を名乗り自称、蝦夷反乱軍の首謀者を先祖として家系を
作った…って事実が大切でアイディンティティもそこにあったのではないのか?
長腿彦は当然捏造家系だろうが、アイディンティティをそこに求めたというのが大切だと
思うのだが?

508 :出土地不明:2005/04/08(金) 23:35:23 ID:OIXdXr3N
>>504へのレスだからだよ。

アイデンティティーがどうのという話はそれだけじゃ
何を言いたいのかわからんな。反皇国史観がどうのというヨタ話かな?
反乱軍の首謀者を先祖とする例はべつに珍しくもないし不自然でもないよ。


509 :出土地不明:2005/04/08(金) 23:56:32 ID:H1MfG5LP
>>508
反皇国史観ってのに脊髄反射して思わず反論書いたってことか?いいじゃないかそのくらい
ケツ穴小さいぜ。
で、大名クラスで具体例って他にあるの?平将門だって反乱者だが、一応天皇に繋がる家系
でもあるわな。

510 :出土地不明:2005/04/13(水) 03:05:49 ID:IgqVfHSc
東北大グループ 東北人の起源 人骨から探る
 縄文人に近い特徴を持つとされる東北人のルーツを骨の形状と遺伝子から解明しようと、
東北大医学部の百々幸雄教授(形質人類学)らのグループが今年夏に、東北の遺跡から出土
した古墳時代―江戸時代の人骨300体の調査を始める。骨や遺伝子を詳細に分析、縄文人
直系の子孫とみられるアイヌ民族との共通点を探ることで、東北人の起源に光を当てる狙いだ。
 〜〜中略〜〜
 東北大が過去に北海道で行った調査では、江戸時代のアイヌ民族の骨や遺伝子から、縄文人と共通
する要素が多く見つかった。一般に縄文人は弥生人よりも顔の彫りが深く立体的で、歯が小さいなど
の特徴がある。 百々教授は「アイヌ民族は縄文人の直系の子孫と言ってほぼ間違いない。
東北人とアイヌの関連を探ることで、東北人がどの程度縄文人に近い要素を持っていたかを確かめ
たい」と話している。[二重構造モデル]形態人類学者の故埴原和郎氏が唱えた。約3万年前から
東南アジア系の縄文人がいた日本列島に、弥生時代(約2300―1700年前)以降に北アジア系の
弥生人が流入。主に弥生系の人々が西日本に、縄文系と弥生系の混血度の強い人々が東日本に、縄文系
の人々が地理的に遠い北海道にアイヌ民族として残ったとしている。(河北新報)- 4月12日7時5分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050412-00000009-khk-toh

511 :出土地不明:2005/04/13(水) 23:11:24 ID:AvWQIV8r
>>510
どうやら、縄文人のベースが東南アジア系というのはこれで、
確定したようだな。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 02:29:26 ID:IKV7+yRG

逆だ。
アイヌは88%がYAP+だからベリンジア起源の北方系だ。
縄文人には一部南方系も居る、パプアニューギニア、オーストラリア原住民
と共通のDNAの人骨が出ているんだな。
しかし縄文人の大多数はRPSY-Tの1F=12f2のT系統の大陸系のDNAなのでどうしようも無い。

結論としてはアイヌは陸続きの時点で南下し5000年過ごし
縄文海進で沈む沖縄から黒潮に乗り北上した沿岸縄文人だな。


513 :出土地不明:2005/04/16(土) 03:26:44 ID:kKSe1EP5
>>512
でも、mtDNAでは、M7aがアイヌでは多い。それだけのことだ。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 11:43:17 ID:IKV7+yRG
M7aは大陸からインドネシアまで南下した後期旧石器時代人だ。
なんの不思議も無い。

515 :出土地不明:2005/04/16(土) 23:25:49 ID:Jkg8JqM/
>>514
まあ、M7aは、日本列島起源だが、そのもとは、南インドから
東南アジア、そして、日本への北上ルートだ。このルートは、
たぶん、5万年とかそのくらい前の話だろう。

Y染色体のYAP+の話ってのは、つまり、北方から征服者がきて、
女どもとやりまくり、自分の遺伝子を広めたってことだろう。
アメリカのインディアンも、mtDNAは独自(原住民系)が多いが
Y染色体でみると、ヨーロッパ系が半数以上をしめる、ということ
が多い。つまり、征服者がやりまくったということだ。

Y染色体でみると、一般に年代が新しい結果がでる。mtDNAのほうが
古い結果になる。民族の拡散のだいたいの輪郭は両者で同じだが、
Y染色体のほうが新しいということは、そもそもmtDNAで拡散した
人類の上に、男の征服者があとから同じ経路をなぞって再度拡散
したことを表すのではないかと思う。その際、本来南方系だった
日本の縄文人の上に、北方から征服者の男集団が来たと思えばよい。

516 :出土地不明:2005/04/17(日) 00:18:46 ID:qlPwgDfa
んな事もうみんな聞き飽きただろ。

mtDNAおよびY染色体上の系統と実際系統のズレについて語ってみ。

つか、はよその段階に入れや。


517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 10:19:11 ID:Ejy6oFhY
M7aは日本起源のわけが無い。
何万年前の分岐か見てみろ。

アイヌは88%がYAP+だからベリンジア起源の北方系だ。
縄文人には一部南方系も居る、パプアニューギニア、オーストラリア原住民
と共通のDNAの人骨が出ているんだな。
しかし縄文人の大多数はRPSY-Tの1F=12f2のT系統の大陸系のDNAなのでどうしようも無い。



518 :出土地不明:2005/04/17(日) 12:17:29 ID:DKzVVMqO
だから、日本の縄文系もアイヌ系も、北方要素半分以上あるって
なんどもいってるじゃん。M7aはそれ以前の基層だ。これが3万年
前の日本韓国共通要素だ。
ちなみに、オーストラリアとパプア・ニューギニアも共通なのはある
が、それは、東南アジア系のM型なのだよ。オーストラリアでも数%で
パプア・ニューギニアにも15%くらいいる。ところが、それ以外の
系統は、オーストラリアがNで、パプア・ニューギニアは、P、Qなど
近いが、別系統。
つまり、オーストラリアやパプア・ニューギニアと共通の系統が日本
にいる、というのは、それは東南アジアに多いM系統をそのまま指す
わけだ。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:58:05 ID:Ejy6oFhY
M7aが3万年前ならそれは基層だが南方系ではない。
南方系は起点にはなれないのだ。
古いDNAで日韓共通なのはM7aなどという少数派ではなく、
ブリヤートと共通の大陸系の1FやTだからだ。
つまり、
M7aは北方起源で3万年前に分岐し周辺に残る少数派と言うことだ。
縄文人の大多数はRPSY-Tの1F=12f2のT系統の大陸系のDNAなのでどうしようも無い。



520 :出土地不明:2005/04/17(日) 19:31:29 ID:qlPwgDfa
もういいから、

mtDNAおよびY染色体上の系統と実際系統のズレについて語ってみな。




521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:46:41 ID:Ejy6oFhY

染色体上の系統と実際系統のズレ?
ズレているのはチミの頭だ。
ズレなど無い。
染色体と違う系統が存在するのか?

2chだけあってずいぶん馬鹿も居るもんだな。

522 :出土地不明:2005/04/17(日) 20:13:30 ID:qlPwgDfa
馬鹿はお前。

mtDNAおよびY染色体上で出されてくる系統の割合は、

直接的な実際の人種系統の割合ではない。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 20:24:46 ID:Ejy6oFhY

系統の割合?

なんだそれは。
どうも言語障害も居るようだな。
うくくく。


524 :出土地不明:2005/04/17(日) 20:30:21 ID:qlPwgDfa







◎ミトコンドリアDNAの可能性と限界

http://www.dai3gen.net/mt00.htm







525 :出土地不明:2005/04/17(日) 20:31:09 ID:qlPwgDfa
MtDNAは母親からしか遺伝しない。父親が持つMtDNAは子に一切伝わらないのだ。
これは卵子の受精時に父親のMtDNAが消失することが確かめられているそうだ。
これは一つの利点でもあり、また良く認知されるべき弱点だ。
すなわち、利点としては、ヒトの系統を考えるに際して父母の両系統を考慮
せねばならないことが物事を甚だ複雑にしているから、母系だけでも明確に
筋道を立ててくれる手法として現在では恐らく最強のものであろう。
一方、そのこと自体が弱点でもある。云うまでもない「母系しか判らない」(注)
ということだ。これはどういうことを意味するか、というと、先住民女性(1F)
と渡来人男性(1M)が娘(2F)を設けた。その娘(2F)はMtDNAでは母親のもの
だけを継承するが形態(歯、骨、身長、などなど)は平均して言えば父母から
半々に受継ぐ。その娘(2F)が成長して、渡来人男性(2M)と結婚してまた娘
(3F)が出来たとしよう。この娘3FのMtDNAは母(2F)のもの=祖母(1F)の
ものと一緒だ。しかし、3Fの形態は(2Fの形態が既に先住民形態と渡来系形態
が半々になっているので)先住民形態:渡来人形態=1:3となる。
これを繰り返して行くと、n代目の娘(nF)は、MtDNAでは先住民だが、形態は
殆ど渡来系、ということになる。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 20:49:14 ID:Ejy6oFhY

論理的に丸で駄目だな。
形質などいまさら古すぎる、せいぜい傍証だ。
だから遺伝子が使えるのではないか。

527 :出土地不明:2005/04/17(日) 21:33:11 ID:qlPwgDfa
そのmtDNAとY染色体のシステム自体が直接的な系統を表すもの
ではなく、ただひたすら、母系と父系の系統を表してるだけに過ぎんの。

実際の系統はそれとは違うところにあるのに。




528 :出土地不明:2005/04/17(日) 23:41:13 ID:0oQmuTWo
>>527
これは、キリスト生誕の話をしているのかな?

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 10:29:26 ID:zcAc9B+C
>526
あははは。
母系と父系がわかればそれで終りだ。

そうかキリストの生誕を解明したいのか。
3が1で1が3という算数で解明したいんだね。

そりゃ無理だ、ごくろう。

530 :出土地不明:2005/04/18(月) 19:32:20 ID:+5NDmZW0
mtDNAやY染色体で出されてくる大雑把な系統とその割合は、
あくまで、ある数学的な規則性で母系や父系となっただけの
ウソ割合であって、実際の割合ではない。

ゆえに、mtDNAやY染色体は、あくまで母系や父系となった
非常に大雑把な人種系統とその渡来年代を知る事だけにしか使えない。

実際の割合を知るのには全く適していないし、
その系統をより細分化して詳細を知ることもできないし、
地理的にマクロなルーツさえも特定できない。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 20:09:43 ID:zcAc9B+C
ぶわっはははは。

>>>
mtDNAやY染色体は、あくまで母系や父系となった
非常に大雑把な人種系統とその渡来年代を知る事だけにしか使えない。
>>>


それだけで充分なんだよ。
現在2万人のアイヌのYAP+が現代日本人の父系の31%を占めると分かる。
だから使えるのだ。


532 :出土地不明:2005/04/19(火) 00:13:04 ID:Z5QJz1VB
>>530
かなりの譲歩だな。

実際の混ざり具合ってのは、遺伝子ごとに違う。そこに選択も入る。
よって、一人の人間をみても、ある遺伝子はもともとどこぞの民族
の系統で、別の遺伝子はまた別の民族で、となり、その混合割合は
一人の人間でも大きく違うのだよ。
これが進化論なのだ。この混ぜ合わせがいとも簡単に起こるってのが
遺伝学で判明したことだ。

人種なんて存在しない。それが最新の科学でわかったことだ。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 00:43:29 ID:Lv/TfrTp
人種は存在する。

それぞれが集団になり領土が出来
言語・文化ができれば民族が出来る。

そのなかで形質が違うのは別の人種だ。
遺伝子まで違えばさらに明確になるわけだ。

534 :出土地不明:2005/04/19(火) 19:07:07 ID:Y8BdaXxC
>現在2万人のアイヌのYAP+が現代日本人の父系の31%を占めると分かる。
>だから使えるのだ


ある数学的な法則上に、渡来順序や非常に複雑な人間的な力関係や
交情など、様々な要因が重なって水増しされている数学上だけの
ウソ割合による31%なんだから、実際の割合はほんの数%かもしれ
ないんだよ。

mtDNAやY染色体では実際の系統の割合を知る事はできない。

あくまで母系と父系となった系統を知る事のみにしか使えない。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 20:52:26 ID:Lv/TfrTp
系統で充分なんだよ。
実際の割合はnが増えれば信頼度が増すだけだ。

悔しかったら反証を出せば。

飛行機も無い時代に
アイヌと沖縄にYAP+が高率に分布する
ということはどう言うことか考えるんだね。


536 :出土地不明:2005/04/19(火) 21:18:49 ID:Y8BdaXxC
そうか、悔しいのか。
核心を突かれて、さぞや悔しい事だろう。

あくまでmtDNAとY染色体上で父系と母系と出てきた系統のウソ割合であって、
実際の割合じゃない。

過去にこんな系統がいましたよ、残存している本当のところの割合は
分かりませんが、という程度にしか使えない。

分かる事と言えば過去にやって来た大雑把な系統だけ。
現在の実際の系統には使えないのだ。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 22:14:37 ID:Lv/TfrTp

だからそれを証明しろと言ってるの。
反証のひとつもないかぎり駄目だな。



538 :出土地不明:2005/04/19(火) 22:26:13 ID:0o7d8222
>>536
実際の系統ってなんだ?

系統は、mtDNAとY染色体でしっかりわかるぞ。
それと、「実際の系統」との違いってなにを求めているのかな?

ようするにAさんという人をしらべたときに、
「Aさんは、モンゴル系40%、韓国系20%で、中国系10%と縄文系が30%
です」
とかいう答えが出てくる仕組みがほしいのか?それとも地域ごとの
系統の比率か?なにが知りたい?

539 :出土地不明:2005/04/19(火) 22:47:08 ID:Y8BdaXxC
もちろん実際の系統の割合という意味だよ。
mtDNAとY染色体上で出される系統の割合はウソ割合だから。
国籍なんかで括る事など無理な事は承知だろ。

非常に大雑把な系統が分かるだけで、それ以上の地理的に
詳細な系統までは探れない事も実際の系統には使えないね。

540 :出土地不明:2005/04/19(火) 23:32:35 ID:INKi8E7+
>>539
では、聞こう。
ある適度に孤立した地域に、A民族とB民族がやってきた。
まあ、ほぼ同時にきたことにする。もちろん、両者はその地域に
くるまでは、互いに会ったこともない民族同士なので、言語も風習
も大きく違うとしよう。また、両者はほぼ同数でやってきたとしよう。
さて、まあ、特別争いをする必要がなかったので、両者はまあ、
隣り合ったところに集落をつくり、平和共存したとしよう。で、その
うちに、次第に互いの言語もわかるし、また文化もわかるようになり
通婚もするようになる。がしかし、それでも数世代をかさねても、
混血の人というのはそれほどドラスティックに増えるわけではある
まい。

さて、そうするうちに、実は両者はほんのちょっとだが、文化的な違い
などにより、人口増加率が多少違う。そこで、だんだんとまざりながら
Aの民族の純血のものが全体の人口の1/2をしめ、そして、混血が、
1/4をしめ、そして、Bの民族が、1/4となった。さらにしばらくすると
Aの純血は、そのまま1/2で、Bの民族の純血は消滅して、混血が1/2に
なった。

さて、系統の違う民族の割合というのは、この場合どういう割合なのだ
ろうか?最初に二つの民族が出会ったときの1/2ずつ、というものなの
か、それとも、最終的な遺伝的にわかる系統としてAが3/4で、Bが1/4
というものなのだろうか?
mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系
と男系で違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な
遺伝的混合率はわかる。
他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的には、これだ。HLAでも、Gm
でも、なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
二つの民族が出会った当初の混合比率を求めるには、可能だとしたら、
その時代の墓を暴いて、mtDNAで系統を調べるしかないだろう。

さて、なにがしりたい?

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 01:32:17 ID:eK0e77VG
つまり、
飛行機も無い時代に
アイヌと沖縄にYAP+が高率に分布する
ということはどう言うことか考えるんだね。




542 :出土地不明:2005/04/20(水) 03:30:25 ID:qy2AHyoW
ほう

543 :出土地不明:2005/04/20(水) 20:06:50 ID:MdTCUmr0

古代、横浜市にあたる地域(武蔵国久良岐郡・橘樹郡・都筑郡)に新羅郡が置かれ、朝鮮系渡来人の入植がおこなわれたという歴史があるため、その所縁の地名が多く残っている。
「かながわ」の名は、昔、神奈河、神名川、上無川などとも書かれてきたが、これらはみな古代の「韓川」が語源とされる。「寒川」なども語源を辿ればそうなる。
このように地名が変化したのは「韓」という文字を忌避するために様々な当て字がされたためと考えられている。これらが変化して神奈川になったのである。

544 :出土地不明:2005/04/20(水) 20:19:13 ID:UhYxELtK
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。

出ない。割合はウソ。
mtDNAやY染色体で出されてくる大雑把な系統のその割合は、
あくまで、ある数学的に規則的なシステムによって母系や父系と
なってしまうだけのウソ割合であって、実際の割合ではない。

先に居る系統ほど割合に有利に働いてしまう遺伝システム。

渡来順序や渡来数やその男女の比率や集団同士の人間的な力関係による
男女の交情の格差など、複雑極まりない様々な要因が重なって
実際の系統の割合は全然違っている。

545 :出土地不明:2005/04/20(水) 20:20:24 ID:UhYxELtK
>他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的には、これだ。HLAでも、Gm
>でも、なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。


ほーう、で、そのソースは?

546 :出土地不明:2005/04/20(水) 23:27:57 ID:gUarn+ZR
>>544
あー、やっぱりわかってないね。割合はでるのだよ。
たとえば、mtDNAのハプログループが、ある民族(たとえば、
どこぞのネイティブアメリカンとか)で、Aが、30%で、
Bが、15%で、Cが20%で、Dが10%で、その他が、25% だとすると、
これが、そのまま遺伝子の存在比率だね(もちろんサンプリング
の数で、多少ゆらぐけどね、まあ1万人くらいのデータが
あれば、かなり正確)。

Aの人は、女系たどって、全部Aの祖先の一人の女性にいきつくし、
Bの人はやっぱりそうだし、CもDもってことだ。
だから、割合はきっちり出る。

ただ、女性の祖先にさかのぼれるからといって、男性はどうかと
いうと、これはいろいろな男性が必ずいて、それでまざるわけだから
形質がどうなるか、あるいは個々の遺伝子がどうなるかは全く
話はべつ。ただし、mtDNAについていえば、確実に割合が出ている
わけだ。

そこがわかっていないわけだね。やっぱりもうすこし勉強しなさい。
>>545
なんだ、こんなのは、ソースしめすまでもない、常識以外のなにもので
もないぞ。よーするに、もしかして、なにもわからずに議論しているの
ではないか?

547 :出土地不明:2005/04/21(木) 00:03:14 ID:l6uPYnC4
そりゃ割合は出るだろ。
ただその割合は直接的な系統の割合を表しているではなく、
特別なシステムで系統を決定された間接的なウソ割合。

ほーう、HLAもGMも母系や父系で表される間接的な割合なのかな?



548 :出土地不明:2005/04/21(木) 00:07:57 ID:mbCgD437
このスレ、鬼塚常駐してる?

549 :出土地不明:2005/04/21(木) 01:01:59 ID:mfRQX/Tn
>>547
で、その特別なシステムとは?なに?
で、最初の質問に戻るぞ。で、いつの時点の、どんな混合比率が
知りたい?

550 :出土地不明:2005/04/21(木) 18:51:24 ID:QcxnXF6i







◎ミトコンドリアDNAの可能性と限界

http://www.dai3gen.net/mt00.htm








551 :出土地不明:2005/04/21(木) 18:52:21 ID:QcxnXF6i
MtDNAは母親からしか遺伝しない。父親が持つMtDNAは子に一切伝わらないのだ。
これは卵子の受精時に父親のMtDNAが消失することが確かめられているそうだ。
これは一つの利点でもあり、また良く認知されるべき弱点だ。
すなわち、利点としては、ヒトの系統を考えるに際して父母の両系統を考慮
せねばならないことが物事を甚だ複雑にしているから、母系だけでも明確に
筋道を立ててくれる手法として現在では恐らく最強のものであろう。
一方、そのこと自体が弱点でもある。云うまでもない「母系しか判らない」(注)
ということだ。これはどういうことを意味するか、というと、先住民女性(1F)
と渡来人男性(1M)が娘(2F)を設けた。その娘(2F)はMtDNAでは母親のもの
だけを継承するが形態(歯、骨、身長、などなど)は平均して言えば父母から
半々に受継ぐ。その娘(2F)が成長して、渡来人男性(2M)と結婚してまた娘
(3F)が出来たとしよう。この娘3FのMtDNAは母(2F)のもの=祖母(1F)の
ものと一緒だ。しかし、3Fの形態は(2Fの形態が既に先住民形態と渡来系形態
が半々になっているので)先住民形態:渡来人形態=1:3となる。
これを繰り返して行くと、n代目の娘(nF)は、MtDNAでは先住民だが、形態は
殆ど渡来系、ということになる。

552 :出土地不明:2005/04/21(木) 19:02:50 ID:QcxnXF6i
>>546
>他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的には、これだ。HLAでも、Gm
>でも、なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。


ほ〜お、で、これのソースは?
その常識が分からないから。

HLAとGM遺伝子の系統の割合が、母系や父系で表される間接的な
割合なのか全く知らなかったものだからね。

553 :出土地不明:2005/04/22(金) 14:37:40 ID:MsJQJ0iG
古い本ですが      坂元宇一郎著『顔相と日本人』を読んだことありますか?          なかなか面白かったですよ。

554 :出土地不明:2005/04/22(金) 17:17:40 ID:0r5uYyre
>>541>>546
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系
>と男系で違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な
>遺伝的混合率はわかる。
>他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的には、これだ。HLAでも、Gm
>でも、なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
>なんだ、こんなのは、ソースしめすまでもない、常識以外のなにもので
>もないぞ。よーするに、もしかして、なにもわからずに議論しているの
>ではないか?

おや?その常識のソースはどうした?
早くしてくれないか。もう丸二日も待ってるぞ。

HLAとGM遺伝子で出されてくる系統の割合が、母系や父系で間接的に
系統の割合が出されるmtDNAと全く同じシステムであるという事を
早くみんなに教えてやってくれ。

555 :出土地不明:2005/04/22(金) 21:47:49 ID:bOXhzwsR
>>554
は?

常識にはソースはないんだよ。
それに、そもそも、理解できていないようだね。
HLAとGMとそれに、mtDNAは、どれも「別の遺伝マーカー」だ。
だから、交配時に、それぞれが子供に伝わるかどうかは確率的
な問題。よって、最終的な結果も違う。それに、ものによっては
自然選択の対象でもある。

さて、なぜ常識か、簡単だろ。

100人の人間がいて、mtDNAのハプログループAをもったものが50
人いたとする。この場合、最終的な遺伝子の比率は、50%だ。
これが理解できないかね?
ほかもそうだ。
血液型で、とりあえずO型が存在しないとすると(これは面倒だから)、
100人のうち、A型が40人、B型が40人、残りがAB型で20人とすると、
A型の遺伝子は、40x2+20で、100、そして、B型の遺伝子は、40x2+20
で、100。つまり、この集団では、A型遺伝子の頻度は、50%で、B型
は50%だ。

この計算はできるかね?これは遺伝学では常識だ。よってこれを議論
する論文などの学術文献はない。

もしかして、通時的とか共時的とか、そういうことをまったく理解して
いないのかな?

で、聞きたいのは、なにが、「人種混合の比率」なのか?ということ
だ。前にも書いた通り、それは、「人種が混ざる直前の人口比率」
なのか、「最終的にまざったあとの遺伝子マーカーの比率」なのか、
いったい何が知りたい?
で、いっておくが、現代人の遺伝子マーカーからわかることは、
現代における遺伝子の比率だけだ。過去にさかのぼることはできない。
ただし、遺伝子マーカーごとに、拡散のしかたは違うし、確率的にも
揺らぐので、結果は違うものになる。それに、多くの場合、もとの
二つの集団が混合する段階で、それぞれの集団自体も、単一の形質で
あるわけではない。そりゃ、一卵性の100生児の男の集団と一卵性の
100生児の女の集団が集団結婚したというようなとんでもないこと
があれば、話はべつだがな。これは不可能だ。
いっていることはわかるか?

556 :出土地不明:2005/04/22(金) 22:22:13 ID:0r5uYyre
>>555
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系
>と男系で違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な
>遺伝的混合率はわかる。
>他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的には、これだ。HLAでも、Gm
>でも、なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
>なんだ、こんなのは、ソースしめすまでもない、常識以外のなにもので
>もないぞ。よーするに、もしかして、なにもわからずに議論しているのではないか?

おんや〜あ?質問を間違えているようですねえ。

私が聞いているのは、HLAとGM遺伝子で出されてくる系統の割合が、
母系や父系で間接的に系統の割合が出されるmtDNAと全く同じシステムで
あるという事をソースを出してみてくれと言っているのだよ。

論より証拠。さあ、早く出してみなさい。もう丸二日も待っているぞ。

557 :出土地不明:2005/04/22(金) 22:46:16 ID:GO7bv66E
>>556
だから、何の系統の割合を知りたいのだ?
いつの時点での系統の割合だ?

それを決めなければ、なにも議論はできないぞ。どうだ?

558 :韋駄天はふと考えた:2005/04/23(土) 05:28:36 ID:Nh+/+EYb
人権擁護法案は日本から自由を奪い取る法案です

人権擁護法案が成立すると、マスゴミが誰かを差別する発言をしても
人権委員会からは礼状なしの家宅捜索及び強制呼び出しは受けないが、
まったく同じ発言を個人がした場合には、人権委員会からは礼状なしの
家宅捜索及び強制呼び出しは受けることになる。
またその呼び出しを拒否すれば一方的に罰金が科せられるという法律が
人権擁護法案である。

つまりマスゴミが差別発言をしても犯罪とはみなされないが、個人が同じ
差別発言をすれば犯罪者として氏名住所がさらされてしまう。
しかも人権委員会の権限は裁判所や警察より絶大で、過去の特高警察や
戦時下のドイツのゲシュタポと同じ権限を持って、独断で持って国民を
犯罪者に仕立て上げることができるという恐怖の法律である

しかも差別発言という極めてあいまいな表現では、どんな正しく真実の言葉も文章も
人権委員会が差別発言だと言い張れば、たちまち違法で差別的な言葉や文章にされてしまい、
それをしゃべったり書いたりした者は犯罪者として扱われてしまう。

こんな悪法いままで見たことがない。
こんな史上最悪な法律が国会を通過してしまえば、日本から正しい情報や
真実の情報はすべて闇に葬られて、権力者やマスゴミの思い通りの情報しか
国民に知らされなくなってしまう。

民主主義を愛する者達よ!みんなの力でこの史上最悪の悪法を潰そうではないか

559 :出土地不明:2005/04/23(土) 15:28:52 ID:MFk9vtbx
>>555ってアニオタ、ギャルゲーオタの鬼塚健太郎?
要点を書かず、妄想だらけで、長文ウザーな感じがそっくりなんだけどw

ここでも石器製作遺伝子がどうのこうの言って叩かれてたよね?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1106484875/

560 :出土地不明:2005/04/23(土) 21:02:16 ID:S8xhA/xL
>>557
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系と男系で
>違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な遺伝的混合率は
>わかる。他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的にはこれだ。HLAでも、Gmでも、
>なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
>なんだ、こんなのは、ソースしめすまでもない、常識以外のなにものでもないぞ。
>よーするに、もしかして、なにもわからずに議論しているのではないか?

質問を間違えているようですね。それかトボケていらっしゃるか。

私が聞いているのは、HLAとGM遺伝子で出されてくる系統とその割合が
直接的なものではなく、mtDNAやY染色体と同様に母系や父系だけで間接的に
系統とその割合が出されてくるシステムという事をソースを出してみて
くれと言っているだけですよ。

論より証拠。もう丸三日も待っているぞ。さあ、早く出しなさい。

561 :出土地不明:2005/04/24(日) 17:13:26 ID:yUmPrnMJ
>>560
あー、そういうこと。こんなのソースにあるわけないじゃん。基本も
基本で、常識だ。
HLAだろうが、GMだろうが、とりあえず、自然選択の影響がないとすると
血液型と同じように遺伝子が拡散するから、そこで、まあ、簡単のため
に、血液型で話をしようか。
二つの民族がいて、一方はA型のみ、もう一方はB型のみからなるとし
ようか。A型民族が10人で、B型民族が10人だ。とすると、遺伝子の頻度
は、最初の状態では、A型遺伝子は、10x2で20、B型も同じ。よって
比率としては、当然50%ずつになる。
さしあたり、最初は、A型民族の女とB型民族の男、ということで、合同
混血結婚が行われたとすると、二世代目は、全員AB型になるわけだ。
その場合も、当然、遺伝子の比率としては、AもBも半々だな。
さて、それでは、二世代目どうしが結婚して生まれる子供はどうなるか
というと、親は男女とも全員AB型なわけだ。で、生まれる可能性のある
子供は、A型とB型とAB型で、それぞれ1:1:2の確率で生まれてくる。
ところが、これはあくまでも確率の問題だから、当然、ある家族では、
A型の子供が2人とAB型が1人でB型が1人という家族もあるだろうし、
そうでない家族もある。
人数が少ない場合は、この揺らぎが全体に影響するから、三世代目以降
では、A型とB型の遺伝子の比率は、50% 50%ではなくなるわけだ。
この揺らぎの影響が世代を重ねるごとに、揺り返しもあるのだが、最終
的にどうなるかというと、AとBとの遺伝子比率が50% 50%から大きくはず
れることがある。よって、最終的な遺伝子比率は、その二つの民族の
最初の比率とはかぎらない、ってことだ。
mtDNAとY染色体は、それぞれ、女系、男系の祖先を確実にたどれるので
「現在の人口にしめる、祖先の遺伝子の比率」を正確に求めることがで
きる。がしかし、それは最初の民族混合が起こったときの比率を反映し
ているわけではない、っていうのも事実だ。

GM遺伝子にせよ、HLAにせよ、実は自然選択と大きな関係がある。
だから、上のような確率論は実際にはなりたたず、特定の民族では、
初期段階で存在していた特定のハプロタイプが、世代を重ねるごとに、
淘汰されて消滅することもある。

mtDNAやY染色体の場合は、たとえば、mtDNAのT型は、女系がつよく、
その家系で生まれた男性は不妊であることが多いなどの理由で、T型
は子孫が続くかぎりで、数を増やす傾向にある。もちろん、そうなる
と平衡点に収束するのだが、それも数が多い場合に限られる。
Y染色体の場合は、やりまくり男がいると、その子供も男でしかも、
やりまくり男の場合があるので、子孫の数はどんどん増える。

よって、いかなる遺伝子マーカーでも、最初の民族混合時の比率は、
現在の遺伝子比率からの推定しかできないわけだ。いわゆる確率的
な最尤推定以外には方法がない。

揺らぎの影響を受けやすいのは、おそらく、mtDNAやY染色体のほう
だろうが、GMやHLAは、今度は自然淘汰の影響を受ける。どちらも、
50歩100歩であることには違いはない。

562 :出土地不明:2005/04/24(日) 19:55:41 ID:BdI0KdSR
>>561
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系と男系で
>違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な遺伝的混合率は
>わかる。他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的にはこれだ。HLAでも、Gmでも、
>なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
>なんだ、こんなのは、ソースしめすまでもない、常識以外のなにものでもないぞ。
>よーするに、もしかして、なにもわからずに議論しているのではないか?

誰もそんな事を聞いておりません。質問を間違えているようです。

私が聞いているのは、HLAとGM遺伝子で出されてくる系統とその割合が
父母両方から受け継ぐ直接的なものではなく、mtDNAやY染色体と同様に
母系や父系の単体だけで間接的に系統とその割合が出されてくるシステム
であるいう事のソースを出してみてくれと言っているだけですが。

論より証拠。もう丸四日も待っているぞ。さあ、早く出しなさい。

563 :出土地不明:2005/04/24(日) 22:05:54 ID:BdI0KdSR
>mtDNAとY染色体は、それぞれ、女系、男系の祖先を確実にたどれるので
>「現在の人口にしめる、祖先の遺伝子の比率」を正確に求めることができる。


出ない。割合はウソ。
mtDNAやY染色体で出されてくる大雑把な系統のその割合は、
あくまで、数学的に先に居る系統ほど割合に有利に働く規則性を持つ
遺伝システムによって母系や父系の系統と出されてくる間接的なウソ割合で
あって、実際の割合ではない。

渡来順序や渡来数やその男女の比率や集団同士の人間的な力関係による
男女の交情の格差など、複雑極まりない様々な要因が重なって
実際の系統の割合は全然違っている。

564 :出土地不明:2005/04/25(月) 11:34:01 ID:8uXvZ69B

馬鹿だな。

ほれ簡単なことだ、
飛行機の無い時代に
アイヌに88%のYAP+が
沖縄にも50%残る理由を考えろ。

565 :出土地不明:2005/04/25(月) 19:16:08 ID:1qr11u+1
>>561
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系と男系で
>違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な遺伝的混合率は
>わかる。他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的にはこれだ。HLAでも、Gmでも、
>なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
>なんだ、こんなのは、ソースしめすまでもない、常識以外のなにものでもないぞ。
>よーするに、もしかして、なにもわからずに議論しているのではないか?

もう5日も経ちましたよ。ソースが出せないようですね。

では、上記で貴方の意図するHLAとGM遺伝子で出されてくる系統と
その割合が、父母両方から半々で受け継ぐ直接的なものではなく、
mtDNAやY染色体と同様に母系や父系の単体だけで間接的に系統と
その割合が出されてくるシステムであるいう事は、貴方の妄言で
あったと判断しますが。
よろしいですね?

566 :出土地不明:2005/04/25(月) 21:09:10 ID:8L/GJ/DR
>>565
ソースなんてあるわけないだろ。
そんな疑問が学問的な対象になるはずがない。
まず、mtDNAを除くと、あんたの体には、約30億の塩基対からなる
ゲノムがある。それらはすべて、祖先から受け継いだものと若干の
独自改変からなっているわけだ。
10世代さかのぼれば単純計算で、1024人の祖先がいる。
100世代さかのぼれば約百万人の祖先がいる。100世代は、たった
2000年か3000年前のことだ。当時の日本列島の人口が100
万人を越えていたとも思えないから、外部から流入がなければ、すべて
が祖先といってもよい話だ。
遺伝子の数は数万あるわけだから、それぞれの遺伝子が祖先からうけつ
がれたと考えれば、数万人の祖先からそれら遺伝子を受け継いだことに
なるだろう。


> では、上記で貴方の意図するHLAとGM遺伝子で出されてくる系統と
>その割合が、父母両方から半々で受け継ぐ直接的なものではなく、
>mtDNAやY染色体と同様に母系や父系の単体だけで間接的に系統と
>その割合が出されてくるシステムであるいう事は、貴方の妄言で
>あったと判断しますが。
>よろしいですね?

私がいついったのか、そのソースをだせ。こんなことは一言もいって
ないぞ。どこでいった?このスレのどこにそれがある?出せ。

567 :出土地不明:2005/04/25(月) 21:23:57 ID:1qr11u+1
>>566見えないんですか?
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系と男系で
>違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な遺伝的混合率は
>わかる。他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的にはこれだ。HLAでも、Gmでも、
>なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系と男系で
>違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な遺伝的混合率は
>わかる。他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的にはこれだ。HLAでも、Gmでも、
>なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系と男系で
>違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な遺伝的混合率は
>わかる。他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的にはこれだ。HLAでも、Gmでも、
>なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系と男系で
>違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な遺伝的混合率は
>わかる。他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的にはこれだ。HLAでも、Gmでも、
>なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。

568 :出土地不明:2005/04/26(火) 17:36:46 ID:fSkh1HdC
金田一京助先生の「古代蝦夷とアイヌ」って本がなかなか興味深いよ。

569 :出土地不明:2005/04/26(火) 21:29:54 ID:gt30JlD2
[A]
>mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出る。もちろん、女系と男系で
>違うこともあって、Y染色体でそれを補完し、両者の平均的な遺伝的混合率は
>わかる。他の遺伝マーカーで求めるのも、基本的にはこれだ。HLAでも、Gmでも、
>なんでも、結局は、最終的な割合を求める点では同じ。

をどう読むと、

[B]
> では、上記で貴方の意図するHLAとGM遺伝子で出されてくる系統と
>その割合が、父母両方から半々で受け継ぐ直接的なものではなく、
>mtDNAやY染色体と同様に母系や父系の単体だけで間接的に系統と
>その割合が出されてくるシステムであるいう事

という意味になるのか、知りたいぞ。
うーん、こういうことだったのか。

まず、両者が全く同じ意味であることを立証してくれ。

私が、書いた[A]は、当たり前すぎて、ソースなどあるはずがない。
[B]は、全くの大間違いなので、当然、ソースなどあるはずがない。

570 :出土地不明:2005/04/26(火) 22:37:37 ID:cL1N8gus
mtDNAの系統では、最終的な遺伝的系統の割合が出るがそれは、
あくまで、数学的に先に居る系統ほど割合に有利に働く規則性を持つ
遺伝システムによって母系の系統と出されてくる間接的なウソ割合で
あって、実際の割合ではない。

それをY染色体で補完すると言うが、減数分裂過程の交叉で母系と
交換され、世代を重ねるほどに母系に少しずつ変えられてしまうと
いった、やはり先に母系が居る系統ほど必然的に割合に有利に
働いてしまう遺伝システムなのであって、正確な割合ではないのだ。

実際の割合でないものに不正確な割合なもので補完して、
どうして正確な平均的の遺伝的混合率が出てくるのか。

571 :出土地不明:2005/04/27(水) 22:53:10 ID:XmBd2Pch
アニオタ、ギャルゲーオタの鬼塚健太郎常駐してない?
要点を書かず、妄想だらけで、長文ウザーな感じがそっくりなんだけどw

ここでも石器製作遺伝子がどうのこうの言って叩かれてたよね?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1106484875/

572 :出土地不明:2005/04/27(水) 23:11:44 ID:/GebizYz
>鬼塚健太郎


この人、相当な虚言家。

573 :出土地不明:2005/04/27(水) 23:31:48 ID:DavLNs9d
>>570
おそらく、逆に理解していると思う。
わかりやすい例として、Y染色体のほうを考えよう。mtDNAはそれほど
でもないのだが。民族 M は、Y染色体のハプログループがMで、
民族Nは、ハプログループがNとする。そこで、たとえば、最初は、民族
は半々で合流して一緒に暮らし始めたとする。ところが民族Mが、
リーダーシップをとって王になり、その王が、それこそそこら中の
女性との間に子供をつくり、かつ、その王の系譜が栄えたとしよう。
そうすると、Y染色体のハプログループMが、非常に多くなり、Nを
駆逐することがある。実際にアメリカのインディアンではそういう
現象があって、現在では、インディアンの約半数は、ヨーロッパ系の
Y染色体ハプログループをもっている。また、ジンギスカンのY
染色体がどうのこうのというのも、基本的にはこの話だ。

ところが、血液型を例にして、血液型A民族とB民族の場合を考えると、
かりに、A民族から王が出て、その系統が徹底的に子孫を残したとして
も、女性のほうにAとBが半々いれば、生まれてくる子供は、AとAB型
が半々になり、王の系譜の中にもBが混ざる。

ということは、先住民とあとから流入してきた民族との合流において、
もとの先住民のものが残りやすいのはどちらか、というと、仮に、
流入してきた民族が、勢力として強い場合には、Y染色体はそれを
反映しやすく、一挙に先住民のY染色体ハプログループを消滅寸前ま
でおいこむことがある。一方、HLAやGmなどは、そこまで過激な変化
はないだろう。血液型の場合と同じだ。

ただ、何度もいうように、どちらにしても、mtDNA以外は、現在におけ
るサンプルの中でそれらの遺伝子がどれくらいの頻度で存在するかの
割合を求めるだけであって、歴史をさかのぼることはできない。
mtDNAは、細胞内に多数(数十から数千)同じDNAが存在するので、化石
に近い状態でも採取できる。よって、現在までにもっとも古くて6万年
前のものの配列を解明した例があるし、また、世界各地において、遺跡
の中の人骨のmtDNAを採取した例が多数ある。アメリカのインディアン
の場合は、現代人では既にヨーロッパ系やアジア系が混ざり込んでいて
詳しいことはわかりにくいが、ミイラなどからのmtDNAの系統をしらべ
ることで、ヨーロッパ人の流入以前の状態も復元できる点で優れている。

574 :出土地不明:2005/04/29(金) 23:10:04 ID:zYU/ITxR
なんか当たり前の事を長々と書いているだけだな。

ネイティヴアメリカンのヨーロッパ系の渡来系のY染色体に半数近くを
乗っ取られた現象を例に挙げているが、アメリカ大陸にヨーロッパ系
の渡来系が入ってきてまだ500年ほどしか経っていないんだよ。
しかも、その間にそのヨーロッパ系の渡来系の流入が途切れた事も無い。

俺が言っているのは数千年規模のもっと長いスパンだし、
その渡来数も制限されている場合だよ。

あくまでもY染色体は減数分裂の過程で交叉して母系と交換され、
世代を重ねるほどに母系に少しずつ変えられていく。
先に母系が居る系統ほど必然的に割合に有利に働いてしまう
遺伝システムなのであって、世代を重ねるほどに正確な割合では
なくなっていくのが基本。

575 :出土地不明:2005/04/29(金) 23:30:40 ID:Snae8RmM
>>574
質問。もしや、mtDNAと、Y染色体をごっちゃにしていないか?
Y染色体は明らかに、一つの男系家族のものが圧倒的な多数になること
がある。mtDNAは、そこまでいかんのであるが、こっちはこっちで、
たとえば、ハプログループのTのように、そのmtDNAをもつ男性を不妊に
する(完璧ではないが、生殖成功率を著しく低くする)などのパワー
をもったものもいて、こういう仕組みがしっかりわからないと、どうい
う形で、頻度分布に影響するかわからない。

アメリカ大陸のネイティブアメリカンについては、実際に、非常に、
アイソレートした民族を対象にしている。mtDNAでは、あきらかに、
ネイティブアメリカンらしいものであったが、Y染色体はそうでは
なかった。半数が、ヨーロッパ系だったわけだ。

でその、次の文章が全く遺伝学的にみて意味不明なんだが。

あくまでもY染色体は減数分裂の過程で交叉して母系と交換され、
世代を重ねるほどに母系に少しずつ変えられていく。
先に母系が居る系統ほど必然的に割合に有利に働いてしまう

まず、Y染色体は、男性以外は持っていない。持っていたらほぼ確実
に男性になる。性染色体異常であっても、Y染色体がそろっていたら
確実に男になるのが人間の場合だ。よって、これが、母系と混ざるとか
交換されるということはない。

先住民系がmtDNAの点で有利と考えるなら、それは、あとから来た人々
が女性を伴わず、男性が主体できた場合をさしているかもしれないが、
それは、たしかに近代においてはそういう傾向があったことは事実だ
し、たとえば、弥生時代においても、その可能性はあったかもしれな
い。しかし、これは遺伝学だけでなく、社会学や歴史学、文化人類
学をも考慮して、考えていかなければ成らない問題だ。

っていうか、むしろ、mtDNAは、当初の「女性」の数の比率をかなり
的確に表しているといえる。というのは、女性の生涯出産回数は、
男性の子孫を残す数よりはずっと安定しているからだ。

また、縄文時代から弥生時代への変遷を考えると、縄文時代を、かり
に移動しながらの狩猟採集生活が主であるとすると(この仮定は、かな
り間違っていると思うが)、この場合、女性の出産回数は少ない。
それに対して、弥生人の渡来系が農耕民であったなら、出産回数は、
数倍多い。よって、その点からすると、あとからきた渡来系の住民の
ほうが、出生率も高く、結果mtDNAにもそれが反映されている可能性
がある。まあ、縄文時代末期は定住生活はしていたと思うので、そ
れを度外視すると、むしろ、後期旧石器人だったM型をもつ人々と、
その後に入ってきたA,B,C,D 型(いずれもmtDNAのハプログループ)の
人々の交流で、M型が根強く残った理由が面白いだろう。おそらく、か
なりの数が残った、ということだ。
遺伝システムなのであって、世代を重ねるほどに正確な割合では
なくなっていくのが基本。

576 :出土地不明:2005/04/30(土) 00:00:29 ID:jFjFD6Zc
>まず、Y染色体は、男性以外は持っていない。持っていたらほぼ確実
>に男性になる。性染色体異常であっても、Y染色体がそろっていたら
>確実に男になるのが人間の場合だ。よって、これが、母系と混ざるとか
>交換されるということはない。


減数分裂では,母親と父親から受け継がれた遺伝情報は相同染色体間の
交叉あるいは交換を通して再び統合される。

http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=21/s286.html


577 :出土地不明:2005/04/30(土) 00:25:50 ID:o8FTlGFK
>>576

あの、性染色体って知ってる?
説明しよう。通常の人間には、全部で、46本の染色体がある。
これらは、22本の通常の染色体が二つずつと、性染色体二つで、
合わせて、22x2+2 で、46だ。この算数はわかるかな?

さて、性染色体には、XとYがある。人間の場合、性染色体が、
Xが二つなら、女性に、XとYなら、男性になる。で、たしかに、
X染色体とY染色体は対になって、ごくごく一部の交叉があるが、
それはごく一部だ。

女性の卵子は、もともとX染色体しかない細胞からつくられるので、
卵子には、X染色体がある。一方、男性の作る精子には、もともと
X染色体とY染色体があるから、減数分裂のときには、Xあるいは
Yのどちらか一方だけが、精子の中にある。よって、Y染色体の
ある精子が卵子に受精された場合は、男性になり、X染色体の
入った精子が受精された場合は、女性になる。

よって、Y染色体は、女性には絶対に存在しない。その遺伝子のかけ
らの一部で、とくにSRYという領域が他の染色体の一部にまざった
だけで、男性になってしまう。だから、Y染色体は女性には絶対に
存在しない。一方性染色体異常の男性でY染色体がない人もいるが、
その場合でも、SRY領域は、必ずどこかの染色体の中に潜り込んで
いる。

よって、Y染色体は間違いなく、父親から男子にのみコピーが移る
仕組みだ。
mtDNAは、女性から女性にしか移動しない。

以上、遺伝学の基礎とちょっとここ20年の成果もいれてみた。

ご紹介のページにも、以下の段落にきちんと書かれているね。

 遺伝子は(ヒトでは6万から10万個)染色体(細胞核に存在する桿状の
構造物)とミトコンドリア(細胞質にコピーが多数存在する球状の構造
物)によって運ばれる。ヒトでは,体細胞(非生殖細胞)は通常46個の
染色体をもち,それらは23の対をなしている。各対は母親から受け継い
だ1つと父親から受け継いだ1つから構成される。うち1対は性染色体で,
性別を決定する。女性は全ての体細胞の核にX染色体を2つ持ち,男性は
X染色体1つとY染色体1つ(すなわち異型染色体)をもっている。X染色
体は多くの遺伝的な素質にかかわる遺伝子をもち,これに対し小さく
て形の異なるY染色体は男性であることを決定する遺伝子をもっている。
残りの22対の染色体(常染色体)は通常相同である(すなわち大きさ,
形,遺伝子の位置と数が同じである)。生殖細胞(卵子と精子)は減数
分裂することで,染色体の数を体細胞(46個)の半数の23個に減らすが,
受胎時に卵子が精子によって受精すると通常の数を回復する。減数分裂で
は,母親と父親から受け継がれた遺伝情報は相同染色体間の交叉あるいは
交換を通して再び統合される。

578 :出土地不明:2005/04/30(土) 00:32:00 ID:jFjFD6Zc
だから、Y染色体は減数分裂で交叉あるいは交換を通して、
母親から受け継がれた遺伝情報で再び統合されて変わっていくんだろが。



579 :出土地不明:2005/04/30(土) 00:41:48 ID:o8FTlGFK
>>578
Y染色体には、母親からの遺伝情報は全く一つも、絶対に入り込まない。
減数分裂のときには、男性から、精子にしか移動しない。しかも、Y染色体
にかぎっていえば、減数分裂は全く関係ない(というと語弊があるのは、
若干のX染色体との交叉がごくごく一部だけあるからだが)。

なにがいいたい?とにかく、遺伝学の一般的な用語をきちんとつかって
かいてくれ。それも間違いなく、語彙を選択して、書いてくれ。

580 :出土地不明:2005/04/30(土) 01:03:27 ID:jFjFD6Zc
母親からの遺伝情報が絶対に入り込まないとか、
減数分裂は全く関係ないなんてウソ書いちゃダメだろが。

母親からの遺伝情報は入り込むし、減数分裂は関係ある訳だよ。

数千年数万年の長い時間で、世代を重ねるほどに、
Y染色体は母親からの遺伝情報に少しずつ少しずつ変えられていく。


581 :出土地不明:2005/04/30(土) 01:18:20 ID:wRPgALj7
>>580
あり得ない。絶対にあり得ない。
それに、Y染色体でハプログループを決めるために使われている
リージョンは、X染色体との交叉とは無関係なリージョンであって、
よって、他の遺伝情報が混ざるとかいうことはない。
それに、そのことは、配列解析からも明らかだ。
少なくとも、人類の歴史、ここ数万年については、混ざり合うことは
全くないと断言できる。まざったような場合は、かならずや、明白な
病的なものとなって、生きていけないからだ。

とにかく、それが、混ざり合うとするなら、ソースをしめせ。
もしそれが発見されているなら、絶対に学術論文として価値がある。

582 :出土地不明:2005/04/30(土) 01:31:06 ID:jFjFD6Zc

19.交叉:精子と卵子が作られる過程(減数分裂)で偶然に起こる現象で、
組み替えとも呼ばれる。一対の染色体(母親由来と父親由来)の断裂が
起こり母親由来と父親由来の染色体間での交換が起こること。

http://www.ncc.go.jp/shikoku/genetic/web/book/page25.html

583 :出土地不明:2005/04/30(土) 01:40:05 ID:wRPgALj7
>>582
だから、それは、一般の22対の染色体の間で起こる。
その場合は、交叉は「同じ対の中」でのみ起こる。

で、性染色体の場合は、対となるものはX染色体同士か、あるいは、
X染色体とY染色体ではあるが、その際、交叉が起こるポイントは、
限られたリージョンだけで、それ以外の場所で交叉が起こることは
ない。そして、Y染色体の系統探しのときには、そのX染色体との
交叉が起こる場所は避けて行われている。そして、配列解析の結果
からしても、人類全体のバラエティの中で、そこにX染色体由来の
ものが混ざり込んでいる例はない。

まったく、もしかして、中学生か?

584 :出土地不明:2005/04/30(土) 02:19:26 ID:jFjFD6Zc
>Y染色体の系統探しのときには、そのX染色体との
>交叉が起こる場所は避けて行われている。


ソースは?

585 :出土地不明:2005/04/30(土) 02:36:13 ID:G5fTuLM3
まあ、「アダムの呪い」をしっかりよめや。
ブライアン・サイクス著「アダムの呪い」ソニーブックスだっけ?
日本語版、手元にないので、ちょっとわからん。

今、原書版を読み直している。これには、すべてかかれている。
ちゃんと全部読め。もちろん、中学生なみの知識水準では、
読めない本だが、一般向けにかかれているからな。



586 :出土地不明:2005/04/30(土) 18:56:52 ID:jFjFD6Zc
>Y染色体の系統探しのときには、そのX染色体との
>交叉が起こる場所は避けて行われている。


なーんだ、やっぱりソース無いの。
じゃあ、上の発言は却下だね。

587 :出土地不明:2005/04/30(土) 23:34:02 ID:jFjFD6Zc


しかし新しい研究で研究者たちは、Y染色体が自身の中で、
DNAを高い頻度で入れ替えていることを発見した。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030623306.html


588 :出土地不明:2005/04/30(土) 23:49:07 ID:QOEArpTk
>>586-587

あのね、Y染色体のハプログループはなんのために決めるのだ?
それは、祖先の系統を明らかにするために決めるのだよ。わかる?
だから、そういう場合は、交叉などと一番縁がないリージョンを使うわけ。
そのあたりのソースとしては、河合氏のページにもあるよ。
そもそも、どこを系統を調べるために使うかは、かかれている。
だから、ソースはちゃんとあるぞ。

ただし、ソースはあるが、そのソースの内容を誤解しないためには、
最低、「アダムの呪い」を読んで理解できるだけの知識水準が必要で
あんたには、その水準がないから、ソースなど猫に小判なわけだ。
わかる?

で、>>578でいわれていることの意味わかる?男性不妊だよ。え?
わかっている。不妊って、意味わかる?辞書ひいてみ?で、不妊の
人の子孫は残るわけ?先祖に不妊の人間が多数いるなんてことが
あるわけ?あのさ、常識的な語彙ちゃんともっている?

やっぱり、あんた中学生か?いや小学生か?だったらしょうがないがな。

589 :出土地不明:2005/04/30(土) 23:55:09 ID:jFjFD6Zc
>>588
まあ、焦るなよ。
じーっくり行こうぜw

590 :出土地不明:2005/05/01(日) 00:11:52 ID:HrFjp3Tk
>>589
とりあえず、あんたが、「アダムの呪い」を読み終えるまでは、
私もなにも書き込まないことにしよう。連休中でもじっくり読みたまえ。
まあ、中学生か小学生なら、連休もとびとびだろうが、それでも、普段
よりは、時間があるだろ。ちがうか?塾が忙しいかな?

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 09:22:25 ID:2jUVbpFa
くだらん瑣末議論だのぅ。

ほれ、
YAP+がアイヌと沖縄に残る理由でもまずは考えろ。
馬鹿どもだな。

592 :出土地不明:2005/05/03(火) 13:18:49 ID:R5OEwSfb
>>591
以下読め。
http://medical.med.tokushima-u.ac.jp/jmi/vol49/pdf/v49_n1-2_p044.pdf

593 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/03(火) 15:34:12 ID:LWLsnElc


新型の逃亡術か?
無知の諸君はつらいノー。

594 :出土地不明:2005/05/03(火) 20:18:43 ID:0LwRFoIQ
いずれにせよ、mtDNAとY染色体の系統の割合は母系と父系の
単体だけで割り出された間接的な割合であり、古い系統が
新しい系統の割合を克する関係であるため、実際の割合ではない。

595 :出土地不明:2005/05/04(水) 02:48:02 ID:7h874rGT
>>594
現代人の中でだれがどの特定の遺伝マーカーをもっているか、その
特定の集団の中における、遺伝マーカーの出現頻度をもって、割合
とするのだから、特定集団のサンプル数が十分であれば、確実に、
正確に、全く間違いのない(もし全員をしらべれば)、割合という
のが出てくる。
それは、どの遺伝子においても、全く同じことだ。

ただ、そこから、過去における、その特定遺伝子マーカーを提供
した、集団の、集団初期における人数を推定するとなると、そこで
どの遺伝子マーカーにおいても、かなり怪しい推定をしないといけ
ない。それは、mtDNAであれ、Y染色体であれ、Gmであれ、HLAであれ
何でも同じことだ。
mtDNAの場合、あるいは、Y染色体の場合は、女系、あるいは男系で
しか伝わらないので、現代に反映された、集団初期の祖先の頻度を
求めることは、確実にできる。しかし、他の遺伝子では、そういう
ことを求めることはいっさいできない。
たとえば、ヨーロッパ人のmtDNAのハプログループが七種類あると
したら、現代人において、それぞれの七種類の祖先の頻度の比率は
そのまま、そのハプログループの比率そのものだ。だからといって、
過去の集団初期の比率がどうだったかは、推定する必要がある。
しかし、Gm, HLAなどでは、そういう推定も非常に怪しい。

596 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/04(水) 19:17:46 ID:EQrPGW7g
くだらん瑣末議論だのぅ。

ほれ、
YAP+がアイヌと沖縄に残る理由でもまずは考えろ。
馬鹿どもだな。



597 : :2005/05/04(水) 22:42:00 ID:I8rFeLg7







◎ミトコンドリアDNAの可能性と限界

http://www.dai3gen.net/mt00.htm









598 : :2005/05/04(水) 22:42:58 ID:I8rFeLg7
MtDNAは母親からしか遺伝しない。父親が持つMtDNAは子に一切伝わらないのだ。
これは卵子の受精時に父親のMtDNAが消失することが確かめられているそうだ。
これは一つの利点でもあり、また良く認知されるべき弱点だ。
すなわち、利点としては、ヒトの系統を考えるに際して父母の両系統を考慮
せねばならないことが物事を甚だ複雑にしているから、母系だけでも明確に
筋道を立ててくれる手法として現在では恐らく最強のものであろう。
一方、そのこと自体が弱点でもある。云うまでもない「母系しか判らない」(注)
ということだ。これはどういうことを意味するか、というと、先住民女性(1F)
と渡来人男性(1M)が娘(2F)を設けた。その娘(2F)はMtDNAでは母親のもの
だけを継承するが形態(歯、骨、身長、などなど)は平均して言えば父母から
半々に受継ぐ。その娘(2F)が成長して、渡来人男性(2M)と結婚してまた娘
(3F)が出来たとしよう。この娘3FのMtDNAは母(2F)のもの=祖母(1F)の
ものと一緒だ。しかし、3Fの形態は(2Fの形態が既に先住民形態と渡来系形態
が半々になっているので)先住民形態:渡来人形態=1:3となる。
これを繰り返して行くと、n代目の娘(nF)は、MtDNAでは先住民だが、形態は
殆ど渡来系、ということになる。

599 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/05(木) 06:33:20 ID:SOzVQRIW

ほれ、形態など意味はないのだ。
どういう種族がいたかがわかるのだ、そこが価値があるのだ。
ほれ、
YAP+がアイヌと沖縄に残る理由でもまずは考えろ。
馬鹿どもだな。


600 :出土地不明:2005/05/05(木) 11:24:45 ID:RDqUhz7b
>>598
その通りなのだが、これは、たんに「混血民族ができあがる」っていう
ことだ。個人の内部における系統の比率と、mtDNAがなんであるかが、
一致しないということを述べているに過ぎない。

たしかに、mtDNAでは、激しく白人系であっても、形態的には、はげしく
日本人ということはある。個人としては。ただ、集団内におけるmtDNA
の比率となると話は違う。おそらく、そのあたりの「集団内遺伝子頻度」
のことが、この人間は全くわかっていないということだろう。

601 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/05(木) 14:57:52 ID:SOzVQRIW

瑣末議論は無駄だ。

形態など関係ない。
種類と分岐順序でわかるわけだ。

ほれ、
YAP+3Gがアイヌと沖縄しか残っていないのは何故だ?
アフリカのYAP+はアイヌのYAP+の後に分化したと知っているのか?
YAP+は何万年前の分岐だ?

混血民族が出来上がる
ではなく
混血の順序がわかり朝鮮人系は縄文系より後世の混血
とわかるのが遺伝子の価値なんだよ。
戦前の日本人起源はコロボックルやらアイヌ祖先説やら
朝鮮人=大和民族説やらが入り乱れ間違いが判別できなかったわけだ。

今日では上記は皆間違いで、
日本人の31%は旧石器時代系
29%は縄文系30%が朝鮮系とわかってしまうわけだ。


602 :出土地不明:2005/05/05(木) 15:50:51 ID:JNmXZdyh
>>601
>YAP+3Gがアイヌと沖縄しか残っていないのは何故だ?
チベット人、雲南人、台湾の高山族、沖縄人、奄美人、日本人、アイヌ人だろ。

603 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/05(木) 16:45:33 ID:SOzVQRIW

台湾の高山族?
大勢に影響ないが、嘘はいかんな。

604 :出土地不明:2005/05/05(木) 20:59:39 ID:8h9RyRoJ
日本人の30%が朝鮮系とは笑わせる。

朝鮮半島は新モンゴロイドが出現するにはまだ気候が全然温暖
すぎて無理なのだよ。

つまり、縄文時代の朝鮮半島人はまだ古モンゴロイドだった訳だ。

だから、新モンゴロイドである渡来人が北方から朝鮮半島をスルー
して日本にやって来る事はできても、朝鮮半島そのものから
やって来る訳がないのだよ。

むしろ日本から半島に渡った集団が朝鮮人の最初の祖先。

605 :出土地不明:2005/05/05(木) 21:07:14 ID:8h9RyRoJ
渡来人はモンゴル〜ブリアートあたりから朝鮮半島をスルーして
日本に来たのであって、朝鮮半島人が来たわけじゃないんだな。

だから、日本人はモンゴル人とある遺伝子が高頻度に一致するが、
朝鮮人はモンゴル人と一致しない。

朝鮮人はそれ以外の新モンゴロイドと混ざったという何よりの証拠である。

606 :出土地不明:2005/05/05(木) 21:24:21 ID:Lsizw9Wo
>>603
>台湾の高山族?
高山族についてのYAP+は調査されてないだろうけど、
10の支族のうち、いくつかは沖縄や奄美の人たちと
遺伝子的に近く、直接の関係がうかがわれていることが
報告されている。

もしアイヌ人、日本人、奄美・沖縄人に特有な
YAP+が高山族に認められれば、
雲南やチベットに住む同じ遺伝子を持つ人たちとの
ミッシング・ブリッジがほんの少し伸びて近づく。

あとはブリッジ部分の現存する少数民族や
旧石器時代の墳墓のDNA調査をすれば、
ひょっとすると、つながるかもしれない。

それはそれで面白いだろ?

607 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/05(木) 21:48:32 ID:SOzVQRIW
馬鹿がいるな。

Y遺伝子のDNAグループV.W.は
韓国と日本しかないんだから
駄目なんだよ。

韓国→日本なわけだ。
日本→韓国は当時存在しないからだ。


608 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/05(木) 21:49:55 ID:SOzVQRIW
台湾?
台湾は動物もATLもGM遺伝子も
沖縄とはつながらないから駄目だな。

609 :出土地不明:2005/05/05(木) 22:26:14 ID:8h9RyRoJ
Y遺伝子のDNAグループV.W.が韓国と日本しかないなら、
それが日本から半島に渡った縄文人の集団であるという事だろ。

韓国人のmtDNAの2割が縄文人のものなんだからmtDNAとも一致する。

そして、縄文人は8000年も前に琉球まで渡っている。
朝鮮半島よりも遥かに遥かに遠いね。

610 :出土地不明:2005/05/05(木) 22:33:48 ID:8h9RyRoJ
それにHLA遺伝子のB44-DR13の分布とも一致する。

611 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/05(木) 22:40:26 ID:SOzVQRIW
チミはだから馬鹿なんだよ。

日本→韓国に渡った?
いつ?
何人規模で?



612 :出土地不明:2005/05/05(木) 22:54:06 ID:oO5nsUWP
>>606
10の支族って何だ?
高山族はそれぞれ別の民族だが

613 :出土地不明:2005/05/05(木) 22:58:42 ID:PloiAq4U
>606
そりゃぁ、政治的にやばいんだよ。

614 :出土地不明:2005/05/06(金) 12:37:14 ID:SqWEFbph
>>613
>政治的にやばいんだよ。
人種や民族についての研究はやはり政治と関係が深いのか…

チベット〜中国少数民族〜高山・沖縄・奄美〜日本〜蝦夷

は面白いのにね。

615 :出土地不明:2005/05/06(金) 19:29:43 ID:Nf5CdRNd
朝鮮系とは笑わせる。もし朝鮮系が居たとしたら、それは古モンゴロイドだよ。
朝鮮半島は新モンゴロイドが出現するには気候がまだ全然温暖すぎて無理なんだよ。

つまり、縄文時代の朝鮮半島人はまだ古モンゴロイドだった訳だ。
だから、新モンゴロイドである渡来人が北方から朝鮮半島をスルーして
日本にやって来る事はできても、朝鮮半島そのものから新モンゴロイドが
やって来る訳がないのだよ。

むしろ日本から半島に渡った古モンゴロイドの集団が朝鮮人の最初の祖先。

渡来人はモンゴル〜ブリアートあたりから朝鮮半島をスルーして日本に
来たのであって、朝鮮半島人が来たわけじゃないんだよ。
だから、日本人とモンゴル人はある遺伝子が高頻度に一致するが、
朝鮮人とモンゴル人は一致しない。

朝鮮人はそれ以外の新モンゴロイドと混ざったという何よりの証拠である。

616 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/07(土) 10:40:03 ID:zfVGQ0xc

馬鹿だな。

半島には古モンゴロイドはいなかったんだよ。
半島から縄文土器より古い土器が出ないのが証拠だ。

617 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/07(土) 11:41:15 ID:zfVGQ0xc
蝦夷とアイヌは別だ。

蝦夷とはカイ、エミシと読み
エミシのずーずー弁がエビスだ。

既に桓武天皇の頃遣唐使の中国皇帝への説明では
福島あたりが熟蝦夷、その北が荒蝦夷、その北が津軽
だから
アイヌではないな。

アイヌの言葉が残っているのは
既に地名とマタギ言葉くらいなので
分岐はもっと古い。

アイヌが平安時代の蝦夷だったとすれば
たかだか1000年後の現代では東北の言葉はアイヌ語のままだ。
しかしそうなっていない。

618 :出土地不明:2005/05/07(土) 14:59:47 ID:rX7Ugfgi
>>617
モンゴル帝国はアイヌ人を「クイ」と呼び、ロシア人はアイヌ人を「クリル」と呼んだ。
色々論議はあるが、ずーずー弁ではカとクの中間の発音が多いのも事実。

アイヌ人の生活形態では、多くの人数を養うことができず、平安以降流入してきた日本人
の生活形態を取り入れる形で日本人化していったのだろう。そうしないと、まさに飲み込ま
れてしまう…。

俺がいまいる地区はまさに「蝦夷」の地区だが、蝦夷文化が支配した時代の民話とかも
残っていて「昔の人は…」とまさにアイヌ人の生活形態を残している。で、それを崩すのが
移民と宗教だ。
大昔子どもの頃に読んだ話なのだが今読み返してみると興味深い。

619 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/07(土) 15:18:53 ID:zfVGQ0xc

それは部分的だろう。
言葉はその程度では変わらないんだ。

アイヌはDNAがYAP+だから
列島には旧石器人よりは後の侵入なんだ。
その前にいた旧石器人が東北人の祖先ということだ。


620 :出土地不明:2005/05/07(土) 16:59:26 ID:rX7Ugfgi
>>619
言葉は職業集団のマタギに入ればアイヌ語を使っていた…。マタギの生活が本来のアイヌの
生活ね。マタギは昔は槍を使っていたが、時代がたつにしたがって鉄砲やライフルなど最新
兵器を使っている。マタギが農耕生活に戻れば、日本語に戻るだけ。

621 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/07(土) 18:35:30 ID:zfVGQ0xc
いや
またぎ言葉に残るのは単語だけだよ。

単語だけ残るのは
文化を借りてきた時だけだ。

622 :出土地不明:2005/05/07(土) 19:13:36 ID:rX7Ugfgi
だって、またぎの生活をするより農耕生活の方が圧倒的に楽なんだから仕方ないw
昔話にもそういった話が出てくる。

だから、普段は日本人的生活にとけ込んで、農閑期とかに昔を思い出し仲間と
またぎの生活をするようになった時、普段使う言葉と、山に入った時の昔ながらの
言葉と分けたんだろ。文法は普段の生活の方が優先と…。

623 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/07(土) 19:35:43 ID:zfVGQ0xc
ああそうか、
東北に住んだ人たちの順序を書くと
1.旧石器時代人
2.アイヌ人
3.倭人
となるわけだが、
主流は旧石器時代人なんだよ。
DNAがYAP+のアイヌ人は南下して沖縄まで移動しているわけだ。
アイヌ人は本州から一度はいなくなったと考えるほうが良いだろう。
本州にはアイヌのDNAもほとんど残っていないからな。

つまりアイヌ語は東北の土着の言語になったことは一度もないんだ。

624 :出土地不明:2005/05/07(土) 21:28:39 ID:rX7Ugfgi
根拠がなー。

北東北にアイヌ語地名がやたら多いからなー。近所に住む人にもアイヌ人に
似てやたら「濃い」人が多いのもねぇ。実は俺も結構「濃い」。また、またぎの言語も…。

旧石器時代人は確かにいただろうが、当時の北東北はまさに氷河期でツンドラ
気候そのもの。地表に木はほとんどなく、コケ類が覆っていて、当時の人たちは
少ない獣を追って過ごしていた…。アイヌの生活よりさらに厳しいってのも。

625 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 01:10:46 ID:cx/lnO/B
当時の東北がツンドラ?

今は永久凍土のシベリアが草原でマンモスがいたわけだが?
ベーリング海峡は陸地で寒流はないんだが。
氷河期は地球全体は今より寒いが
北海道東北は今より暖かかったはずだぞ。
常盤の縄文遺跡から今は沖縄しかいないスイジ貝の化石が出るのを知ってるかな?

626 :出土地不明:2005/05/08(日) 02:46:52 ID:jdhwgmYG
>>624
そうはいうがなぁ、旧石器時代って、なぜか、ツンドラなところとか
氷河の真下、とかそういうさむーい所に人が住んでいたのよ。
最終氷河期のもっとも寒かった今から二万年前、いわゆるヴュルム
マキシマムのころ、シベリアとか、ロシアとか、ベーリング海峡とか
もふくめて、偉い寒いところに人がいたことがわかっていて、
それこそ、マンモスの骨で家作ったりして、住んでいたわけね。
だから、それに比べたら、日本列島は北海道いれても、十分にくら
せた、とは思うね。

627 :出土地不明:2005/05/08(日) 03:27:31 ID:G8sk6Z5A
ここにもアイヌスレか!なんなんだよ。

628 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 03:32:40 ID:cx/lnO/B
2万年前のベーリング地峡が
寒いわけないだろうが。
寒いところにマンモスや人が住めるか。
寒ければ多数派はみんな南に来てしまうよ。

氷河期当時は今より暖かかったんだよ。
縄文海進の始まった頃が一番寒かったんだよ。
だからYAP+の縄文系が南下してきたわけだ。


629 :出土地不明:2005/05/08(日) 07:11:52 ID:qgcn0W1M
>>617
>アイヌが平安時代の蝦夷だったとすれば
>たかだか1000年後の現代では東北の言葉はアイヌ語のままだ。
>>619
>言葉はその程度では変わらないんだ。

そんなことはない。

明治の初めには北海道・南樺太・千島のほぼ全域で話されていたアイヌ語だが、
今は何人のアイヌ人がアイヌ語を話せると思う?
原住民の数十倍の人数の移民が流入してくれば、
土着言語なんかあっという間に衰えてしまうもんだよ。
古代東北にも主に関東から大量の移民が入植したことは歴史書に書いてある。
そのために(おそらくアイヌ語と同系統の)土着言語が使われなくなり、一部の語彙だけが地名やマタギ言葉などに残ったのだろう。

630 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 09:20:46 ID:cx/lnO/B


そりゃ無理だ。
アイヌの場合は話す人の人口自体と
居住地域自体が和人との協定で急激に減ったろうが。

しかし本土では原住民の何十倍の移民など日本史上ない。
古代の東北に大量の移民というのは何のことだ?

631 :出土地不明:2005/05/08(日) 13:29:33 ID:D4O2Nn22
>>625
北海道東北が暖かかったのは縄文中期。無茶暖かい。勘違いするな。

>>626
暮らせたけど…少人数がね。

>>630
うちの村の家系を探ってみると、大抵別の地区から来ている移民が多いな。
昔話や家系図等を総合すると、確かに原住民は小数いたが、多くの移民が西の方から
やってきたことになる。

632 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 14:35:54 ID:cx/lnO/B
縄文中期も暖かいだろうが、
寒流のこない石器時代はそれより暖かいんではないかな?
なんで亜熱帯のスイジ貝が常磐あたりの海に住んでいたんだね?

西のほうから和人がやってきて
美幌峠を境界にした協定をむすんだが
破られてアイヌは固有の領域・土地を失ったわけだ。


633 :出土地不明:2005/05/08(日) 21:05:14 ID:D4O2Nn22
>>632
石器時代の地層見てると、腐葉土が全くなく、粘土質の火山灰土の上に石器が埋まっているんですけど…。
せいぜいコケ類ぐらいしか生えていない証拠。

634 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 21:26:37 ID:cx/lnO/B
火山灰の上で良いんじゃないか?
関東ローム層でさえも腐葉土などないが、
なんか必要なのかね?

635 :http://www.geocities.jp/shouhishahogo/:2005/05/08(日) 23:03:38 ID:+xndA9FB
必要です

636 :出土地不明:2005/05/08(日) 23:10:07 ID:D4O2Nn22
氷河期は関東も寒かったようだね。

637 :出土地不明:2005/05/08(日) 23:40:50 ID:nhlYMvV/
考古学

638 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/09(月) 07:23:55 ID:oDuECQVH
寒流も無いのに寒いわけが無いだろう。

根拠無しでは進まんなー。

639 :出土地不明:2005/05/09(月) 07:50:12 ID:GDu1WhCI
>>630
例えば続日本紀にも諸国から奥羽に人民を移住させた事例が多数記録されている。

揚げ足を取るようだが、
アイヌ人の人口そのものは北海道では明治初期に比べむしろ増えている。
アイヌ人と和人との土地に関する協定というのも存在しない。

640 :出土地不明:2005/05/09(月) 09:27:22 ID:oDuECQVH
何人が何人に増えたんだね?

嘘はいかんぞ。


641 :出土地不明:2005/05/09(月) 14:41:26 ID:PicoUuX9
少しぐぐれば出てきますが
自分の無知や怠慢を棚に上げて人を嘘吐き呼ばわりですか?
いけませんねえ

642 :出土地不明:2005/05/09(月) 18:35:55 ID:oDuECQVH
そのぐぐった知識を披露せい。
苛めてやるから。

美幌峠も知らないのでは
話にならんがな。

643 :出土地不明:2005/05/09(月) 20:02:10 ID:CBZ64/KT
>>642
まずお前の偏った知識を披露しろよw

644 :出土地不明:2005/05/09(月) 21:28:48 ID:oDuECQVH

無知はつらいのー。

反論なしか。
つまらんから無知は去れ。

645 :出土地不明:2005/05/09(月) 21:32:40 ID:CBZ64/KT
>>644
鏡に自分の姿を映して何かモノをいってますなw

646 :出土地不明:2005/05/09(月) 22:38:45 ID:4A3PM2GI
誰でも鏡の中に、最も好きな人を見る。  タルムードより


647 :出土地不明:2005/05/09(月) 23:08:01 ID:PicoUuX9
>>642
あーあ結局探せなかったのかい
ほら

ttp://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-ambkc/hacrc/hp/5-317.htm
1873(明治6)16,272開拓使事業報告
1893(明治26)17,280北海道庁統計書

平成11年  23,767名  (道内居住者のみ、かつ各市町村が把握できた人数のみ。つまり実際はもっと多い)

648 :出土地不明:2005/05/09(月) 23:10:28 ID:oDuECQVH
で、
明治初年の人口捕捉率は?

知らないんだろう?

649 :出土地不明:2005/05/09(月) 23:21:16 ID:PicoUuX9
それがどうしたの?
明治初期より今のほうが道内のアイヌが人口減ってる証拠を出しなさいよ

650 :出土地不明:2005/05/09(月) 23:26:15 ID:WebUpSbU
江戸時代に激減したらしいね。
麻疹やら梅毒やらが入ってきて。
和人との混血が進んだとは言え、今は増えてるんだな。

651 :出土地不明:2005/05/09(月) 23:29:36 ID:oDuECQVH
土地が減ってるんだから当然人口も減るな。

人口捕捉率は内地の被差別部落で2分の1程度だから
アイヌじゃ倍の4分の1として
明治初年が6万人か。
これが2万人に減ったわけだ。



652 :出土地不明:2005/05/10(火) 00:10:15 ID:quBuuNsq
土地が減っただけで人は死んじゃうのか?

それに人口補足率は被差別部落と一緒にできないぞ
今はリンク先にもあるとおり調査に応じない人も多くて人口補足率が下がってるが
江戸時代は漁場での労働力として強制徴用されたりしていた関係で
人口補足率は低くなかったはずだ
明治〜大正の統計も幕末の統計と比べて特に不自然な増減は無いだろう

653 :出土地不明:2005/05/10(火) 00:50:21 ID:1QooNmFJ
ほー、
内地の被差別部落ですら人口把握が難しいのに
北海道のアイヌは把握できる根拠を教えてくれ
アイヌの方からわざわざ徴兵や税金納めるために申告したんかね?

むしろ、
明治の統計は江戸時代の統計を踏襲しただけではないか?
江戸時代の25000人が16000人に減っているわけだからな。
分母=調査地域が同じなら傾向として正しいからな。


654 :出土地不明:2005/05/10(火) 00:55:06 ID:1QooNmFJ
【表:北海道内のアイヌ人口に関する統計の推移】
年 人 口(人) 出  典
1804(文化1) 21,697 蝦夷雑記
1854(安政1) 15,171 蝦夷家数人別産物船数牛馬其外取調帳
1873(明治6) 16,272 開拓使事業報告
1893(明治26) 17,280 北海道庁統計書
1913(大正2) 18,543 北海道庁統計書
1936(昭和11) 16,519 北海道庁統計書
 『新北海道史 第9巻』より作成

ただし、これらの数値は、あくまでおおよその傾向を知る目安
と考えるべきだと言われています。
江戸時代のものは、幕府や松前藩の役人、または漁場の番人といった人たち
が把握した範囲のもので、実際の人口とは開きがあったとされています。
明治以降の統計は、開拓使や北海道庁によって作成されていますが、
札幌のような都市部などへの転入はあまり把握されていないと言われており、
本州などへの転居については統計が見られません。、

655 :出土地不明:2005/05/10(火) 00:58:30 ID:1QooNmFJ
おっと、
江戸時代は22000人か
じゃ80000人いたとして、
現在の23000人に減ったわけだ。


656 :出土地不明:2005/05/10(火) 01:18:55 ID:quBuuNsq
>>655
江戸時代の統計に4倍もの誤差があったと推測する根拠は何?
現在の23000人は全く実態を反映してないと書いてあるのが読めませんか?

>>653
政府にはアイヌにも苗字を与え戸籍に編入するという重要な政策があったわけだが
山奥まで狩人やきこりや測量隊が入っていた明治時代に
何万人ものアイヌがどうやってお役人から逃げ回ったのか逆に聞きたいねw

統計にもあるとおりアイヌの人口が激減したのは江戸時代後期だよ
明治に入ってからはゆるやかに回復している

657 :出土地不明:2005/05/10(火) 04:59:12 ID:1QooNmFJ
字が読めないらしいな。

>>>
ただし、これらの数値は、あくまでおおよその傾向を知る目安
と考えるべきだと言われています。
江戸時代のものは、幕府や松前藩の役人、または漁場の番人といった人たち
が把握した範囲のもので、実際の人口とは開きがあったとされています。
明治以降の統計は、開拓使や北海道庁によって作成されていますが、
札幌のような都市部などへの転入はあまり把握されていないと言われており、
本州などへの転居については統計が見られません。
>>>


明治初期→昭和初期になり人口把握の精度が上がっても
16000人→16000人じゃ減ったとしかいえないのは明白なんだが。
同じ頃の日本の人口全体は3300万人→7000万人だから
アイヌは3万人程度になってないと駄目だ。

役人から逃げ回る必要は無い。
現在でさえ人口は申告以外に数えようは無い。


658 :出土地不明:2005/05/10(火) 08:00:51 ID:5RyECSeN
>>657
いいから江戸時代の統計に4倍もの誤差があったと推測する根拠を出せよw
江戸時代から何人もの探検家がくまなく歩き回って
一軒二軒しか家がないような村まで記録に残してるのに
どうやったらそんな誤差が出るのか教えてよw

659 :出土地不明:2005/05/10(火) 08:17:06 ID:5RyECSeN
それから、
アイヌであることを隠しようがないし隠そうとも思わなかった明治初期に比べたら、
同化教育が進んだ昭和初期のほうが「アイヌ民族として」の人口把握の
精度は下がっているはずだぞ。
日本社会に同化し差別から逃れるために「アイヌであること」を拒絶する人も増えていったからな。
もちろん、道内の大都市や内地に転出する人も増えたのだろうが。
現在も続く「調査に応じない人も少なくない」という傾向はこの頃から強くなったのだろう。

660 :出土地不明:2005/05/10(火) 09:39:59 ID:1QooNmFJ
明治初期は調べる技術もアイヌの情報自体も不足していたわけだ。

制度が完備し捕捉制度が上がるにつれてころが
被差別部落など倍増していくわけだ。

ところがアイヌは増えない。
エイドが上がっても人口は減っていたわけだ。
これは相当のスピードで人口が減ったことを意味する。



661 :出土地不明:2005/05/10(火) 09:59:45 ID:1QooNmFJ
村がどんどん減って
過疎化が進み戦前に既に観光村になったわけだ。

人口など増えるわけが無い。
原因は
生活様式の激変・文明との接触による病気だろうな。

南洋の滅びた種族によくある話だ。

662 :出土地不明:2005/05/10(火) 10:01:24 ID:1QooNmFJ
明治初期は調べる技術もアイヌの情報自体も不足していたわけだ。

制度が完備し捕捉精度が上がるにつれて
内地の被差別部落人口などは倍増していくわけだ。

ところがアイヌ人口は増えない。
精度が上がっても人口は減っていたわけだ。
これは相当のスピードで人口が減ったことを意味する。


663 :出土地不明:2005/05/10(火) 10:03:21 ID:5RyECSeN
逆だよ。
漁場労働力としてアイヌを使役するためや地図作成、国防などの目的で
江戸時代に村落の場所はほぼ把握してある。
アイヌの村落は一つ一つは大変小規模で10軒もあれば多いほうだった。

時代が下るほど多くの入植者がなだれ込み
アイヌがその中に埋もれて正確な人口調査が困難になっている。
元から一般民衆と同じ土地で混住している被差別部落の人口把握と
同じ次元で論じることはできないよ。

明治以降にアイヌの人口が急減したというならその理由は何だ?
道外への移住?それとも病気?飢饉?

664 :出土地不明:2005/05/10(火) 10:05:59 ID:5RyECSeN
>>663>>660あて

>>661
病気というのは具体的に何だ?当然資料が残っているだろう
というか、病気による人口急減は>>650が言うとおり江戸時代にすでに経験してるんだが


665 :出土地不明:2005/05/10(火) 10:30:32 ID:1QooNmFJ
ほれ、

日本人がもちこんできたコレラ、疱瘡などの伝染病にかかり、
つぎつぎと死んでいきました。さらに、日本人男どもは、
アイヌ民族の女性を騙したり、暴力をもって犯し、梅毒を蔓延させました。
死にいたる病気の蔓延は、民族絶滅の危機にたたきこんだのです。

さらに、差別と同化政策は、アイヌ民族として生きること、
精神を破壊しました。鹿や鳥を狩猟すること、主食であったサケをとること、
アイヌ民族がアイヌの言葉を使うこと、アイヌの儀式も、
文かも法律をもって禁止しました。「土人学校」、
その後の学校では徹底的に「日本人になるための教育」が共生されました。
名前まで日本式に変えられ、日本国家の戸籍に入れられました。
これは民族絶滅、抹殺政策ではないのですか。



666 :出土地不明:2005/05/10(火) 10:38:14 ID:5RyECSeN
どっから持ってきた文章だか知らないが、

>日本人がもちこんできたコレラ、疱瘡などの伝染病にかかり、
>つぎつぎと死んでいきました。さらに、日本人男どもは、
>アイヌ民族の女性を騙したり、暴力をもって犯し、梅毒を蔓延させました。
>死にいたる病気の蔓延は、民族絶滅の危機にたたきこんだのです。
これは江戸時代の話
松浦武四郎の著作にも詳述されている

>さらに、差別と同化政策は、アイヌ民族として生きること、
>精神を破壊しました。鹿や鳥を狩猟すること、主食であったサケをとること、
>アイヌ民族がアイヌの言葉を使うこと、アイヌの儀式も、
>文かも法律をもって禁止しました。「土人学校」、
>その後の学校では徹底的に「日本人になるための教育」が共生されました。
>名前まで日本式に変えられ、日本国家の戸籍に入れられました。
こっちは明治政府がやったこと


で、江戸時代ではなく明治以降に道内のアイヌの人口が減った原因は?

667 :出土地不明:2005/05/10(火) 14:02:02 ID:1QooNmFJ
江戸時代で改まったという証拠は?

668 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/10(火) 23:31:33 ID:1QooNmFJ
おーい、
どこいった?

明治時代になったら和人が急に品行方正になったという
珍説の主は?

669 :出土地不明:2005/05/11(水) 08:48:30 ID:M3z89uoo
一日中あんたの相手してられるかよ
人が聞いたことにろくに答えもしないくせにw
まずはあんたから俺の問いに答えろよ


670 :出土地不明:2005/05/11(水) 08:58:36 ID:M3z89uoo
>>630
明治初期より今のほうが道内のアイヌ人口が減っているという確たる証拠は何だ?

>>661
アイヌの人口が明治以降も病気によって減り続けたというならその病気とは何だ?
>>657
江戸時代のアイヌの人口補足率が内地の被差別部落よりさらに低い4分の1程度だと考える根拠は何だ?

早く答えろよ

671 :オリオン星人 (つぶやき・・・・ ひとり言) :2005/05/13(金) 03:09:48 ID:5rMrFByM
北海道新聞社 の ニュースで昔の アイヌの遺骨? 科学的サンプル?
    
アイヌ語の言語からして、 
中世以降 ロシア人( デッドボール! → 非白人? 「 満塁 押し出し 」 蝦夷地へ・・・・・ ) 
と 混血したアイヌ民族(屯田兵配置以前)の先祖かどうかは 判らないが、
とりあえず、 アイヌの先祖 ? の骨・・・・  アイヌの先祖は、日本原住民の一種 ?
    
現代のアイヌは言語も混血している以上、 
出土した骨は中世の日本人の先祖の骨であり、 
大陸(数千年内のシベリア方面)との混血が少ないんじゃないかなぁ・・・・・  と、
勝手に 想像し 分析欲望(分析煩悩) が私に発生してしまいました。
     
「現代アイヌだけの先祖」 でない可能性もあるため、 
ウタリ協会?  で管理するよりも、 公共機関 で、 分散して保存した方が、
 戦争 ・ 革命などの動乱から、 貴重な 「 サンプル標本 」 を保護することができると思います。
   
慰霊祭などの要請には異議なし。
    
中世以前のアイヌ語は誰も知らない・・・・・・現実。  
 アイヌは、 ラピタ系 混血? 
  台湾原住民の人たちと 「 口元のでっぱり 」 が似ているヨ。 
     
※無断リンクは、スレが削除される可能性があるので 半分だけ リンク ↓。
  北海道新聞社より
  【札医大にアイヌ民族遺骨 江戸以前の291体 道ウタリ協、慰霊祭など要請 【写真】 (05/12) 】
  ttp://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050512&j=0022&k=200505120756

672 :オリオン星人 (たらふく読んだ・・・・ ゲップ。。。。。):2005/05/13(金) 04:43:16 ID:5rMrFByM
オリオン星人 (たらふく読んだ・・・・ ゲップ。。。。。) レス不要  σ(^^)

>>629
言語なんて、権力者が変われば 
 日本語教育  → 大日本帝國圏
 ロシア語教育 → ソヴィエト連邦 諸国?
 米語教育   ⇒ アメリカ合衆国連邦
 英語教育   → 大英帝国連邦諸国?
 スペイン語教育→ 南米諸国
 北京語教育  → 中共、 戦後の台湾(中華民国)
 日本各地の 「 お国言葉 」
など、
生活上の、 「 利益 」 ・ 「 権力者に保護された子供の未来 」 など、
結局は、 時代時代で人々に 「 高性能 」 な方が良いんじゃないでしょうか?


673 :オリオン星人 (たらふく読んだ・・・・ ゲップ。。。。。):2005/05/13(金) 04:49:38 ID:5rMrFByM
商取引   物々交換   議論   不満の申告・申し出 など。
  
 欲望(煩悩)を 伝達 する上で、 便利で高性能な方が良いんじゃないかなぁ  (^◇^)ノ

674 :オリオン星人 :2005/05/13(金) 05:38:25 ID:5rMrFByM
>>6?? 番台 の 「 台湾の高山族 」 のサンプルを紹介した 台湾人? は、
冷戦時代 「 原住民に 差別弾圧 」 し、
諸外国人の目の届かないように嫌がらせしていた
中共と同じ 「 外省人系 」 の 「 漢民族で中国統一 」 の 「 中国国民党 勢力 」 の手先じゃないのぉーー  (ーー;)
   
  インチキ臭い・・・・・    信頼おけるスジから調べなおしたら良いかも。

675 :出土地不明:2005/05/14(土) 18:28:35 ID:KG06qh+4
>670
アイヌの人口なんかよりアイヌと和人の比率の方が問題と思われ。

676 :出土地不明:2005/05/15(日) 03:40:28 ID:WrPQ0f8X
比率でいえばもちろん明治から昭和にかけて下がっている
しかしアイヌ人口の実数は必ずしも減ってはいない
細かく地域ごとに見ると、激減した地域と順調に増えている地域がある


蝦夷(縄文人)の土地だった奥羽に朝廷の支配が確立して
大勢の和人が移住してきた頃も、そんな感じだったかもしれないな

677 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/16(月) 16:23:39 ID:+IOOFhSZ
馬鹿だなー。

人口把握の精度が上がって
医療技術が上がって
なんでアイヌ人口は明治初期の18000人から
昭和初期の16000人に減ったんだ?

同時期の本土人は3300万→7000万人、2倍以上増だぞ。

かなりのアイヌが激減したんだよ、
人口把握の精度が上がってかろうじて少減と
見るべきなんだよ。

678 :出土地不明:2005/05/16(月) 18:54:12 ID:pij4R3qa
馬鹿はおまえ。

そんなものは農村部の過疎化の一環に過ぎんよ。

679 : :2005/05/25(水) 03:34:28 ID:nZkQ98OF
宇梶がどうかしたか?

680 :関連スレまとめ:2005/05/26(木) 11:48:56 ID:eBBll34H
(日本人論)
蝦夷とアイヌ 04/02/12 13:45
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1076561137/l50
日本のルーツについて語りましょう 04/11/28 11:46:43
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1101610003/l50
「弥生人、古墳時代人=朝鮮」を論破する!! B.P. -55/04/02(土) 00:54:29
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1112370869/l50

681 :出土地不明:2005/05/28(土) 18:46:18 ID:A1X4pfIG
ある少数民族(ネイティブアメリカンでも何でもかまわん)の人口が
増えたからといってその民族を圧迫している連中の方がその何倍も増えてるんだから

682 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

683 :蝦夷 ◆ezo....... :2005/06/08(水) 23:58:06 ID:NLT95q7W
トリップ記念カキコ

684 :出土地不明:2005/06/10(金) 19:26:52 ID:fziyeBr+
すげえそのトリップ

685 :出土地不明:2005/06/12(日) 11:20:30 ID:viJhxP9C
オリオン星人が限りなくキモい件について

686 :出土地不明:2005/06/12(日) 16:58:37 ID:bTvn/ang
>>682
>日本人種が穢れる。

もう手遅れだってw

687 :出土地不明:2005/06/12(日) 18:47:23 ID:kvXsH8o6
アイヌ人って写真でしか見たこと無いぞ。
差別があるって聞いてるけど、差別よりもまずは会ってみたい。

688 :出土地不明:2005/06/12(日) 21:16:13 ID:1o5Tx28I
会っても普通の日本人だよ。ちょっと濃い顔をした。

689 :出土地不明:2005/06/12(日) 21:19:15 ID:658qP/SG
>>687
何の為に?
貴方のそういう発想自体が差別でしょ。彼らは見せ物では無いよ。

690 :出土地不明:2005/06/13(月) 00:16:37 ID:3l6XwANJ
本当に会いたいなら、白老や阿寒、平取とかのコタンに行けば
確実に会える。


691 :出土地不明:2005/06/13(月) 00:42:04 ID:UquoSnPq
確かに容貌は違うが異人種という感じではないんだな。
本土人の中にもたまにある顔だからだと思う。

692 :出土地不明:2005/06/13(月) 13:22:02 ID:In1KFGDE
服装も生活も和人と変わらないしね。


693 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2005/06/13(月) 18:49:27 ID:IbJN0Tw9 ?
【人類学】蝦夷はアイヌ民族? 札医大と東北大解明へ 人骨600体の形やDNA比較
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1118536509/l50

 古代の東北地方に広く住んでいた「蝦夷(えみし)」はアイヌ民族か和人か−。
これまで文献や遺跡などから類推するしかなかった民族の帰属を科学的に解明するため、
札医大は本年度から3年間、東北大と協力して共同研究を行う。最近10年で東北地方で
人骨の発掘・収集が進んだことから、両大学合わせて600体以上の人骨の形状や
DNAを比較調査し、検証する。

694 :出土地不明:2005/06/13(月) 22:24:50 ID:WzAXSfXg
はっきりさせるのはいいことだね

蝦夷=アイヌ、ウィルタ、オロチョン(鄂倫春)、エヴェンキ、ロシア(俄羅斯)、ニヴヒ(ギリヤーク)、ナナイ他だろ

695 :出土地不明:2005/06/14(火) 13:53:39 ID:Dpf5qEdP
【歴史】 「蝦夷(えみし)」はアイヌ民族か和人か…本格的な研究開始
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1118558663/

696 :出土地不明:2005/06/14(火) 20:29:42 ID:F7A40YBA
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種の存在を証明する事は非常に簡単である。
日本人種に一番近い人種は間違いなく朝鮮人であるが、朝鮮人は日本人種と
似ているが、その容貌や身体的特徴はかなり違う。
頭示数、二重瞼率、発毛の具合、朝鮮人の外見は日本人種とはかなり違っている。
また朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種と6割近くも違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこの程度なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

また、YAP+遺伝子を東アジアで唯一持っているのは日本人種だけである。
YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという決定的な証拠である。
日本の周辺人種にはこのYAP+が全くない。

http://recon.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040907115249.jpg

697 :出土地不明:2005/06/14(火) 23:32:39 ID:22+7AXaO
>>696
>YAP+遺伝子
アイヌにはある。奄美と沖縄にもある。台湾高山族にもある。
チベット、ネバール、ブータン、雲南省の一部、シーサンパンナにもある。
北海道以北のウィルタ、オロチョン(鄂倫春)、
ニヴヒ(ギリヤーク)、ナナイにもありそうだが、調査データがない。
もっと北方のエスキモーにはある。南北アメリカ先住民にもある。

698 :出土地不明:2005/06/15(水) 16:24:41 ID:yzmBMf3N
>>696
混血した状態を人種と呼ぶのか?
「人種概念」は現在ほぼ否定された
多地域進化説と対の概念だぞ。



699 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2005/06/15(水) 17:55:33 ID:rsNGO6Iz
>>698
>多地域進化説
  ○北京原人 → アジア人種
  ○ジャワ原人 → オーストラリア人種
  ○ローデシア人 → アフリカ人種
  ○ネアンデルタール人 → ヨーロッパ人種
と云うヤツですね。

>「人種概念」は現在ほぼ否定された多地域進化説と対の概念だぞ。
すっきり解かり易い説明ですね。同意です。

700 :出土地不明:2005/06/15(水) 20:32:45 ID:aV4Lza5f
>>697
>台湾高山族にもある。 ネバール、ブータン、雲南省の一部、シーサンパンナにもある。


明確なソースがないのに断言すべきでない。


>>698
妙に知能レヴェルが低いな。

北方人種もアルプス人種も地中海人種も東ヨーロッパ人種も
北蒙古人種も中央蒙古人種も南蒙古人種も全部混血種だが。

701 :出土地不明:2005/06/15(水) 22:18:43 ID:yzmBMf3N
蝦夷って漢字はさ、
一瞬エビかカニって読みそうになったりするよね

702 :出土地不明:2005/06/15(水) 23:31:22 ID:19STrewV
>>701
実際、本当の読み方は「カイ」であって、アイヌ人を意味する「クヮイ」と同じだという説も
あるな。これは「アイヌ=蝦夷」説の補強にもなっている。

703 :出土地不明:2005/06/16(木) 01:38:48 ID:3YQNP0S9
>>702
>「クヮイ」
アイヌの中国大陸での古称は
骨鬼 ぐくぃ(現代北京語読み;gu3 gui3)

704 :出土地不明:2005/06/16(木) 05:02:04 ID:fMuGfH+i
よく分からないが、
漢字的にはクモやサソリと同じで、良くない字面だ。
ツチグモなんかと同じだ。

705 :出土地不明:2005/06/16(木) 09:03:30 ID:ohS3NURM
>>703
元史に出てくるのは「骨嵬」では。


706 :出土地不明:2005/06/16(木) 09:30:25 ID:uVn+G4Ix
>>705
>骨嵬
現代北京語読み;gu3 wei2、数字は4声ね

707 :出土地不明:2005/06/16(木) 19:51:13 ID:q92f9ums
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種の存在を証明する事は非常に簡単。
日本人種に一番近い人種は間違いなく朝鮮人であるが、朝鮮人は日本人種と
似ているが、その容貌や身体的特徴はかなり違う。
頭示数、二重瞼率、発毛の具合、朝鮮人の外見は日本人種とはかなり違っている。
また朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種と実に6割近くも違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこんなにも異なっているのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

また、YAP+遺伝子を東アジアで唯一持っているのは日本人種だけである。
YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという決定的な証拠である。
日本の周辺人種にはこのYAP+が全く無い。

http://recon.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040907115249.jpg

708 :出土地不明:2005/06/17(金) 00:17:01 ID:65ALTxql
>YAP+遺伝子
台湾や福建省の高山族にもある。奄美と沖縄にはある。
ヤマトとアイヌにはある。チベット、ネバール、ブータン、雲南省の一部、
シーサンパンナにもある。北海道以北のウィルタ、オロチョン(中華人民
共和国在住オロチョンは鄂倫春と表記)、ニヴヒ(ギリヤーク)、ナナイ
にもありそうだが、調査データがない。もっと北方のエスキモーにはある。
南北アメリカ先住民にもある。環太平洋を考えると。ありふれた遺伝子。

709 :出土地不明:2005/06/17(金) 00:20:46 ID:yhHH748d
台湾などほんの数%。あるうちに入らない。


>台湾や福建省の高山族にもある。チベット、ネバール、ブータン、
>雲南省の一部、 シーサンパンナにもある。


ソースが無いので却下。

叫んでいればそうなるという甘い板ではない。

710 :出土地不明:2005/06/17(金) 00:22:13 ID:yhHH748d
チベットは除く

711 :出土地不明:2005/06/17(金) 00:37:03 ID:NH3i9NBg
ロシア語ではアイヌ人は「クリル」だな。似ているのは事実。

712 :出土地不明:2005/06/17(金) 01:16:42 ID:65ALTxql
>>709
>台湾などほんの数%。あるうちに入らない。
馬鹿。

台湾でも平地の人間は中国人、漢族だよ。
奄美や沖縄の人と昔から混血しているのは高山族。
彼らは対岸の福建省にも住んでいる。

713 :出土地不明:2005/06/17(金) 01:17:44 ID:yhHH748d
またまた、ソースが無いので却下。


714 :出土地不明:2005/06/17(金) 01:38:50 ID:65ALTxql
高山族の台湾人口に占める割合は約2%。
隣接する沖縄人のYAP+率、
台湾人全体のYAP+率、
大陸の漢族のYAP+率を考えろ。
そして日本人を論じたいなら、
アイヌや沖縄と高山族の関連位、学んどけ。
文献が理解できないなら、現場に行ってみろ。

715 :出土地不明:2005/06/17(金) 01:40:17 ID:yhHH748d
またまた、ソースが無いので却下。

716 :出土地不明:2005/06/17(金) 01:44:55 ID:g0TGsvxe

ソース厨、出現。

ソースは探せばあるのに、新手のクレクレ君。

717 :出土地不明:2005/06/17(金) 05:44:07 ID:uhvaOqds
在るなら出せ。
それは主張する側の責任だろ。

718 :出土地不明:2005/06/17(金) 10:41:16 ID:8MY96su2
日本人種なんてものを示すソースはない

719 :出土地不明:2005/06/17(金) 17:19:53 ID:2XeQhbJb
遺伝子を持ち出すなら「人種」の定義を再考したほうがいい。
それが示すのは生物学的な「種」「亜種」ではないし、「品種」ですらない。
ある遺伝子を持ってる成員の割合が他の国と違うのは、
ある期間、婚姻集団として閉じていたことを示すだけだろう。
それをどうして「人種」と呼ぶんだ?

720 :出土地不明:2005/06/17(金) 21:06:36 ID:ndCemExt
人種自体が外観に基づく恣意的な呼称であって
自然科学の対象ではないよ。

偏見や蔑視に関わる社会心理学的な問題だよ。

721 :出土地不明:2005/06/18(土) 05:43:52 ID:XJJ0w8rJ
>>719-720
その通り。

722 :出土地不明:2005/06/18(土) 16:03:30 ID:3NeJshUr
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種の存在を証明する事は非常に簡単。
日本人種に一番近い人種は間違いなく朝鮮人であるが、朝鮮人は日本人種と
似ているが、その容貌や身体的特徴はかなり違う。
頭示数、二重瞼率、発毛の具合、朝鮮人の外見は日本人種とはかなり違っている。
また朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと6割ほども異なっている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえも実はこんなにも違った異人種なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

また、YAP+遺伝子を東アジアで唯一持っているのは日本人種だけである。
YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという決定的な証拠である。
日本の周辺人種にはこのYAP+が全く無い。

http://recon.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040907115249.jpg

723 :出土地不明:2005/06/18(土) 18:27:02 ID:HmoBVStt
>>722
>YAP+遺伝子を東アジアで唯一持っているのは日本人種だけ
そんな事実はない。
インドより東のアジア地域にYAP+遺伝子を持つ
民族は多い。漢族と朝鮮族に認められない位だろ。

ずいぶんと前に雑な調査をした結果の
その粗末なjpgファイルでさえも、
台湾や蒙古にもYAP+はあるだろ。

まともな調査のソースを出せよ。

724 :出土地不明:2005/06/18(土) 19:16:23 ID:3NeJshUr
おまえがソースを出すべき。

おまえの発言はソースが全く無いので全て却下。

725 :出土地不明:2005/06/19(日) 01:48:14 ID:CTxhEoC5
台湾や蒙古にYAP+がある?

馬鹿ではないか?


726 :出土地不明:2005/06/19(日) 10:26:05 ID:nTWQiB2H
>>722
>http://recon.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040907115249.jpg
見れなくなってます。
台湾や蒙古にYAP+があるのが嫌で消したのですか…

727 :出土地不明:2005/06/19(日) 19:52:26 ID:o4fCtEXK

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm


728 :出土地不明:2005/06/19(日) 20:01:30 ID:u6F1tcau
YAP+の遺伝子分布地図の絵はどこに行った?

日本人以外にもあるのが嫌で削除したのか?

729 :出土地不明:2005/06/19(日) 20:29:18 ID:o4fCtEXK
おまえ自身が削除したんだろが(プ


>台湾や福建省の高山族にもある。ネバール、ブータン、
>雲南省の一部、 シーサンパンナにもある。
>高山族の台湾人口に占める割合は約2%。
>インドより東のアジア地域にYAP+遺伝子を持つ民族は多い。


で、これらのソースはどうしたんだ?

ここは学問板なんだから、朝鮮人のようにただひたすら叫んでいれば
洗脳されてそうなっていく場所ではないんだよ。

自分自身の発言には責任持ってソースを出しなさい。

730 :出土地不明:2005/06/19(日) 22:49:26 ID:n44JK1/3
かくして何もかもが妄想のもやの中へと…

731 :出土地不明:2005/06/20(月) 22:57:18 ID:UBOWKm81
常識どおりでしょ。
蝦夷は縄文来の東日本文化人。
アイヌは樺太から北海道にかけての民族。
当然、弥生人も含めて交流はお互いにあったろ、と。


732 :出土地不明:2005/06/21(火) 01:12:45 ID:XSdNQulV
蝦夷はアイヌやオロチョンらの旧称。
アイヌはヤマト民族に追いやられた蝦夷の現在の呼称。

蝦夷は台湾北部から沖縄、奄美、日本列島、北海道、樺太、
アリューシャン列島、沿海州までいた人たちだ。

733 :出土地不明:2005/06/21(火) 23:48:04 ID:Stn0b3ZY
オロチョン ってどういう意味で使っているのか解説してください。



734 :出土地不明:2005/06/21(火) 23:58:07 ID:BF0NiJJi
どうせたまたま読んだ古い文献に書いてあったんだろ。
ウイルタのことなんだろうさ。

735 :出土地不明:2005/06/22(水) 00:06:52 ID:Stn0b3ZY
尿路ウィルスの研究者のサイトが無くなってしまったようなのだけれど。
 だれか、詳しい人レスして下さい。

アイヌと日本人に、周辺諸国にはない白人型の、尿路ウィルスが
感染しているというような話だった。


736 :出土地不明:2005/06/22(水) 03:11:28 ID:B5N9ed6u
>>733
>オロチョン
中華人民共和国にも黒竜江省を中心に鄂倫春は6千人ほどいるぞ。

写真を見ると、江戸時代のアイヌ絵みたいだな
ttp://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/minzu/17/17.htm

住居…って、北米インディアンのテントと変わんなく見える
ttp://www.allchinainfo.com/ethnic/elunchun.html

文献
ttp://duan.jp/item/41.html

黒竜江省
ttp://searchina.ne.jp/area_guide/seek.cgi?genre=nmg

737 :734:2005/06/22(水) 11:34:57 ID:5SXBjDLF
ロシアの研究者がウイルタを「オロチョン」と誤って呼んだ時期がある。
大陸側のオロチョンと混同したのだ。
それにつられて日本人側も呼称が混乱した。


738 :出土地不明:2005/06/22(水) 18:02:54 ID:th4iiEVm
>732
オロッコと書くならともかく、
今時、オロチョンと書くなんて、
ヤマトタケルとオロチョン民族を結びつける新説かと思いました。

ジャッカ・ドフニに、ウィルタのテント(冬の家)、白樺の小屋(夏の家)アッタヨ


739 :出土地不明:2005/06/22(水) 19:48:26 ID:hTbmeUzP

母を
青森方言では「apa」
秋田方言では「aba」
沖縄方言では「amma」
韓国方言では「omoni」
日本の標準語でも「母屋omoya」のように「omo」という読みが残っている。
p、b、m は置き換わる事が多いから、大昔は同じ言語だったのだろう。
韓国語と日本語が分岐したのは5000年以上前というから、縄文時代までは韓国と日本で同じ言語だった可能性が強い。

標準語で母を「haha」と言うようになったのは弥生時代以降と言うことになる。
「haha」にもっとも近い発音をしていたのが高句麗だ。
高句麗では「也派yaha」と言っていたらしい。


740 :出土地不明:2005/06/22(水) 23:16:34 ID:oU4rE3Cc
hahaは弥生人語ではないのか?

その他の北方モンゴロイドは母を何て言ってるのかな?

741 :出土地不明:2005/06/23(木) 00:25:28 ID:2A9G0fb7
>台湾や福建省の高山族にもある。ネバール、ブータン、
>雲南省の一部、 シーサンパンナにもある。
>高山族の台湾人口に占める割合は約2%。
>インドより東のアジア地域にYAP+遺伝子を持つ民族は多い。


で、これらのソースはどうしたんだ?



742 :出土地不明:2005/06/23(木) 03:30:11 ID:0kjMOjQW
オロチョンという呼称の方が国際的なのかを知りたい。

743 :出土地不明:2005/06/23(木) 06:45:16 ID:EhwoECo3
>>742
だからオロチョンとウイルタは別なんだってば。

ツングース系諸民族の名称はただでさえ混乱してるんだから、
これ以上混乱を増幅しないでほしい。


744 :出土地不明:2005/06/23(木) 11:55:30 ID:M/gltIbD
サハリンで現在「ウイルタ」と呼ばれる民族について。
まともな研究者はウイルタと呼ぶ。
だが現在でも、ウイルタという自称を通用させることに
抵抗感を持つ年輩のロシア人研究者は少数だがいる。
彼等はオフレコで「オロッコ」と呼ぶことがある。
ただしウイルタを「オロチョン」と呼ぶ研究者はいない。
それは大陸にいる別の民族だ。


745 :出土地不明:2005/06/23(木) 12:47:09 ID:NWAzw97f
大陸にいるオロチョンと日本の少数民族で
オロチョンと呼ばれる人は
全く別の民族なのですか

746 :出土地不明:2005/06/23(木) 19:30:31 ID:M/gltIbD
オロチョン語とウイルタ語は同系統の言語。文化的にもよく似ている。だから間違えたんだろうね。

747 :出土地不明:2005/06/23(木) 23:44:07 ID:4osdnTb2
>745
日本の少数民族にオロチョンとよばれる人は、いまだかつていたことがありません。
それは、オロチョンラーメンとかギリヤークアマガサキのような、商標です。
オロチョンとオロッコを混同する日本人も、絶滅したはずでした。

ウィルタは、最後の純血種の北川源太郎(ダーヒンニェニィー・ゲンダーヌ)さんが
亡くなって久しいです。このウイルタは、もともと樺太にはいましたが、北海道には
住んでいませんでした。ロシアにいるウイルタも、混血したり、文化と言語は失って
いますので、民族としては、ウィルタもほぼ絶滅しました。



748 :出土地不明:2005/06/24(金) 00:27:39 ID:Op9uq3Ds
「オロチョンの火祭り」が諸悪の根源のような。


749 :出土地不明:2005/06/24(金) 02:35:25 ID:eAVhLJB8
ツングースは、オロチョン、オロンチョ、オロチュン、オロチ等、
異なる地方に住むものを称することがある。

オロチとは、オロ「座席、場所、領域」(満洲語、蒙古語、ヤクート語
等に共通している)「お前は誰かと尋ねられた時、ツングースは自らを
他の新来者に対立させて、土着の者(オロチ)であると答えるであろう。」
満洲語でオロチョンとは、多少反語の意味を含んで、山頂に住む、
あるいはトナカイ飼育の幾分下等な種族という意味もある。

エヴェンキも興安ツングースのオロチョンを軽視しているが、
オロチョン自身は、エヴェンキと一緒にされるのを拒み、
オロチョンを自称している。ということでしょうね。

750 :出土地不明:2005/06/24(金) 05:53:35 ID:90jMa0un
>>749
どこまでが事実でどこからが想像なのかよくわからないんですが…。

民族の区分や民族名は政治的要素が多くて、かならずしもその民族に属する人々
の意図を反映しているとはかぎりません。とくにツングースはもともと民族意識
が希薄で、はっきりした民族名をもっていない場合が多く、現在の名前の中には
かなり適当につけられたものもあります。

オロチョン・オロチなどは自称のことも他称のこともあります。意味はじつは
はっきりしないのですが、「oron」(トナカイ)を飼う者、という説がよく行
われます。かならずしも蔑称ではないでしょう。ウイルタもたぶん「ula」
(トナカイ)を飼う者という意味だろうと考えられています。

オロチに「土着の者」という意味があるのかどうか知りません。「土着の者」
という意味のことばは「nani」であることが多く、ナーナイ族の名前がこれを
反映しています。


751 :出土地不明:2005/06/24(金) 11:28:51 ID:AQjVcfH9
>727
アイヌを含めて、ガンマグロブリンでは、認められなかった白人特有の遺伝子が、
尿路ウィルスで、東日本の人間に見いだされるという研究がある。

尿路ウイルスは、遺伝せず、幼少時によく世話をした人(父親か母親または他人あり)
のウイルスが感染するのだが、周辺民族には見られないタイプが、残っていたのだ。


752 :出土地不明:2005/06/24(金) 19:05:46 ID:4qp7Xvn5
>>750
想像というより、シロコゴルフの「北方ツングースの社会構成」から
引用ですが、あなたの意見は、「東北アジアの民族と歴史」という本の
75〜77ページに書いてありますね。
オロチという語が、オロoroー居所、場所(ビラルチェン方言)頂、嶺
興安方言か、あるいはオロンoronー馴鹿から派生したかも知れません。

『興安ツングースをダフールは、ホングコル・ソロンと呼び、
満洲族は、オロンチョ、オロンチュンと呼ぶ。満洲族はオロチョンを
幾分下等な人間として、民族名を呼ぶ時ニャルマ(人間の意、
ニカン・ニャルマ「漢人」)を用いず、単にオロンチュンを用いるに
過ぎない。オロンチョ、オロンチュンなる名称は、今日では
「獣のような」という意味であると解されている。オロンは、馴鹿
その他の大きな鹿類として理解され、「家畜化された馴鹿」という
意味は忘れられてしまった。』またシロコゴルフの引用でしたが。

753 :出土地不明:2005/06/24(金) 20:55:30 ID:We5W6pw4
>747
何だかなあ。当人たちにはカチンとくる書き方だろうな。
伝統的には父がウイルタ人なら母が何者でもウイルタ人だ。
でなきゃ数百人規模の「民族」はやってけない。
それにロシアにはちゃんとしたウイルタ人はまだたくさんいる。
彼らはロシア人じゃあないぞ。
日本に来たのはゲルダーヌ氏だけではないけど、
それはおいとくとして。


754 :出土地不明:2005/06/24(金) 23:17:00 ID:koUS3j03
>753
うん。フジモリ大統領は、日本語が話せなくとも、日本人より日本人的だったから
個人のアイデンティティーを誇る気持ちからは、747>はちょっと酷だろうね。

755 :出土地不明:2005/06/24(金) 23:52:04 ID:nhTMJEM5
>台湾や福建省の高山族にもある。ネバール、ブータン、
>雲南省の一部、 シーサンパンナにもある。
>高山族の台湾人口に占める割合は約2%。
>インドより東のアジア地域にYAP+遺伝子を持つ民族は多い。




で、これらのソースはどうしたんだ?






756 :出土地不明:2005/06/25(土) 00:44:51 ID:Wt45irRk
小樽フゴッペ遺跡の作り主は何人だっんですか?

757 :出土地不明:2005/06/25(土) 07:25:10 ID:MifYa1pr
>>756
おそらく、ギリヤーク(ニブヒ)。10世紀頃オホーツク海沿岸から奥尻島あたりまで進出し、
アイヌとは衝突しつつ文化的に影響を残し合っていた。
13世紀ごろアイヌ人は彼らを樺太に追い出すことに成功。ギリヤーク側はモンゴルに朝貢
し、モンゴルの力を借りてアイヌと対抗した。
安倍比羅夫が出会った「蝦夷語」を理解できない民族が、ギリヤークだとするとその頃から
既にアイヌとの抗争があった模様。

758 :出土地不明:2005/06/25(土) 14:56:43 ID:qEkSszbx
>>757
>奥尻島
奥尻島に今はギリヤークもアイヌもいない。
江戸時代には松前藩、近年では福井県や東北からの移住者が多い。
どちらかというと福井や富山に多いさっぱりした顔立ちの人が多い。
先日訪ねた津波被災地に建ったばかりの博物館の地下展示室には
縄文土器や石器を展示してあったが、和人が上陸した後、
先住民はどこへ行ったんだろう。殺戮されたのか、
混血したのか、和人を嫌って出て行ったのか。

759 :出土地不明:2005/06/25(土) 16:00:29 ID:VMqJ4LrX
>758
北海道で発掘された琥珀が、サハリン南部産の琥珀であったという最近の新聞報道を
思い出しました。

だから、7世紀の粛鎮が奥尻島に来ていたとしても不思議ではないと思います。 

1387年に、東征元帥府の元軍が崩壊したあと、アイヌの勢力が、アムール川流域
まで進出したときに、奥尻のギリヤークも撤退したんじゃないかな。

1593年の南部信直の書状に、下北の田名部・横浜・野辺地で多くの「ゑぞふね」
が建造されていたことを記しているし、そのアイヌの船がナナイの五葉松で造られた
優秀な船をモデルにしていたことから考えて、ギリヤークが居たとしても、とっくに
船で「全島避難」して、サハリンや大陸に移っていたと考えれば、奥尻島に先住民が
居なかったとしても矛盾はないと思う。


760 :出土地不明:2005/06/25(土) 18:56:16 ID:vd/1ZJ7K
元朝軍対骨嵬が民族対立だったといい切るには慎重でありたい。
骨嵬人名にはニブフ語らしいものもある。
ニブフ語を話す勢力が駆逐されたとは思えない。
なお奥尻には和人以外の出自の漁師もたくさんおられます。
ニブフ系というのは聞いたことないですが。


761 :出土地不明:2005/06/26(日) 20:16:13 ID:D5ST/elG
>>760
イヨマンテは元々ギリヤーク(ニブヒ)の風習だったそうですから、ある程度混血しつつ
文化的にもお互い影響しあっていたんじゃないのかな?言語もね。

762 :出土地不明:2005/06/28(火) 19:31:09 ID:f2hnJknB
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種の存在を証明する事は非常に簡単。
日本人種に一番近い人種は間違いなく朝鮮人であるが、朝鮮人は日本人種と
似ているが、その容貌や身体的特徴はかなり違う。
頭示数、二重瞼率、発毛の具合、朝鮮人の外見は日本人種とはかなり違っている。
また朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと6割ほども異なっている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえも実はこんなにも違った異人種なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

また、YAP+遺伝子を東アジアで唯一持っているのは日本人種だけである。
YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという決定的な証拠である。
日本の周辺人種にはこのYAP+が全く無い。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

763 :出土地不明:2005/06/29(水) 11:05:37 ID:PtzaRyA+
100%じゃなければ、
生物学的な「種」とはいえない。
その意味では「人種」は「品種」ですらない。
遺伝的にある程度孤立した集団というだけだ。
孤立の範囲や程度は一定ではないから、
いつまでたっても「種」にはならない。
今は普通「グループ」とか呼んでるだろ。

764 :出土地不明:2005/06/29(水) 19:22:27 ID:vDnENkhR
それを人種と言うんだよ。


あ ほ く さ

765 :酒井美直に振られた男:2005/06/29(水) 23:44:07 ID:QyLT570H
ホモサピエンスは一種しかいません。
五つの「亜種」にわけることはできますが、「種」ではありません。

ましてや、ピリカメノコの酒井美直さんが、米国籍の朝鮮人男性と
結婚することが出来ると言うことは、七千年の邂逅と祝うべきでしょう。

ともかく、日本人種は、他に優越する人種にして周辺諸民族の指導的役割を
果たすべきと信ずる人があるなら、まずは、日本人種存在の妄想を捨てなさい。


766 :出土地不明:2005/06/30(木) 00:33:35 ID:HcsBOoxi
朝鮮人と同化するためにかww


超 ウ ル ト ラ あ ほ く さ

767 :出土地不明:2005/06/30(木) 18:47:14 ID:UBewQqtq
>764
とすれば、それは実在するカテゴリーというよりは、
作業仮説なわけだ。
それを承知の上で人「種」というなら、
学問的というより、政治的言説だな。


768 :出土地不明:2005/06/30(木) 20:44:36 ID:ByHSVyaI
人種の「種」に重きを置きすぎ…。確かに気持ちもわからないでないけど、
犬には「種類」があるだろ。いわば犬種かいな。生物学的には同じ「種」だけどね。
その程度のもんだろ。

769 :出土地不明:2005/06/30(木) 23:59:42 ID:HcsBOoxi

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

770 :出土地不明:2005/07/01(金) 02:36:36 ID:VDDNY2Jn
>>769
>世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
>みられない変わった遺伝子型だ。
????????????????
チベット人、モンゴル人、南北アメリカ全域の先住民、
台湾人、アリューシャン列島やアラスカの先住民は無視か。

771 :出土地不明:2005/07/01(金) 05:31:29 ID:EsWCOtac
>>760
>なお奥尻には和人以外の出自の漁師もたくさんおられます。

和人以外って、やっぱりアイヌ人?それともロシア人とか在日とか?

772 :出土地不明:2005/07/01(金) 10:29:13 ID:ptxlBHnD
>768 でもさ、そんなこというと、畜産家や生物学者は怒るぞ。
犬の「品種」は厳密に定義・管理されていて、
形質の発現率は原則的に100%。
それでやっと「品種」だ。
野生状態でもよほど遺伝的に孤立してないと「亜種」扱いされない。
人間に形質差があるのは当然だが、
そのうちどの要素をどの時期の孤立に比定するかは一律にはきまらない。
一般的な「人種」概念は、通時的に不変の集団を想定するわけで、
研究の邪魔だと思うな。


773 :出土地不明:2005/07/01(金) 22:35:47 ID:hUW2jtpQ
中学生で整形した人!!!!!
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1119150332/-100
【切開法】 二重まぶた 【体験談】 part14
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1116544634/-100
平行型で二重にした人(埋没)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1059226062/l50
エラの骨を削った人のスレ 3
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1105520048/-100

774 :出土地不明:2005/07/01(金) 22:59:03 ID:N5RN6NNF
52 :23:2005/07/01(金) 22:39:29 ID:BC76qJqX
そもそもスレの出発からして、遺伝子を持ち出して来てるでしょうに。
だからY染色体には父親由来の遺伝情報とかのってませんってば!父親由来のX染色体にあるの!
極論、男の子はお母さんのX染色体しか持ってないので、母親に似るというのも迷信ともいえない。
「人種」と「民族」の区別が科学的にではなく史上をもって論議をやりたいってんなら、
その「人種」と「民族」と区別して述べるだけの、定義を示して下さいませんか?
人種=スピーシーズということであれば、それは純粋なる遺伝情報によって論ずるべき。
もし、民族を異なる意味合いで使用されているのであれば、明確な線引きをお願いしたく。
ユーゴ解体で紛争しているのは、クロアチア人とセルビア人ですが、民族は同じですか?
紛争の原因は、ギリシャ聖教とカトリックと人種がそれぞれの自治区で異なるだけだけど。
個人的には、クロアチア人もセルビア人も同じ人種ですが、民族が違うとはこういったこと??
でも、クロアチア人でカトリック、セルビア人でカトリック、セルビア人でギリシャ聖教という
民族紛争なんですけど、どういった区別をすればいいんでしょうか?

775 :出土地不明:2005/07/02(土) 10:18:02 ID:OQ+o8E1N
アイヌの言語文化帯と蝦夷は全く異質でしょ?
どちらかと言いと南方ミクロネシア系に近い気がしますが..
魂送の文化があそこまで浄化しているは本当に素晴らしい事だ!

大鳥=ウーフーがユカルの中でも好きだな..
また、オキクルミの逸話も良い!

776 :出土地不明:2005/07/02(土) 12:31:43 ID:apl8C16T
>>775
>南方ミクロネシア系に近い
アイヌと蝦夷のどちらが?

台湾高山族(10〜20数民族の集合体)なんかにも
ポリネシア系と奄美沖縄系のそれぞれに近い民族が
いることは知られていますが、アイヌ系と容貌や
習俗がとても似た人たちもいます。

まだまだDNA調査データは揃っていませんが、
最近は北海道と台湾を同じ週に訪ねたりできるので、
その相似が気になっています。

777 :出土地不明:2005/07/02(土) 12:46:21 ID:apl8C16T
>>760
>奥尻には和人以外の出自の漁師もたくさんおられます。
私の祖父(19世紀生まれ)は宮津近くの東風泊で漁師をしていました。
白系ロシア人との混血でした。見るからに混血な容貌なので
養子にもらわれてきて、かなり大きな漁家を継ぎました。

ロシア人とのハーフやクォーターは祖父の代には何人かいましたが、
今はあまり聞きません。見た感じはいないと思います。祖父も
その娘の母も亡くなって久しく、私は東京で生活しています。
祖父の子孫は一人も島には残っていません。

アイヌの方については、先月に島を訪ねた際に
地元の人何人かにも聞きましたが、「知らない」とのことでした。

※参考
7000年前から人が居住していたらしいです。
ttp://www.dosanko.co.jp/okushiri/why/why01.html

16世紀にアイヌがオットセイ猟に来島していたとあります。
ttp://www.dosanko.co.jp/okushiri/why/why02.html

778 :ミユ ◆MIYU/7A.SM :2005/07/03(日) 00:03:50 ID:h1Gg5Izg
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/20989770.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38

779 :出土地不明:2005/07/03(日) 00:37:20 ID:/vugv+Zs
 宝来さんが、埼玉県戸田市から出土した縄文人の骨からミトコンドリアのDNAを
取り出してこれを現代人のそれと比較しました。その結果、6000年前に生きていた
戸田の縄文人とそっくりおなじミトコンドリアDNAを持つ人たちがいたのです。
 それはアイヌの人々でした。さらにこのDNAは、かなりの日本人の他、マレーシア人、
インドネシア人のなかにもいました。

 埼玉県戸田市で発掘された縄文人とアイヌ人、そして多くの日本人や南方の人々が
同じ母系の先祖を持っているということです。しかも、DNAの配列は突然変異によ
って入れ替わるから、その配列が完全に一致したということは、かなり近い近縁関係
にあるということなのです。
 ちなみに、韓国人、中国人も調べたそうですが、いずれも3ヶ所以上で違っていま
した。これからアイヌ人が縄文人の直系であり、その血が現代の日本人の中に受け継
がれていること、そして、縄文人のルーツが中国や朝鮮ではなく、マレーシアやイン
ドネシアであることがわかったのです。



780 :出土地不明:2005/07/03(日) 00:45:23 ID:cw7GTeln
http://yamatai.cside.com/katudou/image/bunnkizu.png

これには極めて重大な事が書かれてある。
それは、

アジア、アメリカ大陸、太平洋にまたがる全てのモンゴロイドの祖先は
北方古モンゴロイドの『アイヌ人種』であると書かれている。

黒人の祖先から始まり、白人の祖先とモンゴロイドの祖先が分岐して
現存する最初のモンゴロイドはアイヌの直系の人種となっている。

ここから全てのモンゴロイドが始まっている。

まず北方古モンゴロイドのアイヌと25000年前にアメリカに渡って
分岐したものは南北インディオやイヌイットに進化していった。

781 :出土地不明:2005/07/03(日) 00:46:02 ID:cw7GTeln
アジアに広がったものは、まずチベット人が分岐して進化、
まもなく本土日本人(おそらく縄文人)が分岐して進化、
まもなく日本から朝鮮半島に渡った朝鮮人の最初の祖先が分岐して進化。

一方の流れではまずモンゴル人が分岐して進化して北方新モンゴロイドが登場。

しばらく間があって、ようやく南方モンゴロイドの祖先が登場。
南洋に飛び出したものは、分岐してポリネシアンやアボリジニに進化。
大陸やスンダランドや近隣の島嶼部に残ったものは華南人やフィリピン人や
ネグリトに分岐して進化していった。つまりネグリトやアボリジニは
一番新しい種族という事になる。

という訳で、ネグリトもアボリジニも南方モンゴロイドも新モンゴロイドも、
とにかく全てのモンゴロイドは25000年前の北方古モンゴロイド、
アイヌ人種を祖先に持っているという事になる。

782 :出土地不明:2005/07/18(月) 21:37:06 ID:ht8mwrW7
http://erewhon.ticonuno.it/arch/rivi/popoli/fig4.jpg
この東南アジア人はどうなんだ

783 :出土地不明:2005/07/22(金) 00:47:49 ID:wsVN14YR

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

784 :出土地不明:2005/07/24(日) 00:48:06 ID:KzS9gOot
>783

あんた、4回繰り返すのクセらしいけど、あんまり意味ないんじゃないの?


785 :出土地不明:2005/07/24(日) 14:16:54 ID:i3fLuuvp
中華人民共和国のチベット自治区、内モンゴル自治区、台湾省には
YAP+はいるんだよ。台湾、沖縄、奄美の分布を見ると、
台湾高山族(ポリネシア系、フィリピン系、沖縄系がいる)と
漢族の人口比率から、高山族にYAP+保有率が高いことが伺われる。
高山族は福建省にもいるから、彼らを対象として調査すれば、
福建省にもYAP+はいることが判明するだろう。

チベット人やその隣接民族は雲南省にも数多く暮らすから、
YAP+は中国にないという言い方は不正確だ。

調査が不十分でデータが揃っていないから仕方ないが、
中国には約60余種類の少数民族が暮らす。長身で
金髪碧眼の白人、黒い顔につぶれた鼻の南アジア人も
大昔から中国で暮らす、同じ中国人だ。

ちなみにベトナムにも50余の少数民族が暮らす。

YAP+を語るにはまだまだデータ集めが必要だ。

786 :出土地不明:2005/07/24(日) 15:37:53 ID:VP6vwxz4
まったくだな、データ馬鹿はそのデータだけに目が行き
内容には一切振れないからな、考える力がないせいだろう・・

787 :出土地不明:2005/07/25(月) 10:00:02 ID:cpTxg8IA
>大昔から中国で暮らす、同じ中国人だ。
中華民族なんて言い出したのは20世紀になってからだろ。
それも、漢民族の勝手な言い分でしかない。
普通中国人というと漢民族を意味しているのがわからないのなら読解力なし。
政治的プロパガンダなら板違い。


788 :出土地不明:2005/07/25(月) 13:15:56 ID:qIjmkDqx
まあ、「朝鮮民族や漢民族には見られない」と言ったとしても、
大して変わらないんだから、大目に見て上げましょうよ。

日本列島は、ポリネシアに含まれると云うことで、海洋民族のわれら
冒険ダン吉としては、嬉しい限り。



789 : オロチョン族について素人煩悩:2005/07/26(火) 04:05:58 ID:Jq1j/TWN
韓国(朝鮮)語 の 白丁(ペクチョン) と、 似たような表現? 意味合い?
   
満州方面に売られた(大陸に売られた?  移動? その他)
(朝)お = O(Oda) : (日)来る      : (英)come
(朝)ろ = Lo     : (日)<未来系>  : (英)be going to/will
(朝)チョン(?)    : (日)朝鮮の人? : (英)Korean




790 :丸秘! 古代渡来人 & 黒潮 & 親潮 :2005/07/26(火) 04:56:07 ID:Jq1j/TWN
Japanese (ジャポニカ種)。
                        
東日本全域原住民系(えみし・アイヌ含む)。
および、 それらの延長線上で 
日本海側一帯の北九州あたりまで(コリアンの薄い原住民に限定)。
 それと、沖縄・奄美・薩摩などの原住民系。  
   
日本海側は、雪も降り寒い、 移民(渡来人)は、暖かい太平洋側に集まる。
結果として、 人の少ない日本海側は、 ド田舎のまま 毛が濃い顔(濃い系) が、
薄毛との混血を免れ ジャポニカを保ったままの人が、 多く住む。
   
太平洋側は、 ジグロ(地黒)の南方系との混血が、  多く居る(目が丸い・目が銀杏)。
>>497         
>>303    
===========================================================
           
日本人 “簡略 見取り図” 「超古代」版。
                  
                  
              
ヤマタノオロチ支那人?                         エスキモー渡来人 (↓土偶:青森)
      チョン渡来人 (←土偶:長野県←)
 ↑⇒    ⇒    ⇒
海賊潮   
                             ||                      ↓ 親潮 ↓
 ↑                         ||||
 ↑         西日本人 【原住民】   |||| ||  東日本人 【原住民】      ↓     ↓
                             ||  ||
 →                           ||  ||        /W\
                   【 三重 (伊勢) 】       /ノ ハ\\
 ↑                                                ↑   ↑
 ↑
              ⇒   黒潮   ⇒  【 地黒 (水軍顔)】   ⇒   黒潮  ↑   ↑
              
⇒↑           ↑
⇒↑           ↑
⇒↑           黒潮
海賊潮   
                  
             ↑
             ↑
             黒潮
               
                  
             ↑
             ↑
             黒潮
                
                  
             ↑
             ↑
             黒潮
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/xoposhow/xoposhow_jyowmon_AAa.html
         
             
地黒はアイヌだけではない!
台湾人も日本人も、
朝鮮の白丁(ペクチョン)系原住民も黒い。
               
アイヌを含む「毛深い」ジャポニカ  と、  「黒潮」ジャポニカ。

791 :出土地不明:2005/07/26(火) 13:32:29 ID:0jMivi1Y
黒潮ジャポニカはいただろうね、彼らは概ね海洋系で毛が少なく
色黒、体躯はポリネシアンなら大きく、ミクロネシアン、マレー系なら
小さい。

792 :出土地不明:2005/07/26(火) 15:10:59 ID:0jMivi1Y
>>791
それと天降り族加えてくれ!

793 :出土地不明:2005/07/27(水) 19:24:02 ID:WZ3S2cly
>>785
で、ソースは?

おまえはいつも朝鮮人的にただ脳内妄想を叫んでいるだけで
なーんにもソースが無い。

脳内男と名付けてやろう。

794 :出土地不明:2005/07/28(木) 03:31:33 ID:J0ZPpxRN
785の言ってることはマトモに聞こえるよ。

795 :出土地不明:2005/07/28(木) 03:46:12 ID:KNyy/YAh
朝鮮人の血の濃い793に論理的な思考を求めても無駄だな。

796 :出土地不明:2005/07/28(木) 04:21:16 ID:J0ZPpxRN
俺も793は在日コリアンだと思う

797 :出土地不明:2005/07/28(木) 04:24:17 ID:J0ZPpxRN
785の発言がまずい点は
朝鮮人とか韓国人といったコリアンに
言及していないことだと思う

「ウリも仲間に入れて」という叫びが793の真意だと思う

798 :出土地不明:2005/07/28(木) 19:38:30 ID:PyCLAQP3
>>785=794=796=797
で、ソースは?

おまえはいつも朝鮮人的に日本人への洗脳目的とする0捏造工作した文章を叫び続けて
いるだけで 、ソースがなーんにも無い。いつもいつもな。

朝鮮人?コリアン?

そんな上品に言うなアホ。

ビビンバ。よりめビビンバで十分ww

799 :出土地不明:2005/07/29(金) 16:34:27 ID:VRYnwYDu
■ハングル板基本用語解説■其の14

(理由2) <<白丁(ペクチョン)>> 日韓併合されるまで朝鮮に存在していた被差別階級。在日=白丁とされる韓国では
現在でも在日は差別される。実際は全ての在日が白丁な訳ではないがその多くは朝鮮社会での被差別階級だった。朝鮮の身
分階級は大別して「良人(両班、中人等)」「賤人=奴隷」とあり、「賤人」のうち個人所有=民婢、公有=官婢と称した。
国家的奴隷制、贈り物・相続・売買され、殺生しても罪に問われなかった(←部落との違い)「白丁」は、これの更に下層
に奴隷以下の被差別民として位置づけられた。李朝時代に身分として固定され、柳細工の製造販売や屠畜などに従事、衣服
も指定され、居住地も制限され、目印として平壌笠と呼ばれる笠をかぶらねばならなかった。(コピペ)
(理由3) <<済州島出身者>> 白丁よりも済州島が多い。ソウル>地方>全羅道>白丁>済州島 済州島に対する差別
は酷く、完全な野蛮人扱い。済州島出身者との結婚となると、在日の間でさえ「血が汚れる」と一族が猛反対。
1948年、南朝鮮の単独選挙に反対する南朝鮮労働党が組織した済州島四・三蜂起が発生し、朝鮮戦争後の1950年代
半ばまで、弾圧とテロ、山岳ゲリラ活動が続き、のべ8万人の島民が殺されたとされている。今日でも、済州島は反中央の
気風と結びつけて語られることが多く、半島には済州島出身者への差別意識が残っていると論じられることも多い。
済州島は、民族的に陸(半島)と著しく異なり、倭人に近い。昔は独立国だったが、いつの頃か朝鮮に侵略されて現在に至
る。ただ、完全な支配となると意外と新しく、三別抄の乱後、元寇以後になるんじゃないかな。日本では、神功皇后が済州
島を征伐し、その時百済に与えたと伝えられてる。 (コピペ)

――戦後の補償と謝罪―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦後の補償と謝罪に関するデータ http://tenpura_c.tripod.co.jp/


360 :日本@名無史さん :2005/07/29(金) 15:41:29
早い話満州人が倭人(縄文)をB扱いして差別・排除してきただけだね。
半島も日本も構造は同じじゃん。

800 :出土地不明 :2005/08/08(月) 00:24:13 ID:D91sk+YP
出土地不明 =ギリヤーク尼崎

801 :出土地不明:2005/08/08(月) 20:09:11 ID:9kOyNhVz
みんな、中核派(革命的共産主義者同盟全国委員会)のサイトみた?
あそこが今力入れてやってるのは、

中国の反日デモ応援
新しい教科書採択妨害
郵政民営化反対   ←←←注目

ttp://www.zenshin.org/


802 :出土地不明:2005/08/09(火) 08:53:36 ID:nEjdSTs2
799
そんな単純な話ではない。

現代でも鋳造が難しい銅鐸を九州〜中部の範囲で広がり
2000年前に作った民族が日本史から消えているわけだ。

803 :出土地不明:2005/08/12(金) 17:41:31 ID:3gWXKops
類人猿は髭がのびない。伸び続ける豊かな口髭はホモ・サピエンスの特化形質である。
それが証拠に、世界最古の民族と言われるコイサン、ピグミーは髭が薄い。
つまり、アイヌの豊かな口髭は進化した民族の証である。

804 :出土地不明:2005/08/12(金) 18:55:12 ID:xVD6NLYu
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!

そして、塗りたくれ!

805 :出土地不明:2005/08/14(日) 20:59:34 ID:7phFcB9b
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!
精液をドバッと20歳くらいの女の顔にかけろ!

そして、塗りたくれ!


806 :出土地不明:2005/08/17(水) 16:04:27 ID:gn/EnYSk
↑夏休みの宿題で煮詰まってるのか?可哀相に・・・。

807 :出土地不明:2005/08/24(水) 23:18:29 ID:NK9wP1jb
>804と805の荒らし以来

このスレッド滅茶白けたな。
元はといえば、>793 あたりから、朝鮮ネタが絡んできたからだろう。



808 :出土地不明:2005/08/24(水) 23:26:46 ID:K2n/vL43
ウリの話は要らない

809 :出土地不明:2005/08/28(日) 18:53:39 ID:t+oedr/w
ポリツェ文化・鈴谷文化の年代ってそれぞれいつごろですか?
本ごとに年代がまちまちだったり載ってなかったりするもんで・・・

810 :出土地不明:2005/08/29(月) 01:55:38 ID:D8dGfGA9
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''   ヽ
|  /   | (●),   、(●)   |
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |
| |   |    `-=ニ=- '      |  
| |   !     `ニニ´      .!  刺客じゃ、これも刺客の仕業じゃ!
| /    \ _______ /
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ


811 :出土地不明:2005/08/29(月) 16:25:36 ID:67mPrdQz ?##
アイヌの場合は黒人のように一見すると肌の色の違いなど明瞭ではない。
血の比率が近づけば、すぐに普通の東洋人と見分けがつかなくなってしまうだろうけど
北海道の人は少なからずアイヌの血は入ってるよね ましてや原住民がアイヌなわけだから。
それを思うとアイヌ差別は自分の祖先を馬鹿にしているだけの愚かな行為に見えてしまう。
アメリカでもヒスパニックが純系アフリカ系を笑ったりするが、
多少なりとも黒人の血が入ってるもの同志で差別しあうのはどうかとおもう。
そういうのはやめてほしいね

812 :出土地不明:2005/09/03(土) 16:55:45 ID:/1lziGqI
>>811
血が混ざっていようがいまいが、
差別をする事自体まちがっている。

お互いの違いを認識し、心の中に差別する気持ちが出てきたとしても、
それを表に出すのは恥ずべきことだ。

813 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:27:55 ID:ZX8Sclck
>>811
>血が入ってるもの同志で差別しあうのはどうかとおもう。
>そういうのはやめてほしいね
全く同感だ。
純系の日本人は全てアイヌ人の子孫だ。
アイヌの血は我ら先祖代々からの日本人の誇りだ。

814 :出土地不明:2005/09/13(火) 08:56:16 ID:Zl13o2x0
>>813
アイヌと和人の共通の先祖は縄文人だけど
和人の先祖はアイヌでは無いよ

あと北海道でアイヌの血引いている人は1%ぐらいしかいません。
他99%の北海道住民はアイヌとは何の関係もありません。

815 :出土地不明:2005/09/13(火) 15:34:46 ID:vmllEGB6
はいはい。北海道人は、蝦夷の子孫でしたね。


816 :出土地不明:2005/09/14(水) 12:32:53 ID:mTZIpwrc
>>814
詭弁だよ。

縄文人はアイヌと呼ぶ前のアイヌそのもののことだよ。
数代以上前から日本人は全員100%アイヌの子孫です。

817 :出土地不明:2005/09/15(木) 14:59:50 ID:kyEWmAnZ
>>816
アイヌを縄文人の子孫だとしても
縄文人自体に地域差が激しくあるから
北海道、関東、九州の縄文人でも頭長幅指数から顔立ちまで、形質は全く違うよ。

だから、日本人は縄文人の血を引いているとは言えても、
日本人はアイヌ人の血を引いているとは言え無いね。
アイヌとは民族で人種ではありません。

818 :出土地不明:2005/09/15(木) 20:18:26 ID:pLJg0ZyI
まだ、そんなこと言っている人がいるんだw

819 :出土地不明:2005/09/15(木) 21:28:48 ID:NkBpRb2l
大陸移動に乗ってアフリカからやってきた倭人は、氷でいてついた大陸に寝室しました

820 :出土地不明:2005/09/18(日) 18:57:09 ID:CL98qbHO
>>816
その理屈だと弥生人の先祖はモンゴル・ブリャート人あたりだから、
数代以上前から日本人は全員100%モンゴル・ブリャート人の子孫です。
てか?

821 :出土地不明:2005/09/18(日) 20:30:12 ID:cIKU7h4b
オホーツク文化の間にニブヒやツングース系の集団と通婚はなかったのだろうか?

822 :出土地不明:2005/09/19(月) 11:45:33 ID:BxsSy74K
やあ(´・ω・`)
大変申し訳ない
君にもう一生SEXもオナニーもできない呪いをかけてしまった。
せめて、秘密の呪文を教えてあげよう。

↓のスレに 以下の「 」内をコピペするんだ。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1125930647/
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1122342910/
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1126193716/
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1103100621/

「                            」

何も書いてないって?そう、これはとても不思議なコピペで、 どの板からどの板にコピペするかによって、それぞれ違う呪文が発動するんだよ。
だが、くれぐれも気をつけるように。 必ず指定されたすべてのスレに貼るんだ。どれか一つでも貼り忘れると、逆に通常の3倍呪われる。
やらなければ、呪われる。
やり遂げなければ、3倍呪われる。
だが、何も迷うことはないだろう?

これまでに出たおもな呪文
837 はじめまして名無しさん 2005/09/18(日) 21:15:44 ID:b2CHbUHV
湘南・・・・・・お前はどこのワカメじゃ?
310 最低人類0号 2005/09/18(日) 21:56:47 ID:zY4nkUPB
芸能ジャップはデーモン内藤。
765 はじめまして名無しさん sage 2005/09/18(日) 22:16:43 ID:???
きもオタヘベナー諸君テラキモスwwwwwww
878 はじめまして名無しさん New! 2005/09/19(月) 11:25:33 ID:w8x5vyO/
まんまん見てちんちんおっきおっき


823 :出土地不明:2005/09/28(水) 16:07:44 ID:oSkUTb6Q
822> 君、消えてくれないか。

824 :ここは教育的な場である。  寄り道:2005/10/16(日) 05:25:56 ID:dHLZzz1t
>>814
> 他99%の北海道住民はアイヌ・・・・・・
      
「日本列島や日本文化圏」内で、さかのぼれば、同じ連中の原住民なんだけどね。
長い年月の間に、大陸の影響が蝦夷とアイヌを複雑にしたようだ。
北海道のアイヌは、ジャポニカ巻きだ・・・・・。
大日本帝國時代の大陸系アイヌも、今では混血もあり、上に同じ。       
              
西は、中国大陸・朝鮮雑種・東南アジア雑種の影響。
東は、原種も濃いが、「北方大陸」方面の影響で混血した面をもつ。 
  
アイヌ(非大陸系100%)は毛深いが、腕の毛は「俺と変わらん」。
寒さのせいだろう、気候に対応し、産毛が濃くなったのかもしれない。
体の世代を超えた変態(進化・対応)よりも、混血による変化のほうが、
その土地 〃 の気候に順応する時間が短くてすむ。
      
物々交換の交易で、大陸とも似てきたのであろう。
   
私は個人的には、アイヌが日本人の原種ではないと思います。
原種に一番近そうだと言うだけで、近世のアイヌと大昔のアイヌが、
大陸からの侵略や移民の影響のつよい西日本とは違ってきて、
民俗化する以前のアイヌ(大昔の日本原住民、隼人、沖縄、郷ひろみ だとか・・・・)
   
    ♪ エキゾチック〜  ♪ジャパン!   ジャパン!    ジャパン!

  
うん千年の大昔は、今よりも温暖な頃があったらしいじゃないか・・・・・・。
その頃は寒流も弱く、南方からの移民? も、いたであろう。
襟裳岬の沖合いまで暖流が来ている。   
    
海岸地帯は、寒さで米の取れぬアイヌも、バクリッコと言う物々交換で、
高田屋嘉平などの大商人と昆布と米を交換していたんじゃないだろうか・・・・・・・・ 独り言。
   
「なわながとし」は、寒さは苦手のようだ。熊野じゃない。
熊野は秋田まで来ているぞ。
道南の八雲町の辺りも怪しいが、いきさつはよく知りまへん。
高田屋嘉平は熊野関係かもしれないな・・・・?
縄張りもあったであろう。
                                  しばらく来ないよ レス不要。

825 :ここは教育的な場である。  寄り道:2005/10/16(日) 05:34:40 ID:dHLZzz1t
あーそうそう、他からのコピペ。  
   「チセ」のスレ より(2005/09/11(日) 17:20:34 ID:ABwEp8gg)
           
        
「弥生系」渡来人混血の「和人」が、蝦夷地への進出が遅れた理由に、
アイヌが、北極圏で暮らす「イヌイット」のように、「イグルー」では生活が出来ないのと同様に、
和人は、氷点下での「生活テクノロジー」を教育されていなかった。
    
アイヌの「チセ」は、 「氷点下でも生活が出来るレベルのテクノロジー」と言えよう・・・・・。
要するに、その「テクノロジーの違い」が、和人を蝦夷地に定住させることを遅らせたのであるのかもしれません。
あくまでも、「かもしれません・・・・」。
              
蒸気機関をはじめ、薪ストーブなどの西洋の発明品を日本人が受け入れ、 和人の蝦夷地への入植を、
テクノロジーが可能にした。  (ついでに朝鮮人も来た。)
テクノロジーで、和人もアイヌも生活が豊かになった。   
             
「便利で優れたテクノロジー」を目撃した人の、 自分の環境とを比較し、
改善策「欲望」が、日本の文明開化を加速した?
       
「チセ」は、テクノロジーである。

826 :ここは教育的な場である。  寄り道:2005/10/16(日) 05:52:43 ID:dHLZzz1t
「濃い系」  の ポール・ポジション

827 :もっといるよ:2005/10/17(月) 09:49:16 ID:p9Yx17L7
>あと北海道でアイヌの血引いている人は1%ぐらいしかいません。
>他99%の北海道住民はアイヌとは何の関係もありません。
   
もっといるよ。  見た目が、「外人かアイヌ」かという、違いの顔の人なら2%位はいる。
混血ならばもっといる(どんぶり勘定で5%位かもしれない)が、
多くの人はアイヌであることを隠したがるそうだ。
                  
しかし、日本人なのに「対日」地下活動をする人もいる矛盾だ。  
和人のフリをして「和人に復讐」する朝鮮人のような
過激派の構成員もいる(構成員と言う自覚がないのかもしれない)。   
     
「国籍が日本国」の朝鮮人のそばにいて、知らないうちに日常的に教育されれば、
そうなるのも仕方がない。
それら朝鮮人は、日本人になったのに日本人が嫌いで、
あらゆる右を破壊して歩く(与党嫌い・日の丸嫌い・神社嫌い・天皇嫌い)。
例外で、寺は好きなようだが、日帝が神社ではなく寺であったなら寺が嫌いになっていただろう。
民族紛争を受身で起こされるために、アイヌはその朝鮮人の影響を受けた人が多い(多くのアイヌが生粋の日本人なのに)。
                   
軍事介入に向けての冷戦であり、その朝鮮人を指導したのは、南朝鮮であってもソ連(帝政ロシア)。
南朝鮮は、竹島を日本へ返さないための軍による“独島防衛”のつもりらしい。
                
北海道のアイヌといっても、1人種ではない。
解りにくいかもしれないが、悪意の朝鮮人を保護して酷い目に遭ったのは日本人なわけで、
朝鮮人には、日本人になろうとしない朝鮮人もいる。
祖国で差別を受けるからと言って、日本国内で祖国と同じ行動をされても
その結果、今のご時勢のように日本が朝鮮のように荒れてしまう(朝鮮人いは普通かもしれないが)。
            
「アメリカ混血を除く沖縄人」を外人と見間違えないが、アイヌと見間違える。
本州の人なら、アイヌを外人と見間違えるかもしれない(縄文系も多いがスラブもいる)。
      
でも長い間彼らは、和人の入植で、自分たちがアイヌと自覚する以前から、
現実的な日本人族であった。
アイヌは日本を嫌う朝鮮人とは違うが、スラブ系アカアイヌはこれまた違う。
朝鮮アカが、アイヌを赤くした、先導者は朝鮮人、その先導者はソ連人。
           
アメリカ(米軍)は、知ってはいても「日帝解体」効果を期待し黙っていた・いる。 

828 :出土地不明:2005/10/17(月) 09:52:15 ID:p9Yx17L7
在日米軍が安泰なのも日帝の効果なのにね。

829 :日本の旨い 「出汁(だし)」 :2005/10/17(月) 11:26:39 ID:p9Yx17L7
古来より、御伊勢様には、日本の出汁が集まり奉納されている。
       
暖流では良質の昆布が取れない。  
時の権力者たちは、良質の昆布を「喜ンブ(よろこんぶ)」。
沖縄人もヨロコンブ。
関西人には必須のコンブ。
                    
「蝦夷・アイヌ」は、日本の「旨み汁」を「いにしえの時代」から送りダシて来た。
解るか?  この旨みを?
朝鮮の「タジマ(朝鮮語の昆布)」は、旨いのかマズイのか? 
暖流のせいもあってワカメが主流のようだ。
     
しかし、アカが加わり近代はアイヌも複雑にされた・・・・・・・。

830 :日本の旨い 「出汁(だし)」 :2005/10/23(日) 06:36:49 ID:e4tZmdKc
>「蝦夷・アイヌ」は、日本の「旨み汁」を「いにしえの時代」から送りダシて来た。
   
http://www.town.fukaura.aomori.jp/深浦町新ホームページ/観光情報/歴史・文化/歴史・文化トップ.htm
http://www.town.fukaura.aomori.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%96%87%E5%8C%96/c-1.html
http://www.town.fukaura.aomori.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%96%87%E5%8C%96/c-1a.html
         
      
「高田屋 嘉平」
淡路島の出身であり・・・・・ <省略>。
   【天然昆布にこだわる昆布専門店 小倉屋昆布 本館】より。
http://www.d2.dion.ne.jp/~konbu-ma/subkonbuyougo.htm

831 :出土地不明:2005/11/21(月) 15:46:20 ID:CyFNB3u/
>>829
右の方の人が大切にしないからアカの方が入り込んで来たんじゃないのか?

というか…最近は右も左も関係ないと思うのだが?


832 :出土地不明:2005/11/21(月) 16:07:07 ID:Rja8JSk/
('A`)

833 :出土地不明:2005/11/26(土) 01:36:21 ID:wx2KpFHL

【口裂け女伝説】
口裂け女とは実は、口の廻りに刺青を入れたアイヌ女性の事。これマジ!

口裂け女=アイヌ女 (証拠写真あり)
http://www.nbz.or.jp/rekibun/siryo/ehagaki/9210.jpg



834 :出土地不明:2005/11/26(土) 04:13:52 ID:ESaXL0EH
なぜ口に入れ墨をしたかというと、わざと倭人が嫌うようにして、娘に手を出させない
工夫なわけだ。

835 :出土地不明:2005/11/28(月) 20:04:45 ID:IeGqT3jG
隣り合った民族は、大抵の場合仲がわるい。
せっかく縁あって同じ日本列島に住んでたのに、
仲良く出来なかった過去があるのは悲しいことだ。

836 :出土地不明:2006/01/04(水) 17:58:32 ID:ugn3DQqs
アイヌスレッドまとめサイトはこちら



シベリアの少数民族“行殺族”について23
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1136358799/44-45


837 :出土地不明:2006/01/08(日) 01:50:58 ID:tJRtMB4K
 倭は高句麗新羅に乗っ取られたのか??? 

魏志倭人伝訳文(ホームページ製作者訳)
http://inoues.net/wajindenx.html
三国志魏書 東夷伝
http://www.geocities.jp/thirdcenturyjapan/gisi-toi.html
出雲の四隅墓、九州の丸墓
東国武士の袴、白装束、ちょんまげ←高句麗、扶余、鮮卑の習俗

源氏の白旗、平氏の赤旗、天孫伝説、朝鮮壇君(天君)伝説
角餅、丸餅、日の丸等々
倭が高句麗・新羅に乗っ取られたかどうかを徹底検証します。

838 :あれあれ:2006/01/16(月) 22:36:15 ID:SaDBPHVg
みなさん本当に暇な方々☆一生懸命、パソコンに入力している姿が目に浮かびます。
これからもがんばってください。けれど、このスレを読んでいると、人類がみな同じ
サルだったことを忘れさせてくれます。どうかどうか、神様、このような哀れな人間が
私の周りにいませんように。私の親ではありませんように。そして、私の慕う教師では
ありませんように。


839 :出土地不明:2006/01/23(月) 08:18:10 ID:eDCxs4bo
平氏(赤旗=先住民の色)はどこに拠点があった?
源氏(白旗=朝鮮人の色)はどこに拠点があった?
南朝はどこに拠点があった?北朝はどこに拠点があった?
水神と共に祀られる平氏、水神といえば西日本だよね。
平氏も貴族だから朝鮮の血は濃いよ、しかし先住民の
反乱だったんだ。あれは単なる権力闘争じゃないんだよ。
南朝しかりだ。よーく考えよう。
記紀、倭人伝、東夷伝、風土記をよーく読もう。
先住民はいま朝鮮人(源氏=東日本人)により根絶やしに
されようとしているのである。

840 :出土地不明:2006/01/24(火) 14:13:14 ID:xFx285Jj
133 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 13:35:53
新羅は出雲人の国
http://makimo.to/2ch/mentai_whis/980/980828553.html

134 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 14:00:44
新羅人は出雲・丹波・但馬人(銅鐸=鈴、五十猛)かもしれないが。
出雲系が純粋な倭系とは思えない。

彼らは少なからずその前に高句麗の影響を受けている。
だから出雲系(出雲人、初期近畿人、関東東北人)は
当初は高句麗との混血であり、更に新羅からの渡来人と
混血したと考えられる。
だからあそこまで高句麗、新羅文化に拘りがあるのです。

841 :出土地不明:2006/01/24(火) 23:33:41 ID:yDAGsSPr
まあ…スサノオだって、朝鮮半島に一旦行ってから出雲の地で八岐大蛇を殺して
土着したからなあ。

842 :出土地不明:2006/01/25(水) 01:57:02 ID:cophOq0c
朝鮮半島はしばしば日本の植民地だから仕方ないよ。
中国、満州、モンゴル、日本の何れかの植民地なのが朝鮮史。

843 :出土地不明:2006/01/27(金) 17:41:08 ID:HY9t0SW9
新羅国は倭人が創った(2)
実は「瓢公」が新羅の王になったことは、三国史記からは明確ではありません。その代り
4代目の脱解王が日本出身であったことは、明確に書かれています。この王は倭の都から
東北千里にある多婆那(丹波?)国で生まれたが、生まれた時大きな卵だったので、海に
流され、新羅で拾われたそうです。そして、「瓢公」の家で育ったそうです。
これで新羅国は倭人が創ったことがよりはっきりしました。

しかも韓国の壇君伝説は卵から生まれた天孫が
熊と虎を人間にしようとしますが、熊だけが人間の女性になります。
そして壇君と熊女は結婚し子孫を儲けます。

新良貴の天日鉾(五十猛、五十鈴木、伊達、館の祖先)
が移住したのも但馬です。
高天原は近江・丹波・但馬ラインで確定です。

おめでとう、おめでとう



844 :出土地不明:2006/02/02(木) 20:49:16 ID:oKo9Sbyb
焼津でヤマトタケルが戦ったのも蝦夷だよね。
原宿は、アイヌの言葉で何も無い原っぱとゆう意味。
相撲の四股、シコはアイヌの言葉で大きいとゆう意味。
大国主の醜男(シコオ)とゆう名も、本来は大きい男
とゆう意味だったかも知れない。大きい男と言えば、
だいだらぼっち。

845 :出土地不明:2006/02/02(木) 21:38:42 ID:2MW55aj0
>>843
檀君と志良岐(シラキ)は、何の関係もないんだが・・。






846 :出土地不明:2006/02/05(日) 13:40:13 ID:Sjw/Gmq2
ID:XluHGYo8

847 :諮問押捺の代わり   忍法: お国すかし :2006/02/16(木) 18:07:18 ID:OKDJRJ05
白丁(ぺくちょん) 系は、 「唇」 が 「デカ長太い」 です。
例: チェ・○ウ、  パク・○ルミ、  ← 化粧 ・ 整形や、 混血で白いが、
                            白丁は肌が 「こげ茶」 色 が基本。
         
       `   ´     {わしら奴隷は 主人の所有物   T’m  ペクチョン ・ ノム
         
        ∈∋
      
日本人の 黒潮たらこ唇 とは、 まったく違う・・・・。   見比べてみてください。
             
南こうせつ ← 実家は寺で、百済寺か? 西日本の真言宗か?
巨人の「清原」選手 ← しっかり神社で祈願していた。 日本人。
そして 布袋。  
ソニン、 山口百恵、 中森明菜、 坂下ちり子、 山口さやか、 綾瀬はるか、 石原さとみ。
      
      
天海ユウキ??? 混血か?  大昔の外人か?
            
新庄?  =<   レイヨナ

848 :諮問押捺の代わり   忍法: お国すかし :2006/02/16(木) 18:10:31 ID:OKDJRJ05
【沿海州渡来⇒ 『アテルイ型(中世の在日赤軍?)』】
    
オリンピック で活躍している・・・  「荒川しずか」 選手 もかな?
    
日本の 能面(鈴木京香、小雪) というよりは・・・・・     桜田淳子だなぁ?
   小田和正、 
   ピョン・ジンニル(辺真一)、  
   和田真一朗被告(スーパーフリー)、
   TOSHI (エックス・ジャパンの人)

849 :忍法: お国すかし :2006/02/16(木) 18:19:40 ID:OKDJRJ05
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1139330887/974

850 :忍法: お国すかし :2006/02/16(木) 18:23:53 ID:OKDJRJ05
アイヌ?  黒潮?  どのジャポニカだ? 
混血の少ない 「大日本帝國」以前 の 『ジャポニカ日本人』 の顔
  
 サンプル    南方熊楠(みなみかた・くまぐす)
Yahoo!画像検索 - 南方熊楠
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%86%8A%E6%A5%A0&fr=top&src=top&search_x=13&search_y=15&ei=UTF-8

851 :諮問押捺の代わり   忍法: お国すかし :2006/02/16(木) 18:26:40 ID:OKDJRJ05
【朝鮮巻き / 第一審査】   外輪山つき 富士 上唇 - 型。

           mmmmmmm                 mmmmmmm
          mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm
         mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm
        mmmm                              mmmm    上 唇
       mmmm                                mmmm
      mmmm                                  mmmm
_ _ _ _ _ _ mmmm                                  mmmm_ _ _ _ _ _ _ _ _
      mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm
         mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm   
                                                   下 唇
      
@ 口を開くと 上唇が 「 Д 」 の形になる。
A 下唇は薄く、 会話時には 「ほとんど動かない」 。
        
コレだけでコリアンかどうかの第一審査が出来る。

852 :諮問押捺の代わり   忍法: お国すかし :2006/02/16(木) 18:31:37 ID:OKDJRJ05
似非「和人」以外の日本人に共通している特徴は 「縄文人!」です。
        
  「アイヌ」 の先祖も 縄文人!
  「和人」 の先祖も  縄文人!    だぁ・・・・。  
       
   『 敬 神 崇 祖 (けいしんすうそ)』


853 :敬神崇祖 = 神の国 。 朝鮮は奴隷の国。:2006/02/16(木) 18:57:22 ID:OKDJRJ05
  『敬神崇祖』
ロシア系が極東アジアに進出する以前から、 
  
 西日本「原住民」 も 東日本「原住民」 も 同じような人たちであったと思われる。
「パンゲア」の活動で朝鮮に残った人たちは、「奴隷」として宗主国の血族に弾圧され続けた。
        
  パンゲアの活動で、日本では 『古代からの神』。  朝鮮では 『白丁奴隷(ぺくちょんどれい)』 になった。
                 
  Yahoo!辞書− 【pangea】 プログレッシブ英和中辞典
  http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=05183400&p=pangea&dtype=1&stype=1&dname=1na&pagenum=1
                
  Yahoo!画像検索 - 【pangea】
  http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?p=pangea&fr=top&src=top&search_x=15&search_y=7&ei=UTF-8
        
「パンゲア」 って 罪だよなぁ。。。

854 :出土地不明:2006/02/19(日) 15:18:03 ID:4E/rWgI6
まあ、縄文人といってもいろいろなんだよな。
で、弥生人の渡来を受け入れながら稲作を取り入れたのは
海洋系の縄文人が中心なわけで、平野部からはじまったんだよな。
そして、倭人という同族意識をもった大和が生まれた。
で、一方、山岳系の縄文人は、倭人と同化せず、
勝手に狩猟採集&山岳農業を続けていたんだけど、
成敗されつつ、同化しちゃったんだよね。
で、そもそも北海道は、本州の縄文人との交流もすくなく、
北の大陸部との交流のなかで、独自の文化圏を形成していて、
江戸時代くらいまで、そのまんまで、倭人から放置されてたのよ。
それが、アイヌの正体だな。

855 :出土地不明:2006/02/19(日) 23:47:32 ID:0C9tfkco
南部藩とか津軽藩の北部にはアイヌ人の集落が結構あって、北海道のアイヌと交易
してたんだよ。津軽半島や夏泊半島、下北半島にはアイヌ人集落が江戸時代まで
あった。

で、明治になって調査すると、「へ?アイヌ人って何」という住民の反応だ。記録をみて
もアイヌ人集落なのは事実だし、同化されたか、日本人の習慣を受け入れたか…。


856 :出土地不明:2006/02/20(月) 10:58:07 ID:aG/JVU+7
もののけ姫のエミシの村だな
明らかに東北アイヌのコタン

857 :出土地不明:2006/02/20(月) 12:55:41 ID:GtmnEHwB
学生のとき下北半島に旅行して地元の旅館のおばちゃんに
下北の住民とアイヌは、文化的にも血縁的にも結構近いんです
よね?みたいなことを言ったら「日本人とアイヌが同じなわけが
ないだろう」って反論されましたけど、いや、あんたの祖先も
かなりry

考えてみれば少数民族がかっこいいなんてことになったのは
つい最近かつ若いもんでトライバル模様とかネイティブアメリカン
文化とかが好きなやつくらいだし、そんなもんか、とおもった。

柳田國男の影響も、やはりでかい。

858 :出土地不明:2006/02/20(月) 12:56:14 ID:GtmnEHwB
>>856
っていうか下北半島の蝦夷の酋長はアシタカっていうらしいね。
もろモデルなのかな。

859 :出土地不明:2006/02/20(月) 17:56:40 ID:tkCAC4Wm
もっとも白朝鮮系の血の濃い血筋
足利高(句麗)氏→足高

日高、日(北方系太陽信仰)高(高句麗)

860 :出土地不明:2006/02/20(月) 17:57:28 ID:tkCAC4Wm
足鷹でも不味い。

鷹は北方民族のトーテムであります。


861 :出土地不明:2006/02/20(月) 18:55:08 ID:GtmnEHwB
高句麗をNGワード指定しますた。

862 :出土地不明:2006/02/23(木) 07:10:34 ID:/siypFHk
高句璃の人ってどんな服着てたんだろう?

863 :出土地不明:2006/02/23(木) 09:13:37 ID:ga0Yfqmp
なんでこの手の話になると
次から次にデンパが湧いてくるんだろう

864 :出土地不明 :2006/02/25(土) 23:29:45 ID:jaXbkZOP
漏れが小学校のときは同じクラスに結構アイヌの子が多かったよ。
髪や目が超真っ黒で肌も色黒、低学年でも女の子の背中に毛が生えていた。
今考えてみると、すごい可愛かったYO。
良くわからんけどポリネシアとかフィリピンとかにクリソツじゃねーか?
ただし体臭結構強くていじめられたりしてた。
うちのカミさんもアイヌ顔なんだが・・・



865 :出土地不明:2006/02/28(火) 19:20:34 ID:zr5Mnzob
アシカガ なら、日本の王を僭称していたのがいたな。

866 :出土地不明:2006/03/27(月) 23:06:19 ID:Mbcbd655
蝦夷は大和朝廷に纏ろわなかった東日本の縄文人。
アイヌは樺太、北海道、千島の先住民族。

昔からこういう定義だったでしょうよ。

867 :出土地不明:2006/03/27(月) 23:21:07 ID:thMqfZav
そうでもないよ。東日本にはアイヌ語起源の地名が多数残っているからねー。
最初からいた人たちはアイヌ語使っていたんだろう…多分。

元慶の乱で蝦夷語を理解する大和政権の官僚、小野春風なる人物が蝦夷の地を
兵を連れて踏破し、乱を収めようとするが、この蝦夷語ってアイヌ語だろう…。

868 :出土地不明:2006/03/28(火) 01:44:16 ID:NXeCwD2T
蝦夷とアイヌは同じだよ。

文化、言語、DNAを調べてみるとスッキリと分かる。

違うものとして扱いたいのは日本史の世界のエモーショナルな動機。

869 :出土地不明:2006/03/28(火) 09:59:07 ID:2MTXwD8r
現代の史学会なんて基本的に左翼ばっかなんだから
エモが動機なら「アイヌは崇高な民族であり糞東北人
なんかと同じであるはずがない」という東北人差別だろうな。

870 :出土地不明:2006/03/28(火) 11:33:17 ID:K9QNuJ0e
北海道にアイヌが昔のままに暮らしていると聞いたが本当なのか?
前までは奥地に少数残っていたらしいが義務教育とか法律の面で
和人と同化したか。。。知ってるのいたら教えてくれ

871 :出土地不明:2006/03/28(火) 13:05:27 ID:ZFvA+tG2
>870
そんな与太話どこで聞いた?
おまいの知り合いにちょんまげあたまのサムライでもいるのか(笑)

と釣られてみる


872 :出土地不明:2006/03/28(火) 13:56:50 ID:2MTXwD8r
>>870
君はサンカも好きだろう。

873 : 日本の旨い 「出汁(だし)」 :2006/04/03(月) 22:55:01 ID:pQPaJylf
>>830 【 日本人の味覚 と 國體 と 水軍 と 神道 】
             
北海道と云えば・・・、 人間観光資源のアイヌだな・・・、
    
古代神道の流れもあるアイヌ神道の神事に使う 「パスイ(さじ・へら)」 とやらは?
私のような和人の神道から見ると、
純粋に 神への「煩悩(欲望)」に思える・・・。
      
煩悩は、日本の神々に共通する脳波であると思います。
      
食糧問題をはじめ、部族間の治安も すべて、「神と一体」 をなした、『 命を司る 欲望(煩悩) 』 である。
        
日本の國體を始め、神道系は煩悩で構成されておる。
アイヌにしてみれば「海岸のゴミ」の昆布も、西日本や、
台風の被害などで「野菜の取れなかった沖縄人」にしてみれば、
ダシの効いた 「ごちそうの素」 になる。
日本海側へ行けば、「とろろ昆布」や「おぼろ昆布」になり、関西では多用される・・・。
        
昆布と鰹節をバクリッコし、「東北の食料」や「米」や「鉄製品」が、
江戸よりも近場の蝦夷地で昆布と交換される・・・・  
    
黒砂糖も、届いていたことと推測される。

874 :出土地不明:2006/04/06(木) 00:49:39 ID:I6DpXsJ0
美しい = ピリカ? = 【 ロシア に П р и к а ? 】
              = 【 傍に置きたい(可愛いから)? 】
              = 【 チョットここにおいで(可愛いから)? 】                
■1.
北海道のアイヌ言語は、
屯田兵以前の、ロシアの東方進出と、極東に「押し出された人たち」 やら・・・、
 明治以降の大日本帝國時代の交流など、
「人の交流」でイロイロと混血してしまったようです。
                               
■2.
私が想像する、
縄文時代のアイヌの顔である、
混血する以前の『アイヌの原型の顔』は、
                      
「北南アメリカ大陸人」や、
日本の、「南方熊楠・野村忠宏・小西博之」 や、
「台湾原住民」の顔のような感じでは無いだろうか?
                 
  (台湾では先住民と言うと失礼になるらしい? 
   台湾の場合は「原住民」が正しいそうですが・・・・
             (原住民に確認していない)。)
                           
もしかすると、アイヌのシベリア系の顔のルーツは、
わりと新しい中世以降ではないかなぁ?
                             
■3.
日本の先住民にもいろいろな顔の人がいる。
本州では、
都合のいいときだけ朝鮮人は在日朝鮮人と言い、
祖国では日本人扱いにされる。
                   
韓国がこのたび、もう1つの領有権問題である日本の「竹島」の、
韓国よりの意見の「島根大学」の教授を韓国に招いたそうですが・・・・。
元在日朝鮮系? の教授だそうです。
              
でも韓国人は彼を、日本人として韓国人に紹介したらしい。

875 :出土地不明:2006/04/06(木) 00:52:39 ID:I6DpXsJ0
■4.
【 樺太の人口は53万8000人? 】 
             
旭川市だけで 確か・・・  45万くらいだったかなぁ?   
現在はもう少し人口が増えたと思うけれど。 
               
やっぱり、クリル地区は 『特殊な事情の住民のみ』 か? 
強制移住者 と 軍 と 漁師 かぁ?
                  
コリアンの任意残留と、
軍関係者と、漁民、
強制移住者の子孫?
                
北海道のアイヌが、「ロシアに占領されていた」 ら、
『強制移住』 でヨーロッパか? 北極圏? の開発に、
アイヌも動員されていたかもしれませんね。
               
そして、楽な仕事と思い、軍に入隊し、
中東やアフガンで殉職したのかな。
  タリバンの地で 十字架の墓に眠る。。。。。     
                
もし、過去がそうなっていたら、
ロシアの占領地で 「地元の地理に詳しい」 と、
『ゲリラ化する』 ので間違いなく 
  ・・・・・・・・・アイヌは、どこか遠くへ 『強制移住』 だな。
                
              
       `   ´     {  大日本帝國人   万歳(マンセー) \(`o´)/
         
        ∈∋

876 :出土地不明:2006/04/06(木) 07:33:26 ID:ynR05XJk
面白いなココ。

んでさ、コロポックルは、何系?

アフリカのピグミー族かな。

877 :出土地不明:2006/04/06(木) 07:35:42 ID:ynR05XJk
バカドモメ。

ナチスの残党気取か?

卍りともせづ

878 :877:2006/04/06(木) 07:37:06 ID:ynR05XJk
訂正。とりあえず>>875に限定する。


879 :出土地不明:2006/04/06(木) 07:42:31 ID:ynR05XJk
うー。。。。人居ないんでスネ。。

880 :出土地不明:2006/04/06(木) 10:14:36 ID:BqRLf4Sn
1日くらい待てんのかw

881 :出土地不明:2006/04/06(木) 13:36:33 ID:IXm1dS03
& # 9829

882 :めかか:2006/05/10(水) 23:38:12 ID:pxc27yUh
あのーアイヌと蝦夷(えみし)、蝦夷(えぞ)はちゃんと時系列を整理して、述べないとお話にならないと思います。

883 :出土地不明:2006/05/11(木) 11:15:15 ID:b35vLxap
>>879
脳内古代史と脳内アイヌ史をふりかざしたり、
とんでも系にばかり持っていきたがるキチガイが
多すぎて、書き込む気力がございません。

884 :出土地不明:2006/07/16(日) 20:10:51 ID:OWAu3R1Y
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4642077286.html
↑これ読んだ奴いない?

B級トンデモ・ファンタジー本が横行する東北蝦夷関連の中にあって、
一番まともそうで新しそうな学術書っぽいんだけど3万超えなんだよな…。
ゼロが1つ少なければ…。

北海道側の研究成果だと、俺みたいな一般人には
新・北海道の古代1〜3巻が比較的わかりやすいし目で見て分かるので良かった。

逆に、東北地方の縄文系弥生文化〜中世に至までを研究した著書で、
ファンタジーや日本人論に走ってない「まとも」な本が少なすぎる気がする。

885 :出土地不明:2006/07/16(日) 21:04:46 ID:OWAu3R1Y
本州縄文人と北海道縄文人の大きな違いは、食べていた食料の種類にある。

古人骨の成分を調査したデータによれば、
本州縄文人は、1/3を陸獣、1/3を雑穀、残りの1/3を魚類、大型海獣、根菜類を食べていたが、
北海道縄文人は、半分近くが大型海獣に依拠していた。
これは、津軽海峡を挟んで生態系が異なっていることがその理由である。
つまり、北海道縄文人は、本州縄文人と共通する文化様式を持ちながら、
北海道という本州と異なる生態系にうまく適用した生活をしていたわけだ。

特に目立つのが、縄文時代後期から、東北北部と渡島半島〜石狩低地帯西部は
本州からの影響を受けた亀ヶ岡系土器や祭祀を共有する同一の文化圏に属することになるが、
津軽海峡以南の地域では、田舎館垂柳遺跡で発見されたように
その後稲作を開始して弥生時代に入るのに対し、同じ文化圏に属しながらも、
渡島半島以北では稲作は行われず、依然として海獣猟を主体とする狩猟採集を生業とし続けた。

この違いは、北海道では稲作を行わずとも生活に困らないだけの
豊富な食料が獲得できたことにもあるだろうが、
どちらかというと、寒冷で梅雨や台風の影響がない北海道では、
当時の品種改良の進んでいない稲では、
うまく育てることができなかったのだろうと思われる。

生態系の違いが、後年北東北において律令国家に統合されていった蝦夷の人々と、
北海道以北で後年アイヌ民族として成立する人々との分かれ目となったとも言える。

ここで注意しなければならないのは、後のアイヌ民族は内陸河川沿岸に住み
鮭を取ることでも生活できたが、まだこの段階では北海道縄文人は
海岸沿岸部で海獣猟を主な生業としており、基本的に海岸沿岸部でしか暮らすことができなかった。

つまりは、我々がイメージを改めなければならないのは、
アイヌ民族は縄文人が昔からそのままの姿で残ったという先入観に支配されがちであるが、
その実、北海道に特有の生態系によりいっそう適合し、擦文文化時代に至って、
鮭の遡上のパターンや保存技術を発展させることによって、
従来の海岸沿岸部からさらに内陸部へと居住域を広めていったということである。
また、エミシが終われて北へ逃れてアイヌになったわけではなく、
縄文時代前期には、既に北海道に住み暮らしていたということも忘れてはならない。


886 :出土地不明:2006/07/16(日) 21:27:25 ID:OWAu3R1Y
オマケ

アイヌ民族は狩猟採集民であり、農耕は知らなかった、という話がよくある。
しかし、16世紀頃の松前藩の商場知行制前の
中世アイヌ女性の墓から出土する鉄器類には、必ずといってよいほど、
鍬や鋤や鎌といった農耕具が出土する。
これは、元々縄文時代から本州東北部と同様の雑穀農耕は行っていて、
アイヌ文化期にも継続していたことを物語っている。

松浦武四郎などの記録によると、アイヌの農耕を松前藩が禁止していたことや、
アイヌを奴隷的労働力としてニシン等の漁撈に駆り出していたため、
漁撈に駆り出される時期と農繁期が重なるため、積極的に農耕を行う物がいなくなり、
よりいっそう狩猟採集的正確が強くなったためだと言える。

このような狩猟採集に分業と集中をさせられた状態に至ってから
近代の和人の記録に載るようになっていったため、
アイヌ民族=縄文時代の狩猟採集文化から進歩をしていない民族、
といった先入観が生まれるに至った。

考古学的脈絡からいけば、アイヌ民族の文化は縄文文化をベースにして、
、本州縄文人や弥生人とは別の、北海道という独自の生態系・地域性に
適応した独自の進化を遂げた文化なのだ、ということがわかってくる。

887 :出土地不明:2006/07/18(火) 12:39:00 ID:9XOml2Pl
3万越えはたけーなー。
図書館で読むしか・

888 :出土地不明:2006/09/01(金) 08:46:11 ID:p1+y5R4l
エミシ=アイヌ語刀。後の武士階級である。
朝廷からは蝦夷蝦夷と呼ばれ、

889 :出土地不明:2006/09/01(金) 12:19:33 ID:g6i/AfOE
ワッフルワッフル

890 :出土地不明:2006/09/22(金) 11:26:18 ID:bI98Pc3B
そもそも
蝦夷=異民族、異邦人
という意味であって、昔の日本にはいろんな異民族がいて、
その全部が、朝廷から見て蝦夷。
いわば総称なのだから、「蝦夷はアイヌ人」というのは
「地球人は日本人」というのと同じくらい変な言い方ということになる。



891 :出土地不明:2006/09/22(金) 11:28:47 ID:bI98Pc3B
要は、蝦夷、と書き記されていても、特定の民族をあらわす意味ではないということ。

892 :出土地不明:2006/09/25(月) 00:14:09 ID:7dA9U82L
九州南部は隼人とか言われていたじゃないか。

それになんでまた「特定の民族」を話題にするんだ?民族の定義には文化が当然はいるから、
それでアイヌを排除しようとする目論見か?

人種とか血縁的な繋がりは蝦夷とアイヌは当然あっただろうに。

893 :890&891:2006/09/25(月) 01:55:35 ID:/p8yO215
文化は関係ない。
アイヌは蝦夷といわれていた中の、ひとつだと思っているよ。
蝦夷がアイヌだけだったかどうかは、どうかな。
現に、東北には、弥生人とも縄文人ともアイヌとも違うDNAのちらばりが
指摘されている。蝦夷はアイヌが多かったかもしれないが、全部と言い切る
ことはどうかと思っている、というところ。
文化的にではなく、人種的にいろんな種類が列島のあちこちにいたはず。

ついでに言うと、隼人もアイヌも、沖縄の原住民も、おおもとは、同じ人種
だと考えている。今は、それぞれに、別の血がまじってる。沖縄は中国の血
が混じってる。アイヌが日本列島全域の有力な原住民で、大陸から来た連中
や混血した連中が九州の北から、北方と南方に燃えひろがるように、争いを
起こしながらも同化していって、南と北に、原住民の血が濃い人々が残った。
というかまだ進行中だから、弥生時代に始まったことが今になってもまだ続
いているということになる。今、アイヌをきちんと保護しないと、貴重な無
形遺産が消えてなくなってしまう。アメリカでさえやっていることを、日本
はほとんどやっていないに等しい。そこからえられるものは大きい。
最近は、天皇家も、大本は、大陸でなく、アイヌではないかとさえ考え始め
ている。なぜかというと、天皇家の宗教である神道と、アイヌの宗教が根底
のところで極似しているから。いろんなものを拝んでも星だけは拝まないと
ころまでそっくりだから。とはいえ吟味の余地はたくさんある。長くなるか
ら興味があればまた書く。

894 :アカい捏造を正してみないか? :2006/09/25(月) 05:54:50 ID:RBIcuzoI
 先日の地方での『NHK総合テレビ』のニュース内でのアイヌに関する教育は、
かなりアカかった・・・・。
      
  
 明治になり、 
 アイヌは土地を奪われ? (どの藩の領主も大地主も日本人はみんな同じだ。)
 和人に 「大切な食料である『サケ』の捕獲を禁止された」と・・・・、 テレビで言っていましたが、
     
 江戸時代の江戸でも 『人生50年』。
 縄文の生活をしていた縄文人は、科学的根拠より 『人生30年』だったそうです。
同じく、
 縄文の生活をしていたアイヌ人は、『寄生虫』症や『伝染』病なども考慮しても、
江戸よりも短い人生であった 『人生45年』ぐらいであると思われます。

 しかし、現実は、アイヌは農業を押し付けられたせいで『寿命が延び』、
『現在ではアイヌも普通に長生き』です。
    
大日本帝國の旧土人保護法などの政策で、
サケの捕獲禁止を超える利益の『農業』や『医療』で、
アイヌ人は寿命を得たのに、『教育がアカい』から、戦後の和人は悪者です(朝鮮人の似非和人が入れ知恵)。
    
“アイヌ人の寿命を延ばした和人” は、
今でも、アカの団体が『放送や出版を含めたメディア』と
『北教組(日教組の北海道支部)を支配しているために、
日帝攻撃のための『悪者扱い教育』が、はびこっています。
        
『現在ではアイヌも普通に長生き』です。   

895 :アカい捏造を正してみないか? :2006/09/25(月) 05:58:27 ID:RBIcuzoI
日本の数ある原住民の一派であるアイヌは、原住民ですが多くが『アカ』いです。
東と西のアイヌでは違うのかもしれないが、西北海道は和人も赤が強いです。
    
Yahoo!みんなの政治 - 衆議院の議席配分 - 北海道
http://seiji.yahoo.co.jp/guide/syugiin2005/hokkaido/index.html

896 :出土地不明:2006/09/25(月) 06:09:18 ID:RBIcuzoI
海側の天然の港を保有する勝ち組アイヌと、
凍てつく山奥にこもる生活をするようになった「落ち武者」系のアイヌとでは、
多方面で『嗜好』や『思考』や『思想』や『利益(煩悩)』も違うのであったと思われる。
    
ヨーロッパでもジャガイモを食す以前は、
『どんぐり』を主食にしているようでした(近年でも)。
アイヌも同じであったと思われます。
    
海沿いの勝ち組アイヌは、昆布とコメを、「移動販売スーパー」のような『雑貨店のような船』と、
物々交換などで鰹節や黒砂糖・刀・鉄砲・鉄製品や裁縫道具などを入手していたと思われます。
 それらがまた内陸のアイヌと交換されたのでしょう。

897 :出土地不明:2006/09/25(月) 06:25:45 ID:RBIcuzoI
本州・九州でも同じように、 “『落ち武者』は山奥と決まっている ”。
        
一方、朝鮮人は営利だけを奪いに来る日本に愛国心のない民なので、太古の昔から大都市にする傾向にある(穢多など)。
 穢多はド田舎にはいません。
 平家の落ち武者も都会にはいません。
「大陸からの『落ち武者』」が、山奥でアイヌ?(当時の原住民)と混血し、
先の時代のアイヌ語が完成したと思われます。
       
ロシア語系は当然ですが、
朝鮮語の一部もアイヌ語とに混入しているように、
朝鮮半島から逃げ出したペクチョンなどが、
沿海州を経て北海道に渡ってきたのかもしれませんね(古い「似非和人」)。

898 :出土地不明:2006/09/25(月) 06:37:51 ID:RBIcuzoI
でもね、たとえ山奥でも、先祖の関係で日本人は『海洋系の特徴を持つ』人がとても多いですね。
朝鮮系は、オデコが突き出している人が圧倒的に多い。

899 :出土地不明:2006/09/25(月) 06:49:28 ID:RBIcuzoI
【忍法:お国透かし:   】  帰化・在日・国際結婚・混血編。 V.2666-09-25-a
         
■: お面のように「デカイ顔」の朝鮮人。
■: モンゴル系の 『潰れたアンパン顔』 である。
■: 『顔が頑丈でアゴが四角い』 人が多い朝鮮人
     (南朝鮮人の男性は、「星の子チョビン」 に似ています)。  
■: 中華ではない、 地元の白丁系は「オデコが丸く」 張っています。
     (魚のアマダイのようなナポレオンフィッシュのようなデコの 『コッペパン』 です。)
■: エラが張っている朝鮮人。
■: 歯が大きく複雑で噛み合わせも違いがある、朝鮮人。
    (肉食・雑穀を擂り潰す。縄文系は小さい  ttp://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-11.html  日本人はるかな旅展。)
■: 唇が横に広がり、クチが 『のっぺらー』 と大きい 朝鮮人。  (肉食。)
■: 会話時に 「上唇が Д(デー)」 になる。
■: 目を中心とした『顔全体』が、
   「ウサギ、ハムスター、モルモット、リス、ねずみ」 など・・・、
   『げっ歯目』系の顔をしている。
     ウサギ、ハムスターの 「目の丸み」 を持ちながら、『ふとした瞬間つり上がっている』 目。
■: 目の 『瞳の向き』 が 「ロンパっている」 人が多い朝鮮人。
■: 目が吊上がっている朝鮮人。
   (瀬戸内海や日本の水軍の 「ウルトラマン目」 とは違います。)
■: マブタが一重の人が多い朝鮮人。
■特殊: ハンセン病を家庭内感染している人がいる。 特効薬も効かずの人がいたようだ。
     (ハンセン病は伝染しないと宣伝をしているが現実には危険ではないにしろ感染者がいる。
     感染力は弱いらしいが、感染条件があるのかもしれない。)
■: 挙動不審? (性格的に落ち着きが無く、授業中に 「しょっちゅう」 他人に 「ちょっかい」 を出すのは決まって朝鮮系。 その結果、時間差で先生に目撃されて、「しかられる」のは、いつも日本人。)
    これ等、『朝鮮人の生態』 から検証し、朝鮮人の 「反日工作活動」 は、
  朝鮮の 「北」 と 「南」 を問わず、「先天性」、「遺伝」 レベル、『本能』 であると思われる。
                 
> ■: 中華ではない、 地元の白丁系はタイなどと同じく「オデコが丸く」 張っています。
    
 大陸系 「台湾」人の 「テレサ・テン」のオデコも、
日本人にはあまり無い 「ハチガネ」 を装着しているような 「突き出し」 がある。
   
  高句麗系のほうの人は、中華ほどデコが 「突き出し」 てはいないが、 「広く・大きく・丸く・張っている」 感じがする。
  
 日本人と朝鮮人は違う。  朝鮮人は大陸系がベース。  日本人は大東亜がベース。
               
 日本人でそのような形が見られるのは、朝鮮や大陸との関係の深い、 
  「 土佐 ⇔ 薩摩 ⇔ 九州西岸部 ⇔ 北陸 」 に多く見られる。
       
Yahoo!辞書 - ハチガネ     
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A5%CF%A5%C1%A5%AC%A5%CD&fr=
Yahoo!画像検索 - 鉢金
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%C8%AD%B6%E2&n=20&b=40&c=image&rh=20&

Yahoo!画像検索 - テレサ・テン        
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?ei=UTF-8&fr=top_v2&p=%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%B3
      
      
Yahoo!画像検索 - 星の子チョビン
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%C0%B1%A4%CE%BB%D2%A5%C1%A5%E7%A5%D3%A5%F3&ei=&fr=sfp&fl=0&vc=&x=wrt

900 :似非和人(アカ?朝鮮人?) 判別法。:2006/09/25(月) 06:51:31 ID:RBIcuzoI
>>899 
> ■: お面のように「デカイ顔」の朝鮮人。
   
日本人でも、昔から朝鮮半島からの移民の多い都市の
秋田、新潟、鳥取、
仙台、名古屋、大阪、四国(瀬戸内)、
九州北部 などには、
韓国人と間違えるほど「顔の大きな人」が、
古代より混血し、子孫として現代も大勢居ますが彼らの多くは芯から日本人です。
     
  近年、新たに日本に暮らし始めた朝鮮人も、
日本のルールに従って「ヤオヨロズの神々」を大切にしてください。
(自分の暮らす國は、民主主義よりも民主主義的な「国内で閉鎖的でない」多神教ですよ。)

901 :似非和人(アカ?朝鮮人?) 判別法。:2006/09/25(月) 07:13:07 ID:RBIcuzoI
『えみし(蝦夷)』と『アイヌ』は、私の見解では違いますね。
   
 現代や近世のアイヌは、中世以降に、顔の特徴や言語にも残るように、かなりな混血が進んでいるからです。
九州に隼人の他、山陰に見られる縄文系と同じ系統が北九州にも韓国にもいます。
朝鮮系の顔人や、
中華系の顔人の他に、
東南アジア系や
ミクロネシア系の顔の人が、それぞれ特徴を持ちながら現代もいるように、
アイヌも同じ・・・。
  
 在日朝鮮人よりも先輩の『落ち武者顔(大陸ロシアの顔)』もいれば、
縄文系も居るし、
黒潮顔のアイヌもいます。
    
『元寇(弘安四年)』の頃の蝦夷の顔は、今の『濃いアイヌの平均顔』は、混血が薄く今とは違う! と思います。

902 :>>901 訂正:2006/09/25(月) 07:20:03 ID:RBIcuzoI
>>901 
『えみし(蝦夷)』と『アイヌ』は、私の見解では違いますね。
   
 現代や近世のアイヌは、中世以降に、顔の特徴や言語にも残るように、かなりな混血が進んでいるからです。
     
九州には隼人の他、
山陰に見られる縄文系と同じ系統が北九州にも韓国にもいます。
   
 九州には、そのほかにも
朝鮮系の顔人や、
中華系の顔人の他に、
東南アジア系や
ミクロネシア系の顔の人が、それぞれ特徴を持ちながら現代もいるように、
アイヌにも同じ現象が起きています・・・。
   
ゆえに、琉球人とアイヌは微妙な表現ですが、
“ 見た目が 『かなり似ている』が、『かなり違う』 ”。
   
『元寇(弘安四年)』の頃の蝦夷の顔は、今の『濃いアイヌの平均顔』とは、
混血が薄く今とは違う! と思います。

903 :出土地不明:2006/09/25(月) 11:38:47 ID:ykoov8Dh
なんで忘れた頃に
長文のコピペみたいなのがガーーって張られるの?
自分の言葉で語れないわけ?

904 :出土地不明:2006/09/25(月) 18:40:15 ID:RBIcuzoI
>>903
> なんで忘れた頃に
> 長文のコピペみたいなのがガーーって張られるの?
> 自分の言葉で語れないわけ?
    
私の『自分の言葉』です・・・。   コピペも私のコピペです。

905 :出土地不明:2006/09/25(月) 18:42:14 ID:ykoov8Dh
あ、そうだったんだ・・ ごめんね

906 :出土地不明:2006/09/25(月) 18:48:37 ID:RBIcuzoI
日本原住民は、基本的には 『薄黒・茶』の肌 です。
       
(ヤオヨロズの日本人 【原住民】)。
          
日本原住民は、基本的には 『薄黒・茶』の肌 です。
   『黒潮』=『海の神』=『海津(カイズ・わだつみ)』=『わだつみ』
             =『黒鯛(クロダイ)』の色はチョット大げさですが・・・。
             =『黒』=『菊水』=『水軍』=『神々』。
    
●: 『クロダイ(黒鯛)』の別名で、『カイズ(海津)』と呼ぶときもあります。
    
●: 『津』とは・・・、古くは『港』を意味している言葉だそうです。
       例: “ 日本全国、「津々浦々」 ” など。
        
      
         
 一方、コリアンの先祖である『ペクチョン』は、
もう一方のコリアンの先祖である「支那大陸人」に、
「台湾原住民」同様に弾圧された朝鮮原住民の『ペクチョン』系は、
『赤茶系の薄黒』の肌が一般的。
    
日本人と比較すると、チョット違います。
    
    
     
アイヌ差別も、コリアン系の似非和人による、原住民弾圧である、ペクチョン差別の習慣だと思います。
 そのほかにも、体験で知りえたのですが、
彼ら、自分達朝鮮人(似非和人)に差別が向かないように、
彼らは自然とイジメられないように、
見た目もわかりやすいアイヌ人へ被差別を転送する。
     
アイヌも人種的に、一系統ではないですが、教育『権力上』、
アイヌは強制的に以前のヤマト民族のように、
アイヌの先祖は神聖な○○だけであるというように、
政治的背景(サヨ・アカ・革命過激派)もあると思いますが、
教育布教されています。


907 :出土地不明:2006/09/25(月) 18:51:54 ID:RBIcuzoI
>>904-905
 民族を大切にするもの同士による、違いを見分ける知識の
『バージョン・アップ』の報告です。
    
特に、『朝鮮人は民族を大切にする』ので、
日本人との違いを『わかりやすく』しました。

908 :出土地不明:2006/09/25(月) 22:13:36 ID:NsVG+b1C
大和朝廷以前にダイナミックな文化的・人種的交流が既にあって、
その後から大和朝廷が勢力を伸ばして追いかけてきた頃には、
寒冷化の影響で南退した弥生文化(弥生人が主体とは限らない)の後に
寒冷地に適応した擦紋文化の人々(後世のアイヌ)が住んでいて、
そこに大和朝廷の勢力が来てぶつかった、という感じなんだろうね。

ところで、民族をステレオタイプ化してトンデモ論を言う人ってキモイよー。

909 :出土地不明:2006/09/26(火) 08:16:22 ID:6ZFr1Yjd
キモイという表現では、直しようがない。
指摘したいなら、ちゃんと指摘しなよ。

910 :出土地不明:2006/09/26(火) 13:29:44 ID:fIP7TnIS
>>908-909 > 民族をステレオタイプ化してトンデモ論を言う人ってキモイよー。
   
『トンでも論』は、朝鮮人も多くいた軍事政権時代の日本民族(人種ではない)は『大和民族論』です。
それともう1つの、『ソ連・ロシア/独立アカ/反和人『落ち武者』過激派などの権力下にある、
朝鮮人の影響を受けた「中華思想の学者」や、
「アイヌの利用したソ連ひいきの『民族論者』のトンデモ論」が、正しいから、他が否定されるのです。
  過去の政治的背景を排除して考えれば、 
 “ きっと・・・ なたも、私のような結論になると思います。”
でも、実際に、和人でもアイヌでも朝鮮人でも、
『いろんなタイプの顔』をそばにいて時間をかけて過ごす様な時が無いと、
  ・・・・やはり、目利きの経験が無ければ理解していただけないかもしれませんね。
   
ちなみに私はそれなりの大学で、それなりのことも学んでいます。 
 その上での説であることをご理解していただきたく思います。     


911 := ID:RBIcuzoI:2006/09/26(火) 13:32:02 ID:fIP7TnIS
>>906 のつづき。
    
> ●: 『クロダイ(黒鯛)』の別名で、『カイズ(海津)』と呼ぶときもあります。
   
関西などでは 『チヌ』 私はその語源の由来がわからない・・・  
       『アイヌ』? ロシア語が混入する前のアイヌ語言うか? 古代語かなぁ。
もしも、知っている方がいらしたらヨロシク。
   
   
 スサノウを祀る神社によくある、
夫婦円満・安産祈願の神様の『御神体』は大きいが・・・・
       ( 『 「黒」 ← スサノウの命や、大地黒さま(大黒様・大国主命)』)、
庶民の小さい股間の13.5cmの手のひらサイズを下回る 『黒鯛』のことを、
関西では 『チンチン』 と呼ぶそうです。   Wwww
    
黒潮の流れの源流である『ミクロネシア』系の血を引く『日本人原住民』は、
朝鮮人と違い、オデコの形が 『黒鯛』 のオデコになてっいる人をよく見ます。
   
 ちなみに、『朝鮮人やタイや支那の海賊』方面は、
『ナポレオン・フィッシュ』 のオデコになっている人が大勢います。

912 :出土地不明:2006/12/10(日) 02:30:00 ID:+VxDuf6B
岩波文庫2007年2月21日の復刊予定書目
http://www.iwanami.co.jp/shinkan/repub/2007/02.html

『アイヌ叙事詩 ユーカラ』 金田一京助 採集並ニ訳 798


913 :出土地不明:2006/12/17(日) 12:12:57 ID:iEaO1CqY
小樽の近くにストーンサークルの遺跡があるんだけど、あれは誰の遺跡なのかね」?

914 :出土地不明:2006/12/17(日) 14:49:30 ID:OZSnphyd
環状列石は縄文だったか擦紋だったか・・・どっちかだったと思う。


915 :出土地不明:2006/12/17(日) 16:09:33 ID:iWYRuz58
コロボックルの正体は何でしょう?
先住民族かな?

916 :出土地不明:2006/12/22(金) 23:46:28 ID:PWTijOUG
石器時代の先住民族じゃないかな。
北海道のフキの葉はでかいから、それで屋根でも葺いて暮らしてたんだろうね。
北海道ではシベリアあたりから伝わったスクレイパーなどの剥製石器も沢山見つかってるよ。

伝承によれば、北海道にやってきたアイヌの祖先が先住民族を駆逐したということになっている。

917 :出土地不明:2006/12/23(土) 14:53:04 ID:XnH82vkx
こういう伝説が実際はこうだったというのは面白いね。

918 :天ノ川 創:2006/12/23(土) 20:33:33 ID:zkARahEW
アマテラス降臨!

919 :出土地不明:2006/12/23(土) 21:33:42 ID:DWf5Qw4X
>>918
たかまがはらにかむづまりますすめらがむかむろぎかむろみのみこともちて
やほよろずのかみたちをかむつどへにつどへたまひ かむはかりにはかりたまひて
すめみまのみことは とよあしはらのみずほのくにを やすくにとたひらけくしろしめせと
ことよさしまつりき
かくよさしまつりし くぬちにあらぶるかみたちをば
かむとはしにとはしたまひ かむはらひにはらひたまひて
こととひしいわね きねたちくさのかきはをもことやめて
あめのいわくらはなち あめのやへぐもをいづのちはきにちはきて
あまくだしよさしまつりき
かくよさしまつりし よものくになかと おほやまとひだかみのくにを
やすくにとさだめまつりて したついわねにみやばしらふとしきたて
たかまのはらにちぎたかしりて すめみまのみことのみずのみあらかつかへまつりて
あめのみかげひのみかげとかくりまして
やすくにとたひらけくしろしめさむ
くぬちになりいでむあめのますひとらが あやまちおかしけむ
くさぐさのつみごとは あまつつみくにつつみここだくのつみいでむ
かくいでば あまつみやごともちて
あまつかなぎのもとうちきりすへうちたちて ちくらのおきくらにおきたらはして
あまつすがそのもとかりたちすへかりきりて やはりにとりさきて
あまつのりとのふとのりとごとをのれ かくのらば
あまつかみはあめのいわとをおしひらきて あめのやへぐもをいづのちはきにちはきて きこしめさむ
くにつかみはたかやまのすへひきやまのすへにのぼりまして
たかやまのいほりひきやまのいほりをかきわけて きこしめさむ
かくきこしめしてば つみといふつみはあらじと
しなとのかぜのあめのやへぐもをふきはなつことのごとく
あしたのみぎりゆうべのみぎりをあさかぜゆうかぜのふきはらふことのごとく
おほつべにおるおほふねをへときはなちともときはなちて
おほうなばらにおしはなつことのごとく
をちかたのしげきがもとをやきがまのとがまもちて うちはらふことのごとく
のこるつみはあらじとはらへたまひきよめたまふことを
たかやまのすへひきやまのすへより
さくなだりにおちたぎつ はやかわのせにますせをりつひめといふかみ
おほうなばらにもちいでなむ かくもちいでいなば
あらしおのしおのやほぢのやしほぢのしおのやおあいにます
はやあきつひめといふかみ もちかかのみてむ かくかかのみてば
いぶきどにますいぶきどぬしといふかみ ねのくにそこのくににいぶきはなちてむ
かくいぶきはなちてば ねのくにそこのくににます はやさすらひめといふかみ
もちさすらひうしないてむ かくさすらひうしなひてば
けふよりはぢめて つみといふつみはあらじと はらへたまひきよめたまふことを
やほよろずのかみたちとともに きこしめせと まをす

920 :出土地不明:2006/12/24(日) 09:09:24 ID:vljnmxG4
>>910-911
それなりの大学でそれなりのことしか学んでないからダメなんだね。
後、日本語でお願いします。

921 :出土地不明:2006/12/28(木) 17:30:28 ID:kqMTWRy1
結局、擦文・オホーツク文化の担い手が
アイヌにどのようにつながっているのかは、
考古学側からの検証ではまだ分かっていないでFA?
このスレにもでてきた、札医大の研究待ちなのかなぁ。

アイヌ史 概説―北海道島および同島周辺地域における古層文化の担い手たちとその後裔 (単行本(ソフトカバー))
河野 本道 (著)

「アイヌ」-その再認識―歴史人類学的考察 (単行本)
河野 本道 (著)

アイヌ文化の成立―宇田川洋先生華甲記念論文集 (-)
宇田川洋先生華甲記念論文集刊行実行委員会 (編集)

北海道の考古学 (単行本(ソフトカバー))
宇田川 洋 (著)

アイヌ考古学研究・序論―「アイヌ考古学」の民族考古学的方法論による学問体系の確立を目指して (-)
宇田川 洋 (著)

アイヌ文化成立史 (-)
宇田川 洋 (著)

922 :出土地不明:2006/12/30(土) 07:08:35 ID:gSb9EPC8
樺太最南端の能登呂岬?に大陸風の城跡が有るらしいけど
アムール川流域にそんな高度な文明が有ったのか?
後、秋田の八郎潟周辺が平安期に北方海洋民族との交易で
かなり栄えたらしいけど、アイヌとかアムール川流域民族は
そんなに高度だったの?

アムール川流域や樺太などの北方文明がほとんど解明されて無いから
古代〜中世のアイヌの文明が良くわかんねーんだよな。


923 :出土地不明:2006/12/30(土) 08:43:43 ID:k5bt4WNO
>>922
元が築いた要塞の跡だということが既に判明しているよ。

924 :出土地不明:2006/12/30(土) 08:52:42 ID:k5bt4WNO
樺太アイヌは13世紀頃、元に抗戦したが、さすがに対抗しきれず、
最終的には朝貢することになった。
楊忠貞=ヨーチテアイヌとかいう名前をもらった樺太アイヌもいた、
というのが何かの文献に残っていたはず。

925 :出土地不明:2006/12/30(土) 08:56:35 ID:k5bt4WNO
>>922
新北海道の古代1〜3巻

内容自体は何年か前のだけど、これが一般人な
考古学・民俗学趣味の人間には分かりやすいと思った。
まだ持ってなければ一読してみるといいと思う。

366 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)